SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画)の感想/評価、レビュー一覧

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「SSSS.GRIDMAN」のレビュー感想/評価

よみがな:ぐりっどまん

放送時期:2018年秋アニメ(2018年10月〜)

このアニメの感想・評価 439

SSSS.GRIDMANのみんなの評価
★★★★☆ 3.7 5
物語:3.5 作画:3.9 声優:3.7 音楽:3.7 キャラ:3.8
  • 物語 ★★★☆☆ 3.5 作品のシナリオやストーリーに対する評価です。
  • 作画 ★★★☆☆ 3.9 作品の絵やイラスト・キャラクターデザインに対する評価です。
  • 声優 ★★★☆☆ 3.7 出演している声優、または登場キャラクターの「声」に対する評価です。
  • 音楽 ★★★☆☆ 3.7 OP・EDや挿入歌、バックミュージックなど、音楽全般に対する評価です。
  • キャラ ★★★☆☆ 3.8 登場キャラクター全般の設定・性格・個性などに対する評価です。
123456789
ネタバレ
2019.01.22 21:02 のかの評価 | 観終わった| 52が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

よく分からなかったってのが感想になっちゃうな^^;

昔の特撮がアニメになったらしい 全12話

あらすじ
グリットマンと融合した少年が世界を救うお話し(かな?)


では感想を(今回、ネタバレがあるかもです)
昔の特撮をアニメ化したってらしいのですが・・・
もちろん原作は全く知りません(苦笑)

と言うか、特撮ヒーローに全く興味がないんですよね、私www
ウルトラマン、仮面ライダー、ヒーロー戦隊(他にもあるのかな?)

全く興味を示さず20年ちょっと。
で、アニメでこれの感想を書くって、かなり難しいです^^;

TVの懐かしアニメ&特撮で見た感じのシーンがアニメで沢山あったかな。
あとウルトラマンなのか合体ロボなのか分からない。

ロボットみたいに合体するけど、動きはロボットじゃないしwww
(なにこれ?)って感じがありました^^

そんな感想しか書けないです^^

男性目線と女性目線と違うんですかね?
原作を知っていると違った感想になるのかな?

とりあえず思ったことを書きます。

序盤・・・怪獣を倒して、また怪獣出現して倒すの繰り返し
中盤・・・本当に少しずつ、ちょっとだけ、微妙に伏線を回収
終盤・・・一気に回収

そんな感じでアニメを視聴しました。

なんでしょうね?テーマは友達?
で、なんで主人公の少年がグリットマンに選ばれたの?

最期は夢オチなのかな?
原作の特撮を知っている人は分かるんですかね?

個人的な解釈は後で書きます。
先に作画とかを


作画は気になる所はありません。
よく動いていたし、崩壊とか無かったです。

声優さんですが、良かったと思いますよ。
キャラに合っていると思いました。

音楽はOPがカッコ良かったです。
個人的にO×Tは好きなので評価が高くなっていますwww

キャラは普通って感じです^^


個人的見解です(ネタバレ注意!)
どうして裕太くんがグリッドマンに選ばれたのか?

神様のアカネちゃんが作った世界
みんながアカネちゃんを好きになるように作ったなのに、裕太君だけは六花ちゃんに恋をした
裕太君だけが特別だった

こんな理由なんでしょうかね?
私がラストシーンを見て思った事です。


どうゆう人に進めていいのか分からないです(苦笑)
このアニメ、解説がいるんじゃないの?って感想を書いているうちに思い始めました
(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

なので、他の人のレビューを参考にしてください。
一応男性でも女性でもそれなりに楽しめるアニメだと思いますよ。



では最後に一言
絶望した~!実写をアニメ化する会社に絶望した~!
実写をアニメ化するのは構いませんが、原作ありきはやめてくださ~い!
何年前の実写なんですか!調べてみたら私、産まれていません~!
それで物語の内容を読み取れって無茶振りにもほどがありま~す!
オールドファンを優先する制作会社に絶望した~!

 サンキュー(12)
2019.01.21 10:47 のび太の評価 | 観終わった| 41が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 3.5  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

円谷プロ特撮物のアニメ化ですね

1993年に放送された、円谷プロ制作の特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を原作にしてアニメ化された作品です。
アニメの制作は、TRIGGERで内容的には新作アニメとなっていて、世界設定は別物ですね。

怪獣が風景のように普通に存在する世界、この世界はいったい?という不思議設定。
ヒロインたちの、微妙にHなしぐさなど深夜アニメ向けの演出もありますw
TRIGGERらしい、勢いのある演出が、この作品にあっていたのか、意外に楽しめました。

 サンキュー(10)
2019.01.20 21:32 buonの評価 | 観終わった| 36が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 5.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

どうする どうしたい どうありたい どうにかしたい

かっこいい

響裕太が記憶を失くして、リサイクルショップの宝多六花(リッカ)の店で起きることから物語が始まる。
怪獣が出て暴れ、ユータがリッカの店の古いPCからグリッドマンに呼ばれて、合体して戦う。
その怪獣のモトをつくっているのが新条アカネ。

ユータは怪獣と戦うこと、危機に抗うこと、それをやらなければならないことしか分からない、
アカネはグリッドマンが分からない。
正義と悪の二つの視点で物語が進む、そういう意味では二人が主人公なのかも知れない。
ユータはグリッドマン、その仲間、敵のことを少しずつ解き明かす、
アカネは戦う相手が何なのか少しずつ迫っていく。
それだけではないのだが、それぞれの謎や問題を追い追われる。

