当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「チア男子!!(TVアニメ動画)」

総合得点
63.2
感想・評価
187
棚に入れた
798
ランキング
4389
★★★★☆ 3.4 (187)
物語
3.5
作画
3.4
声優
3.5
音楽
3.4
キャラ
3.4

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

チア男子!!の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

男子大学生がチアリーダーをはじめる青春アニメみたい☆

公式のイントロダクション
{netabare}
人を応援することで主役になれる、
世界で唯一のスポーツがある――。


チアリーディングに青春をかける、
ちょっとワケアリだけど、キュートな男子大学生たちの物語、
それが『チア男子!!』。

柔道でザセツした坂東晴希は、
幼馴染みの橋本一馬に誘われて、
前代未聞の男子チアリーディングチーム「BREAKERS」(ブレイカーズ)を結成する。
集まってきたのは、理屈っぽい溝口、大食いのトン、
お調子者の関西人・弦とイチロー、
そしてチア経験者の美青年・翔という個性派揃い。
"壊したい"何かをもつ男たちの、新たな挑戦が始まる……!
{/netabare}

チアの動きが床運動とか見てるみたいで
アニメの中のバトルとかダンスとかより
ずっと大きくて自然に動いててかっこよかった☆



1話目
{netabare}
1話目の公式のあらすじ
{netabare}
「俺、こんなふうに飛んでみたい、高く--こんなふうに誰かの心を動かしたい」
道場の長男として生まれ、幼い頃から柔道を続けてきた大学1年生のハル。しかし、自分に才能がないことに悩み、ケガをきっかけに柔道部を辞めてしまう。同じタイミングで退部した幼なじみで親友のカズは、ハルと一緒に新しいことを始めると宣言する。なんと、それが「男子チア」だった!
{/netabare}

はじめはよくあるイケメン男子ののスポ根かなって思ってたけど
ストーリーがちゃんとしてて
男子がチアを始めようって思った気もちとか伝わってきた☆


それだけだとマジメなだけで
あんまりおもしろくないおはなしになっちゃうかもだけど
天然ボケのワタルが出てきてからとってもおもしろかったw
とってもアツい人みたいなんだけどなんだかちょっとズレてるのw


おはなしはハルが主人公みたいだったけど
カズの方がさわやかでよかったみたい☆


ハルは柔道にコンプレックスを持ってて
できればやめたいって思ってて
このままケガが治らないほうがいいって何となく思ってるみたい
マジメすぎて考えこんじゃったのかな。。

幼なじみの親友カズがそんなハルを男子チアにさそうんだけど。。


カズはお父さんお母さんを小さいころ亡くしてて
入院してるおばあさんのことお見舞いに行ったとき「カズ」って呼ばれて
そのときTVにチアガールが映ってたから
それで両親がチアリーディングをやってたこと思い出したみたい

チアを始めようって思ったのは
入院中のおばあさんを応援したいってゆう気もちだったのかも?


アバンでチアリーダーのこと
「すべての人を応援し、はげまし、笑顔にする人」って言ってたけど
どこかのチームとか仲間を応援するんじゃなくって
「すべての人」って言ってたところがさわやかだった☆
{/netabare}

2話目
{netabare}
2話目の公式のあらすじ
{netabare}
「誰かを応援することが、主役になる。誰かの背中を押すことが、自分の力になる」
ハルとカズ、そしてチラシを見てやってきた溝口の3人で始まった男子チアリーディング部。4人目のメンバーになったのは、体重100キロを超える巨漢、トンだった。さらにハルたちは、テニスサークルに所属するイチローと弦に目をつける。はたして勧誘作戦は上手くいくのだろうか?
{/netabare}

3人の新メンバーが参加するおはなしだったけど部活モノだからかな?
「ラブライブ! サンシャイン!!」とくらべちゃう。。

全員で16人のこっちは倍くらいの人がいるからちょっと忙しそう。。

一気に3人づつふえるからキャラとか思いとか伝わりにくいし
「ラブサン」だとはじめからちょっとずつほかの人も見せてくれるけど
こっちはその時になって急に出てくるから「誰これ?」みたくなるみたい

野球アニメとかだとたくさん人が出てきても
はじめから画面の角の方に写ってたりとか
おはなしに名前と顔だけちょっと出てたりして
新メインキャラが急にでてきたりしないから分かりやすい?

