当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「ヤマノススメ サードシーズン(TVアニメ動画)」

総合得点
76.3
感想・評価
385
棚に入れた
1476
ランキング
713
★★★★☆ 3.8 (385)
物語
3.6
作画
3.8
声優
3.9
音楽
3.7
キャラ
3.9

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ヤマノススメ サードシーズンの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

タイラーオースティン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

重苦しい展開もあるけど、最後は心晴れやかになります

1期、2期と山登りに関するノウハウやエピソード中心だったのに対して、この3期は日常生活での主人公のあおいと親友のひなたとのすれ違いが目立っていた印象でしたね。

当初は高所恐怖症で内向的でぼっちで趣味に没頭していたあおいが山登りを通して成長していき、友人も増えて外交的になっていったのは良かったですが、ひなたとのすれ違うようになっていったのは勿論のこと、親友だったあおいが自分から離れてしまうとの思いがひなたの嫉妬のような心情になったとも思います。

日常系ながら、1期からは想像つかないほどの重苦しい展開が続くものの、最終的に仲直りした時はホッとしたと言いますか、それまで淀んでいた心が晴れやかになった感がありました。

勿論、登山のレパートリーも増え、ますます聖地巡りで賑わうだろうなぁと感じましたね。

投稿 : 2022/12/14
閲覧 : 126
サンキュー:

12

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

登山を経ての日常生活

 原作は未読。
 前作ががっちり登山をメインに描いていたのに対して、本作は主人公の雪村 あおいを
中心とする日常生活中心。
 クラスメイトであるみお、ゆり、かすみとの交流や、洋菓子店「すすき」のアルバイトなど、
内向的だったあおいが登山をするようになってから、いかに変わっていったかを
描いているようで、そういう意味では登山そのものの描写ではなくとも、登山とは無関係では
ないような内容。
 この新たな交流によりキャラは賑やかになっていった感じ。

 このあおいの世界が広がっていくのに比例して、親友の倉上 ひなたとのすれ違いと、
それに伴うよそよそしくなっていく二人の関係性がキャラクタードラマとしてのメインと
いった感じ。
 内向的だったキャラが何かをきっかけに次第に積極的になっていくと、それまでそのキャラを
引っ張っていたキャラがなんとなく面白くないという展開は他作品でもよく見られるもので、
多くの作品では再び仲良くなることにより、より強固な関係性を築くことで解決することが
多いが、本作もそんな感じで、前作終盤の二人の約束を果たした後の関係性構築という意味でも、
二人の成長が見て取れる展開。
 ただ、このギスギス状態が割と長々と描かれるので全体的にはあまり楽しい雰囲気はなく、
日常系作品としては「どうなんだろう?」という感もある。

2022/11/13

投稿 : 2022/11/13
閲覧 : 110
サンキュー:

4

ネタバレ

やん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

違和感を楽しむ

かわいい女の子たちの山登りなので、面白くないわけはありません。
ここなちゃんの境遇に突っ込んだり、あおいちゃんの微妙な性格とぴったりの声優を楽しむような、カードキャプターさくらに近い楽しみ方も可能です。

投稿 : 2021/10/12
閲覧 : 235
サンキュー:

5

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

3期は「ナカナオリノススメ」かな^^

公式のINTRODUCTION
{netabare}
会いに行こう――
かけがえのないともだちと
ステキな景色に

インドア趣味で高所恐怖症のあおいは、
高校入学を機に再会した幼なじみのひなたに振り回されながらも、
登山やアウトドア活動を経験。
あおいはだんだんと登山の楽しさに目覚めていった。
そして彼女たちの季節は夏から秋に――。
登山をきっかけに増えたともだちと、
次はどの山に登ろうかと思いを巡らせるあおい。
目標の「富士山登頂」に向けて体力づくりや、
新たなアウトドア活動への挑戦に積極的になっていくあおいに、
ひなたは心強さを感じつつも……。
笑って、泣いて、登山して……
思いっきり山登りを楽しむ中高生山ガールたちを描いた『ヤマノススメ』。
待望の『サードシーズン』が、いよいよ開山!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:しろ
監督:山本裕介
音響演出・シリーズ構成:山本裕介
キャラクターデザイン・総作画監督:松尾祐輔
脚本:ふでやすかずゆき
美術監督:田尻健一
美術設定:藤井一志
色彩設計:藤木由香里
撮影監督:佐藤洋
音響効果:出雲範子
音楽:yamazo/Tom-H@ck
編集:内田恵
制作会社:エイトビット
{/netabare}
キャスト{netabare}
あおい:井口裕香
ひなた:阿澄佳奈
かえで:日笠陽子
ここな:小倉唯
ほのか:東山奈央
ゆうか:牧野由依
ひかり:儀武ゆう子
みお:七瀬彩夏
ゆり:高尾奏音
かすみ:山本亜衣
{/netabare}


1話ずつの感想

--------------------キリトリ線--------------------

第1話「筑波山で初デート!?」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夏休みが終わり、新学期が始まった。高校1年生のあおいは、夏休みに登った富士山で、幼なじみのひなたがプレゼントしてくれた人形のお礼をしたいと考えていた。アルバイト先の先輩・ひかりからアドバイスをもらったあおいは、ひなたに筑波山への登山を提案する。
{/netabare}
感想
{netabare}
あおいの初デートの相手はひなただったみたいw


背景はたぶん、写真加工アプリを使っててきれい☆
キャラデザとかも前のままみたい^^

今回はほかのメインキャラは顔と名前が出ただけで
あおいとひなたがいっしょに夜の筑波山をのぼるおはなし。。

夜は暗そうだけど、にゃんは昼間より好きかな。。
人があんまりいなさそうだから^^

夜景は絵とか写真だとよく分からないけど
きれいだったみたいで
ひなたもよろこんでくれてよかった☆

帰りはリフトに乗ったんだけど
まわりは夜景を見に来たカップルでいっぱいw


あおいはこんどは前に失敗した富士山に
体力と知識をつけてまた挑戦したい☆彡って思いはじめたみたい^^


OPはかえでとここなも入れて4人だったけど
EDに1人新キャラが出てたけど
仲間がふえるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第2話「登山靴ってすごいの?」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
富士山登山に再チャレンジすることを決意したあおい。だが、山登りの先輩・かえでから、そろそろちゃんとした登山靴を買ってはどうかと勧められる。高額な金額を聞いて尻込みするあおい。放課後、なけなしの貯金を手にしたあおいは、ひなた、かえでと登山用品店へ向かう。
{/netabare}
感想
{netabare}
富士山に再チャレンジしようって思ったら9月なのにもうしまってるって^^
春は4月ごろが1番雪が多いってかえでに言われて
葵は今できることは?って聞いたら体力づくりと
そろそろ登山靴を買ったら?って言われちゃった^^

調べたら、山の気温って100m上がるごとに0.6℃低くなるから
平地より23℃近く低くなるみたい!
それだと、ほんとに真夏にしか登れないよね^^

ってゆうかそんなことも知らないで富士山に登ったあおいって
もっと山のこと勉強しないとそのうち遭難とかしちゃうかも?


あと、登山靴って高いよね!4万円くらいするって^^

なくっても昔の人はぞうりで登ったとか言われても
むかしの人ってバスとかなくってどこに行く時でも歩いてたし
きっと道路も舗装とかされてなかったから
足がすっごく丈夫でごつごつした道とかあるきなれてたのかも?

そう言えば、「3月のライオン」の島田さんとか
ふつうに山に登ってたって言ってたけど
山に登るってゆうか、山で暮らしてるってゆう方があってるのかも?w


足が丈夫だったら靴はぞうりでも大丈夫のかも?w
{/netabare}
{/netabare}
第3話「飯能にアルプス!?」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
富士山登山再挑戦に向けて体力をつけるため、新品の登山靴を履いて「飯能アルプス」踏破をすることにしたあおい。今回はひとりでの登山だ。飯能アルプス最初の山・天覚山を登り始めたころは鼻歌交じりで快調だったあおいの足取り。だが次第にバテてしまい……。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回のおはなしはちょっとこわかった。。

だって、あおいったら1人で知らない山に登るんだもん。。
にゃんだったらとちゅうで道に迷ったらどうしよう?とか
ケガしてうごけなくなったらどうしよう?とか考えてぜったいムリ^^;

おはなし見てたら
この道でいいのかな?とか言いながらどんどん登ってくし
人に会わないって、もしかしてコースから外れてるんじゃない?とか
だんだん心配になってきちゃった^^

ググったらクマとかイノシシとかもいるみたいだし
沢とか歩いてて急に雨がふったらながされたりしないかな?
とか心配がいっぱい^^

1人でだれも来ないところに行って動けなくなったら
誰にもさがしてもらえないし
遭難とかしたときのために、ちゃんとどこに行ったか分かるように
登山の計画とか書いてへやに置いておいたりした方がいいかも?

とか、いろいろ考えちゃったw

でも、そんな誰も来ないところで
たまたま、ここなに会うってすごくない?☆

ここなはいろんなこと知ってて
この山も何回か来たことあるみたいだし
2人になったらきゅうに心配がなくなって、あとは楽しく見れた^^

ここなはカモシカさんに会いに来たって言ってたけど
とちゅうにかわいい看板「へびいるよ」があったりしたってw

そう言えば、前にネットで読んだ記事に、カモシカみたいな足ってゆうけど
ほんとのカモシカって山に住んでるから足ががっちりしてるってw
今回、出てたカモシカさんも足がそんなに長くなかったよね^^

カモシカって漢字で書くと「羚羊」だから
誰かがレイヨウってゆう動物と
ニホンカモシカとカンチガイしたみたいw

あと、レイヨウって足が長いみたく見えるけど
動物って人間だとつま先立ちで歩いてるみたいな感じで
モモに見えるところがモモとふくらはぎだから
足首から下がスゴーく長いだけだって^^

にゃんでもハイヒールはくと足が長く見えるのとおんなじみたいw

そう言えばここながあおいを
「子ノ権現天龍寺」ってゆうお寺につれてってくれたけど
足の神さまをまつってるとかで
大きなぞうりとか大きなハイヒールまで出てたよね^^

あおいは「こんどこそ富士山の1番上までのぼれますように」
ってお祈りしてたけど、にゃんもTVの前でいっしょに
「足が長くなりますように」ってお祈りしちゃった
でも、いつかお賽銭もっていかなくっちゃダメなのかな?w


ユガテって調べたら
盆地で家が2軒立ってて、まわりがお花畑のとってもステキなところみたい♪


あと、あおいのお母さんの作ったお料理がおいしそうだった♪
トマトの赤、小なすの紫、レタスの黄緑それに鳥の照り焼きかな?茶色。。
こんど、あの盛りつけマネしてみようかな?
{/netabare}
{/netabare}
第4話「クラスメイトと遊ぼう!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
10月になり、衣替えの季節。しかしあおいはいまだにクラスに馴染めず、クラスの中に友だちはひなただけだと思っていた。休み時間、ひとりで編み物をしているとき、ふとクラスメイトのみおに話しかけられる。それをきっかけにふたりで話をするうちに、放課後、同じクラスメイトのゆりやかすみ、そしてひなたも一緒にカラオケへ出かけることに。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は新キャラ一気に3人増えたw
タイトルが「カラオケノススメ」になった(ウソw)


