最新おすすめ幼馴染アニメランキング

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

おすすめ幼馴染アニメランキング

検索結果:258件
アニメを並び替え:
総合得点 91.4 感想・評価 13277 棚に入れた人 41774
★★★★☆ 4.2   物語 : 4.4  作画 : 4.2  声優 : 4.2  音楽 : 4.3  キャラ : 4.2

昔は仲良しだった幼馴染たち。でも、高校生になった彼らの距離はいつの間にか離れてしまっていた。ヒキコモリぎみの主人公“じんたん”。ギャル友達に流され気味の“あなる”。進学校に通う“ゆきあつ”と“つるこ”。高校に進学せず旅を重ねる“ぽっぽ”。そして、仲良しだった小学生の頃から、それぞれが変わっていく中で変わらない少女“めんま”。ある日、“お願いを叶えて欲しい”とじんたんにお願いをするめんま。困りながらも“めんまのお願い”を探るじんたん。そのめんまの願い事がきっかけとなり、それぞれの領域でそれぞれの生活を送っていた幼馴染たちは再びかつてのように集まりはじめる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

いや~感動しました。
最終回は号泣しました。久しぶりにボロボロ泣きました。

でも、少し冷静になって一歩引いた位置で物語全体を見てみると、
意外とこの作品、密度は低いような気がします(悪口じゃないですよ)。
話としては結構シンプル。複雑な構造があるわけでもなく、
単純に「面白いか?」と聞かれるとちょっと違うかな?とも思えます。

原因はやはり脚本でしょうか。
岡田さんの本て、1シーン1シーンがすごく派手な印象があるんです。
魅せるってことに長けてるっていうか、見栄えがするというか。
その分、それに集中しすぎてるのか全体としてのまとまりに欠ける気がします。
『とらドラ!』なんかはそれでも原作があったので問題なかったんですが、
『true tears』(※)『CANAAN』といったオリジナル物ではその特徴が出てたと思います。
(※原作はあるが全くのオリジナルストーリー)

にも拘らずここまで感動できたのは、やはり長井監督の手腕によるものが大きいのかも。
この人ってなんというか、画面の見せ方がすごく上手い気がするんです。
一見意味のないような細かいカットだったり、わざとフレームから外してみたり、
視聴者に”行間を読ませるような演出”を度々仕掛けてくる。
(あなるがじんたんの家から帰る途中、交差点で爪を見るシーンなんかはそれ。)
そのため、すごくキャラに感情移入しやすいと思うんです。
まぁそのせいで一人どころか全てのキャラに感情移入してしまい、
色んな想いが心の中で交差してパンクしそうになってしまったんですけど(笑)。

{netabare}おかげで最後の場面も多少オーバーな気はしつつ、
じんたん達と同じ気持ちでめんまを送り出すことができました。
本音を言えば最後どんでん返しで生き返ってほしかったんですけどね。
それをやるとどっかの人気作品みたいになってしまうので……(笑)。 {/netabare}
というわけで結論としては、『泣いたもの負け』。
とっても素晴らしい作品だったと思います。



{netabare}夏に咲いた青い花

勿忘草(わすれなぐさ)

『わたしをわすれないで』

花弁5枚

超平和バスターズの5人が仲良しでいるかぎり

めんまはきっと……

そう、きっと……

その新しい花の名前を彼らはまだ知らないけれど……{/netabare}

総合得点 90.6 感想・評価 5255 棚に入れた人 19562
★★★★☆ 4.3   物語 : 4.3  作画 : 4.4  声優 : 4.2  音楽 : 4.2  キャラ : 4.2

海と地上、そのどちらにも人が暮らす世界。中学が廃校になり、幼なじみと共に地上の学校へ通うことになった海村の少年・先島光が転校初日目撃したのは、大切に守ってきた少女まなかが、地上の少年と特別な出会いをした瞬間だった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

物語は海の人と地上の人がいる世界
ある日、海の中学校が廃校になり、光、まなか、ちさき、要の海村の幼馴染4人が地上の学校へと転校する...
海の人、地上の人。いがみあっていた別世界の人たちが出会いそこから物語が生まれていきます。

制作がP.A.WORKSということで映像が素晴らしい。風景、顔の表情、瞳の中に映る心の揺れに至るまで繊細に描いています。
映像を豊かに彩るサウンドを聴いてください、歌詞がまるで情景からあふれでたようです。音楽が醸し出す幻想的な世界に心惹かれます。

海はこの世界の美しさを強く表現しています。圧倒的な存在感で私の心を掴む。
沖へいくにつれて海の色は透明、水色、青、深い青…神秘的な程美しく、波の動きにあわせて太陽の反射した光がきらきら揺らめく、多彩に変化する光や波の表情を見てください。

出会い、友情や恋愛が生まれ、人の数だけ かけがえのない物語がありました。
{netabare}
自分の想う人は違う人を見つめている…
それに気づいていても諦めきれない
ちょっとした言葉に一喜一憂している自分がいて
気付いているからこそ何気ない自分への優しさが辛かったり
それぞれに想いをよせ、交差する気持ち

例えば好きな人が違う子を想っていたら・・
自分が身をひいて応援できますか?
私は、そんな風に思えないかもしれない
頭では分かっていても、きっと心が追いついてこない
心の中で何度「切ないね」って叫んだことでしょう...


一番感動したドラマティックな場面

踏み切りのシーン

さゆから要への告白

「あんたがいない間も、あんたはここにいた!ちゃんと、この真ん中にいた!」

電車が目の前を通り過ぎ、遮断機がゆっくりと上がる

踏切を挟んで、さゆと要

想いを全てぶつけた、さゆがそこにいた。

そして、あの要が涙をながす...
「そうか、僕は、さゆちゃんの中にいたんだね、本当は淋しかった・・・」

5年ごしの気持ちをストレートな言葉で伝え、それを受けとめた要。
心の底から感動しました。

切ないのも、苦しいのも、楽しいのも、全部大切な気持ち…恋なんですよね
{/netabare}
それぞれが想いを抱く恋する気持ち、葛藤、繊細な表現はどこまでも美しく、最後まで泣いたり笑顔になったり、感情を揺さぶられ続けました。
ストーリー、作画、デザイン、音楽、本当に素晴らしい。
この作品に出会えたことに感謝します。ありがとうございました。

最後に、またいつか皆に会えることを願っています!!

総合得点 85.9 感想・評価 2070 棚に入れた人 10204
★★★★☆ 4.0   物語 : 4.1  作画 : 4.0  声優 : 3.8  音楽 : 4.1  キャラ : 3.9

広野紘と新藤景は幼馴染の間柄。紘はクリスマスの夜、景のパーティーに呼ばれていたが、ふとしたキッカケで宮村みやこと遭遇し、紘はマイペースなみやこに振り回されるはめに。
紘のクラスメイトで映研部員の堤京介はクリスマスの街を撮影中、雑踏の中に少女の姿を見つけキャメラを向けるが、つい彼女の姿を撮りそびれてしまう。
一方麻生蓮治は駅で新藤千尋と出会う。翌日、そしてその次の日も蓮治は無人駅におもむき千尋と再会するのだが…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

このアニメのテーマはおそらく「色」や「夢」です。
これは作中のさまざまな演出で明らかになります。
色をなくしたり、ストーリーが進むごとに変わる
オープニングアニメーションなんかがその証拠です。
眼や口をピンポイントで動かしたり、キャラを小さく、
背景を大きくしたり、一見、枚数削減の画策のように
思えますが、それがいい味を出してます。
大事なのは枚数じゃないことがよくわかります。
そして、作中では二つの物語が構成されていきます。
この二つは関係ないわけじゃなく、しっかりとした
対比構造がなされています。他にもサブタイトルなど
さまざまな箇所に手がかけられています。
アニメ好きなら見ておきたい名作だとおもいます。

総合得点 74.8 感想・評価 1841 棚に入れた人 9652
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.6  作画 : 3.7  声優 : 3.7  音楽 : 3.6  キャラ : 3.7

東京のとある私立大学の法学部に入学した主人公・多田万里は、入学式の後に行われる新入生オリエンテーションの会場である学部キャンパスへ移動中、道に迷ってしまう。同じく道に迷ってしまった同学部の新入生・柳澤光央と出会い、意気投合した万里であった。なんとか目的の場所へ辿り着く目処がついたそのとき、2人の前に薔薇の花束を持った美女が現れる。彼女は花束を光央の顔に何度も叩きつけた後、その花束を光央に渡し「入学、おめでとう」とだけ告げ去っていってしまう。スタイルも身につける物も全てが完璧な彼女・加賀香子は光央の幼馴染みで、幼い頃に光央と交わした「結婚」の約束の実現を夢見て、さまざまな形で光央を振り回してきた。そんな香子から逃れるために、有名私立大学の付属高校からこっそり外部受験で現在の大学に進学してきた光央だったが、新入生オリエンテーションの会場でも香子は2人の前に現れる。香子もまた、光央を追って外部受験で法学部に入学してきたのであった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

恋愛要素強めでラブコメをマイルドにブレンドした感じですね。

最初に言っておくとこの作品(前半部分のネタバレがあります)
{netabare} 友達以上恋人未満が恒久的に続く類の作品ではありません。序盤で成就し、その上で出てくる問題に向き合っていく類の作品になりますのでご注意を。 {/netabare}

奇人変人ばかり登場するとんでも設定のラブコメばかり見ている人(私もそう)には若干物足りないかもしれませんが、ずっと見てると結構面白いですよー。
基本がラブコメではなく恋愛アニメである事を強調しておきます。

※ゴールデンタイムが皆常識人で恋愛に対して真剣な人ばかりとは言ってませんのであしからず。

舞台が大学ということで、高校生とは一味違う大学生特有の(若干うっとしいw)ノリもリアルに表現されていたり面白かったです。

総合得点 74.2 感想・評価 879 棚に入れた人 4737
★★★★☆ 4.1   物語 : 4.1  作画 : 4.3  声優 : 4.0  音楽 : 3.9  キャラ : 4.2

少女は、知らなかった。

将来、当たり前のように家業をついて、ずっとこの場所で
このままでいられるんじゃないかって、無意識のうちに感じていた。
そうであればいいと、願っていた。

けれど、幼なじみも友達も、少しずつ変わって行く。
少しずつ大人になっていく。
家族がいて、商店街の人たちがいて、変わらないものと変わっていくもの。

高校3年生の春。
そんなことを思い始めた少女は恋をする。

北白川たまこは、知らなかった。
それは、「宇宙の入り口」に立ったような感覚。

そして少女は、一歩を踏み出す。

たまこ、むけました。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

かたじけない【忝い・辱い】(広辞苑)

①恥かしい。面目ない。日本霊異記(中)「こころに-・くおもほてりし耳熱し」
②(過分の恩恵や好意を受けて)身にしみてありがたい。源氏物語(桐壺)「-・き御心ばへの、たぐひなき頼みにてまじらひ給ふ」。「ご親切-・く存じます」
③(尊貴さがそこなわれるようで)もったいない。恐れ多い。源氏物語(桐壺)「かくておはしますもいまいましう-・く」

下鴨神社の先、賀茂川と高野川が合流して鴨川と綴りを変える通称鴨川デルタの飛び石の上で、幼馴染のもち蔵から全く予期せぬ告白を受けた北白川たまこは、動揺して川に落ちてしまいます。
そして、もち蔵に澄んだ水中から引き起こされて、放心したたまこがつぶやいた言葉は、

{netabare}
「カタジケネェ・・・カタジケネェ・・・(しばらく間をおいて)・・・あっし、先に失礼するでござんす。」
{/netabare}

1回目の視聴時は、何でここでたまこが江戸時代の町家の娘みたいな言葉をつぶやいたのか、丸で理解できず違和感を持ちましたが、たまこのお爺さん(福さん)のしゃべり方が時折この調子で、時代劇の見すぎなのか、京都の下町の昔気質の人のしゃべり方がそうなのか、きっとたまこもお爺さんの影響を受けて、無意識のうちにそんな変なしゃべり方をしてしまったのだと考えることにしました。

そして、2回目の視聴の時に気づいたのですが、この言葉って・・・
放心状態にあって、というより、放心状態だったからこそ、というべきか、これって後から考えると、丸っきり、たまこの本心だったんですね。

{netabare}
もち蔵に水中から引き起こしてもらったことに対して「かたじけねぇ」といってるんじゃなくて、たまこは、きっと、今しがた受け取ったもち蔵の気持ちに対して、思わず(自分でも無意識のうちに)素直に本心を漏らしてしまったように、見ることができると思います。

