人気おすすめ怪獣アニメランキング

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

おすすめ怪獣人気アニメランキング

あにこれの全ユーザーが人気アニメの怪獣成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年05月27日の時点で
一番の怪獣アニメは何なのでしょうか?早速見ていきましょう!

検索結果:64件
アニメを並び替え:
総合得点 68.7 感想・評価 587 棚に入れた人 2008
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.6  作画 : 3.9  声優 : 3.7  音楽 : 3.8  キャラ : 3.8

1993年から放送されたTVシリーズ「電光超人グリッドマン」。
まだパソコンが一般家庭に普及する前に制作された作品にも関わらず、 現代における「インターネット」「コンピューターウイルス」といった概念を先取りした内容で人気を集めた。

そして2018年秋「SSSS.GRIDMAN」が放送決定!
アニメーション制作は、2015年日本アニメ(ーター)見本市で公開された 「電光超人グリッドマン boys invent great hero」を制作したTRIGGERが担当する。
監督は、同作でも監督を務めた雨宮哲。
あの時の未来が現実になった2018年、グリッドマンがアニメーションの世界で蘇る――。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

元ネタの特撮ヒーロー番組『電光超人グリッドマン』は未見。

当初は特撮をアニメ化することに意義を見出せず視聴に踏み込めずにいましたが、
ヒロインが可愛いらしいと言う評判に釣られてw後追いでアクセスしました♪


思えばストレスが敵視された平成は時代が下るにつれ、
様々な場面でハラ... ▼もっと読む

総合得点 61.0 感想・評価 23 棚に入れた人 130
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.5  作画 : 3.7  声優 : 3.6  音楽 : 3.4  キャラ : 3.6

かつてこの世界には〈光の巨人〉と呼ばれる存在がいた。やがて〈光の巨人〉はその役目を終え、遠い宇宙にある自らの故郷へと帰還し、同化していた地球人はそれまでの記憶を失うことで自らの在るべき場所へと戻っていった。ウルトラマンの存在は過去のモノとなり、科学特捜隊日本支部もその役割を終えて、光の巨人記念館へとその姿を変えていた。早田進次郎は多感な思春期を過ごす高校生。だが彼は、自分が驚異的な跳躍力や頑丈な肉体といった人間離れした“普通”ではない力を持っていることを自覚していた。そんなある日、進次郎は父・早田進が、かつてウルトラマンであったことを知る。そしてウルトラマン無き地球に暗躍する宇宙人たちの存在も。進次郎は、秘匿組織として健在する科学特捜隊の井手によって開発されたウルトラマンスーツを着用できる数少ない適合者だった。「単刀直入に言おう――キミにウルトラマンになってもらいたい」

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

※漫画版未読です。
まずCGの質量感・高精細感・躍動感・光の美しさ・等々・・に驚かされました!!。
CGの技術は格段に進歩していってるのですね・・。

自分は特撮作品としてのウルトラマンシリーズは
少しふれたことがある程度で、特に思い入れはありません。

結論から言うと
個人的... ▼もっと読む

総合得点 61.2 感想・評価 122 棚に入れた人 646
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.4  作画 : 3.8  声優 : 3.6  音楽 : 3.6  キャラ : 3.6

奇妙な生物「センコ」を飼う少年・テツと、同じような生物を飼う少年・シュウとの間でモンスター同士の戦いが起こる。テツの秘密を知った同級生の少女・ユキはその戦いに巻き込まれる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

宇木敦哉さんの個人制作作品です。

私は宇木さんのイラストが大好きなので(ミクのイラストもかわいいのでサムネイルに使わせていただいてます)それだけで満足なんですけど、それではレヴューにならないので少しおすすめポイントをご紹介します。

まず短編なので、最初から最後まで多くの情報は与えれ... ▼もっと読む

総合得点 62.9 感想・評価 103 棚に入れた人 434
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.3  作画 : 3.8  声優 : 3.6  音楽 : 3.4  キャラ : 3.4

東京湾沿岸で、レイバーを狙った奇妙な破壊活動が続く。その捜査の途中、湾岸に浮かぶ備蓄基地で人間を食い殺す“怪物”に遭遇。この怪物がレイバー連続襲撃事件の犯人なのか…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

私はパトレイバーを観た事ありませんが(というより観る気がない?)、この作品はとても面白かったです。
正直、本編で登場するキャラクターはほとんど出てこず、主人公もパトレイバーとは無縁の普通の刑事さんです。
そんな作品をパトレイバーとして上映したのですから、元々のパトレイバーファンとしては納得... ▼もっと読む

総合得点 61.4 感想・評価 74 棚に入れた人 302
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.4  作画 : 4.0  声優 : 3.8  音楽 : 3.6  キャラ : 3.4

監督:静野孔文/瀬下寛之、ストーリー原案・脚本:虚淵玄(ニトロプラス)で制作される。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

約2時間 3部作の1作品目

友人(ゴジラ好き)に誘われて先日観に行きました。

地球に出現したゴジラたち怪獣に占拠され宇宙に逃れた人類が、再び地球を人類ものにするため地球へとゴジラを倒しに行くお話。

シドニアの騎士を製作したポリゴン・ピクチュアズが製作し、宇宙のシーンが多く、キ... ▼もっと読む

総合得点 51.5 感想・評価 31 棚に入れた人 101
★★☆☆☆ 2.9   物語 : 2.8  作画 : 2.8  声優 : 3.0  音楽 : 2.9  キャラ : 3.0

それは、宇宙のどこかにある。

戦い疲れたウルトラ怪獣たちが、一日の疲れやストレスを解消すべく夜な夜な集まってはくだを巻く。

その名も「怪獣酒場」。

バルタン店長のもとで働くのは、ダダとカネゴン。

常連客にはレッドキングやエレキング、ゴモラ、グドンにゼットン。

さらにキングジョーやツインテール、配達に来るピグモン?!

人気怪獣勢揃い!戦いから解放された怪獣達が、やっぱり3分間で繰り広げる脱力系ショートアニメ!

総合得点 計測不能 感想・評価 8 棚に入れた人 26
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.4  作画 : 3.8  声優 : 3.9  音楽 : 3.6  キャラ : 4.0

新たな侵略が始まる――!!
「GIRLS」と「BLACK STARS」
決して交わることのない光と闇!
2つの勢力が激突!!
(・・・・したり、しなかったり?)

