「ソードアート・オンライン(TVアニメ動画)」

総合得点
90.4
感想・評価
12863
棚に入れた
46127
ランキング
50
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ソードアート・オンラインの感想・評価はどうでしたか?

井奥駆邪無 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

薄っぺらい

なぜに高評価なのかわからない。

投稿 : 2022/05/10
閲覧 : 36
サンキュー:

0

uhwhz11961 さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

駄作 リアリティが無い

駄作。リアリティが無い。違和感しかない。クリアしないと出られない世界で、人々があのような行動を取るとは到底思えない。

投稿 : 2022/04/17
閲覧 : 53
サンキュー:

0

keeen さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

「ジ・イクリプス」の存在感が何故か薄い?

  独自性 14

ストーリー 14

   演出 14

  影響力 17

個人的好み 16   

   合計 75

投稿 : 2022/03/02
閲覧 : 53
サンキュー:

1

takato さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 2.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

説得力なしの最強主人公

グリムガル2期希望


唐突な感じでゲームクリアしちゃったのには悪い意味で驚いた。せめて、その後に現実に帰還しよう派と、ゲームであるって記憶を消してここに残りたい派の争いになる、みたいなツイストがあったらまだ良かったけど。


串団子シナリオと短い時間内でまとめなきゃならないテレビアニメは相性が悪い


王道なRPG的な世界観や物語と最強主人公の相性も悪い


最強系主人公に付き物な努力型の相棒の不在


活劇に不可欠な素晴らしい悪役の不在


王道なRPG的な作品ならシナリオ骨法をちゃんと読もう


シナリオ骨法的には、転がりは悪くないが、枷や敵が緩すぎる。綾、お宝、三方、破れ、おりん、山、お題目といった感情移入させる要素や燃えさせる機微や深味が皆無。


説得力なしの最強主人公+ご都合主義=どうでもいい話


王道な所をしっかり抑えてない人間に脱構築はできない。ただ、ずっこけるのみ。

投稿 : 2022/03/01
閲覧 : 695
サンキュー:

35

やすゅ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

アニメ最高傑作

設定、BGM、声優、映像すべてが最高で毎回次の話が楽しみすぎるアニメ!!!もう一度すべてを忘れた状態で見たい😭

投稿 : 2022/02/27
閲覧 : 86
サンキュー:

1

Vivy さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

変わらぬ面白さ

異世界系を受け付けなくなってもSAOはやっぱり面白い
4年ぶりに見て良かった。

投稿 : 2022/02/23
閲覧 : 49
サンキュー:

1

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

キャラで嫌われるのは少しわかるけど...

自分なりに客観性をもった評価だと思う。
確かにキリトはイタい場面はあるし、モテモテなのも納得できない人がいるのもわかる。キリトは前時代ではよくいた万能系主人公と現代ではよくいる無自覚系主人公の両方を孕んだ人物。一部から支持を得ないのも分かります。
けれど、それだけで作品そのものが悪いとは自分は思えなかった。
SFファンタジーとしてみた時、saoは見張るべき要素を沢山内包していると思った。電脳世界に没入するというロマン溢れる世界観に作画、魅惑的な梶浦達の音楽、キリトの声当ての松岡さんを筆頭に声優陣の迫真の演技、どれも高水準にあると思います。そして、内容としてはSFとして重要な要素の一つ、現実での影響がきちんと描かれてるところが自分の中では評価が高い。
SAOの舞台装置であるアインクラッドは1クール終盤で、まさかの崩壊してしまうが、その後には帰還したキリト達SAOサバイバーと呼ばれる枠組みが物語内の現実社会に存在し、良い意味でも悪い意味でも特別扱いを受けている描写があったりもします。
それらを加味して、客観的に自分はSAOを面白い作品だと思いました。

投稿 : 2022/02/05
閲覧 : 88
ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.1
物語 : 1.5 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

人殺し 罪の意識

SAOに関わったプレイヤー達何らかの形で人殺しに正当防衛だったり
自分を満たすため行ったりしているのに
生き残ったプレイヤー達のなかに
また仮想世界にかかわろうとしている
どうもその考え方が罪の意識が薄い感じがする
ゲームだからといって
例えどれだけの理由があろうと
かかわったもの罪を裁くべきだと思う

