「ONE PIECE -ワンピース(TVアニメ動画)」

総合得点
89.1
感想・評価
1774
棚に入れた
8445
ランキング
82
★★★★☆ 3.9 (1774)
物語
4.1
作画
3.6
声優
3.9
音楽
3.7
キャラ
4.1

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ONE PIECE -ワンピースの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

Britannia さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

視聴した事ある人の少ない、知る人ぞ知るアニメw

前回視聴してから約2年
何処まで見たのか忘れちゃうので自分用メモを記載

■今後の気になる点
♦ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)とは?
♦この先仲間が何人増えるか?(序盤で10人は欲しいって言ってたから、残り1人?)
♦懸賞金の額が何処まで上がるか?
♦王下七武海、ジュラキュール・ミホークVSロロノア・ゾロ
♦最悪の世代(超新星)懸賞金が億を越える大物ルーキー達
♦四皇、赤髪海賊団(シャンクス)
♦海軍本部、大将(青雉)
♦ノアの方舟(予想、グランドライン脱出用飛空艇か!w)
♦海王類
♦三大古代兵器(予想、海賊王になる際フランキーがプルトン設計、姫星を使いポセイドン使用、ウラヌス?)
♦CPは1~8、9は秘密機関
♦最後の島、ラフテル
♦Dの意志?ルフィ、エース、黒髭、ロジャー、ドラゴン
♦世界会議・対四皇・海賊万博・同盟

■最終目標(夢)
1♠モンキー・D・ルフィ
「ひとつなぎの大秘宝」を見つけて海賊王になること、シャンクスとの再会
2♠ロロノア・ゾロ
世界一の剣豪
5♥ナミ
自分の目で見た世界中の海図を描くこと
3♠ウソップ
父のような「勇敢なる海の戦士」を目指している
4♠サンジ
伝説の海「オールブルー」を探す
6♠トニートニー・チョッパー
何でも治せる医者を目指している
8♥ニコ・ロビン
真の歴史の本文(リオ・ポーネグリフ)を知ること
7♠フランキー
自分の作った船が世界の果てに達するのを見届ける事
9♠ブルック
ラブーンとの約束通り、世界一周を果たしてからラブーンと再開すること。
10♠ジンベエ
--------

~最後の海 新世界編~(グランドライン後半)
■15th 魚人島編
深海魚人島へ上陸⇒海賊ホーディー撃破⇒姫星救出(古代兵器:ポセイドン)⇒宴

■16th パンクハザード編
救難信号⇒シーザー撃破⇒子供救出(悪魔の実製造)⇒宴
基本ワンパターンの引き伸ばし(毒を浴びたり、鉛弾を仰山クラったり、飯を食わなかったり死生観がむちゃくちゃ)
アラバスタ・上陸編辺りまでが面白かったかな、以降は仲間の人数が増えた分各視点の切り替え、回想、ボス撃破に4クールって感じでだいぶダレてる
早く核心部が見たい。677話視聴してサンジを仲間にする所が一番良かったな

◆1話から再視聴中(2週目処分)
振り返って見ると、序盤の仲間が増えて行く過程が一番面白い
特に、上記でも書いたが『21話~30話』ゾロの誓い・サンジの別れ
解っていても涙する。

アニメ、677話見たがこんな素晴らしい回は後も先も無かったな。

152話、空島に向かう過程は夢とロマンに溢れてる、視聴中ドキドキする♪
空・深海・宇宙、未知なる領域には夢がある!

~2週目の評価~
1 サバイバルの海 超新星編
1st ★4.5 東の海編(21話~30話は★5.0)
2nd ★3.5 グランドライン突入編
3rd ★3.5 チョッパー登場・冬島編
4th ★3.5 アラバスタ編
5th ★3.0 TVオリジナル
6th ★4.0 空島編
7th ★3.0 脱出!海軍要塞&フォクシー海賊団編
8th ★4.5 ウォーターセブン編(バトルが少なくシナリオが面白い)
9th ★3.0 エニエス・ロビー編(ご都合主義のオンパレード)
10th ★3.0 スリラーバーク編
11th ★3.5 シャボンディ諸島編
12th ★4.0 女ヶ島編
13th ★3.5 インペルダウン編(多くの人に助けられ、強運がなきゃ死にまくり)
14th ★4.0 マリンフォード編(バギーの人望も覇王色からかw)

2 最後の海 新世界編
15th ★4.0 魚人島編
16th ★3.0 パンクハザード編
17th ★4.0 ドレスローザ編
18th ★3.5ゾウ編
19th ★4.0ホールケーキアイランド編
20th ★2.0ワノ国編

■17th ドレスローザ編
現在放送中、第677話まで:視聴済
4皇カイドウを倒す為、トラファルガと同盟を組みドレスローザへ
フラミンゴを倒す為、玩具・小人と組み玩具の能力を無効化
気になる点(国の解放・4皇ビッグマム・メラメラの実・サボ)

次回、第678話:伝説の復活!キュロス渾身の一撃から
風呂敷が大きく終わる気配が無い、幼稚パートと引き伸ばしが無ければもっと面白いのにな、また2年後位にまとめて視聴予定。

見るのが無くなったので再開
ロー・コラソン・ドフラミンゴの過去編
面白かった、しかしテンポ遅。

2016年10月9日
759話 夜の王 ネコマムシの旦那見参
まで視聴


3年ぶりに再会、ゾウ編から
この作品の面白い所は章の始まりと終わりの話であり、中盤の長いバトルと回想が退屈である。
今更見てもなぁっと思いつつも見ると面白い。


2019年11月29日
911話 打倒四皇 極秘討ち入り作戦発動
まで視聴


2021年7月20日
カイドウ、ビッグマム同盟
オデン・ロジャー等の過去、ジンベイ合流

ワノ国おもんないし長い、不本意だがスキップしながら視聴
いい加減核心部のみでいーな

983話 侍たちの本気! 一味鬼ヶ島上陸
まで視聴

2022年4月23日
1014話 マルコの涙! 白ひげ海賊団の絆
まで視聴

投稿 : 2022/04/23
閲覧 : 681
サンキュー:

42

hidehide さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

いつ終わってもらえます?

皆さんはどう思ってます?

