当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「ヤマノススメ サードシーズン(TVアニメ動画)」

総合得点
76.3
感想・評価
385
棚に入れた
1476
ランキング
712
★★★★☆ 3.8 (385)
物語
3.6
作画
3.8
声優
3.9
音楽
3.7
キャラ
3.9

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ヤマノススメ サードシーズンの感想・評価はどうでしたか?

太郎 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

人間ドラマにシフト?

2期までと違って登山の要素が減り、日常パートが増えた印象。その分、人間ドラマに重きを置いている。もちろん面白さは維持できていて、キャラクターや脚本といった基本的なベースのレベルの高さを感じる。個人的にアルバイト回(ケーキ回)が神回。
ただ、たびたび出てくるここなの貧乏描写や、終盤のひなたの重いエピソードが強いので、全体的になんとなく暗い印象がある。
作画や演出といった見せる部分に関してのクオリティは高く安定していて、これは2期までと同じ。ただ、2期までとは作画が少し変わっているのが少し気になった。
言うまでもなくアニメとしてのクオリティは総じて高い良作です。

投稿 : 2023/03/15
閲覧 : 88
サンキュー:

7

ネタバレ

タイラーオースティン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

重苦しい展開もあるけど、最後は心晴れやかになります

1期、2期と山登りに関するノウハウやエピソード中心だったのに対して、この3期は日常生活での主人公のあおいと親友のひなたとのすれ違いが目立っていた印象でしたね。

当初は高所恐怖症で内向的でぼっちで趣味に没頭していたあおいが山登りを通して成長していき、友人も増えて外交的になっていったのは良かったですが、ひなたとのすれ違うようになっていったのは勿論のこと、親友だったあおいが自分から離れてしまうとの思いがひなたの嫉妬のような心情になったとも思います。

日常系ながら、1期からは想像つかないほどの重苦しい展開が続くものの、最終的に仲直りした時はホッとしたと言いますか、それまで淀んでいた心が晴れやかになった感がありました。

勿論、登山のレパートリーも増え、ますます聖地巡りで賑わうだろうなぁと感じましたね。

投稿 : 2022/12/14
閲覧 : 126
サンキュー:

12

nyaro さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

嫉妬と友情、世界の広がり。完成度が高いストーリーでした。

 前からヒロイン2人は相性が良くないです。すれ違いが1つの大きな軸のシーズンでしした。性格的にいえばあおいちゃんが悩んでいたようなところで、ひなたちゃんが嫉妬するのがなんとも言えませんでした。ともすればひなたちゃんはウザいだけのキャラだったのが、やっと内面が見えてきました。

 そして友情と表裏ですけど、あおいちゃんのボッチの性格についてがもう1つの大きなテーマの軸になっています。これが山登り、アルバイトと世界が広がるところがいいですね。コーヒーなども「広がり」という点では非常に象徴的でした。
 あおいちゃんの世界が広がっているのを、いつものメンバーでなく新しい友達やバイト仲間から指摘されるのもなかなかいい感じにジーンときました。
「スーパーカブ」にもちょっとテーマが似ていますが、小熊ちゃんほどあおいちゃんに主体性が無い感じ…というか主体性がやっと出てきた感じです。

 その他のストーリーも、恥ずかしさやモチベーションなどの心の奥の問題をクローズアップしていました。ですので決して癒し系とはいえません。でも、やっぱり視聴後感のカタルシスはこういうストレスから生まれますので満足度が高いです。

 また本作のいいところは、靴、カメラ(フィルム・ポラ)、コーヒー、お土産、タオルなど小物の使いかたが上手いです。特にフィルム写真などはアナログ至上主義ということではなく、一期一会的な瞬間の美学のようなものすら感じました。

 やっぱり、本作、本シリーズは全体的にレベルが高いですね。面白さでは2期でしたけど、完成度という点ではひなたちゃんの心理描写と小物の使いかたの上手さで3期の方が高い気がします。とてもいい話でした。

投稿 : 2022/11/18
閲覧 : 184
サンキュー:

9

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

登山を経ての日常生活

 原作は未読。
 前作ががっちり登山をメインに描いていたのに対して、本作は主人公の雪村 あおいを
中心とする日常生活中心。
 クラスメイトであるみお、ゆり、かすみとの交流や、洋菓子店「すすき」のアルバイトなど、
内向的だったあおいが登山をするようになってから、いかに変わっていったかを
描いているようで、そういう意味では登山そのものの描写ではなくとも、登山とは無関係では
ないような内容。
 この新たな交流によりキャラは賑やかになっていった感じ。

 このあおいの世界が広がっていくのに比例して、親友の倉上 ひなたとのすれ違いと、
それに伴うよそよそしくなっていく二人の関係性がキャラクタードラマとしてのメインと
いった感じ。
 内向的だったキャラが何かをきっかけに次第に積極的になっていくと、それまでそのキャラを
引っ張っていたキャラがなんとなく面白くないという展開は他作品でもよく見られるもので、
多くの作品では再び仲良くなることにより、より強固な関係性を築くことで解決することが
多いが、本作もそんな感じで、前作終盤の二人の約束を果たした後の関係性構築という意味でも、
二人の成長が見て取れる展開。
 ただ、このギスギス状態が割と長々と描かれるので全体的にはあまり楽しい雰囲気はなく、
日常系作品としては「どうなんだろう?」という感もある。

2022/11/13

投稿 : 2022/11/13
閲覧 : 110
サンキュー:

4

うおお さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

作画良い

ヤマノススメは独特なかわいい絵柄がぐるんぐるん動くのが見てて楽しいし癒やされる。
キャラクターも3期になって増えてって、話のバリエーションが増えた感じがして面白いですね。
でもひなたあおいの言動が年齢に対して幼く見えるのでちょっとそこが合わなかったかも。

投稿 : 2022/07/17
閲覧 : 125
サンキュー:

3

二足歩行したくない さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ふたつの影ひとつにして

「ヤマノススメ」3期。
過去作同様、一話の長さは短めの15分、ワンクールです。

2期同様、3期でもガッツリとした山に登る、ゆるふわーな雰囲気のかわいいキャラクターに似合わないマッシヴな展開が繰り広げられます。
1期で天覧山、高尾山程度しか行かなかったのが、2期では一気に三ツ峠、更に富士山へ敢行、その後、霧ヶ峰、谷川岳と登りました。
3期ではどこに登るのかと思うと、2期の聖地巡礼で鍛えられたアニオタの太ももがビキビキ鳴りますね。

メインメンバー4人は固定で続投、ただ、大学受験の準備のため、かえでさんの出番は少なめに感じました。
おでこおっぱいメガネ先輩のスポブラ姿ファンにはしょんぼりかもしれません。
2クール終盤で登場したほのかちゃんも本作で引き続き登場しますが、群馬住まいで距離が離れていることもあり、主要人物ではあるものの、メインの4人に加わることはない様子です。
内容としては、過去作以上に"あおひな"で、あおいひなたの二人の距離がぐっと近づくワンクールでした。
今回も視聴しながら「あー、混ざりてぇ」とかつぶやいていたのですが、本作ではヤバいキャラが乱入します。
それが、ほのかちゃんの兄・大樹ですね。
これが女の子だらけのアニメでタブーと言っていいまさかのチャラ男で、レガシィワゴンを操って妹の友達とあわよくば懇ろな仲になろうとするとんでもないやつです。
女の子同士がイチャイチャしているところに挟まりたいとは、私も常々思っていましたが、それを実現しようとするとは、許さんぞ!
と、思って見ていたのですが、これが見た目のチャラさに反したヘタレで、男慣れしていないJK眼の前にして 「カラオケ行こうぜ、うぇ~い」 もせずに1人足湯で待ってるという、なんのために出てきたのかわからないキャラでした。薄い本要員でしょうか。

登る山は本作もきつい山が多く、赤城山に登ったり、瑞牆山から金峰山までテント泊縦走したりします。
また、第2話で実は登山靴を持っていないことが発覚、スニーカーで富士山登頂を目指したのかと仰天しました。
山登り初心者のインドアJKが、スニーカーで富士山に向かうなんて、そんなこと、現実的にあるのだろうか。
富士山なんてガチの人もいっぱい一緒に登ってるので、途中でどこぞのおじさんに叱られて帰らされたりしそうな気がします。
でもぶっちゃけ登山初心者ってそういうのわからないから、普段着でヤバい山に挑んじゃったりするあるあるネタかなとも思いました。

タイトル通りの登山アニメなのですが、なんといってもあおいとひなたのラブラブっぷりがヤバいです。
ディスコミュ系のあおいちゃんが、ひなた抜きで友達の輪に入れることで、なんかつまらない気持ちになったひなたとそれに気づかないあおいのすれ違いがドキドキで、終盤はもうこれ相思相愛で付き合ってることいいんじゃないかと思いました。

2022年放映予定の4期目には、この流れだともう子供ができてるんじゃないかなと思います。
次クールも山に二人の関係に、楽しみですね。

投稿 : 2022/02/05
閲覧 : 183
サンキュー:

4

ネタバレ

やん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

違和感を楽しむ

かわいい女の子たちの山登りなので、面白くないわけはありません。
ここなちゃんの境遇に突っ込んだり、あおいちゃんの微妙な性格とぴったりの声優を楽しむような、カードキャプターさくらに近い楽しみ方も可能です。

投稿 : 2021/10/12
閲覧 : 235
サンキュー:

5

くま さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

会いに行こう──かけがえのないともだちとステキな景色に

今回はあおいとひなたの友情がメインとなっていた。

山のシーンや山へ行くための準備をするシーンがわくわくして好きだけど、あまり無かったのは(靴を買う話は良かった)ちょっぴり残念。

2人の成長を感じるサードシーズンでした!4期も楽しみ!