投稿 : 2022/01/27
閲覧 : 235
ネタバレ

くらま さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:今観てる

主人公に抱く嫌悪感は作者自己投影による願望の犠牲か

ゲームが先でアニメシリーズはアリシゼーションが初視聴。
本作は2回目か3回目の再放送で初めて視聴なので歪なニワカです。

素材は揃っていて良い意味での王道と思うのですが、端端に主人公への嫌悪が生まれます。
他作との比較は良くないのですが、サブキャラを物語りとして活かす作品と、主人公を立てる為だけの素材や材料でしかない作品があります。
後者は例えば敵キャラも魅力が無く主人公を立てるために極めて不快でしかない存在であったり、味方や好意的な脇役も主人公ハーレムさせるためのシナリオ展開と即落ち洗脳等。

本作に感じたのは後者かな、と。

妹もハーレム素材の一つなので、血の繋がりが薄い設定とか作者の性癖が全開で気持ち悪、失礼、私には合わない趣向です。

MMOを題材にしているので、多くはプレイヤー。
ギルド、でしょうか、ゲーム内でも組織に汲み盲信的に従属する社畜根性丸出しの方々がおります。
彼らの多くはサービス残業してくれそうで、社会的問題である金払いの悪い我が国の企業経営者からは歓迎されそうなのが心配でなりません。
学業や搾取される税金のために汗水垂らして幾時間。
組織の呪縛から逃れアフター5。
さあ、自分だけの時間の始まりだ!
からのギルド畜。。。

マゾなのかな?

まあアインクラッド編なPKは死と隣り合わせなのでわからなくも無いですが。
主人公補正が無いとどんなに高い能力あっても死にますからね。

といったように老若男女問わず見事にロールプレイをしているな、と思えると微笑ましい作品です。

再放送の途中(20話目くらい?)で全体評価はまだなのですが、ここまでなんと魅力的な敵キャラが出てきません。
登場人物のパターンも決まっているので安心してみれる分、面白味がないので、虚無感が。

●プレイヤーパターン
・弱い敵→瞬殺
・強い敵→主人公補正で逆転
・嫌な敵→さすがキリトくんさんの前座
・恋人あり女性キャラ→退場(さすキリ出来ないので)
・女性キャラ→さすがキリトくんさん好き好き
・敵じゃない男性キャラ→さすがキリトお前がナンバーワンだ
・メイン以外ネームド→ストーリーフラグのためのNPC
・モブ→背景
・AI→キリト大好き愛してる

次作?アリシゼーションも大体こんな認識です。

なんででしょうか、キリトという架空のキャラに対し、作者の顔がどうしても見えてしまいます。
一話目とか二話目かな、ほかに数話程度は面白い話しもありましたがね。
本作はやはりわたしの好みには合わない作品かもです。
ここまで来たので損切りしても損益増えないので惰性で視聴しますが。

投稿 : 2022/01/07
閲覧 : 244
サンキュー:

5

ネタバレ

ゆう さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

感想!

ソードアートオンライン

ラノベ原作

感想!

これは面白いですよー。
自分がラノベ原作にハマるきっかけになったアニメでもあります。

★この時代性にあった先進的(トランスヒューマニズム的な)な考えを取り入れたアニメ

まずこのゲームの面白いところはゲームの設定にあります。
ゲームの中で死ぬと自分も死んでしまうという設定で、たくさんの人たちがゲームの中に閉じ込められます。
そこの中で恋愛をしたり、バトルをしたりします。

このアニメの悪いところはバトルものとしてみるとイマイチなものの、ファンタジー作品としてみると面白いところです。

この作品では首尾一貫してキリトとアスナの恋愛が描かれており、サブキャラクターを攻略してその子のドラマを見るというギャルゲ的要素が描かれています。

簡単に言うと、サブヒロインを仲良くなって、そのサブキャラのドラマを知る感じでメインストーリーが進行しています。

ドラマの内容は人によっては淡いと言われますが、古典的なファンタジーの内容に現代のゲームで起こりうるドラマを混ぜ込め、ゲームの中でのドラマをアニメ作品で(hackが一番先ですが)早めに描いた作品です。

特にメインストーリーのキリトとアスナの恋愛はよく描写が徹底されて描かれています。
ただ、その先進的なトランスヒューマニズム的な考えのせいで、ゲームをしない人から白目で見られたりします。

この作品の何が面白いかと言われれば、ゲームで起こったアスナとの恋愛が、現実世界に影響を与え、何もなかったキリトがゲームで彼女を手に入れてしまうというヴァーチャル世界を全肯定したようなテーマがオタクに響いたからだと思います。(勝手な考察)

