コミック百合姫おすすめアニメランキング 6

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメのコミック百合姫成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年08月07日の時点で一番のコミック百合姫おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

77.3 1 コミック百合姫アニメランキング1位
私に天使が舞い降りた!(TVアニメ動画)

2019年冬アニメ
★★★★☆ 3.8 (488)
1796人が棚に入れました
オタクで、人見知りな女子大生みやこが出会ったのは、まさに天使な小学生!?妹が新しく連れてきた友だちの花ちゃんを見た瞬間、ドキドキが止まらなくなってしまったみやこ!!どうにか仲良くなろうと奮闘するのだが……。超絶かわいいあの娘と仲良くなりたい系スケッチコメディー、開幕♪

声優・キャラクター
上田麗奈、指出毬亜、長江里加、鬼頭明里、大和田仁美、大空直美

VECCI さんの感想・評価

★★★★★ 4.6

ひなたちゃんマジ天使花ちゃんマジ天使乃愛ちゃんマジ天使もうみんな天使

〜3話まで
人見知りのみやこと妹ひなたを含む小学生5人によるほのぼの日常系。だが日常系というよりはハーレムの構造に近い。主人公を女性にすることによりみやこ、ハーレム構造の中心人物の欲望をそのままストレートに爆発させる表現が可能となった本作はただのロリ百合作品とはまた一線を画している。いや、他のロリ百合とかしらんけど。

なんだろう。これが尊いとかいうヤツなのか。ただあざとく「ホラ可愛いだろう!」と言わせたい作品なのかなと印象は即座に消えた。妹ひなたの無償の愛とでもいうのか、"人見知り"、"人の目を見て話せない"など姉の至らない部分に対して世間的見地からも正しい認識を持った上で「なんでかわからないけど、いちばん好き!」と友人の前で高らかに公言するひなたの姿に心を撃ち抜かれない者がいるのだろうか?

物語に出てくる小学生であるため、とてつもないハイスペックの彼女達。学業とかスポーツとかの話ではない。個体間通信機能、コミュ力と言われるモノ。コミュニケーション力という言葉は実に曖昧な表現で非常に混乱してしまいやすいのだが、身も蓋もない言い方をすればただの身体能力である。特に重要視されるのが空間認識能力と反応速度。個体差がまだ大人ほどの開きがない小学生までの期間においてこの能力の獲得と修練具合で今後の人生の難易度の変化は世界線が変わるほどに大きい。実際この能力に関しては私は10歳の娘に負けている。いや、3歳で親に気遣い出来てた時点で私は完敗していた。

思春期を迎えると人間の脳は社会適応への最適化のためデフラグを行う。そのため性格が急にガラッと変わったりする。発達に重要な次期と言うのは実は思春期を迎える前の準備期間だったりする。その期間真っ最中の劇中の彼女らの群像劇から学ぶ事は少なくないような気がしないでもない。何を言ってるんだキモイな。続く。


〜視聴終了
タイトルがこれ以外あり得ないってくらいハマってる作品はなかなか無いでしょう。この作品もまた唯一無二だと言えると思います。

コレはロリとか百合とかの範疇になるのだろうか?個人的にそのへんはよくわからないのです。そういう視点で見る方もいるのですかね。私はオタク大学生と小学生達のギャグコメディとして見てました。というか小学5年生って娘と一緒か…。キャラデザは園児と言われても違和感ないですね。等身が低すぎる。あまりリアルにすると傍から見た時に気持ち悪くなるからでしょうか。そういう意味ではマンガチックにして正解なのかも。

学校生活での集団の中での立ち振る舞いなども見たかったのですが、殆ど家の中か主要キャラだけの画面が続きます。ただキャラが可愛いだけのキャッキャウフフ物としても楽しい作品だと思います。全体的にテンポもよくて、あからさまな間延び回もありません。

主要キャラの小学生5人はひと目で性格が想像出来る、わかり易いテンプレビジュアルを踏襲してはいます。ですがメインの3人は勿論サブの2人まで、ただの記号を超えた"人物"として、それぞれの言動や行動にきちんと説得力がある描かれ方をしています。ただイジられてワチャワチャするだけの萌えキャラではなく、友人や大人、他人に対しての態度はただのアニメキャラクターではなく、"人格を持った人間"としての存在感がこの5人にはあります。特にメイン3人のお互いやみやこに対する気遣いや優しさは大人なら誰でも出来るものでもなく彼女らから見習うべきところは多々あります。

こう言うと「小学生としてリアルなのか」という疑問も出てくるでしょうが、多分誰もそんなこと求めてないとは思います。あまりに現実とかけ離れてリアリティのかけらもないとするなら問題なのでしょうがそこまで剥離したものでも無く育ちの良い家庭に育ったならいてもおかしくないレベルでしょう。5人もいれば年相応よりも大人っぽいとか子供っぽいなど発達段階によるバラツキはよくあると思うのですが、この作品ではそこまでの差異は無いように見られます。それぞれの家庭環境や家族構成まではそこまで詳細に語られない為、不自然にとられることもないでしょう。それぞれの親や妹などに対する世代間の関係性も表現される為、メインの5人からは上下感を排して公平な関係として描く必要があったのだと思います。

5人の関係性だけを見ると中学生や高校生の設定でも特に違和感はないでしょう。無理矢理小学生にしてロリ作品に仕上げたと捻くれた見方もできます。みやこの花に対する態度は小学生だろうが高校生だろうが見る人が見れば事案レベルで不快に思うでしょう。どちらにしてもみやこの設定が苦手な人からはケチはつきます。ですがやはりこの作品は小学生でなければ成立しないのです。中学生や高校生ではどうしても性対象になってしまいます。こういう使い方は好きではないのですが"普通"、"一般常識"では小学生はそこからは外れるのが暗黙の了解だと思います。勿論対象として捉える方もいらっしゃるでしょうから「やっぱりどう見てもロリ百合じゃんキモイ」と言われるのなら「お前がそう思うんならそうなんだろう、お前ん中ではな」としか言えません。

個人的な性格やパーソナルスペースのサイズなど集団生活社会への適応能力はほぼこの時点で定まってきます。属するコミュニティへの適正がない場合や上手くやりくりする能力が不足する場合に苛められたり疎外されたりなど適応出来ていない環境で無理を続けるといわゆる"ぼっち"になるなどドロップアウトしてしまう可能性があるのでこの時期の環境は今後の発達に関して物凄く重要です。この物語では苛めや罵倒などのマイナスな表現は皆無なのでその部分でリアリティがないと感じる方もいるかもしれません。各々の育った環境によるでしょうけど。金持ちキャラとしては表現されてないみやこひなたの家を見る限りでも富裕層とは言えずとも結構な裕福層です。いわゆる金持ちが良い学校に入れたがるのはこういう部分で学校での集団生活における環境の整備に投資するわけです。好環境による民度の高さということで納得すればよいのではないかと思います。


迷走してきたので結論。

ひなた可愛い花可愛い乃愛可愛いみんな可愛い。
でもまあウチの娘が1番可愛いんですけどね。


え?2期無いんですか?バカなんですか?

投稿 : 2020/08/01
♥ : 21

アニオタクズ さんの感想・評価

★★★★★ 4.7

幼女萌えのコミュ障女子大生が、ちょびっとだけ成長する?お話

オレ転生したら、みゃー姉とひなたちゃんの間に生まれるんだ。
最初に書いてからだいぶ経つのに「サンキュー」してくれる人が今だにいるので、ちょっとずつ手を加えているが、もうネタバレじゃないかこれ?

なのでちょっと行間空けておきます。




みゃー姉(みやこ)は美人、手先が器用、コスプレ衣装と小物作り、お菓子作りが上手。
女子力が結構高いうえに小さい子にも優しい。なぜモテない? マジでこんなお姉さんがほすぃです。
でも「花ちゃん萌え」に目覚めてから変態度がエスカレートし、警官に「いま盗撮して(略」。
妹のひなたちゃんが学校で「みゃー姉スゴイ自慢」を繰り返したため、「頭脳明晰。スポーツ万能。スタイル抜群でモデルをしてる」とかとんでもないキャラ像を勝手につくられてしまったため、正体を知られることを恐れている。

ひなたちゃんは天真爛漫、表裏のない子で一緒にいるだけで元気になる一番大好きな子。
「おう」とか「~だぞ」とか言葉使いがちょっとボーイッシュなのも魅力。
赤ちゃんのときからママよりみゃー姉大好き。だがみゃー姉に「姉離れ」を強要されると禁断症状が。
自作の生首ねんどに話しかけ電波キャラになったり、三日経つと真っ白になって自我崩壊したりする。
みゃー姉は麻薬か?
しまいには「みゃー姉なりきりセット」を来た乃愛ちゃんを本気でみゃー姉だと思ってすりすりする。
残念なところは、とんでもなく寝相が悪くヘッドロックで失神させられるから「今夜はいっしょに寝るぞ!」だけは勘弁してねー。

花ちゃんは落ち着いて良識がありしっかりした知的美少女。
だが初対面でコスプレ強要をしてくるみゃー姉を、野良猫のように超警戒する。
そんなわけでみゃー姉に対してはかなり冷たく、毒舌発現を繰り返す。いやでもそれ正論だしぃ。
駄菓子菓子、もといだがしかし、おかしやスイーツをちらつかされると、嘘のように落ち着いて静かになる。
ケーキ作りで使う生クリームの絞り出しを「それください」と言って、みゃー姉に「花ちゃん、それは超えちゃ行けない一線だよ」と諭される。
そんなわけでこれを利用すれば、ある程度言いなりにできるチョロい子である。
なんか将来の体型が不安になってきたぞ。
行列ができるほど有名なスイーツを食べても「お姉さんの方がおいしい」というが、舌が肥えて評価が厳しいのか、みゃー姉にすっかり餌づけされてしまったのかは不明。
日頃のしっかりさからは想像できないが、ホラーものが恐い、手先が不器用で料理も下手と意外に苦手なものが結構多い。特に料理は「わたしはお菓子にはうるさいから」とかなぜか偉そう?
さらにファッションとゆるキャラセンスがマジダサイという、なかなかに作り込まれたキャラ。

乃愛ちゃんはもう、ひなたちゃんの嫁でいいです。
外国人の母を持つハーフ。ひたすら「わたしかわいい」をアピってくるお年頃。
「かわいい」にひたすらこだわるあまり、花ちゃんがダサゆるキャラを「かわいい」というので「わたしはあのダサキャラと同じ扱いなの?」と本気で悩んだこともある。
口元がいつも「ω」なのとアホ毛がチャームポイント。一番かわいかったのは水着姿ですな。
ところで最終回は何役に挑戦してるの~。
本命はひなたちゃんで、花ちゃんとは対照的におしゃべりで活発だけど、花ちゃんとも一緒に登下校する仲良し三人組。

小依ちゃんは「学級委員のわたしに任せてちゃん」。
でもいつも肝心なところが抜けてるためクラスメイトの信用は低い。
夏音ちゃんがいないと何もできない「やっても出来ない子」。
調理実習でクッキー生地に砂糖をぶちかまして「多い方が甘くていいじゃない」と開き直る。
目の前でみていた花ちゃんは「なるほど」と納得するが、そこは突っ込むところだよ花ちゃん。
結果、あれ?今日の実習のテーマは「炭作り」だっけ?
でもチアリーダー姿でノリノリの姿はかわいいかったので問題ない。

