南鎌倉高校女子自転車部(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「南鎌倉高校女子自転車部」

よみがな:みなみかまくらこうこうじょしじてんしゃぶ

放送時期:2017年冬アニメ(2017年1月~2017年3月)

★★★★☆ 3.1
物語:3.0 作画:3.2 声優:3.2 音楽:3.2 キャラ:3.0
総合得点 55.4
感想・評価 147
棚に入れた人 497
ランキング 4478
高校入学をきっかけに長崎から鎌倉へ引っ越してきた女の子、毎春ひろみ。
新しい土地に新しい学校、そして新しい友だち。
そんなわくわくする日常との出会いではいつも自転車といっしょ!
鎌倉を舞台に女子高生たちの自転車に想いを込めた青春が始まる―――!(TVアニメ動画『南鎌倉高校女子自転車部』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 147

ネタバレ
2017.09.11 23:08 どらむろの評価 | ----| 54が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: 南鎌倉高校女子自転車部(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 3.5  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

お嬢さん女学生?の成長記&ゆるふわ観光案内。あやふやなコンセプトが難、でもこのユルさが好ましいです。

タイトル通り、女子高生の自転車物アニメ全12話+特別編1話です。
放送時期が近い「ろんぐらいだぁず」と同系統のエンジョイ重視、本作は本作で良さがありました。
コンセプトがあやふやな為か評価しづらい(されづらい)のですが、楽しく視聴出来た好感の持てるアニメでした。

{netabare}『物語』
鎌倉の女子高生たちが自転車部を結成、学校側から期限付きで実績作りを求められ、色々な自転車の楽しみ方を模索していく。

主人公・舞春ひろみちゃん達の通う南鎌倉高校はなんとなく「お嬢さん学校」(「お嬢様」ではなく「お嬢さん」)めいた上品さがあり、自転車部の活動も校長による「淑女教育の一環」だった…ような印象。
序盤1話の校長の薫陶で淑女の理念の一端を示しつつ、少女たちの自転車部を通しての成長記、だったのではなかろうか。
初心者も含んだ自転車部が、自分たちで自転車の楽しみ方を探していく、その過程が大切だった、多分。
…活動資金面での著しいご都合主義も、彼女たちが上流環境の子女?だと見ると、まぁ納得かも(苦しい?)

…でも一見すると「ろんぐらいだぁず」と被る、ゆるふわ自転車入門アニメ。
こちらは女子高生らしく、部活動の制約が良くも悪くも話を転がしていく。
水泳部との対決など高校生らしい青春やドタバタ劇もあり。
その過程で鎌倉の美しさを紹介したり、優しい世界でテンポ良く(ご都合主義で)自転車入門だったり。

スポコン要素は乏しい、それでも中盤いきなりレース展開…
「弱虫ペダル」ばりの勝負、でも着ぐるみライダーが居たりと妙にコミカルさも。
レースはそこそこ面白かったのですが、3話に渡り中途半端に本格レースはちぐはぐな印象。
序盤がスロースターターかつエンジョイ系?と思わせての本格レースは準備不足に感じる。

9話で留学生サンディー登場以降は競争よりもエンジョイしよう!なコンセプトが明確になり、鎌倉の美しい情景も相まって雰囲気良かったです。
ただ、自転車入門としては可もなく不可も無く。

終盤はお約束な流れ…からの校長による答え合わせで総括。
「自転車を楽しむ事」ありがちですが、本作のテーマに沿っていて分かり易い。
ひろみたちが自転車や自転車部を通して健やかに成長した、その過程こそが大事なんでしょう。

放送遅れた13話は台湾編、費用面他のツッコミ所は(お嬢様なんだろうな)で気にしなくて良いと思う。
台湾紹介としても中々。
一転して夏海ちゃんがメイン主人公に。
台湾人のガイド・徐静媛(スー・ジンユア)との交流、高い目的意識で先を歩む人生の先達から良い影響受ける、良き青春ドラマであった。


