「賭ケグルイ(TVアニメ動画)」

総合得点
77.5
感想・評価
753
棚に入れた
3287
ランキング
403
★★★★☆ 3.7 (753)
物語
3.6
作画
3.7
声優
3.8
音楽
3.6
キャラ
3.7
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

テレ美

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

原作未読

面白かったです^^
原作読んでませんが、これはアニメの方がいいような気がします。
作中の音楽がとてもよかったので!
OPとEDはイマイチでしたけどね…。映像は良かったです^^
嫌な感じのキャラがざまぁになるのはちょっとスッキリするし、主人公も見てて面白いので苦じゃないし、メッセージ性とか気にせず軽い気分でみられる「娯楽アニメ」だと思います。
一応きれいに12話で終わっていますが、もしあるなら見たいですね。

投稿 : 2019/07/03
閲覧 : 15
サンキュー:

2

徳寿丸

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

あぁ、いいですねぇ、狂ってる!

原作未読。
久々です、一気観したの。もう設定から狂ってるんで特に疑問を挟む必要なくただただ、早見さんと沢城さんの魅力が全開キャラを楽しんでました。もうね、悪い顔する美少女たまりません!OP、EDもエキセントリックな感じが非常に作品にマッチして良かったですね。早見さん、沢城さんのキャラはここ最近では断トツで印象に残るキャラです。あぁ、踏まれたい!踏んでくれ!ぞくぞくする!(笑)


私のツボ:女子高生の椅子になるなんて御褒美以外になんだというのだ!


2期視聴済・原作本編最新巻既読(2019.6)
2019年冬期は正直秋からの2クールモノを含め個人的にイマイチだったんですが・・・。”賭ケグルイ”は1期同様満たしてくれました(いいですねぇ、益々沢城さんの生徒会長が好きになりました)。1期終了後、原作コミックをネカフェで一気読みしちゃったんですよ。悪い顔する美少女は・・・いい!!
ただ、ちょっと夢子の蔑み方や煽り方がなぁ・・・1期と比べると絵を含め狂った美少女というより性質の悪いババァぽく感じたんだよなぁ・・・うーーーん、ちょっぴり残念。
1期同様、締めはオリジナルストーリー(まぁ、オリキャラが1話で出た時点で予測できるし、選挙戦が途中だし最後盛り上げるには必要ですね)。ただ、ちょっと強引すぎて蛇足感が半端ない(笑)。

私のツボ:高垣さんの「アメイジング・グレイス」

投稿 : 2019/06/04
閲覧 : 94
サンキュー:

9

レタスの人

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

クソ中二アニメと思ったら良作のギャグアニメだった

まずマーケティングの仕方が悪い。
タイトル、扉絵、概要のインデックスからパッと見、狂気や賭博や人間性の闇を安易に描こうとしている典型的中二クソアニメ(正確には漫画)だが、中身は全く別物であり、大絶賛に至る。

一体どういう話だったかというと、一言で表すなら。

「ギャグアニメ」

である。

真面目にやってる中で大ボケをかますシュール系。
変な女が学園内で他の変な女と、賭博。というよりはひたすら無茶苦茶な条件のゲームをしながら漫才や顔芸、勝手に発情して公開オナニー(言葉通りの意味)を繰り返すアニメであり、そこからのはちゃめちゃな展開やキャラたちの反応を見て大爆笑するアニメである。
これは皮肉でもなんでもなく、狙っていると考えられるほどにぶっ飛んだ内容であって、それについては視聴して確かめて欲しい。
シリアス的な内容も次に大ボケをかます為のフリでしかなく、シュールギャグアニメとしてかなり完成度が高い。
逆に”ギャグアニメだ”という正しい認識が出来なければ内容をちゃんと理解せず、雰囲気だけを楽しむタイプや子供以外は本当につまらないアニメではあるかもしれない。(つまり恐らく製作者は全力で笑わせに来ているだけで、物語、考察やキャラ心情を考えるのが殆ど無駄という事)


期待の無さと裏腹に余りに面白かったので二期も継続してみたが、二期に関しては序盤から飛ばしていく。
「このアニメはこういうアニメですよ?」と紹介するばかりに主人公と主人公にレズMラブな元ライバルが無駄に発情しながら真面目に戦おうとしてる敵を勝手な乱交に巻き込むという作品を体現する超ギャグである。

つまりどういうアニメなのかを早めに理解したいなら、2期の初戦を見れば高速でご理解いただけると思う。

因みにところどころ真面目に進行はものの、シリアス度の高かった大ボスすら途中からギャグ要員として描かれている為、結果的には全てがギャグになる。

投稿 : 2019/05/11
閲覧 : 117
サンキュー:

2

パスタ

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

個人的には好き

最近実写映画が公開されているということで、試しがてら見てみました。
ギャンブルの内容としては正直ありがちっちゃありがちでした。
でも、僕はそこに関してはあまり気にしてはいなく(気にする人はカイジとか嘘喰いでも見てください笑)、キャラがめちゃくちゃ引き立ってます。
タイトル通り狂ったキャラが多いので、みてるこちら側も狂乱しそうなぐらいハラハラした心持ちで見らことができました。
ギャンブルアニメ、というよりかはキャラとキャラの絶妙な駆け引きを楽しむ、という意識で見ると飽きることなく最後まで見られるのではないかと思いました。

投稿 : 2019/05/10
閲覧 : 52
サンキュー:

2

KKK

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:----

俺は好きだお

俺は好きだお
貴方も賭ケグルイましょう!!!!!!!!!!

投稿 : 2019/05/09
閲覧 : 34
サンキュー:

1

ストックトン

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

ギャンブル系の作品だともっと賭博とか
おっさんよりのイメージあったりするけど、
学園主体で女の子が主人公だし絵がすごく
キレイなのもあってちょっと華やかだった印象。
でもギャンブルに狂ってる主人公をはじめ、
生徒たちの狂気的な表情がとんでもなかった。

投稿 : 2019/04/20
閲覧 : 52
サンキュー:

1

ネタバレ

すがさ

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

隙あらば変顔

全てがギャンブルで決まるという、ヤバすぎる学園に通う生徒たちが繰り広げるギャンブルバトルアニメ。

彼女らは、定期的に変顔をしないと死んでしまう病気らしい。

最終話、{netabare}鈴井がギャンブル魂を見せる展開が熱かった。{/netabare}

それから、メアリがだんだんと可愛くみえてきた(笑)

投稿 : 2019/04/17
閲覧 : 89
サンキュー:

22

ロリルス

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

いい顔してる!

早見さんの声に憧れてる(*´﹃`)

投稿 : 2019/04/06
閲覧 : 64
サンキュー:

3

rFXEy91979

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

タイトルなし

第一話「蛇喰夢子という女」
第二話「つまんない女」
第三話「糸目の女」
第四話「家畜になった女」
第五話「人間になった女」

投稿 : 2019/04/01
閲覧 : 38
サンキュー:

0

ネタバレ

kakelu

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

狂ったヤツらの集う学園。 賭け事は身を滅ぼすので注意!