夏音ちゃんはマジ天使。そして小依ちゃんの嫁というより強力なサポーター。
さらに、泣き出したみゃー姉をやさしく慰める強力な癒やし力の持ち主。
しかしこのとき「わたしに出来ることはありませんか?」と聞いたのが運の尽き。
コスプレ写真を撮りまくって「いいよ!いいよ!」と興奮するみゃー姉に、どん引きして距離を置く。
ここまで書くとまるで完璧超人だが、ジョークが苦手で気づいてすらもらえないというウィークポイントがしっかりある。

松本さん 恐いです。みゃー姉のストーキングはやめてえぇ!
寸法も測らず体にぴったりなコスプレ作らないでください。
通学から大学までずっとみゃー姉を追いかけないで下さい。
写真撮ったら端っこにちゃっかり写らないで下さい。
盗撮や不法侵入しないで下さい。逮捕されても知りませんよ。
飼い犬に「みやこ」なんて付けないで下さい。本当は調教したいの?
でも妹の夕奈ちゃんは普通にいいこなので、ゆうちゃんだけください。
ゆうちゃんは、お願いだからお姉ちゃんのマネはしないでね~。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 14
ネタバレ

うざっしー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

白咲花=まどかが別に好きではない暁美ほむら(原作者がpixivでまどか絵7枚投稿)

視聴前
動画工房の2019年冬アニメだが…前期の「うちのメイドがウザすぎる!」と似たような作品にしか見えない。
そこでpixivコミックにある原作を5話まで読んでみたが…

・共通点
{netabare}主人公がキモいロリペドお姉さん
主人公が本命の幼女に固執している
本命の幼女がツンデレ
主人公が攻略したいロリ少女を食べ物で釣る
主人公は料理や服を作るのが得意{/netabare}

・相違点
{netabare}主人公はマッチョではなく身体能力が高くはない
主人公が内気(でもキモさでは決してつばめに引けを取らない。つばめと違い陰キャなのでむしろキモさが際立つ)
ツッコミ役の常識人な妹がいる(ここが一番の違いに感じる)
主人公は本命の幼女にコスプレ衣装を着せて撮影をするのが目的、また自分も着る
主人公は幼女たちから弄られることが多く、本命の子以外からは好かれていて幼女ハーレムである{/netabare}

相違点はあるものの、やはり似ている。読み進めるほどうちのメイドが~と差異を感じなくなってくる。
同じ制作会社なら作りも似るだろうし、似た様な作品を連続でやるのは得策と言えないのではないか。

1話
切るつもりだったのにやはり0話切りできなかった…。
{netabare}フレンチトーストを作る作画は良かった。さす動画工房。
クレしん演出は笑う。
なんか見てるとひなたがみやこに片想いしてるみたいでかわいそうになってくるな。{/netabare}
ニコ動で声優つながりでみやこがアカネくんとか言われてて笑った。
アニメになると狂気が増す感じだな…ウザメイドよりヤバげ。

2話
{netabare}みやこはノアより花のほうがかわいいと言い切る所は偉いよなw
やっぱりひなたが誰からも愛されて無くてかわいそうに感じる。
出崎演出好きだなw
後半に入ってみやこは早くも幼女の相手するのが面倒な大人感出てきたな。{/netabare}
やっぱこのアニメって絵が綺麗なだけで内容無さすぎに感じる…って動画工房はいつもそうか。にしてもその中でもさらに無いわ。作画が並だったら切ってるな。

【総評】
2話切りしていたが評価が高いので最後まで見てみたものの、やはりあまり面白く感じなかった。
原作者はpixivでまどかマギカの絵を沢山描いているのだが…不思議な事にまどかファンの原作者のアニメは大のまどかファンの自分に合わないことが多いんだよね。合ったのは「ゆゆ式」「アリスと蔵六」くらい?
この作品は作者(みゃー姉)がほむらちゃん(花)に美味しいお菓子を沢山食べさせてあげたいと思った所が出発点なのかなと思った(原作者はpixivでまどほむの絵をいくつも描いているし、{netabare}9話で赤フレーム眼鏡のメガほむパロをやったので{/netabare}やはり花はほむらが元ネタなんだろう)。
ストーカー松本のモデルは二次創作で名高い変態ほむらさんだろうか。原作者が二次創作の感覚で描いてるから面白くないのかもしれない。
人気になったのは、みゃー姉がSSSS.GRIDMANのアカネに似ているのでGRIDMAN難民に受けたのが大きかったのだろう。

ただキャラデザ・作画は素晴らしく良い。8話の買い物の時の背景は実写っぽかったけど。
でも12話の賛否両論のアナ雪臭いミュージカルは、私もファンタジー映像ではなくリアルな演劇として見せた方が良かったと思った。
{netabare}あとあの天使はレズビアンを増やすので、子供を生まれなくして世界を滅ぼす悪魔に見えたwもっともあの世界では女同士で子供が生まれるようでもあるが。{/netabare}

この作品はロリキャラがメインのアニメではなく、クズでロリペドの女子大生、みゃー姉の成長物語と捕らえるべきなのだろう。{netabare}8話の母親とのやり取りがやけにリアルで(作者の実体験?)自分が大学生の頃を思い出してしまった。みゃー姉は中二病だった時期があるのでワタモテのもこっちにも似ている。
ただ、いつも客観的なスタンスで状況を俯瞰して見ている乃愛が主人公のように感じる時も多かった。ひなたの中ではみゃー姉に次ぐ存在とわかっていても、なお振り向けるひなたへの愛はけなげに感じる。彼女だけがガチレズの素質があるように感じた。{/netabare}

声優については長江里加がひなたの醸し出す重度のシスコンなサイコパス感をよく出せていた。さすがあそびあそばせのオリヴィアを好演しただけはある。Twitterを見ると微妙に狂気を感じるのでそういうことなのかもしれない。アイマス声優だけに歌も上手いし、今後ブレイクするのではないだろうか。
逆にストーカー松本を演じたLynnはもう少し怖さを漂わせるべきだったと思う。狂気演技をやらせたら上田麗奈が絶品なので、みゃー姉と松本は逆の方が良かったのかも。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 7

69.3 2 コミック百合姫アニメランキング2位
ゆるゆり さん☆ハイ!(TVアニメ動画)

2015年秋アニメ
★★★★☆ 3.9 (577)
3212人が棚に入れました
ゆるゆりの主人公・赤座あかりだよ!!「ゆるゆり」がテレビに帰ってきたよ―!
夏休みも終わって学校も始まったし、またこれからごらく部のみんなで楽しいことたくさんしたいな!じゃあさっそく部室いこう!

声優・キャラクター
三上枝織、大坪由佳、津田美波、大久保瑠美、藤田咲、豊崎愛生、加藤英美里、三森すずこ

nk225 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8

第7話「忘れられない一日になる」視聴。

変わらない毎日がまだまだ続くんだ!

赤座あかり・歳納京子・船見結衣・吉川ちなつの4人が行っている部活動「ごらく部」。
それに目をつけ、ちょっかい(?)を出し続ける「生徒会」。
愛が溢れまくりで明日から元気に生きていけること請け合いのまったりストーリーが、テレビに帰ってくる!

第1話「それは、すなわち、娯楽の始まり」
ゆるゆりの主人公・赤座あかりだよ!!
「ゆるゆり」がテレビに帰ってきたよ―!
夏休みも終わって学校も始まったし、またこれからごらく部のみんなで楽しいことたくさんしたいな!
じゃあさっそく部室いこう!

第2話「さぁおびえるがいい」
す、杉浦綾乃よ!
もういきなり出番なんて聞いていないわ!
またみんなのところに帰ってこれて嬉しいわね。
べ・・・別にあなたのために戻ってきたわけじゃないんだから!
でも待っててくれてありがとう!
あれ、お母さんが呼んでる。
なにかしら・・・。

第3話「自覚無し」
じゃじゃーん!
大室櫻子さま登場!
みんな元気してたかな?
わたしはいつも元気元気だよ!
そういえばこの前向日葵と勉強してたんだけどね。
向日葵また・・・あの・・・む・・・むねとか大きくなっている気がして・・・
ムキー!しかも小言もいってきてさ。
よし、いいこと思いついた!

第4話「その夜は、みんなの想いをつないでゆく。」
みなさん、あかりの姉の赤座あかねです。
いつもうちのあかりがお世話になっています。
あかりは本当にかわいいから、ほんとあかりはいつ見ても天使で、目に入れてもいたくないわ。
あぁもあかりのあれをあーして・・・と、いけないわ。
今日は友達がくるんだった。
準備しないとね。

第5話「少女は、闇に落ちる。」
池田千歳です~。
みなさんにまたお会いできてうれしいわ~。
それに、早速綾乃ちゃんと歳納さんがいろいろと見せてくれて…いや~妄想がはかどりますわ~。
あぁ思わず鼻血が・・・。
はっいけないいけない。
今日は綾乃ちゃんと出かける予定やったわ!楽しみやな~!

第6話「見えない顔は、其処にある。」
吉川ちなつです☆
結衣先輩のあんな姿がこんな姿がみれて、ちなつはもう・・・嬉しすぎて!仕方ないですからちょっとだけ、みなさんにもちょっとだけ見てもいいですよ!
今日も結衣先輩のウチへお呼ばれしてるんです。
おめかししていかなくちゃ!

第7話「忘れられない一日になる」
はっはっは!
みんな、ゆるゆりの真の主人公・歳納京子だ!
ちょっと遅くなったが、良い子のみんなは待ってくれてたかな?
これからごらく部が新たな敵を倒しにいくからついてきくれ!
えっそんな話ないって?ざんねーん。

デキるオタクはここで判断している?
2015年秋アニメも出そろいましたね。しかし、度胆を抜かれたというか……想像していた方向とまったく異なっていたのが「おそ松さん」ではないだろうか。初回の放送がスタートしてからカオスなネタと相次ぐパロディの連続に、ネット界隈を中心に「なんなのこれww(褒め言葉)」状態に。

その一方で「銀魂の監督とスタッフなのか。だったら納得」「監督の過去の作品からすると当然の展開」といった声も。うーむ……どうやらコアなアニメファンは監督などからも事前に情報を得て、放送開始前から内容を想定しているようだ。

【畑博之氏】
今期放送:「ゆるゆり さん☆ハイ!」
過去に関わった作品(例):「ゆるゆり なちゅやちゅみ!」2作品(監)/「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」(監)/「SHIROBAKO」

かわいい女の子でお世話になっている畑監督。ちなみに「R.O.D -READ OR DIE-」や「マギ」の監督として知られる舛成孝二氏のお弟子さんとのこと。

一瞬ブームになった、アニメ発信の言葉
近年はアニメ作品発祥の流行語も増えています。ただ、一般的な流行語と同じく、その流行はあまり長続きしないもの。そこで今回は、「一瞬だけはやったアニメ発の流行語」をご紹介します。「懐かしい!」と思える言葉もあるかも?

