「灼熱の卓球娘(TVアニメ動画)」

総合得点
67.7
感想・評価
357
棚に入れた
1387
ランキング
1542
★★★★☆ 3.6 (357)
物語
3.5
作画
3.6
声優
3.6
音楽
3.7
キャラ
3.7
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

灼熱の卓球娘の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

根越 詠汰 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

卓球のために生まれた卓球娘たち!

 意味ありげな卓球大会から始まって、雀が原中学校の卓球部を舞台に繰り広げられるこよりとあがりの卓球が好きで貯まらないというお話です。

 見ていた当時、途中で見るのが追いつかなかったため、ようやく見たです。

 部内で一番であることを誇りに思っていたあがりが、転校してきたこよりと運命の出会いをし、部室に案内卓球を始めることから、あがり、卓球部員たちを巻き込み、新しい一歩を踏み出すところが描かれているです。
 こよりと卓球で語り合うことによって、あがり自身が素直な気持ちになって、意地を張る最初に比べて変わっていったです。
 ハナビ、ほくと、ムネムネ、キルカという個性的な部員にも認められ支えられ、部活が楽しくなっていったさまが良かったでです。

 練習試合、合宿を通して、こよりとあがり、他の部員も足りない物に気付いて成長し、時間も気にせずひたすら、卓球に打ち込む姿が、私にはまねできないです。

 どんな卓球をする相手が現れても、ドキドキすること、卓球が好きであることを見せてくれたこよりとあがりの姿は、印象的です。

{netabare} 出てきた登場人物などで、この先どうなるのかという予感と謎を残すようだったです。でも、最後で忘れたころの最初を思い出す相手に臆せず、純真に{/netabare}卓球を楽しむ、こよりが良かったです。

投稿 : 2020/05/17
閲覧 : 20
サンキュー:

5

ネタバレ

ふじお さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

モブまで可愛い

表情が可愛い
動きが可愛い&カッコいい
声も可愛い&カッコいい
あと田中秀和は作品を音楽で表現するのがホントうまい

「咲」卓球版との指摘もありますが、僕はあっちは何回かチャレンジしても完走できなかったんで、物語の構造が似てても全然別物なんだなーと貴重な発見でした。

あと短パンからスラリとのびる足が素敵だと初めて思い、新たな性癖の開発という貴重な体験も出来ました。

ホント目からよだれでしたw

投稿 : 2020/05/17
閲覧 : 24
サンキュー:

2

だんだだん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

音楽から入った作品

3年半前の本作、今になって視聴しようという気になったのが、
デレステ→MONACA→灼熱スイッチ、という流れ。
OP曲 灼熱スイッチのアレコレはネット中で語られているので割愛。

しかし、作品視聴を進めるにつれ…アカン、このOP曲演出最高やろw
と止まらなくなる灼熱スイッチ愛(灼熱の卓球娘愛、ではないw)。
たいていのアニメOP曲部分は再生スキップしてしまうんだけど、
本作ではそれが許されない。 曲中にあんなことして違和感ないなんて、
イキスギだろ…w

…アニメ作品について語らないと、ですね。
原作漫画、は未読ですが、ワンクール12話だとちょいと間延びした内容かな。
皆さん書かれている通り、普通のスポ根モノで是非もなし!
しかし、制作側の熱量は確かに感じられるものでした。心に残る作品ですね。
主に音楽がw

投稿 : 2020/05/10
閲覧 : 17
サンキュー:

2

ネタバレ

haiga さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

咲:Episode2「卓球編」

今観終わりました~

人気麻雀アニメ作品「咲」の全国編が終わった後の新作。主人公、登場人物を一新してさらに競技を卓球に変えて送るエピソード2「卓球編」の幕開けです!!咲と言ったら超時空必殺技と百合百合描写、それと赤面顔ですが、この作品でも見事に踏襲されてます!!




..............って冗談ですけどね。



とはいえ競技が麻雀から卓球に変わっただけでむちゃくちゃ咲に似てます^_^;
主人公が転校してきて学内で強いチームメイトと闘って、その後全国出場したライバル高校と「練習試合」をして、合宿で修行してから、行くぜ!!全国大会(の予選)へ!!ってとこでワンクールが終わっています。



ちょっ、ちょマテヨ!!公式戦1試合もしてないやんけwwwプロローグに出てきた激強黒髪女の子全く出てこないやんけwwwwww



という訳で学内試合と練習試合にほとんど尺を持っていかれているため微妙なタイミングでワンクールが終わってます。その代わり百合百合要素はタップリまったりあるのでむしろそれが好きな方にはおすすめです。私は苦手ですが。
ちなみに男はコンマ1秒も出ません。

女の子は可愛いですし、試合描写も丁寧です。とはいえ試合数も少なくてチームメイトが全くいいとこ無しなのは微妙ですね。挽回する機会もなし。校内試合と練習試合に尺取りすぎなんだよなあ

公式戦すら始まってもいないので是非2期をお願いします

投稿 : 2020/05/01
閲覧 : 40
サンキュー:

11

はく さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

熱い作品だった

キャラが可愛いが熱くてとても良い作品だった。
灼熱スイッチが大好き。
キャラはくるりちゃんが大好き。

投稿 : 2020/04/11
閲覧 : 29
サンキュー:

2

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

日常アニメの少女たちがアツい卓球やったら。。

公式のINTRODUCTION
{netabare}
ドキドキするっ──! 王者が陥落し、波乱の時代を迎えた中学女子卓球界。雀が原中学にやってきた転校生・旋風こよりが、新たな風を巻き起こす…!? 少女達の熱き卓球物語、開幕!!
{/netabare}
スタッフ{netabare}
原作 - 朝野やぐら(集英社「となりのヤングジャンプ」連載中)
監督 - 入江泰浩
副監督 - かおり
シリーズ構成 - 倉田英之
キャラクターデザイン - 杉村絢子
色彩設計 - 松山愛子
美術監督 - 佐藤勝
音楽 - MONACA
音楽制作 - DIVE II entertainment
音響監督 - 郷文裕貴
編集 - 須藤瞳
撮影監督 - 木村俊也
撮影 - T2スタジオ
アニメーション制作 - キネマシトラス
{/netabare}
キャスト{netabare}
旋風こより - 花守ゆみり
上矢あがり - 田中美海
天下ハナビ - 高野麻里佳
出雲ほくと - 桑原由気
後手キルカ - 東城日沙子
二重丸くるり - 井澤詩織
ムネムネ - 今村彩夏
座敷童柘榴 - 古木のぞみ

オープニングテーマ
「灼熱スイッチ」
雀が原中学卓球部
(花守ゆみり、田中美海、今村彩夏、東城日沙子、高野麻里佳、桑原由気)

エンディングテーマ
「僕らのフロンティア」
Wake Up,Girls!

