「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(TVアニメ動画)」

総合得点
78.7
感想・評価
2330
棚に入れた
12889
ランキング
255
★★★★☆ 3.8 (2330)
物語
3.7
作画
3.9
声優
3.9
音楽
3.7
キャラ
3.9
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

shino73

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

君も僕もロトの勇者だ

迷宮都市オラリオ。
冒険者は広大な地下迷宮に潜り、
モンスターと戦っては生活の糧を得る。
剣と魔法の冒険活劇。
王道RPGファンタジー。

この作品はキャラやシナリオに嫌味がない。
明朗快活な冒険譚だ。
ただ強さに憧れ、
強くなるのを夢見た少年の物語です。
ロリ巨乳のヘスティアはいつも不貞腐れててかわいい。
声が凄くいいですね。
アイズヴァレンシュタイン…透明で美しい人。
惚れた(〃▽〃)ポッ
{netabare}鍛冶屋に物語の焦点を当ててくれたのはうれしかった。
こういう世界は職人が支えているのだ。{/netabare}
ED曲が爽やかで耳に残る。

構えることなく素直に見れますね。
貴重なエロありコメディありの冒険譚。

勝者は常に敗者の中に。
失敗から多くを学ぼう。
そうやって強くなればいいのだ。

ベルくん頑張れ。きっと報われる。

2019夏、待望の新シリーズ放送決定!
また皆さんで盛り上がれるお祭り作品になればいいな。

投稿 : 2019/03/26
閲覧 : 317
サンキュー:

79

シン☆ジ

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

主役級の声優さんが目白押し

ゲームの声優さんをそのまま採用しているのかも知れませんが
個人的に一番印象的だったのは、声優さんが豪華すぎるところ。

ストーリーとしては王道感があるけど
特に後半は飽きない展開。
演出が結構好きな感じで、
よくあるエピソードでも
じんわりとしてしまうところがあったかな。

主人公はありがちな、もどかしい純情少年。
もう少しシャキッとせんかーい!
とツッコミたくなるw

他のキャラは・・
相方の女神さん、悪くはないけど、
自分のツボ(応援したくなる美少女)とは違うかな。
一番近いのはリリルカだけど応援したくなるという点でちょっとポイント不足。
てな感じで、多彩なワリに推しキャラが見つからない。
声は魅力的な人が多いんですがw
最近、声的に推したい井口裕香氏はあまり出て来ずop担当。
他にリスペクトしたいのは内田真礼さんかな。
好みな声質を聞ける役どころだと思いました。
種田梨沙さんも好きな声質ですが今回の役はそれとは違い過ぎ・・ってか幅広すぎw
他にも茅野さんとか洲崎さんとか日笠さんとか書ききれない程、豪華過ぎでストーリーが入ってこない事すらw

終盤では主人公の生い立ちが判明し、腹落ちする部分があると同時に2期への伏線となり今後の展開が楽しみに。
1期は「序」だったりするのかな・・

投稿 : 2019/03/25
閲覧 : 16
サンキュー:

9

ネタバレ

ぺー

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

暇を持て余した神々の遊び

原作未読 ただし珍しく原作に興味が湧く


{netabare}「神様…僕…強くなりたいです」{/netabare}
神様ヘスティアが安西先生に見えた第1話で期待に胸膨らみました。大きく外れることなく全13話完走です。
タイトルは知っていて地上波再放送を機に手を取った『ダンまち』。タイトルと見た目で視聴優先順位を下げていた過去の自分よ、なんておバカさん。

至極真っ当にRPGしている作品でした。ノリで言えばそこはかとなく『Dungeons & Dragons』や『ウィザードリィ』古典の香りのする佇まい。

ダンジョン潜入

クエストの達成やモンスター戦闘による経験値稼ぎ

ギルドでのクエスト成功報酬受取りや宿に泊まるとステータスやLVアップ{netabare}※注 本作ではファミリア元締めの神にナニされるとステータスアップ{/netabare}

{netabare}ダンジョンの存在意義といった根っこの説明は無いです。{/netabare}世界の一部としてダンジョンが存在し、上記ルーティンをこなしていく冒険者の一人、ベル・クラネル(CV松岡禎丞)が本作の主人公です。
転じて、神々の世界。暇を持て余した神々が人間と接触を図り“ファミリア”と呼ばれるパーティを形成するのは独特でしょうか。原作は知りませんが、神々の代理戦争といった殺伐した感は無く、神々の特色にあった性格を持つファミリアが複数存在し日夜ダンジョン攻略に励んでおります。
神々のモチーフは各国の神話からの抜粋。ギリシャ・北欧・ヒンズー・そして日本とバラエティに富んでおり、そのうちのギリシャ神話からもじったヘスティア(CV:水瀬いのり)がメインヒロイン。このベルくんとヘスティアを中心に神と人間(人外種族も当然おる)けっこうなキャラが登場し物語を構成しております。

そんなややこしそうな設定は観ていればすんなり理解できる親切設計なので物語理解のわかりづらさとは無縁です。そう!分かり易い。
観終わっての感想はいたってシンプル


{netabare}「ベルくん。もうヘスティアでいいじゃないか」{/netabare}


ほら あなたにとって大事な人ほどすぐそばにいるのですよ、と思わずにはいられません。
タイトルから色恋沙汰を想像し、蓋を開ければ抑えめで真っ当なRPGをし、いざ終わってみるとやはり看板に偽りは無いんじゃなかろうか、と思える良作です。


