「ハナヤマタ(TVアニメ動画)」

総合得点
73.7
感想・評価
1046
棚に入れた
5023
ランキング
904
★★★★☆ 3.8 (1046)
物語
3.7
作画
3.8
声優
3.6
音楽
4.0
キャラ
3.8

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ハナヤマタの感想・評価はどうでしたか?

さんだーばーど さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

音楽と舞台が一級品の湘南よさこいストーリー

OP、ED、BGMが印象的。とても良い。
定期的に話題になるのも頷ける。

ストーリーは序盤のシリアスが臭いので4未満。そこで中断してしまった。きらら系にしては珍しかったな。

それ以外は笑いアリ涙アリで結構好き。
特にハナのノリ、大将とのやり取りが面白かった。
舞台も鎌倉高校、江ノ電、湘南エリアと最高のロケーション。

作画は瞼の描き方が特徴的。ちょっと苦手な人も出てきそう。背景やよさこいのウリである衣装や鳴子はとてもハイクオリティだったと思う。

投稿 : 2022/06/17
閲覧 : 73
サンキュー:

3

れるびい さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

何この曲、異次元すぎる。田中さん恐るべし

絵が綺麗なので気になっていた作品。
アニメは、きらら系でよさこい部を作って踊る中学生の部活ものです。
感想は、かわいく爽やかでした。
個人的に曲があまりに衝撃的でアニメの内容があまり
頭に入って来ないという事態に陥りました。

今回のレビューはちょっと特殊で、OP曲についての深堀りです。
かなりマニアックな内容なので音楽に興味のない方はブラウザバック推奨です。

OP曲は田中秀和さん作曲の「花ハ踊レヤいろはにほ」という曲。
                ↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=1JyA22sPbqk&t=9s

僕は音楽系の学校で作曲を学んできて
実は副業でBGM等の販売もしているのですが、

ジャンルを問わず曲の分析をする事は学生の頃からの
僕の癖と言うか、趣味と言うか日課なんです。

「花ハ踊レヤいろはにほ」を初めて聴いた時、
普通に良い曲だな~と思っていました。
でも何か不思議な響きだな~と。。

本気で耳コピしていくと、頭の中で大量の
???マークが発生してきました。

長いこと色んな曲を耳コピしてきましたが、
こんな構成の曲にはほとんど出会った事がありません。
他の曲で例えようと思っても、ちょっと思いつきません。

アレンジすごいな~とか、良い曲だな~とか思う曲は
もちろんその都度たくさんあるのですが、
曲の構成でこんなに衝撃を受けたのは10年ぶりくらいかもしれません。

田中秀和さんと言えば通称「田中aug」とも呼ばれる
ブラックアダーコードを多用する事でも有名ですが
今回はそういうコード単体の話でもありません。

すごいのは、一見普通の曲なんです。
でもやってる事は全然普通じゃないんです。
何度も繰り返されている転調は思春期の不安定さを
表現しているそうです。
聞き流しているだけではその転調にすら気づけない程巧妙です。

一番理解に苦しんだのはサビのメロとコード進行。

サビメロは、よさこいがテーマだし、非常に日本的な音階
ペンタトニックスケールを軸に作られています。

冒頭のサビメロの後ろで鳴っているコードはいわゆる4536進行。
ユーミンの「卒業写真」とかミスチルの「HANABI」等で使われている
ヒット曲に欠かせない超王道な進行です。

一方、1番のサビでは転調していてコード進行も全く違います。
普通は転調とともにメロも変わっているはずなのです。
しかしメロディは移調するでもなく、まったく同じと言う謎。

カラオケのキーチェンジで例えると、元々「ドレミファソ」と歌うメロ
の曲のキーを+5に変えたら当然「ソラシドレ」って歌わなきゃ成立しないのに
何故か「ドレミファソ」のまま歌えるみたいな。

これが最初に感じた不思議な響きの正体でした。
属調への転調で、構成音が1つしか違わないから可能な事
と一応ロジックは解釈できました。

にしても驚くのは、これ程難解な事を違和感なく奇麗に
アニソンとして成立させている事です。

少なくともまぐれで作れる曲では絶対になく、
狙って作ってる田中秀和さん本当にハンパないです。

あにこれで書く事じゃないなーとは思いつつ、
興奮のあまりマニアックすぎる事を書き殴ってしまいました。
どうかお許しを。。

ただの音楽好きの考察にお付き合いいただき感謝します♪

投稿 : 2022/02/08
閲覧 : 421
サンキュー:

16

ネタバレ

梨の妖精 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

よさこい青春アニメ。きらら原作アニメで1番好きです

初投稿です。この作品のレビューが書きたくて登録しました。まんがタイムきらら原作のアニメで、女子中学生5人がよさこい部でよさこいをするお話しです。

元々日常系アニメが好きで、同作者のおちこぼれフルーツタルトがとても良かったのでこちらも視聴。

おちフルとは真逆の作風ですが、こちらは主人公なるのよさこいや仲間との関わりを通しての成長やキャラクター1人1人のドラマが大変素晴らしいです。きらら作品の中でもかなりストーリー性が濃いですね。

自分はこういう内面的に成長していくキャラクターが大好きなので、なるの成長には感動しっぱなしでしたね。

他のキャラのエピソードもどれも良いのですが、個人的にヤヤがとても共感出来るキャラクターでした。7話でヤヤがなる達に本音を打ち明けるシーンはもう…何回見ても泣きますね。

11話では最終回前だというのに号泣。そして12話でのよさこいシーンでまた号泣。

12話ではAパートから最後までなるの成長がめちゃくちゃ感じられて、本当に素晴らしい。

この作品主題歌がめちゃくちゃ良いのですが、ラストのよさこい祭で流れた時の感動は凄まじかったですね。歌詞が1話からのなるの成長ととてもマッチしていましたし。

曲自体が話が進むにつれて完成していくのもとても良い。

EDも最終回は歌が全員バージョンになっていて、原曲ももちろんいいんですけど、最終回でのこの演出は最高だなと思いました。

7話、11話、12話が特に好きで繰り返し観てるのですが、何度観ても泣いてしまいますね。

本編以外の部分でいうと、OP EDの映像やアイキャッチなど細かい部分もめっちゃセンスいいなと思います。あまりセンスいいって言葉は好きじゃないのですが、語彙力なくてそれしか表現出来ないのでお許しください。

各話のEDへの入り方とかもめちゃくちゃいいです。

日常系アニメにハマってから色々きらら作品を観てきましたが、きららで1番好きな作品になりましたし、今まで観たアニメの中でもかなり上位に入る作品になりました。

ストーリー、作画、音楽など全体的に高いレベルでまとまっていると思います。

こんか素敵な作品を作ってくれた浜弓場双先生、いしづかあつこ監督、アニメスタッフには感謝の気持ちしかないです。

自分も習い事をしているのですが、最近は仕事が忙しかったりでサボりがちで、でもなる達を見ていたらまた頑張ろうという気持ちになれましたし、何か新しい事を始めてみたいななんて考えたりもしました。

「人は誰でも頑張れば輝けると思うので」

ハナのこの台詞、なるの作中での成長には本当にパワーを貰っています。

アニメ視聴後に原作も全巻読んだのですが、とても良かったので2期がなかった事が本当に悔やまれます。

個人的にはもっと評価されてもいいと思う名作です。

キャラクターの成長物語が好きな人は是非観てください。

特にお気に入りのキャラはなる、多美、ヤヤです。

たくさん語ってしまいましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。

投稿 : 2021/10/26
閲覧 : 207
サンキュー:

6

ネタバレ

haiga さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:----

後半のチグハグさはさくら荘を彷彿とさせる

今観終わりました!
ぶっちゃけ私は好みでは無かったです!


