当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「100万の命の上に俺は立っている 第2シーズン(TVアニメ動画)」

総合得点
65.4
感想・評価
177
棚に入れた
616
ランキング
3262
★★★★☆ 3.1 (177)
物語
3.2
作画
2.9
声優
3.3
音楽
3.1
キャラ
3.2

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

100万の命の上に俺は立っている 第2シーズンの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

fednes さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 2.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

尺稼ぎ?

とりあえず雪山回とか訳分からんEDだったりで物語以前に萎えた。
シーンを引っ張りすぎで尺稼ぎかと思うくらいダラダラで後半は飛ばしまくって観ていた。描写は鮮明だが2クールもやるならもっと展開詰めて欲しかった。
内容自体も多分コンセプトとしては殺すことへの躊躇、罪悪感がメインなのかなぁと思ったが、終わりまでこんな感じだから正直ウザかった。こんな奴パーティにいたら速攻切りたくなるレベル。
対してあの箱崎とかいう奴。最初っから足引っ張りまくりで迷惑。確かに現実的に考えればある程度は…って所だけど殺すか殺されるかの場面だったり逼迫したシーンでこんなことされた主人公は…お察しかなと。

あと最終回。
主人公が殺すシーンで箱崎。
主人公の武器を箱崎が持って抑えてるのは何故??
設定上すり抜けるとか何とか…。矛盾?

投稿 : 2024/04/08
閲覧 : 21
サンキュー:

0

ネタバレ

九会 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 2.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

嫌いじゃないB級アニメ

アクションが多い作品なのにも関わらず、作画があまり良くなく戦闘シーンは正直安っぽいですが、作品の伝えたい事はなんとなく分かりますし、嫌いじゃない。そんな作品です。
本編は死んでも生き返るゲームのような異世界で神的な存在からRPGのようにクエストを受け、冒険をするお話。現実と異世界を行き来するタイプで今どき珍しいように感じられます。更には主人公達は弱っちく、無双モノが多いなろう作品のアンチテーゼのような作風です。この辺りは正直好きな部分なのですが、1クール目では主人公がやたら斜に構えた逆張り厨二病患者のようで協調性がなく、ヒロイン達と仲良くしようや……と感じていた部分がありました。
今作は2クール目で作品のメインである異世界の全貌が徐々に明かされ始める事によって、そんな主人公も少しずつ変わっていき、心境の変化が生まれます。特に1クール目で冒険を共にしたカハベルさんの話はそれを占める重要な話であったと思います。
{netabare}
異世界と現実世界の時間軸はずれており主人公達にとっては短い期間でも、異世界では何十年も時間が経ってしまうという設定があり主人公達は浦島太郎のような異世界人にとっては浦島太郎のような存在です。カハベルさんは主人公の事が好きだったのですが、その思いを伝えれらないまま、彼は異世界を去ってしまいました。再び主人公達が異世界を訪れた際には何十年も経っており、カハベルさんは結婚し子供がいました。またすぐに会えると考え、別れの挨拶を適当にしていた主人公でしたが、彼にとってはほんの短い期間であったに対して、カハベルさんにとっては何十年も時が過ぎていました。その事を後悔している彼に、あの頃好きだったと言うことを伝えたカハベルさんでしたが、時間は残酷であり既に家庭を持っている身。主人公とは違う時間を生きている存在であり悲恋に終わります。再び訪れた際には彼女は亡くなっており主人公は自分という存在が彼女にとってどういう存在であったかを考えます。出会いは一期一会であり、それを大切にしなければならない。カハベルさんとの出会いでそれを学び、彼の考え方に大きく影響を与えました。
{/netabare}
このエピソードは視聴していた中で1番好きなエピソードで一期一会、命の大切さなど、この作品が伝えたい事をよく表していると思います。これだけで言えば同じクールで放送していたアニメ作品にも負けないと思いますが、やはり作品全体で見ればあらが多く、意図が読めない演出や戦闘シーンに迫力がない事が足を引っ張っていると思います。話が面白くないというよりは単純にアニメの出来がなぁ……といった感じです。光るエピソードはあるだけに色々勿体ない。
(2023/1/19 点数調整)

投稿 : 2023/01/19
閲覧 : 215
サンキュー:

8

ネタバレ

スイキ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

異世界転移もの

異世界転移もの
異世界に呼ばれクエストをこなす内容

16話切り

投稿 : 2022/12/04
閲覧 : 85
サンキュー:

0

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

異色さは相変わらずだが

 原作は未読。
 2期ものということで、クエストをクリアしていく形式は1期と同じだが、1期の終盤に現れた
ファティナに続いて、敵役に相当するドラゴンビショップの登場など、ストーリーの内容自体は
次第に複雑さを加え出してきている。

 クエストを重ねるごとに勇者のメンバーが増えていくという図式も1期と同じ。
 こういうパーティーメンバーが増える展開は新メンバーに対する興味が沸いたり、
パーティー内の人間関係にどういった変化が生じるのか?、といった興味が大なり小なり
生じたりするのだが、本作に関してはいずれもそれが感じられず。
 その理由が勇者パーティーの関係性が希薄なことで、これは1期の頃からそう。
 主人公の四谷 友助がその性格や過去の体験から淡々としているのは分かるが、他のメンツに
関してはクエストをこなしていくことで関係性が深まりそうなものなんだけど。
 鳥井 啓太が新堂 衣宇が好みだったり、箱崎 紅末が四谷に特別な感情が生じたりなど、
感情自体は希薄でないようだが、それが表立った行動には出てこないのがなんとも。

