オムニバスおすすめアニメランキング 26

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメのオムニバス成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年01月23日の時点で一番のオムニバスおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

60.9 1 オムニバスアニメランキング1位
闇芝居(第7期)(TVアニメ動画)

2019年夏アニメ
★★★★☆ 3.1 (16)
49人が棚に入れました
身の回りで起きる怪奇な都市伝説をテーマにしたホラーショートアニメ。第1期は2013年夏に放送され、“紙芝居”をデジタル表現でみせるという独特の昭和テイストで多くのファンを魅了。以降、2014年夏に第2期、2016年冬に第3期、2017年冬に第4期、2017年夏に第5期、2018年夏に第6期が放送された。紙芝居屋の“おじさん”役は、これまでのシリーズでも同役を演じてきた津田寛治が続投する。

声優・キャラクター
津田寛治、村井良大、吉村駿作、篠田諒、大赤見展彦、沢井正棋、長谷川里桃、堀越せな、小珠ひかる、西谷有機、太田彩華、七瀬大空、中村久美、和泉紗江、中込佐和子、安藤一夫

66.3 2 オムニバスアニメランキング2位
踏切時間(TVアニメ動画)

2018年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (141)
525人が棚に入れました
踏切で足止めされている間に繰り広げられる、女子学生を中心とした人々のやりとりを切り取った日常系オムニバス作品。

声優・キャラクター
千本木彩花、小倉唯、駒形友梨、松永一輝、木下鈴奈、市来光弘、綾瀬有、本多真梨子、間宮康弘、若本規夫、田村ゆかり、成田剣
ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

全話完走一時間

3分間・・・それはウルトラマンの活動時間
またはカップラーメンが出来上がる時間
踏切で3分待ちだとちょっと長く感じるところです。


『秒速5セ○チメートル』『四月は○の嘘』

舞台装置として選ばれた踏切は、時に物語の一シーンで強烈なインパクトを残すことがあります。
他にも踏切を挟んだ二者の対比に名シーンは多く枚挙に暇がありません。


これが線路も踏切を挟まず傍らに並んだ二者の場合だとどうなるのか?

遮断機が下りて電車が通り過ぎるまでのわずかな時間。
どうやら切なさなんてどこぞへ吹っ飛んで、ノンストップでのボケ倒しタイムに突入するみたいです。

そんな3分ちょっとのショートアニメ全12話。2019年夏期初、隙間時間の一挙放送にて視聴しました。
OP画から想像するにコメディらしく、結果その通りでした。
内容・キャラについては言及せず。一気に観ても1時間で収まりますので時間つぶしにちょうど良いオムニバスの集合体です。


惜しむらくは、一気見より週次もしくは帯での視聴が吉だったかなぁということ。
『世界の車窓から』まとめて視聴してもなんか違うのと一緒だと思います。
別のことやってて、寝る前の締めに一話ずつ観るのがお薦めです。


{netabare}遮断機に映される電車の進行方向。右の場合と左の場合。
なんか意味があったんでしょうか?
おそらく最終話のみ両側の矢印が出てました。{/netabare}


脚本のストックさえあればいくらでも続編が出来そうな仕様です。
原作との兼ね合いもありましょうが、尺の短さがハードルの低さへと繋がって、決まり事だけ守ってもらって新人さんの作品発表の場にでもすれば業界の底上げにもなってよろしいのではないでしょうか。



2019.07.26 初稿

投稿 : 2020/01/18
♥ : 30

TKG さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

船中八朔?

「踏切時間」
 OP含めて3分30秒、実質1話3分のショートコメディ作品。全12話。一気見しても45分かかりません。

 街中で引っかかると、とかく邪魔者扱いの踏切ですが、アニメに限らず数々の作品では、二人の距離感だったり、焦れる気持ちの表現、出会ったりすれ違ったり…。様々な名シーンを演出した名演出家でもあります。
 ところが、この作品の踏切たちは、全くそんな演出をしてはくれません。ただ3分間、登場人物たちのやり取りの為に、遮断機を下ろし続けます。

 感想としては、フフッとなったり、クスッとしたり。3分間の中にきっちりコメディ要素をちりばめつつ纏められており、感心してしまいます。短時間なので何も考えずに気軽に見られます。
ブラコン妹ちゃんが微笑ましくてかわいらしく、不審者にしか見えない普通のおじさんは、ロイエン○ール元帥でした…。

 ちょっと手が空いたり、次の見たい番組までの10~15分程度の空き時間、1~2話ずつ見てみるのもいいかもしれません。何も考えずにボーっと過ごすのも悪くないけれど、何も考えずにクスッとしている方が、楽しい時間になるかもしれません。
 続編を期待したい作品です。

 以上、ありがとうございました。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 17
ネタバレ

四文字屋 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

東京都内、踏切探訪。23区の小さなたび?

第1話のキャストは、アイ先輩とトモの二人だけ。
これはユリではなく、恋のものがたり。
エロではなく、ラブのはなし。
でも基本ギャグ(笑)
舞台は西武池袋線の踏切。
(背景の掲示板等に「としまく」と、くどい位出てるので、新宿線ではないと確定)

決してアニメ向きじゃない、最小登場人数にして、1場面固定設定。
これで第1話はしっかり楽しませて貰いました。

描かれるふたりの関係は、
{netabare}♀←♀の恋の行方なんだけど、
ラッキースケベやお風呂やらで描かれる「ユリもの」ではなく、
けっこう真剣な同性愛。
ただ、これを当事者目線で重く描くんじゃなくて、
あくまでも会話劇として、
二人の会話の間合いの良さと掛け合い漫才のごときやり取りで、
おもしろ可笑しく展開してくれるので、
気楽に楽しんで見ていられる。
そして二人の温度差が、ああ「愛」と「友」なのね、と微笑ましくなる。
{/netabare}

私は普段は基本的に、公式さえ見ないのだが、
{netabare}「オムニバスで、いろんな人が登場するらしい」と聞いて、
気になって公式覗いて、たしかに登場人物がたくさんいると確認してしまった。
そうだよね、この二人でワンクールというのは、いくらなんでも大変すぎる。
この先は、
boy⇔girlの恋の話とか、
恋の話ですらないエピソードとかもあっていい。
{/netabare}

5分×ワンクールの、極小の青春ワールド。
オススメですw


*****************************************************
第2話。
よく見ると踏切が違う!
走っている電車も。
オフホワイト地にエンジ色のライン・・・これは東武東上線だ!
登場人物も当然、第1話の二人とは、学校も別な男女高校生。
男子はからかわれ上手そうなウブっ子坊主君、女子は・・・
エロ系女子!
メーターが感応しまくる、二次元系色気たっぷり子ちゃん来た!でも
「真島さんはエロいけど時間には正確だ」←おい!


そして第3話。
先生と女子高生。2話もそうだったけど、
もはやラブとか全然関係なし。
そしてこれは懐かしい、山手線の駒込駅からちょっと北上したところの踏切!
むかし、この踏切のそばに住んでたんだよ。。。
ゴルフ用品メーカー、ライト株式会社の巨大ゴルフボールのオブジェがちゃんと出た!
踏切周りの道路や町並みは随分アレンジされて実際とは違ってるけど。
山手線に踏切があるなんて、みんな知るまい。私も近所に住むようになるまで知らなかった。
しかもこのすぐそばには、人間のみ渡航可能な踏切まである。
(今は使用不可だけど)
なんか中身はどうでもよくなってきた。
(実際内容もかなりパワーダウンorz)
聖地巡礼ww


いろんな鉄道マニアがいるけど、踏切マニアっているんだろうか?
そういうのも楽しい、かな?




(1~3話で判定)
予想完視聴確率:85%
クール内BEST10到達予測:40%
予想涙腺刺激度数:1.1%
平均エロチックメーター指数:20%
 ※真島さんGJ!

投稿 : 2020/01/18
♥ : 23

61.0 3 オムニバスアニメランキング3位
嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい(Webアニメ)

2018年7月14日
★★★★☆ 3.1 (85)
323人が棚に入れました
メイドや アイドル、ナースなどの美女に蔑んだ目を向けられながら、
おパンツを見せてもらうというご褒美シチュエーションが1人称視点で展開される。
全6話のオムニバス形式。

声優・キャラクター
石上静香、佳村はるか、秦佐和子、古賀葵、長野佑紀

Dkn さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

『誠に遺憾である』

【第一話】“伊東ちとせ”


澄み渡った空には小鳥がさえずり、遠方には美しい鐘の音が鳴っている。西洋風の屋敷内に入ると壁一面の窓からは光が差し込み、美しい調度品を鮮やかに照らしていた。赤い絨毯が敷き詰められた階段を上がりドアを開くと恭しく迎えてくれる女性の姿が。シックなエプロンドレスに赤いリボンとホワイトブリム、肩の辺りで切りそろえた髪、爽やかな印象の緑色をした瞳、少し上向きにこちらを見る背丈。真面目で面倒見がよく後輩からも慕われる彼女は幼い頃から屋敷に勤めるメイドで、いつも微笑みをたたえ冷静に対処し、どんな時も決して笑顔を崩すことはないプロフェショナルだった。

そんな彼女が何故か眉をひそめ体を強張らせ背筋を伸ばし、重ねた手をギュッと握って、取り繕った笑顔を貼り付けている。一息ついて主人を窘めるよう失礼がないよう控えめに、自身に掛けられた言葉を“正気”で“本気”なのかと問う。


正気で、本気だ。

『パンツを見せてもらいたい』 …ただそれだけ。

プライドなんて土下座の勢いで捨ててしまえばいいのだから。

.......

....


かわいい女の子達にパンツを見せてもらうまでのプロセスを描いたショートアニメ、通称「嫌パン」。

第一話、幼いころに家に来たメイドの女の子に脈絡もなくパンツを見せてくれ!と言う主人公?らしき人物。
どういう精神状態なら口説くでもなく迫るでもなく「パンツをみたいんだ!」とそれだけにたどり着くのか
全くもって不可思議だと思います。普段は優しい笑顔をたやさないあの子が嫌な顔をしながらパンツを見せるだけ。

主従を始め頼み込まれた事を断れない関係や相反する行動。SやMなんて大雑把なカテゴライズをしてはいけない。
それではくだらなさを伝えきれません。例えば、人は絶対にやってはいけない事を法や倫理観で定めています。

駅のホームで人を押しちゃ×、ボールを持たない選手もタックルしちゃ×、弾道ミサイルのボタンも押しちゃ×

世間を賑わせる大事件でなくとも「絶対に押すなよ!」なんてスイッチは日常のあちこちに転がっていて、
恋仲でない女性に「君のパンツを見たいんだ」というだけのスイッチは、一瞬にして全てを無くす魔法の言葉。

砂のお城もトランプタワーも崩すことが好きな人が居るように、積み上げたものを一瞬で台無しにする瞬間。
すべてを終わらせればどんな態度を示してくれるのか?落胆、軽蔑、叱責、憐憫、憤怒、唾棄、嫌忌、憂愁
卑しい自分をどんな目で見てくれるんだろう。二人の関係性を一瞬で吹き飛ばすような甘い甘い禁断の果実。


なるほど?そんなアニメなのかもしれない。

メイド、アイドル、シスター、巫女、ナース、女子高生(ん?)各種取り揃えていて、最終回まで見終わった私は、
このラインナップを見た時に気付くべきであったと、本質を見抜けなかったことに落胆します。



いや、、、



ただの属性萌えアニメじゃねーか!!




視聴者の開拓しきった性癖ナメんな!!!(視聴者代表)

投稿 : 2020/01/18
♥ : 27
ネタバレ

noindex さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

タイトルも内容もひどい

1話
今の所ニコニコ動画でしか公開されてないらしいエロショートアニメ。
一人称視点だが、汚いOne Roomと言おうか…。
ん~なんか、俺には理解できなかったわ。見終わった後に自分の中で虚しさが広がった。俺は恥じらいながら見せてくれる方がいいな。
世の中には色々な性癖の奴がいるというのはわかった。
石上静香さんのドS演技は素晴らしいんだが。
とらのあな制作ということでOPやEDとかは無いらしい。作画は妙に良かったりするが。

2話
今回はいまいちに感じるな。{netabare}まず男の方を親衛隊長じゃなくてマネージャーにして欲しかったが色々問題があって無理だったのかな。
この話の流れで相手がファン代表で誰も見てない状況なら、パンツくらい嫌な顔せず見せるんじゃないかなと思ってしまう。
アイドルのキャラも前半と後半で変わりすぎに感じた。{/netabare}
今回はED曲がついてたw

3話
いや今回もちょっと違うと思うんだよなあ…
{netabare}シスターという立場上、迷える子羊への告解の一環としてやむを得ず見せざるを得ない的な流れになっているけどそれは趣旨が違うのではないかと。{/netabare}
やっぱ1話の流れが一番自然だと思う。
後めくる時の作画が省略されていたのが残念。
声はこのはな奇譚の皐の人だったけど後の方は近い声になってたw
ところで今回のキャラの名前、はがないの高山マリアと全く同じ名前なんだよね。シスターの名前としては、高山右近を元ネタとして誰もが考えるような名前ではあるんだが。
あのはがないを知らない人がアニメの企画をするようになったのだから、世代が一巡したんだろうなあと感慨深い。

4話
{netabare}主人公が神主でいいのか。
もうちょっと赤崎さんの怖いボイス聴きたかった。せっかくの名優なのに。{/netabare}
作監が変わって作画の質がちょっと落ちたような。今までが異常だったのか…。

5話
{netabare}よくあるようなシチュエーションだな。
ちょっとくらいのセクハラなら許すと言ったのになあ。{/netabare}

6話
{netabare}最後は注文と罵倒マシマシだなw他もこんな感じにした方が良かったと思う。{/netabare}

【総評】
脚本書いた人も初めてのことで手探りだったのだろうが、色々と改善の余地があると思った。5話までは前振りが長かったが、それを無くして罵倒に特化した6話でやっとしっくりきた。でもそれが最終話だったのは無念。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 4

蒼い星 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9

一期一会。

アニメーション制作:UWAN PICTURES
2018年7月14日 - 8月18日に“ニコニコ動画”で週1話配信された全6話のwebアニメ。合計28分。
原作は同人誌で、アニメ化企画は“コミックとらのあな”っぽい。
監督は佐藤郁雄。

【概要/あらすじ】

各パートで男性視点から女の子とマンツーマンで会話して、『パンツ見せて』とお願いして、
それまで好意的態度だった女の子から豹変した侮蔑の眼差しで罵られながら、
パンツを拝見するという、ただそれだけの話。

【感想】

フェティシズムも細分化されていて、特定の性癖を持った層への需要を満たすアニメですね。
エロスのみを求めるには18歳以上になって、未成年者が鑑賞禁止なゲームや映像や薄い本を買えばいいわけですし、
このアニメに求められるは、イメクラ的なシチュエーションプレイ。

これが良いかどうかは視聴者がオムニバス形式で、それぞれ違う“おパンツを見たい変態男”になった気分で、
女性キャラに罵られ関係が壊れていく顛末に快感が刺激されていくかどうか。

このアニメで最も重要なのは、“おパンツ”ではなく会話テキストの充実ですね。
個人的には最初のメイドさんとのプレイには、他に無いアニメということで新鮮味が感じられたものの、
アイドル、シスター、巫女さん、ナースと続いていく中で、二人目から飽きが来て、どうでもよくなったかな。
本職で無いコスプレカタログでの、ただのプレイ感が強過ぎというか、
特にシスターと巫女さんとの会話にリアリティ無さすぎ。もともとリアルが無いアニメですけどね。
単に企画が珍しいというだけで、作品としての中身があるわけでも無い。
ただのショートアニメに色々求めても意味は無いですけどね。

最後の女子高生もリアルではまず、お目にかかれないシチュエーションなんですが、
教室風景という普遍性で違和感が緩和出てきたということで、他の話より良かったかもです。

まあ、はっきり言ってしまいますと、キャラ使い捨ての消費型アニメでは情が移るわけは無し。
とってつけたようなシチュエーションと、ご褒美エロス だけではリピーター化には厳しいかな?と。
軽い作品には、ぱーっと流し見で一時的な快楽を得られればそれでOKで、
制作側も、あんまり求めてないでしょうね。


特に書きたいこともないので、このへんで感想を終わります。
読んで下さいまして、ありがとうございました。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 36

70.9 4 オムニバスアニメランキング4位
ヤマノススメ おもいでプレゼント(OVA)

2017年10月28日
★★★★☆ 3.9 (59)
260人が棚に入れました
「天覧山に、高尾山、三ツ峠!」これまで登ったいろいろな山と、おもいでが詰まった写真を見ていたあおいとひなた。ふと、あおいの部屋にあった宝箱を開けてしまったひなたは、手作りで不格好のアクセサリーを見つける。それをきっかけにひなたは、あおいと一緒に過ごした、幼いある日のことに思いを馳せる――。

声優・キャラクター
井口裕香、阿澄佳奈、日笠陽子、小倉唯

根越 詠汰 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

どんぐりころころプレゼント

 今までのヤマノススメの回想に始まり、ここなから進んで、かえでちょこっと、あおいとひなたな展開だったです。

 「おもいでプレゼント」というだけあって、思い出がメインとした展開だったです。

 かえでちゃん楽しみにしていたお母さんとのお出かけが、その日はできなくなちゃったけど、そのおかげでお母さんとの思い出に浸ることができ、「これでいいのだ!」だったです。

 あおいとひなたは、相変わらずみたいだったけど、あおいの部屋で見つけたある物をきっかけに、幼い頃を思い出すひなたな展開だったです。その思い出に触れたとき、ひなたはどうだったか?あおいはどう反応するのか?は、見てのお楽しみです。

 ここな、ひなただったなぁです。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 8
ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

ここなちゃん・・・、エエ娘やなぁ(笑)

【ここなの8月31日】
夏休み最後のこの日、ここなは一人で、飯能を散策しつつ、母親との思い出を巡る。
本編20話の「飯能大冒険」を彷彿とさせる話。
ここなちゃんの母娘の繋がりに心温まる作品。

【ひなたの10月28日】
あおいの部屋で、どんぐりを使った手作り髪飾りを見つけたひなた。
それは・・・。
あおいとひなたの過去、そして現在へと繋がる友情物語。

それにしても、あおい&ひなたとここなちゃんが{netabare}『過去に、すれ違っていた』{/netabare}演出って、本編の”ホタルの回”以来、個人的にツボです。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 17
ネタバレ

noindex さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

埼玉娘たちの美しい日常

OVAなのだがTOKYO MXでありがたく視聴。
二期の後の話だね。

二部構成で{netabare}前半はここなちゃんの話。ブラここなって感じで一人であちこち歩きまわる。ここなちゃんは母子家庭だけど父親どうなったんだろ。

後半はひなたの話。
あおいとの別れの時に貰ったおもいでプレゼントを無くしてしまったが…友達を忘れてたあおいよりはマシというオチ。{/netabare}

作画は相変わらず良かったが、後半でちょっと顔に違和感があった。サードシーズンのPVは強烈に違和感があるのだが改善されているといいけど。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 4

66.3 5 オムニバスアニメランキング5位
夢喰いメリー(TVアニメ動画)

2011年冬アニメ
★★★★☆ 3.4 (969)
4971人が棚に入れました
高校生・藤原夢路は他人の夢の良し悪しが見える不思議な能力を持っていた。ある日、夢の世界から来たという美少女・メリーと出会い、大きく運命が変わり始める…!?