私にしては珍しく監督(いしづかあつこ監督)で視聴決定しましたが

私の中でのいしづかあつこ監督作評価ですが

ノーゲーム・ノーライフ→まあまあ面白かった

さくら荘のペットな彼女→オチがダメダメ低評価

宇宙よりも遠い場所→最高!1番好きな作品の1つ

で、今回ハナヤマタを観ました

結論から言うとノゲラの下、さくら荘より上と行った感想です。
というかきらら系といしづかあつこ監督は合わないなあと思いました

理由ですが
①メガネ委員長が終始微妙だった
後から入ったのに仕切りたがり目立ちたがりで絶対女グループではギスギスしそう

②ハナちゃんが途中から埋もれちゃった
まあナルが主人公力発揮してましたが物語的にはもうちょいハナちゃんが引っ張って良かったような

③正直きらら系にしては女の子の魅力が無かった
非日常的な可愛さが足りないと思いました。見た目の話ではなく微妙にリアル寄りの性格とかが

あと後半の強引すぎる展開(1週間もせずにアメリカ往復はスゴすぎ)とよさこい大会にハナちゃん乱入はさくら荘の卒業式を思い出して失笑してしまいました。う~んアニメとはいえひとりよがり過ぎ自分勝手過ぎ

とはいえ最後の踊りも可愛いですし、ず~っと練習し続けて最終回に結実するって流れは流石かなと思います
総合すると悪くは無いんですけど私は微妙な評価になっちゃいますね

投稿 : 2021/10/15
閲覧 : 272
サンキュー:

13

ネタバレ

にゃわん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

女子だけのヨサコイ

作画が丁寧でストーリーも水着回などがなく
ちゃんとヨサコイをして仲間を勧誘して練習して
最高だった。納得がいかない点では
ハナが母国に帰るということを部員に話さなかったこと
前日にナルの家に押しかけてナルにだけ話したこと
それを急に知らされた部員は当然のように
怒りが込み上げてくるものだし、空港まで行ったのに
結局ヨサコイの当日では5人でエントリーしてて4人になった。
と修正までされたのに自分たちの出番が迫るときに
鬼電してきて「いま日本にいます」「必ず間に合わせます」
間に合わせますから、なんとなく察していたが
主人公達がハナが日本にいる!自分達の舞をハナに
見てもらいたい!ということから切羽詰まるなか
ハナはパトロール中の警官に協力してもらったりと
階段登ったりするシーンがあるが
こんなになるなら、ちゃんと事前に言って
全員で踊ってからでも外国に帰れたのでは?と思ってしまう
最終的にハナは本番のサビ前に間に合って
ハナが加わって後ろに花火が咲いたりと
演出狙ってるだろっ!絶対こんなん泣くよ!と
ハナのお母さんの出番もかなり削ったと思うので
お母さんとの話し合いシーンが少しあってもよかったよね!
最終話は、このことから「ワガママついでに
お母さん達を説得しちゃいます」って言ってたから
恐らくだが日本で3人で暮らす?のかな
全体を通して神アニメだと思う
ハナが居なくなってから、タイトルみたら
もしかしたらメインキャラの最初の名前を
捩ってハナヤマタなのではと思ったら尊かった全てが。

投稿 : 2021/08/25
閲覧 : 126
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

よさこいって。。

あらすじはあにこれのを見てね☆

絵は「ノーゲーム・ノーライフ」みたく
ビビッドなパステルカラー
キャラはサムネに出てる5人になるのかな?
それで
けいおんとかみたいな
かわいい女子の日常になるのかな?

でも
音楽じゃなくってよさこい(おどり?)
けいおんよりも
もっとアツいおはなしになるのかも。。


1話目
{netabare}
にゃんも
ハナみたいな友だちができないかなぁって
ずっと思ってた。。

にゃんはすぐあきらめちゃうから
なんでもにがてで
でも誰か
にゃんがあきらめてもずっとあきらめないで
待っててくれる人がいたら
変われるかなぁって。。

でも
そんな人なんかいないよね
みんな自分のことで一生けんめいなんだから

でも
ハナがほんとにいたら友だちになりたいなぁ☆
ムリヤリみたいに見えるけど
イヤだって言ったら引いてくれる
でも
ちゃんと待っててくれる。。

そんなハナと出会って
これからなるってどんなふうに変われるのかな?

男子むけの
女子がかわいいだけのおはなしじゃないといいナ☆
{/netabare}

2話目
{netabare}
ナルの幼なじみのヤヤちゃんが
ハナにナルのこと取られたみたいで
やきもちやいちゃうおはなし

今まで
なんにも一生けんめいになったことないナルが
よさこいをおどろうってするところがよかった☆

あと
ゼッタイおどらないって言ってたのに
ヤヤにおどってるところ見せてたし
もう少ししたら
みんなにも見てもらえるようになるのかも☆
{/netabare}

3話目
{netabare}
よさこいショップの店長さんとお友だちになって
よさこいのこといろいろ教えてもらって
花彩(はないろ)よさこい祭りに出たい!って
部員の勧誘するんだけど

生徒会長さんに止められて
先にあと2人の部員と顧問の先生見つけて
申請しなさいって注意されちゃった。。

サリーちゃん先生いい人みたいだけど
顧問になってくれるかな?
あと
部員あつまるよね☆

後半は
なるの幼なじみのお姉さんが出てきたけど
これからいっしょによさこいしたりするのかな?

それから
なると映画見に行く約束してたのに
ハナにおされて
いつの間にか2人だけのデートになっちゃったw
ツンデレヤヤちゃんが
ポテトあげるくらい仲よくなってたね♪

屋上使用禁止って当りまえだよね。。
じゃなかったらほかの部活とか先に使ってるから
でも
生徒会長さんってちょっとイジワルみたい。。

これからどうしたらいいの?
{/netabare}

4話目
{netabare}
生徒会長といっしょに来た人って
幼なじみのたみお姉ちゃんだったんだ。。
たみお姉ちゃんは複生徒会長で
ずっとなるのあこがれのお姫さまだった人

よさこいしてる2人のこと
かばってくれるやさしいお姉さんで
よさこいに興味ありそうだったから
ハナがいっしょにって誘ったけど。。


はじめは
お父さんから反対されてことわったけど
自分のしあわせ。。って考えちゃって
なるから心配されて橋の上で泣いちゃった。。

今まで
お父さんに喜んでもらいたいってゆう思いが
お友だちといっしょに
喜んだり泣いたりしたいって変わって

さいごは自分で
やろう!って決めたみたい
よかったね☆
{/netabare}

5話目
{netabare}
ヤヤとサリー先生
かんたんによさこい部に入ってくれたけど
2人ともまだアツくないみたい

ハナは小さいころ見たよさこいにあこがれて

ナルは自分たちが主役の物語作れたらって

たみお姉ちゃんはお父さんからはなれて
みんなといっしょにって

ヤヤはまだ自分からやりたい!とかって
思ってないみたい。。
これから変わっていくのかなぁ?

