新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「海賊王女(TVアニメ動画)」

総合得点
66.5
感想・評価
149
棚に入れた
476
ランキング
2362
★★★★☆ 3.4 (149)
物語
2.9
作画
3.8
声優
3.5
音楽
3.5
キャラ
3.4

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

海賊王女の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

kabaj31 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

すばらしい。

11話の主人公2人を置いてけぼりの超展開はすばらしいと思いました。
途中までの話は、洞窟を探検したり敵に追われたり、インディジョーンズみたいだなあと思いました。
そして11話の主人公2人を置いてけぼりの超展開がすばらしいと思いました。

このお話は、たぶんこういう世界だった。
11話までを見て、これはこういうお話の世界だったと、それ以上はなにも理屈は要らないんじゃないかと思いました。
主人公までもが11話まで導くのが役割で、実質11話でお話は終わってると思います。
12話はオマケみたいなものなのかなあと思いました。

投稿 : 2022/01/19
閲覧 : 25
サンキュー:

1

まだ初心者 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

びっくりする内容のアニメ

PV見て「ワクワクする冒険ものっぽくて面白そう」と思い視聴したのですが、まさかのファンタジーアニメでびっくりしました。
イケメンキャラの比率が多めなのと、ストーリーが破綻している点を踏まえると女性向けのアニメなのかなと思いました。
はっきり言って自分には合いませんでした。

ストーリーを重視されてる方にはおすすめできないアニメです。

投稿 : 2022/01/19
閲覧 : 36
サンキュー:

1

ネタバレ

ninin さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

海賊じゃないよ、王女だよ。

全12話

海賊に襲われ沈没した船から脱出した主人公である少女フェナはある島へ流れ着きます。その島の町の娼婦の館で育てられ10年が経ちました。客を取るように言われ、拒否したフェナは脱出を決意、脱出した後窮地に立たされたフェナは刀を持った青年に助けられる。その青年は雪丸といい沈没した船で離れ離れとなった幼馴染でありました。フェナは雪丸と雪丸の仲間と共に脱出の際に父に託された石の正体を探るため海へ旅立つお話です。

道中の謎解きは面白かったのですが、他のレビュワーさんが言っているように締め方が良くなかったですね。
{netabare}
エデンに行けば、世界中の宝が集まっているだの、種を保存するための方舟があったり、フェナは世界の命運に担うだの急にスケール大きくなってよく分からなくなりました。

また、役割を終えたので白髪から黒髪になったのか分かりませんが、黒髪になったフェナが記憶が蘇ったのもなんとも言えない感じでした。

エデンについてはもう少し説明がほしかったですね。
{/netabare}
みなさんの軽い掛け合いは好きでした。(フェナのたんこぶ姿には笑ってしまいましたね。)

OPはJUNNAさん、EDは鈴木みのりさんが歌っています。

最後に、オリジナル作品は後半失速する作品が多いですね。色々詰め込みすぎている感じがします。オリジナル作品好きなので、是非最後まで頑張ってほしいですね。

投稿 : 2022/01/15
閲覧 : 48
サンキュー:

17

ネタバレ

sion さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

謎解きは現実世界にある。

 とても面白かった。世界各地にある、色々な伝説を散りばめて、オルレアンの聖女伝説の一つの解釈としてのジャンヌダルクを、とてもドラマチックに映像化していた。切ないほどの憧れと取り戻せない悔恨はアベルのみならず、当時の魔女裁判を知る者には胸に迫る悲しみすらも覚えるかも知れない。
 そう。この「お話」には秘密がある。いや、世に語られている謎と隠された真実(と思われている)を集めまくって作られている。

 聞いたことはあるだろうか?
「箱舟」(ノアの箱舟)
「ソロモンの秘宝」(ユダヤの第13種族)
「アレキサンドリア図書館の失われた10万3千冊の魔導書」
「日本創生にまつわる3種の神器と失われた剣」(七支刀)
・・・そう、一般に「オカルト」と分類される・・・だがしかし人々の心を捉えて止まない壮大な物語達を。

 このアニメは知らなければただ単に綺麗なだけの絵物語になる。だが散りばめられたキーワードを知れば幾万通りもの見え方をする。
「カインとアベル」「キャプテンキッド」「真田十勇士のその後」「聖杯物語」「イングランド王家と海賊にまつわる逸話」「十字軍の謎」等など。興味がお有りならちょっとググって見れば興味を引く内容が出てくるかも?
 それら夢物語に描かれる楽園、最終目的地「シャングリラ」「パライソ」「ヴァルハラ」作者たちの描いたそれらの一つのビジョンが、あの映像の「エデン」だ。
 つまり「海賊王女」は世界中にある解き明かされていない「謎」を一つの形として映像化されたモノで、多くのユーモアや希望をのせた夢物語なのだと思う。

 あの宝物庫のたからもの達はどんなモノだった?時代も場所も限定されないあらゆる所のあらゆる時に集められた物だった。東洋西洋を問わず、現代過去も問わず、もしかして未来の世界にある物もあったかも知れないよ?
という事は忘れている(忘却させられている)だけで、実は「フィナのお話」ではなく現実に生きる「我々一人独りの選択のお話」かも知れない。

 あなたは自分に与えられた「使命」を知っている?それはもう「果たされた」?それを「知ろう」としないものには解き明かせない「真実」がある。
それを語っているストーリーだと思った。

 真田の末裔が大西洋に渡りジャンヌダルクの末裔やイングランド王の係累と渡り合う。冒険活劇として描けば時として陳腐に見えてしまいそうなテーマだが、オルレアンの聖女と英国王子の悲恋としてファンタジックに美しくまとめて作品化している。まぁ冷静に考えればどちらも荒唐無稽ではあるけれど、それを「絵本のお話」のように上手くまとめている。
 たかがアニメのお話。されど世にある「昔語りや童話」のように消された真実や語られない歴史が隠されている・・・かも知れない。

 あなたに問う。語られたキーワードをいくつ知っている?それらは「アニメの中」には無く「現実世界」にある。それを語るのは現実世界ではタブーであり危険でもある・・・が、とても面白い。アニメが「お話」である以上総てをその中に求めるのも仕方が無い。ただ、それが「語ろうとしているもの」がアニメの虚構の中だけなのか?それとも私たちが生きている現実の中の事なのか?は分別して見ないと、作者が伝えたいものが見えない場合もあるかも知れない。
 キャラクターの名前にまつわる設定。音楽や歌詞に乗せられた符号。時代背景としての年代設定の遊び。選ばれた者達の栄光と不条理・・・そう、作者たちのそういった遊びにどれだけ気が付けるか?でこの「海賊王女」の面白さは変わるのかも知れない。まぁ、どう見てどう感じるのか?は我々の自由なんだけどね。

投稿 : 2022/01/14
閲覧 : 28
サンキュー:

1

ネタバレ

ato00 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

海の藻屑

海賊王女?
海賊と王女じゃないか。
「と」を入れなさい、「と」を。
紛らわしい。

1話のアイランド脱出劇は面白かったけど。
そのあとがいただけない。
よくわからないし、尻すぼみだし。
「エデンへ行け」が掛け声倒れです。

そもそも、忍者潜水艦を海賊とみなすところから無理がある。
それに、舞台は北大西洋。
ミスマッチも甚だしい。
どこかシュールな風が吹いていました。

キャラ設定は丸。
ヒロインであるフェナが抜けててかわいい。
ときおりみせるとんでもない行動も許容範囲かな。
ただし、{netabare}夢遊病で仲間を危険にさらすところはいただけない。{/netabare}

お供の従者?である忍者隊は個性的でユーモラス。
強いし、早いし、そそっかしい。
それに、会話のテンポがいい。
物語の緩急になっていました。

後には残らないストーリー。
それだけ、薄かったってこと。
ただし、{netabare}雪丸にどつかれるフェナがやたら痛そう。{/netabare}
これだけは、記憶に残るでしょう。

投稿 : 2022/01/13
閲覧 : 46
サンキュー:

17

ネタバレ

かりんとう さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

惜しいというか、残念というか…

※最終回を見終わって


中澤さんはアニメーターとして尊敬してます。
ですが、海賊王女…とても惜しい、というか…残念というか…そんな作品でした。

まず、作品の雰囲気はすごく好きでした。音楽もピッタリ。1話はなしとしてその後の掴みもよかったと思います。
ですがはっきり言って最初のフェナと仲間達の冒険を永遠に見ていたほうが楽しかったかな、なんて思います。

