新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン(アニメ映画)」

総合得点
89.6
感想・評価
459
棚に入れた
2124
ランキング
70
★★★★★ 4.4 (459)
物語
4.3
作画
4.7
声優
4.4
音楽
4.3
キャラ
4.4

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

たから さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

《感想》「愛してる」は現在に継承される

《感想》
みなさんこんにちは\(^o^)/『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』について語ります☆第24回文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞。日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞。原作暁佳奈。長編アニメーション映画。

【作品概要】
{netabare}代筆業に従事するヴァイオレット・エヴァーガーデンは、幼い頃から兵⼠として戦い、⼼を育む機会が与えられなかった。ヴァイオレットは⼤切な上官、ギルベルト・ブーゲンビリアが残した「⼼から、愛してる」という⾔葉が理解できなかった。⼈々に深い傷を負わせた戦争が終結し、世の中が前を向いて進もうとしているなか、ヴァイオレットは消息不明となったギルベルトがどこかで⽣きていることを信じ、ただ彼を想う⽇々を過ごしていた。そんな折、ヴァイオレットへユリスという少年から依頼の電話がかかってくる。さらに、ギルベルトの友人である郵便社の社長が、倉庫で宛先不明の手紙を発見する。テレビシリーズの物語をより深めるように、ヴァイオレットの⼈⽣を描き切ろうとした作品。街並みや⾵景、芝居を繊細に描写し、確かな世界観をつくり上げた。{/netabare}

【スタッフ】
{netabare}原作:暁佳奈(KAエスマ文庫/京都アニメーション)
監督:石立太一
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン・総作画監督:高瀬亜貴子
世界観設定:鈴木貴昭
美術監督:渡邊美希子
3D美術:鵜ノ口穣二
色彩設計:米田侑加
小物設定:髙橋博行
撮影監督:船本孝平
3D監督:山本倫
音響監督:鶴岡陽太
音楽:Evan Call
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会
配給:松竹{/netabare}

【感想】
個人的に『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は正当なテレビアニメーションの続編映画として最高の一本だと思います。綺麗な映像美と登場人物の繊細な描写はテレビアニメーションからもしっかり引き継がれていて、作品全体の世界観が、普通とは違う世界で行われている物語としてつくり上げられている。だから、ヴァイオレットの人生を同調する訳ではなく、第三者目線で距離を置いて見ることが出来る。けど、実際に過去にヴァイオレットのような人生を歩んでいる人がいたかもしれないというリアルさもある。そこのバランスはテレビアニメーションが既にクリアしているんですね。だからこそこの劇場版が物語の深みを出せるんですよ。映画版まで観て完結だと思います。この完結がしっかり高い水準なのが恐ろしいことですね。

ですが、テレビアニメーションを観なくても一定の水準で楽しめるようにはなってます。なぜ、ヴァイオレットが「愛してる」を知りたいのか・・・。その根本が分かるようになってるので、まずそれをしっかり劇場版に取り入れることで、テレビアニメファンではない方も楽しめる優しいつくりになってると思います。テレビアニメ版は第9話と第10話で大泣きしました(笑)。

劇場版はテレビアニメーションの時代から時が経ち、アンの孫デイジーの登場で幕を開けます。アンはテレビアニメ版で登場した、亡くなった母親から毎年誕生日に手紙を送ってもらっている女の子です。そんな、アンを亡くして辛いデイジー。仕事で忙しい母親に対してもっと会ってあげれば良かったじゃんと強く当たります。この冒頭と映画の結末までの流れが本当に綺麗でした。

ユリスが手紙を書いてユリスの父・母・弟が読み上げるシーンや友達のルカと電話をするシーンは特に心動かされました。大切な人が亡くなる時や、自分が亡くなる間際になると伝えたいことを伝えきれないままというのはきっと辛いでしょう。気持ちをストレートに伝える大切さは劇中のヴァイオレットやユリスなどを通してきっと伝わると思います。

終盤にはヴァイオレットとギルベルトの再開や、ホッジンズがギルベルトに対して大バカ野郎と叫ぶシーンもめちゃくちゃ良かったです。顔の表情だけで感情を表現する京都アニメーションが素晴らしすぎますが、それよりも観ていて本当に感動します。石川由依さんと浪川大輔さんと子安武人さんの演技力と京都アニメーションの表現力が組み合わさってとにかく最高です。

さらに、「愛してる」という言葉。なかなか言い出せないこの言葉が終盤にかかってとても心に響きます。「愛してる」が現在のデイジーの心に継承されるという綺麗な結末がさらに追い打ちをかけるように感動を与えてくれます。

ヴァイオレット・エヴァーガーデンという作品は一貫して思いを伝える大切さを教えてくれました。テレビシリーズのレビューでも書きましたが、僕は思いは伝わってなかったら思ってないのと一緒と考えています。後悔しないように伝えていこうと思います。そうしないと始まらないこともあると思いますので。何よりも、ここまで高品質なテレビアニメシリーズの続編があるということが本当に嬉しいです。

ぜひ観て下さい!
感想読んで下さりありがとうございます☆

{netabare}【70点】{/netabare}

投稿 : 2022/07/16
閲覧 : 246
サンキュー:

26

ネタバレ

リアム・ギャラガー さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

スタッフ全員に「ありがとう」と伝えたい

京都アニメーション手掛ける作画は勿論のこと、Evan Call氏手掛ける挿入歌と劇伴、そしてそれを流す演出面などの全てが完璧です。
演出面で特に良かったのは、自動手記人形サービスには嫌な電話が普及してきた時代。そこでこの作品の一つの物語でもあるユリスの回にて友人への最後の言葉を手紙ではなく、電話で伝えたのが素晴らしかった。

そして、茅原実里さん歌う「みちしるべ〜Movie Version〜」のタイミングも完璧すぎて、鳥肌が凄かったです。「あなたの声がみちしるべ」の歌詞の本当の意味が分かる今作となっています。
そしてキャラの掛け合いを、他のキャラが行なっている演出もよかったです。
正直ここまでとは思っていなかったので、この作品を見るためにTVシリーズをご覧になって欲しいです。

投稿 : 2022/06/05
閲覧 : 191
サンキュー:

5

ネタバレ

マーティ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

「あいしてる」

 全2時間20分。

 やっとネットフリックスで解禁されたので見たんですけど、あれれ、面白いぞ…?高評価となりました。僕の中では鬼滅の刃と同じ現象ですね。

 今回強く感じたのは「時間の流れによる切なさと進歩」ですね。自動手記人形による手紙が段々廃れてきて、電話や電波が主流になっていく流れが作中にあります。ヴァイオレットたちの住んでいた世界が崩れていく切なさを僕は感じたわけですよ。作中でも最初はそういうのは否定されてました。でもユリス君とその友達が最期に会話するとき、手紙じゃ間に合わないので、そこで電話が活躍したのが良かったですね。技術の進歩も否定されずに肯定されているのが良いです。

 そして次にヴァイオレットとギルベルトについて。ここも良かったですね。ギルベルトはヴァイオレットを地獄へと追いやったんだから会う資格はない、と考えていたけど、本人はギルベルトに救われ、ちゃんと尊敬しているし愛している。少佐は人の気持ちを考えずに勝手に自己完結しようとしていたので確かに「大馬鹿野郎」です。でもそういう罪悪感を抱くのはわかります。そういうときに手紙が活躍するのが良かったです。
 終盤に海の上で二人が再開するところはグッときました。ああ、これで一緒になれるんだなって…もちろんツッコミどころはあったけどね(笑)ギルベルトの声届かんやろとかそんなに早く追いつけんやろとかヴァイオレット海に落ちるの?とか。。

 で、最後の指切りげんまん、そしてヴァイオレットが切手になっていたところが好きです。

 2時間20分と長かったけど、あんまり気にならなかったし、最後まで楽しめました。それに作画が素晴らしかったです。水や海の描写が実写のようでした。実際に写真を撮ってアニメに落とし込んでいるような、素晴らしい作画です。

 これにて感想を終わります。ここまで読んでくださりありがとうございました。

投稿 : 2022/05/18
閲覧 : 181
サンキュー:

25

セイギ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

大号泣作品

鼻水垂らして嗚咽が漏れるほど泣いた。
ハンカチがビショビショになりました笑
作画も素晴らしく、ホントに素晴らしい作品です

投稿 : 2022/05/15
閲覧 : 194
サンキュー:

11

ネタバレ

oneandonly さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

みちしるべのその先が描かれた完結編

世界観:8
ストーリー:8
リアリティ:5
キャラクター:7
情感:7
合計:35

<あらすじ>
代筆業に従事する彼女の名は、〈ヴァイオレット・エヴァーガーデン〉。
幼い頃から兵士として戦い、心を育む機会が与えられなかった彼女は、
大切な上官〈ギルベルト・ブーゲンビリア〉が残した言葉が理解できなかった。
──心から、愛してる。
人々に深い傷を負わせた戦争が終結して数年。
新しい技術の開発によって生活は変わり、人々は前を向いて進んでいこうとしていた。
しかし、ヴァイオレットはどこかでギルベルトが生きていることを信じ、ただ彼を想う日々を過ごす。
──親愛なるギルベルト少佐。また今日も少佐のことを思い出してしまいました。
ヴァイオレットの強い願いは、静かに夜の闇に溶けていく。
(公式サイトより抜粋)


TV版は最後までヴァイオレットの戦闘能力に馴染めなかった作品でしたが、5話や10話等、お気に入りの回もありました。本劇場版については予告PVを見て、10話に関するストーリーもあることがわかったため、やはり劇場で見なければと思い、隙間時間を作って何とか見ることができました。
休日ながら朝の早い時間帯にもかかわらず結構人が入っていて、時間帯のせいかもしれませんが、私よりも年配の方が多い印象でした。

さて、世界観ですが、現実世界とは別の世界ですが、電話がまだ普及する前の、現実世界でいう19世紀末~20世紀初頭くらいが舞台となっています(技術的な点ではヴァイオレットの義手はその精巧すぎるが)。
今回は、TV版10話の少女アンの孫デイジーを中心に物語が始まります(PVでアンと思った人物はその孫で、アンの葬式が終わった時点)。予想外であり、その視点で、ヴァイオレットたちの働いていた郵便社が歴史を残すものとして博物館となっていたり、世界観をより俯瞰して見せる手法で、とても良かったと思います。
作画や背景も流石は京アニと思わせられました。音楽は、挿入歌の「みちしるべ」、TV放映時は微妙な使われ方もありましたが、今回は一番のタイミングでハマっていたと思います。改めて良い曲と思えました。

ストーリーは{netabare}ヴァイオレット軸で、消息不明であったギルベルト少佐と再会すること(ギルベルトの母親の墓参り、病気の子供(ユリス)の手紙を代筆、その子の危篤等を挟みつつ、郵便社を辞めたあと消息不明のヴァイオレットの結末)が中心となっています。ギルベルトが再会を望まなかった理由も私は納得できましたし(なぜ武器として使ったのかはわからないが)、デイジー視点の物語も構成のメリハリに繋がっていました。そして最後に本作のキーワードである「あいしてる。」で締める。完結作として美しい仕上がりでした。{/netabare}

さて、世界観とストーリーは高評価となるところ、大きく足を引っ張ったのがリアリティで、一言で言えば「過剰演出」です。TV版の7話だったかで、水面を歩いたりしているので、今更指摘するまでもなく、この作品の色と整理されているのかもしれませんが、私はやはり気になってしまいました。
細かい点もありますがそれは省略して、下記3点だけ指摘しておきます。

{netabare}・構図重視の会話
市長と会った時の会話、大雨の中でのジルベール先生宅(前と中)での会話、ブドウ?畑でのディートフリート(兄)とギルベルトの会話、船と陸での会話(?)などで、その距離でこの声量では会話が成立しないだろうと思われて、気になってしまいました。
アニメは絵に声をあてるので、画になる美しい構図が優先されることが往々にしてあるのでしょうし、今まで気にならなかった他の作品でも同様な事例が多々あるのでしょうが、本作では若干気になりました。

・ユリス君危篤時の対応
人が亡くなる時、部外者の同席は憚られるのが普通ではないでしょうか(別の世界なのでそのあたりの慣習も感覚も違うのかもしれませんが)。ユリス君は話せる状態だったので危篤ではないのではないか、とも思われたのがひとつ。また、苦痛を感じている状況の中で、郵便社が突然押しかけていって「親友への手紙書きます」というのは流石におかしいのでは。ヴァイオレット自身が行ったのなら、ユリス君との関係や、まだ人の心が理解しきれていない部分があるのかな?で済みますが、ユリス君に面識のないメンバーでですよ。相当苦しい状態のユリス君に、手紙代筆するから喋ってと言うのは、家族が怒りますって。リュカ君が、ユリス君にとってそこまで大事な友人であるか、というのも説明不足で、違和感ありまくりでした。
自分が死んだ日に渡してほしい、と本人から依頼があったのでその約束を律儀に守ろうとしての行動は理解できなくはないですが、待ってましたとばかりの対応になるので、TPO的にも不安な対応です。さらに、手紙を渡して失礼するならまだしも、居座って一緒に内容を聞いて親の泣く姿を見るってどういう神経なんだろうと思ってしまいました。。
本作一番の感動シーンだったように思いますが、素直に感動できずモヤモヤしてしまいました。

・ギルベルトとの邂逅
ギルベルトとヴァイオレットの邂逅は美しかったですが、これは過剰演出の極みでしたね。まず、船を出航させすぎていて、陸から相当の距離となったところからスタートさせたので、ギルベルトの必死の走りや声が届くのか?というところでの違和感があり、ヴァイオレットが船をダッシュして、そのまま海に飛び込むまではよいかもしれないけど、泳ぐシーンを入れずに浅瀬みたいな場所で再会することになるのですが、背景からのバランスではまだ相当陸から離れた場所なんですよね。
始まりの距離感からして、会うところまでは少なくとも15分以上はかかると思いますし、お互いぼろぼろに疲弊してハーハーゼーゼーですよ(笑)
それを完全に排除した制作者側はある意味割り切ってるよな、と感心した次第です。{/netabare}

キャラクターは{netabare}本編から特段変化はありませんでした。2人がカップルとなって終わりましたが、王子とお姫様(人形)というキャラ造形で、過去に2人はずっと一緒に行動していたのなら、もう少し打ち解けた人間関係も描いてくれればよかったかも。
そういえば、TV版のレビューで書きましたが、やはりギルベルトは生きていました。生きていないと、この物語は終わらせられないのです。{/netabare}

情感については、{netabare}そんなわけで感動しそうな要所の構図に違和感等あったため、期待されたほどには涙が出ませんでした。また、人の亡くなるシーンで泣かせるのも一歩引いて見るタイプなので、押し付けられ感もあり、高評価できませんが、言語外の表現も丁寧でこれ以上は下げられません。{/netabare}

色々書かせていただきましたが、時代を流して見せることによって、変わるものと変わらないものを表現できていたのが特に魅力的でした。
手紙は普段伝えられない心を伝えるものとして有効であるのに、現代ではメールが普及しすぎて若干味気なくなってしまっているように思います。紙ならではの味はあるし、大事に保管すればずっと残るものですね。また、普段なかなか言えない感謝等は伝えられる時に伝えておこうと思わされます。
TV版をそれなりに楽しめた方、心を清めたい方に、おすすめできます。

(参考評価:4.0→修正4.2)
(劇場観賞2020.11)

<2022.5追記>
最近、レンタルで再視聴しまして、改めて良い作品だと思いました。
ブーゲンビリアも含めて、あからさまに悪意を持つキャラクターがおらず、心が重たくなることもありませんし、過剰演出はTV版からブレていない本作の表現と思い、少々ツッコミすぎたかなと反省。
時代が変わり、手段が変わっても、今、伝えるべきこと(気持ち)を伝えることの大事さという普遍的なメッセージ性は強力です。
以上を踏まえて、評価を上方修正しました。

投稿 : 2022/05/09
閲覧 : 395
サンキュー:

35

大学生 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

Pray for Kyoani

私はハルヒを見てアニメにハマり出したから京アニに対する思いは人一倍強いと自負している。京アニ関連作品の聖地巡礼も沢山赴いたしつい先日閉店が決定してしまったが京アニショップにも何度も訪れた。劇場版ヴァイオレットエヴァーガーデンはあの事件以降初のアニメ作品だったので公開当時のあのもやもや感は今も覚えている。満席の映画館で観たのだが見終わった後初めて映画で泣いてしまった。隣に座ってた小学生も泣いてた。それくらい自分にとって素晴らしい作品だった。あの事件で有望なアニメーターが理不尽に奪われて存続まで危ぶまれた京アニがここまで高いクオリティの作品を出せるのかと改めて恐れいったしもっと京アニが好きになった。アニメーションが持つ力は凄いと再認識させられた。外伝は見なくともTVシリーズは最低視聴済みでないと楽しめないが、ヴァイオレットエヴァーガーデンという人生を締め括る最高の映画になっている。アニメを見ない人ほど見て欲しいし京都アニメーションに興味を持って欲しい。

投稿 : 2022/05/02
閲覧 : 69
サンキュー:

3

ネタバレ

haruto さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2022.4.19

2022.4.19

投稿 : 2022/04/19
閲覧 : 54
サンキュー:

1

ネタバレ

ラルフローレン さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

京アニらしい作品

Netflixで配信されたので視聴。TV本編も視聴済み。
ストーリーは他の方も書いているので詳細は省きますが、お涙頂戴物と、死んだはずの想い人が出てきて再会してハッピーエンドという、劇場版と銘打って期待していただけに、少し安直なストーリーで残念でした。
個人的に、登場人物が亡くなって涙を誘うのは、TV本編でも何回かやっているので、少しくどいと感じました。あとギルベルト。一応未帰還兵扱いでしたが、どうやってあの砲撃で生き残れたんでしょうか。私はNetflixでは字幕をオンにしており、字幕は台詞の前に喋っている人物の名前が表記されます。ギルベルトみたいな男性が出てきた時、ソックリさんだよなと思っていると、男性が喋った瞬間、字幕に(ギルベルト)と表記されたので、あぁと苦笑いしました。
そんなギルベルトの心から愛しているの意味が明らかになる訳ですが、私は家族に向けられるような意味合いだと思っていました。ところが終盤でまさかの恋人として愛している意味だと判明し、こんな歳の離れた女の子に対して変態だろと薄ら寒くなりました。
また、劇中に流れるTV本編のEDテーマ。これを聴くと不倫した某声優が思い起こされ、お前が純愛を説くのかとツッコミたくなります。
ここまで、マイナスばかり述べてきましたが、良い点はやはり作画。京アニらしい丁寧で繊細なタッチは素晴らしいの一言。また、ヴァイオレットの声優の演技力。物凄く引き込まれ、嗚咽するシーン等は観ているこちらも涙を流しそうになりました。あとは本作とTV本編の母から娘に50年間誕生日に手紙が届くエピソードがリンクしていたこと。私はこのエピソードが好きだったので、そこもプラスポイントです。

総合的にヴァイオレットエヴァーガーデンは良作品です。話していると素直な気持ちが言えないけど、手紙なら正直な気持ちを伝えられる。手紙の良さを改めて知らされる感度できる作品だと思います。

投稿 : 2022/04/17
閲覧 : 58
サンキュー:

1

ネタバレ

shino73 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

彼女の痕跡

京都アニメーション制作。

人々を疲弊させた戦争が終結して数年。
新しい技術の開発によって生活は変わり、
人々は前を向いて進んでいこうとしていた。
ヴァイオレットはどこかでギルベルトが、
生きていることを信じ、彼を想う日々を過ごす。

美しい物語として語り継ぐのなら、
少なくともこのままで良いわけがない。
孤児であった少女の物語の幕切れは、
{netabare}ギルベルトに気持ちを伝えることで完結する。
愛を知ったからこそ、愛を伝えたい。
それは人形ではなく、一人の女性として。{/netabare}

そして、主軸の物語から少し離れて、
時代の移り変わりなんてものを考える。
{netabare}亡くなった人からの手紙なんて、
どういった感情が沸き上がるのでしょう。{/netabare}
時の流れを強く意識した演出も多い。

彼女の後半生を想像してみては、
きっと幸せだったに違いないはずだと、
彼女の生の痕跡を知り、そんな希望を抱く。
どうか穏やかに生きていけますように。

この終わりで良かったと思います。

投稿 : 2022/03/24
閲覧 : 477
サンキュー:

49

ネタバレ

シン☆ジ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最後の手紙(2回目感想を追記)

下手な言葉を使うとネタバレしそうなので、ポスターのキャッチコピーを一部引用しました^^;

 TV版本編の初放送は2018年で初視聴も同時期でした。。

===劇場版:初見での感想===
 2020年9月19日(土)、劇場版本編を観覧。
 (★舞台挨拶ライブビューイング付き)

全国の劇場で舞台挨拶が見られるとのことで、
予定を繰り上げて、あわてて劇場に行きました。

でも、TV版本編を少しでも復習してから、行くべきでした。。
2年の月日は自分にはちょっと長かった。。
ヴァイオレットへの愛情は忘れようがない。
そんな変な自信を持っていましたが、いかんせん物語の詳細をとどめておけるほどの記憶力は、現在の自分には持ち合わせていない事を突き付けられました。。トホホ

いよいよ物語の主人公、ヴァイオレット本人のストーリーが幕を開けます・・

■{netabare}
 ヴァイオレットには幸せになってもらわないと・・
 ひょっとして、社長とくっつくのかなぁ・・

なんて思ってたら、

 まさかと思うけど、少佐の兄?

と思ってしまうような展開でした。。

でもその上を行く、まさか・・・
少佐が生きていたとは、ね。
TV版完走時は死んだと思ってたから、
外伝も感動したんだけど。。

途中辺りから、

 え。ひょっとして生きてる?

てな展開。
ぶっちゃけ、ダマされた、という思いもw

いや・・・でも・・
これで、よかった。

思えばTV版を観ている時、実は少佐は生きていたというストーリーを妄想していたんでした。ちょっと忘れてました。
ヴァイオレットが幸せになる道は、それしかないですよね。

でもでも・・
少佐の生存がわかるシーンの感動が薄いせいか、
その分、ラストに至るまで延ばす延ばすw

 なんだよ、少佐・・
 ナニ自虐的になってんだ、そういうキャラ?
 てめ、ヴァイオレットを泣かすんじゃねーw
 身元を引き受けた責任と、
 何より「愛してる」と言った責任、
 男ならキッチリとりやがれw

てな展開は、個人的にはストレス展開でした。
いやわかりますよ。
その後の感動のための前フリだろうってことは。

でも、それならそれなりの想いの爆発に共感したかった。。
少佐が走り出した時って、なんか自分的には動機づけが弱かったんですよね。。
ドア越しにしゃべった時以上の動機が感じられなかったというか。。
だから、ラストの感動シーンも、ちょっとモヤモヤして感情移入しきれなかった。

さすがに、ラストシーンは感動的でした。
ただ、あんな遠い岸からのあんな掠れたような声が聞こえるのか、とか
ヴァイオレットは義手重いはずなのに泳げるの、とか
細かいところが気になって、これまた感動ボルテージ上昇の阻害要因となってしまいました。。トホホ

躊躇なく海に飛び込んだヴァイオレット、男っぽい。
惚れ直しそうw

そんな彼女も、ようやく・・本当にようやく、たどり着いた少佐の胸では・・ただただ・・泣き崩れるしかなく・・


さて・・
ここで触れずにはおけませんね。
ツイッターにも出ています。
舞台挨拶での石立監督の言葉。

 ~{netabare}
  ヴァイオレットが書いた手紙には、
  セリフに出なかった一文がある。
  これが、少佐をヴァイオレットの元に
  駈け出させた。。

  というもの。

  なんでしょうね。。
  気になる。。
  「あいしてる」かな。
  でもそれはドア越しに言ってたような。

  てかこれ、セリフにしてくれれば
  もっともっと感動できただろうに。。
 {/netabare}~

にしても、ポスター、いい絵ですね♪
ネタバレしそうですがw

でも・・

ああ・・完結してしまった><
(ホントはこれをタイトルに書きたかった)