{/netabare}
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:

1話ずつの感想

{netabare}

第一球「…ドキドキするっ!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
中学卓球界では、9年連続全国大会優勝の凰堂学園が敗れるという大波乱が起きていた。群雄割拠の覇権争いが始まりつつある中、市立雀が原中学校卓球部のランキング1位に君臨するエース・上矢あがりは、その座を誰にも渡すまいと日々努力を重ねていた。しかし転校生・旋風こよりにより、そのランキングは大きく変動していく……。
{/netabare}

感想
{netabare}

キャラは日常系
おはなしはアツいスポ根


今週はあらすじの通りのおはなしで

あがりが卓球やってるのはみんなからちやほやされたいから。。
そこに卓球が楽しくってしょうがないこよりが入ってきて
前の県では4位!? もしかして自分より強いかも。。って
ジェラシーはじめちゃいました><


こよりが恥ずかしがりで何となく共感^^
明るく楽しそうに卓球するところがいいなぁ☆

でも、このおはなしがもしバトルアニメだったら
あがりはこのまま闇落ちとかしちゃいそうなくらい。。

おもしろそう☆
{/netabare}
{/netabare}
第二球「譲れない場所」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
こよりは校内ランキング4位のムネムネとの試合を経て、部内随一のテクニックをもつ出雲ほくとや超攻撃型プレイヤーの天下ハナビといった、ランキング上位者との試合を次々に繰り広げる。こよりの実力が明らかになっていく中、あがりはこよりの台頭に当惑し、彼女に対してそっけない態度をとるようになってしまう……。
{/netabare}
感想
{netabare}

今週もしっかりスポ根しててよかった♪

今日はほくととハナビと戦ったけど
ちゃんと解説してくれて分かりやすかった^^

こよりの強さの秘密って卓球を楽しいって思うことみたい
ちょっと打ち合って相手の様子を見てるときは負けてるけど
楽しいって思いだすと集中するのかも?


それから、あがりが闇落ちしちゃいそうな感じだったけど大丈夫かな?

負けたくないからやってる卓球だと
自分にプレッシャーかけ過ぎちゃうんじゃないのかな?
次は3話目だけど来週負けたらどうなっちゃうんだろう?


あと、ほくとはパン○の色まで分かるって言ってたけど
ふつう毎日ちがうよね^^
毎日おんなじラケット見ても分かるのかな?w
{/netabare}
{/netabare}
第3球「好きっ!!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「旋風さん。私と、勝負して」。ついに始まる、雀が原中学卓球部現エース・あがりと、転校生・こよりの試合。あがりは得意とするドライブ戦法でこよりを圧倒していく。勝利を確信するあがりだが、彼女が目にしたのは満面の笑みを浮かべながらラケットを振るうこよりの姿だった。次第に激しくなる二人のラリー。そしてついに決定的な一打が放たれた。
{/netabare}
感想
{netabare}

はじめは勝つことしか考えなかったあがりだったけど
ドキドキしながら笑顔で卓球するこよりを見てるうち
卓球を楽しんでた頃のこと思い出して変わっていった☆

つり橋効果ってあったけどこわい時のドキドキと
卓球してる時のドキドキっておんなじなのかも?
ドキドキしたら好きになる♡


あがりはツンデレだからツンツンはしてたけど
負けちゃってもくやしい思いとかぜんぜんしなかったみたい♪

にゃんのベスト10の「食戟のソーマ」のところにも書いたけど
ソーマが勝っても相手はソーマの作ったもの食べてよろこんでたし
負けても相手をうらんだりじゃなくって
おいしい、楽しい、こんどは勝とうって思える勝負っていいよね◎


来週は足をいためて休んでた部長さんが復帰してくるみたい
きっと強いんだろうな☆
{/netabare}
{/netabare}
第四球「タイクツな卓球」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
雀が原中学卓球部に誕生した二人のエース、こよりとあがり。校内ランキング上位を目まぐるしく入れ替えながら、お互いを更に高めあう二人の姿に勢いづく卓球部。そんな折、足の怪我で一時部活を離れていた部長・後手キルカが復帰することに。キルカは復帰早々、部員たちに自分との試合を申し渡す。
{/netabare}
感想
{netabare}

今日のおはなしは
キルカが5点先に取ったらキルカの勝ち
その間に1点取ったら部員の勝ちってゆうルールで
部員20人と対戦するおはなしで
今日はあがりとこよりの他の18人と対戦してみんなに勝った

キルカはムネムネの胸をマクラにして遊んだり
みんなに猫耳をつけて萌えたりってユリっぽくって
負けた人は罰ゲームで猫耳になるタイクツなおはなしだったw
{/netabare}
{/netabare}
第五球「あなたとドキドキしたいから」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
一見、飄々としてとらえどころのないキルカ。しかしその実力は部内随一のカットマンだった。怪我のハンディをものともせず、悠々と勝ち進んでいくキルカに闘志を燃やすあがり。全国大会出場の夢を込めた渾身のスマッシュがキルカに迫る。そんなあがりの覚悟に胸が高鳴るこよりは、もっとドキドキしたいと新たな決意を固める。
{/netabare}
感想
{netabare}

キルカ部長との試合はあがりが勝ってこよりも勝った☆

ドキドキしたいあがりとこよリはライバルだけどいい仲間で
ちょっとこよりがベタベタでユリっぽいかも?

それからキルカとムネムネ先輩も仲良すぎ?
キルカがムネムネに甘えてるみたい^^
キルカはダブルスが得意みたいだけどやっぱり相手はムネムネだよね?

今日はあがりのツンデレと試合中のこよりの楽しそうな顔が良かった☆
{/netabare}
{/netabare}
第六球「ともだち」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ほくととハナビは小学校からの幼馴染。実家が卓球用具店を営むほくとは、ラケットのラバーを見極める目を持っていた。最近不調のこよりの原因も、ラバーの寿命によるものだという。そこで新しいラバーを得るため、こよりはほくとのお店でお手伝いをすることに。慣れない仕事に悪戦苦闘のこより。一方あがりも、そんなこよりが心配で……。
{/netabare}
感想
{netabare}

今日はほくとの家の卓球用具店の日常回で
卓球はあんまりしなかったけどラケットはよく出てたw
ラバーって\3000近くするけど卓球に1番大事なものみたい。。


ほくととハナビ、あがりとこより
それからレギュラーのみんなの友情みたいで
すごい事件とかなかったけどいいおはなしだった^^

あと、お客さんがこれから対戦相手になる人かも?
ちょっと変わった子だったw
{/netabare}
{/netabare}
第七球「全国校の実力」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
練習試合当日、もず山中学卓球部部長の座敷童石榴に迎えられた雀が原中学の部員たち。そこでこよりは、ほくとの卓球店で出会った少女・二重丸くるりと再会する。彼女は“東のドライブマン”と謳われる選手だった。こよりはくるりから「卓球をする理由」を問われ、答えられずに動揺してしまう。そして先鋒・ハナビと蠍田幸子との試合が始まろうとしていた。
{/netabare}
感想
{netabare}