 希薄な関係性は勇者と異世界人との関係にも見られるもので、異世界人側はそれなりに感情の
発露があったりするが、勇者側が淡々とした印象。
 勇者が異世界人に対して、「所詮は一期一会的な関係」と考えての態度という、意図的な
演出なら、それはそれで凄いと思ったりもするが、そこまで考えていないような。

 また、ある事象に対するキャラの行動なども不自然さを感じることが多々。
 これは勇者、異世界人問わずで、そのためにキャラがストーリーに動かされてる感が強い。
 これに加えて、前述の希薄な人間関係もあって、とにかくキャラに人間らしさが感じられない。

 クエストの内容は前期の4周目から世の中のやりきれない部分を感じさせるがあったが、
本作ではそれが顕著になってきた感じ。
 特に友助は1期の殺人に続いて、きつい体験をすることが多く、人間嫌いの友助が次第に
変わっていく話になるかと思っていたが、本作でも明確な変化はなし。
 逆にゲームマスターが人間を滅ぼすキーパーソンとして、友助をドライモンスターのような
存在にしようとして過酷な体験をさせているというのもあるのかも。

 悪いことばかり書いてしまったが、異世界転送ものとしては異色感の強い設定や展開、
あっさり死ぬゲストキャラや、四谷とカハベルに代表される勇者と異世界人の時の流れの
違いなど、無常観漂う作風などは個人的には結構好きだったりするが。

2021/11/08
2022/10/23 加筆・修正

投稿 : 2022/10/23
閲覧 : 203
サンキュー:

2

nagi さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

予想以上に面白かった

1期が面白かったので、2期も見てみました。

あいからわず主人公が中二気味なところはありますが、
許容範囲です。
特筆してここが面白いという部分はないのですが、
平均してそこそこのクオリティのアニメだと思います。

原作ではまだまだ続きがありますので、
3期があれば見たいと思います。

投稿 : 2022/08/23
閲覧 : 140
サンキュー:

10

大貧民 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

けっこう面白い!

取り溜めたのを、ジフォン編まで観た所。

世間の評価はちょっと悪いようですが、自分的にはけっこう好きな作品です。
ありきたりな異世界モノとは様々な点で一線を画しており、登場人物たちもありがちなステレオタイプな感じが無く、ちゃんとした人間臭い所が良いし、絶妙な役立たず感が生々しく感じさせてくれる。

原作は無料漫画アプリで、ジフォン編まで既読済。
アニメ化にはかなり期待しており、戦闘シーンに難があるのは認めつつ、全体的には気に入っています。
オークの子供あたりの展開の演出は作品のテーマ的にも良かったと思う。

投稿 : 2022/08/08
閲覧 : 116
サンキュー:

2

ネタバレ

オカ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

周りの評価よりは面白い

現実世界と異世界で、時間の流れが違う。
主人公達の歳は変わらないのに、カハベルさんが歳とっているのが何だか切ない。
オーク討伐で傭兵として出会ったライスさんが良い人過ぎて、死が悲しい。
オークが溶岩に落ちても子供を救おうとするシーンも悲しい。

シーズン1より感動シーンが多め。
主人公のクソ人間度もマシになってる。

モンスターのクオリティというかデザインはあまり好きではない。

でも周りの評価ほど悪いアニメではなく、それなりに楽しんでみれる。

続きが出るなら見るアニメ。

投稿 : 2022/07/30
閲覧 : 109
サンキュー:

2

ネタバレ

MuraBustan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

二期

ストーリー忘れるほど眠かった。

投稿 : 2022/05/20
閲覧 : 116
サンキュー:

1

hidehide さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

確かに尻上がりかも

異世界縛りで検索。
わたくし、『ん!』と思う人しかフォロってないのですが、それらは皆様、凄腕でして。
で、
この作品のレビューに
『ペーさん』の尻上がり、のコメがあり見てみました。
(※ペーさん勝手にお名前すいません…)
酷評が多かった1期でしたので、避けていたのですが
確かに尻上がりに、割と気になりましたね。

一向に強くならない勇者諸君。
人も年数も変わる割に出てくるモンスターに進化なし。
クズい感じだったり、人間らしかったりのファジーさも
未だ変わらず。
…なのに、
3期とかあったら見てしまうのでしょうね。きっと。

作品、というか、制作側が凄ぇなと思ったのは、
名だたる声優さんをチョイ役で起用する所ですかね。
特に、ゲームマスターは毎回楽しみでした。
…ギャラ、幾らなのだろ…

続きがあるなら、更に尻上がって頂きたい!

そしてわたくしは、
次の凄腕さんの棚を閲覧しに行ってきます。

投稿 : 2022/03/24
閲覧 : 172
サンキュー:

5

ネタバレ

プクミン さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

設定とか色々忘れてしまった

2期が始まるまで1期から1年も経ってないのに、細かい設定とか忘れました。
つまり、それだけ印象に残らない作品だったのだろうか?
1期の最後ってどんなんだったっけ?と思い1期の終わりを見てから2期を視聴。

設定。
クエストクリアして行く毎に、仲間が1人ずつ増えて行き、経験をためるとジョブチェンジが出来る。
転送される世界では一行は「勇者」となっていて、死んでも一定時間経過すると復活出来る。
とか色々な設定があるけど、細かくは覚えていない。