投稿 : 2021/09/17
閲覧 : 192
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

3期は「ナカナオリノススメ」かな^^

公式のINTRODUCTION
{netabare}
会いに行こう――
かけがえのないともだちと
ステキな景色に

インドア趣味で高所恐怖症のあおいは、
高校入学を機に再会した幼なじみのひなたに振り回されながらも、
登山やアウトドア活動を経験。
あおいはだんだんと登山の楽しさに目覚めていった。
そして彼女たちの季節は夏から秋に――。
登山をきっかけに増えたともだちと、
次はどの山に登ろうかと思いを巡らせるあおい。
目標の「富士山登頂」に向けて体力づくりや、
新たなアウトドア活動への挑戦に積極的になっていくあおいに、
ひなたは心強さを感じつつも……。
笑って、泣いて、登山して……
思いっきり山登りを楽しむ中高生山ガールたちを描いた『ヤマノススメ』。
待望の『サードシーズン』が、いよいよ開山!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:しろ
監督:山本裕介
音響演出・シリーズ構成:山本裕介
キャラクターデザイン・総作画監督:松尾祐輔
脚本:ふでやすかずゆき
美術監督:田尻健一
美術設定:藤井一志
色彩設計:藤木由香里
撮影監督:佐藤洋
音響効果:出雲範子
音楽:yamazo/Tom-H@ck
編集:内田恵
制作会社:エイトビット
{/netabare}
キャスト{netabare}
あおい:井口裕香
ひなた:阿澄佳奈
かえで:日笠陽子
ここな:小倉唯
ほのか:東山奈央
ゆうか:牧野由依
ひかり:儀武ゆう子
みお:七瀬彩夏
ゆり:高尾奏音
かすみ:山本亜衣
{/netabare}


1話ずつの感想

--------------------キリトリ線--------------------

第1話「筑波山で初デート!?」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夏休みが終わり、新学期が始まった。高校1年生のあおいは、夏休みに登った富士山で、幼なじみのひなたがプレゼントしてくれた人形のお礼をしたいと考えていた。アルバイト先の先輩・ひかりからアドバイスをもらったあおいは、ひなたに筑波山への登山を提案する。
{/netabare}
感想
{netabare}
あおいの初デートの相手はひなただったみたいw


背景はたぶん、写真加工アプリを使っててきれい☆
キャラデザとかも前のままみたい^^

今回はほかのメインキャラは顔と名前が出ただけで
あおいとひなたがいっしょに夜の筑波山をのぼるおはなし。。

夜は暗そうだけど、にゃんは昼間より好きかな。。
人があんまりいなさそうだから^^

夜景は絵とか写真だとよく分からないけど
きれいだったみたいで
ひなたもよろこんでくれてよかった☆

帰りはリフトに乗ったんだけど
まわりは夜景を見に来たカップルでいっぱいw


あおいはこんどは前に失敗した富士山に
体力と知識をつけてまた挑戦したい☆彡って思いはじめたみたい^^


OPはかえでとここなも入れて4人だったけど
EDに1人新キャラが出てたけど
仲間がふえるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第2話「登山靴ってすごいの?」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
富士山登山に再チャレンジすることを決意したあおい。だが、山登りの先輩・かえでから、そろそろちゃんとした登山靴を買ってはどうかと勧められる。高額な金額を聞いて尻込みするあおい。放課後、なけなしの貯金を手にしたあおいは、ひなた、かえでと登山用品店へ向かう。
{/netabare}
感想
{netabare}
富士山に再チャレンジしようって思ったら9月なのにもうしまってるって^^
春は4月ごろが1番雪が多いってかえでに言われて
葵は今できることは?って聞いたら体力づくりと
そろそろ登山靴を買ったら?って言われちゃった^^

調べたら、山の気温って100m上がるごとに0.6℃低くなるから
平地より23℃近く低くなるみたい!
それだと、ほんとに真夏にしか登れないよね^^

ってゆうかそんなことも知らないで富士山に登ったあおいって
もっと山のこと勉強しないとそのうち遭難とかしちゃうかも?


あと、登山靴って高いよね!4万円くらいするって^^

なくっても昔の人はぞうりで登ったとか言われても
むかしの人ってバスとかなくってどこに行く時でも歩いてたし
きっと道路も舗装とかされてなかったから
足がすっごく丈夫でごつごつした道とかあるきなれてたのかも?

そう言えば、「3月のライオン」の島田さんとか
ふつうに山に登ってたって言ってたけど
山に登るってゆうか、山で暮らしてるってゆう方があってるのかも?w


足が丈夫だったら靴はぞうりでも大丈夫のかも?w
{/netabare}
{/netabare}
第3話「飯能にアルプス!?」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
富士山登山再挑戦に向けて体力をつけるため、新品の登山靴を履いて「飯能アルプス」踏破をすることにしたあおい。今回はひとりでの登山だ。飯能アルプス最初の山・天覚山を登り始めたころは鼻歌交じりで快調だったあおいの足取り。だが次第にバテてしまい……。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回のおはなしはちょっとこわかった。。

だって、あおいったら1人で知らない山に登るんだもん。。
にゃんだったらとちゅうで道に迷ったらどうしよう?とか
ケガしてうごけなくなったらどうしよう?とか考えてぜったいムリ^^;

おはなし見てたら
この道でいいのかな?とか言いながらどんどん登ってくし
人に会わないって、もしかしてコースから外れてるんじゃない?とか
だんだん心配になってきちゃった^^

ググったらクマとかイノシシとかもいるみたいだし
沢とか歩いてて急に雨がふったらながされたりしないかな?
とか心配がいっぱい^^

1人でだれも来ないところに行って動けなくなったら
誰にもさがしてもらえないし
遭難とかしたときのために、ちゃんとどこに行ったか分かるように
登山の計画とか書いてへやに置いておいたりした方がいいかも?

とか、いろいろ考えちゃったw

でも、そんな誰も来ないところで
たまたま、ここなに会うってすごくない?☆

ここなはいろんなこと知ってて
この山も何回か来たことあるみたいだし
2人になったらきゅうに心配がなくなって、あとは楽しく見れた^^

ここなはカモシカさんに会いに来たって言ってたけど
とちゅうにかわいい看板「へびいるよ」があったりしたってw

そう言えば、前にネットで読んだ記事に、カモシカみたいな足ってゆうけど
ほんとのカモシカって山に住んでるから足ががっちりしてるってw
今回、出てたカモシカさんも足がそんなに長くなかったよね^^

カモシカって漢字で書くと「羚羊」だから
誰かがレイヨウってゆう動物と
ニホンカモシカとカンチガイしたみたいw

あと、レイヨウって足が長いみたく見えるけど
動物って人間だとつま先立ちで歩いてるみたいな感じで
モモに見えるところがモモとふくらはぎだから
足首から下がスゴーく長いだけだって^^

にゃんでもハイヒールはくと足が長く見えるのとおんなじみたいw

そう言えばここながあおいを
「子ノ権現天龍寺」ってゆうお寺につれてってくれたけど
足の神さまをまつってるとかで
大きなぞうりとか大きなハイヒールまで出てたよね^^

あおいは「こんどこそ富士山の1番上までのぼれますように」
ってお祈りしてたけど、にゃんもTVの前でいっしょに
「足が長くなりますように」ってお祈りしちゃった
でも、いつかお賽銭もっていかなくっちゃダメなのかな?w


