「アホガール(TVアニメ動画)」

総合得点
81.0
感想・評価
929
棚に入れた
4224
ランキング
376
★★★★☆ 3.6 (929)
物語
3.4
作画
3.4
声優
3.8
音楽
3.5
キャラ
3.7

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

アホガールの感想・評価はどうでしたか?

nyaro さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ヨシコの生き方に哲学を感じる。質の高い演出の秀作アニメです。

 なんといいますか、どこかで見たようなギャグな気がするし、ただ何にも似ていない気もします。子供ギャグのう〇こ、ち〇ちんギャグを女子高生のパンツとおっぱいギャグにしたような感じでしょうか。このずらし方が独特でした。

 全般的にギャグセンスはちょっと銀魂かなあ、という気もしますが、似てるのは犬だけじゃんと言われるとそうかも知れません。不条理ではないですね。子供のセンスを大人が模倣したようなギャグといえばいいでしょうか。

 アキラのヨシコに対する暴力的な部分が過剰でそこだけが若干不快になることもありますが、ヨシコって実はアキラ以外の女子たちを翻弄していて、かなりの強キャラで実は可愛いし運動神経もいいしでハイスペックなのでまあ、暴力も言うほど気にはなりません。

 全般的には面白いです。というより、ヨシコみたいなマインドで生きられたら幸せかなあ、と内省的になったりします…と思ったら、EDが「踊れ、きゅーきょく哲学」という歌でした。本能=人間の本質が哲学というと、ちょっとプリミティブ礼賛みたいな感じですが、原作者がどうかしりませんが、少なくともアニメの制作サイドはヨシコの生き方に哲学を見ていたのだと思います。

 まあ、登場する女子たちが、賢しいように見えてアホばっかりというのが女子の思考なんてそんなもんだ、という皮肉なのかなあとも思いましたが、そこまでひねくれてはいないと思います。そもそも男もアホばっかりですしね。

 ヨシコ楽しそうですよね。悩んだり怒ったりもしますけど。ヨシコの生き方…というかマインドに共感できたので、気に入りました。それに奔放な生き方が癒しになりました。
 なぜアキラはヨシコの良さがわからないんだろう?と不思議で、アキラの方がむしろ幼稚に見えました。

 アニメの作画はかなり高水準だと思いますし、演出を見るとかなり制作陣が気合いが入って作ったんだろうなあ、と思います。毎回違うOPもそうですし、クレジットを注意して見ると6話のOPに「原画協力 悠木碧」と出ていたの気が付いたでしょうか。多分OPの「なつやすみちゅう」の文字を書いたんでしょう。これも細かいギャグ演出なのでしょう。

 それと第10話「峠バトル原画加藤剣」「パンツバトル原画小澤和則」と出ていました。両名の原画マンについての知識はありませんが、相当凝ったアニメだったので、特別なスタッフだったのでしょう。こだわりを感じました。


 マンガも見たことがありますが、アニメの方が見やすいし格段に気に入りました。秀作だと思います。テーマというにはちょっと違う気がしますが、確かに哲学を感じる作品でした。

投稿 : 2021/12/03
閲覧 : 51
サンキュー:

20

ネタバレ

祇園 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 2.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

バナナうめぇ~

投稿 : 2021/10/17
閲覧 : 19
サンキュー:

0

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ハイパーテンションおばかアニメw

公式のINTRODUCTION
{netabare}
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原 作:ヒロユキ(別冊少年マガジン連載/講談社)
総監督:草川 啓造
監督:玉木 慎吾
シリーズ構成:あおしま たかし
キャラクターデザイン:石川 雅一
美術:大平 司
色彩設計:上村 修司
撮影:伊藤 康行
編集:岡 祐司
音響監督:本山 哲
音楽:吟(BUSTED ROSE)
アニメーション制作:ディオメディア
制作:NAS
製作:アホガール製作委員会
{/netabare}
キャスト{netabare}
花畑 よしこ:悠木 碧
阿久津 明:杉田 智和
隅野 さやか:原田 彩楓
風紀委員長:上坂 すみれ
花畑 よしえ:日笠 陽子
犬:浪川 大輔
黒崎 龍一:八代 拓
阿久津 瑠璃:千本木 彩花
押枝 あつこ:佐藤 利奈
栄村 茜:M・A・O
柊 姫衣:前田 玲奈
椎名 黒子:井口 裕香
{/netabare}


1話ずつの感想

--------------------キリトリ線--------------------

1ふさ目『来たぞ!アホガール』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:あおしまたかし コンテ/演出:玉木慎吾

バナナ大好き!勉強が出来なくても気にしないアホガール・花畑よしこのスクールライフが今日も始まった!衝動の赴くまま行動するよしこのアホっぷりに、幼馴染の阿久津 明(=あっくん)だけでなく、クラスメイトの隅野さやかも巻きこまれて大騒ぎに。
{/netabare}
感想
{netabare}

15分番組で1話に4本入ってるオトクなアニメ?w


主人公のよしこは「みなみけ」の夏奈にそっくり
ってゆうかもっとおばかかも?^^;


それでよしこには
毎朝おこしに来てくれるあっくんってゆうイケメンの幼なじみがいて
よくからんでくんだけど

ほかのおはなしの男子とちがくて
ウザいと本気でキレてよしこのことなぐったりするの^^

でも、よしこっておばかだからぜんぜん気にしてないみたいだけどね^^

この前までやってた「兄に付ける薬はない!」の兄弟を幼なじみにして
男女入れかえたみたいなおはなしかな?

笑ってみてればいいんだって思うけど
こうゆう子ってほんとにいるし。。
にゃんも人のこと笑えないからw

でも。そんなにバナナが好きな子っていないと思うけどw

今日はよしこの友だちと風紀委員長も出てた^^

キャラはかっこかわいいしテンポはよくってあんまり考えないで見れそう☆
{/netabare}
{/netabare}
2ふさ目『増える! アホガール』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:あおしまたかし コンテ:玉木慎吾 演出:三塩天平

自称“遊びのプロ”のよしこが公園にやってきた。早速、子供たちの遊びに混ざるのだが、勝手に他の遊びを始めるなどアホっぷりを発揮するよしこに、驚きと困惑を隠せない子供たち。さらに不良学生の黒崎がよしこに絡んできたり、妄想を勝手に膨らませる風紀委員長が現れたり、新手のアホが増殖する!
{/netabare}
感想
{netabare}

かってにサブタイトルつけてみたw

1本目「よしこVS子ども」
子どもたちにまでバカにされるよしこ。。こんな大人にはなりたくないって><
2本目「よしこVS不良」
不良から尊敬されるよしこ。。よしこだけは不良でも差別しない^^
3本目「よしこVS瑠璃(明くんの小5の妹)」
アホガールになりたくないアホガールの瑠璃。。がんばってるのにね^^;
4本目「明VS委員長」
明クンのこと好きな委員長が持ち物検査って言って明クンをおそってきて。。


今日もおかしかったw
{/netabare}
{/netabare}
3ふさ目『老後も安心! アホガール』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:あおしまたかし コンテ:稲垣隆行 演出:大橋一輝

花畑家にさやかがやってきた! しかしそこに待ち受けていたのは、よしこの母のよしえだった。明を彼女に奪わることを恐れたよしえは、本性を見定めるためだとさやかを辱めようとする。それによしこも便乗して、追いつめられたさやかがとった行動とは?
{/netabare}
感想
{netabare}

