2016年度の着ぐるみおすすめアニメランキング 1

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの2016年度の着ぐるみ成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年10月14日の時点で一番の2016年度の着ぐるみおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

63.0 1 2016年度の着ぐるみアニメランキング1位
ポッピンQ(アニメ映画)

2016年12月23日
★★★★☆ 3.6 (59)
505人が棚に入れました
通過点でしか無いと思っていた卒業式を目前に控え、中学3年製の伊純は前に進めずにいた。
そんな時、海で、美しく輝く"時のカケラ"を拾った伊純は、不思議な世界"時の谷"へと迷い込む。
そこで、同い年の、蒼、小夏、あさひ、"時の谷"に住み、"世界の時間"運営を司るポッピン族と出会う。
"時の谷"と"世界の時間"が今まさに崩壊の危機に瀕していた。
危機を脱するには、伊純たちの持つ"時のカケラ"を集め、心技体を一致させたダンスを踊るしかないという。
迫り来る危機と、ポッピン族の厳しいダンス指導に戸惑う伊純たち。
そんな中、ダンス経験者の沙紀が現れるが…。
"時のカケラ"に導かれた5人はダンスで世界を救えるのか?
そして、無事に卒業できるのか?

声優・キャラクター
瀬戸麻沙美、井澤詩織、種﨑敦美、小澤亜李、黒沢ともよ、田上真里奈、石原夏織、本渡楓、M・A・O、新井里美、石塚運昇、山崎エリイ、田所あずさ、戸田めぐみ
ネタバレ

オリヴィエ

★★★★☆ 3.6

超剛速球!なお大暴投

見終わった後、やべえ狂気に満ちてる。
現代劇だと思ったらまさかの異世界召喚もの!

対象はティーンエージャーなのか?タイトルから内容想像できないし媚びてるキャラ絵はどうみても失敗してる気がする。
いやまぁあおいとかさきとか可愛いんですけどね。

少女の成長物語としてみるとまぁ割とよくできてる気はするけど、ダンスで世界を救うのは謎過ぎる・・・。
制作側がノリで思いついて深夜テンションでおかしくなったのかな?って感じで見ている側置き去り感は否めません。
しかも最後普通にバトルしてるし、そこはダンスじゃないのかよ!って思いました。
{netabare}人を信じられないまま成長した大人さきがラスボスは、物語としてはありというかむしろ必然なのでいいんですけどね。{/netabare}

エンドロール後にまさかの衝撃展開!
{netabare}異世界で出会った仲間が高校で再会し、現代でバトル!みたいなこっちの方がよかったんじゃないか的な予告でびっくり。{/netabare}
正直あれな作品だけど続編がみたくなるというなんとも不思議な作品でしたね。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 14

ハウトゥーバトル

★★★★★ 4.5

私はこういうの好きよ

視聴理由 友人にすすめられて

視聴前 絵は綺麗そうだな

視聴後 ...すごい...なんで劇場に私と友人しかいないの...

この話はネット界隈で「爆死した」といわれている数少ない作品
内容的にはダンス・異世界・部活・卒業・ゆるキャラ・シリアス...
へ?っと思うかもしれない。うん。私もみて思ったよ
監督はプリキュアの短編アニメの脚本をした人で今回初の監督

まず「爆死」と言われている理由。
全国120か所で上映されたのにも関わらず、なんと上映開始からトップ10に入れず!なおかつそのほとんどの劇場が上映を中止!さらには予定してたと思われる続編の政策中止。そしてCMや音楽はまさかの大失敗!売れると思ったらとんだ赤字!