結局なにも解決してないんです。
世界を創り直すか、継続か決められんから第三者=巫に選んでもらおー!とかふざけた理由でフェナの一族はその「巫」に選ばれて何度も選択をやらされてるってことですが、相当世界に恨みでもないかぎり創り直す選択はしないだろと思います。
で、結局"継続"を選択すれば記憶がなくなり、その巫にまた子供産んでもらってまたその子供=巫に数年後選択をやらせると。
これって結局フェナの一族は選択の巫の役割から逃れられてない訳だからバッドエンドみたいなもんですよね。なんならせめてその呪縛から解放、てきな感じで終わらせてくれればよかったのに…

それにフェナの母親ヘレナですが、"継続"の選択をしたのに記憶が残ってたんですよね…私がなんか聞き逃したのかな?(^^;


※ランブルローズについて
アベルがフェナに接触した辺りから既に駆け足感はあったように感じます。ランブルローズとかなんだったったのか…呆気なく殺られました。
しかし最終回にてランブルローズのゴスロリっ娘、眼帯っ娘、方向音痴っ娘の三人が少しだけ出ましたが船長やその他船員の姿はなく、三人だけ生き残ったって感じなのでしょうか?
個人的にランブルローズの活躍を期待していたので、残念です。

まぁ、自分としては途中からアベルが主人公だったのでアベルがヘレナに再会できてよかった、よかった~って感じです。

投稿 : 2022/01/12
閲覧 : 344
サンキュー:

7

ネタバレ

いい歳したおっさん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ハッピーエンドに見せかけたバッドエンド

後で調べて分かりましたが、この作品は元々の原作はなくオリアニとの事でした。全話視聴を終わりましたのでレビュー致します。

あらすじは、幼い頃の主人公が父親と船旅に出ている最中に海賊に襲われてしまいますが、ある男子の手によって主人公1人が小型ボートにて助かります。ただ、彼女がたどり着いた先が娼婦の島で、その後成長した主人公に初仕事が任されますが、それを受け入れられず島を脱出しようと奮闘します。
その最中、「ある男子」が成長した青年に再会し窮地を救われた事で、眠っていた記憶「エデン」が呼び起こされ、青年と仲間とともに謎を解明するするために船旅に行くことになる・・・という内容です。

正直なところストーリーはかなり面白かったです。「最終話」を除いては・・・

{netabare} 父親から形見として残った「石」や「エデン」の謎へ近づいていく工程は冒険活劇としては十分に面白かったです。
しかし中盤、フェナの母親やアベルの登場によりストーリーが謎めいたものとなり、謎が謎のまま最終話へ進み、その結果がタイトルの通りです。 {/netabare}

【最終話について】

{netabare} 展開が唐突すぎて「?」です。話の意味は分かるのですが、「なぜ急にそうなる」という意味です。
ラーメン屋で飯食ってたら、そこに車が突っ込んで来るくらい唐突で、「エデンの意味」や「フェナが存在する意味」が大きな伏線もなく突然明かされ、エデン(の神とも言える)声からフェナに理不尽な「選択」を迫ります。フェナは旅を共にした雪丸や仲間を救うため、自己を犠牲にする選択をするのですが・・・

作中ではハッピーエンドのように話が纏まりますが、正直なところラストから行きつく先を想像すると「記憶を失った(リセットされた)フェナと過去の船旅を辿ってフェナの記憶を取り戻そうとする雪丸」は「フェナの母親とアベルの生き様」とある意味ダブっており、愛に「憑りつかれた」生涯になりそうな気がしますし、何より生まれてくる子供も「選択の巫女の運命」を繰り返す事になるかと思うと、これはバッドエンド以外の何物でもないほど不幸な気さえします。この作中の結末は幸せと言えるのだろうか・・・

この終わり方も1つの正解なのでしょうが、個人的に「フェナの性格」を考えるなら、「世界のリセットによりフェナと雪丸がアダムとイブになる選択」も「自身をリセットして世界を維持する選択」もお断りで、どちらでもない第3の選択を行ない、巫女の枠割もエデンも終わらせるような本当の意味でハッピーエンドにしてほしかったです。 {/netabare}

☆の評価上、物語の評価以外は点数が高いため、この評価となっていますが、実際の全体的な点数はもっと低くなります。ちょうど3.0くらいでしょうか。それほどラストがもったいなかったです。

投稿 : 2022/01/08
閲覧 : 189
サンキュー:

7

ネタバレ

ぴかちゅう さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

最終回の展開には、フェナと同様、ついていけませんでした

海賊が敗北を喫するくらいまでは楽しめました。ただ、12話があまりに唐突すぎて。。。まともな伏線もなく、いきなりスケールが大きいお話になっては、フェナも雪丸も視聴者もついていけません。また、フェナ一行が恐れていた刺客みたいな人とか、意外とあっけなく撃沈した海賊がどうも生き残っているっぽいとか、アベルがなぜエデンで的確な道筋を知っていたか、などまったく回収されていない伏線も多く、おそらく、そもそも回収する気もなかったのでしょう。最後にフェナが過去を思い出した感じで終わるラストもご都合主義的。

原作があって12話に押し込めざるをえなかったのなら事情は察しますが、オリジナルアニメでこのストーリーの出来は端的に酷いです。

瀬戸さんは好きだし、フェナ一行も個性があってよかっただけに、設定・ストーリーの弱さが際立ちました。

投稿 : 2022/01/07
閲覧 : 75
サンキュー:

4

ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

美しい物語をチグハグに繋げた、パッチワークみたいな作品

[文量→中盛り・内容→酷評系]

【総括】
Production I.Gによる、オリジナルアニメ作品。作画のクオリティは非常に高く、ファンタジー要素を含んだ冒険モノとしての期待感もありましたが、評価は尻すぼみという感じ。

レビューでは、ちょっっと誉めた後、酷評してます(笑)

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
まず、誉めましょう。

作画、素晴らしいです。ギャグ、センスあります。恋愛、ニヤニヤできます。世界観、良い感じです。

序盤は名作の気配がしていました。00年代のNHKアニメ、『グイン・サーガ』『十二国記』『未来少年コナン』『精霊の守り人』『アリソンとリリア』『獣の奏者 エリン』。こういう系列。もっといえば、「ふしぎの海のナディア」の系譜。

ところが中盤以降、どんどんシナリオが崩壊していく。

まず、謎解きの残念さ。9話の謎解きなんか、「いきなり知らん歌を歌われても」って感じだったし、島を次々と巡っていくのも、そこに必然性を感じないというか。

これは、圧倒的に尺不足なんだよな。本来は、様々な島を巡るなかで、色々な選択を積み重ね、成長し、仲間との絆を深めながら、謎を1つずつ解いていく。そして、真相に近づくに従い、少し変化して(失って)いく自分に恐怖していく、フェナ。

どう考えても、2クール必要です。イムラさんのレビューに「たぶんこうだったんじゃないか劇場」というのがありましたが、私も、本当にそうだったんじゃないかと思いましたよ。大共感でした♪

最終話はマジで酷い仕上がり。いや、仕上がってないので、「仕下がり」とも言うべきか(苦笑)

これまでずっと「勘」だけで道を決め(正解し)てきたフェナが、「選択の巫女」って、どんな嫌味だよと思った(苦笑)

しかも、「世界の命運を定める」なんて神のごとき役割が、「血筋に依存する」とか、不自由な選択を迫った上、「じゃあ後は、子を宿し、産むのが役割だ」なんて、どんな旧時代的な価値観の政治家だよ、世界から嗤われるぞ(苦笑)

さらに、「強い覚悟の上での記憶喪があっさり回復」って、神のシステムはガバガバか、デバッグ作業サボるなよ(苦笑)。

てか、「抜け忍、お咎めなしか?」とか、「ジャンヌダルク要素必要か?」とか、「究極、アベルの物語は全カットでも問題ないだろ」とか、意味不明な設定・伏線数多い。

極めつけは「最後の幸丸の笑顔がキモい」w あそこはあんなヱビス顔じゃなく、もっと格好良い笑顔を浮かべさせてやろうよ(苦笑)