もっと引き延ばして何作か出してくれてから、こういう結末になるんだと思ってました・・
原作はどうなんでしょう・・

未来からヴァイオレットを過去の人物として振り返る作りは、個人的にはあまり好きとは言えず、どうせなら子孫も見せて欲しかったけど・・

エンドロール後の1ショットは、救われました。
これで、よしとしましょう。

過去だからお幸せに、と言えないのはもどかしい。

ならば・・

良かったね、ヴァイオレット。

{/netabare}■

そう、エンドロールは最後まで、観ないとですね♪

ちなみに劇場で配布された、入場者プレゼントは
~{netabare}「ヴァイオレット・エヴァーガーデン if」{/netabare}~でした。

あ、3種類の短編小説ランダム配布って公式に書いてた。。
急いては事を仕損じる。
ゆっくり読もう。。


===劇場版:二回目の感想===

京アニはご存知のとおり寄付金を受け取ってくれません。
感謝の心、支援の心を込めて、再度劇場へ行きました。
TV版を観直した後、今度は目線を変えて。

その目線とは、ヴァイオレットであり、ギルベルト。
初見ではどうしてもホッジンズ社長というか保護者目線になってしまいましたが、この物語は、二人の物語であり、その目線で観るのは必定かと。

~{netabare}
まずは、1期を再視聴したことで1期を思い出させるシーンがとても胸に響きました。手紙が空を舞うシーンとか主要エピソードとか。
特にアンのエピソードは一番涙を堪えるのが大変だったかも。

感激は初見ほどではありませんでしたが、ギルベルトの気持ちが何となく理解できました。
愛するが故、自分はヴァイオレットにふさわしくない、と。
これは初見でもわかってはいましたが、わかって1期を観なおすと、彼はヴァイオレットを預かり戦場に送ったことをとても後悔していて、結果ヴァイオレットの両腕を失わせ、たとえ自分が生き永らえたとしても、自分の愛を貫くことは資格がないと考えても仕方がないかもしれない、と思えました。
彼がヴァイオレットに会えないと言ったのも、会ってしまえばその信念も揺らぎかねないからで、つまりそれだけヴァイオレットを愛しているからに他なりません。

ヴァイオレット目線で観ると・・・
心からの願いが叶えられないと知り、本当に切なくつらい日々を過ごして。
それが会えるかも知れないとわかり、本当にうれしくて。
でもやはり会えないことになり、とても悲しくて。
それでも生きていてくれたことが、やはりうれしくて。
最後に追いかけてきてくれたことが、最高にうれしくて。
この目線で観るのはとても切ない・・・

むしろ、ラブコメ風に・・・
「このまま会えないまま、どっちか結婚して、その後に会うことになってたらどうするのよ!ギルベルトおおおー!!」
と罵ってあげても良かったのにww

でも、やはりこれは二人の愛のストーリー。
これで、良かった・・

最後に、手紙の一文の考察を。
~{netabare}
映画の冒頭では、sincerelyの文字が出ます。
意味は「心から」かと。

また本シリーズは物語の最後にタイトルが出ます。
本劇場版では「あいしてる」。
つまり・・・
『心から 愛しています』
これが、ヴァイオレットからの、愛する人への最後の手紙の、最後の一文だったのではないでしょうか。

振り返ってみると、ヴァイオレットはドア越しでは「愛してる」は言っていません。彼はその事実を知らず、ただ父親のように慕っているものと勘違いしていたのかも知れません。
だから、この一言が、彼をヴァイオレットの元へ駆け出させたのだと、私は思っています。
{/netabare}~

いつか、ネタ明かしがされる事を期待します。


蛇足ではありますが・・
病院で亡くなる男の子のシーン・・
音がデカ過ぎて感情移入の邪魔になる思いでした。
もっと静かな曲か、むしろセリフのみでも良かったかと。
{/netabare}~

はぁ・・切なくて息が詰まりそう。
この劇場版と、1期・Extra・外伝で無限ループに陥りそうです・・

 制作:京都アニメーション
 監督:石立太一
 脚本:吉田玲子

 2020/09/19 閉館直前のMOVIX利府にて初視聴。
 2020/10/05 同じ映画館にて二回目視聴。


■余談
劇場内で完全新作ARIAの予告編が流れてました・・脚本が同じく吉田さんかな?と思ったら・・

 総監督・脚本:佐藤順一
 監督:名取孝浩
 アニメーション制作:J.C.STAFF

ほへ・・
ストレスフリーの世界でホッとしたい・・
違う作品の話ですみません^^;

投稿 : 2022/03/22
閲覧 : 604
サンキュー:

54

ネタバレ

ひろたん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

当たり前のことほど忘れていたり、後回しにしていたりするものです。

面白かったです。
過剰な演出やちょっとそれは無理があるなと思える展開の数々・・・。
それは、既にTVシリーズですっかり慣れっこになりました。
そして、この作品で見るべきところもそこではありません。

この作品は、どんな手段を講じてもテーマを完遂してみせるところが魅力なのです。
物語全体からも、そんな意志や執念が感じられます。
たとえそれが、突っ込みどころがいっぱいあったとしてもです。
だからこそ、この作品のテーマは、とてもストレートで分かりやすいのだと思います。


■テーマとは?
{netabare}
「伝えたいことは、できる間に伝えておくほうが方がよいと思います。」
これは、ヴァイオレットのセリフですが、この作品のテーマにもなっています。
そして、この作品は、このテーマを伝えるためだけに一直線に展開が進みます。

ヴァイオレットは、TVシリーズで「愛」を知りました。
しかし、その「愛」を伝えられずに日々を過ごしてきました。
自分の想いに行き場がないと言う状況。
それが、こんなにも切ないものかとこの作品では語ってきます。

だからこそ、行き場があるうちに、伝えられるうちに、伝えることが大切なのです。
行き場を失ってからでは、遅いのです。
この作品は、その気持ちを、ヴァイオレットを通じて描いてきます。
{/netabare}


■最初から反則
{netabare}
この作品、上手ですね・・・。
最初からウルっときてしまいました。
いきなり反則だよって思ってしまいます。
なぜなら、あの世へ旅立つ母が我が子へ向けた50通の手紙。
TVシリーズで感動したこの物語のその後を導入として使っているからです。
これによって、TVシリーズのことは一切語らなくても振り返りになります。
劇場版の短い尺の中では、これ以上ないぐらいのよい導入だと思います。

また、誰かに何かを伝えるのは、それができる間だけです。
50通の手紙では、余命あと少しの母親が我が子に伝えられるだけのことをしました。
「伝えたいことは、できる間に伝えておくほうが方がよいと思います」
この導入部は、このテーマをはっきりと印象付ける役割も果たしていたと思います。
{/netabare}


■伝える手段は手紙でなくてもよい
{netabare}
この作品は、手紙がメインの素材となっていました。
今の時代に手紙なんて現実味がなくて響かないんじゃないか?
そう言う意見もあるかと思います。

しかし、この作品は、そこもちゃんと分かっています。
電話が普及すれば、手紙はなくなるかもと物語の中でも示唆しています。
物語が進むと、手紙は、伝えるための手段の1つに過ぎないことも描いています。
病床の少年ユリスが最期に友達のリュカに伝えた方法は、電話でした。
ヴァイオレットが少佐に伝えた方法は、直接、面と向かって自分の言葉でした。

この作品がTVシリーズから今まで積み上げてきた手紙と言う媒体。
しかし、それは、1つの伝達手段に過ぎないと作品自ら割り切ってしまったのです。
そして、なによりも大切なことは、やはり想いを伝えることだと言うのです。
それができるうちに、そして、どんな手段を使ってでもです。
つまり、伝えるための行動を起こすことが大切なのです。
{/netabare}


■まとめ

少佐の住む島を訪れたヴァイオレットでしたが、少佐は会ってくれませんでした。
そして、会えないままヴァイオレットを乗せた船は島から出向してしまいます。
しかし、二人には分かっていました。
それは、今日、会えなければ、また日を改めて会いにくればいい。
そんな機会は、もう二度と訪れないと言うことを・・・。

だから少佐は最後に叫びヴァイオレットに想いを伝えました。
ヴァイオレットも同じく少佐に想いを伝えました。
いかに、伝えたいことは、それができる間に伝えることが大切なのか。
それが、この二人の感情を通じてよくわかるのです。
もし、このまま島を離れていたら・・・。
二人は、この後、いったいどんな気持ちで一生を過ごせばよいのでしょうか?
その後悔を考えると、ぞっとしてきます。