1本目
あらすじのおはなしでよしえとよしこがさやかのパン○見ようってするの!?
こんな親子とつき合ってられるのって
さやかってほんとにいい子だよね^^
それともただのあほなの!?w

2本目
よしこが子どもたちと遊んでるときに巨犬におそわれるの
でも上に乗りたくって戦ったらおとなしくなったからひろって帰ったw
子どもたちもよしこがただのバカじゃないって気がついたみたい
ただのあほだったw でも、いいあほ☆

3本目
国産バナナ食べて感動したよしこが100キロ以上先の農家まで
さやかを連れて走ってくの!?
とちゅうつかれたさやかにジュース買ってきてって3500円渡されたんだけど
ぜんぶご当地グッズ買っちゃった^^;

そのあと自分が持ってた1000円で買おうってしたら
またご当地グッズ買っちゃってさやかがキレてそのまま農家まで走っちゃったw

よしこのお友だちって大変そうだけどやっぱり。。ね^^

4本目
疲れてる明クンを元気づけようって明クンに手錠してお母さんごっこ。。
ムリヤリおっぱいを飲ませようってしたり。。

これって深夜ショートアニメだしH系になりそうなおはなしだけど
ぜんぜんそんなのなくって
ただよしこがうざくっておばかなだけだったw

明クンかわいそう。。
お引越しするしかないかも?^^;
{/netabare}
{/netabare}
4ふさ目『突入!アホガール』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:あおしまたかし コンテ/演出:井畑翔太

明の誕生日を翌日に控えた深夜、よしことさやかはプレゼントの手掛かりを探すため明の部屋に侵入することに。その話を聞きつけていた風紀委員長も合流して部屋の物色を始めるのだが、目的から反れてよしこと風紀委員長の手が眠っている明に迫る!
{/netabare}
感想
{netabare}

不良だった黒崎龍一クンがよしこの弟子になって
明クンとも友だちになろうってするミニシリーズがはじまったねw
よしこを守ろうってして明クンに負けてこんどは友だちになろうってする
ツンデレみたいなところがおかしかったw


それから子どもたちをつれてデパートのヒーローショーに行くおはなし

怪人につれてかれた女の子を守ろうってショーに出ちゃうんだけど
その子が助けてくれたよしこを好きにならないようにって
男の子たちがよしこの前に怪人をたおすんだけどおそくって。。
あーアホがうつっちゃう。。w


あと、先生に呼び出されて国語の補習
日本語が通じないよしこに先生が言い負かされておかしくなっちゃった。。

ってゆうかよしこってどうやってこの学校に入ったの!?
それともあっくんがつき合ってくれたのかな?
もしかして誰でも入れる学校なのかも?

そう思ったらさいごのあらすじのおはなしで
まともなはずの友だちも風紀委員長も3人でいっしょに
眠ってるあっくんのへやに忍びこんじゃったりするの分かるかもw

あ。でも、にゃんも人のこと言えないけどw
{/netabare}
{/netabare}
5ふさ目『夏だ!アホガール』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:あおしまたかし コンテ/演出:清水空翔

商店街のくじで旅行券を引き当てたよしこは明とさやかを誘うのだが、それを聞きつけた風紀委員長や龍一まで参加したいと押しかけてきた。流れのまま皆で水着を買い出しに行くことになったのだが、旅行への参加を頑なに拒む明。その様子に見かねたのは、意外なあの子で!?
{/netabare}
感想
{netabare}

はじめはよしこがチケット持ってきて
瑠璃ちゃんつれてアックンと夏休みのアニメを見に行くんだけど
よしこがさわぎ始めて瑠璃ちゃんも泣きだして。。って大さわぎになるの

こんなことになるだろうなって思ってたけど
瑠璃ちゃんまでさわぎ出すなんて
アックンは瑠璃ちゃんに弱そうだけど
もう瑠璃ちゃんもアホガールになりかけてるよね^^;

ガムテープをいつも持ち歩いてるなんてさすがアックンだよね^^


後半はみんなで海に~♪ってアックンは行きたくないみたい。。

さやかはぼっちのアックンの弱点を突いていっしょに行かせることに成功♪
アックンのまわりってみんな変な人ばっかり。。
ってゆうことはやっぱりアックンも変なんだw
一生、友だちがよしこだけだったらもうよしこと結婚するしかなくない?w

あとは、委員長がアックンに近づくのをとめようって
よしこのお母さんが出てたけど
よしこのお母さんって攻撃型アホガールだよね^^
お父さんが出てこないんだけどきっとやさしい人なんだろうな^^

お母さんはアックンに止められて帰ってくときに
このままでは済まさない!とか言ってたけど
海までついてくるつもりじゃないよね!?


とゆうわけで海は来週のおあずけw
{/netabare}
{/netabare}
6ふさ目『暑い夏だ! アホガール』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:あおしまたかし コンテ:清水空翔 演出:胡蝶蘭あげは

伊豆熱川にやってきたよしこたち一行は、各々水着に着替えて海水浴を楽しむことになった。自慢の胸を見せつけるため、風紀委員長は明に迫るのだがそれも空しく、よしこから砂埋めのお仕置きを受ける羽目に。暴走するよしこはさやかまで砂埋めにして、その上に○○○な形を☓☓☓に!?
{/netabare}
感想
{netabare}
海でさやかを砂埋めに。。はくだらなかったけど
これでもかぁ!ってゆうくらい下ネタを重ねててクスクスが止まらなかったw


温泉でアックンのいる男湯をのぞきに。。は
よしこにどんどんノせられちゃう委員長がおかしかったw


盆踊りの回は
毎年めちゃくちゃな体力と踊りでみんなの注目を集めるよしこのこと
今年こそ何とかしようってする町内会の人たちが
今年もよしこにノせられてバックダンサーになっちゃうところがおかしかったw


でも、今日のおはなしで1番よかったのが
よしこのうちのワンちゃんとツンデレアックンに友情がめばえるおはなし^^

このおはなしで1番マトモなのってこのワンちゃんだけかもw
{/netabare}
{/netabare}
7ふさ目「ギャルが!アホガール」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:あおしまたかし コンテ:稲垣隆行 演出:鈴木琢磨

放課後、教室に残っていた栄村 茜&椎名黒子&柊 姫子のギャル3人組がよしこのターゲットに。行動が全く予測できないよしこから逃れようとする3人だが、一緒に遊ぼうと付きまとわれてしまう。仕方なくかくれんぼに付き合うことになった3人組は、よしこから逃れようと…?
{/netabare}
感想
{netabare}

カレシのいない先生をなぐさめるために
よしこが男装してよしおになって先生に会うおはなし^^

よしこイケメン♪
よしこのイケメンなセリフが次つぎ出てきておかしかったw
ってよしこは男の子の方が似合ってたかもw


先週のよしこのワンちゃんに名前をつけようってゆうおはなしで
そのワンちゃんがよしことアックンの間にはさまれてかわいそう。。
ワンちゃんがかわいいおはなしだった^^


3本目はよしこがギャルの子たちにからんでくおはなし

ギャルたちが早くよしことはなれたくって
かくれんぼでよしこを鬼にしたまま帰っちゃうんだけど
よしこはかくれたまま3日目にギャルたちがさがしに行くまで出てこないの^^

よしこってその間ずっと1人で側溝の中にかくれて何してたんだろう?w
ってゆうかお母さん心配しないのかな?^^

もしかして側溝の中でケータイ使ってた?

