新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「アクダマドライブ(TVアニメ動画)」

総合得点
74.9
感想・評価
305
棚に入れた
1031
ランキング
783
★★★★☆ 3.8 (305)
物語
3.7
作画
4.0
声優
3.8
音楽
3.6
キャラ
3.8

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

アクダマドライブの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

jintan117 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

己の在り方×みんな主人公×SF×神アクション×見れるシナリオ

なんでこのアニメバズらなかったの!?∑(゚Д゚)ってくらい良作!ストーリーは細かいところまでしっかりしてて、さすが小高さん!
すんげぇ絵が綺麗だし、戦闘シーンはレベチ(°▽°)ノ
1人1人の筋の通し方や、自分がやるべきこと、自分の居場所は一体どこなのか?っていうテーマで、登場人物がみんな主人公に見えるスポットの当て方が良いね!
にしても登場人物コロしすぎだよ〜ヽ(;▽;)ノ

投稿 : 2022/07/12
閲覧 : 47
サンキュー:

1

ネタバレ

shino73 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

これまたアクダマン

制作STUDIOピエロ。

アクダマと呼ばれる犯罪者が跋扈するカンサイ。
高度に発達しながらも歪んだ社会で、
己の生き方を貫く全員悪党の犯罪活劇開演。

街の喧騒が細部まで書き込まれ、
推定懲役数百年の悪党どもや市民が、
たくましく生きているカンサイ。
とある依頼から集められた精鋭たち。

初回最後で見事にオチが付いた。
{netabare}アクダマに指示を与えるネコ型ロボット。{/netabare}

ダークホースならこれでしょうか、
楽しくなる可能性は大いにありますね。

6話視聴追記。
{netabare}物語の奥行に、疑問を感じ始め、
これは期待薄なのかと…思いきや、
ここで物語に芯が通ったと思います。{/netabare}
戦闘シーンは素晴らしいの一言ですね。

最終話視聴追記。
この結末で良いのではと思う。
荒唐無稽な物語でしたが、
どこか熱量を感じる作品でした。

率先して、お勧めは出来ないが、
勢いある演出、展開がお好きな方へ。

投稿 : 2022/05/08
閲覧 : 504
サンキュー:

46

ネタバレ

fuzzy さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

作画と色彩が良かったが、最後らへんで足ぐねった。。

ぐちゃぐちゃグロ系殺し合い嫌いだけど
最後まで観れた

〈良かった点〉
opの音楽
作画
独特な色使い
よくある異能力者バトルに近いけどキャラ立ち、続きが気になるストーリー展開なので楽しめた
行きすぎた支配→暴動を起こしたものも犯罪者→それによる暴動と破綻。。はいい展開でした

紙芝居?での説明がひと休み&なごみになっててよかった

〈??な点〉
主人公がなにも出来ないが、口や偶然で乗り切るってのが面白さの一つだったので、途中いきなり正統防衛とはいえ、えぐく殺しまくったのでさめた。。。
その後にもまだ純なことを言うのもちょっと。。
※あの回だけ全体的に変だった気がする。。

あえて殺人鬼や詐欺師など特長で呼ぶことでわかりやすくなっていたが、ずっとおにいちゃん?かなといもうとさんと呼ぶのは変だなぁと

カントウ付近からよく分からなくなった。。

〈トータル〉
色使いとopのアゲアゲ系の曲、キャラも飛んでてぶっとび系でした。
がちょっと詐欺師の殺人あたりからブレてきたかな。
最後も今ひとつわかりづらく。
貢ぎ物ブラザーズが出てきたとこまでは良かったかなと。

でも全体的にレベル高めかなと。
作画、キャラデザ、ストーリーが楽しめたのでいい作品かと思います。

2.5次元舞台化しやすそうね。。だと、思ったら既にしてましたね。そういう意味でもいいフォーマットかと。

投稿 : 2022/04/05
閲覧 : 130
サンキュー:

6

芝生まじりの丘 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

治安の悪そうな令和エンタメ

最終話とかはエンタメとして結構よくできていたところもある思うのだけど、全体的にストーリーが頭悪そう
作品のテーマ自体が頭悪そうな感じな上、エンタメとしても主人公の動機付けとかがイマイチ。

投稿 : 2022/03/25
閲覧 : 470
サンキュー:

1

リタ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

見応えありあり

なんか見たことあるなーと調べたらダンガンスタッフさんらしく納得。
独特の世界観と奇抜な設定、それだけでなくメリハリが凄く善も悪もサクサクっと躊躇しない描かれ方がとても面白かった。

きっと悲しい描写なのにその感情に暮れてる暇はない展開で、目が離せない飽きないストーリーが素晴らしかった。

めちゃめちゃ色々あったのに、視聴後もスッキリこの作品から去る事が出来たのもとても不思議。
スピード感のある面白いアニメだった。

投稿 : 2022/03/07
閲覧 : 99
サンキュー:

6

三毛猫メリー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

アクダマドライブ

2022.2.17 視聴完了。

もしかしたら、そうなってるかもしれない近未来の話。
さほど期待しないで見始めたが
予想に反して面白かった。

PSYCHO-PASSに似た世界観で
人間ドラマが見どころでした。

投稿 : 2022/02/17
閲覧 : 241
サンキュー:

10

ネタバレ

オカ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

映像とても綺麗でキャラ濃ゆい。上手くまとめられた作品

6人のアクダマと呼ばれる犯罪者と一般人の女の子が、仕組まれた依頼に巻き込まれて行く。
アクダマはハッカーや喧嘩屋、殺人鬼に運び屋など、色々なタイプがいる。

カントウに支配されたカンサイを中心に展開されていく世界。

作画とても綺麗で戦闘中の演出やカットインも良い。

作中、職業や肩書きで呼び合いキャラの名前が全然出てこない珍しい作品。

不幸で不死身な子供の兄弟と出会い、彼らを守る為に
純粋ないい人だった主人公の女の子も段々と当たり前のように人を殺すようになっていった。

秩序の取れてない世界ではそうなって行くのだろう。

殺人鬼のイカれっぷりがヤバくて良い。

処刑課のボスはサイコパスの細呂木局長とカブる。

そのせいか、姿を現さないカントウはシビラシステムだろうなと言う予想ができてしまった。。

メインキャラ全員に見せ場があり、上手くまとめられている。

展開は先が読める部分も多かったけど、個人的には良かった作品。

投稿 : 2022/02/10
閲覧 : 131
サンキュー:

3

ネタバレ

ネムりん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ハイクオリティな作画とハイエンドなストーリー展開、魅力的な演技の声優陣

スタジオぴえろ設立40周年作品。

ストーリー原案・キャラクター原案『ダンガンロンパ』シリーズの小高和剛・小松崎類、監督『ペルソナ』シリーズの田口智久。

キャラクターデザインや作風がこれらのシリーズ作品の印象そのままで、ストーリーにとても入りやすかった。
舞台設定はどこか押井守監督の『イノセンス』に似た雰囲気を感じさせ、好きな近未来SF作品なこともあり、初回から惹きつけられるものがありました。

ストーリー設定は高度に発達した社会で戦争により二つに分断された国「カントウ」とその属国となった「カンサイ」において、"アクダマ"と呼ばれる特異能力を持った者達が、人類の永遠のテーマである「生と死」にまつわる人間の存在の在り方を題材として舞台を繰り広げるバトルアクション群像劇。

対比できる『攻殻機動隊』シリーズが主体としての"電脳化"に対し、『アクダマドライブ』は客体としての"データ化"。
器が既に存在している攻殻の世界に対し、"超・量子コンピューター"という器が絶対的に必要な観点に立てば、『アクダマライブ』の世界が『攻殻機動隊』の世界よりもさらに一段技術が発展した世界だということが伺える。
推定懲役ン百年という設定も医療技術が飛躍的に進歩したか、革新的な法整備が行われ、社会貢献や国家奉仕により懲役年数を短縮できる仕組みがなされたのか、現代とは比べ物にならないくらい様々な技術が進化していることがある程度推測の域に達することができ、"医者"の縫合技術の高さや"ハッカー"のサイバネティクスな高度なスキルも説明がつく。
要するには話の機微(表面上では分からない細かな事情)を懸念する必要性を感じさせない世界観が確立されており、考えようによっては謎な部分が幾らでもアウトプットができ、論ずることが無意味だということも言える。

そんな魅力的とも言える世界が展開される『アクダマドライブ』。

考察を深めると内容が煩雑化してしまい視聴してて難しさを感じてしまうため、敢えて無駄なものを排除してシンプルに分かりやすくしているのが良かったと思えた点。
設定を難しくして世界観に入り込めなかった『PSYCHO-PASS サイコパス 3』のようにノイズを感じさせないので、アクダマ達のバトルシーンの演出や登場人物の人間味のあるやり取りが強く印象に残る。
単純に強さやカッコよさ、可愛さや美しさなど人間が持つ感情にダイレクトに訴えかけてくる。
それはもちろん表現の仕方が良いという前提に立てば音声映像の技術が高くなければ伝わってこないわけで、"運び屋"の超電磁砲や"処刑課"のビーム十手に代表される攻撃シーン、肉弾戦で飛び散る汗や血しぶき、雨の波紋の動きなどの高度な技術を持ったCGエフェクト、同じスタジオぴえろ作品『幽遊白書』に出演し、『ダンガンロンパ』シリーズでもおなじみの緒方恵美さんの演技や"運び屋"のクールで渋い演技、"一般人"の一生懸命でどこか味のある可愛らしい演技など、魅力的に感じられた声優陣。

客観的に見ても素晴らしいものを持っているから高い評価ができる。

プールに横たわる2,500人の子供を濃縮して不老不死の人間を作り出す技術。
現代技術では説明ができないダークファンタジーの要素もあり、空想の世界でありながら近未来の世界でもあるので、話が飛躍しすぎずスッと世界観に溶け込めてしまう。

そういう意味では見事に音声映像とストーリーを絶妙な域で符号させた作品と言える。

観る人によって評価が分かれてしまうのは受け手側の問題であり、どのような作品に対しても楽しもうという気概があれば発想を巡らせてある程度は楽しめるのだ。
そのことを改めて気付かされた作品。

総評すると作画に関しては、一部の近年の作品とは比べ物にならないくらい細かい部分までよく作り込まれており、スタジオぴえろの意気込みを感じた文句なしの5.0点。

ストーリーも最初の展開からは予想できない切り替わりの面白さが感じられ、{netabare}未完結とも捉えられる{/netabare}エンディングにおいて、自由を求める"アクダマ"達と決められた運命に抗う"兄と妹"の対比が人間の存在意義について、視聴者にメッセージを投げかけているようで考えさせられるところがあり高評価。

OP主題歌の「STEAL!!」はどこか渋谷や原宿のアパレル系のセレクトショップで曲が流れているような雰囲気を持っていて、好みではないがOP映像にとてもよく合っていてセンスの良さを感じた。

素直に面白かったと言える作品でした。

投稿 : 2022/02/07
閲覧 : 307
サンキュー:

14

ネタバレ

たまご丼 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

迫力はあっても重みがない。

凝った背景のCGや派手なアクション、話の展開も速く飽きさせない作りで良く出来た作品です。
ただし演出やストーリーに雑なところが何箇所もあり、人によっては気になると思います。この作品はこんなシーンがあったら面白いというのが先にあり、それに合わせてストーリーを作っているのかもしれません。ですのでそれを許容出来るかどうかで全く評価が分かれる作品ではないでしょうか。

個人的に気になった個所をいくつか、、、
例えば第6話で兄弟の超回復が明らかにされる同じ場面で、医者が医術の常識を遥かに超えた超回復をします(もはや上弦の鬼レベル)。しかし、これでは兄弟の超回復が披露される場面でお前(医者)がもっと目立ってどうすんねん!とツッコミたくなります。また怪我を負っているとはいえ処刑部隊でトップクラスの師から訓練を積んだ弟子が、人殺しもしたことがないチンピラに眼を潰されたストーリーも説得力に欠けます。(弟子君弱すぎだよ)