早く結末を知りたい、なのか
終わらないでほしい、なのか…

私は、
好きな作品、から大好きな作品になり
今は、嫌悪…というか、怒り、残念な作品、
そして、もはや、早く終われよ…と思ってます。

当初言っていた、結末、も見失ったのでは、
ないのでしょうかね。

20年超えてるんですが…
コロナで重症化してたら、結末知らないで
あの世に行ってたのか、と。

いつ頃終わるのか、アナウンスがほしいですね。

投稿 : 2022/03/22
閲覧 : 437
サンキュー:

12

OK! さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

200話くらいまで
2022/03/06 終了

投稿 : 2022/03/06
閲覧 : 92
サンキュー:

0

tpsycho さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

タイトルなし

私はワンピースが大好きです、私は漫画を読みます

投稿 : 2022/01/23
閲覧 : 44
サンキュー:

0

ネタバレ

P さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

※ アニメと漫画では評価が異なります

まだ続いてるんで現在の何となくの感想になります。
まずアニメならではのマイナス点。
というより、人気作品がアニメをやめられない環境で起こるマイナス点。
①アニメオリジナルや回想がちょいちょい挟まれる。
オリジナルは原作の流れを真似たような展開ばかりで、大体がつまらない。
ジャンプにありがちで、この現象のせいでアニメ版は駄作になりがちです。
②原作に追いつかぬよう必死。
一つ一つの動作に時間をかけ過ぎている。
例えば、走って逃げてる状況で立ち止まり話し出す。
視聴者からしたら「そんな余裕あるの?」と突っ込みたくなる場面が多い。
盛り上げる為に歌を挟むのはまだ良いものの、全体的に間延びしている。
漫画と比べ、テンポが悪い。
③声優の使い回しが目立つ。
長期作品なので他作と比較しにくいが、他キャラで同じ声だと混乱する。
④曲が多いものの、全体的に見れば良い曲の方が勝っていた印象。
ただ、今見始めたワノ国のオープニングが‥
面白いと聞き楽しみにしていたのに、和の要素は何処?
思いっきり英語入ってるし、出端から興醒め。
その為、毎回飛ばす事に。
本当はもう少し高く付けたかったけど、採用された方のセンスを疑う。
①〜④の理由で漫画より評価が低くなっています。
他にアニメだからというわけでなく、作品としてのマイナス点を上げるとしたら戦闘のワンパターン化でしょうか。
基本的な進め方はジャイアントキリング。
ただし、ゾロやサンジ達がいくら強くなろうと、相手の親玉を倒す事はありません。
いつまでも主役はルフィーのまま。
仲間達にフォーカスを当て、彼らに解決させるようなストーリーが無い。
これがマンネリ化の一因となっている。
たまには違った大番狂わせを見せてもらいたいなーと。

投稿 : 2022/01/15
閲覧 : 126
サンキュー:

3

ゆう さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

感想!

ONE PIECE

・ONE PIECE


 ★なぜ売れているのか

 特徴的なキャラクター作りと、世界観作り、勧善懲悪などが売れているんだろうなあと思う。
 あの時代であれば、ああいう法を破って、敵を倒すというキャラクターが受けたのだろう。

 ルフィは報復的正義に従って悪い奴は次々と破っている。
 やっぱりみんな悪い奴はやっつけて欲しい。なのでその悪いやつの描き方とそれをどういう手段で子供の考え方で倒すのが絶妙に上手いのだ。

 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/正義

 ONE PIECEには次々と敵が登場する。どれも魅力的な敵ばかりだ。ONE PIECEの作者は敵の重要性を認識しており、次々に魅力的な敵を生み出せる。

 ★ONE PIECEの悪いところ_____


総評 ONE PIECEはもう古い

 まあ国民的なアニメだということはそうだろう。事実は揺るがない。売上で言えば全てのアニメの中でまだ、間違いなくナンバーワンアニメだろう。評価も高いのも頷ける。

 ただ、国民的なアニメだからと言って子供以外の方も楽しめるか、お爺ちゃんでも見れるのか? 政治家でも見れるのか? オタク向けでも見れるのか?と言われれば違う。確実に合わない人もいる。

 現にワンピースの売り上げも三億部を突破したあたりから落ちているらしい。ではなぜ落ちるのか。

 ではなぜそう思ったのか↓

 あくまで個人の感想です

理由①

アニメを見ていて、例えば白髭とルフィが戦うシーン。何回も何回もコミックリリーフを入れて引っ張って引っ張って一話が終わる。
毎日楽しみにしていたワンピース、だけど帰ってきたら引き伸ばす。
売上を意識するあまり、間延びが発生して、ストーリーが進むのが遅くなっているのが原因かと。
 あとアニメも引き延ばすと見てた層も大人になるよ!

 ポイント これが続いていればファンも離れる。

 バクマンでも描かれていた通り、作品は作者のタイミングで終わらせるようにすべきだと思います。

理由②

 大人も楽しめるというがルフィの子供っぽい仕草に共感できない。俺は海賊になる男だ、と言われるとものすごい嫉妬心が湧いて憎しみが湧いてくる。こういう奴らが世の中を荒らして、物を盗んで法を破るんだという思ってしまい、ついつい海軍サイドに感情移入してしまう。
 
 ポイント 大人になると海賊というシュチュエーションに感情移入できなくなる。

例えば年の行った漫画家は少年漫画を描けなくなるというふうに、ONE PIECEは年がいくともう面白さがわからなくなるのでは?

自分はもうダメです

理由③

絵柄。
 絵柄が特徴的過ぎて、この特徴的な絵が合わない。あとはルフィがブサイクすぎる。ドラマでもジャニーズを使っているけど、主人公も美形にして欲しい。

ポイント 鬼滅の刃やヒロアカに比べると主人公が不細工すぎる

 もう今の大人世代は鬼滅の刃やヒロアカに夢中でONE PIECEを見てる層は子供なんじゃないかな?
一強時代は終わりを告げたのでは?

理由④

NARUTOは面白い。ONE PIECEは面白くない。
 NARUTOは主人公に共感が持てる。なぜなら主人公に病みがあるから、悩んでいるから好きになれる。ルフィにはそれがない。

 ポイント 病みがない

理由⑤

内容が子供向けすぎる。子供向けだから売れるというのはわかる。例えば倒すと殺すにしてももっとやわらげた表現にしてほしい。

 ポイント 最近流行りの絵柄ではない


理由⑥

鬼滅の刃の存在が大きい。
 鬼滅の刃が登場してから大人でもアニメを見るようになった。ONE PIECEを読んでる大人の人はいるけど鬼滅の刃の深いドラマはない。

 ポイント 鬼滅の刃が登場したから


★これからのビジネスモデルは大人も楽しめるアニメ作り

 これからのアニメーションの作品作りは子供だけでなく、大人も楽しめるアニメ作りが必要になってくると感じた。
 鬼滅の刃がアメリカではR指定を入っているのはご存知だろうか? アメリカでは表現は過激過ぎるからという理由だ。これだけ見ればああ鬼滅の刃はアメリカでは受けないんだろうと思うかもしれない。
 しかしアメリカでは鬼滅の刃が物凄く売れているのだ。子供は見れないようになってもそれ以上に大人がアニメを見ているのだ。
 私はこの統計データを持って今まで子供向けにアニメ作っていたのを大人が見れるようにシフトしても良いのではないかと思った。

投稿 : 2021/12/29
閲覧 : 63
サンキュー:

1

佐藤くん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

長すぎて評価しずらい

遂に1000話を超えた超長編アニメ、ワンピース。もはや知らない人は居ないレベルの知名度であり20年にわたって日本のオタク文化を牽引し続けた。正直規模がデカすぎて、逆にアニメオタクはあまり見てない気すらする。

連載と同時進行でアニメ化しているため引き伸ばしやアニオリが多く、作画も時期によってイマイチ。一つの作品として非常に評価しづらい。そもそも単純計算で300時間以上あるのでワンピースを今から見たいと言う人には断然漫画版がオススメ。

とはいえ、最も有名なアニメの一つであるのも事実で、これだけの長期間続いているという事実は驚嘆に値する。間違いなく日本を代表する作品であり、面白いことは保証できる。

投稿 : 2021/11/22
閲覧 : 92
サンキュー:

1

たわし(爆豪) さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

100巻おめでとうございます。

尾田先生は「任侠映画」好きでも知られており、瑞祥にその片鱗を観せている。海賊なるものが海を支配し幅をきかせ、正規の軍隊並みに権力を持っていたり、裏取引を行っていたりする政治描写は、所謂日本の「ヤクザ映画」「任侠映画」の世界観である。

アメリカでは各州に「保安官」なる民衆によって定められる自警団が存在し、それがアメリカンコミックのスーパーヒーローと密接に重なっているのだが、日本には自警団という行為より「ヤクザ」が法律の外側で市民を守る側に立っていた時代がある。

日本は関西地方から関東の都心まで、昭和の時代は「ヤクザ」が実際に仕切っていたこともあり、その辺のさじ加減が絶妙である。

実際の海賊は西洋ではどちらかといえば奴隷制度や、資本主義的な労働者階級に近いのだが、「ワンピース」の世界観ではギャングやマフィア、ヤクザのような縄張り争いをしている。

本人は熊本県出身なので土佐藩、薩摩藩及び九州のヤクザにも割と身近な存在なのかもしれない。

それを考慮すると、お話全体の構造や流れがスムーズになって、最近のごちゃごちゃした作画でも頭に入るかも知れない。

大元はアメコミからの引用ではあるものの、お話自体はマフィア映画や任侠映画などの昭和の時代の流れなので、圧倒的に市民を巻き込んでしまうほどの社会現象になるのは当然でもあるのだ。

100巻記念。

こち亀もさる事ながら、ジョジョや美味しんぼ、ゴルゴ13など100巻まで刊行したコミックはかなりあるので早々珍しくはないのですが、それでも25年という道のりを考えると途方にくれてしまう位すごいことだと思います。

投稿 : 2021/09/03
閲覧 : 664
サンキュー:

12

v10jm さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

時間の無駄遣い

見るなら漫画を読んだほうがいいと思います

投稿 : 2021/06/28
閲覧 : 152
サンキュー:

0

ZIN さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 2.5 状態:----

未完のまま延命

海賊って法律上の権利を無視して、侵害・略奪・殺人等をする極悪集団なわけですが、もはや超人類によるバトル漫画に成り代わりましたね。
ジャンプ系のバトル漫画は結局その路線に乗っかちゃう傾向が強いので致し方ないことですが....

先日友人から「鬼滅とワンピってどっちが面白いの?」と言われたので「一番はSLAM DUNK」と答えました。王道を答えたつもりでしたが「何ソレ?」という反応が返ってきて少し苦笑しました。

私的な意見を言えば、完結していない作品と完結した作品での評価なら完結したもの方が意見を言えますよねw

作者は「壮大な間延び」「最後だけは絶対にぶれない」とコメントをしているようなので、結末は絶対に揺るがないでしょう。
ただ、作者の不慮の事故等で未完のまま最後を遂げた作品も数多く存在しています、その場合はファンの想像での結末へと変わってしまうという悲しい最後になってしまうので、そうならないようにして欲しいと思います。

投稿 : 2021/05/08
閲覧 : 111
サンキュー:

0

ゆうや さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

最高!!

感想書くまでもなく、自分史上最高の作品。
語り出したら止まらない。

投稿 : 2020/12/28
閲覧 : 85
サンキュー:

0

砂粒と嵐 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 4.5 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

良いものは本当に良い

今年の5月ごろ、ジャンププラスで漫画を60巻くらい無料公開していたときに、初めてこの国民的超巨大コンテンツであるワンピースを履修しはじめた。
「2年後にシャボンディ諸島」に集まるところぐらいまで読めたので、その先の魚人島編・パンクハザード・ドレスローザをアマプラのアニメで見た。
それまでルフィの手が伸びるということと、チョッパーが「優しさだけじゃ人は救えない」と言われる、というぐらいの知識しかなかったのに、見始めたら他のアニメに一切浮気することなく、暇さえあれば見続けて、もうドハマリしてしまった。

アニメは本当に展開が遅くて、本編始まるまでに「あらすじ」で7分使ったりするし、同じシーンを何百回も回想して流したりするのでその点イライラもしたが、やっぱり声と音楽がついているということや、バトルシーンの演出による迫力を考えるとアニメも素晴らしい。
リアルタイムで見てる人は、「何ヶ月この戦いやってんの?」って感じだっただろうなあ。
でも特にドレスローザ編なんかは、「俺はここで食い止める!お前は先にいけ!」を何重にもやるせいでバトルエリアがいくつにも点在していて、スポットひとつひとつ回してクローズアップしていくうちに、それまでの戦況を忘れてしまう…ということになってしまうからこそ、あんなに何度も回想シーンで復習していたのだろうし、致し方ない描き方なのかもしれない。まとめて見た私の方がイレギュラーな視聴環境なのだ、ということを忘れちゃいけない。
途中から見る人や一週間見逃してしまった人に対する配慮があり、毎週欠かさず見るヘビーユーザーだけをターゲットにしていないのは、国民的アニメならではだと思う。
引き伸ばしの都合もあると思うので、徐々にワンピースファンに近づくにつれて、アニメだけではワンピースを語れないと思うようになり、原作の大事さも理解した。

作画、というか色使いがあんまり良くないし、画面の構図も妙にズームで風景全体を見渡せない(=画面に開放感がない)のが残念だったけど、まあそういうのをワンピに求めるのも違うか、と思うことにした。

劇伴はかなりオーケストラの色味が強く、それが冒険の壮大さとうまくマッチしているが、引き伸ばしで有名なワンピースなので、音楽の展開に合わせて映像がめちゃくちゃゆっくり動いてる、みたいなシーンも多い。音楽の濃さに甘んじてアニメーションを怠っているというか。

巨大船ノアにしろ、シノクニにしろ、鳥籠にしろ、ラスボス戦の途中で島全体の危機がやってきてめちゃくちゃになる…という展開はぜんぶ同じ。島民たちをときめかせつつ裏切りつつ巻き込んでいく過程もだいたい同じ。
魚人島のネプチューン王ももドレスローザのリク王も、どちらもちゃんとした美学をもっている王様。「王とは」みたいな帝王学的な思想へのベクトルを感じる。
最も強い存在を目指すゾロと最も自由な存在を目指すルフィの対比も顕著。

ワンピース、とか海賊王、というのは物語が進んでいくためのマクガフィンに過ぎないので、その中身はなんだっていい。昔からの冒険譚とか、絵巻物語を見ている楽しさみたいなものを感じる。

☆魚人島
人種差別の構造と悲劇、異種の共存をテーマにした社会的な章。とにかくルフィたちが出てこない魚人島の歴史パートがめちゃくちゃ面白かった。フィッシャー・タイガーのような戦い方と、オトヒメのような戦い方、それぞれに救われた人がいるし、それぞれに難しさもある。そして、そのどちらもが「どうか怒りを受け継がないように…」という結末に至る。なぜなら怒りが自動的に受け継がれてしまったがために生まれたのが魚人街でありホーディのようなモンスターだから。