都会というほど騒がしくもなく、郊外というほど長閑でもない街、祖師ヶ谷大蔵。
怪獣娘たちの組織「GIRLS」に憧れながらも、ごく平穏な毎日を過ごしていた女子高生・平賀サツキ。
ある日、不思議な力に目覚め戸惑うサツキを助けてくれたのは、あこがれの「GIRLS」…ではなく
ブラック指令と名乗る怪獣娘が率いる悪の軍団「BLACK STARS」だった!?

総合得点 76.7 感想・評価 1422 棚に入れた人 7738
★★★☆☆ 3.9   物語 : 3.7  作画 : 3.9  声優 : 3.9  音楽 : 3.7  キャラ : 4.1

ガリアでのネウロイとの激戦から半年。ガリアの拠点を失ったネウロイは各地で反抗を開始、大型や高速のネウロイを放ち始めていた。\\n一方、人類もストライカーユニットの新型開発に成功して戦線に投入していた。「ウィッチーズ」はアドリア海へ戦場を移して戦いを続ける。。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

今作は前期のような精神的な葛藤などの複雑なストーリー展開はなく、敵を一本化して個々のキャラの話を掘り下げていく単純なストーリー展開になっていると思います。

なので今作はちょっと意見がわかれるのでは?と思います。

ただし、萌えたい人にとっては格好の餌食になっていますw

今作でも... ▼もっと読む

総合得点 69.0 感想・評価 920 棚に入れた人 4406
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.7  作画 : 3.6  声優 : 3.7  音楽 : 3.8  キャラ : 3.7

《人間》は規格外の《獣》に蹂躙され、滅びた。たったひとり、数百年の眠りから覚めた青年ヴィレムを除いて。《人間》に代わり《獣》を倒しうるのは、《聖剣》(カリヨン)と、それを扱う妖精兵のみ。戦いののち、《聖剣》は再利用されるが、力を使い果たした妖精兵たちは死んでゆく──。死にゆく定めの少女妖精たちと青年教官の、儚くも輝ける日々。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

このタイトルを見た瞬間、訳がわからない感情がわき、ひかれました。タイトルで視聴を決めてしまいました。

1話…「私のこと忘れてくれると嬉しいな」


2話…幼女たちに信頼されるには


3話…フラグ立てるな


4話…待つ者


5話…ヴィレムはなんだかんだで

... ▼もっと読む

総合得点 72.3 感想・評価 522 棚に入れた人 3010
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.7  作画 : 3.6  声優 : 3.9  音楽 : 3.9  キャラ : 4.0

A.C.195年、宇宙コロニー居住者達の一部レジスタンスは、強引な武力支配を続ける地球圏統一連合とそこに潜む軍事秘密結社OZの壊滅のため、「オペレーション・メテオ」を発動し、開発した5機の「ガンダム」と5人のパイロットを地球に送り込み、世界各所でOZへの破壊行動を図る。しかし、作戦は事前にOZに傍受されパイロットのひとり、ヒイロ・ユイは地球降下時に撃墜され、連合軍高官の娘リリーナに正体を知られてしまう。ヒイロはリリーナに「お前を殺す」と告げるが…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

スタッフ通称ジャニ(-ズ)ガン。
宇宙より降り立った美少年たちが謎の強力MSガンダムに乗り地球統一を狙う軍隊に対して『オペレーションメテオ』というテロ行為を行う。

ガンダムが多作に比べデカイwそして雑魚が小さい。序盤は怪獣映画のごとく空から、海から現れたガンダムたちが集中砲火を物ともせ... ▼もっと読む

総合得点 57.8 感想・評価 343 棚に入れた人 1818
★★★☆☆ 3.2   物語 : 3.2  作画 : 3.1  声優 : 3.1  音楽 : 3.2  キャラ : 3.2

2013年。 修学旅行で台湾に訪れていた女子高生「小椋しお」は、突如出現した怪獣「進化侵略体」に襲撃を受ける。軍隊も歯が立たない中、そこに現れた謎の男たち。彼 らは超国家機関「DOGOO」のエージェントで、偉人の魂を受け継ぎその力で戦う「E遺伝子(ジーン)ホルダー」だった。そして友人の危機に、しおの「偉 人の魂」も覚醒するのだった...

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

交渉と同情の余地のない化け物に、団結した人間が全力で対処して行く、ていうどこかのテーマパークのアトラクションに申し訳程度につけられたストーリーとかファミコン以前のゲームなみにわかりやすい展開で物語が進んでいく。

ここまで仲間割れしないバトルものも珍しい。
細かい方針とか作戦の立案で議論... ▼もっと読む

総合得点 58.2 感想・評価 446 棚に入れた人 1767
★★★☆☆ 3.2   物語 : 3.0  作画 : 2.9  声優 : 3.4  音楽 : 3.2  キャラ : 3.4

漫画研究部に所属する女の子、愛、麻衣、ミイが「地球に迫る邪悪な侵略者と戦ったり、ライバルとトーナメントで闘ったり、漫画を描いたりはしないかもしれません」という作品。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

昔、ニコニコで(よくある日常アニメかなぁ~)とちらっとみてみたらあまりの意味不明なマジキチさに驚いてそのままだった

そして最近、うっちーにハマって来たので(うっちーいたのか!あのマジキチアニメみるか…)と試聴

マジキチアニメと構えとけば大丈夫でした!むしろあのマシンガンの様な怒濤の... ▼もっと読む

総合得点 64.3 感想・評価 239 棚に入れた人 1662
★★★☆☆ 3.4   物語 : 3.4  作画 : 3.2  声優 : 3.6  音楽 : 3.3  キャラ : 3.6

浦島景太郎は東大目指して二浪中、19歳。子供のころ、女の子と約束した「一緒に東大へ行く」という約束を果たすため、日々、勉強に勤しんでいる。ある日、祖母に呼ばれて“ひなた旅館”にやってきた景太郎は、露天風呂でいきなり女の子と遭遇し、チカンに間違われ、女の子3人に建物中追いかけ回されることに。なんと、そこは女子専用寮“ひなた荘”に変わっていたのだ。しかも、祖母は転地療養に出かけ、次の管理人に景太郎を指名したという。「東大生だから、管理人にふさわしいだろう」という理由で・・・。風呂場で会った成瀬川なるだけが強く反対するものの、断われなくなり、“ひなた荘”の管理人を引き受ける景太郎だった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