1話の感想 ★★★★ 4.0
転校生
{netabare}
なかなか面白い世界観だ。
妙に色気のある描写に、リアリティある描写が特徴的。
主人公は一般人で化け物を見ていくって感じかな。{/netabare}

2話の感想 ★★★★ 4.0
生徒会
{netabare}
爪を剥がすとかヤバすぎでしょ。
あんな高校嫌だわ。
人間の負の部分が集まりすぎ。{/netabare}

3話の感想 ★★★★ 4.0
生か死か
{netabare}
蛇喰も負けるんだ……
ずっと勝ち続けると思ってた。
みんな、ギャンブル狂いと言ってるけど、私からすれば金銭感覚が狂ってる!{/netabare}

4話の感想 ★★★★ 4.0
家畜
{netabare}
今回はエロの回だった。
直接描写は……ギリギリラインだけど中身はなかなか。
犯されそうなシーンは、人によっては苦手かも。
生徒会のアイツはモロでやべー。{/netabare}

5話の感想 ★★★★ 4.0
イカサマ勝負
{netabare}
みんながみんなイカサマをしている状態。
こっちの方が普通のルールよりも面白いと思う。
1話目から出てきてたけど、早乙女はメインキャラとしてこれからも出てくる感じなのかな?{/netabare}

6話の感想 ★★★★ 4.0
公式戦
{netabare}
学校の地下にあんな場所あんのかよ!?
怖すぎるわ。
今回は命を懸けたゲームか〜
デスゲームとか洒落にならん。
今でこれなら生徒会長とは何をかけてするんだ!?{/netabare}

7話の感想 ★★★★ 4.0
痛み
{netabare}
アイツはヤバすぎる。
自分で目を抉るとか…
そして、殺して欲しいとか。
最後に蛇喰がなんで喜んだのかわかんなかった。
別に主人公の事が好きとかではないと思うんだが。{/netabare}

8話の感想 ★★★★ 4.0
アイドル
{netabare}
確かに生徒会は一枚岩ではなかったな。
蛇喰とユニット組んだところで確実にアカデミー賞を貰えるとは限らないのによく人生を欠けたな。
逆に、あのボイスレコーダーが漏れたとしてもアイドルを必ずしも辞めなければいけないこともないから、いいのか??
{/netabare}

9話の感想 ★★★★ 4.0
アイドル勝負
{netabare}
結果的には予想通りに収まったが、まさかもう1人生徒会とギャンブルをするとは。
夢子は生徒会を全員食うつもりだな。
あと、歌のシーン作画は異常によかった。{/netabare}

10話の感想 ★★★★ 4.0
ポーカー
{netabare}
学園が狂ってるよ。
なんでこんなドロドロの高校生活をおくってんだ。
それこそ、将来のためのベットなのか??
10億円を友に託せるのは凄いとは思うが…{/netabare}

11話の感想 ★★★★ 4.0
人生をベット
{netabare}
人生を賭ける。
そりゃ爪を剥がしたり、髪が白くなってもおかしくないわな。
……やるということ自体おかしすぎるが。
爪を剥がすのに、歯で噛んでってのは理解不能。
どんな顎の力してんだよ。
カバかよ。{/netabare}

12(最終)話の感想 ★★★★ 4.0
運命
{netabare}
ホントにたまたまで勝てたな。
絶対に主人公の立場になりたくねー笑
心臓がいくつあっても足らないよ。
1クールでちょうど良かった。
中だるみもなかったし。
2期は少し変化がないと飽きてしまいそうだが、どうなっているか……
楽しみだ。{/netabare}

投稿 : 2019/03/31
閲覧 : 59
サンキュー:

7

らみ♡

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

キャラがいい

ギャンブルをする話で、キャラの表情とかがおもしろくてよかった

投稿 : 2019/03/21
閲覧 : 51
サンキュー:

3

ネタバレ

剣道部

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

強烈な狂人の共演に驚愕

[文量→中盛り・内容→考察系]

【総括】
2期視聴中ということで。

萌えを完全に投げ捨てた、噂の顔芸アニメw OPがやけにオサレで、世界観にも合っていて好きでした。基本的に変態しか出てきませんw ギャンブル好きな方、テンプレに飽きてる方には良いかも。

このアニメ、狂った「ギャンブル」を魅せるアニメじゃなく、ギャンブルに狂った「人」を魅せるアニメなんですよね。


《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
賭け(ギャンブル)を題材にした作品といえば、真っ先に思い浮かべるのが、「カイジ」や「アカギ」といった福本さんの作品群。その特徴は、心理戦や頭脳戦。人間の心の闇を描く部分。

「賭ケグルイ」にも心理戦はあるものの、頭脳戦を期待するとやや不満を抱くかもしれません。なぜなら、それが本作の特徴ではあるのだけれど、「運」という要素が大きいからです。

「カイジ」も「賭ケグルイ」も、イカサマをどう見抜き利用するかという作品ではあるものの、「カイジ」は基本的には「勝つべくして勝つ」と思います。敵も味方も偶発性を極力廃し、なんらかの確信の元に行動するからです。

一方、「賭ケグルイ」は、イカサマを見抜きつつも、最後は運に頼る部分があります。例えば、ジャンケンゲームで最後にどのカードが来るかや、大集会で最後にどのカードが誰にいくかは、結局、運なわけだし。

「運」という部分に頼るのは、現実ならスリルがあって良いかもしれませんが、それが創作物になると難しいですね。どう扱っても(運が良かろうが悪かろうが)、ご都合主義になってしまうから。

「運」という不確定な要素があるから、ギャンブルはギャンブルであるのだとすると、ある意味では、「カイジ」よりも純粋にギャンブルを描いている作品だと思います。

このアニメ、一部では「顔芸アニメ」なんて言われてましたが、基本的には、ギャンブルそのものというより、ギャンブルに狂った人を魅せるアニメですね。2期あったら確実に観ますね♪

あと、どうでも良いんだけど、「スズイ」というと、ミスターしか思い付かないんだけど(笑)
{/netabare}

【余談~ 皆さん、ギャンブルやりますか? ~】
{netabare}
私は基本的に、パチンコもスロットも競馬も競輪も競艇もやりません。カジノなんか行ったこともないし行きたいとも思わない。パチンコは付き合いで数度くらいかな(ちなみに、ビギナーズラックで全勝中)w あとのギャンブルは0回ですかね。

そんななか、唯一やるのは麻雀。まあ、雀荘に行ったりはせず、友達とちょろちょろっと遊ぶ程度ですが。でも、麻雀は面白いよね~。世界で一番楽しいゲームだと思っています! 麻雀やりながらの会話も面白いよね~。

ってことで、ギャンブルの楽しさは良くわかりません。麻雀も、ギャンブルとして楽しんでいるというより、ウイイレやるのと根本的には同じゲーム感覚だし。「リスクとメリットの微妙な駆け引きや足し算引き算」が、麻雀の面白さだと思います。

この感覚を、ギャンブル好きな方は、お金をかけた上で楽しんでいるのかな? 詳しい方は、ギャンブルの楽しさをたくさん盛り込んだレビューを書いてほしいっすね♪(私はギャンブルを基本的に好かん小市民なので)
{/netabare}


【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目
完全にカイジに喧嘩を売りにいっているが、超えられるか? トリック的には大したことはない。魅せたいのは、そこじゃない? 狂っている様か。じゃあどっかでガチで負けてほしいな。

2話目
嫌な学校だな(笑) 神経衰弱は、ただの記憶力勝負になっていて、ギャンブルにはなっていなかった気がするし、1話で言った「負ける要素」がなかったから、いきなり矛盾している気がする。

3話目
しかし、萌えさせる気が0の作画やな(笑) そりゃ負けさせないと、成り立たないアニメだよね。

4話目
完全に、誰が負けるか分かる展開なのだが(苦笑)

5話目
最後、誰にどのカードがいくかは運なんだけどね。

6話目
え? この学校って評判なんか気にしてたの(笑)?

7話目
なんか、顔、超緑(笑) グロかったし、ドエムのド変態さんだし、観るのがキツかったな~と。

8話目
意外と夢が小っさいw ある程度の演技力あって顔が良いなら、30億円くらい金積めばハリウッド出れんじゃね?

9話目
出た、ラストは「運」。てか、ED気合い入りすぎw

10話目
カイジVS掛けグルイ。生豆田は、東大式麻雀ってことだね。

11話目
賭けグルイ の真骨頂。なぜ、人生を賭けるために、爪を剥ぐ(汗) いや、むしろ予想の範囲内だろ。皇が演技してるくらい分かりやすいでしょ。どんな理屈で眼鏡が割れるんだ(笑) ジョーですか(苦笑)

12話目
これ、対決までやっちゃうの? 引き分け、まあそんなところでしょう。2期もまた、面白そうですね。
{/netabare}

投稿 : 2019/03/19
閲覧 : 165
サンキュー:

57

ネタバレ

ym015008

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

賭け狂いましょう!