こっちは何だか1人1人があんまり大事にされなさそう。。
だったらメイン5-6人にしてあとはモブとかの方がいいのかも。。


まだ始まったばっかりだから分からないけど
メインキャラがたくさん出てくるおはなしって
グダグダになりやすいから心配。。
{/netabare}

3話目
{netabare}
3話目の公式のあらすじ
{netabare}
「俺たちは本気だ。その証拠を一週間後の体育の時間に見せよう!」
ハル、カズ、溝口、トン、イチロー、弦の6人になった男子チア部。7人目として注目したのは、バク転もロンダートも思いのままにこなす青年、徳川翔だった。たまたま男子チア部のデモンストレーションを見ていた翔は、素人の集まりであるハルたちに辛辣な言葉を放つ。ハルたちは翔に“本気”を見せるため猛練習を積むが……。
{/netabare}

リスジローはふつうにかわいいけど
別になくってもよかったかもw

がんばる6人見て翔クンもとうとう入部してくれそう
でも、スタンツには参加できない。。って
どうして?
{/netabare}

4話目
{netabare}
4話目の公式のあらすじ
{netabare}
「俺も、壊したい。壊したいんだ……今までの自分を」
翔の指導のもと、本格的な練習を始める男子チア部の面々。しかし、スタンツでトップを任されたハルの気持ちは沈んでいた。そんな折、女子チア部との合同練習を通して、実力不足を思い知るハルたち。カズは、男子チアへの偏見やメンバーそれぞれが抱える事情をすべて「壊したい」と吐露する。
{/netabare}

スポ根っぽくなってきたかも^^


女子チア部と合同練習でいいところを見せたいって思って
スタンツの練習を始めたんだけどハルは高所恐怖症をかくしてて
翔クンは合同練習とかスタンツとか表に出るのがいやみたい。。
前にチアをやってたけど何か問題を起こしてやめてたみたいな感じだった。。


みんなそれぞれ問題を持ってて
うまくなるにはそうゆうのクリアしてかないとダメみたい
あと、おたがいに信じることも☆
{/netabare}

5話目
{netabare}
5話目の公式のあらすじ
{netabare}
「俺が一番頑張らなきゃいけないんだ!できるって信じてやるしかないんだ……!」
いよいよ夏本番。
チームの名前も「BREAKERS」と決まり、男子チア部は学祭に向けて猛練習を始める。メンバーはそれぞれの弱点を克服するため、トレーニングに励むが、一朝一夕に解決できるわけでもなく、次第に焦りと不安の色が濃くなっていく。ある日の練習中、ついにメンバー間で衝突が起こり……。
{/netabare}

みんなそれぞれ欠点とか持っててそれを言ってすっきりしたみたい☆

みんなが思ってることを言って
それでバラバラになったら終わりだけど
それでもいっしょにガンバロウ!って思ったら
先に進めるのかも☆


ハルもみんなを信じて高いところも大丈夫になれた☆

あと、学祭でのパフォーマンスかっこよかった♪
{/netabare}

6話目
{netabare}
6話目の公式のあらすじ
{netabare}
“わたしはあなた達をこの舞台に立たせたい”
男子チア部「BRAKERS」の学祭でのステージは成功を収めた。個性派揃いの新入部員たちも加わり、チームは一気に賑やかに。ハルたちをもっとも驚かせたのは、女子チア「DREAMS」の高城コーチが男子チア部の専任コーチになると宣言したことだった。さっそくハルたちに厳しい言葉を浴びせる高城コーチだが、同時にある目標を掲げる。それは「全国チアリーディング選手権」への出場だった!
{/netabare}

5.5話は総集編で
6話になったらいっぺんに人がふえた^^


ほとんどが新入部員のおはなしだった

3年の金田保。。金
2年の染谷夏生。。銀
2年の乗田大地。。銅

安藤タケル

3年の鍋島卓哉と2年の鍋島卓巳兄弟。。ブレイクダンスがとくい^^

1年の佐久間龍造。。サク。。バレーやってたかわいい男子^^

1年の森尚史

留学生の陳子軒。。チン・ズーシェン


BRAKERSのコーチになった高城さんは翔クンと知り合いみたいで
「いつまで逃げ続けるの?。。」ってきついこと言ってて

あとで翔クンとハルが話してたけど
翔クンは高校のチア部でベースをやってて
高城コーチの妹を落としてトラウマになったみたい。。

ハルも柔道から逃げてて2人は似てるのかも?

