「ダーリン・イン・ザ・フランキス(TVアニメ動画)」

総合得点
83.1
感想・評価
955
棚に入れた
4122
ランキング
278
★★★★☆ 3.7 (955)
物語
3.5
作画
3.9
声優
3.8
音楽
3.7
キャラ
3.7
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ダーリン・イン・ザ・フランキスの感想・評価はどうでしたか?

Hatomy さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

序盤は食いついたのですが

一話視聴し、これは楽しみ
と 自分の中では とても食いつきました

ロボットを見て
「綺麗」と思ったのは
初めてかもしれません

ですが
中盤から 思った方向とは違う感じになり

期待していた分ちょっと的からそれていき
サービス回なのかなと思う
まったり水着回があり
少しずつノッていた気持ちが下がってしまいました

終わり方はなんと言ったらいいのか...

悪くはないとは思うのですが
...

投稿 : 2021/06/21
閲覧 : 27
サンキュー:

0

ネタバレ

アニメ量減らしたい さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

キャラ〇、映像〇、ラスト△

【2020年10月~】24話

パラサイト(パイロット)の子供たちの葛藤、友情、恋、成長を描きながら、「叫竜」という怪物と闘う王道ロボアニメ。

キャラクターはみんな良く、特に女の子たちが可愛い。
映像も綺麗で、ラスト付近までのストーリーもGOOD!

24話のボリュームに少し胃もたれはするものの、おもしろく見れた。

{netabare}
【ヒロ×ゼロツーの出会い】
・二人でストレリチアに二人で乗り高戦績を残す。
・ヒロ復帰テストにイチゴと乗るも×
・ゼロツーとミツルが出撃するもミツルぼろぼろ「ゼロツーと3回乗ると死」の噂にビビる

【13都市と26都市のキッシング】マグマ燃料受け渡し
・大量の叫竜襲来 13部隊うまく戦えない(経験不足)
・ヒロ×ゼロツー(3回目の出撃) 鬼強だがヒロの体限界
・13都市は最重要特別監視都市に認定
 ゼロツーとストレリチアは13部隊所属となり、ヒロ正式にパートナーに

【休暇~喧嘩】
・海で休暇(水着サービス回)
・廃墟となった昔の人類の町を探索
・男VS女の喧嘩勃発 (操縦中に男子がHな目で見た!)

【勲章授与~ガーデン】13部隊の戦績が評価
・ゾロメがはぐれて、オトナの家でお世話に。 オトナ=幸せに疑問
・ミツル×イクノのコネクト値が激下→パートナーシャッフル
・ガーデン(コドモ育成施設)みんなの故郷で幼少期の話
・ゼロツー不安定に→戦いの中ヒロに記憶が流れ込む 幼い頃に会っていた
・ゼロツーをAPE直属の親衛隊『9’s』所属に戻す命令

【グランパレス攻略戦~】
・叫竜の一大拠点を多部隊でたたく
・13都市は壊滅、13部隊は家で待機→コドモ達だけで生活
・ミツルとココロの結婚式→オトナ部隊が突入
・フランクス博士の過去

【グランパレス防衛~エンディング】
・地下に眠る叫竜兵器で決着を狙う
・ストレリチアが叫竜の姫に乗っ取られる
・真の敵登場 VIRM ←オトナ代表の数名は宇宙からの侵略者で、叫竜はもともとこいつらと戦っていた?
・舞台は宇宙に
・ヒロ×ゼロツー ストレリチアと完全に同化しはるか宇宙のVIRMを倒しに行く
・残ったコドモたちは自分たちで1から生きていく

叫竜の姫ぐらいまではとても良かったが・・・最後急に話が大きくなりすぎて残念。真の敵の登場はいいが、宇宙のはるかかなたじゃなくていいんじゃない?
ラストももうちょい丁寧なハッピーエンドなら良かったな。

{/netabare}

投稿 : 2021/05/21
閲覧 : 82
サンキュー:

6

ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

エヴァが大の苦手の私にも、合う作品なのでしょうか?

最終話まで視聴しました。

【視聴前に・・・】
TRIGGERとA-1 Picturesの共同制作オリジナルアニメーション。
キルラキルとリトルウィッチアカデミアでお馴染みのTRIGGER作品ですからね。
見逃す手は有りませんよね?

とはいえ・・・。
以前、別の作品のレビューでも書きましたが、私はロボアニメが苦手です。

2足歩行の意味が分からない。(足にダメージ食らったらお終いだよね?)
手に武器を持つ意味が分からない。(そもそも、腕はともかく手の必要性ってありますか?)
顔が存在する意味が分からない。(逆に、顔が必要な理由ってありますか?)

あと、主人公が『ウジウジ』、『グズグズ』系も大の苦手です。

そんな私は、エヴァが大の苦手です。(笑)
さて、そんな私に、本作は合うでしょうか?

【全話視聴後の感想】
終盤の盛り上がりは異常でしたね。
予想を大きく裏切る展開って、やっぱり良いですね。

だけど、ここに至るまでが長い。
本当に長い。長かった・・・。
きっと、途中で挫折された方も多かったんじゃないでしょうか?

かくいう私も、途中で何度挫折しそうになったことか(笑)。
{netabare}ヒロやゼロツーが何かを決断すると、いちいち突っかかるイチゴたち・・・。{/netabare}
こんな場面が何度も繰り返される。
こういう展開は、正直苦手なんですよね・・・。

あと、最終回は、これで良かったのか???
第23話の終わり方があまりにも綺麗だったので、少し拍子抜けというか・・・。
{netabare}主人公であるヒロとゼロツーが何かを決断する度に、突っかかってばかりだった面々の幸福を描かれてもねぇ?
感情移入が難しいと思いませんか?{/netabare}
とても複雑な感情を抱いてしまった、最終回でした。

ところで・・・。
上記の通り、私はロボアニメが苦手です。
簡潔に言うと、ロボットに顔や手が必要な理由がよく分からないからです。
しかし、この作品に関しては、顔や手が必要な理由がありましたねぇ。
第23話の『ストレリチア・真・アパス』の姿!
なるほど。これなら顔や手は必要かなと・・・(笑)。
結構シリアスな回なんですけど、まさか、吹き出す羽目になるとは!


【以下は各話のレビュー的な「何か」です】(笑)
{netabare}
【第1話】
フランクスという人型ロボット兵器を、男の子と女の子のペアが操縦し、叫竜と呼ばれる巨大生命体と戦う話のようだ。
{netabare}「ゼロツー」と呼ばれる叫竜の血を引く少女と、主人公・「ヒロ」がペアで乗り込んだ機が完全体になったらしい。{/netabare}
落ちこぼれた主人公が、実は最強だったという、ありきたりな第1話。
ゼロツーのキャラが可愛い。

【第2話】
第1話から気になっていたのだが、主人公の少年は他の少年達と折り合いが悪いらしい。
{netabare}イチゴちゃん・・・。報われなかったねぇ・・・。チョット可哀想・・・。{/netabare}

しかし、『二足歩行のロボ』と『四つん這いで操縦席にいる女性陣』の関係性が意味不明。
『エッチな感じにしたかったんだろうなぁ』
他に理由が分かる人、いらっしゃいますか?