たぶんずっと寝てたんじゃないのかなw
{/netabare}
{/netabare}
8ふさ目『天使のような!アホガール』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:あおしまたかし コンテ/演出:清水空翔

遠足のおやつを買いに行く希と正、守の3人に、予算300円の使い方を伝授しようとするよしこ。駄菓子屋に並ぶお菓子の中から、正と守はよしこの教えにそってお菓子を選ぶのだが、希だけが高価な一品に手を出してしまう。このままでは希の遠足が悲しい結果に…と思われたのだが!?
{/netabare}
感想
{netabare}

はじめのおはなしは
よしこがギャルグループにツッコんで行って恋バナを聞き出して
さいごはアドバイスまでしちゃうの^^

よしこ、いつの間にかギャルにまざっちゃうってすごい!
ってゆうかこの前のお祭りのときもそうだったけど
人を自分のペースにノせるのがのがとってもうまくってわらっちゃうw

みんないつの間にかよしこといっしょにおばかになっちゃうのw


2本目はあらすじのおはなし

おかしの300円ってほんのちょっとしか買えない。。
でも、今思ったら1回分のおやつだからそれでいいんだよね^^

よしこはバナナがあれば幸せそうだから
1ふさぜんぶ持ってったらいいかも^^
バナナっておやつじゃないからw

今思ったけど
だったら前の日にチョコバナナを作って持ってったらいいかも?w
10本くらいつくって凍らせておいたら
遠足のとちゅうでバナナがとけて食べやすくなるんじゃないかな?^^


3本目はさやかが委員長にストーカーをやめさせようってするおはなし

ポジティブで自分が変態なんて思わない委員長に
さやかがホントのことゆうと落ちこんじゃって
なぐさめようってごまかすとまた調子にのっちゃうの。。

委員長の上がり下がりおかしかったw


だんだんさやかも思ったことゆうようになってきたのかな?
それともいつもはよしこがおばかすぎてあんまり目立たないだけかも^^


4本目はよしこの犬がさやかのポメラニアンに恋しちゃうおはなし。。
犬がはずかしがるところがかわいかった^^
{/netabare}
{/netabare}
9ふさ目『フェスティバゥ!アホガール』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:あおしまたかし コンテ/演出:井畑翔太

楽しみにしていた文化祭を成功させるため、自ら実行委員に立候補した栄村。出し物の準備がなかなか進まず、ギャル3人組は夜の学校でこっそり作業しようとするのだが、そこによしこが乱入してくる。追い払おうとする3人だったが、いつの間にかよしこのペースに巻き込まれてしまい…
{/netabare}
感想
{netabare}

文化祭のおはなしだったけど文化祭の出し物のおはなしはほとんどなかったw


はじめは実行委員に立候補したよしこと
文化祭を楽しみにしてよしこなんかにまかせられない!ってゆう
ギャル3人組の茜が実行委員になおうってケンカするドタバタで

あっくんをぼっちって呼ぶ茜と茜をブスってゆうあっくんの言い争いになって
茜が泣いちゃってギャルたちの勝ちだったw


それから準備。。
なかなか終わらなくってよしこのアイデアでこっそりお泊りしてやろうって

でも、よしこがいたらできるわけがないみたいw
だれもいない学校探検とゲームでもり上がっちゃって
次の日もまた。。w

でも、ちゃんとその日にメイド喫茶あけられるってすごい!w
でも、そのおはなしはほとんどなくって
どうしてか委員長がコクられるおはなしになったw
それも下ネタで^^

コクったほうは
フラれちゃったけどごほうびはもらったみたいでよかった(のかな?w)


さいごは文化祭の打ち上げ。。

さやかが仲直りしてほしくてあっくんとギャルたちも呼んでカラオケ♪
でも、またケンカが。。

止めようってしたさやかが
まちがってきたお酒のにおいでよっぱらっちゃった!?

それでよっぱらって自分には胸がない!!!って泣きはじめちゃった^^;

よしこはさらにひどいこと言ってたけど天然だからしょうがないみたい。。

{/netabare}
{/netabare}
10ふさ目『ドライブ!アホガール』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:あおしまたかし コンテ:玉木慎吾 演出:玉木慎吾/三塩天平

犬と散歩に出かけたよしこ。しかし、それは普通の散歩のレベルを超越していた。よしこを背に乗せて町内を疾走した犬は、気が付けば峠にやってきていた。尋常ではないスピードで峠を攻めてゆく犬とよしこは、伝説のライダーとの熾烈なバトルを繰り広げるのだが、果たしてその結果は!
{/netabare}
感想
{netabare}

はじめは茜が耳にピアスの穴をあけようってするおはなし


よしこがいつの間に友だちみたくなっててわらっちゃったw

穴をあけたいんだけど勇気がない茜のこと
はげましながらこわがらせるよしこが親友っぽく見えてたw

はじめに氷で冷やしておくといたくないってほんとかな?
でも、こわいよね^^


2本目はあらすじのおはなしで
アニメってゆうか峠のレースはまんがビデオで熱かったけどおばかw
てゆうか犬がそんなに早く走れるわけないよねw


3本目はよしこが子どもたちにまじってお人形さんごっこ。。

子どもたちあいてに大人なシチュエーション^^;
まわりで見てる男の子のツッコミがおかしかったw


4本目はあっクンの妹に近づこうってする委員長と
止めようってするよしこママのパン○脱がせ合戦のおはなしで
えぐい下ネタw

巻きこまれちゃったあっクンの妹がかわいそう。。

委員長があっクンのこと好きなのは冷たくってドSだからみたい^^;
{/netabare}
{/netabare}
11ふさ目『決戦!必殺!アホガール』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:あおしまたかし コンテ:玉木慎吾 演出:胡蝶蘭もんしろ/玉木慎吾

よしこの舎弟、龍一くんがボロボロに。何があったのか事情を聞くよしこに対し龍一は、“バナナを粗末にしていた連中にやられた”と言う。湧きあがる怒りで静かに立ち上がるよしこ…。そんなヤツらは許せねえ!私は戦う、そう、バナナのために! ……えっ、バナナ?
{/netabare}
感想
{netabare}

今回はギャグなんだけどちょっといいおはなしだったみたい☆


1本目は
よしこが勉強がダメなあっクンの妹に何かできるようにさせてあげたいって
自転車の練習につきあってあげるおはなし。。

さいごまでダメだけどあきらめない瑠璃ちゃんがアツくて
さいごはなんだかほのぼのしちゃったいいおはなしだった^^


2本目はあらすじのおはなし。。
バナナフロペチーノを粗末にしていた不良たちに
よしこが復しゅうしにいくおはなし

次つぎ強そうな不良たちの口にバナナをツッコんでたおしてくよしこが
とってもシュールなバトル回だったw
ギャグアニメなのによく動いてた☆


3本目は
犬が1人でおさんぽ中きれいなお花を見つけて
大好きなポメラニアンのポメちゃんに届けようってするとちゅうで
事件に巻き込まれて次つぎに人助けしちゃうおはなし^^

犬がとってもいい犬で
2本目はよしこのアクションだったけど
こっちは犬のアクションでかっこよかった☆

さいごはポメちゃんにあげようってしてたお花を
泣いてる女の子にあげるってゆうちょっといいおはなしだった♪
{/netabare}
{/netabare}
12ふさ目『出会い…そして!アホガール』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:あおしまたかし コンテ/演出:玉木慎吾