先生はカレシをさがしてたりするのかな?w
よさこい店長さんっていつもサングラスしてるけど
はずしたらイケメンだったりして?
それで2人がくっついたりしないかな?^^

おわりごろ
今まで恥ずかしがってたナルが
みんなとよさこい祭りにでたい!って
アツくなったね☆

なんとなく
スポ根みたくなってきたかも^^
でも
スポ根じゃなくってよさ根?
{/netabare}

6話目
{netabare}
イベント参加☆
でも
みんなテストで平均80点以上とらなくっちゃ。。
ハナも一生けんめいがんばったけど。。

個人で出たらいいのに
みんなで部活でってゆうハナの思い
うんうんって見てた

それでもダメで
でも
負けないハナの気もち
国語のノート自分から提出してたけど
まだ先生の気もち動かなかった。。

クラスのみんなが関心もってくれて
みんなの前で踊ることになって
楽しそうに踊るハナたち。。光ってたね☆
たみお姉ちゃんのピアノもよかったぁ♪

にゃんは見てただけなのに
なんだかうるうるしてきちゃった。。

先生もおんなじ気もちになったみたい☆
急に変わってOKになってよかった♪
そしたらすぐ
さあ練習!って。。
先生もみんなのこと見てて
アツくなったのかな?^^

ヤヤちゃんのオーディション
かわいそうだった。。
おちこんでたけどよさこい大丈夫なのかな?
{/netabare}

7話目
{netabare}
わぁ。。
また見ててとちゅうでいっしょに泣いちゃった。。

名まえだけとかって言ってて
なかなかいっしょに
練習してくれなかったヤヤ

みんなのアツい思いと
ヤヤのこと心配してくれてる気もち
みんなのなみだが伝えてくれたみたい。。

「うらやましかっただけなの。。」って
今まできっと
よさこいやってるのは3人で
自分はバンド。。
みんなとはちがうって思ってたんだよね

だからうらやましかったのに
ナルとハナは仲間だって言ってくれて
泣いてくれた。。

ヤヤちゃん
みんなの仲間になれてよかったね。。☆


ここまで見ててにゃんは
ぜんぜん関係ないおはなし思い出しちゃった。。
{netabare}
このおはなしって
なんだか桃太郎のおはなしに似てるみたい。。って

桃から生まれた桃太郎って
ちがう国から来たハナで

とちゅうでナルとタミとヤヤに
キビ団子のかわりになるこをあげて

鬼が島に行くかわりによさこいに行くの。。ネ?

もしかして桃太郎のおはなしって
もっと時間があったら
感動しちゃうおはなしになったのかも?{/netabare}
{/netabare}

8話目
{netabare}
ヤヤも仲間になって
いいBGMのCD作ってくれた♪

ムチムチとか言われたら
平気な女子なんていないよ
サリーちゃん先生ってちょっとおじさんすぎ><

CD忘れて妹に。。
それで来た妹って会長のマチちゃん!?

OPとかで会長がいっしょに踊ってたから
もしかしてこのままいっしょに踊るのかな?って
思ったけどちがったみたい。。


ナルは小学生のときの失敗気にしてたけど
はじめはちょっと。。だったけど
だんだんよくなってきたかなって。。

でも
ステージでハナとぶつかっちゃって
心配してたことがほんとになっちゃった。。

こうゆうときって
にゃんだったら目の前真っ黒になっちゃうけど
ナルは真っ白になるみたい

このあとどうなっちゃうのかなぁ?
{/netabare}

9話目
{netabare}
ナルの失敗も
ヤヤとタミがかんたんに忘れさせてくれた^^
ハナの病気もすぐ治っちゃった^^
うーん。。
ちょっとかんたんすぎて
あんまり気もちが伝わって来なかったみたい。。


今週はサリーちゃん先生と
妹で生徒会長のマチのおはなしかな?
先生が臨時教員だったから
よさこい部が廃部。。ってゆうおはなしも

マチはほんとはお姉ちゃんが大好きだった
でも
おいてきぼりにされちゃって
うらんでたみたい。。

みんながいてくれたから
仲直りできたみたい☆
採用試験も受かったし♪

仲直りした大好きなお姉ちゃんもいるし
これでやっと
マチもよさこい部に入ってもいいかなぁ?って
思ったみたい^^
よかった☆
{/netabare}

10話目
{netabare}
マチが入部☆

花彩よさこい祭りまであと3週間
みんなで箱根の温泉で合宿♪

だけど
花彩よさこい祭りにエントリーし忘れてて。。


マチってきびしいなぁ。。
やっぱり生徒会長だもんねっ^^

でも
みんなにもきびしいけど
自分もみんなに追いつこうって
かくれてがんばってたね☆

とちゅう
おんなじツンデレのヤヤちゃんと
ケンカになるんじゃないかなって
ハラハラしちゃった^^;

さいごは店長さんに助けられたね^^
サングラスはずしたら
いがいとイケメンだったするのかも☆
{/netabare}

11話目
{netabare}
今週はハナヤメタ。。
ハナが急にアメリカに帰っちゃうおはなしだった

ナルがハナの手紙を広げただけで
なみだが出てきちゃった。。
もう
そこから終わりまで
ずっとうるうるしてた。。

まだ1週間あるから
ハナの学校のてつづきとか終わったら
いっしょに踊りにちょっと帰って来れないかな?
{/netabare}

12話目
{netabare}
いよいよ花彩よさこい祭りだねっ☆

ナルが変わった。。キラキラしてる
そうなりたくって
ハナといっしょによさこい始めてよかったね♪

家族や友だちも来てくれて
ハナにも見せたいなって思ってたら
来る!って☆
でも
間に合わないかも。。って

ハナがいっしょうけんめい走りだしたところは
よかったね☆
みんなも協力してくれて
ちょっと遅れちゃったけど間に合った♪

ナルがハナになるこを投げて
花火がバーン!でカサがパッ!って
気がついたらハナがいっしょに踊ってる☆
すごかったなぁ。。♪

踊りのさいごもかっこよかったね!