はぁ...そりゃ「爆死」よばわりだわw
音楽は悪くなかった。どうせならよかった。じゃぁ何故大失敗と表記したのか。それは「この音楽がはやればこの映画も大ヒットだ!」という営業臭が私にもわかるくらい。

ここで根本にもどろう
なぜここまで人気がでなかったのか
1.いろいろ混ぜたせいで何が言いたかったかわからない
2.対象にしている人たちがわからない
3.ご都合主義
4.キャラの背景が薄すぎる
5.内容が薄い
いやぁ...こう書いてるとトンデモナクひどい作品っぽくなるねw

まず1つ1つ説明しよう
最初にもいったが「いろいろなジャンルが混ざっている」だから何が主題なのかわからない。それにより「対象がわからない」アイドル好きか、異世界好きか、美少女高校生やマスコット(ぬいぐるみ)好き...
結局来たのは大きなお友達や友人に勧められてきた人・ガチのオタクしか来ない状況に...さらには色々なジャンルが入ってるせいでそれをつなぎ合わせるのに、色々な場面が「ご都合主義」に...さらにはそのご都合主義によりキャラの衝突や和解が少なくなる。そうするとキャラの設定があまり必要としなくなる→「キャラの背景が薄すぎる」そしてキャラの展開がすくないから自然と内容が薄くなる。「で、結局何が言いたかったんだっけ?」みたいな感想が出る。

ここまで散々酷評をしました
が!良いところもたくさんあります

だけどこの作品は具体的な良さは伝えられない
強いていうなら
この作品は内容が薄いといいましたが、「無い」とは言ってません
主人公は過去の記憶を引きずりながら目の前の壁に立ち向かっていました。ほかの人物も自分の現状を変えたいと思っていた。
私の好きなシリアス展開が少しだけあり、伏線もかなり多かった
そして回収してない伏線も多数。そして最後には続編につながるような終わり方!?じゃあ続編が!はい。売れませんでした

ほかにも作画は素晴らしかった。現実世界の背景とかすごかった。ここは本当に評価されるべきよ。キャラも可愛く、好感が持てる。だからもっとキャラ設定を...
音楽もよく私は好きよ。ただ営業臭がわかりやすかったかな

もっと時間があればよかったのにね。TV放送にして細かく描いたほうが面白くなかっただろうねぇ

まとめ

この作品は言い表すことができない。客観てきにみればただの駄作だが、実際はものすごく面白い。あと作画パナイ
是非視聴を

投稿 : 2019/10/12
♥ : 12
ネタバレ

ぽ~か~ふぇいす

★★★★★ 4.1

興行的には散々みたいだけど思いのほか悪くなかった

新春!開運!ポッピンの集いに行ってきました
2017年初アニメ映画
2017年初声優イベントになりました

黒星紅白原案のキャラをプリキュアチームが動かすと聞いたら
これは見ないわけにはいかないな
という気ではいたのですが
封切り初日舞台挨拶が金曜日だったため見に行けず
今回のイベント付き上映に行く運びとなりました

しかしなんだかずいぶんと興行が芳しくないようで・・・
でも駄作だとかつまらないという話が聞こえてくるわけではない様子
そもそも誰も見に行ってないから口コミが少なく
見た人の感想も絶賛も酷評もしていない感じですね

ストーリー全体としてはそんなに悪くなかったと思うのですが
全体的に詰め込み過ぎて展開が急すぎたり
いろいろ説明が足りなかったり
まるで見たことのない作品の総集編映画を見に来たかのような
はっきり言うと雑な印象を受けました

いろいろな要素をぎゅっと詰め込んで
ジェットコースターのように勢いだけで押し切るのも
映像制作においては一つの手法ではあるのですが
メインテーマが思春期の心理的葛藤なので
急ぎ足の展開とは素材の相性が悪かったように思います

主人公の伊澄だけはある程度尺を取って描写されてたわけですが
他のメンバーに関しては大した描写もなく
いつの間にか問題が解決していたような印象
TVシリーズか何かでもっと丁寧に時間をかけてやった方が
もっと面白くなったように思います

ED後のアニメーションに関しては
まさに予告編といったような感じで
全編通して一番ワクワクする映像でした
続編があるならぜひ見たいと思わされた反面
そこが一番魅力的っていうのは
一本の映画としてどうなんだ?という気もします