おそらくハーレムものを世に広めた代表的な作品のひとつでしょうね。
最近のハーレムものと違うのは確固たるメインヒロインがいることでしょうか。
そのため、普通の恋愛ものとしても見られるのがこの作品の強みと言えそうです。
私は最終的に恋模様がハッキリしない作品は好きじゃないので、好印象でした。... ▼もっと読む

総合得点 65.3 感想・評価 304 棚に入れた人 1501
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.6  作画 : 3.8  声優 : 3.8  音楽 : 3.8  キャラ : 3.8

かつて紐育と呼ばれた街は、わずか一晩で消失した。
そこに出現した街「ヘルサレムズ・ロット」。濃い霧の向こうに広がる「異世界」と現世を繋ぐこの地は、さまざまな思惑を持った者たちが跋扈する、「地上で最も剣呑な街」へと生まれ変わった。

そんな混沌とした街の均衡を守るべく、人知れず活動を続ける者たち。

ブレングリード流血闘術を使う強面の紳士、クラウス・V・ラインヘルツをリーダーに、顔に傷を持つクラウスの右腕・スティーブン、銀髪のチンピラ、ザップ・レンフロと半人半魚のツェッド、不可視の人狼、チェイン・皇と隻眼の淑女、K・K。
そして「神々の義眼」を持つ青年レオ……。

騒動が巻き起こるとき、そこには必ず秘密結社・ライブラが姿を見せる。

路地に響き渡る狂騒と、不埒な怪物たち。愛すべき深淵と、繰り返すカタストロフィ。
終わることのない日常茶飯事がいま、再び幕を開ける。

そしてさらにそのBeyondへ……。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

[文量→中盛り・内容→感想系]

【総括】
厨二系バトルものとして、かなり完成度が高い作品。個人的には1期よりも更に好きでした♪

レビュータイトルは、1話の次回予告から。この作品に、あの街に、ぴったりだと思ったので。

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー&#... ▼もっと読む

総合得点 59.8 感想・評価 258 棚に入れた人 1307
★★★☆☆ 3.4   物語 : 3.3  作画 : 3.5  声優 : 3.4  音楽 : 3.4  キャラ : 3.4

「もうひとつの日本」を舞台にした、「神化」という架空の年代の物語である。

戦後20余年の高度成長を遂げる日本で、数々の「超人たち」が実在していたらという内容だ。

主人公・人吉爾朗は厚生省の外郭団体「超過人口審議研究所」通称「超人課」のメンバーであり、「超人」を発見・確保・保護し、安全に管理する任務を行い、秩序確保を行う。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

昭和ヒーロー、魔法少女、オバケ、ロボット刑事、ウルトラマン等それぞれ昭和をモチーフとしたキャラクターを思わせる内容になっていて、該当作品のファンはニヤリとさせられるんじゃないんでしょうか。
ここから考察です。


また、ただのごった煮作品ってわけでもなく、話もちゃんとしています。
様... ▼もっと読む

総合得点 58.6 感想・評価 247 棚に入れた人 1137
★★★☆☆ 3.4   物語 : 3.0  作画 : 3.3  声優 : 3.7  音楽 : 3.3  キャラ : 3.5

水と緑の惑星アクアフォール。
突如降り注いだ隕石群は悪しきモノを放ち、それにより、大地に生きる全ての生き物に消滅の危機が広がっていった。「あたし、シロップ。早速だけど、あなた、<アクアフォール防衛隊>に入隊しない?只今、隊員大募集中なのっ。」お喋りでいつも腹ぺこな妖精<シロップ>が見込んだ隊員候補は3人の竜族の少女。笑顔を忘れた少女<レヴィアタン>、自由奔放なお嬢様<バハムート>、心優しい力持ち<ヨルムンガンド>。竜族の三人と小さな妖精が<アクアフォール防衛隊>として結束してゆくグローイングアップ・ストーリー☆

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

放送期間:2013年4月~2013年7月
視聴期間:2013年4月~2013年9月
視聴話数:1~13

第6話の翌週は特番『絶対防衛レヴィアタンスペシャル 絶対みせちゃいたいもん!』が放送された。
『絶対防衛レヴィアタン ミニ 焚き火劇場』
2013年7月から9月にかけて、テレビ... ▼もっと読む

総合得点 69.2 感想・評価 125 棚に入れた人 1015
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.8  作画 : 3.8  声優 : 3.7  音楽 : 4.0  キャラ : 3.8

1995年の春休みに起きた事件。選ばれし子供達が初めてデジモンと接触した日、そして「なぜ彼らが選ばれたか」かの原因になったある事件を描く。TV版のプロローグ的な話である。なおこの事件後のTV版では一般に「光が丘爆弾テロ事件」として報じられた。この事件がきっかけで太一たちは選ばれし子供になった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

TV版の4年前の話
TV版でも途中で語られる話なので
デジモンを一度も見たことない人はこちらから見たほうがいいでしょう

TV版よりも大きく目が違ってたりアグモンになってからは喋らなくなったりと
怪獣のようなアグモン・・・すごい迫力です。
ちいさい頃の選ばれし子供たち・・・ちゃんと... ▼もっと読む

総合得点 61.9 感想・評価 125 棚に入れた人 759
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.6  作画 : 3.6  声優 : 3.6  音楽 : 3.6  キャラ : 3.6

超人主義者の学生が起こした新宿擾乱の結果、国家は管理外の超人たちを犯罪集団として危険視するようになった。
巨大ロボットの導入で強化された国家公共保安部隊は、爾朗の抜けた超人課や来人たちを指揮下におき、治安出動への訓練を強行する。
そのとき、鷲巣雄星と名乗るアンドロイド戦士がUFOで飛来した。
彼は宇宙の知的生命体がつくる平和連合からの使者で、数々の星系を消滅させたS遊星人を捕獲するため、地球に来たという。(14話あらすじ)

