アイドル事変(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「アイドル事変」

よみがな:あいどるじへん

放送時期:2017年冬アニメ(2017年1月~2017年3月)

★★★☆☆ 2.9
物語:2.6 作画:3.0 声優:3.1 音楽:3.1 キャラ:3.0
総合得点 51.7
感想・評価 107
棚に入れた人 452
ランキング 5157
MAGES.原作の二次元アイドルプロジェクト。アイドル議員たちが、みんなを笑顔にするため、歌とダンスでニッポンを変えていく物語。各県代表の個性的なアイドル議員が登場!

舞台は現代の日本によく似た、パラレルワールド的な[ニッポン]。一世を風靡したアイドル議員旋風から十数年、新潟出身の元気っ子・星菜夏月がヒロイン党から新人アイドル議員としてデビュー!

環境汚染、ごみ問題、待機児童、汚職事件…山積みの問題に取り組む夏月たちアイドル議員の前に、政権与党・楼凱党が立ちはだかる。楼凱党からの度重なる妨害工作にもめげずに、活動を続けるアイドル議員たちが、やがてこの国に奇跡を起こす――。(TVアニメ動画『アイドル事変』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 107

ネタバレ
2018.03.19 19:29 ダレイオスの評価 | 観終わった| 61が閲覧 ★★★☆☆ 3.3 評価対象: アイドル事変(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

無茶苦茶な設定で馬鹿アニメだとは思いますが意外に楽しめました。

ジャンルは政治ものになるのかな?
ただし、それだけならお堅いアニメになるけど
この日本の世界ではアイドルの政党が存在し女の子のアイドルを当選させて
政治活動をさせる政党がある設定
しかも1話の段階で、路上でスカウトした主人公の女の子をアイドルにして
国会議員として当選させているので、世界観的には
アイドルの政党は世間では受け入れられていて、それなりに党の力があると思われる開始かな
アイドルは未成年に見えたのでそのあたりを考えると現代の日本とは選挙制度も違いますね。
やってることも本当に、歌ってライブしながら選挙活動していて
アイドル活動そのもので国民の支持を得ているという
無茶苦茶ぶりですね。
選挙活動とは本来は国民のためにやっているはずなのだけど
それを否定しているアニメなのでここまで無茶な展開を見せられると
毎度お馴染みアニメだからしょうがないと流すか、馬鹿らしくてつまらないの
どっちかでしょうね。
まじめに見てはいけない。ツッコミを入れるとキリがない。

実際に政治家になるとゴミ問題とかが出てくるのだけど
廃棄物を塗装してライブして解決と内容が無茶ぶりなので
チョット付いていけないかな
アイドルだからライブするのはわかるのだけど
話に付いていけないよね。
味方になってくれる他の議員を増やすためにバンジージャンプとかで説得したり
無理な展開も多い。
アイドル議員は沢山いるからなのか、いつの間にかキャラも大量に増えているし
キャラの把握も難しいな

ただ、3話まで見ると色んな問題は歌って踊ってライブして解決とわかるので
馬鹿アニメのノリでしたね。
天然でこうなっているのではなくて意図的に狙ってやっているのはわかるので
所詮は馬鹿アニメの一種なんでしょうね。
最初は付いていけなかったけど、慣れてくるとこの馬鹿アニメのノリは
そこそこは楽しめましたね。ギャグアニメとして見れば楽しめるんじゃないかな
うーん、それに議員だけどやっていることはアイドルそのものなんですよね。
プールで運動会的なイベントとかは馬鹿ぽさがアイドルぽくて良かったのではないでしょうか
一日署長とかもやったり、アイドルである設定はいかしているので
アイドルが議員をやっているアニメとして見るなら頑張っている方かな
慣れてくると、そう思ってしまいます。

保育園の問題とかはわりとまじめなテーマを上手く解決させて
社会風刺も入れながら
アイドルでない普通の議員を言いくるめることも出来ていたので
内容もないわけではなかったです。
馬鹿アニメだけど勢いだけ突っ走るだけでなく
妙に真面目な部分もあって個人的には見やすかったな
普通の議員はテンプレートな堅物議員だけど言っていることはまともなので説得力はあったし
アイドル議員はアイドルらしいやり方で上手くやってたし
独自のビジョンは持っていたのでお互いの対比は面白かったです。

キャラも沢山いるけどアイドル党の2人を中心にして
色々な問題を解決する過程でお互いが分かち合える展開にしているので
この2人の仲良くなる過程も上手く描けていたしこの2人は良かった。
ただ、他のアイドルは意見を出してキャラの気持ちも伝わってきやすかったけど
やっぱり多すぎて処理しきれてなかった部分もありで
アイドル党の2人以外はあまり印象に残らず
そこまで魅力的なキャラはいなかったな