この作品の好きなところは
戦い、物語のテンポ、六花だ。

まず戦闘のCGが凄すぎる、技術はここまで進化したのだと驚かされる。
一方で普段のパートの2Dもキレイだ。

ユータが何もかも忘れたことから始まるよう、グリッドマンもよく分かっていない。
少しずつグリッドマンや怪獣のいるこの世界について知り、3話に2回ぐらい戦う。
会話のテンポや物語の進み具合、戦いの頻度が絶妙である。

そして六花、
彼女の女子高生らしい振る舞いをしながらも一番人間臭い。
そして健康的でかわいい。

この作品って状況が異常だから普通っぽさって少ないんだけど、
登場人物が大なり小なり持ち合わせている普通に心が震えることがある。
もう一人好きな登場人物がいます。
まあ、主要キャラはみんな好きなんだけどね。

メインストーリーは全ての謎が解き明かされるわけではないし、
納得できないこともあるから好みが分かれるだろう。

まあ、終わり方が微妙なのってたくさんあるから、
それまでを楽しむのがいいよ。

OPのメロディと歌詞で心を温め、
怪獣との戦いで熱くなり、
物語の続きが気になり興奮が冷めない、
そんな単純な楽しみ方を久しぶりにしたよ。

 サンキュー(9)
ネタバレ
2019.01.20 19:10 ひとりよねりの評価 | ----| 30が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

放て、アクセス・フラッシュ!

かなり遅れてあけおめです。にわかアニオタです。
設定はまるっきり洗練されてるけど、原作は特撮ドラマだそうな。リメイクなんちゃってオリジナル。
『キルラキル』のtriggerが放つ作品という事で視聴前から警戒していましたが、やはり高い話題性を得たままの最終回を迎えました。円盤も積んで1万越え。秋アニ一位のゾンビランドサガも頭抜けていますが、いやあ恐るべし恐るべし。
それで肝心の僕の評価ですが、結構辛くつけました。何故かと言いますと、あまりにも長所短所が極端であったと捉えたからです。
それでは、レビューと行きましょう。

【物語】
日常パートの描写はとても現実的で大変良いです。登場人物の仕草や台詞もなかなかリアルで、好感を持てます。
が、戦闘パート。主人公のご都合主義的な戦闘の数々で少し残念でした。キルラキルみたいにこっちもハラハラさせるような、どんでん返しや熱さがないんだ、熱さが(*`Д´)ノ!!!

そして全体的にストーリーも端折り過ぎ。説明不足。
よくよく見たら、いきなり主人公が記憶損失になって、いきなりヒロインの六花ちゃんに好意が芽生える等。(主人公が記憶損失な理由はちゃんと描かれるが、どうして好意を抱いてるかが意味不)様々な考察が絶えません。
僕の中で唯一評価が良かったのは、10話でした。六花様はどうなった?アカネはなんでそんなことやったの?祐太、待って祐太ァアアアアアア......この先は言わないが、波乱の連続だった。11話以降も盛り上がりは良かったんだけど、最終回の畳み方ヨォ..................(。-∀-)

【作画】
全体的に綺麗で、抜群の安定感でした。むしろ後半にいくにつれて躍動感が増していった気がします。絵が若干崩れてんのはあれだ、スピード感を出す為なんだ。作画崩壊って言うなよ。

【声優】
意外と悪くありませんでした。個人的にはアカネの声優さんの演技が一番痺れました。

【音楽】
オープニングは大好きです。全然作品テーマと違和感がありません。

【キャラ】
キルラキルと比べるとキャラに癖がなく、全体的に没入しやすくなっています。しかしその分主人公の存在感が薄くなっています。性格も流子のような熱血な感じがなく、ヒョロヒョロとした感じなせいか。
逆に六花やアカネはヒロインとして、とても現実に沿っている性格なのも相まって物語に臨場感を与える事に成功していると思います。クールで気だるげな六花、優等生に見せかけて作中最大の苦労人であるアカネ。六花ファンとアカネファンが論争を繰り広げるのも納得ですね。もちろんどちらも可愛いですし、良きヒロインですよ本当に。ちなみに僕は六花派です。善きかな六花の下半身...下半身の怪物......ど、同人誌ィィ←バシッ(ノ`△´)ノ

【総評】
現実的なヒロインがより臨場感を与えた特撮ドラマ風アニメ。

 サンキュー(9)
ネタバレ
2019.01.20 17:08 izumoの評価 | 観終わった| 64が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

僕らの出会いは どこかで何かでつながれていた

私も苦手なことや面倒くさいことから
逃げてしまうなんてこと沢山あります。

人間関係なんかでは特にそんなことを思ってしまうわけで・・・



でも自分から逃げてるくせにひとりが寂しくて

趣味や気の合う友人だったり
分かってくれる親友だったり
心を許し合える恋人だったり

そんな関係を求めちゃったりなんかしちゃうんですよね。



それには自分を受け入れて
心を開かなければいけない。



だからアカネは自分から心の扉を開く必要があったのだと思います。



私もなかなか心を開けないので
アカネの弱くて脆い人間性とか
ちょっと裏表があるところとか
理想の自分と現実の自分で揺れている姿なんかに
共感する部分が多々ありました。

さすがにここまで歪んではいない・・・・・・と思いたい(笑)