声優・キャラクター
佐倉綾音、岡本信彦、茅野愛衣、秋谷智子、遠藤綾、中田譲治、藤原啓治、川田紳司、伊瀬茉莉也

ぱるうらら さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

Mary Had a Little Lamb♪

まず良い点から上げていきます。
作画の良さ、背景がとても綺麗なのです。 夢の中での背景も様々な色使いにより、夢の中にいるという感じをうまく出していました。
J.C.STAFFさんが手がける作画は毎回すばらしいものであると思います。

次ににメリーと勇魚(主人公の幼馴染)が可愛くできていることです。 私が夢喰いメリーを見ようと思った理由でもあります。 人物の顔については全体的に問題点はないと思われます。

幻界(ゆめ)と現界(うつつ)という世界があり、幻界の住人たちが人の夢を形成している。そして、幻界の住人の中には現実に干渉し、人間界を支配しようとする勢力、それを阻止しようとする者がいる。という斬新な設定もなかなか面白くて良いと思いました。


しかし、問題点を挙げるとすると、最後の方(アニメオリジナルの話)を無理やり詰め込んだために、若干内容が薄くなったり、戦闘シーンが酷いものになってしまったことです。
ミストルティンとの戦闘では、メリーは最初から1撃食らっては倒れて一撃喰らっては倒れての繰り返し。 ハッキリ言っていらいらしました。要は、戦闘シーンにまったく迫力が無く、1手1手の動きが遅すぎるために全然激しい戦闘になっていない。このようなことになるならば、戦闘に力を入れるなら入れる、力を入れないなら入れないと、最初から戦闘シーンかストーリーのどちらかに限ってほしかった。結局、ストーリーも戦闘も中途半端になってしまっていることが残念でした。
それにいろんなことが未解決のまま1期が終了しているのも悪い点だと思います。
あの時期はいろいろありましたし、製作の時間が無かったのでしょうか・・・。
話があまり進まなくていいから、できればもう少し激しく素早い戦闘or質の高いストーリーにしてほしかったです…。


もし内容に納得のいかかなくて、先を知りたい人は原作を読むことを勧めます。
絵が上手で、内容もなかなか面白いですよ♪

投稿 : 2020/01/18
♥ : 15

ヨッピィ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

観るアニメが無くなってきてる方にオススメかも!?

♦︎全13話

◾︎感想◾︎


1クールというのがもったいない…もう少し続きが観たかった!!結構中途半端な感じで終わってしまったから2期があると思ったのに…なかなか惜しい作品でした。

物語の設定もとても良く有りそうで無い作品だと感じたので意外とオススメかもw『夢』をテーマとした作品は、正直あまり聞かないので楽しく観れた!
キャラ設定もバランスが良かったがもう少し幼馴染ルートにして欲しかったかな?メリーと一緒にいる時間長過ぎw本当に、設定は最高なのにすごく勿体無い!『恋愛要素』も多くすれば絶対に人気出たと思う!!

内容的には、理解しやすいし結構観やすいアニメになっていると思う!出だしから面白そうな雰囲気は出ていましたが……後半少し残念って感じです。


満足度★★☆☆☆
オススメ度★★★★☆
二期の欲しさ★★★★★

評価B

◾︎夢も希望もありゃしない!◾︎

投稿 : 2020/01/18
♥ : 9

セメント さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

夢もキボーもありゃしない

何でキボーがカタカナなんでしょうね
そんなことはどーでもいいとして


作画は今シーズン断然トップですね、格が違い過ぎます
どのシーンも細部まで綿密に描かれてて、テレビの前で見るより、劇場で見たいと思うくらいの作品ですね
流石は山内重保監督と言ったところでしょうか
JCスタッフとは思えない壮絶なテロ力を引っ提げ、作画で体中をグリグリと刺激してきます
私と言ったら興奮に酔いしれ、久しぶりにテロップで射〇してしまうほど
1話ジョン・ドゥVSメリー戦、2話フルヘルボーダーグリッチョ、3話イチマVSメリー戦、4話クリスVSメリー戦、5話エンギVSメリー戦、7話ミストルティンVSデルガ戦、11話ミストルティンVSメリー戦、12話ミストルティンVSエンギ&メリー戦、13話ミストルティンVSレオン戦とミストルティンVSエンギ&メリー再戦
常軌を逸した神戦闘作画、それ以外でもあらゆるパートから発せられる作画オーラが眼孔に突き刺さり、もれなく引き込まれる仕様になっております
これこそ、現界の至宝という奴ですな

若者たちの夢を題材にしたちょっと暗めの物語ということで、まんがタイムにしては珍しく重っくるしい作品をアニメ化するんだなぁって感じですね
最初はメリーちゃんにブヒブヒして終了なのかなと思っててたら、濃い内容、際どいアニメーションと結構肉厚な作品でした

岡本さんと藤原さんは最近よくタッグ組んでますねぇ
今作もそうですし、祝カン、とある、それから今度やる青エクもそんな感じで
ま、岡本さんの声を聴いてるとどうしても、ここから先は一方通行になってしまうのでアレなんですけども
えーそれから、メリー・ナイトメア役は今作が主役デビューの佐倉綾音さん、若干棒かなとも思いつ上手いと思う場面もあり、保留
光凪由衣役の秋谷智子さんはなーんか癖になりますねぇ
千葉千恵巳さんや竹内美優さんみたく、片言の演じ方をする声優さんの系譜ですが、なかなか良い物ですね

でいどぅい♪
ん~、楽曲制作はIOSYSですかぁ、とうとうこの時が来たかって感じですねぇ
まぁ原作者の牛木さん自身が東方同人作家ということで、そこで繋がりがあったのかなかったのか知りませんが
OP「Daydream Syndrome/藤原鞠菜」
サビの盛り上がりがちょっと惜しい感じですね、まぁでもその辺補って余りあるほどのアニメーション、エフェクト作画がもうたまりません

厳選!メリーちゃんかわかわショー
2話ドーナツ初めて見たときのメリーちゃんかわかわ
3話幼女のドーナツ欲しそうにするメリーちゃんかわかわ
5話″セッ〇スしよっか″メリーちゃんかわかわ
8話ドーナツ食べてるメリーちゃんかわかわ
同話ドーナツアニマルを頭に乗せるメリーちゃんかわかわ
10話勇魚ちゃんの絵を見てるメリーちゃんかわかわ
全編通して良いおヘソでした、ごちそう様でした
そしてミストルティン的な意味でこれゾンと繋がってる件は人知れず


″アニメを見る″というと、画面から流れてくる視覚情報を上辺だけなぞるようにただ見てくって人が最近多くなってると思うんですね
″考えない日本人″じゃないですが、どうせ短い人生のうちの時間を使ってるんですから、どこか楽しい部分を自ら探してアニメを見ていった方がいいと思うんですよね
視聴者に寄り掛かった演出というか、自分で考えて下さいってな含みのある演出をすると、それだけで意味不明な糞アニメと切り捨てて・・・
表面だけ見て、ツマラナイとかしか感想が持てないなんて、どうなのかなぁ~と思うわけです
要するに私のことなんですが
どんなアニメにも秀でた部分が必ずあるはずなんです
その秀でた部分というのは、見るだけで分かる場合もあるし、考えないと、注目してないと分からない場合もある、或いは違う角度から見ないと分からない場合も
それを自ら汲み取っていくことこそ、アニメファンが果たすべき義務だと思うんですよね
なかなか難しいんですけど、これが自然と出来るようになったとき、オタクとして一段ステップアップすると思ってるわけです
別にメリーさんを面白いと言えば見る目があるみたいなことを言ってるわけじゃないんです
どんなアニメでも、多面的、多角的に考察して面白さ見つけてこうよっていうのが言いたかったような言いたくなかったような
まぁなんでもいいんですけどね、楽しく見れたもん勝ちみたいな

二期あるんすかねぇ、灯台とか完全に放置なんですが
ともあれ、設定も良いし、作画も良いし、名作であると思います
女の子も可愛いですし!

投稿 : 2020/01/18
♥ : 7

69.7 6 オムニバスアニメランキング6位
セイレン(TVアニメ動画)

2017年冬アニメ
★★★★☆ 3.4 (492)
2356人が棚に入れました
高校2年生の夏。「嘉味田正一」は進路希望表の内容で担任に呼び出されたことをきっかけに、大人になることへの不安を覚えはじめる。
そんな彼が様々な女の子と出会い……そしてどんな将来を目指していくのか。
未来へ向かって駆け出す等身大の高校生と清廉(セイレン)可憐なヒロイン達の恋愛物語が、今始まる!

声優・キャラクター
佐倉綾音、木村珠莉、井澤詩織、三上枝織、沼倉愛美、下地紫野、黒木ほの香、江口拓也、田村ゆかり、藤田咲、藤井ゆきよ、長妻樹里
ネタバレ

こた さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

アマガミまだ観てないけど……

最終回まで観終えて

主人公アマガミの主人公と比べられるようだけど、何気に好感持てる主人公だったと思う。
とびきり良くもないが、悪いとも言えない作品くらいには収まった感じ。
奥華子さんが歌うOPは作品観なくても一度聴いてみて。

☆個人的なハマり度
(※あくまでも目安です)
★ピーク
1話☆☆☆
2〃☆☆☆☆
3〃☆☆☆
4〃☆☆☆★
5〃☆☆☆
6〃☆☆☆
7〃☆☆☆
8〃☆☆☆☆
9〃☆☆☆
10〃☆☆☆
11〃☆☆☆
12〃☆☆☆

宮前透編までを観終えて≪軽い感想≫
宮前先輩はとにかく変わり過ぎw
主人公が追いかけるっていうタイプのヒロインだね。
突き放してしまっても、その後も一人の世界に没頭して何だかんだで楽しく生きていきそうな。
そんな変わり者の彼女でも、最後の回でこんなにも繊細かつ魅力的な性格、また女の子らしく可愛い一面があるんだよって伝わって、宮前透というキャラのパズルが完成したような感じ。
たとえ世の中でいう変人・奇人であっても、運命の人と出会えば、人と並み以上の幸せを(家庭も)築けるんだってメッセージかな。
相変わらずOPが胸に響きます。
{netabare}鹿の交配のくだりは可笑しかったw{/netabare}
次回からはいよいよ桃乃さん編、作品のラストスパートにもなるし楽しみ。


常木耀編までを観終えて≪軽い感想≫
OPがすごく耳に浸透してきたので、ちょっと期待を込めて視聴。
アマガミは以前桜井編と上崎編を興味本位で観てみただけで、スト子以外は内容もあまり覚えてない。確か主人公が受け付けなかったような…。
今作のセイレンは主人公にイライラすることは少ないし、キャラデザが黒髪でロングという(不満な人は多いというけど)落ち着いた感じで、近頃のアニメ作品を観ているとなんだか新鮮に思えた。それと目に余るほどではない程度に色っぽいシーンはあるけれど、それが最近の「あー萌えかー」「パンチラかー」ってテンプレに収まってる感じじゃなくて、本当に背徳感を感じてしまうものだった(;'∀')
脚本の担当者によると、2話だけでは各ヒロインの魅力を十分に伝えようにも伝えられないとのことで、やむを得ず6人いる女性キャラのうち3人にのみにスポットを当てる形になってしまったらしいけれど、物語の進行も丁寧で、結果的にいい形になったと思う。4話までは割と高得点かな。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 50
ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

リアル高校生「風」恋愛アニメ

「アマガミSS」「キミキス」などが好きな方は当然合うでしょうね♪

オムニバス形式の高校を舞台にした恋愛アニメ。OPは、奥華子さんの透明感溢れる歌声がキラリと光り、今期(2017冬)では屈指に好きな歌です♪

【各話感想】
《常木耀 編》
{netabare}
1話目
ある意味凄いな。何のインパクトもない初回(ラストだけやや印象アリ)w いや、悪くはないですよ。どう考えても、リアル路線の恋愛系で、最終的には、「タヒね! リア充め!」的になっていくのだろうからw ゆっくり愛を育んでいくのもアリだとは思いますよ。もしくは普通に、「アマガミ系」(オムニバス形式)なのかな? ただ、このアニメ氾濫時代において、1話切りされても文句言えない、普通さです。とりあえず、様子見♪

2話目
予備校の合宿なんて行ったことないから、よく分からんな。普通の男子高校生らしいといえばらしい、妄想やら欲求やら。ヒロインの常木さんは、アニメには珍しいタイプ。完全リアルではないが、似非リアル女子高生キャラ。オムニバスだから仕方がないが、ヒロインデレるの早過ぎ、チョロ過ぎだな。

3話目
う~む、リア充してますな~w 勉強しろや(笑)という一言につきます。吉田さんと宮前先生のショートコントは笑ったw

4話目
女子って怖い……。毎週、「ALL OUT」を観た直後に観てるから、落差が(笑) やっぱり、来世も生まれ変わるなら男が良いなw ん? 作画、若干、体に対して顔がデカいシーンない? 海のシーンで思ったこと。まず確実に、スマホが水没してる(笑) なんかこう、応援したくならないカップルだな。嫉妬かな、嫉妬だな(笑)

《視聴終了》
結論。一番応援したいカップルは吉田さんと宮前先生です♪ 本編とカンケーな~い(笑)

アニメには珍しい「イケてる女子高生」がヒロインというのはなかなか良かった。が、なんか萌えられず。やっぱり、イケてる女子高生が、大きな理由やきっかけもないのに、イケてないカミタ君に惚れる展開にムリを感じたからかな。
{/netabare}

【宮前透 編】
{netabare}
5話目
ゲーム好き女子か。ゲーム好き男子からすれば嬉しいよね。しかも、特撮好きで美人で天然エロなんて、妄想の産物やな(笑) ラストに、なにやら怪しいシーンが。

6話目
プリクラ、昔(出始めの頃)から好きじゃないけど、こんだけ、スマホのカメラやプリンターが高性能の時代に、まだ需要があるのかな? 「女の子からの評判を聞きたい」って、どこのギャルゲだよw 常木さん、ゲームできるんだw てか、コメ要素必要かな?
なんだ? ネタ的な微エロもぶちこんできたけどw

7話目
確かに、ゲーム好きで大人しい女子グループに、モデル並みの美人がいたら、浮くよね。男子のグループにおいて、取るとか取らないとか存在しないんだけど、そこを心配するあたり、宮前先輩も女子ですね。もう、さっさと付き合えや(苦笑)

8話目
へ~、コミケって服飾のコーナーもあるのか。いつも(アニメだと)同人誌コーナーか同人ゲームコーナーばかりだったから(笑) ファスナーの場所エロすぎだけど、合理的だ(笑) 正一、諦めるの早っw 喉仏を吸うって、どんなフェチだ(笑)

最終回Cパート(未来の話)は、常木さん編の方が好きだったかな。ただ、ゲームとも服飾とも関係ない職業に就いてるってのが、妙にリアルで良かった。

《視聴終了》
オタク系男子の妄想を具現化したようなヒロインでしたね。ゲーム好きで、行動をリードしてくれて、美形で、エロくて、積極的で、でも清純で。なかなか魅力的なキャラでした。(制作の狙い通りと)分かっていてもハマるという(笑)
{/netabare}

【桃乃今日子 編】
{netabare}
9話目
今までで一番の「らしい」ヒロインかな。良くも悪くも「普通のアニメになった」感じですね。

10話目
どんな格好で寝てるんだよw 恥ずかしがろうよw 常木さん、すっかりギャグ要員に(笑) う~ん、あざとい……。(今日子の)問「どうして男の人はイヴになるとHなことをしたがるですか?」(視聴者の)答「イヴだけでなく、いつもです」(笑)

11話目
トラック回避とか、風夏と被るw 下着のクダリはよく分からなかった。パンツの穴のクダリは意味不明w プレゼントのパンツに穴を開ける=男性として意識していることの証明、っていうのは流石にムリがあるでしょw

12話目
なんか、イライラする(笑) とっくに両想いなのに、いつまでも牽制している生殺し感がイライラするw (可愛い)幼馴染を女として見られないって、アニメなら定番だけど、実際はそんなこと100%ないw

最終話Cパートは、一番普通かな。漫画編集者って、なぜ(笑)? まあ確かに、未来的に考えても、一番うまくいきそうな二人ではあるかな。

【視聴終了】
これまでのシリーズと違い、二人が幼馴染なため、(ゲーム風に言うと)スタートからパラメーターがMAXな二人。そのため、ヒロイン攻略に伴うドキドキ感は少なかった印象。

結論は分かっていて、しかも通じあっているのに、互いに気が付かない二人を、ニヤニヤしながら眺めるぐらいの態度が良いのかな?
{/netabare}

【視聴終了】
{netabare}
主人公は共通、ヒロインは各シリーズごとに違うという構成で、恋愛AVGをやっている気分になります。

作り方としては「ヨスガノソラ」と一緒。

楽しみ方としては、各シリーズごとの純愛にニタニタするもよし、他シリーズではヒロインだったキャラとの微妙なすれ違いに切なくなるもよし。

ただ、主人公が共通なので、ある意味では「一風変わったハーレムもの」と観れなくもないです。「ハーレムもの」の正否は、「主人公(男)が、そのハーレムを築くに足る人物か」だと思っています。

本作の主人公「嘉味田正一」は、「優しさ」がメインの男子。それなりの積極性はあるが、基本的には受け身で草食系男子。

個人的に一番評価しているのは、「宮前透 編」。正一が唯一主人公らしく「惚れさせ」にいったシリーズだった。

常木耀は、モテ系女子なので、わざわざ正一に惚れる理由が分からない。たまたまの偶然、かもしれないが、これまで言い寄ってきた男子の中には、正一のようなタイプの奴もいただろうし。

桃乃今日子は、幼馴染み補正が入っているので、主人公に惚れてて当たり前。ノーカウント。

宮前透は、人間的に欠陥があり、コミュ力が低いので、ゲームで繋がった正一に惚れていく展開には説得力があった。自分的に一番好きなヒロインだったし、楽しめたシリーズだった。

そう考えると、(あえて字を当てるなら)「誠恋」をしていたのは、やはり宮前透編だけのように思う。後の二人は、別に主人公を変えても良かったのでは?