(あと、気にする程ではないけど、海賊王女というより、王女海賊では?と思ったり)。

まあとにかく、1枚1枚の布(小さな物語)は美しいのに、その繋ぎ合わせ方にセンスがないから、結果、何を伝えたいのか分からなくなった、パッチワークみたいな作品になったのかな、と。

これ、アニオリだから、監督(原作)誰だ? と思ったら、作画マンで、テレビアニメは初監督(原作)作品か。(アニメCMやショートアニメの監督としては受賞歴もあるようです)。

なる程、作画だけは素晴らしく、謎を投げるだけの思わせ振りな展開だけはあるという、本作の特徴が腑に落ちた感じですね。
{/netabare}


【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目 ☆4
作画は良いね。本気で作っているアニメだということは伝わる。ゆき丸で、幸村かい。ギャグとイロモノ系? ヒロイン殴るなよ(笑)

2話目 ☆4
真田家の末裔。隠れ里。90年代のNHKアニメっぽい雰囲気が好き。

3話目 ☆4
潜水艦か。オーバーテクノロジー。落ちるところの浮遊感は素晴らしいな。

4話目 ☆4
紫丹の弓を選んだ理由が渋いな。ジャンヌが生きていた、という歴史ロマンを入れてくるか。んで、ジャンヌの娘とか孫とかそんな感じ? なんかこの街、滅ぼされそうだな、そのうち。

5話目 ☆3
たかだか4つの数字を隠すだけにしては、ずいぶん大げさというか、ガッカリというか。

6話目 ☆3
う~ん、どのみち、鍵であるフェナは取り戻さなきゃだしな。イマイチ、説得力が。

7話目 ☆5
今まで観た海戦の中でも、トップレベルの一撃。単純に格好良い。

8話目 ☆3
紫丹の嫉妬w 白い犬だし(笑) 自虐の嵐w 幸丸、イケメンだな~(笑)

9話目 ☆2
こりゃヒドイ謎解きだな。だったら、その歌(歌詞)を作中で何度か歌わないと。やりたいことに対して尺が足りてないんだよな。

10話目 ☆3
シリアスな中に適度にラブやコメが入っているのが良い。

11話目 ☆2
なんかこう、全てが唐突で、チグハグな物語を繋いだパッチワークみたいな作品だな。究極、アベルの物語は全カットでも問題ない。

12話目 ☆1
最後に来て、シナリオが破綻してるよな。選択の巫女なのに、勘が冴えまくり(運命)だったじゃん。それに、それって血筋に依存するの?  あっという間に記憶を失い、あっという間に取り戻す。なんのために記憶を失わせたの? 幸丸、最後の笑顔キモくないか? もっと格好良く笑わせようぜ。
{/netabare}

投稿 : 2022/01/05
閲覧 : 80
サンキュー:

22

ELFピエール・元春 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

不思議系の展開に持って行かなければ名作になれたかも

前期アニメの中では際立っていた作品であったが、終盤以降で探検モノから不思議系の展開にシフトした為
冒険におけるワクワク感が無くなってしまった
視聴者は探検モノとして作品を視聴していただろうから、急遽展開をシフトされてしまうと付いていけなくなってしまう
それも世界をどうたらこうたらとラスト2話でいきなり言われても???としか感じない

期待していただけに非常に残念である

投稿 : 2022/01/05
閲覧 : 58
サンキュー:

5

snow さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

常在宿痾<49>

2話まで視聴。
初回の最序盤の入りだけはよかったけど、危機も実は考えなしの自作自演でポッと出にたすけられーの、に続いての今回。
荒唐無稽な割に面白さにつながってない浅いだけの忍者の里を見せられて、まあここでいいかな、と。
キャラデザと作画が良かったけど、どうにもオリジナルアニメはお話がプアになりがちですね、と。

投稿 : 2022/01/04
閲覧 : 36
サンキュー:

3

ネタバレ

mamiko さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

お転婆だけど優しい少女

魔女狩りがまだある時代の物語です。白い肌や髪であることで、不自由な国から脱出することから始まります。じいやたちの戦闘が引き立ててくれます。
フェナは雪丸たちと共に旅に出て行くのです。冒険物語でもあり、登場人物それぞれに物語があるので、ヒューマンラブコメアニメと表記したほうがわかりやすいですね。
 作画が綺麗でヒロインを巡る掛け合いは、過去を知ると切なくなりました😖

投稿 : 2022/01/04
閲覧 : 24
サンキュー:

2

ネタバレ

CR さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

最終回が...

{netabare}
序盤の方は石板とかの手がかりから謎を解いていき目的の場所を目指す...という王道な冒険ファンタジー感があって面白かった。
フェナのことを考えて行動する雪丸に魅力があったし、女海賊との街中や船での戦闘シーンはアクションがしっかりとしていて面白かった。

ほんとにこの辺までは面白かったんがだ、最後の方があまりに酷かった。
何もないところから海が浮上する時点でえぇ...ってなったし、まだそこまでは許容範囲として最終回のオチは特に酷い。
フェナとフェナの親を重ねてフェナに固執してたアベルのキャラと、そんなアベルが最後に幻覚を見て退場するシーンは良かったんだけどね。
急に冒険ものから完全なファンタジーになるという...。
ずっとエデンについて引っ張ってきたのもあって拍子抜けすぎる。
セカイ系みたいな終わり方で、結局最後なんで黒髪になって行き帰ったのかとかも説明不足で意味わからない。

↓一話毎メモ
{netabare}
1話 ☆8
なんかあっちよりの会話が多いなw
なんかほかのアニメとは一線を画す独特な雰囲気のアニメだな。
とりあえずヒロインが可愛い
最後のイラスト可愛い。

2話 ☆6
こいつら生きとったんか。
ヨーロッパ舞台なのに平気で日本人出してくるの嫌い。
スマホケースにしか見えねえw
ほんとに何で日本っぽくなってるの
一話の雰囲気ぶち壊し。
一話はこいつらが皇女を連れ戻しに言った感じか。
髪切らないで。

3話 ☆6
ヒロイン髪切るな。条件多すぎだろ。
作画いい 男だけ殺すのどうなの。

4話 ☆7
このアニメ現実準拠だったのか。
本当に言陣から頼まれた感じ?
言うほど海賊してないよねこのアニメ

5話 ☆8
もっと慎重に取引しろや。
だんだんと謎を解き明かしていってる感は面白い。

6話 ☆8
跳躍力の高さ。言うてこっちも裏がありそう。
草薙て...やっぱり日本なのか。
「人質にしても無駄だ」のセリフかっこいい

7話 ☆9
いや結局行って大丈夫なの?
どうなってるんだ。 オーバー切るすぎだろw
こいつらこんなにあっさり退場かよ。
まあ生きてるだろうけど。もう合流か。
アベル何しとんねん、撃てや

8話 ☆8
なんで心臓狙わなかった。
悪口言われてるのに困惑するのは不自然だろw

9話 ☆8
エレナと主人公を重ねてるのか。
謎解きしていくのホント好き。
この頃に緯度の概念ってあるの?

10話 ☆6
いや海から島が出てくるってw
仕掛けが機械的すぎない? オーバーテクノロジー

11話 ☆7
これ最終回付近で海外評価下がってたから心配。
このアニメ面白いけどキャラに印象はあまりないよね。
止まるんじゃねぇぞ。
特に感動はできない 

12話 ☆2
何言ってんのマジで。
全員を選ぶのはいいけど何でこんな流れになってるw 最後何があった? 何で戻ってこれた?
無理やりな終わり方

曲評価(好み)
OP「海と真珠」☆9
ED「サイハチ」☆9
{/netabare}
{/netabare}

投稿 : 2022/01/01
閲覧 : 100
サンキュー:

6

ネタバレ

mimories さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 1.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

話数が進むにつれ女性ウケ狙いの臭いかキツくなる

 
(4話視聴後)

作画がいい!