とにかく、主人公の『ウジウジ・グズグズ』な展開だけは避けて欲しいところ・・・。

【第3話】
おおっ!いい感じに{netabare}少年たちが{/netabare}やられていく。
第1話から、フラグ立ちまくりだったからなぁ。
こうじゃないと主人公が報われない。
{netabare}ミツルは死んだか?(笑)
身の程知らずの自業自得なんだから全く同情できない。
きっと、この先も同情する必要は無いと思われる自爆行為。{/netabare}
男の嫉妬ほど醜いものはないと再確認。

{netabare}ヒロ+ゼロツー=上官が認めてくれない
ゴロー+イチゴ=イチゴがゼロツーにヤキモチ中。
ゾロメ+ミク=何だかんだで良い感じ
フトシ+ココロ=ここも良い感じ
ミツル+イクノ=もう修復不可能でしょ!あれだけ言われたら・・・。{/netabare}

【第4話】
なんだ、ミツル{netabare}生きてんじゃん{/netabare}(笑)

再び叫竜の襲来。
{netabare}やはりカマセの少年たちは、しょせんカマセだった(笑)
早々にピンチを迎える。

大人たちに連れていかれるゼロツー。
『行かないでくれ!ゼロツー!』
『俺をストレリチアに載せてくれ!』
再びコンビを組んだヒロ+ゼロツーで敵を圧倒!{/netabare}

【第5話】
キッシング=2つのプランテーションが合体し、燃料の受け渡しをすること。
同時に多くの叫竜を呼び寄せてしまうらしい。

ヒロとゼロツーがイチャイチャ。
フトシとココロが早速「あ~ん」はウケた(笑)。

{netabare}イチゴが不機嫌。
そして、ヒロの体調不良を知ったゴローも・・・。

ラスト。ヒロの身体に異常が・・・。{/netabare}

【第6話】
う~ん、第6話の内容を分かりやすく言うと・・・。
{netabare}「カマセ1号ズ」が「カマセ2号ズ」の連携攻撃に驚き、
「カマセ2号ズ」が抜かれた叫竜を、「カマセ1号ズ」が何とかかんとか撃破していたら、
待ちきれなくなったヒロとゼロツーが飛び出して敵を一蹴して、「カマセ2号ズ」に怒られて、
ラスボスが変形して巨大化したら、「カマセ2号ズ」は圧倒された挙句、馬鹿にしていた「カマセ1号ズ」に救われる始末。
「カマセ1号ズ」は、自分たちの立場をわきまえ、「縁の下の力持ちズ」に昇格。
そしてヒロとゼロツーが・・・。{/netabare}
おおっ!我ながら完璧な解説だ(笑)←(なんのこっちゃ)
実際には、もう一波乱あるんだけど・・・。

ヒロ+ゼロツーが絶体絶命になったところで『来週に続く』なんて展開もありそうなものなんだろうけど、あえてそういう安っぽい演出をしない本作は、『とてもとても高評価』です。

【第7話】
これは、テコ入れ回なのか?サービス回なのか?

ヒロとゼロツーと、「縁の下の力持ちズ」の距離が一気に縮まったのか?
それとも・・・?

【第8話】
まさかのテコ入れ&サービス回その2(?)
ひょんなことから男性陣と女性陣が小競り合い。
最終的にはゼロツーが引っ掻き回して・・・。

前回に引き続き、ヒロとゼロツーと、「縁の下の力持ちズ」の距離が一気に縮まった回。

【第9話】
ここにきて三角関係ね・・・。
この手の話を引きずられると、物語の軸足を見失いそうなんだけど・・・。

【第10話】
ほほう!ここにきて新たな展開かな?
詳細については語られなかったが、ゾロメが見聞きした話は、非常に興味深い話だった。
今後、重要な意味を持つ回かもしれない。

【第11話】
パートナーシャッフル。

ミツルのヒロに対する嫉妬にも似た感情は、{netabare}裏切られたと感じ{/netabare}ていたためなのか・・・。

イクノがミツルを冷静に責める。
3話で色々あったしね。当然だね。
むしろ、3話のあとで普通にコンビを組んでいたことが不思議なくらいだったからね。

今回は「縁の下の力持ちズ」中心の話。
正直、退屈。
ミツルのグダグダ話とか、フトシの恋愛感情とか、この期に及んで誰が興味あるんだ?

幼少時の薬の投与とかヒロに至っては記憶をいじられているってこと?
なんか、キナ臭い話になっちゃったな。

【第12話】
気になる話のオンパレードの回。

明らかにイラつくゼロツー。
しかし、大人たちのゼロツーに対する扱いの悪さが気になる。

検査のために、ヒロたちが育ったプランテーション内の施設へ。
なんだろう?この施設。
「私たちってどこから来たのかな?」
「いまさら何言ってるのよ。パパたちが造ってくれたに決まっているでしょ」???
はぁ?どういうことだ?

ゼロツーは叫竜を殺せば殺すほど人間に近づけると信じている。
そして、ゼロツーはヒロのことを”餌”と呼ぶ。
以前のゼロツーでは考えられないことだ?
どうした?

そしてラスト。
気になる。

【第13話】
ここまで最大の『神回』。
ゼロツーとヒロの過去。
様々な謎が解き明かされる。

そして、ゼロツーの甘い初恋の物語。
なぜ、ゼロツーは人間になりたいのか?
なぜ、ゼロツーは甘いものが好きなのか?
なぜ、ゼロツーはヒロのことを”ダーリン”と呼ぶのか・・・。

絵本「魔物と王子様」の物語。

やはり、ヒロは記憶をイジラレていた。

この世界の大人たちは、完全にイカれている。
後半の物語から目が離せなくなってきた。

【第14話】
ゼロツーも「ヒロ=あの時の王子様」であることを知る。
その上で、ゼロツーはヒロに何か話したいことがあるようだ。
しかし、イチゴがそれを阻止する。

この世界の大人たちは、完全にイカれている。
そんな大人たちに教育を受けてきたイチゴも、大事な何かが欠けている・・・。

{netabare}無事に帰還したヒロを、ゼロツーと会わせないというイチゴ。
それに従う”烏合の衆”。
所詮「縁の下の力持ちズ」なんだ・・・。
でしゃばるとロクなことにならないのに(笑)。

ゼロツーが、どうしてもヒロに会って話がしたいという。
イチゴたちがゼロツーをヒロの部屋に連れて行くと、ヒロがいない。
怒り狂うゼロツー。
ヒロが部屋に戻ると、ゼロツーにゴローたちは倒され、イチゴが胸ぐらを掴まれている。
一番ゼロツーの近くにいたはずのイチゴが、最後にやられているということは、イチゴが怯んだか、他の全員がイチゴを庇ったか・・・。

どちらにしても、イチゴ、少し見損なったな。
自分からゼロツーに”意地悪”しておいて、ゼロツーがキレたら尻込みって・・・。

連れていかれるゼロツー。
それを見送りながら、イチゴがヒロに言う。
「これで良かったんだよ」
はぁ?
「ヒロが私のすべてだった・・・。私、ヒロが好きなの!」
はぁ?
これでは、イチゴは単なるヤキモチでゼロツーとヒロを遠ざけたことになってしまう。
そういう風にしか伝わらない。
これではヒロの心は掴めない。
若いというか何と言うか・・・。{/netabare}

今まで、何度ゼロツーに命を救われたのか?
そもそも、ゼロツーがいなかったら、ヒロはここにはいない。
ゼロツーは、イチゴたちにとって、いくら感謝してもし足りない存在ではなかったのか?

まともそうに見えるイチゴも、何かが欠けている存在。
それがよく分かる一話だった。

【第15話】
「縁の下の力持ちズ」が調子に乗っている。
嫌な予感しかしない。

ゼロツーの暴走に、案の定、イチゴは・・・。
イチゴの気持ちが分からない訳じゃないけど、チョットいいカッコし過ぎ。
誰のせいでこんなことになったのか?
まさか忘れたとは言わせない!
所詮、ヒロインでは無かったということで(笑)

ヒロが駆けつけると、ゼロツーの角が・・・。
ヒロとゼロツーの心が通じる。

心地良い展開。
超王道的な展開。
イイじゃないですか!

ラストの超展開は一体?
この世界の大人たちって一体?

【第16話】
次の指令まで待機中。すでに1か月経過しているらしい。
色々あったけど、ゼロツーもすっかり馴染んでいる。

ココロがミツルとキス・・・。
この人たちにとって『パートナー』とは恋人の事?
11話の「パートナーシャッフル」ってこういうこと?
しかし、フトシは割り切れていない様子。

”プチ”サービス回でもある。

【第17話】
ヒロの額にはツノらしき物が・・・。

ヒロたちの元にナインズがやってくる。
そんな時、ココロが1冊の本を落としてしまう。
{netabare}「初めての出産」{/netabare}というタイトルの本。
この世界の子供たちは、”パパ”によって作られたものとして教えられているはず・・・。

ナナさんとハチさんが言う。
「こんなテストは終わりにすべき」
この”テスト”こそが、ヒロたち第13部隊が孤立無援状態だった理由らしい。

そんな時、ナナさんにも異常が・・・。

大人たちが言う『叫竜の姫』とは何者?