●「アッカリーン」
2011年に放送された『ゆるゆり』で登場した言葉。タイトルコール前に「アッカリーン!」と主人公のあかりを呼ぶほか、作中の効果音としても使用されています。ネット上では「\アッカリーン/」という表記でよく使われました。

「ゆるゆり さん☆ハイ!」放送記念! グッドスマイル×アニメイトカフェのコラボが12月1日からスタート!
赤座あかり・歳納京子・船見結衣・吉川ちなつの4人が行っている部活動「ごらく部」。彼女達とその周りのキャラクター達が織り成す、愛が溢れまくりで明日から元気に生きていけること請け合いのまったりストーリーがテレビに帰ってきました!

グッドスマイル×アニメイトカフェ秋葉原・大阪日本橋では、テレビアニメ第3期「ゆるゆり さん☆ハイ!」の放送を記念して、コラボカフェがスタートしております! 期間は、2015年12月1日から2016年1月30日まで。入場方法は、全日程先着入場制となります。

お楽しみいただけるフード・デザートメニューには、あかりのお団子をモチーフに肉団子を使用した「あかりのお団子バズーカ丼」が登場。他にも、作中に登場する和風ハンバーグをイメージした「京子も大好き!CoCoッスレストランの和風おろしハンバーグ!!」や、ちなつの髪に吸い込まれたピンポン玉を白玉で表現した「ちーなの超常現象パフェ」などが登場いたします!

ドリンクメニューには、京子と綾乃を表現した「京子と綾乃の同級生ドリンク」や、千歳と千鶴を表現した「千歳と千鶴の妄想!?ドリンク」、"アッカリーン"と書かれた「消えないで主人公!?あかりのカプチーノ」といったコラボメニューをお楽しみいただけます。

コラボメニューを注文いただいたお客様には、「クリスマスポストカード」をランダムでひとつプレゼントいたします!(配布期間:2015年12月1日~12月25日)また、カフェ限定発売となる、「トレーディングアクリルキーホルダー」や、「トレーディング缶バッジ」、「マフラータオル」など、見逃せないグッズが多数発売!

「2015秋アニメ実力人気投票」、結果発表!
2015年秋に放送がスタートしたTVアニメ63本の中から、毎週楽しみな作品、面白いと思う作品などに投票してもらう本企画。なんと今回は、7000票に迫る熱戦に! 1クールの放送であればちょうど折り返し地点に差し掛かる頃であり、物語が佳境に入った作品も多いだけに、ライブな反応がかいま見える結果となった。放送前に実施した「2015秋アニメ期待度人気投票」と比較すると、放送後に評判を上げたダークホースも見えてくるかもしれない。

並みいる話題作をおさえて1位に立ったのは、2000票以上を獲得した「ゆるゆり さん☆ハイ!」。「ゆるゆり」は、七森中の「ごらく部」に所属する女子中学生4人と生徒会一同を中心に、ゆるい日常や存在感の薄い主人公のギャグ描写で支持を集める人気シリーズ。TVアニメ第1期が2011年に放送されて以降、第2期、OVA、特別編が制作され、本作はTVアニメ第3期にあたる。以前と変わらず、キャラクターの可愛さと親密さをまったり堪能できる内容になっており、安心して観られる居心地のよさがファンの心を離さない。

結衣のネグリジェ姿! 「ゆるゆり」のなもりさんがTwitterのアンケート機能を使ってサービス画像を投稿
TVアニメ・マンガ「ゆるゆり」の作者なもりさんが、Twitterのアンケート機能を使ってサービス画像を投稿しています。「京子『結衣がお風呂入ってる隙に、パジャマをすり替えてみるか』」というツイートに「ネグリジェ」と「ガウン」のアンケートが付属しており、結果76%の投票を得たネグリジェ姿の結衣の画像が投稿されました。さすがはなもり先生だ!

「ゆるゆり」は、女子中学生たちのゆるくて平和な日常生活を描いた作品。普段男っぽい格好をしていることの多い船見結衣にこんな服を着させるとは、まったくなもりさんは恐ろしいクラゲだぜ(なもりさんの自画像はクラゲのような生き物)。さらに、おまけとしてガウン姿の結衣の画像も公開。なんてサービス精神だ。

秋アニメは制作会社で選ぼう!
【TYOアニメーションズ】
今期放送:ゆるゆり さん☆ハイ!
過去の作品(例):たまゆらシリーズ/オオカミ少女と黒王子(2014)/戦国無双(共同制作・2015)

かっこいいアクションシーンからふんわりかわいいキャラクターまで幅広い作品を手掛けている。
テレビアニメシリーズ1~2期は動画工房、3期からはTYOアニメーションズが担当。「ゆるゆり なちゅやちゅみ!+」もTYOアニメーションズの制作だ。

【2015秋アニメ】今期はどれ見る?
なもり先生の人気マンガを原作とするアニメシリーズ、今回で第3期となります。『ごちうさ』同様に女の子ばかりが登場する作品ではありますが、先方の都合で納品スケジュールが1/3ほどカットされて心の中が修羅場と化していても優しい気持ちにしてくれる……ふふふっと微笑みながら見守る作品といった感じで気に入っています。

同年代(中学生)の設定を持つ他作品と比べて、キャラの精神年齢の表現が非常にうまい作品だなと感じていましたが、今回から制作スタジオが動画工房からTYOアニメーションズに変更されています。

スペシャル版となる『ゆるゆり なちゅやちゅみ!+』をすでに手がけているので大丈夫だとは思いますが、OVAとTVシリーズは似て非なるもの。ちょっぴり不安を抱えていますが、今期もきっとたくさんの笑顔を提供してくれるはずなので、今のうちに表情筋を鍛えて待機しておきますね。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 9

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

♪ゆるゆり!! ゆるゆり!! ゆるゆり!! さん、はいっ!♪

この作品の原作は未読ですが、1期、2期、OVAに特別編とずっと視聴してきた大好きな作品・・・放送が始まるのを期待値MAXで楽しみにしていました。

1〜2期から制作会社とスタッフが一新された事により作風はだいぶ変わりました。
1,2期のあかりを弄り倒す展開も嫌いではありませんが、物語的には生徒会との接点が増えた事、そして作画や背景が綺麗になったし、キャラデザも可愛くなったので個人的には今の方が好きかもです^^

今期のキャッチコピーは「変わらない毎日がまだまだ続くんだ」
このキャッチコピーの通り高位安定した展開を楽しむ事ができます。
まず、ごらく部と生徒会のどちらかが口火を切って・・・そこにもう一方が加わって面白さの幅が広がる展開が基本なのですが、このパターンが個人的にはツボにハマりました^^

ごらく部の歳納京子と生徒会の大室 櫻子・・・それぞれの部隊が抱える風雲児の巻き起こす嵐には何度も笑わせて貰いました^^
でも、この作品が面白いのはこの二人の効果・・・だけじゃないんですよね^^
何事も真面目に受け止め・・・真面目にこなして・・・普通に潰れるあかりちゃん^^
ツンとデレのバランスが絶妙な杉浦 綾乃・・・

改めて考えてみると、ごらく部と生徒会のキャラ構成って結構似ているんですよね^^
【破天荒キャラ】
ごらく部:歳納京子 生徒会:大室櫻子
【破天荒キャラのなだめ役・・・というかツッコミ役】
ごらく部:船見結衣 生徒会:古谷 向日葵
【真面目キャラ】
ごらく部:赤座あかり 生徒会:杉浦 綾乃
【妄想クイーン】
ごらく部:吉川 ちなつ 生徒会:池田千歳

この構成が似ているから、どちらから話が始まってもお互いが被っても面白さが高位で安定するのかもしれません。
そして、それぞれのキャラが抱く百合的要素が丁度良いスパイス・・・なのだと思います。
この3期を見て個人的に株が上がったのは・・・あかりちゃんです^^
これまでが悪かった訳ではありません。
でも、今期のあかりちゃんは素直さと純真さに輪をかけたようで・・・ホント可愛かったと思います^^
お姉さんが溺愛するのも激しく納得です^^

あかりちゃん・・・といえば、2015年秋アニメで放送された「俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件」の中にも登場しましたね^^
ツンピュアの天空橋 愛佳があかりちゃん推し・・・お嬢様・オブ・お嬢様の有栖川 麗子が綾乃を推していました^^
それぞれのキャラに被るモノがあったから・・・なんでしょうか^^;?

でも、「庶民サンプル」では物凄くしっかりこの作品が描かれていたと思います。
著者、アニメーション制作にスタッフにも接点は無く、唯一の接点といえば出版社だけ・・・
ここまで細かく他の作品を描いた作品も珍しいのではないでしょうか^^;?
私は、例えば「バクマン。」で少年ジャンプを少年ジャックと表現した様に
架空化するのが一般的だと思っていましたが・・・
まぁ、ゆるゆりファンにとっては嬉しいサプライズでしたけれど^^

少し脱線してしまいました^^;
物語の終盤・・・ついにごらく部の誕生秘話が明かされるのですが、その話に心をほっこりさせて貰いました^^
と思ったら、ここから怒濤の連続ほっこり・・・そして皆んなの笑顔を見て、改めてこの作品が大好きである事を実感しました^^

オープニングテーマは「ちょちょちょ!ゆるゆり☆かぷりっちょ!!!」
エンディングテーマは、「あっちゅ〜ま青春!」と「きみがくれたシャイニーストーリー」
全て七森中☆ごらく部が歌っています。
何といってもオープニングのノリが大好きでした^^

1クール12話の作品でした。
面白さは言うに及ばず・・・唯一言うなら「続編の制作を宜しくお願いします」で決まりです^^

投稿 : 2020/08/01
♥ : 25
ネタバレ

❣ユリア❣ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

突っ込みどころ満載wwww

この話は第3期目でした☆
話は1話につき何個か話があって完結しているんですが、1期、2期を見てないと友達の構成が分かりにくいかなと思います
私は1期と2期を見てなかったので第4話までよく話が分かっていなかったです…ww

この話は、女子校が舞台で主役のあかりを含む4人が娯楽部でのんびり過ごしているという話です
とってもゆる~く、京子のボケと結衣の突っ込みがあり、時にはしんみりとする感じでしたがとても面白かったです!

{netabare} 
主人公はあかりとさっき言いましたが、京子の方がよく出ていて、最終回ではまとめたりしているので、主役なんじゃないかな~?と私的には思いました

始めの方は、京子がボケてバカ発言ばかりしていて、あまり私的には好きなキャラじゃなかったんですが、少しずつ見ているうちに、京子はただのバカではなく、以外な才能があったり、皆以上に友達思いだということが分かり、京子はすごいな~!いい子だな~!と思う場面がたくさんありました

女子校という男子がいない学校ではありますが、女子での恋愛が少し…いや、それ以上にあるかな?と思いました

例えばちなつ、ちなつは結衣のことが好きです
よく妄想とかもしてて、第1話の王様ゲームでは王様になり、結衣に命令しようとしていたり…(結局出来ませんでしたw)
結衣の危険な時はすぐに光の速さで跳んでいきますw
よっぽど結衣のことが好きなんだな~と見ていて思いました☆

あかりたちを含む4人の他に、生徒会の4人も主人公としてよく出てきます
会長を含めて5人なんですが…会長はじゃべらなくて、出てきたときは一瞬誰!?となりましたw
第10話の始めは会長がメインの話であかりの落とし物を届けたお礼に飴をもらって…
助けては何かもらい、藁しべ長者みたいな感じでしたw
最後は櫻子にせんべいをあげてそのお礼につまようじ…w
でもそしたら理科の先生がたまたま通りかかり、そのつまようじでたこ焼きを食べて…♪
キャラ全員がセリフ無しで音響だけでしたがとても面白かったです!!