十三話の最後でアスナが死ぬことで、感動が起こり、それを取り戻すまでのストーリーが綺麗で思わず見てしまいます。

私がこの作品で一番気に入っただろうけど、アニメを見ない層からすれば気に入らないだろうなあと思ったシーンがあります。

キリトとアスナが子供のAIを育てるシーン。
これに僕は新しさを感じました。自分もこういう脚本が書いてみたいと思いました、

このAIを育てるシーンは、キリトとアスナはゲームの中で結婚して子供はできないけど、子供を育てることで友情を育むというシナリオです。

私はこのヴァーチャル技術に対する考え方こそが擬似体験ではあるものの新しいと思いました(いわゆるトランスヒューマニズムを見ている感覚)

この作品はまた感動できることもあります。
オタクがゲームで手に入れたもの、つまり恋人を最初にラスボスで奪われ、どうしようもない状況に陥る。
そして奇跡が起こりラスボスを倒してしまうというのは、ご都合主義と批判されることもありますが、そうではありません。

作品というのは脚本術でどうしようもない状況にすると人は泣く傾向にあるとあります。またシュチュエーションの共感度はあのシーン自体にシュチュエーションの共感度があり、キャラクターの好感度もかなり高い。
法則性に当てはめるとソードアートオンラインのラストは泣けるシナリオにあたり、ありきたりであるもの評価するに値します。

 この作品がヒットしたのは、他にオンラインゲームを題材した作品がなかったことと、この時代にどんどんスマホが普及していて、ヴァーチャル技術に注目度が集まったからだと思われます。

 これが電撃の看板だと言われる理由はこの先進的な考えをいち早くアニメで描いたからだと思われます。

 またソードアートオンラインは大学の教材と使われていることもあり、非常に注目されている小説です。
 https://ddnavi.com/news/238540/a/

 https://www.google.co.jp/amp/s/nlab.itmedia.co.jp/nl/amp/1503/30/news118.html

 ということから僕の評価は高めになっております。ただこれはライトノベルなので、漫画らしいライバルがたくさん出てくるというわけではなく、ヒロインのドラマを見ていくという内容になっています。少年向けではありません。

投稿 : 2022/01/05
閲覧 : 123
サンキュー:

5

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 1.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

結構重要な事が抜けていると思う

ストーリー事態は可もなく不可もなくなんだけど、
1番疑問に思ったのがいつの間にかキリトとアスナの仲が良くなってるんだけど、そこ飛ばしたらヤバいだろと思った😅 原作読んでる人は分かるんだろうけど読んでない人は分からないから、評価1かな

投稿 : 2022/01/05
閲覧 : 114
ネタバレ

しんくに さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

始めの頃は,小説と同様物語が飛び飛びで少し残念に感じたが,ラストは泣けるシーンだった.

投稿 : 2021/12/12
閲覧 : 251
サンキュー:

4

Tan さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.9
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 1.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

タイトルなし

SAOシリーズは、なかなか見れずにいましたが時間があり全シリーズ視聴しました。
テンプレート化している厨二病でかつ、チート系主人公、鈍感なうえ、妹でさえ恋心をもってしまうというハーレム設定。
正直途中で切りたかったのですが、2期当たりから、自分が思う展開予想とこれからのストーリー展開を当てる感じで見てました。ほぼ当たっていました。
なぜならストーリーがパターン化しており、展開がご都合主義であり、予想がしやすい。視聴者にとってはそれが「見やすい」となるのでしょうが、、、。
そして1番不快と思ったのが、女性を強姦するような描写。これはシリーズ通して必ずある。本当に胸糞悪かった。ヒロインのピンチ=レイプ・虐げるになることが、とても稚拙に感じました。
原作を読んでないのでわかりませんが、10代、若者に人気な作品らしいのに若者はこれを見てどう思うのでしょうか?アニメ制作スタッフは何を見せたいのでしょうか?シリーズを通して思ったのが、この作品で何を伝えたいのかよくわかりませんでした。

投稿 : 2021/11/21
閲覧 : 144
サンキュー:

3

是正 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 1.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

個別で見るといいところは多いけどキツい

要素は良いところ多いし作画も音楽も全体的に出来は良いものの物語の作り方が合わずに断念。
自分は嫌いだけど好きな人がいるのも納得がいく作品。

投稿 : 2021/11/18
閲覧 : 142
サンキュー:

2

蒙古斑 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

気持ち悪い

物語は主人公最強
第一印象 中学生が書いた作品みたいだな。
厨二病は厨二病でも全くかっこよかねぇな。
とにかく妹とイチャイチャすんな。←妹の居る俺からしたら気持ち悪すぎて見ていられなかった。あれは、家族愛じゃないだろww
ガキがゲームでイキって、女とイチャつく。
これ作者の願望だろ。
自分の作品で抜くなや。

\\\\\\\\\\\\\\\\\{自慰作品}////////////////

投稿 : 2021/11/14
閲覧 : 166
サンキュー:

3

ネタバレ

U-yan さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

1話目から釘付けにさせるシナリオ!