☆パンクハザード
黒長コートのイキりまくりトラファルガーに惚れた章であり、たしぎちゃんの可愛さが爆発した章だった。たしぎちゃん、ちょっといかがわしいほど可愛かった。海賊が主人公である時点で不真面目が正義みたいな風潮のあるワンピース世界だけど、そんな中で愚直にひたむきにまっすぐなたしぎちゃんの、危ういくらい穢れなき純白さ…尊すぎる。そしてロー、マジであいつは喧嘩を売りすぎだ。ルフィの「すたすたすた」って足音と対象的な「トゥン…トゥン…」っていう足音、もはや足音だけでイキってる。だがしかしそこが可愛い。敵を欺き窮地でどんでん返しする戦闘スタイルにはシンプルに惚れちゃう。
あとはひたすら、ガスガスの奴がめちゃくちゃ性根腐ってて胸糞悪く、戦闘も目に見えないなぞのガスとか毒による攻撃ばかりでひたすらストレスが溜まったし、ラストでルフィのクソデカ拳でぶっとばしてくれてスッキリした、みたいな印象だった。
チョッパーの医師としての活躍シーンがあったのは嬉しい。

☆ドレスローザ
前半のコリーダコロシアムの退屈さは異常だった、もうほんとに見るのやめたくなったが、あれは最後のあの感動を味わうために必要な過程だった。我慢してよかった。
そして私、トラファルガーローに完堕ち。ドレスローザのヒロインはローだ。
ドフラミンゴの強い感情もコラソンの愛も何度も考察を啜って今もなお楽しませてもらってる。咀嚼しきれていない。一番好きな章。これからもたくさん考えていきたい章

ゾウとHCIは単行本で履修して、今もなお、ワノ国編楽しんで見ている。

投稿 : 2020/09/21
閲覧 : 144
サンキュー:

0

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

俺は海賊王に┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅ならないじゃない

ルフィ海賊団がワンピースを見つけるのを待って何十年。疲れました。最後早く知りたい。未完で終わるのだけはやめてほしい。
独特のキャラデザや作画はいいと思うので評価は3にしておきます。

投稿 : 2020/09/21
閲覧 : 126

fluid さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 3.0 状態:----

昔の方がおもしろかったし感動も大きかった

「とのやす」が死ぬ話をさぞ悲し気に感動しろとばかりの演出で盛り立ててるけど、まったく何の感情も湧き起らないですねこれ。理由を考えてみました。

・エースが死ぬときは悲しかったのになぜ「とのやす」はどうでも良いのか?
エースは主人公ルフィーの兄で死ぬ以前から何度も登場し強くて頼れる憧れの存在。主張者が感情移入しやすい要因が沢山ちりばめられていました。それに対して「とのやす」はルフィーと何の関係も無く仲間たちともほぼ無関係・・・ワの国の人達からも死ぬ直前まで忘れ去られていた存在。何の前準備も無くいきなり感動しろとばかりに注目させられてもねぇ・・・どこかで拾ってきたテンプレ物語を下手に焼き直しただけという感じ。おそらく実際そうなのでしょうけど。どうりでつまらないわけです。最近のワンピースは工夫が足りなさすぎです。

「とのやす」が死ぬシーンなんかより、かつて強大な敵だった「ビッグマム」が仲間になって旅をするという演出の方が100倍おもしろいです。ビッグマムは視聴者の注目を十分集めて前準備がととのっていて、しかもルフィーに対してものすごい怒りを抱えていたのに仲間になると言う展開(笑)いつ爆発するか分からない爆弾みたいなビックマムと最弱チョッパーとのからみも面白いです。

投稿 : 2020/09/17
閲覧 : 143
サンキュー:

1

はく さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.5 作画 : 1.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:途中で断念した

原作とアニメで評価が分かれる作品

原作は書き込みが丁寧で面白いですが、アニメはイマイチなイメージ。作画も昔とはだいぶ代わっちゃいましたね。

投稿 : 2020/04/12
閲覧 : 199
サンキュー:

0

ネタバレ

前田定満 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

傑作完成までのカウントダウン

制作スタッフ
 原作:尾田 栄一郎(漫画)
 シリーズ構成
  武上 純希(1-195話)、上坂浩彦(196-798話)
  米村 正二(799話-)
 キャラクターデザイン
  小泉 昇(1-425話)、久田 和也(385-891話)
  松田 翠(780-782話.892話-)
 絵コンテ
 総作画監督
  久田 和也(575-782話)、市川 慶一(783話-)
  松田 翠(780-782話.892話-)
 美術デザイン:吉池 隆司
 美術監督:本間 禎章(892話-)、吉池 隆司(895.896話)
 色彩設計:塚田 劭(1-312話)、堀田 哲平(313話-)
 撮影監督:
 効果音:
 音楽:田中 公平、浜口 史郎
 音響監督:
 シリーズ監督
  宇田 鋼之介(1-278話)、志水 淳児(131-159話)
  境 宗久(244-372話)、宮元 宏彰(352-679話)
  深澤 敏則(663-891話)、伊藤 聡伺(780-782話)
  長峯 達也(780-782話.892話-)
  暮田 公平(892話-)、小牧 文(892話-)
 プロデューサー:出樋 昌稔、寺本 知資、小山 弘起
 制作会社:東映アニメーション
 放送局:フジテレビ
キャスト
 モンキー・D・ルフィ(主人公):田中 真弓
 ロロノア・ゾロ:中井 和哉
 ナミ:岡村 明美
 ウソップ:山口 勝平
 サンジ:平田 広明、大谷 育江(幼少期)
 トリトニー・チョッパー:大谷 育江
 ニコ・ロビン:山口 由里子
 フランキー:矢尾 一樹
 ブルック:チョー
 ジンベエ:郷里 大輔、宝亀 克寿
 ポートガス・D・エース:古川 登志夫、阪口 大助(幼少期)
 サボ:古谷 徹、竹内 順子(幼少期)
 モンキー・D・ドラゴン:柴田 秀勝
 モンキー・D・ガープ:中 博史
 トラファルガー・ロー:神谷 浩史
 ユースタス・キッド:浪川 大輔
 スモーカー:松尾 銀三(48-79話)、大場 真人(94話-)
 たしぎ:野田 順子
 コビー:土井 美加
 ヘルメッポ:永野 広一
 ボア・ハンコック:三石 琴乃
 ジュラキュール・ミホーク(鷹の目)
 クザン(青雉):子安 武人
 ボルサリーノ(黄猿)
  石塚 運昇(398-751話)、置鮎 龍太郎(881話-)
 イッショウ(藤虎):沢木 郁也
 緑牛:藤原 啓治
 サカズキ(赤犬):立木 文彦、中尾 みち雄(中将時代)
 センゴク:石森 達幸(151-512話)、大川 透(703話-)
 マーシャル・D・ティーチ(黒ひげ):大塚 明夫
 シャンクス(赤髪):池田 秀一
 シャーロット・リンリン(ビッグマム)
  藤田 淑子(571話)、小山 茉美(786話-)
 カイドウ(百獣):玄田 哲章
 エドワード・ニューゲート(白ひげ)
  有本 欽隆、大友 龍三郎
 ゴール・D・ロジャー(海賊王)
  大塚 周夫(1-590話)、津嘉山 正種(849話-)
  草生 毅(青年期)
放送期間:1999年10月20日-現在放送中
話数:最新924話(2020年3月15日放送)