全国出場したもず山中学と練習試合のおはなし


この前のちょっと変わった緑の髪の子いたねw
もず山を全国にみちびいた東のドライブマンって言われてる二重丸くるり^^

今日のおはなしはもず山がどれくらい強いかってゆう説明と
くるりが部長の石榴(ザクロ)が大好きってゆうおはなしが多かっみたい^^


はじめはハナビVS蠍田幸子

はじめはの2ゲームはハナビが押してたけど
次の3ゲーム連続でとられて幸子の勝ち
何だか実力をかくしてたみたい。。
トクイの速攻を封じてミスをさそったみたい


次はほくとVS由良木ゆら

1ゲーム目3対11
ハナビのカタキを取るとか言ってたけど
このまま終わっちゃうのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第八球「ダブルス」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
善戦虚しく蠍田に敗れたハナビ。ほくとは必勝の決意を胸に由良木ゆらとの試合に臨むが、もず山の実力は伊達ではなかった。雀が原部員の期待を一身に背負って、キルカとムネムネがダブルスに挑む。対する鐘梨まゆう&羽無公子ペアは絶妙なコンビネーションを見せる。しかしムネムネは、キルカの足の具合を気遣うあまり、本気を出せないでいた……。
{/netabare}
感想
{netabare}

今日はほくとVS由良木ゆらのつづきと
キルカ&ムネムネVS鐘梨まゆう&羽無公子の試合


ほくとは後半疲れてきて
ヨユーで戦ってたゆらにおされてたけど
がんばったけどもうちょっとのところで勝てなかった。。


これでキルカとムネムネが負けちゃったら試合が終わっちゃうから
やっぱり勝つよねw

はじめはキルカの足のこと気にしてムネムネが集中できなかったけど
後半「大丈夫^^」って言われて集中できるようになってよかった☆


きょうのおはなしはおもしろかったけどふつうかな^^
{/netabare}
{/netabare}
第九球「私には届かない」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
キルカとムネムネのダブルスの奮闘で、一勝をあげた雀が原。続く第四試合、もず山部長・石榴にあがりが挑む。自分も必ず勝利してこよりに繋げると意気込むあがりだったが、石榴の脅威の粘り強さの前に先制を許してしまう。焦燥感を募らせるあがりの瞳には、石榴の姿がまるで揺るがない巨木のように映っていた。
{/netabare}
感想
{netabare}

はじめはの2ゲームは柘榴がとって
次の3ゲームはあがりが連続でとって。。って
何だか七話目の逆みたいな試合になったね^^

あがりはフォアハンドで差をつけられなくって
じりじり追いつかれて逆転されちゃうパターンだったけど
2ゲームとられてやっとバックハンドを出した♪

フォアハンドだけでもいいところまで行けたんだから
バックハンドも出したらやっぱり勝っちゃうよね^^

柘榴はくるりのきつい練習でもやめないでついてったくらいだけど
もともとうまい方じゃなかったから
小さいころからやってるあがりにはなかなか勝てないみたい。。


これで2対2
さいごの試合でこよりが勝てばもず山の勝ちだけど
くるりは「あなたのドキドキは私にはとどかない。。」なんて言って
これって負けフラグじゃないのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第十球「わたしの卓球」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
辛くも石榴に勝利したあがり。その思いを受け継ぎ、こよりが最終戦に臨む。しかしくるりは必殺のカーブドライブでこよりを翻弄する。そんなくるりに、全力のドキドキで応えると力強く宣言するこより。両者譲らぬ激しい打ち合いのなか、雀が原中学ともず山中学の雌雄が決しようとしていた。
{/netabare}
感想
{netabare}

今日は今までで1番熱くって1番おもしろかった♪


試合は

はじめの2ゲームはくるりのカーブドライブを打ち返せなくって
こよりが一方的に負けてたけど
次の3ゲーム目でやっとスィートスポットが見つかって
それからはほかに決め球を持ってないくるりが負け続けたの


はじめこよりは相手にもされなかったけど
あがりといっしょに特訓した気もちいい場所(スィートスポット)を
一生けんめいさがして楽しんでたみたい^^


くるりも石榴に喜んでもらいたくって
一生けんめい2人で特訓したカーブドライブを進化させようってしてたけど
やっと決まったって思った球も打ち返されて負け


2人の熱い思いとドキドキが伝わってきて
ちょっとうるうるしてきちゃった。。


さいごはくるりの目が人間みたいになっててよかった☆
{/netabare}
{/netabare}
第十一球「合宿」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
もず山との練習試合を終え、合宿を行うことになった雀が原中学卓球部の面々。あがりは石榴との試合から自分の課題に気づき、どこか浮かない表情を浮かべていた。そして出発の朝、あがりたちの前に元雀が原卓球部員の月ノ輪紅真深が現れる。意味深な言葉を残して去っていく紅真深にもやもやが募るあがり。合宿では各々の課題を克服すべく練習を行うことになるが…。
{/netabare}
感想
{netabare}

今日は新キャラ
燕女学園に転校してった元卓球部員の月ノ輪紅真深のおはなしと
合宿で温泉入るおはなしwもそうだけど
あかりの課題をクリアしないと。。ってゆうおはなし

あかりはそれだけじゃなくって
紅真深(クマミ)が転校するひと月くらい前から
自分と卓球してくれなくなったこと気にしてたんだ。。


紅真深ってすごい名まえwちょっと女の子にはかわいそうかも^^

あがりって女子にモテるんだねw
こよりが来る前は紅真深がいたなんてw


対戦してくれない理由って何だったんだろう?
考えたってしょうがないよね。。

もしかしてあかりの課題と何か関係あるのかな?


今日は試合も終わってアツいところはおふろだけだったみたいw
{/netabare}
{/netabare}
第十二球 ふたりでならどこまででも
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
卓球尽くしの集中合宿、あがりはこよりと共に新必殺技の特訓に励む。厳しい練習を終えた最終日の夜、部員全員巻き込んだ臨時ランキング戦が始まった!練習試合、さらには合宿を通じて幾重にも成長した雀が原の部員たち。そして卓球の楽しさを再確認したこよりとあがりは、一緒に全国大会を目指すことを心に誓い合う。
{/netabare}
感想
{netabare}

はじめは疲れて練習サボりたがってた1年生までヤル気になって
さいごの夜は部内でトーナメント戦になってた^^


さいごに
自分たちがもっとがんばって優勝めざす!だけじゃなくって
モブの後輩たちにも教えてあげて
いっしょにがんばろうってゆうおはなしが入っててよかった☆


いつの間にかあがりとこよりがラブラブ百合カップルになってたし
部長とムネムネ先輩、ほくととハナビのカップルもあって
百合好きの男子向けにもなってたみたい^^
{/netabare}
{/netabare}
{/netabare}
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:

見おわって


いっしょにドキドキしたいから
試合で相手に全力を出してもらえるようにってこよりがガンバるおはなしで
強くなろうってする理由がもっとドキドキしたいからってさわやか♪

