「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(TVアニメ動画)」

総合得点
84.5
感想・評価
2684
棚に入れた
14878
ランキング
241
★★★★☆ 3.8 (2684)
物語
3.7
作画
3.9
声優
3.9
音楽
3.6
キャラ
3.9

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

animeneko さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ヒモファッションで話題に?

原作はライトノベル、小説投稿サイトに投稿されていたものが、GA文庫大賞「大賞」を受賞して、ヒット、150万部売れたとか。
アニメは全13話。

原作 大森藤ノ
監督 山川吉樹
シリーズ構成 白根秀樹
キャラクターデザイン 木本茂樹
アニメーション制作 J.C.STAFF

このアニメか、あのヒモがどうとかニュースにまでなってたアニメはw
このアニメのヒロインがあの例のヒモをつけているのねw.どう見てもまったく実用性感じないんだけど、一応あれ意味有るんだろうか?ブラではないし、単なる飾りだよなあ。

とりあえず7話まで視聴。
一話では、主人公は神様のヒロインとすでに同居していて、冒険者として仕事している。こういう状況から始めると、神様との出会いのエピードとか、主人公が冒険者を目指すようになったイキサツとかすっとばしていて、おもしろくないというか、おもしろいところがすっとばされちゃったね。

舞台設定が、モロ、ダンジョンものゲームそのままの設定なので、何も目新しい物語がないような気がするので、神様とのイチャイチャエピソードで引っ張っていってほしかったね。


主人公の男、神様ではなくアイズ・ヴァレンシュタインの方が好きなのか?天然系優しい男という設定の割には浮気なやつではある。

設定がゲームそのままで、人物やキャラの性格におもしろい人は少ない。
サポーターのリリちゃんのエピソード、暴力犯罪者達に搾取されるかわいそうな子ども、という物語だけはやたらと光っているような気がした。
物語の他の部分はやたらと安易な、ハーレムアニメ展開でしかないのに、時々、えげつない人間が登場するねこのアニメ。

リリのエピソードはよく考えてみると、落語などで見かけた昔の人情話の焼き直しだね。そう思うと、この部分だけ浮いたお話になっている理由がわかる。原作者は落語家何かをみて、ここを引っ張ってきたのだ。

うーん、全体的に細かいキャラや人物を描けてないよなあ。安易な展開ばっかり。

でも絵柄はキレイだね!女の子の体はキレイにほっそりと描いていて、作画陣の女の子の体への思い入れがよくわかるわw表情もキレイ!
このアニメは作画で見るアニメだな。

投稿 : 2021/12/01
閲覧 : 252
サンキュー:

6

U-yan さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

人気あるだけはあります!

次々と続編が制作されているだけはある面白い作品ですね!ファンタジー、バトル好きにはもちろんラブコメ、ハーレム要素もあり、声優陣も豪華です。似たような作品も結構ありますが、2021年11月現在ではⅡ・Ⅲ・また複数のOVAと劇場版。長く楽しめる作品で一気観にもピッタリかもです!

投稿 : 2021/11/12
閲覧 : 51
サンキュー:

1

ネタバレ

誰か さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ワンピースのような爽快感が有る作品

男たちはハマるんじゃないか? と思うアニメですね、特に第一期!!

まあ、ワンピの海賊王ではなく、スタンダートに英雄になりたい男の子の成長物語ですが

二期・三期と割とディープなネタに突っ込んでしまったので、爽快感を求めるなら一期が一番です。

で一期のアルゴノゥトの後にソード・オラトリアの9話以降を見ると、さらに盛り上がること請け合いです。

投稿 : 2021/11/11
閲覧 : 43
サンキュー:

1

ネタバレ

tinzei さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ロリ巨乳のR18率

一話で切ってたから観直したけど、ぶっちゃけエロ目的で観直した。


最初、まさかここまで続く作品になるとは思わなくて切ったけど、これそんなに面白いか?
転生ではないけど、よくある異世界ものだし、キャラは良いけど、ストーリーにそこまで特徴があるとは思えない。


最初にヘスティア観た時、「これ、エロ同人のネタにされるやつだ」って思ったら案の定だった、やっぱロリ巨乳のR18率は異常。

投稿 : 2021/10/12
閲覧 : 103
サンキュー:

0

ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

暇を持て余した神々の遊び

原作未読 ただし珍しく原作に興味が湧く


{netabare}「神様…僕…強くなりたいです」{/netabare}
神様ヘスティアが安西先生に見えた初回で期待に胸膨らんだ。大きく外すことなく全13話完走です。
タイトルは知っていて地上波再放送を機に手を取った『ダンまち』。タイトルと見た目で視聴優先順位を下げていた過去の自分よ、なんておバカさん。

至極真っ当にRPGしている作品でした。ノリでいえばそこはかとなく『Dungeons & Dragons』や『ウィザードリィ』古典の香りがする佇まい。

ダンジョン潜入

クエストの達成やモンスター戦闘による経験値稼ぎ

ギルドでのクエスト成功報酬受取りや宿に泊まるとステータスやLVアップ
 {netabare}※注 本作ではファミリア元締めの神にナニされるとステータスアップ{/netabare}

{netabare}ダンジョンの存在意義といった根っこの説明は無いです。{/netabare}世界の一部としてダンジョンが存在し、上記ルーティンをこなしていく冒険者の一人、ベル・クラネル(CV松岡禎丞)が本作の主人公です。
転じて、神々の世界。暇を持て余した神々が人間と接触を図り“ファミリア”と呼ばれるパーティを形成するのは本作の特長です。原作は知りませんが、神々の代理戦争といった殺伐した感は無く、神々の特色にあった性格を持つファミリアが複数存在し日夜ダンジョン攻略に励んでおります。
神々のモチーフは各国の神話からの抜粋。ギリシャ・北欧・ヒンズー・そして日本とバラエティに富んでおり、そのうちのギリシャ神話からもじったヘスティア(CV水瀬いのり)がメインヒロイン。ベルくんとヘスティアを中心に神と人間(人外種族も当然おる)けっこうなキャラが登場し物語を構成しております。

そんなややこしそうな設定は観ていればすんなり理解できる親切設計なので物語理解のわかりづらさとは無縁です。そう!分かり易い。
観終わっての感想はいたってシンプル


{netabare}「ベルくん。もうヘスティアでいいじゃないか」{/netabare}


ほら あなたにとって大事な人ほどすぐそばにいるのよ、と思わずにはいられません。
タイトルから色恋沙汰を想像し、蓋を開ければ抑えめで真っ当なRPGをし、いざ終わってみるとやはり看板に偽りは無いんじゃなかろうか、と思える良作です。


1.ナメたタイトルのわりにはまともな内容
ベルくんを軸にしっかり“物語”があるのです。
{netabare}・ヘタレ優男が徐々に地力を付けていった序盤。惚れた弱みだから?眷属だから?駆け出し冒険者のためにヘパイストスに頭を下げるヘスティアの覚悟に感動しました。
・第6話。父母との別離の後、初めて触れたであろう他人からの信頼で救われたリリルカにこれまた感動しました。リリはベルの生命を獲ろうとする程の追い込まれた状況下にいたのです。そしてベルは甘いと思えるやり方を貫き通します。こちらもそういう話なんだと観方を固めました。
・転機となる第8話。第1話と同じケースに直面し…乗り越えました。これがまたベルくんいい顔してるのです。第7話が下地として活きてました。残り5話!
・その後、味方側にいわく有りげな男キャラを配置。最大のピンチ到来。と展開が速くなります。“詰め込み過ぎ”か“怒涛のラストスパート”か受け取り手に任せていて、私は後者寄り。{/netabare}


2.ヘタレな主人公が苦難を乗り越え成長していく
RPGのステータス成長のみに非ず。主人公が殻を破る内面の葛藤も描いた成長物語です。


3.ハーレムは申し訳程度(と感じる)そして俺TUEEEも申し訳程度(と感じる)
ハーレム:ベルくんはモテる要素を潤沢に保持してますので総取りも納得です。なんでコイツが?というキャラのハーレムとは一味違うと一線を引きました。