親でも、パートナーでも、恋人でも、子供でも・・・。
自分が想いを伝えたい人がいるなら、できるうちに伝えた方がいいです。
いつ、伝えられない時がやってくるかわかりません。
それは、突然かもしれません。
そして、その突然が身に起こるのは、相手かもしれませんし、自分かもしれません。
いずれにせよ、誰かが必ず後悔するはずです。

この物語は、そんな当たり前すぎることをあらためて教えてくれたと思います。
当たり前のことほど忘れていたり、後回しにしていたりするものです。
しかし、気づいた時には、既に遅いことが多いのも事実だと思います。
もちろん私も当てはまるなと反省させられてしまった、そんな作品でした。

投稿 : 2022/03/21
閲覧 : 159
サンキュー:

35

ネタバレ

やん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

京アニ頑張れ

2022.3.5追記
レンタル借りて再視聴したんですが、下記エンディングの一枚絵がありませんでした。劇場で観た人だけにチラ見せだったのかもしれません。大団円のすごい絵でしたが以降どこにも落ちてません。どうすれば見れるんだろう。

アニメを芸術として一般の人たちに見てもらえるような文化にしたい、という理想に一歩近づいたといえるであろう作品。いい意味での変態性(ジブリ作品が持つ狂気のようなもの)成分が減り、万人にすっと受け入れられるものになったと感じました。
エンディングの一枚絵は一目みただけで頭から離れません。京アニ復活を信じています

投稿 : 2022/03/05
閲覧 : 203
サンキュー:

14

ネタバレ

栞織 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

シリーズ堂々完結

やっと先日劇場版の完結編を見ることができました。出だしはテレビシリーズの後日談の形式を取りながら、ヴァイオレットとギルバート少佐の再会をもって完結としたところが、本当にうまく物語をまとめていたと思います。そこに行くまでに、早逝してしまう少年の話を挿入していて、話に起伏と幅を持たせていたと思います。とにかく、素晴らしい作画とBGMで、たゆとうような世界に没入して見ていることができました。これはこの作品の大きな特徴のひとつで、他の作品では味わうことのできない陶酔感です。終わりにはひとつの世界が終わった寂寥感がありました。

ひとつ残念に思う事は、少佐がヴァイオレットを最初に拒否する場面のシナリオが、少し平板だったことです。あそこでもう少し、少佐のヴァイオレットを大切に思う気持ちをうまく表現できていたらなと思いました。そこだけが少し残念でした。しかし演出としてはすごくいい場面でしたので、どうしてももう少しなどと欲が出てしまうところでした。それも今回でほぼ終わりと思うからです。機会があれば、外伝のような作品がまた小品でも製作されればなあと思います。

投稿 : 2022/02/24
閲覧 : 98
サンキュー:

11

ネタバレ

N0TT0N さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

着地点の不一致

テレビシリーズ、外伝は視聴済みで劇場版を楽しみにしていました。
驚異の作画は流石としか言いようがないですね。
元々好きな作品だし、事前にキービジュアルとか、感動しました!みたいな感想もちょいちょい目に入ってたりしたので、ハードル上がりめの視聴になったのは否定できませんが、そこまでハマらなかったな…というのが正直な感想です。
ハマっている方の多さを見ても良し悪しではなく相性なのだろうと。

内容は、キービジュアルでも示唆されてますが、ヴァイオレットのずっと抱えている想いへのアンサーに当たる物語でした。
この点は私が欲しがっていた部分とも一致しますし、テレビシリーズの振りから考えても多くの人にとって待ってました!な部分だったと思います。

私がこの作品で感じたのは主に、
美しさに美しさを重ねている感じについて。
日常と壮大な演出について。
ヴァイオレットの結末と物語的な結末と視聴者(私)の気持ちの着地点の不一致について。
です。

特に結末でいうと、
ヴァイオレットに自分を重ねる人。
他の登場人物がヴァイオレットに対するような(友人のような、或いは家族のような)目線でいる人。
はたまた物語的な気持ち良さに重きを置く人。
他、いろいろあるでしょうけど、それらが自分に占める割合によっては印象が変わってくるのだろうなと思います。

ちなみに私は、あからさまに演出意図(ここで言うのは感情誘導)が見えるのがに苦手で、ヴァイオレットに幸せになって欲しい第三者的な目線での視聴でした。
私がハマれなかったのは残念ですが、多くの人を感動させる力のある作品であったのだと思います。

ネタバレ(辛口)↓
{netabare}
テレビシリーズ、外伝と好きなのは間違いないんですが、正直、社長や少佐の優しさみたいなものにはちょっと違和感があってしっくりきてませんでした。劇場版は社長の行動や、少佐のほぼ全てに違和感があって感動より心配になる感じでした。
ダメ男に振り回されがちな友達に“響かない助言”をしてしまいたくなるのと同じ感覚を持ったまま見ている感じです。
ヴァイオレットの気持ちは成就してほしい一方で、少佐にはフワッと嫌悪感があったのが確信に変わり、モヤモヤがとまらなかったです。できれば将来的に別のいい男見つけるなり、少佐に命令を降し、尻にひく未来が来てくれることを切に願います。

あと、病気の男の子のエピソードは自分的には嫌でした。
テレビシリーズの娘の誕生日に…のエピソードはアリでこれはナシ。この線引きは自分的には譲れません。

死という家族の最も重大なプライベートに対するリアクションを第三者中心に、物語のスパイスとして描くのはいかにもバランスを欠いている。ここは第三者が最も主張を慎む場面だ。

あと細かいとこで言うと、壮大な曲が日常をただの前振りにしてるのが個人的にはやりすぎかなと思う。これは完全に個人的な嗜好でしょうけど、いくら振りとはいえ日常は日常の空気感で描いて欲しい。
何も起こってないのに壮大な音楽当てられると、感動に導こうとしてる感強すぎて萎えてしまう。演出が前のめり過ぎに感じる。

その他、手紙の娘の未来の孫ちゃんのエピソード(良いエピソードでした)を描くくらいなら少佐の心境の変化(駆け足)なんかをもっと描いてあげても良かったんじゃ…などと思ったりもするんですが、
不意に、ヴァイオレットの切手がアップになるシーンでちょっと涙腺やられたりしましたし、未来のヴァイオレットに自然に想いを馳せるブリッジとしては良かったのかなと思います。

まあ、結局ターゲットは私ではなさそうなんですが、ヴァイオレットの日常に笑顔が溢れている未来を願います。

{/netabare}

以上です。

投稿 : 2022/02/06
閲覧 : 93
サンキュー:

3

ネタバレ

Prospero さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ハッピーエンド

予定調和的であまり泣けなかった。

投稿 : 2022/01/30
閲覧 : 63
サンキュー:

2

ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

うぉぉぉ~!ヴァイオレットちゃ~ん!!良かったねぇ~!

TV版第10話。
私の一番好きな物語。
何度視聴しても、涙が止まらない物語。

この話の主人公・アンの孫娘がヴァイオレットの足跡を辿っていく・・・。



TV版から劇場版まで、通しで視聴してから評価すべき作品。
恐らく、この作品だけ視聴して評価しちゃうと、おかしな評価になる気がする。
{netabare}船から海に飛び込んで・・・。
『あれれ?ヴァイオレットの両手は義手のはず???』
普通なら批判が出そうなシーン。
だけど、スーパー超人ヴァイオレットちゃんなら問題ないですよね。
TV版の、あの話がここに繋がるの!って感じ・・・。{/netabare}



時間をかけて、じっくりと視聴した者のみが得られる感動がある作品。


多くは語りません。
ヴァイオレットちゃん、本当に良かったね!