ネット内でも「1話目から面白い」と高い評価を得ている第1作目です!このアインクラッド編はシリーズの中でも1番人気ですね。2012年のアニメとは思えない発想だと思います。ファンタジー好きなら誰もが憧れるような世界観と思いきや・・・です。{netabare}主人公の少年キリトは、大事な仲間との出会いや別れを経験し、また自身の立場上、自分が仲間の死なせたと一人で重い十字架を背負ってしまう。それでも自分を支える仲間達にサポートされながら成長していくといった内容です。ほっこりもあり苦悩もありって感じです。{/netabare}声優さんも音楽も作画も言う事なしでした。

投稿 : 2021/11/12
閲覧 : 107
サンキュー:

1

ネタバレ

たわし(爆豪) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

日米の「仮想現実」に対しての認識の違いについて

5月1日より、アマゾンプライムビデオで配信された洋ドラマ「アップロード(原題:upload)」では、

不治の病や不慮の事故で亡くなりかけた人間の意識を仮想現実空間にアップロードし、VRデータに変換して「現実」と「仮想空間」とのコンタクトを取れるようにした。。いわば、死後の世界の「天国」を人工的に作り出した「仮想空間」が登場する。

これは、いわゆる「ソードアートオンライン」や「攻殻機動隊」、「マトリックス」や「レディプレイヤーワン」の世界観の延長に制作された作品である。

とりわけ日本においては、VR空間というものを楽観的に楽しく快楽を享受するものとしての機能が主立っている(主人公が無敵だったり、可愛い女の子と何故か直ぐに仲良くなったり)が、西洋では宗教上の理由かもしれないが,
そういった「良いとこ取りの空間」そのものに疑問を抱くことのほうに主点を置かれ、「魂は本当に救われるのか?」とか、「仮想現実に欠陥がないのか?」といった疑問が鮮明になる。

「ソードアートオンライン」という作品はアメリカやイギリスでも無論人気が有り、映画も興行が良かったりするらしいが、やはり本国で製作されるサイバーパンクものは常に観る側を考えさせるドラマづくりをしている。

日本のアニメが一部を除いて国際的ではなくマニア向けの「ガラパゴス化」している状況は、こういった考え方の違いがあるからであり、主に「脚本」や「主題」を重んじる西洋エンタメと、「楽しさ」や「快楽」の純粋性を重んじる日本のエンタメとではこうも違いが出るのかと思う次第です。

投稿 : 2021/10/29
閲覧 : 341
サンキュー:

17

ちあき さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

設定が魅力的な名作。

ゲームの死が現実の死。私自身がMMORPGをしていたこともあって、この設定や世界観にかなりそそられました。ストーリーも良く、面白かったです。個人的には、この第一期の前半が一番面白かったです。

ちなみに、第一期「ソードアート・オンライン」、続いて「ソードアート・オンライン Extra Edition」、そして第二期「ソードアート・オンラインII」の順です。

投稿 : 2021/10/24
閲覧 : 176
サンキュー:

7

ネタバレ

ASKA さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

これはゲームであっても、遊びではない。

原作は川原礫先生の人気ラノベです。VRMMORPGを主な舞台としたファンタジーでありSFでもあります。
新しくサービス開始したVRMMORPG「ソードアート・オンライン」をプレイしていたキリト及び約1万人のプレイヤー達はゲームマスターにしてSAO開発者である天才量子物理学者、茅場晶彦によって、ログアウト不可能であること、浮遊城アインクラッドの100層をクリアしなければログアウトできないこと、そしてこのゲームで死亡した場合現実にも死亡することを告げられ、キリト達プレイヤーはアインクラッドを攻略しつつであった仲間と恋愛したり友情を深めていったりします。