俺TUEEE:やや力技でした。{netabare}最初から「しあわせのくつ」持ちですしね。ただ、もしかすると死ぬかもしれん、という緊迫感はあったので良しとしてます。{/netabare}


4.緩急つけた魅力的なキャラたち
陰キャ陽キャそれぞれ特徴があったのはもとより、例えばヘスティアにしてもベルくんにデレる(ストレートな愛情表現が◎)ところと、意外と立派に神様してるところなど二面性や緩急をつけてきてました。
{netabare}「罪悪感なんて結局、自分が自分を許せるか許せないかでしかないんだ。君が心を入れ替えたっていうんなら、行動で証明してみせろ。」
※厳しくも温かい。そしてベルくんへの信頼があるからこそ出る言葉でしょう。{/netabare}


主演松岡さんで早々に戸松さんと絡んでるし、階層攻略のゲームっぽいし、モンスターにやられたらきっちり死ぬし、本人は一途ながら出合う女性軒並み好意持たれてるし、と某SAOと類似する点はそれほど気になりませんでした。松岡さんの声のトーンがいつもより高めだったからかもしれません。
既視感はあっても、丁寧に処理されたアニメです。神々と紐づくファミリアの設定は独特で世界観を構成する要素としてきちんと消化できてますし、別個のものとして捉えてます。


気にする気にしないのどっちに転ぶか、どこが刺さるかを言語化できたらラクなんですけどね。上に挙げた4点は魅力というより「マイナス先入観はこうしてプラスに転じました」的な内容。
もう少し掘り下げると、前述4.に絡んで“キャラへの愛着があった”が上乗せされて評価に影響しました。


■祖父の薫陶
人の好いベルくんに脈打つ祖父のDNA。これでだいたい説明がつきます。
{netabare}チートスキル「英雄願望」。ベルくんのモチベというか強さの源泉。女のために体を張る、そして女のために頑張る理由は幼いころ受けた祖父からの薫陶でしょう。{/netabare}
{netabare}「ベル。冒険者ならダンジョンに出会いを求めなくちゃっな」1話
「醜悪な怪物から、か弱い女冒険者を助け、感謝され、いい仲になる」同じく1話
「これぞ冒険の醍醐味ってやつだ!」これまた1話
「ゆけーいベルよ 男なら寝込みを襲え!接吻じゃー」7話
「覗きは男のロマンだぜ!」12話{/netabare}

■ヘスティアの献身
ベルくんは無自覚ですが、ヘスティアのベルくんへの信頼の厚さを端々に感じます。疑いの目を向けられてもヘスティアは動じません。二人の絆の強さを表わす描写に嫌味がなくそこにシビれます。
{netabare}昭和、いや明治の女の凄みを感じます。会ったことないけど。。。旦那を支える覚悟と信じ続けることのできる肝の据わりっぷり。THE内助の功。{/netabare}
{netabare}ヘスティアナイフの時もそうですが、エイナにリリを警戒するよう忠告を受けた時も、生還した後リリを諭す時も、パス・パレード(怪物進呈)を食らったベルくんの捜索隊を出そうとする時も、とむしろベルくんが目の前にいない時の振る舞いに惚れる。{/netabare}
{netabare}“例の紐”も良いですが圧倒的にここが私のツボです。{/netabare}

■長老役リューさん
古くはナウ○カのユパさま。強いです。そして淡々と飄々とさらっと大事なことを主人公に伝える役回り。本作で誰かヒロインを選べと言われたらこのワケあり美女を選びます。
{netabare}一緒の皿洗いでの一言が8話でミノタウルスに対峙するベルくんの背中を押しました。ベルくんをクラネルさんと呼び一歩センを引いている姿勢にも好感です。{/netabare}
リューの雇い主ミア母さんも粋ですね。ラ○ュタのドーラ婆さんと魔女の宅○便のオソノさんを足したような快活おかみさんもいいこと言うんですよ。
{netabare}「冒険者なんて格好つけるだけ無駄な職業さ。最初のうちは、生きることに必死になっていればいい。惨めだろうが笑われようが、生きて帰ってきたやつが勝ち組なのさ。」{/netabare}



難点挙げるならベルくんとヴェルフの名前の音が被ってしまうのはいかんとも。

恐らく原作では言及されていてアニメでは説明不足と感じる部分、アニメ観ただけでは理解しようがない箇所もあったり、未回収は残ります。
続きは外伝(ソード・オラトリア)、そして公開中(2019年3月現在)の劇場版を楽しみましょうか。
さらに2期制作のお知らせが公式サイトより発表されました。


とても見やすいファンタジーの良作。原作まで手を伸ばすかと久々に思える良い作品に出会えました。



視聴時期:2019年1月~3月再放送

-----
2019.08.11追記

この1期視聴から日をあけてオラトリアを視聴。できれば1期とオラトリアはセットで観たほうが良いかなあ、と体験談。結局オラトリア観てすぐこっちを観返すハメに。
これで2期の予習はバッチリということですな(^^)



2019.03.25 初稿
2019.08.11 追記
2020.03.22 修正
2021.10/10 修正

投稿 : 2021/10/10
閲覧 : 861
サンキュー:

80

ネタバレ

ato00 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ヘスティア様に大人の対応を求めるのは間違っているだろうか<追記;OVA>

ラノベっぽいタイトルの意味がわからない。
たぶん、ダンジョンに出会いがあるのだろう。
世界観がRPGだから、たぶん間違っていないと思うけど・・・
神の加護の元、冒険者がダンジョンでモンスターを倒しレベルアップするのが物語の流れ。
最終的な目標はわからないけど、何かをクリアーするのだろう。

主人公は冒険者ベル君。
何か特殊な能力を持った可愛い少年。
とにかく、ひたむきで一生懸命です。
ベル君の神様であるヘスティア様がさらに可愛い。
ロリフェースに巨乳という、何かを狙ったような出で立ちです。

ベル君に対するヘスティア様の溺愛が笑える。
ベル君に近づく女性にヘスティア様は、必ず理不尽な喧嘩を売ります。
そんなベル君を巡るラブコメテイストがこのアニメの見どころかな。

ベル君が特別な想いを抱くのが剣姫。
金髪美人でぼさっとしていますが、とにかく強い。
ベル君の憧れです。
神姫の大人の対応がナチュラルで、私も憧れます。

ED曲「RIGHT LIGHT RISE」はまさに神曲。
トランペットがアクセントとなる気持ちいい曲です。
久し振りに、いい曲に出会ってしまった。

偶然の引力は 神様だって予測できない必然 示しているんだ♪

<追記;OVA>
{netabare}地上への帰り、ひょんなことから温泉を見つけてしまった御一行様。
しかし、そこは・・・

想定内のサービス回。
当然、出会いなんかありません。
いや、タコモンスターとの出会いがあるか。

ちょっと刺激が少ない温泉回。
けど、3回ほどバレン何某さんが一瞬登場。
こちらの方がいい感じです。{/netabare}

投稿 : 2021/10/03
閲覧 : 288
サンキュー:

61

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

男女に出会いを求めるのは間違ってないけどダンジョンに出会いを求めていいのってモンスターだけじゃない?