⋆* ⁑⋆* (๑•﹏•)⋆* ⁑⋆* ⋆* ⁑⋆* (๑•﹏•)⋆* ⁑⋆* ⋆* ⁑⋆* (๑•﹏•)⋆* ⁑⋆*

にゃんは逃げてもいいって思う。。
そのうちやりたいってほんとに思ったらきっとできるようになるって思うし
やりたいって思わなかったら
きっと本当にやりたいことじゃないのかも?って

⋆* ⁑⋆* (๑•﹏•)⋆* ⁑⋆* ⋆* ⁑⋆* (๑•﹏•)⋆* ⁑⋆* ⋆* ⁑⋆* (๑•﹏•)⋆* ⁑⋆*

2人は本当にチアをやりたいって思ってるみたい
きっとできるようになるって思う☆
{/netabare}

7話目
{netabare}
7話目の公式のあらすじ
{netabare}
違う! みんな真面目にチアをやる気がないんだ”
留学生・陳もメンバーに加わって16人体制になったBREAKERS。「全国チアリーディング選手権」の予選へ向けて練習にも熱が入っていた。率先して練習に取り組む新メンバーの尚史。しかし、尚史はバイトなどで練習を抜ける他のメンバーに対して苛立ちを隠さない。ギスギスしてきたチームの雰囲気を見かねて、溝口をはじめとする初期メンバーたちは一計を案じる。
{/netabare}


みんな事情もちがうし体力もちがうって言ってたけど
きっともっと大事なのってみんなの熱さがちがうことだってにゃんは思う

あんまりキビシクしたらきっとやめちゃう人も出てくるし
でも、あんまり甘くしたらダラけちゃう。。


だけど、みんながやりたい!楽しい♪ってほんとに思えたら
ちょっとくらいキビシクったってやめたいなんて思わないし
誰も注意なんてしなくったって
もっとうまくなりたいって思ったら自分から練習するよね

チェックポイントとか作って
できた時はいっしょによろこんであげたり
できないときはできるところまで何回もやったりして
早く次のクエストに進みたいって思うようにして
ゲームしてるみたいに楽しい練習できたらいいのに☆

楽しくないことムリにやってるのにおこられたりしたら
にゃんだったら続けられないって思うから。。


1番やる気がある人がやる気があんまりなさそうな人に
楽しいところを教えてあげたらいいのにな☆って思う

それがうまくできないんだったら
誰だってうまくできないことがあるってゆうことだから
チアがうまくできない人を責めないで☆って思う
{/netabare}

8話目
{netabare}
8話目の公式のあらすじ
{netabare}
“俺、BREAKERS、やめます”
季節は冬。チアに情熱を傾ける尚史と、遅刻を繰り返すお調子者タケルとの衝突は続いていた。ハルたちは予選突破に向けて難易度の高い技に挑戦しようとしていたが、就職活動が始まった三年生のメンバーは思うように練習に参加することができなくなっていた。祖母の見舞いのために練習を抜けるカズの様子もどこかおかしい。そしてついに尚史が退部を申し出てきた--!
{/netabare}

今日は尚史クンのツンデレがバレた回かな。。
ちょっと違うんだけど


みんなにきついこと言って1番熱い尚史クンが部活やめるって
むずかしい技に挑戦したいんだけど
みんなそれぞれ事情とかあって思い通りにならなくって
このままだと予選通れないかも。。ってかな?


でも、きついこと言われてたトンくんが
尚史クンは口が悪いだけで自主練にいつも付き合ってくれてるって
それで、みんなのいいところもちゃんと見てるって☆
ねっ。。それってツンデレでしょ?


尚史クンの気もちが通じて
みんながもっとやる気になれた☆

合宿で「ブロッコリー」のギャグを自分からやった尚史クン

みんなからあたたかく受け入れられて
北風と太陽の旅人さんみたく重いコートをぬいだみたい☆
{/netabare}

9話目
{netabare}
9話目の公式のあらすじ
{netabare}
“もうダメだ。俺、チアをやる理由がなくなった…”
様子のおかしかったカズがついに無断で練習を休んでしまう。カズは唯一の肉親である祖母が入院する病院にいた。心配して寄り添っていたハルに、カズは嘘をついていたことを告白する。元気だと伝えていた祖母だが、実はもうカズのこともわからなくなっていた。カズがチアを始めたのは、チアをすれば祖母が自分のことを思い出してくれるかもしれないと思ったからだった--。謝りながら涙をこぼすカズに、ハルは……。
{/netabare}

ハルは仲間たちといっしょに
カズが通ってるおばあちゃんのいる病院に行って
チアをしてカズを応援するおはなし


今までチアの練習はしてたけど
誰かを応援する練習ってしてこなかったよね^^

誰かを元気にしてあげるためのチア部なんだから当たり前だけど
部活をサボってるって責めるんじゃなくって応援してあげる
今回は部員7人でカズの応援したけどちょっと感動しちゃった!


