新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン(アニメ映画)」

総合得点
90.4
感想・評価
487
棚に入れた
2235
ランキング
51
★★★★★ 4.4 (487)
物語
4.3
作画
4.7
声優
4.4
音楽
4.3
キャラ
4.4

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

ato00 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

愛を知る。

もう多くを語る必要なないでしょう。
思い描いた未来、想定内の結末でさえもなお、ボロ泣きでした。

ヴァイオレットの手紙に込められた真実の愛。
それに気づいた少佐。
さざなみのヴァイオレットの感情が暴風に変わり、そして夕凪へ。
納得の完結です。

TV版10話から続く劇場版の導入にいきなり感動なんて。
ちょっとずるいかもしれません。
アンの孫娘の目にヴァイオレットは如何に映ったのか。
時代を超えても変わらない強い使命、生きることの意味。
ラストの凛としたヴァイオレットの立ち姿に、彼女はそれを垣間見たことでしょう。

生と死の狭間で葛藤する人々。
手紙にしたためられた大切な人の素直な言葉をよりどころに、新しい明日に踏む出せるのかもしれません。

投稿 : 2022/12/05
閲覧 : 35
サンキュー:

13

ネタバレ

たま。 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

途中眠かった

京アニ作品。

戦場で戦闘マシーンであったヒロインが、戦争終結後手紙の代筆屋になり、お客の人々の感情の機微に触れる内に自身の感情を獲得していく。
慕っていた、生存不明の上官の最後の言葉『あいしてる』を少しづつ理解していく。

結局本編では、上官は生きてて、恋愛物となります。

が、予測できるあらすじに対し、物語の進み方が間延びしてて遅い。
登場人物の表情や感情面を強調してるのでしょうが・・・。
途中何度か寝落ちしそうになりました。

この物語は、恋愛物が好きな方にお勧めします。

投稿 : 2022/11/30
閲覧 : 35
サンキュー:

1

ネタバレ

タイラーオースティン さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

作り手の熱量が伝わってくる作品

テレビシリーズは未視聴で、劇場版の外伝のみ視聴していた状態ながら流石京アニで冒頭のシーンからクライマックスばりの高揚感があり、たちまち引き込まれました。

基本的にはヴァイオレットの物語で、休日にて病院に入院しているユリス少年とのエピソードとギルベルト少佐との再会がメイン。

ユリス少年は第一印象がこまっしゃくれた少年だなぁという印象でしたが、彼の置かれている状況を考えれば納得でむしろ物腰丁寧で真面目なヴァイオレットに対し、心を開いていくさまをみると素直な子なんだなと感じました。
中盤以降はヴァイオレットの上官のギルベルト少佐絡みのエピソードとなりますが、お互いの抱える重いバックボーンも回想シーンとも合わせてよく掘り下げられており、門外者にも優しい作りで感情移入は容易でした。

圧巻だったのは終盤で、ユリスのエピソード、ギルベルト少佐との結末を並行して描きながら、それぞれがケンカせずに調和した構成となっており、溢れる感動が半端なかった
ですね。

作画も素晴らしいの一言で、特にクライマックスの海の質感には言葉を失って感嘆のため息が漏れるほど。

しいていうと、ヴァイオレットの職場の同僚たちがあまり物語に絡んでなかったかな。

これで劇場版、外伝を観たので肝心のテレビシリーズも観たいと思いました。

投稿 : 2022/11/26
閲覧 : 37
サンキュー:

17

ネタバレ

これ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

人生観変わるまであるぞ

今回のヴァイオレットエヴァーガーデンは
10話を超える出来でしたね
本編であるヴァイオレットとと少佐の絡みも良かったのだけどそれと一緒にあったサブストーリーがめちゃくちゃなけるのと
10話の孫が出できたのもファンが喜ぶ出来になってたのかなあとおもいます!
さすがに京アニだよね、どこをとっても欠点がない作品だなあと思ってしまったよ

投稿 : 2022/10/28
閲覧 : 73
サンキュー:

5

ネタバレ

なご さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

よかった d(^_^)

めでたし、めでたしでよかったです。
未視聴の方は、アニメ版等を全て観てから観てほしいですね。
大満足でした。

投稿 : 2022/10/19
閲覧 : 46
サンキュー:

5

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

【更新】蒼い瞳の女の子…それは永遠に語り継がれる、不変で普遍の愛の人生譚。

2020年9月 原作 暁 佳奈(第5回京都アニメーション大賞 大賞受賞) 制作 京都アニメーション。全シリーズ視聴済み。数々の賞をとり、観るものを圧倒する美しさと完成度。主演︰石川由依、助演︰子安武人。本シリーズ最終章。京アニの万感の思いの結晶。不滅の名作の最終章…「愛してる」を貴方に…。

【まえがき】
その少女は、ディートフリート・ブーゲンビリア海軍大佐の軍艦が遭難し、漂着した孤島で動物の様な状態で拾われた…。

少女の身柄を引き取ったギルベルト・ブーゲンビリア陸軍少佐は少女に「ヴァイオレット」と名ずけ「その名が似合う女性になるんだ…」と願った…。

原作者 暁 「すべては此処に至る為の物語」であり、1人の少女の18年間の軌跡と奇跡の物語…。

【本編・みどころなど】
オープニングで表示される「sincerely(心から…)」この一行の言葉に心が震えます。

本劇場版は、TV版第10話「愛する人はずっと見守っている」での母クラークの愛娘、アン・マグノリアの娘を母(夫妻は医師)に持つ、デイジー・マグノリアの孫の視点で、時代は60年後。

デイジーは祖母が他界後も大切に保管されていた古い手紙を見つけ、自動手記人(ドール)の存在を知り、アン宛の50通もの手紙を代筆したヴァイオレットの軌跡を辿ります。

まず、印象深いのは、序盤、ヴァイオレットとディートフリートの墓地での会話と描写。供花はブーゲンビリア。細かい気遣い。素敵です。ヴァイオレットの想いを感じ、ディートフリートの心境に変化があらわれているシーンに心が揺れます。

{netabare}
そして後半のクライマックスへの布石となる、入院中のユリスの依頼で家族宛に手紙を書くヴァイオレット…。お金が無いユリスに「Emergency Provision(緊急的お子様割引。実在しませんw)」と書類を見せるシーンにクスッと。
けど…小学生程度?の年頃の子供が、自身の寿命を察し、自分が逝っても両親と弟が元気が出るような内容の手紙を依頼する…こんな勇気ある決断を?と思わず目を伏せてしまいました…。

ユリスの病室から帰社するヴァイオレットに、ディートフリートが墓所でヴァイオレットが落としたリボンを届けます。そしてギルベルトの思い出の品を受け取らないか?と告げます…。喜ぶヴァイオレット…。本当に嬉しそうです…。
船の中の会話でディートフリートは、弟ギルベルトへ想いを馳せ、それがヴァイオレットに伝わった事に驚きます…。別れ際の甲板で「忘れるなんて出来ない…あいつは俺の弟だからな…また会えたら…」と語る彼に「はい…」と頷くヴァイオレット…。心に染みる素敵なシーンです…。

ユリスの手紙を仕上げる中で、ヴァイオレットはこれ迄の経験から「~本当の気持ちは伝えなければ解らない場合も多いです…」書き終えた三通の手紙…。
ユリスが「俺が天国に逝ったその日に渡して」と告げるのを、ヴァイオレットは義手の拳を握りしめ悲しみを堪えます…。そして指切りをして必ず届けると約束をします…。この指切り…実はエンドロール後に映されるシーンに繋がっています…。

ヴァイオレットはユリスに「伝えたい事はできる間に伝えた方が良いと思います…」と語っています。であれば…であれば…このシーンはヴァイオレットは手紙の代筆を受けず、ユリスを勇気づけ、ユリスの口から家族への感謝の気持ちを伝えさせる…そんな描写にしてくれたら…ヴァイオレットの心の成長と言葉を伝える大切な術がもう1つ示されたら…っと思ってしまいました…。

でも…それは形を変えて示されるのです。

後半…ユリスの親友リュカへの想いを電話で伝えるのです…。あぁ…暁 佳奈氏は読む者、観るもの気持ちに寄り添ってくれていると…改めて本作に感銘を受けました。

ホッチンズ社長が宛先不明の一通の手紙の筆跡から、ギルベルトかもしれない…と直感します。差出人の住所はかつての敵国領土エカルテ島…。ギルベルトが存命している事は、それ以前の描写で視聴者には知らされますが、ヴァイオレットを含め、全てのキャラクターはそれを知りません。

