「宝石商リチャード氏の謎鑑定(TVアニメ動画)」

総合得点
66.2
感想・評価
157
棚に入れた
555
ランキング
2649
★★★★☆ 3.2 (157)
物語
3.1
作画
3.3
声優
3.4
音楽
3.3
キャラ
3.1

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

宝石商リチャード氏の謎鑑定の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

宝石鑑定士のリチャードが、いろいろな事件にかくれてる、人の思いを見つけてくおはなしみたい。。

公式のINTRODUCTION
{netabare}
正義感の強い大学生・中田正義はある夜、酔っ払いに絡まれていた美貌の外国人・リチャードを助ける。彼が宝石商であることを知り、祖母が死ぬまで隠し持っていたいわくつきの指輪の鑑別を依頼した正義。リチャードの鑑別により明らかになったのは、彼女の過去、真実、そして想いだった。それをきっかけに、正義はリチャードが店主を務める銀座の宝石店「ジュエリー・エトランジェ」でアルバイトとして働くことになる。 エトランジェに日々持ち込まれる様々な"謎"を紐解く中で、少しずつ変化していくリチャードと正義の関係性。 しかし2人には、それぞれ誰にも明かすことのない秘密があった―。~美しき宝石商と正義感溢れる大学生が紡ぐジュエル・ミステリー、開幕~
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:辻村七子『宝石商リチャード氏の謎鑑定』(集英社オレンジ文庫)
監督:岩崎太郎
構成/脚本:國澤真理子
キャラクター原案:雪広うたこ
キャラクターデザイン/総作画監督:近藤奈都子
リチャード監修:川添政和
美術:一色美緒
色彩設計:歌川律子
CGプロデューサー:神林憲和
宝石監修:工藤直一(日本宝石特許鑑定協会)
撮影:塩川智幸
編集:今井大介
音響監督:本山哲
音楽:戸田信子
アニメーション制作:朱夏
{/netabare}
キャスト{netabare}
リチャード・ラナシンハ・ドヴルピアン:櫻井孝宏
中田正義:内田雄馬
谷本晶子:花澤香菜
下村晴良:井口祐一
{/netabare}


1話ずつの感想


第1話:ピンク・サファイアの正義
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
笠場大学に通う大学二年生の中田正義(なかたせいぎ)は、ある日、酔っ払いに絡まれた外国人を助ける。
ウェーブのかかった金色の髪、青い瞳、透き通った肌。淀みのない日本語を話すその人は、国内外に顧客をもつ敏腕宝石商・リチャードだった。
「正義の味方さん」とリチャードに感謝された正義は、亡き祖母の形見、ピンク・サファイアの指輪の鑑別をリチャードに依頼する。やがてリチャードによって、指輪に秘められた謎が明らかになる……。
{/netabare}
感想
{netabare}
酔っ払いにからまれてたのを助けて知り合った、宝石商のリチャードさんに
おばあさんが「悪いことはするもんじゃない」って言ってかくしてた指輪を
気になった正義クンが鑑定をたのんだの。。

その指輪は、正義クンの元スリのおばあさんが盗んだもので
次の日、盗まれた人が、電車に飛びこんだけど助かったって知って
おばあさんは返そうと思って家に帰るとちゅう
別の事件でつかまって、返せなくってずっと悩んでたみたい。。

それで正義クンはリチャードに、盗まれた人をさがしてくれってたのんだら
その人はリチャードの知り合いで、会って話すことができたの。。

その人は、親の借金の代わりに
好きじゃない人と結婚させられそうになってて悩んでたから
指輪が盗まれて、イヤな結婚しなくていい、って言われたみたいな気がして
スッキリして、死ぬことにしたみたい。。

でも、助かって、入院してたときに、お医者さんと知り合って
その人と結婚して幸せだったみたい

「指輪は返さなくっていい」って
「おばあさんをうらんだことはない、あの時代、2人とも弱者だった。。」
それで、おばあさんに伝言を。。って
「ありがとう。。肩の荷を下ろしてゆっくりお休みください」って言われたの


それから正義クンは、リチャードが新しくはじめる宝石屋さんで
アルバイトをすることになって、オシマイ。。



おばあさんがスリをしてたのは悪いことだけど
良いことだけしてたら生き残れなかった時代だった
ってゆうおはなしだったのかも?

おばあさんがスリをしてたのは
ほかに女一人で子どもを育てられなかったから
って言ってたところは、ちょっと泣きそうになっちゃった。。

おばあさんはきっと、人を殺すような悪いことしたって思って
ずっと苦しんできたと思うけど、ほんとは人を助けてた、ってゆうのを
もっと早く教えてあげれたらよかったのに、って☆彡

でも、それが人の物をぬすんだ、本当の罰だったのかも。。


ちょっといそぎすぎな気もするけど
1話目から最終回みたいな、いいおはなしだった☆

作画もふつうによかったし、リチャードがイケメンってゆうかきれいな人で
櫻井さんの声もよかった♪


1話完結のおはなしみたいだけど、来週も楽しみ☆
{/netabare}
{/netabare}
第2話:ルビーの真実
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
”ジュエリー・エトランジェ”でアルバイトをすることになった正義はリチャードから「あらゆるものに偏見を持たず差別的発言をしない」と言われるが、その意図をわからずにいた。
そんなある日、ルビーの鑑別に訪れた明石真美が「石がヒートしているかどうかを調べて欲しい」と奇妙な依頼をする。
真美の思い詰めた表情が祖母と重なって、気になる正義。
そんな中、真美の婚約者・穂村貴志が思い詰めた様子で店にやって来て……。
{/netabare}
感想
{netabare}
リチャードのところに
ルビーがヒートしてあるかどうか、調べてもらいに来た女の人のおはなし。。

そのあと、その人(真美)の婚約者だってゆう人が
リチャードのことを、真美の浮気相手だって思って来て
話を聞くと、真美には好きな人がいるのか、結婚をいやがってるみたい。。

その話をしてる時に真美がお店に来て、話しあいになったんだけど
カレとは結婚できない、って帰って行ったの

それで、正義クンが追いかけて話を聞くと
実は真美には、7年いっしょに暮らした、好きだった女の人がいて
それでその人との砂漠で家庭菜園するみたいな恋がいやになって
ふつうの人と結婚しようって思ったみたい。。

でも、カレとの話が進んで来たら、体の調子がおかしくなってきて
それで、カレからもらったルビーが非加熱だったら結婚しない
って、決めてたみたいだったけど、そのルビーはやっぱり非加熱だった。。
ってゆうおはなし。。


あと、学校で、正義クンが鉱物図鑑を見てたら
クラスメートの晶子から話しかけられて
晶子が高校のとき鉱物岩石同好会の会長だったんだって^^



けっきょく真美さんは、実は百合ラブの人だった。。ってゆうおはなしで
アニメだったらふつうのことで、きらら系だったら萌えパートだと思うけど
リアルって、そうゆうこと気にしなくっちゃいけなくて
めんどくさいよね、ってゆうおはなしだったみたい(違う?)^^

でも、オタクの人でも
百合は好きだけどBLはダメ、ってゆう人が多いみたいだから
人のことを差別しない、ってムズカシイみたい。。


あと、正義クンはカレに、真美はルビーの鑑別に来たって教えてたけど
それって、リチャードさんが教えてあげることなんじゃないかな?

前に、にゃんママの会社で、同僚の女の人に電話がかかってきて
別の人が電話取ったら「友人だけど、携帯をなくして困ってるから
カノジョの電話番号を教えてほしい」って言われて教えてあげたら
実はカレはストーカーみたいな人だった、ってゆうことがあったんだって。。

だから、よく知らない人から、自分以外の人の情報を聞かれたら
その人の連絡先を聞いて、折り返し連絡させますってゆう方がいいみたい。。

困ってる人を助けてあげたい、って思う正義の味方が
知らないうちに悪の味方になっちゃうかもだから
正義クンみたいな人は気をつけて☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第3話:キャッツアイの慧眼
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
エトランジェに小さなお客様がやって来る。小学二年生の八坂はじめだ。
「これと同じ宝石が欲しい」とはじめが取り出したのはキャッツアイのルース。正義は驚き、はじめから事情を聞き出そうとするが、自分を子ども扱いする正義に頑として口を割らないはじめ。
一方、自分を一人の客として扱ってくれるリチャードに、はじめは少しずつ心を開いていく……。
{/netabare}
感想
{netabare}
知らない子ども(はじめ)が1人で、リチャード(リック)のお店に来て
お父さんからもらったお守りのキャッツアイとおんなじ石がほしいって。。

それで話を聞いたら、お母さんが妊娠して
お父さんが、お守り代わりのミルクってゆう白いネコを
どこかにやっちゃったみたい

実は、はじめクンのお父さんは、リックからその石を買ってて
それで気がついたリックが連絡して、しばらくしてお父さんが来たの。。

それで、お父さんは、ミルクの寄生虫の心配をして
知り合いにあずけた、って分かったの。。



今回のおはなしはビミョーだったみたい。。

はじめクンもほとんど笑わなかったし。。

謎もネコを飼ったことがある人だったら、すぐ分かりそう。。

親子の関係も、にゃんママのほうが、もっとキツいことがいろいろあるし
たぶん、ふつうの人だったら、誰でも、それくらいあるんじゃないかな?