アカネと六花はもちろん
ほかの女の子たちも魅力的で

見た目
性格
制服の着こなし方

個性的なんだけどどこか実際にいそうで
さっぱりしてるんだけど女子特有のグループができていてっていう

こういうところが非常に親しみやすく
入り込みやすかったのかもしれません。



私は特にアカネと古間さん(派手な子)がお気に入り。
古間さんが主人公のちょっとした小説も読みました。
この子もちょっと歪んでいると思います(笑)



特撮はほとんど見たことがなかったし
個人的な想いが重なってしまったので
少し違った見方をしてしまったのかもしれませんが

高校生が主人公だったり
友情がテーマだったり
思春期特有の悩みだったりと
青春を感じられる部分が多く

だからこそ共感できて
苦手ジャンルながらも
楽しむことができたのかもしれないです。
最後がちょっと切ないのも良かったな。



でもやっぱりダブルヒロインが強かったですね。
あのふたりのEDだけで何回おかわりしたことか・・・

アカネのあのルックスはずるい!
と思っていたら意外と六花の太ももが人気でびっくりしております(笑)






離れるくらいなら
出会わなければ・・・
そこまで大人じゃない

真っ直ぐな言葉を吐き出せるほど
子供でもないんだよ

 サンキュー(15)
ネタバレ
2019.01.19 12:29 ヒッキーの評価 | 観終わった| 32が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 5.0  声優 : 4.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.0

アニメだけだと謎が多く残る

まさか最後に実写を持ってくるとは・・
元々特撮だった作品だからこそ出来たことだと思う

 サンキュー(2)
2019.01.18 23:14 ヌンサ(亢宿)の評価 | 観終わった| 48が閲覧 ★★★★☆ 4.7 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.0  キャラ : 5.0

今年一の傑作

「電光超人グリッドマン」は小さいころリアルタイムで見ていました。ソフビも持ってます。

とは言っても、ストーリーはあまり覚えていません。
なんか「ドライヤーから出た謎の光線を浴びると、髪の色が変わって不良になる」みたいなエピソードが、地味にトラウマになった記憶があります。しばらくドライヤーを使うのが怖かったです。(調べてみたら第35話のようです)

今作の視聴前は「過去の名作(?)のネームバリュー(あるのか?)を使って、視聴者数を稼ごう」という姑息でクオリティの低い作品なのでは、という疑いを少し持っていました。

まあ、天下のTRIGGERなので完全に杞憂に終わったのですが。

作画・シナリオのテンポ、小気味良さは他社の追随を許さない圧倒的クオリティです!

今年観ていたほかのアニメ(めっちゃ少ないですが・・・)はすべて素人の作品だったのでは、と言いたくなるくらいの差があるかもしれません。たまたま作画がアレな作品ばかり見ていた僕にも問題はありますが。

どのキャラクターも魅力満点で、みんな大好きです。←名作の条件



中でも個人的に大好きなのは・・・・・・六花ママです!!(まさかの)



っていうか近年、新谷真弓さんの声が好きすぎて悶える日々が続いています・・・これは恋でしょうか?



最終話の展開や挿入歌にはムネアツでした!

しかし、1クールで終わりとはあまりにも惜しい作品です!2クールやれば、各キャラクターの魅力をさらに引き出すことができただけに、業界全体が苦しい、今アニメ化された運命は残念というほかありませんね・・・。





P.S.演出とはいえ、リアルなブロックノイズは勘弁してください(笑)
 マジでテレビが壊れたかと思って一瞬焦りましたよ(^-^;

 サンキュー(13)
2019.01.18 21:17 剣道部の評価 | 観終わった| 91が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

1つ上を行くクオリティ

[文量→中盛り・内容→雑談系]

【総括】
作画、音楽、声優、演出、世界観。はっきり言って、同期(2018冬)の他のアニメとは、ガチ度が違うというか、クオリティが1つ上を行っていますね。

特に作画は、近年でもトップレベルにあると思います。このアニメを面白いと思えるかどうかは(好みもありますから)さておき、アニメ好きならチェックしておくべき作品の1つだとは思います。

原作の「電光超人グリッドマン」は、今から20年以上前に放送された特撮番組であり、私は未視聴なので原作との比較は出来ません(私より上の年代の方の、その辺をおさえたレビューを読みたい♪)。

しかし、「日本アニメ(ーター)見本市」の作品を観たとき、「これは今のアニメとしても面白そうだ」と思いました(設定等が)。あれから、3年半。いよいよ時代が追い付いたということでしょうか。

素晴らしいクオリティのアニメをありがとうございました♪

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
私は多分、本作の意図する部分を半分も理解していないのだろう。

でももしかしたら、私が理解している部分で全てなのかもしれない。

全てが緻密な計算の上に描かれたプロの油彩画のような、子供が気の向くままに塗り潰した落書きのような。

そんな作品でした。

つまり、意味不明(笑)

ただ、漂うこだわりというか、貫きたい美学というのは、確かに感じていて。

作画、音楽、脚本、声、演出。全てが「好きで創っている」と感じました。

平成の最後に、昭和の力強さを見せつけられたような感じというか、(伝わらないと思いますが)PlayStationの最後にFFⅨをプレイした時の感動に似ています(笑)

うん。こんなのレビューじゃないですね(笑)

個人的に、好きなキャラは断トツで新条アカネ。

そこはかとない、恐怖。狂気に見せた、純心。大人のようで、子供。

このキャラの魅力は、間違いなくCV上田麗奈さんの怪演があってこそ。「もうこの声優さんじゃなきゃ、このキャラはありえない」と、久々に思えた組み合わせでした。

ストーリーについても色々語りたいこともありますが、なんか、中途半端には触ってはいけない作品のように感じました。なんで、いつか再視聴して、ちゃんと考察系のレビューを書きたいですね♪
{/netabare}