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

2016年4月~7月放送。分割2クールの2クール目。第14話から第24話までの11話。オリジナルです。
全話見て、頭の中が整理できずしばらくは何を書けば良いのかと思っていました。(ジョーカー・ゲームに浮気もしてましたがw)
癖が強く自分の頭で考えなければならない作品で、最後まで本当に素晴ら... ▼もっと読む

総合得点 60.6 感想・評価 160 棚に入れた人 746
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.5  作画 : 3.7  声優 : 3.5  音楽 : 3.4  キャラ : 3.4

謎の奇病“メドゥーサ”が世界中にまん延し、人類は治療法を未来に求めることに。カスミ(花澤香菜)をはじめ選ばれた160人は、古城に作られた冷凍睡眠施設で眠りにつくが、目覚めるとそこは異様な空間に変わり果てていた。仲間たちが正体不明の奇獣に襲われ次々に命を落とし、何とか生き残ったカスミたち7 人の命懸けの脱出が始まる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

視聴前データ
原作・未
事前評価・あり
絵を見た第一印象・良
多少グロあり

 いわゆる予告編を見て一目惚れした作品ですね。まぁ、面白くない予告編などないという話もききますがw

 致死率の高いウィルスから人類を守るために行われた、大規模なコールドスリープ。その中で起こる事件に... ▼もっと読む

総合得点 54.0 感想・評価 128 棚に入れた人 727
★★★☆☆ 3.0   物語 : 2.7  作画 : 3.2  声優 : 3.2  音楽 : 3.0  キャラ : 3.1

原作:松井健/伊藤桃香/GAINAX、監督:大野木彩乃、キャラクターデザイン:川元まりこ、プロデューサー:アサオヨシノリ、脚本:兵頭一歩、音響:小泉紀介、キャスティング:藤崎淳/中村賢一、荒川美穂、山寺宏一、新谷良子、竹内良太、村川梨衣、新井里美、南條愛乃、岩田光央、小松未可子、千葉繁、小岩井ことり、西口杏里沙、寺崎裕香、山口勝平、、、

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

かなり良い作品で作画が素敵なショートアニメです。

ご当地魔法少女が「マガツヒ」と戦う変身ヒロインアニメ

残念なのは47地域を制作できなかったのが惜しいです。
どれも楽しいですけど石川県の犬鷲由里がインパクト
ありました♪

続編希望です(*^^*)☆

... ▼もっと読む

総合得点 65.9 感想・評価 111 棚に入れた人 709
★★★☆☆ 3.9   物語 : 3.9  作画 : 4.0  声優 : 3.9  音楽 : 3.7  キャラ : 4.0

木の葉の里に、死んだはずの“ 暁 ”メンバーたちが襲来してきた。ナルト達は撃退し、家族たちが暖かく迎える。ただ一人、天涯孤独の身であるナルトを除いて・・・。
そんなナルトと、ささいな親子げんかで家を飛び出してきたサクラの前に“ 仮面の男 ”が現れ、恐るべき瞳術を発動させる。ふと気がつくと仮面の男は消え去り平穏な木の葉の里が帰ってきた。だが、そこに住む人々は何かがおかしい。さらにナルトの元には、本来この世にいるはずのない男女二人が・・・。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

これもまた、なぜか公開日に見に行ったんだが

今までのナルトの劇場版は結構見ている方だが

結構良かった。

原作者考案だったが
あんまり気にしないでみた。

実際、これは原作を知っている人じゃないとあまり楽しめない作品だと思う。(まぁ見る人はほとんど知っている人だと思うが)... ▼もっと読む

総合得点 58.0 感想・評価 89 棚に入れた人 619
★★★☆☆ 3.4   物語 : 3.3  作画 : 3.4  声優 : 3.4  音楽 : 3.3  キャラ : 3.4

『NARUTO-ナルト-』を原作とした「ナルトの子供たち」の世代の物語。

平和とともに近代化が進んだ木ノ葉隠れの里。
高いビルが立ち並び、巨大モニターには映像が流れ、区画と区画を結ぶ雷車が里の中を走り抜ける。
忍の里とはいえ一般の人が増え、忍の生き方も変わりつつあるそんな時代――

里のリーダー、七代目火影・うずまきナルトの息子であるボルトは、忍者を育てる学校”忍者学校(アカデミー)”に入学する。
周りの生徒達はボルトの事を”火影の息子”と偏見の目で見るのだが、ボルトは持ち前の破天荒な性格でそんなものは跳ね飛ばす!

ボルトは新しい仲間と出会い、そして勃発する謎の事件にどう挑むのか!?
みんなの心の中を疾風の如く駆け抜けていく”うずまきボルト”の物語が今、始まる!!

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

総合的には面白いと思う。
作画、音楽、テンポ共に長編アニメとしてはかなり優れている。前作、ナルト疾風伝の良いところを確実に受け継いでいる。

一方でやはりナルト疾風伝と比較して、原作ファンとしては見ていて冷める部分も多い。
異常なほど質が上がりすぎているアカデミー生あたりは特に目に付い... ▼もっと読む

総合得点 65.8 感想・評価 95 棚に入れた人 526
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.4  作画 : 3.5  声優 : 3.7  音楽 : 3.5  キャラ : 3.8

職員旅行で同じ埼玉県内の奥秩父の温泉に出かけたふたば幼稚園の先生たちが、巨大な怪獣を目撃。取り調べを受け、足止めを喰らったことから、翌日、幼稚園は休みになった。この知らせに喜んだしんのすけは、早速留守番をサボって散歩に出かけるが、途中、地面に突っ伏して倒れている・丹波・と名乗るおじさんを発見。風呂に入りたいと言う彼を家に招待すると、一緒に楽しい一時を過ごすのだった。ところがその翌日、野原一家は・日本人の心・である全国の温泉を秘かに管理、維持している政府機関「温泉Gメン」の基地に連れさらわれてしまう。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

温泉を破壊しようと企むYUZAMEの最終的な動機が爆笑www

それと民間自衛隊のInvasion of Astro-Monster
は死亡フラグですから!!wwwww
まあ敵組織のYUZAMEもゴジラのテーマで返り討ちにしたからwww

玄田さん「馬鹿逃げるな!!アレはゴ... ▼もっと読む

総合得点 55.9 感想・評価 115 棚に入れた人 469
★★★☆☆ 3.1   物語 : 3.3  作画 : 3.1  声優 : 3.2  音楽 : 3.0  キャラ : 3.1

ULTRA SUPER ANIME TIME枠にて放送。

突如として現代に姿を現し、襲いかかる謎の怪獣たち。

極限状態の中、ただただ翻弄される人々。

怪獣はなぜ出現し、人を襲うのか・・・.