1.ナメたタイトルのわりにはまともな内容
ベルくんを軸にしっかり“物語”があるのです。
{netabare}・ヘタレ優男が徐々に地力を付けていった序盤。惚れた弱みだから?眷属だから?駆け出し冒険者のためにヘパイストスに頭を下げるヘスティアの覚悟に感動しました。
・第6話。父母との別離の後、初めて触れたであろう他人からの信頼で救われたリリルカにこれまた感動しました。リリはベルの生命を獲ろうとする程の追い込まれた状況下にいたのです。そしてベルは甘いと思えるやり方を貫き通します。こちらもそういう話なんだと観方を固めました。
・転機となる第8話。第1話と同じケースに直面し…乗り越えました。これがまたベルくんいい顔してるのです。第7話が下地として活きてました。残り5話!
・その後、味方側にいわく有りげな男キャラを配置。最大のピンチ到来。と展開が速くなります。“詰め込み過ぎ”か“怒涛のラストスパート”か受け取り手に任せていて、私は後者寄り。{/netabare}

2.ヘタレな主人公が苦難を乗り越え成長していく
RPGのステータス成長のみに非ず。主人公が殻を破る内面の葛藤も描いた成長物語です。

3.ハーレムは申し訳程度(と感じる)そして俺TUEEEも申し訳程度(と感じる)
ハーレム:ベルくんはモテる要素を潤沢に保持してますので総取りも納得です。なんでコイツが?というキャラのハーレムとは一味違うと一線を引きました。
俺TUEEE:やや力技でした。{netabare}最初から「しあわせのくつ」持ちですしね。ただ、もしかすると死ぬかもしれん、という緊迫感はあったので良しとしてます。{/netabare}

4.緩急つけた魅力的なキャラたち
陰キャ陽キャそれぞれ特徴があったのはもとより、例えばヘスティアにしてもベルくんにデレる(ストレートな愛情表現が◎)とこと、意外と立派に神様してるところなど二面性や緩急をつけてきてました。
{netabare}「罪悪感なんて結局、自分が自分を許せるか許せないかでしかないんだ。君が心を入れ替えたっていうんなら、行動で証明してみせろ。」
※厳しくも温かい。そしてベルくんへの信頼があるからこそ出る言葉でしょう。{/netabare}


主演松岡さんで早々に戸松さんと絡んでるし、階層攻略のゲームっぽいし、モンスターにやられたらきっちり死ぬし、本人は一途ながら出合う女性軒並み好意持たれてるし、と某SAOと類似する点はそれほど気になりませんでした。松岡さんの声のトーンがいつもより高めだったからかもしれません。
既視感はあっても、丁寧に処理されたアニメです。神々と紐づくファミリアの設定は独特で世界観を構成する要素としてきちんと消化できてますし、別個のものとして捉えてます。


気にする気にしないのどっちに転ぶか、どこが刺さるかを言語化できたらラクなんですけどね。上に挙げた4点は魅力というより「マイナス先入観はこうしてプラスに転じました」的な内容。
もう少し掘り下げると、前述4.に絡んで“キャラへの愛着があったなぁ”が上乗せされて評価に影響しました。


■祖父の薫陶
人の好いベルくんに脈打つ祖父のDNA。これでだいたい説明がつきます。
{netabare}チートスキル「英雄願望」。ベルくんのモチベというか強さの源泉。女のために体を張る、そして女のために頑張る理由は幼いころ受けた祖父からの薫陶でしょう。{/netabare}
{netabare}「ベル。冒険者ならダンジョンに出会いを求めなくちゃっな」1話
「醜悪な怪物から、か弱い女冒険者を助け、感謝され、いい仲になる」同じく1話
「これぞ冒険の醍醐味ってやつだ!」これまた1話
「ゆけーいベルよ 男なら寝込みを襲え!接吻じゃー」7話
「覗きは男のロマンだぜ!」12話{/netabare}

■ヘスティアの献身
ベルくんは無自覚ですが、対するヘスティアのベルくんへの信頼はとても厚いことを端々に感じます。疑いの目を向けられてもヘスティアは動じません。二人の絆の強さを表わす描写に嫌味がなくそこにシビれます。
{netabare}昭和、いや明治の女の凄みを感じます。会ったことないけど。。。旦那を支える覚悟と信じ続けることのできる肝の据わりっぷり。THE内助の功。{/netabare}
{netabare}ヘスティアナイフの時もそうですが、エイナにリリを警戒するよう忠告を受けた時も、生還した後リリを諭す時も、パス・パレード(怪物進呈)を食らったベルくんの捜索隊を出そうとする時も、とむしろベルくんが目の前にいない時の振る舞いに惚れる。{/netabare}
{netabare}“例の紐”も良いですが圧倒的にここが私のツボです。{/netabare}

■長老役リューさん
古くはナウ○カのユパさま。強いです。そして淡々と飄々とさらっと大事なことを主人公に伝える役回り。本作で誰かヒロインを選べと言われたらこのワケあり美女を選びます。
{netabare}一緒の皿洗いでの一言が8話でミノタウルスに対峙するベルくんの背中を押しました。ベルくんをクラネルさんと呼び一歩センを引いている姿勢にも好感です。{/netabare}
リューの雇い主ミア母さんも粋ですね。ラ○ュタのドーラ婆さんと魔女の宅○便のオソノさんを足したような快活おかみさんもいいこと言うんですよ。
{netabare}「冒険者なんて格好つけるだけ無駄な職業さ。最初のうちは、生きることに必死になっていればいい。惨めだろうが笑われようが、生きて帰ってきたやつが勝ち組なのさ。」{/netabare}



難点挙げるならベルくんとヴェルフの名前の音が被ってしまうのはいかんとも。
恐らく原作では言及されていてアニメでは説明不足と感じる部分、アニメ観ただけでは理解しようがない箇所もあったり、未回収は残ります。
続きは外伝(ソード・オラトリア)、そして公開中(2019年3月現在)の劇場版を楽しみましょうか。
さらに2期制作のお知らせが公式サイトより発表されました。


とても見やすいファンタジーの良作です。原作まで手を伸ばそうかと久々に思える良い作品に出合えました。

投稿 : 2019/03/25
閲覧 : 161
サンキュー:

