当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「くまみこ(TVアニメ動画)」

総合得点
66.1
感想・評価
797
棚に入れた
3288
ランキング
2948
★★★★☆ 3.3 (797)
物語
2.9
作画
3.4
声優
3.4
音楽
3.3
キャラ
3.3

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

くまみこの感想・評価はどうでしたか?

なかやま さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

思い出したくない

つべで動画を見たら、なぜかこのアニメに関するコンテンツが来た。
ようやくこのアニメを忘れていたところなのに。

観たい場合は原作を読んだほうがいい。

投稿 : 2024/05/22
閲覧 : 32
サンキュー:

1

ネタバレ

白毛和牛 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

最後にコケた

まあ喋るクマとかそれなりに印象に残る物はあったけど、
ただ印象に残るといえば最終話のまちがトラウマを植え付けられる展開はさすがに可哀想だった。この作品は最後にコケてしまいましたね。

【評価】

50点・1B級

投稿 : 2023/02/08
閲覧 : 120
サンキュー:

1

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

まったり系の巫女萌えが面白い。

喋れるクマと巫女主人公の日常系ギャグアニメ。流し見でも、ガッツリでも見れる。そうそう、こう言うので良いんだよと。主人公の巫女が可愛いです(*^^*)

投稿 : 2022/09/27
閲覧 : 99

pH さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

訳アリ極上の萌えアニメ

少々物議を醸した本作ですが65点はありえないありえない。個人的には萌えアニメのトップに君臨すると思っている。めちゃくちゃ神アニメです。

まちちゃんの可愛さはずば抜けている。キャラデザや声優も最高だがそれよりも、キャラの作り方が素晴らしい。いとこの兄ちゃんや巨大なクマと絡む小さい巫女服の女の子。感情、表情豊か、ナツのことが大好きでベタベタ。よしおや村の男衆にはツンツンからの羞恥で赤面。ひびきにドヤされて涙浮かべ怯える。キャラが立っていて内面性も感じられながら、可愛い要素を存分に、いや莫大に持っている。
こういうのを可愛いキャラと呼ぶ。本物である。互換としては他に、この美の宇佐美ちゃん、であいもんの一果ちゃんなどが挙げられる。断固、個人的感想ではない。根拠はある(割愛)。

またセクハラが多発すると言われているが…いやいや。
よしおに暴行を受けて泣きそうになってるのが良いんだよww
まあ少しやり過ぎだし可愛そうだとは思うけどね。普通によしお嫌いだし。ひびきの脅迫にしてもそう。ただ、それはそれ、これはこれ。可愛いもんは可愛い。あとナツと一緒にお風呂入ったりは、全く問題とは思わない。ナツはクマさんだからね?人間の雄とは違うんだって明言されてるじゃん。

とはいえやはり11、12話あたり微妙と言わざるを得ない。アイドルの話がでてきたあたり。最終話はたしかに引っ掛かるけど、これまでの雰囲気が壊れてしまってたことが一番残念。マチとナツのほのぼの日常を永久にやってほしかった。2、3話が最高傑作かな。あるいは8話くらいまではもう、何回も見返せる、最高に萌えるアニメ。
さらにopedの良さも、本作の魅力です。特にed良すぎた。

投稿 : 2022/07/26
閲覧 : 214
サンキュー:

4

ネタバレ

あや さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 2.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

炎上が残念で仕方がありません

(加筆2022/1/5)
2016年と放映がちょっと古いアニメです。
あるニコ動で、「石を投げる」的なコメントが多かったので調べてみると
宮城県の仙台市、東北地方、辺りが関連して くまみこ にたどりつきました。
当時はかなり炎上して、原作者まで出てきてコメント。まとめサイト・動画で説明もされています。
dアニニコ動で全話視聴してから、1-6巻買って読みました。
アニメ部分は1,2と3の一部?
ヴィレヴァン回の話ってアニオリなのかな??
原作読み込みはこれからなので、にわか比較ですみません。

原作書、原作ファンに反感を買ったのは11,12話です。
原作では、まちは仙台に行っておらず、よしおの夢のアニオリといったとこでしょうか。原作を1クールで切り取り取る必要があり、ドラマでもありがちな終わらせ方をしくじった形ですね。

その耐性があったのか、視聴しましたが よしお の例のセリフ部分は割とすんなり通過できました。もちろん引っかかりましたけど。ニコ動視聴だったんでコメントがすごかったですねぇ

脚本家さんが叩かれたりの方ですけど、ゆゆ式とウマ娘が入っているところをみると能力はお持ちのようで、この作品でやらかしちゃった感がありますね。(きらら系でゆゆ式と金モザはぴか一です)

まず、絵を描いたことが無いのでキャラデザとかの知識は無いのです。
王道なのかも良くわからんのですが、初見の主人公:雨宿まち が滅茶苦茶可愛いです!一瞬目を疑いましたww
内容、炎上案件はともかく作画評価がバイアスかかりまくりでMAXです!!

アニメ部分通して、幼女時代の回想、よしおが幼馴染感覚で服を着替えさせる描写の入った まち とのケンカ、お風呂シーン、など原作にありますけどちょいエロとしてアニメで誇張しすぎかと。

田舎者、コンプレックス、まち自身の被害妄想表現(石投げは原作にもあり)、まちの立場の弱さ、などネガティブな面を「いじる」ことが多いストーリーで実はセンシティブな表現が多々あります。結果論ですけど、そこを軽視しておもしろおかしくしたはずのストーリーやセリフが、結果的に原作既読者、視聴者には引っかかりまくりだったのでは?と邪推しております。

前述のちょっとエッチなシーンは需要があるのである程度必要ですけど、今回の登場人物の扱いや実際の地名を出すだけでなく悪く扱うのは問題点があり、その需要部分も否定されてしまいます。

日岡さんと安元さんのラジオが面白かったのでせめてラジオCDは買いました。いまさらですけど。

投稿 : 2022/01/05
閲覧 : 318
サンキュー:

7

nyaro さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

批判で純粋に楽しめないのは残念でした。2つの論点です。

 田舎の日常として、シマムラとかユニクロにビビるちょっと変わった女の子が、古臭い田舎に辟易しながらも都会に憧れながらいろいろ挑戦するとことをギャグテイストでみせるという作品で、非常に面白かったと思います。絵も奇麗ですし。