このあと、たまこは「もち蔵は何をいったんだっけ?私何て返事したんだっけ?」と混乱した様子で川辺から商店街を駆け抜けて家に逃げ帰ってしまい、もち蔵は呆然と立ち尽くすだけだったのですが、でも実は、もち蔵もそしてたまこも、この最初の時点から、ちゃんと互いに誠実な言葉のやり取りをしていたんですね。
{/netabare}

そして、そうだとしたら(きっとそうなのだろうけれど)、この演出って、やはり絶妙ではないかと思います。

実際、この映画は、繰り返し登場する糸でんわの使い方など小物の演出から、人物の何気ない仕草まで、非常に行き届いた効果的な映像表現が駆使されており、いまさらながら制作サイドの実力の高さを感じます。

肝心のシナリオの方は、多くの方がレビューで指摘していますが、基本的に、たまこ×もち蔵の二人の心の推移に焦点を絞って、全く脇道に逸れない一直線型。
映像本編がEDを除いて正味75分、テレビ放送なら3話分より少しだけ長い程度の分量であり、尺足らずにならず、冗長にもならない、程よい構成になっていると思います。
ただ、私の個人的感想として、この作品は映画だけを視聴したのでは、まだ作品の魅力を半分ほどしか楽しんだことにならず、やはりTV編「たまこまーけっと」の方も確り視聴して、

①たまこ×もち蔵の今回のエピソードが起こる以前からの関係
②彼らを育んできた「うさぎ山商店街」という特別な環境
③たまこの父親と母親の恋愛エピソード
④たまこの親友であるみどりの本心

などを予め掴んでおいたほうが、よりしみじみと、このアニメの良さを実感できるのではないかと思います。

最初からそのつもりで制作された作品なのか分かりませんが、私は、「たまこ」は、TV12話+この映画、で確り完結してこその名作だと思いました。

※(2014.5.30)
この点については、TVアニメ「たまこまーけっと」の印象的なED歌詞から、やはりTV編制作前から、TV編で描く緩い日常を、続編映画で大きく崩していく制作方針が採られていたものと推測します(2014.6.1追加分参照)。
===========================================
(2014.5.30追加)

★考察1 - 古典的恋愛劇「たまこラブストーリー」解析

次は、この作品のテーマである、たまこ×もち蔵の恋愛を、以下の恋愛の8要素を使って考察します。

①感嘆(~は素敵だと思う段階)
②願望(~と・・・できたら良い、~の・・・になりたい等と願う段階)
③期待・希望(~と・・・できる可能性がある、と思い始め、行動を検討する段階)
④行動(内面で思うだけでなく、それを相手に示す段階、恋の明らかな発生段階)
⑤確証(相手の好意を確認し有頂天になるか、あるいは戸惑う段階)
⑥疑念・苦悶(相手の好意や恋の行方に対して疑念を抱き悶え苦しむ段階)
⑦失望(期待・希望の反対。~と・・・できる可能性はない等と思い悩む段階)
⑧絶望(願望の反対。~と・・・できない、~の・・・になれない等と断念する段階)

《もち蔵の心の動き-1-》
{netabare}
もち蔵の恋ごころは、男性らしく能動的に進行します。すなわち、

①感嘆→②願望→③期待・希望→④行動

もち蔵のたまこに対する、①感嘆・②願望は、幼年時代から継続的に蓄積されてきた非常に根の深い感情です。
③期待・希望・④行動は、「たまこまーけっと」第5話の臨海学校のエピソードに描かれているように、弱々しいながらも高校に入って、ある程度顕在化していますが、それをこれまで全くたまこに察知されませんでした(たまこの親友のみどりに察知されて妨害されている)。
今回は、映画の勉強をするために東京の大学に進学するという決意が契機となり、もち蔵は、これまでにない強い気持ちで、④行動(=たまこに自分の気持ちを明確に伝えること)を起こすことになりました。
{/netabare}

《たまこの心の動き-1-》
{netabare}
たまこの恋ごころは、女性らしく受動的に進行します。すなわち、

(①感嘆→②願望→※潜在的に進行)・・・⑤確証

たまこの①感嘆・②願望は、誰かはっきりとした個人を対象として結晶しているわけではなく、「たまこまーけっと」第2話のヴァレンタインデーのエピソード等から見て、男性一般に対して、霧のかかったような状態で潜在的に進行していたと取りあえず考えるのが妥当です(ただしこの点は★考察2で修正します)。
「たまこまーけっと」第11・12話で、たまこに南国の王子に后候補に迎えられる話が降って湧きましたが、そうした后候補になれる・なろう、という③期待・希望は、彼女には全く発生しませんでした。
ところが、そんなたまこに、突然、もち蔵の告白によって、⑤確証が発生します。
⑤確証が発生した後のたまこの心の状態は、彼女が川辺で漏らしたとおり「かたじけない」です。すなわち、上に辞書解説したように、(1)恥かしい・面目ない、(2)身に沁みて有難い、(3)もったいない・恐れ多い、という3つの気持ちが混在した著しい混乱状態にたまこは陥ってしまいます。
{/netabare}

《もち蔵の心の動き-2-》
{netabare}
④行動を起こした後のもち蔵の心は、当然、⑤確証を求めますが、それをたまこに強要するにはもち蔵はたまこに恋し過ぎており(=もち蔵のたまこへの恋心が本物であるということ)、彼は次第に⑥疑念・苦悶に苛まれるようになり、その結果たまこに対して、二人っきりになった機会に、思わず前言撤回という形で⑦失望を表明してしまいます。
{/netabare}

《たまこの心の動き-2-》
{netabare}
いきなり⑤確証を得たたまこは、激しく戸惑いながらも、急速にもち蔵個人に対する①感嘆・②願望の気持ちを育んでいきます。
ところが、そうした段階のたまこに、もち蔵から、今度は⑦失望の気持ちが伝えられます。
もち蔵の⑦失望表明は、たまこの心に、強い⑥疑念・苦悶(=相手の好意を失うことを苦痛に思い、この恋の行方を懸念する気持ち)をもたらし、たまこは親友からの指摘も受けて、自分がもち蔵に恋をしていることをようやく自覚するに至ります。
そして、しばらくの躊躇いのあと、たまこは、偶然、自分の母親ひなこが父親豆大から告白されたあととった④行動を知って、この恋に③期待・希望を見出すようになり、④行動(=もち蔵に自分の気持ちを明確に伝えること)を起こすことを決意します。

こうして、たまこ・もち蔵の双方に、⑤確証(相手の好意を確認すること)が生まれて、この恋愛はとりあえずハッピーな成立を迎えます。
{/netabare}

《総評》

「たまこラブストーリー」は、情熱恋愛のシンプルで古典的な基本形を忠実にアニメ化した貴重な作品と評価できると思います。

通常の恋愛系アニメ作品は、この基本形にさまざまな変化を加えたり、対象人物を増やして三角関係・四角関係にしたりして、何とか視聴者の興味を繋いでいくものですが、「たまこ」の場合は、「たまこまーけっと」の方で、たまこ×もち蔵の個性と彼らを育んできた環境を十分に提示済みなので、この新作映画では、焦点をほぼこの二人の心の動きに絞って、彼らが日常の世界から非日常の世界へと戸惑いながらも歩を進めていく様を、敢えて情熱恋愛のシンプルな基本形を忠実になぞる形で描き出す作品づくりが目指されたのではないかと思います。

おそらく制作者サイドからすれば、日常系アニメ「たまこまーけっと」の人気不足は誤算だったと思いますが、それに非日常系恋愛アニメ「たまこラブストーリー」を加えた「たまこ」2連作として、実に見ごたえのある作品を生み出してくれたことを私は高く評価したいと思います。
===========================================
(2014.6.1.追加)

★考察2 - 林檎が暗示する “恋に落ちる少女” の物語

映画本編が始まって間もなく

By always thinking unto them. 

という謎の字幕が現れ、そのあと、もち蔵が店先で手持ち無沙汰に林檎を転がす短いシーンが現れ、林檎がポロって床に落ちて、その横に

Tamako love story

という映画タイトルが映し出されます。

その最初の字幕が気になって調べたら、17世紀英国の科学者ニュートンが、万有引力の法則を思いついた理由として語った「年がら年中、そのことばかりを考えていたからです。」という意味の言葉でした。

ニュートンは林檎が落ちるのを見て万有引力の法則を思いついたとされますが、「たまこラブストーリー」には、この林檎が落ちたり転がったりもぎ取られたりするシーンがOP/EDを含めて幾つも登場します。

林檎が落ちる→恋に落ちる(恋に陥る)
林檎をもぎ取る→恋をつかみ取る

{netabare}
EDには、林檎がたまこの頭上にスルっと乗り上げ、そして文字通り頭上からスルっと落ちていって、そのあと胸に林檎を抱えたたまこが「好・き・よ」と無言で囁くシーンがあり、また映画本編の最初の方でもち蔵が憂いた顔で、パンダの縫いぐるみを着た映研の仲間が大きな林檎をつかんでもぎ取って下に落としてしまう動画を眺めているシーンが出てきます。
{/netabare}
つまり、「たまこラブストーリー」では明らかに

林檎=恋

のメタファー(隠喩)であり、

たまこ→恋に落ちる=“FALL IN LOVE”する者
もち蔵→恋をつかみ取る者

として描かれていると見てよいと思います。

なお、「たまこラブストーリー」公式サイトの山田尚子監督インタビュー
http://tamakolovestory.com/special/interview/
によれば、シナリオ担当・吉田玲子さんの、この映画でたまこの恋を描く、というきっぱりとした覚悟をみて、山田監督も覚悟を決めて、たまこの恋と真正面から向き合おうと、このタイトルに決めた、とのことであり、この林檎のメタファーの使用も、いかにも脚本=吉田玲子さんの好みそうなアイデアに思えます。

そして、そうであれば、今度は次の2点が気になります。

(1)シナリオ=吉田玲子さんが描こうとした、たまこが落ちた“恋”とは具体的にはどのようなものか、
(2)日常系ほのぼのアニメと一般に見做された「たまこまーけっと」でのたまこの描写とのギャップをどう理解するか、

※まず、比較的単純な(2)の方から検討します。

TVアニメ 「たまこまーけっと」でのたまこは、その晴れがましいOP(ドラマチックマーケットライド)にイメージ化されているとおり、何よりも自分の生まれ育った商店街と家族と友人たちを大切に思う少女であり、南国の王子の后候補に選ばれてもほとんど関心も見せず嬉しい素振りも見せない存在であり、彼女に密かに恋心を寄せる幼馴染のもち蔵の気持ちにすら全く無頓着な、TV第2話「恋の花咲くバレンタイン」で親友のみどりに、「(誰かにチョコをあげる日が来ることが)一生無理っぽい」と冗談めかして謂われるくらいの、恋する乙女(恋に悩む乙女or恋に恋する乙女)と正反対の存在として描かれています。

ただし、「たまこまーけっと」ED“ねぐせ”は、OPやアニメ本編とはかなりギャップのある、何やら物憂げで、今後に起こる劇的な展開を何となく予感させる造りになっており、よく見ると、映画「たまこラブストーリー」の重要なモチーフになった「宇宙の入り口」を暗示する地球の端の画像が、「人生の苦さ」を暗示するコーヒーのカップの受け皿の画像に次第に重ね合わされていくシーンまで挿入されています。
そして歌詞をフルで確認すると・・・
-------
ねぐせ
{netabare}
歌:北白川たまこ(CV:洲崎綾)
作詞:宮川弾
作曲:山口優   
編曲:赤羽俊之・山口優

さがしものはいつも、そばに隠れてるの
すれ違うグルーヴに針を落とす
ああ、まわる、まわる、レコード
ふくれてはじけたら
焦げ目、音符になるよ

ドライヤーでなおらない機嫌と
しゃべりすぎた昨日
コンタクトを外してみた
世界が、ぼやけて

一瞬だけど
居場所を確認しちゃうよ
いつか離れていくのかな

さがしものはいつも、そばに隠れてるの
手さぐりのこころ、知ってるくせに
ああ、まわる、まわる、レコード
ふくれてはじけるの
でもね不思議なメロディ

(ふくらむ)
(白い)
(2分休符)
(だって)
(不用意な一言)
(それでも)