医者は仲間?を裏切り司法取引により自分の罪をなかった事にしますが、その後すぐ研究所の職員(医者?)を何人も殺します。それでは改めてアクダマに登録されてしまいますので司法取引をした意味が全くありません。意味不明です。

最終話で運び屋が兄弟を連れて警察署の前に現れたのも?です。一応警察署の前に追い込まれたという設定なのだと思いますが無理があります。バイクの性能を見る限り(ほとんど立体機動装置)道路封鎖などあまり意味はないように感じますし普通に逃げれそうなのですが。(ラストバトルは空中バトルしてましたし、生身の人間という設定でやっていい範囲を超えちゃってます)

最後に…
この作品には、犯罪多発の荒廃した都市、メディアによる市民の洗脳、行き過ぎた排除の論理、関西と関東の関係性、などが描かれていますが、これって現実の今の大阪をSFチックに描かれた作品と言っても……これ以上は政治の話になるのでアニメレビューの場所に書くべきではないですね。。。

投稿 : 2022/02/06
閲覧 : 107
サンキュー:

1

ネタバレ

やん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

設定に引き込まれましたが

テンプレ関西イメージまま(関西から見た東京のイメージでもある)の設定と、ともよ様主役作品ということで視聴開始しました。序盤はかなり面白かったのですが、もう少し上手なたたみ方はなかったのかという感想です。
実力派声優同士の会話部分はちゃんと引き込まれて見ていられるんですが、浮いてしまう人相手だとさすがのともよ様でもフォローしきれない感がありました。各作品中での上手い下手はいい声だとか感情がこもっているとかではないところが難しいですね。キムタクがパイロットのコスプレしてるドラマ、みたいにして中の人売りするような時代になってきたのかもしれません。

投稿 : 2021/11/08
閲覧 : 460
サンキュー:

5

aikawa さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

構成と

演出のセンスがとても良い。
キャラクターが多いけれど其々活躍する場面が描かれていて感情移入もしやすかったです。
個人的に詐欺師が好き。

投稿 : 2021/10/10
閲覧 : 202
サンキュー:

0

ネタバレ

学生 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

あらゆる要素を削ぎまくってエンタメ性に極振り

このアニメはまず見せたい場面が先にあってそれ以外の余計なものは徹底的に削いでいる
世界観設定や細かい整合性はおろか登場人物たちの名前、作品としてのテーマ性やメッセージ性、世界に秘められた謎ですらいらない情報として適当に扱ってる
だからこそ1クールアニメでここまで山場を作れたアニメは見たことない
5〜6個ある山場を違和感なく繋げ、さらにそのほとんどを印象的に決めてきてる
当然物語としては異端で邪道なやり方だし
だからこのアニメを受け付けない人間も多くいると思うけど
ただ綺麗なだけのありふれた普通の物語に退屈感を覚えているような視聴者は尖りまくったこのアニメに自然と惹かれるはず

投稿 : 2021/10/02
閲覧 : 434
サンキュー:

4

ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

浪花節な古事記

オリジナルアニメ 

“アクダマ”とは作中でいう犯罪者のこと。そう言えばいいのにしてないのはそういう世界だから。
その昔「カントウ」VS「カンサイ」で戦争勃発。カントウが新型爆弾を落として決着。焼け野原になったカンサイの復興を助けたりもしてカンサイ人はカントウに感謝するようになった、とのこと。

メタで馴染み深いものが仕込まれてそうですが、当該世界はオリジナリティあるんじゃないかしら。
2020秋スタート新作の中では第1話の引き込みがぶっちぎりで良かったのがこれ。構成がしっかりしてるとか心情描写が丁寧だとかいうのをいったん置いときまして

 {netabare}作った人の頭ン中を覗いてみたいぜ!{/netabare}

人間の想像力は際限ないなと実感できる“架空の世界”を堪能しちゃえばええじゃないかと思うのです。
“アクダマ”が疾走(ドライブ)する全12話。IF世界の近未来モノ。今年2020年でいえば『ドロヘドロ』と同じくどうも言葉に落とす作業が難儀な作品です。「1話観て合いそうかわかるよ」死体がゴロゴロ転がります。そこ本筋ではないもののそれ自体が嫌という方には撤退を推奨するくらいでしょうか。

【アクダマ's】
 詐欺師(CV黒沢ともよ)
 運び屋(CV梅原裕一郎)
 喧嘩屋(CV武内駿輔)
 ハッカー(CV堀江瞬)
 医者(CV緒方恵美)
 チンピラ(CV木村昴)
 殺人鬼(CV櫻井孝宏)

愚連隊は黒澤明の時代より七人と決まってるのかどうなのか。
その七人の通り名には当たり前だが意味がある。
そして通して観ると「進むべき道は自分の意志で決める」真っ当なメッセージも伝わってくる。
突拍子ない世界に私達が置き去りにされないのは基本的なお作法を心得ているのもあるやもです。

アニメに求めるものの一つは表現手段として実写ではしょぼくなると思しきものをいい意味で見せつけてもらうことだったりします。それを満たしてくれた良作ですね。

■むしろ…
『ダンガンロンパ』と比較される本作ですが、肝心のネタ元を知らない私です。
むしろ『PSYCHO-PASS』との既視感が強いかしら。アクダマ認定のオートマティックぶり。某執行官ばりに現場で処刑実行できる公務員の存在。そんな世の中に感じる居心地の悪さなんてのもそうです。
{netabare}さらにサイコな殺人鬼役に櫻井孝宏さん。ダメ押しで公機関の女ボス格に榊原良子さん。榊原さんがどーんと鎮座してると悪の組織風味が何倍か増しますよね。{/netabare}



※妄想劇場

■大大阪(だいおおさか)の衰退

大正末期~昭和初期。大阪が東京を凌駕していた時代を指してこう言う。何年か前に通天閣で大大阪展やっててそれで知ってました。約100年前の大阪イケイケどんどんぶりは白眉ものでしたよ。
そして現在…ってことになるわけでして結果は東京への一極集中。いろいろ理由はあるんでしょうが