 アニメは丁寧ですし、ちょっと古臭いテーマですが、クマを登場させることでちょっと不思議な雰囲気で、興味深く見られました。


で、話題の論点2つですね。アニメがこういう批判で純粋に楽しめなくなるのは悲しいことですが、特に最終回については仕方ないでしょう。

 1つ目。最終回周辺のアイドルオーディションの話です。
 もう2歩くらいシリアスに行って、田舎の共同体的な価値観の上に犠牲になる少女、都会とかスマホ、アイドルグループやゆるキャラと言った価値観に対するアンチテーゼ、アイヌやヒグマという北海道とのつながりで歴史的に複雑な東北の文化を描く…みたいなところに到達できていれば、深い話になったとは思います。ですが、それは本作とは違うストーリーでやるべきでしたね。

 キャラの行動についてです。よしおはひどいですが一貫性がありました。ヒグマがやはりキャラ設定とズレました。無理にまちを仙台に行かせようとした理由がわからないし、失敗させて都会への進出を諦めさせようというなら、ちょっとひどすぎます。
 ヒビキのよしおに惚れ直したみたいなラストもちょっとキャラが違うのではないか、という気もします。
 仙台の人は少なくとも石は投げないでしょう。よしおのあれも山の神の仕業だったということ?

 ラストのヒロインの疲れ切った病的な目とよしおの今後も同じような事を続けるという決意を見ると確かにバッドエンドに見えても仕方がありません。よしおに山の神の罰が当たってひどい目にあって、ヒビキにあきれられるというのならまだ良かったと思うのですが。


 2つ目。ちょっと露出が多くてお肌が見えることについては気になりません。本作は日常系の様でいて、そういった微エロを楽しむ要素があるからです。ただ、純粋なほのぼの日常系を期待していた人にとっては、ちょっと性の匂いがするとことがノイズになった可能性はあります。

 ただし、よしおの行為についての不快感は理解できなくはありません。これはまちの尊厳を傷つける行為に見えるからです。よしおに対する不快感は本作の一つのテーマですので、成功しているともいえますが、あまりに弱い物イジメ過ぎて、ましてそれが性的な行為に近しいのでレイプに近しいような感覚を抱くのは無理からぬことかと思います。
 それとも田舎だから性的に前時代的な価値観がある、みたいなテーマがあるのでしょうか。

ここが解りずらいところで、わざわざアイヌの衣装とヒグマを出したということは、相当古い過去からの因縁のある村の陰の部分を、コメディーテイストのオブラートに包んで批判的に描いた、という見方もできます。よしおのミドルティーンの少女に対する性的な行為は、そういう夜這いや女性の子作りの役割的な古い価値観を表していたともいえます。少女の庇護者であるヒグマの性的な部分にスポットを当てる回などは、近親相姦的なおぞましさも想起させました。

 全体的に非常に閉鎖的な「ムラ社会」「都会との価値観のギャップ」で起こる少女の悲劇、病的な状況に追い込まれる周囲の人間の身勝手さ、みたいなテーマがあると言えばあるのですが、多分視聴者のニーズが全然違いますよね?

 ということで面白いアニメだと思いますが、どこか視聴者の期待や価値観とのズレがあって、批判される結果になったのだと思います。

 客観的に見れば悪くないと思うのですが、アニメは嗜好品ですので主観的な満足度の方が重要なのでしょう。

投稿 : 2021/10/13
閲覧 : 319
サンキュー:

7

ネタバレ

アニマル さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.9
物語 : 1.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

アニメ内でも言われていますがヒロインがひたすらセクハラを受けるアニメです

和風な背景で熊と友達のヒロインと聞けば、上品な和み系を想像しますが、基本セクハラやレイプ未遂、田舎っぽい都会への無知さをギャグとして扱っているアニメです。

知り合い曰く「セクハラを受けたりレイプされそうになって涙目になるヒロインがかわいい」との事です。

結末が原作と大きく違う事で批判が殺到しましたね。
元々都会に憧れていたヒロインが都会に出てアイドルになるも、石を投げられたり罵声を浴びせられる幻覚幻聴に襲われ、精神が壊れた状態で結局性犯罪者だらけの田舎に戻り「何にもしなくていい。都会になんて行かなくて良いんだよ」と洗脳されるという結末。
「ひぐらしのなく頃に」の雛見沢村より恐ろしい所ですね。

投稿 : 2021/09/14
閲覧 : 383
サンキュー:

2

ネタバレ

あーちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

EDが忘れられない。再生されちゃいます。

話的にはよしおが結構謎の行動というか、なんでそんなこと言うの、そんなことするの、、、みたいなことを言ったりしたりするので、
それが気にならなければ見れるかも。

昔話の伝承を子供たちに話すところでも、わざわざ「エッチな内容が含まれます」とか言わんでいいやろ。。。
伝承なんやから。よしお自身が昔話・伝承をエロい話で興奮してしまうからそんな発言が出るんだろうけど、その発言がセクハラやと思う。
後半はもっとひどい、、、ワンマンプレー、自分の想いだけで突っ走ってるところが多いと思う。


ナツは終始かわいい。
仙台行きを嫌がるまちをたきつけるところはなんで?ってなったけど。

投稿 : 2021/06/13
閲覧 : 212
サンキュー:

3

ネタバレ

Bハウス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

パンケーキに憧れた少女はもういない

ある田舎の集落で巫女として存在しているまちと
何故か人の言葉を鬼灯さんっぽい声で話すクマのナツ

幼いころから一緒にいた事で信頼関係はあるが
まちは都会に憧れて退屈な田舎暮らしから刺激を求めている

この作品を初めて知ったのが
花澤香菜さんがまちを演じていたCM

都会に出てきてパンケーキを食べようとするも
ナツに引きずられて食べられないと言う内容だった

まちの可愛さとほんわかした雰囲気がインパクトにあり
アニメが始まって期待して見ていたんだけども

最終回の下りや原作者の先生の呟きが悪い意味で残り
この作品の本来の面白さが消えてしまったのは残念だ

横溝正史シリーズの様な田舎のおきてを見せたり
携帯電話を持っただけで国木田花丸以上に未来を感じるまちw

やたらとワイファイ環境に強く
電波の弱い本堂でもネットを観れるようにしたナツ

ヤンキーの響はまちに怖がられながらも
徐々に距離を詰めて仲良くなろうとする

田舎を逆手に取ったカウンタームービーで
まちが都会に憧れる程に田舎の良さが出てくる

だから最終回で妄想で都会の人に嘲笑われたまちを
ナツが逃げ場所として田舎に帰そうとしたのは
これまでの流れを台無しにしたし

どうしてこういう鬱展開の様な下りを入れたのか
ピエール杉浦の本心が知りたいくらい

20年前当時未完だったフルーツバスケットを
大地監督がエンドマーク入れた事で高谷先生が書けなくなり
原作完結後、高谷先生監修でリメイクされている

出来れば本作もリメイクとして
原作本来の良さを生かしたアニメを作り直してほしい

投稿 : 2021/06/05
閲覧 : 235
サンキュー:

3

potapota さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

視聴するならTV版でなくDVD・BD版を

DVD・BD版は12話の問題の部分はセリフ差し替えられて一応見られる程度にはなっているよ。
まあそれでも鬱要素が消しきれていないラストだから12話までの視聴で終わるとモヤモヤが残ると思う。
それについてはDVD・BD版での追加ストーリー(12.5話という感じか)で、希望のあるオチが付いて一応スッキリするのでそれもセットで視聴することを強くお勧めする。
田舎コンプレックスによる幻覚等のくどさ、一部の暴力表現が過剰、ソフトではあるが性的な表現等、ほのぼの日常系にそぐわない演出がいくつかあり、所々で製作が悪乗りしちゃった感はあるが全体的に見れば楽しめるし良い作品だと思う。

投稿 : 2020/10/05
閲覧 : 246
サンキュー:

1

ネタバレ

大重 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ほのかなエロスもあって。コメディで楽しかった。

1話感想
予想以上に良かったです。
ほのかなエロスもあって。コメディで楽しかった。
くまはどこで都会の常識を知ったんだw
絵も綺麗でキャラが可愛らしいですね。

全話感想
マチちゃんが可愛く、ナツも面白く、緩く楽しんでみることができた。微妙なエロさも良い。
一度気に入ってしまうと、この微妙なつまらなさが面白いという状態になってしまうので、低調な回も何か楽しめた。
いじめられて泣いているまちちゃんが可愛い。なめこの回など非常に良かった。

しかしまあストーリーとしては何かね。主人公が成長するどころか挫折してダメになって終わってしまうとはw
まあこのぐだぐだっぷりもこのアニメらしくて良いのかもしれない。なんだかんだ楽しめました。


とまあ、私はとても気に入ったのですが、荒れましたね…。
ほんわかした見た目に反して、向いてない仕事に駆り立てられた挙げ句に精神崩壊鬱エンドというのがキツかったのでしょうか。
そこが良いと思いましたけれどね…。

投稿 : 2020/10/02
閲覧 : 255
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

しゃべるクマがいる田舎のほのぼの日常コメディって思わせて実はロリイジメの下ネタアニメ

あらすじはあにこれのを見てね☆


しゃべるクマが出るけど
「のんのんびより」とか「ばらかもん」みたいな
クマさんと少女の田舎のほのぼの日常系なのかな?って思ってたら
ロリコンの人向け下ネタのおはなしになったからちょっとびっくり!


何話か見てみるけど
もしかしてとちゅうでやめちゃうかも。。


1話目
{netabare}
1話目の公式のあらすじ
{netabare}
熊を奉る神社に巫女として仕えている雨宿まちは、都会に憧れる中学生。ある日、幼少の頃より共に育ってきた後見人(人?)の喋るヒグマ・クマ井ナツへ「都会の高校へ行きたい」と訴えます。ところがナツは大反対!長きにわたる山育ちで、都会の常識を知らないまちの事が心配なのです。でも、どうしても「村を出て広い世界が見てみたい」と言うまち。そこでナツは都会で生きるために必要な知識をクイズで出題するのですが・・・。
{/netabare}

前半は
まちとナツがマンザイしてるみたいだったけど
クイズはあんまりおもしろくなかったから
そんなに時間をかけないでほしかった☆

ほのぼのアニメだったら
ゆっくりのギャグでもいいけど
そう思ってたら後半
村の小学生たちに大人向け昔話とかするし。。


にゃんは深夜アニメだからロリコンでも下ネタでもいいって思うけど
(Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤとかは面白かったから)
ほのぼのかギャグかどっちかにしないと
あんまりほのぼのできないしゆっくりのギャグってあんまり笑えないし
ただのロリコン見せたいだけのおはなしかな?って
{/netabare}

2話目
{netabare}
2話目の公式のあらすじ
{netabare}
まちの幼少の頃を思い出し、回想にふけっているナツにまちは再び「都会の高校へ行きたい」と訴えます。またしても引き下がらないまちに対し、ナツは「都会についていろいろ勉強しなきゃいけない」と新たな宿題を出すことにしました。その内容は「衣料品店でとある商品を買って来る。」というもの。そもそもその商品の事を知らないまちは必死に考えるのですが・・・。課された期限は残りわずか、はたしてまちは商品を購入することができるのでしょうか?
{/netabare}

あーよかった♪今週は下ネタなかった^^
でも
ギャグはゆっくりだったしおかしくなかった。。

子どもにお酒を飲ませようってする酔っ払いおじさんってふつうにいるし。。
イヤだし。。

にゃんも坂道で自転車のブレーキのワイヤーがかたっぽ切れて
もう片方をぎゅってにぎったらそっちも切れて
赤信号の交差点につっこんでこわかったことがあった。。

ちょうど車がいなかったからよかったけど
あれってギャグじゃないよ。。死んじゃうよ。。


くまみこって
まちがナツの出す問題をクリアして成長してくコメディなのかも?

ちょっと似た感じで「ばらかもん」ってあって
やっぱり田舎のコメディで主人公が成長してくおはなしだったけど
村の人がやさしくってこのおはなしよりずっとおもしろかった☆

こっちはやさしいのは良夫さんくらい

ナツも心配してくれてるみたいだけど
いつもまちの子どものころのこと思い出してるだけだし。。


それにまちがどんな子かよく分からないな?