ギャンブルの強さがモノをいう学園で繰り広げられる物語。

転校生のギャンブル狂の蛇喰夢子が学園の生徒と
お金はたまた命や人生をかけたギャンブルを行います。

ギャンブルの内容はカードを使ったものが多かったですが
心理戦や頭脳戦が繰り広げられるところがあり面白かった。

またストーリー中キャラクターの表情が変わることがあり
人間の表裏?のようなものが垣間見えます。

またメインキャラである
主人公である蛇喰夢子役の早見沙織さんと
生徒会長である桃喰綺羅莉役の沢城みゆきさんの演技はすごかった!

一言で面白かった。
第2期も放送中ですので視聴したいと思います。

投稿 : 2019/03/05
閲覧 : 56
サンキュー:

5

プクミン

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトル通りのアニメ

学校でギャンブルをやるアニメ。
ただ、ギャンブル内容は独自のルールのものが多いです。

学園っぽい要素は一切無く、ただギャンブルをしまくるアニメです。
見どころは、ゲーム内容と主人公がどうやってそのギャンブルに勝つか(攻略するか)、というところかなと思っています。

作中に出て来るキャラは、どれも一般人とはかけ離れた感じで狂気が滲み出ており、好みがとても分かれそうな作品だと思いました。

最後まで見ましたが、終始ギャンブルという感じでストーリー性は感じませんでした。

投稿 : 2019/03/02
閲覧 : 79
サンキュー:

7

ネタバレ

ごー

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

目の作画に狂気がよく表現されていたしストーリーも好きで個人的にはよかった。

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 53
サンキュー:

5

ジパミィナ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

一話が濃厚です。 75点

学園物で転校生、生徒会とベタな設定ではありますが、ギャンブルという学園では御法度になりがちな内容が柱となっています。

題名通り、クレイジーなキャラが多いので、破天荒な展開も多いですが、根本的には本音と欲望がストレートに表現されている作品です。

最終話はアニメオリジナルな展開だった為、駆け足な感じは止むを得ないかと思いますが、基本一話ごとのクオリティは秀逸だと思います。

ちょっと悶え過ぎな部分はありますが、引き込まれる作品です。

投稿 : 2019/02/24
閲覧 : 72
サンキュー:

7

ネタバレ

ぺー

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

酒と賭博と男と女(酒抜き)

原作未読 全12話


2019年冬クールの2期を前に予習です。

良家のご子息ご息女が通う学園私立百華王学園。人を統べるにはギャンブルが強くないとネ、の校風でギャンブルの強さが学園内での処遇に直結。ヒエラルキーのトップに立つは生徒会長。底辺は奴隷扱い。そんな学園に転校生 蛇喰夢子(じゃばみゆめこと読む)がやってきて一波乱。学園を舞台にギャンブルに興じる高校生たちのドラマ!?です。

さすがギャンブル大国日本ですね。切った張ったの一寸先はわからないあの緊張感は当事者はもちろん、傍目から眺める分にも面白いものがあります。
『哭きの竜』あたりを祖に“酒”“賭博”“女”が絡んでやさぐれ感満載の劇画タッチ麻雀漫画が主流だった時代から、2000年代あたりからの『LIAR GAME』『嘘喰い』と知能ゲームに軸足を置いたものが市民権を得てきた分野です。
本作もそういった潮流に沿った原作を基にしています。年齢設定から“酒”要素は望めないものの“女”要素は表に出ていて、OPとEDの淫靡な雰囲気に表れてるように、豆生田楓(まにゅうだかえで)の言葉を借りれば“王道”の系譜にあたるギャンブル作品の佳作にあたるでしょう。

本作については、ギャンブルというか賭博の持つ毒は薄めではないかと思います。オサレなのです。
本編で展開されたゲームはあまり印象に残らず、親の金で好き勝手やってもなぁと一歩引いて観てたこともあり、大博打での一発逆転や人生一発アウトの緊迫感の描写にリアリティを感じられず、ギャンブルものとしての評価はあまり高くありませんでした。{netabare}なんだかんだ親が翻意してしまえば救われますからね。{/netabare}
どうしようもない輩が身を滅ぼしていく中で、神憑り的な天才性を発揮する主人公が活躍する旧来のギャンブルものから得られるカタルシスを期待していたのかもしれませんね。先入観といってもよいです。

「顔芸」「イカレたキャラ」「美少女もの!?」

賭博の毒を抜いた別物として、知能ゲーム+上記のなにかを楽しむ作品と理解しました。

好印象なのは以下、

・最終話しっかり纏めたこと
・{netabare}序盤第3話西洞院戦でヒロインの敗戦を描いたこと。また生志摩戦でゲーム勝利は何かを再定義したこと。と単純な勝ち負けに終わらなかった点。{/netabare}
・パートナーの鈴井くんの凡百な視点。イカレキャラばかりだと食中りを起こしてしまいます。

登場人物名の漢字がほぼ読めないのはツッコミどころでいいのかしら。
キャラの中では生志摩妄(いきしまみだり)がお気に入りでした。名は体を表すというか、いきは“イキ”で、しまは“締”“沁”で、みだりは“乱”“淫”と二重三重の掛詞がハマるJK(断言)。さらに声優さんイカレ感を出してくれれば良かったのにと思うものの、ヒロイン以外で唯一、人生全振りしてるなコイツと思えたキャラでした。


あまりにも「顔芸」で名を馳せてしまったために、キャラものの印象が強い本作ではありますが、1話あたりの構成は地味に良かったと思ってます。

・基本的に1話完結
・対戦相手がイカサマを仕込んでる。
・対する夢子はそれを見破る。

日常→ハプニング→対戦→決着→後日談、の大筋の流れがあり、そこでのトリック(イカサマ)ネタ明かしが毎回の楽しみだったりしました。
これは江〇川コナンくんや金田〇少年と一緒ですね。たぶんやらないしやる必要もありませんが、脚本家を複数用意できれば、延々と続けられる鉄板の構成です。
それに夢子が無双なので水〇黄門のような安心感も得られたりします。ギャンブルものとしてはどうかと思われるこの安定度合いがむしろ作品を支えていました。2期があるのも頷けます。


旧来のギャンブルものとして観ると肩透かしを食らう。
キャラを堪能するならレベルは高い。
ギャンブルの特性(不安定さ)と手堅い物語構成(安定さ)とのバランスの良さ。


独特な輝きをもった実に興味深い全12話でした。実家の資産食い潰すだけでしょ?のひっかかりがなければもっと評価を上げてたことでしょう。
また、パ〇ンコ屋や一時期の消費者金融の「私たち社会貢献してます♡」TVCMの胡散臭さを感じようものならむしろ評価を下げてたことでしょう。

人としての均衡はお世辞にも保たれてるとは言えない面々が織りなす非常にバランスの取れた作品ということになろうかと思います。
OPもEDも良いですね。狂気とエロスは表裏一体だぜーっ!を上手いこと表現できてたと思います。


■余談
酒がもっと絡めばな~(しつこい)

投稿 : 2019/02/24
閲覧 : 269
サンキュー:

50

てぃーえむ

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ギャンブルの狂気。

一番大事なのはギャンブルの強さ。勝ちさえすれば何をしてもOK
全財産はもちろん、自分の身体、人権までも賭けのチップにされます。

負けたらすべてを失い、破滅が待っているのでみなさん死に物狂いで勝とうとしています。どんな卑怯な手でも使います。自分が痛い目にあっても時には全財産失っても友達を裏切って失ってもいい。勝つことがすべて!

