「一人之下 the outcast(TVアニメ動画)」

総合得点
56.6
感想・評価
86
棚に入れた
425
ランキング
6666
★★★☆☆ 3.0 (86)
物語
2.9
作画
3.0
声優
3.2
音楽
3.0
キャラ
3.0

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

一人之下 the outcastの感想・評価はどうでしたか?

ハウトゥーバトル さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

長い茶番

序盤 ええと

中盤 うん

終盤 …

この話はとある村に墓荒らしがあった話
ジャンルは中国原作・主人公最強・バトル
中国マンガ原作、中国アニメ会社制作のバトルものです。
「気」とかいう超能力的な何かを使って戦うのですが、正直期待はしてませんでした。案の定でしたね。
空を跳んだり、山を削ったりしないのですが、なんかのオーラで戦います。
個人的には序盤の戦闘だけは好きです。ちゃんと戦闘してますし、かっこよかったです。
問題は内容の微妙さです。序盤の導入がテキトー、キャラ説明も不十分。コメディシーンも面白くないし、展開も単調。唯一バトルが見れるものだったので、始めましたが、バトルがなかったら終了です。中盤ではつまらない茶番が永遠と続きます。非常に退屈です。生命線はバトルシーンでしたが、そのバトルも日に日に作画が落ちていきます。一話と最終話の差はすごかったですよw

終盤のテキトーさは目に余るものがあります。中盤で数少ないシリアス風展開を出したのに終盤でテキトーに流したせいで全てチャラ。せっかくキャラの立ち位置がわかってきそうだったのに急に戦闘が始まったり、キレたりするからみてるこっちがキレそう。

基本的にキャラの説明が不十分な上に真剣な場面でのふざけが多々あるせいでキャラの評価は最悪に等しい。全員嫌い。さえんちゃん以外。

監督は王昕さん。
助監督は戸田和裕さんと森満男さん。
シリーズ構成は森満男さん。
キャラデザはきりぽんたさん。
劇判は阿部隆大さんと持山翔子さん。
アニメ制作はパンダニウムさん。

作画は先程言ったとおり。
opは鏡華さん作詞、凛さん作曲、Lilithさん編曲歌唱の「Arcadia」
edは凛-Lin-さん作詞局、Affective Synergyさん編曲歌唱の「In the Dawn」
中国語の歌まるでわからん
声優さんはとても良かったです。豪華声優さんたちが数々出ていましたからね。

総合評価 長い茶番

投稿 : 2020/10/05
閲覧 : 251
サンキュー:

4

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

中国異能バトル。。

公式のイントロダクション

あらすじ
{netabare}
主人公・張楚嵐(チョウソラン)は、
ある日、墓場でゾンビに襲われる。
その絶体絶命のピンチを救ったのは、一人の少女。
手にした包丁で敵をなぎ倒してしまう。

安堵する楚嵐に、
少女は「この困難に自分で立ち向かえ」
と意味ありげな言葉を残し、
立ち去ってしまう。

後日、大学に登校した張楚嵐の目の前に、
再び少女は姿を現わす。

その瞬間から、張楚嵐の数奇な運命が動き出していく。
{/netabare}

見どころ
{netabare}
特殊な超能力を持つ異人たちが次々に登場。

その様々な能力が繰り広げられる異人たちの戦闘シーンと、
回を進むごとに次第に明かされていく謎。
惹き込まれる演出とストーリー構成に目が離せません。
{/netabare}

キャラデザはふつうだけど
背景も人もあんまり力を入れてないみたい。。


1話目
{netabare}
1話目の公式のあらすじ
{netabare}
 中国の田舎で起きた墓荒らし。そこに現れたのは、墓の主、張錫林の孫娘を名乗る一人の女性、宝宝(ホウホウ)であった。時を同じくして、墓参りの為に帰省してきた、都会の大学に通う張楚嵐(ソラン)は祖父、張錫林の墓が何者かに荒らされた事、そして、楚嵐の姉にあたる女性が来たことを刑事の宋から告げられる。初めて知る姉の存在に戸惑うも、錫林の墓を直しに行く楚嵐であった。そこで見たものは墓を掘る宝宝。墓荒らしの証拠を押さえようとするも、見つかった楚嵐は慌てて逃げるが頭を殴られ、意識を失ってしまった。目覚めた時に見たものは、宝宝に襲い掛かる人々と、包丁片手に戦う宝宝の姿。困惑する楚嵐の頭によぎる宋刑事の言葉、孫娘を名乗る女性…「まさか、ね、姉ちゃん?姉ちゃん!!」
{/netabare}

宝宝とその仲間の男の人は
ふつうの人に迷惑をかけないようにこっそりゾンビ退治してるのかな?

張錫林は異能力者で孫の楚嵐はその力を受け継いでて
さいごは1人で残された楚嵐が雷技でゾンビたちをたおしたみたい

無表情キャラの宝宝が
悪い人じゃないみたいなんだけどテキトーでおかしかったw
(楚嵐を埋めようってしたのはゾンビから助けようってしたんだよね^^)
{/netabare}

2話目
{netabare}
2話目の公式のあらすじ
{netabare}
 ゾンビの襲撃から一夜明け、大学に戻る楚嵐と同じ大学に通う事になった事を告げる宝宝。楚嵐にゾンビに対抗した時の力を見せてと要求する宝宝に対し、とぼける楚嵐であったが、宝宝が包丁を取り出し襲い掛かって来る。戦おうとしない楚嵐は、祖父、錫林の言葉を思い出す。幼少期に父、予徳に鍛えられ、錫林が言っていた力を使う時。その時、楚嵐の全身が何かに包まれる。そんな二人の戦いの中、どこかの廃墟に集まっている少年の様な見た目をした呂良と墓を荒らしたゾンビ。足元には張錫林の遺体があり、妖麗な美女、夏禾(ナツカ)がやってくる。墓荒らしをきっかけに戦わざるをえなくなった楚嵐、動き出した夏禾、呂良(ロリョウ)、ゾンビたち。楚嵐が幼き日に亡くした錫林は何を残したのか?錫林の言葉を思い出した楚嵐はどうするのか?
{/netabare}