ほかにも病院にいる人たちの応援にもなったみたいだし
自分たちもみんなから応援されちゃったみたい^^

カズも戻ってきてくれるし
これでみんなももっとがんばれるって思う☆
{/netabare}

10話目
{netabare}
10話目の公式のあらすじ
{netabare}
“俺はお前たちのチアを認めない。BREAKERSのチアはサーカスだ”
いよいよ「全国チアリーディング選手権」予選当日。BREAKERSのメンバーはそれぞれ緊張で浮き足立ちながらも気合を入れるが、ハルだけは姉の晴子が柔道で勝てなくなったことを知り、集中できないでいた。そんな中、なんとかBREAKERSは予選を突破するが、翔は高校時代の先輩、陽明大学SPARKSの堂本から言われた言葉にショックを受ける。「チアリーディングにとって一番大事なことが分かってない」--
{/netabare}

翔とハルが悩んじゃう回だったけど
どっちかってゆうと翔のおはなしだったみたい。。


翔は高校のチア部でも堂本先輩からサーカスだって言われて
完ぺきな演技をしようってあせってて桜にケガさせちゃって
それが原因でチアをやめてたんだけど

今回も予選を通過したあと先輩からおんなじこと言われて
サーカスみたいじゃない完ぺきな演技を。。って
また、みんなの練習をきびしくしはじめたんだ。。


BREAKERSのみんなは翔のそんなイライラを感じてて
カズとハルは相談にのってあげてそんな話を聞き出したんだけど

堂本さんがホントに言いたかったことって違ってて
見てる人を不安にさせるようなサーカスみたいな演技じゃなくって
みんなを安心させて笑顔にしてあげる演技の方が大切だ
って言いたかったことが分かったの


でも、翔はまだ
「全チアで完ぺきな演技をしないと桜に顔向けができない!」って。。

それで桜と会って
桜がずっと応援してくれてたことが分かって悩みが吹っ切れたみたい☆


こんどはハルの番かな?
勝てなくなったお姉さんをどうやって応援してあげるんだろう?
{/netabare}

11話目
{netabare}
11話目の公式のあらすじ
{netabare}
“男は、ひとり立ちしてこそ男だ”
全国大会まであと1週間。しかし、ハルは姉の晴子が柔道で勝てないことが気になり続けていた。意を決して晴子に声をかけてみるが、2人の気持ちはすれ違ったまま。そんな折、ハルのバイト先の喫茶店に女子チアDREAMSのメンバー・千裕が訪ねてきた。お店のおいしいチョコケーキのレシピをハルに尋ねる千裕。季節はまもなくバレンタイン、ハルの心は浮き立つが……。
{/netabare}

今日はハルのおはなしだったみたい
そう言えば主人公だったんだよね^^


ハルのお姉さんが勝てなかったわけは分からなかったけど
ハルは今まで言いたかったこと
お姉さんに相談もしないで柔道やめちゃってごめんって言えた☆

それで応援に行ってお姉さんが勝てたけど
もしかしてお姉さんもハルが柔道やめちゃったこと気にしてたのかな?


それからハルの失恋のおはなし。。

よく話しかけてくれる女子チア部の子のこと気になってたんだけど
トンのカノジョだって分かってがっかりしちゃった。。

バレンタインって男子は気になるみたいだけど
ふつうにかわいい女子は付き合ってる人いるし
かわいくない子からもらっても困るって思うし義理じゃイヤみたいだし
気になる人とかいたら自分から声かけた方がいいかも☆


さいごはお姉さんと前みたく仲良くなれたみたいでよかった☆
{/netabare}

12話目
{netabare}
12話目の公式のあらすじ
{netabare}
“男子チア部、BREAKERSです!”
いよいよ全国大会の前日。高城コーチの一計により、メンバー全員がお互いの弱さとコンプレックスを知る。それぞれ抱えていた弱さとコンプレックスは、一生懸命努力したり、メンバー同士でぶつかり合ったり、胸のうちを明かしあったりすることで乗り越えてきた。一緒に何かを乗り越えてきた人たちのことを「仲間」という--。BREAKERSは仲間との絆とともに、全国の舞台に立つ!
{/netabare}