そして、京アニの皆さん。本当にありがとうございました。

投稿 : 2022/01/17
閲覧 : 157
サンキュー:

32

うぐいす さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 1.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ここぞのシーンで評判悪い曲使う意固地な京都アニメーション

テレビアニメ版に引き続きの内容。
病気のお母さんが子供に50年分の手紙を代筆する話が絡んでいる。

事前にテレビアニメ版を見てからだったが、第一話が始まっただけで泣けた。
二話、三話と見ていく度に、設定やシチュエーションを思い出して毎話始まり2、3分には思い出し泣きしていたぐらい。
劇場版を見終わるころにはティッシュでゴミ箱がいっぱいになっていた。

劇場版の方は、序盤テレビアニメの回想シーンが多くもしやよくあるダイジェスト版かと心配したが、十分なボリュームはあった。
ここぞのシーンの作画はさすが京都アニメーションと言わざるを得ない。

このアニメの雰囲気の中核はヴァイオレットはもちろんホッジンズの存在が大きい。そしてそれぞれの声優が素晴らしく、他のキャラと違って絶対に替えはきかない。

展開や動機のために人の死を題材として使うのは好きではない。
好きではないのだが、それでも心が満たされるのは何て自分本位なのだろうと思ったりもする。
きっと引き替えに大きな感動をいただいている感じがして、作り物であるとしても死んでいくキャラに申し訳ないと思ってしまうのだろうと自己分析。

EDまで聴き終えて最後の絵を見たらきっと幸せな気持ちになれる。

投稿 : 2021/12/31
閲覧 : 129
サンキュー:

4

ZZZxq38369 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

先がすべて読めてしまうわかりやすい展開。
そして最後は思った通りの着地点。
安心して見れる良きアニメ。

投稿 : 2021/12/04
閲覧 : 93
サンキュー:

4

ネタバレ

CiRk さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 1.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

微妙な着地

{netabare}
評判かなりいいみたいですが、個人的には最悪でした。
たぶんアニメ続編系の映画の中で一番酷いと思った。

まず、あれだけ死んでるように演出していたギルベルトを生きていたというオチにしたのがよくわからない。
そこまでの話は何だったんだってなったし、本編で描きたかったことは何だったの?ってなってしまった。
生きてるオチにするなら「あいしてる」の意味を考えてた回とかは何だったのか。
まあ自分の予想と違っていただけと言えばそうだけど、あの本編を見ればほとんどの人はギルベルトと言う過去に囚われたままのヴァイオレットが呪縛から解放され普通に生活を送るまでの話に感じるはず。
ギルベルトから脱却し、少しずつ普通の生活になじんでいき、成長して仕事をするようになり、友人たちも出来たというのが本編の内容だったのに対して、今回はその仕事や友人たちを捨ててギルベルトと一緒に暮らすという内容で逆戻りしてるように感じたし、なんかずれてないかと感じた。

ギルベルトもしっかりとしたキャラかと思えば家に閉じこもったり急にわけのわからない行動をとる変なキャラになっていて共感できない。

それと本筋とは関係ない病人の子供の話はもっと最悪。
本編の10話は母親が死ぬことが転換点になって、それでその母からもらった手紙で子供が勇気づけられるって話で中身があったからよかった。
それに対して今回の映画においてはあの病人の子供はただのお涙頂戴の舞台装置でしかないんだよね。何もない。
あの子が死んで両親たちが泣いて終わり。
ほんとに視聴者を泣かせるためだけの存在。
こういうの大嫌い。

演出も下手。感動シーンで船から飛び降りるのは笑ってしまった。
{/netabare}

2/26初投稿
5/10訂正
7/4訂正
12/2訂正

投稿 : 2021/12/02
閲覧 : 408
サンキュー:

7

和球 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

余韻がすごい。EDクレジットには込み上げるものがありました。

アニメ版の続編です。
未視聴でも分かるような構成になってますがアニメ版を見ているかそうでないかで感じる部分に大きな差があると思います。

作画、ストーリーとても素晴らしいです。
もともと涙腺が脆いのですが人ってこんなに泣けるのものなのだなと思わされました。

京都アニメーションの作品にはとても思い入れがあります。
先の事件で犠牲になった方々のお名前がEDに流れてきた瞬間には込み上げるものがありました。
このような素晴らしい作品を世に送り出して頂いた事に感謝の気持ちを述べるとともに改めて哀悼の意を表したいと思います。

投稿 : 2021/11/15
閲覧 : 171
サンキュー:

19

ネタバレ

オパマ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

この作品には…

生贄がいる。
{netabare}病床に伏している少年、ユリス。
彼は少佐が生存するための対価なのだろうと、そう感じた。
物語のバランスって残酷だな。{/netabare}

投稿 : 2021/11/12
閲覧 : 140
サンキュー:

4

sMYVP12210 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

とうとう見てしまいました さすがの作品でした

地上波から見てたんですが、劇場版は京アニのあの事件あってから見る気持ちが離れていました。

先日の金曜ロードショーをきっかけに、満を持して観させて頂きました。
エンドロールで池田晶子さんの名前を見てつらかったです。。

作品の内容については、もういうことはありません。
ファンが望んでいたTV番外編といえる劇場版をよくぞ作ってくださいました。
完璧です。1000点満点です。

もしヴァイオレットちゃんをTV版見ていないかたはTV版から全話みてから、この劇場版を見てください。
劇場版もなんとかTV版総集編っぽいところはありますが、TV版から全部見る事を進めます。ゆっくり時間あるときでいいですので。

そして、この劇場版を見てください。
裏切らないはずです。

こういう一生に一度出会えるかわからない傑作は、あんまり世間一般には評価されませんが、我々アニメファンには分かりますよ。
本当の最高レベルのアニメと、マスコミにニュースにステマに忙しいアニメとの違いが。
制作スタッフ様ほかみなさま ありがとうございました。

投稿 : 2021/11/03
閲覧 : 138
サンキュー:

5

ほうたる さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

かなり良い

これで完結。色々と曖昧な部分もあるが満足の出来。

投稿 : 2021/10/26
閲覧 : 128
サンキュー:

3

†地雷君† さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

胸が一杯になる

まず、私は本編をすべて視聴済です。
この映画は、本編を見ていて、世界観や物語が分かっている
事が前提となっていますので、本編を見てない方は
まずは本編を見てください(Netflixで見れます)。


劇場版を見終わって、本当に胸が一杯になりました。
本当に本当に胸が一杯になりました。
このレビューを書いてて泣きそうなくらい胸が一杯になりました。

語彙力がアレですが、本編見てる人には伝わるかな?

最後の最後で、ヴァイオレットの感情が、表情が
普通の女の子に戻ってました。
「本当によかったね」


作品の品質ですが、
物語、声優、作画、キャラ、音楽 全てパーフェクトです。
作画が物凄いです(語彙力!)のですが、
特に「色彩」が物凄いです(語彙・・)。
 ※Bluerayも十分凄いのですが、映画館で見れなかったのが残念でなりません。


UltraHD Blueray版を買いましたが、
4Kプレイヤー無くて普通のBluerayで見ました。
一部HDR対応じゃないと暗い場面もありますが作品の
すばらしさを考えれば些細な問題です。

あとこれ、12話くらいにしても十分いけるくらいの
話な気がします(もっともっともっとヴァイオレットたちの活躍を見たかった)

投稿 : 2021/10/16
閲覧 : 190
サンキュー:

5

ボンタ老 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

大団円とはこのことですね

ヴァイオレットエヴァーガーデンの最終章。

はっきり行って冒頭に10話を持ってきたことにより、最初で泣く、途中で泣く、終盤に泣いて、最期はハッピーエンドで良かったと思える作品。

明日BluRayの発売が待ち遠しいです

投稿 : 2021/10/12
閲覧 : 107
サンキュー:

4

ネタバレ

BLEU62 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

泣けたけど・・・。長いし、暗い場面が見にくい。

本編と同じような設定で泣かせるのはいけません。
最後ちかく、花火のシーンはサスガの京アニ。素晴らしいです。

少佐と再会後のストーリーをもうちょっと詳しくやってほしかった。

投稿 : 2021/10/03
閲覧 : 129
サンキュー:

2

ちひろ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

自分の中で過去最高の作画です。

アニメの時からこの作品の作画とストーリーはとても綺麗です。

投稿 : 2021/09/01
閲覧 : 162
サンキュー:

5

ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

年賀状でも書こっかなぁ

sincerely 
①副詞 心から 本当に
②アニメOPに使用されたTRUEの楽曲
③{netabare}劇場版ヴァイオレットエヴァーガーデン 冒頭の一語{/netabare}

TV本編を想起させる仕掛けが冒頭からてんこ盛りでより楽しむためには本編必須。ただし厳密ではなく可能であればレベル。一見さんいらっしゃい指数でなら『外伝』>『劇場版』になります。