そして終盤は今まで歌ってライブしていただけじゃないかという現実に
突っ込みを入れる展開をやったりして今までやっていた展開をいかすストーリー構成なので
わかりやすくて見やすかったし、終盤は本腰を入れて敵の政党が動き出す所とかは
続きは気になるな・・・的な面白さはありました。
満を持して動く展開は盛り上がった。
敵の政党の動きは偏見攻撃や捏造攻撃もあるのだけど
アイドル議員も痛い所を突かれている部分もあって
その痛い部分をどうやってしのぐのかという展開があり面白さもありました。
そこまでは良かった。しかしその後はシリアス展開になるし
どうもこのアニメらしくはなかったな
そして痛い部分の問題定義はしたものの、その答えはになると最後は勢いだけでテンポよく
いって誤魔化そうとはしていたけど
納得出来たかとなると・・・まあ最後は良くはなかったですね。
このままでは駄目だと考えたけど、考えただけで
駄目な自分たちを認めているから、まずかったな・・・と思う。
なので上手く処理しきれずに高速で進めていた印象が強く残りました。
馬鹿アニメ特有のストーリー展開のテキトーさはプラスにはしにくいな
と最後の残念さは目立った。

あとアイドルアニメとして重要な劇中曲は印象は残らなかったな
アイドルアニメですが音響面は普通でしたね。

作画についてはキャラクターデザインはアイドルらしく可愛らしく
描けていたのは良かったと思う。キャラの作画自体も凄く
綺麗とまではいかないけどまずまず安定していたし
アイドルアニメとして見れる質はあった。
ライブシーンについては1話はとても良く動いていたし質も高く
おっ?これは・・・と思えるレベルのものがあったのだけど
その後は省エネ作画ライブでしたね。この点は残念でした。
おっさんキャラはデザイン的に貫録があったし印象に残りやすく良かった。
ライブの作画が残念な以外は満足ですね。

声優さんについては全体的に上手かったし、敵の総理役の方はキャスティングがバッチリで
そのおかげで彼の言っていることに重みを感じました。
伝説のアイドル議員の役の方がベテラン声優だったのはナイスチョイスかな
喋りに貫録がありました。メインのヒロイン党の2人の役の方も声質が違い個性は出ていたし
しっかりとした演技だったので演技については満足ですね。

まとめるとアニメだからしょうがないと流すしかない初期設定だけど
馬鹿アニメをやっていたアニメで自らツッコミを入れるストーリー構成は面白かったです。
中身自体も馬鹿アニメをやりながら意外に頑張っていた場面もあったので
楽しめました。ただツッコミに答えを出せたかになると・・・その点が問題かな
と楽しめたのだけどストーリー展開のテキトーさがあるのでその点がネックかなと思います。
駄目な自分たちを認めているから、それはイカンと思う。
アイドルアニメとしては政治が主なのでアイドルアニメとしての面白さは
アイドル一本でやっているアニメにはかなわないので器用貧乏さもあったかと思う。
まとめきれてないのが残念でした。でも意外に面白かったのは確かですね。

 サンキュー(9)
2018.01.30 14:40 にゃん^^の評価 | 観終わった| 243が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: アイドル事変(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

OPは「LOVEマシーン」にしたかったかも^^

公式のINTRODUCTION
{netabare}
舞台は現代の日本に良く似た、パラレルワールド的な[ニッポン]

広がる所得格差、しのび寄る環境汚染、打つ手なしのゴミ問題、
当事者不在の議論が続く待機児童、繰り返される汚職の数々…

あふれる問題や不満に対し何一つ対策を打つことのできない既得権益にまみれた政府。
そんな八方ふさがりな状況のニッポンでついに“アイドル”たちが立ち上がった!

ヒロイン党 賛来党 スターライ党 美少女党 わかば党 サブカル党 SOS党
7つのアイドル政党から、各都道府県の代表として国会議員となったアイドルは、
ニッポンを覆う閉塞感を歌とダンスで正面突破!!

国民の笑顔を取り戻し、
輝きのオーラでニッポンを包み込んでいく!!!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:MAGES. 『アイドル事変』
キャラクター原案:CUTEG、Tiv、もっつん*、みことあけみ、空中幼彩、蜜桃まむ、松尾ゆきひろ
監督:吉田大輔
キャラクターデザイン/総作画監督:石井舞
アニメーションメインキャラクター原案:Tiv
シリーズ構成:高山直也
各話脚本:川嶋澄乃、林壮太郎
美術監督:清水友幸
色彩設計:堀川佳典
CGIディレクター:さいとうつかさ
撮影監督:松井伸哉
編集:神宮司由美
音響監督:えのもとたかひろ
音楽:立山秋航
主題歌サウンドプロデュース:つんく♂
振り付け:MaiMai
アニメーション制作:MAPPA/VOLN
{/netabare}
キャスト{netabare}
星菜夏月:八島さらら
鬼丸靜:渕上舞
近堂幸恵:上田麗奈
不動瑞希:Lynn
飯塚桜子:久保ユリカ
桃井梅:仲谷明香
天羽くるは:吉田有里
小水流ミカ:赤崎千夏
闇†林檎様:山本希望
神代:藤原祐規
桜庭:石井康嗣
{/netabare}

事変01「私が国会議員になっても」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:高山直也 絵コンテ:吉田大輔 演出:藤瀬順一 作画監督:高橋美香 美術監督:清水友幸

先の見えない不況、貧困、停滞感…そんな行き詰った日本社会を打破すべく、歌とダンスで世の中に光を届ける国会議員たちがいた。彼女たちこそ、アイドルであり議員でもある「アイドル議員」である。