んだけど…あまり楽しくは観れてない。感想は第1話がピークで右肩下がり。
個人的にはシリアスとコミカルのバランスが苦手。最初は好意的に見てたコミカルがどんどん鬱陶しくなって、2話3話と進んでいくと話の腰を折ってるように感じるし内容を薄めてしまってるような。

あ、個人的ピークは2話冒頭の{netabare}松山城{/netabare}かな? 数年前に行ってたから一瞬でわかった(笑)
とりあえずもう少し観てみる。評価は保留。

__________

(7話視聴後)

作画はかなりのものだが…それ以外に楽しみを見出せていない。話数が進むごとに残念なため息が出る。デキの良くない少女マンガを見ているようだ。

18世紀が舞台だそうだが、当時ではありえない設定のせいか架空の世界感が強い。そこに現実世界の史実や伝説を中途半端に混ぜ込むものだから観てて恥ずかしい。現実世界とは完全に切り離したほうがよかったと思う。

周りから大事にされるお姫様設定の主人公だし、そういう感じに憧れのある方には強く薦めたい。が、自分的にはとても居心地が悪い…というか、これも観てて恥ずかしい。マンガ化したら「ドキドキ」とか「キュン…」みたいな感じの演出に寒気がする。

一応脱落はしないけど、今後は作業中のながら観で済ます。そんな評価。

__________

(9話視聴後)

グダグダ。よくこれ書けましたね…。
理論的思考をしたら頭痛で□キソニンが必要では?(笑) キャーとかイヤーとか言いながらアニメ観ちゃう人向け。
評価を下方修正。

__________

(全話視聴後)

このエピソード入れとけば神作品っぽくない?
この壮大な背景を描いとけば大作感が出ちゃうっしょ?
…みたいなパーツを寄せ集めた軽いラブコメという印象。

仮にタイトルが「ラブコメ★宝島!」とかなら少し評価を甘くしてたかも(笑)
それくらい「海賊王女」感が無かった。

投稿 : 2021/12/31
閲覧 : 273
サンキュー:

6

イムラ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 1.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

余韻が感じられないんです

<2021/12/30 追記>
最終話まで見ました。

初投稿時のレビュータイトルは
「オリジナルなので最後まで見ないことにはわからない。けれども」

最終話は体操で言えば「両足の揃った着地」でした。
ぐらつかず、纏まってる。

ただねえ。
余韻が感じられないんですよね

なぜだろうとつらつら考えると、どうも詰め込み過ぎな気がしてきた。
オリジナルアニメでよくみかけるやーつー。

【たぶんこうだったんじゃないか劇場】
「よし!せっかくのオリジナルアニメ。気合い入れて作るぞ」
「よし!会議だ。オリジナルアニメなんだからみんなたくさんアイデア出そうぜ」
「よし!たくさんアイデア出てきたな。この中から珠玉のとこだけ選んで話つくろうぜ」
「よし!いいアイデアばっかり残ったな。どれもこれも素晴らしい。でもちょっと多すぎないか。1クールだぞ。」
「さらに削ったけどまだまだ多いな。なんとか1クールにおさまんないかな?せっかくのオリジナルアニメ、こんなチャンスなかなかないんだよ。良いアイディアは生かしたいじゃないか。」
「よし!とにかく無理にでも1クール12話に収めよう。視聴者には全部見てほしいじゃないか」

この劇場はもちろん私の妄想ですが笑。
でも本作は全12話の内容じゃないですよね。
少なくとも2クール。
なんなら1年でもいいくらい。
この手の冒険恋愛ものって長ければ長いほど見てる方も気持ちが入るところありますし。

でもクール増やすなんてそれこそ難しいんでしょう。
だったら、エピソードをもっとばっさり切ればよかったのに。

なんか資料作成下手な人が作ったパワポのプレゼン資料のような感じでした。
詰め込みすぎで大事なことが全然頭に入ってこない。

ちなみに映像もキャラもキャラクターデザインも台詞回しも好きでしたよ。
それだけに残念。。

<2021/10/20 初投稿>
見始めなので評価はデフォルトの3.0です。
オリジナル作品。
3話まで見ました。

アニメオリジナル、というと物語が面白いかどうか最後まで見ないとわからないのがネック。
漫画原作のアニメ化はいろいろな意見あるものの
「数多ある中で一応人気が出た漫画作品がアニメ化」
という競争を勝ち残ったわけで、ある程度の面白さは担保されています。
(と言っても最近は粗製濫造でこれから「面白くなるかどうか」というところでアニメ化される漫画も多いですけど)

その点、オリジナルは打率低いんですよね。
今期、やはりオリジナルの「サクガン」はオリジナルアニメ制作プロジェクトでのコンテストで賞を獲った小説が原案だそうで、そういうのなら期待大なんですが。

そうではない完全オリジナル、のようです。
というわけで物語の出来は未知数。

しかしです。
けれどもです。
それを補うくらいの作画の良さがこの作品にはある。
キャラも背景もクセなく綺麗で動きも滑ら〜か。

好みとしては「綺麗なだけの作画」は正直苦手なこと多かったりします。
表情が張り付いたみたいに見えたり
みんな美男美女で同じ顔に見えたり
いくら絵が綺麗でもそんなだとお話に入り込めない

と言っても自分の「見る眼」の方の問題な気もしたり。

そして本作、どうやら3話まで来て自分の眼が適応してきたようです。
生き生きとした表情が素直に受け止められるようになりました。

気になるのは、なんかこの表情馴染みあるなー、というシーンがちらほら。
なんだっけ?
・・・はたと気がつきました。
昔の宮崎駿作品。
「未来少年コナン」とか「らルパン三世 カリオストロの城」とかで出てくるあの茄子のような顔貌表情。
あれがたまに出てきます。

どーりで。
そういうところも自分がマッチできてきた理由かも

さて物語の方ですが。
てっきり異世界かと思ったら、現実世界の昔のヨーロッパだったでござる。

島の名前とか、ヒロインの出自とか、ニンニンとかは架空だと思いますが。
国名なんかは英国とかそのもの。
最近じゃ結構珍しい。
「天晴爛漫!」みたいな(見てないから想像)

ちょっとまだ地に足ついてない感じがするのは、今後物語が進むにつれ変わっていくのでしょうか

物語が標準以上ならかなりな優良作になる気もします。

投稿 : 2021/12/30
閲覧 : 244
サンキュー:

38

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

解き明かされる石の謎。数奇なる運命の――終わりと、始まり。

この作品はオリジナルアニメだったみたいですね。
アニメーション制作がProduction I.Gさんで、音楽を梶浦由記さんが監修されるとあっては気にならないはずがありません。
加えて、メインヒロインを「ちはやふる」の綾瀬千早を演じている瀬戸麻沙美さんが演じると言うんです。
この時点で私の中に「視聴しない」という選択肢はありませんでした。


18世紀、大西洋。

父と船旅へ出ていたフェナ・ハウトマンは海賊に襲われ、
たった一人小型ボートで漂流し、命をつなぎ留める。
フェナが漂着したのは、国家が黙認する娼婦・男娼の島<シャングリラ>だった。

10年後――。
雪のような肌と白銀に光る髪を持ち、
美しく成長したフェナは、初めての"仕事"を目前に控えていた。
だが、それを受け入れることはできず、
幾度となく想像してきた島からの脱出を決意する。

迫りくる追っ手に絶対絶命のフェナは、
真っ赤な鎧に鹿の角の兜をまとった青年・雪丸に救われる。
雪丸はフェナを「見つけ出す」と約束した少年だった。
そして2人の"再開"は、フェナ自身に眠っていた言葉<エデン>を呼び起こす。

炎に包まれ、沈みゆく船。
「必ず俺が見つけ出す!」と約束した少年。
そして最愛の父が叫んだ、あの言葉――。

「<エデン>に向かえ!」

フェナはその真意を知るべく、
雪丸たちと共に<エデン>の謎を解く船旅へ出る。


公式HPのINTRODUCTIONを引用させて頂きました。

この作品はオリジナルなんですよね…
よくこういう設定が頭に思い浮かぶと感心してしまいます。
原作を手掛けられたのは、監督の中澤一登さんですが、アニメーターと物書きって全くジャンルの違う仕事だと思うんです。
「二足の草鞋を履く」とはこのような方を指すのでしょうか。