それより気になったのは、正義クンかな。。

この前も、お値段聞いてびっくりしてたけど
今回もキャッツアイのお値段を聞いて、ビックリしたり
リックが宝石を見ただけで、お客さんの名前を思い出したのにビックリしたり
おばかなにゃんが、思わず「えーっ!?」って言っちゃうくらい、おばか^^


街で、ショールームとか開いてるお店だって、宝石は高いのに
リックみたく、お客さんが来てから石を見せるようなお店だったら
そんな、どこでも買える、安い宝石なんか売ってないと思うし
宝石商でバイトしてるんだから、値段くらいリサーチしてるハズ。。

それに、お客さんの名前と、買った宝石をぜんぶおぼえてるってゆうのも
そんなに高い宝石が、あめ玉みたく1日何個も売れるわけないし
お店に看板も出てないから、来る人はほとんどリピーターか
紹介されてくる人ばっかりだと思う。。

にゃんだって、さいごまで見たアニメは
タイトル聞いただけで、どんなおはなしかだいたい思いだせるんだから
それで商売してる人だったら
お客さんの名前くらいおぼえてて当たり前じゃない^^


あと、晶子がジワジワ正義クンに近づいてきてるところがおもしろいよね^^
{/netabare}
{/netabare}
第4話:戦うガーネット
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
婚約指輪の下見に来店した山本が探していたのはガーネット。
定番のダイヤモンドではなくガーネットを選ぶ山本に、正義は好感を持つ。
しかし、再び来店した山本は「美人は得だ」とリチャードに挑発するようなことを言うのだった。
そんな山本の心の奥底にしまい込んだ想いを、リチャードが優しく解きほぐしていく……。
{/netabare}
感想
{netabare}
結婚指輪にって言って、ガーネットを買おうとした女の人のおはなし。。

推理は彼女のことを当てたくらいで
あとは彼女の事情を聞いてあげて、宝石を買わないようにすすめただけ^^


それからやっぱりだけど
正義クンのよく考えないで言っちゃうクセを注意された^^


ダイヤモンドが結婚指輪になったのは
ダイヤモンドの会社の宣伝のせい、ってゆうのは知ってた。。
ほかにクリスマスとか、バレンタインデーとかもそうみたい^^

そうゆうおはなしを入れておいて、さいごにしっかり
資生堂パーラー本店『こだわりの“苺”フェア』の宣伝もしてたみたいw

ググったら
奈良県生駒郡阪野農園産“古都華”のロイヤルストロベリーパフェが¥5,000
だって^^

きっと、イチゴだけでもおいしよね^^
にゃんにもおごってほしいな☆彡


あと、正義クンが晶子から、露頭を見に行こうってさそわれたけど
それってデートかな^^
{/netabare}
{/netabare}
第5話:巡りあうオパール
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ある日、正義は空手教室の憧れの先輩・羽瀬啓吾と偶然、再会する。
再会を喜ぶ正義は宝石店を探している羽瀬にエトランジェを紹介する。
一方、先輩の力になりたいと先走る正義にどこか心配な様子のリチャード。
そんな中、羽瀬がファイアオパールを買い取って欲しいとエトランジェを訪れる。
そこで羽瀬は、正義の祖母の話をまるで自分のことのように話すのだった……。
{/netabare}
感想
{netabare}
正義クンが、空手教室のときのあこがれの先輩と久しぶりに会って
宝石の話になったときエトランジェを紹介したら、さっそく来てくれたけど
たまたまお茶を入れてたから、リックとの話しを立ち聞きしてたら
先輩の話しがウソばっかりだったから、会わずに帰しちゃったの。。

そのうち、この前先輩が来たときに、買取の相談をしていったオパールの
本当の持ち主の姪だってゆう人が来て
アレは先輩がおばさんから盗んだものだって。。

それから、どこまで本当かよく分からない先輩の話があったんだけど
さいごに正義クンと別れるとき
「お前におごってやってるときだけ、昔にもどれた」って言ってたから
ぜんぶウソだったのかな?



かなしいおはなしだったけど
この前「甲子園優勝校の主将が強盗で逮捕」
ってゆう事件があったばっかりだから、よくあるおはなしなのかも。。

その犯人の人は、高校のときみんなから信頼されてたみたい。。

でも大学で先輩のおサイフをぬすんでるのを見つかって
その事件は大ごとにならなかったけど、退学して
悪いほうに行っちゃったみたい。。

ほかにも有名なアスリートで事件をおこした人はいっぱいいるし
にゃんも中学のとき、陸上部で人気者だった人からイジメられてたから
べつに、スポーツマンだって、人気者だって、ふつうの人だって思ってる

にゃんは、イジメられてたから、よく知ってるけど
そうゆう時って、みんな見て見ないフリしてたから
みんなそんなに変わらないんじゃないかな?って

にゃんだってほかの人がイジメられてるの知ってても
何にもしなかったんだから、そんなに変わらないって思う。。

いつもは悪いことを見ないフリしてて
その悪いことが自分のところに来たときだけ
犯人をにくんだり、責めるのはちがうかな。。って。。

だからって、犯人になった人をかばうのも、ちがうかな。。って

この世界って、いろんな事件がおきるけど
ほとんどは、ふつうの人とふつうの人がぶつかってるだけだと思う。。

にゃんは、何か事件があったら、悲しいなぁって思って
自分は、そうゆうことしないようにしよう、って思うだけ。。


今回の正義クンも、そんな気もちだったのかも。。
{/netabare}
{/netabare}
第6話:危ういトルコ石
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
大学の友人・下村から同じサークルの置田あゆみを紹介される正義。
あゆみは行方不明になった彼氏の手がかりを探していた。
エトランジェを訪れたあゆみは、手がかりであるトルコ石のイヤリングを見せる。
このイヤリングをプレゼントされた直後に彼氏が行方不明になったため、イヤリングを売った店を探したいというのだ。
しかし、そのイヤリングを見たリチャードがいつもとは違う様子を見せる。
リチャードの心の内が気になる正義だった。
{/netabare}
感想
{netabare}
トルコ石のイヤリングをもらったカレが行方不明になったから。。
ってゆう依頼があって、リックが調べたら
カレはデート商法をやってて
カノジョがもらったイヤリングの石もニセモノ。。

そこからリックの、デート商法退治のおはなしになったけど
さいごに、リックはむかし、宝石詐欺をしていた
ってゆうおはなしがあって終わり。。



デート商法のおはなしは、たしかちょっと前に
「歌舞伎町シャーロック」でもあったけど
詐欺みたいの多いよね。。

にゃんの家電にかかってくる、知らない電話とかのほとんどはサギだし
たまに、どうしても用事があって街を1人で歩いてると
ダマされやすそうに見えるのかな?よく、知らない人に声かけられるし
話すと断りにくいから、無視して通りすぎるようにしてるけどコワい。。


それで、おはなしの感想だけど
リックがあやしい占い師みたいになって
詐欺グループのところに乗り込んでくところはおかしかったw

でも、あんなことしても詐欺グループの人は
バレないようにしょっちゅう場所を変えたり
ほかの詐欺をしたりしてると思うから、たぶん無くならないって思う。。


リックは、何となくあやしい人っぽかったから(スパイとかしてそうw)
宝石をだまして売ってた、って聞いても
そうなんだ。。くらいにしか思わなかったけど
来週は、そのころのおはなしになるのかな?


あと、正義クンがリックにタメ口で
「おまえ」とか言ってるのがなんだか気になった。。
{/netabare}
{/netabare}
第7話:受けつぐ翡翠
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
通称:吾妻コレクションと呼ばれる宝の数々がオークションにかけられることになった。
その中の「仏手柑」と呼ばれる宝石を、伊藤しょうびん堂の店主・伊藤からの依頼でリチャードと正義は入札に参加することに。
オークション前の下見会で、正義はリチャードの知り合いであるというシンという謎の男と出会う。
同じ「仏手柑」を狙っているようだが、オークションの結果は果たして……。
{/netabare}
感想
{netabare}
ある人の代わりに、落札推定価格3千万円の仏手柑ってゆう宝石を
4500万円で落札するおはなしだったけど
大事な宝石が、海外に行っちゃうのを止めたいって思う日本の人たちのために
リチャードも500万円貸してあげたみたい。。

でも、今回のおはなしは
リックの正体のおはなしで、どこかの国の遺産争いに巻き込まれてる
貴族の家の子、ってゆう感じなのかな?