それでいっしょに戦った相手にもこよりの思いが伝わって
勝つことよりどれくらいいっしょにドキドキできるかなって
そうゆう思いになっちゃうさわやかスポ根だった☆

あと女子同士のカップルができるから
ゆるゆり系のおはなしが好きな人にもおすすめみたい☆

投稿 : 2020/03/04
閲覧 : 571
サンキュー:

70

DB さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

物語としては単純で某麻雀作品と比較しても特に面白みがあるものではなかったですが、音楽特にOPはとても気に入りました。ただ普通に楽しめたので2期あれば見ますw

投稿 : 2020/01/02
閲覧 : 31
サンキュー:

2

やまじい。 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

貴重な卓球アニメ

2chのアニメランキング2016に入ってたので視聴しました。

卓球をやってる身としてはつっこみどころが多かったですが、色んな技(や戦術)を持つキャラクターが出てきて面白かったです。
何故か、戦っているときのキャラの表情がエロいです。

個人的にはもう少し展開があって話が進んでくれればよかった。(2期があれば問題ないんですが)

なんにせよ貴重な卓球アニメです!

投稿 : 2019/11/30
閲覧 : 73
サンキュー:

2

buon さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

拙者もどきどきしたでゴザルのまげまげ

熱かった、色々熱かったでござる。

いいスポ根ゆるい様なガチの様なユリ作品だった。

主人公が良かった。
特化系主人公、
それ以外はてんでダメ、内気、転校生、あとかわええ。
「それ」は今回は卓球。

登場人物の名前が心と体と戦闘スタイルを表す系なのだが、
なんかセンスがええ。
カッコイイとかじゃなくて、なんかええ。
髪型とかトレードマークとか、
なんかええ。

主人公が入ることになる部活のメンバーは、
パワー、速攻、知能、ドライブ…など、
分かりやすいキャラ付け。
そして欠点のおまけ付き。

そして主人公は情熱ストレート系、
なだけではない。
万能型とは違うと思う。

やはり、この作品のいいところは、
主人公が楽しそうに卓球するところ、
それに感化されて楽しそうに卓球をするところ。

何か作者か制作陣の性癖を感じなくもないが、
私も何かを感じて喜んだりもしないこともないこともないのだが、
スポーツを楽しむ姿って気持ちいいね!

みんなスポーツを楽しめばいいのに。
ボクシングで殴り合いながら笑顔になるとか、
柔道の締め技で心も体もドキドキするとか、
スキージャンプでついバンザイするとか、
マラソンで追い抜かれるときにバトンタッチがわりにハイタッチするとか、
そういうのは違うと思うんだ!?

普通に、というよりも、
競技の枠内でルールに則ってプレイしながら、
気持ちよく感情表現をするっていいんじゃないかな。

負けそうになって苦悶の表情を浮かべるとか、
痛みに耐えきれずけど試合を続行したいから歯を食いしばりながら血の涙を流すとか、
トリプルスコアを取られて笑顔になるとか、
そういうのも違うと思うんだ!?!?

勝負の疲労と苦痛を味合う一方、
ギリギリのせめぎ合いに体が重くなりながらも、
勝利への活路を見出そうともがき、
負けそうになりながらも、
可能性を探り、挑戦を続け、前を上を向いて挑む、
そこに喜びを感じてしまう、
その戦いを、その瞬間を嬉しく思ってしまう、
感動してしまう、
感情が幸せで溢れてしまう、
そんなスポーツっていいな。

そんな人生っていいな。



まだ続きはあるようだね、
アニメの方はまだ余力を残して終わっているし、
みんながどう成長して、未知の強者がどんなでどう戦うのか、
気になるような素晴らしい作品だった。

投稿 : 2019/08/25
閲覧 : 60
サンキュー:

3

elaice06 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「燃え」と「萌え」の調和

美少女アニメライクないわゆる「萌え」表現がスポ根的「燃え」表現をここまで邪魔しないものなのか・・・と驚かされた作品。


主人公こよりを中心としたキャラクター達の掛け合い、仕草が非常に可愛らしく表現されていたと思いました。ややあざとすぎる気はするものの好みの範疇なのでオールオッケー。

個人的に大好物なのはスポ根要素。部活の卓球というフィールドでそれぞれ得意技や個性を持ったキャラクターたちが、部内ランキングで、はたまた強豪校との練習試合で戦っていく。カットやドライブといった技が出るたびに動きのある作画の良質さが垣間見え、アップテンポでノリノリなBGMもまた試合を盛り上げます。衝突や挫折といった描写もありますが、あまりシリアスになりすぎないため、気楽に見れるのも評価ポイントだと思います。

感想としては以上、以下完全に蛇足。


あにこれレビュー初投稿をこの作品にした理由としましては(たまたま全話見たからってのが一番ではあるのですが)「この作品がストーリー的に難解な要素が無く解釈を示す必要がないこと」、そして「自身のアニメの好みに合致した作品であること」になります。前者は単に書きやすいからですね、難しめのストーリーの考察自体は好きなのですが文章力が追いつかないのです(アップテンポでノリノリとか書いちゃう時点で察して)。後者はほんとそのまま。こういうの好きなんですよっていうアピールです。

投稿 : 2019/08/04
閲覧 : 60
サンキュー:

4

taijyu さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ヒロインは可愛く、熱く迫力のある良作

1話感想:
特に期待もせず、むしろつまらない方が本数が減ってありがたい、くらいの気持ちで見始めましたが、残念ながら面白くて、切りたくない出来でした。
最初は絵は微妙…と思いましたが、表情もよく動くし、眺めている内になんだかどんどん可愛く思えてきました。
一生懸命で頑張っている感じが伝わってきますね。好感が持てます。
内容もしっかり卓球していて面白い。ムネムネ先輩の弱点は非常に納得できるものでした。

キャラも可愛いです。主役二人もなんだか可愛らしいですね。気持ちがよく伝わってきます。
とりあえずムネムネ先輩の本名が気になるところです。

全話感想:
とても見ていて楽しいアニメでした。
可愛くて楽しくて、それでいて熱く燃える。
動きの作画は良好で試合の描写には迫力もあって、実に面白かったです。
疲れているときに見ると元気がでる内容でした。
キャラも魅力的でしたね。特にあがりちゃんが可愛かった。
とても良い作品でした。

あと余談ですがレコーダーにスポーツ放送扱いされているのが笑えました。

投稿 : 2019/06/20
閲覧 : 81
サンキュー:

5

ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

剣道部は、卓球も好きなんす♪

[文量→中盛り・内容→雑談系]

【総括】
卓球を楽しむというよりも、卓球をしている少女達の輝く汗を楽しむアニメかw 萌え系の絵柄のわりに、結構真面目に卓球をしていましたが、途中に解説も入るので、初心者にも優しい構成。萌えも燃えも両方あるアニメです。