…総じて?
自転車入門アニメとしては「ろんぐらいだぁず」に比して中途半端さが目立つ。
ゆるふわ面は女子高生らしい近しい関係性が良いものの、ここもさほど期待できない。
メインコンセプトと思われる「自転車部を通してのお嬢さん学生の成長」も、本格派の青春劇のような劇的な成果が出るタイプではなく、非常に地味。
夏海が徐(スー)さんとの出逢いで成長するも、13話単独で成立しちゃう、12話までの話は必須じゃない。
本作の評価が芳しくないのは、目に見えて成果が分かるタイプの作品では無い、見所が不明瞭だからかも。
1クールアニメとしては多分埋れていくタイプ。

では全くの駄作かといえば、そうとは思わないです。
ドラマチックさは欠けていても、少女たちが自分たちで楽しさ模索する過程そのものが尊い…ような?
優しい世界で(資金面のご都合黙認できれば)不快感無く、色んな角度から伸び伸びと楽しむ。
明確な見所と成果が求められる昨今の作品群の中で本作はある意味「贅沢」と言えるかも。
贅沢は無為・地味と表裏一体ではありますが…
私は本作のような地味な作品、好きです。



『作画』
キャラデザはやや古い感じだけど好ましいです。かわいい。
自転車の描写もさることながら、鎌倉の美しい背景描写がかなり良い感じ。

『声優』
ひろみ役の上田麗奈さんはベストキャストとはいかなかったかも。
でも概ね配役は良かったです。
サンディ役の竹内恵美子さんは脇役多数の中で本作が初主要キャスト、外人娘良い感じ。
何気に比嘉夏海役の藤原夏海さんが良かった(キャラと名前同じ)、13話のスーさんと同時キャスト。

『音楽』
OP「自転車に花は舞う」はテーマに合っていて出だしも印象的。
好みの曲でした。


『キャラ』
「ろんぐらいだぁず」が主人公一強で周囲地味なのに対し、本作は逆に主人公イマイチで周囲の層がそこそこ厚い感じ。
舞春ひろみちゃん、能天気でこの手の主人公の典型なのですが、自転車楽しむ事は最初から完成されていた為か、良いキャラだけどやや地味。
でも、がんばり屋のお嬢様冬音、親切な眼鏡っ子の巴との掛け合いは楽しい。

短髪褐色の比嘉夏海ちゃんの方が若干印象的、水泳部との騒動のきっかけだったり、13話で人生の目標出来たりと、彼女が主人公の方が良かったような。
徐(スー)さんは志高い立派な若者、頭が下がるです…。

クマの着ぐるみや独特の思考が面白い外人少女サンディーが一番印象的でした。
彼女絡みの掛け合いあると少し面白さ増す感じ。

見た目子どもな大人、ころね店長があざとくキャラ立っており、一番可愛い。
お助けキャラとして本作のご都合主義をカバー。{/netabare}

 サンキュー(30)
2017.09.01 20:32 Karukozakaの評価 | 観終わった| 85が閲覧 ★★☆☆☆ 2.1 評価対象: 南鎌倉高校女子自転車部(TVアニメ動画) 物語 : 1.0  作画 : 2.5  声優 : 3.0  音楽 : 2.5  キャラ : 1.5

時速30km/h出ないロードバイクなんてあるのか、僅か数10kmを輪行する人間なんているのか、

{netabare}何話目かで、いきなり始まるクリテリウムでは、ママチャリに乗る(←滅茶苦茶スピード出ない)、熊の着ぐるみ着た(←風の抵抗でスピード出ないし、自転車操作困難というか無理&たとえ操縦出来ても暑くて死ぬ)、単独エスケープをはかる自転車に、ロードバイク4人がかりでなかなか追いつけない女子自転車部チーム!
しかも、いくらクリテとはいえ、28km/hというド低速での棒状巡航?! 
28km/hって、ママチャリでは異常な速さ(しかも着ぐるみ着てるし)だけど、ロードバイクでは散走(=ポタリング)程度、鼻歌出ちゃうぐらいの速度です。