この前の感想で、リックは詐欺だった、とかって書いたけど
そう言った人は、リックのことをうらんでただけみたい。。


それより、急に2人の関係があやしくなってきたみたい^^

今回は晶子も出てこなかったし、それっぽい会話がいっぱい出てきたけど
リックはきれいだし、やさしいし、Good for you.かな^^
{/netabare}
{/netabare}
第8話:天使のアクアマリン
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
大学の同級生の谷本晶子がお見合いをすることになったと知り、意気消沈する正義。
正義は石好きの晶子に仄かな想いを抱いていた。
手に残ったのはプレゼントするつもりでリチャードから買った涙型のアクアマリンのルースだけ。
晶子に何も言えずに気落ちしてエトランジェに戻る正義だが、リチャードは後悔しないようにと優しく背中を押す。
しかしその背景には正義の知らないリチャードの過去があるようなのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
晶子がお見合いすることになって
話しを聞いたら、好きってゆうことが分からないけど
結婚したら、ほかの人からさそわれても悩まなくってもすむから
ってゆう動機みたい。。

はじめはそうゆう結婚もアリかもって思って
晶子を応援しようって思った正義クンだったけど、リックの話を聞いて
しなくって後悔するより、して後悔することを選んだ正義クンは
晶子のために買ったアクアマリンを贈って、結婚を考え直させた。。
ってゆうおはなし。。



リックは顔がきれいな呪いにかかってて
大金持ちの呪いにもかかってるみたい^^

それでコクった人に
お金に目がくらむと悪いから、ってフラれちゃったとか。。

宝くじに当たった人とか、スポーツ選手とか
急に入ってきたお金って、そのあと破産したりする人が多いって聞くし
遺産はどこかに寄付して、自分は自分でお金もうけしたらいいかも。。

呪われてるくらい顔がきれいだったら
モデルとか、役者さんとかでも、お金はかせげそうだし
お金は大事だと思うけど、呪いじゃないんじゃないかな?

でも、もっと大事なもののために捨てれないんだったら
たぶん、捨てれない呪いにかかってるのかも^^


晶子のことは分からないけど
きゅうに結婚のおはなしとか出てきて、ちょっとビックリ^^

でも、晶子のことより、相手の人がデート中なのに
正義クンを見かけるたび、晶子と2人だけにしてどこかに行っちゃうし
そんなに晶子のこと、好きって思ってなさそうだよね^^

実はほかに、もっと気になる人がいたりするのかも。。
{/netabare}
{/netabare}
第9話:アレキサンドライトの秘めごと
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
リチャードが姿を消してから1ヵ月が経ち、季節は秋になっていた。
エトランジェに現れたリチャードの師匠・シャウルに行方を聞くも、逆にリチャードに会ってどうしたいのかと問われる正義。しかし、自分と向き合いリチャードと会ってどうするかのか決心をした正義は、単身ロンドンへ向かうことに。その途上、リチャードの親戚と名乗るジェフリーという男に出会うが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで

リチャードの親戚のジェフリーから聞いた話はゴチャゴチャしてたけど
かくし遺産の400億円のダイヤがあって、それを手に入れるためには
リックが伝統的なイギリス人と結婚しなくっちゃならなくって
それでリックは恋人と別れた、ってゆうことみたい。。

自分だけなら相続放棄とかNGの相手と結婚すればいいんだけど
そうしたら財産はどこかに寄付されちゃうって。。

それでジェフは、正義クンにリックを説得してほしいみたい
いっしょにリックをさがしてくれてる。。ってゆうおはなし^^



パズルみたいな遺産相続の条件で
おはなしを作りすぎてて、ちょっとめんどくさい感じ。。

けっきょく自分を優先するか、一族の方を大事にするか選べってゆうことで
恋人と別れたときにリックは、一族の方を選んだんじゃないのかな?

やっぱりめんどくさいだけのおはなしみたい^^
{/netabare}
{/netabare}
第10話:導きのラピスラズリ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
リチャードの残したヒントをもとに、大英博物館のラピスラズリの展示へ向かう正義。そこには女性に変装したリチャードがいた。周囲を警戒し、その場から逃げる正義とリチャード。
正義を日本に帰そうとするリチャードだが、正義はリチャードと話すまで帰らないと主張し、すれ違う二人。
リチャードの秘密にしていた過去が明かされるとき、二人の取る決断とは――。
{/netabare}
感想
{netabare}
リックが正義クンをつれ出して、帰るようにすすめたけど熱を出してたおれて
ホテルで看病してたら、ジェフがヘンリーをつれて追いかけてきたの。。

話しを聞いたら、正義クンには同性パートナーの資格があるから
って、ジェフは2人の関係をカン違いして言ったの^^

それで遺言のダイヤの入った金庫を開けてもらえることになって
正義クンはそれを受けとったとたん、リックが止めるのも聞かずに
壁に投げつけたの。。

でもリックが見たら、それはホワイトサファイアで
いっしょに出てきた手紙を見たら、それはひいおじいさんが
家系にこだわる一族の人たちをだまそうとしてダイヤの代わりに買ったもので
差額はおじいさんに仕送りしてたみたい^^


さいごはリックの遺言のサファイアと、正義クンの指輪を交換して
これからの交際を約束してお別れ。。

Cパートで、もどってきたリックと正義クンが出会ったところでオシマイ^^



リックが同性の恋人を持ったことはない、って言ってたのと
正義クンも晶子のことが好き、ってゆうのを考えたら
BLとかじゃないけど、リックが女装したり、婚約者扱いされたり
宝石の交換したり、っていろいろBLっぽいおはなしだった^^

そうゆうところはおもしろかったけど
やっぱりおはなしはちょっと作りすぎかな。。
リックはゆうほど女装に見えなかったし^^

あと宝石の交換も、いいおはなしみたく見えるけど
ニセモノのダイヤと盗んだ指輪の交換だって思ったらビミョーかも^^
{/netabare}
{/netabare}
第11話:祝福のペリドット
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
正義とリチャードに日常が帰ってきたある冬の日。
正義は智恵子という年配の女性の荷物運びを手伝う。お礼に自宅でプリンを振舞ってもらうことになるが、女性の家にはイギリスの写真とレ・ミゼラブルの本が飾ってあった。正義はリチャードから聞いていたガヴァネスの先生を思い智恵子に尋ねるが、智恵子の表情は暗くて…。
{/netabare}
感想
{netabare}
ある日、正義クンが女の人(智恵子)を助けてあげて
その人がリックの元家庭教師だった、ってゆうのが分かったの

でも智恵子さんは、このことは秘密にして、って。。

だけど正義クンは、ついリチャードに言っちゃって
それから智恵子さんがリックの家庭教師をやめたワケとかの話になって
智恵子さんはリックを置いて行ったことを、ずっと後悔してた
ってゆうのが分かって、リックが智恵子さんを抱きしめて終わり。。



「レ・ミゼラブル」はにゃんも小学校のとき、子ども用の本を読んで
どうしてこんなひどい目にあわなくっちゃいけないの?
って泣いた覚えがあるけど、こうゆう本って好きじゃない。。

にゃんもイジメられて、毎日死にたいって思ってたから
そんな誰かがひどい目にあうおはなしは、あんまり読みたくないな。。って


それで今回のおはなしは
ぐうぜんリックの元家庭教師に会った、とか
たまたまいろんなことがあった、ってゆうのが分かった、とか
やっぱり作りすぎかも。。


それだけじゃなくって
そのおはなしを「レ・ミゼラブル」のおはなしまでからめて
20分くらいにまとめちゃったんだから、ほとんど総集編で
口で説明しちゃっただけみたい。。

リックがどうして日本に来たかとか、大事なおはなしだから
2~3話使ってゆっくりやってもらえたら
もっと気もちが伝わってきたかも☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第12話:転生のタンザナイト
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
正義の父親・染野閑が正義の前に現れた。染野はひろみと正義が小学生のときに離婚していたのだが、成長した正義に近づいてきたのだった。
その場では追い払うものの、正義の行く先々で染野が現れるようになる。リチャードや周囲に迷惑をかけたくない正義は、リチャードに理由を隠してエトランジェを辞めると伝えてしまい……。
{/netabare}
感想
{netabare}
正義クンの本当のお父さんがあらわれて
しつこくつきまとってくるおはなしだったけど
悪い人でお母さんと別れたみたい。。



何だか「星合の空」を思い出すようなおはなしだったけど
どうして正義クンがリックに相談しないか、ぜんぜん分からなかった。。

「星合の空」とちがって、正義クンはもう高校生じゃないし
リックの家族のことには割りこんでおいて
自分の家族のことはヒミツにするっておかしいって思う

大家さんのところにもくるくらいの人なんだから
リックとか、晶子のところにもくるかもだし
メイワクをかけたくないってゆうんだったら
ぎゃくに、親しい人には話しておいた方がいいのにって☆彡