新進気鋭の「ヒロイン党」の党首である近堂幸恵は、新潟の補欠選挙に立候補する人材をスカウトするため、県内を視察していた。
そこで幸恵の目に留まったのは、天真爛漫な農家の娘・星菜夏月。
元気と笑顔を武器にヒロイン党の門を叩いた夏月に、先輩議員である鬼丸靜は冷たい態度をとる。
目前に迫った補欠選挙に当選するには、靜の協力が不可欠。彼女の隣に立つべく奮闘する夏月だが、その道のりは険しい。
はたして夏月は靜に認められ、見事に選挙を勝ち抜くことができるのか。
{/netabare}
感想
{netabare}

アイドルが議員に。。って言っても
本当は歌とダンスだけじゃダメだからありえないよね^^


でも、にゃんは政治とかってよく分からないけど
このままだったらずっと変わらなさそう。。

ちょっとくらい失敗してもいいから
変えたいって本気で思ってる人がなったらいいな☆彡って思ってる人も多いかも


おはなしはAKBとかの総選挙と国会議員の選挙とごっちゃにしたみたい
地元で人気の女の子をスカウトして議員にしちゃうおはなしだった^^

この前の男子アイドルアニメに
ふつうの明るくてヤル気がありそうな子をアイドルにする
「ドリフェス!」ってあったけどあんな感じで
いつも前向きにがんばってる人って応援したくなっちゃうよね^^


靜もいろいろあったみたいで
夏月のことこんな子ダメだ!って思ったみたいだけど
明るくって一生けんめいなところだけは認めてくれたみたい☆


夏月も当選できてこれからアイドルと議員をはじめるけど
これから2人だけじゃなくだんだんふえて
HIT(ヒロイン党)47とか結成したりするのかな?w

でも、アイドル議員ってほんとに歌とダンスするだけなの?
{/netabare}
{/netabare}
事変02「少女S」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:高山直也 絵コンテ:中山正恵 演出:守泰祐 作画監督:阿比留隆彦 美術監督:清水友幸

憧れのアイドル議員となり、張り切る夏月。そんなある日、ヒロイン党は美谷村という小さな農村のゴミ処理問題の視察へと赴く。
かつて美しい自然で知られた村は、いまや大量のゴミで埋め尽くされて無残な姿に。
あまりの光景に圧倒される夏月たちの前に、先んじて入村していた、竜石堂ちなつをはじめとする賛来党の面々が現れる。
ゴミ問題の解決には有力政党である賛来党の協力が必要不可欠だが、靜には、彼女たちとなにやら因縁があるようで……。

賛来党
不動瑞希(CV:Lynn) 竜石堂ちなつ(CV:ブリドカットセーラ恵美)
猫平小夜(CV:照井春佳) 新城小夏(CV:藏合紗恵子) 木谷るる(CV:明坂聡美)
{/netabare}
感想
{netabare}

靜との因縁とかってどうでもいいけど
バンジージャンプ勝負で勝ったら協力するとかってツッコんでいいんだよねw
とちゅうでロープが切れちゃっても川に落っこちちゃっただけですんだりw

でも、にゃんはそうゆうのゼッタイムリで足が動かなくなっちゃうから
夏月がバンジーを怖がらないで平気で飛びおりてくところが楽しかった♪


ジャマしに来た人たちをアイドルの歌でファンにしちゃうってゆうのは
「クラシカロイド」のムジークの力みたい?
どっちもつんく♂が曲とか作ってたり
おばかアニメってゆうところも似てるかも^^

でも、こっちはただドタバタしてるだけじゃなくって
日本を変えようとか、ゴミはどうしたらいいの?とか
アイドルが自分で考えてできることをやってるみたいで
にゃんは好きかも☆


あと、思ったんだけど
ゴミすて場をアートプロジェクトの会場にして参加者に握手券くばったりって
ホントのアイドルでもできそう^^

アイドルって神さまの代わりみたいな人たちだから
ファンの人たちに曲を買ってもらったりライブに来てもらうだけじゃなくって
ボランティアに参加してもらってからライブとかしたら
ホントに日本を変えちゃえるかも?


それから粗大ごみのおき場とかってみんなに開放して
ほしい部品とかあったら自己責任で持ってってもらったらいいかも?

古い冷蔵庫をアンティークのコカ・コーラの冷蔵庫みたくぬったりしたら
へやのかざりとかになりそうだし
そうゆうの趣味の人とかふつうにいそう^^

スーパーの袋をひもみたいにして編んでドレスを作ってみたりとか
ハンモックにしてみるとか。。考えたらおもしろそう^^
{/netabare}
{/netabare}
事変03「Nyanway Generation」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:川嶋澄乃 絵コンテ:博多正寿 演出/作画監督:Won Chang hee 美術監督:清水友幸

ヒロイン党が次に向かったのは、大量の猫が暮らすことで有名な、猫のパラダイス“猫ノ島”。
夏月たちは島の子供から、このところ猫がどんどん減っているので、原因を調べてほしいと頼まれるのだった。
同じころ、スターライ党の飯塚桜子、鳴神五十鈴、綾井しらゆきの3名もまた、原因究明に動き出す。
謎を追う少女たち、その裏で暗躍する者、島に伝わる意味深な伝説……
絶海の孤島にキャッと驚く一大スペクタクルが展開する!