科学者・番場宗介は、キーワード「影鰐」を手掛かりに真実を追う。

新感覚パニックサスペンスアニメーション。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

まずは箇条書き。

・紙芝居アニメで動きが少ない分、演出が良い
・1話8分程度で、短い分余計な要素が入っていない(多分)。
・奇獣のデザインが毎回素敵
・日本むかしばなしの影鰐とちょっと違う(陸にもあがれるとか…)

奇獣が出てきてから各話の終わり... ▼もっと読む

総合得点 68.3 感想・評価 51 棚に入れた人 393
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.9  作画 : 3.7  声優 : 3.8  音楽 : 3.6  キャラ : 3.8

人気アニメ「ドラえもん」の映画版第19弾「のび太の南海大冒険」と併映された短編アニメ。未来の世界に帰ることになってしまったドラえもん。突然の出来事にのび太はショックを隠せない。彼はドラえもんを必死でひきとめるが、ついにある決心をする。それは、ドラえもんが安心して帰れるように、これからは自分ひとりで問題を解決しようとするものだった。いよいよせまった別れの日。町へ散歩に出たドラえもんとのび太の前にジャイアンが現れる。いつものようにケンカをふっかけてくるジャイアン。そこでのび太がとった行動とは…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

試写会で観て、ついにVFXで世界レベルで出せるものができたなと!

ぬらりひょんの変態すげー
西くんもいいけど、鈴木さんが自然すぎて良いおっさん!
まさに漫画から飛び出てきた感じ。
下手な実写よりCGとの親和性が良く、PVでのクオリティを全く下げなかったのが凄い‼︎
最近良くあるP... ▼もっと読む

総合得点 58.6 感想・評価 80 棚に入れた人 351
★★★☆☆ 3.3   物語 : 3.1  作画 : 3.3  声優 : 3.5  音楽 : 3.2  キャラ : 3.5

野原家の前に突如現れた時空調査員「ミライマン」。
「3分後に怪獣が現れる。3分後の未来に行ってその怪獣を倒さないと現実に怪獣が現れることになる!」
 世界滅亡を防ぐため、ミライマンはそう告げると野原一家に地球防衛という大役を一任してしまう。ミライマンの力で変身を果たして難なく怪獣を倒す野原一家。そんな世界に浸り始め、変身できることに夢中になっていく。
 そんな世界に夢中になっていくにつれ、ひろしとみさえはヒーロー気取りで自分達が世界を守っている、という気持ちになっていく。だが、どんどんと強い怪獣が後から後から現れ、だんだんと現実世界が危なくなっていく。そこで、遂にしんのすけが立ち上がる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

あながち間違っていない夢落ちから始まり
可愛い(?)少女(=みさえ)が怪獣と戦い
中途半端なヒーロー(=ひろし)が怪獣と戦い
おまるな正義の味方(=ひまわり)が怪獣と戦い
ウルトラマンなウルトラマン(=しんのすけ)が怪獣と戦い
怪獣を吸収して世界を救うお話
ぶりぶりざえもんやらカン... ▼もっと読む

総合得点 55.6 感想・評価 53 棚に入れた人 338
★★★☆☆ 3.3   物語 : 3.3  作画 : 3.2  声優 : 3.3  音楽 : 3.2  キャラ : 3.3

女王制の国グラールの北方、辺境の地セラフィールドで生まれ育ったフィリエル・ディーは15歳になり、伯爵家の開く舞踏会に参加することを楽しみにしていた。舞踏会の日の朝、幼なじみルーンから渡された青い石の高貴なペンダント。このペンダントがきっかけで、フィリエルが実は女王家の姫であることが判明する。

総合得点 63.3 感想・評価 37 棚に入れた人 247
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.4  作画 : 3.4  声優 : 3.6  音楽 : 3.5  キャラ : 3.4

2006年、世界は原因不明の大量自殺・殺戮行為を引き起こす「アルジャーノン」と呼ばれる怪奇現象に冒されつつあった。そしてジオフロント型地下遊園地「ボトム・ザ・ワールド」で、開園セレモニーの準備中に謎の大量死亡事故が発生する。対アルジャーノン研究組織「モーディワープ」の都古麻御は、この事故をアルジャーノンが原因と断定する。時を同じくして蒼斧蛍汰は閉鎖されているはずの「ボトム・ザ・ワールド」の事故現場に偶然入り込んでしまう。そして彷徨う内に巨大メカ(ニューロノイド)「覚醒人1号」と遭遇。その操縦席には、蛍汰の幼馴染である彩火乃紀が搭乗していた。「覚醒人1号」のもう1人のパイロットであるカクタス・プリックルが突如出て行ったことで、搭乗者が2人一組で無ければ動かない「覚醒人1号」は立ち往生していた。そこへ暴走したアトラクション用ロボット達が襲い掛かる。なりゆきで操縦席に乗り込んだ蛍汰はパイロットとなり、アルジャーノンの調査を行うこととなる。コントレーラーの内部にいる紗孔羅は呟く…。「来るよ…来るよ…貴方は…ベターマン!!」

総合得点 55.4 感想・評価 27 棚に入れた人 179
★★★☆☆ 3.1   物語 : 2.9  作画 : 3.0  声優 : 3.4  音楽 : 3.1  キャラ : 3.3

21世紀初頭の東京ではなぜか月曜日ごとに、マニアックでどこかいやらしげな姿の怪獣が頻繁に出現していたが、その度ごとに謎のヒーロー・UFOマンが怪獣を倒してくれていた。怪獣とUFOマンとの闘いは人々の生活に馴染んでおり、人々は闘いを楽しんでいるようだった。

そんなある日、白絹たち3人が井ノ頭公園に来ていたところに怪獣が出現。UFOマンが現れるが、3人が怪獣に近づいていたためにあやまって3人を踏み潰してしまう。責任を感じたUFOマンは3人に自分の魂と身体の一部を分け与え、以後3人はUFOマンに代わって怪獣たちと闘うことになる。