40

ゼロムス

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ハーレム

乳と膝枕がしつこい。
ストーリは、次の話が気になって気になって寝れなくなるようなのめり込む感じもなく、いい意味で裏切られたなどもなく、その辺によくあるような感じだったのでイマイチかなー。

投稿 : 2019/03/24
閲覧 : 35
サンキュー:

3

ネタバレ

scandalsho

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

いえ、間違っているのは作品の『タイトル』です。

原作未読。2017年春アニメのスピンオフ作品公開という事で視聴しました。

主人公・ベル・クラネルの声優が松岡禎丞さんだったせいか、どうしてもソードアート・オンラインとダブってしまいました。
同じダンジョン攻略系だし、ファンタジーだし・・・。
ナイフと剣、魔法有り無しとか、微妙な違いしかないし・・・。
SAOがデスゲームだったのに対して、こちらはリアルのダンジョンなので、ダンジョンでの死=リアルの死というのも相通じるし・・・。
いつの間にかハーレムっぽくなっているのも同じ(笑)。

要するに、「SAO大好き!」という人にはきっと合うんじゃないかな?
私もお気に入り直行でした。

ところで、この作品のタイトルってひど過ぎませんか?
タイトルだけ見ると、女の子目当てでダンジョンを出入りしているチャラい主人公しか想像できなかった。
だから私はリアルタイムでは視聴を敬遠したのに・・・。

主人公は、一生懸命に、馬鹿真面目に冒険しています。
特に{netabare}前半は弱かった主人公が、中盤少しずつ強くなっていく様子は{/netabare}SAOには無い面白さだと思います。

春アニメのスピンオフ作品も楽しみですが、本編の第2期にも期待したいです。

投稿 : 2019/02/27
閲覧 : 1114
サンキュー:

73

ネタバレ

プクミン

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ヘスティア可愛い

神様が下界に降りて来て、人間と一緒に暮らす。
神様強いから力がかなり制限されているが、自分を信仰する人達(ファミリアと呼ぶ)を贔屓しながら、人間界を楽しむ。
主人公ベル・クラネルは、ヘスティア(メインヒロイン)を信仰。

※ヘスティアの声優『水瀬いのり』さんのメインヒロイン役で唯一の巨乳キャラ。

ヘスティアを信仰している人は主人公のみなので、ヘスティアも主人公を溺愛。
ベルはソロの駆け出し冒険者でありながら、実力よりちょっと難しめの階層まで下りたところ、運悪くミノタウロスに遭遇し襲われるが、実力者の冒険者アイズ・ヴァレンシュタイン(ヒロイン)に救われる。
そんな彼女にベルは惚れてしまう。
というところから物語が始まる。

{netabare}
主人公は成長速度が速いスキルを持っているが、知っているのはヘスティアのみで伏せられている。
その後、凄い速度で強くなっていき、魔法も使えるようになる。
更にヘスティアの献身的な働き(アルバイトや人脈)で、ベルの装備もパワーアップ。
元からヘスティアの唯一のファミリアという事で少し有名だったが、その成長速度、周囲からも可愛がられている事(年齢的な意味)から、一気に有名人になる。
{/netabare}
そんなベルの戦いと成長を描いた物語。

みどころ。
主人公の成長と、ヘスティアとの関係。
他の冒険者も活躍するシーンがあるよ。

投稿 : 2019/02/27
閲覧 : 44
サンキュー:

8

キシリトール昆布

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

話題になるにはそれなりの理由がある

萌え系だけどクセがなく見やすい。
ダンジョンなので設定も分かりやすい。
きっちり盛り上がる!これ大事。
話の流れが安心。

一番好きなのはちびっ子が仲間になる話。
主人公がひねたりせずに素直で真っすぐなのが素敵。

ちょっと嫌なのが、
原作未読ですけど作者の趣味?
巨乳のボヨンボヨンやイチャイチャシーンが多過ぎ(;^ω^)

投稿 : 2019/02/19
閲覧 : 92
サンキュー:

3

「ひろ。」

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ハーレム作品じゃなかったら、もっと評価高かったのに・・><。

原作未読です。

放送当時、1話をお試し視聴したけれど
特にひっかかるものは感じず、そのままスルーしてたと思います(記憶あいまい)。
(ひも衣装は話題でしたね!)

今回再トライするきっかけとなったのは、某ゲームとのコラボがあったからです(劇場版)!。
某ゲームとは?・・って?。・・それは、某ゲームですw。


トータルでの感想としては
やっぱ最初に難関となったのは「意味なく主人公がモテモテ展開(苦言)」・・ですね><。

う~ん、こういうのが求められてる時代なんでしょうか?。
自分のニーズとは、ここが決定的にズレてるのが難点です・・。
(ちなみに、自分が好きな某作品のタクト君は、その行動・言動から十分納得させられてのモテでした^^)

とはいえ、そのハーレム部分に目をつぶっておけば
作画はなかなか見ごたえあるし、何より豪華すぎる声優陣!!の魅力により
なんだかんだと一気に視聴完了し
そのまま「ソード・オラトリア」の外伝編まで視聴開始する勢いでした!!。


・・まあ、とにかく声優陣の豪華さに尽きますね^^。
なんせキャラ人数が多いですから。

投稿 : 2019/02/16
閲覧 : 88
サンキュー:

16

rFXEy91979

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

はぐれ者への応援歌

第1話「冒険者(ベル・フィリア)」
第2話「怪物祭(モンスターフィリア)」
第3話「弱者(サポーター)」
第4話「魔動書(グリモア)」
第5話「理由(リリルカ・アーデ)」

投稿 : 2019/02/12
閲覧 : 42
サンキュー:

1

ニワカ

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

スーパーウルトラ平凡アニメ

すごい完璧な平凡アニメ。
すべてを平凡でいく。
もう何度も過去作品でこんなん見てるわってやつを濃縮したようなそんな作品。
アニメまじめに見るの飽きたーってときになんとなく見るのに適しているアニメだと思う。
別に嫌いじゃないよ?