スターライ党:飯塚桜子(CV:久保ユリカ)鳴神五十鈴(CV:安済知佳)綾井しらゆき(CV:木戸衣吹)
{/netabare}
感想
{netabare}

にゃんことアイドル議員ってぜんぜん関係なかったみたいだけど
ツッコんじゃダメなおばかアニメw


謎のうどん推しだし

夏月がボス猫が教えてくれるって言われて
一生けんめい相手してもらおうってがんばってたけど
あんまり関係なかったみたいw

4人の女の子が。。って言ってたのに石の上でおどるのは1人1人別で
スターライ党の3人に何でか1人だけ私服の夏月がいるし

反対派の猫島議員も
4人の歌を聞いてアイドル議員になりたいってころって変わっちゃうしw
そんなにかんたんにみんな変わっちゃうんだったら
アイドル議員が国会でライブしたら反対する人なんかいなくなっちゃうよねw


さいごの猫大波。。ドドーーっ!!ってすごかったw
でも、にゃんも猫大波でにゃんこまみれになってみたいナ☆彡
{/netabare}
{/netabare}
事変04「ゆ・れ・て湘南ビーチ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:林壮太郎 絵コンテ/演出:島崎奈々子 作画監督:飯飼一幸 美術監督:清水友幸

全国のアイドル議員たちが一堂に会し、さまざまな競技で激突する、毎年恒例の水着大会が幕を開けようとしていた。
昨年の優勝チームである美少女党は、党首の桃井梅を筆頭に気合十分。
そんな強豪ばかりが集まる中、新戦力の夏月が加わったヒロイン党も、初優勝に向けて闘志を燃やしていた。
党を広く大衆にアピールするには、なにがなんでも負けられない戦いである。
快晴のビーチに、色とりどりの水着で包まれた肌色が乱舞する!

美少女党:桃井梅(CV:仲谷明香)五十鈴川桜(CV:長嶋はるか)北仲日和(CV:小岩井ことり)知花モニカ(CV:井澤詩織)
{/netabare}
感想
{netabare}

水着回。。

おはなしはほかのアイドルたちと協力しながら競技をしてく感じだけど
国会で美少女党の子たちに恥をかかされた桂山議員の秘書の人が
プールにタコを入れたりってジャマしてくるの^^;


またおばかなおはなしw

あんまりおはなしはどうでもよくって
アイドルが何かしてればいいってゆう人向けみたいw

いちお見てるけど
感想はたぶんしばらくお休み☆
{/netabare}
{/netabare}
事変05「保育園天国」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:高山直也 絵コンテ/演出:藤瀬順一 作画監督:高橋美香/稲田俊子 美術監督:清水友幸

ヒロイン党に夏月と靜のデュオ結成の企画が持ち上がるも、靜はつれない態度でこれを拒否。
そんな時、かめかめ保育園にて、わかば党のアイドル議員たちを人質にした立てこもり事件が発生する。
たまたま警察署で一日署長の仕事をしていた夏月は、署長権限(?)で現場に向かい、警官隊の陣頭指揮をとることに。
犯人の説得にあたる夏月だったが、彼女にも犯人たちの魔の手は容赦なく襲い掛かる……。
ニュースで事件を知った靜は、夏月のピンチに何を思うのか。

わかば党:天羽くるは(CV:吉田有里)清水由奈(CV:芹澤優)雨宮唯奈(CV:近藤唯)
{/netabare}
感想
{netabare}

かめかめ保育園って
伽理亜議員がビジネスセンターを建てるためにつぶそうってしてて

それに反対する子どもたちとわかば党の3人が協力して人質になったフリして
自由にする代わりに保育園を残すようにってお願いするおはなし。。


子どもたちがアイドルを人質にして。。ってゆうのはおばかだったけど
今日は夏月たちががんばった。。ってゆうか
保護者のお母さんたちががんばって事件が解決したみたい


スズメバチに刺された伽理亜議員を助けた看護師のお母さんがかっこよかった☆

おむつをしてるくらいの子どもたちがあんなこと考えないって思うから
わかば党の3人がアイデアを出したのかな?とかって考えたら変だから
子ども向けのお話しかも^^


でも、歌を歌ったら議員が変わっちゃったりするくらい
おばかなおはなしじゃなかったから
いつもよりいいおはなしだったみたい^^


さいごは楼凱党の党首の人が
「オノレ小娘め!」ってつぶやいてたけど
この前の回でアイドル議員にデレてたよねw
{/netabare}
{/netabare}
事変06「TOO SHY SHY GIRL!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:林壮太郎 絵コンテ:西村聡 演出:寺澤和晃 作画監督:阿比留隆彦 美術監督:清水友幸

宇宙大好きなサブカル新党党首の小水流ミカは、議会にて国会議事堂の展望室を一般開放するイベントを提案する。
だが、楼凱党の猪名川議員らの反対を受けて萎縮してしまい、案は突き返されるのだった。
ミカは党員の光武リイナと2人で、ヒロイン党にイベント開催への助力を求める。
イベント開催にはどうやら、国会議事堂に伝わる幽霊騒動の解決が必要なようだ。
オカルト好きなSOS党の闇†林檎様と金月アイナもなぜか話に加わり、幽霊たちとゴーストバスターズな展開に……!?