10年前、はじめて出会ったよしこと明。それは、家が隣どうしの幼馴染という甘酸っぱい幻想を木っ端微塵に打ち砕く惨劇のはじまり。よしこを打倒するための力を欲するも、限界まで追い詰められていく恐怖から、幼い明の心に生まれたものは!?
{/netabare}
感想
{netabare}

今日は10年前にはじめてよしこに会ったときのおはなしを
あっクンがさやかに話すおはなし^^


今とあんまり変わらなくって毎日よしこがあっクンを追っかけて
キスしたりパン○かぶせたりってやりたい放題だった^^

でも、今とちがくてよしこがあっクンのパンチをよけてたね^^


おはなしはそれくらいかな?
いつもの3本立てくらいの方がテンポがよくっておもしろかったかも^^
{/netabare}
{/netabare}


見おわって


信じられないくらいおばかでうざくて不死身のよしこが
きらわれてもまわりの人たちを巻きこんで
アホにしてくギャグアニメ^^

まわりの人たちも濃いキャラで
15分番組の中にぷちアニメが3~4本入っててテンポがとってもよくって
ギャグはくだらない下ネタとか多いんだけど
ときどきちょっといいおはなしっぽいのがあったりしてあきなかった☆

暴力がいっぱいあったけど
あっクンがよしこのことウザいって言いながらほっておけないのと
よしこが叩かれてもなぐられてもぜんぜん気にしてないからスルー

よしこってかくれんぼで何日もドブにかくれても平気
100キロ走りつづけてもヨユー♪
ってゆうゴリラくらいの体力があるから
ふつうにあっクンになぐられても頭をなぜられたくらいにしか感じてないw

ってゆうか本気出したらあっクンなんかぜんぜん勝てないくらいのアホ力w


おばかアニメが好きだったらおすすめだけど
キライな人には合わないって思う^^

投稿 : 2021/08/21
閲覧 : 642
サンキュー:

104

テングタケ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

スーパーハイテンションドタバタコメディー

悠木碧はやっぱり凄い

普通の漫画では、主人公格の男子がアホに振り回される
だけだったりしますが、本作ではアホをグーパンで
リンかけ並みに吹っ飛ばすのでスッキリします。
アホが伝染して壊れかけの風紀委員長が可愛いです。
普通はできの良いいい子として描かれるだろう妹キャラが、
主人公並みのノータリンで笑えます。
ストレス解消にどうぞ。

投稿 : 2021/08/18
閲覧 : 59
サンキュー:

3

あーちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

OPが頭に残るTT

頭空っぽにしてみるアニメ。
よしこが突き抜けてテンションが高いので、そこが無理でなければ多分楽しめるのでは??

さやかちゃんが不憫でたまらないのと、あっくんや風紀委員長もあんまり賢くはなさそう笑

投稿 : 2021/04/02
閲覧 : 78
サンキュー:

5

ネタバレ

dFRjS80566 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

所々リアルに感じられて草

バラエティー豊かなショートアニメ
宇崎ちゃんの余計なシーンをカットし 苛つく演出後 
すかさず制裁シーンが入る展開で テンポの良さと アホにしてもこんなん居ないよ~
なストレス発散アニメかなぁ?

花畑よしこ 悠木碧 の演技が良かった
よしこの親友 さやか 多分唯一マトモな登場人物

幼馴染み 阿久津明 あっくん に親子で迷惑を掛ける 花畑母娘

見た目は可愛いしスタイルも悪くないのに
救いようの無い アホ・・・よしこ とあっくん の非常識な日常

普通の女子等が 耳にするとドン引きしかねない下品な発言も多いですが
良く 声優は言い切ったなぁ~とプロ根性に感服( ´-ω-)

個人の見解ですが男性が女性の性 等を知ったかで語る作品は正直キモ!
と言う感覚が有ります

ですが女性原作者の方が遥かに露骨で下品な表現をしてる場合が多々あり
男性が想像で語ってる理想像 の方が品が有るのかも知れません( ´-ω-)

今作は ヒロユキ氏 原作で 
以前お見かけした姿は真面目そうな若い男性に見えました

よしこは 元ボクサー芸人みたいにバナナが大好きで
バナナを頬張り涙します 素敵です♪
好きなものを食べて感涙出来るなんて
好きなものを食べて笑顔になっても涙は出ませんね

よしこの母親が あっくんによしこを押し付け老後
の安定を狙ってるのは 親同士が本人不在でお見合いしてる痛々しい
現実が有るのでリアルですね

あっくんがよしこに対して過剰なツッコミ
ジャーマンや跳び蹴り等をするのはう~ん😑と思ったが
初めて出会った時に よしこにファーストキスを奪われて
憎しみを蓄積してたから 🤔
しかも よしこはどんな打撃を受けても即座に回復するので
今作は不問なのかな 別作品だったら大問題ですが

アホが よしこ だけかと思えば 委員長は痴女的なキャラで
ドンドン壊れていく

3話で国産バナナに感動した よしこ は さやか を拉致気味に連れ去り
バナナ農家に向かう 疲れた さやか が財布を預けジュースを頼む

アホは変な御当地キャラのヌイグルミを買ってくる
冷静に考えると 返品して ジュースを買えば良いのに
そのまま強引な展開で進む少々無理矢理な展開でしたね

4話前半は微妙 後半教師とのやり取りは
下らなくも楽しかった
28才女性教師 押枝あつこ 恋を知らないって 現職でも少なからず居るから
猥褻事件が後を絶たないのかも(ー_ー;)
あっくんの部屋に3人で押し込んで狼藉三昧 有るわけねーだろ!m(。≧Д≦。)m
有ったら大事件だよ( ゚ε゚;)

5話はショートアニメなのに定番の水着回 しかし需要あんの?水着って( ´-ω-)
お風呂も何だかなぁ(・д・)楽しみ方が解んない フェチ向けって事ですかね?

委員長の妄想で 杉田あっくんのキモいw 巻き舌が良い♪ww
突如沸きだした よしこの母親が
委員長の水着トップにチ○ビを書く・・・この親も相当だじぇ( ゚ε゚;)
アホのよしこも自分で水着に何か書いてた
そんな水着絶対着れないね😭
あ!ダサくても全部黒塗りにすれば付けられるね😀

6話 委員長が胸を意中の阿久津に見て欲しいとホンネを漏らすw
女性サイドだって下心無ければ男と水着で出掛けないよね~😙
披露する相手が居なければ可愛い水着付けてる意味も半減だし
お風呂で女子会ノリでのかなり具体的な
下ネタトーク しかしリアル過ぎる😰
女子会 話だと本当にオブラート無いのよね

とある成人向けアニメで胸キュンが足りないと酷評しましたが
7話 でよしこが 男装し 教師 押枝あつこ を誘惑してるのは
男原作なのに 幾つかキュンキュンしちゃいました
ぐっぐゃじぃ~😭

よしお 階段で あつこに対し ため息を付くと幸せが逃げるよ 驚いて
階段で脚を滑らせた あつこを お姫様抱っこ スッ素敵~(≧Д≦)
(あつこ)私は28才のオバサンよ 28才ならギリギリセーフさヾ(´Д`;●)ォィォィ
バッキャローそこが良いんだろ バナナだって腐る直前が1番旨いんだろ
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル きゃー( ☆∀☆)スッスッ素敵~❤️❤️❤️
何かぐゃじぃ~😭 イノセント(無垢)な心を弄ばれた気がする(ー_ー;)


見終えてるけど残りは見直してから書こっとφ(・ω・`)

見直したけど更新すんの忘れてた( ̄□ ̄;)!!
小学生時代の明 の隣に引っ越してきた花畑一家
図々しく部屋に上がり込み お腹減ったから何かくれ щ(´Д`щ)カモ-ン
とネダる子供の頃からアホだったよしこ
追い払う為に机に置いてあったオヤツのバナナを与えると歓喜し
自分の事が好きだから こんな美味しい物をくれたと
動物的な解釈であっくんに好意を寄せる
存外怪力でマリオブラザーズみたいに
あっくんを持ち上げて連れ去るアホ

先にも述べたが あっくんのファーストキスを
蛭かモンスターの様に奪い去り
土竜叩きか!と言う程の反射神経で
怒れるあっくんの攻撃をかわすアホ (´゚ω゚`)・・コイツはプロだ!!
この運動神経を活かしてスポーツを志せば王者も夢じゃなかったのに惜しい!