ネットがないからいろんなこと知らないの分かるけど
都会に行きたいって思うくらいだったらTVとか雑誌でいろんなこと分かるし
引きこもりだからそんなこと関心ないんだったらどうして都会に行きたいの?


たぶんおばかなまちがかわいい
それだけのおはなしみたい。。
{/netabare}

3話目
{netabare}
3話目の公式のあらすじ
{netabare}
皆に野次られセクハラを受けながらも、課題の商品を買って来ることで気を使い果たしたまちは、今日もお菓子を食べながらダラダラと過ごしていました。ところが突然、神を祀る儀式である「神楽」をしよう。と言い出します。ナツはいつになく積極的なまちを応援しようと準備を始めるのですが・・・。そしてある日、まちが境内でナツの毛をカットしようとしていると、良夫が大きな紙袋を持ってやってきました。その中には・・・。
{/netabare}

神楽が実はダイエットのエクササイズだった。。ってゆうおはなしで
まちが足をぷにぷにするところとか。。


2本目で
大人の良夫さんがまちの着替えをのぞいて
おこられたら逆ギレして
下着姿のまちを男の人がムリヤリ押さえつけたりって
殴ったりしてなくってもダメっ!

だって自分より20センチくらい背の高い人が
急におそいかかってきたらすごいこわいよ。。

差別は許さないとか
先になぐったのはまちだとかって言いわけしたって
クマと人間が違うなんて大人なんだから分かるでしょ!


女子中学生監禁事件の犯人がアニメ好きだったって
アニメを規制しろ!とか言われてるのに
ほのぼのアニメでこんなシーンとかふつうに流してたら
ほんとに深夜アニメとか禁止になっちゃいそう。。


深夜アニメだからHいシーンとかあってもいいって思うけど
ほのぼのアニメのフリして
泣いてる下着すがたの女子中学生をムリヤリ押さえつけたりするの
見せるのよくないって思う。。

(バトルとかにそうゆうシーンがちょっと入るとかだったら
バトルだって思って見てるからまだいいんだけど。。)

作るんだったらOVAとかにしてほしい☆
{/netabare}


。。終わったみたいだからみんなのレビュー読んでたら
そのあともセクハラっぽいところがあったり
さいごの2話はまちがこわれて。。とか、いろいろあって
脚本の人がかくれちゃったりしたみたい。。


原作はそんなに悪くなさそうなのに
にゃんはとちゅうで、ちょっと変だな?って気がついて
見るのやめてよかったのかも。。


ほのぼのアニメっぽいけど
「まちがイジメられるの見て喜ぶアニメ」って言ってる人もいるから
そうゆうの好きな人はいいみたい

これから見る人は気を付けた方がいいかも☆

投稿 : 2020/09/29
閲覧 : 974
サンキュー:

89

ニワカオヤジ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 1.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

性的虐待

最後の2話がひどいという評判ですが、最初からひどいので最後の2話は気になりませんでした。
絵のかわいさに反して、女子中学生に対するセクハラやレイプまがいの行為が日常的に行われているという恐ろしい作品でした。

ヒグマのナツは2足歩行で手で物を持つことができ、しゃべる内容からは人間と変わらない知能と思考を持っていることが分かります。
つまり熊らしさは見た目だけで、熊の格好をしたただのオジサンです。背中のチャックを外したら中から汗だくのおっさんが出てきても驚きません。

そんなオジサンが女子中学生とハグしたり、一緒に風呂に入ったりするのはいかがなものか。
EDもデフォルメされたキャラでかわいらしいのですが、最後に屋根の上でまちとナツが抱き合って転がるところでハートマークが出てくるのは何故?

しかもナツの祖先は人間の女性と性行為をして子供を作っています。ナツは去勢されており、人に対する性欲と生殖能力は残っていたことが分かります。
いくら去勢されたオジサンでも、女児と風呂に入ったら普通は通報されます。
ナツは役所に通報して殺処分で良いんじゃないだろうか。


イトコの良夫も、女子中学生にのしかかって服を脱がせたりおきながら、イトコだから良いだろ!と逆ギレ。ナツも反対せず。女児に対する性的虐待が物語の中で許容されており、信じがたいものがあります。

しかも良夫は共感能力が全く欠如した、パーソナリティ障害のようで、村おこしのためなら平気で嫌がる女児にエロい格好をさせて衆人にさらしたりし、被害者の意見は理解できずに切れ、最終的には妥協せず強行してしまいます。


まちの見た目が可愛い分、本当に不憫で、途中で断念したらまちが更にひどい目に合わされるんじゃないかと気が気じゃなくて、結局最後まで見てしまいました。

最後、まちは結局都会行きを諦めるわけですが、これもナツ・良夫ら地元のオジサン連中が田舎にとどまるように仕向けて、未成年のうちに子作りさせる策略なのではないかと勘ぐってしまいます。


え? 考えすぎ?
逆に妄想がすごくてキモい?

べ、別にナツがうらやましいわけじゃないんだからね!

投稿 : 2020/08/12
閲覧 : 544
サンキュー:

20

ローズ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ふぅーはぁいふぅーはぁいふぅー

都会に憧れて高校へ進学しようとしている巫女の雨宿まち。
日本語が話せる熊のナツは雨宿の事を心配して都会へ行く事に反対した。

現代の文明に馴染めない雨宿。
教わっていないので、仕方が無い側面もあります。
しかし、ガスはありませんが、電気は通じている。
ネット環境なども完備。
これだったら外界の情報も入手できますし、都会への耐性も付きます。
巫女としての役割のある雨宿。
地域から出さないのは閉鎖的な村の事情でしょう。

クマのナツ。
日本語が話せるだけでも驚きです。
意思疎通の出来る野生動物。
発見されたら保護対象に。
祀られる立場のナツ。
地域から見ると神様的な存在に。
日本の閉鎖的な村社会を感じさせます。

ここ十数年で機械の進歩は顕著。
特にパソコンなどの情報インフラは発達しました。
始めは玩具としてスマホなどを与えてみてはどうでしょう。
誰しも始めは初心者です。
雨宿の機械オンチも改善するかもしれないですよ。