あと
とちゅう店長さんが先生のこと肩車して
いっしょにビールしてて
2人はつき合ってるのかなぁ?ってw
{/netabare}

かわいいけどアツい
とってもいいおはなしだったって思う☆

投稿 : 2021/08/13
閲覧 : 1267
サンキュー:

135

ASKA さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

きらら系のよさこいを頑張る部活系アニメ。

原作はレビュータイトルにもあるとおりまんがタイムきらら連載の浜弓場双先生による中学生の少女たちが「よさこい」を踊るため「よさこい部」を作って頑張る部活系アニメです。
監督は「さくら荘のペットな彼女」「ノーゲームノーライフ」「宇宙よりも遠い場所」などのいしづかあつこ監督です。制作はマッドハウス、脚本は吉田玲子さん。
ストーリーは王道というか、最初は人数も少なかったよさこい部がだんだんとそれぞれのメンバーの掘り下げ話を入れながら部員を増やしていき晴れ舞台に立つという展開でありながらとても感動するエピソードもあり、とても爽やかな気持ちで見終えることができました。OP、EDともに良曲でリピートしたい曲でした。部員の娘たちのやりとりを観ているのもほのぼのしました。きらら系の部活系アニメが好きな方にはおすすめアニメです。

投稿 : 2021/06/11
閲覧 : 196
サンキュー:

17

Bハウス さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ぱっ~とぱ~っと華やかに咲かせましょう花のように

けいおんで一躍名を挙げた吉田玲子氏シリーズ構成の本作

中学生5人がよさこい部を結成して
大会に出場するまでの記録になるんだけど

主人公であるなるとハナちゃんのキャラが魅力的

田中美海さんと上田麗奈さんがラジオやっていた際、
家に帰ろうとして道に迷うと公言したうえしゃまに
なるの面影を見たのは言うまでもないw

たみちゃんの加入もなるちゃんと似た経緯だったけど
好きな話だったし

ややちゃんが組んでいた「にくきゅー」は
スピンオフでCD出してほしい程クオリティー高かった

ちなみにOPのPVはそれぞれキャラになり切っているけれど
なんでか知らないがまち役のぬ~さんのメガネ姿を見て
TMA味を感じてしまい

「放課後ていぼう日誌」の明ちゃんにも
同じ視線を送ってしまったのだが

エロいからそう見えるのか
他の人も思っているのか知りたい所w

肝心のお話はハナちゃんの踊るシーンと
最終回で5人が踊った後に花火が上がるシーンは
テンションあがる

おちフル好きな人はぜひとも見てもらいたいです

投稿 : 2021/04/30
閲覧 : 155
サンキュー:

7

Takaさん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

よさこい部

本家の高知ではなく、神奈川県にしたのかは謎。
出版社的に当然女子校です。

自分の全てにコンプレックスを抱いている関谷なるが主人公。
そこに、アメリカからの転校生ハナと出会いよさこい部を立ち上げ
活動していく感じ。

ストーリーに関しては、スクールアイドルものに近しい印象で、
若干ベタさを感じたかな。

ラストも、そうなるの分かるーって感じで、ワクワクとかドキドキは
無かったかな。

あろ、キャラの目の描き方が特徴的だったかな。

投稿 : 2021/03/20
閲覧 : 142
サンキュー:

6

ネタバレ

tinzei さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

目腫れてない?

理由は忘れたけど途中で切ってた作品。内容は忘れてたけど、opだけはしっかり覚えてた。


当時は何とも思わなかったけど、キャラデザよくよく見るとおかしくない?目腫れて見えるんだけど(笑)


もっとよさこいをしっかりやるのかと思ったけど、ちゃんと踊り切ったの一回だけだった。道具の説明とかはあったけど、どちらかというと人間関係重視で、少しガッカリ。

投稿 : 2021/02/28
閲覧 : 183
サンキュー:

1

既読です。 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ネガポジ反転劇。

これの連続でした。

シスコン
ファザコン
微百合
友情
団結

もれなく詰まっていましたが
何が欠けてるのだろう?
再視聴したいとまでは・・・

Wikiで調べたら

監督:いしづかあつこ(宇宙より遠い場所)
脚本:吉田玲子(リズと青い鳥、ヴァイオレット)

す、スゴイ!!・・・のに。

個人的には夏夜たん(ヤヤ)に会えたのが
GOOD!でした。

他にもWUGの声優さんが揃ってましたね。

投稿 : 2021/02/27
閲覧 : 180
サンキュー:

5

ヘラチオ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

よさこい

ガールミーツガールとよさこい。
凄まじく内気な少女なるがアメリカからよさこいを踊りたいとやってきたハナと出会ってというお話し。

それぞれのキャラクターの心情に焦点を当てて、葛藤ありつつも仲間集めするというありきたり?な展開ではあるが、普通に楽しめる作品だった。
嫉妬(ツンデレ?)やファザコン、姉妹葛藤などなど。

個人的には海坊主とさり先生がもう夫婦みたいでこれからどうなるんだろうとわくわくしながら見ていたが、これは物語の主題ではないので、ちと残念。いい具合に釣られているのがツボ。

あとWUGのメンバーが少し出ているのは少し嬉しかった。
彼女達は最近どうしているかなあ?僕が知らないだけだろうけど。


OP
花ハ踊レヤいろはにほ チーム“ハナヤマタ”[関谷なる(上田麗奈)、笹目ヤヤ(奥野香耶)、ハナ・N・フォンテーンスタンド(田中美海)、西御門多美(大坪由佳)、常盤真智(沼倉愛美)]
ED
花雪 smileY inc.
12話のみチーム“ハナヤマタ”ver.
挿入歌
コドクシグナル Need Cool Qualityという笹目ヤヤが所属するアマチュアバンドが演奏する曲
よさこいの楽曲は
ココロフルサト、しなと屋正調、夏月半簾風、ちょんまげ、愛音というタイトルの楽曲らしい。
OPのぱーっとぱーっと晴れやかにが印象的。合いの手含めてなんだか可愛い楽曲。
ED歌うのはsmileY inc.(スマイリー)という音楽ユニットらしい。大坪由佳と、VOCALOIDを用いるクリエーターのゆうゆからなるようだ。


以下はアマゾンプライムから引用のあらすじ。
フツウだらけのぱっとしない14歳、関谷なる。中学2年生になった今も、あいかわらずフツウの毎日。そんなある日、なるは月光の下に和装で舞う金髪の少女に出逢う。「私と一緒に、よさこいしませんか?」花々しい少女たちの物語が今、幕を開ける。


1. シャル・ウィ・ダンス?
なんだって普通の中学2年生・関谷なるは、ある夜月光の下に和装で舞う金髪の少女ハナに出逢う。それはなるが『よさこい』という非日常の世界に触れた瞬間だった。なるは戸惑いながらも、「私も輝きたい」と新たな第一歩を踏み出す。

2. ジェラシー・ローズ
なるとハナは学校の皆がどうしたらよさこいに興味を持ってくれるか話し合いをする。急接近する二人の仲がおもしろくないなるの同級生ヤヤ。ちょっとしたすれ違いをきっかけに喧嘩を始めてしまうなるとヤヤだったが...

3. ガールズ・スタイル
よさこいショップ「勝」を訪れたなるとハナは、夏に開催される「花彩よさこい祭」のことを知る。よさこい部で出場しようと意気込むハナ。しかし部を結成するには最低でも4人が必要だという。部員集めのパフォーマンスを学校で繰り広げるハナに、ヤヤは...