投稿 : 2019/01/29
閲覧 : 89
サンキュー:

3

ちあき

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

原作未完。2期するみたいですね~(2019年現在)

投稿 : 2019/01/21
閲覧 : 42
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

男女に出会いを求めるのは間違ってないけどダンジョンに出会いを求めていいのってモンスターだけじゃない?

あらすじはあにこれのを見てね☆

ハーレムバトルみたいな感じカナ?
絵はきれいだと思うけど
にゃんがにがてなおはなしみたい


1話目
{netabare}
ヘスティアってゆう神さまから
冒険者にしてもらったばかりの少年ベルが主人公かな

神さまがボクっ娘でベルのことが大好きみたい^^

あと
酒場の店員さんのシルにも
あったばっかりで気に入られたみたいだし

そこの酒場でベルは
アイズと仲間たちが
自分のことバカにしてるって思って出て行ったあと
アイズが気がついて気にしてたみたいだったし

このおはなしってハーレムだよね。。

ベルが
強くなりたいって思うのも女の子にもてたいからで
どうして
こんなふつうの男の子がもてるのかよく分らないなぁ。。

それで
もてたいって思ってがんばったら
どんどん強くなっちゃうし
よくあるバトルみたい。。

これで
コメディがもっと笑えたらいいけど
バトルで勝って女子にモテモテ。。
みたいなおはなしだったら
3話で見るのやめちゃうかも。。
{/netabare}

2話目
{netabare}
ベルはレアスキルを持ってて
どんどん強くなってるみたい。。

神さまのパーティーで
ヘスティアとロキが胸のことで言い争ってて
ちょっと。。ゆらしすぎみたい^^;

あとフレイヤが
「ここにいる男 食べあきちゃった」とかって
しもネタも多くって

弱いベルが
がんばって強くなってくおはなしはかっこいいし
さいご
ヘスティアを1人でモンスターから逃がしたのだって
かっこよかったんだけど
ベルが強くなりたいって思うのは女の子にモテたいからで

ヘスティアがベルを強くしたいのも
ファミリアだからだと思うけど

子どもを思うお母さんみたいな気もちより
ベルに好かれたいから。。
みたいなところがあちこち出てて

にゃんは
このおはなしって
何となくあんまり好きになれないみたい。。

でも
男子には人気あるみたいだから
気になる人は見てみたらいいかも
{/netabare}

3話目
{netabare}
今日のおはなしはよかった

ベルが勇者になろうって思ったのが
おじいさんをモンスターに殺されたからで
別に
女の子と仲良くなろうって思ったんじゃなかったんだ☆

ヘスティアが来てくれたところもよかったけど
早く剣を渡せばいいのに
どうして!?って思ってたら
何かの儀式みたいなのが必要だったって分った

剣は
ベルが強くなるといっしょに強くなってくみたい

ちょっとイヤだなぁって思ったのは
アイズの話しをするとヘスティアがいやな顔すること
アイズのおかげで助かった人がいっぱいいるはずだから
いっしょによろこんであげたらいいのに☆
{/netabare}

4話目
{netabare}
ベルが人助けするとき
「女の子だから。。」ってゆうのが気になっちゃう。。
「じゃあ。。おじいさんだったら助けないの?」って
聞きたくなる。。

たぶん
ちゃんと助けてくれるって思うけど
この世界ってアイズみたく
女の子だって男の人より強くなれる世界なんだから
「女の子だから」みたいな言い方って
バカにされてるみたい

エイナさんは
公私混同しないって言ってるけど
ほかの冒険者ともいっしょに買い物に行ったり
防具をプレゼントしたりするのかな?

今週は
ソーマ・ファミリアのリリが
ベルのサポーターになるおはなし

ソーマ・ファミリアって
お金のために盗んだりも平気でするのかな?

でもベルが
稼いだお金を山分けしちゃう
いい人だって分かって変わるのかな?

あと
ヘスティアってローン返すために
店員のバイトしてたんだw
{/netabare}

5話目
{netabare}
はじめはベルとヘスティアのデート
ちょっとおもしろかったけど
ヘスティアがベルによくしてあげるのって好かれたいから。。
みたいな感じがあんまり好きくないなぁ。。

それから
ベルが誰かが忘れてった魔導書を読んで
魔法が使えるようになるおはなし

アイズのひざまくら付きだったね^^
ベルは思わず逃げちゃったけど
アイズはベルのこと嫌いじゃないみたい。。

あと
リリとソーマ・ファミリアのおはなし
いつもお金お金ってゆう感じなのどうして?
リリはお金ためて何しようってしてるのかな?
「もう潮時かぁ。。」って言ってたけど。。
{/netabare}

6話目
{netabare}
リリのいやな思い出
「気づいたらそこにいた。。」
何だかにゃんのことみたいだった。。
別に親が死んだりとかじゃないけど

小1のとき転校して
みんなと仲よくできなくって
でも
ママは家にいて休むとおこられたから学校には行った

休み時間になったら給食準備室に逃げたり
どこかにかくれたりしてそのまま授業に出なかったり。。

問題児だったから
しょっちゅうママが学校に呼ばれてた
先生が泣いてた。。

親の都合で何回か転校したけど
どこに行っても仲よくなりかけると
きらわれていじめられるから

できるだけ
おしゃべりしないようにして
休み時間は図書室に行ったりしてた
何かみんなと考えることがちがったみたい。。

毎日みたく
モンスターに追いかけられる夢を見てた
どこにかくれても見つけられてまた逃げるの。。

だから
リリのさびしくってどこにも逃げられない気もち
見てるだけで涙がにじんできた。。

ただ
にゃんにはキライな冒険者はいなかった
いじめられるのは自分が悪いからって知ってた

だから
リリがベルのコトだまそうってした気もちはよく分らない。。
悪いことしたら
もっと悪いことが起きるんだって思ってたから
そしたらやっぱりリリは。。

リリが
自分が悪いから死んじゃってもしょうがないって思ったところ
とっても分った。。

そのときちょっとだけ楽しい時もあるけど
イヤなことのほうが多くって
でも
こわくって自分で死んだりできないし
にゃんもそのまま死ねたらいいなぁって
思ったこと何回もあったから