隙間を埋める和音と顔文字
遠回りの今
少しズルいのかもしれないけど
世界のカタチを確かめてたい

思い出だけじゃ
足りない音があるでしょ?
はみ出したって構わない

愛は、おもちですか?
願い、おもちですか?
答えのない問いかけを飲み込む
ああ、鼻歌まじりだね
ヒトの気も知らないで
だけど不思議なメロディー
きっと、忘れないよ

http://www.youtube.com/watch?v=gBAtefJyI2E
http://www.youtube.com/watch?v=ja2uwJR2g98
{/netabare}
-------
このように、「愛」や「願い」を「おもち」と掛け合わせて、明らかに「恋」を予感させる歌詞となっています。

実は小説や実写映画、そしてアニメでもそうですが、物語の最初の段階では、主人公に対して読者・視聴者に最終的に持って欲しいイメージとは真逆のイメージを強く印象づけておいて、話の終盤でそれをひっくり返してしまい、読者・視聴者に強い感動を与える、という昔からの常套手段があります。

そしてその場合、作品の成否の分かれ目となるのは、そのどんでん返しが説得力を持ったものであるか否か、であり、成功する作品は、例外なく、この決定的などんでん返しの前に巧みな伏線を幾つも要所に配置しているものです(この配置具合に、原作者やシナリオライターの腕のほどが現れます)。

たとえば、序盤・中盤はよくあるラブコメと思われた「とらドラ!」が、終盤に差し掛かった第19話(クリスマス・イヴに大河が自分の本当の気持ちに気づく話)に至って、それまでの私たちの認識を一気にひっくり返して、そのまま私たちの心を鷲づかみしてしまうように。また「魔法少女まどか☆マギカ」が終盤の第10話に至って、私たちがそれまで持たされてきた暁美ほむらのイメージを完全にひっくり返して、私たちの心をまんまと魅了してしまうように。

「たまこまーけっと」から「たまこラブストーリー」への流れについても、表面的な作風のギャップとは裏腹に、両作品の話の辻褄があまりにも合い過ぎています

上に書いた「たまこまーけっと」のEDの件だけでなく、「たまこまーけっと」のレビューに書いたもち蔵の部屋の「PARIS LOVE STORY」という映画ポスターの件、

そして、映画「たまこラブストーリー」での
※注意(以下に重大なネタバレあり→このアニメをこれから初めて視聴する予定の人は読まないほうが賢明です)
{netabare}
①「北白川たまこ」は幼年期にもち蔵から「餅屋の白たま」と呼ばれて意地悪されたために餅が嫌いだったというエピソード(なお、もち蔵がたまこに意地悪したのはたまこが好きだったから)
②ところが、たまこが小学校5年のとき母親が亡くなり、たまこが霊前で悲しんでいたときに、もち蔵が「餅」を使ってたまこを勇気づける。
それが切っ掛けとなって、たまこは餅が大好きになり、その後現在まで一日も欠かさず父親の手伝いをして、愛情を込めて餅を作っているのだけれど、餅への愛情(それは母親への愛着でもある)というたまこの表面的な感情の背後には、餅=もち蔵への愛情が隠されており、たまこはやがてそうした自分の本当の気持ちに気づく、というエピソード
③さらには、②に関連して、もち蔵の側はダイレクトにたまこへの恋心を自覚していたのだけれど、たまこの側の恋ごころは、餅=もち蔵への愛情に形を変えてずっと伏流しており、それが、もち蔵の告白をきっかけとして、表面に現れてしまう(たまこが「餅」と言おうとして、無意識のうちに何度も「もち蔵」といってしまう)というエピソード
{/netabare}

もし「たまこラブストーリー」が全くの後付設定ならば、こうしたピタリと決まったエピソードは難しいはずであり、無理なコジツケがどうしても目に付いたはずです。

制作者サイドからの公式の発表はまだないようですが、以上の状況証拠から、私は、少なくともシナリオ=吉田玲子さんの側には、確実に「たまこまーけっと」のイメージを「たまこラブストーリー」でひっくり返してやろうという計画が当初の段階から強くあったものと推測します。

前記「たまこラブストーリー」公式サイトの山田尚子監督インタビュー記事
http://tamakolovestory.com/special/interview/
をよく読むと、絵コンテを担当した山田監督が、映画での「北白川たまこ」のイメージを掴むのにかなり苦労した(=吉田玲子さんの考える「たまこ」のイメージをなかなか摘めなかった)ことが書かれており、また、山田監督が「たまこ」ではなく、むしろ「常盤みどり」の方に、イマドキ女子高生の典型をイメージしていることが読み取れます。

ということは、山田監督でさえも、この映画のシナリオ段階で明らかにされた「たまこ」の伏流していた真の気持ちと、その変化(=恋をするはずがないと一見思われた少女が、まさに“恋に落ちてしまう”という変化)は意外であった(そしてそれ故に、前記のように映画タイトルをダイレクトに「たまこラブストーリー」と決定するのに覚悟を要した)、ということになります。

これでは、私たちが、まんまと今回の映画に感嘆してしまうのも当たり前です。

※ここでようやく、(1)吉田玲子さんが描こうとした、たまこが落ちた“恋”とは具体的にはどのようなものか、の検討に入れます。

===========================================
※以下、考察内容を追加予定

総合得点 92.4 感想・評価 8791 棚に入れた人 30458
★★★★☆ 4.3   物語 : 4.6  作画 : 4.2  声優 : 4.3  音楽 : 4.2  キャラ : 4.4

皇暦2010年8月10日、世界唯一の超大国神聖ブリタニア帝国は日本と地下資源サクラダイトを巡って対立し宣戦布告、日本に侵攻した。日本は占領され、ブリタニアによって「エリア11」と呼称される。日本人は「イレヴン」と蔑まれ、自由を奪われブリタニアの総督により支配された。ブリタニアは「ナイトメアフレーム」と呼ばれる人型兵器により世界の3分の1を支配下に収めた。しかし、その圧倒的な支配にも亀裂が生まれようとしていた。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

あにこれに来て、最初に観た作品。
私自信ここ数年、アニメから距離を置いていたが
名前だけは聞いたことがあった。

完全なる個人的偏見から「反逆のルルーシュ」って題名で
何か子供向けぽい印象を持っていた。
さらに絵があまり好きな絵ではない。

それもそのはず、キャラ原案がCLAMPであった。
個人的にCLAMPの絵にはどうも抵抗がある。
昔でいえばXやレイアースがこれに該当する。
(最近のはあまり知らないのではあるが)

と、題名、絵柄からなんとなく敬遠していたのではあるが
あにこれでの評価の高さ、得意のロボット物、頭脳戦などの
成分から、1番最初にこれを選んだ。

1話見たら止まらなくなる。

まさにその通りになってしまった。
出だしこそ、絵柄に抵抗があったものの
1話の終わりに完全に引き込まれてしまった。

物語はシリアス展開で進行していく。
そして、展開のスピード、展開の意外性など、
毎話毎話次が気になる引きを魅せる。
こうなっては止めるが難しい。

このアニメは頭脳戦ということで注目を集めてはいるが
主人公ルルーシュが目的を達成するために
色々なものを犠牲にしていく様、心の葛藤の表現はなかなかの物。

個人的には頭脳戦部分よりもたった1つのものを守るために
手段を選ばない非道な部分に惹かれた。
また、スザクとの関係からも目が離せなかった。

ただ、不満な部分も。
物語は1期では完結しない。
正直1期の終わり方にはあまり納得はしていない。
2期のためには仕方ないのかもしれないが、かなり強引な印象はぬぐえない。

声優陣はなかなか豪華。
最近の作品でもかなり活躍している方々ばかり。
そんな声優陣の演技もよかった。

また、ロボットも正直、作品の面白さにはあまり関係ない。
ロボット物が苦手でも十分に楽しめるだろう。

総合的にはかなりの良作と言え、お勧めできるアニメ。
1,2期合わせて観ていただきたい。


と、まあ色々書いてきたが
つまり、何が言いたいかというと

偽ニュー隊長が命ず、とりあえず1話観ろ!

総合得点 92.7 感想・評価 9112 棚に入れた人 29346
★★★★☆ 4.4   物語 : 4.6  作画 : 4.3  声優 : 4.4  音楽 : 4.2  キャラ : 4.5

ブリタニアの皇子として生まれながらも、ブリタニア帝国に復讐を誓い、反帝国組織「黒の騎士団」のリーダー“ゼロ”として覇道を歩もうとするルルーシュ。元日本首相の息子でありながら、ブリタニア軍に所属し、正直さと公平さを捨てることなく正道を歩もうとするスザク。二人の歩みが超大国ブリタニア帝国、そして世界を震撼させる!
対峙したルルーシュとスザク、そして響く銃声…あれから1年、ルルーシュとスザクは生きていた。スザクは帝国直属の騎士のひとりになっており、ルルーシュは以前と変わらず学園に通っていた。ただし、弟のロロ・ランペルージと一緒に…!
彼らに何が起きたのか、何が起きていくのか…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

1期の続きとなる本作。
1期の終わり方に悶々としていたため連続視聴。

またまたルルーシュの活躍が観れるとワクワクしていた。
ところが、1期ほどの引き込みがない。
1期は毎話毎話ドキドキしていたのではあるが
2期はそれほどでもなかった。

個人的には無理に引っ張りすぎたのではないかと思う。
そのためだろうか、少々中だるみ感があったように思う。
また展開自体にも無理が生じてきていたように感じ、
インフレ気味だったにも関わらず、あっけなかったりと
今一不完全燃焼だった。

それでも、こういうシリアス物の結末というのは気になるもの。
ルルーシュはどのような結末へ向かっていくのか?
もはや興味はそこにしか無かったように思う。
どのようにして唯一守りたいものを守るのか?

そして、衝撃の結末を向かえるのではあるが、
ルルーシュは本当に守りたいものを守れたのだろうか?

個人的には本当の意味では守りきれなかったのでは無いかと思っている。

それでもあの結末へ向かうしかなかったルルーシュ。
そんなルルーシュの苦悩は切なかった。

全体的に批判じみているが
コードギアス全編通してみて
良作であることは間違いないと言える。

是非1,2期合わせてご覧いただきたい。

また、アニメーション新企画「コードギアス 亡国のアキト(仮)」が進行中。
ルルーシュ編とはまた違った話のようだが、実に楽しみである。


とまあ色々書いてきたが
つまり、何が言いたいかというと

一度しか言わないぞ。……ありがとう、面白かった。

総合得点 78.4 感想・評価 1832 棚に入れた人 10788
★★★☆☆ 3.9   物語 : 3.9  作画 : 3.8  声優 : 3.9  音楽 : 3.8  キャラ : 4.0

『ぼく、シキガミになる。ずっと一緒にいて、ずっと護ってあげる』

それは遠い昔の約束。彼がまだ”将来”の意味を知る前の──。

霊的災害<霊災>が多発し、陰陽師たちが活躍する現代。

土御門春虎はトコトン運の悪い少年だった。
陰陽師の名門に生まれながら才能はからっきし。
この16年の人生で、死にかけた回数12回。
そしてある夏の日、極めつきの受難が、彼の前に訪れる。

「久しぶりです──春虎君」

土御門家次代当主である幼なじみの少女、夏目。
彼女との再会が、春虎をかつて見た”将来”へ──波乱に充ちた”未来”へと導き始める!
闇に舞う鴉たち(レイヴンズ)の、時を超える陰×陽ファンタジー!!