キャラの描き方も繊細ですし、キャラもぬるぬる動きまくっています。
この辺りは流石Production I.Gさんといったところでしょうか。

この様に総じて作品自体のクオリティは高いのですが、物語の展開はもう少し説明と工夫が欲しいと思いました。

例えば、中盤に登場したアベル…
この作品ではアベルをどの様な立ち位置に据えたかったのでしょう。
本懐を遂げるのが目的なら、アベルが執拗にやっていること自体の動機が弱く意味を見失います。
そもそもアベルに救いが必要だったのかは、正直今でも分かりません。

するとヘレナの登場した意味合いは完全にフェナのため…なら理解もできますが、そのあとの展開はこの作品からすると完全に蛇足だったように思います。

それと物語のラストの展開…もう少し説明が欲しいと思ったのは私だけでしょうか。
またラストシーンも、より鮮明に記憶に焼き付けておくためにも、もう少し台詞や仕草があれば良かったのに…と思いました。
だからラストを俯瞰すると少し曖昧さが残ったような気がしてなりません。

素材自体はどれも一級品ばかりが集まっているのが十分に理解できます。
料理の仕方や味付けで印象が大きく変わるとは、きっとこういうことを言うんでしょうね。
もう一度見返してみると評価や完走が変わるかもしれませんけれど…

オープニングテーマは、JUNNAさんによる「海と真珠」
エンディングテーマは、鈴木みのりさんによる「サイハテ」
個人的にはオープニングが大好きで、ずっと通勤中にヘビロテしていた楽曲です。

1クール全12話の物語でした。
ラストで若干失速した感が否めません。
中盤までは今期トップクラスの作品かもと思っていましたが…
でも、元々の素材が良いので高いレベルで鑑賞できた索引だったと思いました。

投稿 : 2021/12/30
閲覧 : 144
サンキュー:

22

ネタバレ

dakiramk3 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

海賊してないじゃない!

 かなーり自分の求めるものとは違った気がした……それこそタイトル詐欺と憚りなく言えるレベルで。てっきり元王女が海賊に身をやつして失地回復に邁進する……的なものだと。求めるものとは違ったものの出来がよければそれでいいが、なんだか内容的にかなりふんわりした中近世ファンタジー風でも時代劇でもなくなんかこの……とりたてて世界の危機というものが徐々に噴出してくるわけでもなく……作画や雰囲気などは良かっただけにイマイチ狙いがわからなかった。

投稿 : 2021/12/30
閲覧 : 50
サンキュー:

9

ネタバレ

まさとん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

龍頭蛇尾

オリジナルアニメとしてProduction I.Gによって制作されました。
海外向けがメインだったようで、日本より一足先に2021年8月から
北米向けに配信されていました。

それを追って2021年10月から日本で放送・配信開始に1クールで放送
開始となりました。
したがって、日本では2話の時に北米では10話あたりを放送していて
おり、北米在住の日本人のTweet等で存在や簡単なレビューは行われ
ていました。

主人公フェナは子どもの頃に航海中海賊に襲われ、命からがらボートで
逃がされてある島で救助されて10年後、娼婦見習いとして育てられてい
ましたが、最初の仕事の直前に救助に来た旧臣とともに脱走、
かつて彼女を警護していた雪丸のいる島に保護されます。
そこでキーワードとなる「エデン」という言葉とともに、探索の船旅
に出て、それを追う別の人々との闘争が描かれることになります。

映像はきれいです。先行配信されていたこともあり、ほぼ完成された
映像で放送されたのは良かったと思います。
ただキャラクターが少し弱いかな?という気はしました。フェナの行動
がやや突飛なのと、雪丸があまりにつっけんどんなので、好き嫌い分か
れたかも。またコミカルな部分が多めです。
殴られて頭にデカいたんこぶができる、みたいな昭和のノリの演出も
目立ちます。この辺、少し制作者のセンスのズレというか古さが目立ちました。

また、それ以外の設定も気になりました。時代は近世。日本のサムライが
流れ着いて自分たちの島で自分たちの領地を持っている、という設定
はまあいいです。実際16-17世紀あたり東南アジアで日本人町が自治権
をもっていたりしましたから。
ただ、最初にフェナがいた島で日本語の表示が出てきます。
え?あの島も日本語通じるの? 

刀の構えとか、弓矢の放ち方とか、見る人が見たらいろいろ質問が
出そう。最初から外国人向けなのでこれでいいのかもしれませんが、
プロが見たら違和感のある大道具小道具の使い方をしている部分が
あるような気がします。

それも含めて、忍者やカタナを持ったサムライが大活躍するなど、いかにも
外国人受けを狙って作ったんだろうな、という印象を強く感じました。
とはいえ、下記のように本筋が回が進むごとに盛り下がっていく傾向が
あったので外国人でもどれだけ受けたのでしょうか。特にアメリカあたりは
きちんと最後で白黒をつけないと満足しないようなところがあるので、最後
まで見て、納得できたかな?と。

途中で、とうに死んでいるジャンヌ・ダルクの謎やRPG的演出である
謎の洞窟などの探索などもあり、「冒険」というイメージも良くできて
いました。
ただし最後になると、話を畳み切れないでそれまでのゆったりした流れが
ブチ切られてやたらスピーディーとなり、フェナの母親の幻影を追い求めて
いたアベルがあっさり死んでしまったり、詰め込みすぎのために説明が
多くなってしまい、結局きれいにまとまりきれなかった印象が強いです。
日本人が中心にいるとはいえ、西洋人の知識に巫女とか出てきたり、
一旦消えたフェナが黒髪になって戻ってきたり、母親が少女になっていた
り、「いったいどういう世界線なの?」と混乱しましました。正直謎でしか
ありません。
もう1クールとはいいませんが、あと2-3話ないと理解しがたいシナリオ
でした。あるいは1クールにまとめるつもりなら途中のシナリオを整理して
いらないところを削いで、きちんとまとめて欲しかったところです。

最初はすごく良い出だしで、バトルシーンや謎解きなどのポイントは押さえ
ていながら中盤からの引き延ばし感、そして終盤の急展開感が強く、オリジ
ナルシナリオは難しいのだな、と実感する出来でした。

2021/10/17 投稿
2021/12/29 加筆修正

投稿 : 2021/12/29
閲覧 : 133
サンキュー:

17

ネタバレ

MuraBustan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

みんな強い

微妙な感じであんまり記憶に残らない。

投稿 : 2021/12/28
閲覧 : 31
サンキュー:

6

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

う~ん 

オリジナルアニメ

感想
終盤のエデンに行くまではめっちゃ良かったですよ。
シリアスでリアルな冒険譚って感じで、精鋭部隊の侍達が活躍してカッコいいし、観ていて面白かったです。
それに、フェナと雪丸の恋愛も初々しくって、見てるこっちはニヤニヤできてそこも良かったんです。
だけど、最後のエデンでの出来事は、急にファンタジーになっちゃって、ちょっと冷めるというか、萎えるというか・・・
だって、海から浮上した島はまだいいけど、緑や赤のいろんな木々が生えてるは、建物は綺麗な状態で残ってるは、本棚の本も読める状態で残ってるとか
フェナに至っては、何かに取り憑かれたように行動し、あれよあれよという間に最終目的地に行って、フェナの母親の幻影?とか出て来るし、そこでアベルが死んじゃうし、フェナは記憶失くして黒髪になっちゃうしで、よく解らん展開であまり理解というか納得できてないです。
う~ん なんか惜しいというかなんというか・・・
もうちょっとリアリティーが欲しかったかなと。

映像も綺麗だし、声優さんの演技も良かったし、主題歌のOP&EDも良くって両方ともDLして聴いてたしで、ホント 話の最後だけが惜しい作品だったかなと。
残念。

投稿 : 2021/12/28
閲覧 : 72
サンキュー:

22

ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

何話か視ましたが私に合わないので断念します。

5話ぐらいまでは視ました。それから8話ぐらいまでは見た記憶がありますが、視聴開始10分ぐらいで、どうしてだか分かりませんが、寝落ちして内容をまるで覚えていません。劇伴が心地良すぎるからでしょうかw。あまりにお話が頭に入ってこないので仕方なく断念することにしました。
 私に合わない理由は、フェナや雪丸の気持ちや価値観が理解できないため、と冒険の目的に興味が湧かないことだと思います。何れにせよ視聴再開はないでしょう。