ちなみに、UFOマンと白絹たち3人との出会いの部分のストーリーは『ウルトラマン』第1話のパロディとなっている。

総合得点 62.7 感想・評価 37 棚に入れた人 163
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.6  作画 : 4.0  声優 : 3.8  音楽 : 3.7  キャラ : 3.6

「ゴジラ」シリーズ初のアニメ作品として製作された劇場3部作「GODZILLA」の第2章。ゴジラに蹂躙された地球を取り戻すため決死の戦いに挑んだハルオをはじめとした人類だったが、地中深くから現れた真のゴジラ=ゴジラ・アースに敗退。ハルオは、かつての地球人類の生き残りと目される「フツア」と呼ばれる民族の少女ミアナに助けられる。フツアもかつてゴジラに敗れたと言い伝えられていたが、彼らの持つ金属のナノメタルが、21世紀に対ゴジラ決戦兵器として開発されたメカゴジラを構成する物質と同じものであることが判明。メカゴジラの開発プラントがいまだ残されていることが明らかになり…。

http://godzilla-anime.com/

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

  まさか、平日昼間、初日観れるとは思わなかったです。

 「GODZILLA 怪獣惑星」の続きのお話です。前回、ゴジラを倒したと思っていた矢先、さらに巨大な筋肉ムキムキゴジラの襲撃に合いハルオ達、壊滅させられたように見えた展開からどうなるのかなぁ?です。あの謎の少女は一体?です。

... ▼もっと読む

総合得点 60.0 感想・評価 37 棚に入れた人 159
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.4  作画 : 3.6  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.7

沖縄の精霊たちと人々の交流を描く作品

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

1期の感想でも書いた通り、喜屋武七緒の声が大好きだったので声優さんの変更は悲しかったです。

ストーリーが、気持ち弱くなったような感じもしましたが、相変わらず沖縄弁を楽しむことができました。

個人的には、イーナ役の五十嵐裕美さんの演技が一人突出していたような気がします。

これか... ▼もっと読む

総合得点 67.1 感想・評価 33 棚に入れた人 157
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.8  作画 : 3.9  声優 : 3.5  音楽 : 3.6  キャラ : 3.7

サモア諸島東南2000キロ“オウストラル島”。 地図からその名を消去された島の秘密を探るべく田神悠宇(たがみ ゆう)は、亡き父の遺志を継ぎ、冒険の旅に出る。父の友人ドクター・ウェィブとその妹ドリス、ウェイブの友人で「船長」と名乗る男の手を借り、島に向かう悠宇を、巨大複合企業“GAIL”(ガイル)とレイディ・リンクス率いるギャング団“クーガー・コネクション”が狙う。ようやく島に降り立った悠宇たちだが、突然、謎の怪物に襲われる。絶体絶命と思った時、目の前に青い巨人のようなロボットが現われ怪物を破壊、悠宇を救う。初めて出会う人智を越えた存在にも関わらず、何故か暖かさと懐かしさを感じる悠宇。島の住民から“神の使い”と呼ばれる巨人ゴーグの導きのもと、“GAIL”の戦闘部隊の追撃を躱しながら悠宇が辿りついたのは、地下深くに隠されていた異星文明の遺跡と、3万年の眠りから目覚めた異星人との出会いだった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

原作無しのオリジナルアニメ。キャラクターデザインも監督も安彦良和大先生(たぶんストーリーのメインプロットも)。

制作当時の毎週テレビ放映される作品としては考えられないくらい、作画がきれいで良く動きます。

確か、当時にしては珍しく放送のかなり前から制作してたはず。
... ▼もっと読む

総合得点 57.2 感想・評価 59 棚に入れた人 144
★★★☆☆ 3.3   物語 : 3.1  作画 : 3.3  声優 : 3.4  音楽 : 3.2  キャラ : 3.5

ウルトラマンシリーズに登場する怪獣たちを人気絵師によって擬人化する、プロジェクト「ウルトラ怪獣擬人化計画」のショートアニメ。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

主題歌が非常に短く流れてますがフルコーラスだと長いです。
CDは通常盤と1話2話収録のDVD付きの豪華盤
それぞれの怪獣娘に在ってるのでキャスティングは良いです。
確実に演出スタッフの声優さん選びが上手く行ってる証拠だ。
ユニット名の「かぷせるがーるず」はネットでの一般公募だけど言いや... ▼もっと読む

総合得点 60.9 感想・評価 30 棚に入れた人 137
★★★☆☆ 3.3   物語 : 3.1  作画 : 3.2  声優 : 3.3  音楽 : 3.3  キャラ : 3.4

東映テレビ部の企画制作によるロボットアニメ第一弾。アニメ映像の実製作は、現在のサンライズの前身・創映社。古代に地球に飛来し、好機を狙っていたキャンベル星人が、悠久の時を経て侵略活動を開始した。科学機関・南原コネクションの南原博士は、合体戦闘巨大ロボのコン・バトラーVを建造。孫娘ちずるを含む5人の少年少女に人類防衛の使命を託す。戦いの中で南原博士を失ったコン・バトラーチームは、なおも侵略者勢と戦う。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

「ゲッターロボ」のアニメ的合体ではなく、玩具になってもちゃんと合体出来る最初のロボットアニメ。
5台の各種マシーンが合体して巨大ロボになるフォーマットはスーパー戦隊でも引用されていく。
創映社から日本サンライズに改名する間際の作品で、のちのロボットアニメに引き継がれて行くフォーマットもほぼ... ▼もっと読む

総合得点 60.0 感想・評価 30 棚に入れた人 119
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.4  作画 : 4.1  声優 : 3.3  音楽 : 3.5  キャラ : 3.3

眠り続ける超巨大発電体33号――通称「エレキマグマ」に電力を依存している都市。

ある時、謎の超巨大ロボット「プロトタイタン」が天空より飛来し、結果的に都市を破壊!

行き場を失った電力の体内蓄積により、ついに覚醒するエレキマグマ!!

逃げまどう人々の頭上で、超巨大スケールの1ターンバトルが幕を開ける!!!