サブカル新党:小水流ミカ(CV:赤﨑千夏)光武リイナ(CV:東山奈央)
SOS党:闇†林檎様(CV:山本希望)金月アイナ(CV:西明日香)
???:鬼丸圭吾(CV:大川透)
{/netabare}
感想
{netabare}

猪名川議員がイベントを止めるために
幽霊のホログラムとか使っておどかしてたってゆうおはなしだったけど
美香の前にエライ政治家の人たちの幽霊があらわれて応援してくれたの


猪名川議員が稲川淳二さんそっくりでパロディになってたのかな?

あとはアイドル議員たちがおばけにキャアキャアゆうだけの
よくあるおはなしでとちゅうで眠たくなっちゃった^^
{/netabare}
{/netabare}
事変07「飾りじゃないのよマイクは」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:川嶋澄乃 絵コンテ:中山正恵 演出:守泰祐 作画監督:勝谷遥/渚美帆 美術監督:清水友幸

夏月の地元、新潟で巻き起こったスタジアム建設問題。
現地住民たちの反対運動が盛り上がるなかで、夏月は単身、建設を請け負う鬼丸建設へと乗り込むのだった。
社長である鬼丸圭吾との直談判にこぎつける彼女だったが、取り付くシマもなく追い返される。
さらに、その一件がきっかけで静との関係もおかしくなってしまう。
スタジアム問題も、靜とのデュオ結成にも、暗雲が立ち込めていく……。
{/netabare}
感想
{netabare}

今日はほかのアイドル議員も出なくって
ヒロイン党だけで終わったからシンプルでよかったみたい☆


ドームスタジアムを建設しようってする鬼丸社長の気もちを変えるおはなし

実は靜は鬼丸社長の娘で
アイドル議員なんか認めないってゆうお父さんとケンカして
みとめてくれるまで会わないようにしてたんだけど。。

♪♬♩♫♪♬♩♫♪♬♩♫♪♬♩♫♪♬♩♫♪♬♩♫♪♬♩♫♪♬♩♫♪♬♩♫♪♬♩♫♪♬♩♫♪♬♩♫

お願いしたりちゃんと話し合ったりってあんまりなくって
歌を歌ったらぜんぶOKみたいなおはなしが続いてたから
夏月ができる限りのことをやってみたおはなしでよかった☆


夏月がねばるところ
鬼丸社長がはねとばして雨にぬれちゃった子どもたちの絵をひろうところ
会わないって言ってた靜の気もちが変わるところとか
短いおはなしの中で伝わってきたし

けっきょくお父さんは靜の歌で変わったんだけど
歌で靜の本気が伝わったからだって思う^^
歌を聞いた楼凱党の議員がそれだけで賛成に変わるとか
歌で洗脳されちゃうみたいなチートがなかったのもよかった☆
{/netabare}
{/netabare}
事変08「MISSしてロンリネス」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:高山直也 絵コンテ:矢野博之 演出/作画監督:Won Chang hee 美術監督:清水友幸

夏月と靜のデュオ“with”は快進撃を続ける。
これに刺激を受けた他のアイドル議員たちの活動も広がり、世はふたたび、かつてのアイドル議員ブーム再来を思わせる状況に。
これを面白く思わないのが、総理の桜庭を筆頭にした、与党の楼凱党だった。
桜庭はいよいよ、アイドル議員潰しに本腰を入れ始める。
党派を超えて対抗するアイドル議員たちに向けて、桜庭が差し向けた美しき刺客たちとは?
{/netabare}
感想
{netabare}

今まで夏月たちアイドル議員が
みんなのためにいいことだって思ってやってきたのに
よろこばない人もいるって分かって夏月は落ちこんじゃった

ほかにもスタジアムの建設止めさせたりって。。

そんな楼凱党のやり方にアイドル議員たちは
いっしょにライブすることにしたんだけど
そこに総理がアイドル議員のライバルを送ったみたい。。

♪♬♩♫♪♬♩♫♪♬♩♫♪♬♩♫♪♬♩♫♪♬♩♫♪♬♩♫♪♬♩♫♪♬♩♫♪♬♩♫♪♬♩♫♪♬♩♫

とうとう「アイドル事変」のアイドル議員たちにも
ライバルが出てきたみたい^^


好きなアイドルとかいる人は楽しいかもだけど
おはなしはわりとマジメでふつう。。
コメディはあんまりない。。

これからライバルと歌のバトルとかして
アイドル議員たちが勝って
楼凱党の議員が変わるってゆうおはなしになるのかな?