あらすじはあにこれのを見てね☆

ハーレムバトルみたいな感じカナ?
絵はきれいだと思うけど
にゃんがにがてなおはなしみたい


1話目
{netabare}
ヘスティアってゆう神さまから
冒険者にしてもらったばかりの少年ベルが主人公かな

神さまがボクっ娘でベルのことが大好きみたい^^

あと
酒場の店員さんのシルにも
あったばっかりで気に入られたみたいだし

そこの酒場でベルは
アイズと仲間たちが
自分のことバカにしてるって思って出て行ったあと
アイズが気がついて気にしてたみたいだったし

このおはなしってハーレムだよね。。

ベルが
強くなりたいって思うのも女の子にもてたいからで
どうして
こんなふつうの男の子がもてるのかよく分らないなぁ。。

それで
もてたいって思ってがんばったら
どんどん強くなっちゃうし
よくあるバトルみたい。。

これで
コメディがもっと笑えたらいいけど
バトルで勝って女子にモテモテ。。
みたいなおはなしだったら
3話で見るのやめちゃうかも。。
{/netabare}

2話目
{netabare}
ベルはレアスキルを持ってて
どんどん強くなってるみたい。。

神さまのパーティーで
ヘスティアとロキが胸のことで言い争ってて
ちょっと。。ゆらしすぎみたい^^;

あとフレイヤが
「ここにいる男 食べあきちゃった」とかって
しもネタも多くって

弱いベルが
がんばって強くなってくおはなしはかっこいいし
さいご
ヘスティアを1人でモンスターから逃がしたのだって
かっこよかったんだけど
ベルが強くなりたいって思うのは女の子にモテたいからで

ヘスティアがベルを強くしたいのも
ファミリアだからだと思うけど

子どもを思うお母さんみたいな気もちより
ベルに好かれたいから。。
みたいなところがあちこち出てて

にゃんは
このおはなしって
何となくあんまり好きになれないみたい。。

でも
男子には人気あるみたいだから
気になる人は見てみたらいいかも
{/netabare}

3話目
{netabare}
今日のおはなしはよかった

ベルが勇者になろうって思ったのが
おじいさんをモンスターに殺されたからで
別に
女の子と仲良くなろうって思ったんじゃなかったんだ☆

ヘスティアが来てくれたところもよかったけど
早く剣を渡せばいいのに
どうして!?って思ってたら
何かの儀式みたいなのが必要だったって分った

剣は
ベルが強くなるといっしょに強くなってくみたい

ちょっとイヤだなぁって思ったのは
アイズの話しをするとヘスティアがいやな顔すること
アイズのおかげで助かった人がいっぱいいるはずだから
いっしょによろこんであげたらいいのに☆
{/netabare}

4話目
{netabare}
ベルが人助けするとき
「女の子だから。。」ってゆうのが気になっちゃう。。
「じゃあ。。おじいさんだったら助けないの?」って
聞きたくなる。。

たぶん
ちゃんと助けてくれるって思うけど
この世界ってアイズみたく
女の子だって男の人より強くなれる世界なんだから
「女の子だから」みたいな言い方って
バカにされてるみたい

エイナさんは
公私混同しないって言ってるけど
ほかの冒険者ともいっしょに買い物に行ったり
防具をプレゼントしたりするのかな?

今週は
ソーマ・ファミリアのリリが
ベルのサポーターになるおはなし

ソーマ・ファミリアって
お金のために盗んだりも平気でするのかな?

でもベルが
稼いだお金を山分けしちゃう
いい人だって分かって変わるのかな?

あと
ヘスティアってローン返すために
店員のバイトしてたんだw
{/netabare}

5話目
{netabare}
はじめはベルとヘスティアのデート
ちょっとおもしろかったけど
ヘスティアがベルによくしてあげるのって好かれたいから。。
みたいな感じがあんまり好きくないなぁ。。

それから
ベルが誰かが忘れてった魔導書を読んで
魔法が使えるようになるおはなし

アイズのひざまくら付きだったね^^
ベルは思わず逃げちゃったけど
アイズはベルのこと嫌いじゃないみたい。。

あと
リリとソーマ・ファミリアのおはなし
いつもお金お金ってゆう感じなのどうして?
リリはお金ためて何しようってしてるのかな?
「もう潮時かぁ。。」って言ってたけど。。
{/netabare}

6話目
{netabare}
リリのいやな思い出
「気づいたらそこにいた。。」
何だかにゃんのことみたいだった。。
別に親が死んだりとかじゃないけど

小1のとき転校して
みんなと仲よくできなくって
でも
ママは家にいて休むとおこられたから学校には行った

休み時間になったら給食準備室に逃げたり
どこかにかくれたりしてそのまま授業に出なかったり。。

問題児だったから
しょっちゅうママが学校に呼ばれてた
先生が泣いてた。。

親の都合で何回か転校したけど
どこに行っても仲よくなりかけると
きらわれていじめられるから

できるだけ
おしゃべりしないようにして
休み時間は図書室に行ったりしてた
何かみんなと考えることがちがったみたい。。

毎日みたく
モンスターに追いかけられる夢を見てた
どこにかくれても見つけられてまた逃げるの。。

だから
リリのさびしくってどこにも逃げられない気もち
見てるだけで涙がにじんできた。。

ただ
にゃんにはキライな冒険者はいなかった
いじめられるのは自分が悪いからって知ってた

だから
リリがベルのコトだまそうってした気もちはよく分らない。。
悪いことしたら
もっと悪いことが起きるんだって思ってたから
そしたらやっぱりリリは。。

リリが
自分が悪いから死んじゃってもしょうがないって思ったところ
とっても分った。。

そのときちょっとだけ楽しい時もあるけど
イヤなことのほうが多くって
でも
こわくって自分で死んだりできないし
にゃんもそのまま死ねたらいいなぁって
思ったこと何回もあったから

だから
ベルが助けに来てくれたところは
すごく泣いちゃった。。
にゃんにはベルくんは来てくれなかったから

でも
代わりにあにこれに来れて
にゃんがいてもいい場所見つけられたから
好きなコト書いても
いじめられたりしない場所見つけたから

リリよかったね☆ってほんとに思った
{/netabare}

7話目
{netabare}
だんだん
ベルくんのハーレムが出来てきたみたいw

リリはヘスティア・ファミリアに入って
へステイアとベルくんを取り合いはじめたのw

ベルくんは
ギルドのエイナさんに紹介されて
アイズとお友だちになれて
戦い方を教わることになった☆

ときどき
ミノタウロス?に剣を渡して戦ってる冒険者が出てきたけど
何をしてたのかな?
{/netabare}

8話目
{netabare}
ベルは9階層で
いるはずないミノタウロスに会って負けそうになったけど
アイズが助けに来たら
「もう助けてもらうわけにはわけにはいかない!」って
「英雄になりたい!」って。。


弱かったベルが
いつの間にかアビリティ。。オールS

はじめたばっかりなのに
一生けんめいがんばって強くなるおはなしは
「ベイビーステップ」に似てるかも

ベビステのほうが
そんなにチートっぽくなくってにゃんは好きだけど
こっちは絵とか動きはキレイで
こっちも見ててアツい気もちが伝わるし
バトルが好きな人は
たぶんこっちのほうが好きだって思う☆
{/netabare}

9話目
{netabare}
今週は新しく仲間になったヴェルフのおはなし

ベルくんはレベル2にランクアップ
リトルルーキーってゆう二つ名をもらって
防具も新しくしようかなって思って
今まで使ってた防具を作った
ヴェルフ・クロッゾってゆう人をさがしてたの

それと
これから行こうって思ってる
中層のモンスターは強くってたくさんいて。。
1人で処理しきれなくなるから仲間がいるって言われて
それも探してたらたまたま会ったのがヴェルフで。。


ベルくんが強くなったくらいで
そんなにおもしろいおはなしじゃなかったけど
ヴェルフがよさそうな人でよかった☆
{/netabare}

10話目
{netabare}
にゃんはこわがりだから
わざと中層に行く冒険者の気もちってよく分らない。。

ゲームとちがくて失敗したら自分だけじゃなくって
仲間だってほんとに死んじゃうのに
ふつうはもっと強くなってからとか
強い人についてくとかするんじゃないのかな?

負けそうなところで生きのこったりするから
ベルくんがかっこよく見えるのかもだけど
いつも自分のレベルギリギリで戦ってたら
いつかやられちゃうんじゃないかな?

だから「冒険者」ってゆうのかもだけど
アイズが助けに来てくれなかったら
ここに来る前に死んじゃってたかも。。

にゃんは
そんなおはなしだったって思うけど

ほんとは
ベルくんがミノタウロスを倒してかっこよかった
ってゆうおはなしだったのかな?
{/netabare}

11話目
{netabare}
ベルくんが
気を失った2人ををつれて18階を目指すところは
見てて痛かった。。

ほんとにやったら
ヴェルフの頭とか地面のでこぼこに当たって
血とかいっぱい出ちゃいそうだよね^^;

それでもゴライアスに追いかけられて
やっと縦穴に着いたところはドキドキしちゃった。。

おはなしはそれくらいかな?
あとはハーレムw
女子に囲まれて赤くなってたりとかw

今回はブジだったけど
今度むずかしいところに行く時は
もうちょっと強くなってから行ったらいいかも☆
{/netabare}

12話目
{netabare}
前半は
ダンジョンの町に行って観光
それから女子の水浴び。。

ベルくんはどんなことしたって
女子からきらわれたりしないみたいw

その代わり
男の人たちからはきらわれやすいのかな?