あおいは友だちがひなただけって
にゃんは共感してたのに、3人も増えちゃうなんてリア充w

そう言えばにゃんも高校のとき
うしろの席の子くらいとしかほとんどしゃべらなかったかな^^

その子の家にも1回行ったことあるけど
にゃんのニガテなアイドル系の話ばっかりだった^^

カラオケは小さいころ家族で行ったくらいw


こうゆうおはなし見てると友だちっていいなぁとか思っちゃうけど
ずっとボッチだったから
家族以外の誰かといっしょにいるときんちょうしちゃうし
相手のペースに合わせないとって思うから楽しくないし。。

「ゆるキャン△」とか見てるとキャンプ行きたいって思うけど
ホントに冬のキャンプしてみたら死にそうで
もういい!ってなったりする人がいるみたいだけど似てるかも?w

アニメって見てるのがいちばんかも^^
{/netabare}
{/netabare}
第5話「思い出を写そう!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ひなたの父の取材に便乗して、群馬県にあるロックハート城を訪れたあおいとひなた。高尾山で出会った友人のここな、谷川岳の登山で出会い、群馬に住むほのかも一緒だ。城内を散策し、おいしいカレーを食べたり、写真を撮ったりして楽しむ4人。そのうちに『プリンセス体験』の看板を見つけた4人は……。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は「カメラノススメ」で「お前はまだグンマを知らない」だったみたいw
そう言えばここなの声の小倉唯さんってグンマ県出身だって^^

あと、ロックハート城って
「こみっくがーるず」の翼の家にもなってたよね?w

ほのかは写真が趣味だから
4人で写真撮ったりしてると「たまゆら」思い出しちゃう。。^^

プリンセス体験、おもしろそう^^
街の中だったらただのコスプレだけど
本物のお城だからにゃんでも本物のプリンセスになれそう^^


あと、ほのかのお兄さん。。
あんな感じのお兄さんってふつうにいそう^^
{/netabare}
{/netabare}
第6話「コーヒーってなんの味?」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ひなたの家のウッドデッキでお茶をごちそうになっていたあおい。ふとひなたを見ると、コーヒーを飲んでいる。山頂でコーヒーを飲む「山コーヒー」のおいしさを勧められたおあいは、自分もやってみたいと思うものの、コーヒーの苦さがまだ苦手。ひなたと山コーヒーをするために、あおいは豆選び&ドリップの練習を始める。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は「コーヒーノススメ」だったみたい^^

あおいは山コーヒーが飲みたくって
コーヒーのおいしいいれ方の研究して山でコーヒーいれるんだけど
やっぱりニガテ。。ってゆうおはなしで

ひなたからバカにされたくなくってストレートで飲んでたんだけど
ひなたはしっかりミルクを入れて飲んでた。。ってゆうオチ^^


にゃんもコーヒーは好きだし、ちょっと苦くっても大丈夫だけど
豆はあるけどめんどうだからふつうはインスタントw
でも、飲むとおなかが痛くなってきちゃうから
ミルクとかお砂糖多めに入れてカフェオレとか好き^^

コーヒーアイスクリームも好きだけどずっとおんなじ味になっちゃうから
バニラにインスタントコーヒーの粉をふりかけて食べてみたら
トッピングみたくサクサクしててアクセントになっていいみたい^^
ときどき苦いところもあるのもおもしろくっていいよね^^


今回行ったところは「関八州見晴台」で景色がいいところ。。
そんなところで飲むコーヒーっておいしそうだけど
インスタントでいいかな?ってw

あと、高山不動尊って1300年も前からあるってすごいよね^^
そこに寄ったとき、階段でひなたが下を見て「高ぇー!」って言って
「見てみれば?」ってあおいに言ったら「ゼッタイ見ない!」って
それって帰るときどうするのかな?w

そうやってからかったりするひなただけど
あおいがコーヒー飲みすぎで寝不足なの心配して
道具を持ってくれるとか、やさしいよね☆
{/netabare}
{/netabare}
第7話「働かざるもの、登るべからず!?」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ひなたがあおいに、今度の休みに池袋まで遊びに行こうと誘うものの、あおいはアルバイトがあるからと断る。アルバイトの当日、その日はクラスメイトやお母さんの退院祝いを買いに来た女の子など、様々な人たちがやってくるが、あおいは熱心に接客をするのだった。その様子を見たひかりは、あおいの成長に目を細める。
{/netabare}
感想
{netabare}
ケーキ屋さんではたらくあおいと
1人で池袋に遊びに行ったひなたのおはなし^^


ひなたはつい、いないあおいに話しかけて
はずかしい思いとかちょっとさびしい思いしちゃったり。。ってゆう感じ^^
ふつうのアニメだとこうゆうとき、ボーイフレンドほしいな☆彡
とか思うと思うんだけど「ヤマノススメ」はそうゆうのなくってスッキリ^^


あおいはバイトになれてきて
ひかりにもほめられるようになってきたみたい^^


今回のおはなしはモンブランがメインだったみたい?

モンブランが山の名前ってゆうのはにゃんも聞いたことあったけど
フランス語で白い山ってゆうのは知らなかった^^

Mont BlancだからMontがMountainでBlancがブランクで空白だから白かな?
そう言えばブランコってスペイン語で白のことだって聞いたことあったけど
クリームが山肌で粉砂糖が雪でモンブランだったんだね^^

小さい少女が小銭をためて
399円ちょうどのケーキをお母さんのためにって買いに来たところは
あおいが消費税を出してあげるのかな?って思ったら
店長さんがオマケしてくれてよかった^^

そうゆうところ見てあおいも
閉店したあと来たお客さんを呼び止めてわざわざお店をあけてあげたけど
娘が好きなショートケーキがないってゆうお母さんに
娘が好きなのは山登りって聞いてモンブランをすすめてたけど

買ってったのが実はここなのお母さんだったってゆうオチがよかった♪

おみやげ渡そうって思ってきたひなたが
いそがしそうに働いてるあおいを見て帰るシーンがあったけど
さびしいって思うんじゃなくってうれしそうにしてたところが
ひなたって大人だなぁって思った☆
{/netabare}
{/netabare}
第8話「ふたつの約束」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「あおいでも登れそう」ということで、ひなたは群馬の赤城山登山にあおいを誘おうとするが、連絡がつかない。そのころ、あおいはほのかと群馬の伊香保温泉に遊びに行く約束をしていたのだ。翌日、あおいからほのかとの約束を告げられ、一緒に行こうと誘われたひなただったが、断ってしまう。あおいはひなたのそんな様子をいぶかしがる。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしだけど
先週のつづきってゆう感じなのかな?

先週、あおいにフラれて1人で池袋に行ったひなたは
帰りにあおいのバイト先の前まで行ったけど
けっきょくおみやげ渡さないで帰ってきちゃった。。

そのおみやげもまだ、渡さないでへやに置いたまま。。


こんどいっしょに赤城山に行こうって電話してみたけど
だれかと話し中で出ないし。。

ここなはいっしょに行くって言ってくれたのに
ひなたはあおいがいないとさびしいみたい^^

でも次の日、あおいに「ほのかといっしょに群馬に行かない?」
ってさそわれてことわっちゃった。。

でも、ホントはもう一声かけてくれれば。。って思ってた。。

赤城山に行く日も別々の2人はもしかして?っておたがいをさがしちゃって
ひなたがツンデレやめてたら2人いっしょに行けたのにね^^


それでも赤城山(地蔵岳)ってきつくって
ひなたは、あおいがいっしょだったらきつくって登れなかったかも?
って自分に言い聞かせて「よかった」って思おうってしてたみたい^^


あおいのほうはほのかといっしょに
伊香保温泉の観光。。石段が365段もあってちょっとした登山みたいw

とちゅうで雑貨屋さんに寄ったけど
もしかしてひなたにおみやげ買うのかな?^^


今回もあおいとひなたが別れちゃって
おはなしもとちゅうで終わっちゃったみたいで何だかスッキリしなかった^^

来週は仲直りできるといいけど☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第9話「それぞれの景色」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
伊香保温泉の階段を登りきり、伊香保神社や展望台を歩き回るあおいとほのか。さらにほのかはせっかく来たのだから、露天風呂に入っていこうとあおいを誘う。友達とお風呂に入ることがちょっぴり苦手なあおいだったが、覚悟を決めて露天風呂に向かう。一方、ひなたは、あおいのことを案じながら、ここなと一緒に赤城山を登りきる。
{/netabare}
感想
{netabare}
地蔵岳は山道で登るのが大変みたい^^

でも、ここなといっしょにとちゅうで1口ようかんとか食べながら
楽しそうなひなただったけど、いつもあおいのこと考えてたみたい^^

山頂のちょっと前にお茶の時間
あおいの作ったスコーンとかクッキーがおいしそう^^
ミルクティーもいいなぁ☆彡

雲って景色はあんまり見えなかったけど天使のはしごが見えて
ひなたは写真にとれてうれしそう^^

ここなはTVの撮影に来てたぐんまちゃんに会えて幸せそうだった☆


あおいはほのかにさそわれて温泉^^
温泉は鉄分が多くって体にいいって言われて、飲んでたけど鉄クサイってw
でも、貧血には良さそう^^

そのあと、ほのかが温泉のチケットを買ってくれて
タオルまで持ってきてくれてる^^

友だちとおふろに入るのはずかしそうだったけど
修学旅行とかどうしてるのかな?

ほかの人がいなかったからよかった^^
特製ぐんまちゃんタオルをここなちゃんのためにおみやげ。。

そのあとはお兄ちゃんにおくってもらって榛名神社にお参り。。
パワースポットで有名なんだって☆

そこで、みんなで富士山に登れますようにって
お札に願いをこめておさめてたけど
ぐんまちゃんの書いてある絵馬とかだったらかわいいのにな☆彡


あと、帰るときにおみやげでほのかから名物のコンニャクをもらってたけど
「お前はまだグンマを知らない」見てたから知ってたw

コンニャクってダイエットにいいからにゃんはよく食べるけど
しっかり味をつけたらおいしいよね^^

電車の中であおいはひななたちに会ったけど
ここなと今日のできごと話してて
ひなたはさびしそう。。

自分から話にまざればいいのにね
天使の柱の写真も、私も撮ったって言って見せっこしたらいいのに
それだけなのに、まあいいやってごまかしてると
どんどんはなれて行っちゃいそう。。
{/netabare}
{/netabare}
第10話「すれちがう季節」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
同級生のみおたちに池袋へ遊びに行かないかと誘われたあおい。ひなたにはすでに予定があって一緒に行けないと知り、あおいは遊びに行くかためらうが、みおたちと出かけることに。当日、あおいからの楽しそうなメールを受け取ったひなたは、あおいの楽しそうな様子を見て一抹の寂しさを感じていた。
{/netabare}
感想
{netabare}
あおいはみおたちと池袋に行くことになって
ひなたは親と映画に行くってことわったんだけど
実は曜日をまちがえてたことに気がついて
今からいっしょに。。って考えてやっぱりやめちゃった。。

それで1人でぶらぶらしてたらかえでとかえでの友だちのゆうかに会って
かえでの家で勉強につき合うことになったの^^

その間も、あおいが1人で浮いてないか心配してたひなただったけど
けっこううまくとけこんでたみたい^^
帰りの電車でかすみに話しかけられて前より明るくなったって言われたの。。

それで言われてはじめて気がついたのは
かすみも3年間いっしょのクラスだったって!