【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目 ☆5
ちょっと、同期の作品とは、クオリティ面でレベルが違うな。作画といい、音響といい。劇場版クオリティ。町の壊れたかたとか良かったな。昭和の良さも、平成の良さも残しながらだしね。

2話目 ☆4
そこはかとない、恐怖。記憶の書き換え。やべぇな、狙って撃ってたのかよ。56茶(笑) 新条アカネ、初登場からなんか怖かったが、ここまで狂っていたとは。先生、改心? ちょっとした意味。この世界、パソコンの中の世界なんだろうな(だから復元や改変が可能)。人の命だけは戻らない、か。

3話目 ☆3
バトルシーン、よく動くな~。バトルにやや飽きがくるタイミングで、ちゃんと手をうってくるのが良いね。

4話目 ☆4
日常系もイケるな(笑) 病んでるな~。内海くんの切り換えの早さ(笑) 容量オーバーで固まるって、新しいな(笑) う~ん、OP観ても、いずれ新条アカネの心を救う展開になるんだろうけど、こうして、気に食わない奴を殺しまくってきたアカネを、我々視聴者は許せるのかな? 美少女だから、許せるのかな(笑) まあ、全てが元通りになってらアカネが消えるとかが、ベターなのかな?

5話目 ☆3
胸の垂れ方に、妙なこだわりを感じるな(笑) いや、Tシャツとか着ないと、絶対ポロリがあるだろ(笑) 日常会話の中にぶちこんできたな。オフラインでもOKなの?

6話目 ☆4
怪獣の、日常系? ちゃんとお風呂入ってる?って、直接言う(苦笑)? ネタバレ回。概ね、予想通りかな。

7話目 ☆4
やっぱり作画良いな。合唱曲、若い翼は、懐かしいな♪ この、そこはかとない怖さは、上田麗奈さんの演技も大きいよな。CGとの組み合わせ、使い分けが絶妙。

8話目 ☆4
だっさい名前のバンド(笑) 最終的には、アカネの心を止めるわけだね。会話の間が良い。女子の間で拡散アルアル(笑) うん→え~(笑) なんだそのリアクション、アメリカ人か(笑) バトルこそあっさりしていたものの、ギャグ、、、というより、ツッコミが冴え渡る笑える回だったな。

9話目 ☆3
という世界もあり得た、ということかな。恋人、友達、親友、そういうものをアカネは求めている。地味ながら転換点になりそうなエピソードだね。

10話目 ☆4
めっちゃ隣り(笑) 怪獣論。中の人(驚) 心の瞳。バトルに見処あり。引き込むな~。

11話目 ☆4
いよいよ、物語は佳境に。ライバルの仲間化、世界の崩壊。引き込むな~。

12話目 ☆5
ラスト、実写に戻る演出も、絶妙なラインで素晴らしい。

{/netabare}

 サンキュー(33)
ネタバレ
2019.01.17 01:18 朱猫の評価 | 観終わった| 48が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

アカネ最高

アカネ派と六花派に分かれると思いますが、私はアカネ派です。

 サンキュー(5)
ネタバレ
2019.01.13 23:00 Yuyu.の評価 | 観終わった| 52が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 3.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.0

誰か立夏のお母さんの正体を教えて

怪獣少女とお母さんの正体が2周しても分からなかった。

立夏ちゃん女神すぎてなんで自分のこと嫌いなのか分からない。

 サンキュー(5)
ネタバレ
2019.01.13 14:12 えあの評価 | ----| 37が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

良き良き

ラストの戦闘はopとマッチしていて鳥肌もんでした

 サンキュー(5)
2019.01.13 08:55 haigaの評価 | 観終わった| 82が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 3.0

特撮ヒーローと深夜アニメの融合

ちょっぴりひねくれちゃいましたね。途中まではヒロインの1人が不快で不快で観るのが苦痛でした(^_^;)後半それなりに理由付けされたから救われたけど。

簡単に説明。響祐太は高校生。突然記憶を失ってしまいます。古いパソコンから話しかけられる祐太、そこには自らをハイパーエージェントグリッドマンと名乗る人物が写っており、世界の危機を訴えてきます。突然現れる巨大怪獣。グリッドマンの指示で自らも巨大ヒーローになった祐太は、同級生の六花、内海とグリッドマン同盟を結成。変わってしまった街の様子に戸惑いながら、巨大怪獣と闘う日々を過ごすのでした。

元々は90年代の特撮ヒーロー物のリメイクなんですね。色々深夜アニメ仕立てで味付けされてます。
キャラデザはとても良いですね。二人のヒロイン六花とアカネ。演出なのか瞳の様子で感情を表してる場面が多いのですが、アカネの文字通りアカネ色の瞳が狂気と何を考えてるか判らない異常性を感じさせてくれてとても良いです。

グリッドマンのデザインや合体ギミックなどもとても良かったです。ライバルキャラの位置付けも燃える展開もあり良かった。でもやっぱアカネが好きになれなかった。このアニメの根幹に関わる部分なんですがもっと素直にやって欲しかったです。

絵も綺麗ですしちゃんと最後まで終わってます。女の子もかわいいですし、単純にバトルも熱いです。
万人にオススメは出来ませんが面白かったですよ♪

 サンキュー(13)
ネタバレ
2019.01.12 23:17 もなーての糧の評価 | 観終わった| 30が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