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

見るのが苦行であったアニメ。3話まではプロローグ的な位置づけなので盛り上がりに欠けるのはしょうがないかもしれないが、アニメであそこまで冗長だと1話で切った人も多いのではないだろうか。また専門用語が多く、それに対し説明不足で試聴する側としては置いてけぼり感があり、いまいちアニメにのめり込めない。場面に相応しくないBGMなど演出面も微妙。キャラクターのデザインもあまり格好良くはない。今どき目尻に五芒星のマークつけてる主人公はダサすぎる。
アニメを見た限りでは原作を読んでみようとは思えない。

総合得点 74.0 感想・評価 1232 棚に入れた人 6993
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.7  作画 : 3.6  声優 : 3.7  音楽 : 3.6  キャラ : 3.7

主人公・大八木朔は、かつて暮らしていた町に引っ越してきた高校生。朔は読書好きで、静かで平凡な学園生活を望んでいた。\\nしかし、そんな朔の前に現れたのは、過去にこの町に住んでいた時の幼なじみ、明野美星。朔にとって美星との過去はトラウマになっていた。\\nそんな中、美星が作った天文部に入ることになった朔。そして、天文部を舞台にしたドタバタラブコメディが、いま始まる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

このサイトの成分表では『ラブコメ』や『恋愛』が多くを占めてますが、
正確には『青春部活アニメ』です。
ヒロインの美星自体に恋愛成分が無いので、甘いお話は期待しないでください(笑)
その分サブヒロインの姫ちゃんが可愛く恋してくれていますが、
やっぱりこのアニメの主役は『星』☆
画面いっぱいに星が広がる観測シーンはとってもロマンティックで感動します。
特に天の川を見上げるシーンは最高。鳥肌ものでした。

お気に入りキャラは先ほども紹介したサブヒロインの蒔田姫(まきたひめ)ちゃん。
この子、すっごく女の子してる子でホントにカワイイんです。
特に学園祭での彼女は健気すぎ。
ヒロインそっちのけで思いっきり応援しちゃいました(笑)

OP曲は「Super Noisy Nova」。スフィアの中では一番のお気に入り曲です♪
そしてED。曲もいいんですが見所はその映像。
2話以降では作中の季節に合わせて星座が(服装も)変わります。
さらにはスタッフの名前の後には星座のシンボルマークまで。
細かいところまでこだわりが感じられて楽しいです。

子供の頃、プラネタリウムにときめいた思い出ありませんか?
冬になるとオリオン座、探しちゃったりしませんか?
な~んてつい②恥ずかしいセリフを言いたくなっちゃうような、そんな素敵なアニメです☆

総合得点 81.6 感想・評価 1344 棚に入れた人 6786
★★★★☆ 4.1   物語 : 4.2  作画 : 4.1  声優 : 3.9  音楽 : 4.2  キャラ : 4.0

『ef - a tale of melodies.』(エフ ア テイル オブ メロディーズ)は、「ef - a tale of memories」の第2期シリーズ。\n景の双子の妹・千尋、人付き合いの苦手な青年・蓮治、プロのヴァイオリニスト・久瀬達の触れ合いを中心に、全エピソードに関わるミズキ、火村、優子らを交え、総ての物語が一つに収束してゆく様を描く。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

全12話。ef2期です。

原作未プレイ。

1期では2つのストーリーが同時進行で動いてましたが、2期ではこの2つのストーリーに関わっていた人たちを補完する展開なので是非先に1期を見ていただきたい。

ストーリー展開は過去と現在が入り混じって展開していくので1期と同様に複雑でやはりしっかり理解するのが難しいです。

しかしながら1期で残した伏線をしっかり回収し、素晴らしいストーリーになってます。

かなりダークな表現もあるので鬱系が苦手な方には少し辛いかもしれない。だが感動できる話に弱い私の物語評価は最高の☆5を付けました(でも実は1期のほうが好きですw)

是非1度見て欲しい作品ですね^^



総合得点 91.3 感想・評価 3499 棚に入れた人 15188
★★★★☆ 4.2   物語 : 4.4  作画 : 4.1  声優 : 4.1  音楽 : 4.0  キャラ : 4.2

姉がモデルの日本一になることが夢であった小学6年生の綾瀬千早は、福井から来た転校生・綿谷新に「自分のことでないと夢にしてはいけない」と諭される。そんな新の夢は競技かるたで名人になり、日本一になることであった。真剣にかるたに臨む彼の姿に感化された千早は、幼馴染の真島太一も巻き込んで、かるたの魅力へ惹きこまれていく。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

■「ちはやふる」ってどんなアニメなのσ(゚・゚*)ンート・・・
『競技かるた』を題材にした末次由紀さんの漫画が原作なのです♪
と言ってもσ(^_^)アタシは漫画は見た事ないのです(ノ_-;)ハア…
何だか数々の賞をとられている様なのできっと面白いんでしょうね(*^-^)
 
『競技かるた』を通じて、主人公千早(ちはや)と2人の少年「太一(たいち)」と「新(あらた)」が成長していく姿を描いた物語なのです!
 
ところで・・・競技かるたって何(*゚・゚)ンッ?って感じなのでちょっと調べてみました♪
使うかるたの種類は「百人一首」なのです!
「百人一首」って100枚の読み札と100枚の取り札で構成されているのですけど、その半分の50枚を使って競技をするみたいですね♪
百人一首はむか~しちょこっとやったことあったけど・・・普通のかるたより、坊主めくりで遊んでた記憶の方が鮮明に覚えています(。・w・。 ) ププッ
 
それで、競技かるたでは、50枚の半分25枚ずつを相手と分け合って、自分の陣地に上・中・下段の三段にルールの範囲内で配置するらしいのです♪
お互いに配置した取り札をなんとっ15分で暗記するそうです(゚゚;)エエッ
そもそも、100首全部覚えるのも大変ですよね・・・覚えないとスタートラインにすら立てないし!!
しかも『決まり字』を知っていることが競技の前提って・・・かなり過酷ですね!?
『決まり字』とは、読み札を読んでいって、取り札が判別可能になる『字』のことなのですよ(゚0゚*)ホ--ッッ!!!
その『決まり字』の内、読み札の最初の3字目までで確定する取り札が百首のうち86首あるらしいので・・・
「ち~♪は~♪や・・・!?」( ゚ロ゚ノノ゙パシッ☆~~~~□  (゚ロ゚*)ハッ!!
ってな感じで殆どが全部読まれる前に決着がついているのです♪
そうなんです・・・毎回、目の前に並べた取り札がグシャグシャになる程に壮絶な取り合いが繰り広げられるのです♪
 
とにかく、暗記力・瞬発力・集中力・体力が重要スキルらしいので日頃の鍛錬が重要な競技だって事がわかりました!
σ(-_-)ワタシには無理だって事もわかりました・・・
 
 
■「ちはやふる」に出逢った日の日記φ(・_・”)
まず主人公の千早役に「放浪息子」で高槻さん役でキャストを努めていた「瀬戸麻沙美」ちゃんが大抜擢ですね♪
小学生時代と高校生時代の千早の声を上手に使い分けて演技が出来ればいいなぁって期待してます♪
若いだけにこの作品の中でどれだけ成長できているか注目してみたいですね♪
 
作画に関しては、温かみの有る水彩画の様なタッチで描かれているのと、背景をぼやかす事で遠近をつける手法が巧妙でリアル感も出せているので感心しました♪
ラジカセはさすがに古っ!?て思いましたけどねw
 
一見地味な『競技かるた』をどこまで魅せれるかがこの作品のポイントの様な気がします!
そして、千早ちゃんを中心とする人間模様も魅力のひとつだと思うのでそんな所に注目して観たいと思っています♪


■総評
こんなにも心動かされるアニメに出逢えてとっても幸せです☆⌒d(*^ー゚)b グッ!!
基本の構成は王道のスポ根青春アニメなんですけど、とにかく作りが丁寧で褒めるところがいっぱいなのです(*^^*)
一般的にはローカルな競技かるたを題材にしながらも、まったくかるたを知らない視聴者にも分かりやすく説明臭さを極力排除するよう心掛けて描かれていたので好印象でした♪
キャラの個性や心理描写を活かしながら競技かるたのルールや戦略や面白さをストーリーの流れに沿って魅力的に魅せることが出来ているんですよね(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
特におでこちゃんこと「大江 奏」のキャラ設定はとっても良いアクセントになってた気がします!
和歌をこよなく愛し、最終的な目標も他のメンバーとは違った視点でアプローチ出来ていて、競技かるたの魅力をより引き出せてた印象です♪

そしてこのアニメの一番の見所は、主人公の千早ちゃんを筆頭に個性豊かなキャラでしょうね♪
かるたと出逢い、ひたむきに日々かるたと向き合って技術的にも人間的にも成長していく姿が見事に描かれていました(*^▽^*)
小学校編と高校生編の2部構成で千早、新、太一の環境の変化や心情の変化をうまく表現出来ていたと思います♪
小学校時代からひたむきで変らない性格の千早ちゃんとは対照的に、かるたに対する姿勢に変化があった新や太一!
とくに本作品で一番性格的に成長したキャラじゃないかなって思える太一は小学校の時は絶対に好きになれないキャラだぁ~って思ってたんですけどまったくもって見方が変わっちゃいました!
太一くんが千早ちゃんに寄せる想いや、かるたに対する姿勢の変化、嫉妬心の対象だった新くんとの関係等々、かるた部部長としても男性としても一皮も二皮も剥けた太一くんの姿は是非まだ観てない人は注目してほしいです(*'ー'*)ふふっ♪
他にもたくさん魅力的なキャラが登場してきますし、とにかくどのキャラも見ていて清々しくって素敵です!
シリアスな展開ながらも時折入れてくるコミカルな描写や表現が絶妙で、話が重くなりすぎず、軽すぎずといった絶妙なさじ加減も良かったです♪
物語としてはまだ完結には至っていないので、千早ちゃん達の今後の活躍をお目にかかれる日を心待ちにしていたいと思います(❀╹◡╹)♪


■MUSIC♫
OP曲『YOUTHFUL』
 【歌】99RadioService
 ちはやふるの原作をイメージして曲を作ったというロックナンバー♪
 ギターのリズムが、素直で力強いキャラクター達を連想させてくれますね♪
 爽やかで甘酸っぱい青春を綴った歌詞も「ちはやふる」のイメージにぴったりで♪ d(* ̄o ̄)グッ

ED曲『そしていま』
 【歌】綾瀬千早(瀬戸麻沙美)
 和風テイストのしっとり聴かせるナンバーです♪
 あさちゃんは意外と音域が広く、力強さのある歌声でこれからが楽しみですね(^▽^)/

 
2011.10.11・第一の手記
2012.01.25・第二の手記(追記:■MUSIC♫)
2012.04.11・第三の手記(追記:■総評)

総合得点 83.4 感想・評価 2700 棚に入れた人 13034
★★★☆☆ 3.9   物語 : 3.8  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.7  キャラ : 4.1

旧家・白鬼院家の令嬢として生まれた少女凜々蝶は大人に守ってもらわないと生きて行けない無力な自分や、常に家名の由緒が優先される環境に息苦しさを感じ、家を出て一人暮らしをすることにした。家族は凜々蝶が家を出ることには反対しなかったが、条件として街の郊外にある「妖館(あやかしかん)」の異名を持つマンションであるメゾン・ド・章樫(あやかし)への居住を命じる。妖館は厳重な審査をクリアした者しか入居を許されない高級マンションで、入居者には必ず1名のシークレットサービス (SS) が割り当てられることになっている。凜々蝶はSSの割り当てを拒否したが、いざ入居してみると御狐神双熾が凜々蝶の専属SSとして待ち受けていた。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

全12話
マンガ原作。原作未読。

個人的満足点:72点
アニメ系統:ラブコメ

ヒロインの凜々蝶(りりちよ)を中心に妖怪の「先祖返り」
である人間達が繰り広げるホームラブコメ。

りりちよ様は僕っ子、貧乳、ツンデレ(ツンしゅん)とすばらしい属性を持っている。
さらには、寝る時のシャツの胸元のはだけ具合、
スカートとニーハイから覗かせる太ももの絶対領域がすばらしい。

そんなりりちよ様に萌えるアニメ。
とことんりりちよ様に萌えていただきたい。

また、そんなりりちよ様とSS(ボディーガードみたいなもの)
である御狐神(みけつかみ)君との恋模様にも注目。
2人の距離の縮まり方も良かった。

兎にも角にもりりちよ様に萌えていただければ
すんなり視聴可能だと思う。


と、まあ、兎に角りりちよ様の下僕になりたいのではあるが
つまり、何がいいたいかというと

{netabare}
                           
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『りりちよ様に萌えようと思っていたら、
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        いつの間にかMに認定されていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    肉○器とか三角○馬とか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

{/netabare}

総合得点 74.7 感想・評価 2001 棚に入れた人 10273
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.5  作画 : 3.7  声優 : 3.6  音楽 : 3.5  キャラ : 3.8

紫陽町に住んでいるゾンビ大好き高校生降谷千紘は、夜ごと怪しげな古文書を片手に、事故死した飼い猫ばーぶの蘇生を試みていた。ある夜、蘇生秘薬を作っていたいた千紘は、川向こうのお嬢様高校に通う美少女、散華礼弥が父に対する恥ずかしい不満を古井戸にぶちまけるところを目撃してしまう。千紘の実験に興味を持った礼弥は、千紘と共に紫陽花の毒を使った秘薬を作成、実験に成功するが、2人とも失敗したと思い、翌日にばーぶの葬儀をすると約束した。礼弥は夜中に出歩いていたことが父親に発覚し家に閉じ込められてしまう。悲嘆した礼弥は、密かに持ち出していた秘薬を「毒が含まれているから」と、蘇生と逆の効果を期待し、服薬してしまう。