内容と感想。
人数が増えクエストの難易度が上がったせいか、1つ1つのクエストに掛かる時間(話数)が長くなり、1期のような早い展開が無い。
勇者と言っても、普通の人間と強さがあまり変わらないため、大きな世界の1部を助けるみたいな感じになっていて、見ていても「死にたくないから仕方なくクエストをやっている」感が途中から大きく出てきたように思えた。
タイトルの『100万の命の上に俺は立っている』は、結局いつ回収されるのだろうか?と思いつつ見てると、何だか主人公は命を軽く見ている感じに思えた。
そんな主人公を軽蔑するかと言われると、これはまた違って、クエストよりも人命優先、自分の手は汚さない癖に口では「あれしろこれしろ」という仲間の方が余程いらつく時もかなり有り。
爽快感、すっきり感も無い。

何よりキャラに共感が持てない上、魅力的とも感じなかったので3期があっても見ないかな~。

投稿 : 2022/01/13
閲覧 : 179
サンキュー:

8

ネタバレ

ato00 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

勇者が愚者に見えてきた。

100万の命!
そんな理由だったのね。
単純過ぎてぐうの音も出ませんでした。

5週目は火山島で鬼退治!

田舎娘の登場にテンションMAX。
しかし、その後尻すぼみ状態です。
鬼は強いけど、戦略なし。
雑なドタバタバトルを見せられている感じです。

新勇者は、チャラ男。
主人公がシリアスチックなので、中和されてほど良いお湯加減でした。

6週目は閉鎖集落の人々を救え!

救うどころか、村長の計略にひっかかる勇者たち。
単純にもほどがある。
あと、村人を逃がして、強くなった魔物と戦う勇者たち。
挟み撃ちでもされて、村人が全滅したらクエスト失敗なのにねえ。
村人を守って戦って下さい。

新勇者は金髪美人。
こいつが優秀で、探偵のようです。
その上、主人公とやたらと気が合うみたい。
良いコンビになりそうです。

何だかんだとあきれつつ眺めていました。
でも、このアニメ、穴だらけな所が結構はまる。
3期は期待薄だけど、期待しちゃいます。

投稿 : 2022/01/05
閲覧 : 238
サンキュー:

15

GOMA さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.6
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 2.0 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

これはマンガで読んだら面白い、のか???

よくあれの第2シーズンを作る気になれたなぁと思ってまた一応観てしまったw2021年7月~9月放送。最初からパート分けの2クールだったんですかね?原作はまだ読んでませんが、ここまでのアニメだと原作読む気にはなかなかなれないなぁ。

第1シーズン同様ある意味期待を裏切らず、今ではよく観るリアル世界と異世界行き来するバトル有りアニメ。登場人物が少し増えました。
変わらず ストーリーがありがちでつまらない。
変わらず キャラがうざい。キャラデザも刺さらない。
変わらず 作画崩壊しまくりでバトルシーンもコマ数少ない。 などなど。

製作はMAHO FILMさん。声優さんは上村祐翔さん、久保田梨沙さん、和氣あずみさん他。お変わりなく。

ほぼほぼセリフが聞き取れる1.4倍速で流し観た感じ。もうさすがに次は無いでしょうね。

投稿 : 2022/01/04
閲覧 : 173
サンキュー:

1

ネタバレ

カモミール さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

2話のアイドルの歌がひどい

2話のアイドル?の歌や津波とかの扱いもこれでいいの?って感じで。急に傭兵とかでキャラが増えて、主要キャラの話しが減ったり。イマイチ。3期で終わって欲しい。

投稿 : 2021/12/18
閲覧 : 147
サンキュー:

0

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

作画で損してる

原作:漫画 未読

感想

1期と比べ、段々と面白く感じてきました。
2期になっても話は小難しくならず、世界観も狭く小さくなることもなかったのが良かったです。
1クエストをクリアするごとに1人キャラが増えていくのも良い結果に繋がってると思います。

主人公の四谷も、1期に比べれば段々と考え方が変わり始めてて、少しずつだけど感情移入できるようになってきたのも良かったと思います。

周回を重ねるごとに、クエストの難易度も上がってるけれど、勇者一行のレベルというか、強さが全然成長できてなくて、最後の方では大きい魔物には逃げるしかなく、こんなんで最終クエストに出て来る大きな竜に立ち向かえるのか?全然想像ができないんですよね。
特に魔法使いの魔法なんて、全然攻撃力ないし、使えないしで心配になるレベルです。
もうちょっと強くなる描写や設定が欲しい所ですかね。

なんにせよ、話は面白くなってきてるので、原作最後までアニメ化して欲しいかな。
それにはまず作画を何とかして欲しいですけれど(苦笑)

投稿 : 2021/12/13
閲覧 : 163
サンキュー:

19

ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

しりあがりでございま

原作未読


実験作の2シーズンめ。巷では1期けちょんけちょんだったので継続視聴者少なさそうな気がします。
となるとここ覗いてるあなたには仲間意識みたいなのを感じます。基本評価は1期レビューにて。

悪い意味でおふざけが過ぎた1期の締め(最終回)がわりと好感をもったので今ここに立っている私。
主人公四谷くんが自分自身の厨二気質を自覚して葛藤を見せてました。あれがなければ…

今更ですが、おもいっきりなろうテイストと思わせて別冊少年マガジン連載の漫画が原作らしいです。

 もしかしてアンチなろう!?

主人公最強の対極いってるし、女性に囲まれてるけどいがみ合ってるし、現実とゲーム世界行ったり来たりで現実逃避に専念できないし、と。
見慣れた景色と少し違うので興味を引いたんだけど

 心意気だけは買う?買わない?