楚嵐がおじいさんの錫林から
カンフー(異能?)を習ったところはちょっと長すぎたかも
眠かったw


楚嵐と宝宝のバトルは
宝宝が包丁を使って戦う動きがおもしろかった^^
日本のアニメであんな動きってあんまりないかも
楚嵐の異能でバトルはふつうに中二バトルw


宝宝のちょっとズレたみたいなコメディがおかしかったから来週も見るね☆
{/netabare}

3話目
{netabare}
3話目の公式のあらすじ
{netabare}
宝宝に服を破られ、奴隷になった上にルームメイトにも怪しい奴呼ばわれされている楚嵐。いい事ないなと思っているとスマホに一通の着信がきた。SNSの友達申請、しかも可愛い子…!テンションの上がる楚嵐であったが、宝宝から今晩会って欲しい人がいると告げられる。しかし、どうしてもデートに行きたい楚嵐はご主人様である宝宝の電話を無視する事を決めたのであった。待ち合わせ場所に現れたのはプロフィール写真通りの美人で性格の優しい女の子、妍妍。その裏で奴隷である楚嵐に電話を無視された宝宝と徐三。宝宝が取った行動はGPSによる楚嵐の追跡であり、楚嵐を調教しないといけないと言い張る。美人に浮かれる楚嵐のデートはどうなるのか?宝宝は楚嵐を見つけ出すのか?動き出した二組の先にあるものは……
{/netabare}

「ゼンセー」ってゆうグループの夏禾と呂良が妍妍を使って楚嵐を誘拐して
無視されて追いかけてきた宝宝と徐三が助けるってゆうおはなし

かわいい女子が楚嵐にせまってくるほか
あんまりおはなしはなかったみたいw


日本のバトルの主人公ってモテモテなのが多くって
モテない男子が主人公なのはコメディってだいたい決まってるけど
このおはなしもコメディで
あとからかっこよくなってくのかな?


もうちょっと見てみるね
{/netabare}

4話目
{netabare}
4話目の公式のあらすじ
{netabare}
 妍妍に騙され、金光を封じられてしまった楚嵐は成すすべも無く、夏禾、呂良、妍妍に捕まってしまった。初めてのデート、初ての女の子の部屋で期待が高まっていて簡単に騙されてしまった楚嵐を助けに来たのは宝宝と徐三であった。縛られて身動きがとれない上に能力も封じられている惨めな楚嵐を置いて、宝宝、徐三、夏禾、呂良、妍妍の異人たちの戦いが始まる。そんな戦いに次々と参戦する他の異人たちや、彼らに襲い掛かるゾンビ、突如現れる楚嵐を助け出そうとする新たな能力者の猿。捕まった楚嵐をきっかけに、二つの異人組織の抗争がここに始まるのであった。そこは異人たちが各々能力を使って戦う無法地帯。立ち残るのは誰なのか?捕まっている楚嵐の運命はどうなるのか?
{/netabare}

けっきょく宝宝たちのグループ(全性)が楚嵐を助けて
楚嵐に異人のことをはなしはじめたところで終わったけど

たぶんこれから強くなってくのかもだけど
楚嵐はやっぱりうじうじしてておはなしはなかなか進まないのに
とちゅうで入るおじいさんの思い出でおはなしがとぎれちゃって
なかなか面白くならないみたい。。


感想はしばらくお休みするかも。。
{/netabare}

5話目
{netabare}
5話目の公式のあらすじ
{netabare}
 エレベーターを降りた先の独房、中にいたのは全性に裏切られ、速達に捕まった妍妍の姿がそこにはあった。全性の情報を聞き出そうとする徐三であったが、妍妍はなかなか情報を吐き出そうとしないでいる。そんな中、徐三の兄弟である徐四が突如現れた。情報を聞こうとするもやはり話そうとしない妍妍に対して、徐四がとった行動は暴力。躊躇いなく妍妍を殴り、蹴りつける。その様子を見た楚嵐が徐四を止めようとし、一触即発の空気が独房に漂う。徐三に妍妍を大目に見てやって欲しいと頼むと楚嵐。徐三も楚嵐の言葉を聞き入れようとするも、徐四が反発して話が進まないでいると妍妍が口を開けた。張錫林の遺体を盗んだ理由は何か?全性の目的は何なのか?妍妍はどうして全性に入ろうとしたのか?告げられていく真相……
{/netabare}

妍妍ってかわいそうな子だったね
でも、悪いことしたらちゃんとバチが当たるから。。

それから宝宝って徐四に教育されたからあんな乱暴になっちゃったみたい
今度は楚嵐も教育されちゃうのかな?

さいごはまた女子
今度はほかの異人の組織みたい。。
{/netabare}

6話目
{netabare}
6話目の公式のあらすじ
{netabare}
 誘拐された楚嵐の前に現れたのは張霊玉。彼が使ってきたのは、楚嵐が幼少期に錫林に教えて貰った技、金光術であった。楚嵐よりも強力な金光術を使ってくる霊玉に成すすべがない楚嵐。同時刻、宝宝は楚嵐を助けに向かっていたが、その行く手を阻む風沙燕。交戦する二人であったが、遠くでも感じる霊玉の炁。一時休戦し、楚嵐と霊玉の元へ向かうのだった。霊玉に歯が立たない楚嵐は投げやりになってくる。ずっと能力を隠してきた…一般人とは違った異人の存在を知って嬉しかった…なのにこれからどうすれば分からない…そんな中やってきた宝宝が楚嵐に声をかける。あなたの力を見せつけてやれ。人間に対して使ったことのない技、楚嵐が隠していた、錫林が教えた金光を超える力。色が変わっていく楚嵐の金光。楚嵐に秘められた力とは…?
{/netabare}

ほかの組織にさらわれたって思ったら
また別の組織の張霊玉があらわれてボロボロにされそうになったところに
宝宝が来てくれてこんどは楚嵐が本気の術を出した。。

って悟空がスーパーサイヤ人になったときみたいで
霊玉がやられるかなって思ったらもっと強い技が出てきたw
楚嵐っていつまでたっても弱い主人公のままなのかな?