前に何かで調べたけど
日本の殺人事件で親族が犯人ってゆうのは半分くらいだから
正義クンがお父さんのこと殺してたって、おかしくないって思う。。

そうなる前に誰かに相談した方がいいけど
そうゆう人って、それができないから殺しちゃうんだと思う

でも、正義クンにはほんとの家族みたいな人がいるんだから
相談しないっておかしいと思う。。
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。


主人公が、サブ主人公の宝石商を助けて知り合って
お店でバイトさせてもらうことになって、2人でお客さんの事情を推理して
アドバイスする、ってゆう感じの推理モノみたいだったけど、
ほんとに見せたかったのは、主人公2人の友情だったみたい。。


家族のドロドロみたいなおはなしが多くって
それも、ワザとめんどうなおはなしにしてるみたいだったし
主人公がイキってて、年上でお店のオーナーのサブ主人公を
「お前」とか呼んでて、何だか変^^;


いろいろいいおはなしもあったけど
スナオに共感できる感じじゃなかったから
おはなしはあんまり好きじゃなかった。。


ただ、サブ主人公役の櫻井さんがよかった☆

投稿 : 2021/09/14
閲覧 : 484
サンキュー:

33

ネタバレ

Bハウス さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

真の相棒になる物語

ジャンルで言うとバディーものになるのかなと

途中まではリチャードが杉下右京、
正義を亀山薫にダブらせていた

宝石をテーマに来訪者の過去や思い出を聞きだし
リチャードが解決に導く流れが続くので

初回のインパクトより落ちる分飽きは来てしまう
推し武道をリアタイ視聴するためだけに観ていたのも否めないw

転換点となる谷元さんの話
どっかと言うと宝石を語れる仲間としての接し方していたのに
急に正義の事を意識した突飛さはあった

で後半からはリチャードを追って正義がイギリスまで押し掛ける
色々と複雑な過去があるのはOPから意識させているけど

本家・分家の差別と言うのも取り立ててないし
今一つリチャードの性格を形成したエピソードが
弱かったかなと

ラストは正義の別れた実父が現れて
色々とせびっていくシーンは
いきなり昼メロかよとは思ったけれど

義理のお父さんが一喝して正義と親子になれたのは
カタルシスを感じるラストだった

バディーとしてもイギリスでの逢瀬wが
リチャードの正義に対する信頼度も出ていたと思うし

全体的には綺麗に仕上げていると思う

投稿 : 2021/04/28
閲覧 : 223
サンキュー:

1

ネタバレ

シン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

原作の良さを引き出しきれてない?

美貌の宝石商と正義感の強い大学生が織りなす宝石にまつわる人間模様。

1クールの半分超はエトランジュに訪れる依頼人にまつわる悩みをリチャードの冴えた頭脳で解決するお話。9話からはリチャードの過去、最終話は正義の過去が描かれる構成。
ほんのりとBL臭がするものの、宝石にまつわる話は勉強になり、女性の生き方、文化や容姿の問題などなど考えさせられることもあり、満足度は高め。
ただ、正義の言動が突飛だったり配慮に欠けていたり、谷本さんとの関係も消化不良だなと思ったらだいぶ原作を省略している様子。原作は本屋さんでも目立つところに置いてある程売れているのになんだか勿体ない。
何より最終話の感動ポイント中田さんの登場が最終回で唐突だったので、その前に正義との複雑な関係を描いていれたらもっと感動できただろうに…


声優さんはとにかく櫻井さんが本当にぴったりで。気品さを感じる声です。谷本さんの花澤さんも可愛かった。それだけに最後の方あまり出なかったのが勿体ない…

作画はとにかく宝石がめちゃくちゃ綺麗、画面から浮き出てくるかのようだった。その分他の場面との差を感じてしまったかな。


アニメ化するにあたって原作の良さをより引き出すのが基本だと思うのですが、上手く話の構成を組み立てられなかった印象です。勿体ないー!

投稿 : 2021/04/11
閲覧 : 245
サンキュー:

4

ネタバレ

KAZUROCK さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

宝石を通して見るやや推理交じりの人間模様。

原作未読。

■初回印象

何か物を通してゲストキャラの人生を語るような作品は
これまでにも沢山あり、古い物から新しいものまで幾つも思いつく。
飲物(お酒)だったり食べ物だったり骨董品だったりあれこれと。
その点では良くあるパターンの作品だろう。

ただ題材が宝石という事もありそれをどう切り取って
ドラマに仕上げるかは多少なりとも興味が沸いた。
今まで宝石に特化したモノはなかったような。

この手のドラマは得てして雰囲気がしっとり目で情緒に富んだものが
多いように記憶しているが、この作品もその点ではややあっさりした
大人の女性向けの作風でしっとりさわやかな印象だろうか。
ある程度そんな雰囲気が出ていて感じは良かったと思う。

初回を観る限り内容は会話と回想がメインでどちらかと言えば地味。
メリハリやインパクトには欠けるが持ち込まれた宝石と依頼内容から
その裏にある人生模様を探るドラマ構成なので見応えはそこそこあり。
一話完結なので内容はそれ程濃くないが、纏まりは良かった。
そのぶん1クール通した結末にはあまり拘らなくてもいいかも知れない。
どちらかと言うとドラマ向き。そのうちなってもおかしくないかもね。

期待度★★★

投稿 : 2021/03/04
閲覧 : 245
サンキュー:

4

ネタバレ

tinzei さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

こういうキャラが一番嫌い

貴重な石を巡る人間模様。

前に『京都寺町三条のホームズ』っていう作品観たけど、骨董品と石の違いはあれど、その物に関わる人間模様を描くっていう点はよく似ている。


元々こういう作品は実写でも本でも嫌いだから「つまらない」って評価しかないけど、何より主人公の厚かましい正義感にイライラした。いい例が5話だけど、結局正義感が空回りしたのはこの話だけで他は「主人公の正義感で救われました」みたいなご都合主義な顛末ばかりだから余計つまらない。
同じ人間模様でも『ホームズ』の時は推理要素があったからまだ紛れたけど、この作品に関しては上で言ったようなご都合主義の正義感ばかりだから好きになれる要素が一つもなかった。


自分用
1→主人公の祖母の盗品の指輪を返しに行く
2→ルビーがヒートされたものかどうか元レズビアンが結婚の悩み
3→キャッツアイを買いに来た子供、いなくなった猫は預けられているだけ
4→ガーネットを買いに来た女性、彼氏に振られヤケクソで買いに来ていた
5→昔の先輩と会うが、お金欲しさに他人の宝石を売ろうとする
6→主人公の同級生が宝石詐欺に遭い、リチャードと殴り込み
7→代理でオークションの宝石を狙う、出品者の親戚が依頼主
8→想い人がお見合い。相手は2話の相手。解決するがリチャードが消える
9→リチャードを追ってイギリスへ。従兄と会い家の事情を聞く
10→従兄から逃げリチャードと会う。遺産はダイヤではなく石
11→リチャードと日本人家庭教師。真実を知りお互い会う
12→正義と暴力実父、今の父親が現れ正義を助ける

投稿 : 2021/01/24
閲覧 : 406
サンキュー:

1

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

宝石の描写と声優さんの演技は素晴らしいです。終始正義の空気読めてない感が痛かったのが残念です。リチャードと正義の関係も雇い主とバイトというには距離か近いし相手の事情に踏み込みすぎな気もしました。でもBLでは無い。謎鑑定といったタイトルなのにミステリーでも無い。ジャンルが不明な作品です。

投稿 : 2021/01/09
閲覧 : 97
ネタバレ

暴走インコ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

嫌いでないけど途中BL感が…。

1話完結系のお店に来たお客と宝石の意味などが知れるアニメ。

1〜12話簡単メモ。
{netabare}1話 大学生の中田正義と酔っ払いに絡まれてたリチャードを助け、宝石商のリチャードに{netabare}亡き祖母の形見ピンクサファイアの指輪鑑別を依頼。しかし… {netabare}それは亡き祖母がスリをした盗品で正義は持ち主に返そうとする。{/netabare}{/netabare}
2話 リチャードのお店エトランジェでバイトを始める。
ルビーの石ヒートしてるかの鑑別と真美と婚約者貴志の話。
3話 キャッツアイを求めて小学生のはじめと猫、父親との話。
4話 婚約指輪にガーネットを選ぶ山本の話。
5話 空手教室の憧れの先輩と再会とオパールの話。
6話 トルコ石のイヤリングをプレゼントされた、あゆみは売ってた店を探して貰いたいと依頼の話。
7話 遺産相続で吾妻コレクションと呼ばれる宝の数々がオークションされる事になり、『仏手柑』と呼ばれる翡翠の話。
8話 谷本さんのお見合いとアクアマリンの話。
9話 リチャードは突然、正義の前から姿を消し{netabare}イギリスに行くが… {netabare}リチャードの遺産問題の事を知り、正義もイギリスに行く{/netabare}{/netabare}話。
10話 ラピスラズリと{netabare}遺産問題{/netabare}の真実の話。
11話 ペリドットとリチャードとの幼少期の日本語の智恵子先生の話。
12話 小学生の時にひろみと離婚した父親が正義の前に現れる。再婚した義理の父、中田さんとタンザナイトの話。{/netabare}