(でも1番好きなカップリングは、宮前先生と吉田さんですw)

巷では、桃乃今日子が一番人気のようですね。確かに、一番可愛かった印象です。ただ、なんか一番「アニメらしい」キャラだったな、と。リアルな高校生の恋愛が売りだとしたら、一番リアルにいそうなのは常木さんだと思うし、特殊なキャラという点では宮前さんかな。「普通に可愛い」今日子は、どこかインパクトに欠け、自分的には一番印象に残らなかった(別に今日子が嫌いなわけじゃないですよ。むしろ萌えたんですがw)。

全編を通し、女同士の恋愛がらみ時のドロドロさ(思慮深さ)と、男同士の友情の爽やかさ(バカさ)がかなりフォーカスされていた印象。そこはなかなかリアルで良かった。
{/netabare}

【総括】
ファンタジー設定や展開は皆無で、リアルな高校生の恋愛を描いている。と、思いきや、高校生のリアルな恋愛ってこんな感じですか(苦笑)? だとしたら、私が行ってた高校は、きっと高校じゃなかったんだなw

リアル風に描いていることで、かえってファンタジーよりファンタジーを感じることも(いや、私が部活ばかりやってたせいで、皆はこんな高校生活を送っていたのかも)w

OPは共通していますが、EDは各キャラごとのキャラソンになっている。いずれもレベルは高いと思った(特にOP)。

まあ、とりあえず、主人公の正一に殺意を覚えるアニメだった(笑) リア充タヒね~w

投稿 : 2020/01/18
♥ : 38
ネタバレ

noindex さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

アマガミより作画が悪いのが残念

「アマガミSS」「アマガミSS+」は視聴済み。「キミキス pure rouge」は見てない。
アマガミと同じ世界設定のオムニバス形式のラブコメらしい。前作はギャルゲー原作だったが今回はオリジナル。
ピンク髪の子とかいないリアルなキャラデザは同じで、より今風に洗練されたと思う。
前作アマガミの舞台は90年代の千葉県銚子市で、高校生にケータイがまだ普及してない時代設定になっていたが(ケータイが無い事で生じるすれ違いを描いて昔のギャルゲーっぽい作風にしていた)、今回はケータイもある時代。
{netabare}小学生だった七咲逢の弟が高校生として登場するので前作から5~10年後くらいだろうか?予告の会話からするとワンセグが出たばかりの頃らしいが。あの上崎裡沙の妹もヒロインの一人として出てくる。{/netabare}

1話 あやねるの常木耀ルート
OPが奥華子だけど時かけの頃から声が変わってる感じ。
{netabare}前作の主人公はルートによっては刑事になってたけど、今回の主人公の進路はカブトムシですか。
郁夫は姉の逢に似てイケメンだけど前作からこんな顔だったっけ?前作より友人が主人公にべったりくっついてるな。
しいたけの谷が前作のまんま肉まんみたいなもんなのか?{/netabare}
セリフが多い割に話が微妙に感じたが、ストーリー性は前作もたいしたことなかったからこんなもんか。

見た感じ、前作を知らなくてもいい作りになっているものの、唐突にミスサンタコンテストという言葉が出てくるのは不親切だと思った。文化祭をクリスマスの時期にやる高校だという説明が最初に欲しい。まぁ前作見ているアドバンテージ感じてくださいってことかも知れんが。
あと主人公の家族は姉じゃなくて前と同じ妹にして欲しかった。ニシシシ!

2話
まーた変態紳士プレイしてる…。
{netabare}ジャージ着せプレイとか匂い嗅がれプレイとか相変らずの紳士っぷり。
「カミタ君ったら私のジャージ姿に興奮して汚すんだもーん」というセリフが気になった。予告でも挟むとかエロいこと言ってたけど。{/netabare}
作画が悪いけどED見ると韓国グロス回だったようだね。次から戻るといいけど。アマガミは作画悪い回なんか一度もなかった気がするが。

3話
おいこれいいのかよwww
{netabare}風呂で教官撃退する方法面白かったけど勃起してたやん…。
カップ麺残り汁飲ませプレイとか色々考えるね。
幽霊の謎とか伏線回収したけど吉田さん一体何歳なんや…。
あと1話で二人をくっつけるのは強引に感じるけどアマガミの頃からそうだしなあ。次は修羅場のようだが。{/netabare}

4話 常木耀ルート終了。
こういう終わり方にするのか今回は…。
{netabare}アマガミは梨穂子ルートを除いて二人が完全に結ばれてENDだったけど、常木さんルートはこれからも友達でいましょうENDで、5年たってこれからって所で終わり。まぁ二人は同じ料理の道に進んで、結ばれたんだろうなとは思えるけど。
はっきり決着つけてモヤモヤした終わり方にはしないのがアマガミの長所だと思うけど、今回は作風変えたのか。
3話までの流れでいきなりくっつけたら不自然だと思ってはいたけど。でも1年付き合ってもどうせ別れるから友達でいようって言われて引き下がるのは男としてどうよって思うが。
あと何が「清廉」なのかわからんけど、5年離れ離れでも(たぶん)プラトニックな関係でいたことが清廉ということかな?常木さんがスペインで男と付き合ってた可能性は排除されてないけどw
それと話題にポンプ小屋が出てたけど森島さんルートのネタだね。{/netabare}

5話 宮前透ルート
{netabare}ゲーマー先輩ヒロインの話。私はアニオタになる前は長い間ゲーオタだったので精神的にくるものがあった。
ストラップをガキにやったのはありえん。
常木さんよりずっとチョロインっぽいが、最後の風呂のシーンの男は親父じゃないような雰囲気もあった。{/netabare}

6話
{netabare}東京バス案内とか誰も知らんだろwそうでもないか?
常木さんを重要な脇役で使うなら、常木さんルートは最後にした方が良かった気がする。
男子三人で恋愛トークするとか前作には無かったな。
荒木先輩はけものフェチだから人間の女には興味無いような扱いだったがいいのかw
最後のシーンは、
①宮前先輩が勝って煽りメールを受け取った。
②宮前先輩が煽りメールを送った。
①の方が正しいのか。最初②で宮前先輩が実はゲスい奴なのかと思った。{/netabare}
アマガミよりストーリー性重視で自分はこっちのほうが好みだけど、アマガミみたいなぬるぬるあまあまの方が良かったって人の方が多そうだな。
あと作画が悪い所があるのが残念。

7話
突っ込み所が多いなw
{netabare}徹夜した宮前先輩の匂いってw
ゲームネタがメガCD&スーパー32XとかSDIとかマニアックだけどEDでセガゲームス協力してたな。
宮前先輩は文字通りサークルクラッシャーだったんやな。{/netabare}
ネット見てると恋愛描写が浅いみたいに言われてるけど、4話オムニバスだからアマガミの頃からこんなもんだよ。だからこのスタイルは少ないんだろう。

8話 宮前透ルート終了。
{netabare}メイドラゴンとコミケネタかぶったけどこっちのほうがガチな気がする。クール教信者はコミケ参加したことが無いのかもしれない。
告白は唐突感があった。今回は恋愛以外の話で寄り道しすぎのような気がする。
4話と違いこっちはハッピーエンドでアマガミでおなじみの10年後エンド。森島はるかルートでは主人公は刑事になってたけどこっちはバスの運転手か…。宮前先輩は成績優秀のエリートみたいだったけど保母さんでいいのか。{/netabare}
作画が悪いのが残念。アマガミと同じくらいで見たかった。

9話 みゃーもりの桃乃今日子ルート
{netabare}最初の公園で座ってたのはアマガミSSの主人公だな。
前作の茶道部そっくりのコンビが出てきたけど9年後だから別人のはず…。見た目同じキャラを出したせいで作画の悪さが一層目立つ…。
幼馴染は巨乳の法則があるがこの子は貧乳。アマガミ含めて初の貧乳ヒロイン?{/netabare}

10話
{netabare}今日子は正一の事をそれほど好きなわけでもない感じ。幼馴染は主人公にベタ惚れが多いから珍しい。
今日子は貧乳かと思ったけど結構ある。アマガミセイレンのヒロインは巨乳ばかりだから麻痺していたようだ。
検索ワードの履歴のせいでエロ広告が出てしまうのは面白かったw
郁夫の姉はアマガミから9年後なのにイナゴマスクのグッズ貰っても困るだろう。逢は出してもいいんじゃないかと思うが。{/netabare}

11話
なんかつまんねえな…今日子が耀・透と比べて普通の子すぎるんだよね。
{netabare}郁夫はイケメンでいい奴なのになんで振られたんや。{/netabare}

12話
{netabare}ベタなEND。10年後は漫画編集者か。子供は必ず女の子。
アマガミSSの9年後のヒロインを出してほしかった。{/netabare}
来週はなぜかろこどるのOVAを放送。

【総評】
・作画を改善する。
・常木耀ルートを最後にして終わり方を変える。
こうすればアマガミSSに劣らない作品になっていただろうに。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 23

74.0 7 オムニバスアニメランキング7位
徒然チルドレン(TVアニメ動画)

2017年夏アニメ
★★★★☆ 3.6 (466)
2105人が棚に入れました
本作は、どこにでもいる様な、ごく普通の高校生たちが、
恋に燃えたり、揺れたり、悩んだり、
笑ったり、泣いたり、傷ついたり、
うまくいったり、いかなかったりしながらも、
かけがえのない青春の日々を過ごしていく様子を描いた、青春群像劇です。
主人公は、登場人物全員。
あなたもきっと、誰かの気持ちに乗っかれるはず。

声優・キャラクター
石川界人、水瀬いのり、前野智昭、小倉唯、小野賢章、佐倉綾音、熊谷健太郎、三宅晴佳、花澤香菜、天崎滉平、戸松遥、浪川大輔
ネタバレ

エロマンガ先生(仮) さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

香取せんぱぁぁぁい!

めちゃくちゃ笑えた。

香取先輩まじ好きだわ。
残像ってなんなん笑
{netabare} ロマンスの神様にいっちょフルボッコかましてきますか {/netabare}とか言われたら惚れるな笑
この人が絡む話はずっと笑いが止まらんかったな。

他のカップリングのキャラもやりとりとか、表情とかも面白可愛くて1話15分で観やすいし、個人的には楽しめた作品。

最後に、漫画も読んでみたけどこっちも四コマで読みやすいです。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 15

こたろう さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

2期希望!!!

高校生カップル達のオムニバス形式のラブコメです。
元々原作ファンだったので楽しみにしていました♪

積極的なカップルだったり、両想いなのに上手くいかなかったりと、初々しさがありちょっと気恥ずかしさが見えるキャラ達がとても懐かしく、心暖まり、壁を殴りたくなる気分になります♪

あぁー学生戻りてぇ(´;ω;`)

「君が好きって言えない君へ」ってサブタイトルがまさにその通りで応援したくなるキャラばかりです。
元が4コマなのでテンポもよくコメディも面白いので気軽に観られます。

私としては古屋ほたるちゃんと皆川さんの絡みが大好きなのでもっと観たかったですね♪
恋愛マスター香取慎一も想像どうりのウザさで最高でしたw

なによりまだ出ていないキャラのストーリーがまだまだあるので是非二期もやって頂きたいですよろしくお願いしますm(_ _)m

茶道部柴崎さん、図書委員東条さんの話とか観たいですね♪
もうホントOVAでいいんで作ってくださいお願いしますm(_ _)m

投稿 : 2020/01/18
♥ : 11
ネタバレ

noindex さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

ラブコメバラエティパック

1話
様々なタイプの高校生のカップルがいちゃいちゃするのを立て続けに見せつけられるショートアニメ。それぞれのキャラはリアルドラマ路線ではなくラブコメ漫画的な性格なので、月がきれいのCパートに近い感じかな。
ヤンキー女と生徒会長はエロ漫画みたいな組み合わせだと思った。
見ているうちに壁殴る気力も尽きて「もういいや…お前ら気が済むまでちゅっちゅしてるがいいさ」という気持になりだんだん体から力が抜けていった。
キャラデザが落描きみたいでテキトーな感じだけど、むしろそれがいいのかな。

2話
小倉唯と水瀬いのり投入!
前回出たキャラもいるけど新キャラが多め。
{netabare}古屋のブラコン妹はキャラ濃いなw
天文部のお団子ヘアーの子は先輩と付き合ってるんだろうか?後輩に好かれてしまったようだが。
そして高野さん、いのりんが恋愛に疎いクールキャラを上手く演じてたね。ちょっとチノちゃんっぽかったw{/netabare}

3話
{netabare}今回も新キャラ続々登場。今回は男の方がバカな奴が多かった。
最初のカップルはお笑い系の男の方が鈍感すぎw最後は丸く収まったが。
2つめの先輩後輩は恋愛関係じゃないのか。
3つめのカップルは緑髪の男キモすぎ!なんであんな男を好きになったんや。
最後はいのりちゃんキャラで前回同様勘違い。{/netabare}
しかしアホガールとこれを連続で見るのは疲れる…。

4話
{netabare}このアニメでまさか初めてのセックス(未遂)の話をやるとは…TVアニメでセックス展開と言えばいつも未来日記を思い出すな。
今回は全員おなじみのキャラクターだけどやはりいのりちゃんの高野さんが見ていて一番落ち着くな。{/netabare}
…ところで文春砲を食らった生徒会長(小野賢章)と皆川さん(花澤香菜)がからむシーンは今後あるのだろうか?原作に無いならアニオリで作って欲しいw

5話
{netabare}神田沙希と七瀬薫が女子の新キャラ。天文部は変な三角関係になってるな。部長に彼氏がいることが分かれば終わりって感じ。
剛田と綾香は初々しい感じでぎこちなさがいいね。鼻水w{/netabare}

6話
今回の内容はアホガールよりアホだったようなw
{netabare}生徒会長とあやねるは相変わらずちゅっちゅしまくりやね。
次の漫才コンビはまだキスも出来ないのに。
次のオタク男は男同士の話だけで終わりとは。
最後の「残像だぞ♪」「ナポリタンだから大丈夫」は笑った。{/netabare}

7話
やっと新キャラが出なくなったかw
{netabare}最初のブラコン妹の話は下ネタで来たか。
恋愛マスターの存在感が増している。アドバイス通り本当に抱きしめてしまうのか?
いのりちゃんキャラは最後までかかりそうだね。{/netabare}

8話
だいたいレギュラーのキャラが固まってきた感じだね。天文部あたりはフェードアウトかなw
{netabare}剛田武のカップルは一気にキスまで行った。
それを受けてお笑いカップルが焦り出すが…この二人は互いを知りすぎててやりづらいんだよね。キスしづらい角度は笑ったw最後は鼻にw
生徒会長とヤンキーはおっぱい揉む所が見たかったな。
そして締めはまた恋愛マスター。動きがバトルアニメみたいになってきたw{/netabare}

9話
{netabare}最初の2つはなんだかもどかしいな。スマホカップルは全然関係が進展しない。
小倉唯の子は積極的だな。エッチな子なのかな…とか思ってしまった。
最後の花澤さんの演じ分けは流石に上手かった。{/netabare}

10話
{netabare}剛田は女子にモテモテやな。さすが男らしいイケメン高身長。
パトリシアがメインの話はやらないのだろうか?
千秋が酒飲んでたけど未成年だからボカしてたなw
お笑いコンビに破局の危機?ここまでは順調な話ばっかりだったから新展開。{/netabare}

11話
{netabare}水瀬いのりvs小倉唯。剛田カップルって噂になり過ぎだろwいのりんの子はLOVEしてるのをそろそろ自覚しそう。
お笑いカップルは復縁はまだ無理かな。防水スマホなら湯舟落してもすぐ取り上げれば大丈夫では?
シャー芯の子はここまであまり出てこないよな。
最後のヤンキーあやねるは生徒会長と同じ学費の安い国公立大に行きたいが…原作見るとその後も厳しそうなんだよな。隣の緑髪の子は誰だろう。{/netabare}

12話
{netabare} 最後はいつもの4話でなく2話形式。前半のサッカーはパトリシア大活躍でワロタwパトリシアメイン回やればよかったのに。
後半は海に行く計画の話で、千秋・香奈の仲直りと千鶴・卓郎のカップル成立で終わり。結局は千鶴から告白する形になっちゃって卓郎はなさけねーなー。まぁ最初にバスで告ってはいるけど。{/netabare}

【総評】
複数のカップルの恋愛模様を短い時間に4話ずつ、立て続けに見せるという変わったスタイルの群像劇ショートアニメ。
登場人物が多いが決してそれぞれの描写が薄いということはなく、恋愛のクリティカルな部分だけを切り取っているので、慌ただしさはあるものの濃い内容を楽しめる。忙しい人に最適。
ラブコメの多くのパターンを網羅していて、シリアスもあればギャグもあってバラエティに富んでいる。

飽きっぽい性格の私にはとても合っているアニメで、個人的には前期の「月がきれい」に引けを取らない作品だったと思うが、ただ原作にあるパトリシア・姫宮アリス・本山友道のメイン回が見られなかったのはちょっと残念。
結ばれなかったカップルもいるので二期がやれればいいんだけどね。

作画についてはキャラデザがユリ熊嵐と同じ人だと途中で知ったが、言われてみると確かに目がぱっちりしている感じが似ている。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 19

65.7 8 オムニバスアニメランキング8位
セントールの悩み(TVアニメ動画)

2017年夏アニメ
★★★★☆ 3.4 (208)
822人が棚に入れました
【姫】こと君原姫乃は、【人馬(ケンタウロス)】の形態をした女子高生。この世界の人類は、現実とは別の進化をたどっており、【翼人】【竜人】【長耳人】【角人】【牧神人】【人魚】【人馬】といった形態に分かれています。そんな様々な形態をしたクラスメイトの少女たちと、楽しい高校生活を送っていく人外娘たちの日常コミックが原作。

声優・キャラクター
桑原由気、深川芹亜、白石晴香、鎌倉有那、綾瀬有、桐生朱音、宮島えみ、黒木ほの香、大泊貴揮、本橋大輔、矢野智也

takigawa さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7

もやもやが残って気持ち悪い 何が言いたいの?