{netabare}東海道新幹線開通{/netabare}

{netabare}東名高速道路その他インフラ投資が高度成長を後押ししました。導かれるはリアルでの大阪の没落そしてアニメでシンカンセンの神格化。なんとも皮肉が利いてます。
またこれ“財政健全化”“国民の借金いくら”“角栄の頃と違い公共工事に効果はない”と捉えてる層にとっては、公共工事アクダマ論に乗っかり「そんなのを神聖化するなんて…プークスクス」とさらにマウント取れることでしょう。なお私の意見は真逆です。{/netabare}

蛇足で劇団☆新感線も出自が大阪芸術大学だったりするのもなにかの意図を感じます(しません)。


■暗喩なのか妄想なのか

大阪を好きなのか嫌いなのかよくわかりませんが、無関心ではいられないというのは伝わってきます。
く○るのたこ焼きが500円と現在より安価。デフレーションでも起きているのでしょうか。

{netabare}ハンコも消えてない(笑) このハンコで一元化って仕掛けは面白かったですね。きっと文化と認められての発展形をアニメで描いたのでしょう。そんな発展形ハンコのもたらす災厄を描いてたこともあって、マイナンバーみたいに“国民総背番号制”一元管理どうかと思う層には「ほら見たことか」とウケが良かったかもしれない。なお私の意見は真逆です。{/netabare}

作品チュートリアルなウサギくんとサメくんの寸劇は有難かったですね。ウサギとサメの組み合わせで
{netabare}真っ先に思いつくのは“因幡の白うさぎ”だったりします。文章上のワニ=サメと解釈するのが一般的。その寓話の教訓とは?

1.思いやりの心をもっていると、幸せな結末が待っている
2.余計な振る舞いは災いを招く

といったところでしょうか。本作の展開結果に通ずるものがあります。{/netabare}


とここまでの垂れ流しをご容赦をば。
カンサイという近未来大阪風味な街で繰り広げられる大騒動。やや陰惨でディストピアな世界だからこそ他人様の優しさが沁みる。地でいく娘主人公の立ち居振る舞いに心打たれます。

 思いやりの心をもって迎える結末は幸せなのか不幸なのか?
 余計な振る舞いが招いたのは災いなのか未来への光なのか?

各々で捉えようのある結末も好感度高し。

 馬鹿な出会いが利口に化けて よせばいいのになんとやら

人生どう転ぶかわかんないもんですよね。


{netabare}結局のところ“医者”の年齢は不明のまま。おいくつだったのだろう?{/netabare}



視聴時期:2020年10月~12月 リアタイ   

------


2020.12.30 初稿
2021.09.25 タイトル修正

投稿 : 2021/09/25
閲覧 : 744
サンキュー:

49

ネタバレ

tinzei さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

榊原さんこういう役多いけど、もう少し若返らせてくれないかな

少し『psychopass』に似てる気がする。


後味が悪いって言うほどでもないんだけど、何かスッキリしない最後。


敵の女ボスを榊原さんが演じてるけど、声質は役に合ってるんだけど、いかんせん見た目が婆さんの場合が多いから推せるキャラが少ない。


戦闘シーンは見応えあるけど、所々に静止画&効果音誤魔化しの手抜きがある。ただシンカンセンの戦いまでは多かったけど、後半の戦いだと少なくなったから余裕ができたのかな?(笑)

投稿 : 2021/09/19
閲覧 : 159
サンキュー:

0

ネタバレ

cubemania さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

バランスがよくないというか、雑な印象

タイトルから漫画原作でもあるのかと思ったら、オリジナルアニメ。最初の雰囲気としてはAKIRAやケン・イシイのExtraのPVを思い出したが、比べるのも失礼かな。

見終わった後も世界観がよくわからず、そういう前提なしに次々といろいろ持ち込まれてくるため、視聴者は置いてきぼりというか。さすがに半ばくらいからの流れの時にはある程度理解できるようになってくるが、それでも設定が雑というか。結局は後半は雑なアニメにありがちなうわーで解決みたいな展開というか。

{netabare}前半と後半がうまく接続できていないというか。前半の格闘に繰り返しは果たして必要だったのかな。チンピラの愛着には必要なのかもしれないが、単なる穴埋めとしか思えないというか。後半の処刑課の行動をみれば、前半になぜ二人で消極的な行動だったのかも疑問だし。戦争や汚染、子供の人体実験もAKIRAの影響なのかな。

後半は後半で主人公{?}が突然母性に目覚めて自己犠牲的になって、前半に超人的な活躍の主要キャラが次々死んでいくし、ハッカーの行動もよくあることだが、昔の映画のトロンを思い出したり。登場人物が死ねば盛り上がると安直過ぎるというか。皆殺しの富野以上でなんだかなあ。生きていても指名手配で希望がないのかもしれないが、なんとも世界が狭すぎるというか。

とにかく雑というかな。オリジナルにはひどいのが多いけど、もうちょっと世界観をまともにしてほしいというか。カントウ、カンサイ、シコクの扱いもいい加減すぎるしね。伝えるということがおろそかすぎて、フォーカスするところがずれているというか。もっと丁寧にやってほしかったな。{/netabare}

投稿 : 2021/07/23
閲覧 : 277
サンキュー:

1

うぐいす さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

終始暗いがテンポが良い

主人公を演じるのは黒沢ともよなのだが、どうしてもユーフォニアムの久美子に聞こえてしまう。
内田真礼は少年役だがやはりツンデレお嬢様役を観たい。
「医者」役がイマイチ合ってなかったように感じたが、それ以外は豪華でピッタリの声優陣。
死人が多いのがたまに傷だが物語の進行を考えるとなるほどしようがないか。
絵は好みが分かれそう。
「師匠」が最高にかっこいい。

投稿 : 2021/05/15
閲覧 : 284
サンキュー:

3

ネタバレ

take_0(ゼロ) さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

エンターテインメントとしては一級品と評価。

一気見した。
過去に映画作品等で似たような作品は確かにあったと思う、しかし、この作品はこの作品として力のある作品と評価。

メインどころとして活躍するキャラクターはそれぞれ、大きな罪を背負った人物たち、所謂アクダマである。
ただ、この割り切りが正解かどうかはわからないが、この作品の中ではそれぞれのキャラクターにハクがついている程度の意味しかない。要はキャラクターの個性を紹介するラベルでしかないという事だ。
確かに過去エピソード紹介等でやったことを事細かに紹介されたりしたら、見方は変わるかもしれないけど。