12話は必要だったのかなぁ?9と10話のイギリス編繋がりで11話が最終回で良かったのではと!?思いました。

2話のルビーは誕生石だったので興味深く真剣に見ちゃいました☆
ネットで誕生石について調べてみたら〇月と〇月〇日の誕生石があるみたい!
私は月ルビー、月日サンストーンでした。
※個人メモ、閲覧、有難うございました(*ฅ´ω`ฅ*)

投稿 : 2020/07/13
閲覧 : 259
サンキュー:

2

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

うん。

面白いのか、面白くないのか、どっちとも言えない。
ストーリーは良かったんだけど。
イギリスとか世界に飛び出す割に、偶然知り合う人が、結構な関係者っていう、都合のいい狭い世界。
足踏み昇降しながら見るのにはちょうど良かった。

投稿 : 2020/06/14
閲覧 : 191
ネタバレ

mamiko さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

宝石の知識と謎解き

宝石の知識が身につくアニメです。謎解きもあり人間の心理などもあるので、ちょっと大人向けかなと思いました。主人公のせいぎがまっすぐでそれでいてトラブルメーカー。
 リチャードの推理はわかりやすくて、彼の過去も次第にわかっていきます。正反対な二人だけれど、過ごしていくうちに互いを必要としていて素敵な物語でした。

投稿 : 2020/06/12
閲覧 : 172
サンキュー:

2

ネタバレ

U さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

B. ネタバレ注意 - ロイヤルミルクティー?

辻村七子のライトノベル
宝石にまつわる人間模様が描かれる


<主要登場人物>
・リチャード・ラナシンハ・ドヴルピアン : 櫻井孝宏
・中田 正義(せいぎ): 内田雄馬

・谷本晶子: 花澤香菜


<ストーリー>
ある夜、正義は酔っ払いに絡まれている美貌の外国人・リチャードを助けた。
リチャードが宝石商と知り後日リチャードの店「ジュエリー・エトランジェ」を訪ね祖母の形見の指輪の鑑定を依頼する。

このことがきっかけで正義は「エトランジェ」でアルバイトとして働くようになる。
アルバイトと言っても正義の仕事は掃除とリチャードが好きなスイーツの調達そしてロイヤルミルクティーを淹れること。

アルバイトの約款が「あらゆる人種、国籍、趣味、性的嗜好を差別しない」というのは
リチャード自身が美貌(生きた宝石のような美しさ)や家柄(伯爵家の跡取り)で偏見を受けてきたからだ。

正義が祖母の指輪を鑑定してもらい祖母が長年抱えていた後悔を軽くしてもらったように、
「エトランジェ」を訪ねてくる人々の宝石にまつわる悩みや謎をリチャードの知識と推理力、それと正義の名前の通りの正義感で解いていく。

客たちの謎解きだけでなく、それぞれの秘密にも踏み込んで解決していく2人はお互いが大切な存在になっていく?


<メモ>
謎鑑定というタイトルから推理物を想像していたらカウンセラーに近い話で「夏目友人帳」のようなほのぼのアニメなんだ~と思っていたら途中からBLになった?
2人の今後が気になるのでぜひ続編お願いします。

「ロイヤルミルクティー」は和製英語なので、イギリス生まれのリチャードが使うのは違和感有。
正義は学生のアルバイトとはいえジュエリーショップで働く時はジャケットは着用した方が良いかと。

私も資生堂パーラーのチーズケーキ大好きです。


20.4.6

投稿 : 2020/05/24
閲覧 : 213
サンキュー:

5

ネタバレ

天地人 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

もっとー私的アニメ感想簿80

おれ~がおれ~が正義だ~ジャスピオン♪
えっ?違うって。いや、だって宝石って鉱石が結晶したもんで・・・

そう言えばどっかで正義を守る風紀委員が
「ジャッジメントですわ」
とか言ってた気が(って、何の話だ)

本題に戻って、第1話は面白かったですね。
宝石をめぐる物語、ミステリー、礼儀しらずな主人公(ん?)
雇い主にお前呼ばわり(リチャードが良ければいいんですけど)
店に合わない私服姿(それもリチャードが納得してるなら)
店主とお客の話に勝手に入ってくる態度(ま、まあリチャードが・・・)

ええい、この主人公修正してやる~っ(by カミーユ)
最終回で持ち直しましたけど、途中で何度やめようかと思ったことか。
よ~やく最終回まで見終わりましたが、もやもやした感じが残る作品でしたね。
(でも、宝石言葉は良かったです。)

おまけ
「正義、久しぶりだね。天地人だよ(なっ・・・)」
「正義、どうして俺の事を睨むんだい?(反省してるのかっ)何を?」
正義
「あんたがしょ~もないネタを書いたからだよ」
「だってつまんない(死にさらせ~)ぎゃーっ」

おまけ2
「ウチの大事な作品にネタを書くのをやめてください。」
「あのね、宝石商リチャード氏の謎鑑定を見て感想書いてるのは僕なの」
「(アニメを)観たというならお聞きしたい。第6話に出てきた宝石は何ですか(はあ?)」
「タンザナイトの宝石言葉は?ゲスな方の親父の声優の名は?第1話の視聴率は?僕は全部知ってますよ。(だ、だから何だよ?)」
「血の繋がりはありませんがアイツは・・・宝石商リチャード氏の謎鑑定は俺の大事なアニメなんです!」

ううっ(涙)ファンの方、しょーもない感想を書いてゴメンナサイ。

投稿 : 2020/05/17
閲覧 : 187
サンキュー:

9

ネタバレ

がぁべら♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

美しく輝く宝石に宿る人の心の謎を鮮やかに解き明かすジュエル・ミステリー

笠場大学に通う大学2年生・ナカタセイギはある日、酔っ払いに絡まれた外国人を助ける。金色の髪、青い瞳、透き通った肌。淀みのない日本語を話すその人は、国内外に顧客を持つ敏腕宝石商・リチャードだったところから物語は始まる。
------------------------------------------------------------

絵は見やすいデス。
キャラは少ないデス。セイギは真っ直ぐで天然な感じ、リチャードはツンデレっぽい感じデス。
ストーリーは、ミステリーというより、人情味あふれるお話だったと思います。来店したお客様と宝石を通じ、宝石の由来であったり、お客様の悩みやトラブルを解決していく過程が何とも優しく愛にあふれてる感じがしました。ただ、全体的に話は淡々と進んで行くので、盛り上がりには欠けると思います。

投稿 : 2020/05/08
閲覧 : 159
サンキュー:

3

ネタバレ

ナンカ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

正義についていけなかった

最後まで正義についていけなかった。
正義の家庭環境の設定が正義のキャラに合っていない。
リチャードの美しさ(これはリチャードが一番嫌う事)だけで見ていた。
話も一見すると壮大そうだけど、そうもなかった。

投稿 : 2020/04/21
閲覧 : 181
サンキュー:

3

ネタバレ

街路灯 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

もっといろいろな物語を知りたい

主題歌がやなぎなぎであることがまず最大の美点。アニメとしても宝石の描写は素晴らしい。
ストーリーも、宝石にまつわるミステリアスな物語というのは、いくらでもネタがありそうで、12話で終わってしまうのは勿体ない。ドラマCDに手を出すか・・

一方主人公の正義は、文字通り正義漢なのだろうが、言動は必ずしも共感が得られるものではなく、あえてか演出なのかは知らないが、毎回イライラさせられるのが残念。恋人との関係も、告白した割にはその後邪険そのもので、なにかすべて中途半端で終わってしまっている。

あくまで主人公は宝石であり、人間は引き立て役に過ぎないというのなら納得。

投稿 : 2020/04/19
閲覧 : 149
サンキュー:

2

ネタバレ

saitama さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

脚本、言葉選びを間違えなければかなり面白かったはず…。惜しい。

武漢ウイルス騒ぎで自宅滞在時間が長過ぎるなか、dアニメでなんとなく視聴開始。

原作未読。

宝石について知識が広がるので、こうしたアニメを通じて、宝石について学べるのはとても良かった。

あと、ロイヤルミルクティーの作り方も学べるし。

作画はぼちぼち、キャラと声質も合っていると思うしキャラに個性は感じられる。音楽は平凡以下。日常アニメなので、なんとなく観続けることは出来たのだけど、一切物語には共感できなかった。

そもそも主人公のキャラが人として駄目過ぎる…。

というか、脚本が駄目過ぎる。まったく感情移入できない。これは演出の問題というより、完全に言葉選びだと思われる。何度も泣かせようとしているのはわかるのだけど、この脚本を書いた人は、浅田次郎あたりを、100回くらい読み込んだほうがいい。各キャラクターから口に出る言葉がどれひとつ深みや奥行きがない…。すべてが薄っぺらい感じ。

初回から、お涙頂戴ストーリーだけど、薄っぺらい言葉選びと脚本構成からまったくお涙頂戴とはならなかった。脚本が駄目過ぎるのが原因。その後の話数もすべて同じ。そして主人公のキャラと、その言葉遣い含め、すべて駄目。

多分、脚本と言葉選び、そして演出が違っていたら、ずっと評価は違ったと思う。

投稿 : 2020/04/16
閲覧 : 204
サンキュー:

2

ネタバレ

リタ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

謎鑑定?