マンガ原作未読

日常回については それなりに 問題なく楽しめた

非日常回についてはどこかの焼き直し感がどうしてもぬぐえない

ただし
この設定(人種関連)、本当に必要なのかね?という疑問が
特に日常回(物語上は一応必要なつくりになっているけど)

非日常回は見かけ上PC、なのに日常回には反PCな臭いが漂っていて、とてももやもやする
(原作者は反PCではなく、PCの不自由さや重苦しさを表現したいのかも知れないが、登場人物の言動からは反PCの印象が強い。これが自分の誤解釈の可能性はあるけど、日常回において、そもそもこの設定必要?という疑問がぬぐえない)

総論として気持ち悪い

料理で例えると、いろんな味覚(甘さ、しょっぱさ、酸っぱさ、苦さ、辛さなど)を盛り込もうとして、結局、ぼやけた、気持ち悪い味になってる感じ

投稿 : 2020/01/18
♥ : 3
ネタバレ

ヲリノコトリ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

割と深くて割と楽しめた

【あらすじ】
文明を持つ生物の外見がより多様化した世界を描く。

【成分表】
笑い★★☆☆☆ ゆる★★☆☆☆
恋愛★☆☆☆☆ 感動★★☆☆☆
頭脳★★☆☆☆ 深い★★☆☆☆

【ジャンル】
獣人、ケモ耳、尻尾、羽、角、ヘビ、ケンタウロス的な

【こういう人におすすめ】
いろいろな要素のオムニバス的作品なので誰におススメするかと言われるとムズイ。少なくともケンタウロス的な女の子が生理的に無理なら無理っぽい。萌えとか恋愛とか設定とか小難しい話とかが混じっているが、それらの要素を単体で好きな人にはおすすめできない。それらが混じったものを受け取ったときに、セルフで噛み砕いて楽しめる人向け。

【あにこれ評価(おおよそ)】
58.4点。注目度も評価も低い。

【個人的評価】
「コメディ少なめな日常系」の皮をかぶっているが、割と深くて割と楽しめた。タイプでいうと「それでも町は廻っている」とか「世紀末オカルト学園」みたいな器用貧乏タイプ。

【他なんか書きたかったこと】
{netabare}
 原作未読。
 昨年の作品を観てるんですがデミちゃんとかボールルームとかを断念してたので、これが久々の完走作品。

 「セントール」ってなんか西洋の人馬の魔獣?と思ったらまんま「Centaurus = ケンタウロス」の読み方をネイティブっぽく変えただけっぽい。「s」って消えるんだ。まあ「g」も時々消えるしそんなもんか。英語とか苦手だからまあいいや鵜呑みで。


・浅いとこについて
{netabare}  「人馬の外見無理」って人が多かったらしく、思ったより評価が低かったです。私は大丈夫だったけどなあ。むしろ結構「生物として美しい」感じが。中世の芸術家だったらこの子の裸婦画を描きたいんじゃないかなあ。
 ま、私が実際考えてたのは「横隔膜はどのラインだろう」とかですが。心肺機能も消化器系もめちゃ強そうですよね。燃費は悪そう。

 ツッコみどころは、まあ6本足のうち2本が角になるのは無理やり過ぎだろってとことか。羽はまあアリですが、生存競争だとケンタウロス型かカイリキー型が強そう。あと天使のわっかは「ハリガネ」で浮いてるのかと思いきや「ハリガネのような強靭な髪の毛」で浮いてるらしい。進化の過程で変な遺伝子残ったな(笑)
 と、人魚。足の付け根割れてる(笑)むれて痒くなるぞーあれ。あと上着ない設定はどっから思いついた。あんな画面チカチカする設定やめちまえ(笑)

 あとセントールの服。腰回りの伸縮性がハンパない驚きの新素材でした。Gパンみたいに腰回りはチャックとボタンがいいんじゃないかなあ。それか着ぐるみみたいに背中にジッパーつけると楽そう。トイレとか。 {/netabare}


・深いとこについて
{netabare}  南極人らへんから原作者の変なスイッチ入ったのか割と深い話が混ざるようになりました。この「割と」ってのが大事で、別にそこまで深いわけではないです(笑)
 原作者がその場で思いついたちょっとした「思想」を、他に発表の場がないから、「セントール」という作品に無理やり混ぜ込んで世の中に発信してみましたが何か、みたいなことです多分。

「画家の苦悩」とか「霊媒師は実はこんなこと思ってるんだぜ」とか「不思議な存在ってイイよね」とか「幽霊は自分の記憶にある姿じゃないと~、逆に記憶にないってことは……!」とか「"全体としての個"っていう生命体どうよ?」とか「ここらで"争いの醜さ"ぶっこみます!」とか。脈絡もなにもあったもんじゃないです。

 ただその一つ一つは面白い発想だと思うので、その1つの発想をさらに深めていった結果1つの作品が生まれるような芸術活動をしていただけると……。まあ今は「セントール」という、"見てもらえる作品"にすがるしかないんですよね多分。最近なんでも引き伸ばし引き伸ばし、続編続編ですから。漫画もラノベも売れなくなるまで引き延ばして、売れなくなったら終わるもんだから、どの作品も終わるときには人気ない。名作が生まれるわけもない。

 しかし、「これは取り上げたい」と思うセリフが出てきました。
 それがこれ↓

「しかし、忘れないでほしい。我らは、彼ら哺乳類人とは平和裏に共存していかなくてはならない。そうしなければ滅ぼされるのは我々の方なのだから。そして、我らの神は、我々や彼らと同じく実在する存在であり、ゆえに我々の願いではなく、神自身のために振る舞うのだということを」

 この後半部分。
 一瞬何言ってんのかわからなくて聞きなおしました。

 要するに「俺らに恵みをくれるってことは、神さまはなんか企んでるぜ。気をつけろ」ってことですね。「考えてみりゃ、そりゃそうだ」って感じですけど宗教家には盲点の発想な気がします。
 「神を信じて祈りなさい。そうすれば救われる」「まじか。でもそれ後で高額請求くるやつだよね」みたいな発想ですよ(笑)

 まあこのセリフもその後の伏線になるわけでもなく「良い発想だね」で終わっちゃうんですが。

 このセリフが引っかかったんで最後まで見れました。
 ま、たぶん神様は南極人で漫画ではこの後なんか起きるんでしょう。
{/netabare}
  {/netabare}

投稿 : 2020/01/18
♥ : 23
ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

ピュアリーモンスター

原作未読。最終話まで視聴。

亜人(というよりモンスター)娘の日常+αな作品。

『両手足+背中の羽根』のキャラデザはほかの作品でもよく見かけるし、あまり違和感を感じなかったけど、姫ちゃんの人馬スタイルは最後まで馴染めなかったです。
(っていうか、人馬って裸足なんだ・・・。って思った)
姫ちゃんは可愛かったですけどね!

物語として面白い回(日常回orコメディ回)は良かったです。
それなりに楽しめました。
{netabare}(第4話の、女子高生がお互いの股間を見せ合う話は少し引いちゃいましたけどね・・・){/netabare}

何かよくわからない回(シリアス回ともちょっと違う気が・・・)は正直、意味不明で、少し残念でした。

委員長の家の3姉妹(千草・千奈美・千穂)は面白可愛かった。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 26

62.9 9 オムニバスアニメランキング9位
月曜日のたわわ(Webアニメ)

2016年10月10日
★★★★☆ 3.5 (167)
768人が棚に入れました
Twitterにて月曜朝恒例のイラストシリーズ「月曜日のたわわ」が、原作者・比村奇石 協力でアニメになりました。 月曜朝の憂鬱に、動いて喋る「たわわ」をどうぞ!(全12回)

声優・キャラクター
原田彩楓、間島淳司、茅野愛衣、内匠靖明、津田美波、相馬康一、石上静香
ネタバレ

noindex さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

着エロ巨乳ショートWebアニメ。

1話
毎週月曜日にアップするらしい。全12話の予定。
内容はエロ漫画みたいなシチュエーションの話。
まあ男なら楽しめるのではあるが寸止め感がある。

2話
Youtube削除騒動があったが結局ニコ動で視聴。
http://ch.nicovideo.jp/PBM
乳の誘惑をスルーし続ける男の方はつるぺたロリ専かホモなのだろう。
格言「アニメを見れば茅野んに当たる」

4話
今回は1話から出ている巨乳JKのアイちゃんの話だけど、ギャルな女性から見ると不快に感じそうな内容だな。
絵があまり動かなかったのも良くない。
ED曲はキャラの声で歌ってないから歌い手をアイちゃんにしないでほしい。

5話
ヒロインの体重を晒していくスタイル。
{netabare}アイちゃんの体重は50キロか。身長149cmで体重50ってデヴ…ぶふぉ!デブは無いわーってここで視聴やめる奴もいるかも。
でもけいおんのヒロインはほとんど50オーバーなんだよね。あれは女性の山田監督のこだわりだろう。
乳の重さは5キロ。{/netabare}

6話
{netabare}彼氏が嘘とか言ってもこの後輩はどうみても非処女。{/netabare}20過ぎでもSHIROBAKOやNEWGAMEのように処女臭くしないと売れないんだよ。

7話
ないわー。{netabare}というかこのご時世、大人の独身男が水着のJKと海に居たらその時点で逮捕になりかねないのでは?未成年者略取・誘拐罪とかで。{/netabare}

8話
{netabare}バファリンCMのパロディやめろw
巨乳でX線に影響でるわけはない。
能登さんきたあああああああ
歯医者は競走が激しいので乳はわざと当ててるという説がある。
あんな痛がったら止めるだろw
今回はブラ外す所とか胸の動きにかなりこだわりがあったと思う。{/netabare}

9話
{netabare}来たねアンミラ制服。なんでいちいち前かがみになるんだよw
つーかバイト終わった後に会ってどうするんだろう…{/netabare}どうするんだよおお!!

10話
{netabare}百合キター!つーかレズwww
もっとがっちり締めるスポーツブラみたいのないのだろうか。重いのはどうしようもないが。{/netabare}

11話
今回はいつもと違う人物の話。なんかコンテや演出が新海誠を意識しているような。男が胸しか見なさすぎ。

12話
{netabare}電車+雪でますます新海誠っぽいwやっぱアニメは足の方がエロイな。
雪の日のもどかしい電車の運行を恋愛のメタファにしてるのがあざとい。
大人でもIカップなんてめったにいませんよ。{/netabare}

【総評】
「電車でよく会うというだけの接点で会社員と爆乳JKが仲良しになるという、エロ漫画のようなシチュエーションで裸も本番も見せないアニメ」
このコンセプトが合う人は見ればいいのでは。私は寸止め系は苦手なので合わなかった。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 17

ガムンダ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6

おっぱいのインフレ

WEB公開されたショートアニメで、
月曜日にしんどそうに出社する冴えないサラリーマンが唯一の楽しみにとにかく巨乳の女子高生のおっぱいをどうにかする。
他、とにかく巨乳の同僚ちゃんやとにかく巨乳の後輩ちゃんのおっぱいをどうにかする。
とか
とりあえずとにかく巨乳なおっぱいをどうにかする話だった気がします。

ニコニコ動画で配信されていましたが、現在は観れない模様。

よく覚えてません。
あまり断念リストも増やしたくないし、ショートだから垂れ流したに過ぎません。
まったく面白くないです。

正直おっぱいが嫌いではありませんが、キャラが全部ダメです。
男の妄想人格そのものだからです。
男が作った女なんかに魅力を感じるわけないのです。
簡単に言うとキモいです。


以上。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 10
ネタバレ

魂がBITCH♡ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

理性保持に絶対自信がある男性向けアニメ

たった10分ですけど危い香りがプンプン。
露骨な描写はなく、お菓子系です。
犯罪誘発アニメであることは間違いない。
しかし、実際こういうことがあれば憂鬱な月曜日がパラダイスになるでしょう。
主人公、羨ましい限りです。
このアニメで妄想して、月曜日の朝を楽しく過ごすとしますか

現実にやったら御用ですからね(苦笑)

本作品は着エロ妄想を楽しむ作品であり、AV的な露骨さと過激を求めるのなら
「おくさまが生徒会長!+!」のシリーズをお勧めします。

{netabare}巨乳JKに痴漢防止のボディーガードを頼まれた主人公の社畜。
JKが月曜朝の電車内限定で会社員に胸の感触をサービスしたり、お話しをすることで癒され、月曜朝の憂鬱が解消される、ただそれだけの内容の10分。
キャラデザや仕草もかわいいから十分に妄想を堪能できます。
(三次元にこんなかわいいJKはそうそういませんし)
10月13日追記
この作品、YouTubeからの削除といい、いろいろと社会現象が起きているようです。{/netabare}
旧題「月曜朝の社畜諸兄にたわわをお届けします」そのままですね。
10月13日再追記
どういう事情か分かりませんけど、公式の配信が暫定復活しました。

第2話メモ
{netabare}今回はOL。
あの巨乳はちょっと病的では。
いくら巨乳好きでも限度ってものがね。{/netabare}
でも、また来週も観るんだろうなー。

第3話メモ
{netabare}削除騒動で制作は及び腰になってきたのかな?
京アニでも無彩限でJKおっぱいゆらゆらやっているのに、態々ストーリー起こして20歳超え巨乳OLだけならなーんにも特徴がありませんよ。
ま、あのJK再登場は許す。{/netabare}
ヨスガやノゾキアナレベルの露骨さまでは要求しませんけど、プリヤを習って体操着&ブルマーとか大胆な工夫が欲しいですねw

第4話メモ
{netabare}JKと社畜の通勤通学電車朝「妄想」平常運転です。
今回はJKのaiちゃんの自己紹介付き。{/netabare}

第5話メモ
{netabare}身体測定回。
この手合いの作品にはありがちな内容。
aiちゃん、身長149cmで50kg、うーん・・
適正体重が43.1kgだから、これはダイエットしたくなるかなw
発育のいいおっぱい分はプラスαに含まれるのだけど。
深夜アニメでは気にならない女の子の揉み合いも、午前中の視聴だと刺激が強いなぁw{/netabare}

第6話メモ
{netabare}今回はたわわなOL社内恋愛編。
学生の恋愛みたいにスキッといかないね。
酒の席、女絡みで上司との関係悪化、社畜の悲哀也。{/netabare}


PS
この作品のレビューをしていたら、変質者の気分になってきました。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 20

74.7 10 オムニバスアニメランキング10位
銀河英雄伝説 外伝(OVA)

1998年2月1日
★★★★★ 4.1 (122)
680人が棚に入れました
銀河英雄伝説シリーズの外伝。銀河系宇宙を舞台に、英雄たちの群像劇を壮大なスケールで描く。銀河帝国幼年学校を卒業し酷寒の惑星・カプチェランカに赴任したラインハルトたち。ベーネミュンデ侯爵夫人は彼らの抹殺をヘルダー大佐に指示する。

こたろう さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

本編が好きならこちらも是非

本編のビフォアストーリーで、主人公2人のサクセスストーリーです。


期間を置いてから製作されたため、声優さんが代わっているのが残念ですがそれを嘆いても仕方がない(お亡くなりになっているので)事なので受け入れましょう。
作画はキレイだし、雰囲気や粋なセリフも本編と遜色ありませんのでファンなら絶対押さえておくべきです。
話も面白い。


ただ、外伝だけあってちょっと陳腐なところは否めません。

いくらなんでも、真剣白刃どりはないだろw

投稿 : 2020/01/18
♥ : 7

蒼い星 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

銀河の歴史がまた1ページ。

アニメーション制作:ケイファクトリー
OVA外伝第1期 — 全24話(1998年2月 - 1998年)
OVA外伝第2期 — 全28話(1999年12月 - 2000年7月)


銀河英雄伝説本伝の前日談にあたる物語で全部で52話にも及びます。

銀河帝国で後に“金髪の英雄”として知られるラインハルトと、
彼の忠実な腹心にして“赤毛の親友”キルヒアイスが未成年だった頃の話。
彼らが如何に活躍して出世の階段を登っていったのか?

片や“エル・ファシルの英雄”となったヤン・ウェンリーが新たな任地に赴任し、
事件に巻き込まれたり、後の人生で関わることになる人達との出会いがあったり。

本伝では歴史を眺めるといった具合なのに対して、
外伝では登場人物の更なる掘り下げが行われている気がします。

本伝では既に艦隊を所有して、更には元帥府を開き、
後には最高権力者にまで登りつめてしまうラインハルトしか観られないので、
艦長やら司令官やら上官に敬礼する中間管理職なラインハルトが新鮮ですね。

そこでは下級兵士など様々な立場の人間に直に接することにより彼らの気持ちを知ることもあり、
孤高ではあるが、足もとを疎かにして前を向いて走ることしか知らなかったラインハルトが、
帝国の腐敗と問題点を認識する上で中々に重要なエピソードなのかもしれません。
(ラインハルトの圧倒的な才能と最高のパートナーのキルヒアイスの補佐で危機を切り抜けられますけどね)

にしてもオリジナルエピソード3部作は波乱万丈な気もしますがw

アニメオリキャラの美幼女伯爵令嬢(CV.大谷育江)が出てきたり、
某侯爵の娘(CV.榎本温子)が美少女だったり、
銀英伝にも萌えの時代が来たのか?という驚きが…w
ふたりとも、碌でもない父親に似てなくて良かったですねえ。

おおよそ、原作外伝に存在しているエピソードが中心なのですが、帝国サイドが殆どですね。
なかでもいちばん嬉しいのは本伝では第1部で退場したキルヒアイスの出番が主役並に多い事ですね!
本作品の中では人気の高い魅力的な人物であり、キルヒアイスファンにはたまらないことかと思います。
実際にキルヒアイスが主役のエピソードもありますしね!

逆に残念だったのは富山敬さんが亡くなられて、主役の一人のヤン役が変更されていることでしょうか?
二代目の声優の郷田ほづみさんも十分に実力のある方ですし、郷田さんの声も好きですけどね!

そういえば、ヤンが主役の捕虜収容所のお話以外ではヤンの出番が少なかったような?