私でもわかる程に作画やる気ないし、演出についてけないし、合理的主人公のふれこみなのに知性感じないし、つまんねーし、と。あまりにも足を引っ張る要素が多くて後が続かない1期だったのでした。


それで2期!というかほぼ分割クール後半11話みたいな2ndseasonについて。
 
 ん?なんか普通

作画はあまり改善されておらず、奇抜な演出はちょっと鳴りを潜めたかなくらいではあるんですが… クエストこなす度に不明点が解消されたり、そういえばあん時の!な繋がりを感じたり、物語が進んでいる手応えを感じます。
しりあがりで面白くなっていった2期。題名『100万の命の上に…』立つ自覚か責任みたいな風を確実に感じることができることでしょう。収穫ですね。ここまできたなら続きがあれば観ます。

ちなみに厨二の殻を破れるかのMY鑑賞ポイントについてはうやむや。
本筋の大きなうねりの中に埋もれていった感じですね。気にしなくても良さそうです。



※雑感

■○○かと思った

グレンダは沢城さんかと思った。早見さんだったのですね。
{netabare}※幼女の正体見破ったりしてた有能なレズさんです。あー早見さん芸幅広げてるのね。そう感じたきっかけが『RELEASE THE SPYCE』のゴリマッチョ役だったような。全く違う早見節を楽しめます。{/netabare}


■○○死

{netabare}最終回。ドラゴン使いの幼女(敵)が散る時、“自裁”という言葉を使っていて珍しいと思いましたね。直近だと西部邁さんがこの言葉をチョイスされてた。{/netabare}


※備忘

■自分用メモ

{netabare}・オークの姫君と共に散った護衛のオーク。うーん…人間
・ガハベルさん思いっきりヒロインムーブだったのに。うーん…時の流れ
・ドラゴン使い幼女は微笑んで自裁。うーん…敵味方の概念がね{/netabare}

{netabare}100万の命とは?
A ゲーム内世界の人々(もしかするとモンスターとかも)
B 穴が開いて蹂躙されんとする現実世界の人間{/netabare}

結局
『尊い犠牲の上に俺は存在してる』
『足元の生命は俺の手にかかってる』
どっちともとれそうなんだけどどっちなんだろう!?



視聴時期:2021年7月~9月 リアタイ   

------


2021.09.29 初稿

投稿 : 2021/12/05
閲覧 : 443
サンキュー:

29

ネタバレ

シン☆ジ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

う~ん。。展開は楽しめるけど満足感はもう一息かな 

 
どっかでも書きましたがマンガは企画やネームの段階で編集のチェックが入るし、その中でも人気の出たものがアニメ化されるワケですから、一定の品質を感じていますが・・

好き嫌いはあると思いますが、この作品も自分にとっては楽しさ、ハラハラなど一定の安定感はあったかと。

 原作:マガジン系の漫画
 制作:MAHO FILM
 放送:第1シーズン:2020年10-12月(全12話)
    第2シーズン:2021年7-9月(1期総集編+12話)
 視聴:2021年11月(dアニメ)

1期総集編は、万策尽きた系というわけでもなさそうでしたが、実際はどうなんでしょう。リアタイ視聴ではないのでその辺の話題には疎くなりますね。

作画は、ちょっと・・なとこもあったような。
異世界とはいえ臨場感がね。
せめて紅末はもっとカワイクく描いて欲しかった・・

■内容
さて、新キャラ参入とな。
~{netabare}
え。フツ~野郎を投入する??ちょっと意外(正直がっかりw)
ま、ジャズビーがかわいかったので留飲を下げましたが。
(久々に娘10選に入れようかと思った・・)

ジフォンてどっからネーミング?
小さな島国のジフォン人・・なるほどw

カハベルの声がガハラ(千和)さんなのは知ってましたが、
新堂衣宇は初めあやちかと思いました。
グレンダ参入・・はやみんでしたかっ!
ジャズビーは上田麗奈さん。なんか久しぶりのような。
ジフォンであやち登場。
相方が悠木さん。役以上に目立たないところはさすが(オイ

てか・・
そもそも「この街はキライだ・・」とか言われると
CLANNADしか思い浮かばないんだけど、狙ってる?

オークの逆ハーレムは想像したくない・・
けど、悲哀や苦悩を表現するならオークのクイーンや娘はもっと人間に似せて描いてもよかったかも。この辺日和ったんかな~とか勝手に思ったり。

そんなこんなで・・
ジャズビーがドラゴンビショップだとおおお!
麗奈さんが端役とは思わなかったけどさぁ・・
確かにあんなとこで独り暮らししてたんかい、って思ったけどさぁ・・
やってくれた。これじゃ10選に入れれませんわ。
{/netabare}~

ピンチの連続、意外な展開はそれなりに楽しめたかと。
しんみりシーンもそれなりに。

ただのパクリではなかったかとw

とはいえ・・視聴後のちょっとした疲労感?虚無感?はなんだろう。
後に何も残った感じがしない。

展開はそれなりだけど、薄っぺらいとの指摘には反論しがたいかもw
 

投稿 : 2021/11/30
閲覧 : 192
サンキュー:

18

take_0(ゼロ) さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

・・・ガバガバでグズグズでグダグダ・・・でも、いいポイントもある。

いやー、実際私は評価は甘い方だと思うんですよ。
よっぽど合わないと思われる作品、興味のない作品は回避することはもちろんあるのですが、見始めたものは最後まで観ようと努める方だと思います。

で、こちらの作品。
1期もちゃんと見ましたよ、ええ見ましたとも。
そして、確かに「むむっ・・・。」と思う点も少しはありました。
いろいろと言いたい点もあったのですけどね。

2期決まっていたという事で、少しはリソースが増量され、良くなっている点が増えているのではないかと期待をしてみたのですが。。。
いやぁ、悪いとこばっかではないのですけれども、ですねぇ。
う~む。