【第18話】
ミツルとココロが結婚することに。
ヒロたちは全員で、手作りで結婚式を執り行う。
しかし、そこへ『パパ』の手が伸びる。

連れ去られたミツルとココロ。
何十日も経って、ミツルとココロがみんなの元に帰ってくる。
しかし、ミツルとココロは記憶を操作されていた。

【第19話】
博士の過去の話。
七賢人について。
そして、『叫竜の姫』・・・。

謎の多くが明かされ、私の頭には新たな疑問が生まれた19話。
重要な回である事には変わりない。

今後、どういう方向に向かって行くのか?
これが、今の、最大の関心事。

【第20話】
ナナさんが別人に?

『叫竜の姫』がヒロとストレリチアを強奪。

叫竜={netabare}叫竜人が造りだした生体兵器。雌雄2体の叫竜人から出来ている。{/netabare}
フランクス={netabare}叫竜を、遺伝子的に近しい人間が使えるようにした物。{/netabare}

侵略者『VIRM』。
叫竜は侵略者から地球を守るために戦っていた。

{netabare}七賢人の中に侵略者が混じっていた?{/netabare}

【第21話】
侵略者が仕掛けたプログラムによって、ストレリチアは巨大な爆弾に!

戦う相手を見失ってしまう「縁の下の力持ちズ」。
もう、上からの指示は無い。
自分たちで考える以外に方法はない。

{netabare}叫竜の姫は唯一の叫竜の生き残り。
ゼロツーは、叫竜の姫の複製。
ナインズは、ゼロツーのクローン。
ゼロツーとナインズの違いは、叫竜の意を引き継いだか否か。{/netabare}
次々と明かされる衝撃の事実。

ヒロとの約束を守るため、ゼロツーはヒロの元へと向かう。
そしてストレリチアは・・・。

【第22話】
侵略者『VIRM』を撃退したヒロたち。
パパたちのいなくなった世界で、残された者たちの生きていくための戦いが続いていた。
必死に畑と作るゴローたち。

そんな中、ゼロツーは廃人のような姿に。
そして、ココロは妊娠・・・。

博士の指示で、ナナとハチがヒロたちの元へ。
ゴローたちの助けとなるために・・・。

そんな中、ヒロはゼロツーが廃人のようになった原因を突き止める。
ゼロツーの心は、ストレリチアとともに、宇宙で侵略者と戦い続けていたのだ。

ゼロツーの心の元へと旅立つ決意をするヒロ。

とまあ、ここまでの物語は上手いと思いましたよ。
ちょっと疑問に感じたのは、ヒロとゴローのイザコザ・・・。
イチゴといい、ミツルといい、そして今回のゴローといい・・・。
ヒロが何かを決断すると、いちいちヒロに突っかかる。
本当に、少しずつ”何か”が欠けている子らの物語。

ラスト。
ゼロツーを助けるために、ヒロは宇宙へ。
そして、イチゴやゴローたち、ナインズ、ナナさんも、一緒に宇宙へと旅立つ。

全てにケリをつけるために。

【第23話】
いやぁ、圧巻でしたねぇ。「縁の下の力持ちズ」
最後まで、自分たちの役割を分かっている。
ナインズも、他もみんなも頑張っている。
ヒロのため、ゼロツーのため・・・。

しかし、ストレリチア・真・アパスの姿はあれで良いのか?
ここまできて、まさか吹き出す羽目になるとは(笑)。

さすがのタイトル回。
最終回かと思ってしまった。(時期的にもね)

【第24話】
なぜか、前話の終わり方があまりにも綺麗だったので、少し残念な最終回だった気がします。

ヒロとゼロツーの終わり方は、これで良いとしても、『縁の下の力持ちズ』の終わり方は???
{netabare}主人公であるヒロとゼロツーが何かを決断する度に、突っかかってばかりだった面々の幸福を描かれてもねぇ?
感情移入が難しいと思いませんか?{/netabare}

もの凄く、複雑な心境で視聴を終えることになってしまいました。

{/netabare}

投稿 : 2021/05/01
閲覧 : 713
サンキュー:

81

ウェスタンガール さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

幼年期は終わらず

童話とは良いものだ。
それは民間伝承の語り部であり、人と人、人と社会の関係を、世代を超えて伝える方舟の役割を果し続けてきたものだ。
人間の持つ根源的な感情に訴えかけ、無意識のうちに、その人の言動を律する力、共感の源となるのである。

ダーリン・イン・ザ・フランキス

それは、“硬派”で鳴らす TRIGGER 流展開はそのままに、A-1 Pictures からスピンオフした CloverWorks が持つ、いわゆる“軟派”なテイストを加味したラブストーリー、愛すべき“おとぎ話”である。

我々はそこに、先達が残した数多くの作品へのオマージュを感じるはずだ。

筆頭に挙げるべきは、児童文学の金字塔である浜田廣介の『泣いた赤鬼』である。人と仲良くなりたい赤鬼とそれを助ける青鬼の物語は、多くの人の心に残っているはずだ。

或いは、題名そのままに、『フランケンシュタインの花嫁』であろうか。
ティム・バートンの作品を紐解くまでもなく、この作品の持つテーマ、異なるものへの恐れが引き起こす悲劇は洋の東西を問わない。

また、世界観や舞台設定や道具立てにも、それらは見て取れる。

海外のSF作品から多くの影響を受けた手塚治虫の『火の鳥』、宮崎駿の『風の谷のナウシカ』、近くは、怪獣大好きのギレルモ・デル・トロ、『パシフィック・リム』へのリスペクトが感じられる。

しかし、そこには決定的な違いがある。
並列のイェーガー、直列のフランクスなのだ(^^。

心ときめく素晴らしい造形に乾杯である。

目の表情が印象的であったガドガードの鉄鋼人やトップをねらえ2のバスターマシンとはまた別の魅力がフランクスにはある。
鉄腕アトムの直系ともいうべき“やわらかさ”が、そして搭乗者の表情が映し出された姿が何ともチャーミングなのだ。

しかし、ロボットバトルは付け足しに過ぎない。
メインは“第13部隊”、思春期を迎えた10名の少年少女がくり広げる“愛”の形、命のゆらぎを感じ取る作品なのである。

それは生きることの意味。
サブヒロインである“イチゴ”の言葉を借りるなら、面倒くささの積み重ね。苦しみや悲しみをさらけ出し、泣いたり笑ったり、そして誰かを好きになること。

さらには、性スペクトラム、連続する表現型としての雌雄の問題や、延長された子供である大人の問題までもが扱われておりテーマ性も抜群だ。

そして、だからこそ、一人として必要のないキャラは存在しないのである。これこそがこの作品の最も評価されるべき点かもしれない。

誤解を恐れずに言うならば、かつて煮詰まり、鍋の底に張り付いてしまったガイナックスの亡霊への答えがここにあると言っても良いのではないだろうか。

そう、地球幼年期は終わらず。

投稿 : 2021/04/27
閲覧 : 100
サンキュー:

15

ツアラーV さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

アクションロボアニメかと思ったら深い愛の物語だった

序盤はアクションロボアニメしてる感じだったんですが、急に7話でお色気回が来たので求めてるのと違うと思いそこで切ろうかと正直思いました。それでも我慢してもう少しだけ観てみると気づいたのがこのアニメは愛の物語でした。
初めはアクションロボアニメを期待して見始めましたが愛や命、人間の葛藤など考えさせられるメッセージ性を感じたので最終的には良い作品だと思いました。
ただこのアニメには微妙な所がある。それは何かというとメカデザイン。メカデザインに大切な厨二感が薄いと思いました。

投稿 : 2021/04/14
閲覧 : 132
サンキュー:

3

サイサイ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

前半と後半の温度差に耐えられるなら

まあまあ面白かったけど、主人公は掴みどころがないし、とにかく話が初回と最終回見比べたら同じ作品とは思えないww

色々中途半端だなという印象

機体の顔がコメディっぽいのもなんかなーと思ってたら、最後はもうそれでいいのか?wwwっていうデザインでごめんなさい、笑いました

投稿 : 2021/03/22
閲覧 : 348
サンキュー:

3

じゅなじゅな さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ロボアニってのは

ロボ系アニメってのはどうしてこんなにも物語に引き込まれる程
内容の深い素敵な世界なんだろう・・・。

鳥肌立つし、泣けるし、微笑ましいし
きっと、このアニメを見終える事で、あなたは素敵な時間を過ごせたなと思えるはずです。

BGMも最高です。

投稿 : 2021/03/04
閲覧 : 95
サンキュー:

3

ayme さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

考えさせられます

「生」とは何か。「死」とは何か。
「子供」とは何か。「大人」とは何か。
そして「 愛 」とは何か。
色々なことを考えさせられるアニメだと思いました

何も知らないコドモたちが愛などについて葛藤して
いく姿にとても感動し、考えさせられます。
また、燃料を掘りおこし、自然が牙を剥くという現在に何か通ずるところがあり、これもまた考えさせられます。

キャラクターの一人一人にも考えがあり、そのひとつひとつに人間味があり親近感が湧きます。

もっともっと評価されるべき作品だと思います。
アニメが好きなら絶対にみるべき作品です。
本当に感動する作品でした。

投稿 : 2021/02/23
閲覧 : 56
サンキュー:

2

ネタバレ

ウィラード さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

様々な作品から上手い形で利用した作品

最初のエピソードがまあ約束のネバーランドみたいなシーンだなと思った
ただネバーランドと違って最初から自分達のする事分かってるから

その後は、世界観と設定での展開続く
最初の段階が約束のネバーランド
途中がエウレカセブン
終盤がグレンラガン
って感じだと思った

その要素展開雰囲気を上手く
オリジナルストーリーに組み込んだ感じ

投稿 : 2021/02/23
閲覧 : 184
サンキュー:

2

セシウス さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 1.5 音楽 : 4.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

色々ユニークな作品

 一言で言えば人類の進化・破滅・再生を、コドモと呼ばれる人造の少年少女たちの戦いと葛藤を通じて描いたストーリーです。
 設定が色々と凝っていて、その世界観が示される序盤は特におもしろいです。
 生殖を捨て不老不死になったオトナを守るために創られたコドモは巨大ロボに乗って戦いますが、男女ペアでないとうまく操縦できないという設定も皮肉がきいていて面白いです。ロボは基本的に女性パイロットとリンクされていてその表情がそのまま表現される、というのもユニークだと思いました。

 地球には人類の他にもう一種類知的生命体がいて、メインヒロインはその一人であり、主人公と色々と絡むのですがとても魅力的に描かれています。一方主人公はメンタルの弱いひ弱な少年で、ただメインヒロインが好きで一緒に行動しているだけの存在ですが、その行動がエンディングで大きな成果につながります。
 結局のところ登場人物は好きな相手をただ追っかけて、失った生殖能力を取り戻して人類再生、というストーリーで後半ややがっかりしました。「好きな相手を追いかける」のはこの作品世界ではレアな行動なのでしょうが、見てる側からするとそのレアさが伝わりにくかったです。

 登場人物たちの感情は細かく描写されていて、それぞれ感情移入しやすくなってはいますが、印象に強く残るキャラはメインヒロイン以外は少ないです。また、サブヒロインの声優さんの話し方が「o」を「a」寄りで発音するのでとても気になりました。セリフの量が多いので最後まで聞いててかなり辛かったです。
泣き虫主人公(この作品のコドモは皆本当によく泣きますが)の声もあまり好きになれませんでした。

 メカのデザインはちょっと個性的にすぎる感じですが、全体的に戦闘シーンはキレイだと思いました。BGMのレベルもOP/ED共に高いと思います。

 変わった設定のSF作品を見てみたい方におすすめです。「ピンク髪鬼娘」と聞いて興味を引かれる人も是非。

投稿 : 2021/02/01
閲覧 : 94
サンキュー:

3

とまと さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

世界観は好み

ところどころ、突飛な展開。もう少し背景があれば良かった。

投稿 : 2020/12/23
閲覧 : 76
サンキュー:

3

ネタバレ

茅野愛衣さんを応援! さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

反ジェンダー、反LGBTの主張は支持するがあまりにエヴァに似すぎ…

エヴァスタッフだった摩砂雪・岡村天斎・今石洋之が参加、3DCGはカラー協力のロボットアニメ。
なので当然エヴァに似てる。19話の過去回などを見てるとまんまエヴァに感じる。終盤はトップをねらえ!の方に似てるけど。監督もそうだがGAINAX出身者がロボアニメを作るとトップかエヴァにしかならないんだろう。
逆に言えばエヴァみたいなアニメを探してる人には最適と言える。

ロボデザインは同じコヤマシゲトのトップをねらえ!2のキャトフヴァンディスを流用している。
ロボのエロい操縦方法やロボの顔に表情があるのは最初は抵抗を感じるが、設定的に必然性はあってそのうち慣れる。
特にフランクスの操縦方法がセックスのメタファなのは面白い。ヒロと上手くいかなかったイチゴのヘタクソ発言や、レズのイクノがイチゴと接続したがったり等、話に面白みが出せてると思う。

というか、このアニメはロボアニメじゃなくて恋愛青春群像劇だろう。後半はロボットで戦うシーンは少ない。
恋愛描写については失恋したイチゴがふっきれるのが早すぎると思う。岡田麿里ならもっとぐじぐじさせるだろう。

この作品が最も優れる点は反トランスジェンダー、反LGBTを訴えていることだ。
テーマは男と女が愛し合う人間賛歌、「性の否定への否定」である。これは昨今の国家滅亡を企むフェミ左翼が跋扈する日本においては快挙と言える。
性を否定するオトナたちや男女両方でコネクトできるナインズは、まさにホモを賛美し出産叩きをして日本人を地上から抹殺しようとするフェミ左翼の権化であり、彼らが敗れていく様は痛快でしかなかった。
ブスで結婚できない行き遅れの糞フェミ共がこのアニメを見たら、家長父制だの男根主義だの保守反動だの産めよ増やせよだのとほざくことだろう。

20話から突然宇宙が舞台の話になる展開が致命的と言われるが、これより説明ができてないオリアニもたくさんあるのでマシな方だと思う。その分終盤が説明セリフびっしりになってるけど。
全話を通してゼロツーの成長と13部隊との絆という軸がぶれなかったので作品として破綻はしてない。群像劇としては人間関係が嫌な方向に進まないのでそこは評価できる。

結論としては放送中は20話の展開で酷評されていたが、私は総じて良い作品だったと思う。エヴァもどきだがエヴァのような意味不明さは極力無くそうという姿勢は感じられた。

各話感想
1話
荒川アンダーザブリッジのニノじゃんw
戸松遥の声合ってないように感じる。中性的すぎ。
エヴァそっくりやな。監督がガイナの人だけどエヴァはやってないんだよな。

2話
イチゴはありがちなツンデレキャラだよなあ。
石上静香って演じる役が極端だよな。
ゼーレもどきw
トップをねらえ2のキャトフヴァンディス。
男の方がパートナーに好意を持ってないと動かない?
ヘタクソw

3話
こいつらは恋愛という概念を知らんのだな。
女が生理だと出られない?
ゾロメとミクは相性バッチリやな。

4話
イチゴは立ち直れるのか…。
ストレリチアがガンダムで他がガンキャノン・ガンタンクだね。
青い血はもろエヴァ感あるな…はい絵コンテ摩砂雪さん。
結果オーライすぎるやろ。
この辺は放送中絶賛されてたんやな…。

5話
ヒロに死亡フラグ立ちまくってるな。
フトシの件はオチを知ってるからアレだな…。
イチゴよりゴローの方が正妻だな。
いよいよ一大会戦か。
ヒロがめっちゃ主人公してるな。

6話
エロいけど残念作画。
叫竜がなんなのかはちゃんとわかるのだろうか…。
まともに戦えるのはイチゴ&ゴローだけか。
エヴァみたいなセリフw
ヒロが復活できた理由は説明されるのだろうか…。
カヲル君登場?