同盟サイドではシェーンコップの出番が多かったですね。陸戦部隊の出番が多めですので、
コンバット物が好きな人には、ちょっと嬉しいかもしれませんね。

とりあえず本伝110話を視聴済みで、こっちをまだ観てない方には是非とも観ることをおすすめします。
時系列順に各話の関連性がありますが、それぞれを独立したエピソードとして楽しむことが出来ますしね。


これにて感想を終わります。
読んで下さいまして、ありがとうございました。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 31

みかみ(みみかき) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

よっしゃー。これでコンプリート?

本編を観た勢いでこちらもコンプリートなう!
いやー、長かった、長かった。外伝なのに何時間あるんだよ…

■アニメとしてはこっちのほうがベタな意味では出来がいい

 アニメとしては、こちらのほうが「普通」のアニメになっていたな、というように思います。というか、キャラクターの人格表現や、話の盛り上げ方とかは、こっちの外伝のほうが、オーソドックスな意味ではよくできいた、と言ってもいいように思います。基本的に2話~12話完結の短編がオムニバス方式で並べられているものなので、起承転結が短いターンでよくできてたな、っていう印象が残りました。
 ラインハルトとか、もはやただのツンデレじゃないかとか、キルヒアイスとラインハルトはどんどんとやおいネタ一直線じゃないかとか……まあ、そういう配慮もこちらでは前面に押し出されつつ。
 ラインハルトや、ヤン・ウェンリーの人格的な統一性は、こっちをみたほうが本編をみる前にはよかったね。

■本編の異質さがあらためて際立った

 なんか、こっちを観たことで、逆に本編の話の構成のさせ方の異質さがあらためてきわだって感じられた、という気もしました。
 本編のほうって、ヤン・ウェンリーとかは「名言」がとても多いのだけど、それが物語構成上のクライマックスにはなってないんですよね。つまり「民主主義における軍隊というのは云々~」とか、いくつかの名言は、物語においてクライマックスが登場したあとに、解説のようにして付け加わる。
 でもこれって、ベタな物語作法から言えば、クライマックスを盛り上げるために、主人公たちがどういうジレンマを抱えているかを先に書いたほういいわけですよ。
 本編ではいくつかのジレンマがあるけれども、ジレンマがクライマックスにいたる前の「仕込み」として、ジレンマ状況を説明するための認識って示すのが普通なわけですよ。でも、クライマックスが終わったあとに「解説」として言葉を付ける。何なんだ、これが、ということを思うわけです。
 一応図式化しておくと

 【ジレンマ状況の説明】→【対立のクライマックス】
 
 というのが普通の物語作法。この方法によって、クライマックスのときに、登場人物たちが何に歯ぎしりしているのかを視聴者は共感して見ることができるわけです。

 【対立のクライマックス】→【ジレンマ状況の説明】

 という形を、銀英伝の本編はとっています。

■銀英伝は、物語作法ではなく、論説文の作法を採っている

 まあ、クライマックスの前の説明がないわけじゃないんだけれども、クライマックスが終わった「後」の解説がふつうの物語よりもかなり多いのですよ。
 この「ジレンマ状況の説明」が「ヤン・ウェンリーの名言」なのですよ。これは、けっこう不思議な構成で、物語のなかのポジションとしては、エピローグみたいなところに入るのが普通でしょう。これって。なんだけれども、エピローグに入り込ませられるべきものが、本編のなかの途中途中で、入り込むことになっています。
 「ジレンマ状況の説明」を、クライマックスの前ではなくて後にもってくるという作法は、物語作法というよりも、エッセイとか論説文を書くときのノウハウ。物語を最初に紹介することで、そのあとに続く抽象度の高い議論を理解するための補助線にする、というのはエッセイとかではよくやる技法です。
 これは、ヤン・ウェンリーが歴史学者としての側面をもっているキャラだからこそ…というのもあるのでしょうけど、物語が終わった「後」に説明をするからこそ、何か抽象度の高い議論にもみえるし、銀英伝は分析的な思考をかきたてるのにも、面白い物語になっているのでしょうね。

■各シリーズごとレビュー

螺旋迷宮:★★★☆
ヤンがエル・ファシルの英雄として帰還してからの14話。某老人の人格描写はちょっとおもしろかったかな。

白銀の谷:★★★
極寒の地で生き延びろ!ラインハルト少尉!のはなし。お前ら強すぎだろう。

叛乱者:★★★★
宇宙船からの生還だ!ラインハルト中尉!の巻。これは、クライマックスの作り方がうまかった。物語技法的には、一番ベタにしっかりとしていた。銀英伝そのものの良さとは別方向だけれども、エンタメとしては出来がよかった。

決闘者:★★★
今度は決闘だ!ラインハルト!の巻。なんかハウス食品劇場もののアニメを観ているような気分になった。ラインハルトせんせい、つよすぐるよ…w

奪還者:★★★☆
今度はスパイだ!ラインハルト!の巻。これは外伝全体のなかでは三番目ぐらいによかったかな。こういう話は比較的好きですよ。

朝の夢、夜の歌:★★★
今度は探偵だ!ラインハルト大佐!の巻。なんかベタな探偵物だった。

千億の星、千億の光:★★★
今度は地上戦だ!ラインハルト少将!の巻。銀英伝らしいかんじのはなし。これは本編の雰囲気と比較的連続性がたかいと思う。

第三次ティアマト会戦:★★★☆
今度は艦隊船だ!ラインハルト中将!
これは、本編+αといえる内容。組織の無能なやつへのいらだちの表現とか、よかったですよ。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 10

58.3 11 オムニバスアニメランキング11位
18if(TVアニメ動画)

2017年夏アニメ
★★★☆☆ 2.9 (123)
518人が棚に入れました
ここは夢世界。
欲望、希望、絶望が形を成した意識と無意識の狭間。

いつも夢見る自分の部屋の中で、
再び眠りにつこうとした月城遥人は、偶然にも他人の夢に紛れ込んでしまう。
それは、この夢世界に心を囚われた魔女達の夢。
現実を拒絶し、夢に逃げ、眠り続ける「眠り姫病」に陥った彼女達の夢の姿。

魔女の夢世界に迷い込んだ遥人は出口の扉を探し、
彼女達と出会い言葉を交わしていく。

声優・キャラクター
島﨑信長、子安武人、名塚佳織、福圓美里、東山奈央、加隈亜衣、浅倉杏美、遠藤綾、田村奈央、折笠富美子、水瀬いのり、嶋村侑、新田恵海、南波志帆

ミミック さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9

ここまで見ごたえのないアニメは久しぶり

全話視聴したのですが、まあ評価通りですね。
設定が面白そうなので視聴を始めたのですが、
良いところもあったのですが、いろいろとま
ずい点のほうが目立ってしまったのかなという印象。


気になったところ
・夢に主眼を置いているんで設定的矛盾が多々あり。
・なんでもかんでも、夢だからで片付けられる。
・ひたすら重い話を続けて強引にハッピーエンド。etc.


それでも
・夢という難しい題材を扱いSF的展開に挑戦したところ。
・展開の先読みが難しいところ。
・アニメならではの視覚からの演出。
など良いところも観れたので、少々もったいなかったかな
という感じも否めません。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 17

sMYVP12210 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

1話は最悪だが。。。判断難しいアニメ 一見の価値は有り

見てます。予備知識なし
1話目 訳が分かりません。
ただでさえ わかりづらい設定っぽいのに 1話目の役割を全然していない。
これから見る人は2話目から見よう。はっきりいって1話目不要。

2話でこのアニメの設定、展開がわかる。
このあとどんなテーマで話数が進むかわかんないけども、もう少し見続けることにします。

あ、あと言葉とか表現は結構暴力系18禁だと思います。

■見終わったので追記 2018.4.2
2話がよかったので見続けて、6話目までは良作アニメですね。まさにアニメだからできる表現かもしれない。おすすめです。
ただ、この作品の決定として、「作画」「音楽」が残念。これだけ目をつむりつつ、7話以降~11話までの迷走も耐えつつ最終話まで見てみましょう!

難しいアニメというのは確かです。いかんせん1話完結オムニバスなので時間とか尺が足りなさすぎる。シナリオはいいんだろうなーきっと。
シーンすっ飛ばし感や説明シーンがたりないから評価されにくいと思った。

ちょっとグロあるけど、現実社会にうったえたいテーマのアニメを理解してみるか!って思ったからは見てみてください。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 5

snow さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

自由の結果<47>

各話の監督が自由にやって、その予測不能感で見てた作品。
最後にはシリーズヒロイン総集合でまとめてたけど、作画と同じく話はプア。
下ネタ回以外はベースが低いからちょっと作画改善したら好印象ってな3話・10話くらいかな。
あとは中華レベルか劣化ピクサー3D。
アニメ監督はストーリー作家じゃないのよ別の職業よ、ってのが浮き彫りになった印象。

切り札回<51>
10話まで視聴。
森本晃司が全部やるー回。
これで動画まで綺麗だったらねぇ・・・というイメージ映像回、ってそれはほぼ毎回か。
センスはあるんでしょうなぁ的な印象。
主人公の状態に対して言及して大オチの準備かしら。

#「途中で断念した」で放置してたけど、やっと環境状況を更新。多分最後まで観る。

このアニメ、お話的にはどれもプアなのは「そらそうよアニメ監督はショートショート作家じゃないもん」てな納得はあるけど、作画も東放だし、切り札切ったこの回も一番退屈しなかった9話のシモネタ回と同じくらいの評価なのねん。

クォリティ上がったw<47>
3話まで視聴。
2話で切ったんとちゃうんかー・・・ええ、私のレビューは嘘ばかりです。
22時からやってるのでバチカン待ちでTVつけてたら、絵がキレイになってる。
話は物足りないと言え、監督のオネイニーを貫徹した首尾一貫とした作りはこれはこれで。
コロコロと表情が変わるあたりがやりたかったのかな。

クォリティ上がらない予感<30>
2話まで視聴。
善悪無視した話は初回よりはマシだけど、脚本的には稚拙。
絵は・・・これはクォリティは上がらんね。
毎回監督違うつってもたいしたのはいなさそうなんでここで見切り。

困ったことにオムニバス?<30>
1話視聴。
初回の感想を率直に言えば中華アニメの下。
特に話が酷い。
絵は動かすための省略した絵柄かと思いきや、一部シーン除いてそんなに動かない。
スポンサーの東放学園の生徒を関わらせてるからこんな絵ってことか。

毎回監督が違うので初回ウンコでも即アデューする勇気がでない。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 9

62.9 12 オムニバスアニメランキング12位
恋旅~True Tours Nanto~(OVA)

2013年4月28日
★★★★☆ 3.7 (75)
495人が棚に入れました
富山県南砺市を舞台としたオリジナル・ショートアニメーション。南砺市各エリアの美しい自然・風土・文化・などとともに3つのオリジナルラブストーリーを描き出す。

けみかけ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

“ご当地”でしか観れんという正真正銘の“ご当地アニメ” 短いながらも良く出来ていてビビる

P.A.WORKSのお膝元でもある富山県南砺市を舞台にした3組のカップルによる6つのオムニバスラブストーリー
現地の観光名所で直接アプリを立ち上げて位置情報を認識させるか、お役所等の公共施設で限定的にワンセグ配信されているものを受信するかの2通りのみで視聴可能
とまあ、観光誘致のためのかつてない【超ローカルアニメ】


『Ture Tours』などという“超ダサい”タイトルはともかくとしてw
ちゃんと『Ture Tears』のスタッフとキャストを再集結させている気合の入れっぷりは凄いです
だからちゃんと西村純二が監督、岡田麿里が脚本、音楽はeufonius、彩陽も井口さんも名塚も出ている
強いて言うなら上田夢人や関口可奈味(ネ申)が不在なのは痛いところでしょうか
1話約5分×6話、とまあかなり短いながらも現地観光名所の魅力をちゃんと盛り込みつつ、普通にラブロマンスとして良く出来ているのだから拍手モノ
遥々東京から富山へと出向いた甲斐もあったってもんですw


現地でアプリ起動→オリジナルアニメ視聴→(ここまでの流れが最もな特色、以降の機能についてはガルパンの聖地巡礼アプリなんかでも実装済み)→観光名所でキャラクターカメラ起動→ツーショット撮影→キャラクターボイスで観光案内→役所などで現地へ行ったことを写真で証明→(ハイパー晒し者タイムw)→オリジナルポストカードが貰えます→全6枚中3枚以上集めるとポストカードブックが貰えます


☆晴喜と葵☆
幼馴染が故に距離が近すぎてお互いの気持ちが見えなかった高校生カップルのお話
後編はこれまでの「友達以上、恋人未満」な関係が心地良すぎたと苦悩する後日談
3組の中では王道、良い意味でベタな展開
吉野裕行さんの下手っぴな歌が聴けるのはコレw

舞台は北陸の小京都とも呼ばれる町並みと圧巻の彫刻が息づく『井波』
そして国重や世界遺産に指定されている合掌造り集落が残る『平』、『上平』


☆匠と夏子☆
スキー場で初めて出会ったはずの草食系な匠とアウトドア派の夏子
でも夏子は匠を以前から知っているような素振りを見せる・・・
ちょっと凸凹気味だけども、いつの間にか惹かれあっていく二人のお話
残り2組はマリーの脚本だがこの二人だけジュンジの脚本
なので「夏子があざとい」とか「匠がHENTAI」とまあ他の2組よりラブコメ風味で毛並みが違うw

舞台となるのは日本最大のゴンドラ設備を持つスキー場、IOX-AROSAのある「福光」
それと「井口」、P.A本社もある「城端」
桜ヶ池のサービスエリアにある馬鹿デカいボルタリング施設も出てきます
ホントにデカいですw
赤祖父湖の円筒分水槽は個人的にツボ


☆輝司と千晶☆
転勤の話が一転、別れ話になってしまった倦怠期のカップル
最後の旅行先は思い出の地、富山へ・・・
3組の中で最も賞賛したいお話です、出来れば一番最後にチェックしてほしい
「夢の中では王子様と王女様なんだ」という、マリーの脚本ではお馴染みの乙女チック妄想タイムが炸裂しているのもポイント
前編は輝司視点、後編は千晶視点で進むので二人の気持ちのすれ違いを感じ取ってほしいですねぇ

舞台となるのは蕎麦が美味かったりギリシャ風劇場があったりで大自然とのギャップがそそられる「利賀」
そして喧嘩神輿が有名な夜高祭で賑わう「福野」
夜高祭は是非一度リアルタイムで観てみたいです


ショートショートながら、P.Aはかなり良い仕事をしたと思います^^b
ただしこの企画、一度視聴すれば半永久的に動画が解禁されてしまうのでほぼ一回訪れるだけで終わってしまうのが少し寂しいところ
何か今後に繋がるものをこれから模索していって頂きたいですね
もちろんtrue tearsやAnotherの聖地巡礼も忘れてはなりませんw


最後になりましたがこれから南砺市を訪れる、って方へのワンポイントアドバイス
最初からアプリに入っている動画の画質はかなり酷い(笑)
ですのでオプションの「高画質動画ダウンロード」機能を用いてあらかじめ動画を落しておくことをオススメします
一度ダウンロードすれば位置情報認識後に解禁される動画は画質MAXのモノになります
これオススメ

投稿 : 2020/01/18
♥ : 15

ato00 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

私は第2部が好きです。

富山県南砺市、地域振興恋愛ショートアニメ3部作です。

第1部:
幼馴染によるピュアな恋愛。
観ているこっちが恥ずかしい。
答えは身近な所に?
確かにそうですね。
あっ、最後、ふっ切れた。

第2部:
富山へお別れ旅行に来たカップル。
5年もの歳月が二人の関係を変質させる。
もう一歩踏み出せば・・・。
発展的解消よりも破壊的契約へ・・・。
そして・・・無声・・・感動・・・です。

第3部:
オフシーズンのスキー場から始まる恋もある。
人工物と融合した大自然が美しい。
椿の蜜?
甘い甘い甘い恋の結実です。

P.A.worksのキラキラした美しい背景が気分を高揚させます。
恋愛に揺れる心模様をシンプルかつ感動的に描写した珠玉の短編集でした。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 27

HIRO さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

ティーブレイクにいかが?

ショートストリーですが良く出来ていて後味のよい良作だとおもいます。
ラブストーリーが好きな方は観ておいて損は無いです。


富山県南砺市を舞台にした3部x(前編、後編)の計6話
true tearsの声優さんが出演しています。
耀司と千晶編
晴喜と葵編
匠と夏子編

アニメーション制作 : P.A.WORKSさん

CV(敬称略)
須川耀司: 増田裕生
逢沢千晶: 名塚佳織
横川晴喜: 吉野裕行
新藤葵: 高垣彩陽
西匠: 石井真
石倉夏子: 井口裕香

投稿 : 2020/01/18
♥ : 8

52.6 13 オムニバスアニメランキング13位
闇芝居 2期(TVアニメ動画)

2014年夏アニメ
★★★☆☆ 3.0 (108)
460人が棚に入れました
新エピソードがゾクゾクと登場する最恐シリーズとなる。

声優・キャラクター
津田寛治、村井良大、平野良、竹井亮介、田野アサミ、松本若菜、相沢梨紗、中込佐知子、大西礼芳、茉莉邑薫、遠藤瑠香、Sara、増本庄一郎、福士誠治

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.9

見終わったので追記

なんというか1期以上に話に怖さがなくなった気がしますね。
1話は絵が怖いだけでギャグにすら見えてくるし
2話に関しては誰にでも作れそうな話ですね・・・

でも唯一怖い事がありました。
このアニメ元々見る気なかったのですが・・・
勝手に録画入ってたんですよ・・・

追記 全話終了しましたね。
やっぱり最後まで残念な感じでしたね。
1期はくねくねや八尺様からパクってきたような話があったら怖いものもあったものの
この2期は怖いの苦手な僕が見ても?ってなることが多い作品だった。
というかギャグでやってるのかと思ってしまうようなものが多かったような・・・
(最終話の麻薬吸った人みたいな状態になる回とか赤ちゃんの霊とか

投稿 : 2020/01/18
♥ : 3

-?- さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

ホラー系 まさかの2期

なぜやったw
まさかの紙芝居の2期目


物語:オムニバス系ホラー

作画:紙芝居じゃねーか

音楽:ゲーソゲ・・・あれ?