ホッチンズは「まだ不確かだが…」としながらも、ヴァイオレットにギルベルトの消息について語ります…。
ヴァイオレットの驚きと期待…そして不安と混乱…それをそっと受け止め助言するカトレア…このシーンのカトレアが好きです。

ホッチンズと共にエカルテ島を訪れたヴァイオレットは、島の子供達からギルベルトの存在を聞き・確信し感情が溢れ出します…。その時、ヴァイオレットのシリーズ初めての心からの笑顔に心臓が高鳴ります…。

でも…。
ギルベルトはヴァイオレットを兵士にしてしまった後悔の念を拭えず再会を頑なに拒むのです…。
逢いたいと願い・望み・心から叫ぶヴァイオレット…。
「少佐は後悔しているのですね…私の存在が…私が少佐を苦しめているのですね…今の私には少佐の気持ちが解るのです…」と言い残し雨の中を走り去ります…。

ギルベルトにホッチンズが吠える「このっ!大馬鹿野郎~っ!」。心が共鳴してしまい言葉になりません…。

ずぶ濡れで…泥だらけになりしゃがみこんで泣きじゃくるヴァイオレット…これ程切なく・悲しく・美しい描写を私は見た事がありません…。

嵐を避け、一時島の灯台兼郵便局に身を寄せる2人…。そこにでユリスが危篤との電信文が届きます…。
少佐に逢いたい…でも…ユリスとの指切りした約束を守りたい…。揺れるヴァイオレット…。自分で届ける手段は無い…。

ヴァイオレットは電信文で、ベネディクトとアイリスに、ユリスの手紙を届ける事を依頼し、2人はユリスの病院に急行します。
アイリスがヴァイオレットの代わりに来たと告げるとユリスは「愛してるを教えてくれた人?」と…。
頷くアイリスに「生きてたんだ…良かった…」アイリスの感情描写もとても美しく素敵です。そしてアイリスは…2人(相手はリュカ)に手紙では無く電話で話させる選択をします。これは前半で何れドールは電話に取って代わられるとされたシーンの感情描写と重ねたものです。「あのいけ好かない機械もやるわね…」と…。

そしてユリスは逝ってしまいます…。
本シリーズを通じ、書かれた手紙を読まれるシーンは、これ程までに言葉や文字が人の心を紡ぐものなのかと改めて感じずにはおれません…。

ラストシーン…。ギルベルトに逢わずに島を離れることを決意したヴァイオレットは最後の手紙をギルベルトの生徒に委ねます…。

{/netabare}

島を訪れた兄と再会するギルベルト…。
ディートフリートは再会したら謝るつもりだった、としながら「今は麻袋に詰めこんで、お前をヴァイオレットの前に放り出したい気分だっ!」と叱ります…。ヴァイオレットを戦場に駆り出したと後悔の言葉を連ねるギルベルト…。美しい描写と相まって初めてギルベルトを嫌悪した自分に驚きました…。

そこへ、リフトでヴァイオレットの手紙が届きます…兄は「お前宛ての手紙だ」と…。

ヴァイオレットのギルベルトへの愛する想い。ラストラブレター。
「愛してる…をありがとうございました…」「愛していると言って下さった事が、私の生きていく道標になりました」「そして、愛してるを知ったから、愛してるを伝えたいと思いました」と。

行けよ…と兄に背中を押されたギルベルトは走り出します。それをそっと見送る兄ディーフリート。感情描写が素敵です。

そして二人は…。万感の想いを込めて…。言葉に成らないヴァイオレットの想いが心を掴んで離しません...。
手書きの作画でこれ程の美しさを描ける。芸術です…観てね♪
そして夫々の人生は進むのです…。

【おまけ】
本作、エンドロール(エンディング・クレジット)後にヴァイオレットとギルベルトが窓辺て指切りをしてHAPPY ENDの演出を終えています…。続きがあるので少しね…。(劇場に出向いて観られた方は知っているかも…)。

「朝と夜、どちらも意識を失う時、目覚める時、確認できます。いらっしゃることを」「本当にそうだな、ヴァイオレット。私達は、もう大丈夫だ」お互いの欠けた形が、寄り添い合うとぴったりとした円形になる。

「朝食は、何を作ろうか…」ギルベルトが、優しく微笑みながら言うと、ヴァイオレットも唇の端を上げた。
「せっかく来て下さったのです。もてなしたいと思います」
「私は嬉しい驚きでした」
「君との時間が減るだろう。私達にだって予定はある」
「ホッチンズ社長は、少佐のことがお好きなのです」
「ベネディクトも私達の生活がどんなものか心配してました」
「彼が心配しているのは君のことだけだろう。結婚式でも随分と釘を刺された」
「少佐、そろそろ抱擁を解いて頂いて…その、朝食を作り始めませんか」「…もう少しだけ、君を抱きしめていたい」「…はい」ギルベルトは、もう怖いことは何もないと思えた。いきることも、死ぬことも。君という『最愛』を得たから、もう怖くない。
(ギルベルト・ブーゲンビリアと儚い夢より)


【あとがき】
本シリーズ全てに通じるが、本劇場版はスクリーン用と言う事もあり、背景・小物細部・光源・カメラワークが格別に素晴らしい。
本作を最後まで視聴後、改めてTV版を観たくなります。

劇場版 主題歌 WILL 歌唱 TRUE 作詞︰唐沢美帆、作曲・編曲︰Evan Call
ED曲 未来の人へ ~orchestra ver 作詞︰唐沢美帆、作曲︰川崎里美、編曲︰Evan Call

尚、公式ページのメニューからSPECIALを選ぶと、絵コンテ~動画になるまでの工程が見られます。

ヴァイオレットの花言葉︰謙虚・誠実・小さな幸せ・愛…そして「あなたのことで頭がいっぱい…」
(ギルベルト)ブーゲンビリアの花言葉︰溢れる魅力…そして…あなたしか見えない…。

余談…以前のレビューでも、本シリーズのキャラの命名は花にしていると記しましたが、ベネディクトも同様で、愛用のブーツの模様もベネディクト(花言葉︰旅人の喜び、精神の美)です。そして、原作では彼に生き別れた妹が居る…とされており、その妹はヴァイオレットなのでは?…と…。
ベネディクトはヴァイオレット同様、戦闘養成所で育てられ、傭兵として戦場で戦って負傷したところをホッチンズに助けられています。
原作者も匂わせる発言をしていますが明言はしていません。おまけで記した中でベネディクトがヴァイオレットを気にかけている…のでもしかしたら…ね。

投稿 : 2022/09/14
閲覧 : 116
ネタバレ

マーティ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

「あいしてる」

 全2時間20分。

 やっとネットフリックスで解禁されたので見たんですけど、あれれ、面白いぞ…?高評価となりました。僕の中では鬼滅の刃と同じ現象ですね。

 今回強く感じたのは「時間の流れによる切なさと進歩」ですね。自動手記人形による手紙が段々廃れてきて、電話や電波が主流になっていく流れが作中にあります。ヴァイオレットたちの住んでいた世界が崩れていく切なさを僕は感じたわけですよ。作中でも最初はそういうのは否定されてました。でもユリス君とその友達が最期に会話するとき、手紙じゃ間に合わないので、そこで電話が活躍したのが良かったですね。技術の進歩も否定されずに肯定されているのが良いです。

 そして次にヴァイオレットとギルベルトについて。ここも良かったですね。ギルベルトはヴァイオレットを地獄へと追いやったんだから会う資格はない、と考えていたけど、本人はギルベルトに救われ、ちゃんと尊敬しているし愛している。少佐は人の気持ちを考えずに勝手に自己完結しようとしていたので確かに「大馬鹿野郎」です。でもそういう罪悪感を抱くのはわかります。そういうときに手紙が活躍するのが良かったです。
 終盤に海の上で二人が再開するところはグッときました。ああ、これで一緒になれるんだなって…もちろんツッコミどころはあったけどね(笑)ギルベルトの声届かんやろとかそんなに早く追いつけんやろとかヴァイオレット海に落ちるの?とか。。

 で、最後の指切りげんまん、そしてヴァイオレットが切手になっていたところが好きです。

 2時間20分と長かったけど、あんまり気にならなかったし、最後まで楽しめました。それに作画が素晴らしかったです。水や海の描写が実写のようでした。実際に写真を撮ってアニメに落とし込んでいるような、素晴らしい作画です。

 これにて感想を終わります。ここまで読んでくださりありがとうございました。

投稿 : 2022/08/12
閲覧 : 251
サンキュー:

32

ネタバレ

リアム・ギャラガー さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

スタッフ全員に「ありがとう」と伝えたい

京都アニメーション手掛ける作画は勿論のこと、Evan Call氏手掛ける挿入歌と劇伴、そしてそれを流す演出面などの全てが完璧です。
演出面で特に良かったのは、自動手記人形サービスには嫌な電話が普及してきた時代。そこでこの作品の一つの物語でもあるユリスの回にて友人への最後の言葉を手紙ではなく、電話で伝えたのが素晴らしかった。

そして、茅原実里さん歌う「みちしるべ〜Movie Version〜」のタイミングも完璧すぎて、鳥肌が凄かったです。「あなたの声がみちしるべ」の歌詞の本当の意味が分かる今作となっています。
そしてキャラの掛け合いを、他のキャラが行なっている演出もよかったです。
正直ここまでとは思っていなかったので、この作品を見るためにTVシリーズをご覧になって欲しいです。

投稿 : 2022/06/05
閲覧 : 222
サンキュー:

5

ネタバレ

haruto さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2022.4.19

2022.4.19

投稿 : 2022/04/19
閲覧 : 82
サンキュー:

1

ネタバレ

ラルフローレン さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

京アニらしい作品

Netflixで配信されたので視聴。TV本編も視聴済み。
ストーリーは他の方も書いているので詳細は省きますが、お涙頂戴物と、死んだはずの想い人が出てきて再会してハッピーエンドという、劇場版と銘打って期待していただけに、少し安直なストーリーで残念でした。
個人的に、登場人物が亡くなって涙を誘うのは、TV本編でも何回かやっているので、少しくどいと感じました。あとギルベルト。一応未帰還兵扱いでしたが、どうやってあの砲撃で生き残れたんでしょうか。私はNetflixでは字幕をオンにしており、字幕は台詞の前に喋っている人物の名前が表記されます。ギルベルトみたいな男性が出てきた時、ソックリさんだよなと思っていると、男性が喋った瞬間、字幕に(ギルベルト)と表記されたので、あぁと苦笑いしました。
そんなギルベルトの心から愛しているの意味が明らかになる訳ですが、私は家族に向けられるような意味合いだと思っていました。ところが終盤でまさかの恋人として愛している意味だと判明し、こんな歳の離れた女の子に対して変態だろと薄ら寒くなりました。
また、劇中に流れるTV本編のEDテーマ。これを聴くと不倫した某声優が思い起こされ、お前が純愛を説くのかとツッコミたくなります。
ここまで、マイナスばかり述べてきましたが、良い点はやはり作画。京アニらしい丁寧で繊細なタッチは素晴らしいの一言。また、ヴァイオレットの声優の演技力。物凄く引き込まれ、嗚咽するシーン等は観ているこちらも涙を流しそうになりました。あとは本作とTV本編の母から娘に50年間誕生日に手紙が届くエピソードがリンクしていたこと。私はこのエピソードが好きだったので、そこもプラスポイントです。

総合的にヴァイオレットエヴァーガーデンは良作品です。話していると素直な気持ちが言えないけど、手紙なら正直な気持ちを伝えられる。手紙の良さを改めて知らされる感度できる作品だと思います。

投稿 : 2022/04/17
閲覧 : 84
サンキュー:

1

ネタバレ

ひろたん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

当たり前のことほど忘れていたり、後回しにしていたりするものです。

面白かったです。
過剰な演出やちょっとそれは無理があるなと思える展開の数々・・・。
それは、既にTVシリーズですっかり慣れっこになりました。
そして、この作品で見るべきところもそこではありません。

この作品は、どんな手段を講じてもテーマを完遂してみせるところが魅力なのです。
物語全体からも、そんな意志や執念が感じられます。
たとえそれが、突っ込みどころがいっぱいあったとしてもです。
だからこそ、この作品のテーマは、とてもストレートで分かりやすいのだと思います。


■テーマとは?
{netabare}
「伝えたいことは、できる間に伝えておくほうが方がよいと思います。」
これは、ヴァイオレットのセリフですが、この作品のテーマにもなっています。
そして、この作品は、このテーマを伝えるためだけに一直線に展開が進みます。

ヴァイオレットは、TVシリーズで「愛」を知りました。
しかし、その「愛」を伝えられずに日々を過ごしてきました。
自分の想いに行き場がないと言う状況。
それが、こんなにも切ないものかとこの作品では語ってきます。

だからこそ、行き場があるうちに、伝えられるうちに、伝えることが大切なのです。
行き場を失ってからでは、遅いのです。
この作品は、その気持ちを、ヴァイオレットを通じて描いてきます。
{/netabare}


■最初から反則
{netabare}
この作品、上手ですね・・・。
最初からウルっときてしまいました。
いきなり反則だよって思ってしまいます。
なぜなら、あの世へ旅立つ母が我が子へ向けた50通の手紙。
TVシリーズで感動したこの物語のその後を導入として使っているからです。
これによって、TVシリーズのことは一切語らなくても振り返りになります。
劇場版の短い尺の中では、これ以上ないぐらいのよい導入だと思います。

また、誰かに何かを伝えるのは、それができる間だけです。
50通の手紙では、余命あと少しの母親が我が子に伝えられるだけのことをしました。
「伝えたいことは、できる間に伝えておくほうが方がよいと思います」
この導入部は、このテーマをはっきりと印象付ける役割も果たしていたと思います。
{/netabare}


■伝える手段は手紙でなくてもよい
{netabare}
この作品は、手紙がメインの素材となっていました。
今の時代に手紙なんて現実味がなくて響かないんじゃないか?
そう言う意見もあるかと思います。

しかし、この作品は、そこもちゃんと分かっています。
電話が普及すれば、手紙はなくなるかもと物語の中でも示唆しています。
物語が進むと、手紙は、伝えるための手段の1つに過ぎないことも描いています。
病床の少年ユリスが最期に友達のリュカに伝えた方法は、電話でした。
ヴァイオレットが少佐に伝えた方法は、直接、面と向かって自分の言葉でした。

この作品がTVシリーズから今まで積み上げてきた手紙と言う媒体。
しかし、それは、1つの伝達手段に過ぎないと作品自ら割り切ってしまったのです。
そして、なによりも大切なことは、やはり想いを伝えることだと言うのです。
それができるうちに、そして、どんな手段を使ってでもです。
つまり、伝えるための行動を起こすことが大切なのです。
{/netabare}


■まとめ

少佐の住む島を訪れたヴァイオレットでしたが、少佐は会ってくれませんでした。
そして、会えないままヴァイオレットを乗せた船は島から出向してしまいます。
しかし、二人には分かっていました。
それは、今日、会えなければ、また日を改めて会いにくればいい。
そんな機会は、もう二度と訪れないと言うことを・・・。

だから少佐は最後に叫びヴァイオレットに想いを伝えました。
ヴァイオレットも同じく少佐に想いを伝えました。
いかに、伝えたいことは、それができる間に伝えることが大切なのか。
それが、この二人の感情を通じてよくわかるのです。
もし、このまま島を離れていたら・・・。
二人は、この後、いったいどんな気持ちで一生を過ごせばよいのでしょうか?
その後悔を考えると、ぞっとしてきます。


親でも、パートナーでも、恋人でも、子供でも・・・。
自分が想いを伝えたい人がいるなら、できるうちに伝えた方がいいです。
いつ、伝えられない時がやってくるかわかりません。
それは、突然かもしれません。
そして、その突然が身に起こるのは、相手かもしれませんし、自分かもしれません。
いずれにせよ、誰かが必ず後悔するはずです。

この物語は、そんな当たり前すぎることをあらためて教えてくれたと思います。
当たり前のことほど忘れていたり、後回しにしていたりするものです。
しかし、気づいた時には、既に遅いことが多いのも事実だと思います。
もちろん私も当てはまるなと反省させられてしまった、そんな作品でした。

投稿 : 2022/03/21
閲覧 : 193
サンキュー:

38

ネタバレ

やん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

京アニ頑張れ

2022.3.5追記
レンタル借りて再視聴したんですが、下記エンディングの一枚絵がありませんでした。劇場で観た人だけにチラ見せだったのかもしれません。大団円のすごい絵でしたが以降どこにも落ちてません。どうすれば見れるんだろう。

アニメを芸術として一般の人たちに見てもらえるような文化にしたい、という理想に一歩近づいたといえるであろう作品。いい意味での変態性(ジブリ作品が持つ狂気のようなもの)成分が減り、万人にすっと受け入れられるものになったと感じました。
エンディングの一枚絵は一目みただけで頭から離れません。京アニ復活を信じています

投稿 : 2022/03/05
閲覧 : 226
サンキュー:

14

ネタバレ

栞織 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

シリーズ堂々完結

やっと先日劇場版の完結編を見ることができました。出だしはテレビシリーズの後日談の形式を取りながら、ヴァイオレットとギルバート少佐の再会をもって完結としたところが、本当にうまく物語をまとめていたと思います。そこに行くまでに、早逝してしまう少年の話を挿入していて、話に起伏と幅を持たせていたと思います。とにかく、素晴らしい作画とBGMで、たゆとうような世界に没入して見ていることができました。これはこの作品の大きな特徴のひとつで、他の作品では味わうことのできない陶酔感です。終わりにはひとつの世界が終わった寂寥感がありました。

ひとつ残念に思う事は、少佐がヴァイオレットを最初に拒否する場面のシナリオが、少し平板だったことです。あそこでもう少し、少佐のヴァイオレットを大切に思う気持ちをうまく表現できていたらなと思いました。そこだけが少し残念でした。しかし演出としてはすごくいい場面でしたので、どうしてももう少しなどと欲が出てしまうところでした。それも今回でほぼ終わりと思うからです。機会があれば、外伝のような作品がまた小品でも製作されればなあと思います。

投稿 : 2022/02/24
閲覧 : 124
サンキュー:

14

ネタバレ

Prospero さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ハッピーエンド

予定調和的であまり泣けなかった。

投稿 : 2022/01/30
閲覧 : 88
サンキュー:

2

ネタバレ

BLEU62 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

泣けたけど・・・。長いし、暗い場面が見にくい。

本編と同じような設定で泣かせるのはいけません。
最後ちかく、花火のシーンはサスガの京アニ。素晴らしいです。

少佐と再会後のストーリーをもうちょっと詳しくやってほしかった。

投稿 : 2021/10/03
閲覧 : 160
サンキュー:

2

ネタバレ

MTK207 さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

アニメ映画で一番泣けた

前半はこれまでと比べて泣けるシーンが少なく、思い出振り返り映画化と思いましたが、ご安心ください。後半死ぬほど泣けます。

こう来たか。ポスターみれば明らかですが、少佐が生きていたわけですね。クラウディアと会いに行った時の少佐、クラウディア、ヴァイオレットの三者の思いがとてもよくわかる。ヴァイオレットは人の心がわかるようになってしまっただけに、少佐の苦しみが理解できる。つらいシーンです。

ヴァイオレットが自分の思いを素直に、正確に伝えようとするところにも成長が表れているように思います。

ヴァイオレットの技能がさらに上がり、ついに冗談を言います!スキが無い。

外伝辺りから理解していましたが、ブーゲンビリア兄は結構いい奴ですよね。明かされることはなかったけれど、ヴァイオレットを弟の少佐に渡したのは、弟を守りたかったからだろうと思います。本編では、弟を守り切れなかったヴァイオレットに当たるシーンがあります。本作では、ヴァイオレットやクラウディアと衝突しますが、謝罪し、素直になれない自分をオープンにするシーンがあります。いつまでも躊躇する少佐の背中を最後に押したのは、兄でした。

今回は社員が活躍するシーンは少なかったけれど、本当に色々な人間関係の良さが描かれている作品だと思います。

映画だけでも十分面白いけれど、ぜひ、本編(14話含む)と番外編も見て欲しい。

絵はいつも通り素晴らしすぎる。すべて素晴らしい。

投稿 : 2021/08/09
閲覧 : 161
サンキュー:

7

ネタバレ

颯沙 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

原作ヴァイオレット・エヴァーガーデンは上下巻の短編小説がもとになっています。
アニメは1~3話でヴァイオレットが自動手記人形(通称ドール)になった経緯の話がありますが、原作ではそこの描写は無く、ドールとなった後の話からスタートし、クライマックスの大陸横断蒸気機関車事件でアニメではディートフリートがヴァイオレットを助けましたが、原作ではギルベルトがヴァイオレットを助けそのままハッピーエンドとなります。
この劇場版はアニメ版を原作のエンドに戻すための物語の位置になるように感じます。

このお話はすでにヴァイオレットが居なくなった世界から始まります。
単純に昔話ということです。
その昔話のストーリーを追うのがデイジー・マグノリア。
アニメ版10話の50枚の手紙を受け取るアン・マグノリアの孫になります。
アンのお葬式でヴァイオレットに興味を持ったデイジーがヴァイオレットの足取りをたどる。いわゆる聖地巡りのようなことをします。

この映画は3つのストーリーが入っており
1つは上記のデイジーのお話。

2つ目が不治の病の少年ユリスのお話。
病気のユリスが自分の病気はもう治らないとうすうす気づいており、ヴァイオレットに家族と友人に宛てた手紙の代筆を頼みます。

3つ目が物語の中心であるヴァイオレットとギルベルトのお話。

1つが終わると次の話と言うのではなく、この3つをうまく絡めて物語は進んでいきます。
一見するとユリスの話は何のためにあるのか?
ユリスの話の肝は「電話」だと思います。
もともと「思いを伝える為」の「手紙」だったものが、「電話」という直接声を届けられる機械の登場によって「手紙」の価値が無くなっていく=ドールの存在意義も無くなる。
ですので、ヴァイオレットの同僚(先輩)のアイリスは電話を毛嫌いしていますが、最終的には「ムカつく機械も良いところがある」と受け入れる姿勢を見せています。
ミスチルのHEROと言う曲に「ダメな映画を盛り上げるために 簡単に命が捨てられていく」というくだりがあります。
正直、私も涙しましたが、ヴァイオレット・エヴァーガーデンだからではなく、純粋にお涙頂戴物語だったからです。
本編でも多くの人が亡くなってきているので、らしいと言えば、らしいのかもしれません。

ヴァイオレットがギルベルトに会いにエカルテ島へ行くきっかけとなった、1枚の手紙。。。
ここの持っていきかたが少し強引です。
ギルベルトはヴァイオレットをかばった際に右腕を失っています。
つまり左で文字を書いているのですが、以前の筆跡と同じ。
ギルベルトは右でも左でも全く同じ筆跡で書けるってことなんでしょうか?
それとももともと左利きだったのでしょうか?

個人的に一番感動した場面は、開始10分ほどの
アニメの10話の回想シーンです。
最初に感情のクライマックスが来てしまったので、あとは穏やかに見ることできました。

投稿 : 2021/06/13
閲覧 : 196
サンキュー:

9

ネタバレ

テナ さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

沢山の気持ちが伝わる1作

一応ガチネタバレ仕様になっていますのでお気を付けてください。

ネタバレなしで書くのがいいのかもしれませんが私ではネタバレなしで描くと感想らしない感想になりますのでネタバレしないレベルで最初に書きます。
以下、下は超ネタバレになります。

この劇場版を心待ちにして居た人は多いのではないでしょうか?
先に言っておきます。
マジで泣けます。
私なんて劇場でヒクヒク言ってたし涙流しました。


↑上ネタバレ無し(まだ戻れる)

↓下超ネタバレ有り(もう戻れない)

































アニメからの要素も踏んだに使われています。
電話など通信手段が当たり前に普及した未来から始まります。
この時代には既にドールとしてのお仕事はないそうで、そんな時代に産まれた少女目線で物語が始まります。
実は彼女は昔ヴァイオレットが仕事で関わった少女のお孫さんだったりします。

ここからヴァイオレット目線に切り替わります。
ヴァイオレットはやはり少佐が居ない日々を受け入れられず何処かで生きていてくれたらと願っています。
どことなく元気がなくお仕事で寂しさを間際らせている様にも見えました。

そんなある日、病気と闘病する少年からヴァイオレットは依頼を受けます。
彼は自分の死期を悟って居て3通の手紙を残したいと言います。
父、母、弟への3通…

後に彼は4通目の手紙を贈りたいと言います。
それは友達にでした。
彼は自分の闘病する姿…変わり果てた姿を見て欲しくなくて拒絶してしまいます。
家族への手紙を書こうとした少年が死期を感じても拒絶する。

本当なら会って話したいと思ってしまうと思います。
だから、多分理由は変わり果てた姿だけではなく心配させたくない、必ず治して会おう、などの気持ちもあったのではないでしょうか?
そして、やはり拒絶していた分会いたいの言葉が出なかったのか…

ヴァイオレットは伝えます。
伝えられる時に伝えた方が良いと。
私はこのシーンのセリフが凄く刺さりました。
本当に伝えたい事は伝えないと伝えられなくなった時に後悔するからです。
だから、彼女のこのセリフで涙が出てしまいました。

さて、お話しを戻します。
少年は4通目の手紙を書く前に体調を崩してしまいます。
後日手紙を書く事にするのですが。

クラウディア社長が倉庫で一通の手紙を発見します。
それは普段の手紙なのですが、気になるのは字…見覚えのある字…それは少佐の字。

この話しを聞いたヴァイオレットは泣いていました。
周りから死んだ死んだと言われても信じ続けた男が生きているかもしれないのですから。
ヴァイオレットにとっては特に特別な存在。