でも宝宝が霊玉の本気の技を受けてくれて助かった。。
って宝宝ってどれくらい強いんだろう!?


張錫林って
霊玉の組織(コウセイリュウコサン・ショウイツハ・テンシフ?)から
技を盗んで逃げたことになってるみたい

でも
1番えらい人から直接じゃないと受け継げない技だから
ただ盗むとかってできないみたい。。
張錫林の正体って誰なのかな?


それからテンシフは速達にある声明を出したみたい
それって全異人界に影響がある大事件みたい


宝宝が止めてくれて助かったんだけど
楚嵐の力が霊玉に認められたみたいで
来月リュウコサンで開かれるラテンタイショウに参加してほしいって


よくあるハーレムバトルアニメみたいだけど
ヒーローがいつまでたっても勝てないって
やっぱり日本のヒーローアニメとちょっとちがうのかな?
{/netabare}

7話目
{netabare}
7話目の公式のあらすじ
{netabare}
 光師候補生となり、速達の別荘で急遽宝宝と二人で暮らすことになった楚嵐。相手が宝宝であっても、女性経験が無い楚嵐は宝宝のシャワーや服装に対し焦ってしまう。女性と二人になると僅かな刺激でも?が下の方に流れる楚嵐に対して宝宝が思いついた策、それは楚嵐の童貞を卒業させる事だった!すぐにデリヘルを呼んだ宝宝に対して、怒りを露わにする楚嵐。家を出ていこうとする楚嵐を止めようとするも、これ以上宝宝の言う事を聞かないと告げる楚嵐。そんな楚嵐を待っていたのは天下会の風沙燕であった。楚嵐を止められなかった宝宝は部屋に立ち尽くすしかなかった。天下会に案内される楚嵐。そこは大手企業、天下グループであった。楚嵐を出迎えるのは沙燕の父親であり、天下グループの会長でもある風正豪。その横には賈正瑜という男であった…
{/netabare}

テンシ候補たちの選抜大会に勝つために
1か月の間別荘で特訓するのに宝宝といっしょに生活することに。。

でも、宝宝たちのやり方に反発した祖嵐は出ていくことにしたの

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:

おどかしても止められないって分かった宝宝は落ち込んじゃったね。。
もしかして楚嵐のこと気になってたりしてるのかな?

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:

そのあと楚嵐は異人組織の天下グループに連れてかれて
会長から娘と付き合わないか?って。。

いろんな異人組織が楚嵐を仲間にしようってしてるみたい
宝宝は天下グループに乗り込んで楚嵐を連れ戻すのに
かわいいワンピで行くみたいw


おはなしはあんまり進まないけど
バトルと萌え女子を見せるアニメになってきたみたいだからいいのかな?

ただ
ちょっとはなれた時のキャラの顔が誰だか分からない時が多くなってきたみたい
もうちょっとがんばった方がいいかも☆
{/netabare}

8話目
{netabare}
8話目の公式のあらすじ
{netabare}
 天下会にいる楚嵐を連れ戻すことを決め、天下会に乗り込む宝宝。立ちはだかる異人たちを次々に倒していく宝宝であったが、一人の男、賈正瑜が前に立ちふさがる。今ままでの異人とはレベルが違い、一方的に攻撃を受け続けてしまう。一方、その頃楚嵐は、正豪に楚嵐と付き合うように言われた沙燕と一緒にいた。守宮砂が沙燕に反応しない…!楚嵐を本気で受け入れると迫る沙燕であったが逃げようとする楚嵐。逃げるなら沙燕は暴力で止めると宣言し、能力を使ってくる。楚嵐の目の前に突如現れる沙燕の拳、突然の空間移転能力に手を出す事が出来ない楚嵐であった。賈正瑜と交戦する宝宝。こちらも楚嵐と同じく賈正瑜の使う能力に押されてしまう。天下会ビルの中で繰り広げられる二つの戦い。楚嵐、宝宝、二人の行く末は…
{/netabare}

えっと。。ここまで来て楚嵐は宝宝のこと気になりだしたみたい

「モノも知らない、恥も知らない、欲もない、何考えてるかもよく分からない
でも、あいつはずっとオレの事気にかけてくれた。。」って
「もしかして一番さびしいのはあいつなんじゃないかって。。」


宝宝は楚嵐のこと家来にしてたけど
ほかに言い方知らなかっただけで
ほんとうは友だちとか恋人になってほしかったのかも?
一生けんめい楚嵐をさがしまわる宝宝ってそんな感じに見えた。。


今まであんまりおはなしが進まなくって
ハーレムバトル系なのかな?って思ってきたけど
もしかして楚嵐と宝宝の恋愛+バトルだったのかも?
{/netabare}

9話目
{netabare}
9話目の公式のあらすじ
{netabare}
 賈正瑜の能力による攻撃に押され続けていた宝宝が取った行動は、履いていたヒールを脱ぐことだった。天下会に来る前に着替え、慣れないヒールを履いていた宝宝は普段の力を出せないでいたのであった。妍妍に、楚嵐が好きだからと言われてヒールを脱がないでいたが、賈正瑜にはこのままでは勝てないと判断し、裸足になって本気を出す宝宝。一方、楚嵐は沙燕と交戦中。やられているのに何故か楽しそうな楚嵐。沙燕はお嬢様の様に振る舞っているよりも、今みたいに拳を振り回して殴って来るじゃじゃ馬娘の沙燕の方が本当の君がすると告げた楚嵐は、これから沙燕の空間移転能力による神出鬼没な県もうを破って見せる、できたら行かせてくれと言う。条件を呑んだ沙燕が楚嵐に攻撃すると拳を止められたのであった。雷法につぐ新たな楚嵐の力とは?
{/netabare}

