「シドニアの騎士 第九惑星戦役(TVアニメ動画)」

総合得点
73.0
感想・評価
739
棚に入れた
4033
ランキング
667
★★★★☆ 4.0 (739)
物語
4.0
作画
4.1
声優
3.9
音楽
3.8
キャラ
4.0
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

たわし(ガガ)

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

「古風」なSFロボットアニメ

ハードSFで設定もかなり作りこまれていますが、1980年代のリアルロボット路線の匂いを感じるアニメ作品でした。フルCGの映像以外は全く目新しさがなく(笑)

「トップをねらえ」やその他SFロボットOVAを観てきた人たちには訴求力が薄いかもしれません。

ポリゴンピクチュアズは非常に手堅いアニメを作っていますが、デザインやストーリーの構成、演出が未だに古く、アメリカのハリウッド特撮なんかに比べると足元にも及ばないのが現状でしょう。まあ、予算も100倍くらいちがうので当たり前ですが。

映像面ではもはやハリウッドには勝てないので、もっと日本らしい独自のアニメのつくり方で勝負したほうが良いのかと思われます。

投稿 : 2019/07/14
閲覧 : 131
サンキュー:

8

シン☆ジ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

これは名作でしょう

思えば1期は友人に面白いとすすめられ。。。
ロボット系か。。。とか思いながら半信半疑で見てみたら。。。
なにこれとんでもなく面白いwww
宇宙戦艦ヤマト、エヴァンゲリオン、進撃の巨人等を初めて観た時と同等あるいはそれ以上の衝撃を受けたと言ってもいいでしょう。

そしてこの2期は、もう神以外のなにものでもない。
原作を全巻揃えただけじゃ飽きたらず、
アニメは個人最高の6周してしまいましたww

世界観、全体ストーリー、各エピソード、キャラクター、そして音楽。
そのどれをとってもかなりの名作だと思います。
絵に関しては背景や建物や戦闘シーンが秀逸な反面、人物(特に顔、表情)の面で
違和感を感じましたが、観ていくうちにだんだんと慣れ、しまいにはそれが味に思えてきました。

東北地方では地上波オンエアされていないせいか認知度が低いのがもどかしいです。
ロボットものというジャンルに分けられてしまうとそれだけで敬遠され方もいるかも知れませんが、そのせいだとするととてもとても残念です。
これはもっと国民的アニメな存在になっていい作品だと思います。

投稿 : 2019/06/04
閲覧 : 147
サンキュー:

22

ネタバレ

taijyu

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

とても面白いSF。でも1期と比べると…

1話感想:
純粋に前の続きですね。一話から前クールのテンションのまま話が進みます。これからが非常に楽しみです。海苔夫…。
新規には良くわからないのでは、という気もしますが、私は新規ではないので何も問題はないです。

全話感想:
基本的にはさすがのクオリティで、とてもおもしろかった。
…しかし、一期に比べて、生きるか死ぬかの手に汗握る緊迫した戦闘シーンが少ないかな。
ガウナの倒し方が確立されてしまい、作業的になっているので、1匹を倒すのにも人類の存亡を賭けなければならなかった1期と比べると緊迫感が乏しい。
それがそのまま一期に比べるとイマイチかな…という不満になってしまう。
でもまあ十分水準以上に面白く、とても楽しめました。

投稿 : 2019/04/30
閲覧 : 48
サンキュー:

4

ネタバレ

プクミン

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

触手系ヒロイン

『第九惑星戦役』という名のシドニア2期です。
色々あって、船は一体どこへ行くのか?

{netabare}
エナ星白というものから人工的に作り出した『つむぎ』。触手系ヒロインの誕生の瞬間だった!!
彼女の凄いところは、その体を駆使して、配管を通して移動したり、くねくね動いたり、人のような行動と取るところです。
特に主人公の長道にご執心の様子で、触手枕、触手じたばた、いつも長道と一緒にいたり恥ずかしがったり何なり。
可愛すぎる。

しかしイザナが途中から女性化し、長道に急接近!!
9話で長道がイザナと一緒に遊んでいるところを目撃した時のつむぎと緑川の反応!特につむぎ、顔、いや触手押し付け過ぎ!!
可愛い。

なので2期は主に、つむぎの活躍を見る感じになります。
戦闘でも強く、日常会でも強く。

絶望的な状況にも関わらず笑えるシーンも多く、ついツッコミを入れたくなる辺りも良いですね。
{/netabare}

OPは相変わらず耳に残る、作品にあった良いものです。

老人達のごちゃごちゃした内容は良く分かりませんが、相変わらず世界観は良いです。
2期になっても『ガウナ』が良く分かりませんね。

全体を通してとても楽しめました。
オススメです。

投稿 : 2019/04/09
閲覧 : 72
サンキュー:

10

三毛猫メリー

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

シドニアの騎士2期

過去に視聴済み。

1期に劣らず面白かった。
星白のことやつむぎのことなど
理解が追いつけない部分があったので
もう一度見るか原作読むしかないかなと思っている。

投稿 : 2019/02/03
閲覧 : 63
サンキュー:

8

ネタバレ

oneandonly

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

美しく、グロテスクな世界

世界観:7
ストーリー:6
リアリティ:6
キャラクター:6
情感:5
合計:30

<あらすじ>
太陽系を滅ぼした謎の生命体・奇居子(ガウナ)と交戦しながら新天地を目指す播種船シドニア。めざましい戦果を挙げる衛人(モリト)操縦士・谷風長道(ナガテ)は、操縦士訓練生の憧れとなっていた。しかし、本人が気にしていたのは外生研から消えたエナ星白の行方ばかり。一方、衛人操縦士・岐神(クナト)海苔夫は、科学者落合の研究所を訪れていた。封印されたその場所で、岐神が見たものとは…。
(公式サイトより)

第1期から続けての視聴です。

まず、3話のドアをぶつけられるシーンが異色でした。5話以降にもスローモーションバイオレンスが時々繰り広げられるのですが、作風がシリアス寄りなので、ここ笑ってよいのかな? と戸惑いながらニヤリとしていました(笑)