4. プリンセス・プリンセス
生徒会長・マチに屋上の使用禁止を言い渡されたなる達。しかしなるの幼馴染で生徒会副会長のタミは、他の活動場所が見つかるまでの間は取り計らうと約束する。大和撫子然としたタミに、よさこいを一緒にしようと誘うハナ。タミは...

5. ファースト・ステップ
タミとヤヤの加入で、ついに部員が4人揃ったよさこい部。夏に開催される「花彩よさこい祭」のステージで踊ることを目標に活動をスタートする。しかしまだ本物のよさこいに触れたことのないなる達は、タミの提案で「湘南よさこい祭り」に行くことに。

6. トライ・トライ・トライ
花彩よさこい祭に向けて準備を進めるなる達。シンボルマークに、衣装に、振付、音楽...。そんな中、ハナが見つけてきたのはデパートでのステージイベント。よさこい部での出場を計画するも、課外活動の許可を出すには2つの条件をクリアするようにとサリー先生に言われてしまい...!?

7. ガール・アイデンティティー
デパートのステージイベントも近づく中、なんだか元気のないヤヤ。どうやら先日のバンドオーディションが関係しているようで...?理由を話そうとしないヤヤを気遣い、力になろうとするなる達だけど、そんななる達にヤヤは思わず感情をぶつけてしまう。

8. ミッション・イベント
ヤヤの正式加入で名実ともに4人揃ったよさこい部。デパートのイベントに向けて振付や音楽の準備が進むが、よりによってイベント当日、音楽が収録されたCDを忘れてきてしまう。「妹に頼む」と言うサリー先生が呼んだのはなんと生徒会長のマチだった。そして初めてのステージに...

9. シスター・コンプレックス
デパートでの失敗を乗り越え、花彩よさこい祭でこそ踊りを成功させようと決意を新たにしたよさこい部。そんな折、マチが「よさこい部はまだ正式に認められていない」という衝撃の事実を告げる。代理教員であるサリーは部の顧問になれないからだという。

10. オンセン・ガッシュク
マチの入部で5人になった由比浜学園中学よさこい部は、花彩よさこい祭に備えて箱根で温泉合宿をすることに。はしゃぐハナ達とは対照的に、入部からまだ日の浅いマチは、遅れを取り戻そうとハードな練習を強要してしまい...?よさこい部の合宿は楽しいだけでは終わらない!?

11. スマイル・イズ・フラワー
花彩よさこい祭まで、いよいよあと3週間!よさこい部の練習にも力が入る一方、ハナがなんだか浮かぬ顔。何か心配事があるのではないかと気遣うなる達。そして花彩よさこい祭で踊る音楽に歌入れを行ったその夜、ハナがなるのもとを訪れる。泣きじゃくる彼女が告げたその言葉とは...。

12. ハナヤマタ
ついに迎えた花彩よさこい祭当日。ハナがいなくなってしまったことで少し落ち込んでいたよさこい部を盛り立てたのはなるだった。ハナと初めて出会ったその場所で、なるは決意の表情で鳴子を鳴らす。そしてハナも...少女たちのひと夏の思いが結ぶ時。かわいく元気にハナヤマタ!

投稿 : 2021/01/17
閲覧 : 165
サンキュー:

9

ネタバレ

たくすけ さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

手堅く上質な仕上がり

リアタイしていました。
まず目を惹くのは作画の良さ。
彩り鮮やかなんですよね。
色使いがとても良い。

OPの花ハ踊レヤいろはにほ
よさこいアニメらしく和のテイストで素晴らしい曲(EDの花雪も素晴らしい曲である)
流石MONACAの田中秀和である。

私は1話のアバンとOPでこのアニメに落ちましたw


ストーリーは王道です。
廃部の危機、顧問の先生探し、部員集め、キャラそれぞれの問題等の困難を乗り越え大きなステージへ。
部活ものやアイドルアニメによくある感じです。
女子高なので嫉妬描写が多いのもあるあるな感じ。

王道とはいえどシナリオ構成がしっかりしているし問題は1話で解決するのでテンポが良い。
わかりやすいので感情移入ができる。
最終回ハナが間に合う事くらいわかってるんだけど泣いちゃいましたw

それと引っ込み思案で自分に自信が持てないなるが、最終回楽しく踊ってるのも感動しました。
主人公なるの変化を見ていくのがこの作品の見所の1つだと思います。

よさこい以外、真新しいものは無いけど全体的にしっかり丁寧に作られている作品です。粗が無い。
アバンからOPの入り方が上手かったとか最終回は花雪5人verとかあれこれ良かったなぁと思える作品。

思えば泣くほどではない気もするが泣くくらいハマってたんですよね。
今でもきららアニメで1番好きです。

投稿 : 2021/01/05
閲覧 : 351
サンキュー:

5

ハウトゥーバトル さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

花に大和魂

序盤 ええ

中盤 まぁそうくるよね

終盤 うん

この話は変わりたい女の子が妖精さんに会った話
ジャンルはよさこい・女子高生・学園
基本的に女の子しか出てきません。男性は父上か海坊主くらいなので、百合っぽい雰囲気ですが、別に百合好きでない私も楽しめた内容なので、毛嫌いせずに見てみることをおすすめします。
ただ、百合好きでなくても平気というだけであって、内容が或るかどうかは別問題です。私の友達(百合好き)は「女の子が可愛いだけで内容は…」といっていたのできっと全国万人共通の認識でしょう(早めの思考放棄)

序盤の主人公の矛盾さというか、度を越した内気な性格とそれに相反するようなやさしさは戸惑います。が、直に慣れてきます。大抵こういう作品は慣れが重要だと歴史は語っているので、真剣にというよりはなんとなくの感覚で見ることをおすすめします。ストーリーもだいぶ単調ですが、人が頑張って何かをしようとする姿勢は好きなのでその勢いで最終話まで。

原作を読んだことがないのでわかりませんが、だいぶ打ち切り臭がすごいです((
あのラストこそ本作に合っているんでしょうが、かと言って手放しに褒めるのもなんかなっと思っている次第です。

本作の全体的な評価としては嫌いではないです。
しかし、内容がうっすいので「時間の無駄だ!」という人はいてもおかしくはないかもしれません(というか結構いるらしい)。
まぁ見てみて、だめだったら切れば良いってレベルなので優先して見る必要はないと思います。

監督はいしづかあつこさん。さくら荘やノゲノラの監督をされた方ですね
シリーズ構成は吉田玲子さん。ガルパンやけいおんのシリーズ構成をされた方ですね
キャラデザは渡辺敦子さん。機巧少女やレイブンズなどのキャラデザをされた方ですね
劇伴は高田龍一さんと帆足圭吾さん。
アニメ制作はMAD HOUSEさん。ノゲノラや魔法科高校を制作したところですね

作画は良かったです。特にダンスシーンは素晴らしかったです
opは畑亜貴さん作詞、田中秀和さん作編曲、部員歌唱の「花ハ踊レヤいろはにほ」
edはボカロPであるゆうゆさん作詞作編曲、smileY inc.さん歌唱の「花雪」
声優さんはとても良かったです

総合評価 まぁ本気で見なくてはいいかな

投稿 : 2020/12/31
閲覧 : 171
サンキュー:

12

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

よさこいを題材にした、青春ガールズアニメ。
みんなそれぞれに問題を抱えているけど、よさこいを通して、人間的に成長していく姿がとても良かった。
ただよさこいをしている訳ではなく、成長した姿をよさこいで現しているところがさらに魅力的だった。
知名度が低いからなのかは分からないが、もっと評価されるべき作品だと思う。

投稿 : 2020/12/11
閲覧 : 95

シャベール大佐 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

色使いがとても綺麗な、きらら系の青春よさこいアニメ

よさこいを題材にした、きらら系の青春アニメ。全12話。
2014年の夏アニメですが、初見のときは個人的にちょっとバタバタしていて(引っ越しがあったもので)時間が取れず、中盤で視聴を断念していた作品。再放送で久しぶりに観始めて、今回は無事に完走できました。
物語は、引っ込み思案の中学生・なるが、アメリカからの転校生・ハナと出会ったことをきっかけによさこいを知り、メンバーを集めてよさこい部として活動していく、みたいな感じ。部活系のアニメとしてはオーソドックスな流れですが、とんとん拍子に話が進むわけではなく、割とひとりひとりのキャラのドラマに時間を掛けていきます。それぞれのエピソードは、家族との葛藤を描くようなものが多く、別に重たいというほどではないにしても、それなりに真面目な内容を含んでおり、決っして「きゃっきゃうふふ」だけの作品ではなかったです。中には、ちょっと無理矢理っぽく感じられるような展開もありましたが、基本的に善良な作風なので、全体としては気持ちのよいストーリーでした。
作画は、色使いが綺麗だったのが印象的。OP映像の動きも良かったです。音楽は、OP曲が歌詞もメロディーも覚えやすくて、とても耳に残りますし、ED曲も結構好きでした。
最後まで観終わって、萌えとシリアスのバランスが取れていて、まあまあ面白かったです。6年前の作品で忘れていましたが、監督がいしづかあつこ、OPの作曲が田中秀和、主人公の声が上田麗奈など、いま思うと「なるほどな」という人たちが作っていて、なかなか手堅い作品だったように思います。

投稿 : 2020/10/14
閲覧 : 229
サンキュー:

18

みのるし さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

おもしろかったけども。

もっとおもしろいと思ってました。

出てくる女の子の心情や成長ぶりはなるほどな展開なんですけども、そこんところはやっぱりもはや既視感たっぷりなお話ですんで、いしづか&吉田コンビでそないなアタリマエなアレで終わらんやろー的な。


・・・おわっちゃったよう!!


まあそれはそれとして。

よさこい部の連中、それぞれ個性的で個々得意分野があって、それをよさこい部で自然に担当別になって個性を発揮していく流れとなっているんだけども、後半1~2話にそこンところを詰め込みすぎて少々雑な感じしましたなー。

あと肝心のよさこい自体についてももう少しウンチクがあってもよかったんではないかなー。イマイチよさこい自体、若いムスメが寝食を忘れて打ち込むほどの素晴らしさがあるかどうかってとこ伝わってこなかったしなぁ。

まあボクが感じ取れなかっただけなんかも知れませんけども。

まあ、多分テーマとしてはなるちゃんの成長&精神解放にあったんやとは思います。そこは丁寧に描いてはったおもいます。

あの出来すぎたOP。あれがあかなんだんちゃうか!?
1話であれ見たら最終回めちゃめちゃ泣かしよんでーって期待してしまうではないか!

とゆうことでボクが勝手に期待しておもってたんとちゃうかったんでクソ―となったとゆうハナシでした。すいませんでした。

投稿 : 2020/09/29
閲覧 : 371
サンキュー:

19

ネタバレ

MuraBustan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

結構

結構王道。まあいいのでは。

投稿 : 2020/09/25
閲覧 : 136
サンキュー:

6

稲葉姫子 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

女の子の話で百合ではない、さわやかなアニメ

再放送でたまたま見始めて、毎週楽しみになり、今週最終回を迎えました。
「心が洗われるようなアニメ」と一言で言えばいいのでしょうか。

大きな問題も、特別なキャラクターも、恋愛要素も、なにもありません。普通の女子中学生の心の葛藤、動きがよさこい(部)を通して丁寧に描かれています。最初はなる、そして、たみー>ヤヤー>まち(さり)ー>ハナという順番です。

このようなアニメは現在では少なくなっています。地味っていうものでしょうか。それだけに、見る人を選ぶかもしれません。私は自分の感性とぴったり合いました。自分の中学生のころのことを常に思い浮かべながら見ていたのです。

みんなで何かを作り上げる喜びが、この作品にはあふれています。ああ、自分もよさこい部に入りたいとさえ思います。

いしづかあつこ監督らしいといえば、らしいです。素敵な小品です。

OPを見た瞬間に、いしづかあつこ監督とわかりました。皆でジャンプするところなど、監督の癖(カラー)が良く出ています。それから、1組目(1話)のハナが飛び舞うカットがいいなあと思っていたら、コンテは神戸守さんでした。さすがです。

唯一文句?言わせてもらえれば、花彩よさこい祭の踊るシーンはもすこしカットを描いてほしかったです。

ブルーレイを買いそうです。(笑)

投稿 : 2020/09/25
閲覧 : 169
サンキュー:

6

ネタバレ

らいの さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

主人公は自分都合すぎる

途中で断念しましたが、ファンタジーかと思ったら普通のダンス(よさこい)を踊る学園もの。
都合よく転校してきて、話が進んできてそのまま話が進みそうだったので断念してしまった。

投稿 : 2020/08/10
閲覧 : 253
サンキュー:

1

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

★4/ 情熱のリベレーション

情緒溢れるオープニングは必見。
アニメ好きなら義務とさえ言っていい。
"和"のモチーフを強力に活かしつつ
"青春の輝き"としか例えようがない
実に見事な映像美に誰しも心を奪われよう。

"よさこい"への情熱を激しく燃やし
募らせた想いを単身叫び続けるハナ。
憧れと現実との剥離に動けないナルを筆頭に
ヤヤ、タミ、マチへと情熱が伝播してゆくさまが
時に熱く時に優しく描かれていく。

座して見るべし。これぞ正に青春物語である。
 


これズルイわ第1話。ワンダホー!ファンタジック!アメイジング!オープニングと初回にガッツリ予算をかけてキッチリ掴んでいく手法にしっかりと狙いどうり一発でヤラれました。夜空をバックに踊る姿を見せる為だけにパルクールをしている設定もいい。やりすぎだけど。もう一つの特色は5人揃うまで10話を要する大胆な構成。オープニングでネタバレしていても、とても仲間になるとは思えないメンバー達。ヤヤは最初"よりもい"のめぐみポジにしか見えんかった。監督が一緒らしいので"よりもい"のプロトタイプとしてみても面白い。溜まりに溜まった想いが爆発するという点は共通するのかな。牽引役の動機はよりもい白瀬よりハナの方が時間かけた分だけ説得力はあります。ただみんな揃って何かするという方が商業的にウケるということなのでしょう。そういう意味ではメンバー集めにフォーカスしたこの作風は挑戦的と言えるのかもしれません。これもまた我慢劇の亜種ということなのか。