生徒会の1人綾乃は京子が好きでなかなか素直になれなかったんですが…京子の優しさがあり、少しずつ仲良くなり、映画にも一緒に行くことができました☆
その2人の場面はとてもお気に入りです☆

とってもいい話!と思うところもありますがやはりゆる…
結衣と京子がショッピングに行ったとき…結衣が京子に似合うと思った服が
I am AHO
でしたwwwwこれは、結衣のセンスが悪いとかではなく、ふざけて選んだみたいですが、なんと京子がそれを気に入ったみたいで…wwww
なんとその後のファミレスにその服を着ていったんです
え~気に入ったんだ…w

最終話では、京子が卒業式に言うような
皆ありがとう!
という感じで終わろうとしてたんですが、やはり落ちがあり、最後の最後まで笑えました♪
{/netabare}

笑いや突っ込みどころ満載で思わず私も突っ込みたくなるところがたくさんありましたw
友達構成とかが分かりにくいところもあるので、1期から見て、ちゃんと理解したいな~と思いました☆
予想以上にはまった作品だったので、ぜひぜひ、原作なども見てみたいな~と思います!!

投稿 : 2020/08/01
♥ : 16

72.5 3 コミック百合姫アニメランキング3位
citrus(TVアニメ動画)

2018年冬アニメ
★★★★☆ 3.5 (451)
1771人が棚に入れました
ギャルだけど初恋も未経験なjk・柚子は、親が再婚した都合で女子高に編入することに。彼氏ができない!と不満爆発の転校初日、黒髪美人の生徒会長・芽衣と最悪の出会い方をする。さらに、義理の姉妹になった芽衣と同室で生活することに・・・!?

声優・キャラクター
竹達彩奈、津田美波、藤井ゆきよ、久保ユリカ、井澤詩織、葉山いくみ
ネタバレ

ガタリリス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

女子高に通ってしまったが為にアブノーマルな性癖に目覚めてしまったJKの悲喜劇

このアニメを観る前に言っておくッ! 
おれは今、奴らの性癖をほんのちょっぴりだが体験した。

い…いや…、体験したというよりは、まったく理解を超えていたのだが……。

あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!

「彼氏が欲しいと思っていたら、彼女ができていた!」

な…、何を言っているのか分からねーと思うが、俺も何を観たのか分からなかった。
頭がどうにかなりそうだった……。
フェミニズムだとか性転換だとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……。



普通の女子高生が百合に目覚めてしまうまでの過程を丁寧に描いた恋愛ラブロマンスアニメですねw
主人公の柚子は最初の頃は『あ~彼氏欲しい』みたいな事を言っていたのに、気付いたら彼女ができていたw
どうしてこうなった?(^ω^;)

まあ、個人的には期待してた以上に面白かったですね。
似たようなテーマを扱った作品に『桜トリック』や『クズの本懐』がありますが、それらの作品よりは遥に観易かったです。
その理由は、キャラが魅力的で感情移入し易いのと、ストーリーが起承転結があって面白かったからだと思います。
主人公の柚子が能動的な性格なので観ていて飽きないのがよかったですね。
柚子のお蔭であまりドロドロした展開にならかったのも個人的には高評価です。
エロシーンも一応ありますが、どちらかというと柚子と芽衣の恋愛がメインの話なのでそこまで気にならなかったかな(私はだけどw)。

柚子と芽衣の他にハルミンや副会長が物語のアクセントに効いてて、彼女たちもなかなか魅力的でした。
特にハルミン、あなたイケメン過ぎるわよw
ハルミンは芽衣パパが出国しようとした時に『柚子っち、乗れ!(`・ω・´)』といって柚子と自転車に乗ったシーンが一番印象深かったです。
あと、この作品で唯一ノーマルな主要キャラなんだよなー。。。
副会長も良い味だしてたわ。
マジメなんだけど、一番変態なのがこの子w
一番ヤバイ性欲を隠し持ってる『とある科学』の黒子のようなタイプだなw

それと中二美少女”まつり”も良かった。
本作で一番魅力的だと思うが、一番性悪でもある小悪魔な女の子。
そして、何故か左利き。
本作では特に意味はなかったが、原作だと何か意味があるのだろうか?
アニメでは時々左利きキャラが出て来るが『けいおん』の澪みたいに物語に絡んでくることもあるので、何か意味があるのかも知れないと深読みしてみる。

序盤のキスシーンで秋山優花里みたいに
『ひゃっほーい! 最高だぜー!』
と叫んだのは私だけではないハズw
男性視点で観るとかなりウハウハなシーンなのだが、女性視点で観るとどうなんだろう?
気になるなw
今期は『からかい上手な高木さん』や本作のように男性視点と女性視点で評価が分かれる作品が多かった印象。
百合がテーマのアニメなので人を選ぶ作品だと思うが、ストーリー・キャラ・背景ともに個人的には高評価でした。
もし、2期が来るようでした視聴すると思います(たぶん来ないと思うけどw)。

以上、拙い感想でした(・ω・)ノ

***

女同士のXXXが描かれてるアニメ。
柚子が押し倒されるシーンからの百合キッス……、グッと来たねw
内容を忘れないようにメモしていこう。

EP1{netabare}
主人公はJKの柚子。
天真爛漫なギャル系女子だが、実は一度も恋愛経験がないことがコンプレックスだった。
そんな時、母親が再婚し女子高に通う事に。
派手な服装から生徒会長・芽衣に目を付けられスマホを奪われる。
初登校、クラスメートに強引に絡むも友達になれず……。意外にコミュ力は低そうw
色々あってスマホを取り返すが、校舎裏で芽衣と先生がキスしてる所を目撃!(しかも、バレるw)
焦って自宅に帰ると、母親から義理の妹が居ることを告げられる。
再婚相手の娘と同居することになったのだが、その義妹がなんと生徒会長の芽衣だった!
柚子に対し鋭い眼光を放ちながら距離を置く芽衣。
イライラが募った柚子は校舎裏での出来事を嫌味を込めて言うと、なぜか芽衣に押し倒されてキスされた!w
ファーストキスを同性に奪われた屈辱に震えながら夜を明かす……。
{/netabare}

EP2{netabare}
柚子は母親&芽衣とショッピングへ。
柚子はぼんやりしていたのか池へダイブ。その拍子に芽衣も一緒に池に落ちる。
身体を洗うために柚子と芽衣が一緒に風呂に入る(エロイw)
そして再び押し倒される柚子www
次の日の登校日。
服装その他のことで理事長に目を付けられる。柚子、逆切れ。
その後、校舎裏で芽衣とキスしてた先生が良からぬことを携帯ごしに話していた。その内容は理事長の孫である芽衣を出汁にして金を搾り取るような内容。
義姉である柚子がそれに憤怒し、朝礼でそれを暴露。その先生はクビになった(ざま~w)
諸々の事件を起こしたことによって、柚子は義理の祖父である理事長に嫌悪を抱かれる。それがキッカケとなって芽衣は理事長の屋敷へと連れて行かれることに。
芽衣の本心を探るために理事長の屋敷へと向かう柚子。
そして、またしても芽衣に犯されそうになる柚子!w
その現場を抑えられ、柚子は理事長から退学処分を受ける(誤解なんだ理事長!)
芽衣の本心とは……?
そして柚子の伝えたい気持ちとは……?
次回、乞う御期待(・ω・)ノ
{/netabare}

EP3{netabare}
柚子っち、理事長に抗議をするために学校に乗り込むが、なんと理事長が倒れていた!
柚子の手腕によって理事長は無事、命を取り留めた模様。
場面は病室に移る。
理事長、倒れたことで頭が冷えたのか急に物分りが良くなる。
柚子の退学処分は取り消しになり、さらに芽衣は自由の身に。
場面が変わって友達とメイドカフェ。
柚子さん、ネットカフェで百合マンガを読むw
ちょっとこれ、やばくないか?(^ω^;)
禁断の領域に足を踏み入れ始めた柚子に不安を感じた場面であった。。。
家に帰ると、なぜか部屋にダブルベッドが……!
柚子と芽衣、二人で寝ることになったのだが、今夜は百合展開はなくケンカして終わり。
柚子が思っているほど、芽衣は柚子と親密になりたいとは思っていなかったようだ。
さらに場面が変わって学校へ。
柚子、芽衣に百合マンガを所持していることがバレ生徒会室に呼び出される。
芽衣に叱責を受ける柚子だったが、感情を抑えきれず柚子は芽を押し倒しキスをしたw
いつもは受けの柚子が今回は攻めに転じた所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP4{netabare}
真の変態は副会長だと判明!
柚子と副会長に愛される、モテモテな芽衣。
ハードコアな百合展開になりそうな所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP5{netabare}
今回は柚子や芽衣の家族に関する描写が多かった印象。
副会長の柚子に対する嫉妬心の描写も多かったけど、柚子の父親が他界してたり芽衣の父親の謎だったりと、物語に重層感が出て来たね。
まあ、柚子の芽衣に対する恋愛感情は無くなってないんだろうけど、『芽衣にいま必要なのは恋人ではなく家族だ』ということで柚子っちは普通の姉を目指すことに。
てか、それが普通だよね?(´・ω・`)
序盤で遊園地に行くという話しがあったけど、アレは結局どうなったんだろう?
最後に謎の男性が家に上がり込んで来た。
芽衣の父親かと思いきや、芽衣の『先生……!?』って言葉で『?』になる。
謎が深まって来た所で次回へ~(・ω・)ノ
{/netabare}

EP6{netabare}
芽衣が『先生』と呼んだそのオッサンは、やはり芽衣のオヤジだったようだ。
しかし、チャラいな~w
ノリが柚子と似てるから、この二人の方が親子に見えるわw
まあ、このオッサンに学園を継がせるのは確かにムリだわな。
芽衣は父親に学園を継がせるために今まで頑張ってたみたい。
過去の父親とのエピソードシーンがあったけど、今とはかなり雰囲気が違うね。
先生らしく硬派を装ってたんだけど、本当のキャラはチャラ男でそのギャップを埋めるのが難しかったのかな?
まあ、祖父があの老害理事長だったから色々抑圧されてたんだろうねw
というわけで、帰って来たオヤジの姿はノリの良いチャラ男であった。
芽衣はこの姿に絶望した様子で部屋に入って引き籠る。
柚子は芽衣を慰めるために部屋に入るが、何故か百合展開に。
柚子がキレて芽衣に平手打ちを喰らわす。
『馬鹿にすんな。人の気持ちを何だと思ってんだ!』
全くだよ(´・ω・`)

場面は変わってハルミンとの食事シーン。
柚子がハルミンの乳を揉んだ時に携帯の着信音が鳴る。
相手は柚子ママで、その内容は『芽衣パパがまた海外に行く』というものだった。
落ち着きがないオヤジだな~。。。
それを聞いたハルミン『柚子っち、乗れ!( `・ω・´)』
イケメンなハルミンと自転車2ケツで学校へ向かう。