{netabare}ツムギというガウナっぽいのに強力で可愛い(キャラデザ的には気持ち悪さがあるのだが)仲間も出てきて、中性の親友イザナは女性に変化していくなど(元が男性のイメージのほうが強く、主人公も恋愛対象には見ていなさそうで複雑な人間模様に)、登場人物はテンプレとはかけ離れており、この作品の魅力に感じられるようになってきました。{/netabare}

バトルや高速移動(特に残光の表現)の作画はかなり良かったですし、多数での掌位も綺麗です。主人公最強なのでピンチを感じることはあまりありませんが。

キャラクターの作画が独特という話は1期のレビューで書いたような気がしますが、相変わらず不思議な感じで、モノローグなのか喋っているのかわからない場面もありました。

{netabare}星白は引っ張らなくて良いと思う派ですが、結局最後まで出てきましたね。船体内部に入り込んでナガテとキスをするシーンは、美しさとグロテスクさを融合していて印象的(多感な時期に見たらトラウマになりそう)でした。{/netabare}

全体的な評価としても、美しさとグロテスクさが混在するアニメで、自分はグロが苦手なため少し距離を置いてしまいましたが、好きな人は嵌れるかもしれません。最後の{netabare}過去に住んでいた場所に戻る話は、ナガテはヒロキが死んでから地下でずっと1人で生きていたという設定ですが、人間はそれでもその環境に慣れて生きていけるのか、何となく考えてしまいました。ゲームして、食べて、寝るしかないんですよね。ヒロキが遺言で、いつになったら階段を登れと目標を示してくれていたとかなら少しわかりますが、先の目標もなかったらゲームもしなくなりそうだし、生きていけないような気がしてしまいます。あと、言葉も喋れなくなりそう。{/netabare}

OP「騎士行進曲」は今回も嵌り曲でしたね。しかし、最後に流れた1期のOP「シドニア」を聴くと、やはり神曲は1期のほうですね。

<2019.1.24追記>
世界観の評価基準変更に伴う調整です。OPを久しぶりに視聴しました^^

(参考評価推移:3話3.8→7~9話3.9→10~12話3.8→調整3.7)
(2017.5視聴、2019.1調整)

投稿 : 2019/01/24
閲覧 : 139
サンキュー:

24

ネタバレ

アオイ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

よかったが

この後が気になり調べてみた
{netabare}
長手とつむぎが結婚し
イザナとサイボーグで男になったゆはたが結婚するらしい。

最終的につむぎがどのようになったか画像を検索したがどういう姿になったかわからなかった。
長手は星白の娘のようなものと結婚したことになるのだろうか。。
{/netabare}
今更3期は作られないだろう。

投稿 : 2018/09/02
閲覧 : 94
サンキュー:

2

ネタバレ

shino73

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

SFファンに捧ぐ

2期では日常パートを増やし、
キャラの背景に焦点を当てた。
ラブコメ要素が増え物語に感情移入がし易くなった。
シリアスな作品だけにシュールな笑いが余計に笑える。
音響効果は変わらず凄い。

白羽衣つむぎの登場。
人類とエナの融合個体。
旧約聖書の怪物、まるでリヴァイアサンだ。
獅子奮迅の活躍。
デザインがいい。声もいい。
まさかピンク色の胞手に萌えるなんて。
不思議な体験、やはり愛嬌かな。

狂科学者落合の登場。
シドニアを蝕む悪意。
不滅の肉体。
種という概念からの解放。

{netabare}原作では「大シュガフ船(ガウナの母船)」との、
激しい戦闘で幕を下ろしましたが、
アニメでは因縁ある「紅天蛾」との戦闘がクライマックス。
11話は驚愕「つむぎVS紅天蛾の空中戦」
「巨人から逃げるイザナ」驚くほど動く動く。
そしてエナ星白との邂逅。{/netabare}

傑作SFアニメの称号は揺るぎませんね。

投稿 : 2018/08/17
閲覧 : 368
サンキュー:

57

ネタバレ

にゃん^^

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

シドニアの騎士の2期だけどもしかしてハーレムバトル?

1話目
{netabare}
クナトさんって
ちょっと変わったのかなぁって思ったけど
やっぱり自分のことしか考えてないみたい
封印されてた研究室に入って
落合に寄生されちゃった(うわぁ。。気もち悪い)

落合は
「不滅な肉体を持った完全な生命が1つあれば。。」って
思ってるみたいだけど
1つ(1人)しかいなかったら
きっとつまらないんじゃないかな?

エナのホシジロを持ってって
クナト開発で研究して
ガウナ本体貫通弾を大量生産したりはじめたけど
何がしたいの?

って思ってたら
今までの方法でやっつけるのがむずかしいガウナが来て
みんな苦戦してたら
白羽衣つむぎ?。。

声優さんは
やっぱりホシジロさんとおんなじ人だったけど
もしかして
エナのホシジロを改造したとかなのかな?

ナガテは
エナのホシジロがいなくなって落ちこんでたけど
ホシジロさんのこと好きだったんだよね。。
はじめはホシジロさん
次はエナのホシジロ
それでこんどは白羽衣つむぎ。。

今までシドニアの騎士って
ガウナと戦う人間たちのおはなしかなって思ってたけど
ほんとは
ナガテとホシジロさんのラブストーリーなのかも☆
{/netabare}

2話目
{netabare}
つむぎって生まれたばっかりだったんだ。。

体が大きくってモンスターみたいだから
みんながこわがるのは分るけど
物をぶつけたりしたらかわいそうだなぁって。。

ナガテとイザナが遊びに行ったとき
出てきたつむぎは
ちょっと気もち悪かったけどかわいかったね☆

小林艦長はクナトが落合だって知ってるのかな?
もしかしてあやつられてたりするのかな?
不死の船員会の人たちを
落合のクローンに殺させて
落合が船をのっとろうってしてる?