都会に憧れる気持ちは分かります。
イメージとしては渋谷のスクランブル交差点とかかなぁ。
痛勤電車だけは勘弁です><
都会の良いポイントだけを印象付けているのでしょう。
人が多く高いビルも建ち、交通網は発達しています。
ただし、人が多いと需給のバランスが。
6畳程度のワンルームでも家賃は高いです。
空き家が目立つ田舎。
都会には都会の、田舎には田舎の良さがあります。
都会にいても田舎に帰れる場所がある、という事は幸せな事なのです。

作品の舞台は日本海側の東北地方。
せめて、仙台あたりに簡単な旅行をさせておかないと。
仙台で臆するのであれば、もはやそれまで。
田舎に帰りましょう。
新宿や渋谷では田舎と落差が違いすぎます。
田舎の良さを保ちつつ、都会の利便性を使う。
これが一番良いかなぁ。

現在だったら学校や会社などはスマホやパソコンで遠隔でも大丈夫。
今回の新型ウイルスの発生は、今までの社会構造を覆すかもしれません。
在宅しながら仕事や勉強ができる。
まさに理想的。
欲しいものはネットで注文。
あとは移動手段かなぁ。
都会の電車と田舎の車。
どちらも便利ですが、使いこなせるかどうかは当人次第。
個人的には電車の方が楽できます。

少し古い時事ネタ。
ユニクロやしまむらが登場しました。
今だったらワークマンですね。
売り上げ上昇の有望株のワークマン。
作業着だけでなく、スポーツや普段使いできる品揃えです。
アパレル業界は栄枯盛衰。
移り変わりの激しい業界です。
通販部門がないとキビシイ現代。
インフラとしてパソコンなどを利用できないと不便です。

雨宿の現代文明を拒絶する姿勢と憧れる事のギャップ。
ナツがいなくても説明書などを見ながらだったら使いこなせるでしょう。
炊飯器を用意するだけで火災発生。
少し畏怖感が大きいです。
何事も最初は初心者。
慣れる事が重要です。
雨宿の被害妄想は聊か過度。
田舎コンプレックスをこじらせた雨宿の可愛らしさを愛でる印象。
雨宿の失敗を大目に見て、優しい眼差しで見守ってあげて下さい。

投稿 : 2020/05/27
閲覧 : 433
サンキュー:

22

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

最終話だけが問題だったのではないような

 原作は未読。

 最終話がかなり批判を受けたことで話題になったが、最終話でいきなり豹変したわけではなく、
序盤からある程度の毒性は見えていた。
 それでもメインヒロインの雨宿 まちの可愛さや、まちと熊のクマ井 ナツとの交流のほのぼの
路線がメインかと思いきや、毒性はドンドン強くなり、それに伴ってネットでの批判は増えていき、
最終話が決定打となった印象。

 基本的なネタはまちがひどい目に会うというもので、これが自身の行動や考え方に起因する
ものと、他者によるものとがある。
 前者は激しい田舎コンプレックスによる村外の者へのコミュニケーション障害とも言えそうな
性格によるものが多く、内向性が生む空回りがネタという点では「私がモテないのは
どう考えてもお前らが悪い!」(以後、ワタモテ)の黒木 智子(もこっち)に似たような形。
 ただもこっちの場合、自己中心的で他者を見下しているようなところがあるために、ある程度の
因果応報的な要素があるのに対して、まちの場合は素直な可愛い女の子といった描写がなされていた
ためにただ可哀想な印象が強く、笑いに繋がりにくい感じがあった。
 ストーリー的にも例えばまちと対峙した村外の者のある態度を曲解して、まちが被害妄想に
なっていくといったアンジャッシュのコントのような展開でもあれば面白みがあるのだが、
そういった手順を踏まずに対峙した時点で問答無用で被害妄想が発動するためにかなり単調に
感じた。
 あとコメディと言えどもある程度の成長を期待したいところだが、まちのこじらせ方は回を
追うごとにひどくなる一方で、まち自体の魅力もかなり損ねている感があった。

 後者の他者によるものは、前者同様にワタモテとの比較で言えば、ワタモテは回りが優しい人で
満ちていたのに較べて、本作はかなりひどい状況。
 代表的な雨宿 良夫や酒田 響などは自身の正論はあるのだろうが、端から見ているとやはり一種の
いじめと取られても仕方ない感じ。
 良夫や響が目立つために判りにくいが、他の村民もまちが巫女という役を担っているために色々な
責任を押し付けているような感があり、更に娯楽の少ない熊出村ゆえにまちをおもちゃにしている
ような感さえ感じる。
 コメディの形を取りながら、村社会の閉鎖性や古くから続く因習が生む悲劇などを
描きたいのかと、本気で思ってしまった。

 個人的に一番ひどいなと思ったのがなつで、良夫や響などは幾ら親しくても所詮は他人であるのに
対して、なつは幼い頃から同じ家で暮らす家族同然の存在。
 そんななつがあまりまちの気持ちを理解してやらず、ことあるごとにまちに問題があるように
接していたのは結構きつい。まちにも問題があるのは事実なんだろうけど。
 一応、まちの田舎コンプレックスを治すために教育している体で話は進んでいくが、最終話で
「まちが村から出て行って欲しくない」と真意を語っていたように、最初からまちの田舎
コンプレックスがひどくなるように追い込んでいたのかと思えてしまう。
 なつ自体はIT技術を駆使するなど、村で一番進んでいるのが熊というギャップ的な面白さを狙った
キャラなのだろうが、これもまちの都会オンチ、あるいは機械オンチであることを強調するための
道具立てに終わってしまった感がある。

 展開的にはまちのこじらせ方が増して、そして問題の最終話。
 ここでの東北アイドル自慢コンテストでまちがなんらかの成長を見せ、視聴者がカタルシスを
得られるような結果なら、これまでの展開も長い溜めとも取れなくもなかったが、結局は一種の
サイコホラーとも思える終わり方。これじゃあ叩かれても仕方ないかなと。
 ある意味やりきったとも言えなくもないが、ここまで作り手と視聴者のズレを感じた作品も
珍しい。

 個人的にはホラーやサスペンスのえげつない作品も好きだし、コメディやギャグものでも
ブラックな笑いのものも好きだったりするけど、本作はブラックな部分があまり笑いに繋がって
いない印象で、作品コンセプトがコメディである以上、これはダメだろうという感じ。
 まち役の日岡 なつみ氏の演技などは常に良かったが。

2018/07/28
2020/05/16 誤字修正、改行位置変更

投稿 : 2020/05/16
閲覧 : 368
サンキュー:

9

DB さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

・・・何というか頭の弱いまちをめぐる黒いグルグルというような作品でした。原作読んでないのでなんとも言えないが相当ブラックな内容だけどまちの可愛さだけで完走~www

投稿 : 2020/01/02
閲覧 : 223
サンキュー:

2

既読です。 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

ディスっただけ。

「のんのんびより」の対極かな?