彼女はそれを聞き少佐の住む島へと行くのですが…彼女は会ってもらえませんでした。
そこには少佐なりの理由がありました。
自分が戦場に巻き込んで両腕を失わせてしまった…彼女を普通の少女ではなく彼女に兵器だと言わせた事を気に病んでいました。

少佐の気持ちも理解出来なくはいのです。
そこにどんな理由があろうと、彼女を戦場に立たせて沢山の命を奪わせ…両腕を失わせてしまった…もしも私が少佐の立場ならやっぱり悩んでしまうと思います……
ただ、少佐も本当は会いたかったはずなんです。

ヴァイオレットはそれでも会いたくてドアを叩きます。
ヴァイオレットの言葉に答えてはくれない少佐
…それでも言葉を掛けるのを辞めない。
何故なら、ヴァイオレットにとっては特別だから…自分に会いたくないと言われてもそんな言葉じゃその気持ちは変わらない。

そんな中、少佐は返答をしますが、これがまた辛い返答なんです。
言った返答は少佐もきっと苦しかったと思いますが一番辛いのはヴァイオレットでしょう。
「愛している」を知り気持ちを知ったヴァイオレットだから解る少佐の気持ち。
自分が少佐の重荷になっているのだと感じます。
彼女は堪らず、その場所から飛び出してします…
クラウディア社長の放った大馬鹿野郎!は響きました。

ヴァイオレットは重りにはなりたくなかったんです。
確かに戦場に出たし人の命を多く奪ったし両腕も無くしてしまいました。
それでも、少佐との思い出はそれだけじゃなくて、文字を教えて貰えた事やプレゼントを貰った事、手を繋いだ事、優しくして貰えた事、助けて貰えた事。

少佐といる事は重しではなくて、楽しい日々の方が心に沢山あって、その気持ちのほうが大きくて感謝しかなくて…

でも、少佐には逆の戦場での日々と後悔が根付いていた…多分、それが一番辛かったのかな?と思いました。

その日に宿ではヴァイオレットは放心状態でした。
目が少佐を失ったあの日の目でした。
そんな中、連絡がはいります。
冒頭に出た3通の手紙の少年が危篤だと。
ヴァイオレットはそれを聞いて慌てて帰ろうとするのです。

彼女は本当に凄いです。
自分が一番辛くても、仕事を優先させてまだ完成していない少年の4枚目の手紙を完成させようと嵐の中を帰ろうとするのです。
そして、危篤の少年を心配し涙を流します。
自分の辛い時に人の心配を出来る彼女は本当に優しく責任感が強いのでしょう。
そうした気持ちだって少佐がきっかけをくれたのかもしれません。

そこからシーンは病院へと切り替わります。
迎えないヴァイオレットの代わりに代筆する為に代理でベネディクトとアイリスが病院へ向かいます。
彼はヴァイオレットの代理のアイリスに尋ねると「愛している」を教えてくれた人の元に行っていると聞き「良かった」と言っていました。
凄く気にしてたのでしょうね。

ですが、少年にはすでに代筆出来る程の元気はなかったのです
そこで、友達と電話で話せる様にセッティングさてくれたのです。
このセッティングも軽く流れるシーンなんですが必至さが伝わる凄い表現力です。
音と絵でここまで場の深刻さを表現できるのかと驚かされました。
この最後の電話もマジ泣ける。

そして、家族に渡す3通の手紙を手元に。
そのお返事をベッドに横になってる兄に弟がお返事をするんですが、返答される訳もなくこのシーンも泣けました。
弟はきっと小さいけど全て解ってる。
返答もない事もそれでも嬉しいからどうしても自分の気持ちを伝えたかったのでしょう。

一方、ヴァイオレットは少佐に会う事を辞めて帰る決意をします。
ただ。最後に手紙を出します。

人の気持ちを代筆してして来た彼女が次はお仕事ではなく、誰の為ではなく、自分の為に、人の気持ちを映し出すのではなく、自分の気持ちを映し出す精一杯を書き綴った手紙。
少佐への感謝と別れとヴァイオレットの気持ちの手紙。

それを読んだ少佐は走り出す。
ヴァイオレットを乗せた船は出航してしまったそれでも少佐は走る。
これを逃したら謝れない、本音をぶつけてくれたヴァイオレットの気持ちに応えたい、自分の気持ちを伝えたいから、強く地面を蹴り息を切らし彼は走る全力で!
そして、叫ぶ!彼女に聞こえるように残った体力を限界まで振り絞り。

ヴァイオレットの耳に響いた少佐の声を彼女は聞き逃さない船の甲板を走り出し海へと飛び込む…目一杯の涙を目に浮かべ並みに何度涙を飲まれようと彼女は涙がする。

目の前にいる少佐は数年ぶりで、やっと気持ちに素直になってくれた。
自分を受け入れてくれた。
全てが嬉しくて涙が止まらない。

そんな彼女を迎えに少佐も海に入り彼女と言葉を交わした抱きしめる。
ずっとしたくても出来なかった…もっと早くこうしてあげたかったけど出来なかった…手を伸ばせば簡単に出来たのにギリギリになるまでしてあげられなかった。


冒頭の少女はヴァイオレットのその後を調べるのですが、ヴァイオレットは幸せに暮らせたみたいですね。
彼女はきっと少佐と暮らしドールとして最後まで真っ当したのでしょう。

ただ、クラウディア社長は寂しそうでしたね。
本当の娘の様にお世話をしてきたので当然でしょうけどね。

ED後のヴァイオレットと少佐の指切りシーンは凄く良かったですね。
かなり印象鮮やかに描かれていました。
素敵な1シーンでした♪

実際に泣ける事は想定内で見に行きましたが、ここまで全力で何回も何回も泣かせにくるとは思いませんでした。

何に泣けるってクライマックスだからとかだけではなくて。
キャラの心情を絵や音にセリフにBGMを上手く組み合わせ伝えてくるんです。
どのアニメもよく考えられて作られていますがヴァイオレットに関してはキャラ一人一人の感情の伝え方や表現力が本当に解りやすく伝わる。

だから何気ない1シーンから重要な1シーンまで沢山の感情が伝わりやすいと思います。
その結果が1本で5〜6回泣きました。
涙を拭って止まるくらいにまた泣かせにくらいのレベルです。
本当にいい映画になりましたね。
何度でもみたいですね。

投稿 : 2021/05/02
閲覧 : 297
サンキュー:

32

ネタバレ

sunnyday さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

「終わらせる」という誠実さ

これだけの作品を完結させるには、それ相応の強い覚悟が必要であると思います。
しかしながら京都アニメーションは、狂気とも言えるほどの作品に対する誠実さをもって、時計の針を進めることを選びました。「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、晴れて一人の女性の生涯を描き切った作品として、終わりきったのです。
探せばあらは見つかるでしょう。しかしそれ以上に、京都アニメーションの作品に対する愛情が痛いほどに伝わってきて、たまりませんでした。


<物語について>
・終わらせる誠実さ
本作の冒頭では、TV版10話に登場したアン・マグノリアの孫にあたるデイジーとその両親が登場します。彼らの会話によって、強制的に「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」という人物は過去へと押しやられます。それ以降も、デイジーの世界線での話が挿入され、その都度私はヴァイオレットが過去のものになったことを感じ、強い寂しさを覚えました。
「終わらせない」という選択も十分ありえたはずです。事実、原作小説の最終巻「ヴァイオレット・エヴァーガーデン エバー・アフター」では、{netabare}ヴァイオレットの生涯を途中までしか描写していません。具体的には、二人が愛を誓いあうところまでしか描かれていないのです。その後二人がどこでどのように暮らし、どのように死んでゆくのかは、読者の想像に委ねられています。{/netabare}
しかし本作では、ヴァイオレットがエカルテ島で生涯を送り、そして亡くなったということが揺るがない事実として観客に提示されます。
このことを何より強く伝えているのが、最終盤のカット、ヴァイオレットの描かれた切手です。この切手は私たちに、彼女の人生が終わりを告げ、そしてそれは人々に愛された素晴らしいものだったことを伝えてくれます。
それはたとえ彼女が亡くなった遠い未来だとしても、「してきたことは消えない」のです。