えっ!?いくらぼっちのにゃんでも
3年間いっしょだった人と高校でもクラスがいっしょになったら
ゼッタイ気がつくよねw

帰りに駅で3人といっしょのあおいを見かけたひなたは
みんなで楽しそうにしてるあおいに、また話しかけれなくって
帰ってからあおいが楽しかったらいいじゃない。。って言いながら
なんだかすっきりしないひなたみたい。。



「すれちがう季節」ってゆうサブタイトルだったけど
べつにケンカしたとかじゃなくって
あおいはふつうに話しかけてくるんだから
すれちがってなんかいないって思うな。。

ただ、ひなたもふつうに話しかけたらいいだけなのに
それができないのってやっぱりひなたのせいじゃないかな?^^

にゃんは1人のほうが気が楽だからいいけど
さびしいって思うんだったら自分のほうから行かないとね^^

あおいはそれで、無視するような子じゃないって分かってるんだから
ホントはデレてるのにツンみたいなことするのやめればいいだけ。。

「ヤマノススメ」はさわやかなのがいいのに
こじらせはじめてこれで3週目だから
これ以上つづくときらわれちゃいそう。。
{/netabare}
{/netabare}
第11話「ぎこちない縦走」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
あおいが池袋で買ってきたおみやげをひなたに渡したものの、ひなたはどこか浮かない様子。そんななか、かえでが「週末にテント泊しながら瑞牆山と金峰山に登ろう」と誘う。出発の前日、あおいは自宅に泊まりに来たここなと一緒に翌日の夕食の準備をしていた。ところがその準備に思いのほか手間がかかってしまい……。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで

おみやげはひなたが買ったまま渡しそびれてたミミズクとおんなじもので
「2つもどうしろと?」って1人でぼやいてたけど
早く渡せばよかったのに。。


2人でお弁当食べてるときも
あおいが話しかけてるのにつまらなさそう。。

「最近すれちがってるなぁ。。」って思ってるけど
すれちがってるのは自分だけだよね。。

そのお弁当のとちゅうでかえでが来て山登りにさそわれても
うれしそうじゃない。。


山登りの日、あおいとここなが遅刻してギリギリで来たら
めちゃキレて山に登りながらも口もきかないくらい。。

リードをたのまれたあおいが
みんなにやさしい道って考えながら歩いてるのに
わざとあぶない道を行っちゃう。。

それで、よく分からなかったけど
岩の上から飛び下りて
ちょっと足をいためたのにムリして歩いてるみたい。。


自分の思い通りにならないからって勝手に行動するなんて
これって闇落ち状態の入り口だよね。。。。

OPで「♪~目下 夢中をこじらせ中です~♪」って歌ってるけど
こじらせてるのはひなたの気もちみたい。。
早く治さないと☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第12話「ともだち」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
前日に準備してきた晩御飯を振る舞うあおいとここな。そのおいしさにひなたも少し喜んでくれた様子で、あおいは胸をなでおろす。翌日、早朝から金峰山へアタックを開始するが、ひなたの様子がおかしい。すると、ひなたにあるトラブルが発生し、心配になったあおいはひなたに寄り添うのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしだったけど
はじめに作ってた晩ごはんって洋風煮込み料理みたいだったけど
クリームをはじめに入れるとザラザラした舌ざわりになるから
クリームはさいごに入れた方がおいしいかも?^^

食べたひなたは、まだ笑顔は出ないけど
「うん、おいしい」って言ってくれたからよかった^^


ひなたはひざを痛めたの、かくして歩いてたみたいで
とちゅうでリタイアして3人に自分を置いて頂上に行くようにって言ったけど
葵は「日向をひとりで置いてけない」っていっしょに残ったの^^


2人分の荷物を持って歩くあおいはちょっと疲れたみたい
とちゅうでひと休み^^

あおいの「ようかん食べる?」に
「おじいちゃんか?」ってツッコミを入れるひなたはスナオになれたみたい
2人がきのうのことあやまって

ひなたは、あおいが小学校のときみたくはなれてっちゃうんじゃないか
自分がいなくっても平気なんじゃないか?って不安だったこと話して
あおいは、ひなたが1番の友だちだって言って
2人はまた元のように仲良くなったんだ☆


それから頂上から帰ってきた2人も合流して帰ったんだけど
いつもの明るい「ヤマノススメ」にもどってとってもよかった♪


さいごはひなたが池袋のおみやげをへやに取りに行くところで終わってたけど
「何?」って聞くあおいに「それは見てのお楽しみ^^」ってゆうひなた。。

またいつもの
おこったりわらったりする日常がはじまりそうでよかった☆



岩の上で2人があやまるところ。。
けしきはよかったけど
高いところニガテなにゃんは頭がクラクラしてきちゃった^^;
みんなよく平気であんなところに行けるなぁ。。w
{/netabare}
{/netabare}
第13話「秘密だよ?」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
季節はめぐり、もう11月。富士山登山に向けて体力をつけるため、あおいはペットボトルが入った荷物を担いで、天覧山に登っていた。そこで偶然ここなと会ったあおいは、ひなたの誕生日が近いことを知らされる。ひなたへのプレゼントは何がいいのか、あおいはいろいろと考えを巡らせるが、なかなか思いつかずにいて……。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしだったけど
なかなか思いつかなくって暗い顔してたらひなたにからかわれて
つい「ひなたのサプライズプレゼントをさがしてて。。」って言っちゃったw

「自分ってひなたのこと何にも知らないなぁ。。って思って落ちこんでた」
って言ったらひなたも
「わたしもあおいのことぜんぶ知ってるわけじゃない。。だから楽しい」
みたいに言われて
いっしょにひなたのほしかった化粧ポーチを買いに行ったの^^


さいごはEDに合わせて誕生パーティー♪

さいごの「See you again!!」が親友アゲインって聞こえたのは空耳かな?^^


ひなたが言った
「知らないから知ろうとする、知らないからいっしょにいるのが楽しくなる」
ってゆうのはそうかも?

でも、いろいろ知りすぎると合わないところが見えてきて
イヤだなぁ。。って思ったりするかもだから
あんまりいっしょにいない方がいいのかも?


学校でときどき、クラスメートが話してるのが聞こえたけど
友だちどうしで話してて、1人がぬけたらその人のウワサ話とかはじまって
ワルグチも聞こえたりして
友だちって仲がいいだけじゃないんだな。。ってちょっと悲しくなったり。。

でも、にゃんも自分で自分のことキライなところっていっぱいあるし
ずっといっしょだった自分でも、イヤなところがいっぱいあるんだったら
友だちなんて、ずっとべつべつに生きてきたんだから
自分とは違うな。。イヤだな。。って思うところ、いっぱいあるって思う。。

だから、友だちだからってあんまりベタベタしないで
ときどき会うくらいがいいのかな?って。。

にゃんは「ゆるキャン△」みたいな友だちがいいな。。って思う

べつにみんなのことキライじゃないけど
「1人でいたい」って思っても
それをぜんぜんゆるしてくれる友だちっていいな☆彡って


あと、ひなたとあおいがおたがいのヒミツのこと話してたけど
ちょっと気になったw
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。


3期は山のおはなしより友だちのおはなしが多かったみたい。。

今まで遊んだことないクラスメートと遊びに行ったり
親友と何となく気まずくなったりする暗い話があって
仲直りするのは分かってるんだけど
後半、見ててあんまり楽しくないおはなしがつづいてちょっとザンネン。。


でも、さいごはふつうによかったから
4期でみんなで富士山があったらいいな☆彡

あと、ほかの山も見てみたいし☆彡

投稿 : 2021/09/10
閲覧 : 647
サンキュー:

71

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

アニヲタ兼登山家のたわごと。

私事ですが、
ガチな登山家です。

山に興味を持ち、
奥多摩やら秩父やら、
手近な山に登り始めた頃、
ちょうど時同じくして、
このアニメ1期が始まってくれたものだから、
私にとってこの作品は、
バイブルのようなもの。
原作も既刊20巻読了してます。

山登りを始めた当初は、
リュック、シューズ、雨具といった、
登山における三種の神器なんてのも分からず、
とりあえず普段使いのやつでいいや、
という甘い考えで、
2期で登っていた三つ峠山に挑み。。。
当時はまともに地図も見ずに、
どこ歩いてるのか分からなくなり、
俺よく下山できたな、、、
という経験もしましたが。。。

それから数年、
おかげさまで今は、
かえでさんのごとく、
断崖絶壁だろうが、
雪山だろうが装備万端、
そこそこの山は登っちゃえるようになりました。
ホント、この作品のおかげです。

私事終わり。

さて、3期について。
率直に言えば、山要素が少ない。。。
筑波山、赤城山、瑞牆・金峰山、
1クールで15分アニメとは言え、
これだけか。。。

2期でもオリジナル展開はあったが、
3期は一層オリジナル色が強くなる。
{netabare} 第5話のロックハート城の話も、
当然原作にはなく、
ただキャラのコスプレを愛でるだけの回である。。。笑 {/netabare}

とは言え、
クレームではありません。
原作改変の賛否はあるみたいですが、
個人的には原作よりアニメの方が断然好きです。

原作は登山関連に特化してる分、
何と言うか、人間関係が淡白で、
アニメ終盤のような、
{netabare} あおいとひなたのすれ違いも起きないのだが、
アニメでは、2人の友人としての距離感がとても丁寧。

ぼっちだったあおいが、
ひなたのおかげで友人関係が広がっていき、
それをひなたは嬉しいと思う半面、
自分が必要じゃなくなっていくという寂しさや焦りも募る。
ありがちな親友同士のすれ違い、
からの仲直り展開だが、
原作にはない、物語に広がりを持たせていて、
これはこれでアリだと思います。{/netabare}

続編は来年放送予定だそうで、
どんなオリジナル展開を見せてくれるか?
あおいの富士登山リベンジはなるか?
楽しみです。

個人的には、
ここなちゃんが推しキャラ。
実は登場人物の中で、
一番つえーキャラです。
最年少なのに。。。

2期で、あおいが挫折する中、
富士山制覇。
今期では、ひなたがリタイアした中、
瑞牆・金峰山縦走制覇。
(↑ここ、富士山の数倍はキツイ。。。)
そしてしょっちゅう飯能アルプス登ってる(気がする)。

こんなJCやJKが、
リアルに山登りしたり、
テント泊したりしてないかなー、と、
いっつも目を凝らしながら山登りしてるのだが、
現実は厳しい。。。
若い女の子のみの登山者なんて、
まっっったくいないもんです。

まあ仮に、いたからって、
どうこうするわけでもないですけど。。。w

投稿 : 2021/09/09
閲覧 : 193
ネタバレ

人類の宝 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ひなたとあおいが衝突するのが見てられない

ここまで重くのしかかるのか
ひなたは明るそうに見えて一番繊細なんだな

投稿 : 2021/04/18
閲覧 : 186
サンキュー:

4

ネタバレ

ASKA さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

新しい経験があった3期目。

登山アニメ「ヤマノススメ」のタイトル通り3期目になります。
大体は1期目2期目と同じく山登りをしたりしていますが、今までしてなかったことも出てきます。

靴を新しく買ったり、今まで遊んだことのなかったクラスメイトと遊んだり、ロックハート城に行って写真を撮ったり、コーヒーを山の上で淹れて飲んだり、あおいがバイトに励む様子が描かれたり、テントに泊まって2日かけて山登りしたり。

今のところ4期目のお知らせはありませんが、続編が見たい作品であります。

2021/3/30 更新
先日4期目がアナウンスされました!続編も楽しみですね。

投稿 : 2021/03/30
閲覧 : 361
サンキュー:

29

ネタバレ

こま さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

キャラをより掘り下げて。

15分枠の13話。
本格的に登山をするのに必要な登山靴などもうちょっと踏み込んだ内容もあり、それぞれの人間関係を掘り下げてもいるのですね。
あおいが成長していく中でひなたとすれ違ったり、山を登るだけではないのです。
よりキャラを好きになれるのですね。
原作ストックも十分あるみたいなので是非とも4期をやってもらいたいものです。
EDの「色違いの翼」めっちゃ好きなのです。
最後に、{netabare}登山靴高けェェェ!{/netabare}

投稿 : 2021/01/23
閲覧 : 248
サンキュー:

21

ネタバレ

SK-046(しろ) さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

1期と2期との比較

2018年下半期に乃木坂46にどハマりしたため久々の完走レビューです

アニメ鑑賞も定期的にこなさないといけないと、反省


{netabare}富士山リベンジの3期だと思ってましたが違いましたね(汗)

正直、面白い回と面白くなかった回がはっきりしてました

1期~2期の頃に感じた「聖地巡礼や登山してみたい!」要素があまり...