何より「愛」を感じなかったです。

田舎をディスっただけではウケない
見本のようなアニメでした。

投稿 : 2019/10/19
閲覧 : 293
サンキュー:

4

コラッタ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

色々いわれてるけど・・・

最終回は、炎上したらしいですが
私は、そこまで気にならないかなあ・・・
ヒロインのまちが超可愛い!!!!!!
それだけで、全部観れました・・・
あとは、田舎の雰囲気、小ネタ、好きです。
こういう田舎の感じ、日常系が好きな人には
おすすめできます!!

投稿 : 2019/05/06
閲覧 : 266
サンキュー:

4

ストックトン さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

ほのぼのしててめっちゃ癒されるアニメだった。
まちが可愛いのかナツが可愛いのか分からなく
なってたけど面白かった。

投稿 : 2019/04/09
閲覧 : 198
サンキュー:

2

三毛猫メリー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

くまみこ

過去に視聴済み。

熊出神社の巫女の「まち」と
熊の「ナツ」の日常アニメ。

私はこのアニメけっこう好き。
特にハイテク機器を使いこなすナツに感動。

投稿 : 2019/01/26
閲覧 : 289
サンキュー:

8

ネタバレ

ダークフレイムマスオ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

私にもやらかした過去というものが勿論あった。否。知らないことは恥ではないそれがこれであったとは…

私モテの冒頭の台詞ではないが「ふぁっきゅん!( ゚Д゚)。。。」でゴべスゥ。ついにダスオちゃんゲシュタルト崩壊か?ではなくほんんとどーでもいいレビューですのでAVによくある冒頭の寸劇並みにスキップして大ジョーブデス。書き直すこと3回もうこれ以上は時間の無駄。そんな暇あるんだったら、よりもいでも観た方が精神的によろしいです。

※BLood cのネタバレ俺妹にも少し触れてます


リアタイで視聴してきてこれぐらいから私のイロモノ性癖が覚醒し始めたwと言ってもたま~に戻ってきてみたりする。これだけ書くとダスオちゃんだからま~たエグイ作品なの?って期待されるが残念!私にもごくごく稀にたまには癒されたいときがある。と思っていたのだが…

くまみこで検索するとすぐに原作者謝罪で出ました。せっかくいいものあった作品がひどいものです。これに対する感想は1000字超えたので断念。この時点でげんなりなる方は多数いるのですが敢えて目を背けずやってみよ!(ドМの本領だw!)

同じ作品を観ても感想が全然違ってくるものがある。最近私の場合ですとブラッドcが最たるものでした。円盤ならモザイクなしなんでしょうが最終話のグロいところ再視聴したらぼかしかかってました。リアタイの時は相当エグイと思ってたんですが劇場版まで見ると,このシーンは結構重要なファクターになるかと思うんです。それふやかしちゃったらダメでしょってやつ。
「バリ固で」
「はい」
ずるずる…
「お前これフニャフニャじゃねーか!」
ぐらいのもんです。このシ-ン相当叩かれたんでしょうね。でもこれ見たら同じものを見てるって私が思っても他者には違うように見えるんでしょうね。リアタイ視聴って重要だな~。

話戻すと最終11,12話が問題だっていうんですが、そんなひどいんか?が率直でした。
「アニオリエンドでブラックすぎるというか原作者からサイコ判定出た。円盤でも台詞変える始末もう笑うしかないです。

なんもなきゃこんなどーでもいいレビュー(言っちゃったよオイw)更新しなくて済んだんですが、さすがの私でも言いたいことがあるわ!
「殴☆殺」
「血が足りねぇぇぇぇんだよぉぉぉ!」
<ウッホウッホホ、ウホほ!(ゴリラ語訳:きゅうり投げるZOI!)

酷評はそんなにしないわしでもぷんぷんですよ~。あとから「あれなしねっ」て原作が謝るぐらいなら企画の段階で断れってやつ。リアル俺妹ですよ。アニオリねじ込むんなら普通話とおせば済むのだが原作者は製作サイドにすべて任せるって言ったがこの曲解は聞いてない。こどもか!デス。

ほんとーにどーでもいい話にお付き合いくださいすいません。
いいものあるんだけどな。アイキャッチの民謡っぽい感じや村の感じが好きでみてたんだけどな~。あと本当にクマに癒されてたのはマジですw至極残念。なダスオがお送りしました。

※魂の台詞は作品冒涜と取ってもらっていいです(ネタは歌の歌詞にありますんw)

投稿 : 2019/01/13
閲覧 : 366
サンキュー:

24

yuugetu さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

2話で断念(個人的な記録なのでサンキュー不要で)

2016年春アニメ。
2話くらいまで見て、まちに対してサドっぽい作風?と感じてそれが苦手で断念しました。(2018.11.19)

投稿 : 2018/11/19
閲覧 : 296
サンキュー:

2

oxPGx85958 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

教訓は「原作もので遊ぶな」

放映時は1話の途中でクマの声に違和感を覚えて中断。その後、最終回を終えて炎上しているという話は聞こえてきました。今回、ふと思うことがあって最後まで見てみたわけですが…

絵柄や演出から抱いた当初の印象とは違うシニカルなユーモアがけっこう面白くて楽しみつつも、こういうことを最後まで続けていって炎上したんだろうなと思っていたら、最後の2話の展開はこちらの予想を超える異様さでした。

放映終了後に原作者がブログに苦情を書き、脚本家がSNSアカウントを閉じて逃走した、という経緯が歴史に刻まれてしまっているいま、本作の終わり方は商業作品として失敗だったと言わざるをえないでしょう。

せめて脚本家が平然とした態度を取っていれば、本作はカルト的な怪作として肯定的に評価されえたかもしれません。本作で脚本にクレジットされている人物は2人ともアニメ・プロパーの人ではなく、いい意味でも悪い意味でも業界に縛られていなかったということなのかな、などということを思いました。