タイトルなし

わけわかんないまま状況だけ動いてく感じには引き込まれる
それはそうとなんでか敵対してる女の子がかわいい、映像すごいなー
ロボットもの?怪獣もの?けどそこには深くつっこまないからそういうの知らない人の方が楽しめるかも





最終的に、働く細胞のような、一人の中で自らの味方と敵が戦ってるようなお話でした
思い詰めてても孤独でも実はたくさんの味方がいて、って感じで、結構好き

 サンキュー(5)
2019.01.12 22:53 ゲリオの評価 | 観終わった| 50が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 5.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

面白かったが期待以上ではなかった

90年代初期の特撮ドラマを20年以上の月日を経てアニメでリメイク。
正確にはドラマの続編であることが物語終盤に明らかになるが。
並々ならぬ力が入ったアニメ作品で序盤から大いに楽しませていただいた。

まず、序盤の数話を見て感じたのだが色々バランスがとれた作品だということ。
日常と非日常の配分も、作画とCGの配分も丁度良い。
登場人物の男女比も文句無し。
女性キャラのルックスが素晴らしく、特に六花なんかは近年のアニメでも最上位にくるような完成度だと思われるが、男キャラの存在感を消さない程度に出しゃばらないキャラ付けが程良い匙加減に感じた。
ストーリーに関しても気になる謎を散りばめつつも、各話で面白い展開を持ってくるので非常に見やすかった。

上記の理由で企画段階できちんと練られていたのだろうと思わせてくれる作品で、名作誕生の期待を匂わせる序盤であった。
ただし、終わってみれば名作というほどの作品であったかは微妙なところで、残念ながら期待ほどではなかったというか、ハードルを上げ過ぎたのかもしれない。
どのあたりから若干盛り下がりを見せ始めたのか考えてみると、おそらく8~9話前後じゃないかと考えられる。
つまるところ、作中で主人公と敵対する某人物の精神が曇り始めたあたりである。
この人物が次どんなことをやらかすのかが楽しみだったのに、中盤で急に弱みを見せるキャラに落ちてしまったのは残念であり、また背後にいた真のラスボスキャラも特段魅力のあるキャラではなかった。最終決戦でこんなわけのわからないキャラと戦っても盛り上がれるはずもなく・・・・
これだけ力を入れた作品なのだから、最後まで気合の入ったストーリーを展開できれば文句なしの神アニメになり得たのになかなか難しいもんだと感じました。

あと一言申したいのは人間の精神を持つ怪獣アンチについて。
どう見ても味方になる雰囲気立ちまくりのキャラクターで、3話で六花と触れ合うストーリーはこれぞオネショタっていう萌える回だった。
あとは六花に説得されて改心する無難にして盤石な展開を待つのみだったが、なかなかそんな場面は訪れず、最終話間近で唐突に味方になったのには拍子抜けしてしまった。
しかも、六花とは関係ないことで!(あのオネショタはなんだったんだ)
せっかくのオイしいキャラと間違いない展開を、あんな形で消費してしまったのは勿体なかったんじゃないのと疑問に感じるところ。

色々と長々ボヤいてしまったが、終盤の脚本を除けば全体的に文句ない完成度だったと思う。
特に作画は最後まで高いクオリティを維持しており近年稀にみるレベルに仕上がっていた。
序盤でハードルを上げ過ぎたのがネックになってしまったものの、他アニメと比べても格段に出来が良い良作だったことは間違いない。

 サンキュー(9)
2019.01.12 00:49 真由子の評価 | 観終わった| 42が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 3.0  音楽 : 5.0  キャラ : 4.0

心にヒーローを住まわせよう

BGM控えめ、テンション抑え目。
変身ヒーローものにあるまじき落ち着いた日常感が醸し出す微妙なリアリティ。
おもちゃと合体って言うな(笑)
楽しかった。

バグはいつでも発生する。心にヒーローを住まわせよう。

 サンキュー(9)
2019.01.11 06:21 ZORRROの評価 | 観終わった| 59が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 3.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

分かりやすくて良いですね。

一見、子供が観るようなヒーロー物かと思いましたが、意外とエグめの展開でした。

闇っぽいアニメであることは間違いないですが、裏はある訳でもないですね。
起きる出来事を観ておけば理解できるかと思います。

絵は普通です。戦闘シーンはかなり綺麗で迫力ありました。
それ以外も丁寧な感じではありませんが、キャラも可愛く描写されてて良かったです。

まあ六花ちゃんでしょう。六花ちゃん六花ちゃん。

 サンキュー(14)
2019.01.10 22:38 ニワカオヤジの評価 | 観終わった| 87が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 5.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 5.0

六花が出てくる度に画面を下から覗いていたら気づいた、この作品の真実

※注意! あまりマジメに読まないでください。

舞台設定など、ぼかしたまま最終回を迎えましたが、他の方のレビューでかなり考察されており、概ね同意見でした。概要としては、{netabare}
・現実世界のアカネの容姿は六花。舞台上のアカネはアカネの理想の姿
・響裕太はアカネの世界で唯一アカネより六花が好き
・六花の母は現実ではアカネの母

あと、下記については言及している人が見つかりませんでしたが、
・アカネのみ、髪の毛の色が現実世界とかけ離れた紫色であることは、初回からアカネが人を超越した存在であることを明示しているが、アニメを見慣れた視聴者は、髪の色が現実的でなくてもキャラを描き分けるための手法として定石となっているのでミスリードされる。
{/netabare}といったところです。