みんながほかの人のチア日記を回し読みして
メンバーの気もちを分かり合うおはなしでよかった☆

監督はみんなのことちゃんと分っててすごいなぁって^^

全チアの結果はどうなったのかな?分からなかったけど
みんながいっしょに何かしたってゆう方が大事だったみたい
{/netabare}


見おわって

男子がチアを始めるスポーツ部活ものだったけど
競争して勝つことより
みんなの気もちが1つになって何かするってゆうおはなしだったみたい^^


ほかのスポ根ものと違くて
すごく熱くなったりすごい技見せたり
どれだけがんばったかとかの回想が長くやったりしないけど
1人1人の思いとか迷いとかつたわってくるいいおはなしだった☆

投稿 : 2021/05/04
閲覧 : 714
サンキュー:

35

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

昭和の青春ドラマの波動を感じる

 原作は未読。
 映画「ウォーターボーイズ」などもそうだったが、一般に女子、あるいは男女混合で
やるものという認識のモチーフを男子がやるだけで充分個性的なものになるが(逆もまた
然りだと思うけど)、本作におけるチアリーディングもそんな感じで、そういった面白さは
充分に表現されていたように思える。

 男子のみと言うと、BLっぽさを感じさせたり、そこまでいかなくても妄想を掻き立てる
ような描写がある作品が最近は多かったりする。
 本作も多少そういった要素はあるものの、それより男性から観てリアリティを感じるような
キャラ同士の距離感など、全体的に友情の色が濃い正統的な青春スポーツものといった印象が
強い。この辺は原作者の朝井 リョウ氏が男性であるということは大きいのかもしれない。
 特に友達を思って号泣したり、「バカヤロー!」と叫ぶシーンなど、昭和の青春ドラマ的
色合いを強く感じる。

 BREAKERSのメンバーが最終的には16名になることでそれなりにキャラ数は多くなるが、
それぞれがあまり埋もれることなく、それなりに存在感を出していたが、この辺は中心となる
坂東 晴希と橋本 一馬だけでなく、他のメンバーの解決すべき問題などもちゃんと描いていた
ことが大きいみたい。
 このそれぞれの問題点に関して、直接チアリーディングに結びつくものとそうでないものとが
あるが、いずれも克服すべきものという点ではチアリーディングの課題と共通しており、
テーマ性という点で、問題点とチアリーディングはうまくリンクしていた感があある。
 また問題解決に当たっては他のメンバーの応援が大きく、この応援という点もチア
リーディングの精神性を見事に体現していたような。
 主筋とは別にキャラでいい味を出していたのは溝口 渉の変な空気感で、中の人の
杉田 智和氏の演技がよりキャラを光らせていた感があった。

 ストーリー的にはチーム結成から全国大会出場までとスポーツものの王道といった流れだが、
惜しいのは小エピソードの連続みたいな展開だったため、全体の感じがやや平坦な印象だった
ことと、作画にあまり躍動感が感じられなかったこと。

 いわゆるヒロイン的存在に関して、中盤までは酒井 千裕が晴希との交流からメイン
ヒロインかと思いきや、BREAKERSの遠野 浩司の彼女だったというとんでもないオチで、
いわゆるコメディ要員だったと。
 自分が男性で女の子が好きであるため、可愛い女子キャラが出てくるのは基本的には
嬉しかったりするが、それでもメイン視聴者層を女子に置いて、意図的にBLっぽい描写を
しているような作品は、別に女子キャラは要らないなと思う。
 ただ、本作に関しては前述の晴希と千裕のやり取りをなまじ観てしまったのと、本作の男子
キャラがそれなりにリアリティを感じるためか、若い男子の関心という意味でもっと
ストーリーに絡んでくる女子キャラが出ても良かったかも。

投稿 : 2017/07/16
閲覧 : 288
サンキュー:

1

ネタバレ

みよしのあつし さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 4.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

おもしろかった!