謎鑑定というタイトルは謎だけど、初めの印象とは違って段々と人間味が出てくるリチャードのお話が楽しめた。
正義は少しデリカシーの無さが目立ちイライラもするけど、これも段々と味が出てきていい感じになっていくし話が進む度に深くなっていく様子がなかなか。

見た目的に、それにヒロインのサバサバした感じ等で腐らせたい寄りのアニメな印象も受けるけど、普通に最後まで嫌悪感なく楽しめた。サラッとした印象。

投稿 : 2020/04/09
閲覧 : 185
サンキュー:

2

ネタバレ

zn さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

リチャードの厳しいけど前向きな言葉に励まされる

Abemaのアニメランキングにあり、原作もアニメに関する情報も一切ないまま1話を視聴しました。
面白かったので、そのまま最後まで視聴。
観終わって、原作にも興味湧いてます。

ストーリーは、宝石商のリチャードとそこでアルバイトをする大学生の正義の2人を中心に進みます。
宝石を手にリチャードのもとへと鑑定に訪れるお客さまたちは、それぞれに宝石にまつわる物語や事情を持っています。それらを紐解き、解決に導くというミステリー作品。

基本1話完結で、毎回テーマとなる宝石が異なります。その度に宝石言葉や言い伝えなど宝石に関する知識を得ることができ、そういった点も楽しめます。宝石の作画も美しかったです。
また、お客様が来る度にロイヤルミルクティーと共に出される美味しそうなお菓子の数々も、毎週の視聴のちょっとした楽しみになってました。

そして、この物語の一貫したテーマとしては、「相手の立場に立ち、思いやる」ということの難しさと大切さを示しているように思いました。特に心に残っているのは、4話でリチャードが正義に言った言葉。

「たとえ褒め言葉であっても、評価する言葉は時に人を傷つける」

「綺麗ですね」などと、自分は誉めているつもりでも、相手によっては不快に感じる場合もあるということ。誰もが日常の中で経験したことがあるのでは?と思います。言う側としても、言われる側としても…
でも、誰もが理解しているようで、そこまで気を遣い言葉を選べる人は、果たしてどれほどいるだろうか、とも思います。

全体を通して、そういった、心遣いや言葉の選び方を大切にしたいと改めて気付かされるような、温かいストーリーでした。

ただ、途中BLと取れなくもないような描写があります(正義には好きな女性がいるけど、どうなんだろ?)。同性愛やBLに嫌悪感のある人にはお勧めしません。
また、2人の関係性が深まる描写なのか、正義がリチャードをお前と呼ぶのには、少し違和感がありました。

ストーリーの構成(展開)自体は、今までにも似たようなものがあったかなと思います。
でも、「宝石商」という特殊なお仕事を題材にしたことによるアクセントと、一貫した「相手の立場に立ち、思いやる」というメッセージを強く感じられるところが本作の1番の魅力だと思います。

そのメッセージが伝わるような、丁寧な心理描写も良かったです。
相手の思いやりのない言動に傷ついた時、あるいは優しさに触れた時の各キャラクターの表情はとても細かく描かれていました。視聴者はリチャードと正義、どちらにも共感を覚えることができると思います。
特に最終話での、正義が自分の本心を告白してくれた際のリチャードの表情は印象に残るもので、リチャードのいろいろな心情を想像してしまいました。

普段まわりに気を遣いすぎる人、一度精神的に辛い経験をしたことのある人は、リチャードの厳しいけど前向きな言葉に励まされ、共感できる点も多いんじゃないかなと思います。

円盤買おうかな…
人間関係で気分が落ち込んだ時とか、時々観返したくなるような作品だと思いました。

投稿 : 2020/04/07
閲覧 : 129
サンキュー:

3

ネタバレ

ぽぉ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

主人公がちょっとウザかったんですが、
リチャードさんが素敵なので許した。

投稿 : 2020/04/04
閲覧 : 132
サンキュー:

5

ネタバレ

RFC さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

ちぐはぐなキャラと物語

宝石の話ということで、視聴開始。

【作品概要】
 酔っ払いに絡まれていた超絶美形の外国人リチャード。
 彼は宝石商だった。
 主人公中田正義はリチャードを助け、それをきっかけに店でバイトすることに。
 いろいろな宝石といわくつきの顧客の物語が始まる。
 
【作品に対する感想】
 宝石の説明は知らないことも多く、勉強になりました。
 心と頭の財産っス。

 しかし!
 宝石にまつわる物語は大体1話ずつの小話ですが、
 ちょっと無理がある話もあったりで、
 この辺はもうちょっと練りこんでほしかったかなと思います。

 宝石のうんちくに関しては良いんですが、
 関わったキャラがおかしな人が多く、物語も迷走した感じです。
 いい素材を腐らした感が強いです。

1)酷かった物語

 ➀トルコ石の詐欺団
{netabare}
  宝石詐欺師グループを本物の鑑定士であるリチャードが
  豊富な知識と演技で詐欺グループに恥をかかせるという話でしたが、
  「何の解決にもなってないやん!」
  と突っ込まざるを得ません!
  そりゃその場にいた、詐欺の被害にあいかけていた数人は助かりましたよ?
  「詐欺グループは夜逃げしました」
  「あっはっは、そりゃよかった」

  じゃねーよ!
  夜逃げしたということは逃走先でさらに被害者を生み出すこととなり、
  詐欺グループの足取りもいったんロストすることになります。
  やるなら偽の宝石を証拠に警察にタレコミでしょ。
  組織的犯行だけに大掛かりな捜査をして根絶やしにしないと意味がありません。
{/netabare}
 ➁ストーカーおやぢ
{netabare}
  正義が話を聞かない感じはまさに親子でした。
  すごく納得です。
  と、同時におやぢキモすぎ。orz
  ゲロ以下のにほひがプンプンします。
  正義が刺したくなる気持ちは良くわかりました。
  なんか警察をちらつかせたらキモイおやぢは逃げましたが、
  「ああ、よかった、ちゃんちゃん」
  じゃねーよ!
  なんも解決してないやん!
  まだずっと付きまとってきますぜ!
{/netabare}


5)キャラ
 ➀リチャード
  こんなバランスの取れた人間になるにはどうしたらいいのでしょう?
  この方だけは素晴らしかったです。

 ➁中田正義  
  主人公の正義君はかなり空気読めない子ですね。
  もうちょっとTPOにより、振る舞いを使い分けるべきですね。
  しかもヘタレ。
{netabare}
  惚れた娘がいるなら、玉砕覚悟でも自分の意志を貫けって話ですよ。
  「諦めて見守ると決めたんだ」
  だったら最後までそれを貫けよ。
  リチャードに阿呆と言われて手のひら返して、
  見合いを止めに行くって、なにそれ?
  情けなさすぎて正義の名前が負けてます(正義と関係ないですが)。
{/netabare}

投稿 : 2020/03/31
閲覧 : 202
サンキュー:

14

ネタバレ

うにおいくら さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

本当に謎だらけだわ。

 原作は2015年12月から集英社オレンジ文庫(集英社)より刊行されている辻村七子による日本のライト文芸作品。
アニメ制作は朱夏。

 内容は外国人宝石商とアルバイターの男子大学生の話。

 語り部的な主役がウザい。
一言多い。考え無し。空気読まない。分をわきまえない。
普通こういう天然系のキャラは女性が多いのだが、何故か男子大学生。キショイ。

 昔こういう新入社員がいたなぁ……と思い返してしまったが、そういう奴で仕事をできた人間を私は知らない。

 で、このウザい大学生というのは、わざと狙って設定しているようだが、オジサンにはその意味が分からん。
女性の目からはこのキャラが許せたりかわいく見えたりするのだろうか??……オジサンには謎設定である。

リチャード氏の謎鑑定よりも謎。

 もしかしたら作者がこういうキャラが好きなんだろうという事で納得。
いや、そうに違いない。原作者の辻村 七子氏はダメンズ好きという事にしておこう。

 もう一つ謎がある。
「雑用と掃除」で雇ったアルバイトが商談中に応接テーブルのすぐ横でヌボーと突っ立っている上に商談中に口を挟んで余計な事を言う。あり得ないだろう?