7話
日常回&水着回か。
ゴローはやはりイチゴ好きなのか。
なぜゼロツーはビキニではないのか。
ここは日本なのか。語尾が全部か。
使ってる文字は日本語じゃないんだよな?
ゼロツーのイチゴへの態度が嫌だよな。

8話
いきなりエロw
誰得ギャグ回かな。
食事や洗濯やってるのが見えないのは謎だな。
女子が投げるものが尽きないのも謎。

9話
W三角関係回か。
ナイス判断。
ゴローがリーダーの方がええのは確か。
割りとあっさりと告白したな。

10話
ゴロー回の次はゾロメ回か。
セントラルドグマ。
住人はみんな年寄りなのか?
フェミの理想の世界やな。テクノライズの地上も思い出す。

11話
ミツル回か。
ココロの結末知ってるからひでえと思ってしまう。
elixirsは深い意味はないのか。
水銀体温計は今は使わないから未来にあるのはおかしい。
フトシンゴwww痩せろ!
百合コンビでも起動しろよー。
まず痩せろwwwwwwwwwww
キングスライムか。
勝ち確定BGM。

12話
カヲル君もどき。
ナオミは実は死んでんじゃねえの。

13話
フランクス博士も鬼畜よな。
結局ねずみ食っちまったのか。
ゼロツーの血をなめたから…。
絵本の私を放さないでねの後が大赦検閲済。

14話
後半でもOPは同じか。
リンゴの皮むきが下手すぎる。
ゼロツーはイチゴに弱い…。
イチゴ肉食すぎw
イチゴ勝算ゼロやで…。

15話
イチゴは正妻戦争に勝った気でいるのか…これは痛い。
9sは男女が逆の場合もあるのか。
量産機で出るのはロボット物主人公のお約束。
接続できたのは迷いがなくなったからか。
これも敵が人間だったオチなの?
もうエヴァ臭を隠す気ないな。

16話
OP映像変わったか。
ゼロツー性格まるくなりすぎやろw
白髪とか嫌な伏線だな。
でた短命設定。
これが最後の日常回かな。
また現代が舞台のEDか。

17話
なにイチャイチャしとんねん。
ココアと青山ブルーマウンテンが出会った。
ココロはエロすぎるだろw
結局全員日本語が読めるのか。
ココロが凄くエロい事を話しているのを自覚してないのがエロいなw
イクノはレズだからナインズ側じゃないの?←やはりそうだった…
セックス描写はもうちょっと欲しいな。

18話
フトシ、漢だな。
やはりレズだったのかイクノ。
またゼーレみたいなこと言ってる。

19話
2025年ってあと5年しかないやん。
フランクス博士若い頃はイケメンやった。
ますますエヴァっぽくなってきたな。
フトシは漢やなあ。
いやこれまんまエヴァやん。
フランクスは叫竜を元に作っているというのがわかりにくい。←この時はわざとぼかしてる。
ゼロツーはくぎゅ声の女王001のクローンなのか。

20話
つわり。
この状況に対してまだ手を打ってあるとは。
カヲル君みたいなこと言ってる。
今更叫竜人が乗ってたと言っても…てか01だけじゃねえの?
01以外の叫竜人はダミープラグみたいなもん?
これが叩かれたいきなり宇宙人との戦いになる展開か…。
VIRMはなんでいままで黙って見てたの?ってみんな思うよね…。
パタたちがVIRMの内通者だったというオチ。
VIRMはスターエンティティを利用するか破壊するために黙って見てた?

21話
幼年期の終りオマージュか。
あやねるがー!
博士は戻らなくていいのか?

22話
その後の話を3話もやるのか?
ゆゆゆ1期ラストを思い出すな。
後は叫竜頼みとは。

23話
トップをねらえ!になってきた。
真アパスはトップをねらえ!2のノノだなw

24話
でたガイナ立ちwwwwwwww
コドモの老化はイクノが解決したで強引に済ませたか。
ゾロメとミクは恋愛の関係ではなかったのか。
転生ENDでした。

投稿 : 2020/12/13
閲覧 : 263
サンキュー:

4

横比較無用ノ介 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

あえて万人受けしないものを作るという挑戦

ゼロツ―とヒロを軸にロボット達の戦いが展開されるが、描かれる世界は想像を超える。
少年たちの物語に性を連想する表現が出てくることに、違和感を覚える人もいるだろう。
その違和感が、この物語の大きなテーマにつながっていく。
人間の本当の幸せとは何か、激しい戦いの末、少年たちは答えを見つけ出す。
ロボットが出てくるSFで、生命の営みをテーマにする試み。熱意が伝わってくる。
挑戦には、賛否両論はつきもの。
今後も批判を恐れず、様々な挑戦を期待する。

投稿 : 2020/12/10
閲覧 : 168
サンキュー:

4

MELTINA さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

人生で一番泣いた

評価がかなり別れる作品ですが、この作品は客観的に見ることが出来ず評価は甘々です。
今まで観てきたドラマ/映画/アニメの中で干物になってしまいそうなくらい泣きました。

SF作品で時代背景や設定など現在と全然違いますが、過去の辛い恋愛経験に重なって見えてしまう部分がとても多く、個人的に見るのがすごく辛い作品でした。
私の中では特別な作品です。

さて、この作品は4つのテーマにパート分けされていると思います。
①ヒロとゼロツーが結ばれるまで
②ヒロの記憶の復活&叫竜人の過去とヴィルムとの因縁
③「オトナ」の存在が消えた世界でコドモたちが本来の人間らしさを取り戻していく過程
④ヒロ&ゼロツーとヴィルムの最終決戦&比翼連理をテーマにした輪廻転生と新たなる始まり。

ココ以外でも15話以降からの話の展開への不満のような声をよく見かけますが、テーマの切り替わりに付いて行けてない人が大半を占めているように感じます。

あと、フランクス搭乗時の着座姿勢についてエロさをのたまうう人もよく見かけますがその大半が♂なのがなんとも。。。
女性は四つん這いで男性の着座位置は一段高く1Mは距離がある訳ですが、これに性的なモノを感じるってどれだけ欲求が不満しているんだろうw

投稿 : 2020/11/25
閲覧 : 241
サンキュー:

2

ネタバレ

みつぽん さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

先代生命と現生命と侵略者の壮大なお話

戦争半分人間愛が半分良く描かれてます

侵略者に裏から支配された世界で先代生命と現生命の壮絶な戦争状態

先代生命は地下で強大な力をため込み侵略者を排除できるだけの兵器を準備

終盤で先代生命と現生命が愛の力で協力して侵略者を追い出し

母星まで行って破壊します

目を離せないほどラストは感動的に終わります

そして最後の最後に魂転生した男の子女の子で再開で疑似ハッピーエンド

愛と壮大感でとっても良かったです

評価85点

投稿 : 2020/10/09
閲覧 : 132
サンキュー:

1

ネタバレ

ナイアガラ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 1.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

トリガーなぁ…

1話で、ヒロインが主人公をなめたところで、
拒否反応出たけど、パートナーとの別れのシーンが素敵だったから
区切りの良い6話目まで頑張れた。

なんで6話で断念したのか

①性的描写がうっとうしい、なんかしょうもない下ネタをずっと見せられてる感覚
萌えアニメが持てはやされる昨今に対してのアンチテーゼなんだろうけど、
そんなんいらんよ…

②ロボが結局いつものトリガー。
どんなに壊れても、破壊されても、情熱で全部のメカが復活、問題なし。
わかり切ってるから壊されても何も緊張感がない。ちなみに人間も同じ。
ケガとか何も関係ない。根性でなにも無かった事になる。キルラキルも、
グレンラガンも同じ。
『あー潰されてるねー、どうせ、どうせ、復活すんだろ。終わり。』
って感じ

もちろんね、どうせ主人公が勝つのはわかってることだよ?
でもさ
そこの勝ち方じゃん?リアリティの持たせ方じゃん?

『右腕と、メインカメラがやられても、まだ!」みたいなところがさ
ロボットもの醍醐味じゃない?