場面変わって、鎌倉の高校が舞台なのに、たかが三浦半島を巡るのに電車使って輪行発着。
鎌倉を発着点にするなら、横浜経由で大回りしてもせいぜい100km。これってロードバイクでは昼飯前(のんびりポタっても5時間足らず=早朝出発なら昼飯は自宅に帰ってから食べられる)の距離。当然、輪行なんてする筈もない。どんなロード乗りだって、走って済ませられる距離なら走って終えるのが普通です(例外は、ツーリング先で酒飲むとき。帰りは電車にしないとダメです){/netabare}

弱ペダ人気に便乗したのだろうが、原作モノのようなので、この原作者はロードバイクを全く知らないのだろうか。それだとしても、なんでアニメ化しようなんて思ったのだろうか。
まあ確かに、弱ペダは、実際には存在しない高校生のステージレースを描いていて、中身も超展開のオンパレードだらけ(巨人の星ほどじゃないが、あしたのジョーよりひどい位)というぶっ飛び作品ではあるんだが、少なくともロードバイクとレースへの熱は感じられる。
そして、この作品にはそういう気概が一切感じられない。

1クール前に放送されてた「ろんぐらいだぁす」が、主人公が自転車とめぐり合い、ロード乗りとして成長し、その間、ロードバイクに乗っていれば誰もがぶつかる障害をちゃんと経験してそれを解決して行く過程を丁寧に描いた良作だっただけに、続けて見たせいで、余計に腹がたってたまらなかった。

テーマがロードバイクだと、不愉快でも我慢して最後まで見てしまう自分にも腹がたった作品。

 サンキュー(5)
ネタバレ
2017.07.30 21:53 徳寿丸の評価 | 観終わった| 27が閲覧 ★★★☆☆ 3.3 評価対象: 南鎌倉高校女子自転車部(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.0  キャラ : 3.5

作品名といい内容といい捻りもなんもないな(笑)

原作未読。
パクリとまでいわないけど自転車人気に乗っかったってだけの作品かな(私感)。個人的には”ろんぐらいだぁす”の方が好き。といって嫌いってわけでもないです。普通に一気観できましたから・・・。ただ前述の作品と同様に自転車は楽しいという事に重点を置いてるものなのでより”楽しさ”をこちらに伝えるという点においては”ろん~”の完勝かな(私感)。しかし、続けざまにチャリアニメ観てしまいほんとチャリ欲しくなってしまって困るわぁ(笑)。んっ?業界の策略か?
ちょっと変わった趣向でエンディングにアニメ声優によるロードバイクの体験記があります(正直すっとばし)。


私のツボ:放送後の締め画像は良い!

 サンキュー(0)
2017.07.23 23:18 5.0×10^-2の評価 | 観終わった| 42が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 南鎌倉高校女子自転車部(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

おすすめはできない。

展開も遅く、最後までパッとしない内容でした。

 サンキュー(2)
2017.06.27 22:30 うにゃ@の評価 | 観終わった| 22が閲覧 ★★★☆☆ 3.1 評価対象: 南鎌倉高校女子自転車部(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 2.5  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

ランドナーが欲しくなった。

自転車部の自転車要素が強いせいかご当地アニメ感がとても強い。
実写も被ってるのでちょっと鼻に来るくらいのご当地感だった。

展開としては比較的のんびり、だが最終到達点がそこならそれでいいかと思わせられる。
キャラは汎用的なキャラが多いがコロネは少しよかった。主人公の声が13話聞き続けるにしては少ししんどい。

自転車好きな人には見れるが好きじゃなかったら少し辛いかな。

ランドナー欲しいなって思ってしまった。

100点中62点

 サンキュー(2)

南鎌倉高校女子自転車部のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
南鎌倉高校女子自転車部のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。