□シリーズ一覧
{netabare}超新星編
 東の海編(1-61話)
 グランドライン突入編(62-77話)
 冬島編(78-92話)
 アラバスタ編(93-130話)
 テレビオリジナル編(131-143話)
 空島編(144-195話)
 海軍要塞&フォクシー海賊団編(196-228話)
 ウォーターセブン編(229-263話)
 エニエス・ロビー編(264-335話)
 スリラーバーク編(337-381話)
 シャボンディ諸島編(382-405話)
 女ヶ島編(408-421話)
 インペルダウン編(422-458話)
 マリンフォード編(459-516話)
  2010年7月18日-2011年9月25日
新世界(2年後)
 魚人島編(517-574話)
 パンクハザード編(579-628話)
 ドレスローザ編(629-746話)
 ゾウ編(751-782話)
 ホールケーキ諸島編(783-891話)
 ワノ国編(892話-)
番外編
 映画特別編
 時代劇特別編


□漫画をメインに楽しもう!
{netabare} まあ漫画が原作なので当たり前ですが…

理由1:オープニングがネタバレだから
{netabare} オープニングを観ると、今後登場するキャラクターが描かれていました。絶対にこれはNGですよ!!私みたいな漫画メインの人には問題ありません。アニメ派の人が可哀想です…{/netabare}

理由2:無駄な演出が多いから
{netabare} 正直ここ最近のアニメ版は無駄な演出が多く、グダグダしてる気がします。他の方のレビューと被り恐縮ですが、追い着きそうならお休みを入れるべきだと思います。
 ただアニメでは漫画で描ききれない所を描くことができるのが魅力です。そのストーリーで何を一番伝えたいのか。何を強烈に見せたいのか。このバランスは大変難しいことだと思います。{/netabare}{/netabare}



□キャラクター
{netabare} これだけキャラクターが多いのに、キャラクターの性格.個性.容姿を全キャラクター描き分けています。確実に1000人単位でいるはずです。いやもっといるかも…
 ONE PIECEに登場するキャラクターは皆、良いことにしろ悪いことにしろ何かしら志を持って生きています。敵キャラにもいろいろな事情があります。もちろん悪者な敵もいますがカッコいいと思える敵が沢山いるのもONE PIECEの魅力です。また人間以外にも魚人などいろいろな種族が登場します。そんな違う種族とどう接するか。一般社会でもいろいろな差別が問題になっている中、みんなと違う人とどう接するかを考えさせられます。

※白ひげという男
{netabare} 本名はエドワード・ニューゲイト。マリンフォード頂上戦争で戦死します。私の尊敬するキャラクターです。彼はかつて海賊王ロジャーと唯一互角に渡り合った海賊で、頂上戦争で戦死するまでは世界最強の海賊でした。でも世界最強の海賊でありながら財宝に興味はありません。家族を求めて生きています。白ひげは自分の船員や傘下の海賊達を「息子」と呼び、逆に船員や傘下の海賊からは「親父」と呼ばれています。
頂上戦争では海軍にそそのかされ白ひげを刺した傘下の海賊のスクワードを「バカな息子をそれでも愛そう」と許し、エースが元ライバルであるロジャーの息子であることをエースから打ち明けられたとき、「敵だったんだろ。俺を追い出さねぇのか?」というエースの言葉に対して、「誰から産まれようと、人間みんな海の子」と言います。仲間を愛する心、義を持った行い、許し受け入れる心の広さ。本当に素晴らしい方だと思います。白ひげの生き方はキリスト教の教えに通ずるものがある気がします。実際に白ひげの旗印はドクロではありますが、
十字架の形をしています。クルーも皆性格が良いのもこの海賊団の魅力です。{/netabare}{/netabare}


□考察する楽しさ
{netabare} ONE PIECEでは旅する中で色々な謎やこのキャラの親は実は…あの人の悪魔の実は…などそういうのを考察していくのはこの作品の楽しみ方のひとつだと思います。考察が外れても面白いし、当たれば嬉しいし。最近はその考察の答えがたくさん出てきていて、段々情報が増えています。今は既にONE PIECEの正体についてかなり考察が深まっています。{/netabare}


□今後の展開
{netabare} これからのONE PIECEですがどうやら終わりが近づいているようです。現在ワノ国編。尾田先生は今まで以上に力をいれています。最近アニメでも「ルフィVSカイドウ」が描かれました。ルフィを一撃で仕留め、最強生物としての力を見せつけました。ルフィは敗北し現在は囚人としての「兎丼囚人採掘場」で強制労働させられています。
 さらにこの先、凄い展開が待っております。アニメ派の人にはネタバレなので読まない様にお願いいたします。アニメ派の人でも知りたいという方はお読みください。

今後の大きな話題
・{netabare}ビックマム記憶喪失!?{/netabare}
・{netabare}百獣海賊団大看板クイーンが兎丼へ{/netabare}
・{netabare}ビックマムが兎丼へ!?{/netabare}
・{netabare}ビックマムVSカイドウ!?{/netabare}
・{netabare}四皇の海賊同盟!?{/netabare}
・{netabare}王下七武海の撤廃!?{/netabare}
・{netabare}ロックス海賊団とは?ガープ最強説!?{/netabare}
・{netabare}四皇の懸賞金判明!?{/netabare}
・{netabare}光月おでんの回想!{/netabare}
・{netabare}光月おでんと白ひげの出会い{/netabare}
・{netabare}ロジャーVS白ひげ!?!?{/netabare}
・{netabare}ロジャー海賊団とラフテルヘの道{/netabare}
・{netabare}ラフテルの意味とは?{/netabare}
・{netabare}光月おでん処刑されるまでの日々{/netabare}

 漫画読んで感動しました。得に漫画の967話が凄いです。アニメの放送が楽しみです。{/netabare}


□最後に
{netabare} ところでスペインのバルセロナにサグラダ・ファミリアという建設中の教会があります。1882年に着工して完成まで300年とされました。しかし技術の進歩で2026年に完成予定だそうです。サグラダ・ファミリア教会はイエスの生涯を表した建築で、受難の門や生誕の門などは既に完成しています。残るは真ん中の一番高い搭、最大のシンボル「イエスの搭」のみとなりました。とんでもない傑作が完成する日も近いのです。
 そんな中ONE PIECEもまた、サグラダ・ファミリア同様に未完成の作品(規模は違いますが…)です。ワノ国編以降はラストスパートとなる一番重要な部分。「イエスの搭」の部分です。今後ワノ国を終えてどう終わりを迎えるのか。何となく全体図が見えてきたので、完結したとき間違えなく、とんでもない傑作が完成したと思えるはずです。
 サグラダ・ファミリアは完成予定まで6年。ONE PIECEは完結予定まで5年。楽しみです。今からでも遅くありません。BOOKOFF並びにTSUTAYAへGO!{/netabare}

投稿 : 2020/03/19
閲覧 : 387
サンキュー:

10

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

これからラストに向けて

ワノ国編だが、今後どうなっていくのか楽しみ。
毎回伏線回収した際は、尾田先生は本当に凄いなと思わせられる。

投稿 : 2020/02/08
閲覧 : 143

pino さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:途中で断念した

やっぱり

ビッグマム編あたりからアニメの引き延ばしがひどくなってきましたね...
漫画の物語評価は5.0ですがアニメは余計な演出があるので3.0です。
ドラゴンボール改みたいにワンピース改とか作るんでしょうか?
原作に追いつくのを気にして変な引き延ばしするんだったら普通に休めばいいのに大人の都合なんでしょうね。