ユガテって調べたら
盆地で家が2軒立ってて、まわりがお花畑のとってもステキなところみたい♪


あと、あおいのお母さんの作ったお料理がおいしそうだった♪
トマトの赤、小なすの紫、レタスの黄緑それに鳥の照り焼きかな?茶色。。
こんど、あの盛りつけマネしてみようかな?
{/netabare}
{/netabare}
第4話「クラスメイトと遊ぼう!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
10月になり、衣替えの季節。しかしあおいはいまだにクラスに馴染めず、クラスの中に友だちはひなただけだと思っていた。休み時間、ひとりで編み物をしているとき、ふとクラスメイトのみおに話しかけられる。それをきっかけにふたりで話をするうちに、放課後、同じクラスメイトのゆりやかすみ、そしてひなたも一緒にカラオケへ出かけることに。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は新キャラ一気に3人増えたw
タイトルが「カラオケノススメ」になった(ウソw)


あおいは友だちがひなただけって
にゃんは共感してたのに、3人も増えちゃうなんてリア充w

そう言えばにゃんも高校のとき
うしろの席の子くらいとしかほとんどしゃべらなかったかな^^

その子の家にも1回行ったことあるけど
にゃんのニガテなアイドル系の話ばっかりだった^^

カラオケは小さいころ家族で行ったくらいw


こうゆうおはなし見てると友だちっていいなぁとか思っちゃうけど
ずっとボッチだったから
家族以外の誰かといっしょにいるときんちょうしちゃうし
相手のペースに合わせないとって思うから楽しくないし。。

「ゆるキャン△」とか見てるとキャンプ行きたいって思うけど
ホントに冬のキャンプしてみたら死にそうで
もういい!ってなったりする人がいるみたいだけど似てるかも?w

アニメって見てるのがいちばんかも^^
{/netabare}
{/netabare}
第5話「思い出を写そう!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ひなたの父の取材に便乗して、群馬県にあるロックハート城を訪れたあおいとひなた。高尾山で出会った友人のここな、谷川岳の登山で出会い、群馬に住むほのかも一緒だ。城内を散策し、おいしいカレーを食べたり、写真を撮ったりして楽しむ4人。そのうちに『プリンセス体験』の看板を見つけた4人は……。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は「カメラノススメ」で「お前はまだグンマを知らない」だったみたいw
そう言えばここなの声の小倉唯さんってグンマ県出身だって^^

あと、ロックハート城って
「こみっくがーるず」の翼の家にもなってたよね?w

ほのかは写真が趣味だから
4人で写真撮ったりしてると「たまゆら」思い出しちゃう。。^^

プリンセス体験、おもしろそう^^
街の中だったらただのコスプレだけど
本物のお城だからにゃんでも本物のプリンセスになれそう^^


あと、ほのかのお兄さん。。
あんな感じのお兄さんってふつうにいそう^^
{/netabare}
{/netabare}
第6話「コーヒーってなんの味?」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ひなたの家のウッドデッキでお茶をごちそうになっていたあおい。ふとひなたを見ると、コーヒーを飲んでいる。山頂でコーヒーを飲む「山コーヒー」のおいしさを勧められたおあいは、自分もやってみたいと思うものの、コーヒーの苦さがまだ苦手。ひなたと山コーヒーをするために、あおいは豆選び&ドリップの練習を始める。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は「コーヒーノススメ」だったみたい^^

あおいは山コーヒーが飲みたくって
コーヒーのおいしいいれ方の研究して山でコーヒーいれるんだけど
やっぱりニガテ。。ってゆうおはなしで

ひなたからバカにされたくなくってストレートで飲んでたんだけど
ひなたはしっかりミルクを入れて飲んでた。。ってゆうオチ^^


にゃんもコーヒーは好きだし、ちょっと苦くっても大丈夫だけど
豆はあるけどめんどうだからふつうはインスタントw
でも、飲むとおなかが痛くなってきちゃうから
ミルクとかお砂糖多めに入れてカフェオレとか好き^^

コーヒーアイスクリームも好きだけどずっとおんなじ味になっちゃうから
バニラにインスタントコーヒーの粉をふりかけて食べてみたら
トッピングみたくサクサクしててアクセントになっていいみたい^^
ときどき苦いところもあるのもおもしろくっていいよね^^


今回行ったところは「関八州見晴台」で景色がいいところ。。
そんなところで飲むコーヒーっておいしそうだけど
インスタントでいいかな?ってw

あと、高山不動尊って1300年も前からあるってすごいよね^^
そこに寄ったとき、階段でひなたが下を見て「高ぇー!」って言って
「見てみれば?」ってあおいに言ったら「ゼッタイ見ない!」って
それって帰るときどうするのかな?w

そうやってからかったりするひなただけど
あおいがコーヒー飲みすぎで寝不足なの心配して
道具を持ってくれるとか、やさしいよね☆
{/netabare}
{/netabare}
第7話「働かざるもの、登るべからず!?」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ひなたがあおいに、今度の休みに池袋まで遊びに行こうと誘うものの、あおいはアルバイトがあるからと断る。アルバイトの当日、その日はクラスメイトやお母さんの退院祝いを買いに来た女の子など、様々な人たちがやってくるが、あおいは熱心に接客をするのだった。その様子を見たひかりは、あおいの成長に目を細める。
{/netabare}
感想
{netabare}
ケーキ屋さんではたらくあおいと
1人で池袋に遊びに行ったひなたのおはなし^^


ひなたはつい、いないあおいに話しかけて
はずかしい思いとかちょっとさびしい思いしちゃったり。。ってゆう感じ^^
ふつうのアニメだとこうゆうとき、ボーイフレンドほしいな☆彡
とか思うと思うんだけど「ヤマノススメ」はそうゆうのなくってスッキリ^^


あおいはバイトになれてきて
ひかりにもほめられるようになってきたみたい^^


今回のおはなしはモンブランがメインだったみたい?

モンブランが山の名前ってゆうのはにゃんも聞いたことあったけど
フランス語で白い山ってゆうのは知らなかった^^

Mont BlancだからMontがMountainでBlancがブランクで空白だから白かな?
そう言えばブランコってスペイン語で白のことだって聞いたことあったけど
クリームが山肌で粉砂糖が雪でモンブランだったんだね^^

小さい少女が小銭をためて
399円ちょうどのケーキをお母さんのためにって買いに来たところは
あおいが消費税を出してあげるのかな?って思ったら
店長さんがオマケしてくれてよかった^^

そうゆうところ見てあおいも
閉店したあと来たお客さんを呼び止めてわざわざお店をあけてあげたけど
娘が好きなショートケーキがないってゆうお母さんに
娘が好きなのは山登りって聞いてモンブランをすすめてたけど

買ってったのが実はここなのお母さんだったってゆうオチがよかった♪

おみやげ渡そうって思ってきたひなたが
いそがしそうに働いてるあおいを見て帰るシーンがあったけど
さびしいって思うんじゃなくってうれしそうにしてたところが
ひなたって大人だなぁって思った☆
{/netabare}
{/netabare}
第8話「ふたつの約束」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「あおいでも登れそう」ということで、ひなたは群馬の赤城山登山にあおいを誘おうとするが、連絡がつかない。そのころ、あおいはほのかと群馬の伊香保温泉に遊びに行く約束をしていたのだ。翌日、あおいからほのかとの約束を告げられ、一緒に行こうと誘われたひなただったが、断ってしまう。あおいはひなたのそんな様子をいぶかしがる。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしだけど
先週のつづきってゆう感じなのかな?