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
今回だけ、私は「卓球部」のつもりでレビューします(笑)ので、「卓球」を語ってしまいます。ので、ガチの卓球部の皆さん、「それは違うよ」ってのがあったら是非、指摘して下さい! その都度訂正していきたいので♪

私、卓球には「そこそこ」詳しいです。観るのは大好きで、TVで試合があれば観てます。自分の技術は趣味程度で、ガチでやってた人には鼻で笑われますが、サーブは一応5種類(横、斜め、逆横、下、しゃがみこみ)打てます(フォームはバレバレだけど)。まあ、温泉卓球レベルならほぼ負けないっす(笑)

というか、つまり卓球はそういう競技で、(私含め)素人が経験者に勝つのは不可能。技術と経験がものをいいます。技術はマニアック。見てるだけでは分からない凄さがあります。

さて、そんな卓球を描いた青春ものとしては、ある程度のクオリティを満たしていたと思います。ただ、「卓球を魅せたい」というよりは、「卓球をしている少女達を見せたい」といった印象。なんだか、「咲‐Saki‐」を思い出しました。

「灼熱」というタイトルだからなのか、やたら「汗」の表現にこだわってましたね。卓球は確かにハードな競技だし、風の影響を受けないように窓を閉めきって練習するから、汗はかくんだけど、体操服が透けるくらい汗かくかな? てか、普通は体操服じゃなくて練習用のシャツを着てやりますが、そこは一部マニア層に対するサービスなんでしょうね(笑)

私が思う卓球の面白さは、「スポーツするチェス」。いつ、どこに、どんな回転の、どんなスピードの球を打つのか。その組み合わせは無限で、駆け引きがあって、高度な戦略を瞬時に組み立てていて、それを実行する技術とメンタルがある。簡単な例をいうと、「これは確実に決まるぞ」という攻め方を見つけたとしたら、それを10対3の時に使っても意味がないので、あえて打たず、本当の勝負所でバチっと決めるような。「ここでこれを出してきたか~」「あっ、だからあの時ああ攻めたんだ」とか、私はそういう駆け引きを見るのが好きです(素人が偉そうで申し訳ない)。

各話の感想に書いたラバーの件を含め、そこまでマニアックに卓球を見せようという姿勢がなかったことなど、卓球フリークとしては少々不満でした。が、多分これで正解です。剣道でも同じだけど、対人競技は技術がマニアックになりがちなので、それを忠実に紹介しちゃうと、皆が引くだけw だから、このぐらいのユルさがあった方が絶対数的には良いんでしょう。

原作連載中ですし、ちょうど盛り上がる手前(都大会前)に終わってますし、最終話Cパートを見ても、2期に期待ですね♪

OP、ED共に、「狙ってハズした」感のある良曲。特にOPの途中に毎回変わる熱い台詞が入るのが見処でしたね♪
{/netabare}

【各話感想(卓球部的レビュー有w)】
なんだか突っ込みばかりになってしまいました(汗)
{netabare}
第1話
朝練のシーン。朝から全ての卓球台にネット張ってあったけど、二人で張ったの? ネット緩むから、前日に全部外すはずだよね。卓球、キツい競技だけど、そこまでは汗かかないよ(笑)

第2話
フォアスマッシュよりバックスマッシュの方が「確率」が高い選手ってのも珍しいね。まあ、いたらいたでかなり脅威だが。ちなみに、ハナビやほくとがこよりと勝負している時に感じる高揚感を、剣道では「気当り(きあたり)」と言い、「気当りがある」選手は実際に部員から好まれます。やってて楽しいし。でも実は、「気当りが無い」選手の方が厄介だったりします。こちらが気合いを入れてぶつかろうとすると、柳の枝のようにヒラリと受け流され、それでこちらが気を抜くと、スパッと打ってくる選手。そういうの強いです。対人競技ではその感覚は共通してると思います。ほくとが近いタイプかな? こよりの良さを描くのも良いけど、一方でそういう選手にも光を当ててほしいんだよね。

第3話
あがりが一番にこだわる理由、アバンだけで上手く描けてましたね。あがりはドライブマン、しかもループドライブが得意な選手ですか。ふむふむ。あがりとこよりは、ニュータイプの共感w 作品としては、「楽しむため」に卓球やっているこよりが讚美されてますが、個人的には「勝つため」に卓球するあがりみたいな選手の方が好きです。

【卓球部的? 余談】
{netabare}卓球アニメのわりに、ここまでほとんどラバーやラケットの話が出てきませんね。単に予想ですが、こよりはラリーが主戦場のようなので、裏ソフトか表ソフトかな、日本代表でいくと石川佳純さんみたいなタイプ。あがりはドライブマンなんで、両面に裏ソフトでしょうね、日本代表でいくと水谷隼さんみたいなタイプ。ムネムネ先輩は表ソフトでしょうか、日本には少ないタイプで、シンガポールの李住薇選手とかが有名かな? ほくとはラリーと回転重視だから、やはり両面に裏ソフトでしょうね、世界で勝つにはやはり前陣速攻かドライブ攻撃型が主流で、つっついたりしながミスを待つ戦術はトップ選手には少ないですな。最後にちょろっと出てきた人は、OPでカットマンであることがネタバレしてるから、両面に裏ソフトだろうね、元日本代表の松下選手とか。ハナビは日本式のペンで前陣速攻という、かなりクラシカルなタイプで、今の日本代表には見当たらないかな~、中国式のペンならわかるけど。ただ、2話のハナビvsこよりでは、ハナビ一人がアップになっている時は、バックもフォア面を使って打つ、日本式ペンらしい打ち方してましたが、ラリー戦になり遠景になると作画が適当になり、バック面を使って打ってましたね。卓球アニメなら、そこはしっかり作画してほしい。

と、長々書きましたが、卓球においての用具選びの重要性は、他の競技におけるソレとは比較にならないほど高く、マニアックです。卓球を真剣に描くなら、そこは避けて通ってほしくないな~という、願望です(勿論、それやっちゃうと、ライトなファン層が離れていくけどw){/netabare}

第4話
卓球マシン2台同時は見たことないやw カットマンは、一番好きなスタイルです。格好良い! でも、練習は倍キツいんだよね。ずっとスクワットし続けるようなもんだし。いや、一点くらいならマグレでいける可能性あるよw

第5話
アバン、赤木キャプテンとメガネ君やん(笑) てか、アガリはドライブマンだからともかく、こよりはつっつくとかしようよ。やっぱり、なんかSLAM DUNK展開? カットマンのダブルスはまあ、ハマれば強いですよね。多分三年ペアでムネムネ先輩組むのかな? ただ、表ソフト(仮)との相性は気になるところ。リオでは、愛ちゃんと伊藤美誠さんの前陣速攻ダブルスは印象的な強さでしたし、あれが今の卓球のトレンドなんだろーなーと思わされました。