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

[文量→中盛り・内容→感想系]

【総括】
日本アニメ(ーター)見本市の作品群。監督は「サカサマのパテマ」などで知られる「吉浦康裕」さん。レビュタイ通りだが、怪獣と巨大ロボの対決を迫力たっぷりに描いている。特撮好きなら、間違いないだろう。

《以下ネタバレ》

... ▼もっと読む

総合得点 51.8 感想・評価 32 棚に入れた人 114
★★★☆☆ 3.0   物語 : 2.7  作画 : 3.1  声優 : 2.9  音楽 : 3.1  キャラ : 2.9

2015年京都。

甘匠堂十五代目店主として店を支える「京極大次郎」。

ある日、大次郎はお店の地下に眠る「ドアマイガーD」を発見。

時を同じくして京都の街では凶悪メカ「メカイジュウ」が暴れだした!

ドアマイガーDとは一体何なのか!

古都・京都でいったい何が起きているのか!?

総合得点 59.4 感想・評価 24 棚に入れた人 100
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.2  作画 : 3.8  声優 : 3.8  音楽 : 3.4  キャラ : 3.4

アニメーション映画『GODZILLA』(通称:アニゴジ)がついに最終章を迎える。

二万年後の地球で繰り広げられた、<ゴジラ>とそれに抗う人類の物語。最終章『星を喰う者』では、超科学が生み出した<メカゴジラシティ>をも焼き尽くし、地上の覇者となった究極の生命<ゴジラ・アース>と高次元怪獣<ギドラ>が相まみえる。

『アニゴジ』の誕生は2017年。これにより『ゴジラ』は新たな領域へ足を踏み入れた。同年11月公開の第一章『GODZILLA 怪獣惑星』はゴジラ映画史上初の3DCGアニメーション作品であり、その映像体験は大きな驚きと称賛をもって迎えられ、第二章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』は、アニメーションならではの<メカゴジラ>の新解釈で観客を圧倒した。

そして最終章では、虚空の神<ギドラ>と破壊の王<ゴジラ>がついに激突。戦いの果てに待つのは、人類への啓示か。

監督は、昨年公開の劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』で邦画年間興行収入ランキング1位を獲得し、確かな演出力を遺憾なく発揮する静野孔文と3DCGの第一線で培われた手腕を『シドニアの騎士 第九惑星戦役』、『亜人』、『BLAME!』で磨きあげ、余すことなくその魅力をフィルムに焼きつける瀬下寛之が務め、両者の最高のコンビネーションは最終章でも見事に発揮されている。ストーリー原案・脚本は、『魔法少女まどか☆マギカ』や『PSYCHO-PASS サイコパス』などで知られる虚淵玄が担当。観る者全てを出し抜く突破力抜群のアイデアに今作でも驚かされるのは間違いない。

制作は米国エミー賞最優秀賞(デイタイム・エミー賞アニメーション番組特別部門最優秀賞)を4度受賞を果たし、直近では「スター・ウォーズ」シリーズの最新アニメーション作品「Star Wars: Resistance」を手掛けるなど、国内外から高い評価を得ている3DCGスタジオ、ポリゴン・ピクチュアズ。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

 前作でゴジラを倒す機会を目前に思いとどまったハルオ、これからどうなるのかなぁなお話です。

 これまであの手この手で、戦いを挑んだけどもうだめ状態、ハルオたちに広がる中、遂に行動を起こした最初からいたメトフィエスだったです。
 あからさまに怪しそうな振興で、言葉巧みに生き残った人たちを... ▼もっと読む

総合得点 54.2 感想・評価 23 棚に入れた人 93
★★★☆☆ 3.1   物語 : 3.0  作画 : 3.1  声優 : 3.3  音楽 : 3.2  キャラ : 3.1

行方不明の父親・ジェレディ博士を探して仲間と旅を続ける少年・チェイス。
旅のさなか、チェイスは偶然にも父が開発した、巨大モンスターを現出させる装置・コアを手に入れた事から、様々な組織に狙われる事になってしまう。
しかし、チェイスは持ち前の勇気と諦めない心を原動力に、これら組織と立ち向かうチームコアテックを結成。様々なコアモンスター・モンスーノを頼れる相棒として戦っていくのだ。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

最初で挫折する方、多いかもしれませんがこれは要はアメリカがポケモンを作った結果カブトボーグのようになってしまったアニメです。
基本はポケモンのようにコアを投げてスピンさせてモンスーノ召喚して戦うアニメです。しかしあろうことか毎回何かしら破壊(例;研究所、図書館、廃墟のビル、ラーメン屋(今のと... ▼もっと読む

総合得点 53.9 感想・評価 29 棚に入れた人 88
★★★☆☆ 3.1   物語 : 2.9  作画 : 3.0  声優 : 3.2  音楽 : 3.1  キャラ : 3.2

人類と怪獣との戦いは遠い昔。
かつての怪獣の魂を宿した少女”怪獣娘”たちが
現れるようになった時代。
晴れてGIRLSの一員となったアギラ、ミクラス、ウインダムは
着実に成長し、充実した日々を送っていた。
そんなある日、新種の「シャドウ」が
トラブルを起こしているという情報が入る。
一方、GIRLSのメンバーの「ガッツ星人」は、
不思議な体調の変化を感じていた……

総合得点 61.5 感想・評価 15 棚に入れた人 86
★★★☆☆ 3.3   物語 : 3.4  作画 : 3.1  声優 : 3.3  音楽 : 3.2  キャラ : 3.4

婦人生活社の育児雑誌『プチ・タンファン』に連載された、青沼貴子の漫画をアニメ化。通称『ママぽよ』。保与田(ぽよた)未来・源大の新米夫婦は、生まれたばかりの長男ヒョウガと長女ジュラに振り回されっぱなし。若いパパとママが、子育てに奮闘する毎日がコミカルに描かれる。タイトルの「ぽよぽよザウルス」とは、かわいいけれど恐竜さながらに大暴れする子供たちのこと。なお、原作は作者の実体験を元にしており、青沼家の実名が使用されているが、アニメ化にあたりオリジナルの名前に変更されている。

総合得点 53.1 感想・評価 14 棚に入れた人 81
★★★☆☆ 3.2   物語 : 2.9  作画 : 3.4  声優 : 3.3  音楽 : 3.0  キャラ : 3.2