その通りだったらつまらないけどほかに何かあったらいいな☆彡
{/netabare}
{/netabare}
事変09「議員服と機関銃」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:林壮太郎 絵コンテ/演出:島崎奈々子 美術監督:清水友幸
作画監督:飯飼一幸/中野繭子/福士真由美/稲田俊子

かつて総理の座に登り詰めた伝説のアイドル議員、三日月かぐら。
彼女を支えた存在である“Cherry7”が今、夏月たちの前に立ちはだかった。
レジェンドたちの圧倒的な実力に、なすすべもない現役アイドル議員たち。
その機に乗じ、桜庭は“アイドル議員禁止法”を提案。アイドル議員全員にトドメを刺そうとする。
法案阻止に向けて、夏月たちは真の団結を迫られることとなる。
壁となるCherry7を打ち破り、彼女たちは桜庭にその存在価値を示せるのだろうか。

Cherry7:白神沙希(CV:田村ゆかり)高崎メイベル(CV:植田佳奈)泉沢めぐ(CV:丹下桜)向井かずみ(CV:豊口めぐみ)
{/netabare}
感想
{netabare}

前半は
桜庭総理が会場で“アイドル議員禁止法”を提案するおはなし
テンポが悪くっておはなしが長かったみたい

後半は禁止法をつぶすために
靜がアイドル議員みんなで協力しようって呼びかけるおはなし

みんなで協力しようってゆう靜のアツいところが
あんまり伝わってこなかったみたい

それにみんなで協力って言いながら自分の思いだけ話して
夏月の気になってることなんかぜんぜん聞こうってしないところが?って

夏月はただアツいだけじゃダメって気がついてるから
靜に協力しようってしても何だか違うって思ってるんじゃないかな?

もっとほかの人たちの気もちとかも大事にしないと
またバラバラになっちゃうかも?
{/netabare}
{/netabare}
事変10「ダンシング・ヒロイン」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:川嶋澄乃 絵コンテ:吉川博明 演出:藤瀬順一 作画監督:高橋美香 美術監督:清水友幸

靜が発案となった超党派ユニット“SMILE♥X(スマイルキス)”が始動し、Cherry7との対決に日本中の注目が集まる。
そんな決戦ムードの中で、夏月だけはひとり取り残されていた。
相次ぐアイドル議員へのバッシングに悩んでいた彼女は、レッスンにもまるで集中できない。
見かねた幸恵は、夏月をある場所へと送り出す。
夏月も靜も、それぞれのステージで勝利をつかみとることができるのだろうか。
{/netabare}
感想
{netabare}

夏月がいつまでもウジウジしてるのは気になったけど
靜が夏月を見すてたみたいなところがもっと気になった。。

夏月だってがんばろうってしてるから
自分がいいって思ってしたことがまちがいだった分かって
トラウマで歌も踊りも踊れなくなっちゃたんじゃない?

もし、夏月の気もちを聞いてあげてるヒマがないんだったら
はじめからそう言ってメンバーから外してあげたらよかったのにって

でも、にゃんだったら「Cherry7」に負けてアイドル議員がなくなっても
夏月を助けてあげなきゃって思った。。

アイドル議員たちって勝ち負けのことしか考えられなくなって
国民の人たちからの電話も無視して桜庭総理が思った通りになっちゃった。。


目の前のこまった人を助けてあげようって思えない人が
たくさんの人のためなんて考えられないって思う☆

それってきっと自分たちの思ったことが正しいって思って
ほかの人たちのことなんか考えられなくなっちゃった
楼凱党の人たちがやってることときっとおんなじだから。。
{/netabare}
{/netabare}
事変11「MajiでLiveの5秒前」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:高山直也 絵コンテ:知吹愛弓 演出:寺澤和晃 作画監督:阿比留隆彦/渚美帆 美術監督:清水友幸

Cherry7を破られ追い詰められた桜庭は、アイドル議員禁止法案の是非を、国民投票に問うことを宣言する。
すぐさま実施された投票の結果ははたして……。
投票結果が発表され、靜は言葉にできない孤独を感じながら、街をひとりさすらっていた。
そのころ夏月は遠い場所で、アイドル議員という存在に改めて向かい合っていた。
2人の心がふたたびめぐり会う時、なにかが起こる……?
{/netabare}
感想
{netabare}

今日のおはなしで1番光ってたのっておばあちゃんだったみたい

おばあちゃんが夏月に
はじめてのアイドル議員三日月かぐらのこと教えてくれて
私は三日月かぐらじゃないってゆう夏月に
自分の目でたしかめて来いって^^

それで8話で
自分たちががんばって良くしてきたのに桜庭総理からダメ出しされたところに
行って自分の目で見てきたらそのとき反対してた議員の人たちが
わぁーって思っちゃうくらい変わっててそれは夏月がいたからだって。。

★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

この前アニメの記事を検索してたら
小野田紀美さんってゆう参議院議員の人の記事が出てて見てたら。。

青少年推進調査会合同会議で
性的な事件の要因の1つにマンガがあるとか言われて
それに反対したってゆうTwitterのコメがあって
この人もホントに2次元が好きなんだなぁ。。って^^
<https://twitter.com/onoda_kimi。。(3月16日のところぜんぶ)>

さいごに「つらつらと失礼いたしました。どうしても黙っていられず…。もっと党内に味方がほしいです…。
ここからは完全な私見ですが、そもそも本気で2次元を愛している人は3次元なんかに手は出しません。私も3次元に一切興味はありませんし対象外です。そういう感覚は当事者にしか分からないのかもですね。」って。。w