そんな正気の沙汰じゃないギャンブル中毒者の巣窟となった学園を舞台にした作品です。
あまあまで平穏な学園生活なんてまったくありません。

こんな学園生活、絶対イヤだ( p_q)


各人物が様々なイカサマを駆使し、時には敵とも共闘しながら勝つために駆け引きする姿は見ていてとても楽しいですね。
主人公ですら負けるかもしれないという先が予想できない展開で目が離せません。


そして、人のうちに秘めたどす黒い感情を隠すどころか、いかんなく描写しているので、もう黒い黒い。腹黒い人しかいません。

そんな黒さが顔にまで現れていて、勝ち誇った顔、人を見下す顔がとにかく醜悪で、こんなに凶悪な顔ができるものなのかと感心します。ファンの間では「顔芸」って言われて親しまれています。

でも、美女でも全く恥も外聞も気にすることなく凶悪な顔を見せてくれますが・・・。
女子なんだからせめて顔には出さないように気を付けようよ(*´艸`)
女子が絶対しちゃだめな顔がどんどん出てきます。
勝ち誇った顔とか、醜悪すぎて顔面崩壊してます。

せっかくの美女が台無しですよ(;´Д`A ```


キャラクターの大半はあたまおかしい異常者です。変な人しかいません。
でもそれが勝負を彩っていて、よりこの作品の面白さを引き立てています。

視聴した後結構疲れる作品なので、見る時を選びますが、面白いのでオススメです。

投稿 : 2019/02/02
閲覧 : 79
サンキュー:

13

三毛猫メリー

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

賭ケグルイ1期

過去に視聴済み。

賭けに興じる姿は見ものですね。
負けが込むと奴隷とかもすごいし。

今季、2期やってるようなので
たまったら見ます。

私はギャンブルには向かない性格だと
思っているので賭け事はしません(笑)

投稿 : 2019/01/31
閲覧 : 77
サンキュー:

10

ネタバレ

HANIHO

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

タイトルなし

おもしろい!

投稿 : 2019/01/08
閲覧 : 70
サンキュー:

1

ネタバレ

dbman

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ギャンブル学園

原作:漫画/放送期間:2017年7月-9月/全12話/アニメーション制作:MAPPA

原作の方は序盤までしか読んでいなかったことや、今季に第二期が放映されるとのことで視聴。

{netabare}『カイジ』を筆頭にした数々の福本作品や『嘘喰い』『LIAR GAME』などのギャンブル漫画をごった煮にしたようなような印象をもった作品でした。序盤から限定ジャンケンがそのまんま登場するものだから、「カイジ」を意識しないで視聴するのは無理というもの。

ともあり、のっけから穿りまくった目線で視聴していたところ、気づけば最後まで一気に観終わってしまうほどにハマっている自分がいましたw ギャンブル部分はともかくとして、主人公・蛇喰夢子(声:早見沙織)の狂気に満ち溢れたキャラクター性が良かったことで楽しませてもらいました。

ただ、ラストゲーム後の「あのカードは何だったのか」そしてそれを「こういうのは知らない方がいい」と、うやむやにするシーン。これ…、福本作品の『天』か『アカギ』にあったまったく同じシーンなので、約20年ほど前の作品であろうと、これを最終話にもってくるのはいただけないw (カードではなく麻雀牌だったけれど)

辛辣になってしまったけれど、作画も綺麗でキャラクターも良かったし、ギャンブルという性質上、ダメな大人や男臭さ溢れる作品の多い中、高校生、とりわけ女性主体という点で目新さもあったし、独特な雰囲気のある作風だったので全体として楽しませてもらいました。引き続き、第二期も視聴したいと思っております。

ちなみに実写版TVドラマもシーズン2だけでなく映画版が今春に放映されるほど好評を得ているようなので、そちらの方も機会があったら視聴しようと思います。

余談ですが、年末のTV番組『笑ってはいけない』でもEカードをまんま使用していたし、『リアルカイジGP』なんて番組もあったことだし、いまとなっては福本先生の考案したゲームは、一般的にも周知のゲームとして捉えたほうがよいのかもしれまてん。


▼キャスト
蛇喰夢子:早見沙織
鈴井涼太:徳武竜也
早乙女芽亜里:田中美海
皇伊月:若井友希
生志摩妄:伊瀬茉莉也
夢見弖ユメミ:芹澤優
桃喰綺羅莉:沢城みゆき
豆生田楓:杉田智和
黄泉月るな:鵜殿麻由
五十嵐清華:福原綾香

▼制作
アニメーション制作:MAPPA
原作:河本ほむら/漫画:既刊10巻
監督:林祐一郎
シリーズ構成・脚本:小林靖子
キャラクターデザイン:秋田学

▼主題歌
オープニングテーマ「Deal with the devil」歌:Tia
エンディングテーマ「LAYon-theLINE」歌:D-selections
{/netabare}

投稿 : 2019/01/08
閲覧 : 103
サンキュー:

38

える908

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

テーマはギャンブルではなくて、何かに狂った人。なのかな?

まあとにかく絵がスゴイ!

続編が始まる前に見ておいてよかった。

最初はどうしたらいいのか判らなかったけど、
作画自体がギャグだと思って
楽しんじゃえばいい訳ですね(≧▽≦)

かなりスサマジイ駆け引きとか、
とんでもないイカサマとか、
えげつないな~って感じもしたけど、
冷静にすべてを見抜いて、
なおかつどんなピンチも楽しんでる主人公の
ハイスペックな狂気が
カッコ良かったです(///ω///)♪

投稿 : 2019/01/05
閲覧 : 119
サンキュー:

19

かんざき

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

真の狂気

今季放送のものが2期と知り、どんなものかと視聴すると、とんでもない作品で…思わず一気見してしまいました。カイジとはまた違った狂気の表現、心理などがとても気に入りました!

物語とは関係ないけど、OPのアニメーションが歌も含め、かなりのセンスを感じました。

投稿 : 2019/01/03
閲覧 : 83
サンキュー:

6

sMYVP12210

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

こりゃおもしろいわ!

録画してたんだけど 期待のあまり見てなくて、2期が始まる前に見ておこうと視聴開始!

今4話だけど、すっごいおもしろい!
私自身 ギャンブルはだいたい趣味でやってるんだけども、このアニメは麻雀漫画の哲也に通じるものがあるな。まあ単純なギャンブルじゃないってこと。
あ、ライアーゲームにも似てるかこれ。

見てる途中だけども今後どうなるか、そして2期はどうなるか楽しみです。

★後日追記
見終わりました。やっぱ面白かった!良作です。
ただ、2期ある事わかってたからいいけど、最終話付近は勇み足で尺足らずで消化不良でしたw 2期たのしみにしてるぞーーー

貴重なお気に入り確定。

投稿 : 2018/12/29
閲覧 : 109
サンキュー:

4

ネタバレ

にゃん^^

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

学園美少女ギャンブルアニメ

公式のINTRODUCTION
{netabare}
ギャンブルの絶対的な掟。
それは、勝負の果てに勝者と敗者が存在すること。
勝負は富と栄誉を手にし、敗者は落伍者の烙印を押され、大いなる喪失を味わう。
勝負が決するまでの静寂の中、本能は掻き立てられ、欲望は恍惚の境地に到達する。
資本主義の社会において、それはまさに人生の残酷なる縮図。
人はなぜ、リスクを負う世界に心を奪われるのか?
その狂気の先に目にするものとは。
{/netabare}

CAST{netabare}
蛇喰夢子:早見沙織
早乙女芽亜里:田中美海
鈴井涼太:徳武竜也
皇伊月:若井友希
西洞院百合子:奈波果林
生志摩妄:伊瀬茉莉也
夢見弖ユメミ:芹澤 優
豆生田楓:杉田智和
黄泉月るな:鵜殿麻由
五十嵐清華:福原綾香
桃喰綺羅莉:沢城みゆき
{/netabare}
STAFF{netabare}
原作:河本ほむら・尚村 透 掲載:月刊「ガンガンJOKER」 スクウェア・エニックス刊
監督:林 祐一郎「牙狼〈GARO〉-炎の刻印-」
シリーズ構成:小林靖子「進撃の巨人」
キャラクターデザイン:秋田 学「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」
美術監督:松田春香・野村正信
色彩設計:鎌田千賀子
CGIディレクター:申 在勲
撮影監督:柳田貴志
編集:廣瀬清志
音響監督:藤田亜紀子
音響制作:HALF H・P STUDIO
音楽:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND「ウィッチクラフトワークス」
制作:MAPPA「ユーリ!!! on ICE」
{/netabare}