舞台は学校へ。
校内放送で強引に芽衣を呼び出し、芽衣と2ケツで上野駅に向かう。
上野駅で芽衣パパ発見。
芽衣は躊躇いながらも、パパと会話。
パパと別れた後、芽衣は学園を継ぐ決意を固める。
ラストは柚子と芽衣の百合キッス。
二人の仲は深まり、本当の意味で恋人になった瞬間であった。

今回印象に残ったのは、チャラ男の芽衣パパとイケメンのハルミンだったなw
ラストのラストに謎のピンクの髪の女の子が登場。
何だこの展開?
色々と盛り上がって来た所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP7{netabare}
冒頭、反抗期真っ盛りのクソガキ『まつり』の登場から始まる。
ピンクの髪で表情が何かヤバイ。。。
売春っぽいアルバイトをして金稼いでるような事を言っていた。
不穏な空気が漂う。
柚子の幼少期からの知り合いで幼馴染だそう。
執拗に柚子に付き纏うのは何故だろうか?
自分の予想だが、柚子を出汁にして金を稼ごうとしてる気がする。
柚子っちが犯罪に巻き込まれそうで心配でござる(´・ω・`)
物語の終盤、まつりは柚子の居る学校に押し掛ける。
通行止めの看板に蹴りを入れて倒す辺り、毒のある性格をアピールしてるな。

しかし、まつりの声が苦手だ。。。
他のレビューでも書いたが、萌え萌えした声は苦手なんだよねw
ヤバイ女まつりが登場した所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP8{netabare}
柚子・芽衣、そしてまつりの3Pデート(?)で始まる。
柚子はいつも通りだが、まつりと芽衣がギクシャクしてる感じ。
というか敵対まで行ってるなw
まつりがパンチラを覗いてたガキを捕まえて悪巧みをする。
芽衣に対して、リベンジポルノ的な事をするつもりだと思う(何故か芽衣がまつりにキスをしたw)
なんという超展開!
芽衣は色んな女に手を出し過ぎw
柚子は楽しそうな感じで、芽衣とクリスマスの約束を取り付ける。
しかしラスト、まつりが芽衣の前に立ちはだかる。
波乱の予感がした所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP9{netabare}
案の定、まつりはリベンジポルノを使って芽衣に脅しを掛ける。
まつりは芽衣に対して売春を強要。
やらないなら芽衣とキスした画像をばら撒くと、脅しを掛けてきた。
芽衣は相変わらず無表情だが、これに応じたのだろうか?

場面は変わって、まつりと柚子が二人でデートw
柚子と一緒にカフェでケーキを食べる。
どうでもいい話だが、まつりが左利きであることが判明。
フォーク持つ手やスマホ弄る手が左手である。
『けいおん』の澪が左利きであることがネタになったりしたが、アニメではたまに左利きキャラが居たりする。
本作の場合、どういう意図があるかは不明。

柚子が執拗に芽衣の話をすることに嫉妬したのか、まつりは芽衣が居ない原因は自分のせいであることを暗に伝える。
そのことに激怒した柚子。まつりに頭突きを喰らわす。
必死に芽衣を探す柚子。
そして、ひょっこり現れる芽衣。
そして、帰り道。
3人で電車に乗って帰る途中で、まつりと芽衣が会話をした。
二人とも愛情に飢えていたが、それを与えてくれるお節介な柚子に好意を持ってるといった感じの内容。
柚子は二人の間で眠ってて、夕日の陽射しが気怠さを象徴している。
まつりは心の中で芽衣と和解した模様。リベンジポルノ用の画像を消去した。

場面が変わって芽衣と二人っきりの自宅。
ここからは大人の時間だぜ(`・ω・´)キリッ
といった感じでガチ百合な展開になった所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP10{netabare}
大人の時間(!)、服を脱ぎつつ柚子に迫る芽衣。
が、その気迫にビビった柚子が芽衣を拒絶してしまう。
それが尾を引いてるのか、芽衣は柚子と距離を置くようになってしまった。
それから数日後の修学旅行の日。
柚子っち、寝坊してダッシュで駅に向かう。
が、点呼の時間に遅れてしまったため誰も居ない。
仕方なくブラブラしてると”ゆずぼっち”というどこかのユルキャラに似てるキャラがw
商品を物色してるとニナという白髪の女の子に出会う。
ニナも修学旅行の点呼に間に合わなかったため、一緒に修学旅行先の京都に行くことに。
新幹線の移動中、ニナは運命の人(女)に出会ったという類のことを言った。
さすがcitrus、主要人物が尽く百合キャラであるw
まともなのってハルミンだけじゃね?w
そんなこんなで京都に到着。
しばらくニナと一緒に観光した後、ホテルに向かう。
偶然、柚子の学校とニナの学校は同じホテルに泊まるみたいだ。
副会長から説教を受ける柚子。
しかし、柚子は副会長は眼中に無く、芽衣の後ろ姿を追いかけるが・・・。
さらにニナの運命の人が芽衣であることが判明。
ここからさらに一波乱あるのだろうか?
芽衣が柚子に『あなたは私のことをどう思っているの?』と問いかけた所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP11{netabare}
サラが芽衣に告白し成功する。
片や柚子は芽衣に自分の思いすら伝えることができない。
姉のニナは柚子に対して妹サラの恋の行方を応援してくれるよう頼むが、これがニナの策略とは柚子は気付いていない。
次回でラストだけど、どういう展開になるのか気になるね。
ガチ百合アニメで癖が強いアニメだけど、個人的には意外に楽しめたアニメでした(人は選ぶけどねw)
次回の展開が楽しみな所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP12{netabare}
サラたん良い奴過ぎるな。
自分の恋を友人の為に犠牲にするなんて。
それとニナの姉に対する愛情も深い物がある。
結局、柚子と芽衣は付き合うことになったんだけど、これから恋が始まる感じの終わり方だったな。
たぶん2期は来ないと思うけど、来たら観ると思います。
それくらい登場人物に感情移入できた良いアニメでした。

以上、視聴完了です(・ω・)ノ
{/netabare}

投稿 : 2020/08/01
♥ : 24

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

純情ギャル×黒髪生徒会長=×××

この作品の原作は未読です。
原作の掲載誌は「コミック百合姫」で、これまで「ゆるゆり」「犬神さんと猫山さん」「捏造トラップ-NTR-」などを輩出してきた雑誌です。
2018年春アニメで放送が予定されている「立花館To Lieあんぐる」もこの雑誌からの作品になります。

そしてこの物語の主役を演じるお二人…あやちと津田美波さんの組み合わせは今回が初めてではありません。
二人が主役若しくは準主役で活躍する作品…私の知る限り「モモキュンソード」「おくさまが生徒会長!」に続き、これが3作目になると思います。

あくまで個人的な私見ですが、この作品の様に女性同士が対峙する…というシチュエーションにお二人の声質が合っているから、集まるべくして集まったんだと思います。
コロコロ転がるようなあやちの声質と、津田さん演じるキャラの声質は水と油の様に共通点が見出せません。
だからこそ、この作品の様にキャラの心情を重視される作品には欠かせないんだと思います。
スタート地点はバラバラ…向かっている方向すら根本から異なる二人…
天と地ほどの差を表現するのに、声質は欠かせないと思うんです。

この物語の主人公は高校1年生の藍原柚子…母親が再婚して藍原性を名乗るようになった今どきのギャル風な容姿が特徴の女の子です。
母親の再婚に伴い、住むところも学校も変わった柚子でしたが、気合いを入れて身なりを整えて登校した彼女に待っていたのは、全身校則違反という洗礼…その学校は校則の厳しいお嬢様学校だったんです。

そんな彼女の前に現れたのが1年生なのに生徒会長を務めている藍原芽衣…
黒髪ロングの美人さんで清楚な出で立ちは柚子とまるで真逆…
何もかもが違う二人…ですが、親同士が再婚して義理の姉妹になった二人だったんです。

お互い「その他大勢」から身内としての「ただ一人の存在」に昇華した二人…
柚子のお節介なまでの優しさと、芽衣の凜とした言動を慕う存在を巻き込みながら柚子と芽衣の物語が動き出すのです。

言葉にするだけで良いのに…
一人の視聴者の立場というだけなら、きっとこの思いは払拭できないと思います。
きっと「その他大勢」同士の立場だったら、悩むことも苦しむことも無かったと思います。

でも、お互いの距離が近すぎると逆に言えない事もあるんですよね…
まぁ、二人の場合は各々を構成する人格が凝り固まっていたので、余計に事がややこしくなった点も否めませんけれど…。

だから二人を見ていると駆け引き…にすら行き着いていない事に気付きます。
自分と相手の立ち位置を理解して、次の一手を模索するのが駆け引きとするなら、二人ともお互い自分の事だけで精一杯なんですもん…

でも、そんなになってしまうのも理解できます。
これまで自分が経験したことの無い感情のコントロール…決して易しくはありませんから…
それに自分の領域の境界が曖昧だから境界線上でのせめぎ合いもできない…
人は知らない事に対して臆病になる…当然の事だと思います。

この堂々巡り…
これではいつまで経ってもお互いが噛み合う事はありません。
でも、お互いがもう少し歩み寄りながら理解し合う選択肢は絶対あったと思うのですが、これはだいぶお預けを食った気がします。

だから井澤さんや金元さんといった外乱には正直ちょっと期待しちゃいました。
何故なら直ぐに展開が膠着状態になるからです。
その原因は芽衣の言動だった訳ですが、振り返ってみると彼女の鉄壁の防御こそが彼女自身の最大の魅力だったのかもしれません。

だって、何人たりとも侵入することのできない彼女の絶対領域を守っているのですから…
逆に考えると、彼女の鉄壁の防御は彼女が心を許した人しか掻い潜る事が出来ない類のモノなんです。
それって特別以外のナニモノでもありませんよね。
彼女の燃え上がるような情熱…それに触れられるのは本当に特別な人だけ…
柚子と芽衣の気持ちはどこに向かっていくのか…届ける事ができるのか…
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、nano.RIPEさんの「アザレア」
エンディングテーマは、Mia REGINAさんの「Dear Teardrop」
nano.RIPEさんの曲は相変わらず痺れる曲ですね…
格好良過ぎて鳥肌モノでしたよ。
もちろん、カラオケでもチャレンジ済です。

1クール12話に物語でした。
感想して振り返ってみると、やはり私はあやちと津田さんの組み合わせが根本的に好きみたいです。
これからもお二人の共演を楽しみにしています。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 22
ネタバレ

一言 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

ストーリー展開とキャラの描写がダメ

一言で言えば、キャラクターの考えてることが理解できないアニメ。


タイトル通り、ストーリー展開とキャラ描写のことは後程記載するとして。
きらら系の女の子が仲良くしてるゆるい百合が好き…くらいなライトな百合好きオタクには濃厚すぎるかもしれない。
百合というよりガチレズ、そんなアニメです。


しかしレズ依然に展開が無理やり過ぎてギャグアニメと化してたり、ただ単にエロ描写を描きたいだけのストーリー展開がめちゃくちゃなアニメだった。


※ここからはこの作品に対する愚痴のようなもので、オタク特有の早口な作品に対する批判()なのであまり推奨しません。
{netabare}
例えばゆず。
メイにキスしたいだの、告白したいだの、レズ漫画買うだの、女のメイが好きなことを自覚したうえでの行動だったくせに、いきなり最終話間近で「やっぱり姉妹のスキンシップとしてはやりすぎだと思うんだ…」とか今更すぎて…。

もっと早い段階でぶつかる問題では…?
もはやこのタイミングでこんなこと言うの意味がわからなさすぎる……。自分からいろいろとメイに積極的に関わろうとしてたくせにここでそれ言うか?