その上で言いたいのは、こういう視聴者置いてけぼりの「実験的怪作」が平然とまかり通るようになると、ジャンル自体が失速するというのは、日本映画黄金期のプログラム・ピクチャーや日活ロマンポルノの終焉を知る者にとっての貴重な教訓ではあるのです。

本作についていえば、これが原作ものでなければ問題はなかったはず。しかし原作ものでなければこの企画がそもそもなかった。また、この原作が超有名作というようなものではなかったことが、このようなアニメ・オリジナル脚本を可能にする雰囲気を作った、という因果関係もあったかもしれません。いい意味でも悪い意味でも、原作を「尊重」しないでいいという諒解があったはず。

オリジナル脚本である、村のコマーシャルを撮ったのに乗っ取られてしまったというエピソードは、メタ的自己言及を思わせて興味深いです。

そういったメタ的視点から離れて、本作を単なるアニメ・シリーズとして見ると、作画と音楽がいい、しっかりとした作りの作品ではありました。大役デビューである日岡なつみは、これがほんわかした日常系アニメを求めている視聴者を変に刺激したんじゃないかとさえ思わせる、妙な生々しさのある演技をしていて、気に入りました。今後の活躍に期待です。

投稿 : 2018/10/12
閲覧 : 327
サンキュー:

7

ネタバレ

tinzei さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

嫌いじゃないけど・・・・

原作者が苦言を呈した作品。


田舎コンプレックスを拗らせながら都会の高校に行きたい主人公マチが現代文明を使いこなす熊ナツやマチの従兄で村役場職員のヨシオにいじられながらもコンプレックスを克服していく物語。

終わり方がアニメオリジナルなのは言うまでもないだろうが・・・・
精神闇堕ちスタイル、個人的には嫌いではないけど、いかんせん「日常」アニメだから超展開にしか見られないし、どう見てもバッドエンドだし、まあ踏んだり蹴ったりだわなw
そこまで興味のなかったライト視聴者からすると笑い話だけど、毎週楽しみにしていたファンや作者からすると脚本家に殺意が沸いても不思議じゃない。


声は微妙、熊のナツに安元さんを起用したのは良いとしても、マチの声をコミックCM時の花澤さんから変えたのはちょっとなぁ、結果的に泥船になったというのもあるけど名が無い人にやらせるには酷な役だった。

opを歌っているのはまだ十代女子、一応声も当てているらしい(アイドルコンテストの女の子)
edは中毒曲、主要キャストによる合唱、まあこっちの方が耳に残るかな。

投稿 : 2018/09/09
閲覧 : 216
サンキュー:

3

ootaki さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

どうしてこうなったのか

途中までは割と楽しめていたのですが、悪い意味でのどんでん返しがあり、その瞬間評価がかなり下がりました。キャラも魅力がないのですが、完走しなくてもよかったような気がする作品でした。

投稿 : 2018/09/08
閲覧 : 283
サンキュー:

2

ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

ヒロインのマチは可愛い♪ が、日常系アニメから、まさかのサイコパスアニメに……

[文量→中盛り・内容→感想系]

【総括】
水彩画のような風景。音の少ない世界。アイヌ民俗のような文化。普通にしゃべる……熊。

わりとディフォルメされてない熊が(おっさんくさく)しゃべるってのは珍しいかな? 東北にはヒグマはいないから、仮想の世界が舞台なのかな? EDでラッセラー(ねぶた祭りの掛け声)とか言ってるから、青森か? 東北の日本海側、というと秋田、山形、青森。岩手が聖地候補から外れて残念だw

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
1~4話とかが一番おもしろかったです。6話でナツに八つ当たりし続けるマチも可愛かった。あのまま、のんのんびより系を狙っていけば面白かったのに。終盤のアイドル編が始まってから、色々と疑問符が。マチを独占したいナツの気持ちはわかります。親心ですね。でも、だからといって、このラストは……。強烈な肩透かしを食らったような12話でした。いや、確かに予定調和は崩しているけど、でもやっぱりスッキリしない。

閉ざされた世界に留まり、外の世界を捨てた少女。それ自体は良いんです。でもそれは、「田舎」「都会」の両方の「良さ」を知った上で、選択するものではないでしょうか? ほんわか癒し系アニメだったはずが、ラストシーン(ネットショッピングをするナツと、それにいちゃつくマチ)には、狂気すら感じました。まさか、サイコパスアニメだったとは……。

視聴中、第11話までは評価4をつけていました。ラスト1話で評価を2つも落とすことになるとはびっくりです。10話までなら、みんなに勧められる日常系アニメでしたね。

あれだけ可愛いヒロイン、マチを無駄遣いにしてしまった残念な脚本でした。2期がないと救われません。
{/netabare}

【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
第1話
紫色のジュースは紫蘇(シソ)ジュースやね、なんの説明もないけど、田舎ではよく飲みますw

第2話
どぶろくは呑んだことあるけど、あれはヤバイ酒です。発酵中の酒なんで、飲み口は軽くガバガバ飲んじゃうけど、胃の中で発酵し、度数が上がる(感じがする)、んで、酒が回る回るw

第3話
ちょいエロ回w これは萌えの範疇です♪ 太ももとかふくらはぎとかw

第4話
新キャラ登場。ユニクロは社名出すのOKで、なぜしまむらはダメなん? 許可とれなかったのか?

第5話
ナツが可愛い回でした。響は、ツンデレヤンキーで、属性や見た目的にはサヤ師に近いけど、今のところそこまでの魅力は感じないかな?