楚嵐と宝宝は合うことができて
いっしょに帰ろうって今までのことあやまってきた宝宝に
楚嵐はそこでじっとして待ってろって命令して
風正豪会長と話しをして気もちよく帰してもらえることになったんだけど。。

-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-

大人の関係がどうしたとかって楚嵐ってホントにおばか男子

でも、そんな楚嵐のためにボロボロになってむかえに来てくれた宝宝って
楚嵐のあこがれの女子かも。。スタイルもいいし^^

それで楚嵐はいっしょに帰ろうって思ったけど
そのまま帰るとバカにされるかもって
そこでじっとしてろって宝宝に命令して
風正豪会長と話しをして気もちよく帰らせてもらうことになったの^^

でも、おこった賈正瑜の攻撃をふつうだったらかんたんによけられる宝宝は
じっとしてるってゆう楚嵐との約束を守ってまともに受けちゃったの。。

どうしてこんなおバカ楚嵐のことそんなに助けたいのかな?
宝宝がマジメすぎてかわいそう。。
{/netabare}

10話目
{netabare}
10話目の公式のあらすじ
{netabare}
 賈正瑜を破った宝宝、風沙燕を破った楚嵐であったが、正瑜の不意打ちで刺されて倒れてしまった宝宝。汚い手口を許せない風正豪が正瑜を倒し、天下会の異人たちで宝宝を助けようと治療をする。そこにやって来る徐三と徐四。処置をしている天下会の異人たちに対し、宝宝を引き取るから処置をやめろと告げる。心臓も貫かれた宝宝、徐三と徐四は何か助ける宝宝(方法?)を知っているのか…?その頃再び動き出した張霊玉と全性の夏禾と呂良。楚嵐に接触してきた呂良。今回は楚嵐に錫林の息を引き取った瞬間を楚嵐に見せに来たと告げる。そこに映っていたものは何なのか?そして、意識不明だった老人、徐三と徐四の父親の意識が戻り、過去の事を話すと言い始めた。宝宝の過去とは?錫林との関係は?多数の思惑の仲、過去の真実が紐解いていく…
{/netabare}

心臓も貫かれた宝宝ってふつう死んじゃってるよね。。
それなのに眠ってるだけで治っちゃった!?

呂良が見せた錫林が死ぬ時の記憶は今と変わらない宝宝。。12年も前なのに!?

それって宝宝が錫林を殺したってゆうこと?って楚嵐が聞いたら
宝宝は「うん。そう」って。。


来週は宝宝のヒミツが分かるのかな?
{/netabare}

11話目
{netabare}
11話目の公式のあらすじ
{netabare}
 徐三と徐四の父、徐翔が語る宝宝の過去。徐翔が子供の頃、中国の田舎の山奥で男たちに襲われている宝宝の前を通りかかった徐翔の父親と母親に助けられる。そして、徐翔と出会ったのであった。当時から記憶が無く、感情も薄い、覚えているのは名前だけ。そんな宝宝と暮らしていく事になった徐翔。宝宝は炁の修行をずっとしており、興味を持った徐翔は宝宝に炁の使い方を教わったり、農業を一緒に行ったりしながら日常を過ごしていた。ただ、宝宝は何度も激しい頭痛に侵されていた…そんな生活をしていると、ある日、村に匪族がやって来る村の物を奪っていく匪族が目に付けたのは宝宝であった。宝宝だけは見逃してくれと頼む徐翔の父親。しかし、襲い掛かる匪族の鋭い刃。父親はどうなってしまうのか?目をつけられた宝宝の運命は?
{/netabare}

徐翔のお父さんたちが宝宝をひろってきて一緒に暮らし始めたんだ

ある日匪族(盗賊?)に宝宝を連れてかれそうになったのを
助けようとしてお父さんが殺されて
宝宝が泣いてるお母さんを喜ばせるのにどうしたらいいかって聞いたら
お母さんはあいつらを殺して!って

それで宝宝は殺したんだけど村の人たちから化け物だ!出てけ!って言われて
お母さんは迎えに来るからって言って宝宝を山に残したまま
徐翔をつれて逃げちゃった。。
平気で人を殺せる宝宝のことがこわくなったみたい。。


そのあと50年くらいして徐翔は宝宝とまた会ったみたい。。


悲しいおはなしだった。。

徐翔のお母さんのために殺したのに
みんなからきらわれちゃうなんて。。
あんまり人の気もちが分からなかったからよかった(?)けど
あんなことされたらふつうだった怒りそう。。

宝宝ってゆう名前を付けるくらいだから
親はきっと宝物みたく思ってたんじゃないかな?

でも不老不死みたいだから人間じゃないのかな?
楚嵐のおじいさんを殺したって言ってるけどどうしてなの?

ナゾがどんどん増えてくみたい。。
{/netabare}

12話目
{netabare}
12話目の公式のあらすじ
{netabare}

{/netabare}

徐翔が教えてくれた宝宝のナゾのおはなし

宝宝の秘密をさがしてて会ったのが楚嵐のおじいさんで
宝宝のこと知ってるみたいだったけど教えてくれなくって
コウシンの乱ってゆうのが関係あるみたいだった


教えてくれなかったけど
孫の楚嵐を守ってくれたらヒントが見つかるかも。。みたいなこと言って
死にかけてたから宝宝が殺してくれってたのまれて殺した。。


ラテンタイショウ(異人の武闘大会みたい)に出てテンシ(天子?)に会ったら
楚嵐のおじいさんのこととか宝宝のナゾ教えてもらえるかも。。


最終回でナゾが分かるのかな?って思ってたらまたふえたみたい。。
{/netabare}


見おわって

コメディ多めのハーレムバトルみたいだったけど
日本のよくあるのと似てるけどちょっと違くて
宝宝が超強いけど天然キャラでおかしかったり
家族のこととかにゃんが泣いちゃったおはなしもあって
バトルだったけどわりとおもしろかったみたい。。

とちゅうは昔のおはなしがときどき入って
おはなしがちょっとトギれたりしてあきちゃうところもあったけど
後半は宝宝のナゾのおはなしになってきてつづきが気になってきたみたい


ナゾは気になるけど
2期があったとしてもたぶんほとんどバトル大会になるんじゃないかな?