投稿 : 2020/02/07
閲覧 : 122
サンキュー:

1

henryleo さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.0 作画 : 3.5 声優 : 1.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

展開が遅い

展開があんまりにも遅すぎて戦いのひとつでも100話ぐらいかかると断念したくなるわ

投稿 : 2019/12/26
閲覧 : 167
サンキュー:

0

ウィラード さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

バトル作品としての軸となってる作品 島一つが映画ストーリー的に楽しめる

作者は伏線回収をやろうと思って書いてないです
設定がしっかりと作られているからこそ、伏線回収が出来るという事です
これはワンピースかく前に既にブルックが考案されていたりとしているのと
海賊キャラはモデルがいるんで、設定自体がどんどんストック貯めているんで
しっかりと伏線回収が成されるんです


また、作品として
キャラクターはターちゃん作者と同じで商品だと思ってるらしいので
見せ所とかはちゃんと描くようにしている気がします

ストーリーですが、島一つで映画もののようにストーリーを描きたいらしいんですね
それはエピソードナミだとかアーロン編とかクロコダイル編とかで映画として編集されて見ても違和感ないのが証明みたいなものですね

ビビは最初は王女の設定では無かったとの事ですが
基本的に設定が色々あるからこそ、それが骨組出来るからこそ
ああしてアラバスタ編が良作となったのだなと思いました


バトル作品としてかなり王道ですね
最初の船での爽快感といい仲間集めの簡潔らしさが良かったですね
潔い勝利らしさがありました モーガンとかドンクリークとか

ストーリーはどれも面白いと思ってますが
アーロンパーク
アラバスタ
エニエスロビー
インペルダウン
あたりが好きでしたかね
能力物として、長期で連載していればインフレしていくはずですが
あまり他作品と違いインフレしてはいないと思います


ワンピースにはそういう魅力がつまっています
これ以降のバトル・能力ではワンピースが軸になっている感じはしますね
能力の上位互換の存在とかいろいろな面で

そういうの考えながら見るのも面白いですよ
一応矛盾しない作りなので
(設定が考えられているので)
長期連載作品としては上記の理由で良作だと思いました

投稿 : 2019/12/10
閲覧 : 115
サンキュー:

1

しぶや さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観たい

万人受けする神アニメ!

●キャッチコピー
海賊王に、俺はなる


●あらすじ&設定
かつてこの世の全てを手に入れた「海賊王」ゴールド・ロジャー。彼が遺した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐり、幾多の海賊達が覇権を賭けて争う「大海賊時代」が到来した。
「東の海(イーストブルー)」のフーシャ村に住む少年モンキー・D・ルフィは、村に滞在していた海賊・赤髪のシャンクスと親しくなり、海賊への憧れを募らせる。ある日ルフィは「ゴムゴムの実」という悪魔の実を食べ、一生泳げない体になる代わりに、全身が伸び縮みするゴム人間となった。それからしばらくして、ルフィはシャンクスを貶める山賊たちから怒りを買い、海に投げ込まれてしまう。溺れかけ、巨大魚に食われそうになったルフィを、シャンクスは片腕を犠牲にして助け出した。ルフィは、村を去る間際のシャンクスから、トレードマークの麦わら帽子を託され、将来立派な海賊になって再会することを約束する。


●ジャンルとかとか
・バトル
・友情
・感動
・恋愛
・超能力


●個人的な評価
まぁ皆さんが知ってる通り、ONE PIECEはジャンプ連載の漫画原作のアニメで、10年以上も放送している大人気アニメです。本作は一応王道作品ですが、沢山の予測不能な伏線が張ってあったりとなかなか興味深いです。泣けるor笑えるシーンも多々ありますし・・・。年齢性別を選ばずとても人気のある作品です。見て損はないかと。自分は大好きです!!!(笑)

投稿 : 2019/10/22
閲覧 : 227
サンキュー:

1

T さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:今観てる

さすが尾田さん

文書がまとまっていませんが、ご了承ください。

物語の設定の説明がちゃんとあって、物語の軸(目的)がぶれず、コメディ部分と真剣な部分がいい感じに入っていて、主人公が挫折を味わいながら成長していき、感動なシーンがあり、伏線があって、最高の作品だと思いました。
残念なところは、物語が全然進まない件とワンピースの主題歌に関わった人が解散になったり、事件を起こしたり、引退したりという悲しいニュースばかりなことです。

投稿 : 2019/07/14
閲覧 : 140
サンキュー:

1

まっちゃ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

長い!!

簡潔にまとめると「長い!!」の一言ですね。
それ以外は全く文句の付けようのない神作品なんですが、とにかく引き伸ばしに全て台無しにされてしまってます。
ワンピース自体は見てほしいのですが、アニメは本当に長いので全くオススメできません。これから見ようと考えている人はアニメではなく漫画で見るのが良いでしょう。

投稿 : 2019/05/09
閲覧 : 184
サンキュー:

4

ネタバレ

HG anime さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

よくできたストーリーだが、長いw

いままでの放送はすべて見終えている。・・・長い。毎週楽しみだし、感動して涙がでるところもあるけれど、いい加減長いわw アニメを多く見るようになって分かったが、20話前後の良質アニメは内容が濃くて啓蒙性があるものも多く、満足できるし記憶に残る。 これからワンピースを一から600話分近く見直すつもりの方がいるなら、それはやめて評価の高い30話以下の良質アニメをたくさん見たほうがいい。2013/4/9

追記(2015/5/13)
ネタバレ有りにしてもうちょっと詳しく評価しようかなと思います。星の数は再考しましたが相変わらずです。

・東の海編:毎話すごく内容が濃い。TV放送は本当は50話ほどで完結にして打ち切るつもりだったらしいが、視聴率や評価が高かったため延長された模様。この部分の完成度が高いことは疑いようがない。ナミを巡る物語やサンジとゼフ達の別れのシーンはハンカチーフ用意必須。

・グランドライン突入編:巨大クジラ・ラブーン、巨人のドリーとブロギーが出てくる。後々ブルックの麦わら海賊団加入やエルバフの戦士を味方につけたりするときに逸話としてでてくるので重要な部分。

・冬島編:エンディングは感動する。

・アラバスタ編:ルフィ出世。後々分かることだがアラバスタ家は大昔、天竜人になる資格を有した20の王家の内の1つで、その中で唯一天竜人にならなかった独特のドクトリンを持つ王家。ビビ達王族からもその人間力の高さが分かる。

・空島編:ここをワンピースの黄金期という人が多い。エネルは今なお最強クラスの能力者として戦力比較によく出てくる。個人的には長くてあまり好きではない部分。

・フォクシー海賊団編:クソつまらないし重要度低い。飛ばしておk。

・ウォーターセブン編:エニエス・ロビー編の布石。我慢して観る部分。

・エニエス・ロビー編:ロッチとルフィの対決、メリー号との別れ、シャンクス登場回あり、と見どころがいくつかある部分。3分の2は面白い回。

・スリラーバーク編:やっとこさモリアを倒した後にくまが登場したときの絶望感は異常。全体的に暗くて世界観が狭く、嫌いな部分。個人的にはホラーやゴシックな要素は好きなんだけど、ワンピースではうまく表現できない要素かもしれない。

