AKIBA'S TRIP(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「AKIBA'S TRIP」

よみがな:あきばずとりっぷ

放送時期:2017年冬アニメ(2017年1月~2017年3月)

★★★★☆ 3.3
物語:3.1 作画:3.2 声優:3.4 音楽:3.3 キャラ:3.3
総合得点 58.1
感想・評価 196
棚に入れた人 864
ランキング 3987
秋葉原──初心者から上級者まで受け入れてくれる懐の深い街。ひとりでも、アキバに行けばわかってくれる誰かがいる。何かができる、できそうな自由なところ、身もココロもハダカになれる街。アニメもゲームもメイドもアイドルもジャンクパーツもB級グルメも、全ての“アキバ”を詰め込んだその街で、破繰者<バグリモノ>と戦う、不退転の『ボーイ・ミーツ・ガール』ストーリ-、始めます!(TVアニメ動画『AKIBA'S TRIP』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 196

2017.12.18 13:37 のんちくんの評価 | 観終わった| 12が閲覧 ★★★★☆ 4.7 評価対象: AKIBA'S TRIP(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 4.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

アキバ案内はマシロ

正直、ギャグかマジかわかんない店多数の秋葉ですが、これ地方の方信じやすいです。秋葉のバイブルとまで言われそうなのでwガイドブックでもあれば買いましょう。

 サンキュー(2)
2017.12.11 18:03 境界線の観測者の評価 | 観終わった| 19が閲覧 ★★☆☆☆ 2.6 評価対象: AKIBA'S TRIP(TVアニメ動画) 物語 : 2.5  作画 : 2.5  声優 : 2.5  音楽 : 1.5  キャラ : 4.0

小ネタ盛りだくさんのアクション馬鹿アニメ

パロネタ、アキバ関連の細かいネタが多くクスリとくる部分は多い。
わからない人からすればつまらないの一言だろう。

全体的にB級。
アクションの作画は崩し気味ではあるが良く動く。

ストーリーは単純で分かりやすく丁寧に話は作られている。
ただ、それが面白さにつながるかは別の話である。
深く考えなくていい分視聴へのハードルは低い。

キャラクターはうっとおしい(うざい)。
不快感があるというより見ていて聞いていて疲れた。

人に勧めることはないけれどネタにできるだけの中身はある凡作だ。

 サンキュー(3)
2017.11.15 22:11 Maskwellの評価 | 観終わった| 23が閲覧 ★★☆☆☆ 2.5 評価対象: AKIBA'S TRIP(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 2.0  声優 : 2.5  音楽 : 2.0  キャラ : 2.5

キャラも作画も全く好きではないのにすごい記憶に残ってる

別に嫌いではない。でも決して好きではない。
風刺的なアニメ。絶望先生とか嫌いな人は見れない。

作画→割とひどい
キャラ→まぁまぁウザい
音楽→特に記憶に残らない
キャラのアイドルユニット→ダンスがすごい記憶に残ってるレベルでウザい

けど、かなり話はしっかり覚えている。
原作ゲームとはストーリー関係ない感じ。
原作ファンは別物として見たほうがいい。

残念具合とか考慮して決して他人にお勧めはできないが、時間あまってるのなら止めはしない。

 サンキュー(0)
2017.10.29 21:50 剣道部の評価 | 観終わった| 93が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: AKIBA'S TRIP(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

「それが声優」好きが、父親の気分になれるアニメ♪

【文量→小盛り・内容→感想系】

【総括】
イヤホンズがOPを歌い、主要キャラ3人を演じているということもあり、「それが声優」好きとしては、なんだか感慨もひとしおでした♪

OPは毎話飛ばさず観ました♪ やっぱり、イヤホンズ良いわ~(イヤホンズといえば、こういう電波系の曲ってイメージです)。私が「声優」を意識してアニメを観るきっかけになったのが、「それが声優」。「ガーリッシュナンバー」のちー様(千本木さん)もだけど、アニメと声優さんがリンクしていて、感情移入しちゃうよね。

と、中の人の話ばかりになってしまいましたが、逆に言うとそこぐらいしか、「コレ」という見処がないアニメ。

ジャンルとしてはギャグ(パロ・ブラックジョーク)になるのだろうけど、(つまらないわけではないが)そこまでは笑えなかった、かな。

色々とサブカル系のネタが多くて、そっちに興味がある人や、リアルにアキバが好きな方には合うかもしれません。

また、若い方には伝わらないであろうネタも多く、そこの部分は楽しめましたw


《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
序盤にあったストーリー性やバトル要素は、中盤になるに従い消滅していきましたね。最後には復活したけど。最初は、「キルラキルみたいになるのかな?」と思っていましたが、基本は1話完結のギャグアニメでした。

一番笑ったのは、最終話で出てきた「おとといフライデー」の二人。二人ともクッソ棒読みだったから、「どこの新人だ?」と思ってWiki観てみたら、「小島みなみ」「紗倉まな」って、ガチのAV女優さんやん(笑) なぜオファーしたw
{/netabare}


【各話感想】
{netabare}
1話目
あの「青森県限定脂肪肝臓ブルーフィギア」は、「生活習慣病死亡率第一位」の青森県に対する嫌味かな(笑) お馬鹿系バトルアニメって感じ?