どうなっちゃうんだろう。。
{/netabare}

3話目
{netabare}
シドニアの行く先は
小林艦長1人が決めるようになって

ただ
向こうから来るの待ってるんじゃなく
こっちから
ガウナの基地みたいなところを攻撃しに行くみたい。。


言葉がむずかしいなぁ。。
何回聞いても「大シュワクせん」って聞こえるけど
HPに行っても分らないの

ガウナの融合個体って
ガウナのホシジロさんと人間のハーフみたい。。
それで声がおんなじなんだ。。

でも
そのあとガウナのホシジロさんって
どうなっちゃったんだろう?

あと
ナガテが女子の着替え見ちゃったところは
戸がしまって
これで終わりなんだ?って思ったらバーン!!って
ナガテちょっとかわいそうだったけど笑っちゃったw

それでも
お。に。ぎ。り。。。ってw

ちょっとマジメなおはなとか
気もち悪いシーンとか多いから
たまにこうゆうおバカが入るとおかしいよねw

ユハタは何か気がつきはじめてるのかも?
ちょっとこわい感じ。。

レム恒星系から大きなガウナが攻めてくるみたい。。
つむぎが1人で行っちゃって囲まれちゃったけど
だいじょうぶなのかな?
{/netabare}

4話目
{netabare}
つむぎは囲まれたガウナを全部やっつけて
そのあと興奮しすぎて暴走はじめちゃった。。
止めようってしたイザナ機がこわれて
やっと気がついたみたい

それで
イザナを連れてシドニアに帰るとちゅう

ガウナ本体が
ヘイグス粒子砲になってシドニアをねらってきたから
何とか方向を変えたけど
そのまま連絡が取れなくなっちゃった。。
イザナは生きてたけど。。

そのあと
もう1発撃とうってしてるガウナの粒子砲に
ナガテが飛び込んで行きそうになったところ
ドキドキしちゃった。。

ほんとに飛び込まなくってよかった☆
でも
今回もつむぎは大丈夫なのかな?
{/netabare}

5話目
{netabare}
日常のおはなしかな?

イザナは生体再生は時間がかかるから
機械にするみたい

つむぎは組織の90%を失ってたけど
ほとんど回復してナガテと話せるようになった☆
うれしくってナガテはつむぎの端末に抱きついちゃった
つむぎのリアクションがかわいかったね^^

シドニアの逆噴射のときのどたばたは
「サカサマのパティマ」みたいだったね^^

つむぎを居住区に入れてあげたいってゆう
ナガテとイザナの思いはダメ出しされちゃったけど
なんとか
つむぎに居住塔を見せてあげられてよかった☆

あと
「現有兵器につむぎを加えても 
大シュガクせんにはとうていかなわない」
ってユハタが言ってたけどどうするつもりなのかな?
{/netabare}

6話目
{netabare}
ナガテは寮を出る日を忘れてて
とり合えずイザナのところに止めてもらったけど
つむぎもいっしょに住めるところをさがして
お引越ししたんだ。。


イザナの家でつむぎが出てきたとき転んで
ナガテが胸をさわっちゃったのはしょうがないけど
住居管理局の
女の子のスカートの中のぞいてたのはOUTだよね><
そのあと目をそらしてたし

ナガテってちゃんと男の子してるのに
イザナといっしょに住もうとかって平気で言っちゃうし
ふつうに友だちってしか見てないのかなぁ。。
何だかイザナかわいそう。。

あと
管理局から出てきたナガテ見て
ユハタが舌打ちしたところは笑っちゃった
それから
つむぎといっしょに寝ることになったけど
ナガテ寝にくそうだったねw


さいごは
エナで作った
重力子放射線射出装置(早口言葉みたいw)の実験

大成功だったけど
コード?みたいのが自分で勝手に伸びてたみたい。。
ガウナ化しちゃったりしないのかな?
{/netabare}

7話目
{netabare}
やっぱり
射出装置がガウナ化したみたい
でも
このまま開発を続けるって。。
何か大丈夫なのかな?

あと
恋愛系のおはなしで
焔はナガテが好きなのかな?
ツンデレみたいだよね^^

サマリさんからも
光合成したくなっちゃった。。ってw

それからイザナ
やっぱり女の子なんだね。。もう^^
お風呂トーク聞こえてたのバレて
ナガテにあたってたけど
いっしょに住んでてふつうにカップルみたい

惑星7第2衛星は
武器を捨てたのにガウナにおそわれたみたい
やっぱりシドニアの人の方が正しかったのかな
{/netabare}

8話目
{netabare}
今日のおはなしってやっぱりラブコメになるのかな?w

ナガテに
気もちが顔に出るって言われて照れてたつむぎ

ヤキモチやいたりして
なかなか素直になれないイザナ

そんなイザナを
ライバルみたく思ってるユハタが引っ越してきて。。

それに
イザナのおばあちゃんが
イザナの恋をかくれて応援しようってナガテをおどかして
極秘任務って言って2人をデートさせる計画したりw

でも
爆発事件のことで佐々木さんに
何かヒミツの相談とかしてたけど
そんなことしてても大丈夫なんだね^^
{/netabare}

9話目
{netabare}
おばあちゃんの命令で極秘任務デート

センシュウキョウってとってもきれいだね^^
清水の舞台がモデルかな?

無重力タイヨウ風呂で
つむぎも連れて来たいってナガテが言ったとたん
イザナはツンってなっちゃったけど
負けたくないって思ったのかな。。
いっしょに入ろうって^^

それで
おばあちゃんがカゲであやつってたの知って
怒ったイザナが
「ナガテはぼくのことなんてどうでもいいんでしょ!?」って
それでナガテが「ど。。」ってどうなったのー?