第6話
日常回、というよりキャラの掘り下げ回ですな。良回でした♪ お、ラバーの話が来ましたね! でも、2ヶ月で交換は早い(汗) 普通3ヶ月は使うと思うし、中学生なら半年とか1年とかザラ。お金かかるしね。まあ、それだけこよりが一生懸命練習してるってことだろうし、トップレベルの選手なら早めに(1~2週間で)交換しないとね(1枚3000円程度)。常に新しいラバーで練習できるということは、常に一定の回転量や反発力で練習できるということで、常に一定のスイングができるということ。これは、トップレベルを目指す上では重要な要素です。だから、親の経済力とか、何気に影響してきます(汗) お金のことに触れなかったのは、卓球普及の為には大事(笑) にしても、粘着系やハイテンション系をススメルのは良いとして、簡単に粒高をススメルのは……。粒高が悪いわけじゃなく、卓球のスタイルそのものが変わってしまうほど、重大な決断なのだが(汗)

第7話
部長の制服の着かたが、エロ(萌え)過ぎるんだけど(笑) そこら中に百合の香りがw 卓球の団体は二人だけ強くても勝てないから、後のメンツの実力が気になるな。おっ、丁寧な対戦形式の説明、好印象! 普通は練習試合なら複数台でやるけどね。蠍田はカットマンだけど、それを前陣速効のハナビがわざわざ下がって打つとか、本来有り得ない。

第8話
ムネムネ先輩、ダブルスのサーブでサイン出すの基本ですが、1球目、そんな丸見えの位置でやらず、台の下でやろうよ(笑) ダブルスの3年生コンビは熱いね。SLAM DUNKの赤木と木暮(というより、赤木と三井)みたいだな(笑)

第9話
フォアでもバックでも強打を打てるのは驚異だよね。石榴はラリー系か。努力努力の秀才は格好良いな。

第10話
カーブドライブか~。まあ強いけど、横が入る分、当然ドライブ回転は下がるわけで、万能の技ではないよね。意表をつくぶんには良いけど、メインで使うのはな。途中からなんか「テニプリ」のスネイクというかw 百舌鳥(モズ)に雀が勝った(笑)

第11話
冒頭からいきなりのサービスショットw 合宿回か。バスの椅子が妙にリアルで気になったw 温泉でもサービスたくさん(笑)

第12話
モブっ娘達も頑張り始めたね。Bパートの最初の演出、良い感じでしたが、ますます「咲」っぽいw 最終回らしい、爽やかな展開と、技術面だけでない、キャラ達の成長が見られましたね。ただ、なんか胸がやたら強調されるべきシーンが多かったな(汗)
{/netabare}

投稿 : 2019/05/23
閲覧 : 213
サンキュー:

44

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

傑作ではないが、個人的にはこういう佳作的作品は凄く好きだったりする

 原作は未読。
 キャラ設定などはいわゆる女子日常系のそれだけど、ストーリーは日常系にありがちなゆるい
部活ものではない熱いスポーツもので、少年ジャンプじゃないけど努力・友情・勝利といった
王道的要素はちゃんと盛り込まれており、展開やキャラの心情描写などはなかなか良かった。

 キャラに関してはメインの旋風 こよりと上矢 あがりを始め、多くのキャラがカップリング
されているため、百合っぽい雰囲気が全体的に漂う。
 ただ単にイチャついているだけでなく、ダブルスのコンビや練習相手として卓球においても
うまいこと機能している感があった。特にこよりとあがりは互いに相手を引き上げている描写が
多く、本当に良い関係性といった感じ。
 そういう意味では女子日常系と正統派スポーツものが単に同居しているだけではなく、キャラ
同士の関係性が卓球の強さへの原動力の一つになっていたり、逆に卓球を通じてより仲が
深まっていったりと、それぞれの要素をより効果的にしていたような感があった。

 原作は主人公主体で脇キャラの試合などは相当はしょっていたらしいが、本作ではアニオリで
そういった部分もちゃんと描いており、原作の膨らませ方がかなり上手かったみたい。
 作画も全編凄いとは言わないけど、試合シーンなどでここぞという場面でよく動いていたりと、
その辺の選択がなかなか秀逸。
 あと試合シーンのBGMがエレクトリック系のダンスミュージックというのが結構珍しく、その
スピード感が試合の雰囲気をうまいこと盛り上げていたように思えた。
 EDに次回予告を挟む作品はよく見かけるが、OPにその回の見どころを入れてくる手法はなかなか
面白かった。
 全体的に色々な要素が平均点以上という印象の作品だったが、逆に突き抜けた部分も
感じられなかったかなあ。

2019/03/14

投稿 : 2019/03/14
閲覧 : 137
サンキュー:

3

褐色の猪 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

似て非なるもの

「はねバド!」見終わったら

ぜひこちらも再鑑賞を、

またも3話で脳みそ沸騰しましたw

同じ様な球技アニメでもアプローチが違うとこうも変わるもんですね。


そして、やっぱBGMいいのぉ(´ω`*)



2016.12.21 11:11 ----------

笑い有り、熱血有り、感動有り

マンガはまだ続いてますがアニメは良い所で区切り
「笑い有り、熱血有り、感動有り」
1クールに巧く纏まってます。

こーいう止め絵で見せるタイプのアニメは基本好みではないのですが
原作があーいう大胆な構図で魅せるマンガなので致し方ないか、
逆にアニメスタッフはマンガの構図を上手に熟していて感心しました。
もし普通のロボットアニメでこれ(止め絵)やったら完全否定しますが、
まあこの「灼熱の卓球娘」はスポーツ(ラブ?)コメディ路線として、
仄々TVアニメならこーいうのもアリですかね。

あとBGMが心地良いです。

オススメ、2期も希望します(^-^)




3話まで視聴 ----------

3話スゲー!

色んな意味でスゲー!

www

投稿 : 2018/12/14
閲覧 : 227
サンキュー:

10

REI さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

意外と知られていない?真面目なスポ根

原作は読んでません

卓球のスポ根アニメです。絵柄からか、日常アニメのような印象を受けてしまうかも知れませんが真面目なスポ根アニメです(笑)
物語も飽きないと思います

ただ、え?これで終わり感はあるかもしれません・・・
2期は・・・無理かなー、オリンピックや卓球が強くなっているから期待できなくもないかも?

スポーツアニメの好きな人は是非観てください

全てのアニメに携わる人に感謝を!