翌朝、結局死ぬことができなかったと悲嘆にくれつつも、千紘との約束である「ばーぶの葬儀」に参加するため家を抜け出した礼弥は、その途中で父に遭遇。父の振るった鞭に打たれて崖から転落してしまう。その一部始終を目撃した千紘が駆け寄ると、砂ぼこりの中から礼弥はゾンビとなって起き上がった。ゾンビとなった礼弥は降谷千紘の家に居候し、千紘にとって憧れであったゾンビとの共同生活が始まったのであった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

設定は斬新、キャラデザも作画もいい…でも話が面白くない。

映像がシャフトっぽいなぁと思ったら監督がシャフト作品を多くやっている人だった。まどかの5話と8話の絵コンテもやってる。
キャラデザは好み。でも担当の坂井久太にはひぐらしやシュタゲのキャラデザもこのくらい良くしてほしかったけど。

ストーリーについては、原作の進行の都合なのか、話の進むテンポが遅いし、三角関係の一人の幼馴染の蘭子も魅力が無い。奇抜な設定以外はキャラの性格もストーリー展開も古臭い。
そして12話の最後、{netabare}噛まれるところで終わりとか、続き気になるでしょ?原作買おうね、という意図がありありで反感しか覚えなかった。{/netabare}

まぁこういう設定だけが斬新で絵も上手かったからそれだけで売れた漫画ってのも多いんだろうな…。

ただ、EDの曲とボーリング場の映像は好き。

総合得点 75.7 感想・評価 2210 棚に入れた人 9882
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.5  作画 : 4.1  声優 : 3.7  音楽 : 3.6  キャラ : 3.8

餅屋の娘、たまこは餅が大好きな高校1年生。
学校ではバドミントン部に所属、友人らと部活動に励みながらも、家の手伝いと新作餅の開発にいそしんでいる。
向かいにはライバルの餅屋があり、その息子・もち蔵とは幼なじみ。
もち蔵はたまこに好意を寄せており、同じくたまこのことが大好きな友人みどりと、たまこを巡ってバトルを繰り広げている。
大晦日はたまこの誕生日、商店街では毎年お祝いをするのが恒例行事になっていて、これまでプレゼントを渡せなかったもち蔵は、今年こそはとはりきっていた……が、その日、商店街に突然、きらびやかなオウムが現れた。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

(2016.2.1追加)※3周目での評価です。

◆各話タイトル&評価

★が多いほど個人的に高評価した回(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた回
×は脚本に余り納得できなかった疑問回

============= たまこまーけっと (2013年1-3月) ============

{netabare}第1話 あの娘はかわいいもち屋の娘 ★ 高校1年の大晦日
第2話  恋の花咲くバレンタイン ★ バレンタイン・ディ
第3話  クールなあの子にあっちっち ★ 高校2年の春(桜餅の季節)
第4話  小さな恋、咲いちゃった ★ 初夏の商店街の祭り
第5話  一夜を共に過ごしたぜ ★★ 夏休みの臨海学校
第6話  俺の背筋も凍ったぜ ☆ 夏休み
第7話  あの子がお嫁に行っちゃった ★ 夏休み
第8話  ニワトリだとは言わせねぇ ☆ 秋(栗餅の季節)
第9話  歌っちゃうんだ、恋の歌 ★★ 十月十日(餅の日)
第10話 あの子のバトンに花が咲く ★ 文化祭
第11話 まさかあの娘がプリンセス ★ 師走
第12話 今年もまた暮れてった ★ 大晦日{/netabare}
----------------------------------------
★★★(神回)0、★★(優良回)2、★(良回)8、☆(並回)2、×(疑問回)0 ※個人評価 ★ 4.4

OP 「ドラマチック マーケットライド」
ED 「ねぐせ」


============= たまこラブストーリー (2014年4月) ===========

{netabare}全1話 ★★★ 高校3年の5月{/netabare}

-----------------------------------------------------
※以下、初見時の評価です。

映画が話題になってなかったら、このアニメは多分見落としてたと思う。良かった。良かった。

まず第一印象。
主人公の北白川たまこ←こんな感じの女子高生はきっと全国の商店街に実在すると思うんだ。

商店街の家は、「うなぎの寝床」と形容されるように、玄関の店舗部分から奥に居間や台所が続く、長細い造りが多い。
廊下も細長く、2階への階段はなぜか急だ。
子供部屋はたいてい2階にあって、畳敷きなんだけど、その上にカーペットを曳いてベッドを置いた改造部屋が多い。
兄弟姉妹がいれば、ひとつの部屋をカーテンで仕切ってスペースを分けることもある。
最近は建築基準が厳しくなって、建蔽率とか両隣の家との空間確保など新しい条件を色々満たさなければ建て直し許可が下りないので、多少不便でもそれまでの家を補修しながら住み続けるケースが多い。
で、こうした商店街の家は両隣りとの隙間が薄くて、少し大声を立てれば隣に筒抜けになっちゃうので、家族で時々喧嘩することはあっても、それ程大騒ぎにならずに適当なところで沙汰止みになってしまう。良い意味で世間様の目を経由した「常識」が働くのだ。

近年は郊外型の大型店が増えて、小さな個人商店では太刀打ちできず、シャッターを下ろしっぱなしの店がじわじわと増えている。
第一、個人商店なんて、もともとそれ程儲かるものではなし、確定申告で色々と経費を落とせるのでなんとか生活が維持できてるだけで、本当はサラリーマンをしている方が余程気楽で物入りも良い。

だけど、やっぱり、昔ながらの商店街には、独特の情緒と文化がある。

このアニメを見ていて、商店街の再現度が凄く高いなぁと感心しました。
商店街を盛り上げようとしてイベントを企画する町の人達の様子とか、商店街を練り歩く神輿担ぎに難儀するもち蔵君とか、本当によく描けてる。
だから、たまこの存在にはとてもリアリティを感じる。

わがままじゃなくて、いつも皆のことを考えていて、小さなことでクヨクヨと悩まずカラッと明るく、他人を失望させないようにいつも愛想よく、でも、恋にはとても鈍感で・・・。

こういうアニメは、ほんの一瞬の描写にも確り登場人物たちの感情表現を盛り込んでくるから、一話一話を集中して視聴しないといけなくなって、面白いんだけどとても疲れます。

その点が玉に瑕かな。

=========================
(2014.6.6追加)
2周目視聴時に気づいた点

第4話 「小さな恋、咲いちゃった」({netabare}たまこの妹で小学5年のあんこの恋の話{/netabare})、
第5話 「一夜を共に過ごしたぜ」({netabare}臨海学校でもち蔵がたまこに告白しようとしてみどりに妨害される話{/netabare})

の両話で、もち蔵の部屋の壁に貼られている映画のポスターに「PARIS LOVE STORY」という文字が確認できる。

このPARISというのはフランスの首都パリのことではなくて、

【Paris】(ランダムハウス英和辞典)
(ギリシア神話)パリス→Judgment of Paris:
Troyの王子;PriamとHecubaとの息子でCassandraの弟;
争いのリンゴ(apple of discord)をAphroditeに贈り彼女の助けによってHelenを誘拐することができたが、このためにトロイ戦争が起こった;
Alexander, Alexandrosともいう.

つまり、
{netabare}
PARIS=トロイの王子=大路(おおじ)もち蔵=林檎→恋を手に入れる者
{/netabare}
そして更に、

第10話「あの子のバトンに花が咲く」({netabare}たまこの親友みどりが学園祭のバトン演技の振り付けを考える話{/netabare})

で、もち蔵とたまこが糸電話をしているシーンでも、この「PARIS LOVE STORY」のポスターが登場する(ただし絵柄のみ。文字は隠している)。

要するに、この「PARIS LOVE STORY」という映画ポスターは、「たまこまーけっと」の動画制作に先立て作られる設定資料に、もち蔵の部屋の設定内容としてはっきりと明記されていたものであり、その時点で既に「TAMAKO LOVE STORY」に該当する続編を制作する方針が決まっていたことを暗示していると考えるのが妥当である。


因みに、「たまこまーけっと」(2013年冬)より少し遅れて放映された人気アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。(俺妹2期)」(2013年春)は、TV本編13話の終了後しばらくして、{netabare}準主人公(作品の視点人物)の京介の告白というまさかの実妹エンド{/netabare}をOVA3話構成でネット配信(2013年7月)して賛否両論ながらTV放送時を上回る大きなインパクトを視聴者に与えた続編の成功例となっている。

「たまこラブストーリー」も、その本編(同時上映「南の島のデラちゃん」とED2曲を除いた内容)は約75分=ほぼOVA3話分であり、山田監督が映画の公式サイトのインタビュー記事で、

「たまこラブストーリー」というタイトルは、シナリオ構成・脚本担当=吉田玲子さんのつけた仮題であり、当初はOVAとして発表するつもりだったが、その後いろいろ社内で検討した結果、今のような映画となった

と発言していることから、当初は、俺妹2期と同じように、TV放送分「たまこまーけっと」12話+続編OVA3話、しかも俺妹2期と同じように、{netabare}準主人公のもち蔵が主人公たまこ告白してたまこが恋に陥る{/netabare}、という本編の路線から大きく外れていく展開とすることが予定されていたものと推測します。

※この点についての詳細な考察は、「たまこラブストーリー」の感想・レビューの方に書きました。

=========================

総合得点 72.2 感想・評価 1655 棚に入れた人 9013
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.5  作画 : 3.7  声優 : 3.6  音楽 : 3.5  キャラ : 3.7

生徒数6000人を越えるメガ学園「私立高藤学園」に通う大島裕樹は、幼馴染の住吉千里とともに食品研究部(ショッケン)の部員だが、大した活動もせず堕落した日々を過ごしていた。そんな時、次期生徒会長有力候補の東雲皐月が「無実績部活の整理及び廃止」を提案し、ショッケンは廃部の危機に陥る。部員たちは知恵を出し合い、現生徒会長・毛利夜雲の助言を受け、裕樹を対立候補として立候補させようとする。裕樹も次々と浮き彫りになる学園の「問題点」を知り、出馬を決意。かくして裕樹は無謀な選挙戦を、そして学園に潜む陰謀と戦うこととなる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

原作  アダルトゲーム 未プレイ

全12話

エロゲーだけあって、ヒロインみんなが主人公の事が好きなんだけど・・・訳もなく、ただ好意があるだけの設定なので、なんか感情移入できなかったし、面白くなかったかな・・・。

キャラデザ、映像は綺麗です。
女の子はみな可愛いかった。

ただ、ヒロインの1人、東雲 皐月(しののめ さつき)は、「アマガミss」の 森島 はるか にそっくりだったのが気になった!  (^^;

ストーリーは・・・
自分が入っているショッケン部(お菓子食べてお茶するだけの自堕落部)を失くさない為に生徒会長に立候補し、選挙活動します。
最初の動機は不純だが、段々とそれなりのマニフェストを掲げます。

途中、ヒロイン達とのからみがある・・・
と云う感じです。

{netabare}
1話で、扇橋香奈が生徒会総務部の陰謀を見つけ、証拠を握るも、車にはねられてそれっきり・・・それ以降11話まで放置状態。
忘れるわ! ^^
{/netabare}

総評
ストーリーは、まぁ、こんなもんかな? 自分的には魅力を感じれなかったです。

ヒロインの女の子達は可愛いので、好きなキャラ&声優がいれば楽しめるかも。

個人的には、木場 美冬 役を演じる声優の水橋かおりさんの声が好きなので楽しめました。^^

学園ハーレムものが好きな人にはオススメ。 ^^


op:「シグナルグラフ」 歌 - Annabel
ed:「風のなかのプリムローズ」 歌 - Ceui

エンディングの 「風のなかのプリムローズ」は好きでした。(●´ω`●)
CD購入

総合得点 62.0 感想・評価 560 棚に入れた人 2426
★★★☆☆ 3.4   物語 : 3.2  作画 : 3.5  声優 : 3.4  音楽 : 3.5  キャラ : 3.4

青春にはいつも、解き明かせないたくさんの謎が溢れてる!