先週、あおいにフラれて1人で池袋に行ったひなたは
帰りにあおいのバイト先の前まで行ったけど
けっきょくおみやげ渡さないで帰ってきちゃった。。

そのおみやげもまだ、渡さないでへやに置いたまま。。


こんどいっしょに赤城山に行こうって電話してみたけど
だれかと話し中で出ないし。。

ここなはいっしょに行くって言ってくれたのに
ひなたはあおいがいないとさびしいみたい^^

でも次の日、あおいに「ほのかといっしょに群馬に行かない?」
ってさそわれてことわっちゃった。。

でも、ホントはもう一声かけてくれれば。。って思ってた。。

赤城山に行く日も別々の2人はもしかして?っておたがいをさがしちゃって
ひなたがツンデレやめてたら2人いっしょに行けたのにね^^


それでも赤城山(地蔵岳)ってきつくって
ひなたは、あおいがいっしょだったらきつくって登れなかったかも?
って自分に言い聞かせて「よかった」って思おうってしてたみたい^^


あおいのほうはほのかといっしょに
伊香保温泉の観光。。石段が365段もあってちょっとした登山みたいw

とちゅうで雑貨屋さんに寄ったけど
もしかしてひなたにおみやげ買うのかな?^^


今回もあおいとひなたが別れちゃって
おはなしもとちゅうで終わっちゃったみたいで何だかスッキリしなかった^^

来週は仲直りできるといいけど☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第9話「それぞれの景色」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
伊香保温泉の階段を登りきり、伊香保神社や展望台を歩き回るあおいとほのか。さらにほのかはせっかく来たのだから、露天風呂に入っていこうとあおいを誘う。友達とお風呂に入ることがちょっぴり苦手なあおいだったが、覚悟を決めて露天風呂に向かう。一方、ひなたは、あおいのことを案じながら、ここなと一緒に赤城山を登りきる。
{/netabare}
感想
{netabare}
地蔵岳は山道で登るのが大変みたい^^

でも、ここなといっしょにとちゅうで1口ようかんとか食べながら
楽しそうなひなただったけど、いつもあおいのこと考えてたみたい^^

山頂のちょっと前にお茶の時間
あおいの作ったスコーンとかクッキーがおいしそう^^
ミルクティーもいいなぁ☆彡

雲って景色はあんまり見えなかったけど天使のはしごが見えて
ひなたは写真にとれてうれしそう^^

ここなはTVの撮影に来てたぐんまちゃんに会えて幸せそうだった☆


あおいはほのかにさそわれて温泉^^
温泉は鉄分が多くって体にいいって言われて、飲んでたけど鉄クサイってw
でも、貧血には良さそう^^

そのあと、ほのかが温泉のチケットを買ってくれて
タオルまで持ってきてくれてる^^

友だちとおふろに入るのはずかしそうだったけど
修学旅行とかどうしてるのかな?

ほかの人がいなかったからよかった^^
特製ぐんまちゃんタオルをここなちゃんのためにおみやげ。。

そのあとはお兄ちゃんにおくってもらって榛名神社にお参り。。
パワースポットで有名なんだって☆

そこで、みんなで富士山に登れますようにって
お札に願いをこめておさめてたけど
ぐんまちゃんの書いてある絵馬とかだったらかわいいのにな☆彡


あと、帰るときにおみやげでほのかから名物のコンニャクをもらってたけど
「お前はまだグンマを知らない」見てたから知ってたw

コンニャクってダイエットにいいからにゃんはよく食べるけど
しっかり味をつけたらおいしいよね^^

電車の中であおいはひななたちに会ったけど
ここなと今日のできごと話してて
ひなたはさびしそう。。

自分から話にまざればいいのにね
天使の柱の写真も、私も撮ったって言って見せっこしたらいいのに
それだけなのに、まあいいやってごまかしてると
どんどんはなれて行っちゃいそう。。
{/netabare}
{/netabare}
第10話「すれちがう季節」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
同級生のみおたちに池袋へ遊びに行かないかと誘われたあおい。ひなたにはすでに予定があって一緒に行けないと知り、あおいは遊びに行くかためらうが、みおたちと出かけることに。当日、あおいからの楽しそうなメールを受け取ったひなたは、あおいの楽しそうな様子を見て一抹の寂しさを感じていた。
{/netabare}
感想
{netabare}
あおいはみおたちと池袋に行くことになって
ひなたは親と映画に行くってことわったんだけど
実は曜日をまちがえてたことに気がついて
今からいっしょに。。って考えてやっぱりやめちゃった。。

それで1人でぶらぶらしてたらかえでとかえでの友だちのゆうかに会って
かえでの家で勉強につき合うことになったの^^

その間も、あおいが1人で浮いてないか心配してたひなただったけど
けっこううまくとけこんでたみたい^^
帰りの電車でかすみに話しかけられて前より明るくなったって言われたの。。

それで言われてはじめて気がついたのは
かすみも3年間いっしょのクラスだったって!


えっ!?いくらぼっちのにゃんでも
3年間いっしょだった人と高校でもクラスがいっしょになったら
ゼッタイ気がつくよねw

帰りに駅で3人といっしょのあおいを見かけたひなたは
みんなで楽しそうにしてるあおいに、また話しかけれなくって
帰ってからあおいが楽しかったらいいじゃない。。って言いながら
なんだかすっきりしないひなたみたい。。



「すれちがう季節」ってゆうサブタイトルだったけど
べつにケンカしたとかじゃなくって
あおいはふつうに話しかけてくるんだから
すれちがってなんかいないって思うな。。

ただ、ひなたもふつうに話しかけたらいいだけなのに
それができないのってやっぱりひなたのせいじゃないかな?^^

にゃんは1人のほうが気が楽だからいいけど
さびしいって思うんだったら自分のほうから行かないとね^^

あおいはそれで、無視するような子じゃないって分かってるんだから
ホントはデレてるのにツンみたいなことするのやめればいいだけ。。

「ヤマノススメ」はさわやかなのがいいのに
こじらせはじめてこれで3週目だから
これ以上つづくときらわれちゃいそう。。
{/netabare}
{/netabare}
第11話「ぎこちない縦走」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
あおいが池袋で買ってきたおみやげをひなたに渡したものの、ひなたはどこか浮かない様子。そんななか、かえでが「週末にテント泊しながら瑞牆山と金峰山に登ろう」と誘う。出発の前日、あおいは自宅に泊まりに来たここなと一緒に翌日の夕食の準備をしていた。ところがその準備に思いのほか手間がかかってしまい……。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで

おみやげはひなたが買ったまま渡しそびれてたミミズクとおんなじもので
「2つもどうしろと?」って1人でぼやいてたけど
早く渡せばよかったのに。。


2人でお弁当食べてるときも
あおいが話しかけてるのにつまらなさそう。。

「最近すれちがってるなぁ。。」って思ってるけど
すれちがってるのは自分だけだよね。。

そのお弁当のとちゅうでかえでが来て山登りにさそわれても
うれしそうじゃない。。


山登りの日、あおいとここなが遅刻してギリギリで来たら
めちゃキレて山に登りながらも口もきかないくらい。。

リードをたのまれたあおいが
みんなにやさしい道って考えながら歩いてるのに
わざとあぶない道を行っちゃう。。

それで、よく分からなかったけど
岩の上から飛び下りて
ちょっと足をいためたのにムリして歩いてるみたい。。


自分の思い通りにならないからって勝手に行動するなんて
これって闇落ち状態の入り口だよね。。。。

OPで「♪~目下 夢中をこじらせ中です~♪」って歌ってるけど
こじらせてるのはひなたの気もちみたい。。
早く治さないと☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第12話「ともだち」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
前日に準備してきた晩御飯を振る舞うあおいとここな。そのおいしさにひなたも少し喜んでくれた様子で、あおいは胸をなでおろす。翌日、早朝から金峰山へアタックを開始するが、ひなたの様子がおかしい。すると、ひなたにあるトラブルが発生し、心配になったあおいはひなたに寄り添うのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしだったけど
はじめに作ってた晩ごはんって洋風煮込み料理みたいだったけど
クリームをはじめに入れるとザラザラした舌ざわりになるから
クリームはさいごに入れた方がおいしいかも?^^

食べたひなたは、まだ笑顔は出ないけど
「うん、おいしい」って言ってくれたからよかった^^


ひなたはひざを痛めたの、かくして歩いてたみたいで
とちゅうでリタイアして3人に自分を置いて頂上に行くようにって言ったけど
葵は「日向をひとりで置いてけない」っていっしょに残ったの^^


2人分の荷物を持って歩くあおいはちょっと疲れたみたい
とちゅうでひと休み^^

あおいの「ようかん食べる?」に
「おじいちゃんか?」ってツッコミを入れるひなたはスナオになれたみたい
2人がきのうのことあやまって

ひなたは、あおいが小学校のときみたくはなれてっちゃうんじゃないか
自分がいなくっても平気なんじゃないか?って不安だったこと話して
あおいは、ひなたが1番の友だちだって言って
2人はまた元のように仲良くなったんだ☆