オンラインゲームにログインする設定はSFですがゲーム「ソードアートオンライン」の世界観はファンタジー世界のRPGで作りこまれた設定と感じました。また作画もモンスターや背景など力を入れていると感じました。
アニメ1期ではアインクラッド編とフェアリィ・ダンス編をアニメ化しています。14話までがアインクラッド編で15話からはフェアリィダンス編に入ります。ファンタジーRPGでありながらゲームのコマンドが出てきたりとゲーム要素も出てきたりと細かいです。

投稿 : 2021/10/19
閲覧 : 354
サンキュー:

34

ネタバレ

抹茶ラーメン さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

多くの人を沼に陥れた罪深いアニメ

WoUまで視聴済。1ヶ月後に映画が公開されるので良い機会だと思いレビュー

ストーリーの面白さは前半のアインクラッド編は☆5、後半のフェアリィダンス編は☆3.5って所です。

作画はバリバリ綺麗で迫力もあり観ててとても楽しい。音楽面は主題歌もだが何より戦闘BGMのレベルが高過ぎてビビる。

かなり高レベルなアニメに仕上がっているけど、なんせファンの民度がまあ低いので、一部で毛嫌いされてるアニメでもある。そこがとても残念だなぁ

投稿 : 2021/09/29
閲覧 : 183
サンキュー:

3

ネタバレ

自分用メモ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.0 作画 : 4.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

タイトルなし

2015頃?視聴
1話と2話の途中までは面白かった
その後は全てが主人公を立たせる為のご都合主義展開でついていけなかった
途中すっ飛ばして13話くらいを見て離れた

----------
2021再視聴
1話 いい掴み ただしその後の残念具合を知っているせいか無駄に熱いシーンに違和感を感じた
2話 青髪のリーダーがなぜか死ぬ アスナは変人 やはりこの回で地雷臭が濃厚に
3話 謎の自称ソロプレイ(仮) 普通にチームに入ってなんか女が死ぬ
4話 無理矢理で露骨なエロ
5、6話 ようやく攻略組らしい話と思いきやキリトはまたサボっている
ついでにアスナ添い寝 サスペンス回 この先を見てもイライラするだけと判断して視聴断念
----------

結局ご都合主義の厨二作品という印象は変わらなかった
大人にも子供にもおすすめするものではない
中学生が勝手に見つけてハマってネトゲに夢見て心の内に秘めておくのが理想
ネトゲを全く知らなければ楽しめるのかもしれない

最初に出会った初心者男が一番まともなキャラ
作画は良い

おまけ 吐き出したくなった多すぎる引っかかりポイント箇条書き
・舞台設定に沿って行動するのが初期だけ プレイヤーの質が酷すぎて治安が相当悪い
・メインと思われた階層攻略の描写が皆無でガンガン飛ぶ上キリトが死ぬ気配がないので不安を煽る設定に反して緊張感無し
・バトルというより小事件解決短編集 事件にちょっかい出して寄り道しまくるのにキリトは『攻略組』らしい 足を引っ張る悪党を潰して回るのが任務?と思うほど(それにしては手がゆるい、結局都合がいいからだろう)
・ソロ(仮)でどうLV上げて最強扱いになってるのかも疑問 主人公に限らずモブのシーンでも粗がバレるから描写できないのか、かっこつけしか考えられなかったのか
・普通に他人と仲良くしている ソロプレイ(仮)はなんかかっこいいワードだから作者が使ってるだけだと思う
・女にだけ異様に執着 キリトくんを受け入れられない理由としては個人的にこれが大きい ご都合ハーレムが透けて見えすぎる(単に作者の欲望がむき出しになってるだけかもしれないが)
・実はプレイヤーが馬鹿なだけでゲームとしてはぬるいのでは? ゲームシステム上の事件はまるでなく悪党によるものばかり 罠でモンスターだらけの部屋に飛ばされたのもプレイヤーのやらかしな上あっさり済ませるあたりゲーム的描写が苦手で避けてるような印象
・「これがやりたかった感」が強すぎてキャラの情緒が狂っている 唐突な叫びにやたら気合入ってるけどその度に笑う 作品の空気感がわからない
・ベータテスター+チーター → ビーター というダサい用語は実際のネトゲっぽくていい しかしあの場面のピリついた空気でこれがとっさに出るのは不自然 陰で冗談半分に生まれて噂のように伝わってくるのがベター 批判を一身に受ける展開の為というのはわかるが安直に走りすぎ モブプレイヤーはまるでNPC
・最終的には都合のいい奇跡とか愛の力で誤魔化すしかなくなってるようだし設定を活かせられなかった 結局ゲームじゃない方が良かった 『ゲームっぽいファンタジー世界』が舞台であるダンまちの方がまだ説得力ある