1話ずつの感想
--------------------キリトリ線--------------------
<第1話>蛇喰夢子という女
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
私立百花王学園は表向きは普通の名門校だが、実態は生徒の序列をギャンブルで決めるという掟が支配する学園。鈴井涼太はクラスで一番ギャンブルが強い早乙女芽亜里から家畜のような扱いを受けていた。そんな鈴井のクラスに、黒髪の美少女・蛇喰夢子が転校してくる。
まだ学園の掟を知らない夢子に対し、さっそく芽亜里は投票ジャンケンというオリジナルギャンブルで勝負を申し込む。
{/netabare}
感想
{netabare}

ギャンブルアニメでどんなギャンブルかはその時によってちがうみたい


転校生の蛇喰(ジャバミ)夢子は賭け事が大好きみたい^^

転校したばっかりでクラスのギャンブル女王早乙女芽亜里に目をつけられて
オリジナルギャンブルで勝負することになったんだけど
なんどか勝負してみてチップがぜんぶなくなってから
もう1勝負って言って1000万円の現金を出したの^^;

それで芽亜里がクラスの人たちを使ってイカサマしてることを見やぶって
ネタばらししたけどそれでも勝負をつづけて勝っちゃった!!

~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~

絵はちょっとリアルっぽい感じで胸とかパン○を見せたりする
「監獄学園 - プリズン スクール -」にちょっと似てたかも
おはなしもあんなにおばかじゃないけど
頭脳バトルとかギャンブル系のところとかちょっとだけだけど似てるかも?

あと、賭けのときの笑顔がすごいコワかったぁ。。


おはなしは
お嬢様系美少女で純粋だけどギャンブル狂ってゆうギャップがすごい!w

でも、見はじめてすぐそんなヒロインだって分かったから
きっと勝負に勝つんだろうなってにゃんが思ってたらやっぱり勝った^^


でも、ただ勝つだけじゃなくって相手のいかさまを見やぶって
でも勝つのがむずかしい勝負にも賭けちゃうってゆう勇気が
「ジョジョの奇妙な冒険」にもときどき出てきたギャンブルのおはなしみたいで
ドキドキしちゃったw


さいごに涼太クンがカゲでみんなに合図してたの知ってたこと
夢子は涼太クンに言って
それでも「勝負が楽しかったからお礼に」って
ホントにうれしそうに芽亜里に借金があった涼太クンに500万円くれたの^^


お金とインチキってドロドロしてたけど
さいごはちょっとさわやかだった^^

ちょっとコワいところがあるけどおもしろいおはなしになりそう☆
{/netabare}
{/netabare}
<第2話>つまんない女
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夢子に負けたことでクラスメイトから家畜のように扱われる芽亜里。鈴井はポチミケ制と呼ばれるこの階級制度を始めたのは生徒会長の桃喰綺羅莉であり、彼女が率いる生徒会は学園最強のギャンブル集団だと夢子に語る。しかし少しも怖がる様子を見せない夢子。
そんな彼女の活躍を聞きつけた1年生の生徒会役員・皇伊月が、2000万円を賭けた『ダブル神経衰弱』で夢子に勝負を挑んでくる。
{/netabare}
感想
{netabare}

今回のあいては自分の家がトランプを作ってる会社の伊月ってゆう子で
その会社で作ってるインチキカードのトリックを夢子が見やぶって
伊月に勝つの。。


すごい汗とか気もちわるい顔が
「監獄学園 - プリズン スクール -」そっくりで
ちょっとニガテだけどおはなしはギャンブルってゆうより
ギャンブルのインチキを見やぶって悪い人に勝つってゆうおはなしだよね^^

にゃんはイジメってキライだけど
自分が悪いことしてバレたんだから
みんなからうらまれてもしょうがないって思う。。
ちょっとかわいそうだけど今まで負けた人はもっとかわいそうだから^^;



にゃんは神経衰弱ってぜんぜん勝てない。。
だって、神経衰弱ってギャンブルってゆうか記憶力だから
にゃんみたく記憶力ぜんぜんない人って勝てないよね^^

それにインチキして今まで勝って
ほかの生徒の生づめをはがすってこわい

考えただけでツメが痛くなってきそう。。
夢子が勝ってくれてよかった☆
{/netabare}
{/netabare}
<第3話>糸目の女
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
家畜からの一発逆転をかけて挑んだギャンブル『生か死か』で、芽亜里は生徒会役員の西洞院百合子に敗北してしまう。その姿を偶然見ていた夢子も、同じギャンブルで百合子と一戦交えることに。追い詰められた芽亜里を標的にする百合子は「人間として下の下」だと夢子が挑発すると、怒りの表情を見せる百合子。
そして白熱する勝負が佳境を迎えたとき、生徒会長の綺羅莉が2人の前に姿を現す。
{/netabare}
感想
{netabare}

今までのおはなしで1回もインチキのないギャンブルが出てこないから
やっぱりギャンブルのおはなしってゆうか
正義の味方の夢子が
インチキを見ぬいて悪い人たちに勝つおはなしみたい☆

涼太クンにお金をあげて助けてあげたりして
夢子ってギャンブルは好きだけど
人をだましたりして勝つってゆうのホントにきらいなんだなぁって。。
夢子が百合子のことバカにするところはおもしろかった☆


今回も勝てるはずだったのに
たぶん生徒会長がやった床のしかけに気がつかなくって負けちゃった。。

それで夢子は家畜にされちゃったけど
夢子ってギャンブルに勝つこと以外ぜんぜん気にしない子みたい^^
ってゆうか負けることもギャンブルだって思って楽しんでるみたい!?

家畜にされてもぜんぜんキズつかない心の強い夢子の笑顔って
見ててさわやかでいいな☆

ギャンブルとちゅうのひどいとか見せられてるから
それって大事だなぁって思う☆彡


にゃんは家族と「林修の初耳学」ってよく見てるけど
林先生って先生になる前はギャンブルとかして負けてたんだってw

ギャンブルってきっと
ほんとに頭がいい人がやるゲームなのかも?
{/netabare}
{/netabare}
<第4話>家畜になった女
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
多額の借金を背負った夢子と芽亜里は、生徒会が作成した人生計画表通りに今後の人生を送ることを強いられる。さらに別クラスの男子生徒・木渡潤が夢子に目をつけ、いやらしい命令に従わせようとする。
そんな折、生徒会主催の債務整理大集会が開催されることに。借金返済をかけて4人1組で行われる『二枚インディアンポーカー』に臨む夢子と芽亜里だが、2人と同じ卓に木渡の姿があった。
{/netabare}
感想
{netabare}

今回はいつもと違くて勝負のとちゅうで終わっちゃった。。


ただ、夢子がいやらしい命令されてことわってたとき助けてくれた
三年の生志摩(イクシマ)妄(ミダリ)生徒会美化委員長が
1人でロシアンルーレットしてよろこんでたけどとってもこわれてる人みたい。。
夢子となんとなく似てるかな?たぶんあとの方で夢子と勝負するのかも?



それで今日のおはなしは

借金がいっぱいある人どうしでカケをして
負けた人に借金がふえるってゆう債務整理大集会で
二枚インディアンポーカーするおはなしなんだけど

夢子と芽亜里は
自分で見えないカードを教えあうインチキをすることにしたのかな?