初代ガンダムが頭部が無い状態で勝ったように

パトレイバーの最終戦で
性能的に劣るアルフォンスが
グリフォンにロープを巻き付けた事で、
状況的にも警察的にも、勝利を確定させたように、

ガルガンティアで、チェインバーが人格を持ち、
主人公を守る為に全ての武器を失っても、
機械としての自分を投げ打つことで勝利したように…

そもそもさロボットっていう科学的な根拠を持たせて
ストーリーを作ってる、疑似科学の確固たる根拠や見せ方が必須。
なぜなら、自分が感じたように、物語内のリアリティさえも損なうから。


もちろん、熱血あればなんでもあり、みたいなジャンルが好かれるのも
わかる。
それでも、整合性は持たせなければいけない。
しかもそれを序盤に提示しないと、わだかまりが
視聴者に残ったまま見続けることになる。

例えば
エヴァなら、第一話でエヴァ自体が魂を持っている事を
「シンジが搭乗してない状態でシンジを守る為動く」ことで、
提示している。
Gガンダムなら初めから、世界観(体全身で動かしたり、
そもそも科学的説明は一切省いている)、リアルなガンダムと違う事が
わかるように情報をちりばめ、設定している。

こういう、説得力を持たせる、丁寧な作り込みが見られない。
重ねて言うが、説得力=科学的根拠ではない、
その物語における整合性と説得力だ。

整合性が欠けている顕著なシーンとして

手にパスコードの様なものを埋められる技術力があるのに
手を合わせるだけで通れるガバガバセキュリティ。
これは
「ダンスをしている様に二人が手を取り合うことで、
ルールや、困難を乗り越えていく事を暗示」を描きたい為に、
設定をないがしろにしているシーンだ。
このシーンを見て、たいていの視聴者は
「セキュリティガバガバやんけ」って感じたのではないか?
こういう雑なシーンが沢山出てくるのだ。

追加で言えば
主人公が覚醒する間際に見る、ゼロツーの首が折れてる様なシルエット、
実際は首が折れてる様な事態にはなってない。
ショッキングに描きたいから、そう描いて、そこの整合性は無視している。

こんな風にいっぱいある。いっぱい。

あんな潰れ方したパートナーに対しての、リアクションも
めちゃくちゃ薄い。感情抑制する訓練でも受けてるのか?てレベル。※ゾロメでわかるように、全くそんなことはない。結局生きてるし。

リアリティの薄いロボット、バトル、
最終的に宇宙規模とか概念が敵になり、
感情の高ぶりと情熱で全てを解決。
これがトリガーのオリジナルアニメ、ずっと一緒。
グレンラガンとキルラキルでもうお腹いっぱい。
飽きちゃった。
ハラハラドキドキするのが馬鹿らしくなって
真剣に見るのが馬鹿らしくなって
見る事自体が馬鹿らしくなった。


追加で言うなら、
このコヤマシゲトさんのロボットのデザインがめちゃくちゃ好みと合わない。1シルエットがダサい、2色がダサい、3、しかもオリジナリティが無い。
永野護大好きな自分としては、全く受け付けないデザインだ。
あとヒロイン。このゼロツーみたいな記号の塊みたいな、魅力もなにも無いありふれたキャラクターがかわいいってキモオタの性質はよくわからん…。デザインガーというなら、それは好き嫌いなので何も言うことはないけど、こんなビジネスキャラに魅力を感じるとは…

投稿 : 2020/09/07
閲覧 : 337
サンキュー:

7

ネタバレ

ノベル【旧ルーク】 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

これは正真正銘の神アニメである

このアニメは18話ぐらいまでは、正直面白すぎた
みんなが言うように、そのあとがしっかりと頑張れば、このアニメはアニメ界の伝説の作品になるほどのポテンシャルがありました。ですが、後半のお話も、辻褄、違和感とかをよほど気にしない限りは、かなり面白いので、安心してこの作品を見てほしい。 絶対に後悔しないです。
ちなみに最後はあれで完璧だったと思う

叫竜人とかなんちゃらがでてすぐにビルムが出てきたあそこは若干、ん?とおもったぐらいでしたかね【ここがマイナス要素ぐらい】
少し切ない気がしますが、終わり方が良かったですね

投稿 : 2020/08/15
閲覧 : 564
サンキュー:

13

ストックトン さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

観始めたときは面白かったんだけど。
物語の設定は面白かったし、そこに絡んでくる
キャラクターも良かった。

でもなんか無理やりな感じのエロい演出とかが、
なんだか観ててちょっと違和感が凄かった。

ロボットの戦闘シーンも、なんかイマイチすぎる気がする。

迫力も薄くて、あまりカッコいい感じはしなかったかも。

若い主人公達が現状の世界で生きていくストーリーや
もともと概念のなかった恋愛観なんかは面白かったんだけど。

途中からなんか魅力的なストーリーではなくなってきてた気がして、
盛り下がっていってしまった。

投稿 : 2020/08/13
閲覧 : 198
サンキュー:

2

ネタバレ

akasa79 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 1.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

24話まで視聴済み。駄作でしたー

イチゴ目的で見たんだけどだんだんゼロツーにも好意を持ててきたね。ほんの少しだけ百合もあって満足した。百合内容は置いといてイチゴへの百合だったから充分満足。

問題は結末。結末前まではまぁまぁ良かった。ただ結末が最悪だわ。なんかいい感じにしてるけどバットエンドなんだよ。主人公単純に死んでるやん。
それに盛り上げ方が1期と被ってんのよ。さらになんかよく分からんパワーで最後決着つくし。はっきり言って駄作。まぁロボットアニメはこんなもんか。

投稿 : 2020/08/13
閲覧 : 324
サンキュー:

1

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

また宇宙からの敵かあ・・・

 ロボットものをベースに思春期の少年少女達を描いた作品。
 本作でのロボットであるフランクスだが、少年と少女を繋ぐ存在であり、更にその搭乗姿勢
などから、「性的メタファーなのかな?」という印象。会話で「下手くそ」だの、「不能」だのと
いった性行為を想起させるようなやり取りは恐らく狙ってのものなんだろうな。
 フランクスに関しては女性的デザインの上に顔に目や口が現れてくる点など、ロボットと言っても
あまりメカっぽくない。そういう点ではピスティルであるヒロインがそのまま巨大化したような
印象。

 ロボットものとしては戦闘シーンにカッコいい部分があったりするが、総じてはキャラクター
ドラマのための舞台装置に留まってしまった感じ。
 本作に限らず、キャラクタードラマに重点を置いたためにロボットの扱いが軽くなってしまった
作品は少なからずあるが、個人的には「何故ロボットものにしたのか?」の意義を見出しにくい。
 今でも語られるようなロボットものの作品はキャラクタードラマもロボットのいずれもおざなりに
なっていなかったと思うんだけど。

 少年少女達のドラマ部分は結構楽しめたが、ただ終わってみると多くのキャラの様々な要素を
出し過ぎて、それらを描ききれなかったという印象もある。
 これは「ヒロとゼロツーの物語とそれに次ぐミツルとココロの物語に尺を取りすぎたためかな」と
いう気がする。
 ヒロ、ゼロツーにイチゴ、ゴローを加えた四角関係の部分、ミツルとココロに対するフトシの
心情、イクノのイチゴへの感情、ゾロメのオトナやパパへの思い、あるいは9'sやナナとハチの
物語など、事象自体は描かれたが、それぞれの心情描写などは希薄でただ出しただけみたいな感じで
終わってしまったみたい。
 逆にヒロとゼロツーの関係性は時間を使った割には衝突して、和解しての繰り返しでいささか
単調に感じた。
 個人的にはヒロとゼロツーの物語に特化してもっと練り直し、その分他のキャラのドラマ的要素を
減らすか、あるいはヒロとゼロツーの描写を他のキャラよりちょっと目立つ程度に留めて、他の
キャラクタードラマを強めた群像劇にするかにした方が良かったような気がした。

 ミツル、ココロ、フトシに関してはテレビ放映時には「寝取られ」といった言葉も飛び交い、
ココロに対する非難も上がっていたが、おそらく当初はAPEが決定したパートナー関係に対して、
自身の感情に従ってパートナーを選択するという行為は、後の第13都市部隊のパラサイト全体が
自身の選択で行動していくようになることを考えても、その先駆けという点で結構大きな意味を
持っていたように思える。
 ミツルとココロに関しては後に恋愛関係に発展していくわけだが、最初はココロの思春期における
性への関心の向けやすい位置にいたのがたまたまミツルだったという感も。