後半は
ヘスティアがさらわれて
助けに行ったベルくんが
見えない相手にボコボコにされるけど
さいごは
気配を感じて目をつぶってても勝っちゃう。。

それから
アイズはいつも助けに来てくれるね^^

あと
ヴェルフがガケから剣を落としちゃった
大事なもの?
あとでさがしに行くのかな?

さいごにでっかいモンスターが来た?
あんなに大きかったらビルくらいありそう。。
また誰かのイジワルなのかな?
{/netabare}

13話目
{netabare}
ごめんなさい。。
さいしょからさいごの方までずっとバトルって
やっぱりって思ったけど
ベルくんが起きてまた出てきたところで眠っちゃったw

そのあと何回かくり返したけど
やっぱりベルくんが出てくると眠っちゃうの
だって
戦わなくっても勝つの分ってるんだもん。。
気合で勝っちゃうんでしょ。。

さいごは何とかボーってしながら見てたけど
うん。。あんな小さい体で
剣だってあんな短くって切れるわけないよね
やっぱり気合だよねw


あと
おじいちゃんの教え。。
「仲間を守れ!
女を救え!
おのれをかけろ!。。」
って

どうしてここに「女を救え」が入ってるの?
すごい強い人2人アイズとリューさん
どっちも女でこの世界って
男女は強さと関係ないみたいなのに。。
{/netabare}


見終わって。。

ふつうに
オレツエエエのハーレムバトルだったw

にゃんはバトルがあんまりなかったら
よかったのにって思っちゃったけど。。

でも
いろんなヒロインがいてみんなかわいいし
絵もきれいなほうだし
ダンジョン攻略で
バトルで負けたらほんとに死んじゃう。。
ヒーローの中の人は松岡さん。。って

SAOが好きな男子だったら
ゼッタイはまりそう☆

投稿 : 2021/10/01
閲覧 : 1481
サンキュー:

183

自分用メモ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

タイトルなし

作画がよい
キャラはヘスティアとヴェルフが好きだが、他は魅力を感じない
物語に関してもヴェルフのとこが好き それ以外は大抵主人公のためのお話という感じで特に印象なし
初視聴時は最後までさくっと見れたが再視聴時はまるで楽しめなかった

投稿 : 2021/08/30
閲覧 : 54
サンキュー:

1

退会済のユーザー さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

酷い厨二病もどきアニメ

とにかく内容が軽薄すぎるアニメ。
主人公が俺強くて真っ直ぐでモテモテハーレムみたいな感じ。ただ女々しく観ていてイライラする場面が多々あり。
関わるキャラのバックストーリーも内容が無くとてつもなく薄い。そんな話を聞いた主人公が勝手に心を打たれてみんなで頑張るぞえいえいおーアニメ。伏線も何もないが作画は好きな人がいると思うので子供が観れば良い。大人には一切お勧めできません。

投稿 : 2021/07/10
閲覧 : 171

コタロー さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ダンジョンものでは一番の傑作です。

何回見直した事か!!
ベル君!すばらしい。人として
弱い物が強くなるさまが最高です。

強者としても
優しさ
平等さ
を重んじ
冒険者として目的の追い求め
人の悩みや相談ごとに
ほっとけないタイプ

すばらいい作品です。
ぜひ
ダンジョンものに興味がない方にも、
オススメです。
人との関わりの大切さを感じて下さい。
また、希望を持って生活できる
一回り大きくなる意味を感じて下さい。

是非!!

投稿 : 2021/05/30
閲覧 : 114
サンキュー:

2

kyani さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

やっぱダンまちは、面白い!!!

4期の、発表がされて、また見ることにしたのですが、もう最高。作画から物語、キャラ久しぶりに見てもうほんとよかった。

投稿 : 2021/05/25
閲覧 : 104
サンキュー:

1

善吉さん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

内容はともかくキャラは好き

スロットからの視聴です。
展開がワンパターン気味で後半は少し退屈でした。
それでも主人公ベルくんの成長を見てるのは楽しかったです。
想いの強さが人一倍でヒロインが惹かれるのもなんかわかりますね。
ヘスティア様は神っぽくないのが可愛かったです。

投稿 : 2021/03/09
閲覧 : 211
サンキュー:

5

ネタバレ

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトル関係あるの?

原作未読。
うーん、ラノベ原作らしいといえばらしい作品ですかね。こういうジャンルはそれこそいくらでもあるので想定外の展開か想定内でも楽しめるかになるわけですがこの作品は後者になるかな。となるとキャラ次第に好感持てるかが結構大きいわけですが・・・まぁ無難ですね。正直一気見した位ですから面白かったとは思うんですが、何か釈然としない・・・そんな感じです。
考えても仕方ないんですけど、ご都合主義はともかく強くなりたいって動機が弱いというかこの作品全体的に何か全て漠然としてるんだよなぁ。原作には芯の通った理由があるのかな?{netabare}主人公やサポーターへの仕打ちも何でそこまでする必要があるのかさっぱりわからない{/netabare}
・・・とにかく理由がわからない(原作ではあるのだろうか?)もし原作にはそのへんがしっかり描かれてるなら監督や脚本が悪いって事になるけどね。なので何故か一気見したわりに評価が低いんだよな(笑)。これで終わりでいいんじゃないかな。


私のツボ:結局血筋かよ、もうねナチスの考え方が正しいんじゃね(笑)


外伝(ソード・オラトリア)視聴済。
分ける必要もないのでこちらへ。多分、主人公はアイズ。話的に続きはありそう。個人的にはそこそこ人気のシリーズの外伝なら枠埋めとしてもってこいだったのかなと・・・。まァ何か、やっぱイラッとする所はこのシリーズっぽい。


1期OVA・劇場版・2期視聴済(2020.1)
この作品はストーリーというよりやはりキャラ重視なのかな?物語の展開はベタだし特に特徴があるとも思えない。決して面白くないわけじゃないが個人的にはハマらない・・・あくまで個人の嗜好だが好みのキャラができない(キャラデは好きな方)。例えば「IS」(比較対象として適当かわからんが・・・)の主人公を取り巻く主要ハーレム要員はかなり癖が強くそれぞれ魅力があって主人公との絡みも面白い(話自体はかなりアレなんだが・・・)。そういう部分を含めどうも自分には弱い印象の作品なんだよなぁ・・・まだ続くみたいだけど・・・人気あるんだね。


3期視聴済(2021.2)
製作頻度は非常に優秀。大体2年に1作という間隔である。そしてすでに4期も決定してるようである。それだけ支持を得ている作品という事なのだろう。この期でとあるキャラが主人公を「偽善者」といい、しかしそれが「英雄」の資質みたいな事を言っているが確かにこの作品は主人公の偽善的行動が物語の主軸である。そしてそれは「理想」なんだと思う。
通常、淡い理想主義なんかは現実の中で木っ端にされて屈折したりするものだが彼は神の加護なのか特殊能力なのか必ずうまくいき、仲間が増え信頼を得ていく。そして誓うのだ、「強くなりたい」と(笑)。

私のツボ:神っている?