 普通なら、即クビ……というか大学生にもなってそんな常識的な事が分らないような人間は痛いだけだろう……この作者の人物設定の基準が謎。

話自体は面白いだけにこの人物の存在でオジサン的には大きくマイナス。

 後半一気に話が飛ぶのだが、この展開は全く読めなかった。
ギリギリのところで見続けていたが、ここで一気に持ち直した。
しかし、この設定自体もあり得ないおせっかいだったのだが、今までが今までなので違和感なく見てしまった。慣れとは怖い。


 ちなみにどうでも良い事なのだが、花澤香菜と櫻井孝宏の共演作品は私の知るところこれが20作品目。結構多い。(見落としもあるかもしれないのでこれ以上あるかもしれない)。さらにどうでも良い話だが花澤香菜との共演が一番多いのは梶裕貴である。
噂の小野賢章とは3作品しか共演していない。

という事であと少しのところで切れずに最後まで観れたアニメ。
それなりに面白かったアニメだが、最後まで主人公の設定が謎だった。

私的には二度と出会いたくないタイプの主人公だ。

そして一番の謎が『謎鑑定』が一度もないという謎だった。

投稿 : 2020/03/30
閲覧 : 162
サンキュー:

8

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

漂うBL臭は拭えないが...

原作:小説 未読


感想

基本1話完結型で、毎回その宝石にまつわる逸話や関係性などを交えてドラマチックに話が作られてます。

宝石商のオーナー リチャードと、そのお店でバイトする正義との関係が、どことなくBLを臭わせる雰囲気があり鼻につきますが、べたべた体を触ったりする描写はないので自分は大丈夫でした。

話自体は、毎回その宝石に関わる人の人生ドラマみたいな話を見ることになるので、なかなか面白かったです。
それに、それぞれの宝石の話も興味深く感じれて、そこも良かったですね。

ちょっと気になったのは、中盤?くらいから登場した 正義の気になる女性の谷本晶子との絡みが少なくて残念。
最終話では、自分の本当のクズ父親と関わることで迷惑をかけたくない理由で晶子との会話の途中で逃げるように去ってしまい、残された晶子が最後までほったらかしでした。
それ観て、おいおい正義 お前の大事な人って男のリチャードなのかよ!って思った次第です。
最後のEDくらいで晶子さんのフォローしてほしかったですね。

まぁ総評すると、話自体は面白かったのですが、BL臭は最初から最後まで臭ってました(苦笑)

投稿 : 2020/03/28
閲覧 : 184
サンキュー:

20

ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

全話視聴記念書込

視聴前情報は特に集めていません。原作についても全く知りません。

宝石は、濁りなく透き通っていたり、キラキラと反射したりで、とても美しいです。それに対して時に人の心は、それとは真逆に、淀んでいたり、鈍くくすんでいたりします。本作のお話には、心が洗われるような美談は少なく、また登場キャラは合理的な行動よりも感情を重視して行動するよう気がします。そういうお話にすることでリアルさが表現できるのかどうかは私に分からないですが、異色作品として楽しむことはもちろん可能です。
 それから主人公の言葉遣い、雇い主兼友人を何故「おまえ」と呼ばないといけないのかは理解に苦しむところですが、もしかするとBL(というよりはメンズ・Lかな?)素材的な都合なのかもしれません。
 なお本作を視て宝石に興味を持たれたり、買ってみたくなる人も多いような気がします。私の場合、出てきた宝石の名前ぐらいなら大体知っていましたが、自分で価格を判断できない高価なものは欲しくないので、全く興味は湧かなかったです。それでも宝石のCGがとても奇麗なので視ていてある意味癒されました。
 視聴後の満足感は私的にはそれほど高くないですが、続編があるとすれば視てみたい気もします。
 本作をどんな人に勧めるかと聞かれたら、作品の質や出来不出来とは無関係に難しいです。それは題材が宝石視点からみた人の有様、特にダークサイドを描いている気がするので、視聴後の後味が爽やかならないことに因ります。それでも最後の3話はハッピーエンド的結末なので癒し要素は強めでした。どんな作品を好まれる人にバッチリ嵌るかは分からない、というのが正直な気持ちですが、ちょっと宝石に興味があって、ありきたりの美談やオーソドックスなお話の流れだと満足できない人ならばイイのかもしれません。



一話目と二話めを視た感想。
少女漫画のジャンルだと思います。なんとなく夏目友人帳を思い出すなと思ったら製作会社が同じでした。宝石の美しいCGと宝石をめぐる人の心の機微や関係などを描いていく作品だと感じました。
 でも、まだ視慣れてないせか、意外なオチや、登場キャラの心情に共感したり、納得したり腑に落ちたりといった視聴経験はまだないです。もう少し視慣れないといけないのかもしれませんが、それよりも私が宝石に興味をあまり持っていないことが原因なのかもしれません。

投稿 : 2020/03/28
閲覧 : 165
サンキュー:

13

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

なかなか どーして 結構 面白かった

なかなか どーして 結構 面白かった
最初 女性向けのアニメと思ってたけど・・ 以外に 内容が濃くて面白かった

投稿 : 2020/03/27
閲覧 : 159
サンキュー:

3

ネタバレ

クロニード さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

話が雑

鉱石の蘊蓄や宝石にまつわる話が好きなので視聴を開始。
1話がなかなか面白かったので視聴を継続したが、2話以降回を重ねる毎に
話が雑になってきて11話で耐えられず断念。

【良い点】
 ・OPの曲と演出が作中の雰囲気と合わせてあり、なかなか良いです。
 ・宝石の作画が綺麗です。

【悪い点】
 ・1話と4話以外、話が雑です。
  謎は解くが持ち込まれた案件は解決しないで投げっぱなしとか、
  タイトルが謎鑑定なのに特に謎とか無く話が淡々と進むだけの回とか
  ストーリーの軸となる部分が曖昧です。
  このアニメは何がしたいのか分かりません。
  おかげで見終わった後、もやっとします。
 ・主人公が不快です
  先ず、礼儀がなってません。オーナーと客の会話に余計な口を挟んだり
  雇用主に向かって「お前」呼ばわりしたり…
  いくらフランクに話しかけろと言われたからってそれはないでしょう。
  次に人一倍、正義感が強いという設定ですが、見知らぬ他人なら
  身体も張るが、知人が罪を犯してるかもしれないと知ったら尻込みして
  特に詰問することもなく事態は成り行き任せ。正義感が安っぽいです。
  あと、想い人の女の子に『親しくなった男の子に告られるのが嫌。
  だから見合いして結婚する』って言われて母親のエピソード持ち出して
  「俺はアリだと思う、応援する」って・・・
  いやいや、結婚相手の男性に失礼だと思わないんですか?
  大学生なのに回りが全然見えてない感じで、妖アパの主人公みたいで
  気持ち悪いです。

【総評】
  話の作りこみがキャラ設定も含めて甘いです。
  思い付きで筆を進めて推敲されてないように思えます。
  見終わった後のもやっとした感じは近年稀に見る酷さです。

余談:英国にロイヤルミルクティーはありません

投稿 : 2020/03/20
閲覧 : 150
サンキュー:

8

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

正義のナカタと京都寺町三条のリチャード。

詳細は公式でも。

集英社オレンジ文庫のラノベ原作のアニメ化です。
制作は「夏目友人帳」の朱夏。
この作品も、なんとなく夏目友人帳っぽい穏やかで
やさしい雰囲気を感じました。

馬鹿が付くくらいお人好しの中田正義が、千里眼でも
あるかのような名推理をする宝石商リチャードに
スリだったおばあさんの形見の指輪を鑑定してもらい
盗品だった指輪を持ち主に返そうとする初回。
でも、先方は受け取らず、正義のナカタはリチャード
の店でバイトすることになるという、要は
「京都寺町三条のホームズ」みたいな初回です。

大きな風呂敷を広げすぎず、手の届く範囲で手堅く
ハートウォーミングな物語を展開する感じが好感を
持てました。
主要キャラの声優に櫻井孝宏さん、内田雄馬さん、
花澤香菜さんという豪華ラインナップを配し、
作画も必要十分な良好さ。

もしかすると、意外な拾い物になるかもしれません
ね。ちょっと追いかけてみたいと思います。

=====第2話視聴後、追記です。
{netabare}{netabare}
婚約した男性からもらったブローチのルビー。
これがヒート(熱加工)しているものかどうか
鑑定してほしいというアカシという女性。
でも、一般的にそんなことを真っ先に鑑定依頼する
人はいないということで、少し事情があるのだろう
ということで、正義のナカタは持ち前のお節介を
発揮するのでした。
{/netabare}
というお話。

う~ん…
まず作画というかキャラデザ!
初回から激下がりです。アカシさんの顔のデッサン
崩れてたりします……。

そして、これは脚本なんでしょうか。
僕が一番キライなタイプの主人公になりつつ
あります。
「バカでお節介で人の言うことを聞かずに行動する」
まあ、こういうキャラがいないと展開しないのは
わかるんですが、見ていて本当にイライラします。