だから
ベルが助けに来てくれたところは
すごく泣いちゃった。。
にゃんにはベルくんは来てくれなかったから

でも
代わりにあにこれに来れて
にゃんがいてもいい場所見つけられたから
好きなコト書いても
いじめられたりしない場所見つけたから

リリよかったね☆ってほんとに思った
{/netabare}

7話目
{netabare}
だんだん
ベルくんのハーレムが出来てきたみたいw

リリはヘスティア・ファミリアに入って
へステイアとベルくんを取り合いはじめたのw

ベルくんは
ギルドのエイナさんに紹介されて
アイズとお友だちになれて
戦い方を教わることになった☆

ときどき
ミノタウロス?に剣を渡して戦ってる冒険者が出てきたけど
何をしてたのかな?
{/netabare}

8話目
{netabare}
ベルは9階層で
いるはずないミノタウロスに会って負けそうになったけど
アイズが助けに来たら
「もう助けてもらうわけにはわけにはいかない!」って
「英雄になりたい!」って。。


弱かったベルが
いつの間にかアビリティ。。オールS

はじめたばっかりなのに
一生けんめいがんばって強くなるおはなしは
「ベイビーステップ」に似てるかも

ベビステのほうが
そんなにチートっぽくなくってにゃんは好きだけど
こっちは絵とか動きはキレイで
こっちも見ててアツい気もちが伝わるし
バトルが好きな人は
たぶんこっちのほうが好きだって思う☆
{/netabare}

9話目
{netabare}
今週は新しく仲間になったヴェルフのおはなし

ベルくんはレベル2にランクアップ
リトルルーキーってゆう二つ名をもらって
防具も新しくしようかなって思って
今まで使ってた防具を作った
ヴェルフ・クロッゾってゆう人をさがしてたの

それと
これから行こうって思ってる
中層のモンスターは強くってたくさんいて。。
1人で処理しきれなくなるから仲間がいるって言われて
それも探してたらたまたま会ったのがヴェルフで。。


ベルくんが強くなったくらいで
そんなにおもしろいおはなしじゃなかったけど
ヴェルフがよさそうな人でよかった☆
{/netabare}

10話目
{netabare}
にゃんはこわがりだから
わざと中層に行く冒険者の気もちってよく分らない。。

ゲームとちがくて失敗したら自分だけじゃなくって
仲間だってほんとに死んじゃうのに
ふつうはもっと強くなってからとか
強い人についてくとかするんじゃないのかな?

負けそうなところで生きのこったりするから
ベルくんがかっこよく見えるのかもだけど
いつも自分のレベルギリギリで戦ってたら
いつかやられちゃうんじゃないかな?

だから「冒険者」ってゆうのかもだけど
アイズが助けに来てくれなかったら
ここに来る前に死んじゃってたかも。。

にゃんは
そんなおはなしだったって思うけど

ほんとは
ベルくんがミノタウロスを倒してかっこよかった
ってゆうおはなしだったのかな?
{/netabare}

11話目
{netabare}
ベルくんが
気を失った2人ををつれて18階を目指すところは
見てて痛かった。。

ほんとにやったら
ヴェルフの頭とか地面のでこぼこに当たって
血とかいっぱい出ちゃいそうだよね^^;

それでもゴライアスに追いかけられて
やっと縦穴に着いたところはドキドキしちゃった。。

おはなしはそれくらいかな?
あとはハーレムw
女子に囲まれて赤くなってたりとかw

今回はブジだったけど
今度むずかしいところに行く時は
もうちょっと強くなってから行ったらいいかも☆
{/netabare}

12話目
{netabare}
前半は
ダンジョンの町に行って観光
それから女子の水浴び。。

ベルくんはどんなことしたって
女子からきらわれたりしないみたいw

その代わり
男の人たちからはきらわれやすいのかな?

後半は
ヘスティアがさらわれて
助けに行ったベルくんが
見えない相手にボコボコにされるけど
さいごは
気配を感じて目をつぶってても勝っちゃう。。

それから
アイズはいつも助けに来てくれるね^^

あと
ヴェルフがガケから剣を落としちゃった
大事なもの?
あとでさがしに行くのかな?

さいごにでっかいモンスターが来た?
あんなに大きかったらビルくらいありそう。。
また誰かのイジワルなのかな?
{/netabare}

13話目
{netabare}
ごめんなさい。。
さいしょからさいごの方までずっとバトルって
やっぱりって思ったけど
ベルくんが起きてまた出てきたところで眠っちゃったw

そのあと何回かくり返したけど
やっぱりベルくんが出てくると眠っちゃうの
だって
戦わなくっても勝つの分ってるんだもん。。
気合で勝っちゃうんでしょ。。

さいごは何とかボーってしながら見てたけど
うん。。あんな小さい体で
剣だってあんな短くって切れるわけないよね
やっぱり気合だよねw


あと
おじいちゃんの教え。。
「仲間を守れ!
女を救え!
おのれをかけろ!。。」
って

どうしてここに「女を救え」が入ってるの?
すごい強い人2人アイズとリューさん
どっちも女でこの世界って
男女は強さと関係ないみたいなのに。。
{/netabare}


見終わって。。

ふつうに
オレツエエエのハーレムバトルだったw

にゃんはバトルがあんまりなかったら
よかったのにって思っちゃったけど。。

でも
いろんなヒロインがいてみんなかわいいし
絵もきれいなほうだし
ダンジョン攻略で
バトルで負けたらほんとに死んじゃう。。
ヒーローの中の人は松岡さん。。って

SAOが好きな男子だったら
ゼッタイはまりそう☆

投稿 : 2018/12/25
閲覧 : 1039
サンキュー:

164

ネタバレ

胡桃

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

アニメ自体はかなり良かった

原作からきました
アニメでは1クールの中にかなり詰め込もうとしている感じ。内容的には2クール使って丁寧にやって欲しかったと思う。1クールにまとめたせいでトントンな感じがしたのが否めない。だけどただ詰め込もうとしていただけで、アニメとしては充分完成していたと思う。
ベル君の努力や過酷さがしっかりと表現されていたので原作からそこまで離れることがなく、安定していたと思う。

投稿 : 2018/12/22
閲覧 : 128
サンキュー:

3

ネタバレ

ざび

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ありがちですが…

作品タイトルと内容に些か差異を感じますが、よくある冒険ファンタジーもので、それに加えてハーレム、成長譚、最強モノが詰め込まれた良作品。

冒険モノとしてじっくり見ると、設定などの作り込みにやや甘さを感じる部分も少なくないですが、内容は分かりやすく、展開もサクサクしていて見易い、なにより女の子達が皆魅力的で素晴らしかったです。

コレ系の作品の主人公に松岡禎丞さんを起用するのすらもはや王道になりつつありますが、そういうのも含めて楽しめる良作品です。2期を楽しみにしています。

投稿 : 2018/12/16
閲覧 : 106
サンキュー:

4

月宮

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

いろいろ詰め込んだ結果→微妙に……

んーーー……
まず、主人公の「好きな人を想うことで能力が上昇する」という保有スキル、自分は割と好きなんですけど、それがまったく活かしきれてなくて、残念な感じはありました。
キャラ数と設定を1クールアニメに詰め込みすぎたせいでただの俺TUEEEE作品になった勿体ない作品だと思います。
正直視聴時間を無駄に感じるアニメでした。

投稿 : 2018/12/01
閲覧 : 152
サンキュー:

4

ネタバレ

wp38

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

二刀流スキル発動!?

アニメを観終わって一言
「SAOパラレルワールドVer.」って感じがしました。
{netabare}主人公ベル君の声優さんがキリトと同じ事、アスナ役の戸松さんも出ている事、
ベル君とミノタウロスとの戦闘シーンが、キリトが初めて二刀流をフル活用した時の戦闘シーンと
非常に酷似しているように見えた事、鬼気迫る戦闘時のキリトばりの雄叫び・・・等々の理由から
そういう風に感じました。{/netabare}
あと、あの終わり方は2期目製作があるかのような予感を
感じましたので、その予感が的中してくれればと思っています。

27112018
多分3周目
{netabare}4話でベル君とエイナさんが1日デート(!?)する回
全く違う作品と頭では分かっているのに、どうしてもキリトとアスナに見えてしまう{/netabare}
ある意味これはしょうがない事なのかもしれません
あと、{netabare}7話のCパートでLVUPしたミノタウロスに襲われてた冒険者
アイツらって確かリリから金品奪った挙げ句、自分たちが逃げる為におとりにして見捨てたヤツらだよね
ま、因果応報って言葉があるように〇されたのは当然と言えば当然の結果
むしろあそこでああなってくれて良かった
じゃなきゃ、もし以降の回に登場しようものなら、イラついてまともに視聴出来なかったかも知れない
悪党、特に残虐・卑劣・外道な敵キャラの最後はああじゃなくちゃネw{/netabare}

投稿 : 2018/11/27
閲覧 : 199
サンキュー:

13

moto1115

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

お約束的アニメ

異世界、ハーレム、主人公最強というお約束的なアニメ。
まあまあです。

投稿 : 2018/11/27
閲覧 : 53
サンキュー:

3

ネタバレ

iksg

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

成長を描いているようで描けてない

駆け出しの冒険者がダンジョン(RPGのお約束の凶暴なモンスターが出てくる迷宮)を攻略していく中で、様々な人との出会いを通じて成長していく話。本作のセールスポイントは、ゲーム的な設定のレベル0の主人公が、沢山の困難を乗り越えたり、敵や仲間との出会いによって、成長していくサクセスストーリーであることだろう。しかし、この「成長」の描写がどうにも拙い。あえて皮肉を込めて言うが、この作品の主人公は、1話から最終話にかけて、見違えるような急成長を遂げる。

急成長の要因、それは主人公の持つ特殊なスキルである。人によってはもうこの時点で嫌気がさすかもしれない。具体的な内容は、ダンジョンで窮地を救ってもらった冒険者のヒロインに一目惚れし、「彼女に釣り合う男になりたい」という想いが、著しい成長を促してくれるというものである。正直な話、設定は面白いかもしれない。だが、そのヒロインとの恋愛展開がドラマチックに描かれるわけではなく、専らヒロインの扱いを受けるのは、構成員が唯一、主人公だけのギルドの長である神様の女の子(俗に言われる「例の紐」)なのだ。要するに、設定は特に活かされることは無く、そこらに転がってる俺TUEEEアニメの主人公の荒唐無稽な能力と特に大差が無いのだ。

チートスキルに加えて、神様のヒロインから貰ったチート武器も手にした主人公は、その後もどんどん成長を遂げ、自分に秘められた強力なスキルも次々に開花する。…そろそろうんざりしてきたので、結論を出すが、この作品は、成長を描いているようで、実際はほとんど満足に描かれていない。「成長」というには、あまりにも自分の才能やら、ヒロインの神様のバックアップやらに頼りすぎている。努力描写は無いわけじゃないが、ここまで露骨なチート描写だと、ほぼ皆無も同然だろう。成長を描きたいというのならば、チート要素で手抜きをしないで、地道な努力の積み重ねを感じさせて欲しい。

投稿 : 2018/11/25
閲覧 : 61
サンキュー:

4

ネタバレ

鰺鱒

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

わかりやすい王道物語

アニメのみ。原作知らず。

王道の冒険譚、ファンタジー、そして、成長譚。
微~中程度のハーレムものというオプション付き。
とてもわかりやすくていいんじゃないでしょうか。

女性キャラが大変魅力的。
アイズにヘスティア様は言わずもがな、リリルカも可愛らしい。
ギルドのお姉さん、酒場の元冒険者など、あげていけばきりがない。
良かったです。

ちょっと主人公のベル君が「全方位お人よし」性質なのが難点だが、戦う姿は「英雄願望」に対して忠実な戦闘狂にも見え、そのギャップもあってかっこよく見えた(「全方位お人よしキャラ」は個人的にあまり好きでない)。

個人的にぐっと来たのは、ベルに助けられた際、リリルカがベルに対してまくし立てた罵倒の形を借りた謝罪と感謝(6話終盤)。ベルに罵声を浴びせ倒すリリの心中がありありと伝わってきた。あーでも、あくる朝の冒険への誘いはキザ過ぎませんかね、ベルさん(絵的には良かった)。

最後の戦いもよかった。
ちょっと盛り込みすぎたようにも思えるけど、
ヘスティアさんの語りとベル君の攻撃、かっこよかった。

ヘルメスさんの演説でのまとめは正直げんなりした。
一人悦に入ってる気持ち悪さもさることながら、演説の内容も。
{netabare}
ん?ベルさん、そのお方のお孫さんなの。
おじいちゃんってのは、the god of godsなあの方なわけ?
なんだよ。週刊少年ジ○ンプが大好きな「血統書付」なの?
素敵な物語の最後の最後でしらけてしまいました。
(後に「義理の孫」らしいことを知りましたが、アニメでは判別不能)
{/netabare}
最後の最後を除いて、全体的にとても楽しめました。

==追記==
そういえば、あの色っぽい神様(?)が何でベル君にご執心なのか良くわからないまま終わっちゃったな。途中から存在をすっかり忘れていた。

投稿 : 2018/10/23
閲覧 : 87
サンキュー:

9

hidehide

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

間違ってました、俺が。

他の方のコメにもありましたが、
もっと評価されてもイイと思いますが…

タイトル勘違いで、危うきに近寄らず、の人、
多いと思います…自身がそうでしたので…

…で、1番間違っていたのは俺っ!俺でした!

長いタイトル、異世界系、ゲーム系。
食わず嫌いを越えて、食べ物と思っていなかった
数年間、何と無駄にした事か…と。
観るべきでした…
そりゃ2500ものコメントが付く訳ですよ…
面白かったっすもん…

とは言え、少し『トントン拍子』感に嫉妬
しました(笑)
可愛い神に拾われ、同居し、凄ぇ武器もらって、
なにがしに特訓してもらい、酒場でモテて、
ギルド女子にプレゼントされ、仲間に恵まれ、
そして、あれ、を倒しヒーローに…

おい!トントン拍子にも程があるぞ、と。
けど、ベル君、頑張ってましたし、
イイ子感、出まくりでしたからね。

そして、
やはり声優に左右されるであろうアニメ。
時々、お前じゃねぇ!って声優の配役に
イライラするのですが、今回はgoodでした。
特に、やはり、信長の忍び、千鳥、の
水瀬さんは この時から上手いなぁ、と。

また1つ自身のlevelが上がった気になりました。

投稿 : 2018/10/20
閲覧 : 109
サンキュー:

12

haiga

★★★★☆ 3.6
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

可愛いは正義

登場人物がみんな可愛いアニメ。ヘスティア様もリリーもベル君も可愛い。

簡単に説明。ベル君がアイズちゃんって超強い子に助けられてしまってひと目ぼれ。相応しい男になるために強くなる話です。

ダンジョンに潜ってレベルアップしていくとてもライトで判りやすい設定なのでなーーーんも考えなくて大丈夫。ひねくった設定もないので誰でも安心して観れます(単純すぎて退屈に思える人もいるかも)
ヒロインのアイズちゃんがいまいちなに考えてるかわからなくて微妙かな?まあ別の作品になってるからそっちで掘りさげてあるのかもだけど(俺はたぶん見ないが)
ステータスが見えちゃうはキライです。ランクづけくらいならまだ我慢できるが。見る人に想像させるくらいでよいです。

主人公のベル君が素直でかわいいのが良いですね。闘いかたも魔法を使うライトファイターでスピーディーでかっこいい。二期も期待したいですね

投稿 : 2018/10/19
閲覧 : 75
サンキュー:

9

ネタバレ

つぶあん

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ベタな展開でもいいのです。

来年激情版「オリオンの矢」が公開されるということで、
皆さん知ってると思いながらもレビュー。

初心者冒険者ベル・クラネルの成長物語と一言で片づけられる作品。
チートでもいいのです。
ハーレム展開でもいいのです。
楽しめたのだから。

簡単なあらすじは以下の通り。
{netabare}
迷宮都市オラリオ。神々が地上に降りて人間と暮らすことを選んだ世界。
その神々は、眷属(ファミリア)となる人間に恩恵を与え、
日々の暮らしを楽しんでいた。

女神ヘスティア・ファミリアの唯一の眷属であるベル君が
ダンジョンで一人の女剣士(アイズ・ヴァレンシュタイン)に
助けられるところから始まります。

アイズに憧れ、強くなろうとするベル君。
その憧れによって覚醒するスキル「憧憬一途(リアリス・フレーゼ)」
それは、「早熟する。想いが続く限り効果が持続し、
想いの丈で効果は向上する」という
例えるなら経験値ガッポリのチートスキルだったのです。
そして、数々の困難を克服し、成長を遂げていく--てな感じの話です。

まぁ、チートスキルでどんどん強くなる話なのですが、
俺TUEEEまではいきません。
そのチートスキルのおかげで物語が進むのだから、
成長を生暖かく見守る気持ちで観てください。