って思ったら
つむぎとユハタも窓に顔つけてて笑っちゃったw
2人とも気になるんだね^^

でも
そのあとイザナは急にあぶない偵察任務に。。
それで
ガウナの攻撃にあって。。


今回
ナガテとイザナの2人にラブラブな何かあったみたい^^
でも
前にもデート回のあとにホシジロさんが。。ってあったよね

ナガテとのデートって死亡フラグだったりするのかな?
今回はイザナ帰って来れるといいな☆
{/netabare}

10話目
{netabare}
先週のおはなしがちょっと長かったかな。。

イザナを助けるって言って
つむぎが暴走しそうになったから
クナトはつぐもり改二の試験にして
つむぎといっしょにイザナを助けに行ったの


また出た紅すずめ。。
たしかエナのホシジロさんだったと思うけど。。

シドニアの騎士って
人がたくさん死んだりするけど
ナガテのハーレムラブコメだって気がついたら
何だかちょっとヘンな感じかも^^
{/netabare}

11話目
{netabare}
ナガテはイザナともう1人の人を見つけて助けたけど
動けなくなってるつむぎを助けようとして
紅すずめにおそわれたの

紅すずめの触手が
つぐもり改二の操縦席まで入ってきて
ホシジロさんになった。。

エナのホシジロさんは
ナガテをどうするつもりなのかな?
殺そうって思ったらかんたんだって思うけど
そうしないのって
何か話がしたとかじゃないのかな?

ハーレムラブコメだから何かありそうで
ドキドキしちゃう。。
来週も楽しみ☆
{/netabare}

12話目
{netabare}
エナのホシジロさんは
ナガテにキスしようとしてたのかな?
舌じゃなくって触手を口の中に入れてきたけど
ナガテの体に入り込もうってしてるのかな?

このおはなしって
ハーレムバトルだってもう分ってるから
これってほかのおはなしだと
ラッキースケベとかになるのかもw

そんな感じだったけど
触手が口に入ってくるところは
気もち悪くってホラーみたいだったね><
そのあと
たくさんのガウナにおそわれたときも
どうなるの?ってハラハラした。。

でも
ユハタさんの作戦で
味方の人たちが助けに来てくれて
全部のガウナをやっつけてくれたところはすごかった。。
ナガテだけじゃなくって
みんなもがんばってるんだ☆って分ってよかった♪


そのあと帰るときも
ナガテがはだかのホシジロさんを抱いて
イザナが「なんて格好!」ってw

もしかしてこのおはなしが
ふつうの萌えキャラとかでやってたら
ふつうにちょっとHなおはなしになってたのかな?


それからおわりの方で
クナトの体に入った落合が
「オレの夢。。究極の生命への転生」って。。
融合個体みたいに強い
自分の新しい体を作ろうってしてるのかな?


あと
ナガテがもらった勲章。。

艦長はナガテを利用してるだけかもだけど
ナガテは本気でシドニアのため。。って思ってる

さいご
おじいさんのところに勲章残してきたところ
じわぁってしちゃった。。
{/netabare}

アニメの2期は終わっちゃったけど
おはなしは続いてるから3期もきっとあるって思う
早く来ないかな☆

投稿 : 2018/07/31
閲覧 : 819
サンキュー:

88

coco

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

じっくりと見たい!

重低音や効果音が素晴らしい。コミカルな要素も増えて面白さが倍増している。

投稿 : 2018/02/03
閲覧 : 72
サンキュー:

1

ネタバレ

合気道

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:今観てる

現状、日本が自信を持って世界に誇れるアニメ(の一つ)。

二期目だったんすか?! 知らずに相当観てしまいましたが、ヤマト、イデオンのリアル世代にも通用する面白さですね。
キャラの表情・性格設定に、もう少し個性あると良いよね。
ポリゴンピクチュア様の絵の綺麗さは反面、キャラを冷たくさせてしまうよね。
メカについては普通にかっこいいけど記憶に残る個性が無いんだよね。
前述、イデオンの機動メカだと、今でもガンガルブとかジグマックとか名前覚えてるし、イラスト描けちゃうもんね。
ポリゴンさん! もうひと押し! ゴジラも頑張ってね!

投稿 : 2018/01/25
閲覧 : 74
サンキュー:

5

阿紫カービィ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

桃源郷をみつけた!

一期の終り、彼岸花の様に美しいエナ白星…ペンを持って、もうそこに居ないエナに逢いに行くナガテ。
なんと悲しい終り…ナガテ君、凄くショック受けるだろうな、大丈夫かなぁ…と心配するあたし。

二期突入です。ナガテ君は普通でした。ここがナガテ君の面白い所、悲しみもすぐ癒える!

さてさて
ニューヒロインの登場、あたしは開いた口がふさがらなかった!一目惚れとはこの事!

見た目超タイプ!なんて可愛いの!
登場するたび、『キャー』ですよ。
おこたから出たり入ったりするシーンは可愛いすぎて涙が。
そこで『こらっ』って叱るユハタ。

(二期では『緑川司令補』の存在が物凄く大きかったと思いました。彼女がいたから、締まる、というか。)

戦闘シーンには痺れ、ほんわかシーンではキャー、で、相当忙しかった!

なんか言葉がまとまりません…とにかく素晴らしいんです!

印象的なシーンをもうひとついいですか?

サマリさんとナガテ君が居酒屋?に。
弱音を吐くサマリさん、『重力おでん』に夢中でよそ見しながらモグモグして、サマリさんの話はスルー…でも、聞いてたかのように励ますナガテ君!

ナガテ君は相当な『人たらし』です。

知人に似ている人が居ますが、罪ですよ!


シドニアには、奥ゆかしい女の子、格好いい女の人が沢山いて、秩序が保たれ、意地悪な人は何故か戦死します。


中性になって、シドニアに住みたいです。

いや、今から行く!