 第13都市部隊のパラサイトに関しては男性はいい子だが受動的だったり、精神的に
幼かったりで、話を動かしていたり、印象が強かったりしたのは女性の方。
 中でもゼロツーとイチゴのメインヒロイン二人に尽きるかな。この二人は色々な点で対照的
だったり、ヒロを巡るライバル関係だったりで、特に印象に残る。
 このヒロイン達が歌うED曲に関して、数曲あったが、いずれもアイドルポップスといった
感じで、少年少女の青春ものには相応しい印象。

 設定や世界観は正直なところ既視感ありまくりだったが、これも少年少女達を描くための
舞台装置と割り切って、そこにあまり重きを置いてなかったのかな。
 それでもストーリー展開自体はそう悪いものではなかったが、終盤においてVIRMと呼ばれる
宇宙からの侵略者が登場すると困惑と同時に、「そう言えばTRIGGERが制作に関わっていたな」と
いう思いが。
 敵の存在がとんでもないインフレ現象を起こしていくところなどは同じTRIGGERの
「キルラキル」やTRIGGERスタッフのガイナックス在籍時の「天元突破グレンラガン」も同じ。
 ただ、これらの作品は最初から勢いで持っていくような感じだったので、
「それはそれでありかな」と思ったりもするが、序盤から少年少女の鬱々とした人間ドラマを描いた
作品が終盤でいきなり宇宙からの・・・となると、さすがに違和感を禁じ得ない。

2018/07/23
2020/05/24 追記
2020/08/02 誤字修正

投稿 : 2020/08/02
閲覧 : 351
サンキュー:

10

ネタバレ

saitama さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

dアニメに新たに出てきたので観てみた…。うん、デジャブ感が酷い

遠い未来、人類文明がある意味荒廃していて、なぜか世界は子どもたちが守る設定。

まあ、エヴァと思えば、まんまだな…。ほんとにまんま。

男女が組んだ状態でロボットに乗ると。男女の関係性がそのまま強さにも繋がるわけか。

そこは違った形の、うる星やつらだな…。

設定は色々こだわっているし、過去作品のどこかで観た部分を満載することで、物語としてはうまく進んでいるような…。過去作品をたくさん見ていなければ楽しめるかと。さまざまな部分、本当に細かい部分まで、過去アニメを徹底的に研究して要素引き出しまくり…。それを楽しむなら…。

それとも、エヴァみたいに、このアニメ放送時に中学生くらいの子に観てもらえれば、けっこうハマる方なのかな…。

正直、過去作品を沢山見てきた人ほど、パクリだらけでドン引きしかない…。

画は好き嫌い分かれる。個人的にはまるで好みではない…。しょぼいし。

ストーリーもどんどん別方向に進むし、結局、男女関係を描くだけであって、最初の設定とか、世界観はどうでも良かったのでは?

新しい世界を見ているようなクリエイティブ感はない。一切無い。というか、なさ過ぎる。あらゆる過去作品から要素引き出しまくった学生が作ったコンテスト入賞作品をプロが仕上げて一流のように見せかけている。という印象。

なんだろうなぁ、この作品で、こんな演出、画作り、脚本、色々と自分たちに仕事させたら、こんな能力ありますよと、売り込みするための営業ツールを見せられている感じ。制作会社にとってはメリットあるんじゃないかな…。

という訳で、作品を観たという印象はない。勉強だけできる人がうまく作ったパクリの集大成。ここに才能はない。

投稿 : 2020/07/31
閲覧 : 141
サンキュー:

3

hinazuki さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

途中までは素晴らしい

オトナたちを守る為に戦い、
それが全てなコドモたち。

世界の秘密。

ストーリーとキャラ設定は
個性もあって良いと感じました。

個人的に気になるのは
メカニックデザイン。致命的に感じる…。

また、途中からの失速感が否めません。
それも経て、良いラストがある訳ですが…。

ヒロインはとても素敵で魅力的でしたが、
別作品、エウレカセブンのアネモネと重なりました。

細かいところを気にせず、
主人公とヒロインの恋物語として見ることを
お勧めします。

中々心に染みます。

投稿 : 2020/07/16
閲覧 : 243
サンキュー:

5

やまと さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

途中までは90点くらいあったよ

ダーリンインザフランキス
個人的満足度70点
ジャンル ロボット 恋愛??

なんていうかワンクール目15話くらいまではすごくよかったんですよね。
ロボットプラスえちえちみたいな感じでどちらかというと恋愛がメイン?みたいなかんじなので
ロボット苦手でも見やすかった。
巨竜とたたかう??みたいなかんじでパートナーと一緒にたたかって、みたいな。。

けれど16話からいきなりサバイバル生活がはじまっていつのまにか宇宙戦争みたいになって視聴者をおいてけぼりにされてた…
なんてこった…

しかしエンディングはトリカゴという神曲で作画もキャラデザもめちゃめちゃよかったし物語以外は完璧だったので最後まで見れた

投稿 : 2020/07/16
閲覧 : 251
サンキュー:

7

cbr19880 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

泣けたし、良かったよ。

色々うまくいかないんだけど・・・それでもいいのだよ。と思えた。
純粋さが眩しい!! みんなの幸せを祈れました。
あんまり、深く考えないで見たのが良かった。
人を想う強さ的な事が強く残り、気持ちよかったです。

みんな見てください!!

投稿 : 2020/07/14
閲覧 : 198
サンキュー:

7

ネタバレ

フィリップ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

男と女

環境汚染が進み、土地が荒廃した終末的な世界。
人類は万能なマグマ燃料に頼り、地上移動要塞都市の
プランテーションと呼ばれる街で暮らしていた。
しかし、突然、巨大生命体である叫竜が
現れるようになり、コドモの男女1組で起動できる
フランクスというロボットで対抗していた。
主人公のヒロは、ある日、鬼の女の子のゼロツーと出会い、
一緒にフランクスに乗って叫竜と戦うことになる。

アニメーション製作:TRIGGER・A-1 Pictures、
監督:錦織敦史、シリーズ構成:錦織敦史、林直孝、
キャラクターデザイン:田中将賀

個人的には、視聴中に評価が乱高下する作品だった。
回によっては感動的な話もあったし、
雑といえる設定や人間関係にうんざりすることもあった。

そもそも始まりから「オマージュ」というよりは
「コラージュ」と言ってしまえるほど
過去作を引用した設定のオンパレード。
世界観からロボットのデザイン、呼び名に至るまで
徹底的に引っ張り出している。

ロボットの造形は、「STAR DRIVER」にそっくりで、
物語の世界観はエヴァに似通っている。
「ダーリン」と「鬼」というのは、うる星やつらだし、
各キャラの関係性は、これまでの岡田磨里作品と酷似している。
新海誠を彷彿とさせるところもある。
なんとなく観ていると、そういう既視感や共通項ばかりが
目についてしまう。

ただ、ヒロとゼロツー、ミツルとココロに視点を置けば、
分かりやすく収斂していくようなストーリーになっている。
SF要素や背景、群像劇についても、
全て、この2組のカップルを補うための
要素でしかない気がする。

{netabare} ヒロとゼロツーの関係性が明らかになった13話から
物語は心象風景の世界へとシフトしていく。
「まものと王子様」という絵本をイメージさせながら、
ふたりの心の交流が中心になっていくのだ。

ここからは上手く物語が紡がれていき、
ひとつの方向性で落ち着いたように感じた。
作中絵本の展開も『MONSTER』などで
使い古された感はあるものの
デザインや物語がしっかり作り込まれていて、
一定の世界観を構築している。
ヒロとゼロツーのつながりが強固になっていくさまを
絵本の物語を通じて感じられるとても良い演出だった。

そして、ミツルとココロによって、
この世界でタブーとされていた
生殖が描かれたのも大きなテーマのひとつ。
男と女が存在し、その繋がりが
未来に向けた力になっていく。
現在の日本に対するメッセージでもある。
安っぽいと感じる人もいるだろうが、
私はこの2組のカップルを話の中心に据えたのは、
良かったのではないかと思っている。
物語の序盤から中国の伝説上の生物である
「比翼の鳥」によって、男女のつながりを
繰り返しイメージさせた。
男女の関係性を描く部分は、とても力が入っていて、
話に引き込まれることが多かった。