とにかく、それぞれの特色を持ったプロ(スキルは一般社会では受け入れられないものだけど)が依頼された仕事をプロとして貫徹すると・・・。
そして対立する側もプロとしてアクダマを駆逐しようとする・・・(最終的にはいろいろとゆがみが生じるけどね)。

安易に言えないけど、善悪を横に置いてしまう作品だと思う。
こういう作品は大きな魅力を持つか、圧倒的に受け入れられないかのどちらかになりそうな昨今だけど、私的には「エンターテインメントとして」楽しみたいと思うし、楽しめた。

物語の設定は非常にユニーク。
カットインでウサギとサメが解説してくれているので理解も早い。
あらすじ的なことはいちいち説明するつもりはないのだけれども、設定も作画の雰囲気も強烈な個性を持っているし、世界観もしっかりしている。
それぞれのキーとなるガジェットも個性的で素晴らしい発想だと思う。
物語の流れについても、細かいツッコミをさせないだけの力があると思う。

それにしても、各キャラクターがクセがあって面白い。
前述したように、この手の作品と言うのは洋画で数は少ないが似たものを見たことがあるし、キャラもサンプル数は少ないもののテンプレ的ではあると思う、しかし、それをそう思わせない力があるのだ、
キャラ絵自体も一因ではあるのだけれども、それ以上に声優さんだ。
この作品の声優陣、すごくないっすか。
それがアクダマ側にも処刑課側にも配置され、がっぷり四つに組む。
これは、観ておく価値ぜったいあるっしょ。

あとカントウ潜入後・・・、一体カントウはどうなってんだと思っていましたが、そういう落ちでしたか。
完全予想外とまではいかなかったですが「ほほーん、そう来ましたか」とは思いました。
状態については予想の一つとしてイメージていたものとかすっていましたが、
{netabare} 不老不死の二人を永遠に生き続ける劣化しない量子コンピュータの記憶デバイスとして使おうって発想は無かったです。 {/netabare}

まさか、カントウバトルの決着が、
{netabare} サマーウォーズとZガンダムとは思いませんでしたが(ディスリではないです。単純な感想です。 {/netabare}

そして、最終盤にもう一つどんでん返しがありましたね。
ここも、一工夫あって面白かったです。
一般人が社会をダマす詐欺師へ化けた瞬間ですね。

エンディングは・・・、
多くは語りませんが、それぞれがプロとしての仕事をして、去っていったという事でしょう。
最後の最後のひとかけらに、仕事ではなく、人間の意地というか「思い」が乗っていた気がしたのも良かったと思います(私の主観ですがね)

さて、最後に不遇な境遇を持ったあの二人にはどうなったのでしょうか(どうなるのでしょうか)。
ここら辺の余韻をもった終わり方も、映画的だと思いました。

・・・これって、ハリウッド映画的な何かにもできそうな作品ですよねぇ。
アニメ好きとしては、これで完結していてよいのですが。
この作品に共感して何か起こそうとしてくれるような人があちらにもいると嬉しいなぁ。

この作品は悪は悪でしょ、認められないってタイプの人には向かないと思います。いわゆる情をもって行動をしているのは一般人(詐欺師)だけで、あとは本当に仕事をしているだけです。
だからいいのですが、合わない人もいるでしょう。

でも、観る価値のある作品です。
私的には、機会を見つけてぜひ見てほしい作品です。
この手の荒っぽい作品では、珍しく、ちょっとオススメしたいと思える作品です。

投稿 : 2021/05/04
閲覧 : 729
サンキュー:

16

はく さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

細かいことは気にするな

このアニメは、アクダマたちが繰り広げる派手なアクションシーンが見どころ。
細かい描写がなかったり、辻褄が合わなかったりといったことは、このアニメにおいてはあまり重要でないと思います。
「おかしいだろ」とは突っ込まず、単純にアクダマたちの清々しい生き様を見て楽しめる人に向いてるのではないかと思います。

投稿 : 2021/04/06
閲覧 : 377
サンキュー:

2

ゲリオ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

尖った部分が光った名作

「先の読めない展開に見入ってしまったこと」&「完全オリジナルアニメだったこと」の2つを考慮して神アニメ判定!
本作を評価するのは非常に迷った。
なにしろ荒削りで癖の強い作品だったから。
男女問わず好きな人は好きって感じのアニメだと思う。
たぶん海外ドラマが好きな人向けだったかもしれない。

世界観は非常に独自で、おそらくは相当未来の日本が舞台だったと思われるが、時代や場所がなんだったか等ははっきり言ってシナリオ上どうでもよいこと。
そもそもにして各キャラクターの名前が誰一人として不明というトンデモぶり。
そのような異色設定の作品は過去に存在しなかったのではないだろうか。
主人公たちは「詐欺師」「喧嘩屋」「ハッカー」「殺人鬼」etc…全員犯罪者。
通称「アクダマ」と呼ばれる凶悪なキャラたちが画面狭しと派手に暴れまわるクライムアクション。

正主人公(ヒロイン)ポジである詐欺師は、騒動に巻き込まれた一般人の女性だが、他のアクダマ達は正真正銘の悪人。
物語内でおそらくは善良であろう一般の警察官を殺しまくる場面もあり、若干の嫌悪感を抱きつつも、そこはもうそういう世界と割り切るしかない。警察内に処刑課などという精鋭部隊が存在しとるし。
アクダマたちはアニメ中盤前までは、共通の目的のために協力し合う姿勢を見せる。
その辺りまではコメディ要素も豊富でどちらかと言えば楽しいストーリーであり、アクダマ全員が魅力的なキャラクターに描かれていた。
ところが物語が終盤に近づくにつれ、シリアス要素が深まるとともに、アクダマの数人は悪人としての本性を表し始め、味方側と敵方に明確に分かれていく。その過程が非常に見所があった。
そんな中、大した悪党でもないのに偶然騒動に巻き込まれた「チンピラ」の立ち位置が視聴者にとって共感を持ちやすいキャラに仕立てられていて面白かった。