いい意味での「ヤマノススメ感」を感じれず少しだけ残念でした

楽曲は個人的にED「色違いの翼」の方が好みです^^

2期までが大好きなので評価は甘めの4点台です

1期~2期は相変わらずオススメしたいアニメの一つとなっております{/netabare}


何はともあれ、4期も必ず観ます!

投稿 : 2020/05/24
閲覧 : 318
サンキュー:

14

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

3期はあんまり山に登ってないね!

でもいいんだ!
女の子がかわいいから!そんなのかんけいねーさ!!
あおいとひなたの友情物語みたいになってたね!2人ともいい子だねえ!

途中あおいが成長して
人見知りでひなたいがいと喋れなかったあおいがみんなと仲良くなってるのをみて焼きもちやいてすれ違って。。
でも最後はふたりはほんとに仲良しなんだよ!って話し合えてよかったね!
12話よかったです( *˙ω˙*)و グッ!

投稿 : 2019/09/12
閲覧 : 191
ネタバレ

響-n4 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

うーん、、。

キャラが残念!
せめて中学生から上ならよかったと思う

投稿 : 2019/05/20
閲覧 : 260
サンキュー:

2

ネタバレ

大重 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ヒロイン間の経済格差が気になるアニメ

いや、基本的には可愛くて楽しい、ほっこりする良いアニメなんですよ。
山登りが楽しそうだと思えます。

しかし良く話題にもなりますが、ひなたとあおいは、つくづく良い家に住んでいるなぁ…と。
アニメで良くあるメイドが居るような大豪邸は何とも思わないですが、こういう地に足の着いた普通の豪邸だと、風呂広! とか玄関広! とかいちいち驚きます。
その一方で、貧しいここなちゃん…。
キャラ同士に、こうもリアルな経済格差を感じるアニメも珍しい。
この辺が気になるとぐっと重いアニメになってしまう。

金持ち側はあまり気にしないけれど、貧乏側が僻むのですよね。
僻んだり妬んだり一切せず、ピュアに仲良くできる、ここなちゃんの天使っぷりが素晴らしい。
特に泣かせるシーンでもないはずなのに、誕生日プレゼントでも手作り料理とか、お金をかけないで手間暇と真心をかける姿にホロっとします。

投稿 : 2019/04/08
閲覧 : 327
サンキュー:

7

ネタバレ

tinzei さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

う~ん、微妙

三期、引き続き15分枠、今回は1クールだけ。


二期から引き続き15分、内容も二期と同じように山登りしつつ主人公達の心情を描く。
前半は山登りと観光がメインだからいいとして問題は後半、内容はあおいとひなたのすれ違いから起こる喧嘩→トラブルで仲直り、みたいな超定番展開。正直言って『ヤマノススメ』にこんな学園日常にありそうな内容は求めてないんだがなぁ・・・・こんなことならちょっと遠出して関東以外の山でも行って欲しかった。


一応最終目標が富士山だから原作に余裕があれば四期も作るのかもしれないけど、この分じゃその内容もまた心情メインになりそうだな、『ヤマ』なんだから山だけ登ってりゃいいんだよ!!(暴言)


ところどころ絵が手抜きかと思われるような描写(点目とか)が多い、二期だとこんなの無かったよな?・・・・・・・・・まあ俺の勘違いかな。

投稿 : 2019/02/06
閲覧 : 271
サンキュー:

4

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

地平線ストライド

1期から追いかけてるシリーズです。

ヤマノススメのタイトル通り登山をする
女の子たちのお話なんですが、今作は登ってはいるものの
全然印象に残らない感じで、見終わった感想としては
うじうじが長いということだけでした。

同じアウトドア系アニメに分類されるゆるキャン△は
一切うじうじした人間関係がなく非常にさっぱりしていて
ノンストレスでよかったですし、
多少ぎすぎすはあったもののほぼ一話で起承転結すべて
やってくれるよりもいなど2018年は人間関係的な意味でのストレスを
引っ張らないアニメばっかり見てたので、今作は冗長に感じ
別にそれが何か面白かったり、興味深い感じもなくただうじうじした
キャラの表情を見せられて、結局仲直りもドラマスティックでもなく
必要だったかな?もっと早くこの展開終わらせてもよかったんじゃない?
いいからほのかちゃんを出せと思ってました笑

4期続くかな、続いたら見ます。

投稿 : 2019/01/06
閲覧 : 202
ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

二人の少女の仲直り物語

すごく萌えることのできるキャラ絵に、そしてとてもカワイイ声のCV。
視ていると萌で、悶え苦しみそうになりますw。
お話は二人のメインヒロインのささやかな不仲から仲直りするものです。
そのお話自体は取るに足らないようなことが原因だし、その結果も
傍目に見てやはり取るに足らないものです。
つまり、山登りに関する様々な蘊蓄や山の風景を萌え少女たちと
一緒に堪能するという作品だと思います。山登りについて私は
知っていることはほとんどないので楽しめました。
あと、こんなカワイイいきものが山にいる筈ないとかツッコンだらマケです。
 

投稿 : 2018/12/21
閲覧 : 239
サンキュー:

12

ネタバレ

Lovin さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

観た感じ

■情報
 {netabare}原作:しろ

 監督:山本裕介
 シリーズ構成:山本裕介
 キャラクターデザイン:
 制作:エイトビット
 話数:1クール全13話

 OP:「地平線ストライド」
   by あおい(CV:井口裕香)、ひなた(CV:阿澄佳奈)、かえで(CV:日笠陽子)、ここな(CV:小倉唯)

 ED:「色違いの翼」
   by あおい(CV:井口裕香)、ひなた(CV:阿澄佳奈)

{/netabare}
■感想
 知識:原作漫画未読
 鑑賞:TV放送
 概要:啓蒙型登山系
 成分:みお、ゆり、かすみ
 設定:…

 ちょっとした手違いで「こんなところで終わるはずがない」と思いながらも何時の間にか「12話で終わり」と解釈してしまい観終わるのが遅くなったうえに、色々繰ってたレビュー用のネタを完全に白紙にしてしまった愚かな私だった。ここから巻き返すのは正直非常に面倒だ。

 {netabare}今回はアイツらの仲が割れる、まあ取り返しが出来ないレベルではないのだけれど。あれはマンネリだからって訳でもないのだろうけど、寧ろ相変わらずを確かめると言う意味で踏破すべき大切な「山」だったと思う。さて、踏むべきワードも踏んだことだしこれ以上は、では余りにもアレなので、2期同様微笑ましく感じたところを書いておく。
 今期もあおい自身の成長と交友関係の広がりがメインだが、孤独で陰気な中学時代を過ごしたあおいに、それを見守っていた存在…まあこれ以上は申しますまい。アイツらのおかげであおいの学生生活が、今時のJKらしく楽しいものになっている。ただ遊ぶのに他府県に行く、という感覚に違和感を覚えたが、関西でも大阪、神戸、京都くらいは遊ぶ範囲になるので、そういう感覚の私がおかしいだけである。
 そしてあおいの古くからの交友関係で言えば、あの小娘は相変わらず女子力の塊だが、あの山基地外は幼馴染みのおかげですっかり陰を潜めている。寧ろあのキャラがあんな眼をするのかってくらいに病んでいた。
 今期一番のMVPだと感じたのは黒崎大樹。面白過ぎる。ひなたの誕生日にビデオレター(ライブって可能性も否定できない)を送ったほのかの兄であるが、ほのかがお兄ちゃんこ(ダイニング若)だと悟られないように振舞っているのに対して、ビデオレターに乱入してほのかを慌てさせるという傍若無人振りを発揮、しかし女子力の塊とは面識がない模様。人物像はそれなりに分別のある人間らしく、アニメには登場しなかったはるかと言う良く出来た彼女も居るらしい。更にすすきのオーナーも今回は頑張っている。高校生なのでおそらくそれ程高価な予算ではないのに対し、絵に描いた祝い丸出しのケーキを予算内で納めると豪語していた。
 今回の終了時は「See you, again」と続かない雰囲気だったが、一度挫折した世界遺産の名峰への再挑戦も描かれていない。無理矢理続けられない訳ではないが、後はOVAで、という雰囲気を感じた(実際「おもひでプレゼント」とか前例がない訳ではないし、イメージ的には監督のライフワークだし)。あおいの成長を見守る(勝手な)立場としては、何かあればまた鑑賞したい作品ではあった。{/netabare}

■蛇足
 {netabare}個人的に今しんどい。

 単純に吐き出したいだけではあるのだが。{/netabare}

投稿 : 2018/11/28
閲覧 : 226
サンキュー:

21

ネタバレ

ダレイオス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

3期は4期への序章な感じが強かったです。

2014年に放送された2期の続きとなります。
1話15分弱、2期とは違い1クールアニメ

本作は山登りをする女の子達がテーマとしていて
それに日常をプラスしたものとなっている。
3期は主人公の女の子が2期で富士山に挑戦したものの断念することなり
その再挑戦を視野に入れた開始となってましたが
9月の終わりは実はシーズンが終わりすぐに富士山は時期的に登れないということが
わかり断念することなり、次のシーズンまでの準備がテーマに見えました。

そして気になることが・・・キャラの作画がチョット微妙かな・・・と
結構作画がとろけた様になっているので
2期も後半は乱れていたのは気になったけど
3期も気になるな・・・
ただ、悪くはないとは思います。あくまでも気になるレベルなので
普通のアニメとみれば良い方だとは思います。
期待していた分、気になった程度です。

3期は富士山再挑戦に向けて、体力を付けるために他の山に登る下準備から始まって山に登ってましたね。
下準備は新しい靴を買ったり、その靴がどういうものなのかを
説明していて、山に登るのは装備が重要なのはわかるし
靴の値段は凄く高いのだけど、この回を観ると私的にもいい靴で欲しいな・・・
と思えるぐらい説得力のある説明がされていたので
視聴していて思わず登山してみたくなるぐらいこの回は楽しめました。

しかし、その後は淡々としていましたね。
主人公はソロで山に登ったりで内容的には成長したな・・・と実感出来る
ものとなってましたが2期までとは違い経験があるので
そこまでは苦戦はしないので思ったよりは登山描写は普通でした。
テンポも早いですし綺麗に描かれた山の風景を楽しむ感じが強かった。
ただ、演出的には山の中での入射光の照らし方が上手くて
山の中にいるんだな・・・とよく伝わってくる演出は良いので
山の風景を満喫するには十分なクオリティーはありました。
キャラの作画の質は気になったけどこの演出は中々