投稿 : 2021/02/17
閲覧 : 446
サンキュー:

15

ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

いえ、間違っているのは作品の『タイトル』です。

原作未読。2017年春アニメのスピンオフ作品公開という事で視聴しました。

主人公・ベル・クラネルの声優が松岡禎丞さんだったせいか、どうしてもソードアート・オンラインとダブってしまいました。
同じダンジョン攻略系だし、ファンタジーだし・・・。
ナイフと剣、魔法有り無しとか、微妙な違いしかないし・・・。
SAOがデスゲームだったのに対して、こちらはリアルのダンジョンなので、ダンジョンでの死=リアルの死というのも相通じるし・・・。
いつの間にかハーレムっぽくなっているのも同じ(笑)。

要するに、「SAO大好き!」という人にはきっと合うんじゃないかな?
私もお気に入り直行でした。

ところで、この作品のタイトルってひど過ぎませんか?
タイトルだけ見ると、女の子目当てでダンジョンを出入りしているチャラい主人公しか想像できなかった。
だから私はリアルタイムでは視聴を敬遠したのに・・・。

主人公は、一生懸命に、馬鹿真面目に冒険しています。
特に{netabare}前半は弱かった主人公が、中盤少しずつ強くなっていく様子は{/netabare}SAOには無い面白さだと思います。

投稿 : 2021/02/17
閲覧 : 1889
サンキュー:

91

オカルトマン さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

感想

1話で断念。1話の時点での世界観の説明が分かりにくい。
良いところは女キャラがエロイ。
でもそれを加味しても2話以上見たいとは思わなかった。
でも3期まで続いてる人気アニメらしい。

タイトルがオンラインゲームでナンパを推奨するみたいなことを連想させて好感が持てない。

投稿 : 2020/12/17
閲覧 : 259
サンキュー:

9

fluid さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

人物の描写が細かくリアル、人間ドラマや深まる関係がおもしろい

ダンジョンに夢を抱く駆け出し冒険者ベルの成長を描いた作品。
いろんな表情を見せるベルの人柄に引き込まれ、応援したくなります。
ミノタウロスに殺されかけ、命を救われ、あこがれ、弱さに自己嫌悪したり、悔しさや夢をバネにして力強く努力する姿がとても良いです。

よくあるファンタジーものと違って人間ドラマがとても濃いです。全体的に明るいコメディタッチ、笑える感じの描写が多く、ベルの人柄に引かれてどんどん人が集まり、変化していく関係が見てて飽きません。登場人物がものすごく多いのに一人一人の描写が細かいです。

■人間ドラマがおもしろい
・あこがれのアイズを見ると反射的に逃げ出すベル、そしてベルを追いかけるアイズ。ウサギか何か小動物を追いかけるような雰囲気。追いかけてるうちに興味が湧いてくる様子が描かれていて、その細かな変化がおもしろいです。アイズは無表情なので細かな表情の変化が何を意味するのか考えるのが楽しいですし、天然キャラで何をしでかすのか分からない感じも良いです。

・ヘスティアとベルは元気いっぱいで作品全体を明るいイメージで包み込んでる感じが良いですね。女神なのにアルバイトしたり、主食がじゃがまる君(ふかした芋)だったり、お笑い担当。でも女神の、親としての立場でしっかりとベルの成長について考え、悩む姿が見られたり、ベルとの関係に深みが出てる感じが良いです。どのファミリアにも入れてもらえず一人ぼっちだったベルに手を差し伸べてくれたヘスティア、その期待にベルはどう答えていくのか。

・担当アドバイザーのエイナに対してはいつもニコニコした表情で心を開き姉のようにしたうベル。二人の関係がまるで手なずけられたウサギと調教師みたいでおもしろいです。あれ?お母さん?みたいな。

何十人と登場するキャラクターすべて、一人一人の描写が細かく生き生きとしていて、ストーリー展開と同期しながら人と人の関係性が細かく変化する様子が見てて飽きません。周囲の人達がみんなあたたかく、お正月のコタツのようにホカホカした気分になります。

■主人公が魅力的
裏切られても相手を救おうとするベル、どんな相手にも感謝を示すベル、いつもニコニコ優しいベル、少年のように照れたり落ち込んだりするベル
ただし、何も考えてないただのバカとは違い、むしろよく考え、時間を置いて判断する姿や表情が見られるところがリアルです。描写が細かいです。(相手が話すときは動きを止めて無表情で真剣に集中して聞いたり、うつむいて真面目に考える表情を浮かべたり)
とても頼りなさそうに見えるのに内面は透き通ったガラスのように美しく、あきらめずに力強く成長していく魅力的な主人公です。

■バトルシーンが数秒で終わるところがGood
一つ一つの動きにしっかり理由があるので見てて飽きません。(神様をどう逃がすのか、抱えて逃げる、隠れてやり過ごす、おとりになる、武器を失う、など。そして、魔法を初めて覚えたワクワク感を戦闘で表現したり、悔しさを戦いに向けたりと、感情的に意味を持たせるシーンも多い)
カッコいい戦闘シーンを見せたいだけの退屈なアニメ(何の意味も無く何分間も延々と戦うだけのアニメ)とはまるで違います。

■低評価が付く理由を考察
人物やドラマを楽しむアニメなので、ストーリーや設定を重視する人からの評価は低いようですね。たしかに、ありきたりな展開と設定ですが、何百という作品を見るとありきたりでは無い作品なんて無くなります。人物の描写が薄いアニメはもうすべて同じに見えます。
見ても感情の細かな変化が読み取れない人からの評価も低いようです。似たような経験をしたことがなければ自分の身に置き換えて考えることはできません。(感情移入して楽しむためには、それを理解するための経験が必要。実体験でなくても何らかの作品から得ることも可。出生率の低下はこれが原因という話もあります。テレビドラマで満足してリアルで行動する意欲が低下する。)コメディタッチも多いので。笑いを理解するためには笑いを理解するための経験が必要になります。(テレビのお笑い番組を見ても笑えない人と笑える人が居るのと同じ)(野球を見てもおもしろくない人とおもしろい人が居るのと同じ、野球で努力して嬉しさや感動を得た経験がないと、なかなか興味がわかないどうでもよいスポーツに見える)

投稿 : 2020/12/16
閲覧 : 174
サンキュー:

13

ネタバレ

ftdCU91959 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

安定した作品

主人公がとある人物に追いつくために冒険し成長していく物語。
ハーレムものです

このアニメの1番の魅力はキャラです。
ヘスティアをはじめ、さまざまな女性キャラが登場します。どのキャラも魅力的で、見ていて楽しかったです。

あと、EDが曲と映像が合ってて、自分は好きでした

投稿 : 2020/11/29
閲覧 : 244
サンキュー:

10

ネタバレ

gkm さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

9割の人間が認めるほどの高校生向け王道冒険ファンタジー

弱い主人公が特殊能力、武器、魔法、仲間などを段階的に入手していき、精神的にも肉体的にも成長する演出が序盤からなされている。
ハーレムにも矛盾や違和感がないようにうまいこと話を進めている。
違和感少なく話が進み、最終的に他人が倒せないような強敵を主人公が一人で倒せるようになるのは爽快である。

欠点はまず、ヘスティアが無駄にエロいこと。
下品のレッテルをはられても仕方がないかも。あれで幼い言動をしてるんだからもはや犯罪。
エロは広告塔となりうるが、他人にはオススメ出来そうにない。できることなら早めにヘスティアのエロについて何らかの理由付けをしたほうが良かったとおもう。
次に主人公ベルの違和感。精神的な成長が見えてこない。あまり好きになれないのはもとから精神的に強者のくせに弱者を演出しているからか。
まあ、主人公は一貫して聖人であるため、登場人物をことごとく救出する姿は憧れを持ってもいいかもしれない。たぶんベルは人間ではない。

以下にまとめを書いて終わりとします。

ポジティブ(緩和をもたらす)

ハーレムの形成(ヘスティア、リリ、エイナ、シル、リュー)
特殊能力の獲得[経験値](ベル、アイズ)
武器の獲得[短剣](ヘスティア)
魔法の獲得[魔導書](ベル)
リリの改心と救出(リリ、ベル)
想い人への接近(アイズ)
憧れの人への接近(アイズ)
強敵の打破(ミノタウロス)
二つ名の獲得[リトル・ルーキー]
仲間の獲得(ヴェルフ[鍛冶師]、リリ[サポーター])
モンスターからの脱走[中層]
悪人に勝利[中層]
中ボスの退治[中層](ベル)
成長[ステータス、他者を守る気持ち]
性格[無邪気、女性を守る、平等、英雄を目指す]

ネガティブ(緊張をもたらす)