投稿 : 2021/12/28
閲覧 : 26
サンキュー:

9

ネタバレ

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 2.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

中盤までは面白かった

【紹介】
18世紀の大西洋で幼いころ別れた父親の言葉の意味を探すため世界中の海を冒険する美少女の話。

【娼婦の島】
{netabare}
最後までシナリオを見て思ったのですが、最初の娼婦の島の設定はあの悪名高い島をモデルにしているんでしょうか?
現実のあの島は売春どころではない悪魔のような所業が行われているようですが、
この作品の終盤の展開から考えて、あの島をモデルにしているんだろうなって気はしました。
{/netabare}

【作画と音楽】
すごくきれいでキャラデザも美しい、音楽もすごくいい!
世界観も綺麗で雰囲気がとても良く、好きです。

【キャラクター】
主人公は美少女という設定ですが、コメディな作りのせいかあまり美少女って感じはしないかも。
かなり個性的なキャラクターが多くて仲間内の雰囲気が好きでした。

雪丸が好きです。


【シナリオ】
{netabare}
設定は結構重いですが、全体的にコメディタッチで重さを感じさせないところが良いですね。

でもフェナと幸丸が結ばれて終わりっていうのは想像できてたし、それを期待してみていて、結果的にそうなったけど、最後の締めで余計なことして台無しに。
ハッピーエンド確かに期待してたけど、こんな終わり方を見たかったわけじゃない。

なんか急に物語を強引にたたみにかかったような印象の急展開についていけなかった。
世界を救うために自分のしあわせを捨てるか、自分のしあわせのために世界を捨てるか
急にこんなこと選択しろって言われても意味わかりません。

それで世界のために記憶失ってこんな救いのない自己犠牲を続けるために娘産んで、また娘も同じ選択を迫られて。
なんで私なの?ってフェナが言ってたけど、本当にその通りで、物語の中盤まで全くフェナがそんな特別な存在っていう様子なかったし

最初にフェナは見ず知らずの男のために自分の身体をささげる人生を拒否して逃げ出して、最愛の相手と信頼できる仲間を手に入れて幸せになったのに
記憶失って子ども産んで次世代に繋ぐための道具でしかない? それが嫌なら世界壊して自分がアダムとイブになれ?
せっかく逃げ出したのに、生まれた時から1話で彼女が拒否した人生が決定してて、しかも記憶なくして自分ですらなくなる。
つまり、フェナには最初から人生なんてなくて、子どもを産むためだけに存在する生贄ってことですよね?

第一話から最終話まで女性を便利な道具扱いするシナリオが酷い。
最初からそういうテーマだと示されていれば、そういう視点で見るので気にならないけど、終盤まで全くそんな感じじゃなかったので唐突に幸せな夢から悪夢に引きずり込まれたような不快感でした。

しかも、記憶なくして、そのあとなんで記憶戻ったの? その間に色々あったんでしょうけど、その「色々」を私は見たいのに全部カットしていきなりハッピーエンド。
記憶なくして取り戻してハッピーエンドというシナリオなら、幸丸や仲間たちが記憶取り戻させるために頑張る過程を見せるべきじゃないのでしょうか?

その過程を全部飛ばすなら、最初から記憶なくす必要ないと思う。あの選択はなんだったの?ってなる。
2クール予定だったのが、制作途中で1クールになってしまったんでしょうか?

{/netabare}

最後は本当に残念だったけど、それ以外は面白かったです。


【総評】
とても良質で、ディズニーアニメみたいな雰囲気のコミカルなファンタジー作品。
途中までは大人も子どもも楽しめるアニメだと思っていましたが、締めで失敗しましたね。

投稿 : 2021/12/27
閲覧 : 122
サンキュー:

28

ネタバレ

nyaro さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

女性が子供を産まないと人類は滅びる…がテーマな気がします。

 どうでしょうか。考えすぎかもしれませんが、子供を産まない権利に対して人類として女性としてそれが正しいのか、という問いかけに見えました。その意味では思っていたよりも何かテーマ性が内包されていた気がします。

{netabare} 最後人類リセットか恋愛かみたいな世界系のような感じで唐突感がありましたが、これは露骨に子供を産まないと人類が滅びるよ?と言う部分があるので実は唐突ではないという気がします。
 まあ子供を産んでも争いが無くならなければ一緒なのですが、そういう難しい世界を我々は生きているんだということでしょうか。
 この最後の部分を言うためにあえて争いのシーンを沢山いれていた、ともいえるでしょう。

 1話で娼婦の島から髪を切って逃げ出し冒険するのは、女性としての生き方を一度捨てると言う象徴だと思います。冒険にでるとはつまり社会に出る選択ともいえます。
 少なくともフェナが女性を捨てているのは読み取れます。そしてヘレナの話と最後の選択があるのでやっぱり出産がテーマになっていると考えていいと思います。

 フェナは恋愛をするわけですが、戦いによる人類の滅亡みたいな訳の分からない話が突然でてきます。そして巫女として静観して子供を作って次世代へ引き継ぐか、全部滅ぼして箱舟に乗るか。

 子供を作らないという選択はすなわち人類の滅亡ととれます。つまり、子供を作らないで、箱舟=理想の世界に行けば人類は滅亡しますよ、と。
 ただ、箱舟に行っても男女2人ということなので、この辺はちょっと読み取り方があいまいですけど。

 箱舟は何でしょうね。理念の世界ですよね。まあ、変な言い方ですけど女性の子供を作らない権利というのは人間としてどうなのよ?という風に見えます。これの是非については私はここでは述べません。

 髪が黒髪になるのは現実に戻ると言う意味だと思います。髪も伸びていたのでつまり女性に戻ったわけです。子供を作る選択ですね。つまり本作は冒険譚に見えて、女性の生き方として子供を作るのはどうでしょう?という話に見えました(ひょっとしたら主張はニュートラルか、逆かもしれませんが)。

 ヘレナとアベルのストーリーは子孫を残すという目的で王の子を宿して、その子を守るために逃げ出して、死刑になった。無理に家庭に当て嵌めることはないですが、恋愛よりも子供を残すことに命を捧げ、一人の男を破滅させました。幸せよりも子供を産む運命あるいは選択を受け入れよ…と?
 女性の魔性性も描かれていました。男は女に篭絡されると冷静さを欠くのは古今東西共通でしょう。{/netabare}


 忍者に潜水艦。そして冒頭の娼婦の島。いろいろ幻惑されてちょっと過小評価していましたが、なかなか裏に言いたい事があるような感じで面白くまとめたと思います。
 無理に忍者、潜水艦にしないで、普通に西洋スタイルの海賊に海賊船で話は通じるのでそちらの方が見やすいと思います。欧米での放映で視聴者に迎合したのだとしたら、名作になりえたのに安易で残念な選択だと思います。

 ただ、そうやって話の深さが見えてくると、アニメは綺麗だし、冒険譚としても結構面白いと思います。

 追記 そういえばエデンにいるのはアダムとイブですからね。人はひとりでは生きて行けない…原罪…まで行くかわかりませんけどね。死が訪れるし、雪丸とは喧嘩ばっかりになるんでしょうか。

追記2 fenaフェナのfeは接頭辞でいえば女性ですね。femaleやfeminismのfeです。この名前はこれを意識はしていると思います。


追記3 肝心のこのアニメの評価を忘れました。テーマがあっているかどうかは別にして、冒険譚としてはちゃんと話を畳めていますし起伏に富んでいてそれなりに面白いと思います。海賊のバトルは迫力ありました。2話3話辺りがちょっとぬるい展開で過小評価しましたが、その2話がもったいなかったと思います。

 一方で、ストーリーとしてやっぱり脚本や設定は甘かった部分があると思います。

{netabare}  まず、伏線らしきものがよくわかりません。碧水と乱雲、流れる水と乱れる雲と言っていましたがこれの意味は?。青と白のモチーフで作画はそれを意識していたんでしょうけど。OPも海と真珠でやはり青と白ですね。世界観でしょうか。

 そして設定の核になるジャンヌダルクを出す意味と選択の巫女の定義ですね。ジャンヌダルクは選択の巫女。ジャンヌダルクは火刑にあっています。
 母親は選択していないのに火刑になったんでしょうか。この2人を出すという事は物語論としてフェナの先祖たちは火刑にあっていると取れます。

 選択の巫女って誰が何をするんでしょう?全員選択したということ?母親は戻って来た後もアベルのことを覚えていたので選択していないと思います。
 選択させられているのに、選択できたから証明?ひょっとして母親は選択をどこかで間違ったから火刑?ジャンヌダルクも?巫女は選択を間違えると歴代火刑だったという解釈でいいんでしょうか?
 選択の巫女って輪廻って言ってましたけど輪廻感はないですね。

 そもそもジャンヌダルクってフランスの少女ですよね?なんでイギリス王の血筋になってるんでしょう?