・無償の愛
本作はヴァイオレットが「あいしてる」の意味を探す物語でした。「あいしてる」は、決して一義的に定まるものではなく、様々なかたちが存在します。
ギリシア哲学では、愛は四つに分類されます。すなわち、ストルゲー(家族愛)、エロス(性愛)、フィリア(友愛)、そしてアガペー(神による愛)です。
本作ではこれらの要素全てが、意図的に描かれているように感じました。
ホッジンズはヴァイオレットに対して、半ば我が子のように接していました(ストルゲー)。また、ユリスとリュカは親友(フィリア)、ギルベルトとヴァイオレットは言うまでもなく男女の恋愛関係にあります(エロス)。
このように本作ではそれぞれ異なった「あいしてる」の形が示されていますが、私はこれ以外にもう一つ、大きな愛を感じざるを得ませんでした。それは、京都アニメーションの「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」に対する愛です。
例を挙げましょう。ヴァイオレットとギルベルトが結ばれた後、花火の打ち上がるシーンがとても長くあります。このシーンではキャラクターの声は無く、ただ劇伴のオーケストラが流れるだけです。この異様に長いシーンが何を示しているのか、人によって意見が分かれるところだと思います。
私は、このシーンはヴァイオレットとギルベルトが結ばれたことに対する、制作陣からの祝福だと感じました(少しメタっぽくなりますが)。
また、冒頭で映される「Sincerely」(心から)の文字は、手紙の結びに用いられるものです。本作を京都アニメーションから私たちへの手紙とするならば、彼らの「あいしてる」は私たちにも注がれていると言えます。
その愛は絶対的で揺るぎなく、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」という作品を愛する人々にまで向けられているとさえ感じました。

<音楽・EDについて>
エンディングテーマを歌ったTRUEさんは、作詞家唐沢美穂として、素晴らしい仕事をなさったと思います。
「WILL」では、過ぎゆく時間の中で、愛する人と生きていくという強い意志を、「未来のひとへ」では過ぎ去った出来事に対する愛しさとこれからの未来への希望を力強く歌われました。

<その他>
・構造的な問題
{netabare}「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」という作品には構造的な問題があります。それは、ヴァイオレットとギルベルトの関係性です。
ギルベルトは少女を戦争の道具として扱った上で、彼女に「あいしてる」と言います。この言葉は、後にヴァイオレット自身に呪いのようにつきまとうのですが、そんな呪いの言葉を別れの間際に放つギルベルトは歪んだ性格であると感じます。
そうした後に二人が結ばれるというのは、ご都合主義と言われても仕方がないのかもしれません。
しかし、本作ではギルベルトを「大馬鹿野郎」として醜く描くことで、ご都合主義と言われかねない二人の関係性をできる限り中和していました。{/netabare}
・人の生き死にを消費すること
{netabare}本作は、全編を通して「感動ポルノ」になりかねない危うい作品でもあります(実際にそういう批判もあったと思います)。戦争によって失われた心、身体を癒してゆく過程を、私たちは作品として消費しているのです(四肢を欠損しているキャラクターもいる)。この「居心地の悪さ」は、IGN Japanのレビューでも言及されています。これは作品の構造そのものの問題なので、劇場版においても根本的に解決されることはありませんでしたが、これに対しても制作陣は目を背けず、誠実に向き合っていたように思います。
本作ではユリスという男の子が亡くなりますが、彼が舞台装置としてではなく、尊厳ある一人の人間として描かれることに、制作陣は心血を注いでいるように感じました。彼がまさに命を落とすカットでは、ドア越しにカメラが左にパンすることで、彼の顔は描かれません。このカットから、制作陣の、彼の死に対する最大限の敬意が感じられました。{/netabare}


本作には、京都アニメーションの「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」に対する愛が狂おしいほど詰まっています。ですから、本作の演出を過剰だと思ってしまうことは、ある意味正しいのかもしれません。
ですが、彼らの作品に対する無償の愛は、私にとってそんな些末なことをかき消すほどに大きなものでした。
このような素敵なアニメーション作品を制作して下さった京都アニメーションに心から感謝したいです。

投稿 : 2021/02/11
閲覧 : 191
サンキュー:

17

ネタバレ

U さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

A. ネタバレ注意 – 京アニありがとう

キャラの-0.5は少佐分です ヘタレ過ぎ
中の人は関係ないのに浪川さん皆に言われたそうです(笑)
それだけはまり役だったのかと

物語の評価-0.5はヴァイオレットが海に飛び込むシーンはやり過ぎかな
でもその後のヴァイオレットが泣きじゃくる場面は別録ではなく2人で一緒に声を吹き込んだそうなので
監督が思いを込めたシーンだったのでしょうね



その後の2人はどうなったのでしょう
「愛してる」の言葉通り2人で人生を共にしたのか?
今まで通り上官と部下として寄り添って生きたのか?


家に戻ってからアニメの1話と10話を観てまた泣きました


20.10.31

投稿 : 2021/01/11
閲覧 : 274
サンキュー:

16

ネタバレ

がぁべら♪ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

愛する人へ送る、最後の手紙。

<ストーリー>
ヴァイオレットに手紙の代筆を依頼した女性の曾孫であるデイジーが、その女性が遺した手紙をきっかけにヴァイオレットに興味を持ち、ヴァイオレットの功績を辿るところから物語は始まる。

<キャラ>
全体的に繊細なキャラ描写が素晴らしかったと思います。

<作画>
作画は背景も色彩も素晴らしく美しかったデス。

<音楽>
主題歌
「WILL」TRUEさん

エンディングテーマ
「未来のひとへ ~Orchestra ver.~」TRUEさん

<感想>
TV版の後日談という事で、映画は未来のシーンから始まるのデスが、それはTVアニメ10話のストーリーを把握したほうがより分かりやすいかもデス。
あと余命僅かな少年ユリスの話は涙なしでは見れませんデシタ。
そして、少佐生きてました。TV版からもしや生きてるのではと思っていたので、感動デス。しかし、少佐の思いを知り、感動の再会にはならず、何とも複雑デシタ。でも兄の言葉やヴァイオレットの手紙でようやく再会することが出来、ハッピーエンドで良かったデス。
全体的に気になる点はありましたが、それ抜きにしても良い作品だったと思います。
この作品を通して、人を愛することの大切さや想いを言葉にする事の大切さを教えてもらったように思います。

投稿 : 2021/01/03
閲覧 : 189
サンキュー:

12

ネタバレ

れな さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

見て損はない映画です

ネタバレしてたので最後の結末は何となく想像できてましたが 途中 話の構成がおかしいなと感じました。少佐が生きてるフラグ経ちすぎててこれじゃ再会した時の感動が薄れてしまうと思ってましたが 最後まで見て納得しました。

よくありがちな再会して感動エンドではなく 会いに来なかった少佐の気持ちやすれ違いが丁寧に描かれていて最後は感動しました。さすが京アニだと思います。心理描写がとても丁寧で見て損はないです。

投稿 : 2020/12/21
閲覧 : 99
サンキュー:

5

ネタバレ

スプリット さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

”ありがとう” ~sincerely~

映画を観て数ヶ月が経ち興奮も落ち着いたところで書こうと思っていました。
今回の視点は思いっきりファン目線です。
ファンから観た劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデンの感想、批評を書きたいと思います。

アニメ版を観て、外伝も観て、そしてこの完結編。
率直な感想は”ありがとう”と”寂しい”です。
興行収入でも大ヒット(社会現象の鬼滅はここではおいといて)となっており、たくさんの人から愛された作品なんだなとファンでよかったと思わされました。

{netabare}
映画館の座席に座り周囲を見渡すと老若男女。
とても嬉しくなりました。
えー、開始5分でまさかの号泣。
映画で開始5分で泣かしにかかる作品なんて観たことないんですけど。
アンの話はずるいですよ…。
ヴァイオレット10話は個人的アニメ神回ランキング上位なんですからそりゃ泣きます。
まあ周りも号泣してたんで浮くことがなくてよかったです。

ヴァイオレットの良いところは泣かしにかかる時に外さないというところです。
今回の少年の話はアニメ版を見ていなくてもわかる内容で、新規にも優しい話が組み込まれていてよかったです。
まあアニメ版も本筋と1話完結型のミックスなんでいつも通りですね。

ファンではあるんですが、船から飛び降りるところはどうなんだろと思いましたね。
あんな派手にやらなくても良い話になるのに。
上品な和食を食べていたのに急に味の濃いハンバーガーを出されたような気分になりました。
あの慎ましさ、儚さで十分伝わるのに…。
唯一、気になった演出面でのポイントです。