アカネが{netabare}作った世界というのが電脳世界なのか、夢または夢想なのか、は意見が分かれるところだと思います。
僕としては、最期に一気に地球規模で再構築されたところから、アカネには本当に神様的な力があり、現実世界と同等の三次元世界を(別の時空に)築き上げた、という可能性もあると思います。涼宮ハルヒが我々の世界を3年前に作ったのと同じように。{/netabare}

と、カッコつけて自説を掲げましたが、レビュータイトルの通り、実際の視聴中は六花が出る度に下から覗き込むのに忙しくて考察をしてる暇はありませんでした。正確には、iPadで視聴していたので毎回iPadを傾けて見てました。六花が水着になった回は、もちろん上から覗き込みました。他の男子諸君も皆やりましたよね?

しかし、いくら覗き込んでも六花のパンツも谷間も見えず・・・
あ、{netabare}ということは、アカネが作り出した世界は、二次元世界だったんだ!
・・・という、揺るぎない結論に達しました d(≧ω≦*) {/netabare}

 サンキュー(26)
ネタバレ
2019.01.09 19:07 の評価 | 観終わった| 33が閲覧 ★★★★☆ 4.7 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

最後になるほど!ってなりました。

最初みたときは、元特撮からの派生アニメとは知らず。純粋にアニメとしてみたら、教室のクラスメイトの喋り声や部活の声など自然な雑音の出し方していて、空気感がアニメっぽさから少し離れていたように感じて新鮮な印象でした。今思えば、そういう演出もアニメと現実との関係性があったのかなって思いました。

あとは、とにかく、六花とアカネのエロ可愛さに惚れた。下品なエロさじゃなくてもう尊みですよね。

あと個人的にアンチくん大好きです。敵から味方になるキャラクターってなんでこんなに魅力的なんだろう。

最後に、なるほど!これは最終回みた人ならわかるはず。粋だなぁ。 あとスピンオフで、グリッドマンではない響くんをみたい!

 サンキュー(7)
2019.01.09 12:56 目付きの悪い猫の評価 | 観終わった| 26が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

うん( ´_ゝ`)ウルトラマンだよ。これ!

アニメ版のウルトラマンだね!めっちゃカッコいいし話の内容は、色々と謎があるので好きなように色んな角度から解釈出来る面白さもある。簡単に言えばツッコミどころ満載でした!
何も知らずに観始めて、あぁウルトラマンのアニメ版と思いなが観ていました。特撮の円谷プロダクションも協力していることに気が付いた時は感激しました!

 サンキュー(6)
2019.01.08 22:49 ひきの評価 | 観終わった| 65が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

謎だらけだったが面白かった。

クラスメイトの六花の家の前で倒れた裕太は
目覚めるとそれまでの記憶を失っていた。
そして六花の家のPCから裕太に謎の呼び掛けが…。
そんな時突然謎の怪獣が現れる。
裕太はPCの声の主、グリットマンに導かれるまま合体し怪獣と戦う。

以前円谷プロで製作されたグリッドマンが原作らしい。
残念ながら原作を見ていないのだが、久しぶりの円谷プロの作品に心が躍る。
なんだかわからないままグリッドマンになってしまうあたりは、
ウルトラシリーズならではか…。
そして突然現れる仲間たち。彼らはいったい何者?

そしてなんと怪獣はクラスメイトのアカネが一枚噛んでいる。
気に入らないことがあると怪獣を発動、対象者を消滅させてしまう。
その裏にはアレクシス・ケリブが…、宇宙人?
アカネにはそれだけではない、驚きの秘密がまだ隠されている。
これがまたびっくり。

わかないことだらけなのだが、なんだか楽しく、ワクワクしながら
最後まで見てしまいました。
やっぱり円谷プロ、には心惹かれるものがあるのだろうか。

いろいろ教えて欲しいなぞはいっぱいあるのだが、
裕太が記憶を失う前、六花に言った言葉が一番知りたい。


あとOPとEDが最高でした。
そして六花も…。

 サンキュー(14)
2019.01.08 21:01 scandalshoの評価 | 観終わった| 88が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

私は断然「はっす」派です。(笑)

原作の『電光超人グリッドマン』は未視聴ですが、特撮物は戦隊ヒーローシリーズ、仮面ライダーシリーズは最初期から、ウルトラシリーズも『帰ってきた・・・』辺りからリアルタイムで視聴経験のある、ギリ40代のおっさんです(笑)。

大好物の『TRIGGER』作品でもある本作は、当然、リアルタイムでの視聴決定です。

【総評】
第1話のO×Tの挿入歌(第2話以降はOP曲)に、一気に持っていかれましたね。

表情豊かな登場人物。
着ぐるみ感を上手く表現したバトルシーン。

物語に影響のない部分は静止画を多用する反面、動かすべき時はきっちりと動かす。
TRIGGER作品ならではの動きの良さは、見どころの一つだと思います。

『静止画多用』って、本来ならば酷評に値するんだろうけど、それを演出として見せるのは高評価。
TRIGGERの過去の実績があってこその好演出だと思います。

登場人物の人間関係も面白い。
敵味方{netabare}《重度のネタバレなので未視聴の方は飛ばして下さいね!》{netabare}なのに、毎日学校で顔を合わせ、会話する、{/netabare}{/netabare}不思議な間柄。。

【六花とアカネ】
最終話、なかなか意味深でしたね。
《重度のネタバレなので未視聴の方は飛ばして下さいね!》
{netabare}『私はアカネと一緒にいたい。どうかこの願いがずっと”叶いません”ように』
六花のセリフの後、アカネは姿を消す・・・。

そしてラストの実写のシーン。
{netabare}さっき六花がアカネにプレゼントしたものとは色違いの定期入れのアップ。
黒髪の少女。
この姿はどう見ても、「アカネ」ではなく「六花」そのもの・・・。{/netabare}

ここからは、個人的な、勝手な解釈。
《重度のネタバレなので未視聴の方は飛ばして下さいね!》
{netabare}最後の実写は、言うまでもなく現実世界の話。
実写の六花似の少女は、『現実世界のアカネ』。

んっ?『六花がアカネ』?