「原作シリーズ累計55万部突破」初野晴の大人気・吹奏楽青春ミステリ<ハルチカ>シリーズ、待望のTVアニメ化!
原作はシリーズ累計55万部を突破した大人気・吹奏楽青春ミステリ<ハルチカ>シリーズ。廃部寸前の弱小吹奏楽部で、吹奏楽の甲子園と呼ばれる"普門館"を目指す、幼なじみ同士のチカとハルタ。
部員集めに翻弄する日々と、仲間たちと交わす友情、そして次々に現れる謎(ミステリ)。チカとハルタの奏でる音楽がいま、遠く高らかに鳴り響く!

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

気になって気になってアニメどころではありません。
ってことはないですけど。テヘ!

P.A.さん制作だから、作画がクリアーです。
しかし、瞳の描き方がくどい。
七色の瞳なんてちょっと気持ち悪いですね。

「ハルチカ」って言うくらいだから、ハルタとチカが主人公。
アニメ内容は後述することとして、チカの性格がピカイチ。
一言でいうと、人を惹きつける性格。
初対面でもフレンドリー、情にもろくて一本気。
穢れない心で飛び込んで来るので、あっという間に友達です。
この子の性格、好きだなあ。
是非知り合いになりたいです。

ちなみにハルタは推理探偵ポジションでややBLがかっています。
それも手伝って、男女が絡む学園ものでは珍しく恋愛は皆無です。

作品は、学園推理ものin吹奏楽部の様相。
もしかして、京アニの2作品を混ぜている?
ここは、混ぜるな危険!とだけ言っておきます。

以下は私的なことなので閉じます。

{netabare}舞台は静岡県市清水区。
清水にはあまり思い入れはないけど、静岡文化会館にはドッキリ。
ここで入学式や卒業式があったり、コンサートのバイトをしたり。
あっそうそうロビーこんなんだったっけとか、会館前の雰囲気が懐かしいじゃんとか。
入学式の時、会館3階から眺める桜があでやかなことあでやかなこと。
それもこれも約30年前のお話、青春時代を思い出し嬉しくなりました。
この他、静岡の街は私にとって思い出がいっぱい。
もっと、私の大好きな静岡舞台のアニメが観たいですね。{/netabare}

総合得点 84.8 感想・評価 6205 棚に入れた人 25532
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.4  作画 : 3.9  声優 : 3.9  音楽 : 3.6  キャラ : 4.0

女性にしか反応しない兵器「インフィニット・ストラトス」(IS)の操縦者を育成するための学校・IS学園。そこでは世界各国から集められた少女たちが候補生としての勉強に日々励んでいる―はずなのだが、男なのになぜかISを起動させることができた織斑一夏は、この学校に強制入学させられてしまう。当然、彼の周囲には女の子ばかり。「世界で唯一ISを使える男」である一夏に、彼女たちは興味津々。幼なじみの篠ノ之箒をはじめとしたクラスメイト(少女限定)に囲まれた、一夏の波瀾万丈のスクールライフが始まる!?

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

初回は、作画良し、アクション良し、声優良しと期待して見ていたのですが。。

あまりにも、内容がうすっぺら過ぎる。
この程度の内容なら、ロボットアニメにする必要すら感じませんでした。

キャラに関しても、それぞれ中途半端な印象で終わりました。
1クールでこんな多人数はやっぱり厳しいでしょう。

ハーレム加減を出したいが為に、登場させたのか、
それとも数打ちゃどれか当たる、みたいな感覚なのでしょうか。この高評価が不思議です。

悪い意味で期待を裏切られました。
ラブコメと割り切って見るべきです!

総合得点 83.0 感想・評価 3061 棚に入れた人 15776
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.5  作画 : 3.7  声優 : 3.8  音楽 : 3.6  キャラ : 3.8

医者を志望し、国立大学の医学部を目指している季堂鋭太は、羽根ノ山高校(通称ハネ高)入学後、色恋沙汰には脇目も振らず常に学年トップの高成績を維持していた。ところが、帰国子女で校内一の美人と評判の夏川真涼から突然「一緒に帰りませんか?」と誘われ、真意を測りかねた鋭太は真涼の誘いを断ったものの、真涼の側は全く挫ける気配が無く連日誘い続け、鋭太も遂に根負けしてしまう。
そして、帰り道で鋭太は真涼から他の男から告白される度に断る繰り返しに疲れたので色恋沙汰に興味を示さない者同士で偽装カップルになって欲しいと持ちかけられる。一旦は拒絶したものの鋭太が中学の時に付けていた日記が何故か真涼の手中にあることを知らされ、やむなく偽装カップル成立を了承する。
鋭太と真涼のカップル成立は校内でまたたく間に評判となるが、鋭太の幼馴染で1ヶ月前に「お前は恋愛対象じゃない」と鋭太に言われた反発から「彼氏を作る」と宣言していた春咲千和が真涼に対する敵意を剥き出しにして立ちはだかる。さらに鋭太を「元カレ」と称する姫香や風紀委員の愛衣までが次々と加わり、鋭太争奪を賭けた少女たちの壮絶な「修羅場」が展開していくことになる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

国立の医学部を目指している季堂鋭太を中心にフェイクで付き合うことになった夏川真涼、幼馴染の春咲千和、中二病の秋篠姫香、風紀委員の冬海愛衣がくり広げていく修羅場アニメです(o ̄∇ ̄o)


修羅場っていうよりもハーレム要素のほうが強かったなと思います。
鋭太のまわりの女の子4人がお互いに対抗意識よりも仲間意識だったので。


まず最初に登場するのが鋭太の幼馴染でとなりの家にすむ、春咲千和ちゃん。
鋭太の家でごはんを食べるくらい仲がいいです。毎日一緒に学校にいってるし(〃ω〃)


次に登場するのが帰国子女で校内一の美少女と言われる、夏川真涼。
鋭太のとなりの席になったことをきっかけに恋愛アンチの鋭太に近づいていきます(o´艸`)


その次が中二病で自称鋭太の前世の元カノと言っている、秋篠姫香ちゃん。
鋭太がバーニングファイティングファイターと知って興味を示してきます(o>ω<o)


最後が鬼の風紀委員として真涼ちゃんから始まった乙女の会を廃部にしようとする、冬海愛衣ちゃん。
実は千和ちゃんよりも前から鋭太と出会っていた幼馴染でしたが、鋭太はそれをおぼえてません(´ε`;)だけど鋭太をずっと一途におもっていますヾ(*´v`*)ノ
てゆうかかわいすぎ!!(*´д`*)




フェイクという前提がありながらも付き合うことになった真涼と鋭太ですが、みていてほんとにフェイクなのかな?って思うことが何回かみててありました。

恋愛の始め方って人それぞれだってよく聞きますが、それに当てはまるのがこのフェイクの付き合い方かもしれません。

真涼はフェイクでよかったのならどうして鋭太をえらんだのか、それは1話の告白のときに真涼本人から語られますが、自分と同じ恋愛アンチの人でひみつをばらさない人がいいって考えていたみたいです。

誰がいいかな~って考えたら学年一の秀才で恋愛アンチの鋭太がいた!そこかな?って。真涼が鋭太を意識した瞬間みたいな…w

鋭太は千和ちゃんから真涼の存在を聞いて、特に興味をしめしていなかったですが、気になりだすきっかけにはじゅうぶんだと思います。

もともと恋愛アンチの2人が自分に気になる人がいるだなんて気づいても否定しそうです。

だからフェイクっていう言い訳を持ちだしたんじゃないかなと考えました。
フェイクって言葉はたくさんでてきましたしね(`・∀・´)


ですがこれは個人的な考えなのであんまり深く考えないでください。



そして、修羅場の場面がほとんどなかったことについてです。

わたしはなくてよかったな~って思います。
タイトルに惹かれて修羅場が見たかった人にとってはだめだとわかりますが…w
ですがそれだけ安心してみれました^^

真涼は性格わるいですね。千和ちゃんにひどいこともたくさんします。

だけど千和ちゃんはその真涼の性格を受け入れてるんじゃないかなぁって思いました。

じゃなかったら乙女の会の部活にも来ないだろうし、ましてや真涼と話すわけがないんですよね。

たぶん千和ちゃんのそういった優しさに真涼はあこがれてたのかもしれません。

そのおかげですかね?最後しか修羅場らしい修羅場がなかったのはw


中二病ノートについてですw


鋭太はもと中二病でそのときに書いてたノート、日記みたいな感じですが。。

そのノートを真涼にとられてしまう展開はびっくりでしたね( ´艸`)

なんか強引だな~って思ったんですけど気にしないことにしました^^

で、中二病なぅ♪なのが姫ちゃんですよね。

あんなかわいい中二病になれるんだったらわたしも中二病になりたい!

でもわたしそんなこと言ってるけど中二病なぅだったりして…(゚д゚lll)
まぁいっか!なんでもいいですw


最後に!!

あいちゃん゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
いやー!かわいすぎる~

妄想してる自分がはずかしいなんて言ってるけど
いやいやいや!!
その妄想もかわいんだってば!!

もうあいちゃん大勝利ぃぃ!でいいよ!ほんと!
お外はしってくるの?あたしもついてくー!←


女の子たちみんなかわいかったです
嫌いな子いませんw
最初は真涼がにがてであーちゃん大勝利してくれないかなって思って最終回までみたんですけど、


もう1回みてみてください。
真涼に対する印象がだいぶかわります(;゚Д゚)!

それもいい方向にです^^



それもさっき言ったように、
真涼と鋭太がフェイクに気をとらわれすぎているって感じるからかもしれないです。

素直じゃない場面がおおすぎ!もっと表情とか言葉にだしなよ!って思う場面が多かったです。


この俺修羅ってキャラの心情がすくないんですよね。
だから余計フェイクに惑わされちゃったんだと思います。



そう思ってもう1回みてみると…真涼かわいー!とか思っちゃったりw
見方をかえてみるのも1つのたのしみかただなって思いました^^





だーけーど!!!
わたしの本命はあーちゃん!!(〃ω〃)w


あんな女の子になりたいなぁ。。
顔はもちろんかわいいよ!でも性格もかわいいとか…
完ぺきすぎる!

うーん。どうすればあんなにかわいい性格になれるのかな?
なんでわたしはあーちゃんのことかわいいって思ったんだろ…

はっ!!Σ(゚д゚lll)

妄想恋愛ポエムをかいてるあーちゃんかわいい!!

たしかにお外はしってくる~とかもかわいいけど、
そんなことわたし言えない!!


だったら…
わたしも妄想恋愛ポエムをかけばあーちゃんみたいに性格かわいくなれるかなっ?!
顔なんてこの際むしむし~!


てことでポエムの書き方とかしらないので、鋭太風に日記で恋愛のこと妄想してみます!(*`・ω・)ゞw
興味のない人はほんとにみないでください。


{netabare}
5月30日 
今日は学校にいってすぐにあの人がいたんだぁ
だからね、おはよーって言お!って☆
でもどうやって話しかけよっか。。
まよってまよってどうしよう…って思ってたら
あの人から声かけてくれたんだよ♪
あたしの人見知りな性格どうにかしたいなぁ。。
何回もあの人のこと見ちゃってたから変な人って思われなかったかなぁ??
おはよーだけでこれだとふつーに話せるようになるまで時間がかかりそう…
だけど!ぜったいぜったい仲よくなりたいもん!
がんばってみる!



6月25日
今日はね、あの人のメアドを聞いたんだぁ♪
さっそくメールしてみたよ~
でもねなかなか返信がかえってこなくて
なにか悪いことしちゃったかなぁ?やっぱりメアドもらってすぐメールするのは馴れ馴れしかったかなぁ?
とか思っちゃった
だけど…返ってきたからよかったぁ。


7月7日
同い年だったからまだよかったのかな?
だけどクラスがちがうってやだなぁ。。
休みじかんにいっつもあの人のクラスみに行っちゃうあたしがいやー
あの人が気づいてるかわかんないけどあたしただのストーカーじゃん!
さいしょのころは友だちも一緒に来てくれてたのに
さすがにもうきてくれなくなっちゃった(笑)
だからひとりでみてひとりでにやけてる
もうただのへんたいさんだぁ!
でもやっぱりかっこいんだよね~♡
なんていうか~!ずっとみてて気づいたんだけど~
ついついやっちゃってるクセがあるんだよ♪
みんな気づいてるかな?あたしだけかな?
あそうだったらうれしいかも!
あたしにもクセあるみたい~
友だちに言われてやっときづいた(笑)
はずかしいから人には言えないけど。。


9月28日
うーん
気のせいだよね?ただの自意識だよねー??
ろうかとかであの人とすれちがうと目があうの。
あたしはいっつもみてるからフシギではないんだけどね
がん見とちら見はとくいちゅーのとくいだもん♪
あの人もみてくれてるのかな?