風邪で寝込んだ あっくんを 看病すると言い
寝込んだあっくんにずっと 
💋ブチュ~としてた アクマ ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
気が付いたあっくんの 口元は ヨダレでベットリ!!(゜ロ゜ノ)ノ
ホラーかよ(´TωT`)

ちな よしこの母親は 登場しない父親を縛って
貞操を奪ったとか・・・
恐ろしすぎる母娘やね・・(´д`|||)

投稿 : 2020/12/14
閲覧 : 174
サンキュー:

20

mmma さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

アホを見るのはつらい

アホの言動を見て「はは、アホだなぁ」と笑える人は観たらいいと思う。
ものを深刻に考えることなく「バナナうまい、遊んて楽しい」というよしこはまだマシだった。アホのくせに夜這いはするし老後の心配もする母よしえの姑息さや、勉強頑張ってるのに全く結果の出ないアホ妹瑠璃の情けなさを見せられると、こちらも無邪気に笑ってすませる気にはなれない。アホって嫌だな、アホって悲しいな、家族や友達にこんな人がいたら辛いだろうし悩むだろうな、と思う。
あっけらかんとしているように見せかけて、実は意外と毒気の強い本作。あまりおすすめはしません。

投稿 : 2020/12/10
閲覧 : 139
サンキュー:

7

まさとん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

見る方もアホになりましょう

えーと、ヒロイン、アホです。
以上、終了w。

15分アニメなのと、その中に次々にネタが突っ込まれていくので
よしこのハイテンションぶりが気にならなければ普通に笑って
見ていくことができるギャグアニメです。

全教科0点という「どうやって学校入ったんだ?」というレベルの
女子高生よしこと幼馴染の明とまわりの騒動を描いていますが、
まわりも非常識人とアホばっかりなのであまり違和感ありません。
いわば女子高生版「天才バカボン」みたいなものです。
あるいは女子高生版「奇面組」です。ボケとツッコミがはっきりして
いるのとスピード感はこちらに近いかもしれません。

ギャグアニメの定番として、1話ごとの独立エピソードなので
どこから見ても問題ありません。
よしこ役の悠木碧さんの演技がキレまくっていますw。

よしこの欲望に忠実すぎる言動を見てニヤニヤする(欲望に忠実
なのでそれなりに下品ネタもあります)アニメなので、あまり
脳みそを使わずに視聴してください。逆に言うとよしこの言動に
いちいち「不条理だ」「むかつく」と思ってたら見てはいけません。
「人外のなにものか」の感覚で見るのがいいかと。

AngelaのOP主題歌はインパクト強いです。スチャラカというか、
ポンポンリズムやメロディが変わるので聞いててクセになって
きます。このユニット、のちに「はめふら」で同じような
形で主題歌を担当しています。

投稿 : 2020/11/07
閲覧 : 132
サンキュー:

13

ハムレック さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:----

豪華声優陣

豪華声優陣によるバカアニメ
面白いに決まってるやん

投稿 : 2020/10/18
閲覧 : 92
サンキュー:

7

遊微々 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

一時の快楽と引き換えに、体力、知力、かけがえのない時間を削る脱法ドラッグアニメ

凄まじいまでのアホの子である主人公花畑よしこが大暴れする10分ちょっとのミニアニメ。
・・・な筈なのに初見だと1話見るのが異様に疲れる。

最大の原因はよしこのハイテンションっぷりが極まっているから、ではなく他のキャラクターも負けず劣らずのアホっぷり&ハイテンションだから。
こんなもん30分の尺で見せられたら頭おかしなるでホンマ・・・
最初は「いや碧ちゃんうるせえよ!!」って思ってたけど、日笠と上坂も普通に超うるさかった。
この人たちはこんな作品で自分の商売道具である喉を潰して殉職するつもりだったんでしょうか?

とにかく関わった人を全員アホにする波長でも発信しているかのと疑いたくなるモノがありました。
OPなんでangelaなんだよ・・・・
そしてなぜ俺はこんな作品を作業用BGMがわりでリピートしているの・・・

あ、1.3倍速くらいで見るとよりカオスなことになりますよ☆

投稿 : 2020/09/17
閲覧 : 203
サンキュー:

27

でこぽん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

何も考えずに笑える愛情のあるアニメ

このアニメは、ある意味、疲れた心を癒してくれます。

何も考えず、ただ見ているだけで思いっきり笑えてしまう。
そんなアニメです。
学校や仕事で疲れている人は、たまにはこのアニメを見て笑い転げてください。

高校生の花畑よしこは、どうしようもないほどアホだけど、元気いっぱいですごーく明るい女の子。
そして、自分の心に正直な子です。

こんな子が友達だったら…
多分疲れると思うけど、いつも元気をもらえるし、寂しさなんて全然感じないと思う。

よしこは幼馴染の阿久津明(通称あっくん)が大好きです。

あっくんはいやいやながらも、よしこと毎日話をするし、よしこが遅刻しないように、毎朝起こしに来てくれます。
そして、よしこが遊びすぎないようにかまったりと、
結局あっくんは、よしこのことがほっとけないようです。

あっくんが本当によし子のことをどうでもいいと思っているのならば、よしこのことを無視するはずです。
でも、彼はよしこを無視しない。

以前、ある人から聞いたのだけど、
愛情の反対は、憎しみではなくて無関心だそうです。
確かにそうだと思います。

愛していないのならば、その人がどうなってもまったく気にしない。

でも、あっくんは、よしこのことをほっとけない。
多分、自分でも気づいていないと思うけど、あっくんはよしこのことが好きだと思います。

皆さんも、親や友達からいろいろと言われて「うざい」と感じることがたまにあると思うけど、
それは、無関心でなく愛情があるので言っていることだと感じてください。
そう感じることができたら、それだけで幸せになれますよ。(^_^)

投稿 : 2020/07/25
閲覧 : 589
サンキュー:

69

セシウス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

犬がかわいい

一応学園ラブコメ風のショートコメディです。
ラブコメ風といっても主人公のキャラが強烈すぎてストーリーはほとんど進行しません。
スーパーハイテンションの主人公が周囲の人を巻き込んで大騒ぎするストーリーが大半で、気楽に楽しむことができる作品です。

絵柄は可愛い系で登場する女性キャラは中年や幼児も含めて美少女系統だと思います。そこに声優さんたちの頑張りがプラスされてこの作品を盛り上げています。
声優のファンの方(とくに悠木碧さん)や、作画が比較的安定しているので美少女コメディが好きな人は楽しめると思います。

投稿 : 2020/07/17
閲覧 : 121
サンキュー:

7

ネタバレ

クロ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 2.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

よしこは獣

原作未読。

テストはすべて0点だが、底抜けの体力とポジティブさを持ち、バナナと幼馴染のあっくんが大好きな花畑よしこの引き起こす迷惑な騒動は、周りの者をすべてアホにしていく、というギャグ作品。

作品タイトルのごとくアホすぎるアホくさい作品です。
この作品の良いところは1話15分というところでして30分だと視聴にとてもではありませんが耐えられません。
主人公?の「よしこ」ですがアホさ加減が突き抜けており、お色気描写すらいやらしく感じないという昨今に見る事の出来ない程のギャグアニメです。
ただギャグアニメと言っても、面白いとか爆笑するほどのもではなくスピードのあるハイテンションギャグなので、
何の気なしに見ていても気づいたら終わっているというところも、ある意味マンネリせずに何とか見られる要因となっていると思われます。

評価すべき点は「よしこ」の声。ほぼ全編絶叫なのにちゃんと聞き取れる声質はさすがトッププロの実力。
「アホガール」=よしこ、という思い込みで視聴していると、実は登場人物ほぼすべてがアホだった(マトモなのはさやかと犬くらい)。

投稿 : 2020/07/14
閲覧 : 94
サンキュー:

7

とーよ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

バナナうめぇ〜

冒頭からタイトル回収。アホ(笑)
もう、よしこ役はあおちゃん(悠木さん)にしか出来ないよ。
ギャグアニメはそのギャグが自分に合うか合わないかで評価が変わりますが、
この作品はギャグではなく、アホ(笑) よしこの母もアホ(笑)
中の人は日笠さん。あ…察し。
悠木さん、日笠さん、地ではなくてちゃんと演技して下さい(笑)
15分アニメ、謎の勢い、バナナ神格化。
そしてあおちゃんが好きな方は楽しめるかと思います。

私は…2期はよw

投稿 : 2020/07/05
閲覧 : 157
サンキュー:

13

hyoi さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

アホすぎておもろい!

まず、よしこ(ヒロイン)がアホすぎる!‪w
そしてそのアホなことしてからのあっくん(主人公)のパンチが強烈すぎる!w
なんてゆうかこのアニメでキャラが薄い人って一人もいなかった気がするw
さやかちゃん(よしこの友達)なんかも、我慢の限界でキレた時なんかは自虐ネタに走ったりするし面白すぎw
そして個人的に1番の見所は11話の話でしたw
まじで面白いから絶対見た方がいいw

投稿 : 2020/05/21
閲覧 : 110
サンキュー:

6

まつまつ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

何も考えずに観られる

12分程度のショートアニメ。
主人公が最強にアホだけど、周りの人物もかなりのもの。
くだらな過ぎて、ちょっと疲れた時や気分転換したい時に何も考えずに観て笑うのに丁度よい作品だった。

投稿 : 2020/05/19
閲覧 : 100
サンキュー:

5

ごっちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

こんな幼なじみもアリかも!?(笑)

ヒロイン・よしこのキャラクターに終始ハマってました!
周囲の変人が織りなすコメディー感が最後です!
クスッと笑いたい方にオススメの作品です。

投稿 : 2020/05/06
閲覧 : 72
サンキュー:

5

ネタバレ

蒼い星 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

酷いアニメ(褒め言葉)

【概要】

アニメーション制作:ディオメディア
2017年7月 - 9月に放映された15分枠で全12話のTVアニメ。

原作は、『週刊少年マガジン』から『別冊少年マガジン』に移籍して連載されている、
ヒロユキによる漫画作品。
総監督・草川啓造。監督・玉木慎吾。

【あらすじ】

阿久津明(あくつ あくる)は東大現役合格に人生を賭けて、寸暇を惜しんで日々勉学に励む少年である。
プライドが高い彼は、勉強をしない者は社会の負け組・人生の落伍者になるという信念のもとに、
非常に優秀な成績を常にキープしているのであるが、人当たりがきつくて友達がいない。

否!一人だけいた。
一方、バナナが大好きであり想像を絶するアホである女子高生・花畑よしこは、
お隣さんで幼馴染のあっくんにラブラブチュッチュ。
だが、マークシートで全科目0点という想像を絶する花畑よしこのアホさ加減に、
あっくんは『常識を覚えろ』『勉強をしろ』と可哀想なものを見る目つきで、
よしこを全く女扱いしていない。幼いころから付きまとわれ続けて毛嫌いしている。

よしこは過剰にパワフルでどこまでもアホなので、
あっくんに何を言われても反省せずにお嫁さん気取り。
そんな、よしこに寄生される一生は絶望の日々であると明(あくる)は心底嫌がりつつも、
出会って10年の間、二人の腐れ縁は続いている。

高校一年生である二人に、心優しいがよしこのせいで気苦労の絶えない同級生の隅野さやか。
生真面目キャラのはずが、どんどん道を踏み外して変態と化していく風紀委員長。
よしこの舎弟になり、あっくんを慕うが報われない不良の黒崎龍一。
など一緒に絡む人達が増えていく。一番頭がおかしいのは、よしこの母なのであるが。

フリーダム過ぎるアホの子に振り回されて、おかしくなっていく人たちの日常。
それを楽しむコメディ作品ではあるが、ラブコメに分類して良いのか定かではない。
ちなみにこの作品はパンツを見せまくりでネタが結構な変態チックである。

【感想】

原作も読みながらアニメも鑑賞。

よしこはルックスもスタイルも悪くないのに、
どれだけ下着姿を晒してもサービスになっていないのが、
作品のカラーを象徴しています。

リアルでアホアホ言われる子は周りの玩具にされながらも深く傷ついていたり、
よしこみたいに人の気持ちが解らないモンスターは、イジメる側に位置している。
それが現実なのですが、よしこは作中で、最強のアホとして君臨しています。
彼女は決して弱者ではなく、何を言われても自分に都合のいい解釈しかしない図々しさであり、
周りからどう思われてるか全く気づいて無くメンタルが最強。
実は勉強以外はなんでも出来るというハイスペックというトンデモキャラ。
むしろ、よしこに迷惑かけられっぱなしの周りが不憫に思えたりして、
それを笑い飛ばせるかで、面白いと思えるかどうかが変わったりしますね。

悪意がなければなにをしてもいいのか?これがイジメ描写であれば不快な気持ちになるのですが、
振り回される側も状況に流されたり欲求に逆らえなかったりの自業自得だったり、
よしこに関わるのを自分から回避すれば良いだけの話で、
あっくん以外は状況を強いられてるわけでもなかったり、
さやか、妹の瑠璃、犬 みたいに強く生きろよ!な目線で見たりするのがいたりですが、
キャラのバランス取りでギャグとして成立するラインをキープしつつ、
作中ではイジメに発展させずに、陰湿なイメージを回避しているのが作風の妙かも?