女同士はおかしいからやめようという葛藤を描くなら、もっと序盤ですべき。
{/netabare}

話の持って行き方が唐突で、キャラクターの考えてることが意味不明になっている…。

{netabare}
メイも、ビッチ生徒会長を描きたかったんだろうけど、初っ端からゆずにキスしまくったり、ことあるごとにちょっかいかけている理由がほしい…。
最後の最後までゆずをいつ好きになったのか理由がなかった…。
{/netabare}

描写がたりてないと思う。感情移入できないどころか何考えてどうしてそんな行動を取るのか理解できないからもやもやしてしまう。

{netabare}
あと双子姉妹も登場した意味なかったな…。
修学旅行回は特に謎。
双子姉はただふりまわされただけだった。
メイはなぜクリスマスに拒否られただけで、ゆずをあそこまで完全拒絶したのか、しかもすんなり双子姉と付き合うことを承諾したのか謎すぎる。

クリスマス回といえば、そもそもゆずがメイを受け入れなかったのも意味がわからなかった…。あそこまでメイを求めていたのになぜ今更拒否する?理由がほしい。(序盤なら拒否するのもわかるけど…)

ビッチ中学生もあんなに執着してたのにあっさり改心するからつまらなかったな。
双子の新キャラをいれて意味不明な展開をやるより、ビッチ中学生と人悶着やるのをていねいに描いたほうがよかったのでは。


クリスマスの夜以降、メイがなんであんなに塩対応で、もう話すこともないとか、関わるなとかいってたくせに、最後の最後でころっとゆずの返事をオーケーしたのか、理由付けがないし、まじで意味がわからない。

それに、ほんの一時的に付き合った双子姉と別れることになったとき、あなたを失いたくない…とか言ってたところは本当に意味がわからん。
出逢って間もなさすぎるのにいつそんな重い感情生まれたんだよ…てかゆずにすらそんなこと言わなかったのに……。
{/netabare}


感情移入どころかキャラクターの行動原理が謎だから話としておかしすぎる。
それが気になって仕方がなかった。


ただ、レズなら何でもいいと言う人や、ストーリーの粗探しも含めて楽しめる人ならいいと思う。一話を見て判断してみてはどうでしょう。

ツッコミどころあってニヤニヤするというよりは、鼻で笑う感じ。


ボロクソに書いたんですが、どんなことをやらかしてくれるのかという意味では楽しめたし、ここまで頭のぶっ飛んだレズアニメを見たことがなかったので新感覚な感じで楽しめました。

二期があれば見るとは思う。
やらないと思うけど。
{netabare}
個人的には、はるみんとゆずが絡んでそれをビッチ中学生が掻き回す感じのストーリーのが面白かったんじゃないかなぁと思う。
まあ要するに、ストーリーの展開+メイメイの考えてることが見えにくすぎてもやっとしたんですよね!
{/netabare}


opとED最高に好きです。
あと、竹達のギャル演技、とても良かった。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 8

61.9 4 コミック百合姫アニメランキング4位
捏造トラップ-NTR-(TVアニメ動画)

2017年夏アニメ
★★★★☆ 3.1 (199)
828人が棚に入れました
私たちには、カレシに言えない秘密がある。

高校2年生の由真は、生まれて初めてできた彼氏にドキドキの毎日。幼馴染でモテる美少女、蛍につき合い方を相談した由真は、恋愛経験がないことをからかわれ、カレシともしたことがないようなイタズラを仕掛けられてしまい…。エスカレートしていく、蛍との秘め事。そんな関係を拒めず、いつの間にかハマっていく由真。そんなふたりのカレシ持ちJKが織り成す学園ドラマ。

声優・キャラクター
加隈亜衣、五十嵐裕美、小野大輔、逢坂良太
ネタバレ

うざっしー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

ドロドロ汚れ百合恋愛物。クズの本懐好きにはオススメ?

1話
男女四人でグループ交際しているうちの女子二人が彼氏に内緒でこっそり百合百合…いやレズ…する話。
女の子が二人とも巨乳なのはわかってない感じがする。身長差があるのはいいけど。
あとキャラデザがちょっとしょぼい。クズの本懐が良すぎたんだろうな…。このジャンルは作画良くないとキツい。

すぐ桜Trickだって言われるけど、あれはキス以上のことは絶対しないんだよね。乳もみすらNG。

でもこれNTRと言えるんだろうか?彼氏が百合厨だったらむしろ大歓喜では?実際、琴浦さんの真鍋はそんな感じだった。

2話
うひょー俺の大好物な展開じゃねえかw
蛍はバイセクシャルのクソレズビッチやな~イイヨイイヨ~
{netabare}藤原は蛍に直接ケリ入れて良かったと思うwあれでも別れないなら蛍はそれなりに藤原も好きなのかもしれないが…。
次あたりで藤原がどういう行動にでるかだな~藤原が別れたらそれで終わりになってしまうので、対抗して武田とウホッ!して蛍に嫉妬させようとするのかな?そして藤原が目覚めて…{/netabare}

3話
{netabare}見ていて「百合ソープってあるんだろうか…」とか馬鹿なことを考えてしまった。
藤原は非童貞なのか。藤原は気づいたけどこの状況を観察して愉悦を愉しむようだね。それこそが百合紳士というものだ。{/netabare}

4話
{netabare}武田かわいそう。武田と関係を切ろうとしない由真はクズすぎやな。やっぱレズアニメに男を出すべきではない。{/netabare}

5話
{netabare}百合姫原作だからどうせ由真はレズに目覚めてほたると結ばれるんやろうなと思ってしまう。そもそもレズるのは浮気なんだろうか?クズの本懐ではノーカンみたいだったがw
結局なんでほたるが怪我したのかはわかるのか?なんか治ってるしw
3P展開は見たいなw{/netabare}

6話
OPの裸のシーンがなくなってしまったのだが…なぜ今更?
ニコ動で見てるとかなり淫夢厨が湧いてて歪みねぇな。この内容じゃ当然だとはっきりわかんだね。
{netabare}武田はこのままなのかな。どうせ最後は二人のレズを認めてすっぱり諦めて終わりとかなんだろうな。
次は本当に3P展開か?3Pやったら評価爆上げだな。{/netabare}

7話
OP戻った!先週は何だったんだ。
{netabare}武田と由真のよりを戻させようとするほたる…
9話の真実と1割の嘘wwwwやるな蛍wwwずっと親友って所が嘘かな。レズ関係じゃなくて。由真のレズの本性を表に出すため一旦引く。
蛍が適当に男捕まえてお嫁さんになるって言ったとき他の女が怒ってたけど、フェミ的な観点から怒ってたのか?女性の社会進出が~{/netabare}

8話
{netabare}ちょっと露出の多いメイド喫茶でもダメなのか。レズの独占欲は恐ろしい。
藤原は特に目的もなく享楽的で刹那的なだけなのかな。煽って荒れるのを眺めるのが好き。
武田はもうノーチャンスだな。もはやモブ。{/netabare}

9話
{netabare}由真がゲスいヤンレズに成り果ててるw
藤原はなんだかんだいい奴だよな。武田がバカすぎて通じないようだが。
ついに武田がレズシーンを目撃してこれで別れて終わりかな。{/netabare}

10話
{netabare}藤原のゴミを見るような目ワロタwww俺ならウヒョー!と大歓喜なのに。
藤原と蛍の関係はクズの本懐と全く同じ関係だったのか。
藤原「女は嫌いだけどセックスは好きだから」ドヤッ!
蛍が学校で一番かわいい子には見えないんだが…。
藤原はなんで武田の友達なんだろう?つまらん童貞のガキだと思わないんだろうか。{/netabare}

11話
{netabare}武田はいい奴だなぁ~武田を好きになれなかった由真はほんとクズ。このアニメが嫌われるのは結局そこだな。
蛍に一番の「親友」と言われてショックな由真。試されてる?実は蛍が完全な天然?{/netabare}

12話
{netabare}武田をそんなに尊敬するなら好きになってやれよw
藤原「まだ一人でレズごっこやってんの」
由真「ごっこじゃないよ」
レズは否定しないのかよ!
最後は幸せなキスをして終了(でもTOKYOMXの番組表だと13話まであるんだよな…声優特番?公式はこれで終わりって言ってるが){/netabare}

【総評】
一言でいうと「クズの本懐」の{netabare}百合END{/netabare}版。ただアニメとしての完成度はクズ壊のほうがずっと高い。ショートと30分の差もあるが、クズ壊に比べてそれぞれの登場人物に信念が無くてただ流されてる感がある。
でも私はこういうグダグダでただれた関係のアニメが好きなので結構楽しめた。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 18
ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0

両方本気。その時々で本気。

[文量→中盛り・内容→雑談系]

【総括】
バリバリのレズもの。百合で萌え~とかいう気楽なものではなく、わりとディープなところを描いています。

私はそもそも百合は苦手ですし、かなり暗い作風。ショートアニメだからまだ観られた感じでしたね。

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
こういうのは、どうなんだろう? わりと繊細なところにフォーカスしていると思うが。

男が興奮するためのレズアニメだとしたら、悪趣味だなと。ギャグテイストの百合(ゆるゆり とか)くらいなら楽しめるけど、シリアステイストの百合(レズ)は、かなり繊細な問題だと思うんですよね。別にアニメでディープな部分に踏み込むなとは言わないけど、土足で踏み込むとしたら嫌かな。

単純なアニメの感想的に、見所としては蛍の(女を好きという部分ではなく)歪んだ愛情でしょうか。由真への当て付けのように男子と付き合ったり、レズが由真にもバレないように「悪ふざけ」「練習」と言ったり、押したり引いたりとか。あとは、由真が段々と蛍に流されていく過程とか。

レビュータイトルですが、例えば、由真の「武田に対する愛情」と「蛍に対する愛情」。蛍の「由真に対する愛情」と「由真に対する友情」。多分、それはどちらかが嘘でどちらかが本物という類いのものではなく、「その時、その瞬間」では、どちらも、「本物だし、本気」なんでしょうね。そういう、正常な矛盾を描くアニメだったのかと思いました。

ネットでは、「武田は俺の嫁」なんて言われていましたが、分かる気がします(笑) 武田、がんばれ~w
{/netabare}

【余談~セクシャルマイノリティに寛容な社会~】
{netabare}
知り合いの知り合いの子で、中学生なのだが、ガチでバイセクシャルの女の子がいるらしい。親どころか、学校でもオープンにしていて、しかも、わりとちゃんと(友達にも)受け入れられているんだとか。親は勿論心配しているが、「まあ、男も好きなら、将来的に男と結婚してくれれば」という感じだと。

最近は、テレビ(オネエタレントさん)の影響なのか、(男女共に)オープンにする子供も増えたらしいし、そもそも、「気づく」子供が多いとも聞く。しかも、周りもそれを「個性」として受け入れているみたい(自分らの時代なら確実にいじめられてるだろうな~と。いや、その子の環境が特殊なだけで、世の中では色々あるんだろうけど)。

個人的には、良いことだと思う。まあ考え方は色々だろうけど、生まれ持った特性はしょうがない。そういう子に、「女は男と付き合うのが当たり前だ」なんて押し付ける人は、「じゃあお前は男とヤレるのか」と問いたい。理屈じゃないよな。多分、それと同じような感覚なのだろう。

本作にそこまで社会的な側面があるとは思わないけど、まあ、(その知り合いの子供のこともあって)色々考えさせられたかな。
{/netabare}

【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目
ガチ百合。というより、レズもの? なんかこう、エロ本とかにありそうな感じですね。主人公の由真はややノーマルで、蛍の方がガチ百合(というか、バイセクシャル?)なんですね。

2話目
まあ、データ上は、(潜在的なものを含め)約10%くらいはセクシャルマイノリティらしいけど、どうなんだろうね? 武田君、めっちゃ良い奴(笑)

3話目
武田、ショボい(笑) いやいや、そこはどうなんだろう? 男の優しさなのか、安いプライドなのか、良かったのか、悪かったのか。

4話目
連絡なく一時間、いや、心配はするけど、自分だったらわりと気にしないけどな。適当に漫画でも立ち読みしてるか、なんならあにこれのレビューでも書いていれば、あっという間ですよ(笑)

5話目
蛍が、武田と由真をくっつけようとするのは、由真を自分の手の届く範囲に置いておきたいからかな。

6話目
由真が、段々と蛍にハマっていくね。どこまでが蛍の戦略なのかな?