暗転も増えた感じですし、キャラのアップだけで
展開する場面も増えた印象です。
要するにラクをしているのかな。初回からだいぶ
後退したような気がします。
{/netabare}
=====第3話視聴後、追記です。
{netabare}
だから、リチャード氏を上げるために、周りをバカに
するのはやめましょうよ…
{netabare}
こんなん、一発で妊婦あるいは乳児に何か悪影響が
出そうだから猫を預けたくらいのこと想像つくでしょ
うが。
しかもバカな正義のナカタは、自分のことを思い出し
ハジメ少年の父親を悪し様に言うとか、ないわ…

父親も父親だわ。
てめえの子供が猫を預ける理由を説明して、理解
できるかどうかの判断もつかない?
ストーリーを展開するために、無意味に猫を連れ去る
選択をさせますかね。
{/netabare}
何、ちょっといい話風に仕上げてるのかと。
正義のナカタとハジメの父親がおかしな言動をした
だけじゃん。

それに、父親なんの仕事してるか知りませんが、
投資で一千万の宝石を買わねえし、そんな高価な
宝石を子供にポンとやらねえよ。

いやもう、見てくれが感動ストーリーだけど、
ツッコミどころ満載でうーーーーん…
{/netabare}
=====第4話視聴後、追記です。
{netabare}
あー、作者はわざと正義のナカタをおバカキャラに
しているんですね。
リチャード氏も「あなたはこれまで、不用意な発言で
怒られたことはないか」と。

今回も迂闊な発言のオンパレード。
そろそろ耐えられなくなりつつありますよ…

話はなんてことのないものでした。
{/netabare}
=====第5話視聴後、追記です。
{netabare}{netabare}
大学で親しくなった女子と話す正義のナカタ。
リチャード氏を見かけたという女子に、兄貴のような
存在、からの中学時代に通ってた空手道場にも兄貴の
ような人がいた、からのリチャード氏に話したら、
縁はあるものだと言われて、からのその夜に偶然
ぶつかったのが、そのパイセンという…

超ウルトラスーパースペシャルご都合展開でスタート
しますよ、この回。

で、晩飯ゴチになり、昔話や近況の話に花が咲くの
ですが、最近どうだとの問いに正義のナカタは、
おばあさんの宝石の話(初回)をします。

で、その話を聞いてリチャード氏の元を、オパールを
持って鑑定に訪れるパイセン。
え? 宝石商なんていっぱいいるのに、偶然にも
リチャード氏の店を訪れるの? この東京で?

で、翌日にはキツそうなおばさんが、パイセンが
来なかったか? と怒鳴り込んできます。
なんですか? ここはドラクエの田舎村かなんか
ですか?

で、パイセンの持ってきたオパールは、介護を担当
している痴呆症のおばあさんからもらったもので、
おばさんは盗まれたと言ってまして…
はたして、どちらの主張が正しいのか。
そんなことは、すべて闇の中です。
{/netabare}
とまあ、あらすじだけでも超ご都合展開の、しかも
結論を投げっぱなしの酷い回だったということは、
ご想像いただけると思いますよ。

正義のナカタがお節介を焼かないと思ったら、
この酷い展開。そして、ここまでリチャード氏の
魅力って何かわからないです。顔?

さすがに、もう限界ですね。
ツッコミどころ満載なのに、ツッコミ入れて楽しむ
タイプの作品じゃないので、ただの出来が悪い作品
になってしまっています。
キャラデザも重厚感のない簡素な作画になって、
せっかくの唯一の女子レギュラーキャラも、話に
なんの絡みもない(今後あるのかもですが)モブと
いう。CV花澤香菜さんをモブに使う贅沢さw

今後も、こんな風にヌルい、推理でもなんでもない
物語が単発で繰り広げられていくのでしょう。
僕はもう結構です。お好きな方にはごめんなさいね。
{/netabare}

投稿 : 2020/02/07
閲覧 : 332
サンキュー:

9

ネタバレ

TaXSe33187 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:途中で断念した

無理のあるキャラ、無理のあるシナリオ

「お仕事+日常の謎」というスタイルのアニメ
近いところで言うと「タレーラン」なんかかな?
人が死なないミステリってのは一時期流行っていたけど、その系統だと思う

3話途中で断念

物語の牽引役である正義のキャラ付けに無理がありすぎる
正義という名前に見合った人間として、店で出会う人々にお節介をやいてしまう…という性格なんだろうけど、そこが上手く行っていない

高額商品を取り扱う宝石店という場にいるには服装・発言・行動全てに違和感がある
大学生ならスーツの用意くらいあるはずだし、そもそもお茶汲みと清掃が主業務なのに顧客に介入しすぎ
「介入しないと話が進まない」というのはあるにせよ、そうすべきでない立場の人間に牽引役を任せている時点で話として失敗としか言えない

二人の立ち位置は逆のほうが良かったんじゃないの?
お節介から顧客の悩みに踏み込んでしまう宝石商と、傍で話を聞きつつ要所でアドバイスを入れて解決に導くお茶汲みというコンビのが纏まったはず
仕事を忘れて顧客にズケズケ踏み込むお茶汲みと、それを強く諌めもしない宝石商というコンビでは舞台設定の違和感ばかり増してしまう

というかリチャードの役割も微妙に宙に浮いてる感じで、作者のやりたいことと実際に描かれている話が乖離している印象が強い
「謎鑑定」と銘打たれつつ、実際のところこの物語は謎解きの要素はない
謎解きがない、というのはミステリ調の物語ではないという意味ではなく、謎を解くことを目指す人物が存在しないという意味

悩みを持って宝石を持ち込んだという点、宝石の鑑別、悩みの解決という点、この3つが特に連結しないまま話が進んでいる
「宝石にまつわる謎」ではなく「謎を話に組み込むための宝石」となっており、宝石の存在に必要性を感じない

「タレーラン」の場合喫茶店という場もあって日常会話や悩み相談への連結がスムーズに進められていた
実際の中身や話の展開に関しては好みでなかったため半ばほどで読むのを止めてしまったけど、不自然さはあまり無かったように記憶している
反面こちらは初対面では宝石の鑑定以上の付き合いを持つ職業ではないため、悩み相談への連結が強引にならざるを得ない
そのへんの根本的な問題を解決できないまま話を展開させてしまったんだろうな、と

酷評ついでに言ってしまうと、無理矢理にお洒落な雰囲気を出そうとして会話を不自然に迂遠なものにしている傾向がある
婉曲な比喩を多用した会話をするのが格好いい、みたいな勘違いをしているのかなと思う
リチャードは探偵役も牽引役も担わず、ひたすら宝石雑学と比喩の羅列を繰り返すばかりになっている

役割の薄さ微妙さに対して無理矢理「デキる人」感をだしているのが逆に滑稽さに繋がっている印象
正義の不快感、リチャードの上滑り感、シナリオの違和感、この辺りに耐えられないため以降視聴はしない

投稿 : 2020/01/28
閲覧 : 245
サンキュー:

8

にく さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/04/03
閲覧 : 3

バットバス さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/12/10
閲覧 : 6

ざいち さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/08/01
閲覧 : 8

びぶりん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/03/14
閲覧 : 10
次の30件を表示

宝石商リチャード氏の謎鑑定のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
宝石商リチャード氏の謎鑑定のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

宝石商リチャード氏の謎鑑定のストーリー・あらすじ

正義感の強い大学生・中田正義はある夜、酔っ払いに絡まれていた美貌の外国人・リチャードを助ける。彼が宝石商であることを知り、祖母が死ぬまで隠し持っていたいわくつきの指輪の鑑別を依頼した正義。リチャードの鑑別により明らかになったのは、彼女の過去、真実、そして想いだった。それをきっかけに、正義はリチャードが店主を務める銀座の宝石店「ジュエリー・エトランジェ」でアルバイトとして働くことになる。エトランジェに日々持ち込まれる様々な“謎"を紐解く中で、少しずつ変化していくリチャードと正義の関係性。 しかし2人には、それぞれ誰にも明かすことのない秘密があった―。(TVアニメ動画『宝石商リチャード氏の謎鑑定』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2020年冬アニメ
制作会社
朱夏
公式サイト
jeweler-richard.com/
主題歌
《OP》やなぎなぎ『宝石の生まれるとき』《ED》Da-iCE『Only for you』

声優・キャラクター

櫻井孝宏、内田雄馬、花澤香菜、井口祐一

スタッフ

原作:辻村七子『宝石商リチャード氏の謎鑑定』(集英社オレンジ文庫)、キャラクター原案:雪広うたこ
監督:岩崎太郎、脚本:國澤真理子、キャラクターデザイン・総作画監督:近藤奈都子、リチャード監修:川添政和、美術:一色美緒、色彩設計:歌川律子、CGプロデューサー:神林憲和、宝石監修:工藤直一、撮影:塩川智幸、編集:今井大介、音響監督:本山哲、音楽:戸田信子

このアニメの類似作品

この頃(2020年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