風評を歯牙にもかけないハナを「ガイジンだから」とか「テンプレ金髪キャラってそういう性格でしょ」で済ませないところが素敵です。ここにしっかりと時間を割いて納得させてくれます。日本に来て募りに募らせてきた想いをとうとう実行出来るという事、それ自体がただ嬉しくてたまらなくて何か事を起こさずにはいられないとアツく語る溢れ出した情熱が止まらない彼女を応援せずにはいられないでしょう。好きなものを好きと言えない環境は苦しいものです。自分の想いを語るハナに見える解放された魂の美しいこと。引っ込み思案だったナルが"自分も楽しかった、協力したい"と自分の言葉でハナに伝えられた時点で彼女の成長はすでに遂げられています。あとは転がるだけ。

よさこいの魅力を伝える事に関しては最初から放棄している印象。一生懸命描いたところでどうせオマエラよさこいもしないし南極も行かないだろう?と耳の痛い言葉が聞こえるようだ。よりもいも同様だが牽引役以外は最初から動機なんてない。きっかけなんて何だっていいんだ。やる事行くとこ何だっていいんだ。よさこいだろうが南極だろうが武道だろうがスポーツだろうが何でもいいんだ。最初の一歩を踏み出す事そのものが肝心でとにかく何でもいいから食らいつけ、やってみなけりゃわかんないでしょと訴えかける中学生や高校生の彼女らに見せる背中を我々は持ち得ているのか。



オープニングありきで成立する奇跡の良作。
こういう尖った作品好きですね。

投稿 : 2020/07/31
閲覧 : 350
ネタバレ

ミュラー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ハリウッドばりのカッコよさ

2014年の作品なんですね。一挙放送等やっていたので見てしまいました。

女子中学生がよさこい部を作ってよさこいを踊る話。
とにかく全体構成が素晴らしい。さわやかな感動を与えてくれる傑作だ。

{netabare}5人のメンバーはそれぞれが問題点や課題をもち、それを解消するとよさこい部に入部するという形になっている。それがため、メンバー5名そろうまでに全12話中10話までを要している。
最後の最後、本番の「花彩よさこい祭」直前で部の創始者ハナのトラブルが発生するが、最終話のBパートでアメリカから戻ってお祭り参加!{/netabare}
この最終話がまさにエンタメ。
多くの観衆を十戒のモーゼのごとく掻き分け、走りながら衣装をまとい、
投げられた鳴子を空中キャッチして真正面から舞台に着地!まさにハリウッド映画だね!
このシーンを描くためのアニメといって過言ではないだろう。
とても分かりやすいし、アニメってこうあるべきだよねというお手本のようだ。

少し願望を述べるとしたら、踊っているシーンをもっと見たかった。
最後に主人公のなるが、踊りが楽しいという感想を述べるが、あのシーンは止め絵でなく踊りをバックに述べてもらいたかったなあ。
みんなで綺麗な羽織を作って、番傘まで使った踊りの練習をして、
観客から歓声が上がっているのに、
我々視聴者からは、いったいどんな踊りを踊っているのか、よく分からないという状況。
難しいとは思うけど、ハ・ナ・ヤ・マ・タの踊りのシーンをもっと描いてくれれば、さらに評価しただろう。

女子中学生の成長物語としては傑作だと思います。
よさこいの魅力を伝えられたかという視点では、物足りなかったかな。

投稿 : 2020/07/27
閲覧 : 225
サンキュー:

17

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

テキトーに見てたら良作に出会った。

百合要素と雰囲気良い。それぞれのキャラにしっかり魅了もある(眼鏡っ子は要らんけど)。作画も綺麗なんだけど、一難去ってまた一難みたいなのがちょっと気に食わないな。あと不自然すぎる二重?がずっと気になる。まじで。
物語内容もところどころ好みとズレてんだよな〜。
惜しい、惜しいです!

追記
最終話での最後の舞台が漫画ではしっかり集まって演技してるのね。絶対そっちの方がいいと思った。そこが好みとズレてるところだったから漫画みて驚いたわ。なんで途中から入ってくる構成にしたのか。最終話で最大の見せ場なんだからしっかり最初から決めた方がいいだろ。中途半端だなぁという違和感が残ってアニメでは不完全燃焼だった。ただアニメの方は最終話の多美と父親のワンカットは素晴らしかった。まぁ総合的にアニメ方がいいんだけどね。惜しい作品だ。

投稿 : 2020/07/26
閲覧 : 283
ネタバレ

鎌倉どーもくん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

地元モノ

とりあえず地元が舞台ならばというノリで見た作品。
マイナー部活を支える謎専門ショップという展開だけど、それが無けりゃ話進まないだろうから仕方ない。
今は上がれない鎌倉東急ストアの屋上が出てきただけでも地元民的には観る価値あるのです。
王道的展開でも料理の仕方で観せてくれるというのが分かる作品でした。

投稿 : 2020/06/09
閲覧 : 219
サンキュー:

3

ウェスタンガール さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

乙女道

オープニングテーマの“花ハ踊レヤいろはのほ”が全てを表していると言っても良い。

畑亜貴さんと田中秀和氏、心が踊りだすようなハーモニー、あまり好きな言葉ではないが、“神曲”の称号を与えても良いのではないか。

諸行無常の“いろは歌”を逆手に取って、輝く今を大切に、踊れや踊れと歌い上げる。
過去は自分の心にあるだけで、一歩を踏み出せば、未来は今に寄せて来る。
ただし、そんな想いも“つねならむ”、乙女心は風まかせと“つぶやく”潔さ、である。

1話目の、若干ミスリードに感じる演出をくぐり抜ければ、少し不器用であっても、爽やかに駆け抜ける青春賛歌に出会えるはずだ。
仲間同士のヒヤヒヤ感もお約束、見守る大人たちの甘々もご愛嬌。
ラストに向かって突き進むはJC5人組、ハ・ナ・ヤ・マ・タの面々が繰り広げるげる可愛い勇姿を見届けて欲しい。

“けいおん”、“ガルパン”の吉田玲子と、“よりもい”の“いしづかあつこ”がタッグを組んだ作品であり、時を同じくして、彼女が“ノーゲーム・ノーライフ”の監督もこなしていたことを知るとき、その人を動かす力を、当時のマッドハウスが有した組織力の強さを改めて感じるのである。

投稿 : 2020/05/31
閲覧 : 293
サンキュー:

18

ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

(女子中学生+よさこい)×きらら

[文量→小盛り・内容→感想系]

【総括】
女子中学生がよさこいに出会い、よさこい部を創部して、、、と、大体、どんなアニメか分かります? そんなアニメです(笑)

OPがかなり有名なんで、それだけでも観てほしいっすね♪


《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
キャラクターはいずれも可愛らしい。特にハナは可愛かった。明るく前向きで積極的。アメリカ人はそうでなくちゃ(笑)

各キャラ同士の友情劇もよかった。日常系の雰囲気でワチャワチャと騒ぎながらも、それぞれの悩みやコンプレックスを乗り越えていくのは、非常に爽やか。

惜しむらくは、作画。肝心のよさこいシーンに迫力がないのが致命的。また、よさこいについても、もっとマニアックに深く掘り下げてほしかった。

きらららしい友情劇を期待するなら○だが、よさこいアニメを期待するなら△という感じかな。
{/netabare}

投稿 : 2020/05/18
閲覧 : 228
サンキュー:

21

白ぶどう さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

気持ちよく終わってくれる!