7話目
武田ーー!(笑)

8話目
藤原君も、バイセクシャルで、本命は武田なのかな。

9話目
由真が、蟻地獄にハマっていくように。

10話目
由真、真実に気づく。、、、武田はどうなった!?(笑)
{/netabare}

投稿 : 2020/08/01
♥ : 23

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

私たちには、カレシに言えない秘密がある。

この作品の原作は未読ですが、出演される声優さんに加隈さんの名前を見て視聴を決めました。
そして後から知ったのが加隈さん演じる岡崎 由真の親友である水科 蛍さんを演じられたのが五十嵐裕美さんだという事…
そして恥ずかしながらその時に知ったのは五十嵐さんが「パパ聞き」の「ひな」と、「デレマス」の「杏」を演じられていたという事…
「ひな」と「杏」は私の頭の中で全く繋がっていなかったので、とても新鮮に感じました。

この物語の主人公は、加隈さん演じる高校生の岡崎 由真…そして彼女の幼馴染で家も隣同士の女の子が水科 蛍…
二人ともカレシ持ちの女子高校生なのですが、男の子と付き合うのが初めてで恋愛経験ゼロの由真に対し、色々教えてアゲル…と言いながら蛍は由真にイタズラを仕掛けるんです…
蛍に翻弄される由真…そこに二人のカレシの思いが混ざり合いながら物語が動いていきます。

今期のアニメの中で5本の指に入るほどストライクなキャラデザに1話からドキドキでした。
最近の高校生って、こんなに可愛くてこんなにも色っぽいの…?
カレシをとっかえひっかえしている蛍はともかく、恋愛経験ゼロの由真にまで色っぽさを感じるんですけど…
もちろん、あざとさが多分に盛られているのも理解していますし、何より声優さんの影響が大きい事も認識しています。
「ホント、自分ってチョロイン…」と思いながら、1話目から由真ちゃんに色々と持っていかれてしまいました。

物語はカレシ持ち女子高校生の日常を描いているので、展開に大きな起伏はありません。
そして回を重ねるごとに彼女たちの本心が見えてくる…こんな感じです。

それでは序盤は気持ちを偽っているのか…というと必ずしもそうではありません。
きっと一瞬一瞬は本気だったと思います。

そして一緒にスタートを切った二人ですが、決定的に異なるのは歩む過程でした…
白と黒ほど真逆なんです。
何が良くて悪いか…という問題じゃありません。
両極端にならざるを得なかったのは、その必要性があったから…

彼女たちが欲しいと切に願うもの…
彼女たちの歩んできた過程の差がどの様に結果に影響するのか、気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。
私は彼女たちの選択に必然性と苦しさを感じましたけれど…

オープニングテーマは、東城陽奏さんの「Blue Bud Blue」
エンディングテーマは、逢瀬アキラさんの「Virginal lily」、サンドリオンさんの「メグル・オモイ・メグル」と、Confetti Smileさんの「LAST ETERNAL」
東城さんのオープニングが個人的に好み…かなり格好良い曲だったと思います。

1クール12話で1話10分枠のショート作品でした。
女の子同士…に抵抗のある方はいらっしゃると思いますが、個人的には全然OK…というかどちらかというと好みだと思います。
この作品の様にキャラデザが綺麗だと全く違和感は感じませんでした。
同じ同士でも男同士は苦手ですけれどね…

投稿 : 2020/08/01
♥ : 13

60.9 5 コミック百合姫アニメランキング5位
立花館To Lieあんぐる(TVアニメ動画)

2018年春アニメ
★★★☆☆ 3.0 (129)
468人が棚に入れました
ラッキースケベでハーレムな漫画の主人公が、女の子だった!?

高校進学に合わせて、6年ぶりに帰ってきた田舎の街。
お洒落なデザイナーズマンション風の寮“橘館”から優雅に登校…
と思ったら、手違いでボロアパート“立花館”に入居するハメになった夏乃はなび。
立花館では入居初日から謎の全裸の美少女に遭遇したり
年上お姉さんの恥ずかしいトコロをうっかり目撃してしまったり
なぜかつっかかってくる幼馴染みの恥ずかしいトコロを凝視してしまったり。
…って、全然「ラッキー♪」なんか思ってないんだからっ!

声優・キャラクター
津田美波、桜木アミサ、仲田ありさ、松嵜麗、小松未可子、喜多村英梨

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

ハーレム漫画の主人公が女の子だった!?

この作品の原作は未読です。
登場するキャラが女性オンリーのラッキースケベ作品、と言えば、何となく作風や展開が分かりますが、wikiをチラ見した際、このコンセプトについて、物凄く真面目に記載されていたのが面白く、かつ参考になったので引用させていただきます。

「男性向けのアニメ・コミック・ゲームなどで良くある「(男)主人公が何故か異性にモテモテで、突発的に異性たちのセクシーなシチュエーションを目撃し、あまつさえ(第三者の目から見ると)オイシイ目にあってしまう」という状況(「ラッキースケベ」などとも呼ばれる)を、主人公を含めて概ね全員女性同士で繰り広げる、というコンセプトで作られている。」(wikiより)

ほほう…ラッキースケベというのは、主人公が異性にモテモテの状態じゃないと発動しないのか!?
というところに食い付いても仕方無いのかもしれませんけれど…
これまで数々のアニメでラッキースケベシーンを見てきましたが、あれが実際に起きるシチュエーションって日常生活ではほぼ皆無だと思います。
それでも一定以上の人気と需要があるのは、願望や夢があるから…なんでしょうね。

この物語では冒頭に述べた通り、ひたすら女子オンリーのラッキースケベ展開が視聴者を待っています。
加えて公式HPのTOPには「おっぱいいっぱい 夢いっぱい♪ お尻もあるYO☆」とも記載されているので、何も考えずそういう展開を満喫すれば良いんだと思います。

でもそれだけじゃないかな…
人を「好き」っていう気持ちをこの作品ならではの方法で表現しています。
女の子の数だけ色んな好きがありますが、この作品の「好き」は個人的に私の好きな「好き」でした。

それと、気になるのは声優さんですが、こちらも問題無しです。
津田美波さん、小松未可子さん、喜多村英梨さんと旬の声優さんが起用されています。
個人的に意外だったのは、津田美波さんの配役です。
これまでクール&ビューティー的な立ち位置が多かったと思いますが、今回は引っ込み思案な主人公の女の子を演じています。
そしてこれはこれで中々良い感じなんですよ^^

エンディングテーマは、エラバレシさんの「もっと、ねぇもっと」
志倉千代丸さんが楽曲を提供されています。

1クール全12話の物語でした。
5分枠の作品なのでサクッと視聴できる作品です。
作画が綺麗で女の子しか登場しないラッキースケベ作品…
考えようによっては、これから需要の伸びる分野なのかもしれませんね。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 12
ネタバレ

01oinaris さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

ナンセンスなスラップスティックエロコメディを楽しめるかが分かれ目

ToLoveるのようなハーレムラッキースケベのラブコメの、
主人公を(ちょっと少年っぽい)女子にして、
「セキレイ」や「おにあい」のようにボロアパート共同生活で、
日夜繰り広げられるドタバタギャグストーリーを、
3分半のショートアニメにしました。

というのが本作品の要旨。原作はコミック百合姫の漫画。
こういう話って男が主人公(でも僧侶のような無欲さ、男と思えない賢者)ばかりだったので、それを百合にしたのは斬新だと思う。
でも主人公が女子になっても、やっぱり無欲な賢者タイプなので、これまでのテンプレからは全く脱していない。
まぁそれが良いのかもしれないけど…
(もし主人公が百合に全く興味ない肉食女子だったら…それはそれで面白いかもしれないが)

キャラは全般的に可愛いし、ラッキースケベでハーレムなラブコメが好みの御仁(小生も含む)にとっては目の保養になる作品だとは思う。
クスッと笑える場面もあるし、ショートアニメ特有のスピード展開であっという間に終わるし、”それなりに” 面白いとは思う。(中の下、程度の評価だが)

追記)
全話見てわかった。これは百合姫掲載というだけで、百合属性の女子向けに描かれたものではない。{netabare}最終2話だけ百合女子向けラブコメっぽいけど。{/netabare}
百合展開に萌える男子向けのスラップスティックエロコメディ。
えっちいナンセンスギャグを楽しめるか?あり得ないアホエロ展開にツッコミを入れながら笑えるか?これが本作を楽しめるかどうかのポイント。
それができなきゃ、Deathだ。
{netabare}
ブラが透けたらDeathの水鉄砲ゲームで、スク水装備で不死身になったこのみがなぜ負ける!?
何処の何がどう透けたんだ?瞬間ブラ外しによって乳透けしても負けかよ?
てかお前ら当初のルール完全無視やん?
「樹海越え」いやいや、樹海映ってないやん!なにその「ハミ◯ンサーブ」並のアホ卓球!
{/netabare}
て感じでつっこんでるうちに、バカさが楽しくなってくる。
いや、俺がバカになっている…と言うべきか?
おっぺけぺーでエロギャグ大好き。永遠の小6マインド(中2ではない)を持つ私のような人間なら…楽しめるかも。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 11
ネタバレ

うざっしー さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.8

クソレズアニメ

1話
百合エロショートアニメ。僧侶枠に対抗して尼枠とか言われないだろうか←流行らない
内容は名作「僕らはみんな河合荘」の主人公を女にして内容を1/1000くらいに劣化させた感じ。まぁ河合荘も下品ではあったが…。

最近津田美波の出番が多い気がする。

2話
くだらなすぎて見てると頭痛くなってくるな。
キャラデザが微妙にデフォルメ入ってるせいでエロとしての価値が低い。その点は七つの美徳のほうが良かった。
あとこのみの声が聞き取りづらい。中の人は結構ベテランなのに。
ピーを入れる代わりに叫び声を出すのはちょっと面白かったけど。