評価項目順に書いてみるとすると・・・。

物語:ガンツ系と言ってすべての人に伝わるかどうかは解りませんが、そのために究極的な「謎」は「なんじゃらほい?」のままです。
ただし、物語自体は今まで通りのパターンで進捗していきます。
2期の第1話の入り口「ほー、ここから入りますか」と正直、少しセンスの良さを感じたのですけれども・・・。
今期は大まかに2エピソードでしたね。
これが、いたるところがグズグズ、グダグダ、ガバガバなんですよねぇ。
雑というか、無理やりというか、適当と言うか、なんて言えばいいのかなぁ。
ただし、セリフ回しや、展開に「おっ!」とか「ほー」とか、琴線に触れるポイントがある事も事実なんです、ありがちなパターンも多いのですがね。
こういうムラのある作品というか、これって、誰の責任なんでしょうかねぇ。脚本の方なんでしょうか、監督さんなのでしょうか。
よくわかりません。
あとは、この作品の個性と言えばそれまでなんですが、主人公たちがよく〇んじゃいます。
全員同時じゃなければ、何とかなる的設定で、割と雑に〇んじゃうので、なんだかなぁ、です。
それに、サブキャラ的な皆さん他も、割とアッサリ〇んじゃいます。
「えええぇ~~~っ!!」と骨折を知らされたテイオーのようになってしまいますが、そうなんです。
そして、さも悲しげに・・・。
いや、確かに当事者になればそうだとは思うんですが、あれだけあっさりと〇んじゃうと、感情移入も忘れてしまいます。
まぁ、リアルでも人の〇っていうのは、そういうものかもしれませんけどね。。。逆にリアルなのかも・・・。

作画:まぁ、普通ですねぇ。
あえて言えば、普通よりちょい悪でしょうか。
キャラクターがえらく小綺麗に描かれている時と崩壊とは言いませんが雑に描かれている時の差がはっきりと感じ取れますねぇ。
モンスター系の作画は「リトライ並み」ですねぇ、誉め言葉にはならないかなぁ。
まぁ、こちらも「えらくムラがありますねぇ」と言うのが率直な感想です。
これって誰の責(ry

声優:まぁ・・・これも大多数はフツーですかねぇ。
ただし、一部「不通」の方もおられましたねぇ。
ああ、意味のない、訳の分からない表現をしてしまった。
こちらも、あえて言えばムラがありましたねぇ。
これって(ry

音楽:まぁ、普通でしたねぇ。
ただ、合う人にとっては、悪くないという評価にもなりうるとは思いましたねぇ。
主にOP/EDのお話なのですが。

キャラクタ:まぁ、これは、これとして受け入れましょうかねぇ。
なんか唐突に新キャラが仲間に入ってきた感もありましたが、どうですかねぇ。
仮に続くとして、さらにキャラインフレしていくのでしょうかねぇ。
丁寧に描かれている時の女性キャラはまぁまぁ魅力的に見えることもあるので、そこは狙っているんでしょうかねぇ。
百合的キャラも登場しましたし。


さてと、総合的な評価なんですが・・・。

何でこんなに全体的に「ムラ」が目立つ作品作りになっているのかがわからない。
せっかく、ちゃんと琴線に触れるような、ポイントがあったりするのにもったいない。
メイン主人公の四谷友助のヒネタ個性はなかなかにユニーク、また、たまに自問する問いはなかなかに哲学的というか深いものもある、なのに活かし切れていない。
ゲームの時間とリアル時間のズレなんていうのはアリがちだけれども、今作の中でも感情が動くいい設定だったし、ショートレンジだけど伏線の回収もちゃんとできてたりで、いいポイントも間違いなくあるのに・・・。
2エピソード目のラスボス系も、私は少しびっくりしたし、上手なポイントもあるんだよなぁ。

と、まぁ。
全体的には「惜しい」とも言えないようなレベルであることも事実なんだけど、一応、最後まで観ることはできました。

あ、タイトル回収的なものはオーラスにありました。
少々、ボヤんとしていたけれどね。

はて、さて、こちら3期、続きは作られるのでしょうか。
できるとすれば、観ることもあるかもしれないけれども、ダラダラ系になりそうなので、どこかで線を引かないとダメかもね。
あとは、大化けするか・・・。

興味のある方はご覧になってみて下さい。
いろいろな「ムラ」に耐えられればいいポイントも見えてくるでしょう。

投稿 : 2021/11/10
閲覧 : 239
サンキュー:

14

三毛猫メリー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ジフォン島、ザグロス村のクエスト

2021.11.2 視聴完了。

2期は鳥井啓太が加わってジフォン島クエスト。
グレンダ・カーターが加わってザグロス村クエストになります。

新たな2人が加わることによってキャラの
深みや広がりが出てとても良かったと思います。

ストーリーもなかなか面白いですね。
ゲームマスターは毎回有名な声優ばかりですが
何より1期初回の若本さんが強烈な印象で
いまだに忘れられません。

投稿 : 2021/11/02
閲覧 : 196
サンキュー:

9

ネタバレ

haiga さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.5 作画 : 2.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

見た目は悪いが美味しい料理(視聴済追記)

今観てます~~

1期に比べるとだいぶ改善されてますね!
特に1期でダメダメだったCパートが無くなったぶん一生懸命ストーリーを追いかけて原作に素直に作ってあり好感がもてます。

今回離島でのオーク討伐の話ですが、
今まで主人公の友助以外女の子3人の勇者パーティに新キャラとしてチャラ男の啓太が加わりました。

多分一般的には1番嫌われやすい新キャラだと思うのですが私的にはとても良い感じですね。美少女ばかりのパーティなんて不自然ですもん。
まあ啓太はチャラチャラしてて今のとこ緊張感がありませんが今後厳しい闘いになると思うので成長して行ってくれるでしょう
(原作読んでるはずなのに詳細忘れたw)