きらら作品の中でもストーリー性の高い作品。
得意な事がない、何をしても普通。何か必死になれるものが欲しいと思っているときに出会った「よさこい」仲間が集まる場面、練習姿、そして本番の舞台。
全てが魅力的でキャラたちが輝いていて一気にみれてしまう面白さでした!
オープニング、エンディング共に素晴らしい曲で何度も聴きました。
総合的にみてかなり良い作品だと思います

投稿 : 2020/05/08
閲覧 : 131
サンキュー:

5

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

初見はテンプレのオンパレードと思ったけど…

容姿も成績も体育も美術もごく普通である
14歳の女子中学生、関谷なるはヒロインに憧れる
日々を過ごしながらも、至って平凡な生活を
送っていた。
しかし、始業式の月夜の晩、なるは月光の下で
和装で舞う妖精のような異国の少女と出会う。
見とれていたなるは、その少女、ハナ・N・
フォンテーンスタンドに一緒によさこいを
踊らないかと誘われる。
なるは「よさこい」という
非日常的の世界へと誘われ、自らを輝かせるために
足を踏み出すことになる。
(wikiより)

というお話。

なんていうか、テンプレだらけの初回でした。
・引っ込み思案のパッとしないヒロインが
・打ち込める何かに劇的な出会いをして
・キーパーソンがいきなり転入してきて
・その何かにちょっと心が揺らぐ

もう、その手のは「けいおん!」でお腹いっぱい
です。
中の人のファンには申し訳ないですが、なるとハナの
声がキンキンしすぎて……。
そもそも、ハナは鳥居の上で舞っていたんですけど、
普通に普通の人間の体で話が進んでます。鳥居から
飛び降りるって……。

細かいコメディタッチなのも、微妙にすべってい
ます。無理やりボケている感じ。

褒める点としては、作画はすごくキレイです。
そして、これは観てしまうきっかけになったの
ですが、和風な音楽がすごくキレイなメロディです。

でも、それだけで観続けるのは厳しいです。
初回で断念します。

=====2020年4月、再視聴後、感想です。

コロナ禍で、いろんな作品を観ていく中で、ここでの
評価が高いこの作品に再チャレンジしました。

思えば、あの「宇宙よりも遠い場所」の監督、
制作会社(MADHOUSE)なんですね。

再視聴してみると、なるほど後の「よりもい」にも
通ずる女の子たちの、目標に向かって頑張る感じが
悪くないです。
リアタイ当時は苦手だったメインヒロインふたりの
キンキン声も、上田麗奈さん、田中美海さんで、
慣れると別に気になりませんでした。

最後ちょっと強引な気もしましたが、お望みの結末で
すっきりとまとまりましたね。
そこもまあ「よりもい」にも通じてますかね。

意外と初見でダメでも、いま観ると悪くないってこと
もあるんですね。

投稿 : 2020/04/28
閲覧 : 269
サンキュー:

9

ネタバレ

ネコサンダー1号 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

人間ドラマ特化きらら

最終話は感動です
全話見終わった後にop見るとウルっときますね〜

本作のメインテーマは、よさこい踊り。
あまり馴染みの無いテーマですが、あくまで主人公達の成長を促す、友情を深めていく上の過程、ツールといった印象です
いい意味で出しゃばりすぎていません。
かといって最終話の踊りで、主人公達の成長が形として現れているので蔑ろにされているといった印象はありません

なので、本作の本当の実の部分というのは
葛藤を抱えた登場人物が、仲間と一緒に成長していく部分ではないでしょうか
予想を覆すような変則的な展開がなく、言い方は悪いですが、不純物が無いという意味では"成長モノ"としての本質的な感動を得られます

個人的には多美ちゃんが好きでしたねぇ

投稿 : 2020/04/27
閲覧 : 143
サンキュー:

9

うぐいす さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

友情と成長とたまに家族愛のきらら系

主人公がよさこいという打ち込める事に出会い、仲間とともに成長していくお話。
きらら系なので「アニマエール」「はるかなレシーブ」などと似た設定だが、こちらは主人公含めた登場人物それぞれの成長に重きを置いている。
「よさこい」自体を全く掘り下げていないのは逆に面白かった。
ほんのり百合っぽく出来る部分はいくつかあったが、あえてそう見せないようにした感じで残念。
物語に起伏があって最後まで退屈しないし不自然さがないのも良かった。
声優は合っていて、主要人物は女の子だけだが耳に響く事もなく観ることが出来る。
キャラ絵は「ゆるキャン」に似てタレ目で、ところどころボヤかしたような作画が少し気になった程度。
たまにしか出てこないが、なるのお父さんが面白かった。
優しいキャラばかり出てくるので気持ちよく視聴出来た。
鳴子で店員さんを呼ぶ居酒屋があり、酔ってやたら鳴らすお客もいたなと思い出した。
一方的で恥ずかしい感想文にキャッチやサンキューしてくれる皆さまには、非常に有難い限りです。

投稿 : 2019/12/19
閲覧 : 172
サンキュー:

6

次の30件を表示

ハナヤマタのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ハナヤマタのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ハナヤマタのストーリー・あらすじ

容姿も普通、頭も普通、美術や体育……何だって普通。そんなフツウだらけのぱっとしない14歳、関谷なる。おとぎばなしに出てくるような“ヒロイン”に憧れて、いつかこんな世界から連れ去ってくれる誰かを待っていたが、中学2年生になった今も、あいかわらずフツウの毎日。そんなある日、なるは月光の下に和装で舞う金髪の少女に出逢う。「私と一緒に、よさこいしませんか?」 突然の出来事に戸惑うなるだが、異国の少女ハナに導かれ、次第に『よさこい』という非日常の世界へと踏み出していく。まだ子供だけれど、ちょっぴり大人。花々しい少女達の物語が今、幕を開ける――。 (TVアニメ動画『ハナヤマタ』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2014年夏アニメ
制作会社
マッドハウス
主題歌
≪OP≫チーム“ハナヤマタ"『花ハ踊レヤいろはにほ』≪ED≫SmileY inc.『花雪』

声優・キャラクター

上田麗奈、田中美海、奥野香耶、大坪由佳、沼倉愛美、豊口めぐみ、小山剛志

スタッフ

原作:浜弓場双(芳文社『まんがタイムきららフォワード』連載)、 監督:いしづかあつこ、シリーズ構成・脚本:吉田玲子、キャラクターデザイン・総作画監督:渡辺敦子、音楽:MONACA、音楽制作:DIVE II entertainment

このアニメの類似作品

この頃(2014年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