投稿 : 2018/12/10
閲覧 : 108
サンキュー:

9

ネタバレ

ジャスティン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

青春アニメと美少女系っていいよね

視聴回数 2回

私がまだ深夜アニメを見始めたばかりの頃に視聴したアニメです。

卓球 + 少し熱血あり + 美少女系 アニメのような感覚です。

{netabare}
見ようと思ったのは可愛いというありましたが、当時リアタイ時期は、私自身が卓球部だったともあります。(部長をしていたけど、一番弱かったw)
卓球に関しての描写はよく描かれていたような感じがしました。
アニメらしいような乗り超える謎の壁みたいな中二病描写もあってそこそこ分かりやすくしたような要らなかったような感じもしました。

よく描かれていたのは、ラリーが続いたときの動きがとても細かく描かれているように感じました。
{/netabare}

投稿 : 2018/08/07
閲覧 : 97
サンキュー:

5

まことん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

スポ根はベタがいちばん

チームにキラリと光る新人が入ってきて、メンバーそれぞれが個性を伸ばし、強豪に立ち向かう…。
ドカベンからずっと続くスポ根(チームスポーツ編)の王道をゆくストーリーですが、結局のところそれが一番燃えます。
というわけで意外とこのシーズンでは一番楽しみにしていたアニメかもしれません。

個人的にはムネムネ先輩のダブルスでの豹変ぶりが好き。
あとOPテーマも良かったです。

ただ「続きはコミックで」的な終わり方があまりにも唐突で、フリばかりで終了した感じ。もう少し締め感を出してほしかったです。

投稿 : 2018/06/02
閲覧 : 100
サンキュー:

2

ネタバレ

かみちゅん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

もうちょっと先まで見たかったかなー

見ていて思ったのが卓球版の咲sakiみたいだなーと。
百合成分多めなので耐性が無い人はご注意を。

{netabare}ストーリーは他校との練習試合と合宿で終わりだったので、せめて全国大会への予選が見たかったかな。あっさり終わってしまった感が否めない。{/netabare}

OP曲のサビ前に語りが入るのは良かった。

投稿 : 2018/04/20
閲覧 : 103
サンキュー:

2

モズカッちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

テニスの王子様と咲を足して二で割った感じ?

ドキドキはしなかったけど
百合モノは好きなので
ニヤニヤしながら見させていただきました。

くるりとざくろがお気に入り。
ざくろさんマジ天使っす。
くるりが溺愛するのもわかるなぁ。
あの笑顔は浄化されるもん。

くるりさんの得意技には思わず笑ってしまった。
あれ、どう見てもスネ〇クですよね?
最後の必殺技、間違いなくブーメランスネ〇クですよね?

なんか思い出してテニプリ観たくなった。

投稿 : 2018/01/05
閲覧 : 95
サンキュー:

3

ネタバレ

ぼっち飯 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.0 作画 : 4.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

卓球というスポーツをほとんど知らない人にだけオススメ

アニメーションや絵の出来はかなりいいと思います。しかし設定などについてはかなり浅い卓球知識で描いてるのかな?というのが正直な印象です。卓球についてほぼ知らなければ気にならないのかもしれませんが使う技とか、設定とかツッコミどころが多すぎて悶々とします。
それぞれのキャラの戦型については触れてもラバーの説明についてはほぼ無かったので、そこも気になりました。
個人的にはキャラデザもあまりピンときませんでした。

本格卓球アニメというには研究が足りていなく、ゆるい日常アニメとしてみるにはそういう描写が少ない。役割を持てないアニメだと思います

投稿 : 2017/08/22
閲覧 : 114
サンキュー:

2

ネタバレ

Shinku さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

スタッフの愛が感じられ良い作品だった

ただただ感嘆しました。
某ニコニコしそうなサイトを見ていて発見「まーーーーーーーーたランキングに公式量産型萌えアニメかよ!!!」とめちゃめちゃ思いましたが、卓球が好きなので見てしまった・・・

不覚にも面白かったです。近年個人的にアニメ離れがあり、アニメを見る機会が減っていたにもかかわらず面白かった。

個人的に良かった点を挙げると、一番とても感動したのが原作ストックが少ない、また原作に描かれていない部分にもかかわらずしっかりと作品として完成させたこと。原作では描かれていない試合部分をアニメで出しておりとてもスタッフ愛が感じられた。アニメオリジナルでここまで良くなるんだなと素直に思いました。

またop、edが凝っていること、今回は導入入るかなと毎回ワクワクして見れた三話で視聴は確定した。五話のop、ed交換、十二話のムネムネ、キルカの会話辺りが好きです。

ストーリーがスポ根で百合で王道であるが、ただ絵は可愛く見栄えはどうなるんだろうと思って見ていましたが、音楽や演出(試合時の作画、音ハメ、十話のこよりの炎の演出など)がとても王道に仕上がっていて涙出るんじゃないかぐらいに感動。良い意味で裏切られました。
「こんなん百合萌えの皮被った燃えるスポコンアニメやん・・・!!!」

そんなこんなでとても良いアニメでした。

しかしなぜアニメ化したにも拘らず出版社がもっと売り出そうとしないのか・・・今は世界卓球も盛り上がりコラボもしているそうなので頑張ってほしい。またスタッフ愛が感じられたので原作ストックが増えCD、DVD、BDが売れて、今度は是非二期が観たいと思います!!!

投稿 : 2017/06/07
閲覧 : 111
サンキュー:

5

白猫 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

とにかく面白かった!

萌えキャラの熱血スポコンアニメ?
そして、スポコン物らしいさわやか(?)な感動。
スポコン物の典型という感じですが、それが良かった。
絵と演出のおかげで、スポコンなのに暑苦しさはあんまり感じない。

最初は絵に抵抗がありましたが、
見始めたらとにかく面白くて一気に見てしまいました。
アニメが面白くて原作も読んじゃうくらいハマった。

特別作画がキレイなわけでなく、音楽が印象に残ってるわけでも無い。
物語・声優・キャラ・作画・音楽という評価を聞かれると
私の中ではどれもあまり高評価ではありませんが
好きか、面白いかと言われたらかなり高評価な作品です。

2期は制作されるのでしょうかね。
制作が待ち遠しいです。

投稿 : 2017/06/01
閲覧 : 196
サンキュー:

6

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

なかなか楽しめた♪

期待してなかったけど楽しめた♪
キャラがちゃんとたってたのが良かったかな。ちょいエロもあり( ´艸`)ムフフ♪

卓球の描写はイマイチだけど(●´σ‥`)ホジホジ

投稿 : 2017/05/12
閲覧 : 94

ZORRRO さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

良い意味で想像を裏切られました。

ほのぼのしてるのかと思ったら、暑くてハラハラ展開で驚きました。

可愛い部分あり、緊張感もあり、とても良かったです。

投稿 : 2017/05/09
閲覧 : 113
サンキュー:

4

「ひろ。」 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

リアルがアニメを追い越す奇跡!。

※予備知識ほとんどナシでの視聴です。原作未読です。

>3話まで視聴して
作品については全く何も知らなかったのですが
倉田さん絡みということで勝手に期待していました!!。
1話2話では、ありきたりな萌え系作品かな?って思ってしまってましたが
3話で一気に評価が上がりました!。
アツいですね!!。
そして昂揚感ハンパないです。←むしろある意味エロい?(褒め言葉)。