 とこの部分を考察すると「選択」というキーワードを使いたい、戦う女性=国のために戦い、魔女として火刑になった少女…がなにかを象徴しているのでしょうか。戦う女性には悲劇が?わかりませんでした。{/netabare}

 あとはやっぱり忍者と潜水艦の意味が不明です。

 海賊が女だけなのは女の敵は女ということでしょう。

 と考えると1回見る分には楽しめましたが、総合評価は70点はいかないかなあ、再視聴はしないかなあというアニメでした。





以下 1回目視聴して3話で切ったレビューです。

{netabare}3話。アメリカって言ってたので少なくとも18世紀ということですね…とかもう考察はいいでしょう。
 なるほど、冒険譚ですね。ギャーギャー騒いでピンチになって危機を乗り切って、やったーみたいな。なら、話の深みというよりエピソードを楽しむ話なのでしょう。

 ですが、面白くはないですよね。その週のゲストキャラと出会いがあって何かエピソードがあってみたいな構成でもないし…じゃあ、一つの謎としてあの石に注目か、と思っても興味を引くようなものが何もありません。
 1カット1カットをコミカルには仕上げていますが「お話」としての面白さが決定的に不足しています。
 それに開き直って年齢というか頭のチューニングを下げて、話を楽しもうとすると、大人の場面が…いや、何がしたいんでしょう?

 ちょっとレビューは休んで様子見…でしょうか。何週かたまったらちょっとチェックしてみます。

 追記 潜水艦使った水中戦闘あったら、アニメは奇麗そうなので見てみたいです。


2話 設定で何がしたいのかわかりません。おそらく脳筋の勢いだけの姫の冒険譚でしょう。

まあ、薄々わかってましたが娼婦というのは単なるつかみ、ですね。ということは深い話を期待してもしょうがないでしょう。

はっきり言えば忍者を出して海外で受ければいいや、というアニメだと思います。

西洋文化で育った女性が正座なんかいきなりできないでしょう。
島で稲作してあれだけの白米やみそが取れるの?
農民と支配階級がいないとあれだけの和文化は成立しないと思います。
植生はどうなってるの?まあ、先週の娼婦の島の植物が日本的だったから先週がおかしかったのかもしれませんが。
胸当てしないで和弓射させんなよ。
島に蛍?カワニナとかいるんだ?(追記 これは訂正。違うエサの蛍もいました)
雷鳥って高地かかなり寒いところにしかいないないけど?(蛍は主に熱帯で温帯が北限。同じ地域にいることはありえない)
命には役割と責任がある?いや、いつの時代の価値観でしょう?忍者だから戦国時代?
そういえば言語は?
製鉄はどこで?どうやって?
潜水艦は…言ってもしょうがないですね。これはぶっ飛んでいるのでOKとしましょう。

もしこれらの設定に考証と裏付けがあるなら大したものです。


1話 娼婦の島に助けられ育てられた女性の貞操観念とはなに?娼婦を全否定していいの?それで暮らして立派に生活している人をどう考える?

 というところに行き着かないのなら、娼婦島の設定に意味はないです。随分気合の入ったアニメですが、安易な価値観の押し付けにならないことを祈ります。{/netabare}

投稿 : 2021/12/27
閲覧 : 291
サンキュー:

17

ネタバレ

たくすけ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 1.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

最後に何でそういう展開にしたのか理解に苦しむ

1話見た時は面白そうだなと思った。
冒険&謎解きというベタだけど良い作品になりそうだと期待は大きかった。
中盤以降微妙になりつつも最終話までは結構いい感じで見れた。

11話の終盤で怪しい空気漂ってきて嫌な予感がして迎えた最終話。
フェナが巫女で世界は君にかかってるみたいな話になってから理解する気が失せた(苦笑)
それまで世界が危ないとかフェナが特殊な人物とかそういう雰囲気全く無かったのに、いきなりそんな展開に持ってかれたら置いてけぼりですわ。

それからはボーっと見てたらフェナが記憶失って黒髪になってましたよ…

最後まで冒険劇にしておけば良かったのにどうして急に違う方向に進んでいったのかわかりません。
サクガンの次に期待外れ。
こっちは終盤までは良かっただけマシなのだが。


海外で先行配信されたという事で海外ウケを狙ってるのは間違いないだろう。
でもいくら海外向けとはいえサムライを出すのは安直過ぎると感じた。
ジャパニーズサムライ&ニンジャは外国人にかなり根付いてると思うのでわざわざぶっこまなくてもいいじゃんと思うのだが。
自分が日本のアニメばかり見てる外人なら「またサムライかよ」って飽きてそうだけどな(笑)

作画と歌とキャストは良いだけにストーリーの最後が残念すぎてもったいなかった。

投稿 : 2021/12/26
閲覧 : 58
サンキュー:

6

ネタバレ

ゲリオ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 1.5 作画 : 4.0 声優 : 2.0 音楽 : 3.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

典型的なシナリオ崩壊作

作画が良く、気合の入ったオリジナル作品として期待をするも、中盤以降で信じがたい程に評価を落としたアニメ。
見た人のほぼ全員が感じたことだろうが、シナリオ展開があまりに無茶苦茶で物語の体すらなしていない。
おそらくだけど、2クールの予定が急遽1クールにせざるを得なくなり、やむを得ず大幅に脚本を圧縮させたのではないかと。

キャラについては、ヒロインのフェナに全く魅力がない。
終盤のシナリオでいきなり「世界の鍵を握る人物」みたいになったけど、視聴者的には最初からずっとうるさいだけの無能。特殊な力のある人物に描かれる場面は皆無だったので視聴者置いてけぼりどころではない。
ラスト2話で観念的な話になった点は絶句。急に壮大なSF感出されても困る。なんでうるさいだけの馬鹿女が神みたいな存在になっとんねん。
10話までなら普通のB級凡アニメくらいでそこまでボロカスに叩く程ではなかったが、マジな話ラスト2話で年間ワースト入りするクソアニメと化した。
作画は良かったので、あくまで”年間ワーストシナリオ部門"にノミネートって感じ。

雪丸たちゴブリンの剣士7人については…
無駄に真田家って設定だし真田十勇士っぽくしたいならあと3人入れろよ思った。
まず間違いなく一人ずつカッコよく散る展開になるかと思ったら最終的に全員生きとるし、そもそも活躍シーンがなかった奴ばっかだし。
紫檀が急にウジウジしだした展開には何か意味はあったのだろうか?どう考えても「フェナを頼むぞ、親友…」「シタ〜〜〜ン!(涙)」って感じで死ぬべき存在だったのに、最後コイツ結局なにもせんかったなぁ…w
あと、あれだけビビり散らかしてた「紫檀の兄」も特に言及なし!最終回で一瞬映ったくらい?

