昭和元禄落語心中 助六再び篇(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「昭和元禄落語心中 助六再び篇」

よみがな:しょうわらくごしんじゅうすけろくふたたびへん

放送中:2017年冬アニメ(2017年1月~放送中)

★★★★☆ 3.9
物語:3.9 作画:3.7 声優:4.2 音楽:3.7 キャラ:3.8
総合得点 65.2
感想・評価 132
棚に入れた人 734
ランキング 1524
八代目八雲に弟子入りして早十年、ひよっこだった与太郎もいよいよ真打に昇進。襲名するのは、八雲の兄弟子であり小夏の父親でもある「助六」の名だった。順風満帆のようにも見えるが、そうもいっていられない。落語はいまや時代に取り残されつつある。父親がいないまま母親となった小夏のことも心配だ。三代目助六となった与太郎は自らがたぐり寄せた縁をしょって立つことができるのか……?(TVアニメ動画『昭和元禄落語心中 助六再び篇』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 132

2017.03.28 14:16 37111の評価 | 観終わった| 35が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: 昭和元禄落語心中 助六再び篇(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 5.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

確かに声優がすごいのかなって思うけど

1話視聴後感想と今後の期待度
一言コメント:期待の2期目。裏切ってくれるなよ。。。原作未読
期待度:★★★★★


ちゃんと声優が落後していることがスゲーなって思うけど、声優の演じる落語がどの程度すごいのか評価できない。それは落語家のやる落語がどれだけすごいのかわからないから。
なのでそういった部分を排除した評価をしたいが、話もしっかりしていて1期からの裏切りが無くてよかったと胸をなでおろしている。

結局落語と心中で聞かなかったんだなぁって思ったけど結果として心中してたんだなとも。

 サンキュー(11)
ネタバレ
2017.03.28 11:27 カンタダの評価 | 観終わった| 17が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 昭和元禄落語心中 助六再び篇(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 3.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 2.0

最後の最後で

まさか信之助の父親が八代目八雲だとは、想像だにしない展開だった。これは、よくない。

なるほど、確かに作品中では誰の子かは、明確にされてはいない。が、それまでほぼ大親分でほぼ固まっていた所に、わざわざ八雲の話を持ち出してくることと、小夏の「恋心」を告白されたのでは、そう受け取らざるをえないからだ。

さらに加えるなら、青年に成長したの信之助の姿である。顔立ちも話し方も八雲を強く連想させる。これだけ材料が揃えばもう十分だ。

それにしてもいくら八雲が二代目助六が述べたように「情にほだされやすい」のが八雲の業であるとはいえ、さらに、小夏が「助六と八雲の血を絶やしなくない」と言っても、二人は養父と養女の関係である。それに手を出すのは畜生の業である。

一夜の過ちであれば、まだ許せなくもないが、小夏が身ごもるまで情事を重ねたのかと思うと、いくらなんでもあんまりであろう。八雲の業の深さは尋常ではない。彼自身、己の業の深さは自覚していたはずであって、そうであれば、踏みとどまるべきだった。これでよく落語と心中しようと思ったものである。

人生のなかで伴侶にも言えない秘密の一つや二つは、決して好ましいとは言えないが、ある。しかし、与太郎の秘密は小夏を想って隠しているのであって、小夏のように不公平な秘密ではない。彼女の秘密のために与太郎は大親分との諍いを演じ、あわや彼の怒りを買い、まさに「ただではすまない」ところであった。

それにもかかわらず、頑なに彼女は秘密を隠し通し、それで恬として恥じず、なんの負い目も持たないのは如何なものか。これまた畜生の所業である。

八雲にしても、自分の子を弟子に育てさせてさせ、それを隠し通して、なんの良心の呵責もなかったのだろうか。ここでも八雲は罪を重ねている。小夏と八雲は共犯者と言われても仕方がなかろう。

正直ここに来て失望してしまった。最後の最後で台無しにしてくれた。知らぬは亭主ばかりなり。愛する妻である小夏と、敬愛する師匠に裏切られた与太郎は道化である。

 サンキュー(2)
ネタバレ
2017.03.28 07:44 あぁ流川の評価 | 今観てる| 31が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 昭和元禄落語心中 助六再び篇(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

声優さんの猛稽古が伝わってくる作品

1期、落語を噺す声優さんに関心させられっぱなしでした。
先代助六役の声優
山寺宏一さんの落語が抜群だったよ。
最後の大ネタ芝浜はよかったな、実はこれ見て知ったネタ、笑って泣いたなあ。

1話視聴
まずは1期のおさらい、
新しい登場人物、創作落語の作家、この人がキーマンの感じ。

これは今季1番楽しみにしてました♪

テレ朝の声優ランキングという番組で次代助六役、関智一さんが落語家の師匠に弟子入りしてると知った。
このアニメの為にだよね。

2話
錦のふんどしは聞いた事ある、客はつまらなそうにしてたけどシナリオだからね、噺しは笑えたw
3話
落語よりシナリオにひかれた回、小夏の子供の父問題が回収、おぉ驚愕の新事実!
隠し子の父に啖呵を切る噺しが今回の聞かせどころだね。よかったよ。

まさか最終話に事実がひっくり返るとは…菊さんなの?