みなさん感じておられるでしょうが、やはり「咲」を彷彿させる作風ですよね。
ここで一番気になってるのが、今後オカルトがあるのかどうかです^^。

できればこのまま正統派なスポコン路線でいってくれることを期待します!。

---------------------------------------------------
>全話視聴終えて
主人公はもちろんですが、くるりちゃんの存在感も凄かった!。
声優さんは、やっぱあの方だったのですね!。
特徴的なあの声質は、確実にσ(o・ω・o)の記憶に深く刻まれました!。

ラストは、2期があるような
・・でもないような寄りな
どっちつかずな感じになってしまったのがちょっと残念でした。
ぜひぜひ続編作成してほしいです!!。


>最近のリアルなスポーツニュースを見て
卓球界で今現在リアルで目覚ましい活躍をされている若いあの方!!。
TVのニュースを見た際
正直本作の主人公が重なって見えてしまいました!!。

ここ最近は
野球の〇〇選手といい
フィギュアスケートの〇〇選手といい
まるでアニメかと疑ってしまうような
・・でも、まぎれもないリアルな現実であるという
底知れない一歩間違えるとファンタジーな世界が
現実として具現化している事実に
ただただ驚愕してしまいます!!!。

なんというか、奇跡に立ち会えている感覚です!!。

投稿 : 2017/04/21
閲覧 : 153
サンキュー:

20

ネタバレ

はちくじまよいちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

楽しんで見れた

主人公ではないですが、ハナビちゃんの底抜けの明るさがとても良かった。各キャラが程度は軽めですが常時百合百合してたところも自分的には好評価ですw 第一印象は咲に似ていて超能力&回想のオンパレードだと嫌だなぁと感じましたが、ギリギリリアリティもあったし、回想も少なくはないけれども効果的だった。
8話のダブルスの超作画は全然この作品では期待していなかったのでビビりました。OP曲は今クールで一番のお気に入りです。

投稿 : 2017/04/03
閲覧 : 118
サンキュー:

16

sMYVP12210 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 4.0 状態:途中で断念した

スポーツ根性物に期待したが。。

途中で断念。
卓球部のお話。それだけ。
4話まで見たんだけど、なんというか自分の部活動内だけのお話でした。
今後、ライバル校とか天江衣(なんのアニメだ?w)みたいなのとか
出てくるのかもしれませんが、そこまで耐えられず。断念です。

キャラもロリディフォルメなので好きではないのですが、
卓球アニメというを見たことが無かったので期待してたんですけどねー
これならまだ 咲の作者に卓球マンガ書かせればよかったんじゃね?と
思わせるような つまんない部活アニメでした。
ちょっと覗いてみようかな的にはおすすめです♪

投稿 : 2017/04/02
閲覧 : 105
サンキュー:

3

lostmemory さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

これじゃあ売れないわな

酷評するほどでもないがごくごく平凡な作品
こういうのはある意味酷評出来る作品より
タチが悪いというかネタにすら出来ないからね

内容?全体的に荒削りすぎる。せめて詰めが
甘いぐらいのレベルにしてもらわないと
だいたいの形を作ってさあこれから細部を
作り込んでいくぞ!って段階で止まってる
ようなもの。それを完成品と言ってしまう
のはねえ…

売上も1000枚超えたの1巻だけ?まあそんな
ところでしょうね。1回見たらもう十分って
感じだもの

投稿 : 2017/04/01
閲覧 : 133
サンキュー:

1

ネタバレ

むぐ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

満足ぅ!

突然現れた主人公が無双するタイプの物語。
闇落ちとか、極端な絶望とかがないので安心して見られる。主人公が絶対に対戦相手を倒してくれるのでスッキリする。また、主人公の計り知れない強さが好奇心をそそる。d('∀'*)

投稿 : 2017/03/30
閲覧 : 112
サンキュー:

4

ゲリオ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

凡漫画を良アニメに

全然期待しておりませんでしたが1話見て結構アニメーションの出来栄えが良かったので視聴することにしました。
キャラデザが日常アニメのそれなので、試合の動きとか大してないんだろうなと思い込んでいましたけれど、予想外に卓球描写がちゃんとしておりました。
何話だったか忘れましたが、ラリーを台後方上から引きで描いたシーンの作画が、実際の試合を見てるかの如くヌルヌル動いてたのが印象に残っています。
まぁ、その一方で回によって止め絵が多かった時もあったので作画に最高点を付けることはできませんが。全体的には綺麗だったと思います。
主人公のこよりちゃんは「卓球タノシイネ!ドキドキ!」とか言いつつ相手をフルボッコにする咲の卓球版みたいなキャラでした。
キャラが汗ビショになって服がスケスケになったり、顔を真っ赤にして荒い息遣いになったりするのは賛否両論でしょうか?個人的にはやや違和感ありましたが…
ストーリーは王道のスポ魂もので見やすいものではありましたが、全体を通してみると合宿と練習試合しかしていなかったので終わってみれば物足りなさが残ったかなと。
これから地区予選が始まって盛り上がりそうなところで終わってしまった印象です。
続きは原作でということなのでしょうが、正直なところ秀逸な作画と演出が目立った作品であり、ストーリーは平凡すぎて大して気にならない感じだったので原作を読む気分にはなれません。これはあくまで個人的な感想なのでファンの人には申し訳ないんですけどね。もし、アニメで2期があれば見てみたい程度です。
あとは、"Wake Up, Girls!"が歌うオープニングとエンディングはどちらも良曲でした。映像はそのままに曲だけOPとEDを入れ替えた演出にびっくりしたのが記憶に残っています。
WUGって声優としては何人か除いて大成してないけど、細々と活動していることに安心しました。陰ながら応援してるでござります。

投稿 : 2017/03/27
閲覧 : 106
サンキュー:

3

次の30件を表示

灼熱の卓球娘のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
灼熱の卓球娘のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

灼熱の卓球娘のストーリー・あらすじ

雀が原中学にやってきた転校生・旋風こよりは、普段はどんくさい子だけど、いざ卓球を始めると……。王者が陥落し、波乱の時代を迎えた中学女子卓球界に、彼女は新たな風を巻き起こす!?(TVアニメ動画『灼熱の卓球娘』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2016年秋アニメ
制作会社
キネマシトラス
主題歌
≪OP≫雀が原中学卓球部(花守ゆみり、田中美海、高野麻里佳、桑原由気、今村彩夏、東城日沙子)『灼熱スイッチ』≪ED≫Wake Up, Girls! 『僕らのフロンティア』

声優・キャラクター

花守ゆみり、田中美海、高野麻里佳、桑原由気、今村彩夏、東城日沙子

スタッフ

原作:朝野やぐら(集英社『となりのヤングジャンプ』連載)、 監督:入江泰浩、副監督:かおり、シリーズ構成:倉田英之、キャラクターデザイン:杉村絢子、色彩設計:松山愛子、美術監督:佐藤勝、音楽:MONACA、音楽制作:DIVE II entertainment、音響監督:郷文裕貴、音響制作:スタジオマウス、編集:須藤瞳、撮影監督:木村俊也、撮影:T2スタジオ

このアニメの類似作品

この頃(2016年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