だったら見なくってもいいかなぁ。。ってそんな感じだった^^

投稿 : 2019/12/17
閲覧 : 936
サンキュー:

36

30歳からアニオタ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

全力直球勝負!でストレートの四死球!みたいな

作画、設定、キャラetcがどうという訳ではないのですが、何というか 文化が違う のかもしれません。

投稿 : 2018/03/29
閲覧 : 777
サンキュー:

1

たわし(爆豪) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

意外と面白い

中国発のウェブコミックで、現在は集英社のwebジャンプ+で連載されているらしく、コミックは発行されていないようですが

原作漫画結構面白いです。王道の異能バトルもので在り来りな設定ですが、中国の気功や功夫から着想を得ているらしく、設定としては結構斬新だと思います。偏見の目で見なければ。

アニメは正直大したことないですが、今後設定をふくらませれば面白いものになると肯定的に見れます。フランス発の漫画「ラディアン」もそうですが、昔アメコミやバンドデシネに影響受けた日本の漫画が独自の文化をまとい、アメリカや中国やフランスのコミックにモロに影響を与えてるのが非常に嬉しいです。昨今のアメコミは日本の漫画の模倣と呼べるような表現が増えて、読みやすく受け入れやすくなっているのも日本の漫画表現が取り込まれているからであり、世界トップレベルであることの所以だと思います。

投稿 : 2018/02/17
閲覧 : 464
サンキュー:

3

柊 いのみ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

戦闘シーン

戦闘が独特でいい!キャラもいいし、面白い!

投稿 : 2018/01/11
閲覧 : 413
サンキュー:

1

Ppppp さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

中国の異能バトル

墓地から1話がはじまり ワクワクでした
好きな展開で テンポ良く見てたけど
主人公がちょっと いい感じになって
ほうほうと どうなるの?っておもってたら
ほうほうの過去へと話が 飛び
終わってしまった

なんなんだ。この消化しきれない感じ!!
二期がなかったら 悲しいぞ。

投稿 : 2017/11/28
閲覧 : 451
サンキュー:

3

くあれ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

良作でした。

個人的な評価では、はやみんの演技が
見れたので声優だけに対して言えば高評価。

全体的にみると、物語が分かりにくく、
全容が見えてこない。
キャラにしても、謎が残るばかりなのに
そのままにしていて
物語に無理矢理ねじ込んでいる感じがしました。

主人公補正は良かったと思いますが
中途半端に強く、負ける模写が多いため
なんだかなぁという気持ち。

うん。
声優陣がしょぼかったらと思うとゾッとします

投稿 : 2017/09/16
閲覧 : 221
サンキュー:

2

だんだだん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

凡作

アニメとしての質はまず文句ないレベルだが、
とにかく内容が・・・
キャラもたくさん出てきたのにどれもほったらかし。

中国アニメもここまで来た!というなら、
もう少し構成を考えて欲しいな、と。
第二期やる前提かもしれないが、まず無理だろうな(視聴率的に)。

投稿 : 2017/03/26
閲覧 : 174
サンキュー:

2

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 2.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

まぁ、中国産?アニメのこれからに期待ですかね

原作未読。
早見さんでもった作品。物語は中国の異能バトル。ストーリー、作画、演出全般的に古臭い印象。なんとかキャラはそれなりに立っていたので最後までお付き合いできました。ヒロインが早見さんじゃなかったら終わっていたかもしれません・・・。


私のツボ:中国でこの主人公人気あるんか???

投稿 : 2016/12/18
閲覧 : 220
サンキュー:

2

うにゃ@ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

中華異能バトル

天下一武闘会に続く。
何処かで見たことあるような展開やネタ的なものが多い。
若干向こうの国で好まれる展開や思想的なものが、なるほど感がある。
作画的に宝宝同様5年後も子犬が成長してない所はちょっとふいた。

100点中55点

投稿 : 2016/12/07
閲覧 : 221
サンキュー:

1

しーん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

全12話
2期がありそうな終わり方。
ただ2期はやらない気がします。

投稿 : 2016/11/30
閲覧 : 237
サンキュー:

2

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

以外に おもろかった

2期があったら みるだろうなぁ

投稿 : 2016/11/11
閲覧 : 287
サンキュー:

1

ネタバレ

あさがお さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

ここで終わり?
続きは近いうちにあるんだよね?

女の子が出刃包丁を振り回している画は気持ちいいもんではない

たしか中国アニメだよね
前回の霊剣山といい、○○流の気功術的なお話しをやると、
私の中の中国のイメージが変に固定されてしまう

日本を知らない外国人が日本人はちょんまげで着物で帯刀して「ござる!」って、緋村剣心みたいな人しかいないと思っているように

投稿 : 2016/11/05
閲覧 : 189
サンキュー:

1

いぬわん! さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

思ったほど、ひどくはなかった

 中国原作のアニメだから、もっとつまらないかと思ったが、そこまでひどくはなかった。つまらない下ネタギャグ不要だったのでは、と思います。ラスト数回過去の話しは、結構楽しめましたが、そこで終了というのは、消化不良でした。
2期をやっていただけるなら、多分見ます。

投稿 : 2016/11/02
閲覧 : 313
サンキュー:

10

ミカヅキ翠 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

あまり評価は良くないですが

個人的には楽しめました。
これから、という時に終わったので、まさか2期を放送しないなんてないですよね(^^;;
謎が多いままです。
ヒロイン強すぎで、主人公口だけは達者ですが、これから成長して行く過程だったので気になります。
キャラが多いので、もう少し的を絞って欲しかったです。

投稿 : 2016/11/01
閲覧 : 193
サンキュー:

2

K さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

(´-_ゝ-`)

キャラの魅力が十分に伝わる作品でした。

投稿 : 2016/10/30
閲覧 : 200
サンキュー:

0

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

原作は「3億PV越え超人気中国原作WEBマンガ」だそうです。

この作品の原作は未読ですが、はやみんが出演される事を知りニコニコアニメスペシャルで視聴しました。

ここのところ、中国原作の作品が増えているように思います。これまで中国原作の作品を日本のアニメ制作会社がアニメ化する、というパターンが殆どでしたが、この作品は日中合作で両国のスタッフが加わって制作したそうです。

この作品の主人公は大学生の張楚嵐(チョウソラン)…彼はとある日に墓場でいきなりゾンビに襲われるのですが、一人の少女が彼のピンチを救ってくれたのです。
少女の名前は、はやみん演じる馮宝宝(フウホウホウ)…

彼女はチョウソランに「この困難に自分で立ち向かえ」と言い去っていったのですが、祖父から「普通」に生きる事を命じられた彼の人生の歯車は、この時既に大きく変わり始めていたのです。
そして様々な思惑が蠢く争いに巻き込まれ…物語が動いていきます。

普通の一般市民が実は非凡な才能を隠し持っているのですが、その非凡な才能を手中に収めようと様々な組織の恰好の的になってしまいます。
ですが、本人が自らの奥底に秘めた力に目覚めて特別な存在となり、向かってくる敵をバッサバッサ薙ぎ倒していく…

隠し持った人とは異なる力や秘めた力…誰もが一度は憧れ、その殆どは自分にはそんな力など持たないただのモブである事を自覚する事になるのですが、この様なヒーローものは中国の作品では割と王道なのでしょう…
霊嶮山もこんな感じでしたし…

個人的にはフウホウホウの役どころとはやみんの声質がベストマッチである事に最初は困惑しましたが、慣れてきたらはやみんの魅力をバリバリ感じながら視聴する事ができたのは良かったです。

フウホウホウは不思議な女の娘ですが、彼女の全容は未だ不明です。
この作品を見て感じたのは、フウホウホウは滅茶苦茶強いという事と、どんな時も約束を忘れない娘…だという事です。

彼女の生い立ちやチョウソランとの関係がどうなっていくのか、今後が楽しみな作品です。
でも、この作品の続編は政策されるのでしょうか…?
霊嶮山や、直近ではアニメではありませんが、原案・脚本を虚淵玄さんが手掛けれた人形劇「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」でも最終話で続編の制作が発表されたので、続編の制作が決まったら早々に発表されるとばかり思っていましたけれど…

1クール全12話の作品でした。でもテレビで放送されるのがTOKYO MXの1局しか無いのは正直少なすぎだと思います。はやみんが大好きんで彼女の活躍を見たいと思っているのは決して私だけでは無いと思います。
せっかくの声優さんたちが熱演を繰り広げてくれているんです…もう少し幅広く発信されても良かった作品だと思いました。

投稿 : 2016/10/23
閲覧 : 356
サンキュー:

8

にゃむ。 さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

うーん

ほんとに微妙…

投稿 : 2016/10/23
閲覧 : 215
サンキュー:

1

ネタバレ

にゃんちゅ(・ω・` さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

観たことある設定アニメ

しいて言うなら、中国原作アニメってところで
あとは本当に観たことあるアニメでした。

設定もキャラもほんとどっかで観たことあるって感じ。

わざわざ観る必要あったのかと思うレベルでw

まずOPが酷いw
そして、中国って事でまぁ覚悟はしていたけど名前が覚えずらい。
(名前に関しては、個人的に作品に興味が湧けば覚えられたかもしれませんが)

異能バトルアニメで、
相変わらず設定への説明が少ない!!!

{netabare}ド田舎で墓が掘り返され、チョウ・シャクリン遺体が盗まれた!?
ここで張家の謎。
チョウ家は恨まれているのか?

チョウ・シャクリンの孫チョウ・ソランが墓参りに行くと
待っていたのは謎の女、フウ・ホウホウ。

そしてゾンビに襲われるソラン。
突然包丁一本で闘い始めるホウホウ。

幼いころから洗礼を受けていたソランは普通に生活したかったが、
おじいちゃんの死の謎を解き明かすために、
最初は嫌々ではあったが、ホウホウについていき
異能者が集る「速達」へ入ることに。

異能者の派閥みたいなのに巻き込まれながらも、
祖父の謎を解き明かし~・・・って

明かさず終了かい!!!!!!!!!!

ホウホウの謎も曖昧にしやがって!
とてつもなく戦闘力の高いホウホウですが、
なぜ70年もの間、姿が変わらないんや!不死身なのか?!

また、派閥で敵っぽいのが出てくるのはいいけど
何がしたかったんだろう・・・

ソランを誘拐したり、シャクリンの魂探ったりしてたけど・・・{/netabare}


ってか、最初に出てきたからゾンビアニメなのかと思ったけど
全然違ったし、

異能の名称が難しくて、名前も覚えられなければ
効力も覚えられなかったな。

作画もブレブレでしたし
敵や味方関係なく疑問だらけやないか!