4話
小夏さん役の声優さんが落語初披露、いい噺し声だったなあ…
寿限無のオチは昔長い名前を呼んでるうちに溺れ死ぬ噺しだったの?こわっ!
最終話まで
10話からの急展開、生きてるんだか死んでんのか混乱しながら見てたよ。
12話、元号はもう平成、スカイツリーが建ってるw
続編はないわなあ、もう昭和じゃねえし…

やっぱり今季最高の名作!楽しかった!

 サンキュー(5)
2017.03.28 02:16 buonの評価 | 観終わった| 20が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: 昭和元禄落語心中 助六再び篇(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 5.0  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

なくなってもついつい気になるだろう、心中お察しします

与太郎の愚直さと前向きさは周りを元気にするなぁ

人と人との繋がりってのは温かい血のつながりのようで
一方では呪いの様なもの

自分一人で生きるだけでどえらい大変なものなのに
二人の亡骸を背負うことになり
一人の命を預かってしまい
一人ののら犬を拾ってしまった

人なのか畜生なのか分からなくなりそうです
命の重みには大小がないなどと
聖人君子のごとくきれいごとは言えませぬが

背負う側が気負ってしまうことがございます

時代が移り変わる中で
一芸を一身にしょい込んで生きてきた八雲
彼は何人もの命を望まずとも背負い
気まぐれで拾い上げてしまいました

時は流れ
のら犬は立派な真打となり
その彼もまたたくさんの命をしょい込むことになる

八雲が預かった命は親愛なる友人と愛した女性との娘
その娘が大きくなりいい年ごろになったとき
どこぞ馬の骨とも分からぬ輩との間に子供をつくった
結婚もせずに一人で育てるとのたまう
のら犬の与太郎はその娘にこう言った

「おいら、その子の父親になれねぇか」
「正直先は何も見えねぇ、けど今この足りねぇ頭で考えられる最善の策だ」
「そっからだって案外、夫婦なんてぇのはなってみりゃなれるもんじゃねぇの」

のら犬はすっかり立派な父親になりました

話は以上です
落ちも何もないですが、それは本編でお楽しみください





落語心中も二期となり、
中心となる噺家も愛憎の渦も変わってゆきます。

正直、{netabare}与太郎の『居残り』は想像していたものを上回ることは叶いませんでした。
欲深き観客です。
最後の死神{/netabare}は良かった。

人は誰しもが業を背負う。
そんなやつでも前向きにも後ろ向きにも一生懸命生きている。

ちょいといき苦しくはなります。
嬉しく涙することもございます。

そんな落語の様なおはなしでした。

 サンキュー(10)
2017.03.28 00:56 nininの評価 | 観終わった| 26が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: 昭和元禄落語心中 助六再び篇(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

余韻を楽しむ作品

原作未読 全12話

昭和元禄落語心中の2期です。1期から観ることをオススメします。

1期は第2次世界大戦前後の2人の落語家のお話が中心で、今回の舞台は昭和の後半、1期でも出てきた与太郎たちと師匠の八代目有楽亭八雲のお話となっています。

1期で凄く盛り上がって終わったのでどんな展開になるのか楽しみにしていましたが、ドキっとするシーンや心に響くシーンも数多くあって私の想像を上回るお話でしたね。

落語のシーンも健在で、あらためて声優さんの凄さが分かりました。

終盤はまさかの展開でしたね。{netabare}(まさかの死後の世界でしたねw 八雲・助六・みよ吉、3人が揃うとこの作品らしく感じます){/netabare}

観終わって私の勝手なイメージですが、1期は序・破・急と進んでいって終わりましたが、この2期は観終わった後に余韻を楽しむ作品だと思ってタイトルにしました。

最後はきちんと終わっていますので、1期を観て好きになったら是非観てくださいね。

OPは1期と同様に作詞作曲は椎名林檎さん、林原めぐみさんが歌っています。切なくなる曲でした。

最後に、この作品と同時期に某N◯K番組で「超入門!落語 THE MOVIE」というのが放送されましたが、こちらは落語を実写化して実際に寄席で落語をしている落語家さんたちの声で演じていましたね。この作品でも取り上げられた落語のお話もあって落語初心者の私には面白かったです。4月からE○レでも放送があるみたいなので興味がある方は観てくださいね〜

 サンキュー(10)

昭和元禄落語心中 助六再び篇のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
昭和元禄落語心中 助六再び篇のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。