映像面は十分に満足のいくものだったと思います
キノの頃からの黒星紅白ファンとしては
郵便屋さんや秘密結社のアニメより
ずっと黒星紅白の魅力を引き出せていたと思いますし
ダンスシーンもなかなかよくできていました
もともとその方面には定評のあるプリキュアチームですから
そこがダメならどこを見るんだ?って感じではありますが

音楽もなかなか悪くなかったです
先週までSHOWBYROCKとコラボしてて
アプリ内でED以外の3つのヴォーカル曲が叩けました
その時は特に思い入れもなかったのですが
映画を見て楽曲に親しみを覚えたときには
もうコラボが終わってて叩けない悲しみ・・・

声優は若手の有望株を中心に
かなりいいチョイスだったと思います
ポコン役の田上真里奈だけは聞いたことがありませんでしたが
チェンクロのイメージソング歌ってたTrefleの一人だったようです
割と聞きやすい少年役だったので
今後要注目かもしれません

さて、この映画はいったいどこに問題があったのでしょうか?
ファミリー向けをベースにして
そこに大友向けの要素をいろいろぶち込んだ結果
どちらの層に対しても訴求力が足りなくなってしまった印象
そしてどんな層に対して発信しているのか
いまいちわかりにくいタイトルやCM等
マーケティング面での失敗が大きいように思います

ハリウッド映画などでは予告編の試写会のようなものを設けて
何通りかの予告編を作ってどういう層にどういう広告が受けるのか
実際にテストして流す広告を決めるそうです
予告編だけでなく本編も試写会の評価を見て
ラストを作り直すことさえあると聞きます

それに対して日本の試写会はただの先行上映会です
様々なメディアが双方向化し
発信者と受信者の境界があいまいになっている現代社会において
旧態依然としたプロデューサーの直感に頼った広告戦略というのは
もはや限界に達しているということに気が付くのはいつなんでしょうか?
作品自体のクオリティはそこまで低くないのに
興行がまったく振るわないのは
作り手ではなく売り手に責任があるように思います

映画館がガラガラみたいな情報ばかりはいってきますが
決して駄作ではないと思いますので
ぜひ劇場に足を運んでいただければと思います
ED後が本編なんて言われている程に
可能性を感じる予告編だったので
あれが企画倒れになるのだけは阻止したいところです

おまけ(終演後トークイベントでの監督質疑応答)
{netabare}

Q:ポッピン族は楽器とかを使わないの?
  ダンスシーンでかかってる音楽とかはどうなってるの?

A:楽器はちゃんとあって設定とかもあったんですけど・・・
  襲撃されて移動中だから持ってこれなかったんですよ

(プロデューサーから補足があって、時間と予算の関係で入れられなかったそうですw)

Q:ポッピン族には年齢とかあるのですか?

A:年齢のようなものはありますが
  見た目の変化とかはありません

Q:でも長老とかは・・・

A:あれは衣装です
  そういう服に入ってるだけです

Q:レミィには同位体はいないの?

A:もちろんいます

Q:それは作中に出てきていますか?

A:それはまだお答えできません

Q:ED後映像の金髪少女はだれ?新キャラ?

(濁そうとしたところをキャストから質問攻めにあった結果白状)

A:はい・・・レミィです

Q:ED後映像の舞台は原宿ですよね?ロケハンとかいったんですか?
  行列のできる人気店っぽいものが映ってましたが並んだんですか?

A:はい、原宿です
  原宿らしいおしゃれな感じを出そうとして
  某有名店に行きついてたんですが
  自分は行列を遠巻きに眺めるしかできませんでした
  結局、開店前に女性スタッフに撮影してきてもらいました

こういうのをいろいろ聞けるのがトークイベント付き上映の醍醐味ですw{/netabare}

投稿 : 2019/10/12
♥ : 25
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