ヴァイオレットが手紙を通じて成長していくところがこの作品を好きになった部分なので、もうヴァイオレットの話が見られないのが寂しくてしょうがないです。

一番、グッときたのがGOODと切手です。言わずもがなのシーンですね。

エンドロールもしっかり見ました。
あの事件で犠牲になった方の名前を見て大量の涙がこぼれました。

兎にも角にもヴァイオレットが幸せに生涯を暮らせたのが分かって、嬉しい気持ちになりました。
{/netabare}

個人的にはアニメ版の方が好きですが、この作品は手紙のように受け取る側によって感想が大きく異なるものだと思っています。
見終わった時、心がポカポカしました。
たくさんの方に見て欲しいです。
ありがとうでいっぱいです。

※映画なのでアニメ版よりも評価は高くなっています。理由は映画1本での評価とアニメ13話まとめての評価の違いです。

投稿 : 2020/12/07
閲覧 : 179
サンキュー:

10

ネタバレ

ファースト さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

アニメの結末としては正しいが個人的には微妙な部分もあった

作中通してヴァイオレットのギルベルトへの思いがいかほどかということはアニメを観た方であれば、だれしもが理解でき、この映画でもその部分は納得できた。が、しかしギルベルト側の視点で考えると果たしてギルベルトにとってヴァイオレットは恋愛対象となりえたのかというのにいささかの疑問があった。アニメ本編ではほとんどがヴァイオレットの視点から描かれていたこともあり、さほど気にしなかったかたもいただろうが、映画ではギルベルトの視点も多々見られたように思う。しかしそのどの面をとってみても、やはりギルベルトからはヴァイオレットを戦争の道具として扱った罪悪感というものしか見えてこない。また、このギルベルトの視点というのもなんだか尺稼ぎ、というか作品のテンポを悪くしているように思う。最終的にギルベルトとヴァイオレットの関係性がどうなるのか、自動手記人形サービスを通して変化したヴァイオレットの姿をどう描くかいう作品の目的性は達成していることから、鑑賞し終えてそこそこの満足感は得たが、劇場を出て思ったことは「尺が少し長かったかな?」だった。作品の放映時間があと20分短ければ「尺稼ぎ」と感じる場面なく観れたのかもしれない。この映画の中で面白いと感じたのは電話の普及によって手紙が衰退していく様子がストーリーに絡めて描かれていったことだと思う。

投稿 : 2020/11/22
閲覧 : 249
サンキュー:

10

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

確かに泣かされました。

詳細はテレビ版を観てください。

とにかく評判が良く、冒頭から泣かされっぱなしという感想を聞いて、これは劇場版でハネたのかなと思い、観に行くことにしました。

で、結論から言えば、確かに泣かされました。

とにかく圧巻の京アニ作画は、劇場版でさらにパワーアップ。YouTubeで冒頭10分を期間限定公開したものを観て、これは名作だと感じさせてくれ、期待のハードルを上げて上げて劇場へ。

ただ、うーん……。

ここからガッツリ、ネタバレしますので、未視聴の方は絶対に開かないでくださいね。
{netabare}
基本、今作は3つの流れがあります。

・テレビ版10話の亡くなった母親から毎年50年、手紙が届く娘の孫の話。
・死期が近い少年の依頼にヴァイオレットちゃんが応えて手紙を書く話。
・死んだと思っていたギルベルト少佐が生きていて、島に会いに行く話。

乱暴なことを言うと、あの孫娘のエピソード要りますか、あれ?
たぶん、最後に孫娘が島を訪れて、ヴァイオレット・エヴァーガーデンという伝説のドールが島にいて、切手のモチーフにもなったということを演出したかったんでしょうね。けど、それを数十年後の孫娘がストーリーテラー的に見せることで、時系列があっちこっちになり、ちょっとややこしい。

百歩譲って孫娘を出すにしても、最初と最後だけで良かった。中盤に、いきなり挿し込まれるから、唐突な感じがしました。そもそも、何十年も経っているのに、そこまで街並みとか住宅環境に変化がないから、時空が飛んでいるのかどうか分かりづらかったです。

死期の近い少年のエピソードですが、そりゃ泣かされますよね。泣きました。でも、今から泣かせますよー感が凄いというか……。ただ、気になるのは少年が死んだ後に両親と弟に渡された手紙。予約が3ヶ月先までいっぱいの人気ドールなんですよね、ヴァイオレットちゃんは。そのわりには、そんなに響かない手紙の内容で……。ここでブワッと泣くつもり満々だったのに、随分とまあ普通の手紙でね……。

そして少佐。そもそも、あの銃弾で生きてるのってあり得なくね? というのは置いておいて。生存確認がどうにも雑で……。あんな手紙の宛先の筆跡で、ギルベルトが書いたものだって分かるもんですかね? 何年経ってるか知らないけど、社長そんなに少佐の筆跡を覚えてたの?

そしてまあ、ギルベルトがヴァイオレットに、あんなに頑なに会わない理由がわからない。これが本当に何らかの事情で「会えない」なら分かるけど、結局は少佐のさじ加減なんだもん、会うか会わないかって。でも、大佐と海を見ながら話して、ヴァイオレットちゃんの手紙が届いて読んでるシーンは涙が流れましたよ。でもね、そこでテレビ版でも不評だったあれ……、

あーなたのー声がー、みーちしーるべー

ガクッとなりましたw
諦めたヴァイオレットちゃんは、街に戻る船に乗り込み、出航します。埠頭を離れていく船。追いかけるギルベルト。「ヴァイオレット!」
「はっ! 少佐!」
いやいや、そこまで声届く? そして飛び込むだろうな、ヴァイオレットちゃん。あー、やっぱり飛び込んだ。って、え? 海浅くね?w ていうか、少佐少佐言いながら号泣するヴァイオレットちゃんを少佐が抱きしめるまでが長い長い……。
{/netabare}
とまあ、随所にツッコミどころが満載で、結局はテレビ版のレビューで僕がタイトルにした「最高級の器に盛り付けた料理……でも味は……?」というのが劇場版でも同じだったなと。

ちゃんと泣けるし、ストーリーに破綻はないけれど、名作かと言われると疑問符が付きます。だって2時間の劇場版でも、こんだけ「ん?」って引っかかるんですから。ただ、あんなことがあって、それでもこれだけのクオリティの作品を公開した京都アニメーションには、惜しみない拍手を贈りたいと思います。

投稿 : 2020/11/15
閲覧 : 189
サンキュー:

10

ネタバレ

りは さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

あの島の灯台に行ってみたい

これまでのストーリーを振り返りつつ
ヴァイオレットの生涯を描ききっています。
TVシリーズと外伝は事前に視聴した方が良いです。

ヴァイオレットが実在していたような感覚です。
あの島(エカルテ島)の灯台に行ってみたいです。
それから切手も欲しいです。
日本郵便さん出してくれないかな~。

来場者プレゼントはクリアファイルで、
花に包まれたヴァイオレットでした。
尊すぎます。

また観に行きたい。

ヴァイオレットを産んでくれた
原作者の暁佳奈さんと、
映像化してくださった
京都アニメーションさんに
ただただ感謝です。

美しい映像体験を
ありがとうございました。

投稿 : 2020/11/10
閲覧 : 259
サンキュー:

37

ネタバレ

ごる さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

開始10分で泣かされた(T^T)

最初、新しい登場人物が出てきて、この子が手紙を書いてもらうのかなと思いきや、アンの孫Σ(´□`;)
時間軸が分からなくなりそうですが、アンの孫がヴァイオレットの軌跡を追う話を挟みながらの、ヴァイオレットがギルベルトと再開するまでの話です!
開始直後からアンの話もってくるのは反則です(つд;*)
とにかく、子安さんの大バカ野郎ー!!の熱演に泣かされます(இдஇ

最後の島の郵便屋さんって成長したユリスの弟ではないかと予想(。-`ω´-)ンー
↑ギルベルトの教え子らしいです。
ということは、ヴァイオレットがあの島でd('∀'*)を流行らせたのかな?
ただ、博物館になったCH郵便社の案内のおばあちゃんはどの受付嬢だったのかな?