それと!女海賊団ランブルローズとは何だったのか!(笑笑笑)
重要ポジを担う第3勢力かと思いきや第7話で爆散されて草生えたわ。
タイトルは海賊王女だけど、主人公側に海賊感はまるで無かったし、彼女らが唯一の海賊要素だったね。
アベルとかいう作品を駄作たらしめた戦犯より余程魅力あったのに早期退場は残念だった。
「実は生きてました」って再登場はいつかな思ってたら最後まで物語に絡んでこんかったことに驚き。(最終回ラストで割と可愛いキャラデザだった3人の生存は確認できたけど、逆になんでコイツらだけ生きてんだって思った)

今思えば、脚本の変更が余儀なくされたターニングポイントは、7話ではないかと予想!
そうじゃなきゃ無意味なメインキャラやら、無駄死したランブルローズやら、説明が付かないこと多すぎるでしょう。
ただ、2クールあったとしても良作になっていた可能性は低い。序盤から主人公たちの行動の目的や動機が不明確で、視聴者が引き込まれる要素は皆無だったからね。
簡単に言えば、最初からつまらなかったけど最後の方は超超つまらなかった。と、それだけの話。
まとめの総評としては、ビジュアルや音楽はレベルが高かったのに、シナリオが全て台無しにしてしまった残念な作品、って感じ。

それにしてもオリジナルアニメに当たりがないという近年の状況は非常に嘆かわしい。
人気原作のアニメ化は言ってしまえば「面白いのが当たり前」なので、やっぱりアニメが面白い作品はオリアニであってほしいというのが俺の乞い願うことなので。
ただ、ずっとそう思ってアニメを見続けてきたんだけど、他作含め今期のオリアニを見てその希望は叶いそうにないことを悟った。
今の業界には面白い脚本を書ける構成作家は存在しない。
本当に悲しくなりました。

投稿 : 2021/12/26
閲覧 : 82
サンキュー:

12

ネタバレ

cLzNA78240 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

最終回だけ別のアニメになったような

それまでの冒険譚から急な展開で、打ち切りかというくらいに唐突に詰め込まれた内容に見えてしまった。作画はよくキャラも悪くないのでちょっと肩透かしだった。

投稿 : 2021/12/25
閲覧 : 59
サンキュー:

5

ネタバレ

ミュラー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

見ごたえのある世界冒険活劇

全編3DCG。時代はいつくらいを想定しているのだろう?
帆船どうしが大砲で撃ち合うなんて、明治~大正あたりの世相かな。
なかなか面白い。おてんば娘が10年経過してかつての仲間と合流し、
隠された秘密を解き明かす。
重厚な物語に作画も素晴らしい。アクションシーンも申し分ない。
そして仲間達の強いこと!
{netabare}
女海賊団、ランブルローズにはもう少し活躍して欲しかったかな。
全滅してしまったのが悲しい。
と思ったら最後に顔見せ。一部は生き残っていたのか!
最終的にはフェナと雪丸の恋物語。
しかし、“選択の巫女”とか意味が分からない。
これまでの冒険は何だったの?
人類社会にどういう影響を与えてきたのか、役目は何だったのか?
{/netabare}
ちょっと最後の着地点が分かりにくすぎて・・。

投稿 : 2021/12/24
閲覧 : 43
サンキュー:

11

ネタバレ

shino73 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

王女と侍

ProductionI.G制作。

18世紀、大西洋、
父と船旅に出ていた少女フェナは海賊に襲われ、
たった一人、小型ボートで漂流し命を繋ぎ留める。
フェナが漂着した島は娼婦の島シャングリラという。
漂流から10年、フェナはある決意をする。

映像全般、キャラクター、音楽と印象良し、
王女に侍、和洋折衷な世界観を持つ冒険活劇です。

ここから後々に、ある言葉の意味と、
{netabare}父の残した石の謎を解くよう告げられるみたいだ。{/netabare}
謎解きの旅もまた興味魅かれるものがあります。

7話視聴追記。
主要人物も出揃い、方向性が見えてくる。
{netabare}王立海軍アベルが語る、
侍たちの真の目的、フェナの母ヘレナについて、
手掛かりはフェナの記憶と座標!?{/netabare}
そこに隠された真相があるのでしょうか。

最終話視聴追記。
示された座標、圧倒的な景観、財宝、
{netabare}エデンに導くものと導かれるものの物語、
唐突に世界の命運が示され、選択を託される、
ここまでの流れから、飛躍が大きく感じ、
私としては戸惑いある幕切れではありますが、{/netabare}
全体の総評としては、そこそこ楽しめました。

お時間のある方はぜひ。

投稿 : 2021/12/24
閲覧 : 272
サンキュー:

43

横比較無用ノ介 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

舞台は海、だから海賊?

絵は綺麗。OPの曲も雰囲気が良い。
海賊は出てくる。だが、ワ○ピ○スとは全く似ていない。

日本の海賊の旗印が、六文銭ってどうなんでしょう。
海なし県の長野の武将と、海賊は縁遠いと思う。
(真田十勇士の根津甚八は海賊出身だけど、これまた作り話。)
村上水軍にした方が納得感がある。それでも、潜水艦は突飛すぎるかな。

後半は冒険からファンタジー?にシフト。だが、納得感は今一つ。
ラストは、与えられた選択肢を選ばなかった結果ってこと?
まあ、ハッピーエンドなんでしょうけど、海外アニメに寄せちゃったかな。

日本製アニメなのだから、まずは国内で受けるようするべきでは?
海外でバカうけして、逆輸入されるようなら謝りますけど。

投稿 : 2021/12/24
閲覧 : 38
サンキュー:

5

ネタバレ

やん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

盛りすぎたかな

海賊、ニンジャアクション、ジャンヌダルク、セカイ系雰囲気、謎解き、男女どちらも萌え、海外にもウケたい、超作画、有名作曲家起用... 意欲的な作品でしたがとても12話では消化しきれず全てが半端になってしまった感じです。どれかひとつに絞って鬼退治アニメぐらい単純にしてもよかったかもしれません。

各話リアタイ感想
頑張ってほしい
2話までみたところですが、かわいい女のコ主役のワンピースってところでしょうか。絵のクオリティはさすが。男前忍者で腐を釣る、かわいい女の子で豚を釣る、の既知の確立された方法を使わず(キャラとしては出しているが豚/腐特化はさせていない)、深夜アニメを一般の人に観てもらうための試行錯誤のひとつではないかと思います。売れてほしい。
三話視聴
ここから数話は仲間達それぞれの個人回が続きそう。これがジャンプ原作で推しルートに乗っていれば、すでに社会現象になってなぜか毎日ニュース番組で紹介される作品になっているぐらいの出来の良さです。
四話視聴
いろいろ丁寧です。ラブコメ要素として見るのも楽しいと思います。エンディングの雪丸の目線合わせない具合は中二感があって超いいです。
五話視聴
あっちゃっちゃーそうくるか、とマルゼンスキーになりました。ピーチ姫って護衛が無能だと昔から思ってました。
六話視聴
フェナがかわいいけど話ガバガバのアニメと見るか、話ガバガバだけどフェナがかわいいアニメと見るか、です。私は後者ですので次回も楽しみにしてます。
七話視聴
ストーリーはお約束ですが嫌いではありません。絵はあいかわらずすごい。フェナは今回もかわいかったですが、なんでフラフラ外出たりするんかなといつも思います。
九話まで
ドラクエとかバイオハザードのような謎解きで海外の人が喜びそう。某ウマ娘もエデンを目指しているらしいので行ったら会っちゃいますね。
十一話まで
流し見になってしまってますが、アベル?さんの目的があれだったら雪丸たちとモメずに一緒に来たらよかったのでは? 映像は本当にずっとすごいです。最終話楽しみにします。

投稿 : 2021/12/24
閲覧 : 324
サンキュー:

9

次の30件を表示

海賊王女のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
海賊王女のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

海賊王女のストーリー・あらすじ

これは、ある少女の記憶から始まる物語。18世紀、大西洋。父と船旅へ出ていたフェナ・ハウトマンは海賊に襲われ、たった一人小型ボートで漂流し、命をつなぎ留める。フェナが漂着したのは、国家が黙認する娼婦・男娼の島<シャングリラ>だった。10年後──。雪のような肌と白銀に光る髪を持ち、美しく成長したフェナは、初めての“仕事”を目前に控えていた。だが、それを受け入れることはできず、幾度となく想像してきた島からの脱出を決心する。迫りくる追っ手に絶体絶命のフェナは、真っ赤な鎧に鹿の角の兜をまとった青年・雪丸に救われる。雪丸は、フェナを「見つけ出す」と約束した少年だった。そして2人の“再会”は、フェナ自身に眠っていた言葉を呼び起こす。炎に包まれ、沈みゆく船。「必ず俺が見つけ出す!」と約束した少年。そして最愛の父が叫んだ、あの言葉──。「<エデン>に向かえ!」フェナはその真意を知るべく、雪丸たちと共にの謎を解く船旅へ出る。(TVアニメ動画『海賊王女』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2021年秋アニメ

このアニメの類似作品

この頃(2021年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