それから頂上から帰ってきた2人も合流して帰ったんだけど
いつもの明るい「ヤマノススメ」にもどってとってもよかった♪


さいごはひなたが池袋のおみやげをへやに取りに行くところで終わってたけど
「何?」って聞くあおいに「それは見てのお楽しみ^^」ってゆうひなた。。

またいつもの
おこったりわらったりする日常がはじまりそうでよかった☆



岩の上で2人があやまるところ。。
けしきはよかったけど
高いところニガテなにゃんは頭がクラクラしてきちゃった^^;
みんなよく平気であんなところに行けるなぁ。。w
{/netabare}
{/netabare}
第13話「秘密だよ?」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
季節はめぐり、もう11月。富士山登山に向けて体力をつけるため、あおいはペットボトルが入った荷物を担いで、天覧山に登っていた。そこで偶然ここなと会ったあおいは、ひなたの誕生日が近いことを知らされる。ひなたへのプレゼントは何がいいのか、あおいはいろいろと考えを巡らせるが、なかなか思いつかずにいて……。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしだったけど
なかなか思いつかなくって暗い顔してたらひなたにからかわれて
つい「ひなたのサプライズプレゼントをさがしてて。。」って言っちゃったw

「自分ってひなたのこと何にも知らないなぁ。。って思って落ちこんでた」
って言ったらひなたも
「わたしもあおいのことぜんぶ知ってるわけじゃない。。だから楽しい」
みたいに言われて
いっしょにひなたのほしかった化粧ポーチを買いに行ったの^^


さいごはEDに合わせて誕生パーティー♪

さいごの「See you again!!」が親友アゲインって聞こえたのは空耳かな?^^


ひなたが言った
「知らないから知ろうとする、知らないからいっしょにいるのが楽しくなる」
ってゆうのはそうかも?

でも、いろいろ知りすぎると合わないところが見えてきて
イヤだなぁ。。って思ったりするかもだから
あんまりいっしょにいない方がいいのかも?


学校でときどき、クラスメートが話してるのが聞こえたけど
友だちどうしで話してて、1人がぬけたらその人のウワサ話とかはじまって
ワルグチも聞こえたりして
友だちって仲がいいだけじゃないんだな。。ってちょっと悲しくなったり。。

でも、にゃんも自分で自分のことキライなところっていっぱいあるし
ずっといっしょだった自分でも、イヤなところがいっぱいあるんだったら
友だちなんて、ずっとべつべつに生きてきたんだから
自分とは違うな。。イヤだな。。って思うところ、いっぱいあるって思う。。

だから、友だちだからってあんまりベタベタしないで
ときどき会うくらいがいいのかな?って。。

にゃんは「ゆるキャン△」みたいな友だちがいいな。。って思う

べつにみんなのことキライじゃないけど
「1人でいたい」って思っても
それをぜんぜんゆるしてくれる友だちっていいな☆彡って


あと、ひなたとあおいがおたがいのヒミツのこと話してたけど
ちょっと気になったw
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。


3期は山のおはなしより友だちのおはなしが多かったみたい。。

今まで遊んだことないクラスメートと遊びに行ったり
親友と何となく気まずくなったりする暗い話があって
仲直りするのは分かってるんだけど
後半、見ててあんまり楽しくないおはなしがつづいてちょっとザンネン。。


でも、さいごはふつうによかったから
4期でみんなで富士山があったらいいな☆彡

あと、ほかの山も見てみたいし☆彡

投稿 : 2021/09/10
閲覧 : 647
サンキュー:

71

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

アニヲタ兼登山家のたわごと。

私事ですが、
ガチな登山家です。

山に興味を持ち、
奥多摩やら秩父やら、
手近な山に登り始めた頃、
ちょうど時同じくして、
このアニメ1期が始まってくれたものだから、
私にとってこの作品は、
バイブルのようなもの。
原作も既刊20巻読了してます。

山登りを始めた当初は、
リュック、シューズ、雨具といった、
登山における三種の神器なんてのも分からず、
とりあえず普段使いのやつでいいや、
という甘い考えで、
2期で登っていた三つ峠山に挑み。。。
当時はまともに地図も見ずに、
どこ歩いてるのか分からなくなり、
俺よく下山できたな、、、
という経験もしましたが。。。

それから数年、
おかげさまで今は、
かえでさんのごとく、
断崖絶壁だろうが、
雪山だろうが装備万端、
そこそこの山は登っちゃえるようになりました。
ホント、この作品のおかげです。

私事終わり。

さて、3期について。
率直に言えば、山要素が少ない。。。
筑波山、赤城山、瑞牆・金峰山、
1クールで15分アニメとは言え、
これだけか。。。

2期でもオリジナル展開はあったが、
3期は一層オリジナル色が強くなる。
{netabare} 第5話のロックハート城の話も、
当然原作にはなく、
ただキャラのコスプレを愛でるだけの回である。。。笑 {/netabare}

とは言え、
クレームではありません。
原作改変の賛否はあるみたいですが、
個人的には原作よりアニメの方が断然好きです。

原作は登山関連に特化してる分、
何と言うか、人間関係が淡白で、
アニメ終盤のような、
{netabare} あおいとひなたのすれ違いも起きないのだが、
アニメでは、2人の友人としての距離感がとても丁寧。

ぼっちだったあおいが、
ひなたのおかげで友人関係が広がっていき、
それをひなたは嬉しいと思う半面、
自分が必要じゃなくなっていくという寂しさや焦りも募る。
ありがちな親友同士のすれ違い、
からの仲直り展開だが、
原作にはない、物語に広がりを持たせていて、
これはこれでアリだと思います。{/netabare}

続編は来年放送予定だそうで、
どんなオリジナル展開を見せてくれるか?
あおいの富士登山リベンジはなるか?
楽しみです。

個人的には、
ここなちゃんが推しキャラ。
実は登場人物の中で、
一番つえーキャラです。
最年少なのに。。。

2期で、あおいが挫折する中、
富士山制覇。
今期では、ひなたがリタイアした中、
瑞牆・金峰山縦走制覇。
(↑ここ、富士山の数倍はキツイ。。。)
そしてしょっちゅう飯能アルプス登ってる(気がする)。

こんなJCやJKが、
リアルに山登りしたり、
テント泊したりしてないかなー、と、
いっつも目を凝らしながら山登りしてるのだが、
現実は厳しい。。。
若い女の子のみの登山者なんて、
まっっったくいないもんです。

まあ仮に、いたからって、
どうこうするわけでもないですけど。。。w

投稿 : 2021/09/09
閲覧 : 193

にゃんちゃこ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

なんとか観終えた

個人的にはインドア派なので、あまり興味がなかったのですが、ショートアニメなので何とか観終える事ができた感じです。

投稿 : 2021/08/27
閲覧 : 165
サンキュー:

3

ネタバレ

でこぽん さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

山登りを楽しむためには

この物語は、山登りの楽しさや友達の大切さなどを教えてくれます。

そして、サードシーズンでは、あおいのさらに成長した様子を見ることができます。

今まであおいは、クラスではひなたしか話し相手がいませんでした。
でも、他の友達とも話ができるようになり、しかも一緒に遊びに行くようになりました。
それにバイト先では、どれを選ぶか迷っているお客様にお勧め商品を説明したり、小さな子に優しくしてあげたりと、しっかりした店員さんに成長しています。

あおいの成長をみるたびに、私は嬉しくなります。
おそらく、それはひなたも同じ気持ちでしょう。

但し、ひなたは、あおいの成長を嬉しく感じるだけでなく、寂しくも感じているのでしょう。
今までは、ひなたがいなければ何もできなかったのに、ひなた無しでもできるようになったこと。

特にケーキ屋さんの中での人間関係は、ひなたが知らない世界です。
だから、つい、お土産を渡すのをためらってしまいました。

そして、行き違いが積み重なり…、だんだんと二人の間に溝ができていく。
これはひなたが悪いですね。
世の中には子離れできない親がいますが、
今のひなたは、まさにそれです。

あおいの成長を素直に認め、あおいをほめてあげるべきです。一緒に喜ぶべきです。

山登りの楽しさは、一緒に登る人との信頼関係で決まります。
一緒に登る人と仲たがいをしていると、山登りの時間は苦痛の時間になってしまいます。
山頂から見る景色も、色あせた味気ないものになります。
私も過去、そんなことがありました。

だから、山に登る前には、友達とは必ず仲直りしましょう(^_^;)
信頼できる友達と一緒に見た山頂からの景色は、すごく美しく、一生記憶に残ります。

{netabare}
あおいとひなた、元のように仲良くなって良かったです(^_^)
やはり、あの二人が仲良くないと、この物語は始まりません。
だって、あおいにとってひなたは、他の人とは違って心の中の大切な場所にいつもいるのだから。
{/netabare}