乱文失礼しました。

投稿 : 2017/11/05
閲覧 : 242
サンキュー:

30

ネタバレ

チョビ0314

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ラブコメの騎士

シドニアの騎士二期「第九惑星戦役」になり監督が静野孔文氏から瀬下寛之氏へ変わり、演出家も一期は安藤裕章氏で統一されていましたが、新たに吉平直弘氏が加わりました。
瀬下監督は後を引く展開に拘る方なので、一期に比べ次の展開が非常に気になる箇所で各話が区切られています。
特に先行上映された1話と2話は、その特徴が良く出ていたように感じました。
ハイクオリティな1話2話を一期終了後早めに発表し一期と同等かそれ以上の完成度を期待させる事で、二期放送開始迄の間ファンの興味を持続させるのに十分な役割を果たしたのではないかと。

さて先ず掘り下げてみたいのがキャラクターについてです。
物凄く強いけど何処か得体の知れない存在に見られていた谷風長道(たにかぜ ながて)が、数々の活躍から後輩に羨望の眼差しで見られる不動のスーパーエースへ。
衛人(もりと)操縦士としてライバルであった岐神 海苔夫(くなと のりお)。一部でクズのデパートとも称され人気を博した彼ですが、二期の開始早々科学者落合に乗っ取られ影で悪巧みする等、各キャラクター達の立場や状況がかなり変化します。
中でも一番変化したと言えるのが長道に想いを寄せるヒロインの一人科戸瀬 イザナ(しなとせ いざな)。
イザナの特徴といえば多彩な顔芸と性別が女性でも男性でもない中性という点。
しかし二期で彼女は性別を女性に決定したばかりか、戦闘中の負傷でダメージを負った左手と右足を機械式にするという「半機械化女性」へと特徴的な変化を見せてくれます。
その際に作中で凹凸が少ない華奢な体型から丸みを帯びた女性らしい体型へ変わるが、その変化がいきなりだと不自然に感じる場合があります。そういったマイナス面を回避する為、おそらく性別が固定されたであろう話で徐々にフォルムを変化させていました。
画像の細かい調整が容易なCGの利点を活かした良い表現方法ですね。

それからストーリーは展開が二面性を帯びました。
一方はキャラクター達の私生活を描く日常描写、もう一方がその裏で秘密裏に行われる政治的な暗躍や兵器開発等の描写です。
暖かな日常と厳しい現実の両方を同時進行で進めてくれたので、ある程度の緊張感を保てたまま惑星ナインの最終決戦へ物語が進んで行きました。

そうそう前作では少なかった日常描写がかなり面白くて、幾つか例を挙げると…
1,デレる素子、ではなくサマリ・イッタン。
2,コスプレ、お風呂シーン、操縦士服破裂などまで披露するイザナ。
3,失神する弦打。
4,女子士官用胸部衝撃保護帯(決してパッドではありません)で胸が膨よかに見えていたのとプラモデル好きがバレる緑川 纈(みどりかわ ゆはた)。
5、TV放送版では唯一のパンチラシーンもあり〼
6,まさかの原作者(ノコギリクワガタ)登場!
これ以外にも色々あるので十二分に楽しめると思います。

魅力的な音楽も健在でangelaさんのOPとカスタマイZさんのED、特徴的な効果音とBGMで作品を盛り上げました。
特にangelaさんの騎士行進曲は、一期のOP「シドニア」で印象深かかった「ウチクダケー」から始まる歌詞を又織り込んでくれたので、一期から見続けた人はとても嬉しかったのではないでしょうか。
三期があるのなら又是非angelaさんに楽曲を提供して戴きたいです。
ちなみに「ウチクダケー」ですが、作者さん自らTwitterでそれが何なのか書いてくれていますので、気になる方は調べてみて下さい。

あと多くの皆様が既に触れていらっしゃいますが、他に類を見ないヒロインが爆誕しました。
そう融合個体兵器「白羽衣(しらうい)つむぎ」です!
主に戦闘シーン等の宇宙空間で見られる禍々しくも優雅なドレスを連想させるフォルムの「大つむぎ」。
普段は凛々しく特出した戦闘能力を誇るけど、長道と関われば途端にデレるのも特徴です。
そのデレ方は実にスケールが大きく、ダイナミックに愛らしくモジモジして周囲の建物を揺らしちゃったりします。いやぁ可愛いですね!
一方で特にサマリ班の弦打に対して非常に素っ気ない態度を取ります。作中で彼に撃たれていたので実は根に持っているのかもしれないけど、まぁ弦打相手ですし別に良いのではないかと…。

更に大つむぎから伸び日常パートで特異な愛嬌を振りまいた通称「小つむぎ」。(大つむぎと小つむぎは一部での俗称で正式名称ではありません)
特に小つむぎが独特な動きをする際に発する風船を擦ったような効果音は、特徴的な動きと共に彼女の魅力を何倍にも引き上げています。
(「彼女」と称して良いのか微妙ですが、問答無用に可愛いし問題ないでしょう)
彼女は登場して暫くはシドニアの住人達から危険な存在と認識されるが、身を挺してシドニアを護るなどの功績から徐々に受け入れられていきます。
特に一度大破し回復中だった際、つむぎの安否を心配したシドニア住人からの贈り物が映ります。その中に子供が書いたと思われる寄せ書きや絵等があり、イザナの台詞のみならず映像でも彼女に対するイメージの変化が読み取れました。
播種船シドニアには男性、女性、中性、これに加え機械式義肢使用者など様々な種類の人々が暮らしているので、異形の姿にある程度耐性があり比較的つむぎを受け入れやすかったのかもしれませんね。(不死者も居るが一般人には秘匿されている為含まず)
今までのアニメには存在しなかった魅力で数多くのファンを獲得したつむぎ…本当に素晴らしいです!どんな形でも可愛いは正義!!

………さてシドニアの魅力といえば多彩なメカですが、その中でもやはり「衛人」の事を語りたいと思います。
一期では基本的にシドニア防衛の為に戦う描写が主でした。しかし二期になるとシドニア防衛だけでなく新兵器実験に警護、シドニアの補修や施設の設営作業等かなり増えています。
これはシドニアが防衛と同時に攻撃を始める準備開始という変化に起因しており、その顕著な例が惑星ナインで行われた奇居子掃討作戦。
今までは一方的に攻められその都度防衛する立場だったシドニアが、危機に陥った仲間を救出する為とはいえ星に寄生する奇居子を掃討するというのは、一期の戦闘と全く意味合いが違いました。
今後続編が制作される場合は更なる大規模戦闘が待っていると予想出来ますね。

SFならでは世界観を緻密なCGで表現しつつ質の高い音楽とキャストが物語を盛り上げてくれる本作ですので、一期に続き多くの方に見て戴きたい作品です。

おっと忘れておりましたが最後に1つ。
最終決戦での洲崎綾さんがスゴい!つむぎ、紅天蛾(ベニスズメ)、複製された星白閑(ほしじろ しずか)、この全てを演じていて、洲崎Vs洲崎の正にスーパー洲崎大戦!こういった面でもお楽しみ戴けると幸いです。