ストーリーの細かい感想を書くとネタバレになるので避けたいが、最終的に7人のアクダマたちは全員壮絶な生き様を魅せる。一般人の詐欺師やチンピラも含め。
「とりあえず見てない人は見てください。配信サイトに加入するなりビデオレンタルするなりして。」としか言えないわ。
そんなわけでオススメ度も高めかな。間違いなく合う合わないはあるだろう
けど。
アクダマ以外のキャラクターでは、やっぱり超人たちと互角以上に渡り合った処刑課師匠(cv大塚明夫)も敵ながら格好良かった。
逆に処刑課ボス(cv榊原良子)はクソババア感が視聴者のヘイトを貯める憎らしいキャラに仕上がってた。ちょっと"PSYCHO-PASS"の局長とキャラが被ってたけど、いつも冷静な声の榊原さんが裏声で恫喝する珍しいシーンもあって良かったね。

本作のシナリオを原案したのはゲーム"ダンガンロンパ"のライターさんとのことで、たしかに独特な世界観や演出、細かい部分は気にすんな的なノリは同作に通ずるものがあった。
自分はゲームは楽しんでプレイしたが、アニメ"ダンガンロンパ"は割と残念な出来だった印象で、数年後制作された"ダンガンロンパ3"はアニメオリジナル作品として満を持して企画されたものの、評判は散々だったと記憶している。
ゲームとアニメの脚本作りの違いに失敗した形だったが、アクダマドライブはそのリベンジを達成した事に値する作品だったと思う。
こういうライターさんがアニメ業界に進出してくれるのは、オリジナルアニメ不作の時代に大変喜ばしいことだと思うので、また次回作にも期待して良いのだろうか?

長々と書いたわりには、ネタバレを避けたいがあまりやや抽象的なレビューになった感が否めない。とりあえず大変面白いアニメだったことが伝わってくれたら幸い。
主要キャラが悪人かつ全員固有名が無い、そんなオリジナリティあふれる設定に、海外ドラマばりに続きが見たくなるシナリオの中毒性、そしてスタイリッシュに動きまくるハイスピードアクション、これはもう名作判定して問題ないだろう。
色々と尖った作品ではあったが、そのほとんどが良い方向に尖ってた。
1クール限りでしっかりと結末まで描いてくれたことも最後に特筆してレビューを締めたい。

投稿 : 2021/03/30
閲覧 : 388
サンキュー:

6

ネタバレ

匿名係長 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

高評価多いですケド、、、

犯罪者=アクダマ
アクダマ達が理不尽且つ法外な報酬によってミッションを遂行する話。

んー。。。
派手なアクションが評価されていますね。
確かに他の作品には無い部分ではありますが、
そんなに評価高い作品ですかね?

正義とは?悪とは?
そんなもの、この物語には必要ありません。

正義が勝つとか、悪が滅びるとか、そんな事もこの物語には関係ありません。

『最終的にそうなっちゃった』それだけです。

正義側にも悪側にも立っていない。
正義のための理不尽、悪だからこその兼ね合い、ラストにはどちらが勝つと言った終着点すらすっ飛ばした作品です。

はっきり言ってしまえば、納得いかない。

アクションの派手さはあっても、物語としての痛快さ、爽快さ、意外さ、楽しさは殆ど無い。

{netabare}
不死身に生み出された実験体(兄妹)が、アクダマ達を首輪爆弾で強制的に自分達の救出ミッションを発令。
(その場に居たという理由で『一般人』もゲームに強制参加)

色々な思惑で裏切るアクダマや死ぬアクダマ。

何とかミッション達成するも、結局囚われる不死身な兄妹。

それを助けるために奮闘する元一般人やアクダマ。

結局元一般人含め、アクダマ全員死亡。

不死身の兄弟はよく分からない目的地にたどり着いたのかなぁ?で終了。

強制的に一般人含めたアクダマ達を巻き込み、何となく可哀想な雰囲気を醸し出してる兄妹を演出し、最終的に自分達だけ助かる。

自分は騙されません。
一番のアクダマはこの兄妹です。
{/netabare}

まぁ、ハッキリ言ってしまえば謎展開です。

確かに、勢いで一気に見せるような演出は素晴らしいと思いますし、つまらないかと言われるとそうでも無いです。

しかし、物語の芯が無い。
見る人を選ぶ作品だと思います。

個人的には、そこそこ低評価です。
内容はつまらなくない。
展開やラストに納得できない作品でした。

高評価多い作品で『何故こんなに評価高いの?』の部類に入る作品だと思います。

バッドエンド系が好きだったり、展開における『何故そんな考えに至るのか?』と言った疑問を持たずに視聴できるなら楽しめなくはないかと思います。

投稿 : 2021/03/25
閲覧 : 606
サンキュー:

10

ネタバレ

ウィラード さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

アニメ作品数の割合で見れば数少ないディストピア系の作品

多分このアニメが評価が比較的高い方なのは
単にこうしたディストピアアニメがあまり割合で言えば少ない為だ

サイコパス筆頭にそうしたアニメは度々作られているが
アニメ数の割合では少ない為新鮮がられてると言った方がいい
(異世界系も同じ理屈だと思う)

最初の出会い方の突拍子の無さが良かった
巻き込まれる感じで展開していってどんどん進んでいく感じ

デカダンスとかサイコパスが楽しめれるなら
同様に楽しめそうな気はする


一応最後まで飽きずに見れた
OPEDは全てスキップした
最後が よくある どうなったのかを考えるような終わり方だったんで
好み分かれるかなとも思った

投稿 : 2021/03/15
閲覧 : 300
サンキュー:

8

ネタバレ

CiRk さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

全体を通して、見てる側を飽きさせない派手な作品でした。
最終回もバッドエンドとはいえとても綺麗にしめられていたと思います。
突っ込みどころはあるものの、この作品はそういうところを気にせずアクションを楽しむ作品だと個人的には思っています。

投稿 : 2021/03/14
閲覧 : 353
サンキュー:

4

haru さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

いい感じ!