最後に、
筑波山は夜景も美しいですが、昼間に山頂から見る景色はもっと美しいです。
360度見渡せるのではないかと思えるほどの絶景でした。
日本百名山のひとつですが、低い山なので、初心者でも登れます。

体力がない方はケーブルカーでも登ることができますので、
ぜひ、一度登ってください。(^_^)/

投稿 : 2021/06/14
閲覧 : 698
サンキュー:

55

ネタバレ

人類の宝 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ひなたとあおいが衝突するのが見てられない

ここまで重くのしかかるのか
ひなたは明るそうに見えて一番繊細なんだな

投稿 : 2021/04/18
閲覧 : 186
サンキュー:

4

ネタバレ

ASKA さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

新しい経験があった3期目。

登山アニメ「ヤマノススメ」のタイトル通り3期目になります。
大体は1期目2期目と同じく山登りをしたりしていますが、今までしてなかったことも出てきます。

靴を新しく買ったり、今まで遊んだことのなかったクラスメイトと遊んだり、ロックハート城に行って写真を撮ったり、コーヒーを山の上で淹れて飲んだり、あおいがバイトに励む様子が描かれたり、テントに泊まって2日かけて山登りしたり。

今のところ4期目のお知らせはありませんが、続編が見たい作品であります。

2021/3/30 更新
先日4期目がアナウンスされました!続編も楽しみですね。

投稿 : 2021/03/30
閲覧 : 361
サンキュー:

29

みのるし さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

東山氏の志摩リン芝居はここで完成されたのか。

とゆうくらい同じでした(笑)。

ほのかちゃん。

でもまあ、物語としてはゆるキャン△風でもあるしよりもい風でもあるしってんでなるほどそうなるかとは思います。

ボクも中学生の時富士山に登ったんですが、8合目か9合目か・・・(あんまり昔過ぎてはっきりと覚えてない)でグロッキー。頂上まで登れなかったんですな!

そのあとすぐ砂走の落石事故があって、ひえ~~なんて思いましたけども。

そうそう。その年は東名高速日本坂トンネルの火災事故があった年で行きしな焼けただれたバスや乗用車が日本坂トンネルのはるか前より連なって置かれていたのんとか。そんなんは鮮明に覚えてますわ~。

ぜんぜんレビューになってないすけども、まあ、そおゆうことなんで、あおいちゃんが最後まで富士山の頂上に登れなかったことを悔やんでいることを他人事のように思えないのでした。

ボクも60歳になるまでには富士山の頂上に登ってみようかなと。この話を見て思いましたとさ。


おわり。

投稿 : 2021/03/29
閲覧 : 208
サンキュー:

11

ネタバレ

フィリップ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

それぞれのディスタンス

アニメーション制作:エイトビット
監督・音響演出・シリーズ構成:山本裕介、脚本:ふでやすかずゆき
キャラクターデザイン・総作画監督:松田祐輔、原作:しろ

雪村あおいと倉上ひなたという幼馴染が、
高校生になって再会し、ふたりが中心になって
仲間をつくりながら登山を楽しむ物語のサードシーズン。

ファーストシーズンとセカンドシーズンでは、
登山とはどういうものか、必要な道具は何か、
関東近郊の山はどういうところがあるのかなど、
初心者に対する登山の指南的な内容の濃い作品だったが、
今回はキャラクターたちの物語や心情に重きを置いた
ストーリーになっている。

サードシーズン全体の中心になったのは、
あおいとひなたの関係性の変化だ。
明るくて行動的なひなたと、引っ込み思案で
編み物が得意なあおいという正反対の性格のふたりが、
それぞれに成長していく物語となっている。

あおいはコミュ障といえる性格で、ひなたといるとき以外は、
ひとりでいることが多く、体力もない。
ひなたは、外交的でどんな人ともすぐに仲良くなれる性格。
いつもあおいを連れ回して、一緒に遊んでいる。

そんなふたりの関係性だが、永遠に同じというわけにはいかない。
あおいは、ひなたに頼っていることを自覚しており、
いつかそんな自分を変えたいと思っている。
ひなたがいなくても思い切って友達と出かけたり、
バイトを始めたりして、次第にほかの人からも
認められる存在へとなっていく。
それを陰で見つめていたひなたは、
表面上は何ともないように装いつつも
内心では面白くない気分になる。
あおいが自分がいなくても楽しんでいる世界を
認めたくない気持ちにとらわれてしまうのだ。

いわばこれは親離れ、子離れという感覚に近い。
しかし、友人同士は親子ではない。
このような原因によって友人関係が
失われてしまうことがあるという話は聞いたことがある。
特に女性同士の友人関係に多いように感じる。
どこに行くにもいつも一緒の仲良しな関係であった場合、
何かがきっかけで完全に離れてしまうことがある。

私は今回の話を観ていて、
『響け!ユーフォニアム』のスピンオフ小説である
『立華高校マーチングバンドへようこそ』を思い出した。
吹奏楽部内において、主人公の佐々木梓と
友人の名瀬あみかとの極端ともいえる依存関係が
執拗に描かれるのだが、あるときに依存している名瀬あみかが
佐々木梓から少し距離を置いて、自分の頑張りで
部活に取り組もうとしたとき、佐々木梓は冷たく突き放し、
関係性を断ってしまおうとする。
その様子を見て同じ部活の女子は、佐々木梓に「病気」だと言い放つ。
傍目には依存されている側の人間が、
実は相手に頼られて優位に立つという心情的な部分で
頼ってくる相手により深く依存しているという形があるのだという。
これは『響けユーフォニアム』の映画『リズと青い鳥』の
傘木希美と鎧塚みぞれでも同じような依存関係を描いている。
作者にとっては女子の友人関係のテーマのひとつで、
よくある構図なのだろう。

ヤマノススメ サードシーズンにおいては、
{netabare}ひなたとあおいの関係性がそこまで深く描かれたわけではなく、
すれ違いの連続とあおいの変化に
ひなたが付いていけないという展開だったが、
結局、相互依存の関係性が変化したときに
お互いが気持ちを理解し、より友情が深まっていく
というのは、なかなか面白かった。 {/netabare}
この作品でそういうものを観たいわけではない
と感じた人が多かったのも確かだろうが、
個人的には興味深いエピソードだった。
(2018年10月13日初投稿)

投稿 : 2021/02/26
閲覧 : 809
サンキュー:

65

ネタバレ

シン☆ジ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

尊い。。自然、街、仲間、家族、そして・・

 
TVシリーズ3作目。
それなりに変化、進化が見えました。

■エピソード
 全編が印象的だったけど、特にいいと思ったのは・・
 ~{netabare}
 #7:ケーキ屋でのエピソード。
    やさしさにあふれてる。
    鬱展開へ突入前の癒し回?
 #9:温泉サービス回。
    それまでとちょっと違った雰囲気。
    健康美というか・・鎖骨とかww

 ウジウジしてるひなたはらしくないと思ったし、
 すれ違いで引っ張りすぎの感もありましたが、
 二人の関係と成長には必要な展開だったかな。

 回想シーン、出会う前のここなとのニアミス・・
 ファンにはニンマリw
 存在が尊すぎて、ここな=天狗説も飛び出したようですが、あながち理解不能ではなかったりw
{/netabare}~

■作画/演出
 伊香保などの街、登ったところから見える山々、その景色や空気感がとても良かった。
 どこが?と聞かれると困るけど、ボカシ気味の背景や癒し系の音楽がこれまでに増して印象的だったかな。

■キャラ
 今作では、サブキャラ達も存在感があって程よい絡みも良かったかと。
 中でも、東山さん回がイイ雰囲気でした。
 かすみとかえではちょっとキャラ被ったかな・・w

■まとめ
 個人的には・・
 1,2期では女子同士の青春っぷりに、こそばゆい感じもあったけど、今作は程よい感じだったかな。
 サービスシーンにも多少大人びた部分も感じたり感じなかったりw
 また山と日常の具合も丁度良かったかな。

制作:エイトビット
原作:ストーリー漫画
  2011年発表
放送:
  第1期:2013年冬(3分x全12話)
  第2期:2014年夏秋(15分x全24話)
  OVA :2017年秋(13分x全2話)
  第3期:2018年夏(15分x全13話)
視聴:2021年2月(dアニメ)

あおい富士山頂登頂まで観せてくれますよね・・
See you again! をシンジます!
 