投稿 : 2020/11/09
閲覧 : 177
サンキュー:

12

ネタバレ

らむね さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

金輪際、これを超えるアニメに巡り合わなくても私は後悔しない

もはや何を言っていいのかわからない。
最高のストーリー、作画、一流の声優さんたちの演技、盛り上げる音楽。
茅原さんの歌も今回はベストマッチ。
たまたまお化けヒットのアニメ映画とカブッてしまったが、そっちだけ観たにわかファンには、絶対こちらも見て評価してほしい。これこそが、日本のアニメーションの最高峰だ。
金輪際、これを超えるアニメに巡り合わなくても私は後悔しない。

唯一、キャラ0.5マイナスは、{netabare}ギルベルトのヘタレっぷりである。「私がいると彼女は幸せになれない」、はあ?そんなんお前が判断することじゃねえわっていう。ただの現実逃避にしか見えなかった。{/netabare}

投稿 : 2020/11/07
閲覧 : 133
サンキュー:

7

ネタバレ

waon.n さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

終わっちまった悲しみ

『ヴァイオレットエヴァーガーデン』
ついに完結しました。

小説の方ではもうすでに完結していたのですが、まだ映画があることでまだ終わってないとそう思うことである種の寂しさを誤魔化していたんです。

今回も素晴らしい絵で届けられた物語でした。
劇場版で完結編ということで、内容は小説のものを映像化するのだと勝手に思っていましたが、そうではありませんでしたね。
映画しか観ていない方、ぜひに小説の方もご一読いただけるとより、ヴァイオレットエヴァーガーデンの世界にのめりこめることだと思います。

さて、劇場版になると作りこみがしっかりしてやっぱり観て良かったと思うものがここのところ多いように感じますね、一時期ちょっと映画館でアニメ観る意味ないのでは…なんて考えていたこともあったので、嬉しい限りです。


新しいエピソードとこれまでの大筋を通してやり残しているところを終わらせるという二つのエピソードを軸に描かれていました。

愛ってなんですか。愛の意味を知らぬ少女は愛を受け取り、大切に持ち続けた。
そんな彼女は愛を見つけることができたのでしょうか。そして、大切な人にそれを届けることができたのでしょうか。

自分の死期が近づき、家族や友人と距離を取ってしまっていた少年。本心では愛を伝えたい。果たして彼は愛を伝えられるのでしょうか。

良くも悪くも、気になったのは全体的に背景が今までと少し違ったように感じたこと。
それはギルベルトの存在が故なのかもしれないこと。
もう少し掘り下げるにはネタバレタグで隠さないといけないかと思うので、以下ほぼ、タグで隠します。

{netabare}
さて、隠したので、全力で語りたいです。

今回でヴァイオレットはただの人間へとなりましたね。
もちろんそれが良いのか悪いのかという議論をしたいのではなく、ただの事実として、物語のうえでなったことなのです。

その要因はギルベルトにあります。
これまでは、ひとりの少女の成長記というカテゴライズでしたが、今回は純愛ラブストーリーとなっていました。
失われたものはもう元には戻らない。それはヴァイオレットキャラ造形のなかにも表れていて、その腕は元のように動くが、温かさは通わない。
今回の作品で彼女が腕をメンテナンスするシーンが流れるがここがものすごく印象に残ったのは、見終わった後でした。
振り返ってみると、人間に戻るためのメンテナンスだったのように感じられます。
そしてこれはヴァイオレットの魅力にもつながり、ましてやこれまでの作品全体に繋がる魅力にもなります。
何も持っていない少女が、唯一与えられていた愛情を喪失し、それを可視化できるようにしているものが義手ならぬ義腕であった。
喪失は元に戻らないからこその美しさがあり、それが彼女の物憂げな雰囲気を作り出していて最大の魅力でした。
ギルベルトが生きていることでその魅力はどうやら半減し普通の人に戻りました。
しかし、逆に観ている私の胸には刺さることになります。
どういうことかといえば、これまでの物語はヴァイオレットの経験する他人の物語に対して感動していました。ところが、今回は生きていると分かった後のヴァイオレットにこそ感動していたのです。
それも、ひとえに彼女がただの人になったから、なってくれたからだと感じます。

シリーズ全体を通してみると、これまでは戦後すぐの話だったため、物語全体で喪失が描かれていたように思います。
しかし、今回は最終回ということもあり、時代の移り変わりの描写が多く取り入れられていました。また、挟まれるエピソードもどこか辛いだけではなく、次へ踏み出して欲しいという願いが込められていたようにも感じられます。悲しむだけじゃなく『未来へ向けて』というメッセージ性があったように思われます。
今回の作品にはこういったどこか今までのヴァイオレットとどこか違う雰囲気を感じ取ることができます。

ヴァイオレットエヴァーガーデンのキャラ以外の魅力といえば京都アニメーションが誇る最高の背景や人物などの動きでしょう。

では背景について少し感じたところを開けっ広げにして語ってしまいたいと思います。

キラキラと輝く美しい港や街並みがあり、それと対比するように、暗い雰囲気もあったのは基本的に戦後の復興が時代背景にあるからでしょう。
これらはシリーズを通して見事に描かれていました。最高です。
少し、一つ前の劇場版の話をします。個人的な感想としてはこちらの背景の方が美しいと感じました。
明るさと暗さの両方が一つの絵のなかに描かれていたため、光の使い方が素晴らしく感じられたためです。
さて、今回の背景なのですが、明るいか暗いかのどちらかという感じで描かれていたように感じます。じゃあ、こっちの方が駄目かといえばそうではありません。
特に感じたのは暗さのバリエーションの多さというか、うまく表現しづらいのですが、暗さに重さを感じました。
クロード・モネのような印象派のような絵といえばいいのでしょうか。
あんまり芸術に詳しくないので、全然違ったら恥ずかしいですが、まぁそう感じたまでです。
何か今までと違うなーなんて思いながら前半観ていたのですが、後半になり自分のなかの違うと思ったところが分かったように思います。それが背景でした。

ギルベルトのキャラ造形には異を唱えたいのですが、まずミスキャスティングじゃないだろうかというところ。
彼の声優としての演技に不満があるのではなく、スーツを着たブルースウィルスや髭を生やしたディカプリオ、チャラいトムクルーズみたいな感じです。というのも、彼の声というか演技って若干重い。そして不思議と頭に残るんですよね。さらに後半の重い絵が重なり、食傷気味になってしまいました。唯一の残念ポイントだと思います。
絵も浪川も好きだけど、バランスが崩れてしまっていたように個人的には思いました。

一度しか観ていないので、もしかしたら記憶違いな部分もあるかもしれませんが、きっとどこかでまた観るだろうと思います。その時また更新するかもしれません。
{/netabare}

これでお終いかと悲しくなってしまういますね。
それにしても、また観たいと思う素晴らしい映画でした。

投稿 : 2020/10/30
閲覧 : 165
サンキュー:

12

ネタバレ

にゅにゅにゅ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

中盤右目から涙が止まらず

いやもう…確かにこれは最後です…
終わらせてくれた…と言う感動でいっぱいです。

ストーリー、そしてその流れはとても良かったです。
中盤の彼には泣かされまくりでした…ハンカチ忘れていってニットがぐしゃぐしゃになりました。大変でした。

若干最後のあれ、あそこ…どうしてすぐ会わないんだ💢となりましたが、目をつぶりましょう…
その後のセリフも目をつぶりましょう…
いや良いと思うけどさ…一瞬今さら来てロリコンじゃん…は?と感じてしまったんだよ、あんなに引き伸ばされた後だと…
でも話的には纏まってたよね…ご都合展開と言われようと、最後まで無事書ききったから良いのでは

作画は安定の綺麗さでずっとため息が出っぱなしでした。
弟は顔の作画になんとか言ってましたが

最後に。
前作も思ったけど、ヴェネディクトのお洋服は背中がとても危険なので、誰か上着を買ってあげて下さい。あと、ヒール高いと転んでしまって危ないから、どうかどうかそこもよろしくお願いいたします。

投稿 : 2020/10/22
閲覧 : 138
サンキュー:

12

次の30件を表示

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンのストーリー・あらすじ

――あいしてるってなんですか?かつて自分に愛を教え、与えようとしてくれた、大切な人。会いたくても会えない。永遠に。手を離してしまった、大切な大切なあの人。代筆業に従事する彼女の名は、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」。人々に深い、深い傷を負わせた戦争が終結して数年が経った。世界が少しずつ平穏を取り戻し、新しい技術の開発によって生活は変わり、人々が前を向いて進んでいこうとしているとき。ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、大切な人への想いを抱えながら、その人がいない、この世界で生きていこうとしていた。そんなある日、一通の手紙が見つかる……。(アニメ映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2020年9月18日
制作会社
京都アニメーション
公式サイト
violet-evergarden.jp

声優・キャラクター

石川由依、浪川大輔

スタッフ

原作:『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』 暁佳奈(KAエスマ文庫/京都アニメーション)
監督:石立太一、脚本:吉田玲子、キャラクターデザイン・総作画監督:高瀬亜貴子、世界観設定:鈴木貴昭、美術監督:渡邊美希子、3D美術:鵜ノ口穣二、色彩設計:米田侑加、小物設定:髙橋博行、撮影監督:船本孝平、3D監督:山本倫、音響監督:鶴岡陽太、音楽:Evan Call

このアニメの類似作品

この頃(2020年9月18日)の他の作品

ページの先頭へ