・シャボンディ諸島編:レイリーの威厳が好き。

・女ヶ島編:ハンコックがきっつい女からルフィへのメロメロメロウ女の子になっちゃう展開がイイ(・∀・)

・インペルダウン編:マリンフォード編の布石。ハンニャバル、ゴミかとおもいきや意外とエライやん、っていう意外性が好き。マゼランも好き。でも全体としてはやや退屈。

・マリンフォード編:海軍と海賊の大戦争。ワンピースのいつもの無駄な尺伸ばしは健在だが、この話は超盛り上がる部分。重要度もかなり高い。

・魚人島編:新世界に入って初めての部分。あ~ここでやっとワンピースという作品の半分なのか・・・と考えると、ここで視聴を止めたくなるような部分でもある。ただ、しらほしとホーディのような魅力的な登場人物が多く、物語もかなりしっかりしていて人VS魚人の歴史的な確執と和解が描かれていて面白い。好き。

・パンクハザード編:トラファルガーかっこいい。ドレスローザ編の布石。

・ドレスローザ編:現在ここ。692話。次追記するときは200話以上たってからになると思う。私の予想ではワンピースは全1100~1200話ほどになると思う。睡眠時間4時間前後で週休ほぼ0のヘビースモーカー尾田氏はそれまで生きていられるのだろうか^^^;;;

追記2(2016/7/3)
・ドレスローザ編:やっと終わった。藤虎ほんとすき。海軍の元帥になってくれたらいろいろ変わるんだろうなぁ。ギア4強いw あのドフラミンゴを倒せるほどの強さになったかルフィ。麦わら海賊団の傘下に5600人の大海賊団が結成されるという大事件が起こった動きのある章だった。今までのワンピの中でも重要な話だった。サンジが途中から全然でなくなってて、ドレスローザ編が終わった今も出てないが、これはどうなるんや・・・?新しい手配書とかから察するに、何かヤバい事になってそう。

やっぱワンピ面白いけど、もうちょっとテンポよくしてくれねぇかなぁ・・・。いつかワンピが完結したら総集編が作られるだろうが、その総集編ですら100話くらいありそうw 後世の人はそれすらみないかもね。

追記3(2019/3/6)
現在ドレスローザ編の次にあたる四皇編が連載中と。アニメはもちろん原作もまだまだ四皇編が続いていきますね。カタクリ戦は21週(5か月間)かけてやっと終結・・・。 昔からアニメ版のテンポの悪さ、引き延ばしのひどさは言われていたけれど最近は特にひどい。この作品は仲間を何組かにわけて別々の場所で進行させて、ある組の描写がやっと終わったと思ったら「そのころ〇〇達は・・・」って別の組を時間さかのぼって描き出すという形がすごく多いが、正直しんどい。原作は既刊92巻、アニメは現在875話だが、原作は全て読んでるけどアニメは860話あたりから観てないです。今後は原作のみ読みます(笑) 漫画なら1巻20分弱くらいで読めますからね。アニメのほうは気になるシーンだけちょこっと観ていくようにします。
評価変更:声優☆4.0→4.5

投稿 : 2019/03/06
閲覧 : 530
サンキュー:

9

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

グランドライン突入まではストーリー、世界観、キャラすべてが神

長いので評価分けます(物語のみの評価S~E)+ひとこと
アラバスタまで 評価S 神
空島      評価A 400年越しの再会、マロンじゃねーか
エニエスロビー 評価A 絆回、ルフィvsウソップ、船長を引き締めるゾロも見所、「生ぎたい!」も好き
スリラーバーグ 評価D
シャボンディ  評価B 絶対に勝てない敵の出現にはワクワクした
インペルダウン 評価E ワニとか凶悪犯とかは出しちゃいかんだろ、茶番多すぎ
頂上戦争    評価D 見応えがある回もあったがキャラ使いが雑すぎ
魚人島     評価C 被害者本人でもないくせに聞いた話だけで架空の日本人を恨み金せびる外国人思い出した
パンクハザード 評価E ドレスローザのためだけの茶番回、モネがかわいいだけ
ドレスローザ  評価E ここから更に一段階遅延が酷くなった
ゾウ      評価B 海賊王への道第一歩回だが茶番も多くて残念
ビックマム編  評価E 遅延行為ひどすぎ、感動する前に飽きている。案外しょぼい四皇ファミリーにがっかり
アニメオリジナル評価E ・・・お察し

アーロン編まではストーリー、世界観、キャラすべてが神
見たこともない不思議な冒険の世界、ダサかっこいい外見から中身までお洒落で見事なキャラデザイン
この作品にしかないというものがしっかりある作品で、ストーリーにも男気を感じるし感動する

しかし物語が進むにつれ無理矢理な引き延ばしと茶番だらけになり徐々に面白さが衰退していきます
(例えばOPとあらすじで7分くらい使ったり、ゾウの足登るのに寒いやりとりで1話近く使ったりそんな感じ)
しかも肝心の麦わらの一味の活躍は端折り、昔より焦点が当たらなくなるという・・・
そのせいで二年後のストーリーなんかはもう全く盛り上がらない
見せ場がやってくる頃には完全に冷えてしまっているし、
本筋と全く関係無く観る価値の無いくだらない話に30分時間を取られたと思うとほんとイラつく
最近なんか一人の敵倒すのに5ヶ月かけてるが、こういうのも最悪

儲かるコンテンツだから関係各所に引き伸ばせと言われてるんだろうが、
そのせいで物語自体が非常につまらなくなってしまった、これじゃ本末転倒じゃないか?
せめてアラバスタくらいのスピード感でないと面白さを殺してしまう

あとキャラが徐々にブレてルフィなんかただの元気なガキ+中二っぽくなってしまった
初期のアホだが海賊王としての思想はしっかりしててドライでクールな面もあった時の魅力の欠片もありません
「人は死ぬぞ」でビビの顔面容赦なく殴ってた頃までがピーク
成長してキャラが変わるなら良いが、初期より甘ちゃんでアホでガキにしてどうするよ、逆行してんじゃねーかw

そして一番嫌いなのは覇気関連、みんながみんな達人の域の覇気習得してんのが当たり前になってて萎え萎え
覇王色とかも見てるこっちが寒気走るぐらいキモいし、悪臭放って気絶させてるようにしか見えん
とにかく覇気で殴れば全部解決ってなんだよくだらねえ、攻略法とか考える必要がもうなくなったよねこの作品
覇気は武装色と見聞色のみで習得キャラもごく少数に限定してたらまだ良かったのになと思う

その上、ストーリーに出てくる大物が揃いも揃ってルフィに過保護すぎて全然面白くない
ボクちんのパパは革命軍のトップで爺ちゃんは英雄で兄貴達はそれぞれ組織のNO2で恩人は四皇でバックには白ひげ海賊団と七武海がいるんだぞ!!どうだ!!
みたいに聞こえてしょーがない、リアルでも友達自慢する痛い奴いるよなw

とにかく、最近のワンピースはほとんど俺TUEEEアニメと化していて残念です

投稿 : 2019/02/23
閲覧 : 382

REI さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

名作でも長すぎるのはどうなのか

長過ぎるアニメってどうなんでしょうか?