第6話
田舎には、ちょいオシャレな雑貨屋がヴィレッジヴァンガードか無印良品しかないからねw ナツとマチの関係性に心がほっこりした♪

第7話
ネットショッピング経験0です(笑) 実物見て買いたい派っすw

第8話
水かけごはん食べてみた! なかなかいけるw 南蛮味噌は激ウマだよ! 麹南蛮があれば飯何杯でもいける!山形は、水めし、冷やしシャンプー、冷やしラーメン……冷やしラーメン、あんまり旨くなかったな、油固まって気持ち悪かった(その店は)。

第9話
マチの水着姿は、近ごろやや人気のむっちり系ですな(笑)

第10話
個人的には、携帯電話18才未満禁止法案、を可決してほしいですw その理由は、漫画「イエスタデイうたって(冬目景)」を読んでみてw

第11話
いや、仙台も田舎だから大丈夫(笑) 岩手県民って、実は仙台にはほとんど行かない.やや都会なら盛岡で良いし、ガチ都会に行きたいなら東京まで行くしねw

第12話
仙台まで2時間半? 山形か~~聖地は。ナツがゆるキャラに間違われる流れは良かったですね、自然で。でも、そのラストは……。
{/netabare}

投稿 : 2018/06/16
閲覧 : 415
サンキュー:

31

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 2.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

クマと巫女の日常

原作未読。クマと巫女の日常を描いた、のんびりとした作品です。

クマ(ナツ)は代々村の神として崇められている存在で、言葉を話し、微妙な字も書けます。また、タブレットPCを使いこなすなど、ハイテクに強いクマです。
巫女(まち)は中学生。都会の高校に行きたいと思っていますが、クマ(ナツ)に反対されています。極度の人見知り&機械音痴です。

全体的に、まちとナツの掛け合いは、テンポが良く、とても面白かったです。


だけど、良夫の『村おこし』にかける情熱はウザかったです。
そして、良夫が何か仕掛けるたびにまちの表情が暗くなり、最終的に、まちは精神を破壊される・・・って、作品のメインヒロインを精神的に破壊してしまっては、もはや「日常ほのぼの系」とは呼べませんよね?

【結論】
物語=3.0。
まちとナツの掛け合いや、村の人々との交流の物語は良かった。
「村おこし」関連のネタは、結果的にまちを傷付けるだけだったのでマイナス評価。
キャラ=4.0
良夫以外は良かった。良夫の自分勝手で独りよがりなキャラがマイナス評価。

【総合評価】
良夫=いらなくね?

投稿 : 2018/02/03
閲覧 : 664
サンキュー:

61

雛四季 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 1.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

最初の数話だけ観たら後半は観なくていい。あとは原作読もうね、というお話

掲題の通りです。
原作はいまでもちゃんと連載中で、作者は元気です(意味深)
最初の数話は、主人公達の良さがちゃんと出ていました。
が、後半はちょっとおかしな方向が強調されて見ていて、正直楽しくは…苦笑いが止まらない感じでした。

漫画版はこちら。こっちの方をおすすめします。
https://www.mangare.net/comic/8471

投稿 : 2017/10/28
閲覧 : 288
サンキュー:

7

いっき さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 1.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

何この荒削りの展開は。。。

評価を元に全話通して見ました。

これがこの時期でいいアニメなのか?

設定・展開は、奇抜!!!

DJ要素&作画があったり田舎っ子がまいしんする姿などは作画も良かったのですが。。。どんどん落下する視聴欲。。。胃もたれを起こす展開。。。最初は良いのに後からどんどんその全体像も相まって食べ飽きる展開。。。

安元さんの声がもったいない。。。

まず、主人公。。。田舎被れもここまでくると。。。うざい!

時代は少し前の話なのは分かりましたが、所々でる田舎気質の反応は良いのですが、そのフォローががが。。。

この言葉を言います!・・・日常が死んでるんだよーーーーー!!!!!!!京アニを見習って!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

皆、自由に生活してるんだなー~~~的な全く役に立たないキャラクター。。。

まちも、起伏がある描写だったら少しは楽しめましたが。。。終始。精神障害者。。。見ていてあきますよ。。。。

このアニメで良かったのは安元さん声とエンディングくらいしか見つかりませんでした。。。

クソアニメの仲間入りです。。。脚本の人が逃げるなど波乱万丈なアニメなことは分かりました。

作画は良いのに。。。作画陣営がかわいそうです。。。

投稿 : 2017/10/16
閲覧 : 253
サンキュー:

7

TAMA さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 2.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

巫女さん巫女さん熊出村のクマーー!!

作中よりEDにやられました。何回聴き返したか…(笑)

これは私個人の考えなんですが、熊が喋らなければ『のんの◯びより』になるんじゃないか?と思ってしまいました。
いやまぁ、都会に憧れたり巫女さんとか突っ込まれたら何も言えませんがなんかねぇ…。
町おこしは『ろこど◯』ぽかったな。

話的には終盤以外は全然観れると思います。
ローテンポで日常が苦手な方にはオススメ出来ませんが。

個人的にはやっぱりED!『電波ないし、届かないし』『Wi-Fiあるけどね』『コンビニがコンビニじゃないし』『だって田舎だもん』…
これ、絶対に中毒性あるクマーー!!

投稿 : 2017/04/25
閲覧 : 217
サンキュー:

5

次の30件を表示

くまみこのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
くまみこのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

くまみこのストーリー・あらすじ

ほんの少し昔のおはなし。あるところに小さな巫女さんのまちと、言葉を喋るクマのナツが一緒に暮らしていました。
二人はいつも仲良し、今日も一緒に外で遊んでいるとふわりふわりと雪が舞い始めました。
いつもより少し早い冬の訪れを感じ、家に帰るとそこでは村の大人たちがナツの冬眠の相談をしていました。
ヒグマであるナツを、本格的に吹雪になる前に冬眠させようとしているのです。
それを聞いていたまちは、冬の間ナツと一緒に過ごせる方法は無いかと考えるのですが・・・。(TVアニメ動画『くまみこ』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2016年春アニメ
制作会社
キネマシトラス
主題歌
≪OP≫花谷麻妃(Fullfull☆Pocket)『だって、ギュってして。』≪ED≫雨宿まち(CV.日岡なつみ)&クマ井ナツ(CV.安元洋貴)feat.熊出村のみなさん『KUMAMIKO DANCING』

声優・キャラクター

日岡なつみ、安元洋貴、興津和幸、喜多村英梨

スタッフ

原作:吉元ますめ(月刊コミックフラッパー連載/KADOKAWA刊)、 監督:松田清、脚本:ピエール杉浦/池谷雅夫、キャラクターデザイン・総作画監督:齊田博之、美術監督:森川篤、色彩設計:吉村智恵、撮影監督:鈴木麻予、編集:定松剛、音響監督:たなかかずや、音楽:立山秋航、音楽制作:KADOKAWA

このアニメの類似作品

この頃(2016年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