叫竜との戦いからVIRMとの争いに移行して、
スターエンティティが、ストレリチア・アパス、
ストレリチア・真・アパスに変貌していくさまは、
超展開といえるが、個人的には驚きと楽しさがあった。
進化にはいつもヒロとゼロツーの
心のつながりが重要なポイントになっていて、
そこではカタルシスを感じさせてくれた。
また、地球からゼロツーの入れ物だけを残して
旅立っていくのも個人的には好きなアイデアだった。 {/netabare}

永遠の時間が続く凪のような快楽。
限りある時間内での燃え上がるような煌めき。
どちらがより幸せな生き方なのだろうか。
作品のテーマは、今の時代をよく反映している。

音楽はエンディングや挿入歌を
レコード大賞・作曲賞の受賞経験もある
杉山勝彦が担当しており、物語の躍動感を増幅させる
良質な歌謡曲を聞かせてくれた。
これは作品の質を一段引き上げたといえるほど、
良い仕事をしていると思う。

色々な欠点があるものの、それを補って余りあるだけの
作り手のこだわりや執念が滲み出ている。
2クール分を存分にやり切り、
心に確実に何かを残してくれた作品だった。
(2018年7月14日初投稿)

投稿 : 2020/06/27
閲覧 : 997
サンキュー:

74

M氏 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:----

キャラクターが魅力的

物語の構成が上手い。続きが凄く気になるし内容も深い。最近ご都合主義のキモいハーレムアニメばっかで萎えてたがこれは以外と現実的な要素があったので見やすかった。なによりキャラ一人一人の個性が強くて複雑に絡む人間ドラマが魅力的。綺麗な部分だけじゃなく汚い部分も描いていて素晴らしかった。ロボット系無理な自分でも見れた。最後賛否両論あるがあれでよかったと思う。多分最後あのままハッピーエンドには出来なかったんじゃないかな。
とりあえず他にいないヒロインだった。

投稿 : 2020/06/26
閲覧 : 178
サンキュー:

5

久遠 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 1.5 状態:----

タイトルなし

内容的には面白いが、イマイチハマらなかった。キャラに魅力がないのかな?とりあえずフトシが可哀想。序盤はまあまあだったが、中頃はそこそこ楽しめた。終盤はお察し。うーん、本当に微妙な作品だなぁ。個人的に、フトシが告白した直後にペア解消してミツルと組み、妊娠するココロはいただけない。妊娠させるミツルもミツルだけど。ちょっと胸糞。こいつらは嫌い。多分、そこがハマらなかった要因だと思う。何が言いたいかというとフトシが可哀想。

投稿 : 2020/06/24
閲覧 : 124
サンキュー:

2

あきお さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ロボットの乗り方がエロすぎる

女の子のお尻を男の子が操縦するような姿勢で、触ると女の子が感じているような声を出すし…
エロいアニメなのかと思ったのですが、エロいのは初めだけである意味期待はずれでした。

ロボットアニメはあまり見ないのですが、ロボットに目があるのって普通ですか? 子供向けアニメのようでシリアスな展開が台無しのような気がするのですが…

主役2人のラブストーリーは感動しました。
余計なところを省いて1クールで良かったかも。

投稿 : 2020/06/22
閲覧 : 176
サンキュー:

3

ネタバレ

佐藤くん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

15話までは良作、そっからはグレンラガンの劣化パクリ

 本作は惜しい作品です。trigger、A-1 Picturesという人気アニメ会社の共同制作、「エヴァンゲリオン」「トップをねらえ2!」などの有名スタッフが名を連ね、2クールという最近のオリジナルでは珍しい長尺と期待値は非常に高かった。更には巨大ロボ、世界の危機、ミステリアスでちょっとエッチなヒロインと属性てんこ盛りで考察要素もあるいかにも面白そうなアニメです。

 しかし、だからこそ私は15話以降の展開に落胆せざるを得ませんでした。ガイナックス制作の名作「天元突破グレンラガン」を見たことがある人ならそのストーリーがほぼ丸パクリである事が分かるでしょう。triggerはガイナックスからの独立会社なので、オマージュという線もありますし、実際スタッフにも同じ人が居ますが、完全に劣化版でしかないためただただ不快です。

 また本作のテーマとして思春期の心の動きも重要なテーマです。戦うためだけに生み出された彼らは大人から隔絶され、情報統制された中でもお互いの関係性から少しずつながら次第に成長していく…そう思っていた時期が私にもありました。実際にはそもそも仲の悪くなかった彼らに不和が生まれ、成長するのかと思えばそういうわけでもない。特に性差の問題に深く切り込みを入れそうだった(そういう伏線が多数あった)イクノは殆ど触れられないまま終わったのは今でも許せません。とにかく無駄なキャラクターが多く(9'sとか何だったんだ…)無駄な話が多い(思わせぶりなだけの伏線を張る)のが目に余ります。

 そろそろ褒めるべきところを挙げましょう。
 第一にキャラが可愛いです。作画が良いのもありますしキャラデザも相まって非常に魅力的です。特に負けヒロイン好きの私的にイチゴは最高でした。
 第二に13話は名作と言っても良いです。演出や今まで積み上げてきた伏線もあって割と感動できます。恐らく他の厳しい意見の人も13話は評価しているでしょう。
 第三にロボアニメであることです。近年ガンダムくらいしかロボアニメが無いので、ジャンル自体を活性化する目的としてもロボアニメを作るのは良い試みだと言えます。(褒めるとこそんなのでいいのか)

 総括です。私が本作に辛口な理由は素晴らしいスタッフが多数いるにも関わらず、名作のパッチワークでしかなかった事にあります。あまり多くアニメを見ていない人なら楽しめるかも知れませんが、大抵どっかで見た展開の連続、ウケを狙っただけの駄作という評価になるのは仕方がないかと。期待値が高かったのも要因の一つでしょう。せめて、15話をラストに持ってきて、1クールで収めれば名作程度には慣れたかも知れません。

投稿 : 2020/05/19
閲覧 : 287
サンキュー:

5

yosshi____ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

んー、微妙、

途中までは面白かった。
途中からはどうした?ってくらい失速し、ありがちな展開で終わってしまったのが、残念だった。

投稿 : 2020/05/06
閲覧 : 258
サンキュー:

2

次の30件を表示

ダーリン・イン・ザ・フランキスのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ダーリン・イン・ザ・フランキスのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ダーリン・イン・ザ・フランキスのストーリー・あらすじ

遠い未来。人類が荒廃した地上で生き抜くために作り上げた巨大移動要塞都市では、名前のないコドモたちが戦うことだけを教え込まれながら、毎日を過ごしていた。コドモたちの1人であるヒロは、角が生えた謎の少女ゼロツーとの出会いを機に彼女のパートナーとなり、命を懸けた戦いに身を投じることとなる。(TVアニメ動画『ダーリン・イン・ザ・フランキス』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2018年冬アニメ
制作会社
トリガー / A-1 Pictures
主題歌
≪OP≫中島美嘉『KISS OF DEATH』≪ED≫XX:me(キス・ミー)『トリカゴ』

声優・キャラクター

上村祐翔、戸松遥、梅原裕一郎、市ノ瀬加那、田村睦心、山下七海、後藤ヒロキ、早見沙織、市川蒼、石上静香、小西克幸、井上麻里奈、堀内賢雄

スタッフ

監督:錦織敦史、副監督:赤井俊文、シリーズ構成:錦織敦史/林直孝、キャラクターデザイン・総作画監督:田中将賀、メカニックデザイン:コヤマシゲト、アクション監修:今石洋之、ミストルティンデザイン:中村章子、叫竜デザイン:岩崎将大、美術設定:塩澤良憲、美術監督:平柳悟、色彩設計:中島和子、3Dディレクター:釣井省吾/雲藤隆太、3DCG:スタジオカラー/A-1 Pictures、モニターグラフィックス:座間香代子、撮影監督:佐久間悠也、音楽:橘麻美、音響監督:はたしょう二、編集:三嶋章紀

このアニメの類似作品

この頃(2018年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