10月17日
やばーい!
友だちが言ってたんだけど!
あの人があたしにすきな人いるの~?とか聞いてきたんだって!!
それってあたしのこと気になってくれてるのかなぁ??
それとも…ただ単に聞いてみただけなのかなぁ??
さいしょはうれしかったけど今は不安ばっかだーー。。
今日のごはんはハンバーグだった。



11月27日
うおーんうおーん!!(なき声)
いきおいで告っちゃった!!
ぜったいだめだー。。
ふられちゃうーー。。。
ひっくひっく ←new!!☆


12月1日
おっけーされちゃった!!
え、びつくり!!   おっとっと…びっくり!!
あたしなんかでいいの?
って聞いたら
お前いがいになんか考えられねぇよっ!
だって!!♪
やっほー♡


1月25日
今日はねー
みんなともそうなんだけどね…
あの人とたくさんお話したよー
放課後にねまたあったからまたお話しちゃった♪
あたしは帰宅部であの人は野球部だから(*∠_*) 
一緒にはかえれない。。
そのことを考えてたら
あの人がね
部活なんかしないでお前とかえりてぇ~
って言ってくれた!
冗談でもすごいうれしい♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
そのあとあたし顔あかくなっちゃってたと思う。。
やっぱり見られちゃったよね~。。
今度はみかえしてやるぞお!☆彡



2月10日
風がつよかったなぁ~今日は。。
冬だけど明日から暴風雨みたい。
でもね!そのおかげであの人の部活の練習試合がなくなったんだって~
だからうちで遊ぶことになったんだぁ♪
暴風雨たのしみ☆☆☆


3月4日
さむいな~とか思ったらゆきふってた!
あたしは季節の中だとやっぱりはるがすきかな~?
夏もきらいじゃないんだけどね。
友だちにはるかって子がいるんだけど…
いっつもはるってよんでる♪
……(笑)


4月1日
今日はエイプリルフール!!!
うちらの時代きたぁー↑↑↑↑うちら←だからね!
   
  ~クラスではいつも脇役の私たち。
   でもそんな私たちでも輝ける日が1日だけある。
   それがApril Fools' Day!!☆↑↑↑↑↑↑
   その日のためだけに生きてきた2人のあつい友情物語∞~

あっと!!あぶなかったぁ。。
日記なのにものがたりを書いていくのはだめだよね
別ののーとにかこおっと。。


5月13日
あっちぃあっちぃなぁ。。
あたしたち2人が♡  ごめんなさい。。
つきあってもう5か月かぁ…
はやいなぁ♪
そりゃあ育ててたお花がかれるはずだよね~
あたらしいの買いにいこっかな?☆彡

{/netabare}




……もう恋愛なんだかわけわからない日記かいてるうちにうすうす気づいてました。

わたしがこんなことやっても性格なんてかわいくなれっこない!!
ってことにー。・゚・(*ノД`*)・゚・。


てゆうかー!あーちゃんがあんなにかわいいのって恋愛ポエムもあると思うんですけど
それ以前にツンデレデレデレ子だからじゃないですかーっ!!



いいですいいです
わたしはくーるびゅーてぃーを目指してるんで!(。・ ω<)ゞてへぺろ♡




ここまでこんなおかしな感想文につきあっていただいてありがとうございます。
最後なんか恋愛とはまったくかんけーない感じになっちゃって…(つд⊂)



俺修羅は男の人向けですかね。
ハーレム系なので^^でも女の人でラブコメすきな人とかには
おすすめできます(*´▽`*)

2期あるかなぁ?
みたいです(´∀`*)

総合得点 76.9 感想・評価 2058 棚に入れた人 10229
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.7  作画 : 3.8  声優 : 3.7  音楽 : 3.9  キャラ : 3.9

あの,一番辛かった日々。毎日ふさぎ込んでいた日々。そんな僕の前に,四人の男の子が現れて,僕に手を差しのばしてくれたんだ。「強敵があらわれたんだ! きみの力がひつようなんだ!」そう彼らは訴え,僕の名を訊いた。「…なおえ,りき」「よし,いくぞ,りき!」一方的に手を掴んで,僕を引きずるように走り出す。「ね,きみたちは!?」転ばないように必死についていきながら,そう訊く。「おれたちか? 悪をせいばいする正義の味方。ひとよんで…リトルバスターズさ」歯をにやりと見せ,そう名乗った。ずっと,そうして彼らと生きていたら,僕はいつの間にか心の痛みも寂しさも忘れていた。ただただ楽しくて…いつまでもこんな時間が続けばいい。それだけを願うようになった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

最終話まで見ましたが、正直消化不良感が否めませんでした(;゚∀゚)
まぁそれもそのはず、このアニメの真骨頂はリフレイン(2期)の方にありました。
自分はかなり満足できたので1期がつまらないなーと思った人も是非2期の方を見てください!

でも、はるちんの話は結構好きだったなー。
親とか兄弟とか家族が絡んでくる話になると途端に涙腺が緩くなっちゃいますw

以下各話レビュー。

1話感想

始まる前からすごく話題になっていたからどんなものかとすごく気になっていたアニメです。

鈴はいいキャラしてますよねw
「おまえ斎藤っす」最高です。

2話感想
{netabare}
やっぱり鈴が可愛いんだよ。
もうこれに尽きる!
極度の人見知りてのがまたいい!
てか結局野球はしなかったねw{/netabare}

3話感想
{netabare}
完全に筋肉の回でしたねw
アホの中のアホですよこいつは。
でもおもしろいからいいや。
今回は「らいらいだに」さんが仲間になりましたね。
これは1話につき1人仲間になるって流れなのかな?
話がワンパターンにならないようにならないか心配だけど、まぁそれ以上におもしろいギャグがあるから大丈夫かw
来週も頼むぜ筋肉!{/netabare}

4話感想
{netabare}
ギャグがちょっと少なかったな~とか思ったりw
いや、そんなにギャグが見たかったら「ギャグ漫画日和」とかでも見とけって話なんですが・・・
てか、そもそもメインヒロインっぽい小毬ちゃんが僕はあまり好きくなかったり。
何か文句ばっか言ってますね、すみません。
これはもう感想じゃなくて愚痴ですね。{/netabare}

5話感想
{netabare}
4話感想でも書いたが俺は小毬ちゃんがあまり好きくないのです。
だから、正直この回はヒマで。
次回も続くっぽいから正直憂鬱で・・・
早く新メンバー加入しないかなw{/netabare}

6話感想
{netabare}
怖ぇ!?
小毬ちゃん病んでるよ!?
大丈夫かこれ!?

・・・大丈夫でしたw
てか、ほんと皆良い奴ばっかだな。

ところで鈴がメインの話はまだかい?{/netabare}

7話感想
{netabare}
今回は面白かった!
まぁただ単におれがシリアスよりもギャグ好きなだけだろうけどやっぱこのノリがリトバスだな。
でも今回は最初から最後までずっと笑わせてもらったよw

三枝はいいキャラしてるね。
ああいう明るい子は俺は好きです。
ところで三枝は風紀委員の人と容姿がそっくりでしたね。
実は双子とかだったりすんのかな?{/netabare}

8話感想
{netabare}
まさかあの風紀委員がルームメイトになるとは予想外だった
・・・
実はいい人なのかもしれませんね。
しかし、リトルバスターズのメンバーじゃない人になるとはほんとに意外だ・・・

ちなみに俺もクドが部屋にいたら余裕で押し倒せる自信がありますw{/netabare}

9話感想
{netabare}
俺が待ち望んでいた鈴がメインの話です(^_^)v
鈴はボケとツッコミの両立を見事にこなしていますよね。
「さささささ ささみ」の件でいきなり吹きましたw
あとは理樹とのメールだったり、ゼリーを配りまくったりと、ほんとにおもしろ可愛い子です。{/netabare}

10話感想
{netabare}
ついに最後の一人を仲間に・・・よりも来ヶ谷の可愛さの方が印象深い話でしたw
今回の主役は西園さんよりも来ヶ谷だったような気がしますね(;゚∀゚)
しかし、名推理・・・
某少年漫画の高校生探偵と張り合えるんじゃないか?w
{/netabare}

11話感想
{netabare}
初っ端から逃げ出そうとする鈴を見た瞬間この話は当たりだと思ったねw
ビビる鈴が可愛いです。
俺的にオバケを怖がってる来ヶ谷も見たかったんたけどね。
あの人には弱点ってのがないのかね(;゚∀゚)

あの武道派2人組はさすがだね。
幽霊の気配を察知した上に倒してしまうのだからw
結局あれはなんだったのやら・・・

あと京介とオオワシが抱き合ってる絵がシュールすぎて不覚にも笑ってしまったw{/netabare}

12話感想
{netabare}
西園さんは多重人格者なんじゃないですか?
リトバスだったらそれくらい普通にありそうだよねw

まぁそれよりも今回は最初の募金の件がおもしろかった。
一万円とかw
本当に払ってたら懐の広い人じゃなくて、ただのバカなんじゃないかと俺は思うねw{/netabare}

13話感想
{netabare}
西園さんの話長いね。
他のサブヒロインの方々の話は1話でスッパリと終わってるのにどうして西園さんの話だけこんなに長いんだい?(;゚∀゚)
メインヒロイン級の扱いじゃないかw

第二の西園さんが表れやがりましたよ。
消えていった方の西園さんも気になるけど、こっちの方が元気があって僕は好きですw{/netabare}

14話
{netabare}
無事西園さんは戻って来ました。
しかし、いまいち意味がわからない。
これは感動するべき回だったのか?
美鳥とは結局どういったものだったのだろう?
そのあたりの説明がちょっと微妙なんじゃないのかJ.Cさん(;゚∀゚)
まぁ俺の理解力が無いのが悪いのかもしれんがw

とりあえず長かった西園ルートもひと段落ついたからまぁいいか。
そろそろ笑いの成分をください。
てなわけで来週に期待(^_^)v
{/netabare}

15話感想
{netabare}
久々のギャグ回だー!
シリアス回が長かったから俺にとってこれは嬉しい。

あんな美少女軍団の中に混じってお泊り会とか理樹君羨ましいなー。
ところでチャンバラ大会の敗者は一体誰だったのだろう?

男子は男子で何気に楽しそうでしたねw
結局徹夜で遊んでただけじゃないかw
なんかすげー京介ルートに入ってしまいそうだったので焦りましたが(;゚∀゚){/netabare}

OPの映像が所々変わってました。
リトルバスターズが全員集合しているのがよかったです。
2クール目に入ったことだし、思い切ってOP自体を変えてしまうのもアリだったかもしれませんね。

OPの映像を見る限りではこの後は三枝ルート、クドルートと続くっぽいですね。
しかし、そうなると鈴ルートと来ヶ谷ルートは何処へ?
尺が足りないんじゃないか?(;゚∀゚)

・・・はっ!?
これはまさか2期への布石・・・!?

16話感想
{netabare}
三枝のこんな暗く沈んだ顔をみることになるとは。
OP前はすごく活き活きとしてたのにね。
犯罪者の子だからってその子までも犯罪者になるわけでもなし・・・

三枝と二木が双子ってのは何となく予想がついてました。
パッと見、そうとしか思えないもんねw{/netabare}

17話感想
{netabare}
リトルバスターズの力により思ったより早く三枝さんが復活しました。(まだ完全ではありませんが・・・)
泣き顔も結構可愛かったですw

それにしても理樹がすごく良いことを言ってるはずのに何故か心に響いてこないのはどうしてだろう・・・
俺は理樹というキャラがあまり好きではないのだろうか?(;゚∀゚)

多分次回で三枝ルートは終了ですね。
実際、犯罪者の娘ってのはどっちなのだろうか?{/netabare}

18話感想
{netabare}
ええ話よなー(T_T)
今までで一番良かったですね。
どのアニメでも父親という存在はやっぱり素晴らしいんだよ。
仲良し姉妹に戻れて本当によかったです(^_^)v
二木さんがいきなりめっちゃ可愛く見えてきましたw

いきなりOPから入ったり、EDの感じとかがなんか最終回みたいなノリでしたねw
でもこれで最終回ってのも良かったと思うよ。
本当に良い話だったし。

てかもう京介が主人公でいいんじゃないかな?(;゚∀゚)
力は結局のところはずっと京介にアドバイスもらってるし・・・
それ以前に京介の方が主人公っぽいし・・・{/netabare}

22話感想
{netabare}
クドは一人旅立って行きました。
これからどうなるのか・・・ってなことよりもすごく気になることがあるんだよ!