このアニメの魅力は、キャラのテンションの高さ。
そして、悠木碧(よしこ)と杉田智和(あっくん)の演技に支えられてると言って良いかも。
よしこは邪気のない天真爛漫な無知キャラなのですが、
悪気が無いが故に厄介な存在であり、自分のペースに人を巻き込むという特性。
悠木碧にハイテンションで下品な単語を連呼させる。汚れキャラの演技が面白いです。

実際に巻き込まれる側はたまったものじゃないでしょうが、
被害担当メインのあっくんも性格が良くなくて、
やれやれ系&ツッコミ役で知られる杉田に演じさせることで、
同情をやキャラ負けを回避しているキャスティングの妙か。

あんまり観すぎると、よしこが段々うざくなるという欠点がありますので、
連続視聴はオススメできません。
特に細かいことを考えずに、おバカなキャラを見て笑って満足したい人向けのアニメでした。


これにて、感想を終わります。
読んで下さいまして、ありがとうございました。

投稿 : 2020/04/03
閲覧 : 421
サンキュー:

97

ローズ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

そんなバナナ

いつもテストで0点を取るようなアホな子、花畑よしこ。
今日も幼馴染の阿久津明に絡んでツッコミをされるのであった。

毎回テストは0点。
しかも、勉強する意欲も無し。
周囲の人間も巻き込まれて、頭の悪い行動に……
朱に交われば、という事なのかな^^;

花畑のハイテンションで奇怪な行動を笑いにするのは難しいです。
それを可能にしたのが声優の悠木碧さん。
悠木さんの演技のおかげで迫力のあるギャグ作品に。
実力のある声優さんだと違和感なく視聴できます。

平然と下着姿を晒す。
男湯を覗こうとする。
阿久津の布団に潜り込む、などなど……
アホなオンパレード。
ツッコミ役は大変です。

「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損」
阿波踊りの名言です。
どうせ視聴するのであれば、同じアホになりましょう。
作中のハイテンションなアホな行動・言動について来られるかな?


えっ、私ですか?
当然、アホですよ!


【追記】
バナナはおやつに含まれません。

投稿 : 2020/03/14
閲覧 : 109
サンキュー:

31

ネタバレ

みゆき さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

みんなアホ!それがいい!

主役のよし子ちゃんもあっくんもアホ!

ほかの子たちもアホ!

それがいいとおもうワラ

なやんでるのがアホらしくなってくるから

みんなにも見て欲しいな☆(ゝω・)v

投稿 : 2020/02/21
閲覧 : 81
サンキュー:

8

うぐいす さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

終始ハイテンションなギャグアニメ

ストレートなタイトルで、ある程度物語の予想は出来た。
ただ、始めから最後までハイテンションのまま突っ切るので、一気見すると疲れるかもしれない。
ギャグも面白く主人公演じる悠木碧もキーキーなる事なくバランスが良かった。
さやかが可愛かった。

投稿 : 2020/02/11
閲覧 : 91
サンキュー:

9

ネタバレ

HANIHO さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

おもしろい

おもしろい

投稿 : 2020/02/08
閲覧 : 81
サンキュー:

4

DB さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

笑える回が多かったので私的にはとってもいい作品でした。
テンポもよく、最初はこれは飽きるかなと思ってたけどいろいろなネタで楽しませてくれました。次回作あれば是非みたいと思います。テンション上がりました。

投稿 : 2020/01/03
閲覧 : 100
サンキュー:

7

ヴァッハ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

アホ祭り

タイトルに偽りなし。
流石はドージンワークのヒロユキさん、ギャグに勢いがあって面白い。
もうアホの域越えてますけど。

投稿 : 2019/10/27
閲覧 : 118
サンキュー:

6

ヒロウミ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

おいおい!ショートアニメじゃもったいないぞぉ?

【満足度再評価】2019/7/23
【初投稿】201712/15
アホな女の子たちがひたすら血とヨダレを垂らす物語。

何の準備もなく視聴。ひたすら罵倒とDVに溢れた世界には不思議と笑えるものがある!DV系はちょいちょい拒否反応を起こすのですがこの作品の暴力はまさにギャグ!すんなり受け入れてしまいましたよ。ギャグというよりアホの追求ですかね。究極にアホでヒロイン守りたくなっちゃうよ!と言うより見守りたくなったかな(笑)
この作品の特徴として12分?ぐらいのショートアニメ。それでもキャラクターがちゃんと動いてしっかり映えてるんです。しかもサブキャラ良いじゃん!風紀委員長痴女になれるよ!みんな変態予備軍なアホ!しかもキャラクターデザインが大好きでドアホでヤヤエロなんでもうたまらんよ!まあまあパンツも出てくるしおじさん満足!ってあの手の下着って若く(肌がキレイじゃ)ないと似合わないよねぇ。
それに重ねて声優さんの演技と言うか声質と言うかすごいしっくり来ちゃいましたね。私のオススメキャラは母ちゃん。声優さんの演技と崇高な目的意識から繰り出すアホ行動はまさに神ってる!蛙の子は蛙だよな。
人をバカにしまくり暴力描写が多いのにくだらないアホさにニヤニヤが止まらない。毎話ちょっとしたネタが仕込まれたOPはややウケた!この手のOPかなり好きす。

これってショートアニメの熱量じゃないよな?ってぐらいバランスが良かった作品。秀逸ギャグというより秀逸アホ作品。思わぬ藪からスティックだったぜ!

投稿 : 2019/07/23
閲覧 : 204
サンキュー:

27

ZZZxq38369 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

アホだった。

投稿 : 2019/06/28
閲覧 : 162
サンキュー:

4

ネタバレ

夏候仁 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

何度でも見てしまいます

オープニングからして毎回違うので毎回最初から最後まで見てしまいます。
結構な下ネタがありますが、それでも楽しむことができています。
長く楽しめる作品の一つだと私は思っています。

他のサイトでは、女性を殴りつけるような表現を見て不快に思った。という昭和的な発言が見られました。
現代で言うセクハラに値します。
男だから女を守らなければいけないという時代は終わりました。
女だから泣けば許してもらえるという時代も、かわい子ぶれば大目に見てもらえるという時代もとうに過ぎています。
それを発見できるいい作品だと私は思います。

まあ、テーマはアホさ加減ですが、日常でもあり得そうなことを題材にしており、街に出てみたら、外に出てみたら、学校へと行ってみたらそんなことがあるかもしれないと思えるような表現が多彩に吹き込まれています。
また、そういうボケを使えば味気ない日常に笑いが起きるかもしれないという期待も大いに含まれてきていまして、仲間内で楽しくできるきっかけにもなるのではないかとも思っています。
喜怒哀楽がしっかりと表現されているところも高評価といったところでしょうか。
主人公は突っ込みなので怒が多いですが、しっかりと哀も見れますし、やりこめられる姿を見ていると笑ってしまいます。

私は癖になりリラックスしたいときやたまに笑いたいときにかけ流しています。

アニメと現実の区別位はつきますよね?
つかなかったとしたら病気を疑ってしまうのですが、あくまでも娯楽です。
そこを履き違えないでほしいと私は思います。

投稿 : 2019/06/14
閲覧 : 138
サンキュー:

8

ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

どんな事も全力で楽しまなきゃ、人生もったいないぜ!

原作未読。最終話まで視聴。

1話15分足らずのショートアニメ。
何も考えずに視聴できるドタバタコメディ。

タイトルの「アホガール」とは主人公・よしこのことを指すものと思われるが、実は登場人物のほとんどがアホ。
ここがポイント!

個人的には、よしことギャル3人組の件が面白かった。
あと、近所の小学生と全力で遊ぶよしこもgood。

何と言っても笑えるのは、無駄に(?)贅沢な声優陣。
浪川大輔さんの{netabare}犬{/netabare}は必見!