この作品はキャラが個性的で憎めない。

 主人公ベル・クラネルはお人よしの純情少年。
 弱い自分を眷属に迎え入れてくれた女神ヘスティアを何よりも大事に
 思っている。アイズに憧れ、強くなりたいと頑張る姿が好印象。

 ロリ巨乳女神ヘスティアは嫉妬深くてめんどくさい性格してますが、
 ベル君大好きでとにかく表情がコロコロ変わって可愛い。
 隙があればベル君とイチャイチャしたがります。

 アイズ・ヴァレンシュタインはオラリオでも有名なの女剣士。ベル君が
 あこがれる女性ですが、実は天然です。
 外伝ソード・オラトリアの主人公でもあります。

 リリルカ・アーデ。冒険者の荷物持ちなどをするサポーターの少女。
 暗い過去を持ち、ベル君を裏切ります。でも、窮地をベル君に助けられた
 後はベル様一筋、ヘスティアには負けられないと対抗しまくります。

他にも様々な個性的なキャラがいます。
{/netabare}

話のテンポがよく、自分はリピートしても一気に見てしまいます。
自分は特に、中盤の因縁の相手に立ち向かうところが一番熱くなりました。

原作はまだまだ先があるみたい。
2期も来るのかな?

好みが分かれるかもしれませんが、自分は好きな作品です。

投稿 : 2018/10/13
閲覧 : 51
サンキュー:

10

World

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

メリハリの無い凡作

ストーリー自体に特に破綻は無く、違和感を感じる点は少ない。

ただ、それだけの作品。

見たところ王道のストーリーなのだが、それにしては、友情や勇気で乗り越えていく演出が平凡過ぎて特に爽快感もない。

練り込まれたストーリーがあるわけでもなく、目立ったキャラクターもいない。

ジャンプで15週打ちきりを食らった漫画を無理やりアニメにしました。レベルのクオリティ。

特にオススメはしません。
特に何も感じません。ストレスもそこまで無いので、見る作品に困ってるなら見てもそこまで後悔はしないでしょう。
見てよかった、ともそこまでならないでしょうが。

投稿 : 2018/10/11
閲覧 : 94
サンキュー:

12

ネタバレ

アオイ

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

転生ではない

異世界冒険もの

投稿 : 2018/10/09
閲覧 : 41
サンキュー:

2

えくいてぃ

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

やっぱりね、成長していく過程を見るのはワクワクしますね^^

最初はね、もっとおちゃらけた感じなのかなぁ?って思ってたの。
真面目でお人好し、一生懸命なのがすごく良かった~。

MMORPGでも最初の方、どんどん成長していく時期が好きだけど、
それを見ていくのもワクワクして楽しいね^^

これからどうなるのでしょうね~
というか2期とかあるのかなぁ?
あれば見たいなぁ~

投稿 : 2018/10/07
閲覧 : 50
サンキュー:

5

塩谷ナオ

★★★☆☆ 2.8
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

タイトルなし

<3話で断念しました>

投稿 : 2018/09/21
閲覧 : 141
サンキュー:

0

モウ

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

いやいや間違えてないでしょ!

原作もちろん未読(*´ω`)

あらすじ等はおいておいて…

ゲームの世界観、主人公の雰囲気と松岡さんがやっているのでちょっとSAOらしいところも。
強い系…というよりも
これから俺つえぇになるよ系かな
純粋で真っ直ぐで成長著しい主人公に共感できれば
一気見しちゃうと思いますよ~✴

ほぼハーレム状態で、
皆さんベルの事好き好きなんですが

神様のヘスティア、サポーターのリリ
剣姫のアイズ、エルフのリオン…
どのキャラもなかなか良いんですよね
特にヘスティア!


いのりんやるなぁ(*´ω`)

ストーリーが慌てぎみでしたが
それを補うキャラクターのよさと
声優さんで好感度アップです!

EDの曲と絵が好きで
なんかゲームやってる気がしてきます
( o´ェ`o)
歩いている絵がgood!!

投稿 : 2018/08/01
閲覧 : 85
サンキュー:

8

ネタバレ

こーーー

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

タイトルなし

ラノベ系にありがちな行動原理が辻褄あわなさすぎて見れられなかった。
よくご都合主義という言葉が使われるけど
たまたますごいアイテムが手に入ったりとかなんとかして苦難を乗り越えたとかは全然気にならないけどキャラの心理と行動原理が合ってないと不自然すぎて。
そういうところをちゃんと紡いで物語にするのが作家でありクリエイターと呼ばれる人なはず。
正義感の強い主人公が行動を共にしている少女が明らかにトラブルに巻き込まれてるのがわかって自分のそれに少し巻き込まれたのに何もなかったように取り繕って完全に問題が表面化してから助ける。助けたいんだ。力になりたいんだ。っておかしいでしょ。
そうしないと物語動かせないなら作家むいてないからやめたほうがいい。

投稿 : 2018/07/02
閲覧 : 81
サンキュー:

2

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

おもしろい!

もっと評価されてもいいと思います。

投稿 : 2018/06/17
閲覧 : 83
サンキュー:

3

-Cha sMIN-

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルで敬遠してしまって…視聴後大きな勘違いに気づきました

.
ダンジョンに出会いを求める~
というタイトルから

男の子が彼女欲しさに
ゲームの中で出会った女の子を
追いかけるのかな

などど
とんでもない勘違いをしておりました

視聴出来て良かったです
合わなければ1話切りで…と観始め

結果
一気観してしまいました

続けて外伝も一気観しました

タイトルとストーリーのギャップが…
少々損している気がします



外伝も 「そちら側から見ると」
のような楽しさがあり
いいですね(〃ω〃)

2019年の劇場版が楽しみです♡

投稿 : 2018/06/17
閲覧 : 99
サンキュー:

5

次の30件を表示

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ページの先頭へ