2話目
服脱げ即死とか、かなりリスク高いというか、HP低いな~、クソゲ感がするw というか、キルラキルじゃないんだから(笑)

3話目
店の名前がイヤホンズw なんかこう、少し「デュラララin秋葉原」って感じもしてきた。つか、AV撮影してるのが、村西監督キャラって、若い子には伝わらんぞw

4話目
ガリンペイロw 昔、ド深夜のNHKのドキュメントで観たわ(笑) 最後は何となくきれいにまとめたかな。

5話目
ストⅡ、ガイル使ってましたw 映像がまんまで笑ったw でも、自分はKOF派だった(笑)

6話目
アキバって3回くらいしか行ったことないけど、確かにケバブ食ったわw あと、アキバって意外とラーメン屋のレベル高いよね。

7話目
ブラック企業というか、怪しい宗教団体の手口?

8話目
最近のプロレス、また面白くなってきたよね。イケボによる解説が全てでしたな。

9話目
魔法使いのカードの特殊効果がチート過ぎて笑ったw カードゲーム自体が売れなくなりそうなバランスブレイカーw

10話目
ベンガルカレーは、聞いたことあるな。アトも多分リアルに存在する店なんだろうな。迷走してるけどまあ、作風だからよしw

11話目
偽物登場ね。ラスト3話は、一応ストーリー流すんだね。

12話目
アメリカに帰る理由がメチャクチャ(笑) 図書館戦争?

13話目
ここにきて新設定w 78ってババァやん…。喜びの歌って、エヴァオマージュにドラゴンボールにゴレンジャーに、いくつ同時にパクってるの?
{/netabare}

 サンキュー(29)
2017.08.12 23:51 四畳半愛好家の評価 | 観終わった| 56が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: AKIBA'S TRIP(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 3.5  声優 : 3.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

「吸血鬼」と「脱衣」は意外と親和性が高い!(秋葉紹介アニメ)

吸血鬼との戦いを描くゲーム原作作品(設定以外は完全にオリジナルと言っていいレベル)。全13話。


古来より「吸血鬼の弱点」といえば、十字架・にんにく・炎等、いくつかテンプレが決まっているものの、特に有名なのが「日光」ではないだろうか?
吸血鬼は日光を怖がり、夜に活動すると言い伝えられている。

本作の敵である吸血鬼も、例に漏れず「日光」が弱点である。
ただし、昼間でも直射日光をある程度避ければ、つまり服を着てさえいれば、活動ができるレベルで苦手である。
そんな日中活動している吸血鬼を倒す方法は、単純に「STRIP」つまり、服を脱がせればいいのである。
(この発想…天才か?意外と盲点だった気がする…。「吸血鬼」と「脱衣」がこんなに親和性があるとは・・・。)

そんな天才的かつ変態的な発想から「AKIBA'S TRIP」もとい「AKIBA STRIP」が生まれたわけだが…このアニメ、思いのほか「エロくない」!


1話でも観れば大体わかると思うが、お色気アニメではなく、コメディー風味の、いい意味で馬鹿アニメである。

基本的に1話完結で秋葉文化を紹介しつつ、吸血鬼を倒していく展開。
紹介内容は、アイドル・ミリタリー・無線・格ゲー・自作パソコン・カードゲーム等々非常に幅広い。
ただし幅広い分、一つ一つの世界についての紹介は浅め。それでも自分の好きな趣味の回は楽しいのではないかと思う。(逆に物足りなさも強く感じるだろうが…)

個人的に最高だったのは某ブラック企業ワ○ミを元ネタにした「無理というのはウソつきの言葉」だ。
サイコパス疑惑のある?某ワタ○元社長の発言を揶揄する、かなり勝負した回。一見の価値あり。

こういうテンプレからほど遠い、毎回展開が読めない作品は好みなので、終始飽きずに楽しめた。
勢いMAXな最終回も正直好み…。

声優はイヤホンズの3人がヒロインを演じており、3人が歌うこてこてのアニソンOPも好み。EDが毎回変わるのも楽しい。
作画はどこか古臭いが、悪くはない。


頭からっぽで、気楽に何か観たい気分のとき、この作品はなかなかおすすめ出来る。
地味に「主人公最強系」でもあるので、そっち方面が好きな人にも良いのかもしれない。
レベルの高い作品だとも思わないものの、個人的にはなかなか楽しめる作品だと感じた。
変わった作品が観たい方はチャレンジしてみてはいかが?

 サンキュー(9)

AKIBA'S TRIPのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
AKIBA'S TRIPのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。