政宗くんのリベンジ(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「政宗くんのリベンジ」

よみがな:まさむねくんのりべんじ

放送時期:2017年冬アニメ(2017年1月~2017年3月)

★★★★☆ 3.5
物語:3.4 作画:3.6 声優:3.6 音楽:3.4 キャラ:3.6
総合得点 68.1
感想・評価 700
棚に入れた人 3240
ランキング 889
美少女・安達垣愛姫(あだがき あき)にこっぴどくフラれたデブで冴えなかった少年・真壁政宗(まかべ まさむね)が、激ヤセして名字を変えイケメンに変身。残虐姫の異名を持つドSな愛姫を惚れさせ、最高の形で振るために復讐を果たそうと奮闘するリベンジラブコメディ。(TVアニメ動画『政宗くんのリベンジ』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 700

ネタバレ
2017.07.17 12:35 suvenの評価 | 観終わった| 17が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: 政宗くんのリベンジ(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

これからも政宗のDeadOrLove作戦は続く!

ようやく愛姫といい感じになったところで、ライバルの寧子が現れたり、寧子関連が一段落したとおもったら偽マサムネが出てきたり。
こう一難去ってまた一難って展開が王道ラブコメでよかったかな。
ただ、キャラが揃ってこれからってところで最終回というなんとも中途半端な幕切れ・・・。
その最終回もカラオケバトルとかいう、それどこのOVA?円盤特典?展開で、折角アニメ化したなら最後は進展したところを見たかったかな。演劇でのキスは正直事故みたいなものだし。
まぁでもなんだかんだ楽しめたかな?

 サンキュー(4)
2017.07.04 17:07 ぷらむんの評価 | 観終わった| 35が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 政宗くんのリベンジ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

もしかしたら

足で踏まれたい

 サンキュー(0)
2017.06.26 17:44 VROXF44588の評価 | 観終わった| 23が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 政宗くんのリベンジ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

新鮮だけど人を選ぶラブコメ

復讐のために恋愛する、といったオリジナリティあふれる作品ですね。
今までにない恋愛ものという新しい柱から作られたアニメで、とにかく新鮮でした。

そのため、どのようなラストを迎えるのか、ラストが気になる内容だと思います。
とはいえ、1期は未完です。

私の感想は
コメディ部分は、罵倒や辛辣な流れを浴びせかけて、いじられたキャラの反応を笑うタイプで、クッション要素が無く、かなりヘビーに感じました。
視聴者を選ぶと思います。

恋愛部分は感情の動きがうまく表現できていて伝わりやすいと思いました。
コメディ色がかなり強い作風なので不自然な部分も十分観ていられます。

作画、動画も綺麗ですし、2期があるかはわかりませんが、ラストを気にさせる内容ですので、1期の〆はしっくりきませんが、その他のストーリーはしっかりしています。
制裁されない罵詈雑言が流せたり楽しめる方にはオススメできるアニメだと思います。

さて、一つ気になった点があります。

それは、1話、ヒロインの罵倒文句の中に「俺強ぇ系の小説を書いて~」

といったセリフが見受けられました。

これは「そんな作品を書こうとする人は痛い人だ」
と受け取れる、他作品のジャンルに対する明らかな中傷表現ですね。

実際、俺強ぇ系のジャンルを手掛ける方は、そのような目線で後ろ指をさされているのかは知るところではなく、どうでもいいのですが、他作品のジャンルを自作品内で中傷的な表現をしてしまうのはどうなのでしょう。

放送許可が下りたというところから見て、これぐらいは許容範囲なのでしょうね。
しかし、暴言系キャラを立てるためとはいえ、作品としての最低限のマナーというか、倫理というか…そのあたりがすこし気になった点で、個人的に残念な点です。

 サンキュー(0)
2017.06.25 19:35 ossan_2014の評価 | 観終わった| 17が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: 政宗くんのリベンジ(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.0  キャラ : 4.5

ナルシストの普遍性

ダイエットでイケメン細マッチョに変身した「豚足くん」が、復讐と称して接近する彼女に逆に振り回されてしまうラブコメディ。

同期に放送されていた、高校生が当たり前のように性行為を繰り返す別アニメに比べると、キスで大騒ぎするアニメ的なラブコメはいかにも幼く見えがちだが、むしろそんな本作の方が真摯に恋愛という経験を描いているように思える。


恋愛、特に思春期の恋愛が物語化されやすいのは、あのひと=他者と向き合うことで、自分という存在が他者の視線にさらされる自意識の怖れやおののきが、明瞭に主題化されてくるからだ。

彼女に翻弄され、彼女の視線に映る「自分」と、イケメンの「自意識」のギャップにさらされる主人公は、ナルシストという設定とは裏腹に、自己愛の防壁に閉じこもることなく、彼女という他者の審級に潔く自分を委ねている。
彼女から見た自己の像を想像して主人公が振り回されるのは、主人公が彼女の視線に真っ向からぶつかっているからに他ならない。

暇さえあれば鏡を見つめては自分の姿に見入る主人公は、コメディ的なステロタイプのナルシストを表現しているように見えながら、思春期の少年少女が頻繁に鏡を覗いて前髪を直すしぐさと同型的だ。

ナルシストぶりを笑いながら拒否感が無いのは、他者の視線の前に自分がどう見えるかという、自己イメージと他者の視線の間で揺らぐ思春期の自意識が、こうした描写で典型的に表現されているからだろう。
イケメンに見えているはずだと思いながらも、つい「豚足くん」の自意識が顔を出して自信を喪失する主人公の自意識の揺らぎは、そのまま思春期の自意識の揺らぎとして若い視聴者には共感できるのではないだろうか。

オッサンからは縁遠くなった感覚だが、いっけん典型的ナルシストの主人公の造形は、当たり前の思春期男女を象徴するものとして、巧妙に機能しているように思う。



ところで、鏡に映した自分を見つめるナルシストぶりの描写は、おそらく作者や製作者の意図を超えた部分で、奇妙な迫真性がある。

もう10年ほど前の事になるが、体重を落として「ぽっちゃりデブ」の豚足体型から「痩せぎす」体型に変った(洋服は全滅した)
以来リバウンドもせずに10年たつが、いまだに「痩せた男である」という身体イメージを持ち切れていない。

10年たつのに、温泉の脱衣所の大鏡に映った「痩せた男」の全身像にギョッとしたり、洋服屋で服を選んでは「こちらのサイズはお客様には大きすぎます」と店員からダメ出しされたり、無意識に貫禄ある人のようなしぐさをしてしまって失笑されたり、と「自己イメージ」の乖離が克服できていない。
身についた「身体イメージ」の惰性は、想像以上に根強い。

おそらくダイエットをした人は思い当たるだろうが、体型が変わっても、自分の身体イメージが簡単に更新されるわけではないのだ。

そうした点で、鏡を頻繁に凝視して細マッチョとしての身体イメージを固定しようとしながらも、「豚足くん」の自己イメージが執拗に脳裏から離れないままの主人公の造形は(たぶん偶然だが)異様なリアリティを発揮している。

 サンキュー(0)
2017.06.22 21:27 ミミックの評価 | 観終わった| 45が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: 政宗くんのリベンジ(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

2期を期待させる終わり方

これ系の内容は結構好きです。
主人公が1人で突っ走しっちゃう感じがたまらないです。
政宗の序盤から謎の自信が見ててtheポジティブ思考だとか感じてしまう。

私的に1期が面白かっただけに消化不良な感じがするので2期を期待してしまいます。

 サンキュー(10)

政宗くんのリベンジのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
政宗くんのリベンジのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。