というか主人公の友助めっちゃ頑張ってますよね。
目的に向かって一直線で1人でコツコツやる姿勢がとても共感出来るんですよね。
ただ性格なのか境遇なのか他人に一切期待してないんですよ。まあ中学生だから仕方ないとは思いますが
(というか中学生としてはめちゃくちゃ優秀で頑張ってる)
厨2思考もリアル中学生だから仕方ないですよ、ある意味純粋で分かりやすい性格に思えます。
今後どのように成長して行くか期待ですね

そういえば田楽姉妹の声優さん誰になるかなと思っていたのですが竹達さんと悠木さんって!極上のキャスティングじゃないですか!とても良いですね。
まだ2話までしか観てませんが楽しみに観たいと思います


┈┈┈┈ここから視聴済追記┈┈┈┈┈

いや~面白かったです!
1期よりめっちゃ改善してるじゃないですか!
みなさんの評価見ても最後まで視聴した人の評価は悪く無いですもんね。単行本勢としては嬉しかったです

正直作画もイマイチですし動きも変です
キャラデザもダサいと思います(漫画遵守ですが)
でもでもとても個性的なストーリーとキャラはこの作品のストロングポイントでありそこはキチンと表現されていたと思います

クエストも2つのエピソードにそれぞれ謎解きあり、ハラハラ要素ありと飽きさせない作りにになっていたと思います
勇者達は全員同時に死ななければ不死身なので、食べられたり水に沈んだり雑に扱えるのがこの作品の特徴ですね
あとパーティ間の恋愛要素がほとんど無いのも今どきの作品として珍しいです。
子供だろうと美少女だろうとご都合主義的に仲間になったりしませんし、容赦なく死にますしね

今回の後半から新キャラとしてレズビアンのグレンが入りました。
今まで友助意外の仲間が微妙で友助のワンマンパーティでしたが、知的でリーダーシップのあるグレンが加わってやっとパーティっぽくなりました
次回以降が楽しみになってきました

そう言えばこのアニメって声優さんめっちゃ豪華でした。敵キャラ、モブキャラ、あとゲームマスターに贅沢に大御所声優使ったり芸能人呼んだり中々楽しませて貰いました。
そこに予算使いすぎたのかな?って邪推しちゃいますが、まあ元々漫画の方も作画メインって漫画じゃありませんしね

この後のエピソードもとても面白いのですがアニメの評判としては微妙なのかな?三期あったら楽しみに待ちたいと思います

投稿 : 2021/10/28
閲覧 : 242
サンキュー:

17

§レイン・スターク§ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

★★★

2021.10.25 ★★★(3.0) 3度目観賞評価

投稿 : 2021/10/27
閲覧 : 134
サンキュー:

0

ネタバレ

まだ初心者 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白い

1期の内容忘れてたのでざっと見返しました。内容忘れてる人は1期の12話だけ観てから視聴した方がいいです。
3期があれば観ます。
{netabare} GANTZに似てるなーと思ってたのですが、他の人も書いてました。ゲームマスターのキャラデザ含め、設定とかが微妙にGANTZに似てます。転送されてミッションクリアしたり、死んでも生き返る所とか大まかな設定が似てます。 {/netabare}

投稿 : 2021/10/26
閲覧 : 142
サンキュー:

1

単作者 さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

シンプルに酷い

作画もストーリーもレベルがあまりにも低く、それだけでこの評価にできる。
最初のミッションでは女二人が復活できるのに全然戦わないから味方全体傭兵が犠牲になって、それなのに死んだら悲しむって倫理観どうなってんのと。主人公は形状が意味不明な武器を作ってイキりだすし、新キャラはアホだしで突っ込みどころ満載。
一期の頃のようなおふざけは無かったが、それを含めてもこの評価。

投稿 : 2021/10/20
閲覧 : 170
サンキュー:

0

ネタバレ

干野梅蔵 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

何人で描いてますん?

ローカロリーでござっ。

劣化版ガイル主人公。
他は無能。
別の意味で主人公も無能。
つまり全員無能。

このシーズンから加わる新メンバーのみ有能・・・かも。


作画に抵抗が出たなら
拒否反応を起こす前に視聴はやめるべき。
ドンドン悪化すっぞ。


悠木碧さんが「○ンコ ビンビン」
って連呼してくれますので
その手の紳士は{netabare}5{/netabare}話目を。

これはトップシークレットだけど
悠木碧さんからプロポーズされたい
そこのユースケくんは
{netabare}6{/netabare}話を観ると良いと思いまっ。

投稿 : 2021/10/17
閲覧 : 166
サンキュー:

0

ninin さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

2つのクエスト

原作未読 全12話 先に第1シーズン(全12話)を観ることをオススメします。

ゲームマスターからの無茶振りでクエスト解決することになった一同、クリアできないと死が待っているので必死です。

今回から新キャラも増え、クエストをこなしていきます。

これがかなり困難なクエストばかりで、シリアスなことが多かったですね。

1クールで大きく分けて2つのクエストを丁寧に描いていました。

思いがけないことが度々起こっているので飽きない展開でした。

切りのいいところで終わっていますが、まだまだ謎も多いし、これからもクエストこなしていかないといけないようなので、続きがあるといいですね。

OPは樋口楓さん、EDは高槻かなこさんが歌っています。

最後に、職業をルーレットで決まるのは面白いです。なかなか良い職業になりませんねw

投稿 : 2021/10/16
閲覧 : 198
サンキュー:

15

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

うーん 前回同様 面白かった

前回同様 そこまで 期待してなかったが 面白かった・・
まちがいなく 3期も見るだろうなぁ

投稿 : 2021/10/10
閲覧 : 158
サンキュー:

2

うにゃ@ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

なんで100万の命の上に立ってるのでござ?2

個性が少し変わったキャラで1期はそこが秀でていたが、満を持して出てきた5人目が最初存在感が薄く、全体的にキャラがどんどん増えるせいで、キャラが薄いままで終わる。
特に島の傭兵は残念。メインキャラ周辺のサブキャラの声優はいい声優を使ってるのに。。。
1期もあったが、全体通して村人の空気感に緊迫感がないので、人の生死についての部分に重たさを持たせようとしてても重くならない。
伝令!!1期同様作画は少し残念でした
伝令!!1期同様正義等訴えかける所が作品の薄さで残念になってました
伝令!!1期同様ゲームマスターがGANTZの黒い球

100点中60点

投稿 : 2021/10/08
閲覧 : 160
サンキュー:

0

ネタバレ

いい歳したおっさん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 4.0 作画 : 2.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

尻上がりに面白くなる?

原作未読、第1期からアニメを試聴しています。

正直、第1期がかなりイマイチだった(作画とは別に余計な部分が多すぎた)ためスルーでもいいかと考えていましたが、何となく先の話が気になり結局最後まで視聴しました。

作画は相変わらずでしたが、第2期は思っていたよりかなり楽しめました。個人的な理由としては、クエストの内容にその地域環境の事情や背景が盛り込まれ、単純なものではなく複雑さが増し考えさせられる内容になっている点、また主人公サイドのメンバーが増えた事により、多様な性格上キャラの掛け合いに深みが出た事が要因になったと振り返って思いました。

元々、第1期から設定の面白さなど光る部分は多少あったものの、色々な面で足を引っ張っており邪魔をしていましたが、第2期は作画を除けば余計なモノが第1期と比較して無かったので邪推せずに楽しめました。

しかし、主人公「四谷」少年の性格はいまだに違和感を感じ馴染めないですね。『中学生』という設定は抜きにしても、かなり歪みすぎて理解不能な面が多いです。
{netabare} 「この街が嫌いだ、人間が嫌いだ」などと言っている事から、幼くして(同族嫌悪寄りの)人間嫌いで合理主義となった性格形成には設定や背景があるのでしょうか・・・ただ、平行世界の住人については、その性格面は見られないので「?」という一貫性のない部分も感じます。 {/netabare}
第2期では、クエストの解決の仕方や仲間との掛け合いで、その精神的な面が徐々に変化しそうな片鱗も窺えるので、第3期以降があるならそこも注目していきたいですね。

あくまで第1期と比べてというレベルですが、思っていたよりアニメの第2期が面白くなって良かったところですが、正直未読の原作(漫画?)の方がアニメより面白く感じるのではと個人的に思ったところです。

投稿 : 2021/10/07
閲覧 : 198
サンキュー:

0

ネタバレ

いるかん さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 1.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 2.0 状態:今観てる

ストーリーは面白いけど絵が拙い原作を、さらにアニメの手抜きが悪化させたかな

アニメの演出上問題ありと思うところが、シーズン1以上に散見されました。

原作は、ストーリーは面白いのに、画力は正直、残念です。
アニメでも、キャラなどの絵のレベルの低さは、原作を忠実に再現しているので仕方ないとして、それでも動画として動かせるとこは動かすべきだし、画角や演出全般で、アニメにして良くなったと思われるところがあまり感じられないんですよね。
それどころか、酷くなっている場所があります。

全部が酷いわけではないんですよ。
正直ごく一部ですがそれがどうしても気になるレベルなだけです。

複数気になった回は以下の通りです。
17話:
・オーククイーンの攻撃をジャンプで躱すヒロイン。
通常のジャンプだったのに、次のシーンでは天地逆、さらに次のシーンでは上下が元に戻っており、シーンの間を一切動画で補わないため小学生のパラパラ漫画だってここまで酷くはないかと。
・屋根の上でオーククイーンの視界から隠れるヒロインと将軍の、杖と槍の先端が屋根の上からはみ出しており、下手すれば、当人たちの頭部すら見えてそうな描き方で、緊張感が削がれる。
・洞窟に閉じ込められた巫女たちの脱出口が唐突すぎる。
原作は出口だけなのでもっと酷いものの、アニメで挿入された脱出口手前のトロッコのシーンも、他に補強が無いため原作を知らない人には、関連するシーンであることすら伝わらないかと。

21話:
・村長の家の前で、村長がさらに村人を騙しているのをただ見守っている勇者たち。
状況が悪化するまで待って最後に殴ってしまうとか、失敗したら死ぬ、ということを考えてないかのような、仲間の救助そっちのけの無駄な時間。
・周囲を取り囲む山を滑り降りてくる魔獣の大群で「静止画」のスクロールを2回連続で見せられて萎える。(他の静止画はあえて突っ込むほどではないですが、最初の静止画は短時間で結局3回見るはめになります)
・魔獣に襲われて逃げるモブの服装が、最大3人のうち必ずカーキと青の2色がおり、並び順もカーキが常に左側。
当然、シーンごとに死んでいるため、同じ人物ではない。
4回くらい続くので最後の方は見ていられなかった。