これ以上続くと生きてるうちに結末見れないなとか思っちゃいます。
オバサンの私にとっちゃ本当の事なんですわ。
人間いつ不幸に見舞われるかわからんのですよ。

あと、飽きてくるし、何より、最初からもう一回見たいなと思っても無理ですよね、あと途中から見始めた人も追いつくのが大変になりますよね。

今はDVDや、BDやネットで好きな回だけ観るということは簡単にできますが物語は最初から通して観たいときもありますし、途中から見た人はお気に入りの場面を探すのも大変になりますよね。もちろん、先人から教えて貰うという方法もありますがアニメって人によって感じるところが違ったりするのでそれもどうなのかなと思っちゃいます。

まだ、1回で話が終わるような日常系やコメディ系なら長く続いても長編の弊害は少ないと思いますが、話が継続していくようなお話は長すぎるのはいただけないと私は思います。

クールごとに区切って放送するとかのほうが良いんじゃないですかね・・・

制作する側は一生懸命頑張って作っているのかもしれないけれど、空回りすると次第に視聴者が離れて行くのではないでしょうか

全てのアニメに携わる方々に感謝を!

投稿 : 2018/10/21
閲覧 : 245
サンキュー:

7

ネタバレ

ただのアニメ好き さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 1.5 キャラ : 4.5 状態:途中で断念した

勿体ない。

皆さんご存知だと思うので、あらすじは、書きません。
結構、有名で、人気のある、作品ですね。
ストーリー自体は、とても、おもしろくて、良い作品だと、思います。
ただ、中間らへんから、ストーリーの、進みが、とても、遅いです。
というか、1話、1話に、あまり、ボリュームがないです。
なんか、話に、よっては、主人公が、出てこない回なども、結構あって、漫画で、読んだほうが、良いかなあ...なんて、思ったりもします。
あと、主人公が、結構な、回数、覚醒?します。

ついでに言うと、とーーても長いです。
今も放送中なのに、もうすでに700話を超えているという...
僕は、長すぎるし、ストーリーの進みが、遅いとかで、300話くらいで、断念しました。
まあ、僕は、漫画読んでますけど...

OPは、僕の、好みでは、なかったです。
作画に、関しては、映画以外は、昔のアニメぽい感じだなあ...と、感じました。(昔の、アニメ)

個人的には、ストーリーは、良いのに、進みが、遅いのは、もったいないと、思います。
ストーリーの進みがもうちょっと良かったらまだ、見ていたかもしれません。

投稿 : 2018/10/18
閲覧 : 234
サンキュー:

14

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

この麦わら帽子が知ってる。 1999年 10月20日放送開始

2話目までは、1話終わるときに「つづく」になっていて
3話目からは、「TO BE CONTINUED」に変わるというのを
今頃、気付きました。

youtubeで1~5話まで公式で配信されてるのを観たんですが、昔のルフィやゾロのの雰囲気、しぐさが今と違っていて驚きました。

初期のワンピースってこんなにわくわくして面白かったんですね。

効果音が今より多くコミカルでした。

ちなみにタイトルの「この麦わら帽子が知ってる」は3話のセリフです。
このセリフを言う流れが、印象的でした。

このころの雰囲気のルフィが一番好きです。

投稿 : 2018/08/25
閲覧 : 270

ゆん♪ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

それぞれのキャラクターの物語

それぞれの章でそれぞれのキャラクターの生き様が切なくて毎回泣ける。

一番のお気に入りキャラクターはサンジなんだけど、ここにきてサボが…
サボが超カッコ良い。
カッコ良すぎて泣ける…

この先の展開がすっごい楽しみです!

ドレスローザ編はキャベンディッシュ(石田くん♪)もお気に入り^^
サボとルフィの再会はやっぱり感動しました!!(サボのCVとーるちゃんなのにびっくりした!!)

ゾウ編突入、溜めまくった録画をようやく消化中。やっとサンジ出てくる!



********
サンジくーん>。<
ひとりでビッグマムの元に行く決心した時にサンジくんの回が切ない!

投稿 : 2018/07/09
閲覧 : 283
サンキュー:

4

次の30件を表示

ONE PIECE -ワンピースのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ONE PIECE -ワンピースのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ONE PIECE -ワンピースのストーリー・あらすじ

かつてこの世の全てを手に入れた伝説の海賊王ゴールド・ロジャーが遺した、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐり、幾人もの海賊が覇権を賭けて争う大海賊時代。そんな時代に生まれ、幼い頃の命の恩人である海賊赤髪のシャンクスに憧れる少年モンキー・D・ルフィは、「ゴムゴムの実」と呼ばれる不思議な実(「悪魔の実」の一種)を食べてゴム人間となり、泳げない体になりながらも海賊王を目指して仲間と共に冒険する。(TVアニメ動画『ONE PIECE -ワンピース』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
1999年秋アニメ
制作会社
東映アニメーション
公式サイト
www.j-onepiece.com/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/ONE_PIECE
主題歌
≪OP≫きただにひろし『ウィーアー!』、Folder5『Believe』、ザ・ベイビースターズ『ヒカリヘ』、Bon-Bon Blanco『BON VOYAGE!』、BOYSTYLE『ココロのちず』、D-51『BRAND NEW WORLD』、7人の麦わら海賊団『ウィーアー! ~7人の麦わら海賊団篇~』、タッキー&翼『Crazy Rainbow』、5050『Jungle P』、東方神起『ウィーアー! ~10周年Ver.~』、東方神起『Share The World』、矢口真里とストローハット『風をさがして』、The ROOTLESS『One day』、安室奈美恵『Fight Together』、きただにひろし『ウィーゴー!』、新里宏太『HANDS UP !』≪ED≫大槻真希『memories』、大槻真希『RUN! RUN! RUN!』、トマトキューブ『私がいるよ』、推定少女『しょうちのすけ』、AI-SACHI『BEFORE DAWN』、The Kaleidoscope『fish』、上原多香子『GLORY-君がいるから-』、Janne Da Arc『Shining ray』、Ruppina『Free Will』、Ruppina『FAITH』、ZZ『A to Z~ONE PIECE Edition~』、shela『月と太陽』、イクタ☆アイコ『DREAMSHIP』、タッキー&翼『未来航海』、エイジアエンジニア『エターナルポーズ』、TRIPLANE『Dear friends』、東方神起『明日は来るから』、デリカテッセン『ADVENTURE WORLD』

声優・キャラクター

田中真弓、岡村明美、中井和哉、山口勝平、平田広明、大谷育江、山口由里子、矢尾一樹、チョー

スタッフ

原作:尾田栄一郎(集英社週刊『少年ジャンプ』連載)、 企画:情野誠人/柴田宏明、製作担当:松坂一光、音楽:田中公平/浜口史郎、キャラクターデザイン:小泉昇/久田和也、美術デザイン:吉池隆司、色彩設計:堀田哲平、シリーズディレクター:宮元宏彰、制作協力:東映

このアニメの類似作品

この頃(1999年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