でも、それだとすぐバレて相手がかけてこないから
いい手じゃなくってもいい手だって思わせて
相手を勝負からおろす作戦みたい。。


にゃんの家ってお正月におじさんとか来たとき
家族でよくトランプとかするんだけどにゃんはポーカーが強いみたい。。

自分の手が悪い時はおりて
いい手が来たらかけ金をあげてくだけなんだけど

ふつうはちょっとくらいいい手でもおりて
ほんとにいい手のときだけレイズするってゆうの何回もくり返すと
みんなにゃんが強気だったら強い手だって思うようになるから
みんながそう思ったと思ったらブタでもレイズしちゃうw

にゃんってふだんウソとかつかないから
みんな信じちゃうみたいw

でも、誰かがアツくなってきたらにゃんはわざと負けちゃう。。
だってポーカーって相手の気持ちが見ててすぐ分かって
負けた人がうらんだりするんだったら勝っても楽しくないから。。


だからこのおはなしって見てて楽しいけど
大金とかかけて勝負するとかってにゃんはぜったいムリみたい。。
{/netabare}
{/netabare}
<第5話>人間になった女
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
債務整理大集会に参加した夢子と芽亜里は、木渡、家畜の蕾奈々美とともに『二枚インディアンポーカー』で争っていた。
虚偽の借金を申告してこのギャンブルに参加した木渡は家畜から搾取してやると豪語していたが、夢子と芽亜里の巧みなブラフに翻弄されチップを減らしていく。
そしてゲームが進むにつれ、勝負の行方は木渡と組んでイカサマをしていた蕾が左右することに……。
{/netabare}
感想
{netabare}

今週のサブタイトルは「人間になった女」で
人間になったのは木渡クンに家畜にされてた奈々美。。

奈々美は木渡クンに家畜にされるのになれちゃって
反抗しようってゆう気もちもなくしてたけど
夢子は自分がそのとき負けてでも奈々美が反抗できるようにしてあげて
人間にもどる手伝いをしてあげたの☆


それで勝負はもうギャンブルって言えないくらいのただのだましあい^^
そして最後は夢子と芽亜里が協力して勝ってビリは木渡クンになった♪


このおはなしってギャンブルにしてるけど
いつもインチキが出てきて本当のギャンブルじゃないよね?

おはなしは「ドラゴンボール」とかとおんなじで
悪い敵をたおして弱い人を助けるともっと強い敵が出てきて
前にたおした敵と協力して強い敵をたおして仲間をふやしてく
王道バトル^^


夢子のことうらんでた芽亜里が仲間になっていっしょに戦うところが
とってもよかった☆

さいごは夢子が芽亜里にハグして キャッキャウフフw
あれだけのうらみがすっきり消えて友だちになれちゃうって
夢子ってすごいなぁって^^


あと、夢子はギャンブルが好きって言ってるけど
お金にも勝ち負けにもこだわってないところがいいな☆

夢子ってほんとはギャンブルに勝つより
人をだましてる人をやっつけたりして
友だちをふやしてくほうが大事なのかも?
{/netabare}
{/netabare}
<第6話>誘う女
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
債務整理大集会で大金を手に入れても借金を返そうとしない夢子。彼女は家畜に与えられた特権を使って生徒会長の綺羅莉にギャンブルを申し込もうとする。しかし夢子に執心する美化委員・生志摩妄が突然現れ、『ESPゲーム』というギャンブルを持ちかける。命賭けのギャンブルを喜々として受ける夢子。彼女の身を案じる鈴井だが……。
一方その頃、借金を返した芽亜里の前に突然綺羅莉が現れる。
{/netabare}
感想
{netabare}

カード当てのギャンブルって思わせて
これって実はただの負けたら罰ゲームでロシアンルーレットみたい。。

おまんじゅうの中にワサビが入ってるんだったら死なないけど
こっちはほんとの弾を使ってるから。。


妄は自分の方に6発ぜんぶ入れたから夢子が1発も入れなかったら当たりは半分
カードが1枚しか当たらなくってもぜんぶ当たっててもおんなじで
夢子の銃だったら1発も弾は出ないし
妄のだったらはじめから弾が出るからそこで終わっちゃう。。


インチキとかなかったらカードで勝つのは2回に1回だから
自分に当たるのは4回やって1回の割合かな?

3回とも夢子の弾が入ってない銃で弾が出ないってゆうのが1番いいけど
3回つづけて弾が出ないなんて超ラッキーじゃないと。ネ


妄が引き金をひこうってしたとき夢子が
「その引き金をひくのはおすすめしません」って言ってたけど
それってどうして?

もしかして夢子も6発とも弾を入れたから。。とかかな?

そう言ったら1回でも撃ったらそこでおしまいになっちゃうから
妄は楽しくないはず。。とか言って撃たせないとか?

でも、きっと撃っちゃうんだろうな?


それともそう言って妄に
「もしかして夢子って自分の銃に印をつけた?」とか思わせて
妄にちがう銃を選ばせようってしてるとかかも?

夢子ってブラフがうまいから^^


このおはなしって本当に弾が出るようなアニメじゃないって思うから
(そしたらそこでおわっちゃうから)
いちお安心して見てられるよね^^


あと、芽亜里が会長から生徒会に入れっておどかされてたけど
そっちも気になるよね^^
{/netabare}
{/netabare}
<第7話>拒絶する女たち
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
『ESPゲーム』で3戦勝負することになった夢子と妄。1戦目のカード並べに勝利した妄は、銃を撃つのは危険だと話す夢子の警告を無視して引き金を引く。なぜそれほどまで命がけのギャンブルを求めるのかを夢子に尋ねられると、妄は綺羅莉とギャンブルで対決した時の記憶を、恍惚とした笑みを浮かべながら語り始めた。同じ頃、芽亜里は会長室で自分を生徒会へと勧誘する綺羅莉と対峙していた。
{/netabare}
感想
{netabare}

いろいろよく分からないところが多かったけど
妄ってMの人で
ギャンブルってゆうか誰かに殺してもらいたかっただけだったみたい。。

でも、夢子はみだらの気もちをよんで引き分けにしちゃった。。

夢子って頭がいいし
弾が入ってる銃のちょっとした重さまで分かっちゃって
人が何が考えてるかまで分かっちゃう^^


夢子ってお金も自分の命もあんまり気にしてないみたい

もしかして夢子がホントにやりたいのってインチキとかなしの
いくら考えても分からないホントのギャンブルなのかも?
{/netabare}
{/netabare}
<第8話>愛踊る女
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
綺羅莉の不在中、生徒会室では妄に勝利した夢子についての会議が開かれる。その結果、現役アイドルで生徒会広報の夢見弖ユメミが夢子の次の相手に名乗りをあげ、会計の豆生田楓が彼女の補佐を引き受ける。
ユメミは『一流アイドル決定戦 バトっていいとも!』というギャンブル対決を夢子に申し込み、ユメミが勝った場合は人生を賭け一緒にアイドルユニットを組んでほしいと要求する。
{/netabare}
感想
{netabare}

今回はギャンブルはなかったけどおもしろかった☆
ユメミの顔芸がいつもよりずっとすごかったみたいw
きっと作者の人ってかわいい女子に変顔させるのが好きなんだよね^^;


生徒会長は夢子のことでって言ってどこか行っちゃったまま。。
みんな何やりたいかよく分からない人たちばっかり

そんな中でユメミは夢がはっきりしてていいって思う
ハリウッド女優になることだって^^


それにかけるモノがお金じゃなくって夢子の人生とかって言ってたから
また、殺されるようなことなのかな?って思ってたら
いっしょにアイドルユニット組んでほしいとかって

アイドルって自分の時間もなくって大変そうだけど
そんなに長い間するお仕事じゃないしイヤな人と結婚するわけじゃないから
カケの賞品じゃ今までで1番マトモなほうかも^^


どんなカケになるかってゆうのも気になるけど
生徒会の人たちが何しようってしてるかもよく分からないから
そっちの方が気になるかも?
{/netabare}
{/netabare}
<第9話>夢見る女
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ユメミにギャンブルの誘いを受けた夢子。夢子は「負けたらアイドルになる」という不利な条件を受ける代わりに、ユメミの本音を録音して、ユメミもリスクを負うように脅迫した。夢子に脅迫の手がかりとなる手紙を送った人物とは?
ユメミが用意したギャンブル『一流アイドル決定戦 バトっていいとも!』はバラエティ番組のように盛り上がるが、それは怒りに燃えるユメミの計画通りだった……。
{/netabare}
感想
{netabare}

ギャンブルはユメミが勝てるようになってたけど
みんなを楽しませようってして前半わざと負けてて
これから逆転するってゆう勝負で
ホントは勝てるはずだったのに夢子に負けちゃった^^;

それでみんなの前でファンをバカにしたこと言ったときの録音を流されて
もうダメって。。思ったとき
それでもユメミが好き!!ってファンクラブの人たちが言ってくれたところは
ちょっと感動しちゃった☆


ユメミはアイドルだからお客さんに夢を見てもらうのがお仕事で
それにどんな人だってウラオモテってあると思う

それより
みんなをだましても人を傷つけるためにだましたんじゃないし
いつもみんなを楽しませようって考えてくれてるんだから
いいアイドルだって思うな☆

だってもし、みんなにおいしいお菓子を食べてもらいたいって思って
がんばってる菓子屋さんがいて

いつも来てくれるお客さんのことちょっと気もち悪いなって思ってたって
わざわざ「あなた気もち悪いです」なんて言わないって思う
ちゃんと笑顔で「ありがとうございました☆」ってゆうんじゃないかな?