物語で描かれていたのは、言うまでもなく「現実世界のアカネ」の心の中の世界。

「グリッドマン」と「アレクシス」は、いわば、現実世界のアカネの心の中の「天使」と「悪魔」。
アカネの心が「悪魔」に支配され、「天使」は『ジャンクショップ』へと追いやられている。

『ジャンクショップ』の住まう六花と六花ママも、現実世界のアカネにとっては『ジャンク=不要なもの』。

現実世界のアカネは、きっと、自分の外見が嫌いなんだろうと思う。
だから、物語の中のアカネと六花は、姿形が正反対。
(胸周りとか、フトモモ周りとか・・・)
基本的に、「なみこ」と「はっす」以外とはあまり絡まない六花に対して、多くに人に囲まれているアカネ。
これも正反対。

現実世界のアカネは、自分の嫌いな部分を『ジャンクショップ』に追いやっているんじゃないかなって・・・。
とすると、必然的に「六花ママ」=「現実世界のアカネのママ」ということになる。

そして、自分の理想・憧れが物語の中の物語の中のアカネの姿なんじゃないかなって・・・。

要するに、『現実世界のアカネ=物語の中の六花』。
こう考えると、意味深な最終話が、全て合点がいくと思うのですが、皆さんはどう思われますか?{/netabare}{/netabare}

【脇役も魅力いっぱい!そしてそれ以外にも見どころが!?】
脇役も魅力的で良いです。
お気に入りは、新世紀中学生のボラーと、裕太たちのクラスメイトで六花の親友のはっす。
物語に、絶妙なアクセントを与えてくれる、愛すべき好キャラ。

・・・・・・・・・、あと、六花ちゃんのフトモモも・・・(笑)。

 サンキュー(45)
2019.01.08 18:13 シャベール大佐の評価 | 観終わった| 54が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 5.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

ヒロイン2人がとても魅力的な、特撮巨大ヒーロー物アニメ

円谷プロの特撮ドラマ「電光超人グリッドマン」を元ネタとして作られた、巨大ヒーロー物の新作アニメ。全12話。
ストーリーは、記憶をなくした少年・響裕太が、本人も事情がよくわからないままに、古いパソコンの画面から呼びかけてくるハイパーエージェント・グリッドマンと合体?して、町に出現する謎の怪獣と戦っていくことになる、みたいな流れ。
まずこの作品で、いちばん良かったと思うのは、宝多六花と新条アカネというヒロイン2人がとてもかわいかったこと(個人的には六花派です)。そもそもキャラデザの完成度が高いことに加え、絵も綺麗で、微妙にエロさを感じるようなカットも多くあるので、画面を眺めているだけでも楽しめました。学校での女の子たちの姿を描いているEDの映像も、それぞれの場面の切り取り方にセンスの良さが感じられて、「このキャラたちで学園青春アニメも作ってほしいなあ」なんて思いながら、毎週楽しみに観ていました。また、女性キャラ以外の作画についても、CGを使用した戦闘シーンの出来もとても良かったですし、日常パートのなにげないシーンでも、角度や構図に工夫して、立体感や奥行きを感じさせるような見せ方をしていたりして、全体的に映像に魅力がある作品でした。
ストーリー自体は、ちょっと謎もあったりして興味を惹きますが、全部観終わっても、特に感動や興奮までには至らず、まあ普通に面白かったかな、といった感じ。それでも、日常パートや戦闘シーンなど他の部分にそれを補うだけの十分な長所があったので、全体としては問題なく楽しめました。
音楽は、OP、EDとも、なかなか良かったです。声は、アカネ役の上田麗奈が、キャラの雰囲気に合っていました。
最後まで観終わって、毎回とても楽しめました。大きな物語はまあまあレベルだけど、それ以外の部分にも長所があって総合的にはかなり満足できた作品というと、内容やジャンルは全然違うのですが、なんとなく「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」を思い出したりもして、アニメの魅力はストーリーだけではないよね、と感じさせるタイプの作品でした。

 サンキュー(21)
2019.01.08 00:11 wraithの評価 | 観終わった| 45が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 4.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 3.5

円谷だけど・・・おもしろいかも

2話まで視聴。
1話目で円谷だと気づく。特撮は好かないが、絵に安定感があってストライクゾーンに入っているし、キャストの芝居も自然なので追っかけで録画を視聴中。
あとはストーリーにどれだけ必然が入っているか。

--- 6話まで視聴
いいね。相変わらず作画は安定しているし、キャストの演技も良い。人が特殊能力を持つこと以外、常識の範囲内。詳しく説明しないことで奥行きを感じる。裕太がGRIDMANに選ばれたのは必然なのだろう。人物(怪獣)の過去がこの先明らかにされるだろう。

--- 見終わった
作画と声優の演技と音楽は良かったが、物語がほとんど無いので、日常系のよう。
謎の多くが解明されないまま終わった。まだ続けるつもりでは?