他者からの嘲笑(モブキャラ)
他ファミリアでのリリの差別(リリ)
仲間の裏切り(リリ)
いたずら者の謎(フレイヤ)
大型モンスターとの戦闘[地上](ベル、ヘスティア)
ミノタウロスとの戦闘(ベル)
複数のモンスターとの戦闘[中層](ベル、リリ、ヴェルフ)
透明化する悪人との戦闘[中層](ベル)
中ボスとの戦闘[中層](階層主、ベル)
ダンジョンの謎[最下層]

投稿 : 2020/10/19
閲覧 : 358
サンキュー:

7

ネタバレ

shino73 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

君も僕もロトの勇者だ

制作J.C.STAFF。

舞台は迷宮都市オラリオ。
冒険者は広大な地下迷宮に潜り、
モンスターと戦っては生活の糧を得る。
剣と魔法の冒険活劇、
王道RPGファンタジー。

この作品はキャラやシナリオに嫌味がない。
明朗快活な冒険譚である。
ただ強さに憧れ夢見る少年の物語です。
ロリ巨乳のヘスティアは、
いつも不貞腐れててかわいい。
声が凄くいいですよね。
アイズヴァレンシュタイン…透明で美しい人。
惚れた(〃▽〃)ポッ
{netabare}鍛冶屋に物語の焦点を当ててくれたのは嬉しい。
こういう世界は職人が支えているのだ。{/netabare}
ED曲が爽やかで耳に残ります。

構えることなく素直に見れる。
貴重なエロありコメディありの冒険譚。

勝者は常に敗者の中に、
失敗から多くを学ぶのであろう。
そうやって強くなればいいのだ。

ベルくん頑張れ、きっといつか報われるさ。

投稿 : 2020/10/19
閲覧 : 841
サンキュー:

102

§オルガ・スターク§ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

★★★★

2020.10.6 格付更新

投稿 : 2020/10/06
閲覧 : 115
サンキュー:

0

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

これこそ普通の冒険ファンタジー。

王道冒険ファンタジー。主役はベルくん。駆け出し冒険者だったが、あまり力がない女神ヘスティアの加護を受けることになりギルドを作る。そして街の地下に広がるダンジョンへと冒険へいく。
ベルくんはまだレベルが低いため敵の弱いダンジョンの初めの方を冒険するが、奥の方から出てきたミノタウロスに遭遇! ベルくんは根性を見せてやっつける場面がやはり印象的だ。戦姫と呼ばれ美人の冒険者アイズにあこがれを抱く。ヘスティアとの三角関係の予感も┅
ベルくんはお人好し。お手伝い役のサポーターリリに裏切れ荷物を盗みダンジョンに置き去りにされたけど許す。うーん、ベルくんはいい人でがんばりやさんだ。
ダンマチのストーリーはよくある冒険ファンタジーだ。普通のファンタジーが良いならこれかな。

投稿 : 2020/09/22
閲覧 : 261

パスタ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

普通

ありがちなテンプレ異世界作品でした
おそらく中高生あたりのお子さんなら楽しめそうですが、大人が観るならかなり微妙です
「とりあえずこの展開にしとけば皆喜ぶやろ!」を余す事なく盛り付けた感じ。可もなく不可もなくですが真新しさは無かったです。
ただヘスティアは抜群に可愛かったらキャラ評価は星が星5👍

投稿 : 2020/09/04
閲覧 : 221
サンキュー:

2

なおなお さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.3
物語 : 1.0 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

いろいろ稚拙な作品。大人の鑑賞には向かないのではないでしょうか。レビュアーの年齢層登録推奨

Amazon primeで視聴。原作未読。

見始めてから、三度ほど断念を挟んで視聴完了しました。
中断の理由はあまりに幼稚な物語、あまりに稚拙なキャラクター造形にあります。

第一話で主人公の動機や背景がろくすっぽ示されないまま中途半端に物語がスタート。
そこに持ってきて不自然なほど喚いたり叫んだりを判で押したようにギャンギャンうるさいキャラクターたち。合間に判で押したように必ず差し込まれるエロ要素やなぜかボクっ子のヒロイン。自称がボクの女性キャラって作者の浅いキャラ造形の力量が透けて見える感じがして見ていて非常に痛々しい。つまりは不快でしかありません。

また、これが最も重要な理由なのですが、主人公のナヨナヨが見ていて非常に不快。
途中でレギュラーに加わるキャラクターへの態度も裏切られて殺されかけたにしては理解できない異常としか思えない受容度の高さ。お人好し、の一言で周囲が片付けてはいけない水準の異常性を伴うキャラクター設定。これ、リアルにいたらなんらかの診断名が付く異常者です。バランスがいろいろとおかしい。
おそらく原作者側のキャラ設定ありきで、それがストーリーの必然性や整合性を無視して優先されてるのでしょうが、それにしても酷い。あまりにも酷く稚拙に過ぎます。

これ、アニメを見始めた小学生とか、性に目覚め始めた中2の人くらいならいいのかな。

視聴完了するのにここまで苦労する作品は久しぶりでした。一度見始めた責任感のような何かと、アニこれの星の数といったものから完走はしたものの、中学生のボランティア部員が幼稚園児向けに一晩で頑張ってかき上げた絵本だよーでもちょっとオトナっぽい好みが入っちゃった、あと最後の方は徹夜明けでまあアレだけどゆるしてねーてへぺろ。という視聴後感です。

他の方のコメントを拝読すると説明不足も酷いようですから、それも原因なのかなと。アニメで初めて関わった人々を置いてけぼりで、適当に主人公がステイタスアップを果たしていきますが、なぜそこまで異常なステイタスアップができるのか、その説明もろくになし。アニこれのコメント欄で知る始末。しかも主人公の出自に関する重大な情報が、最後の最後に聞き取りにくい喚き声の中でこれまたテキトーに置かれるだけ。これ、小説ならば置かれた文字をえ?え?と何度も読み返してプハーそうだったのかあ!とかなるシーンなのですが、いかんせんこれ、アニメなのよね。そこに至るまでの積み上げをしなくてはならないのが、こういうところだけは原作通りなのか、テキトーに原作を脚本にそのまま落とし込んでおしまい、なのでしょう。そしてきっと他の膨大な情報も、適当に提示されていたのでしょうね。あまりに説明不足な上に、エロ要素はこれでもかとばかりぶち込んでくるという。ここまで来ればみっともないレベルでエロ系カットをわざわざ入れてきます。

いい大人の視聴に耐える水準を遥かに下回っていると判断しました。

このサイトの管理人さまへのお願いなのですが、
可能ならば登録時もしくは書き込み時の入力に際して、年齢層や性別などを任意で入力できるシステムを加えていただけませんでしょうか。
純真無垢でちょっとした刺激にも真っ赤に反応する純朴な世代と、
酸い甘いも程よく噛み分けしつつ、ときには手足を灰色に染めながら何十年も人生を編んできた世代では、
面白い、と思えるポイントがある程度は違うのだと思います。

だってですよ、何人も子作りしてきた年齢層の連中が、映画や小説、アニメや漫画なんかでいまさらおっぱいぽよんのラッキースケベでドギマギしたり、ましてやそういう要素をことさら楽しみに作品を手に取る、ということはまあ、一般的にないんですよね。男でも。作品を楽しみ、鑑賞する上ではただただひたすら余計なうざ要素でしかありません。進路に落っこってる犬の●レベルのノイズなんですそういうの。

再視聴はありません。

投稿 : 2020/08/29
閲覧 : 316
サンキュー:

10

ネタバレ

RFC さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルで損してる設定しっかりの成長物語

原作未読。
ラノベでよく見る長ったらしいタイトルで
「あー、ありがちなファンタジー+ハーレム+萌+ご都合主義ですか」
と敬遠していましたが、知り合いが成長譚と勧めてくれたので視聴開始。

【作品概要】
 この世界では神々が退屈な神界を離れ、神の力を封印して
 人々が暮らす下界に降りて暮らしています。
 神は人に恩恵(魔物と戦う力…スキルやステータス)を与え、
 ファミリア(ギルドみたいなもの?)を形成し、
 ダンジョンに巣食った魔物を食い止めます。
 