最後に、{netabare}こんなにも嬉しくないパンチラがあったとは、知らなかった・・・。{/netabare}

投稿 : 2019/06/12
閲覧 : 544
サンキュー:

71

聖剣 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

特権

ちょっとしたme too案件に成り得る作品
フェミニストなら烈火の如く怒り狂いそうなのだが
意外とそういった声が聞こえてこない
ということは
単に視聴者が鈍感なだけなのか?
逆にリテラシーが高く、大人のスルースキルが発動したのか?
うん、
そもそもそこまで過敏になるものじゃないね!w

今回は作品の内容についてではなく
あえて不得手な分野の声優について少しだけ

主人公の「よしこ」の声は悠木碧
私事ではあるが、
はっきりと彼女の声であることを認識したのはこの作品からだ
あのキンッとした高音で濁りのない声質は
替えのきかない人材だと素人目(耳?)にも分かる
俗に言うアニ声という類なのだろうが、嫌な感じはしない
たぶんそれは彼女の携わった役の多彩さ、幅の広さからだろう
素直にスゴいと思わせる声色の持ち主だ

んで、
なぜこの作品だったのか?
悠木碧の代表作として真っ先に挙がるかと言えば
たぶん違うだろう
理由は
コレより先に放送していた作品『幼女戦記』を見ていたから
主人公ターニャ・デグレチャフの音声が私の耳には残っていて、
もしや?と調べたのが知ったきっかけとなる
もちろん、この作品以前に彼女の携わった作品は見ていたが
この2作品だからこそ、自分の中の『悠木碧』が出来上がっている
理由は主役
先行作の主役ターニャのキャラクターは、
冷静というより冷徹、そして時に作為的に幼女らしさを演じるしたたかさに対し
この作品における主役よしこの役柄といったら…

まさに
リアルタイムで見ていたからこそ味わえたこの感覚
キャラ設定の落差を体感できたということは、
醍醐味といって差し支えないくらいに印象的だった
なにより
「追体験できないだろ?」っていう、ちょっとした優越感がとても心地よい

投稿 : 2019/06/09
閲覧 : 139
サンキュー:

15

ネタバレ

ダークフレイムマスオ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

というわけで。またもや暴走ネタぶっこんでいくんでよろしく~w「飲んでないってば~」ヒックゥぷはぁーーw

※本作品は、いせかる、オバロ視聴してないとつまんない妄想ですので興味ない大半の方はスキップしてください。

2019/5/22妄想追記

さて今回は異世界四重奏なる空前絶後の特大おまけアニメを視聴途中にもかかわらず周回重ねてます。というわけで、少佐でもお呼びするとでも思ったか!ぬるいわ小童が!(いかん、音速丸のアレに乗っ取られたw)というわけでくじ引きで誰か読んでみるとしよう!誰が来るのか~な?(できれば中尉来てくれ~い!)
てってれ~♪
「デミウルゴス」
「へ?いやいや。ここはシャルティアかダクネスでしょ!」
「個人の趣味はダメだ~よ。くじはこうせいだ~からね♪」
(お前のそれは突っ込み待ちやろ!)
「あんたの公正は構成のまちがいやろがい!」
「ん?よく聞こえな~いよ♪」
「やかましいわ!さっさと出てこいや~!」

颯爽と眼鏡クイッとと登場w
「愚民は我が前にひれ伏しなさい」
そう来ると思ったわ!暗焔龍の力でアクアとダクネスの力発動しとるわ!
「アンデッドにわしが支配できると思ったか!しかしダクネスの精神がつえーなwちょ、ヤバい、ナニコレwスゲー気持ちいいんですけどーw」
「ふむ。ここはあそこと同じく能力バランスが崩れてますね。では心外ですが下等生物と会話しますか」
「すいません。頼みますから言葉攻めも勘弁してもらえますか?いわれるたびに語尾ににゅとかでてきそうでしゅw」
「では本題に入りましょう。ナザリック地下大墳墓の守護者である私が何故このような場に?」
「くじ引きでろずわーるが呼び出したんですが」
「成程。それはアレですね。」

ダーっ!それはアインズとだけのお約束にしておいてくれw眼鏡クイッじゃねーよ!こいつに説明させると長くなってアインズの世界征服の情報収集になる落ちだろが!よし、ここは揺さぶりかまそう!
「しっかしモモンさんとの茶番は見事でしたね~。もう暴れいんぼう将軍並みでうけたわ~w」
「な、何のことですかね(汗)?しょうがありませんね、では意向に沿い作品について語りますかね。」
してやったぜ~!唯一の弱点ってこれしか思い浮かばないもんな~。将棋の先読みじゃねーしアレで分かりあえるの熟年夫婦でもむずいんだぜ!よーし先手は取れた。ここは、あげつつさらっとぶち込んでみようではないか!
「いや~。守護者の中で唯一無二の知将の存在!アインズさんの思考を15手先迄読む貴方ならこの作品ぐらい0,5秒で瞬殺してくれますよね~wでは、なにかどうぞ!」

(以下デミウルゴスの思考)
ふむ。私もナザリック以外の場所に転移させられあにこれなどというサイトでアニメなどというカルチャーが至高の御方の娯楽に一役買ってることは理解したが1,2万作品見るのはモニター1000台使って同時視聴しても1週間かかりましたがまあそれほどの作品でもあるまいしここは世界征服の為下等生物と友好関係を築いておきましょう。

「まあ稚拙ではございますが私見から申しますとこれはよしこなる天然記念物の絶滅危惧種を愛でる作品であり、同時に悠木碧さんと杉田智和さんの演技力の幅を堪能する作品。つまり私に言わせたいのはアレということですね?」

キタ━(゚∀゚)━!アレ!
って的確過ぎるわwっていうか全部わかってやがるwどないしよ?やっぱここはダクネス!お前に託すぜ!

「ま、まあ流石アレだが、この下等生物の私にも説明してくれないだろうか。できれば蔑む目つきで罵詈雑言で尻尾でいたぶりながらがベストだ!」
って、お前な~!もう笑点以前の茶番やろが~!
この後デミウルゴスが卒なく実行して、わしも語尾ににゅをつけまくったw

おしま~い!(結局なにやりたいんじゃ!とか聞こえな~い♪)

投稿 : 2019/05/22
閲覧 : 209
サンキュー:

26

次の30件を表示

アホガールのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
アホガールのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

アホガールのストーリー・あらすじ

幼なじみのあっくんが大好きで主食はバナナ、とにもかくにもアホすぎる女子高生・花畑よしこ。なんだかんだと面倒見がいい、と思いきやそうでもない、よしこの幼なじみ・阿久津明(あくつ・あくる=あっくん)。 そして、よしこに振り回される地味ガール・隅野さやか、あっくんを巡る恋のライバル(?)の風紀委員長など、個性豊かなキャラクターが繰り広げる残念な日々を描く。(TVアニメ動画『アホガール』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2017年夏アニメ
制作会社
ディオメディア
主題歌
≪OP≫angela『全力☆Summer!』≪ED≫上坂すみれ『踊れ!きゅーきょく哲学』

声優・キャラクター

悠木碧、杉田智和、原田彩楓、上坂すみれ、日笠陽子、浪川大輔、八代拓、千本木彩花、佐藤利奈、M・A・O、前田玲奈、井口裕香

スタッフ

原作:ヒロユキ(別冊少年マガジン連載/講談社)、 総監督:草川啓造、監督:玉木慎吾、シリーズ構成:あおしまたかし、キャラクターデザイン:石川雅一、美術:大平司、色彩設計:上村修司、撮影:伊藤康行、編集:小島俊彦、音響監督:本山哲、音楽:吟

このアニメの類似作品

この頃(2017年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