正直、山には登ってはいましたが描かれていたのは楽しい日常でしたね。
雑学をやりながら楽しいひと時を描いていました。
コーヒーをブラックで飲もうとしたり女の子が大人になってみようかな?
的な可愛らしいネタなどみていてほっこりするものとなっていたのは良かったです。
逆に山の中で役に立つトリビア的な知識はあまりなかったです。
色んな場所に行って観光アニメな要素も強かったな
3期は「ヤマノススメ」というよりは「ニチジョウノススメ」だったな・・・

他には主人公は山に登る友達は出来たが学校のクラスでは「ひなた」以外とは
仲が良い子はいなかったが3期では
クラスメイトとの交流が描かれてましたね。
これは日常系ぽい描写でしたのでふんわりとした中
仲が深まる過程を描いてましたのでこれについては楽しめました。

そしてそれで最後までいったのであれば日常系を重視した山登りものとしてみれたけど
後半は思ったよりもギスギスしていましたね。
ベースはあくまでも日常系の作りなので楽しいひと時が描かれてはいるのですが
その中で主人公と「ひなた」の人間関係の悪化が描かれてました。
チョットした嫉妬や誤解からギスギスする展開は発生の仕方がリアリティーはありましたが
このアニメの作風からは望まれてないな・・・と思いました。
そのまんま登山とかもしてましたが
流石にこの状態だと山登りする楽しみは半減してましたね。
楽しめたけど思ったよりは・・・でした。
本来はもっと楽しく登るものだとは思うので・・・

でもそのおかげで落ち込んでいる主人公と「ひなた」の気持ちと一体になれるので
この展開はキャラに感情移入はしやすかったし
内容もこうやってお互いを距離をチョットとることにより
相手のことを考えたり、相手が自分のことをどう思ってるのとかを考えたり
改めて色々見つめなおす展開にはなっていたので
その展開自体は悪くはなくて
色彩の表現もチョット黄昏の様にどんよりとしていたり
ギスギスした微妙なその心境を表現しているようで演出は素晴らしく
登山アニメなのを忘れずにこのストーリー展開を登山しながら描けたのも
好意的にみたい。
ただ、解決の仕方は「ひなた」が主人公の一番じゃなきゃ嫌だというチョットめんどくさい女の子だったのは否めないし
「ひなた」の成長を考えるとチョット甘やかしすぎたかな・・・とは思いました。
反省はしてないですし・・・
終わり方も分かち合ってお互いが大切な存在と実感出来るものとなっていたのだけど
主人公が受け入れただけだからなあ・・・
これだと主人公の聖人さが目立ち「ひなた」はわがままな女の子だった・・・
感じだったのが引っかかりました。
「ひなた」の成長の描写がほしかったな
主人公はボッチから変化の兆しがみられて成長したな・・・と思える所はあったので
主人公の物語としては悪くはなかった。

声優さんについては日常シーンはキャラの可愛さが伝わる演技作りが
出来ていたのは良かったです。
逆にシリアス時も気持ちのこもった演技が出来ていたし
私的には演技力には問題はありませんでした。
特に「ここな」役の方は喋っているだけで癒される声質、演技だったので
作風的にギスギスしていただけに凄く良かったです。

まとめると富士山に再挑戦するまでの準備期間が描かれていたストーリーでした。
なので3期は4期への序章な感じが強かったです。
山に登るための装備を準備したり、山登りのトレーニングをしたり
やっていたことは本当に準備でした。
2期で主人公が経験を積んだおかげで3期は過酷な山登りの描写はなくて
日常系よりなので可愛らしいシーンやほっこりするシーンも多く
楽しんで観させてもらいました。
クラスメイトと打ち解け合う関係も良くて関係性の変化も楽しめました。
ただ、後半はギスギスしているのでここまでの作風からは望まれてないと
思うのでその点は人を選ぶでしょう。
人間関係を重視した展開自体は悪くはないのだけど
主人公と「ひなた」との解決の仕方もチョット引っかかりました。
ただ、確かにタイトルの「ヤマノススメ」からするとチョット脱線したような感じでしたが
2期よりも実際はよく山に登ってるんじゃないの?
ぐらい実際は山にはかなり登ってますし、内容が山からは離れていなかったのは良かったし
作画の質はチョット気になったけど演出は素晴らしく私としては
楽しめたし合格点は出せるアニメでした。

投稿 : 2018/10/30
閲覧 : 228
サンキュー:

11

ネタバレ

Yas さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

.

投稿 : 2018/10/23
閲覧 : 184
サンキュー:

0

ネタバレ

takarock さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ヤマノススメ サードシーズンの雑感「だから私は1期が好き」

「ヤマノススメ」でどのシリーズが好きかという問いを投げかけると、
大半の人は、「セカンドシーズン」と答えるでしょう。
1期の5分枠からセカンドシーズンは15分枠に拡大。
キャラの関係性もより深く掘り下げることができますし、
富士山へ挑戦、そして挫折というストーリー性も組み込みやすくなりました。
(ちなみに、極少数派でしょうけど、私は1期の方が好きです)

それを受けての本作(サードシーズン)ですが、
セカンドシーズンよりもさらに深くキャラの関係性を深く掘り下げてきました。

簡潔に言うと、これまで内にこもりがちだったあおいが、
ひなたの庇護下から離れ、外に関係性を築いていくというのが1つのテーマになっています。
このことにひなたは激しく狼狽します。
「私だけのあおいだったのに・・私の知らないあおいの笑顔・・・私の知らないあおい・・」
このような描写からクレイジーサイコレズとかユリノススメとか言われた本作ですが、
こうした事例は特段珍しいものでもなく、
親と子の関係で言ったら、「子離れできない親」の心情がそうでしょうし、
友情関係で言っても、若い時にこうした感情を抱くことはよくあることだと思います。

最終的には「お互い知らないことがあるからこそおもしろい」という
至極真っ当な結論に至るわけですが、彼女たちにとっては大きな成長だったのだと思います。

いや~めでたい、めでたい。


しかし、私がこのシリーズに求めているのはそこじゃあないんです。
「ゆるキャン」ならぬ「ゆる山」なんですよね。

「ゆるキャン」が互いに適度な距離感を保ち、
視聴者にストレスを与えない関係性なのに比べて、
本作は登山の最中もギスギスしてて、全然ゆるくない。

はっきり言って、この作品に求めているのは単純な癒やしです。
例えば難解な作品を視聴した後に、何も考えずに視聴できて、
ほのぼのするというような癒やしを求めているわけです。

キャラの関係性を掘り下げた成長物語、大いに結構です。
しかし、それはストレス要因を取り除いた状況下でも成立する話ですし、
ギスギスを何話も跨いでまですることではないと思います。
このシリーズの立ち位置を少々見失っているのでは?
と言いたくもなりました。

だから私は、無駄なくアウトドアの楽しさを伝えている1期が好きなんです。

投稿 : 2018/10/18
閲覧 : 399
サンキュー:

44

ネタバレ

MuraBustan さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

三期は

少々毛色の違う三期。ほほえましいけど、富士山登頂まで続くのかな?

投稿 : 2018/10/11
閲覧 : 195
サンキュー:

9

ネタバレ

bk958 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

登山靴を買うのに迷う、それがヤマノススメ

登山に励む女の子たちを描く日常系寄りのアニメ。3クール続いている作品なので、魅力は今更言うまでもないんですが、2話は4万円する登山靴を買うのにひたすら悩むという実にヤマノススメらしいエピソードでした。

ここらへんは『ゆるキャン△』あたりも記憶に新しいところで、便利キャラを出すのは簡単で、部内にキャンプ道具を用意してくれるセレブキャラであったり、あるいは楓さんあたりが道具を譲ってくれても良いわけだけど、こうしてちゃんと等身大の高校生に描こうとするのは好感が持てるし、キャラに親近感がわきます。

カメラをテーマにした5話では、アニメでは見慣れないスタンドイン(立ち位置・照明確認らしい)がクレジットされるなど、ロケハンもバッチリの模様。写実的な背景にキャラを置くのも、キャラクターの実在感にこだわったからこその演出。2話と5話を見て、第3シーズンも安泰だと確信が持てました。

キャラに癒されるのも良いですが、セカンドシーズン17話の『天体のメソッド』EDを手掛けた江畑諒真さんの一人原画回とか、13話の柳沼和良コンテ・演出回とか、作り手の色が濃い回があるのも楽しみのひとつ。

サードシーズンも2話のちなさんの一人原画回や、4話の松本憲生さん一人原画回など相変わらず見応えがある回がありました。ほかのエイトビット作品では感じたことがないので、ここらへんは15分枠だからできることなのかもしれないけれど。

ロリコンではないけれど、あとはひなたの入浴シーンが足りなかったですね。

投稿 : 2018/10/10
閲覧 : 177
サンキュー:

13

ネタバレ

ちゃろう さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

個人的には今期の無味無臭枠

サードシーズンということで当然1期、2期とある作品で私もすべて視聴しています。

が、毎回無味無臭枠として見ています。

音楽はしたことないけどけいおんはしっかり楽しめた。最近だとキャンプとかしたことないけどゆるキャンなんかもしっかり楽しめた。

でもこの作品はいまいち響くものはなく無味無臭の枠から抜け出せない。

けいおんをみて「こんな青春送りたかったな。」ゆるキャンを見て「テント張って火を起こしてラーメンでも食べたいな。」こう感じるものがあったのですが…この作品をみて「山登り楽しそうだな。登ってみたいな。」←これがない。

これは決して作品が悪いからではなく単純に個人差の問題だと思います。

山が好きだ。もしくは興味がある。散歩が好きだ。そういう人にはしっかり楽しめるのではないでしょうか。

実際3期まで続いてるのは人気があるからでしょうし、多くの人にしっかりと響かせる何かは持っているのでしょう。

投稿 : 2018/10/03
閲覧 : 222
サンキュー:

9

ネタバレ

るてんど さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

登山と友情のアニメ(ネタバレあり)

全話視聴し終わっての感想!

第1話
{netabare}サブタイトルから捻じ込んでくるあおひなデート回、美味しゅうございます

ひなたとクラスメイトとの話を聞いて夜景を見せたいと思うあおいちゃん 友達と”友達の友達”が話してるのって微妙に気まずい...

ひかり先輩から夜景が綺麗な場所の情報を入手!”意外と”物知りだなぁと思うあおいちゃん、やはり少しトゲがありまする てか店長、彼氏(彼女)報告やめて!心の準備あるから!!

にしてもあおいちゃんは本当にひなたちゃんの事よく考えてるなぁ いつも電話する時はいつも一呼吸置いて緊張してるくせに、ひなたちゃんにはなんのためらいもなくかけちゃうのね^〜

夫婦漫才やオギャりの聖地(違う)を経て筑波山の山頂へ 綺麗な夜景を2人きりで見るなんて意外にロマンチスト... BGMのスタッカート・デイズも良い味出してる
素直に感謝を伝えてくるひなたちゃんは本当に良い子 それに応えるあおいちゃんも尊すぎて...
今度は富士山、登りきれるといいね

そんなこんなで少し移動するとイルミネーションと沢山のカップルが!まぁあの先輩が知ってる山なんだからそうだよね笑 てかあおいちゃん、ロープウェイ大丈夫なの?暗くて外見えないしカップルだらけで高い所なんか気にならなかったのかな

ゆったりとしたペースで第1話終了 うん、やっぱいいね{/netabare}

第2話
{netabare}今回はお買い物回 富士山に向けて着々準備中...と思いきや!?