原作未読です。
女子向けアニメかと思っていたけど、男性がみても十分面白いです。
個性豊かなキャラに、それぞれが悩みをかかえてそれを乗り越えていくという、わりとスポ根入ったストーリです。
ただ、盛り上がるはずのチアリーディングの場面が今一つ盛り上がらなかった。
ライバルも何のために出てきたの?という感じがした。

投稿 : 2017/02/05
閲覧 : 221
サンキュー:

1

ネタバレ

サカズキ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ウォーターボーイズが好きならオススメ

2話まで視聴済み

ここまでの展開だとタイトルに書いたとおりドラマの「ウォーターボーイズ」に近い展開。

今後の展開に期待したい。

投稿 : 2017/01/12
閲覧 : 285
サンキュー:

4

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

柔道一筋に打ち込んできた晴希は限界を感じ、怪我をしたのを機にやめてしまう。
そんな時、幼馴染でやはり柔道を断念した一馬に誘われ、男子によるチアリーディンググループ「BREAKERS」(ブレーカーズ)を結成しようとする。

投稿 : 2016/11/12
閲覧 : 192
ネタバレ

どらむろ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

男子大学生の青春群像劇。先入観で敬遠するのは勿体ない、王道な佳作です。

大学の男子チアリーディング部を題材にした、青春ドラマです。
原作は朝井リョウ氏の母校・早稲田大学のチアリーディング部をモデルにした青春小説。
様々な悩みやモラトリアムの渦中にある男子大学生たちが、チアリーディングに打ち込み、成長していく。

…2016夏やたら多かった「男子いっぱい、女性向け」「美男子動物園」の一作品と思われがちかもですが、青春群像劇として普通以上に良く、私的にダークホースでした。
腐要素は殆ど気にならず、王道なドラマが期待できます。
アニメでは希少な、大学生ならではの舞台設定も効果的に活かされ、男性視聴者でも楽しめるのでは。

{netabare}『物語』
チアリーデング。普通は女子がやる応援なイメージですが、これに男子大学生が青春と情熱を捧げるお話です。
実力に差がある中で、皆が助け合って演技を向上させていく、王道な努力と友情のスポコンが熱い。
本作に置いて「男女の違いは殆ど重要ではない」です。
男子チアは「誰もやっていない事を皆で打ち込む」舞台の一つ、ここら辺の自然さは大学ならではでしょうか。
随所に「大学生ならでは」の雰囲気や流れが見所。
自発的に仲間を集めて新しい事に打ち込む、高校生では中々面倒なのでは。

メンバーが16人もいる割には、青春群像劇の質が高いのが良い。
メイン主人公の晴希は優秀な姉にコンプレックス抱いていたり、経験者の翔も過去にトラウマを抱えている等、主要メンバーは皆何らかの心の傷があり、これがチア活動に陰を落としたり、仲間同士の葛藤が生じるドラマに。
大学生たちは高校生までと違い、進路も含めて多様な悩みもあり、バイトや就職活動にリソースを取られるメンバーもいる等、メンバー間でチアに対する打ち込み方に差が生じて、中々足並みが揃わぬ展開も見所でした。
モラトリアム最後の時期。
個人差が大きく、まだ幼さが残るメンバーもいれば、外見は大人だが未熟な奴もいる。

これらひとりひとり(16人以外にも晴希の姉の晴子も含めて)のドラマが大人数の割には丁寧、それが皆で同じ課題に打ち込む過程で、ごく自然に青年たちの成長に繋がっていく。
高校生以上に、人生はそれぞれ多様であり、それぞれの生き方やスタンスに違いがある。
それを互いに認め合えた時、モラトリアム最後の青春、皆が大きく成長する。
終盤、女性コーチによる一人一人の評価と送る言葉…結構感動的です。

真面目なドラマも見所ですが、全般的には明るく楽し気な作風なのも良い。
大学生活を皆で満喫している雰囲気(気の置けない仲間同士が集まって騒いだり)。
部内ではガチ勢(尚史、ひさし)とエンジョイ勢(タケル)の対立もあり一時はギスギスもありますが、ここも過度に深刻にならずに青春劇に繋げてくる。
…思うに、ここが高校(中学)生との違いかも。
高校生までと違い、仲間だからとてベッタリしてないんですな。
各々自主的であり、部活だからとて過度に踏み込まない。踏み込めない。
皆それぞれ違う。でも…皆かけがえのない仲間だ。
紆余曲折ありつつ、青春劇として大団円。良い感じです。


総じて、面白かったです。(どうせ美男子動物園だろ…)と切るのは惜しい位には。
惜しむらくは、肝心の男子チアリーディングの見せ場がイマイチ盛り上がらず。
※作風違いますが2014年の女子中学生のよさこいアニメ「ハナヤマタ」ちょっぴり彷彿。
こちらは一応盛り上がりあり、男子チアももうちょっと頑張って欲しかった。
…青春群像劇の成果としてのラストの演技をバッチリ決めてくれていれば、もう一段評価上げてました。
惜しい。私的に青春群像劇としては同時期の「ReLIFE」より評価が高いくらいなのに。