アニメの場面変更が、近未来感ありました。映像も綺麗で、戦闘シーンも画角が転換したりと迫力あって好きな感じでした。内容は深すぎず浅すぎずといったところでしょうか。主人公が、不良グループ(アクダマ)に巻き込まれて闘う中で、本当の悪とは何かを見つけていくというありそうな展開でしたが、雰囲気は他にない作品で結構気に入りました。

投稿 : 2021/02/27
閲覧 : 134
サンキュー:

2

ネタバレ

たわし(爆豪) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

シナリオが面白い

ダンガンロンパシリーズの原作者である小高 和剛さんは、絶対に人間を「性悪」だと思っているだろう。

思っていなければ、デス・ゲームなど考えないだろうし、こういったどう考えても反社会的な作品は作らない。

非常に内容としてはサイバーパンクしていて面白いだけでなく、ダンガンロンパと同じく個々のキャラクターも非常に立っていて、掛け合いだけでも見ていて面白い。

あとはどれだけ、世界観をまとめあげるかだが、おそらくこれもまたダンガンロンパと同じくらい「どんでん返し」が待っているだろうと思う。

全話視聴:意外性や最後のどんでん返しはありませんでしたが、かなり硬派な良いSFアニメだと思いました。「鬼滅の刃」と同じく、「自己犠牲」や「他者への無償の愛」が2020年代を代表するキーワードになりそうです。

投稿 : 2021/02/24
閲覧 : 861
サンキュー:

27

ネタバレ

qQdsi02419 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.5
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

とっちらかったアニメだった。

ペルソナスタッフと声優で何とか形にはなったアニメだと思うが…終始ふわふわしてました。

エグくしたらとりあえずウケると勘違いしてる感が強い。
1話開始30秒までには攻殻機動隊と間違えました。
ストーリーの流れは北野武監督の「アウトレイジ」そのもので登場人物は全て悪玉(犯罪者)これの超劣化版。

細かい所の描写や繋がりが全く無く、例えば医者が上半身と下半身を腰から真っ二つに切断されたら場面切り替わったら縫合完了からの全快…えー…
なのに首の頸動脈のみを切られて縫合出来ず死亡…
んー腰から下真っ二つを瞬きくらいの速度で縫合出来るのに不思議だ。

悪玉の個々の特殊能力も余裕で人間じゃなく最初はミュータントと思って見てました。普通の人間設定なのは無理やりすぎかな。

投稿 : 2021/02/20
閲覧 : 218
サンキュー:

3

大貧民 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

見応えがあった秀作。

昭和レトロとサイバーパンクに、大阪の雑多なテイストが相まったの独特の世界観。
メインキャラのアクダマ達が全員、名前ではなく「運び屋」「殺人鬼」「喧嘩屋」「チンピラ」等で呼ばれるある意味判りやすさ。
冒頭、一般人が極めて良識人であるのにモラルに頑なな所のあるため、屋台でトラブルとなり警察に突き出され、運悪くアクダマ達に殺されそうになり、とっさに「詐欺師」を名乗り成り行きでアクダマ達と仲間として行動を共にする事に。
関西が関東との戦争に敗れ支配下におかれていたり、警察の組織として「処刑課」というとんでない部署があったりと、かなり設定が突拍子もなく凝っている。新幹線が信仰の対象だったり。
基本、モブは簡単に殺されて行くので、ひょっとしたら見る人を選ぶかもしれない。とにかく人がよく死ぬ。

中盤以降、物語が大きく進んでゆくと、同行者が減ってゆく中、登場人物達のそれぞれの信条や矜持や欲に忠実な様々な描かれ方してゆく。
けっこう印象的なシーンが多く、本作は極めて見応えがある。

お子さまにお勧めは出来ないが、多くのアニメファンに勧めたい作品。

投稿 : 2021/02/16
閲覧 : 152
サンキュー:

4

うにゃ@ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

兎に角ストーリー展開がいい

緒方恵美さんがいるのも含め演出や雰囲気がダンガンロンパに似てるなぁと感じてたらシリーズ構成が同じ人だった。

ストーリー展開が予想通りに気持ち良かったり、予想以上で気持ち良かったり、兎に角進むにつれ主要キャラがしっかり見せ場を作って脱落していくのが良い。話のスピード感も気持ちがよかったし1クールできっちり終わる良作。
また、各々のキャラクターも突出した個性が目立っていて王道キャラだけど魅入られるキャラ達だった。特に詐欺師への成長っぷりは最後に魅入られる。

世界観もよく、大阪の住人なだけに、関西をデストピアにアレンジしてたのは個人的に楽しめた。

あと、榊原良子さんの処刑課の演説はヘルシングのインテグラルに寄せてるのだろうけど、被って聞こえてた。
OPもよく加点

100点中84点

投稿 : 2021/02/13
閲覧 : 179
サンキュー:

6

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

500円の奇跡?

オリジナル作品(2021.2)
デジタル化が進んだ近未来の日本が舞台でいいのかな?7人のアクダマ(犯罪者?)が人生で求める理想や執着、価値を供物と呼ばれる兄妹との出会いを通して更に高みへ昇華させていくノンストップアクションアニメと言ったら大袈裟だろうか?
このドライブは「運転」というより「駆り立てる」「気持ちを高めろ」といった感じの意味ではないかと思う。
結構グロ要素も強めだがむしろこの世界観の中では違和感がない。


私のツボ:ネコが出てっきちゃあなぁ・・・見るわなぁ

投稿 : 2021/02/09
閲覧 : 164
サンキュー:

7

ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

[短い感想;全12話視ました。]次が気になる展開の連続と、時々胸の空く思いがあったり、なかったり。

視聴前情報は特に集めていません。原作情報も知りません。
視聴時の記憶だけを頼りに下の文章を書いています。なので、誤解釈、御理解、誤記憶があった場合は御容赦下さい。

スピード感があり、ハラハラドキドキの展開。そしてひょんな事からアクダマ(詐欺師担当)にされてしまった一般人の大活躍。他にも様々な能力特技を持つプロフェッショナルたちが、権力の権化「処刑課」と戦います。
 1話目を視たときは、何故かワタシ的にあまり関心が湧かず、実は視聴継続をどうしようかなと迷ったのですが、2話目以降は完走しようと思いました。シンカンセンとかカントーとかカンサイとかをキーワードにしたおふざけな世界観、謎の依頼人(ネコ)、これらのような謎の設定の意味や理由が知りたくなりました。
 最後までスピード感がある展開が楽しませてくれました。管理抑圧社会や権力や教育TVをパロっている訳ですが、そこで勝負をするよりもエンタメ性を重視してどんどんお話を進めていってくれました。視て良かったと思います。