「届かなくていい手紙なんてないのです」

 そして

「私は…愛を知りたいのです」


作品を紐解くキーワードにして二つの軸。
前者は人の想いは届いて初めてかたちになるという大切な概念。ドールや携わった人たちとの物語。
後者は兵器として育てられた少女が人間性を獲得していく過程。少佐とヴァイオレットの私的な物語。

ギルベルト少佐の残した「心から…あいしてる」の言葉。復員後のC.H郵便社にてカトレアが発したシンプルな一言に反応して自動手記人形の仕事をすると申し出たことが全ての始まりです。道具として利用価値がないなら自分を捨ててくれとまで言った少女が申し出たのです。
それだけ強い執着を持っていた言葉「あいしてる」。かくして愛を知るために始めた仕事を通じてもう一つの軸である人の想いを届ける素晴らしさを学んでいく過程がTV本編でした。

「届かなくていい手紙なんてない」裏を返せば「人の想いは必ず届けなければならない」です。

ターニングポイント{netabare}(己のやってきた重大さに気づいた第9話){/netabare}以降どう物語は進行していくかが肝でした。それでターニングポイントの次回話で選択したのは{netabare}(思いっきり手紙を届ける話。かつ神回と言われる10話と){/netabare}少佐との話は遠ざかる方向へ。

「届かなくていい手紙なんてないのです」

「私は…愛を知りたいのです」

前者はひととおり形をつけ後者はおあずけ。あくまで彼女の周囲の人たち“が”想いを伝えることが出来たのでした。TV本編を通して自分の想いをまがりなりにも形作れるように成長してきたヴァイオレットがどうにかして“自分の想いを届けられるのか”。残された宿題でした。

なお「届かなくていい手紙なんてないのです」を磨き上げたものが外伝です。さあ残るは↓


「私は…愛を知りたいのです」


前置きが長くなりました。この残された宿題への回答がなされ物語が完結するのがこの劇場版です。

TV本編でスッキリしなかったかもしれないそこのあなた! 諸悪の根源が消えていくことでしょう。
TV本編を称賛して止まないそこのあなた!是非もなし、、、まずは試されよです。

自分はスッキリしなかった側でした。結果は申し上げた通り。圧巻の140分です。




鑑賞前の方これ以降はやめときましょう↓

※ネタバレ 備忘録的なもの(長い)


■切っても切れぬTV本編 ネタバレ度:軽

{netabare}冒頭画面に浮かぶ“sincerely"の文字。間髪入れずに見覚えのあるあのお屋敷と意外なあの子。涙腺を蛇口に例えるならこの時点で開栓して戻れなくなった方もいらっしゃるのでは?
そんな一つの文字だったりあのエピソードを彷彿させる冒頭もTV本編へと意識を持ってく仕掛け。アン孫が手放した手紙が風で飛ばされて野山や街を駆け抜ける演出は第1話ヴァイオレットが手放した手紙が飛ばされていくのと同じです。

あの時と違うのは携わるメンバーです。エンドロールでは原画と美術監督に物故者を確認。サポーティングスタッフは言わずもがな。原画すら焼けてほぼほぼゼロスタートだったこの映画の冒頭を飾ったのが2018年TV本編を意識した演出だったことについて制作会社のプライドと矜持を感じます。{/netabare}


■あん時の主題歌の位置付け ネタバレ度:軽

{netabare}『sincerely』+○○○○○
○○○○○+『みちしるべ』

○に入るのは“あいしてる”。「心からあいしてる」少佐の言葉がなければ少女は生きる支えを失ってたでしょう。全てはここから始まりヴァイオレットの手紙の一文「あいしてるはみちしるべになりました」に繋がります。映画観てTVのOPとEDあらためて聴いたら鳥肌もんでした。{/netabare}


■3つの疑問 ネタバレ度:重

もやっとしかけて咀嚼して納得したものもいくつかありますよ。

1.{netabare}少佐はなんで拒否るの?会ってやれよ!{/netabare}

{netabare}そりゃ私たちはヴァイオレットの気持ちを知ってるから少佐がヘタレてるようにしか見えないアレ。
恐らく半々。何かっていうと、ギルベルトは生き別れた後のヴァイオレットの歩みを知らない。上官と兵器の間柄の他を知らず「自由になりなさい」「普通の少女としてその名に合う女性になってほしい」と言った手前、自分が障害となるわけにはいかないという考え方には理があるように思えます。
それと、ここは彼にとってやっと見つけた安住の地。自己都合と侮るなかれ、全てを失って自分には何もないとすら思ってる男の弱さよ。仕事も順調そうな前途洋々の娘を自分の我が儘で留めるきっかけを作ってはいけないと思ってもこれまた不思議ではないかと。{/netabare}

2.{netabare}なんで拒否られて帰ろうとするんだろう?{/netabare}

{netabare}だってそのためだけに生きてきたぐらいの娘さんですよ。そんな簡単に諦められるものかしら?
これ根深いかもしれません。「あいしてる」の意味をまだ自分が理解できてないと思ってそう。少佐の拒否は自分がうまく想いを伝えられてないからと自分の所為にしてたのなら哀しいこと。まるで虐待を受けた幼子のようなメンタリティ。ただこれは帰還兵のPTSDのようなものというか、感情を知らないところからスタートした彼女の出自を考えれば納得できる心の動きだったように思えます。{/netabare}

3.{netabare}なんで少佐は翻意して駆けだしたんだろう?{/netabare}

{netabare}兄と手紙。家は兄が継ぐから「自分の人生を生きろ」と。まんま少佐がヴァイオレットに言ったことと同じでしたね。ここで少女があの頃と違う彼女であることを察したのかもしれない。家の縛りから開放されたのもあるでしょう。こうみると自ら人生を切り開く選択肢を奪われてた者同士という意味でどこか通じ合う二人だったのかもしれませんね。
そしてホッジンスやヴァイオレットの直接交渉にも勝る手紙の威力。この作品だからこそです。{/netabare}


■ピリオドとして代筆業 ネタバレ度:重

{netabare}昔々あるところに…の昔語り。こんな時代がありましたよね、のピリオドの捉え方が秀逸。電話の登場によって我々が辿った史実をなぞるかのような展開に、あたかもヴァイオレットの時代が現実にあったような気にさせられます。

A:手紙
B:電話

ユリスがリュカに想いを伝えるには手紙では間に合わなかったでしょう。アイリスの言葉を借りてBがAに取って代わる時代の転換点を明示してました。
具体的には代筆業の衰退です。そのことで失われるもの。想いを汲み取って言葉に変換する担い手がいなくなること。誰しもが言語化の術に長けているわけではありませんので需要がゼロになることはありません。それでも即時性のメリットが勝り、より便利な方に流れるのは仕方のないこと。
そうやってオワコン化していく自動手記人形の横で手紙というツールだけが残ります。とある場所で手紙の文化が残ったのは即時性以上に一呼吸置いて言葉を紡ぐ必要のある手紙の本質みたいなのを島民が共有してたからでしょうね。
こういう栄枯盛衰や無常感を「もののあはれ」と言うのでしょう。我々の情感に直接訴えてきます。{/netabare}


■「私は…愛を知りたいのです」 ネタバレ度:重

{netabare}そもそも“あいしてる”の意味を知るための代筆業。それを知ってさらに自分が届けたい相手に届いた以上仕事を続ける必要はないですよね。

 言葉はいつでも 語るでもなくて
 そこにあるばかり つのるばかり

自暴自棄な兄に向けた妹の手紙代筆から始まり、王女の恋文、歌姫の曲の作詞、残される娘への手紙ほかあらゆる人のあらゆる場面の、言葉にならない言葉を拾い上げてきた逸材。カトレアさん風に言えば“行間を読み取ってきた”手練手管に秀でたヴァイオレットちゃんです。
そんな子がギルベルトを前にして何も言えなくなるクライマックスが一番グッときました。あー…だからこの物語は手紙だったんだという説得力があったのです。{/netabare}

{netabare}そしてあえて過去を振り返ってみる。人間兵器として人の感情を知らずに育った少女の人間性を取り戻す物語として。またはTV本編ですっきりしなかった帰還兵の心の再生について。

結論は出たと思います。罪の意識を自覚したあの第9話から繋がるであろう悔恨と贖罪意識の落としどころ。そしてぶっ壊れていた己自身の精神の構築。戦後にヴァイオレットが重ねてきた年月は意味をなすものだったのだろうか?