『作画』
美男子もいれば、アフロや不良風リーゼントもいる等、多様性あるのが良い。
女性陣は晴子姉ちゃんやさくらちゃん可愛い、美人コーチも含めてキャラデザ好みです。
キャラデザは文句なしなのですが、惜しむらくはラストのチアシーン。
一番の見せ場、もっと頑張れなかったのか…。

『声優』
新人と中堅ベテランとバランス良く、文句なし。本作初主演(主要キャラ)多く、概ねハマってました。
米内佑希さんは晴希で初主演、悩める青年良かったです。
ガチ勢ひさしは畠中祐さん、遊☆戯☆王ZEXALの遊馬です。余裕の無い感じ好演。
中国人留学生の陳子軒(チン・ズーシェン)を、中国語ナレーターの文曄星(ウェン・イェシン)さんが怪しい京言葉で好演。この方はナレーターとしては大物です。
さつきコーチの甲斐田裕子さんの貫禄お見事でした。

『音楽』
EDにして主人公チーム「ブレイカーズ」のテーマ曲でもある「LIMIT BREAKERS」が良い感じ。
情熱は伝わってきました。
ラストしっかり決めていれば…。


『キャラ』
男子チア部だけで16人も、他にコーチや晴子姉ちゃん等印象的なキャラ層が厚いです。
1クールで16人全員に一定の見せ場と個性があるのは凄い。
愛称で呼ばれたり、ある程度のグループ単位で纏まっている(鍋島兄弟、金銀銅トリオなど)のも、大勢な割にキャラ把握がし易かった。
※「ガルパン」と似た意味で、大勢のキャラ配置が巧かった感。
名前は覚えられずとも(ああ、あの兄弟か、あのトリオか)と分かり易いので。

主要キャラ全員良かったのですが…
巨漢のトンは可愛い彼女持ち、バンブーブレードのダン君を彷彿w
怪しい中国人な陳子軒(チン・ズーシェン)も、終盤一気に評価上がって好印象。

女性陣も魅力的。晴子姉ちゃんは凛々しい武闘家、彼女は17人目の主役だった。
リアルな姉弟関係萌え。
コーチ…これは大学生の若造が惚れるわーステキです。
さくらちゃんが健気で萌えました。{/netabare}

投稿 : 2016/10/12
閲覧 : 288
サンキュー:

20

ネタバレ

四季姫 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

意外と面白い!

キャラが個性的ですし、キャラ達の事情もちゃんと書いたし、面白かった。
頑張ればできるという青春物語ですねー

でも全国選手権の結果が書いてないのは、残念です。

投稿 : 2016/10/12
閲覧 : 193
サンキュー:

1

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

以外 に おもしろい

ちょっと 弱虫ペダルを思い出した・・

投稿 : 2016/10/11
閲覧 : 225
サンキュー:

1

ネタバレ

ブーブコム さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

GO! FIGHT! WIN!

肩を壊して柔道部を辞めた主人公が友人とチアを始めるお話
初めは二人しかいなかったが、次々に部員が増えてときには悩み
ときには仲間同士衝突しながらも全国大会を目指す

最初は柔道よりもチアの方が肩の負担が大きいだろうとツッコミを
入れてたが、きっと主人公は肩よりも柔道でさまざまな賞をとっている
姉と比較されるのが嫌だったんだろう

最後は全国大会に出場して、結果がわからずに終了してしまったが
結果よりもここまで築き上げた仲間たちとの絆や
楽しく演技をするってことを強調したい感じだったので結果はわからなくても
いいと思った≧(´▽`)≦

投稿 : 2016/10/06
閲覧 : 215
サンキュー:

2

ネタバレ

K さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

なんだかんだ面白かった。

チアを通してぶつかったり、わかりあえたりする男の子たちが可愛いです。
青春だなーって感じでした。一話目を見て飽きるかなーと思いながら見ていましたがなんだかんだストーリーもちゃんとあって面白くて最終話まで見れました。

投稿 : 2016/10/01
閲覧 : 193
サンキュー:

3

ネタバレ

きききき さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

キャラかなり多いけれどもそれぞれに個性があったのは良かった
肝心の作画はチアの場面で止め絵ばっかりでちょっと萎えた

投稿 : 2016/10/01
閲覧 : 225
サンキュー:

2

ネタバレ

がぁべら♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「壊したい」何かを持つ男たちの新たな挑戦が始まる・・・。

柔道一筋に打ち込んできたハルキは限界を感じ、柔道を続けることを断念してしまう。そんな時、幼馴染でやはり柔道を断念したカズマに誘われ、男子によるチアリーディンググループ「BREAKERS」(ブレーカーズ)を結成しようとする所から物語は始まる。
---------------------------------

絵やキャラは見やすいデス。
キャラは個性豊かデス。
ストーリーも分かりやすいデス。
一人一人が悩みを持ちながらも、チアを通して時にぶつかったり、励ましあったりしながら、個人だけでなく、チームとしても大きく成長していく物語です。
最終回はジーンとするものがありました。
青春って感じで、良かったデス。

投稿 : 2016/09/28
閲覧 : 225
サンキュー:

4

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

動き悪い?

体育会系のお話しにしては動きに魅力ない(お話の進め方も同様)。アイドルものくらいの魅力がほしい。
構図ってのが悪いのかな?

投稿 : 2016/07/20
閲覧 : 164
ネタバレ

タッキー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

ふざけたアニメかと思いきや

マジメに男子チア部を結成し、頑張っていく話。
柔道部を辞めて新しくチア部を始める理由がギャグ的な内容だと思ってたら、大まじめだった。ある意味、良い裏切られようでした。
今後の熱い展開に期待しています。

投稿 : 2016/07/20
閲覧 : 221
サンキュー:

3

ぴょーこ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2024/04/16
閲覧 : 4

kuroneko さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2024/04/07
閲覧 : 10

としちゃん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2023/11/01
閲覧 : 10

ぷちぷち さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/08/17
閲覧 : 11

tama さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/10/04
閲覧 : 46

かける さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/06/08
閲覧 : 51

ライジン さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

投稿 : 2020/05/29
閲覧 : 51

kizel さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/05/21
閲覧 : 46

はる さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/04/17
閲覧 : 54

よしだ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/02/13
閲覧 : 56

らんらん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/10/22
閲覧 : 58

まめもやし♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/10/10
閲覧 : 55

まかろん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/07/17
閲覧 : 62

#taro さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/07/01
閲覧 : 68

踏切太郎 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/06/30
閲覧 : 81

poko さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 67
次の30件を表示

チア男子!!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
チア男子!!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

チア男子!!のストーリー・あらすじ

人を応援することで主役になれる、世界で唯一のスポーツがある。
チアリーディングに青春をかける、ちょっとワケアリだけど、キュートな男子大学生たちの物語、それが『チア男子!!』。
柔道でザセツした坂東晴希は、幼馴染の橋本一馬に誘われて、前代未聞の男子チアリーディングチーム「BREAKERS」を結成する。
集まってきたのは、理屈っぽい溝口、大食いのトン、お調子者の関西人・弦とイチロー、そしてチア経験者の美青年・翔という個性は揃い。
"壊したい”何かをもつ男たちの、新たなる挑戦が始まる...!"(TVアニメ動画『チア男子!!』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2016年夏アニメ
制作会社
ブレインズ・ベース
主題歌
≪OP≫ラックライフ『初めの一歩』≪ED≫BREAKERS『LIMIT BREAKERS』

声優・キャラクター

米内佑希、岡本信彦、小野友樹、杉田智和、林勇、桑野晃輔、小西克幸、安元洋貴、山谷祥生、畠中祐、村瀬歩、沢城千春、勝杏里、広瀬裕也、木島隆一、文曄星、木村隼人、弓原健史

スタッフ

原作:朝井リョウ『チア男子!!』(集英社文庫)、キャラクターデザイン原案:浅田弘幸、 監督:吉村愛、シリーズ構成:吉田玲子、キャラクターデザイン・総作画監督:鶴田眸、サブキャラクターデザイン・総作画監督:小倉典子、アクション監修:谷津美弥子、プロップデザイン:佐久間康子、美術監督:保木いずみ/加藤浩、色彩設計:歌川律子、撮影監督:織田頼信、編集:池田康隆、2D・特殊効果:立花美紀/徳丸仁志、音響監督:木村絵理子、音楽:TAKAROT、音楽制作:ランティス

このアニメの類似作品

この頃(2016年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