投稿 : 2021/08/30
閲覧 : 420
サンキュー:

7

ネタバレ

usami99 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

俺はキリトだ!(キリッ

これ以外にタイトルが思いつかなかったのでこれでw
タイトルネタとキバオウさんがニコニコで流行ってたリアタイに視聴してた勢なのですが、細かなストーリーを忘れてしまったので最近また見返しています。
あと4、5話なのであとで多少加筆するかも。

1話のネタバレ要素は下記からあるのでご注意を。

{netabare}
今作は引きこもり?ゲーマー主人公、キリト君がヘルメット型のナーブギアというゲーム機を頭にセット、「ソードアートオンライン」という呪われたVRMMOに入り、デスゲームを闘い抜いていくお話です。
異世界転生ものではないですが、このアニメ前後辺りで、こういったアニメが流行ってきた気がします。
ログイン後しばらくして夕飯に戻ろうと「ログアウト」ボタンを探すと、ベータ版であった場所に無くなっています。
正式リリースされたソードアートオンラインは、ゲームを全クリしなければログアウトできないのです。そしてこのゲーム内で死ぬ、もしくは外の世界でヘルメットが外されると、脳が破壊されるというシステムでした。
キリト君は過去に抽選で選ばれ、ベータ版「ソードアートオンライン」をプレイしていたため、他のユーザーより序盤から上手く立ち回ることができます。
そこで凄まじく剣術の強いユーザーになっていきます。チート主人公系ですね。
{/netabare}


SAOの一期は2クールあり、私は前半が凄く好きだったんですが、後半はちょっと蛇足感がありました。
前半は先ほどのソードアートオンライン、後半は別のゲームのお話になります。
でも原作者的には2クール目の絶望的な展開もセットで考えていたのかな…。


このアニメの良いところは1クール目が特にテンポが良かったことです。
恐らく原作からかなりカットしているのではと思うんですが、お話に感動できるギリギリのいい感じでカットされていて、強敵らしいボスも翌週には倒れている、みたいなサクサクアニメでした。
また作画がとても安定してましたし、剣術のアクションシーンは凄く早くてカッコいい映像なんです。
キャラクターの表情も生き生きしてて凄く良い。


悪いところは、リアタイ当時はあまり気にならなかったのですが、たまに入るラッキースケベとかハーレムみたいな性的要素でしょうか…。
1クールの方はほとんどなかったんですよ。あってもパンチラみたいな。
そういう爽やか(?)な感じなら良い要素なんですが、なんか2クール目は後半に生々しい性的描写になって、ちょっと目立ってしまったんですよね…。
しかも2クール目のヒロインは妹ですよ!?凄く胸の谷間の描写やお尻のアップが多くて、本来は1クール目の女の子がメインヒロインなのに、最後の方でやっと出てくる性的描写が露骨なんですよね…。
1クール目は健全的で、凄く面白かった上に、2クール目はそういう性的描写が気になってしまってあまり楽しめませんでした。
ToLOVEるみたいなもはや性的全振りハーレムアニメは普通に好きなんですが、、やっぱり路線は統一感大事だと思いました。


ただただ、キリト君つえー!な話が見たかったです。

投稿 : 2021/08/28
閲覧 : 120
サンキュー:

8

ネタバレ

のぞみ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

とても良い

有名になりすぎてもはや王道となりつつある本作品。私は本作品を三周し、加えて原作のラノベも読みました。世界最強の主人公が命をかけて進んでいく日々を描いた作品で、なにか夢を見ることができます。アニメに興味を持つきっかけとしてこの作品を薦めてみるのも酔うのではないでしょうか。

投稿 : 2021/08/07
閲覧 : 120
サンキュー:

3

あきお さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルからは想像できないぐらい面白かった

タイトルがソード?、オンライン?なので、もろゲーム系なんだろうなと思い今まで見ていなかったのですが、最近勧められて見てみたら見事にハマってしまいました。

とにかくストーリーのテンポが良く、緊張感もあるので最後まで一気に見る事ができます。

外観はファンタジー系、バトル系になるのかと思いますが、個人的な感想としては、とにかくキリトとアスナの愛の物語という印象です。

基本的にハーレム系なのでキリトは色々な女子からモテるのですが、アスナへの想いを貫くところが男らしくてとても好感が持てます。

キリトとアスナがお互いを思い合う姿を見ていると、この2人には絶対に幸せになってほしい!と思わず応援したくなるアニメです。
自分もこんな恋愛がしてみたいです。

投稿 : 2021/07/22
閲覧 : 272
サンキュー:

15

nyaro さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

SF設定が素晴らしい出来。キャラもストーリーも良かったです。

 ゲームで死ぬと、本当に現実で死ぬっていう設定。ここまでSF設定としてきちんと作り上げたことにまず驚きました。

 普通は魂がどうとか、現実の脳が耐えきれなくて、みたいな都合のいい設定でやるんですけどね。もちろんゲーム機としての安全性とかあると思いますが、VRMMO創世記ということで違和感がありません。VRMMOアニメ(小説)の嚆矢として、独創性、創造性でかなり評価できると思います。

 前半はサチの話がとにかく胸に来てしまい、あの話だけ何回も見ています。私の中では「遅れてきた手紙もの」(そういうジャンルがあるかしりませんが)としては、最高でした。声も非常にあっていて、エンディングとのつなぎが素晴らしかったです。
 ユイの話とか花を取りに行く話等々個々のエピソードもそれぞれ面白かったです。

 その他のストーリー、アスナの心情と行動とキリトの考えが、ちゃんと合わさって恋愛になったり、そのアスナをめぐる後半の戦いも非常に胸が痛くなりながらも面白くみました。アスナはバックボーン、行動原理、言動、性格に一貫性があり非常に魅力的なキャラを作ったなあ、と感心しました。

 後半も命の危険はなくなりましたが、アスナは現実の危機にあるわけですし、MMOの世界観も前半との違いを明確にしながら、面白く作ったなと思います。妹の内面も結構よく描けてましたし。

 ハーレム要素が強すぎる点や、「スターバースト…」等の俺TUEEEの厨二感に批判があるのも理解できなくはないです。が、エンターテイメントとして、これがなければ陰惨で見てられません。素直に二刀流はちょっと熱くなりました。
 なお、実際はキリトは結構負けたり苦戦しているので、全然俺TUEEEではないのですが、なぜにそう見えるんでしょうか?強い理由もβテスターだったこと、サチのトラウマでしゃかりきにソロでレベル上げしていたこと、ゲーム頭でシステムを理解している、等々いくらでも理由があるのに。
 それにキリトは、そんな単純なキャラ造形に見えませんでした。孤独、苦悩、トラウマから、他の人に助けられ、協力してゆくところなどの成長もありました。 

 ラノベなので少し評価が低くなりがちですが、SF設定としては、非常によくできています。むしろ、早川のSFとして出ていたら、小説としての評価はもっと高かったかもしれません。
 また、そのラノベというジャンルの小説としてエンタメ性はかなりのレベルです。
 さらに、小説として分かりづらいところをアニメで良く補って素晴らしい作品に仕上げていました。
 
 

投稿 : 2021/06/14
閲覧 : 165
サンキュー:

9

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

FROZEN

説明不要な人気作にようやくトライ。

なかなかに導入はいいですね。
素直に面白そうってなります。
結構昔なのによく動くんですよね。すごいと思います。


流石はアニメ界にその威名を轟かすキリトさん。
そんじょそこらの雑魚とはもうレベルが違いました。
もう圧倒的。
やっぱりレジェンドは格が違った。


2話が限界でした。
寒い。あまりにも寒過ぎる。

ニワカには強敵すぎました。
いつか日を改めて再挑戦…するかも。

投稿 : 2021/06/08
閲覧 : 213

ラダカンーリグ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

キリトの二刀流カッケー!。そしてヒロイン達も可愛い!。

ゲームの中に入り込んでその世界に閉じ込められる、という1話の展開から既にこのアニメに引き込まれましたね...。戦闘シーンやら、オープニングやら、可愛い女の子キャラだとか、もう色んな要素が詰め込まれていて最高でした。私をアニメに沼らせるきっかけとなった作品です。

どちらかと言えば男性向けですが、男女問わずアニメ初心者の方にはおすすめなので是非観てください!。

投稿 : 2021/05/30
閲覧 : 186
サンキュー:

4

スプリット さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

シリーズの原点にしてシリーズの頂点

はじめに
私のSAOは第1期で止まっています。
正確に言えば第1期はどうぞみなさん見てください。
第2期が第1期の続編ですよ。みんな見てね。
第3期がSAOファンのみなさんお待たせ。
という感じで、第3期の途中で視聴が途絶えています。