なぜにやったwこれに尽きます
(1話が印象に残ったくらいかな人によって印象に残ろう話しが違うだろうが)
良くも悪くもホラー紙芝居です
(おっちゃんの正体が気になるのだが~)

ホラー系が見たいときにお勧め?です

投稿 : 2020/01/18
♥ : 1

ninin さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7

ちょっと慣れてしまいました。

全13話 約4分30秒のショートアニメ

作画は昭和の雰囲気を出している紙芝居風で、お話は都市伝説を基にした怖いお話、1話ごとにお話が違っていてどの話からでも観れるのがいいですね。

でも慣れたのかあまり怖くなくて、予想通りの展開も多かったです。

あまりオススメしませんが、どちらかといえば1期の方が怖い印象があったので、もし興味があったら1期の方をオススメします。

最後に、この作品は怖いというよりビックリという感じでした。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 16

61.4 14 オムニバスアニメランキング14位
伊藤潤二「コレクション」(TVアニメ動画)

2018年冬アニメ
★★★★☆ 3.1 (114)
366人が棚に入れました
『伊藤潤二傑作集』『魔の断片』を原作とする。
『伊藤潤二傑作集』は、『富江』『双一の勝手な呪い』『フランケンシュタイン』など、伊藤さんの人気作を全11巻に収録した作品集。
『魔の断片』は、「Nemuki+」に掲載された読み切り『解剖ちゃん』『黒い鳥』など、全8作品を収録。

声優・キャラクター
三ツ矢雄二、下野紘、名塚佳織、緑川光、小山茉美、末柄里恵

野菜炒め帝国950円 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

ありのまま起こったことを話すぜ ホラーアニメ見てると思ってたらいつの間にかギャグアニメを見ていた

なにを言ってるかわからねーと思うが俺にも分からねー。

世界の巨匠伊藤潤二氏のホラーコレクション集。

ホラーとは書いたが厳密に言えばホラーっぽい何かだと思う。
その何かが高度なギャグであることに気付くのに少々の時間を要するのだがそれはまた後ほど。

少なくともホラーと聞いて期待されるであろう恐怖感とかそういうのとは少しばかり縁遠い。

ただ雰囲気は妙におどろおどろしく悪く言えば気持ち悪い。
伊藤氏の絵柄は本来もっと気味が悪いと思うんだがこのアニメに関しては少しばかりそういうのが緩和されてる印象を受ける。
もっと忠実に気味悪く出来たはずである。

ともあれその抜群の気味の悪さ故にどうしてもホラー的ななにかを期待させてしまうんだがどういうわけかアニメで見ると絵柄 演技 見せ方 そのすべてが我々を恐怖より笑いに誘(いざな)ってしまうのだ。

シュールな笑いていうのかね こういうの。

怖いと思った回数より笑った回数のが間違いなく多いと思う。

そういう意味では下手な狙ったギャグアニメより笑えたぶん秀逸なギャグアニメであるとも言える。

笑わせようとする意図は無いのだと思うのだがそういうのに限って笑えてしまう。
そんな経験おそらく誰もがあることだろう。

繰り返すが雰囲気は実に素晴らしいのだ。
だからこそなんだかんだでラストが気になり見入ってしまう。

だが困ったことに物語のオチがよく分からん回もちらほら存在する。

例えばある不気味な存在がいたとしてソレがいったいなんであるのかとかいう説明が放棄されてるため不気味な話ではあったが結局なんだったんだ?て感じになってしまう回も少なくは無い。

知ってる人がどれだけいるかは知らないがホラー短編集「新耳袋」とかもそんな感じだった。
タイプ的には似たようなもんだろう。

そういう細かいとこを気にしたらダメなのかもしれないが気になるんだから仕方ない。
なんともすっきりしないこの気持ちをどうしろと言うのだろうか。

尚、オチの無い回の多い作品ではあるがたまに当たり回が紛れてるのがまた心憎い。

宝クジに当たるよりはるかに当たり回の確率は高いぶん随分良心的である。

不気味というだけでなくどこかシンミリとさせてくれるような秀逸な回も存在する。

個人的なお勧めだが「緩やかな別れ」と「案山子(かかし)」のラストは中々印象に残るものだった。

あんざんことか読んじゃうお茶目な人もいたらアレなんで念のため。

絵柄のせいなのかこれまた余り人気の無い作品のようだが回の出来自体は確かにピンキリではあるが惹き込まれるモノがあるのも確かであり間違いなく見て損はないであろう。

いや多分。

絵柄で敬遠するという行為はそれだけで人生の0.何%かは損していると言える。
絵柄が最優先されるのは薄い本だけで充分なのだと私は思う。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 18
ネタバレ

noindex さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

シュール・ギャグ・グロ・ホラー、それが伊藤潤二作品の魅力だが…1話切り

「ギョ うごめく不気味」に続き二度目の伊藤潤二作品のアニメ化。
原作は一部読んだことがある。かなりグロテスクでありながらもなんともシュールな味わいがその魅力だろう。

1話
{netabare}「双一の勝手な呪い」
ギャグ話で全然怖くない。最初はゆるい話でつかみに来たのかな。見ていて「魔太郎がくる!!」を思い出したw
双一がクモマシーンに乗ってたのが謎だが、ギョもそうだけど伊藤潤二の作品って唐突にメカが出てくるなw
そういや双一の声の人はポプテピピックに出てたw

「地獄の人形葬」
これは原作読んだことある。人形病が結構怖くてグロい。これこそ伊藤潤二だな。こっちは3分くらいしかないけど時間配分のバランスはこれでいいのか。{/netabare}

2話
{netabare}「ファッションモデル」
これは原作読んだ。もういいや{/netabare}

【中断評】
どうも続けて見る気が起きない。闇芝居みたいなショートアニメで良かったような。伊藤順二作品の作風自体は嫌いじゃないんだが。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 7
ネタバレ

おぼ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

おかしなホラー/1話感想(1.7)

原作未読/二クール

雰囲気が好き。

※星評価の基準は各話レビューのネタバレ内に記載
※レビューにネタバレはほとんど含みません
※最新1話のみ各話レビューから外しています
※基本的にはTwitterに書いた感想そのままです
※各話感想は殴り書きに近いです

( 'ω'o[各話レビュー]o
{netabare}
※星評価の基準
---------------- 8×キリトリセン ----------------
★★★★★/かなり面白かった
★★★★☆/面白かった
★★★☆☆/普通
★★☆☆☆/微妙
★☆☆☆☆/面白くない
---------------- 8×キリトリセン ---------------- {/netabare}

①「双一の勝手な呪い/地獄の人形葬」/★★★★☆
{netabare}
オムニバス形式のホラーアニメ。
伊藤潤二の作品は「ギョ」のみ視聴済み。
1話としては若干弱かった気もしないではないけど、ホラーなのにちょっぴりおかしな物語に最後までつかれそうで安心。
2話も楽しみ。{/netabare}

( 'ω'o[総括レビュー]o
※後日追記

投稿 : 2020/01/18
♥ : 16

55.6 15 オムニバスアニメランキング15位
旅街レイトショー(TVアニメ動画)

2016年冬アニメ
★★★☆☆ 3.0 (80)
300人が棚に入れました
旅立ちの岐路に立った人々の感情やその先の未来を丁寧に描いた、短編アニメーション。

弟子が翌日に海外へ修行に出るシェフ、本音で向き合えない女子生徒、夏祭りの日に再開した少年と少女、
定年退職の日に過去を振り返る教師…。
空港近くの街で、多くの人がそれぞれの分かれ道に向き合い、過去を思いながらも前に進んでいく姿を描きます。

声優・キャラクター
森下由樹子、富澤雄基、大隈健太、田端美保、後藤友香里、遠藤璃菜、儀武ゆう子、平ますみ、仲台吉一
ネタバレ

noindex さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9

旅立ちにまつわる全四話。三話が突出している。

ウルトラスーパーアニタイム枠で全四話の予定。
絵は動かない中割無しの紙芝居方式。
この手法が増えるのはアニメにとってマイナスかなあ。てーきゅうの功罪…。

1話。
オシャレなイタ飯屋が舞台の料理話。
なんかキャラデザがオサレ系に合ってないように感じるし会話もかみあってないような…JKめしか!?
最初のシーンが回想だったのは2度見ないとわからなかった。

2話。
二人のJKのすれ違い話。うーん…1話よりいい…のか?旅とあまり関係ないけど。
ワタモテの原作の最近の展開を思い出した。

3話。
おおー!今回はやってくれたね仕掛けてきたね!!まんまとやられたよ!!
…ただ、ニコ動のあらすじがもろネタバレw幸い読んでなかったから良かったけど(後で見たら修正されていた)。
ハルカ役はばらかもんの泣き虫の子か。さすが上手いね。

4話。最後はこう来たか…。
{netabare}主人公が初老の女性って珍しい。
千葉県ネタで攻めていて成田闘争、行川アイランド、千葉市動物公園の風太君と出てくるが、飛行機を見送る空港のそばであることがポイントなんだろう。
オチは読み通りだった。男の教員は最近、着任してきたと思いたいが…。{/netabare}

【総評】
やっぱりてーきゅう方式の作品は増えてほしくないので高評価できない。悪い手本となっているのなら、てーきゅうもそろそろ終わるべきなのかも。
3話が一番高評価になるけど一番旅立ちと関係が無いなw

投稿 : 2020/01/18
♥ : 15

文葉 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

ほろ苦い珈琲みたいなアニメ

ショートアニメ、全4話。

ちょっと切なくって懐かしい雰囲気です。
作画は枚数減らしていてあまり動きません。
ショートアニメらしいショートアニメ。

まるで子供の頃に初めて飲んだ珈琲の味を思い出すように
じっくり味わいながら観ていました。

個人的に2話目と3話目が印象に残っています。
思わず3話目は「そう来たか・・」と呟いてしまいました。
気になった方は3話目を観てみると良いかもです。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 45

ato00 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

喜怒哀楽

1話完結のショートアニメ4話分。
絵がほとんど動かないので、紙芝居的です。
挿絵を観ながらラジオドラマを聴いている感じかな。
手抜き感があるため、アニメとして評価は高くありません。
しかし、心に染み入るものを持ってる不思議な作品群です。

人生は良く旅に例えられます。
どんな旅をするかはひとそれぞれ。
しかし、これだけは言えます。
人生は一人旅ではないっていうこと。

人は一人では生きていけないし、生きてはならない。
様々な人々との関わり合いの中で自分を作り上げるのです。
その中で学び・成長し、あるときには対立したり。
楽しい出会いや悲しい別れもあるだろう。
でも、旅の終わりに充実したと感じることができれば、人は幸福なのである。

松山千春の「人生(たび)の空から」を強烈に思い出した。
私も旅の終わりに会いたい人がいる。
その人に会えたら、とても満足だろう。
そして幸せだろう。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 26

67.4 16 オムニバスアニメランキング16位
アイドリッシュセブン(TVアニメ動画)

2018年冬アニメ
★★★★☆ 3.6 (67)
289人が棚に入れました
「小鳥遊事務所」に集められた、未来を担うアイドルの卵たち。
お互いに出会ったばかりの7人は、性格も個性もバラバラ。
けれど、それぞれに異なる魅力を持ち、アイドルとしての未知の可能性を秘めていた。
グループを結成し、共に第一歩を踏み出した彼らの名は「IDOLiSH7」アイドリッシュセブン。
光り輝くステージで歌い踊る姿は、やがて人々の心を惹きつけていく。
華やかだが、時に厳しいアイドルの世界で
彼らは夢を抱きながら、その頂点を目指す――!

声優・キャラクター
増田俊樹、白井悠介、代永翼、KENN、阿部敦、江口拓也、小野賢章、羽多野渉、斉藤壮馬、佐藤拓也、千葉進歩、興津和幸、佐藤聡美、小西克幸、川原慶久

まつふ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

トラブル多めなアイドルサクセスストーリー

アイドリッシュセブンの良いところは、オムニバス形式ではなく、ちゃんと一本通った物語が展開されるところだと思います。
アイドルものなのに、メインキャラのアイドルにヘイトを貯めるような展開も辞さなかったり、メンバー間の仲があまりよくなくトラブルが起こるなど、「アイドルもの=明るくて当たり障りのないキャラクター重視のもの」と認識していた自分としては、新鮮な部分が多く楽しめました。
作画も安定していたし、何より小鳥遊紡ちゃんを含め、アイドリッシュセブンの皆がいいやつで好感が持てます。普通ならもっと怒るだろ!という部分でも冷静で優しくてちょっと心配になるくらいw
しかし、こういった暗い展開の後にちゃんと明るい展開を持ってきてくれるのが、カタルシスがあってとてもいいです。最終回の展開はベタベタだし、予想できたことなんですが、それでも感動しました。

ゲームも入れてみたんですが、二期も一期に負けず劣らず波乱万丈な展開が多そうで、今から楽しみです。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 5

ミュンヘン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

見てて辛いシーンが多かったですが最後まで見て良かったと思います

男性のアイドルアニメに初挑戦ということで2018年冬から春にかけて放送してたアイドリッシュセブンを見てみました。

アイドルマスター、ラブライブ、Wake Up Girls!などの男性向けアイドルアニメは明るい話が多かったですがアイドリッシュセブンはかなり胸糞展開多かったです。ということもあってか結構キツいところがありました。大手事務所の圧力やメンバーそれぞれが抱える事情から展開される辛い話が多くキャラクターが報われるシーンが中々見られないというのが辛い。やっぱりアイドルなので応援してるからには笑っていてほしいですからね。

ですが、だからこそ最終回めちゃくちゃ感動してしまいました。メンバーの1人のセリフで「ステージの上でよくアイドルがありがとう!って言ってるじゃん?あれってただ気持ちいいから言ってるのかと思ってたけど、違った。心の底から自然と湧いて出てくるものだった」色んな苦難や悩みがある中でそれでも前に進んでそれを応援してくれるファンへの感謝の気持ちが見てて伝わって来ました。このセリフが聴けて凄い嬉しかったです。

ライブシーンも結構頑張っていてCGと絵を混ぜるラブライブ方式の演出でしたがこれも最終回のライブが皆楽しそうに歌ってるんですよね。細かい表情までこだわっていて愛を感じました。

最終回やっと報われたアイナナ見るとこのアニメ見ててよかったなって思えました。

点数 88

投稿 : 2020/01/18
♥ : 8

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

男性アイドルグループのマネージャーになろう!(最終回: 第16、17話スペシャル観終わりました!)

スマホゲームアプリとの連動企画。ゲームのサイトを観た限りでは、基本設定はゲームとアニメで共通のようです。

私はTokyoMXで元旦に放送された1、2話スペシャルを見ましたが、1/2の24時にBS11で放送があるみたいですね。

一応、ターゲットは女性と思われます。タイトルになっている男性アイドルグループはメインキャラではありますが、主人公はそのマネージャーである小鳥遊紡(たかなし つむぎ)ですね。

紡は父の経営する小鳥遊事務所という芸術プロダクションに新入社員として入社早々、事務所が初めて手掛けることになった男性アイドルグループのマネージャーになるよう言い渡されます。

他に既に大人気の、八乙女事務所所属アイドルグループであるTRIGGER(トリガー)などが出てくるようですが、ストーリーにどう絡んで来るのでしょうか?

アニメだしアイドルなので特定のメンバーと主人公がくっつくというのは考えにくいので、そうするとキャラの掘り下げと主人公の成長物語がメインになるのでしょうか。

制作はTROYCAで、少なくともスタート時の作画は良いです。ステージ場面のCGの出来もかなり良いと思いました。ばらく様子見で観てみようと思います。

2018.5.14追記:
第15話+特別番組「キミと振り返らないと!」で2話を残して放送が止まっていたアイドリッシュセブンですが、いよいよ今週末から16話、17話が放送されます。

BD/DVD(特装限定版)はメンバーひとりずつがジャケットで全7巻が予定されていますが、1巻(2話収録)、2巻(3話収録)、3巻(2話収録)、4巻(3話収録)、5巻(2話収録)までが既に発売済みまたは発売予定が決まっていますので、おそらく6巻は3話収録、7巻は2話収録となるのではないかと思われます。

2018.5.22追記:
第16、17話スペシャルを5/20に視聴して、最終話まで視聴完了しました。

男性アイドルがメインのアニメ作品なんてそうそうちゃんと観ないのですが、本作品についてはメインストーリー部分でアイドリッシュセブンやそのライバルであるTRIGGERだけでなくそれぞれの所属事務所である小鳥遊事務所や八乙女事務所などなども巻き込んで、きちんとストーリーが作られていたこともあり、無事に完走することができたのでした。

特にアイドリッシュセブンのマネージャーである小鳥遊紡(たかなし つむぎ)の存在により男性視聴者がキャラクター配置的にも置き去りにならないようになっていたかと思います。本作品は「アイナナの物語」であったと同時に「つむぎちゃんの物語」でもありました。

初回のライブからの古参のファンが家族や友人を巻き込んでいく様子など、ドラマ的にもなかなか見所があり面白かったです。

キャラクター原案にベテラン少女漫画家である種村有菜先生が起用されていたのも良かったです。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 24

59.0 17 オムニバスアニメランキング17位
北へ。Diamond Dust Drops(TVアニメ動画)

2004年冬アニメ
★★★★☆ 3.3 (26)
181人が棚に入れました
広井王子原作のゲームをアニメ化。個性的かつ魅力的なヒロイン達が経験する青春時代特有の心の機微を描いている。函館を舞台に、茜木温子の淡い恋物語が展開していく。

イカちゃん☆休止中 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

☆北海道の魅力溢れる作品

かなり前のアニメでしたけど以外に面白かったです♪

「サクラ大戦」「魔神英雄伝ワタル」の広井王子さんの作品です。


オムニバス形式で6人のヒロインが在住する、北海道の
それぞれの地域ドラマが展開します。

函館が魚屋さんの娘さんと老年のミュージシャンの恋で、

他にも、様々なタイプの女の子が北見、旭川、札幌市、帯広が舞台で繰り広げられます。

私は旭川のフイギュアスケートの女の子のお話が良かったです(*^^*)



アニメーション制作/スタジオディーン


2004年1月13日-3月30日(全13話)

投稿 : 2020/01/18
♥ : 1

けみかけ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

本物のオムニバスラブロマンス 作画は微妙、でもシブめのお話好きなら一見の価値アリ そしてなにより北海道最高b

作画こそカツカツでやっている感があるものの、よくよく見れば一流スタッフが集結していて細かい演出の技が光る隠れた傑作です!


脚本には岡田磨里や花田十輝
演出には西村純二や川瀬敏文
などなど・・・
これはほんの一部!