3話
これほんとくっだらねえクソレズアニメやなあ…最後まで見るけど。
優はやはり河合荘の麻弓に見える。
頭身が低いのが残念。

4話
{netabare}最後のおもらしシーンはBD版だと見られるのかな?
バ〇ブを持っていると非処女確定だからTVでやるレベルのエロアニメにはめったに出てこないものだが…今期は甘い懲罰にも出てたな。{/netabare}

5話
こんなクソアニメに出ないでくれよキタエリ。

8話
{netabare}いやそれでパンツぬげるわけねーだろ!{/netabare}このアニメってほんとクソ。

11話
主人公がクッソ二股野郎でヘドが出る。野郎じゃなくて女か。

12話
{netabare}結局はなびはこのみが本命でいおりは友達止まりってことか?原作ではこの後いおりが猛アタックして変わるのかもしれんが。{/netabare}

【総評】
内容はゴミ。エロ目当てにしても、頭が大きくて頭身が低いキャラデザなのでエロアニメとしての価値が無い。何もいい所が無いアニメ。

つーか女同士で裸を恥ずかしがるというのは百合好きに言わせれば違うんだよね。そうじゃなくて、女の子同士でお風呂に入ってキャッキャウフフしているのを見たいんだよ。なお魔法少女サイトはこれをしっかりとやっていた。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 8

61.3 6 コミック百合姫アニメランキング6位
犬神さんと猫山さん(TVアニメ動画)

2014年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (407)
2033人が棚に入れました
犬っぽい犬神さんのストレートな萌え表現に、猫っぽい猫山さんは今日も素直になれません。
ちっちゃくてネズミ的な杜松さんと人妻エロスを晒し出すJK・牛若さんにプラスして、キレッキレ(違)猿飛さんと、
プロ患者鳥飼さんも学園生活に。全方向突っ込みで、真っ当な秋ちゃんだけが疲れっぱなしの日々(ry

声優・キャラクター
上坂すみれ、東山奈央、大坪由佳、堀野紗也加、藤本葵、長弘翔子、山崎エリイ、原田ひとみ
ネタバレ

kororin さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

妄想:猫山さん「体が疼いて苦しいの。助けて犬神さん♡」って、私はなんてコトを・・・(ニヤける犬神さん)

百合でHなラブコメディで本編3分のショートアニメ。
尺が短いながら会話がテンポ良く進んで心地いいです。
絵もかなり綺麗でイイですね。キャラデザ・作監の「みうらたけひろ」さんはエ〇漫画も描かれているそうで、
本職はアニメ・〇ロ漫画家のどっちなんだろう?(両方?)
{netabare}
・カップリング①【猫山さんx犬神さん】
犬っぽい「犬神八千代」さんは猫とキレイな女子好きのアクティブな万年発情娘。犬っっぽいといっても隷属の比喩(犬=ドM)
クラスの違う「柊木 秋」さんは剣道部所属でお友達。そして犬神さんのボケに対しての厳しいツッコミ役。
猫っぽい「猫山 鈴」さんは柊木さんのクラスメートでお友達。背が小さく人見知りの恥ずかしがりやさんで犬好き。
柊木さんの紹介で出会ってしまった犬神さんと猫山さん。瞬間ときめく二人。まさにディステニー(運命)!
犬神「何、このニャンコ!!」
猫山「何、このワンコ!!」
犬がじゃれる如く猫山さんに飛びつこうとする犬神さん。
犬神「よろしくお願いしまーす!」
柊木「犬かよ!」
それを猫パンチでかわす猫山さん。
猫山「ウニャっ!」
柊木「猫かよ!」
犬山さんが自分にじゃれ付くのを嫌がる割に他の女の子と楽しそうに話していると怖い嫉妬の眼差しを向ける猫山さん。
そんな3人を中心にHな妄想と暴走を抑える楽しそうな学園生活はみごとな夫婦漫才みたい。

・カップリング②【杜松さんx牛若先輩】
犬神さんのクラスメートの杜松 美希音(ねず みきね)さんは柊木さんに次いでの冷静なツッコミ役。
変な丁寧口調「~なのです。」が口癖。背が小さくて鼠っぽく、暇あればオヤツのスライスチーズを食べてます。
杜松「チーズはイイ。剥けるのも、裂けるのもHな感じがして美味しいのです」
犬神(あっ、この娘とは仲良くなれそう・・・)当然Hな妄想誘引です。
割と犬派の杜松さんは自分の所属部活「生物部(あらいぶ)」に誘いますが、
杜松「入れたい『部』があるのですけど・・・」
犬神「入れたい『部』!ナニをドコの部位に!!(興奮)」これも当然Hな妄想誘引です。
犬神さんと猫山さんは殆どお茶とおしゃべりしかしない「あらいぶに」入部。
部長の牛若雪路(うしわか ゆきじ)先輩は巨乳のおっとりさんで杜松さんの「嫁」。
うっかりつまずいて杜松さんを床に押し倒した格好はもうアレですな。
杜松さんと牛若先輩の絡みが少ないのは残念でした。メインは「犬神さんと猫山さん」なので。

・カップリング③【鳥飼さんx猿飛さん】
犬神・杜松さんのクラスの猿飛 空(さるとび そら)さんは真面目な委員長。
「犬猿の仲」のごとく犬神さんが嫌いな猿飛さん。
名前が体現すること否定する弁明をしていてもバナナ片手に話されてはヤッパリ説得力無いですね(ウキー!)
そんなに悪い娘じゃないんですよ。恥ずかしながら仲直りするし。それに悪ノリする犬神さんって・・・
鳥飼ひばりさんは猫山さんと柊木さんの幽霊クラスメイト。といっても病弱で欠席が多いため。
しかし亡霊のように自分を語って周りを余計な心配をさせたり、初対面なのにかなり気安く愛称をつけるのが玉にきず。
そんな鳥飼さんは猿飛さんの幼馴染。このカップルももうチヨット絡みが欲しかったなぁ。

女子だけの存在世界かと思いきや最終回の縁日ではモブだけど男性がいたことに何故かホっとします。
架空の話とはいえ、さりげないリアルを入れると親近感がもてました。
{/netabare}

投稿 : 2020/08/01
♥ : 9
ネタバレ

シェリングフォード さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

ちょっぴり百合な動物キャラたちの日常的狂騒。

猫派の犬神八千代と犬派の猫山鈴の運命的な出逢いからイチャイチャジトジトやっていきます。
1話およそ3分間の12話構成でサクサクゆりゆり進んでいきます。
登場人物たちはツッコミ役の柊木秋を除けば、みんな名前に動物の名が入っていて姿や性向もそれにちなんでいます。
そんであとはやりたい放題です。

百合の話を中心に犬神の呆れるほどの騒がしさと猫山の照れと嫉妬が見どころとなっています。
特に猫山の嫉妬はかわいか!恋は惚れたら負けだねw
世の中には恋愛で嫉妬を抱かない人もいるから不思議です。
まああんな痛いもんはなきゃない方がいいですよね。ただこうして見ている分には可愛いw

映像の動きこそは、4コマ漫画原作なのでそんなにありません。
紙芝居みたいなものだと思って頂ければ良いかと思います。作画は綺麗です。
登場人物たちの顔やデフォルメもいちいち可愛いから問題はないかと思います。
場面展開の音なんかも結構お気に入りでスムーズに話が進む一方、内容には手を抜いたところが見受けられません。
十二分な内容の3分間なのだけれどもっと観たい!と思わせられるなんとも憎い作品ですw

でもね、悲しいかにツッコミ役の柊木秋ちゃんには動物の名がついてないのです。あげくの果てには木ですよ、木w
がしかし、この子がいないとこの作品はカオスです。ボケの飽和状態です。
いないと本当に困る。話が締まらないです。それにちょっと突き放すようなツッコミが笑えるw
もうちょっと報われて欲しいかなとも思う黒髪美少女の秋ちゃんです。

これからもぞくぞくとキャラクターが増えて、言葉も過剰になってきて面白いのだけれども。
「死ねっ!」とか「黙れ!」とか乱発です。もちろんかわいい。
百合カップルの、でれでれな奥手の方が抱きつかれて「離せぇっ!」って言ってるのが一番好きですw


{netabare}

でもちょっと物申したい!
最終話のお祭りのシーンの浴衣!なぜ無地?
無地はないでしょう。というより浴衣姿の彼女たちがちっとも魅力的に映ってない!
せっかくせっかく可愛く着飾ってあげることのできるシーンなのに!秋ちゃんは可愛かったけどw
まったく花火なんてどーでもいいよ!いやあ、ここはマイナスポイントです。ちょっぴりがっかり。
こなたに言わせれば「愛が足りないのだよ。」です。

{/netabare}

百合成分は薄味程度ですが、デレデレかわいかな女の子の姿を愛でられる良い作品です。
世の中に百合ほど良いものもないですよね、まったく(笑)

あでゅー。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 11

tao_hiro さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

百合系とは

あにこれを始めて、色々な方のレビューを読ませていただき、様々な言葉(アニメ用語?)を勉強させてもらいました。今では、ほぼ正しく理解し使うことが出来ていると思います。

ただし、迂闊に使用すると「にわか」であることがバレそうなので、なるべく一般的な表現をするように心がけています(笑)

そんな私ですが、未だに消化できない言葉があります。「百合系アニメ」です。

私は40代のおっさんです。なので「百合」と言えば、女性の同性愛=レズビアンという固定概念があります。しかしアニメの世界では、ガチのレズビアン作品も、単にメインの登場人物が女性だけと言う作品も、みんな「百合系」で済ませてしまっているように思います。これにずーっと違和感を覚えています。

この違和感を払うべく、次のような細分化を考えてみました。

・鬼百合:女性の同性愛を取り扱った作品
・姫百合:ソフトorライトな女性の同性愛を取り扱った作品
・小百合:女性同士の恋愛に近いような友愛を取り扱った作品
・白百合:主要登場人物が女性だけの作品

私の視聴した作品から該当する例を挙げると次のような感じでしょうか。

・鬼百合:マリア様がみてる<未見>
・姫百合:犬神さんと猫山さん
・小百合:ストライクウィッチーズ
・白百合:ガールフレンド(仮)

「にわか」が物知り顔で考えてみた事です。笑って許してやってください(笑)

さて、私の百合アニメ分類で行けば、姫百合に相当する本作品。主人公の犬神さんが可愛くて可愛くて仕方がありません。私は犬派です!

犬を飼ったことがある方はご承知だと思いますが、「犬は賢い」という反面に「犬は馬鹿」です。基本的に能天気で直情的でウザいくらいに人懐っこいです。体をいじられると超喜びます。

そんなところが犬派にはたまらないのですが、犬神さんはそんな犬そのものの性格をしています。ポニーテールに結んだ髪の先っぽをフリフリします。
隣のクラスの猫山さんに惚れ込んでいます。ほとんどセクハラまがいの行為で好意を示します。

この愛すべき犬神さんと猫山さんを中心に、杜松さん、牛若さん、猿飛さん、鳥飼さんとがドタバタコメディーを巻き起こします。ツッコミ役は秋ちゃんです。

5分枠のショートアニメです。気楽に百合アニメをお楽しみください。

<PS>
私は犬派ですが、我が家は猫を飼っています。だって猫の方が全然手間がかからないもん(笑)

投稿 : 2020/08/01
♥ : 14
ページの先頭へ