(一部に「ラジオ シドニアの騎士~綾と綾音の秘密の光合成」内での表現を使わせて戴きました)

投稿 : 2017/10/12
閲覧 : 121
サンキュー:

21

ネタバレ

アトランティス

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

衛(まも)り継ぐ意志と 尊き命

1期を見終わるまま2期へと突入、
2期は新兵器が続々と登場したり、1期の敵との清算をつけたりと
胸熱な展開が続きました。

あと「つむぎ」というワケアリな新キャラが谷風らの仲間に加わり
物語がより一層面白くなりましたね!

angelaのOPもパワーアップし(レビュータイトルに歌詞をお借りしました)
さぁ今回はシドニアどうなるかな~……、と思っていたら!

戦いはこれからだっ!で終わっているじゃないですかああぁぁ!笑

1期の敵との因縁の決着という点ではいい作りでしたが
散々設定をばらまいておいてそれがほぼ解消されずに終わったのは
これは難民が続出してもおかしくないですね…
シドニアロス難民はどこの植民惑星へ向かったら良いものやら…。

原作は既に15巻で完結していて、2期で倒しに行くぞとずっと言っていた
大シュガフ船を倒して大円満を迎えているので2期を2クールで
描いて決着まで見せてもらいたかったですね。
それか出血サービスで3期をやってほしい。。


2期1話冒頭で復活した落合、
シドニア内で着実にその根を広げていく謎の寄生生物、
昔の小林と食堂のクマさんのその後、
どこかへ飛び去った重力破壊機械ガウナ、
大シュガフ船戦、
落合(クナトに憑依している)が裏で作っている何か、

何も解決しておりません。^^;

こんなに気持ち悪い状況が続くのもあれなので
ぜひ制作サイドの方には3期または劇場版での
完結をお願い致します。

語りたいことは山ほどあるのですが
ぐだぐだと長文になってしまうと思うので
感想はここまでにします。


最後に1つ叫ばせてください、

緑川司令補あなたのことが好きだーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

投稿 : 2017/08/25
閲覧 : 118
サンキュー:

26

ネタバレ

たーきー999

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

引き続き面白い

結構ハラハラする。ストーリーも、おもしろい。おすすめ

投稿 : 2017/08/12
閲覧 : 73
サンキュー:

2

ネタバレ

〇ojima

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

今回はコメディーでしたか

{netabare} Ⅰ期はシリアスの中に笑いと恋愛があり
Ⅱ期は笑いと恋愛の中にシリアスあり
みたいな感じがしちゃいました。
Ⅰ期の絶望感ストーリーの方が好きですが
Ⅱ期のイチャイチャも楽しみでした。 {/netabare}
結局、Ⅰ期もⅡ期も良いということです。。。

投稿 : 2017/05/27
閲覧 : 265
サンキュー:

30

ダビデ

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

続編に期待してます。

一期から続けての視聴です。
一期と比べて、ハーレム感が増し、日常の話が増えたように感じました。
続編があるとするのであれば、バランスとしてとても良いと感じました。
総合的な評価は、話が完結してからですかね。
続編を心待にしています。

投稿 : 2017/05/07
閲覧 : 122
サンキュー:

10

ネタバレ

STONE

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

人間と非人間の織りなすラブコメ

 原作は未読。
 基本的な部分は1期のテイストを踏襲しているが、対ガウナ戦においては人工カビによる
対抗兵器の向上で、随分と絶望感は減った感がある。もっともガウナ側もそれに対するかの
ようにより強力になっている感があったが。
 更に本作でも大きな存在を放つのが、融合個体兵器である白羽衣 つむぎの登場で、主役で
ある谷風 長道と並んで二大エースといった雰囲気。
 一方、シドニア側は落合と小林の暗躍がそれぞれ進行しているが真相は明らかにならず、
今後の展開が気になるところ。

 硬派な印象のSFにラブコメ要素やシュールな笑いを放り込んでくるところは相変わらず。
 特にラブコメ要素の比重はかなり高くなったが、これは科戸瀬 イザナの女性化と、つむぎの
登場が大きかったみたい。
 つむぎに関しては当初は人間でない存在がラブコメ要員となることにいささかの驚きが
あったが、女性的可愛さと動物的可愛さを兼ね備えたような魅力的存在。人間に憧れを持つ
ところなどは可愛くもあり、切なくもある。
 そういう意味ではシリアス、コメディの両方の部分で、本作におけるつむぎの存在はかなり
重要なファクターになっているような感がある。
 このつむぎに対する谷風の思いだが、彼女に対して星白 閑の面影を見出しているようだが、
それだけでなく、1期における谷風が異質の者として疎外されていたように、本作における
つむぎも同じような立ち位置で、谷風はある種のシンパシーを感じていたのかもしれない。
 1期でも谷風に好意を抱く女性が次々と登場したが、本作はつむぎに加えて、
サマリ・イッタンも好意を抱くように描写があったり、好意とまで呼べるかどうかは
判らないが、谷風と和解しようとする仄 焔や、それを取り持とうとする仄 煉の描写など、
谷風ハーレムは増殖中といった印象。

 中盤においてはやや日常シーンが多すぎて、人によってはやりすぎと思いそうな感じだが、
それに対比するように終盤における第9惑星での激闘は凄まじいし、谷風の人工カビ刀を使った
戦闘などは1期には見られなかったもので、なかなかカッコいい。
 この終盤における紅天蛾のラスボス感もなかなか。

 ストーリー的にはいかにも中途な終わり方だが、1期の登場時においては異質な存在だった
谷風が、本作ラストにおける勲章授与に象徴されるようにシドニアの騎士の中心的存在に
なったというのはなかなか良い締め方だったのでは。

投稿 : 2017/03/20
閲覧 : 81
サンキュー:

6

ネタバレ

ニャンキチ君

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

「谷風さんヽ( Θ )ノ」「谷風さん」( Θ人 )」「谷風さん♡」(〃ノΘノ)byつむぎ

 シドニアの騎士 第九惑星戦役もついに終わってしまいました。毎回楽しみにしていた分谷風君や触手のつむぎちゃんに会えないと思うと寂しいです。ヽ(´Д`;)ノ

 1期は 寄居子(ガウナ)が100年ぶりに襲ってきて次々と大勢の方がお亡くなりになっていく悲壮感漂うシーンが多かったのですが、2期は谷風君が気になるイザナさん 緑川さん 融合個体のつむぎちゃん(触手のつむぎちゃんがとても可愛いのです。ほんとにこれ何萌というのでしょう。)とのラブコメも入っていて面白かったです。

 そして落合の野望も含め気になる展開でした。

 1期2期ともに映像 音響良かったです。堪能できました。

 原作未読なのですが この後凄惨な戦闘に入る前のほのぼの編の2期であった…。などという事がありませんように願いたいものです。続編求めます。

投稿 : 2017/03/18
閲覧 : 186
サンキュー:

46

ネタバレ

オブ

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

1期から引き続き視聴

ストーリーは1期からの続きなので先に1期を観てから視聴してください。
クオリティーは相変わらず高く、先が観たくなる構成は健在。
主な感想は1期を参照してください。

{netabare}とにかく個人的に言いたいことは8話のBLAME!が出てきた時は思わずこのクオリティーでリメイクしてくれ!!と願わずにはいられなかった。

最終回が、続きそうでもあるが良い締めくくりで満足。
最初1期のOPを聞いてなんだこのSF軍歌は…と思ったが最終回で流れた時は感動を覚えました。癖になるダサさ。いい意味で。
{/netabare}

投稿 : 2017/03/13
閲覧 : 105
サンキュー:

4

 (・ω ・

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ロボ系拒否ってたけど、面白かった

ロボ、宇宙・・・
なんとなく拒否してたけど、これは一期から通してしまった

理由としては

キャラ(絡み)が好み

流れがいい
ストーリーとして緩めるとこと締めるとこの強弱さ加減

声優がいい
デレタ少佐(田中敦子氏)が個人的にはツボでした

一話見て、ん?と思ったら視聴してみるのもあり

ダラダラしてないので
12話で期が終わるので、よくまとめられていて見やすい
いい作品だと思う

投稿 : 2017/03/11
閲覧 : 94
サンキュー:

6

ネタバレ

赤緑

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

[寸評] ラブコメ成分がアップ 後半は大味

漫画原作アニメの2期。1期のレビューも参照。

新しいヒロインが登場する。それもクレジットの順番からして正ヒロインだろうか。
ちょっと変わったヒロインだけど、大きかったりフワッとしてたりと可愛い。{netabare}人間じゃないけど。{/netabare}
それもあってか、ラブコメ度が上がり、日常パートが多いと感じた。

冒頭では「おっ?」って思った展開も、終盤はフツーのロボットアニメ的展開で終わったのでちょっと物足りない。


ED曲は好きじゃない。


ネタバレ欄。
{netabare}
人間を乗っ取るというSFらしい展開が良かった。こういうのがもっと欲しかった。

ゆはたのパッド設定は、アニメ製作上のミスから生まれたものだったのか。
それにしてもイザナはトランス・・・いや何でもない。
{/netabare}

投稿 : 2017/03/06
閲覧 : 83
サンキュー:

6

ネタバレ

k-papa

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

前作を見た人は絶対にハマる。

シドニアの騎士からの続きです。

前作よりさらに主人公の凄さが増す内容となってます。

いろんな意味でまさにSFです。

宇宙船、植民船、クーロン、不老不死、進化、未知の生命体等々。

それでいて、オール日本語表示。
ユーモアと愛があります。

原作は終わりましたが、このアニメは終わっていません。
最後までアニメ化して欲しいわ。

投稿 : 2017/02/09
閲覧 : 95
サンキュー:

7

いくす

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ハードSF+ラブコメ

播種船シドニアで暮らす船員たちが、新たに住む星を求めて宇宙を旅する。
しかし宇宙には人類の敵、ガウナが表れて、、、

シドニアの騎士の第二期。
初見の方は一期からをお勧めします。

本作は多少ハードSFからラブコメ寄りに寄ってく感じです。
といってもヒロインが人間と人間じゃない方がいますが。

個人的には人間じゃないつむぎさんが、とても癒し系で好きでしたw

投稿 : 2017/01/29
閲覧 : 101
サンキュー:

3

アクア

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ロボットアニメですが、それ以上に登場人物が魅力的です!

シドニアの騎士の2期で全部で12話あります。1期も同じです。
この作品はロボットアニメですが、よくありがちな肌を意図的に露出させるシーンや男と女を強引にくっつけたりする様な所があまり見られません。なので自分としては比較的違和感なく見ることができました。
すべてのエピソードが丁寧に作りこまれていますし、戦闘シーンも迫力あります。又、風景がすごくリアルで本当に綺麗だったり戦艦の絵が緻密に作成されているのは印象的でした。
そして何といっても、登場人物がとても魅力的です。主人公の谷風は決して自己主張は強くありませんが仲間思いで信念があり、心の強い主人公です。
又、個人的に好きなキャラなのですが、しなとせイザナという人物が本当に可愛いです。イザナは男でも女でもない中性的な人物で、思いやりがある優しい人間です。性格も良くてとても好きです。谷風とイザナの絡みは1期もありますが、2期から距離がグット近づいてきます。色々共感できる事もあって嫌悪感を全く感じませんでした。そういう所も楽しめる箇所だと思います。
まあこれは私の好きな箇所なだけなので、あまり参考にはならないかもしれませんが、他にも色々楽しめる要素はありますので是非気になった方はみてみてください。

投稿 : 2016/11/23
閲覧 : 95
サンキュー:

4

ネタバレ

ディルド村田

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

1から通しで観ました

やぱ絵も動きもすごく格好良い!!
すっごい好き

漫画のトキは
いやアニメのパート1でも
「掌位て まるでパーマンじゃん」
なんて思ってたのですが

パート2では
{netabare}
谷風とツムギの掌位が素敵すぎて
「掌位ぃ♥」
青い光とピンクの光が
おぉぉぉ
{/netabare}

ツルウチ
ちょっとしか出ないけど
彼 いつも面白いです

私もいつか誰かに言ってみたい
「俺と光合成しよ」

歌は相変わらず...ムズガユイ

ナイッ ナイッ ナイッ オッ シドニアッ アッ アッ
やぱムズムズします

エンディングは微妙

漫画はちゃんと終わったけど
アニメも最後までやってくれるのかな...