オムニバス方式の構成に、本格的な北海道ロケなど、この2004年当時にしてはかなり冒険心に溢れた意欲的な作品でした


お話自体は北海道の各地に散らばった6人のヒロイン達が各々目線で各々の青春を過ごしていく様が1人2話ずつ描かれていきます
いわゆる男性主人公やストーリーテラー(語り手)がいないため、各話の主人公はあくまでヒロイン達
(ゲーム版での主人公が旅行者として度々各地に出没したりしますが、あくまでモブキャラ)


必ずしもハッピーエンドとはいかない甘酸っぱいお話が中心で、ベタベタな恋愛モノよりもメロドラマを欲している上級者向けですw


函館や帯広の町並み
北見の大自然
積丹半島の大海原
旭川や札幌の都市部
etc・・・
各々で「街」という人の気配を手前に置きながら、背後には広大な大自然が広がっているというスケール感がまさに北海道ならではだとオイラは思います
オイラのように東京にいては想像のつかない価値観の世界です


昨年はこの作品の影響をモロに、北海道旅行と託けてオイラに聖地巡礼を決意させましたw
また行きたいですねぇ・・・

投稿 : 2020/01/18
♥ : 10

66.2 18 オムニバスアニメランキング18位
劇場版 フリクリ プログレ(アニメ映画)

2018年9月28日
★★★★☆ 3.6 (37)
178人が棚に入れました
「すっごくさぁ。欲しいものがあるんだよ」 深紅の翼を追って〝女〟は空に消えた――。 時はめぐり、星々を盗み取るほどの力はいま、少女の夢のなかで目覚めようとしている。 「ベスパに乗った女に気をつけろ!」 アイロンの吐き出す煙たちこめる街――ヘッドフォンの少女・ヒドミが轢かれた夜、 クラスメイトの少年・井出の額から巨大ロボットが出現した! 〝特別なことなんてない日常〟が終わりを叫び、ついにあの女が帰ってくる!

声優・キャラクター
林原めぐみ、沢城みゆき、水瀬いのり、福山潤、村中知、中澤まさとも、黒沢ともよ、井上喜久子、大倉孝二、菅生隆之、浦山迅、鈴木れい子

shino73 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

セカイはテキトーに

アニメーションをやりたいように、
やりたいだけフルスイングする。
クリエイターのおもちゃ箱なのだ。
これがフリクリの本来の良さだろう。
劇場版「オルタナ」は寂しい印象を残ましたが、
こちらは楽しいフリクリの待ちに待った帰還。

その日暮らしの説得力ゼロの少年たちと、
ネコ耳少女ヒドミの日常系ファンタジー。
ポップでキュートなデザインが素晴らしい。
スクラップした毎日を蹴り飛ばす、
PILLOWSのオルタナロックも健在です。

物語はあってないようなものだ。
クリエイターが結集した6篇の連作ですが、
そもそも前作から説明など不要かも知れない。

10代の無感情な倦怠感、閉塞感、
いやここは「時代」のと呼ぶべきか。
やりたいことなんてない気怠い毎日を、
軽快に吹っ飛ばすそれがフリクリでしょう。

考えるよりも先に笑え。
考えるよりも先に泣け。

人生が笑った数で決まるのなら、
がむしゃらに笑って日々を翔べってことだろう。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 30

フィリップ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

大豆ラブストーリー

アニメーション製作:Production I.G
監督:荒井和人・海谷敏久・小川優樹・井端義秀・末澤慧・博史池畠
総監督:本広克行、脚本:岩井秀人、
キャラクター原案:貞本義行、キャラクターデザイン:久保田誓

6人の監督たちが1話ずつを担当し、
自分たちの個性を押し出しながら
1本の映画としてまとめた画期的な作品。
6人それぞれが同時進行させていたこともあるのか、
作画はかなりバラつきがあるが、
(もちろん、ワザとという部分もある)
それがこの作品の面白さでもあった。

猫耳ヘッドフォンを付けて、
外部をほぼシャットアウトする少女。
彼女のなかでは残酷な悪夢の世界のほうが
現実感を帯びているようだ。
そして、貧しさのなかに身を置きながら、
スクラップ工場で働く少年がいた。
ふたりの少年少女が出会い、
ふたりの宇宙人が現れることで、物語は大きく動いていく。

アトムスクを追うラハル、それと止めようとするジンユ、
父の帰りを待つ雲雀弄(ひばじり)ヒナエとヒドミ、
ヒドミのことが気になる井出交とふたりの友人、
OVA登場のアマラオの息子マスラオ、その娘アイコなど、
それぞれの登場人物たちが、心に何かを抱えたまま
世界的な危機に翻弄されていく。

キャラの動きや豊かな表情、挑戦的な作風が
とても楽しいのは、OVA版に近いものがある。
特に4話の「ラリルレ」と5話の「フルプラ」の回の
はっちゃけぶりは、これぞフリクリだという
斬新で見ごたえのある映像を楽しませてくれた。
末澤慧監督が担当した5話は作画の表現も
かなり意表を突いたものだ。
まさか『ホットロード』を出してくるとは予想外だった。
末澤慧監督は次回作があるなら観てみたい。
そして、主人公の林原めぐみ、水瀬いのりを中心とした
声優陣も存分に上手さを見せてくれていた。

ただ、今回の作品は6名のアニメーターたちが監督となって
できることをやったという形になっていたことが原因なのか、
ストーリーの落とし込みや全体のアイデアという部分では、
カタルシスを感じることができなかった。
最終的には4組の男女が織りなす
ラブストーリーになってしまっているというか、
まぁ、そもそもが東京ラブストーリーだと思えば、
それほど違和感もないのかもしれないが…
物語の根幹のようなものがもう少しはっきりしていれば、
OVA版を超えるだけのポテンシャルがあったと思う。
しかし、ぜひもう一度観てみたい、と
思わせるほどの表現は散りばめられている。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 30
ネタバレ

きつねりす さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

考えすぎず、身を任せて楽しめばOK

「分からないから面白くない」という感想で片付けたくないので、色々と考えながら個人的な感想を。
まず見終わって思ったのは「どういうことなんだ!」ということ。時間が進むにつれてガーっとスピードは上がっていくけど、受け手として追いついていけてないな、という感じ。結末としては{netabare}ヒドミと井出くんがそれぞれの思いに正直になるというところで{/netabare}シンプルなものなのだけれど、そこに行きつくまでの過程が絡まりあっていたりして、「ここでこのキャラが繋がってるわけね!」という部分もあれば「このキャラはここで出てくる必要があるのか?」と思う部分もありました。でもとにかく終盤は怒涛の展開が続くのでこれの処理が追い付かない。映画館を出てパンフレットを見ながら考えをまとめようとしてみても、インタビューで声優さんが「内容はわからない」的発言をしている(笑)。演じている人でさえそうなのだから、見た人が同じゴールに入っていく必要はないのかな、と思うと自分の正直な感性で楽しめばいいんだ、という気持ちになり何か急にスッとしました。水瀬いのりさんの言葉に救われた。

まず言わせてもらいたいのは、ピロウズの音楽がこれまでで一番ハマっていたということ。6話分それぞれに監督が就いていて、大筋の流れや設定は決まっていたとはいえ、それぞれに画面の使い方や描写の方法、キャラの躍動感などの個性があり、まさにアンソロジー的形式ではあります。そんな多様性が感じられる中、どの担当回でもピロウズの音楽が刺さりました。「フリクリを見ていた側」としての立場から「フリクリを作る側」の立場に立った時に、やっぱりこの物語に根付くロック・ミュージック=the pillowsという構図がそれぞれの監督さんの中にしっかりとあったのだろうと感じさせる愛のようなものを感じました。予告編でも流れていた「Thank you,my twilight」、主題歌「Spiky Seeds」、OVA版でもバトルシーンで使われていた「LAST DINOSAUR」といった3曲は特に良かったです。このシーンではやっぱりこの曲だよね!という共感、この世界観ではドンピシャな音楽だなという発見など、今作は音楽面は非常に満足しました。アルバム買います。

話の本筋について。
{netabare}OVA版では「愛」、オルタナでは「友情」というところに最後のトリガーがあるとするなら、今回のプログレは「家族」かなと思いました。帰ってこない父親を待つ母親とこれからも一緒に暮らしていくという「居場所」ができたことによって最後の井出くんへの思いを伝えきれたのかな、と思います。ヒドミ自身はクールでいながら人間らしい感情的な部分も兼ね備えていて、徐々にその片鱗は内側から外側へと出ていくのですが、ヒドミの母親と心の内を交わし、「自分も成長していく」ということを受け入れて自分の思いを伝えられるようになったのかな、と思います。一度見ただけではちょっと追いきれなかったですが、大体そういう筋だと解釈しました。3章から出てくるアイコとマスラオの関係というのもやはり娘と父親という家族で、モチに捕らえられたマスラオが次の希望を娘に託すというのもひとつの家族の形なのかな、と思いました。(自分を買い取るとかそこらへんの描写がよく分かんなかったですが)
また、異性を思う気持ちというのももう一つのテーマだと思います。ハル子がアトムスクを追い求めて手に入れようと躍起になるのも、森がレンタル彼女という形で寄り添う相手を求めようとするのも、マルコが天真爛漫なヒドミに純粋な恋をするのも全部いろんな愛の形。報われなかったり、ちょっと報われたりと達成の程度はそれぞれながら、なかなか上手くもいかないってところまでひっくるめて青春は難しいんだぜ、と教えてくれる作品だな、と思います。中心にいるヒドミと井出くんの恋愛は成就したみたいですが、それぞれが思いに気付く瞬間や、その思いを持て余したりする光景、素直に向き合うシーンといった感情の部分を丁寧に描いてきて辿り着いたゴール、という感じで好感が持てました。見た目ややっていることはハチャメチャで、そこはフリクリらしいといえばらしいですね(笑)。{/netabare}

3つの作品をここ1ヵ月足らずで見てきて、勢いの中に若いゆえの心の葛藤や迷いを描いた作品なんだな、とつくづく思いました。全てを分かったような立場で主人公たちの世界に乗り込んでくる「ハル子」という異分子で日常がかき乱され、いい迷惑と思いながらも、自分の奥に眠っている感情を呼び起こされるという構図。しかし当のハル子自身も本当に追い求めるものにはまだ辿り着けていないという、人生あがいてナンボのもんじゃい!といった作風が大人になった世代にも若い人たちにも刺さるのかな、と思いました。それに加えて大人っぽいピロウズのロックとかギター、バイク、ロボットといった男心をくすぐるアイテムの数々。劇場に足を運んだときはお客さん全員男だったのでああ、納得、と。

これを見ているときは心は少年時代に戻って世界に浸れるっていう意味では、日々疲れた現実からの逃避行にはもってこいの作品だと思います。いい作品に巡り合えました!

投稿 : 2020/01/18
♥ : 4

63.7 19 オムニバスアニメランキング19位
高橋留美子劇場(TVアニメ動画)

2003年夏アニメ
★★★★☆ 3.5 (26)
160人が棚に入れました
「うる星やつら」、「めぞん一刻」、最近では「犬夜叉」などで知られる漫画家、高橋留美子が青年誌向けに描いた短編シリーズを忠実にアニメ化。
団地のご近所、会社の上司や部下、親子、嫁姑…など“ごく普通”の関係の中で起こる、ささやかだが当人たちにとっては大きな事件を、独特のシニカルな笑いとほのかなしんみり感で味付け。日常の中のちょっとした「ずれ」からカオスやサスペンスを立ち上げ、カタルシス(あるいは脱力感)たっぷりに収束させる原作者の手腕が、いかんなく発揮されている。
「うる星~」「めぞん~」のアニメ版でヒロインを演じた平野文や島本須美をはじめ、高橋留美子作品でおなじみの声優陣の豪華競演も楽しい。

声優・キャラクター
玉川砂記子、池澤春菜、林原めぐみ、小関一、永澤菜教、松本さち、南央美、小林のり、堀絢子、佐藤ゆうこ、高木渉
ネタバレ

ヒロトシ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

ちょっと笑えるし、ちょっと泣ける、そんな作品

日本漫画界の大御所と言っても差し支えない高橋留美子先生の短編集漫画をアニメ化した作品です。

テンポの良い展開や完全にハッピーエンドとは言えないけれど希望の持てる終わり方で毎回締めてくれるので個人的にはかなり好きな部類に入る作品です。

高橋先生の作品というと「うる星やつら」「らんま1/2」の様にSFチックというか非現実的な要素を過分に含んだ上での日常ラブコメを得意としている印象ですが、この短編集ではそういった要素をなるべく排除した上で社会生活を営んでいる中で起きる問題に着目して話を膨らませているという手法を取っています。

そのせいか出てくる主要人物は冴えないサラリーマンやご近所問題に巻き込まれる女性や、姑との関係に頭を悩ませる主婦等といった人が大半です。そういう意味ではターゲットにしている層はいつもの少年少女では無く少し上の年代を意識してこの作品は作り出されたと感じました。

エピソードは個々に独立しておりますが、私が好きなのは以下の話です。(ネタバレあり)

{netabare}●おやじローティーン

<家族からも冷たくされている中年サラリーマンが転落事故に遭った事で記憶を失ってしまい挙句の果てに13歳の自分に精神年齢が退行してしまう。記憶を戻す手掛かりとなるのは持っていた女子高生と2人きりで映っているプリクラのみ。援助交際という疑惑が家族間に持ち上がる中、一体真相とは?>

ベタなお話なのですが何処にも居場所がないサラリーマンの悲哀を前半は描きながらも結局は家族の事を第一に考えていたという結末が中々感動できる良エピソードです。

●鉢の中

<浅川は引越し早々に隣人の利根川家の葬式に出席していた。利根川家は長男とその母親が交通事故に遭っていたのだ。残された長男の嫁は近所付き合いが無い事と日頃から義母を苛めていたという噂が飛び交っていてあまりイメージの良くない人だった。ある時浅川は嫁に地元に納骨に行くのでその間鉢植えを世話して欲しいと頼まれる。嫁にあまり好印象を持っていなかった浅川は渋々ながらも鉢植えの世話をする。しかしある時浅川は不注意で鉢植えを割ってしまう。弁償しなくてはと思いつつ割れた鉢植えを片付けていた浅川は土の中に白い固い物体を見つける。一体何故鉢植えにこんなものが?と首をかしげる浅川の脳裏に過ったのは「納骨」という言葉・・・もしやこれは人の骨なのではないか!?>

最初はちょっとホラー入っていますが蓋を開けてみれば作中屈指の救われない話でした。しかも現実にありそうなテーマという事で嫁姑問題の複雑さが表現されています。最後にちょっとだけ救いがある描写がありますが、それも本当はどうなのやら・・・という感じ。あんまりすっきりしないエピソードで短編集の中でも異彩を放っていますが、それだけに必見です。

●迷走家族F

<近所の噂話から自分の家が経済的に大変という事を知った中学生のはづきが家族旅行に両親と弟と出かける話。お金がないはずなのに欲しいものを何でも買ってくれるし高い旅館に予約してあると言う父親の発言から「一家心中をするのではないか?」と考えたはづきは呑気に旅行を楽しむ家族を余所に一人疑心暗鬼に駆られていく>

女子中学生であるはづきが「一家心中」という結末を避けるために家族の気を惹こうと奮闘する姿が印象的な話です。はづきの声は皆口裕子さんが担当していらっしゃいます。皆口さんの可愛らしい声と健気なはづきがマッチしていてとても良かったです。

●君がいるだけで

<長年務めていた会社が倒産してしまい現在無職である堂本。会社に人生を捧げた堂本はサラリーマン以外の生き方を知らない無骨なオヤジだった。そんな時弁当屋のパートで働いていた妻が病気に倒れる。シフトに穴を空けてはいけないと堂本は人生初の接客業に挑戦する。しかし経験がまるでない堂本は客相手に失態を繰り返す。それでもめげることなく努力を続ける堂本だが・・・>

堂本が最初融通の聞かないオヤジかと思ってたんですが、全然そんな事は無く、頼まれた仕事には文句も言わずにこなすし、接客業の練習として毎日鏡に向かって笑顔と挨拶の鍛錬を行うといった感じの良いオヤジでしたw それだけに長年染み付いてきたサラリーマンとしての自分が上手く環境に適応出来ない事を嘆くシーンは淡々としてますが心打たれます。

●お礼にかえて

<あるマンションに引っ越してきた主婦の小鳩は引越しの挨拶周りをしている時に住人からマンションを仕切っている「女王」の存在を知る。女王の機嫌を損ねてはいけないと忠告を受ける小鳩だが、ある時女王に意見をしてしまった事で、掃除係を押し付けられてしまう。しかし気の強い小鳩は女王の弱点を探るべく掃除係をこなしつつ機会を伺う。そんな折、女王が「かにしゃぶ」という言葉にうろたえた事を知った小鳩はその真意を調査するべく動き出すが・・・>

よくあるご近所バトルの話ですが、主婦でありながら作中髄一の可愛さを誇る小鳩さんが主役なので自分的には押さないわけにはいかない作品です。マンション住人同士の対立だと他に「Pの悲劇」という話がありますがぶっちゃけあっちの方が話としては良く出来ていると思いますw でもこっちの完成度も中々のものです。変に感動に走らず最後までコメディタッチのノリだったのは一貫していて良かったなと思います。{/netabare}

投稿 : 2020/01/18
♥ : 16

takumi@ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

冷笑を含みつつも後味はじんわりとあたたかい13話のオムニバス

高橋留美子原作による全13話、1話完結型のオムニバス。
どこから観ても大丈夫だが、ひとつの街を舞台にしているし
6話で登場した人物が10話の通行人で登場したりなどが
いくつかあるため、1話から順に観ていく方がオススメ。

親子、夫婦、嫁姑、近所づきあい、会社の上司や部下など
さまざまな人間関係の中で生じる誤解や疑念、すれ違い、噂話。
日常生活につきもののそれらに直面したとき、
なにげない一言の大切さや、思ったことを相手にどう伝えるか、
知りたいことはどう聞くか、噂話を耳にしてしまったとき
自分の中でどう処理するか・・など、
コミュニケーションをテーマに、やや冷笑を含みつつの悲喜こもごも。
最終的にはじんわりとあたたかく、またある時は爽やかに描かれていた。

受験生を持つ親や会社の倒産、マンション住まいの上下関係など
ほとんどが社会生活の現実的な話ばかり。
夫婦の話もどちらかというと年季の入った2人を描いていたので、
大人のほうが共感しやすい内容だと思うし、実感できるはず。