投稿 : 2021/02/07
閲覧 : 129
サンキュー:

10

ネタバレ

フィリップ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

カントウへの憧憬は消えたのか

アニメーション制作:studioぴえろ、
監督:田口智久、シリーズ構成:海法紀光、
ストーリー原案:小高和剛、
キャラクター原案:小松崎類、田口智久、
キャラクターデザイン:Cindy H. Yamauchi、
原作:ぴえろ・TooKyoGames

80年代からアニメ制作を行ってきた
老舗の制作会社、studioぴえろのオリジナル作品。
原色系の派手な色遣いの作画は、
『ダンガンロンパ』を彷彿とさせる。

500YENを拾ったことから
アクダマ(犯罪者)認定された一般人が、
ほかのアクダマたちとともに、ある荷物を強奪する
仕事を請け負うところから始まる物語。
周りは一癖も二癖もある凶悪犯罪人だらけ。
どこか見覚えのある展開だと思ったら
ニコラス・ケイジ主演のアメリカ映画『コン・エアー』だった。
こちらは、運悪く犯罪者になってしまった男が、
懲役年数の長い囚人専門の輸送機に乗り込むことになり、
周りの凶悪犯罪者によるハイジャック事件に
巻き込まれるというもの。
おそらくこの作品が土台ではないだろうか。
輸送機が新幹線に変えられ、関東から関西への移送という
ところにSFの謎を盛り込んでいる。
アクダマたちの無類の強さは、『デュラララ!』を想起させるし、
アクダマ認定は『サイコパス』にも影響されている。
カントウの謎についても既視感がありすぎて凡庸。
さらに、手垢に塗れた『胡蝶の夢』を取り上げるなど、
せっかくのオリジナル作品なのに、
多くの部分でツギハギ感のある印象を受ける。

ただ、1話ずつでそれぞれ見せどころを作って
視聴者を引っ張っていく全体の構成は上手い。
謎とアクション、右往左往する一般人のCV黒沢ともよの
演技は好感で、独特の作画によって物語に引き込む。

輸送する荷物の謎。
依頼者は一体誰なのか。
カントウとカンサイにおける関係性とは。
巻き込まれただけの一般人が選択する決断。

キャラクター全員が個性的で
展開が目まぐるしく変化するジェットコースターストーリー。
アクダマたちが皆、得意なものを持っており、
それを活かしながら問題を解決していくのは、
爽快感もある。{netabare}また、そのなかにあって、
一般人とチンピラは、何の力も持っていないという
設定が、物語を意外な方向へ導く。{/netabare}
時おり挟まれる、カンサイの教育番組の
ウサギちゃんとサメくんがアクセントになっており、
ラストでは意外な方向で役割を果たす。

ただ、世界観や全体のストーリーを動かすことばかりに
気を取られているせいか、7人のアクダマや
処刑課の面々が描写不足のため、
その行動原理が分からない。
どうしてそんなに必死になっているのか、
伝わってこないため、物語に入り込めないのだ。
凶悪犯罪者たちは、何のために生きているのだろう。
主人公の一般人にしても、普通のOLだった
ただの真面目な女性が、どうして犯罪者たちと
ともに大胆な行動をするようになるのかという部分の
説得力が圧倒的に不足している。
やっていることは、面白い部分もあるが、
どのキャラクターにも心情を重ねられる部分がないのは、
物語を構築する上での失敗だ。
登場人物が多いので、過去を説明する必要はないが、
インサートカットなどで、もう少しキャラについて
イメージさせてくれるだけでも印象は変わったかもしれない。
運び屋については、「胡蝶の夢」の部分で
イメージはさせてくれたが、一般人と運び屋については
せめて、もう少し突っ込んだ描写が欲しかった。

とは言え、全体的に見ると、きちんとまとまっているし、
最後まで視聴者を引っ張るだけの牽引力はある。

関西の人々が抱える関東への憧れ。
辿り着いてみると幻想だったということか。
(2021年2月6日初投稿)

投稿 : 2021/02/06
閲覧 : 457
サンキュー:

42

次の30件を表示

アクダマドライブのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
アクダマドライブのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

アクダマドライブのストーリー・あらすじ

遙か昔、カントウとカンサイの間で戦争が起き、世界は分裂した。カンサイはカントウの属国となり、独自の発展を遂げていった。しかし、政治と警察力は衰退し、犯罪が横行。その犯罪者を“アクダマ"と呼ぶ――。 本作品の舞台となるのは、高度に発達しながらも歪んだ社会。その中で、アクダマたちはいかにして自分らしくあろうとするのか。一堂に会したアクダマたちの美学がぶつかり合う。(TVアニメ動画『アクダマドライブ』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2020年秋アニメ
制作会社
ぴえろ
公式サイト
akudama-drive.com/
主題歌
《OP》SPARK!!SOUND!!SHOW!!『STEAL!!』《ED》浦島坂田船『Ready』

声優・キャラクター

黒沢ともよ、梅原裕一郎、武内駿輔、堀江瞬、緒方恵美、木村昴、櫻井孝宏、大塚明夫、花守ゆみり、榊原良子、内田真礼

スタッフ

原作:ぴえろ/TooKyoGames、ストーリー原案:小高和剛、キャラクター原案:小松崎類
監督:田口智久、副監督:笹原嘉文、シリーズ構成:海法紀光/田口智久、キャラクターデザイン:Cindy H. Yamauchi、メカニックデザイン:山本翔/宮川治雄/常木志伸、美術監督:谷岡善王、美術設定:青木薫、色彩設計:合田沙織、編集:三嶋章紀、撮影監督:山田和弘、CG監督:藤谷秀法、音響監督:長崎行男、音響制作:デルファイサウンド、音楽:會田茂一/井内舞子

このアニメの類似作品

この頃(2020年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