終盤に至っては、主人公のはずのソランの出番はほぼなく、
ホウホウの過去を見せる描写に「次回へ続く」的なラストシーン。

主人公変わっちまったのかと思ったぞ。

2期あっても私はもういいかな。

投稿 : 2016/10/11
閲覧 : 255
サンキュー:

5

ネタバレ

ハヤブサ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

泣いた赤鬼

視聴終了
‥その日は職場にOBのじいさんが来ていた。そして、壁の向こうで、部下に私の仕事のやり方についてダメ出しをしているのが聞こえ出した。その後、部下が何となく私に気を遣っているのを感じた。‥いわゆるよくある話です。リライフにて、神崎さんの上司じゃないけど、社会はそんなに甘くも優しくもない‥
‥その夜、私はビールを開けながら、宝宝の過去編を視聴‥内容は何となく「泣いた赤鬼」に似てる。村人を助けたけど、本人は化け物扱いされて村八分になる話‥ぽっかり開いていた小さな心の穴に、この回は沁みました。「泣いた赤鬼」は、他を守るための覚悟やその対価についても考えさせられる好きな話です。
「これから」ってところで終わったけど、後半は私好みの展開でした‥というより、後半になって本題に入る感じです。タイミングよくこの作品にシンクロできたので、続き観たいと思いました。ストーリーはありきたりだけど分かりやすいし、楚嵐と宝宝のキャラも良しです。ストーリー展開やキャラを観て「この監督、日本のアニメが好きなんだなぁ」としみじみ感じました。この後、楚嵐と宝宝にどんな未来が待っているのか気になりました。機会があれば‥
‥ちなみに早見沙織さん演じる宝宝は、無感情で斧乃木ちゃんを彷彿させますので、妙に愛着を感じました。
宝宝が、こいぬに気を感じる話をするシーンは、この作品らしくて良かったです。「気は水みたいなもの‥余計な心を捨てて、水を集めて沈める」‥無より転じて生を拾う‥みたいな(笑。そうそう‥歴史ある哲学とかもっと観たいですね。道場行きたくなるようなの‥そういう意味でも、HAOLINERSさんには期待してます。三国志関係とかやってくれたら、個人的には嬉しく思います。

以下は初回所感‥
異能バトルモノ。1話目は謎のヒロインとの出会い。
見どころは‥中国発ならではのバトルへのこだわり、ストーリー展開なんですとか‥
中国発ならではの味わいとか観れたら嬉しいです。
色んな文化が混ざった作品が観れる事は喜ばしい事なので、個人的に応援してます。
いずれ、自国の歴史を参考にした作品とかやってくれないかなーーなんて勝手に期待しちゃいます。

投稿 : 2016/10/09
閲覧 : 244
サンキュー:

9

オヤジですがなにか さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.1
物語 : 2.0 作画 : 1.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:途中で断念した

全てが中途半端

安定しないキャラ設定、どこかで観た世界観。
面白くなるかと思いきや、作画が酷すぎて断念。
もっとっもと頑張りましょう。

投稿 : 2016/10/03
閲覧 : 227
サンキュー:

1

熊一郎 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

おら天下一武道会さいぐだ

中国資本の制作会社による異能バトルもの、全12話

この会社の前作「霊剣山」が本当にひどい内容だったので、足切り候補として恐る恐る見始めましたが、ヒロインが早見さんだったこともあり(笑)意外と普通に完走しました。

やはり舞台は中国で、登場人物も中国人、相変わらず意味の分からない単語が説明も無くたくさんでてきますが、基本は異能バトルなのでまあ分かりやすかったからということでしょうか。

完走できましたが、良かったというほどのこともなく、あんまりお勧めしません。

投稿 : 2016/10/03
閲覧 : 176
サンキュー:

4

snow さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

パターンに染まってないのかとおもいきや<30>

3話まで視聴としとこうか。
話の進み方が日本のありがちなアニメとは違うかなと、やや新鮮味感じて見てたけど、結局ただ下手なだけだったという感じ。
放映権料の高い浅い時間、見やすい曜日にやってるから録画予約消しても観てるけど、もうあんまストーリー気にしてない状態。

中華の風?資本?<40>
1話視聴。
中国の会社が日本に子会社としてアニメ制作会社立ち上げて、という中華アニメとも日中合作とも言いづらいよく解らない制作体制。
上位のスタッフがほぼ日本人だけど、監督が中国人?

お話はオーソドックスな導入ってことで特に悪くもないんだけど、アニメの作りとしては低予算アニメって感じの2線級。
とりあえず次も見てみようか、といったところ。

投稿 : 2016/09/27
閲覧 : 282
サンキュー:

2

37111 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

評価しずらいが、霊嶮山的な空気感

知ってて当たり前のように進むわからない用語のオンパレード。

劇中の人たちは当たり前のように知っているのに、視聴者は全くの置いてけぼり。

もうちょっとうまくやれば面白くなりそうなのに、中華ってこんなもんなのか?


あと20年ぐらい頑張れば何とかみられるようになるのかも。

投稿 : 2016/09/25
閲覧 : 238
サンキュー:

6

ネタバレ

がぁべら♪ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

超人気中国原作WEBマンガらしい・・・

主人公・チョウソランはある日墓場でゾンビに襲われた。絶体絶命のピンチに包丁を持った見知らぬ少女が現れ敵をなぎ倒し始める。命拾いしたと安堵したのもつかの間、「この困難に自分で立ち向かえ」という言葉と共に立ち去る少女。
後日、大学に登校したチョウソランの前に、あの墓場で出会った不思議な少女が現れるところから物語が始まる。
-----------------------------------------

絵やキャラは普通だと思います。
ストーリーは比較的シンプルで異能バトル系だと思いますが、全体的に印象が弱いデス。
話も余り進まず、謎を残したまま最終回になってしまい、不完全燃焼のままデシタ。

投稿 : 2016/09/25
閲覧 : 210
サンキュー:

3

MameJ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

異能バトルかなぁ

なんだろう。

異能を巡って、謎が謎を呼ぶみたいにしたいのだろうか。。。

話が、あっちいき、こっちいきし過ぎの、ぶっこみ過ぎで
発散している感じ。

“1クール目終了+次は本格バトル”っぽい終わりなんだろうけど、
なんか足りていないのね。

というか、ラスト2話がいきなり出てきたお爺さんの回想って。。。
多分続きはないのね。

投稿 : 2016/09/25
閲覧 : 195
サンキュー:

3

トゥットゥルー☆ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

終わったの?