彼女は人間性を獲得してきました。これはTV本編でもさんざんぱら描かれてきたこと。
そして劇場版で彼女は人を残すこととなりました。個別で直接救われた者も多いが、ヴァイオレットのまいた種が人々の想いを繋げ多くの人たちの心を豊かにしていっただろうことは想像に難くありません。繋がりに繋がってあのアンの孫娘が登場したことが象徴的だったかと。
たしかに彼女は数多くの兵士を殺めてきました。その悔恨と贖罪は心に留めながら、それ以上に人を救ったであろう事実が垣間見えただけで充分なのかなと思いました。

そして時代は流れドールも絶えて久しい頃合い。
『外伝』にてほどけない三つ編みに例えられた三者(①送り手②受け手③繋ぎ手であるドール&配達人)の繋ぎ手を見守るかのように、これからも切手となって想いを届け続けることになるのでしょう。{/netabare}






■だがしかしですよ ネタバレ度:軽

そもそもでこればっかりはどうしようもないのだけど…
{netabare}ギルベルトって兄の泥を被らざるを得ない家庭事情で鬱屈していて、本来はやりたかった仕事(たぶん教師!?)を諦めて軍に進んだ、で合ってます?
それで軍属ながら引き取った少女に読み書きそろばんを教えていたわけですよ。擬似的であれ教師と生徒の構図です。生活指導/道徳の授業も当然のようにしてました。
その結果、教え子に愛情を覚え死に際に「愛してる」と涙流してしまうやつですよ。別に愛に歳の差なんてと思いますから推定14~15歳に惚れてもかまわないんですが、熱血指導の情熱が愛情に転換してしまったヤバめな事案という思いが此度の“教師になりたかったかもしれない設定”で強くなりました。

けれども全力で見て見ぬふりをすることにしよう。

{netabare}ギルベルトってヴァイオレットちゃんが惚れるほどのタマか? …うーん、、悩むなぁ…{/netabare}

多分に嫉妬含みの引っ掛かりを理由に『外伝』のほうに自分は軍配が上がりそうです。例によって二つの軸の片っ方のお話つまり“少佐色が薄い”物語ですから。{/netabare}



視聴時期:2020年9月 

-------

2020.09.30 初稿
2021.08.09 修正

投稿 : 2021/08/09
閲覧 : 587
サンキュー:

66

ネタバレ

MTK207 さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

アニメ映画で一番泣けた

前半はこれまでと比べて泣けるシーンが少なく、思い出振り返り映画化と思いましたが、ご安心ください。後半死ぬほど泣けます。

こう来たか。ポスターみれば明らかですが、少佐が生きていたわけですね。クラウディアと会いに行った時の少佐、クラウディア、ヴァイオレットの三者の思いがとてもよくわかる。ヴァイオレットは人の心がわかるようになってしまっただけに、少佐の苦しみが理解できる。つらいシーンです。

ヴァイオレットが自分の思いを素直に、正確に伝えようとするところにも成長が表れているように思います。

ヴァイオレットの技能がさらに上がり、ついに冗談を言います!スキが無い。

外伝辺りから理解していましたが、ブーゲンビリア兄は結構いい奴ですよね。明かされることはなかったけれど、ヴァイオレットを弟の少佐に渡したのは、弟を守りたかったからだろうと思います。本編では、弟を守り切れなかったヴァイオレットに当たるシーンがあります。本作では、ヴァイオレットやクラウディアと衝突しますが、謝罪し、素直になれない自分をオープンにするシーンがあります。いつまでも躊躇する少佐の背中を最後に押したのは、兄でした。

今回は社員が活躍するシーンは少なかったけれど、本当に色々な人間関係の良さが描かれている作品だと思います。

映画だけでも十分面白いけれど、ぜひ、本編(14話含む)と番外編も見て欲しい。

絵はいつも通り素晴らしすぎる。すべて素晴らしい。

投稿 : 2021/08/09
閲覧 : 139
サンキュー:

7

でこぽん さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

上映してくれてありがとう 感動を与えてくれてありがとう

この劇場版は、世界の多くの人たちが待ち望んでいました。
様々な困難にもめげずに、この劇場版を完成された監督、スタッフ、関係者の皆様、ありがとうございます。


この映画は現代と過去の二つで物語が進行します。

現代での物語の主人公は、デイジー・マグノリア。どこかで聞いたことのある名前が含まれていると思いませんか?
そうです。デイジーは、テレビアニメの第十話で登場したあの少女の孫娘。

お婆さんが亡くなった後、デイジーはおばあさんが最も大切にしていた宝物(ひいばあさんからの手紙)を知り、その手紙を代筆したヴァイオレットに興味を持ちます。
ヴァイオレットのことを調べるうちに、デイジーは彼女の不思議な魅力に魅かれていきます。
やがてデイジーはライデンに行き、愛してるを知るようになったヴァイオレットのその後の足跡をたどるのです。

それと同時に、過去の物語が始まります。もちろん主役はヴァイオレットです。
とても感動する内容です。涙が出てきます。
ぜひとも劇場へ足を運んでください。「見て良かった」と、きっと思いますよ。

デイジーの声の役を諸星すみれさんがやってられました。諸星すみれさんは第十話でもあの少女の声の役をされた方です。
それだけで私は感動しました。


科学技術が進歩し、今では電話やEメール、LINEで遠くの人と気軽に話せるようになりました。
でも、心がこもった話を私たちはしているでしょうか? 相手の気持ちに寄り添った話をしているでしょうか?
特にEメールやLINEは気軽に発信できるので、つい相手の心を傷つけたりすることがあります。

手紙は不便だからこそ、時間をかけて相手の心に寄り添う内容を書けるのかもしれません。
そして手紙は、受け取った人が宝物として大切に保存しておくことができます。

もちろん、EメールやLINEも保存が可能ですが、いつの間にか削除されることが多いような気がします。
大切なEメールやLINEは、特別な場所に格納して一生の宝物にしたいですね。


この映画は、本来は2020年1月に公開されるはずでした。
しかし、2019年7月に、不幸な出来事が発生し、多くの社員の方々が亡くなり、京都アニメーションは存続の危機に立たされました。
それでも京都アニメーションの方々の努力と沢山の人たちの支援により、2020年4月を目指して製作が続けられました。
すると今度は新型コロナウィルスの影響で、またしても製作が困難になり、上映が延期となりました。

でも、なんとしてでも完成させるという信念を持ち続けた京都アニメーションさんのたゆまぬ努力により、2020年9月、ようやく上映されることになったのです。

上映してくれてありがとう。感動を与えてくれてありがとう。
これが私の今の気持ちです。

投稿 : 2021/07/18
閲覧 : 770
サンキュー:

69

次の30件を表示

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンのストーリー・あらすじ

――あいしてるってなんですか?かつて自分に愛を教え、与えようとしてくれた、大切な人。会いたくても会えない。永遠に。手を離してしまった、大切な大切なあの人。代筆業に従事する彼女の名は、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」。人々に深い、深い傷を負わせた戦争が終結して数年が経った。世界が少しずつ平穏を取り戻し、新しい技術の開発によって生活は変わり、人々が前を向いて進んでいこうとしているとき。ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、大切な人への想いを抱えながら、その人がいない、この世界で生きていこうとしていた。そんなある日、一通の手紙が見つかる……。(アニメ映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2020年9月18日
制作会社
京都アニメーション
公式サイト
violet-evergarden.jp

声優・キャラクター

石川由依、浪川大輔

スタッフ

原作:『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』 暁佳奈(KAエスマ文庫/京都アニメーション)
監督:石立太一、脚本:吉田玲子、キャラクターデザイン・総作画監督:高瀬亜貴子、世界観設定:鈴木貴昭、美術監督:渡邊美希子、3D美術:鵜ノ口穣二、色彩設計:米田侑加、小物設定:髙橋博行、撮影監督:船本孝平、3D監督:山本倫、音響監督:鶴岡陽太、音楽:Evan Call

このアニメの類似作品

この頃(2020年9月18日)の他の作品

ページの先頭へ