 主人公ベルは女神ヘスティアの弱小ファミリア(構成員一人)
 に所属し、冒険者半月の駆け出し。
 ダンジョンで運命の出会いを果たし物語が始まる。

【作品に対する感想】
 まずキャラがいい!
 主人公、ヒロインたち、ライバルたち。
 魅力的なキャラばっかり。

 そしてBoyMeetsGirlからの成長物語。
 
 バトルシーンはかなりスピーディーで質は高いと思います。
 
 1期はあくまで導入部のようで、世界全体の構造はまだ分かりませんが、
 続きが期待されます。
 
 また外伝のソードオラトリアも面白そうなので、行ってきまーす♪

1)物語
 ベルの成長と人の相関図には結構な変化があったと思います。
 一人ぼっちだったベルに女神がつき、いろんな人に好感をもたれたり
 仲間が増えたり…。
 ベルの成長はすごく感じられました。
 見ていてすごく楽しめたのは間違いないです。
 成長を見るのが好きな方はお勧めです。

 ただ、全体の物語が進んだ感じはありません。
 そもそもダンジョンがただの地下迷宮で済まない意味を持っている
 ような描写がありながら、結局何かが良く分かりません。

 また、そもそも人はなぜダンジョンにもぐって魔物を倒しているのか?
 単なる防衛の為か?
 神々は一体何が目的なのか?
 今後に期待です。

2)作画
 バトルのスピード感は1級品と思います。
 ベルはレベル1の駆け出しですが、一般的には十分強いんじゃないかと
 思ってしまいます。

 女性冒険者とヘスティアのきわどい衣装はちょっとやり過ぎ感ありますが、
 良しとしましょう。
 ただ、ヘスティアのひもは何なん?いろいろ謎すぎます(笑
 

3)声優
 松岡さんの大絶叫は相変わらず鼻血が出る威力ですね。
 情けない裏返った声の出し方にも言及されてて、興味深かったです。

4)音楽
 井口さんのOP印象的です。

5)キャラ
 ①ベル・クラネル(14)
  世間知らずでお人よし(一歩間違えたらバカ)なんですが、
  困難にも必死で食らいついていくひたむきさが魅力。
  小市民的な感覚も親近感がわきます。
  
  賛否ありそうな憧憬一途のスキルに関しては、
  物語の爽快感、痛快感を増すためには必要かなと

 ②ヘスティア
  ロリ巨乳。衣装もきわど過ぎてこんなのが思春期真っ只中の
  少年と一緒にいたら教育によくありません!(笑
  ステータス更新の態勢はあれでないといかんのか!?(笑
  露骨なエロですが、ヘスティアはベルと同じくらいバカ正直な女神で、
  ベルへの好意を素直に体現しているだけのようなので、
  嫌悪感がないですね。嫉妬で不貞腐れるところも可愛いです。

  あとこの娘は「養われの身は嫌だ」とちゃんと労働し、
  ベルの為に頭を下げたり、ただ受け身だけのヒロインとは違うのも
  ポイント高いです。
  
  もうお前ら幸せになれよ!って言いたくなります。

 ③アイズ・ヴァレンシュタイン(16)
  落ち着いた雰囲気からもっと年上かと思ってました。
  天然で世間知らずなところもあったりで、
  剣だけに特化したかなりバランスの悪い子のようです。
  最初人形のようだった娘がちょっとずつ表情が豊かになっていく
  というのは、それだけで可愛さ10倍です。  
  平気で下乳晒したりとかしてるので、羞恥心はないのかと思ってたら
  温泉回で赤面してたのに萌えました。

 ④エイナ・チュール(19)
  松岡さんがいたと思ったらここには戸松さんですか(笑
  メガネの事務員さん、大好きです。

 ⑥シル・フローヴァ
  最初から好き好きオーラ全開の店員さん。
  ストレートに好意を伝えるのはいいのですが、理由がわからないので、
  裏があるんじゃないかと勘ぐってます。
  無いはずの魔石を持ってましたし。

 ⑦ヤマト・ミコト
  しょっちゅうDOGEZAする羽目になる人。
  キャラデザが好きですが、日本刀に弓、さらには重力魔法と
  多彩な攻撃手段を持っているのも魅力。


 ⑧リリルカ・アーデ
  {netabare}裏切り{/netabare}という私の中で最大級の地雷を踏んだ娘なので、
  なかなか受け入れられませんでしたが、最後のほうでどうにか
  許容はしました。   

6)好きなシーン
{netabare}
 ①ベルとヘスティア じゃがまるくんで祝杯
  貧乏所帯の小さな幸せ、こういう描写好きです。

 ②ベル ベートに罵倒される
  ベートは基本口の悪いヤな奴ですが、これがなければ
  ベルの成長は始まらなかったわけで。
  
 ②シルバーバッグとのバトル
  ステータス更新前後の動きの差で目に見える成長を描けており、
  作画班万歳でした。ヘスティアの言葉も心にしみるものでしたし、
  シルの剛速球も破壊力抜群でした。
   
 ③エスティア リリ 女の戦い
  珍しくへスティアが神の威厳を示し、力強くリリを赦したかと思えば
  ベルのこととなると嫉妬大爆発。悪い人の顔を惜しげもなく晒し
  器が急に小さくなるギャップが笑えます。

 ④アイズ 無防備に寝る   
  普通悪魔と天使のバトルのところ、じいちゃんとヘスティアのバトル
  だったのに笑いました。

 ⑤ミノ++VSベル
  ベルの覚悟の程と激しいバトルに鳥肌ものでした。
  ナイフを刺して血管に空気を入れるためにグリッと回すところも
  描かれていて丁寧だったと思います。

 ⑥VS漆黒のゴライアス
  絶望感が尋常じゃないです。
  あの状況で逃げ出さない(逃げ出しても退路はないんですけど)
  みなさんの胆力は見習いたいですね。

{/netabare}

7)原作について
 (2019/10/20追記)
 後追いで原作読んでます。
 読みやすく、解りやすい文章です。

 時折登場人物のステイタスを書いてあることがあり、
 データ好きな人はツボかもしれません。
 アイキャッチとかに入れればいいのにと思ってみたり。

{netabare}
 アニメ以上の新規の追加情報が思ったより少ないと感じました。
 アニメ化にあたってそれだけうまく情報を拾ってたと
 捉えることにしましょう。
 

 で、アニメとだいぶ印象が違ったのが神々のスタンス。
 人間は娯楽のためのコマ…そんな色がかなり強いです。
 ヘスティアやタケミカヅチ、ヘファイストスがどれだけ誠実な
 神様かよく分かりました。
 あとベルがアニメほど純朴というわけではなく、じいちゃんの
 英才教育の影響かほんのわずか下心アリという感じです。
 (もちろんそれでもあの年頃の少年としては全然純朴ですが)

 絵はヘスティアがだいぶ変わってますね。
 アニメの方はかなり肉感的でぷにロリ巨乳って感じですが、
 原作の方はかなりスレンダーです。
 私は原作の方がいいですね。


 冒頭のカラーイラストがほぼすべてちょいエロなのが気になりました。
 ターゲット層であるティーン男子を意識してですかね。
 アニメオリジナルでも湯浴みシーンがやたら多いのは
 この辺の徹頭徹尾微エロを押すスタイルが元凶と確信しました(笑

{/netabare}

投稿 : 2020/08/27
閲覧 : 680
サンキュー:

31

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

★3/ 訴求と魅力のトレードオフ

今どき珍しいストレートな成長譚。

薄汚れた我々が「出会い」という単語から想起するあれやこれやとは無縁の愚直で潔癖な好青年を見てタイトルに釣られた己を恥じ襟を正すその横で神という名のヒロインが露出で殴ってくるという作品。

マーケティングフックの成功例。
出会いという単語の強烈な吸引力。力こそパワー。
キャッチーな長いタイトルと露出高めのヒロイン。
だがコレに頼ると頭打ち必至。一般層には届かない。ヘスティアの露出が控えめなら嫁子供にも勧められる品質だけにもったいないと思うのだがこれらの釣り要素が無ければこの作品が世に出る事も無かったとも思うのでいかんともし難いところ。