困った時のかえでさん 特に困ってなくてもかえでさん みんなのお姉さんは今日もなんでも教えてくれます(ただし勉強ry) ってひなたちゃん!そのパンデカすぎない!?口凄いことなってるけど!?
そんな事はスルーしてなんと富士山は来年の夏まで行けないことが発覚 かえでさん、着いてきてくれるかな

富士山に向けて何か出来る事はないかと聞くあおいちゃん 登山靴を勧められ、値段を聞くと4万円... 年頃の女の子が靴にそんなにつぎ込むなんて... やっぱり登山はブルジョワ趣味なんだなぁと

ひなたちゃんの提案でその日に三人で買いに行く事に かえでさんが説明してくれるのかなと思ったら、突然の店長(なんだこのおっさん!?) ヤマノススメって、結構周りの大人達が支えてくれる描写が多いよね まぁこれに関しては仕事なわけだけど こういったところは作品のリアリティを高めてくれるよね

登山靴は硬くて丈夫、引っ掛かりが良く足の疲れが減るんだそう するとおもむろにJKの足裏のデータを保存し始める店長(←言い方) こうやって足のサイズに適したものを正確に提供してくれるんだそう まぁ4万も払って合わないとかなった矢先には例えここなちゃんでもキレるでしょうよ...

やはり4万円という額は大きく、性能もすぐに感じ取れるものではないため買おうか迷うあおいちゃん
そこで店長が買っても買わなくてもいいんだけどね〜、まー買った方がやっぱいいよね〜(チラチラ と、販促を始める 調べたら加藤文太郎さんはぼっち登山のスペシャリストなんだそう

店長からのススメもあり、お気にのデザインの靴を見つけたあおいちゃん こういう特定のスポーツ専門店の店員さんって、親身になって色々アドバイスくれるからいいよね

修行も友情もここで育んだ!いつもの天覧山へ
登山靴の良さも感じ取り、一歩富士登山へ前進!
なんか今回の作画、全体的にフェチズムを煽るような感じだった気がする{/netabare}

第3話
{netabare}今回は山に登るお話

登山靴を買ってルンルン気分のあおいちゃん
お母さんに勧められた飯能アルプスへ向かう事に ひなたちゃんは家の用事で来れないため、今回は1人での登山 天覧山以外では初かな?

飲み物をいつもより多く買い、ザックの重量を増して富士登山へのトレーニング
途中歌いながらだったりと好き勝手に登り進める楽しさも味わいつつ...
見ればあおいちゃんって、虫は大丈夫そうだしトカゲとか森の生物、そして雄大な景色も好きみたいで、メンタルやフィジカル面以外では結構登山適正あるよね

順調に登り進めるかと思いきや、重いザック、合っているのかよく分からない道、楽ではない険しさの山といつもより疲れが溜まり、ネガティヴモードが発動するあおいちゃん するとそこに、天使の歌声が!まさかのここなちゃん! ここなちゃんがくると、よっしゃこれで勝つる!ってくらいの謎の安心感と風格があるよね(何に勝つのかよくわからないけど)

相変わらず要らない見栄を張るあおいちゃんに、行き倒れてると図星を突くここなちゃん 当然のようにあおいちゃんより厳しいコースを選んでいます(まぁあおいちゃんは重りありきだけだど)
ここなちゃんにペットボトルを持ってもらうあおいちゃん、それで良いのか...?最早ハイスペックすぎて見栄を張るのもバカバカしくなっちゃったのだろうか笑

ここなちゃんに己の限界を超えろ!と諭されるあおいちゃん いやもう、一体いくつなのこの子
困った時にすぐ現れてくれたり、相手の変化にいち早く気付いて褒めてあげられるここなちゃん、彼氏スキルも兼ね備えている模様

友達と登る山の方がやっぱり楽しいと感じたあおいちゃん 疲れた体に染みる梅おにぎりを食べ、再出発というところでここなちゃんが良いところに案内してくれるんだそう

向かった先は足腰のケガから守ってくれる神さまが祀られてる神社 あおいちゃんが富士登山に向けたトレーニングをしていると知ってからのこのフォローの速さと知識量 ここなちゃん、もうお前が神だ 祀られとけ(え

また一歩富士山登頂に近づいたと確信するあおいちゃん まぁ多分三期では富士山登らないんだろうけど、応援したくなっちゃうよね
調べてみたらユガテっていうのはお花が綺麗な集落の名前(湯ヶ手)みたい{/netabare}

第4話
{netabare}今回は日常回

未だにクラスに馴染めていないあおいちゃん 友達は増えているけど、趣味友ばかり... ひなたちゃんに話しかけようとしても、友達と話していて「ひなた...ひな..た...ひな...」と声が小さくなってしまう(可愛い)

自己嫌悪で席に戻ると、クラスメイトのみおちゃんが話しかけてくれ、キョドりつつも他愛のない会話をするあおいちゃん それを見て満足げなひなたちゃん(お父さんか)

みおちゃんにカラオケに誘われ参加するも、余計な心配ばかりするあおいちゃん 男女問わず高校生って何故かカラオケ大好きだよね 最近は安いしドリンクバーあるしでお手軽だからなのかな

岳人の歌を歌うひなたちゃんにも影響され、余計なことは考えずに楽しもうとするあおいちゃん 選曲したのは神曲「夏色プレゼント」 あおいちゃんのかき消えそうな「たからものだょ...わぉ(*^o^*)」は最高に可愛かったですね さておき、岳人の歌を初見で受け入れられたのは西武JK特有の懐の大きさ的なものなのだろうか

あおいちゃんがとにかく可愛い回だった 三期に入ってからあおいちゃんの成長物語としての面が強まってきたね 登山と同じく、一歩一歩自分の足で成長を踏みしめるあおいちゃん やっぱり応援したくなっちゃう{/netabare}

第5話
{netabare}今回も日常回 ほのかちゃん再登場!

ひなたちゃんのお父さんに連れられ、群馬県のロックハート城へ 結構有名なところですよね(そんな事ない?) お父さんは山田のぼるという山に登るために生まれたような名前の人のところに取材に行くみたい 調べてみたら、なんと実在の人物でした ただ1989年に亡くなられているみたい...

メルヘルチックなお城でお姫様体験(ドレスの貸し出し) ひなたちゃん、ドレス姿似合うね 天真爛漫なお姫様って感じ あおいちゃんとの結婚予行も済ませたところで(おい)カメラについて語るほのかちゃん
子供の頃は天体観測を趣味にしてたから分かるけど、カメラって本当に複雑... まぁ慣れればそうでもないけど
ほのかちゃんもリードしていくここなちゃんさんに比べ、ガチでUFOに騙され続けるあおひな... もうどっちがお姉さんなんだから分からない笑

観光も終わったところで、明らかに同人誌に出てくるようなチャラ男(お兄さん)が登場
まぁ妹思いで悪い人ではないみたい 帰っていく絵面はもう完全にハイエース(やめろ) 甘え気質なほのかちゃんが可愛かった{/netabare}

第6話
{netabare}今回はコーヒーより濃厚なあおひなデート回!

ひなたちゃんのお父さんの影響から、山コーヒーをやろうと決意するあおいちゃん
例のごとく妄想ひなたちゃんにバカにされ続け...コーヒーの味が分からないあおいちゃん そんな時は困った時のかえでさん...は山以外にあんまり役に立たないので(酷い)、コーヒーショップでたまたま会ったゆうかさんに相談
自分が楽しめて好きだって言える方がかっこいいよと言われる

2人は関八州見晴台という所へ登りに 相変わらず気遣いの出来るひなたちゃん 眠そうなあおいちゃんの荷物を持ってくれます もう完全に夫婦だよこれ

頂上に着き、コーヒーを作るあおいちゃん 飲んでみると、コクは感じれどまだちょっぴり苦いみたい
大人を感じつつ、ひなたちゃんの優しさに気付くあおいちゃん
コーヒーの味は分からなかったけど、心も体も温まるヤマノススメらしい回でした{/netabare}

第7話
{netabare}今回は日常バイト回!

ひなたちゃんからデートの誘いを受けるけど、バイトが忙しく行けないあおいちゃん
ケーキ屋さんのバイトも慣れてきて、店長やひかりさんとの関係も良好な模様

ひなたちゃんはと言えば、行く先々であおいちゃんの名前の呼ぶばかり ヤマノススメは基本あおいちゃん視点で描かれるからあおい→ひなた感強いけど、実際はひなた→あおいだよね 約束を覚えてたのもひなたちゃんだし
池袋を散策しているうちに山の雑誌を発見 あおいちゃんと行こうと画策するひなたちゃん

バイト先では受験ストレスモードのかえで先輩登場!ここ数話で今まで積み上げてきたお姉さん要素が消滅し、完全にポンコツキャラに...
お金を貯めてくれたお客さんへの店長の気遣いを見て、ここな母へ優しさをプレゼント また一歩成長したね あおいちゃん

そんな中ほのかちゃんからの電話 次回はあおほのデート回?{/netabare}

第8話
{netabare}今回はちょっぴりすれ違い、群馬観光回!

あおいちゃんとひなたちゃん、それぞれ電話かけるタイミングが悪くて、同じ群馬に行くのにほのかちゃん、ここなちゃんと別々の約束を取り付ける2人
かえでさん、最近勉強に追われてるみたいだけど富士山一緒に行ってくれるよね?久し振りに頼りになるお姉さん見せてほしいな

学校でそれぞれの予定が近いから一緒に行こうとあおいちゃんは誘うけど、いつも一緒じゃ無くてもいいと言うひなたちゃん それは本音じゃないよね?
互いにもうひと押しを期待して睨み合いを効かす2人 見ている側からするとむず痒い...

それはさておき、あおほのデートです あまりにキャラが濃すぎるほのか兄、妹とその友達の為に車を出してくれるなんていい人ですね 車内にかかってる音楽のセンスはどうかと思うけど...笑
着いた場所は365段の石造りの階段から成る温泉地
480段くらいあったあの駅を思い出しますね...まぁこっちは観光地なので幾分か気分が楽でしょうが
そんなこんなで群馬を満喫する2人

一方のひなここは険しい登山道の赤城山に悪戦苦闘 パンフには初心者向けって書いてあったのに...嘘つき!
あおひな2人とも後輩に気を遣って貰ってますね笑 なんて有能な中学生なんだ{/netabare}

第9話
{netabare}今回も引き続き群馬回!

365段の階段の登り終えても余裕のあるあおいちゃん 身体面でも成長が見られます ですが...未だに一緒にお風呂は恥ずかしいご様子 赤面するあおいちゃんもいいね にしても温泉のSE凝ってるなぁ
妹の足代わりになりつつ友達との時間を邪魔しないお兄ちゃん流石です
ほのかちゃんと富士登山の約束をつけたり、また遊びに来ると言ったり、社交性にも成長の見られるあおいちゃん

一方ひなここは赤城山に登頂成功 相変わらずの女子力でひなたを魅了するここなちゃん
ここなちゃんって紅葉をお茶請けにとか、雲間の光を天使の梯子と言ったりとファンシーな感性を持ちつつ、意外とリアリストな思考も併せ持ってる感じあるよね そこら辺が圧倒的な風格を漂わせているのだろうか 撮影中にも関わらずぐんまちゃんに飛びつく姿は子供らしくて可愛いね

帰りにひなここと同じ電車でばったり会うあおいちゃん
観光の思い出話をしている時、自分と同じ景色を見ていたあおいちゃんの姿を見て少し暗い顔をするひなたちゃん
あおいちゃんが成長して、自分がいなくても同じ景色が見られるから、自分はあおいに必要じゃなくなってきていると感じたって事なのかな?
ひなたちゃんももう少しすなおになれればいいのになって思ったお話だった{/netabare}

第10話
{netabare}ゆったりと日常回!サブタイから醸し出される不安感...!