やってほしい!!

投稿 : 2016/11/15
閲覧 : 128
サンキュー:

6

かかってこいぴったん

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

音響、作画ともに最高峰の3Dアニメ

良かった点
・3Dアニメの作画の本気を見ました。3Dが嫌いだから食わず嫌いしている人にもオススメできるぐらい作画に本気を出しています。
・音響がすさまじいです。機体が近くから遠くに移動するときにちゃんと機体のSEも近くから遠くに移動してるのがはっきりとわかります。
・世界観の好みはとそれぞれですがSF好きな人にはたまらない雰囲気だと思います。
・一期は戦闘や世界観の説明がメインでしたが二期はキャラの掘り下げやコメディ的要素が強かったです
悪かった点
・ストーリーが完結しない。これは尺の問題でしょうがないですが原作のストックがあるので三期を待ちましょう


総評してかなりいい作品だったと思います。ロボット好きにおすすめです

投稿 : 2016/09/01
閲覧 : 97
サンキュー:

3

ネタバレ

退会済のユーザー

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

よりデンジャラスな宇宙の旅

謎の生命体ガウナ ブイエス 人類。
第2ステージ。

劇的に進化するガウナとの戦いは更に白熱。
ガウナが突きつけてくる絶望感はすごたん。
{netabare}物理的だけじゃない精神攻撃までしてくるし。{/netabare}
敵対する対象としての存在感とおどろおどろしさはUPUP。

主人公を主とする仲間たち。
その日常が比較的コミカルに明るく描かれていてよかった。ガウナの恐怖感ととっても対照的。
仲間意識と絆が深まってたし、それにより戦闘の悲壮感や緊張感もUPUP。

ガウナへの対抗措置?としてのいけない研究。あぶない研究。こそこそと。
{netabare}出来ちゃいました、ガウナと人類の融合個体。
巨体で人間とはかけ離れた異形の生き物。
なんだけど、これが可愛いハートをお持ち。
乙女心に見た目なんて関係ないんだから。
それから、仲間のピンチに身を挺する姿は感動なり。{/netabare}

ガウナのやばやば感、仲間たちとのわきあい感、研究のタブー感。
こんな1期にも増したいろいろ要素で、エモーションUPUPでした。

投稿 : 2016/08/15
閲覧 : 78

makiano

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

シドニアの騎士は好きなアニメの一つですが
ちょっと音楽が残念(好みじゃない)

話自体は面白いのでお薦めです。

投稿 : 2016/07/20
閲覧 : 76
サンキュー:

2

ネタバレ

lele

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

感想

原作を読んだ時ももちろんつむぎは好きでしたが動きと声が加わるだけでここまで可愛くなるのかと驚きました。
特にコタツのシーンが良かった。

ストーリーに関しても原作を上手く再構成できてるなと感じた。
構図だったり視点だったりも素晴らしく日常回も非常に楽しめた。

原作も終わったので3期に期待。

投稿 : 2016/07/19
閲覧 : 88
サンキュー:

2

次の30件を表示

シドニアの騎士 第九惑星戦役のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
シドニアの騎士 第九惑星戦役のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

シドニアの騎士 第九惑星戦役のストーリー・あらすじ

太陽系滅亡から千年、地下から現れた少年に、人類の希望が託された。
対話不能の異生物・奇居子(ガウナ)に太陽系を破壊されて千年。脱出した人類の一部は、巨大な宇宙船シドニアで、繁殖しながら宇宙を旅していた。生まれてから地下でひっそりと暮らしていた少年・谷風長道は、衛人(モリト)と呼ばれる大型兵器の訓練生となり、歴史的名機・継衛(ツグモリ)の操縦士となる。長未知が初めて異性を意識した少女、星白閑。初めて友達となった男でも女でもない人間、科戸瀬イザナ。長道の能力に嫉妬を覚える岐神海苔夫。寮を取り仕切るクマ型の寮母、ヒ山ララァ。宇宙船シドニアにおける”日常”の生活―恋、喧嘩、仲間との会話は明日も続くはずだった。再び奇居子(ガウナ)が現れるまでは…。
100年ぶりとなる脅威との遭遇に、人類は、長道は、何を選択するのか?
人類の存亡をかけた戦いが今、始まる―。(TVアニメ動画『シドニアの騎士 第九惑星戦役』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2015年春アニメ
制作会社
ポリゴン・ピクチュアズ
主題歌
≪OP≫angela『騎士行進曲』≪ED≫カスタマイZ『一筋の光明(ひかり)』

声優・キャラクター

逢坂良太、洲崎綾、豊崎愛生、櫻井孝宏、佐倉綾音、金元寿子、喜多村英梨、大原さやか、坪井智浩、子安武人、新井里美、田中敦子、本田貴子、鳥海浩輔、阪脩

スタッフ

原作:弐瓶勉(講談社『アフタヌーン』連載)、 監督:瀬下寛之、副監督:安藤裕章/吉平直弘、シリーズ構成・脚本:村井さだゆき、プロダクションデザイナー:田中直哉、造形監督:片塰満則、キャラクターデザイン:森山佑樹、CGスーパーバイザー:上本雅之/菅井進、バトルアニマティクス:大串映二、ストーリーボード:森田宏幸、音響監督:岩浪美和、音響制作:STUDIO MAUSU、音楽:朝倉紀行、音楽制作:スターチャイルドレコード、特別協力:静野孔文

このアニメの類似作品

この頃(2015年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