今回初登場したただのモブキャラに花澤さんがいたんだよ!
しかもご丁寧に「杉並」って名前までついてたよw
これって絶対オリジナル要素だよね?
こんな一言二言したセリフのないキャラに花澤さんを登場させるとは・・・
意表を突かれて後半は物語の内容があんまり頭に入ってこなかったよw {/netabare}

総合得点 75.6 感想・評価 1732 棚に入れた人 9944
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.2  作画 : 3.5  声優 : 3.7  音楽 : 3.4  キャラ : 3.7

血の繋がらない姉・乙女と二人暮らしをしている都築巧は、2人で潰れかけの洋菓子店(パティスリー)「ストレイキャッツ」を経営している。店長である乙女はお人好しで不器用なドジッ子なので、店は巧が幼なじみ・芹沢文乃の手を借りて何とか維持する日々。\nしかし、ある日乙女が大胆なものを拾ってきてしまう。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

にゃんにゃんカワイイ女の子がてんこ盛りなハーレム系ラブコメ。

この作品の一番の特徴は『各話監督制』を採用している点。
それ自体は特に問題ではないのですが、この作品においては裏目に出てしまった感じです。
原作はラブコメとして高評価のようですが、アニメに関しては各話がバラバラ。
各々好き勝手に作りすぎて、一つの作品として完全に繋がりに欠けてしまってました。

ただ、キャラアニメとして観るなら全然アリです。
主人子の姉が経営する洋菓子店・ストレイキャッツに集まる女の子は可愛い子ばかり。
ツンデレ文乃をはじめ、甘え猫・希やお嬢様・千世など、色々なタイプのキャラが揃っています。

もうひとつの見所は人気若手女性声優が揃うキャスト陣。
伊藤かな恵・竹達彩奈・井口裕香らメイン陣はもちろん、脇にも声優ファンには嬉しい顔が勢揃いです。

先述の理由のため、回によって当たり外れが激しいのが最大の難点。
ですが、そこは逆に前向きに。それぞれお気に入りの回を見つけましょう♪

それにしても……
OP曲『はっぴぃ にゅう にゃあ』の”にゃあ!”が耳からなかなか離れてくれな~~~ぃ(笑)。

総合得点 83.8 感想・評価 1908 棚に入れた人 9298
★★★★☆ 4.2   物語 : 4.4  作画 : 4.2  声優 : 4.1  音楽 : 4.0  キャラ : 4.3

春。瑞沢高校のかるた部5人は新入部員の獲得に励んでいた。しかし、入部届けを出しに来たのは太一目当てのかるた初心者の女子ばかり、中でも花野菫は太一に積極的な様子。千早はかるた強豪校になるためと言い放ち、自ら教育係をかってでる。(第一話)

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

現在放送中なのですがちょっと書きたくなったので・・・

2期が期待外れになる作品がある中で、この作品はその衰えを感じさせません。
観ている側がまるでギャラリーになったようで・・・
ほんと「手に汗握る」とはこのことですね。

全国高校選手権団体戦で戦う「ちはや」達の姿をみていると感動をおぼえてしまいます。
そこで一歌詠んでみたくなりました。

【歌】
対峙する 新たな敵を 憎まんで 仮名で梳くらむ 若人達はや 

【読みかた】
たいぢする あらたなてきを にくまんで かなですくらむ わかどたちはや

【語訳】
向かい合う 新たな対戦相手。
姑息な手を使われたとしても憎みあうことなどない。
決まり字が読まれた瞬時に札を舞うように梳いていく。
そんな若者達ではなかろうか・・・

【かけ言葉】
「たいぢ」  ・・・対立する者が向かい合う意味ですが、相手を打ち負かす、
          すなわち「退治」ともとれます。
「にくまんで」・・・「憎まないで」を言い換えた言葉ですが
          相手の姑息な手を「憎まん手」にもかけました。
「かなで」  ・・・1字決まりや2字決まりの「ひらがな」をさしてます。
          また「奏で」には「舞をまう」という意味もあるそうです。
「すくらむ」 ・・・「梳く」は間引いて量を少なくするという意味で、
          代表的な用語には『髪の毛を梳く』というのがありますね。
          また「スクラム」ともかけることで団体戦を表せます。
「わかど」  ・・・普通は「わこうど」と読みますが、
          こう読ませることで「和歌人」にもなりますよね。


ちょっと無理っぽい感じがするかもしれません。
実は・・・本当の目的はメインキャラの「ちはや」・「たいち」・「あらた」と
「かなで」・「肉まん」・「つくえ」の名前を歌に詠み込むことだったんです。

えっ!「つくえ」くん無いって・・・
「かなデスクらむ」・・・ほらデスク=机
ちゃんと入ってるんです。

総合得点 74.0 感想・評価 1658 棚に入れた人 8676
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.7  作画 : 4.0  声優 : 3.7  音楽 : 3.7  キャラ : 3.6

ある夏の日──突然、東京を襲った大規模な爆弾テロ。平穏なこの国を眠りから覚ました事件の犯人は、たったふたりの少年だった──。〝スピンクス〟と名乗る犯人たちの、日本中を巻き込んだ壮大なゲームがいま、始まる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

こんなに自分の奥底から震えがきたのは本当に久しぶりです。

こういうのを、人生を変える作品っていうんじゃないかと思いました。
少なくとも、私の人生はほんの少し変わりました。

レビューを書くのもおこがましいくらいに思う作品でした。

でもあえて書くなら、今までに見た作品で最も「人間」を描いた作品だったと思います。
新たな境地に出会った気分でした。

この作品、見ている時もそうですが、後からも心に来ます。深いアニメだと思います。

作品を混同している上に変な感想かも知れませんが、邪道だなあと感じました。
変な例えになってしまいますが、亜城木夢叶(バクマン。)がかきそうな作品だと思いました

総合得点 76.5 感想・評価 1755 棚に入れた人 8306
★★★☆☆ 3.9   物語 : 3.6  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.8  キャラ : 4.1

高校入学を機に木組みの家と石畳の街に引っ越してきたココア。下宿先を探して道に迷う途中、ラビットハウスという名の喫茶店を発見する。その名前からうさぎだらけの喫茶店に違いないと思い店に入ると、そこにはチノという店員の少女と、ティッピーといううさぎがいた。そこで休憩がてら下宿先の場所を尋ねると、なんとこの店こそが探していた自分の下宿先であった。そしてココアは、お世話になる家に奉仕をするという高校の方針により、ラビットハウスの店員として、そしてチノの“自称”姉として働くことになるのであった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

ARIAはテンポが遅すぎる。
それにギャグの時の顔のデフォルメ表現のセンスが古臭い。
変に頭身が高くてリアリティが無い。現実の日本女性はみんなあんなモデル体系じゃない。
癒し系といってもあそこまでトロすぎて臭いセリフばかりでは逆にストレスがたまってしまう。なにがあらあらうふふだ。
こころがイライラしてしまう。こころをぴょんぴょんさせてくれないと。

やはりごちうさこそが至高の癒しアニメ。
ギャグはどれも一定の水準だし、動きもダイナミックだし、テンポが良くて見ていて気持ちがいい。ストーリー上必要とあらば、天からあんこも降らせる、それでいいんだよ。
アニメは見る人を楽しませることが目的なんだから。
舞台装置も日本なんだかオランダ村なんだか映画のセットなんだかよくわからないヨーロピアンな街だが、いいんだよこれで。

ちなみに私は青山さんが一番好きなのだが、このアニメにおいては異端だろう。でもそういう人もハマれる懐の深さがこの作品の良いところだと思う。

総合得点 86.4 感想・評価 1716 棚に入れた人 8230
★★★★☆ 4.0   物語 : 4.0  作画 : 3.8  声優 : 4.0  音楽 : 4.1  キャラ : 3.9

コズミック・イラ(C.E.)70年に「血のバレンタイン」の悲劇によって引き起こされた、ナチュラルを代表する地球連合軍(O.M.N.I.Enforcer)とコーディネイターを代表するザフト軍(Z.A.F.T.)の緊張は頂点に達しやがてコーディネイターのみからなるスペースコロニー国家「プラント」は、ナチュラルの国家群からなる国際機関「地球連合」に対し独立を宣言し、戦争が始まる。\n中立国オーブのコロニーヘリオポリスで平和な学生生活を過ごす学生だったキラ・ヤマトは、ザフト軍の襲撃に際し秘密裏に製造されていたモビルスーツストライクガンダムに乗り込み、撃退する。軍の最重要機密に触れたという理由で拘束されるが、その優秀なパイロット能力などから、人員不足のアークエンジェルにおける主戦力として、ストライクのパイロットを務めることになり、激烈な戦火の中に身を投じていくこととなる…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

批判もかなり多い作品ですが、キャラの魅力さ、MSの格好良さ、シナリオ、戦闘シーン、恋愛要素、音楽どれをとっても私はガンダムシリーズの中で一番良かった作品だと思います。
実際アニメ―ジュなどのランキングでもいろいろな部門で1位や上位ランクを獲得しています。
とくにSEED覚醒は見ていて楽しい演出です。
しかし、これほど賛否両論になるのも珍しい。
好きな人は絶賛してるし、嫌いな人はとことん批判してますから・・・。

総合得点 75.0 感想・評価 1295 棚に入れた人 7353
★★★★☆ 4.0   物語 : 3.9  作画 : 4.1  声優 : 4.1  音楽 : 4.1  キャラ : 4.1

2011年に放送され大きな話題を呼んだテレビアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(通称「あの花」)が映画化され、2013年夏に公開されることが決まった。
詳細はまだ明らかではないが、「めんまの視点で紡がれる、あの夏の物語」になるという。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

本編 約100分

一言で言えば、「あの花」ファンなら損はしない!

TV版のラスト、めんまとお別れした夏の、1年後のお話。
そこで、また皆が集まり、それぞれが、めんまに手紙を書く・・・と云うもので、途中、めんまがいた1年前を振り返っていく構成になってます。
(TVの番宣予告で、手紙書く事言ってたので、ネタバレにはならないよね・・・)^^;

なので、当然、TV版を観てからじゃないと感動は薄いです。


1年前、TV版「あの花」を観終えた後に、劇場版が製作されることが分かった時は、映画はどうなるんだろう?って思いました。
総集編になるのか?
エウレカセブンの様に、違った設定の話に変わってしまうのか?
だとしたら、余計な事しないで欲しいな~っとか思ったりしてました。

んで、今回、DVD発売が待てずに劇場まで足を運びました。^^
内容は、上記で書いたように、1年後、めんまがいた頃を振り返る・・・って云う話なので、変に作品を壊しているわけでもなくて安心できたけど、半分以上総集編なので、何か物足りなさも感じました。

感想
{netabare}
総集編なので、勿論、泣ける所は幾つかありました。
特に、めんまがじんたんに書いた手紙に、
「じんたん だいすきです。
 じんたんへのだいすきは、
 じんたんのおよめさんに
 なりたいなっていう
 そういうだいすきです。」
これを読んだら もう溜まりませんでした。゜(゜´Д`゜)゜

そして最後、めんまが消える時も・・・
分かっていても、涙を堪えきれませんでした。(;ω;`)ブワッ
それに、あの場面であのEDのサビは卑怯レベルですw ><

結局、1年経ってても、あなるとつるこは、じんたん、ゆきあつに、それぞれ告白できてなかった訳だが・・・
めんまが生まれ変わりをして、また、超平和バスターズがめんまを見つける事を信じてる時点で二人の恋は実る可能性は低いのかも・・・
(分からないけどねw^^;)

{/netabare}

人によって、感動できるできない、泣ける泣けないは違うので、どなたにもベタ褒めでオススメできないですが、
TV版観てこういうのが好きな人には 観る価値大です。
そうでない人も、あれこれ考えず素直な気持ちで観て頂きたいです。


劇場版ED:「サークルゲーム」歌 - Galileo Galilei
良い曲でした~ (*´∀`)

「あの花」TV版は、DVD購入しましたが・・・
劇場版は、BD購入します! (>Д<)ゝ”


余談で・・・
じんたんって、左利きだったんですね!
TV版では気がつかなかったんですが・・・
劇場版で分かるシーンがあるので、宜しければ頭の隅に記憶しておいて、探して見て下さいw 
(=´ω`)ノ

<< 前へ 123456789
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。