クラスメイトに池袋に遊びに行こうと誘われるあおひな ただひなたは両親との約束があるから行けない事に ひなたがいなくても行こうかと迷うあおい 例の如く妄想ひなたに感化され行く事に
ひなたは私がいなくても、あおいはひなたがいないと...と心に思う2人 素直な気持ちを言葉にできぬまま当日へ

なんとひなたは両親との約束を1日間違えて記憶していたそう 合流しようかと思うが、こちらは妄想あおいに煽られて断念 こういうところはそっくりで微笑ましいよね
ここなちゃんも電話に出ず、1人で散歩する中あおいからプラネタリウムでの写真が 返信できぬまま歩いているとお疲れのかえでさんとゆうかさんが かえでさんの家で一服する事に

2人の関係性とあおい達が重なって見えたり、自分が1人で行った場所をあおいが友達と満喫してたり、こんなの疎外感覚えちゃうよね
前回同様、自分の見た景色を自分以外の人と見ているあおいちゃんに対して、成長の嬉しさよりも寂しさのが優っているひなたちゃん
一方で自他共に成長を感じつつ、ひなたへのお土産を用意するあおい でもねあおいちゃん、三年間一緒だったクラスメイトを覚えてないのは流石にどうかと思うよ

あおいちゃん達を見かけるひなたちゃんだったけど、疎外感からか成長を邪魔したくなかったからか、話しかけづらいみたい
ぶくぶくしてるのは、「あおいのバカ」って言ってるのかな?

互いが互いの事を想っているのに、寂しいすれ違いが続きますね
ストーリーとは別に、今回は人物描写も紅葉や夕焼けの景色も綺麗に描かれてましたね 夕日に照らされる伏せ目がちなあおいちゃんにドキドキしました 作画班頑張ってますね〜{/netabare}

第11話
{netabare}今回は山登り回!

かえでさんにオフシーズン前最後の登山に誘われるあおひな特に断る理由もないため快諾するも、ひなたは未だにすれ違っている事を気にしている様子

山登り当日、ひなたやかえでさんのために食事を用意するあおいとここなちゃん だけど張り切りすぎて疲れて寝過ごしそうになっちゃった
というかここなちゃんが遅刻だなんて...そんなバカな...(そこかよ) 流石のここなちゃんも睡眠欲には勝てなかったようです 実力行使を持ってあおいを起こすここなちゃん

辛くも電車に間に合ったけど、ひなたに怒られる2人
本当はこんなに怒るつもりも無かったんだろうけど、今までのモヤモヤの蓄積が嫌な形で出てきちゃったみたい

一度強く怒っちゃうとすぐに機嫌直すのも気恥ずかしくてなかなか立ち直れないよね そんな感じで怒ったままのひなたちゃん
自分から離れていくあおいを見てかペースメーカーを任されたあおいに反発して進んでいくひなた 何やら足をくじいたか、膝を支える不穏な描写が... この様子だと自己嫌悪に陥りそう...

前回にも引き続きひなたちゃんのすれ違いが続きますね 目下(あおいちゃんに)夢中を拗らせ中です それでも雄大な景色は彼女達を魅了してくれます 山のいいところはそういった何にも囚われない大きさにあるのかもしれませんね ひなたちゃんも寛大な心であおいちゃんの成長を見守ってほしいものです まぁそこら辺の拗らせもまた可愛いんだけど{/netabare}

第12話
{netabare}引き続き登山回!

キャンプ地でトマト鍋を作り始める4人 他のキャンプ客への壮大な飯テロから始まります 涼しい場所で熱々の鍋、美味しいだろうなぁ 登山に行きたくなってくる 美味しい料理を食べるも、まだ心のわだかまりが取れないひなたちゃん

1話のアバンに繋がる綺麗な夜景を見て眠りにつく一行 髪下ろしたひなたちゃん、美人さんだ
関係ないけど、ここなちゃんみたいにあんなに即座に星座を見つけるのは難しいです 普通は星座早見表かスマホのアプリと睨めっこして見つけますね まぁ有名な星座ならすぐ見つかりますが(北斗七星とかめっちゃ分かりやすいし)

朝になり、かえでさんの裏拳で起きたあおいと一行は金峰山へ ひなたがペースメーカーを任されるが、何やら辛そうな様子

みんなに膝の痛みを打ち明け、登頂を諦め置いておくように言うひなた しかしみんながそんな事を出来るはずも無く、あおいが率先してひなたに付きっきりになると言う
あおいに迷惑をかけたくないひなたは断ろうとするも、ほっとけないと気圧される
ここなちゃんとかえでさんはひなたをあおいに託し頂上へ

お互いがお互いを気遣いながら下り進め、岩場で一休み
怒られてからというものの少し気まずい様子の2人
そんな時にあおいちゃんが差し出した羊羹でそんな緊張も解れ、(一瞬あーんするのかと思った)お互いに謝って仲直り

ひなたがあおいが今まで構ってくれなくて寂しかった事を素直に告白 素直な気持ちを聞いたあおいもひなたが一番大切だという素直な気持ちを伝える
山の雄大さに感化された2人は気持ちを伝えあえて満足した様子
ここなちゃんは今回も当然登頂成功 彼女と山なうw的な写真を見せつけるかえでさん

家に着いて池袋のお土産を渡そうとするひなた 止まっていた彼女の時間も動き始めましたね

いやぁ、12話、最高のあおひな回でしたね〜 互いの気持ちがぶつかるシーンは今まで溜めた分スッキリしますね〜 やっぱりこの2人は好き好きしてるのが良いですね
スタッカート・デイズ、ほんといい曲だ
三期はあおいちゃんの成長期でもありますが、ひなたちゃんの成長期でもありましたね{/netabare}

第13話
{netabare}今回はいつものペースに戻って日常回!

体力づくりにいつもの天覧山に登るあおいちゃん
そこにリスに会いに来たというここなちゃんが
ここなちゃんの提案でひなたに誕生日のサプライズをする事に 例によってかえでさんは買い出しには来れず... ここなちゃんに煽てられ、ひなたのプレゼントをあおいが決めることに

ひなたが欲しいモノを探して四苦八苦するあおいちゃん(もう私がプレゼントとかでいいっしょ)
妹が欲しい...マッサージチェアがいいとひなたちゃんの発言に振り回され自分の頭をぽかぽか叩くあおいちゃん(かわいい)
ひなたちゃんやみんなと過ごしてきた日々を思い返すあおいちゃん
何もしてあげられない焦燥感からか、ついひなたちゃんにサプライズの事を打ち明けてしまう
何悩んでるの?って聞いたらどうやったらあなたが喜んでくれるか考えてるの!ってかわいすぎか?

夕日を前に、水辺で話し込む2人 お互いをだんだん知っていって、そんな関係が楽しいと言うひなた
そこでお互いの秘密を耳打ちしあう 最高のイチャイチャシーンですね 切に思う、切り取りたいな、この時間

化粧ポーチがほしいと言うひなたちゃん トリコ並みの行動力で買いに行きます
誕生日当日、ほのかちゃんからのお祝いのメッセージやここなちゃん、健一氏の料理で卓を囲う一同
幸せな一幕でSee you again!という事で3期終了!{/netabare}

見終わって全体的なレビュー
{netabare}物語:全編を通してあおいちゃんの成長が著しかったですね 一期1話のあおいちゃんからは想像もつかない社交性、精神性、肉体性ととても成長しているのが分かります
三期からはそれだけでなく、今までメイン格であるにも関わらずあまりフューチャーされなかったひなたちゃんのお話もたっぷりありましたね
彼女の乙女らしさ全開に魅力が上がったかと思います

声優:相変わらずの豪華キャストです

キャラ:あおいちゃんの友達三人に加え、新たにスポットライトの当てられたほのかちゃん(とその兄)も等身大のかわいい人物達でした

作画:表情の機微や手足の動き、連なる山々まで見事な作画でした 全13話を通して可愛い少女達を描いてくれた事を感謝します

音楽:前期から見続けている人には”おっ!”っとなるBGMや挿入歌が採用され、アニオリ展開も多くファン向けの作品としても素敵なものだったと思います
足音や水の流れる音まで細かいSEにも凝っていてとても楽しめました
OPは安定のTom-H@ckさんの楽曲
EDはあおひなの友情を歌ったものとなっていますね

総評:一期・二期を通して観ましたが、とても素晴らしい出来でした
このペースで四期も是非是非放送してほしいですね{/netabare}

投稿 : 2018/10/03
閲覧 : 168
サンキュー:

8

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

仲良きことは美しきかなとはよく言ったもんだ。

原作:漫画 未読

第3期 15分枠 全13話


感想

今期は前期と違い、山や登山の素晴らしさを押す描写はちょっと少なくなって、僕的に、あおいとひなたのすれ違いがメインだった気がした。
(多分、後半に入ってからだと思うけど)
こっちとしては可愛い女の子たちが、きゃっきゃうふふしてるとこ観てたいのに、メインの2人がギクシャクしてるとこは観たくないんだよね。
もう、いつ仲直りするのやらと、毎週気が気でなかったです。
第12話「ともだち」で、ようやく仲直りできた訳だけど・・・正直 遅いよと。。。
登山も、ギクシャクしたまま上ってても楽しく観れないし、てか 辛いです。ホント辞めて欲しい。
あっても2話で仲直りしてくれよとね^^;

まだあおいの富士山のリベンジが残ってるので、是非とも4期希望したいです。

投稿 : 2018/09/29
閲覧 : 226
サンキュー:

39

ネタバレ

ジュン さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

待ってたサードシーズン‼︎

見終わったょー!
今回は少し登山が少なかった気もするね!
あおいとひなたのすれ違い、友情系が今回はメインだった気がするなぁ(*´∀`*)
ここなちゃんが相変わらずなんだかんだ最強というのが改めてわかった気がするww超人中学生‼︎
富士山も今回の山も唯一1人だけ全部頂上いってるもんねぇ(=゚ω゚)ノす、すごぃ!
私的には、かえでさんの出番が少なくて残念だった(´ω`)
でもやっぱり今回も登山楽しそうだなあって思えたなぁ(*´∀`*)
あおいちゃんの目標、富士山再チャレンジ‼︎ぜひ4期でやってほしいなぁ、、、
ぜひ希望します‼︎(*´꒳`*)

投稿 : 2018/09/28
閲覧 : 232
サンキュー:

18

ネタバレ

ジャスティン さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

最高の友情!?というよりはもう告白して欲しい

ヤマノススメの3期なので1期や2期を見ていない人は出来れば2期だけでもいいので見ておくと、OPのあることや何故、富士山への思いが伝わると思うので是非視聴することをおすすめします。

今回はひなたとあおいの喧嘩をするシーンもあるので少しだけ、辛いシーンも含まれている回が後半何話か放送されたけど、結局は喧嘩しても仲直りするのが、本当に偉かった。仲直りするシーンはでも3期の一番好きなシーンで、ひなたがヤキモチをやいていることを認めたのがとても良かった。本当に友達の枠を超えてキスシーンまで行ってほしいぐらい可愛い存在でした。仲直りするシーンのBGMはスタッカート・デイズだったのは神でした。この回は視聴した後にスタッカート・デイズを聞いたのはいい思い出になりました。