それに録音の中のことばには
「おどって応援してくれるより自分の歌を聞いてほしい☆彡」
ってゆうホントの気もちが入ってて
ファンの人たちもちょっと悪いところがあったかも?ってにゃんは思った

それにみんなをだましても
自分の夢だけはだまさないからいいって思った☆彡


それにしても夢子って
運もいいけどサイコロを自分の思った通りにできるとかってすごいよね^^

これだからEDで2人で歌ったとき
ちゃんと歌もダンスもおぼえてられたんだって思う^^

歌もよかったしダンスもよかった☆


夢子の「サイコロを自分の思い通りに。。」ってゆうワザは
はじめから自分が勝てるようにしてたユメミとおんなじくらいチートだけど
そんなに気にならなかった☆
{/netabare}
{/netabare}
<第10話>選択する女
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ユメミの名指しで舞台に現れた生徒会役員の豆生田に、公式戦の権利を行使する夢子。すると仮面を被った副会長が現れ、オリジナルギャンブル『選択ポーカー』による勝負を2人に提案する。より強い役が勝つか、より弱い役が勝つか、賭け金を多く積んだ方が選択できるというルールを説明する副会長。
しかし芽亜里や伊月は、このギャンブルにおいて資金力で劣る夢子が圧倒的に不利だと断言する。
{/netabare}
感想
{netabare}

けっきょくギャンブルはあんまりどうでもよかったのかも?

お金がないほうが不利で夢子はお金がないから
もうちょっとで負けちゃうところだったけど

実は大きな銀行を持ってた。。
ってゆうか生徒会の皇伊月なんだけど^^

伊月は夢子に負けて生徒会にいられなくなった。。
って思って夢子につくことにしたけど
ホントは生徒会長になりたい人☆彡

だから会計の豆生田クンが
許すから生徒会に帰って来いって言っても
リスクが分かってて夢子にかけることにしたみたい☆


そう言えば夢子の
「野心を実現させるためにはリスクをおかさなければならない」って
にゃんもそう思うから野心とか持ちたくないなぁ。。

野心なんかなかったらそんなにキリキリすることもないのにね。。
{/netabare}
{/netabare}
<第11話>人生を賭ける女
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
『選択ポーカー』の勝負中、手持ちのチップが尽きた夢子に対して100枚のチップを援助した伊月。彼女は豆生田の言いなりになって生徒会に戻るのではなく、夢子と共に豆生田を倒すことを選択する。
伊月から借りたチップを夢子は遠慮無く全額レイズしてしまうのだが、資金力で勝る豆生田はさらにその上を行き、このギャンブルで勝利する鍵となる“選択権”を確実に手に入れようとする。
{/netabare}
感想
{netabare}

どんどんレイズしていって
とうとう伊月は自分の人生を賭けることにしたんだけど
それに豆生田クンも自分の人生を賭けて
豆生田クンが高い役で勝負する権利をとったの

豆生田クンは7のスリーカード
夢子はジャックの3カードでけっきょく夢子の勝ち☆

ってゆうおはなしだったんだけど豆生田クンがふつうに王道のカケをしてたら
資金力のある豆生田クンのほうがゼッタイ勝ってたのに
人生を賭けることにさせたのは伊月の演技力だったってゆうおはなし^^

今回は5話のポーカーのときのおはなしに似てたみたい
敵だった夢子と芽亜里が組んで勝負に勝ったけど
今回は伊月が夢子を応援して豆生田クンに勝った☆


おはなしは王道でドラゴンボールとおんなじだよね^^
敵に勝って、もっと強い敵と戦うんだけど
負けた相手が協力してくれて。。って^^


だから今回もあのときのパターンとおんなじでぜったい勝つ☆彡
って思ってたけどやっぱりドキドキしちゃう^^

やっぱり王道のおはなしっておもしろいよね^^


さいごは伊月が負けた豆生田クンのことグチってたら夢子が
「今はおたがい健闘をたたえましょう」って^^

それで伊月が豆生田クンとの楽しい思い出を思い出して
はこばれてく豆生田クンにおじぎして見送った。。


負けた相手をバカにしたりしないで
仲間をふやしてく夢子って神様みたい☆
{/netabare}
{/netabare}
<第12話>賭ケグルイの女
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ついに夢子は、綺羅莉とすべてを賭けたギャンブルをすることになった。2人はこの勝負で負けた者が、二度と学園の土を踏まないという条件で合意する。そして22枚のタロットカードから3枚を選んで勝敗を決めるギャンブル『運命のタロットカード』が始まる。3枚のうち夢子、綺羅莉が順に1枚ずつ選ぶ。そして最後の1枚は、夢子のギャンブルをずっと側で見続けてきた鈴井が選ぶことに!
{/netabare}
感想
{netabare}

さいごはお金なんかかけないから
勝っても負けてもそんなに変わらないはずだけど
だから面白かった☆


ルールはタロットカードをひいて正位置だったら点が+で逆位置だったら-
3枚の合計が+だったら夢子の勝ちで-だったら会長の勝ち
なんだけど愚者のカードが出たらそれで終わりで
正位置だったら夢子の勝ち逆位置だったら会長の勝ち

1枚目のカードは夢子が引いて+1
2枚目は会長が引いて-21

3枚目は涼太クンが引くことになって悩んでたら
さっき会長が見せた愚者のカードに
マニュキュアがついてるのに気がついたの。。


会長はインチキする気だったらそのカードをとればいいのにそうしなかった。。
涼太クンはなやんで
その愚者のカードをとったら2分の1の確率で勝てるのに
会長が用意したカードはイヤだって
わざとほかのカードをとって+20だったから+-0で引き分けになったの

・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡

インチキとかで勝ったり負けたりすることがきらいで
運だけでかけるってゆうのが夢子のいつものやり方で
そのためだったらお金も命もどうでもいいってゆう
その思いが涼太クンにも伝わってたみたいでよかった☆


それに会長の用意したカードが本当に愚者のカードかも
さいごまで分からなくって
ちょっと考えちゃうのもよかった♪
{/netabare}
{/netabare}

見おわって


主人公の夢子がカケをして相手のインチキを見やぶって
勝ったりときどき負けたりしながら仲間をふやしていくってゆう
よくあるバトルみたいなおはなしなんだけど
カケのドキドキとか
相手がどうするか当てる推理とかってゆうのがおもしろかった♪


それからかわいい女子たちがウラの顔を見せるときに顔がすごくくずれてて
そのギャップがいいってゆう男の人も多いみたいw


主人公最強系のおはなしが好きな人におすすめじゃないかな?