投稿 : 2021/02/23
閲覧 : 212
サンキュー:

19

ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

今作はあおいとひなたがすれ違って・・・。

原作未読。最終話まで視聴。

今作は登山をする話というより、あおいとひなたのすれ違いと、2人の成長を描いた作品と言った方が良いかも知れない。

お互いに、少し言葉が足りなかったせいで{netabare}別々に登山を{/netabare}する羽目になっちゃったり・・・。

あおいが今まで遊んだことのないクラスメイトと遊びに行ったり・・・。
それで、ひなたが{netabare}ヤキモチを焼いちゃっ{/netabare}たり・・・。

それでも、最後に{netabare}キチンと仲直り出来たのは良かった。
お互いに誤解が解けたのも良かった。{/netabare}


第1期が第2期の序章だったように、今期は第4期の序章だったのではないかと思います。
第4期に期待をしつつ。

投稿 : 2021/01/25
閲覧 : 422
サンキュー:

48

ネタバレ

かんぱり さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

あおいとひなた

1期、2期と、山登りなどを楽しみながら、少しずつ成長してきたあおい。
3期は、そんなあおいがついにクラスの子たちとも友達になります(^o^)/

それができたのも、親友のひなたがいてサポートしてくれたから。

あおいもひなたも、いいところもあるし、欠点もあります。
だから、ケンカもするし、すれ違いもたまにはあるけど、お互いに相手が好きだから、ホンネを言い合い、仲直りをする二人。

こういう得がたい友達がいるあおいとひなたは幸せ者ですね。

2期で悔いが残った富士山登頂にまた挑戦しようと決意するあおい・・ {netabare}だけど富士登山のシーズンは終わってて。{/netabare}
反省を生かして体力をつけようと色々な山に登ったりします。

すごく高い登山靴を買ったり・・
でもこういう趣味のものって、お金をケチらないでいいものを買ったほうが結局安く済むんですよね。

私は職場で飲むのはもっぱらブラックです。
でも子供の頃はなんであんな苦いの飲むんだろって思ってたなぁ。。

ここなちゃんは相変わらずしっかり者でよくできた子でしたね。
かえでさんは今回登場少なかったですけど、大学行くために勉強頑張ったり・・山登り大丈夫かな。。
それからほのかちゃんはおとなしいけど、いいキャラしてますね♡お兄ちゃんシスコンっぽいかも。

ゆるキャンとはまた違った感じで、とても良い作品だと思うので、続けて欲しいですね。

ぜひ続編で富士山登頂したあおいたちの姿を見てみたいです!

投稿 : 2021/01/23
閲覧 : 260
サンキュー:

23

ネタバレ

こま さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

キャラをより掘り下げて。

15分枠の13話。
本格的に登山をするのに必要な登山靴などもうちょっと踏み込んだ内容もあり、それぞれの人間関係を掘り下げてもいるのですね。
あおいが成長していく中でひなたとすれ違ったり、山を登るだけではないのです。
よりキャラを好きになれるのですね。
原作ストックも十分あるみたいなので是非とも4期をやってもらいたいものです。
EDの「色違いの翼」めっちゃ好きなのです。
最後に、{netabare}登山靴高けェェェ!{/netabare}

投稿 : 2021/01/23
閲覧 : 248
サンキュー:

21

ローズ さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

オススメ

登山仲間の雪村あおい・倉上ひなた・斉藤楓・青羽ここなの4人組。
谷川岳で出会った黒崎ほのかが仲間に加わり、一緒に行動する事が多くなった。

1期2期と続けてガチ登山。
3期目は少し趣向を変えたのかなぁ?
登場人物の日常を描いている事が多くなりました。
まあ、目標である富士山登頂が来年という事なので、登山メインという訳ではありません。

幼馴染で高校生活でも仲良しの雪村と倉上。
終盤になるにつれて、すれ違う事が多くなります。
これは雪村の成長。
おとなしくて人見知りだった雪村。
クラスでは倉上としか話が出来ませんでした。
仲直りできたかどうかは、視聴して確認して下さい。

作中雰囲気は『ゆるキャン△』に近いものがありますね。
テント泊で豪華な食事なんて、まさに理想的。
緩くない激しい登山でも山を楽しむことは同じ。
むしろ、本作品の方が元祖で『ゆるキャン△』のほうが後追いかもしれません。

物語・作画・声優などの要素も文句の付けようがありません。
個人的にはガチ登山は勘弁ですが、視聴して疑似体験するだけならツラくないですし。
みなさんも夏休みでレジャーシーズン。
海や山に繰り出すはずです。
しかし、コロナ騒動で海は禁止。
必然的に山に人が集まります。
山を楽しむ予習復習として『ヤマノススメ』をオススメします。

投稿 : 2020/08/01
閲覧 : 671
サンキュー:

36

ネタバレ

SK-046(しろ) さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

1期と2期との比較

2018年下半期に乃木坂46にどハマりしたため久々の完走レビューです

アニメ鑑賞も定期的にこなさないといけないと、反省


{netabare}富士山リベンジの3期だと思ってましたが違いましたね(汗)

正直、面白い回と面白くなかった回がはっきりしてました

1期~2期の頃に感じた「聖地巡礼や登山してみたい!」要素があまり...

いい意味での「ヤマノススメ感」を感じれず少しだけ残念でした

楽曲は個人的にED「色違いの翼」の方が好みです^^

2期までが大好きなので評価は甘めの4点台です

1期~2期は相変わらずオススメしたいアニメの一つとなっております{/netabare}


何はともあれ、4期も必ず観ます!

投稿 : 2020/05/24
閲覧 : 318
サンキュー:

14

DB さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

このシリーズを見てると結構山に行ってみたくなるので、自分にとっては癒しになっているのかなあと思います。サードシーズンは山というより人間関係を中心に描かれているけど、最後は気持ちのいい終わり方でよかった。さて、再度の富士山挑戦の第4シーズンはあるんでしたっけ?

投稿 : 2020/04/27
閲覧 : 221
サンキュー:

4

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

3期はあんまり山に登ってないね!

でもいいんだ!
女の子がかわいいから!そんなのかんけいねーさ!!
あおいとひなたの友情物語みたいになってたね!2人ともいい子だねえ!

途中あおいが成長して
人見知りでひなたいがいと喋れなかったあおいがみんなと仲良くなってるのをみて焼きもちやいてすれ違って。。
でも最後はふたりはほんとに仲良しなんだよ!って話し合えてよかったね!
12話よかったです( *˙ω˙*)و グッ!

投稿 : 2019/09/12
閲覧 : 191

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

あおいとひなたの物語

1期と2期は視聴済です。

3期は前期と比べると山上りではなくあおいとひなたの二人の関係性に焦点を当てた物語になってました。

2期では山のすばらしさを教えられましたが、3期は親友のすばらしさを教えられた、そんな感じがしました。

あと、普段はこういうことは書かないんだけど、あおいとひなたの声優が井口裕香さんと阿澄佳奈さんで良かったなと思いましたね。

投稿 : 2019/06/21
閲覧 : 247
ネタバレ

響-n4 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

うーん、、。

キャラが残念!
せめて中学生から上ならよかったと思う

投稿 : 2019/05/20
閲覧 : 260
サンキュー:

2

ストックトン さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

1期、2期飛ばして3期目から観始めてしまったけど
十分楽しめたし、めっちゃ面白かった。
山登り楽しそうすぎる。
1期目からもっかい観なおそう。

投稿 : 2019/04/09
閲覧 : 221
サンキュー:

7

ネタバレ

大重 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ヒロイン間の経済格差が気になるアニメ

いや、基本的には可愛くて楽しい、ほっこりする良いアニメなんですよ。
山登りが楽しそうだと思えます。

しかし良く話題にもなりますが、ひなたとあおいは、つくづく良い家に住んでいるなぁ…と。
アニメで良くあるメイドが居るような大豪邸は何とも思わないですが、こういう地に足の着いた普通の豪邸だと、風呂広! とか玄関広! とかいちいち驚きます。
その一方で、貧しいここなちゃん…。
キャラ同士に、こうもリアルな経済格差を感じるアニメも珍しい。
この辺が気になるとぐっと重いアニメになってしまう。

金持ち側はあまり気にしないけれど、貧乏側が僻むのですよね。
僻んだり妬んだり一切せず、ピュアに仲良くできる、ここなちゃんの天使っぷりが素晴らしい。
特に泣かせるシーンでもないはずなのに、誕生日プレゼントでも手作り料理とか、お金をかけないで手間暇と真心をかける姿にホロっとします。

投稿 : 2019/04/08
閲覧 : 327
サンキュー:

7

ネタバレ

ヘラチオ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

山登りよりもひなたとあおいの関係性に主眼

山登りはあるけれど、ひなたが不貞腐れたところに持っていかれた感じ。関係がすぐに元通りになると思いきや、意外と面倒くさい性格だったようだ。集団で登山するときに身勝手な行動は本当に迷惑。山舐めてるんじゃないのと言っておきながら、自分が山舐めてるという。ちょっと、いらっときた。{netabare}あおいが自分以外の子と仲良しなことに妬いたのかしら。遊ぶときに予定が合わなかったのは映画の予定を勘違いしてたひなた自身のせいだってのに。{/netabare}他はそれなりに面白かった。

あおいが群馬に行って、ほのかに会うとき、{netabare}登場したほのか兄が完全に頭文字Dを意識した感じ。やっぱり群馬エリアだからかな。音楽もそれっぽいし、車も。{/netabare}

今作での登山お役立ち知識は登山靴と解けにくい紐の結び方くらい。次回作に期待したい。あおいの富士山再チャレンジ見たい。

OPは地平線ストライド。山登りの振り返りあり。
EDは色違いの翼。あおいとひなたが歌う。映像の葉がぶわーっとなるところ好き。
ヤマノススメの楽曲はメロディは結構良いので、すごく頭に残る。

以下はアマゾンプライムから引用のあらすじ。
1. 『筑波山で初デート!?』
夏休みが終わり、新学期が始まった。高校1年生のあおいは、夏休みに登った富士山で、幼なじみのひなたがプレゼントしてくれた人形のお礼をしたいと考えていた。アルバイト先の先輩・ひかりからアドバイスをもらったあおいは、ひなたに筑波山への登山を提案する。

2. 『登山靴ってすごいの?』
富士山登山に再チャレンジすることを決意したあおい。だが、山登りの先輩・かえでから、そろそろちゃんとした登山靴を買ってはどうかと勧められる。高額な金額を聞いて尻込みするあおい。放課後、なけなしの貯金を手にしたあおいは、ひなた、かえでと登山用品店へ向かう。

3. 『飯能にアルプス!?』
富士山登山再挑戦に向けて体力をつけるため、新品の登山靴を履いて「飯能アルプス」踏破をすることにしたあおい。今回はひとりでの登山だ。飯能アルプス最初の山・天覚山を登り始めたころは鼻歌交じりで快調だったあおいの足取り。だが次第にバテてしまい……。

4. 『クラスメイトと遊ぼう!』
10月になり、衣替えの季節。しかしあおいはいまだにクラスに馴染めず、クラスの中に友だちはひなただけだと思っていた。休み時間、ひとりで編み物をしているとき、ふとクラスメイトのみおに話しかけられる。それをきっかけにふたりで話をするうちに、放課後、同じクラスメイトのゆりやかすみ、そしてひなたも一緒にカラオケへ出かけることに。

5. 『思い出を写そう!』
ひなたの父の取材に便乗して、群馬県にあるロックハート城を訪れたあおいとひなた。高尾山で出会った友人のここな。谷川岳の登山で出会い、群馬に住むほのかも一緒だ。城内を散策し、おいしいカレーを食べたり、写真を撮ったりして楽しむ4人。そのうちに『プリンセス体験』の看板を見つけた4人は……。

6. 『コーヒーってなんの味?』
ひなたの家のウッドデッキでお茶をごちそうになっていたあおい。ふとひなたを見ると、コーヒーを飲んでいる。山頂でコーヒーを飲む「山コーヒー」のおいしさを勧められたおあいは、自分もやってみたいと思うものの、コーヒーの苦さがまだ苦手。ひなたと山コーヒーをするために、あおいは豆選び&ドリップの練習を始める。

7. 『働かざるもの、登るべからず!?』
ひなたがあおいに、今度の休みに池袋まで遊びに行こうと誘うものの、あおいはアルバイトがあるからと断る。アルバイトの当日、その日はクラスメイトやお母さんの退院祝いを買いに来た女の子など、様々な人たちがやってくるが、あおいは熱心に接客をするのだった。その様子を見たひかりは、あおいの成長に目を細める。

8. 『ふたつの約束』
「あおいでも登れそう」ということで、ひなたは群馬の赤城山登山にあおいを誘おうとするが、連絡がつかない。そのころ、あおいはほのかと群馬の伊香保温泉に遊びに行く約束をしていたのだ。翌日、あおいからほのかとの約束を告げられ、一緒に行こうと誘われたひなただったが、断ってしまう。あおいはひなたのそんな様子をいぶかしがる。

9. 『それぞれの景色』
伊香保温泉の階段を登りきり、伊香保神社や展望台を歩き回るあおいとほのか。さらにほのかはせっかく来たのだから、露天風呂に入っていこうとあおいを誘う。友達とお風呂に入ることがちょっぴり苦手なあおいだったが、覚悟を決めて露天風呂に向かう。一方、ひなたは、あおいのことを案じながら、ここなと一緒に赤城山を登りきる。

10. 『すれちがう季節』
同級生のみおたちに池袋へ遊びに行かないかと誘われたあおい。ひなたにはすでに予定があって一緒に行けないと知り、あおいは遊びに行くかためらうが、みおたちと出かけることに。当日、あおいからの楽しそうなメールを受け取ったひなたは、あおいの楽しそうな様子を見て一抹の寂しさを感じていた。

11. 『ぎこちない縦走』
あおいが池袋で買ってきたおみやげをひなたに渡したものの、ひなたはどこか浮かない様子。そんななか、かえでが「週末にテント泊しながら瑞牆山と金峰山に登ろう」と誘う。出発の前日、あおいは自宅に泊まりに来たここなと一緒に翌日の夕食の準備をしていた。ところがその準備に思いのほか手間がかかってしまい……。

12. 『ともだち』
前日に準備してきた晩御飯を振る舞うあおいとここな。そのおいしさにひなたも少し喜んでくれた様子で、あおいは胸をなでおろす。翌日、早朝から金峰山へアタックを開始するが、ひなたの様子がおかしい。すると、ひなたにあるトラブルが発生し、心配になったあおいはひなたに寄り添うのだった。

13. 『秘密だよ?』
季節はめぐり、もう11月。富士山登山に向けて体力をつけるため、あおいはペットボトルを入れた荷物を担いで、天覧山に登っていた。そこで偶然ここなと会ったあおいは、そこでひなたの誕生日が近いことを知らされる。ひなたへのプレゼントは何がいいのか、あおいはいろいろと考えを巡らせるが、なかなか思いつかずにいて……。

投稿 : 2019/03/02
閲覧 : 495
サンキュー:

15

ごる さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

シリーズの中では一番タイトルらしくなってるw

シリーズの中で一番山に登っていると思います(´・ω・`)
今回は、ひなたがあおいちゃん状態になってしまいます(・・;)
相変わらずの山より人メインのアニメですが(* ̄ー ̄)
ただ、前作から少し時間が空いていたのですが、作画がこんなにひどかったかな…(;・ω・)
特に前半にモブキャラ含めメインキャラすら雑な描き方だったので、こんなんだっけ?って感じでしたww

投稿 : 2019/02/16
閲覧 : 247
サンキュー:

6

次の30件を表示

ヤマノススメ サードシーズンのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ヤマノススメ サードシーズンのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ヤマノススメ サードシーズンのストーリー・あらすじ

この夏、あおいが、ひなたが、かえでが、ここなが、そしてほのかがTVアニメに帰ってくる!
そして新しい友達との出会いも……。
今度はどの山に登ろうかな?(TVアニメ動画『ヤマノススメ サードシーズン』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2018年夏アニメ
制作会社
エイトビット
主題歌
≪OP≫あおい(CV.井口裕香)ひなた(CV.阿澄佳奈)かえで(CV.日笠陽子)ここな(CV.小倉唯)『地平線ストライド』≪ED≫あおい(CV.井口裕香)ひなた(CV.阿澄佳奈)『色違いの翼』

声優・キャラクター

井口裕香、阿澄佳奈、日笠陽子、小倉唯、東山奈央、牧野由依、儀武ゆう子、七瀬彩夏、高尾奏音、山本亜衣

スタッフ

原作:しろ(コミック アース・スター連載)、監督:山本裕介、音響演出・シリーズ構成:山本裕介、脚本:ふでやすかずゆき、キャラクターデザイン・総作画監督:松尾祐輔、美術監督:田尻健一、美術設定:藤井一志、色彩設計:藤木由香里、撮影監督:佐藤洋、編集:内田恵、音響効果:出雲範子、音楽:yamazo/Tom-H@ck

このアニメの類似作品

この頃(2018年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