実は3期見る前はそこまでヤマノススメを視聴していなかった人でしたが、今回ちゃんとリアタイに間に合うように2期まで視聴していたことが本当に良かったと思いました。何気にショートアニメの中では一番好きなアニメかもしれません。
(おくさまも好きですが...)
4期が来たらもう感無量です。

投稿 : 2018/09/26
閲覧 : 198
サンキュー:

12

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

山要素と引き換えに…

ひなたとあおいの関係性を前面に推しており、前期までのロケーションアニメとは少し一線を画している印象。

この手のアニメ特有のぼんやり、ふんわりの友情関係にメスを入れたのは個人的には好印象。

喜怒哀楽の「喜」と「楽」だけが友情の在り方では無い。
時には「怒」と「哀」もあるし、それを共有することの大切さを本作では描けていた気がする。

山要素は薄くなっているが、美麗な背景は健在。

投稿 : 2018/09/26
閲覧 : 167
ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

Road to FUJISAN 3rd シーズン。

詳細は1、2シーズンを観てください。

さすがにサードシーズンは30分枠でやるのかなと
思っていましたが、据え置きの15分枠でした。

1期でこれはいけると思い、2期でけっこう本気を
入れてきた同作。この3期もかなり力が入っている
と思われます。

初回は挨拶代わりの筑波山ナイトハイク。
コメディ要素よりも、しみじみ青春系を狙いに
きています。2期がそうでしたしね。

今回は、群馬のほのかもけっこう絡んできそう。
富士フイルムのミラーレスでいろいろ写真を
撮るのかな。

そんな感じが好きなので、けっこう期待しています。
もちろん継続視聴です。
{netabare}
======第4話視聴後、追記です。

新キャラが3人登場です。
ってクラスメイトなんだから新キャラってことも
ないんですけどw
要はモブから昇格というわけですが。

で、クラスメイトとカラオケに行きます。
引っ込み思案のあおいが選んだ曲は…
「夏色プレゼント」!

1期から通して観ると、2期後半から作画もかなり
気合いが入ってきたのがよく分かります。
サードシーズンもキャラデザや作画が安定して
いますね。

======第5話視聴後、追記です。

いよいよ今期の一等星という感じ。
びっくりするくらい不作ばかりの中では、群を抜いて
出来の良さが光り輝いています。

今回は、ほのかちゃんを登場させるために、群馬の
ロックハート城に遊びに行くアニオリ回です。
謎の富士フイルム推しw
協力に入っているわけでもないのにね。

とにかく安定感バツグン。
これがなかったら今期はホントに観るべきモノが
ないなあというところなので救世主です。

======第7話視聴後、追記です。

あおいのバイト先での心温まるエピソード回です。
小さい女の子が、お母さんのためにケーキを
買いに来ますが、消費税を知らずに…
でも、店長の粋な計らいで無事に買えました。

そして閉店直後には、ここなのお母さんがケーキを
買いに来ます。ここなのためにモンブランを買って
帰るという。

それにしても、ここなの貧乏設定はなんとか
ならないものでしょうか。
いくらなんでも、今の時代に黒電話とブラウン管テレビ
って…

======第10話視聴後、追記です。

あおいとひなたの仲違いが、これで3話続いている
ことになります。ちょっと長すぎかなぁ…

ひなたとここなは赤城山に登りましたが、あおいは
一向に山に登りませんw
そして、かえでは延々と受験勉強してますw

ま、面白いは面白いんですけど。
{/netabare}
=======最終回視聴後、感想です。

ひなたの誕生日をサプライズでお祝いするために、
あおいがいろいろ悩むという最終回でした。

全体を通して、ヤマノススメの空気感は健在で、
キャラもしっかり立っていて、らしさは感じられました。

ただ、そもそも論になりますが、1クールになって
15分枠は据え置きというただでさえ不利な状況で、
セカンドシーズンには及ばないなあというのが
正直なところです。

楓は受験勉強ばかりで完全にモブ化。
思ったほど、ほのかが出てこない(群馬だから
仕方ないけど)。
モブだったクラスメイト3人が絡んできて、より
山に関係なくなっていった。

そして、まあ100%フォースシーズンがあるだろう
からやむを得ませんが、肝心の富士山リベンジが
ないっていうね…

とりあえず4期は30分枠にして、2クールやって
いただきたいというところで。

投稿 : 2018/09/25
閲覧 : 266
サンキュー:

8

ネタバレ

おぬごん さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

登山アニメから拗らせ百合アニメに…1クールじゃ物足りない!

登山を描いたゆるふわアウトドア系アニメ「ヤマノススメ」の3期
2期「セカンドシーズン」はお気に入り棚に入れるくらい本当に素晴らしい出来でしたので、3期を心待ちにしていました!
(2期レビュー:https://www.anikore.jp/review/1107895/)

構成としては15分×1クールで、2期が同じ15分でも2クールあったことを考えると後述の理由もあり物足りませんでした

内容は基本的には今まで通りで、特に序盤は抜群の安定感があり「ああ、これこそヤマノススメだなあ」と、懐かしいやら嬉しいやらでニヤニヤしながら見ていましたw
ところが中盤からは登山関係の話が少なくなるとともに、
登山と関係ない人間関係のところであおいとひなたの関係がギスギスしてしまい…
いやね、拗らせ百合としては全然悪くなかったしむしろ良かったと思いますよ
「2人の曲」スタッカートデイズのアレンジBGMで1話と12話をリンクさせるような演出とかちょっと泣いちゃいましたよ
でも経った1クールの中の大部分をここに割かれたのはちょっと消化不良で…せめてあと1クールあればなあ
ロックハート城の回とかカラオケ回とか、全体的に「箸休め」みたいな回が多かったのも、物足りなさを感じた一因かと思います
もっとしっかり山登って欲しかったな~
4人で山に登ったの、最後だけですもんね

作画は今まで通り申し分なし
15分とはいえ当然のように1人原画をぶち込んでくるのが恐ろしいですw
音楽は先述のスタッカートデイズのアレンジが効きました
OPはあまりに良すぎたセカンドシーズンのせいでハードルが上がりまくってたのでちょっと物足りませんでした
EDは3期の雰囲気や秋のセンチメンタルな空気をはらんでいて良かったです


決して悪い出来では無かったものの、2期があまりに良すぎたせいで物足りなさを感じてしまいました
何度も言いますが、あと1クールあったらだいぶ違ったんでしょうけどね
ただ本作はスタッフによると「続きは作りたいんだが、ロケハンが大変」とのことで…まあそりゃ当然ですよねw
4期待ってます!!!!(鬼畜)


~余談1~
3期は群馬の話が多かったですね
飯能周辺はもう描ききってしまったんでしょうか…w
あと公式コラボがあったせいか西武やライオンズが会話の端々に出てくることも多かったですねw
今年の西武が絶好調で良かったww

~かなり下品な余談~
ほのかの兄が出てきた時は「さ、竿役だあああああああああああ!!!!」とビビりましたwww
車運転するチャラ男とか薄い本の需要めっちゃありそう…
と思ってたんですが、シスコンキャラにすることで上手くほのか以外のキャラからは遠ざけてましたねw
良かった…車で拉致られてチャラ男仲間に輪されるあおいとひなたはいなかったんだ…

投稿 : 2018/09/25
閲覧 : 231
サンキュー:

16

ネタバレ

※アニをた獣医師() さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

登山、ファイトです! あたたかいのだ…

久しぶりに見る感じです。1期、2期、遠い記憶のようです。山っていいですね。自分が登るのは大変だろうけど、そこからの達成感とかがいいのでしょうね。

あと、かわいい、重要です♪エンディングいい!

山登り、本格的に始める感じ。いいですね~♪
やはり応援したくなります~♪

3話。一人で登山…女の子一人だと不安がありますね。
と思ったら、ここなちゃん。
これも経験のため。ファイトです。

4話。今回はクラスの話。友達が少ないあおいちゃん。
そんな中お話をかけてくれる人が。友達を作る感じ。
優しい世界でしたね。(女子のカラオケはこんなん?)
少し打ち解けられたあおいちゃん。

今回はそんなかわいいお話でした。

5話。うーん。この4人でのちょっとしたおでかけ、もと観光。癒しですね。
ここなちゃん難民救済。
お姫様が4人もいるね~♪

6話。山コーヒー。コーヒーの味は分かるようになるにはね。慣れでおいしいとか感じるようになる感じだからね。ゆうかさん、正論。自分がおいしいものをこれといえるほうがいいよね。
二人のやり取りはいいものです。ひなたとあおい。

7話。今回はモンブランの山情報。ここなちゃん、一生懸命なのがまた心にくる。楽しく登山待つ。

8話。ここなちゃんは天使。
今回はすれ違いというか、意地になってる感じ。
二人と二人の対比。前編。

9話。前回の続き。それぞれ楽しむ。
温泉。いいですね~♪ほのかちゃん~♪
それぞれの景色を見ながら、似た景色もある。
ここなちゃん、ぐんまちゃん大好きすぎ。

10話。長い間続いてる痴話喧嘩。
今回、作画すごく綺麗。コーヒーの作画とか、動き、とても良い。
大学受験、大事だものね。

11話。久しぶりの皆で山登り。まだ蟠りが残ってる感じ。ここなちゃんマジ天使。
あおいちゃんに感情的になってしまうひなた。
意地をはって膝を痛めてしまう。

12話。脚を痛めてるひなたちゃん。ペース速めてないと脚の痛みが誤魔化せないんだろうな。
あおいちゃん、ひなたちゃんとちゃんと向き合うために一緒に下山する。
ムキになってた自分が恥ずかしくなっちゃう感じ。

やっぱり二人が仲直りして仲が良い二人見てるのがいいですね~♪
そうだよ。心はいつでも繋がってるよ!

いい最終回だった…あと1話あるけど!

最終話。良い終わり方だった。続編あってもいいな…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山登り以外にも色々ありますね。山を楽しむための前準備とかもいいですね。

投稿 : 2018/09/25
閲覧 : 300
サンキュー:

13

次の30件を表示

ヤマノススメ サードシーズンのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ヤマノススメ サードシーズンのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ヤマノススメ サードシーズンのストーリー・あらすじ

この夏、あおいが、ひなたが、かえでが、ここなが、そしてほのかがTVアニメに帰ってくる!
そして新しい友達との出会いも……。
今度はどの山に登ろうかな?(TVアニメ動画『ヤマノススメ サードシーズン』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2018年夏アニメ
制作会社
エイトビット
主題歌
≪OP≫あおい(CV.井口裕香)ひなた(CV.阿澄佳奈)かえで(CV.日笠陽子)ここな(CV.小倉唯)『地平線ストライド』≪ED≫あおい(CV.井口裕香)ひなた(CV.阿澄佳奈)『色違いの翼』

声優・キャラクター

井口裕香、阿澄佳奈、日笠陽子、小倉唯、東山奈央、牧野由依、儀武ゆう子、七瀬彩夏、高尾奏音、山本亜衣

スタッフ

原作:しろ(コミック アース・スター連載)、監督:山本裕介、音響演出・シリーズ構成:山本裕介、脚本:ふでやすかずゆき、キャラクターデザイン・総作画監督:松尾祐輔、美術監督:田尻健一、美術設定:藤井一志、色彩設計:藤木由香里、撮影監督:佐藤洋、編集:内田恵、音響効果:出雲範子、音楽:yamazo/Tom-H@ck

このアニメの類似作品

この頃(2018年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