投稿 : 2018/12/27
閲覧 : 533
サンキュー:

97

ネタバレ

おかんぬりちゃん

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

もっとイケるはず

かなりトチ狂った設定が好きな作品。
ゆめみちゃんのくずれた顔が大好き

投稿 : 2018/12/22
閲覧 : 48
サンキュー:

3

ネタバレ

yuugetu

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

アニメオリジナルの最終回でしっかりまとめてくれた快作

2017年夏アニメ。全12話。
原作漫画は2巻途中まで読みました。

声優さんの演技と美麗な作画と、ギャンブルに対する狂った信念が見所。

原作の繊細な雰囲気を再現しようとかなり気を遣っていますね。
ただテレビアニメには安定させ続けるのは限界があって、制作側はそのあたりをきちんと計算して、手のかからないカラーリングをしたりなど工夫していた印象を受けました。アップはしっかりと手をかけてケレン味のある演出をし、ロングはほどほどの書き込みにすることでメリハリのある画面作りをしています。このやり方を徹底していたため、多少の作画の乱れが目立たずに済んでいたように思います。

アニメオリジナルの最終話が本当に面白かったです。原作者原案のオリジナルだそうですが、非常に上手い作りですね。全12話で起承転結をしっかり作っているのもですが、鈴井くんを軸にした所にこの作品の素晴らしさがあると思います。
{netabare}
鈴井という視聴者側に感覚の近いキャラクターを三回にわたり描くことで夢子たちのギャンブルに対する姿勢や信念を理解しやすい作りになっています。
いやー、鈴井くんが締めてくれるとは思わなかったのでちょっと感激したw


第7話「拒絶する女たち」ラストの夢子の「鈴井さんのおかげで楽しいギャンブルができました」のセリフの意味がちょっと掴みきれていなかったんですが、最後でなんとなくわかった気がする。
夢子と妄の間では夢子の望む賭博は成立しない。ディーラーである鈴井が、夢子が命を落とすかもしれないという恐怖を背負いながらも夢子の洞察力に賭けたことが「楽しいギャンブルでした」という意味なのだな、と。時にディーラーは片方のギャンブラーと組んで相手を陥れることもあるのですから、中立と言っても参加者の一人ではあるのですね。夢子と鈴井はお互いの考え方を理解している(理解されている)ことに「賭けた」ことで引き分けに持ち込むことができた。

最終回で鈴井は他人ではなく自分の運に自分の運命(夢子の退学によって自分が受けるデメリット)を賭けます。何者かの思惑の絡んだものをすべて無視して。それが夢子の琴線に触れ、完全に対等の関係になった。
ただギャンブラーとしての能力を考えると、鈴井くんには不幸な未来しか見えないんですが…;


会長は何かを失うことが賭博だと言いました。
芽亜里は確かにいつもリスクとメリットを天秤にかけていますし、どんな時も勝ち筋を見極めている。会長が優秀だというのも納得ですが、彼女は賭けに狂っているわけではない。
夢子は自分の人生まで使って勝ちを狙い、負けることも常に念頭に置いて行動している。相手がイカサマしたとしてもそれも計算に入れたうえで、自分の権利も他人の権利も対等でないと夢子のギャンブルには意味がないのでしょう。妄に怒りをあらわにしたこと、鈴井に好感を抱いていることからそれがわかる。

妄は会長と夢子を同じ支配する者と言うけれど、二人の最大の違いは支配することを当たり前と思うかどうかなのかな?
会長は私にはよくわからない部分があるものの、少なくとも他人の権利を認めない面があるのは芽亜里とのやり取りで描写されています。このあたりをもう少しきちんと見たいですね。
{/netabare}

全体の構成が良くて個人的にはかなり楽しめました。
色々気になる部分が多かったので2期希望というところです。(2017.9.28)

投稿 : 2018/12/06
閲覧 : 167
サンキュー:

25

ネタバレ

菊門ミルク大臣

★★★★☆ 3.9
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

顔芸+エロ

ギャンブルモノの悲しいところは
主役は勝負に勝つし負ける場合は意図的か救済があるからあまりはらはらしない。
それを顔芸とエロで頑張ってる感じがしました。
正直舞台が学校って無理がありますよね。
学園モノでなけりゃまだ観れるけどそうなるとやさぐれ感半端ないから厳しいのかな

巨額の金を賭けてるけど親の金でこいつら何してんだろう
人身売買や身体の一部をどうこうしようってさすがに…

と無視しようにも賭け事においてはそこが肝みたいな部分があるのでちょっとそこが残念でした。

投稿 : 2018/12/01
閲覧 : 55
サンキュー:

4

ネタバレ

たわし(ガガ)

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

2017年の覇権はこれだ!!

一言で面白い。

いろいろアニメを見てきたが、斬新で過剰な演出だけでギャンブルを面白く見せるのは並大抵のことではない。OPからEDに至るまで遊び心満載でセンスよく見せてくれる。これは原作も読みたくなる。

きっと監督のセンスがいいんだろう。

福本系の緊張感と監獄学園のようなエロスと見切れが上手く重なり合っている。これは男女ともに支持がありそうな良い具合の大人向けエンターテイメントだ。ベタ褒めしたくなる。

素晴らしい。

追記:エロ描写が露骨なのが嫌だという人もいるみたいですが、逆に言うとその過剰さが本作の売りであり、過剰に過剰を上塗りすることでアニメでしかできない表現を出しているのではないだろうか?そもそもギャンブルに健全もクソもないので、「糞」とか「家畜」「豚」といった放送コードギリギリのスラング含めて面白いのだと思う。

投稿 : 2018/09/23
閲覧 : 217
サンキュー:

18

イムラ

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

マミューダ先輩が笑えるのはなぜかと言えば

<2018/9/1追記>
書き散らしたレビューの整理も兼ねて追記です。

以前は「監獄学園に似てる気がする」と書きましたが笑いの要素は無いのでそこが物足りない感じで。

私自身、それなりにギャンブルはやったことがあって、ギャンブル小説やギャンブル漫画にハマってたこともありました。
阿佐田哲也とか能條純一とか片山まさゆきとか西原理恵子とか。
(映画の「麻雀放浪記」は一見の価値ありの名作だと今でも思ってます)

そしてこの「賭ケグルイ」。
これはギャンブルではないですね。
レートと言うか賭けの対象がインフレ起こしててもはやファンタジー。

ギャンブルものの創作物はもっとギラギラ、ギリギリ、ヒリヒリしてる感じ。
ギャンブルの駆け引きとかがファンタジーになることはあっても、賭けてる金銭の額やモノがそうなることはないと思ってます。

なので別ジャンル。
そう思って見ると面白い作品だと思います。

<2017/9/25初投稿>
ギャンブルを主軸に置いた学園バトルもの・・・かな。

夢子さんいかれてますね。
他の皆さんもかなり。

ただ、観ててギャンブルものという感じが不思議としなかったんですよね。
なんとなく監獄学園に似た匂いがします。
ここがこう具体的に似てます!というわけではなく。
匂い。
臭いか?

レビューのタイトルは、声があの人だったのでそれだけで笑かされました。
という意味です。

投稿 : 2018/09/01
閲覧 : 177
サンキュー:

32

次の30件を表示

賭ケグルイのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
賭ケグルイのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

賭ケグルイのストーリー・あらすじ

舞台は、日本政財界有力者の子女が集う名門・私立百花王学園。この学園でもっとも重要な能力は、勉強や運動ではなく「駆け引き」「読心術」「勝負強さ」――つまりギャンブルの強さが全てを決める。学園はギャンブルによる階級制度(ヒエラルキー)で支配され、その頂点には絶対的権力を誇る「生徒会」が君臨。賭けるモノは「大金」「カラダ」そして「人生」。そして、本作の主人公となる謎多き転校生・蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)の登場により学園の階級制度に異変が起きていく。(TVアニメ動画『賭ケグルイ』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2017年夏アニメ
制作会社
MAPPA
主題歌
≪OP≫Tia『Deal with the devil』≪ED≫D-selections『LAYon-theLINE』

声優・キャラクター

早見沙織、田中美海、徳武竜也、若井友希、奈波果林、伊瀬茉莉也、芹澤優、杉田智和、鵜殿麻由、福原綾香、沢城みゆき

スタッフ

原作:河本ほむら/尚村透(月刊『ガンガンJOKER』連載)、 監督:林祐一郎、シリーズ構成:小林靖子、キャラクターデザイン:秋田学、音楽:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND

このアニメの類似作品

この頃(2017年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