キャラクターはなんとも魅力的に描かれ、バトルシーンもやるかやられるかの緊張感を味わえる丁寧な作画、ストーリーもヘタに謎や逆張りに頼らない素直な成長譚。悪くないというか良い作品だと思う。

アニメキャラクターにエロさを感じる方ならもっと高評価でしょうが、私は逆にエロ描写が無ければなお良かったと思う作品でした。

投稿 : 2020/08/26
閲覧 : 291

シン☆ジ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

主役級の声優さんが目白押し

ゲームの声優さんをそのまま採用しているのかも知れませんが個人的に一番印象的だったのは、声優さんが豪華すぎるところ。

ストーリーとしては王道感があるけど特に後半は飽きない展開。
演出が結構好きな感じで、よくあるエピソードでも
じんわりとしてしまうところがあるにはあったかな。

主人公はありがちな、もどかしい純情少年。
もう少しシャキッとせんかーい!
とツッコミたくなるw

他のキャラは・・
相方の女神さん、悪くはないけど、自分のツボ(応援したくなる美少女)とは違うかな。

一番近いのはリリルカだけど応援したくなるという点でちょっとポイント不足。

てな感じで、多彩なワリに推しキャラが見つからない。
声は魅力的な人が多いんですがw

最近、声的に推したい井口裕香氏はあまり出て来ずop担当。
他にリスペクトしたいのは内田真礼さんかな。
好みな声質を聞ける役どころだと思いました。
種田梨沙さんも好きな声質ですが今回の役はそれとは違い過ぎ・・ってか幅広すぎw
他にも茅野さんとか洲崎さんとか日笠さんとか書ききれない程、豪華過ぎでストーリーが入ってこない事すらw

終盤では主人公の生い立ちが判明し、腹落ちする部分があると同時に2期への伏線となり今後の展開が楽しみに。
1期は「序」だったりするのかな・・

投稿 : 2020/08/25
閲覧 : 274
サンキュー:

21

ニワカオヤジ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:今観てる

超ひも理論

●物語
ヘスティアが有名なので2話ほど見ましたが、話が全く面白くなくて断念しそうです。

1話のイントロ、掴みなので普通は一番大事なはずだけど、全く印象に残りませんでした。どのキャラクターも唐突に初出場するので、あれ?この人って前に出てきたっけ? でもそもそも俺まだ1話しか見てなくね?ってなります。

●キャラクターデザイン
絵は綺麗だしキャラの顔は可愛いんだけど、人間の頭身のバランスが理解できていない。
ヘスティアは身長が140センチしかないのに、手足と顔・体幹の比率が長身のキャラと同じなので、単独で見ると低身長とは思えず、細いのに巨乳なのでむしろ165センチはあるように見えます。
それが他の女キャラと並ぶと頭二つくらい背が低いので、同じ身長で人物を描いて、後からヘスティアだけ縦横比固定で縮小したかのようで、違和感しかありません。

浜〇あゆみ等の芸能人のインスタみたいに、自分だけ小さく細く加工してんのバレバレっすよ、ヘスティアさんw

●主人公ベル
2話にして、自分が情けなくて泣いたり、うれし泣きしたりと何度も泣きます。男が涙を見せるのは最終回の1回くらいにしてこそ価値があると思います。2話で何度も泣いたらウザいだけ。
ほんで、なんで白髪やねん。びびりすぎて髪の毛真っ白になったの? お前はジョーに恐怖したホセ・メンドーサか!

●総括と結論
ということで2話まで視聴してあまり良かったところはありませんでした。しかし物語とかキャラクターとかはこの作品においては些事に過ぎません。

この作品の本質は例の紐にだけあります。
ただし私のように意識高い人間になると、皆さんのように紐をエロい目では決して見ておりません。

紐が両手を上げたヘスティアのおっ〇いに食い込んだり、逆におっ〇いの重さで紐がピーンと張って二の腕に負荷がかかってそうなのを観測しながら、重力と紐の関係から我々の宇宙の成り立ちに思いを馳せておりました。




嘘ですすみません。
皆さんと一緒でエロい目でしか見てませんでしたです。

投稿 : 2020/08/25
閲覧 : 142
サンキュー:

24

wiseman さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

なんでこんな評価低いのかわからん

ストーリーや設定、伏線も個人的には大好きです。
やっぱタイトルかなw
ミノタウロス戦は今まで観たアニメの戦闘シーンの中でも、トップクラスに面白いです。

投稿 : 2020/07/14
閲覧 : 154
サンキュー:

4

ネタバレ

みかづき さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.1
物語 : 1.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

必死さを(本当は)侮辱 善悪の迷い無し 作画に情熱 リアリティ求めたら凶

DVDで一気見

{netabare}
萌 主人公だけ超特別 味方も特別
殺すモンスターには一切の情かけるシーン無し

中身はないに等しいため
OP ED 全部飛ばした 音楽にも情が入らない こんな作品は初めて

作画が良くて途中も崩れない つい続きをみてしまう
キャラは見た目に特化しててとても可愛い

ほかの方の評価にあるとおりインフィニット・ストラトス系
でも 私はインフィニット・ストラトスはたのしめた

また 鉄血のオルフェンズに 心から泣いたひとは
きっとゆるせないだろう

最初から
レベル1で 1人で 半月も ダンジョン5階層まで 生還できる
類い稀な強さの持ち主だが 本人は無力だと

他の冒険者たちを
凌駕する強さ、圧倒的成長の速さ
天下のスキル 天運の持ち主
異性に特に好かれ 抱きつかれるスキンシップの日常
だが 自覚無し
これで まわりを 傷つけないという 誰でも救う 救える天使

神様が お爺さんの死後できた唯一の家族で 絶対に失いたくない 養うと
でも自分(主人公)は 冒険者という いつ命を失い
いつ戻れなくなるかもしれない職業を選択

主人公が 冒険者 という危険な職業にこだわる
納得するような理由 説明ない
ほかの数多の職業が どうしてだめなのか 説明ない

奴隷 搾取され 踏みにじられ
生きる道がそれしかなかった サポーターの女の子
その土壌 世界を こう変えてゆきたい とかは天で無い

みた多くの人にとって 永久不朽の名作ではないだろう

だが 疑問も不快感もこえて こういうノリの作品
とわりきれたひとはたのしめるはず

日本のアニメの品質を 海外にまで 伝えられる
尖った (ある意味)思い切り 切り捨てるとこを切り捨てた作品
{/netabare}

投稿 : 2020/07/14
閲覧 : 173
サンキュー:

11

さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

リリを見るアニメ

リリを見るアニメ。
謎のヒモが流行っていた気がする

投稿 : 2020/07/06
閲覧 : 151
サンキュー:

6

次の30件を表示

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかのストーリー・あらすじ

広大な地下迷宮、通称「ダンジョン」を中心に栄える迷宮都市オラリオ。

英雄譚にあるような「異性との運命の出会い」にあこがれ、駆け出しの冒険者となった少年ベル・クラネルは、ある日ダンジョンで場違いな強さを持つモンスター「ミノタウロス」に襲われる。

あまりのレベル差になすすべもなく追いつめられたベルは、間一髪のところでトップクラスの冒険者アイズ・ヴァレンシュタインに助けられる。

その瞬間、アイズに一目惚れしてしまったベルは、いつかアイズに釣り合う冒険者になろうと行動を開始する。(TVアニメ動画『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2015年春アニメ
制作会社
J.C.STAFF
主題歌
≪OP≫井口裕香『Hey World』≪ED≫分島花音『RIGHT LIGHT RISE』

声優・キャラクター

松岡禎丞、水瀬いのり、大西沙織、内田真礼、戸松遥、石上静香、日笠陽子、久保ユリカ、岡本信彦、早見沙織

スタッフ

原作:大森藤ノ(GA文庫/SBクリエイティブ刊)、キャラクター原案:ヤスダスズヒト、 監督:山川吉樹、シリーズ構成:白根秀樹、キャラクターデザイン:木本茂樹、美術監督:水谷利春、色彩設計:安藤智美、撮影監督:福世晋吾、編集:坪根健太郎、音響監督:明田川仁、音楽:井内啓二、プロデュース:GENCO

このアニメの類似作品

この頃(2015年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