 サンキュー(7)
2019.01.06 03:10 Androidの評価 | 観終わった| 20が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 3.5  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

ウルトラマンや戦隊ヒーロー好きにはたまらん

タイトルの通りウルトラマンと戦隊ヒーローのロボットを混ぜてヒロインを可愛くして設定を深くしてOP EDを良くした作品です
ウルトラマンや戦隊ヒーローのロボットの戦闘が好きだった人にはかなり魅力のある戦闘シーンがあって昔を思い出しました
ストーリーも結構しっかりしてるのでこの先が楽しみです

 サンキュー(5)
2019.01.06 02:26 はちくじまよいちゃんの評価 | 観終わった| 57が閲覧 ★★★☆☆ 3.3 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 4.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.5  キャラ : 3.0

正直グリッドマン部分が丸々要らなかった

1話の頃の小洒落たトークに惹きつけられたのですが、グリッドマンには全然興味がなかったし、ストーリー的にも腑に落ちないところが多々あって期待感が徐々に薄れていきました。また六花の声優さんの演技がドラマの演技をそのまま持ってきたような感じで違和感がありました。

 サンキュー(7)
ネタバレ
2019.01.05 23:29 MuraBustanの評価 | 観終わった| 29が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 3.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

ツブラヤ

元のは見てないけど、なぜか懐かしい。ウルトラセブンの作って!

 サンキュー(6)
ネタバレ
2019.01.05 21:16 カルルの評価 | 観終わった| 8が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

久々に毎回ワクワクした

考察しがいのある作品をで毎週の生きがいでした
ラジオも面白く久々に楽しめました

 サンキュー(1)
2019.01.04 23:05 オリヴィエの評価 | 観終わった| 62が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

Special Signature to Save a Soul

特撮版未視聴だけどおもしろかった!

グリッドマンの事を知ってればもっと面白いと思えるんだろうけど・・・。
原作リスペクトしてるのは見てなくてもなんとなく熱い思いは伝わってくる。

まぁとりあえずアカネがめんどくさいのと六花ちゃんが可愛いおかげで見れました!
あと六花の友達のなみことはっすもいい子達でしたね。
{netabare}グリッドマンのこと黙っていて、なみこが六花がなんか隠し事してる!ってなった時、「六花が考えた上で言わないんだよ」となみこにいうところなんかはっす最高かよ・・・ってなりましたうん。{/netabare}

▼ラスト
{netabare}最後、アカネは現実世界(実写)で目を覚まして帰っていきましたけど、
あの世界に残された人達がなんか切ない感じで終わってしまいました・・・。
悠太目覚めてどうしたんだろうとか、六花ママとか結局なんだったんだ・・?{/netabare}

▼その他
グリッドマンはスパロボに出てきそうな感じだなと戦闘の度に思ってました。マイトガイン的な!
合体するし、ブラックマイトガイン的なグリッドマンナイトもいるし・・・。
{netabare}六花は最後パスケース渡せてよかった!その後のアカネの「どっかいけってこと?」もよかった。
「私はアカネと一緒にいたい。どうかこの願いがずっと叶いませんように。」
とかもうね・・・百合ッドマン最高かよ!!{/netabare}

 サンキュー(18)
2019.01.04 22:32 pookiの評価 | 観終わった| 33が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

<55> 円谷プロの特撮ヒーローもの『電光超人グリッドマン』リメイク。TRIGGER。

円谷プロの特撮ヒーローもの『電光超人グリッドマン』リメイク。TRIGGER。
絵的なクオリティはかなり高いし、アクションはときどき凄いと思う。全体的に女子が可愛い。ただし、古い特撮をキレイな絵でリメイクしました、以外の意味は伝わってこない。ヒーローもの好き特撮好きならオススメなのかも。
ヒロインの台詞や雰囲気は小見川的で好み。OP もまぁまぁ。

<60> 円谷プロの特撮ヒーローもの『電光超人グリッドマン』リメイク。TRIGGER。
1 話視聴。
円谷プロの特撮ヒーローもの『電光超人グリッドマン』リメイク。TRIGGER。
クオリティはかなり高いし、台詞のテンポや雰囲気なんかも絶妙。ヒーローもの好き特撮好き、元ネタ知ってる人にはすごくオススメな気はする。
残念ながら完全に守備範囲外で興味薄。時間があれば観るかも。

 サンキュー(5)
2019.01.04 16:52 褐色の猪の評価 | 観終わった| 213が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: SSSS.GRIDMAN(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

特撮番組に影響を受けた作品

出来栄えとしては「特撮」という概念そのものではなく、円谷プロの「特撮番組」に影響受けた風情。

日本の特撮でも映画ゴジラやガメラシリーズは映像美で観せる、
TV版の製作を主とする円谷プロはストーリーで魅せるって感じ、

なので円谷演出・構成は昨今の日本のアニメに丁度嵌ったという感じでしょうか、

また、映像的にはTRIGGER制作というのも(止絵構図等に湾曲デフォルメを多用す)味わいに一役買ったのだと思います。

面白かったです。

 サンキュー(26)

SSSS.GRIDMANのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
SSSS.GRIDMANのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

レビューを条件で絞り込む
ネタバレ状況
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
キーワード
表示形式
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。