アイドル議員じゃないけど女の議員さんで
1人でマンガを守るためにがんばってるってゆうところが
何だか夏月に似てるみたい?って
にゃんも3次元ってニガテだし気もちがよく分かるなぁって^^

3次元の政治とかって2次元みたくうまくいかないって分かってるけど
このおはなしみたく
がんばってたら協力してくれる人が出てくるといいね☆彡

★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

それで今回のおはなし。。

自分でたしかめたら反対してた議員さんたちが変わってたところ
(えっ!?こんな人いた?ってゆうくらい誰か分からないよねw)
このツイッター読んでたからちょっとジーンってしちゃった。。

あと、夏月が変わったら靜も変わった。。
靜がむかえに行こうってしたら夏月がドアの外にいたところもよかった☆

あんまりおはなしがうまくいきすぎみたいだけど
3次元って思い通りにいかない分2次元は楽しいといいな☆彡
{/netabare}
{/netabare}
事変12「なんてったってアイドル議員!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:高山直也 絵コンテ:神志那弘志 演出:守泰祐 作画監督:勝谷遥 美術監督:清水友幸

もう迷いはない……何もかもを捨てる覚悟で、ヒロイン党による盛大なライブステージが開催された。
話を聞きつけた他党も支援に動き出し、アイドル議員たちの想いがひとつになろうとしていた。
だが楼凱党からの妨害は熾烈なものとなり、ライブの続行すら危ぶまれる事態に。
ついに迎える桜庭との最終決戦。
夏月、靜、そしてすべてのアイドル議員たちは、国民たちに笑顔のフィナーレを届けることができるのだろうか。
{/netabare}
感想
{netabare}

楼凱党からの妨害って電車を止めたり高速道路を止めたりって
すごい大きな事件なんじゃないのかな?
それに誰がやったかすぐバレちゃいそう。。

会場に集まった人たちもみんなネオンスティックとかもってるし
電車とかと待ってるのにどうやって来たの?とかツッコむところ多すぎw

おばかアニメだからしょうがないけど
おばかアニメでもぜんぜん笑えないし

作画はダンスのCGとかみんなおんなじ動きだし
解散総選挙のとき夏月のところにかかってきた電話の子機とか
ふちの線が手の線まで食い込んでたりってちょっと。。

おはなしもぜんぜん終わってないし
最終回なのにどうしちゃったの?
{/netabare}
{/netabare}

見おわって


アイドル議員の歌を聞いただけで
反対してた議員が急に手のひら返しするみたいなおばかアニメ。。
のはずなのに。。

変にシリアスなおはなしになったりするからあんまり笑えなくって
変なところとかへたなところがすごく目だっちゃってたみたい
おばかだったらずっとハイテンション♪のほうがよかったのに☆彡


歌はまあまあだけどセリフはあんまりうまくなかったみたい
3DCGはそこだけ浮いてたしみんなおんなじ動き。。
音楽はアイドルアニメだからいちおふつうに良かった


好きなアイドル議員がいたら楽しいかもだけど
にゃんはあんまりおすすめしないかな?

 サンキュー(43)
2017.10.05 02:38 Robbieの評価 | 途中で断念した| 69が閲覧 ★☆☆☆☆ 1.6 評価対象: アイドル事変(TVアニメ動画) 物語 : 1.0  作画 : 1.0  声優 : 2.5  音楽 : 2.5  キャラ : 1.0

つんく♂が可哀想...

曲はまあまあなのにキャラデザが台無しにしている。
また、キャラデザが酷すぎるため、好きなキャラも決められない。
原作の絵の方が上手く描けているように思えるのは気のせいだろうか...

 サンキュー(2)
2017.09.03 18:54 剣道部の評価 | 観終わった| 93が閲覧 ★★☆☆☆ 2.0 評価対象: アイドル事変(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 2.0  声優 : 2.0  音楽 : 2.0  キャラ : 2.0

これは政治アニメですか? それともアイドルアニメですか? いいえ、ギャグアニメです(笑)

[文量→中盛り・内容→酷評系]

【総括】
まず、このアニメで一番してはいけないのは、「矛盾点にツッコム」こと。

大切なことは、「ギャグアニメだと割りきる」こと。

そうやって気軽な気持ちで眺めることができれば、なかなか楽しめるアニメですw

アイドルが議員をするという設定は面白かったかと。ただ、被選挙権は25歳からだから、アイドルとしてはもうBb……ゲフン! まあ、そんな細かいことを気にする方は見ない方が吉ですね。なんたって、ギャグアニメですから(笑)

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
政治をバカにするな!