特に第1期第1話はすごいです。
第1話だけでいうなら自分が見た作品の中で1番好きかもしれないです。
設定は名探偵コナンの劇場版第6作『ベイカー街の亡霊』に似ています。

命がけの綱渡り、この緊迫感が物語を面白くするし逆もまた然りです。

投稿 : 2021/05/29
閲覧 : 182
サンキュー:

6

みさみさ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:今観てる

厨二病妄想丸出し

人気だと聞いたので視聴を始めましたが、厨二病の妄想を詰め込んだ、見ていて鳥肌の立つ作品でした。
何の魅力もないチート設定の主人公、大した理由もなく寄ってくるヒロイン達、気持ちの悪い家族ごっこ。
ここまで作品に拒否感を覚えたのは初めてです。
頑張って一期は見ようと思っていますが、恐らく途中で挫折する気がします。

投稿 : 2021/05/05
閲覧 : 199
サンキュー:

6

シロクロ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

誰が見ても面白い!

アニメあんま見てないっていう人でもSAOは絶対好きになると思う!ストーリーが分かりやすいっていうのと、キャラがいいね笑キリトはたまにイキるけど普通にカッコイイし、アスナは安定の可愛さで。アニメ見始めの人には必ず勧めるアニメ!!

投稿 : 2021/04/29
閲覧 : 148
サンキュー:

5

次の30件を表示

ソードアート・オンラインのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ソードアート・オンラインのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ソードアート・オンラインのストーリー・あらすじ

「これは、ゲームであっても、遊びではない」
2022年、とある大手電子機器メーカーが「ナーヴギア」という仮想空間への接続機器を開発したことで、世界は遂に完全なるバーチャルリアリティを実現させた。主人公キリトは、このナーヴギアを使ったVRMMORPG「ソードアート・オンライン」のプレイヤーである。運よくベータテスターに選ばれ正規版も購入したキリトは、ログイン後に出会ったクラインと共に、正規版SAOの世界を満喫するのであった。しかし、そんな感動も束の間、2人はベータテスト時には確かに可能だったログアウトができないことに気づく。混乱の後、ゲーム開始地点の広場に転送された2人は、ログインした1万人のプレイヤーと共にゲームマスターから恐るべき託宣を聞かされる。SAOのゲームデザイナーである茅場晶彦の名を名乗ったその男は、淡々とデスゲームのチュートリアルを開始する。曰く、ログアウトができないのは仕様であり、SAOの舞台「アインクラッド」の最上部第百層のボスを倒してゲームをクリアすることだけがこの世界から脱出する唯一の方法である。そして――、このゲームで死亡したり、現実世界でナーヴギアを強制的に外したりすれば、ナーヴギアから高出力マイクロ波を発せられ、脳を破壊されて死ぬことになる。2年後、アインクラッドの最前線は七十四層。プレイヤーの数は、6000程にまで減っていた。(TVアニメ動画『ソードアート・オンライン』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2012年夏アニメ
制作会社
A-1 Pictures
公式サイト
www.swordart-online.net/
主題歌
≪OP≫LiSA『crossing field』、藍井エイル『イノセンス』≪ED≫戸松遥『ユメセカイ』、春奈るな『Overfly』

声優・キャラクター

松岡禎丞、戸松遥、竹達彩奈、伊藤かな恵、日高里菜、高垣彩陽、平田広明、安元洋貴、子安武人、山寺宏一、早見沙織、大川透

スタッフ

原作:川原礫(電撃文庫『ソードアートオンライン』)、原作イラスト・キャラクター原案:abec、 監督:伊藤智彦、キャラクターデザイン:足立慎吾、サブキャラクターデザイン:川上哲也、総作画監督:足立慎吾/川上哲也、アクション作画監督:柳隆太/鹿間貴裕、メインアニメーター:斎藤敦史、モンスターデザイン:柳隆太、プロップデザイン:土屋佑太/鹿間貴裕/千葉茂、色彩設計:中島和子、美術監督:竹田悠介/長島孝幸、美術設定:谷内優穂、コンセプトアート:堀壮太郎、撮影監督:廣岡岳/臼田睦、CG監督:雲藤隆太、編集:西山茂、音響監督:岩浪美和、効果:今野康之、音響制作:ダックスプロダクション、音楽:梶浦由記、音楽制作:アニプレックス、プロジェクト総括:GENCO

このアニメの類似作品

この頃(2012年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