どこ見ても12話で最終回って書いてありますが・・・終わったのでしょうか?

投稿 : 2016/09/25
閲覧 : 212
サンキュー:

2

jujube さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.3
物語 : 1.0 作画 : 1.5 声優 : 2.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

中華アニメで古臭い

原作は中国のネット漫画?
中国らしさが感じられれば良かったんだけど、題材以外にそれは無し。
作画なんかも90年代ぽい。
あちらのギャグは性的に相手をけなす。それもいきなり悪口。(例:黙れ童貞)
脈絡無いから受け入れられない。

3話まで見たけど、全く面白くなくて切った。
本国じゃ原作が大作扱いされてるみたいだけど、いつ面白くなるの?って感じで、そういう要素も見出せなかった。
他の解説サイトも巡回したけど、一番しっくり来たのは、中国の感覚で能ある鷹は爪を隠す、どころかむしろ愚かに振る舞うとのこと。出る杭は徹底的に打たれるからだ。そして確実に勝てる敵にしか挑まず、最初はザコキャラしか出ないようだ。それって面白いの?

投稿 : 2016/08/30
閲覧 : 215
サンキュー:

3

ネタバレ

きたかず さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:今観てる

タイトルなし

キャラデザも作画もとても良い
中国のWeb漫画のため原作を読んだことないが内容的には見たことあるような気がする

投稿 : 2016/08/07
閲覧 : 186
サンキュー:

2

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

日本アニメの模倣をしているようでは…

詳細は公式でも。

ソンビ物(中国ではキョンシー)の(たぶん)異能バトルアニメ。
制作はハオライナーズという中国の上海绘界文化传播有限公司が
展開するアニメブランドの日本における制作を請け負う子会社・
絵梦という会社によるもの。

ということは、これは中国資本による日本での展開を
念頭に置かれて制作されるアニメということになるのかな。

僕はアタマが悪いので、どういう構図での企画なのか
分かりませんが、いずれ中国でアニメ事業を牛耳っていく
上海绘界文化传播有限公司が「ジャパニメーション」の
ノウハウ構築のために実験的なプロジェクトを展開して
いるといったイメージを受けます。

最初、ハオライナーズがブランドということを知らなかったので、
霊剣山と同じような感じなのかなという印象でしたが、
それともちょっと違うような。霊剣山は文字どおり、企画を
下請けに投げて作った感じなのかなと思いますが、この
一人之下は資本投下して日本法人を作って、執行役員に
日本のGONZOの創業者をアドバイザー?として迎えた、純チャイナ
アニメーションということになるようです。

現時点では、数多ある日本のアニメ基準で考えれば
「なんだろうなこれは」レベルではあるのですが、
着実に霊剣山よりは進歩している気がします。
将来的にはチャイナアニメが、日本のアニメに比肩してくる
のかどうか。うかうかは出来ないのかもしれませんね。

いずれにしても、中国を舞台にした現代劇を日本で
放送して、はたして需要があるのかということはあります。
可能性があるとすれば、三国志をチャイナアニメで制作する
とか、そういった方向なのかもしれません。

=========第2話視聴後、追記です。

なんだろうなあ、これはという感じは継続中です。
今まで一切出てこなかったナレーションが、
いきなり、しかもボケとして出てくるし。
攻撃されてる最中の回想が、どえらい長さとか
そういうのも、まあ、ね。

今回は全体的にコメディタッチでした。
まだそれぞれのキャラが、いったい何の目的で
動いているのかサッパリです。
で、それが気になるかというと、別に…

=========第3話視聴後、追記です。

ギャグ要素多めの厨二病異能者バトルモノで、
それは日本のアニメ界にも飽和していますし、
その内容が絶望的に面白くないです。

変に日本の作品を模倣しないで、独自で行けば
いいのにと思いましたが、あの国は模倣する文化
なので、こんなものかと納得してしまいました。

コピーが本家を超えることはないでしょう。
お付き合いもここまでです。

投稿 : 2016/07/27
閲覧 : 291
サンキュー:

5

次の30件を表示

一人之下 the outcastのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
一人之下 the outcastのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

一人之下 the outcastのストーリー・あらすじ

『一人之下 the outcast』(ひとりのした ジ・アウトキャスト)は、中国のWeb漫画およびそれを原作とした日本のテレビアニメ。主人公・張楚嵐(チョウソラン)はある日墓場でゾンビに襲われた!絶体絶命のピンチ−…!その時、包丁を持った見知らぬ少女が現れ敵をなぎ倒し始める。命拾いしたと安堵したのもつかの間、「この困難に自分で立ち向かえ」という言葉と共に立ち去る少女。後日、大学に登校した張楚嵐の前に、あの墓場で出会った不思議な少女が現れて…(TVアニメ動画『一人之下 the outcast』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2016年夏アニメ
主題歌
≪OP≫Lilith≪ED≫Affective Synergy

声優・キャラクター

田丸篤志、飯田友子、早見沙織、野島健児、立花慎之介、朝井彩加、山本兼平、宮澤正、日笠陽子、三宅麻理恵、原由実、鳥海浩輔

スタッフ

監督:王昕、助監督:戸田和裕/森満男、キャラクターデザイン:きりぽんた、総作画監督:きりぽんた、色彩:小松亜理沙、美術設定・ボード:渡辺紳、撮影:YORIU/アシロギムト、撮影監督:住友駿、総企画:邹正宇、企画:李豪凌、総エグゼクティプロデューサー:李筱婷、エグゼクティプロデューサー:杉肉盖飯、プロデューサー:陸星程、デスク:柳基澤、設定制作:宮部昌樹/宋佳音、制片主任:立石優

このアニメの類似作品

この頃(2016年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