どの話も面白かったけれど、個人的に深く印象に残った話は・・

■1話「Pの悲劇」 
満天の星空のシーンがとても美しくて感動したが
注目すべきはそのあとだったという、なかなかのオチ。

■2話「浪漫の商人」
やむなく閉館を決定した結婚式場の話。
老夫婦の言葉にぽろぽろ涙が溢れてしまった。

■6話「君がいるだけで」 
会社が倒産し無職になった夫が、病気の妻の代わりに彼女のパート先へ。
彼の実直さに笑いながら見てて、最後にじわじわきた。

■11話「日帰りの夢」
甘酸っぱい思い出を美化してニヤニヤしてしまう気持ちに共感。
でも話はそれで終わらず、ひねりの利いたシナリオが秀逸だった。

そのほか、7話のおばあちゃんは可愛かったし、9話もいい話だった。
ちなみに12話、13話は残念ながら先がすぐに読めてしまったので
ちょっと物足りなさを感じてしまったのが少々心残り。
それでも、全体通して泣いたり笑ったりできる絶妙なテンポで後味も良く、
観終わったあとほっこりできて、とても好感の持てる作品だった。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 29

月夜の猫 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

何とも痛烈な感じ ^^;

2003年7月高橋留美子劇場(第1シリーズ)1話完結の作品集。
2003年10月(第2シリーズ)は人魚シリーズ(アニメ版)

ヒューマンドラマ風・・結構重い空気の作品も多い。
ファンタジー風・サスペンス風他多種多様なエピソード。
とは言えドン底までというのではなく、考えちゃう感じ。

雰囲気的には「世にも不思議な~」風の少しダークな雰囲気。
サスペンス風に入って軸になる人物の大袈裟な心理描写が
後の展開の大きな分岐に・・その結末は・・ドキドキ・・

全話可也スパイスが効いた内容で面白い。

結局理不尽のままとか、酷い話だよね・・解る><という
身近な話題だったりで一緒に苛々したり苦笑失笑・・
ほんとにそれでいいの?って終わり方が多い^^;


声優陣
平野文、雪野五月、林原めぐみ、山口勝平、
島本須美、杉山佳寿子、神谷明、永井一郎
井上喜久子、神谷明[、子安武人、石田彰など

投稿 : 2020/01/18
♥ : 2

60.8 20 オムニバスアニメランキング20位
GENIUS PARTY-ジーニアスパーティー(OVA)

2007年7月7日
★★★★☆ 3.6 (26)
133人が棚に入れました
『鉄コン筋クリート』を製作したスタジオ4℃が、日本が誇る多彩な才能を集めて作り上げたオムニバスアニメ。福島敦子監督による『Genius Party』、河森正治監督による『上海大竜』、木村真二監督による『デスティック・ウォー』など

coldikaros さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

素晴らしい

オムニバス作品ということで、「GENIUS PARTY」「上海大竜」「デスティック・フォー」「ドアチャイム」「LIMIT CICLE」「夢みるキカイ」「BABY BLUE」の7作品が収録されています。
正直自分は、監督さんに詳しくないので2・3人しか知りませんでしたが、それぞれとてつもなく個性があって大分楽しませてもらいました。
まさにイマジネーションの世界です。強烈なメッセージ性があるようにも見えますし、意味のない映像の羅列にも見えます。
それにちょっと驚きだったのが、二つ目の「上海大竜」という作品が、まさかの全編ほぼ中国語の作品であるということです。
見れば分かるのですが、初め中国のアニメかと思ったぐらい自然な入りだったのでかなり驚かされました。
それにこの映像美は本当にすごいです。短篇で予算さえあればやっぱりやれるんだなと思いましたし、そんな環境でもテレビ作品と同じタッチで描く監督さんもいて、個性の現れを感じました。
たまにはこういう、頭の中の感覚的な部分をそのまま映像化したような作品を見るのも悪くないですね。
まぁずっと見るとかなり疲労しますが^^;
素晴らしいです。こういう表現の場があるのなら、日本アニメもまだ衰退はしないだろうと、そんなことも思いました。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 4

N0TT0N さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

見本市的短編集。

たまに見たいもの+一品という借り方をするのですが、これはその一品枠で視聴した作品です。

7監督のオムニバスによる見本市的な作品なので、予想通り実験的な要素が強かったです。が、視聴者置いてけぼりってこともなく、エンタメ性は考えて制作してあるようでした。(1部例外あり)

世界展開ということもあり、いわゆる声優さんの見せ場はほぼ皆無です。


▼GENIUS PARTY (監督:福島敦子)
55点
デザインが面白く動きもいい。アフリカを思わせる自然を独自のイメージで描いたような作品だけど、いまいち意味が解らなかった。

▼上海大竜 (監督:河森正治)
65点
アクションは目を見張るものがある。中国語の作品で中国っぽいセンスも感じたけど日本人監督だったんだ。オチがまさかのファンタジーw

▼デスティック・フォー (監督:木村真二)
65点
チェコアニメのテイストで重厚。描き込みディテール共にスゴい。だんだん可愛く見えてくるwこれも日本人監督だったんだ。。

▼ドアチャイム (監督:福山庸治)
60点
よくある日本的な淡々アニメ。ネタはちょっと不思議ネタだけど、特に驚きはない。ただ、このラインナップの中では清涼剤的効果アリ。

▼LIMIT CYCLE (監督:二村秀樹)
30点
哲学的真理を追求している。のかもしれない。。
アニメにする意味が解らないし、そんなバブル期?っぽいキャラにするなら棒人間+視やすい背景にした方が良かった気がする。

▼夢みるキカイ (監督:湯浅政明)
85点
赤ちゃんが世界に触れる瞬間を豊かな想像力で描いた秀作。
作画、動き、表現、全てに惹きつける力を感じる。

▼BABY BLUE (監督:渡辺信一郎)
80点
青春の句読点を描いた作品。短くベタながら綺麗に締めてある。
全体的にかなり高水準の作画だけど、最後の表現は更に秀逸でした。

しかし、、渡辺監督爆弾好きやなww


とまぁ、こんな感じの短編集でした。
続編があるようなので、そちらも視てみようと思ってます。

ご一緒にポテト‥

ご一緒にGENIUS PARTYはいかがでしょうか?(dvd)ノ♪

投稿 : 2020/01/18
♥ : 9

gazabata さんの感想・評価

★★★★★ 4.6

青春を捨てた者たちへ

この映画はアンソロジーであるわけで一つの作品として感想を言うのは不必要かもしれないが一応全体的な雰囲気を伝えるために書いていこうかと思う。その後で一つ一つのショートの感想に入ることにする。

全体像:
湯浅正明、渡辺信一郎、他、がいるからアニメーションのクオリティが恐ろしく高いのは言うまでもないだろう。一つ一つ全然違うスタイルなので飽きることがない。
作品ごとに監督が違うのでやはり面白い話とそうでないのとがある。しかもこの差が大分激しい。正直言うととばしても良いと思う作品もいくつかあるわけでそれでも一応一つの映画ではあるので見たほうが良いとか思ってみたりもする。
作品自体のクオリティはまばらなもののアニメーションと音楽はとても良いものだと感じた。
アニメーションが好きな人であれば楽しめるのは確実ではないかと思う。ストーリーは過度な期待をしなければ全体的に満足できるものではないだろうか。

点数:7/10


ここからは一つ一つの短編の感想を書いていこうと思う。長くなると思われるので興味のあるところだけ読んでいただければよいかと。

1 GENIUS PARTY: Directed by 福島敦子

この短編は多分このアンソロジーの中で一番自由なアニメだと思う。台詞もなく、ストーリーと呼べるものも大してないのがそれをまた引き立たせる(作品の長さが5分と短いからこういうことがここまでうまくできたと思う)。
映像と音楽だけで完全にこの奇妙な世界に引きずり込まれたときの気分は表現しがたいもので実際体験してもらうしかないような気がする。多分マジックマッシュルームをするとこんなものが見られるのではないだろうか。
とても自由な作品であることからストーリーについて何か言えるような気はしないが作品のテーマや意味を考えたりするのはなかなか楽しいものだ。少なくとも無意味に色や光を飛ばしているだけのものではないと思う。

アニメーションと音楽は多分両方このアンソロジーの中で一番すごいものではないかと思う。(少なくとも二つのバランスと相性を考えれば一番であると言っても過言ではないだろう)

監督の福島敦子さんが他に監督をしていないのがアニメ界においての大きな悲劇であると言っても良いほど監督のポテンシャルが見えてくる作品だ。

点数:9/10


2 上海大竜 or SHANGHAI DRAGON: Directed by 河森正治

GENIUS PARTY が一番自由な作品であれば上海大竜は一番気楽で楽しい作品だろう。アニメーションはもちろん素晴らしいのだがこの作品で一番好きなのは世界感だ。なんだか見ていてワクワクしてくるようなアニメで子供のころを思い出すような感じだ。特に最後の七分は鳥肌が立つほど楽しい。このアニメを作った人は本当に楽しみながら作ったんだろうなと思う。

ストーリーは結構訳が分からないがこれは良い意味で訳が分からない。最初の五分は結構つまらないがそのうちペースが上がってくるから大丈夫。(最初は言語が中国語で字幕がないのがつまらないと感じたひとつの理由だ)
クライマックスですごく心に残ったシーンは大人が子供に無理やり何かをさせるシーンだった。(そんなダークな内容ではないのでご心配なく)作品のテーマとそのシーンを合わせると何が伝えたかったのか考えたくなる。(もちろん良い意味で)

とにかく楽しい。とにかく、たのしい。

点数:8/10


3 デスティック・フォー or DEATHTIC 4: Directed by 木村真二

GENIUS PARTY が一番自由な作品で上海大竜が一番気楽で楽しい作品ならデスティック・フォーは一番一般向けな作品だろう。分かりやすく言えば、毎朝NHKでやってるショートアニメのクオリティを少し上げた感じの作品だ。
結構奇妙な作品で短いからか大変な世界であるにもかかわらず説明が皆無なわけで異世界感が半端ではない。
多分このアンソロジーの中で唯一子供が見ても楽しめる作品ではないかと思う。
全体的に普通なので(もちろんこのアンソロジーにしてはという意味で、一般的に言えば結構面白い)特に言うことはない。

点数:6:10


4 ドアチャイム or DOORBELL: Directed by 福山庸治

GENIUS PARTY が一番自由な作品で上海大竜が一番気楽で楽しい作品で、デスティック・フォーが一番一般向けな作品ならドアチャイムは一番つまらない作品だろう。(このネタはこれで最後にします)
漫画っぽいアニメだなと思ったら案の定監督が漫画家だったわけでそういうことならどうしてこの作品がつまらないかなんとなくわかるような気がする。まず大きな問題は漫画のペース感をそのままアニメに持ってきたことだと思う。初めてのアニメなら仕方がないかもしれないが話が進むのが遅い。そしてその割には伝えたいことが伝えられず、最後にナレーションで視聴者に「答え」を教えてしまっている。というかこの話は十五分程度でするべき話ではないのではないだろうか。似たような内容の映画に「複製された男」や「嗤う分身」があるが、それのほうが内容が濃くて圧倒的に衝撃が強い。
簡単に言えば内容が薄い。表面上のコンセプトだけで中身がない。

点数:5/10


5 LIMIT CYCLE Directed by 二村秀樹

この短編はこのアンソロジーの全体的なクオリティを大きく下げるうっとおしいものだ。
後から長めの感想もとい憂さ晴らしを書くがとりあえずは短い感想を。

想像していただきたい。あなたは風邪をひいています。鼻が詰まって息ができず熱と頭痛で意識がもうろうとしています。眠りたいのに眠れません。少し寝たと思ったら頭痛と呼吸困難で起きてしまう。あなたはその時間がゆがんだ夢と現実の狭間にいる。そんな中つけっぱなしだったテレビからドストエフスキーの「罪と罰」の朗読が始まる。しかも初めからではなく途中から。人道、神、罪、自由意志、善と悪、このような言葉が並べられて聞こえてくる。話を理解したいが途中からでしかも意識がもうろうとしているからまともについていけない。眠りたいが眠れない。テレビを消そうにもリモコンに手が届かない。あなたはどうすることもできず難しい言葉が頭の中でぐるぐると回っている中で静かに死を願う。
LIMIT CYCLEを見るのは今の例えと大して変わらない。もし二村監督がそれを狙っていたならこれは最高傑作かもしれない。

点数:3/10
(ここからはもうちょっと入り込んだ面倒な話をするので飛ばしていただいて構いません)
このアンソロジーを見る前に少し感想を調べてみるとLIMIT CYCLEが哲学的で面倒くさいという感想がいくつかあった。自分は哲学が好きなので楽しむことができるだろうと楽しみにしていた訳だが見事に間違っていた。(哲学は好きでも頭はたいして良くはないのでもし頭が良くて哲学が好きな方がいましたらぜひ感想を書いていただきたい)
この短編の一つの大きな欠点は視聴者に求めるものが多すぎるということだ。いや、多すぎるというよりかは求めていること自体が不可能だというほうが正しいかもしれない。この短編は視聴者が様々な哲学のコンセプトを熟知している前提で話しかけてきている。(コンセプトとともについてくる哲学用語も同様に)それは未知数を理解していない人に一次関数を説明しているのと大して変わらない。
後もう一つ欠点がある。言っていることに本当にまとまりがない。次から次へとトピックを変えて最終的には最初言っていたことと何の関連性もないことを言っている。これは視聴者を余計混乱させるもので、もしちゃんと哲学用語を理解している人が見ても混乱するのではないだろうか。

最後にこの短編の芸術性について少し。
物語の素晴らしいところは哲学を物語に組み込むことで哲学についてあまり知らない人でも知らずにとても深い哲学的な考え方をさせることができることだと思う。これが上手な監督は結構いる(庵野秀明、押井守、今敏 、渡辺信一郎、たまに湯浅正明、他)そしてそれが物語及び、アニメの素晴らしいところだと思う。ところがこの短編はどうだろうか?集中力のない哲学用語を十五分程度ノンストップで並べながら言っている内容と全く関係のない映像を見せられる。これはまるで哲学の教科書のページを適当に入れ替えてページの端に蝶々の絵を描いているようなものだ。これを芸術と呼べるだろうか?(もちろん呼べるわけだがそのやり方では大して芸術的価値がないのではないかと言いたい)
先ほど点数を付けたわけだがそれはこの短編を認めているようなものでそれは少し嫌なので幼稚ではあるが、この短編を否定する意味を込めて目には目をということで点数をつけなおす。

点数:うんち/10


6 夢みるキカイ or HAPPY MACHINE: Directed by 湯浅政明

湯浅ファンがこの短編を嫌いなはずはなくまあとにかく前作の嫌な後味を洗い流すような美しい話だった。GENIUS PARTYと同じく、台詞がひとつもないわけだがGENIUS PARTYよりも分かりやすくて解釈のしかたも限られている。(別にどちらかが良いと言っているわけではない)
ストーリーは湯浅作品にしてはありきたりなものなわけだがこの短編を通して自分が何で湯浅監督が好きなのか再確認できたような気がする。比較的ありきたりな内容ではあるが、エンディングから解釈できる内容が十五分アニメにしては恐ろしく濃い。もちろんいくつか解釈の仕方があるわけだがどちらでも受け取れるメッセージの強さは変わらない。自分の思いつく限りではどれも希望に満ちた内容であり、色々なものに対するありがたみを感じることができる。
アニメーションと音楽ももちろん素晴らしい。

点数:9/10


7 BABY BLUE: Directed by 渡辺信一郎

ビバップを創った人が青春ものを創るとどうなるか。いろいろな意味でアンチ青春ものができる。
どういう意味でアンチ青春ものなのか。これは青春を否定しているわけではなく、青春もののアニメを否定しているように感じる。(否定という言葉は少し強いかもしれないが、他に良い言葉が見つからないのでこのままで)まずキャラたちのしゃべり方。ゆっくりと静かに、それでもって迷っているような、確信が持てていないようなしゃべり方をしている。こんな元気のない学生が主人公の青春ものはなかなかない。
もう一つ気が付いたのが背景だ。派手な背景を使うことはほとんどない。一つすごく良い例がある。二人の学生が海に花火をしに行くのが一応目的な話なわけだがその海につくのが海がきれいな夕暮れでも、日の出でもなく、花火をしてもどうしようもない夜と朝の中間の薄暗い時だ。美しさはどう考えても最大限ではない。そしてエンディングも決してドラマチックなものではない。すごく静かで、小さくて、ゆっくりとしている。ここもまた視覚的美しさは最大限ではない。だが個人的にはこの制限された美しさのほうがキラキラでてかてかの夕日よりも全然好きだ。二人のことを知らない人が見ても大して何も思わないような景色でも二人を知ることでその限られた美しさは無限に増幅される。

ではなぜこれが青春ものの否定になるか。
多分この短編と他の青春ものの違いはこの短編が青春そのものに美しさを与えていないからだと思う。ほとんどの青春ものが誰が見てもきれいな景色を使うのは(主に新海作品に見られる)その作品が青春そのものに価値があり、美しさがあると言っているからではないだろうか。(自然物、環境{人間の力ではどうすることもできない物、いわば運命や神}がその状況の美しさを勝手に作ることで美しいのが自然で当たり前の状態であるという意味)青春はそのままで美しく、我々はそれを尊く思うべきであると。(別にそういう考えを持っているのが悪いものであると言っているわけではない)
この短編は青春はそのままで美しいものではなく、(もしくは「青春」そのものが存在せず)状況によって美しくないものでも意味を見つけ出し、美しさを見つけることができると言っていると思う。環境(青春)は大切ではなく、その周りにいる人たちの思いが重要であると。
自分でも少しあやふやなので言っていることが伝わっているかはよく分からない。もし意味不明なら申し訳ないです。

最終的に何が言いたいかというと、この短編が本当に素晴らしい作品であるということだ。短時間でここまで色々するのは本当にすごいと。

点数:10/10


まとめ:
後半に内容が濃いのが集まっていて良かった。なぜアニメーションが好きで、なぜこの二人の監督が好きか再確認できて本当に良かった。アニメーションが好きには本当におすすめの作品です。
最後に一応個人ランキング
1 BABY BLUE
2 夢みるキカイ
3 GENIUS PARTY
4 上海大竜
5 デスティック・フォー
6 ドアチャイム

投稿 : 2020/01/18
♥ : 4