23話:
・幼女に、本来見せなくても済んだ祖父の殺害されたとわかる遺体を見せ、犯人をなじらせる、手垢で真っ黒な展開
・幼女が始末されたら感動得やすいという思惑が透けてうんざり
・襲撃開始冒頭で、ゴブリンの静止画を4つ重ねて上下動させる、昭和40年代のテクニック

話題作りの奇策を酷評してるレビューもあるようですがそこはむしろ必要であって、こういう基礎というか本筋の方がダメではどうしようもないかと。

OP曲もなかなかいい曲なんですが、本編の絵のぬるさや展開のテンポの緩さでかえって浮いてる印象でもったいないです。

3期をやる気があるなら、演出陣は総とっかえしないと危険なレベルですね。

投稿 : 2021/10/04
閲覧 : 140
サンキュー:

0

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

正義を問う異世界ファンタジー

この作品の原作は未読ですが、TVアニメ第1期は視聴済です。
第1期から物語が面白く、設定が抜群に秀逸だったので、視聴を心待ちにしていた作品でした。


合理的で単独行動が好きな中学3年生四谷友助は、
ある日ゲームじみた異世界に転送された―。

すでに転送されていたクラスメイトの新堂衣宇、箱崎紅末とともに
3人目のプレイヤーとなった彼は、命を懸けたクエストに挑むことに。

感情論を排してすべての要素をフラットに、
時には仲間の命すら駒として扱う冷酷な四谷。

襲い来る魔物、厄介な事件、そして暗躍する強敵からパーティの全滅を防ぎ、
このゲームをクリアすることができるのか?


公式HPのINTRODUCTIONを引用させて頂きました。

この第2期から、この作品の新たな設定が明らかになります。
それは、勇者の現実における時間が異世界と進み方が異なること…
詳しくは分かりませんでしたが、勇者のリアルにおける1日が、異世界の1日では無いということです。

個人的には、この設定は無慈悲で救いが無いと思いました。
勇者は不死身かもしれません…
だけど、勇者だけで何とかなるほどゲームマスターのクエストは甘くありません。
そう、異世界の住民の協力なくして達成は有り得ないのです。
それは、クエストを重ねれば重ねるほどその傾向が強くなったように思います。

そしてクエストは必ずしも新天地ばかりで行われるわけではありません。
加えて、クエストの有無に関わらず一緒に過ごした記憶はずっと残り続けるんです。
誰が悪い訳でもないのは理解しているつもりですが、改めて時間の経過は時として残酷であることを再認識させられたように思います。

一方、物語の方はクエストのクリアに伴いメンバーが一人ずつ増えていくので、難易度は上がっているのだと思います。
それに、出演される声優さんも惜しみなく投入されていました。

例えば、とある島の巫女さん役を、あやちと碧ちゃんが…
これって思いっきり「petit milady」ですよね~^^
それに麗奈ちゃん、ゆかりんや、岡本信彦さんとか、細谷佳正さんなども作品の中でしっかり活躍されていましたよ。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、樋口楓さんによる「Baddest」
エンディングテーマは、高槻かなこさんによる「Subversive」
高槻かなこさんは第1期のオープニングに引き続きの担当になります。
個人的には第2期はオープニングの方が好みだったかな。

1クール全12話の物語でした。
wikiをチラ見して知りましたが、原作のストックはほぼ使い切っているようです。
しかも、6週目は原作ではなく小説版がアニメ化されているとのことですが、きっとアニメ化しにくい内容だったのでしょう。

しかも、円盤は第1期と第2期を併せた全24話を収録したBlu-ray BOXが発売されたそうです。
これらを勘案すると続編の可能性は限りなく低いのでしょうか。
個人的にはこれからがクエストの大詰めになるので、続きもアニメ化されると嬉しいんですけどね…

投稿 : 2021/10/03
閲覧 : 173
サンキュー:

14

やまびこ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

1期に比べて多少尻すぼみ感が否めないか。

異世界でも「殺人」をきちんと表現したのはいいと思う。

ただ、画の荒れ具合とストーリーがそこまでダイナミックに進展しなかったことに多少の尻すぼみ感があった。

投稿 : 2021/10/02
閲覧 : 136
サンキュー:

0

次の30件を表示

100万の命の上に俺は立っている 第2シーズンのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
100万の命の上に俺は立っている 第2シーズンのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

100万の命の上に俺は立っている 第2シーズンのストーリー・あらすじ

合理的で単独行動が好きな中学3年生四谷友助は、
ある日ゲームじみた異世界に転送された―。

すでに転送されていたクラスメイトの新堂衣宇、箱崎紅末とともに
3人目のプレイヤーとなった彼は、命を懸けたクエストに挑むことに。

感情論を排してすべての要素をフラットに、
時には仲間の命すら駒として扱う冷酷な四谷。

襲い来る魔物、厄介な事件、そして暗躍する強敵からパーティの全滅を防ぎ、
このゲームをクリアすることができるのか?(TVアニメ動画『100万の命の上に俺は立っている 第2シーズン』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2021年夏アニメ
制作会社
MAHO FILM
公式サイト
1000000-lives.com

声優・キャラクター

上村祐翔、久保田梨沙、和氣あず未、小市眞琴、斎藤千和

スタッフ

原作:山川直輝/漫画:奈央晃徳(講談社『別冊少年マガジン』連載)
監督:羽原久美子、シリーズ構成:吉岡たかを、メインキャラクターデザイン:小島えり/舛舘俊秀、サブキャラクターデザイン:大場優子、色彩設計:渡辺亜紀、美術監督:柴田聡、撮影監督:野村雪菜、音響監督:矢野さとし、音楽:伊藤賢、音楽制作:ランティス

このアニメの類似作品

この頃(2021年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