と、いう怒りが全っ然わいてこないのは、リアルの政治家も政治(国民)を小馬鹿にしている印象があるからでしょうか(苦笑)

どうせなら、楼外党のトップを小泉さん(過去の首相)のパロじゃなく、安倍さん(現役の首相)のパロにするくらいの気概が欲しかったな(笑) そして、学校の誘致問題を扱うとか(笑) トランプさん(現役米国大頭領)まで出してるわけだし。やはり社会風刺というのは、中途半端(保身を考えるの)ではなく、時の権力者に噛みついてこそ、価値があると思うし。

設定はおもしろかったけど、作風的に生かせていないと思いました。個人的には、「クニミツの政(漫画)のアイドル版」のようなアニメを観たかったです。日本が直面する問題を、アイドルならではのアクロバティックな方法で解決してほしかったけど、まあ、現役の政治家にもできないことが、いちアニメ制作者にはできなくてもしょうがない。私も(矛盾なく効果的な解決法は)思いつかないしね。

ただ、流石に「それ、政治家の仕事か?」「つか犯罪じゃん」と思うのが多くて、私のような屁理屈をこねるタイプの人間には、合わないのでしょう。政治家の一番の仕事は、「法律をつくる」ことなんだけどね。

まあ、苦言を呈するならば(呈してもしょうがないけどw)、アイドル議員が、「アイドル議員」なのか、「議員アイドル」なのかだけど、むしろ前半の方が、「アイドル議員」って感じがしたかな。後半は、政治家としての知名度や政治闘争を、アイドルの集客に利用してた感もw

(私は基本的にシリアス好きですが)どうせ(ギャグアニメ)なら、無理にシリアス追わないで、前半のノリのまま総理大臣まで倒し、日本を救って欲しかったですw

実際、7話目までのおバカ展開している時は3をつけていましたが、8話目以降のシリアスパートで、評価をひとつ落としました。
{/netabare}

【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目(選挙w)
テーマとしては、目新しいね。多分、政治アニメではなく、普通にアイドルアニメやるんだろうなw 楼凱党って、「老害」ってことだよねw あとどうでもいいけど、筋肉痛でテーピングして、なんか意味あるの? 湿布だよね、普通w

2話目(不法投棄)
勉強会、ちゃんとやっている方向でいくんですね。え、え~! ビンタって、現役議員が傷害罪はマズイんじゃ……。そして深夜の不法侵入……。いや、死ぬやろ……。握手券商法は笑ったw 不法投棄の現代アート化は、根本的な解決にはならんな。

3話目(動物の虐待?)
これ、青島や田代島の方が観たらどう思うんだろうね。猫の被害が大変とも聞くけど。かなりぶっ飛んだ話でした。もはや、まともに解決する気がないな(笑)

4話目( )
水着回。半端ない雑さw たこ焼の売り方は笑った、ありゃ売れるわ(笑) いよいよ、( )内に書くこと思いつかないくらい、政治が関係ないw オチは笑った。

5話目(女性の社会進出・待機児童)
いや、狂言誘拐、犯罪だから。ホームアローン? 警察、無能過ぎ(笑) てか、あそこに巣が見えてるなら、煙とかいらんよ、袋でサッととればオケw

6話目(教育問題?)
稲川淳二(笑) どうせなら本人に依頼したら? やってくれそうだけど(笑) 銅像(笑) 今更飲酒程度のコンプライアンス気にするんかい(笑) 伊藤博文がグローバル化に反対しとる(笑) 最後の国会議事堂の歴史を絡める答弁は良かったかな。

7話目(税金の無駄遣い)
スタジアム建設反対って、建設会社じゃなく、行政に言わないとダメでしょ(苦笑) いや、建設会社と政治家なんて、誰よりも蜜月でしょ(嫌味)。いや、だから、公共事業の計画を一企業が勝手に変えられないでしょ。

8話目(アイドル議員の功罪)
マスゴミ感が出てたな。編集って、ホントにメディアの暴力につながると思う。ただ、マスコミの言葉にも一理はあるし。アイドル議員、連立組むのは良いけど、政策や理念が共通してるの? いや、スタジアム建設前に仕入れ増やすってw

役不足、を正しい意味で使ったのは良いが、これまでの展開的に不自然な言葉(今まで使っていた言葉と違いすぎ)。監督の「俺、皆が間違う役不足の正しい意味知ってまっせ」アピールがウザく、逆に頭悪く感じた(邪推なら、ごめんなさい)。

9話目
アイドル議員で総理までいった人いるんか。アイドル議院禁止法は、流石に無理があるでしょw 法律には詳しくないけど、色々とひっかかりそう。

10話目
超党派、というが、アイドル政党間の政策の違いがまったく見えないが(汗) あと、アイドル議員禁止法案ですが、アイドル議員の定義が難しそうだな。

11話目
シリアスパートですね。お~、素晴らしいくらいのご都合主義w うんうん、このアニメはこのくらい突き抜けてる方が良いよ!

12話目
超展開w 無茶苦茶なとこが良いねw サーフィンって、あれ?野外ステージって丘の上にあったよね、とか、どうでも良いw これでナニがドウ解決するのかはよく分からないけどw
{/netabare}

 サンキュー(23)
2017.08.29 10:26 ▒▒▒ ⇒ムフ♪の評価 | 途中で断念した| 38が閲覧 ★★☆☆☆ 2.0 評価対象: アイドル事変(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 2.0  声優 : 2.0  音楽 : 2.0  キャラ : 2.0

もうアイドルとつくだけで…

('A`)イラネ

アイドル物の良さが分からないよ...( = =) トオイメ

 サンキュー(1)

アイドル事変のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
アイドル事変のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。