「6HP」という物語、とは何か?
戦後の日本の文化に芽生えた、魔女モノの番組は、アメリカの実写コメディ番組、「奥様は魔女」あたりに端を発する。
そのムードを模倣しつつも、どこか貧しさの陰影がつきまとう形で、女性主人公の魔女モノのアニメは誕生し、それらは絶大な人気を博し、時代を超えて日本アニメの大きなジャンルになっている。
アーティスト村上隆の求めるテーマはデヴュー以降一貫して<戦後の日本の文化の奇怪な姿>の描写である。
アメリカからの輸入文化であったはずの魔女モノのアニメの日本での発展育成を批評的に眺め、その中でお話に落とし所がつけられるのか否か。
そういう挑戦が、この作品の中心にある。

総合得点 50.0 感想・評価 14 棚に入れた人 74
★★☆☆☆ 2.9   物語 : 2.9  作画 : 3.0  声優 : 2.9  音楽 : 2.8  キャラ : 2.8

2047年の未来、地下5万mにある“神話層”から高純度のエネルギー金属・ガイメタルが発見された。ガイメタルは世界中で発掘されるようになったが、2055年になって、全身をガイメタルで覆った金属生命体ガイストが出現して人々を襲い始めた。ガイストに対抗するため、人類は超国家ガイスト対策組織「ガイストクラッシャーギャリソン」を設置、ガイストとの戦いを開始する。

総合得点 54.4 感想・評価 10 棚に入れた人 56
★★☆☆☆ 2.8   物語 : 2.7  作画 : 2.9  声優 : 2.9  音楽 : 2.8  キャラ : 2.8

特撮作品の老舗・円谷プロを代表する「ウルトラマン」世界のアニメ化。独自のSF設定とアニメ表現がふんだんに用意された。宇宙ステーション隊員・ヒカリ超一郎は、謎の超人ウルトラマンと合体、地球に出現する怪獣群と戦う。平常も対怪獣組織・科学警備隊の一員となって活躍するヒカリだが、やがて宇宙の巨敵ヘラーが地球にも魔手を伸ばしてきた。だがそのヘラーとは、ウルトラマンこと戦士ジョーニアスと同じ星U40の宇宙人でもあった!

総合得点 64.6 感想・評価 11 棚に入れた人 42
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.4  作画 : 3.9  声優 : 3.6  音楽 : 3.9  キャラ : 3.4

 東映長編漫画映画の第6作。日本神話を題材にした冒険活劇アニメ。様式化された美しい画面、スピード感あふれるアクション、「ゴジラ」音楽で有名な現代音楽の巨匠・伊福部昭の力強い音楽など印象深い作品。幼い王子・スサノオは母・イザナミの死がどうしても納得できず、母親が行ったという“黄泉の国”を探しに海へと乗り出す。旅の途中、夜の国に住む兄のツクヨミや、高天原を治める姉のアマテラスを訪ねるがどちらも黄泉の国への道のりを教えてはくれなかった。しかたなく高天原で働くことになったスサノオだったが、持ち前の負けん気がわざわいして失敗が重なり国を追い出されてしまう。出雲の国へとやってきたスサノオは、そこで美少女クシナダ姫に出会い、彼女が八つの頭を持つ大蛇・ヤマタノオロチに生贄とされると聞き、怪物退治に一肌脱ぐことになるのだが…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

東映動画のファンタジーアニメ―ション映画

その後日本で長く営まれることとなるアニメーション映画の制作方法等は
この「わんぱく王子の大蛇退治」から考案されたとのこと。

ストーリー的にも家族、ボーイミーツガール、アクション、冒険等を取入れ
起承転結のしっかりした構成が確立されてます... ▼もっと読む

総合得点 計測不能 感想・評価 8 棚に入れた人 39
★★☆☆☆ 2.9   物語 : 2.8  作画 : 2.8  声優 : 2.9  音楽 : 3.0  キャラ : 2.8

『カバトット』に続いてタツノコプロが製作した月~土曜夜の5分番組第2弾。再放送も含め、およそ300 話が放映された。町外れの池に暮らす怪獣タマゴン。彼は卵を食べることで、他者の悩みを解決するさまざまなカウンセラー怪獣を生み出すことができるのだ。卵を手に解決を望んでやってくる人々の依頼を受け、次々といろんな怪獣を誕生させるタマゴン。しかしみんなのためと思って出した怪獣たちは必ずしも成功しない……。タマゴンの声は『グズラ』『ハクション大魔王』『カバトット』などタツノコプロではおなじみの大平透が演じた。

総合得点 計測不能 感想・評価 7 棚に入れた人 38
★★★☆☆ 3.4   物語 : 2.9  作画 : 3.9  声優 : 3.4  音楽 : 3.3  キャラ : 3.2

元々は『機動戦艦ナデシコ』の劇中劇であったが、あまりの人気のためスピンオフして制作されたOVA作品。制作陣の70年代のロボットアニメに対する愛情とオマージュに溢れた一作。なお、ゲストとしてナデシコ本編のキャラクターたちが登場する。 地球征服を企むキョアック星人の魔の手を退けるため、国分寺博士は超古代縄文人が遺した設計図を基に、熱血ロボ・ゲキガンガー3を建造。3人の若者を操縦者に任命し、キョアック星人との熾烈な戦いを続けていた。そんなある日、宇宙から超古代縄文人が来襲。その恐るべき戦力の前に、ゲキガンガーとキャック星人のアカラ王子は共闘を余儀なくされる。

総合得点 計測不能 感想・評価 8 棚に入れた人 25
★★★☆☆ 3.4   物語 : 3.3  作画 : 3.4  声優 : 3.6  音楽 : 3.4  キャラ : 3.4

原作は「増刊少年サンデー」に連載され、特撮やアニメのパロディをふんだんに盛り込んだ安永航一郎の同題コミック。もとはOVAとして発表されたアニメの劇場公開版である。主題歌をRCサクセション(当時)の忌野清志郎が歌った。日本征服を狙う謎の電柱組に対し、高校生の盛田・助久保・あき子は教師・炉縁(ろべり)の県立地球防衛軍へ入隊することに。一同は電柱組から脱走したサイボーグのカーミ・サンチンをかくまったため、敵の女幹部バラダキと戦う。

総合得点 計測不能 感想・評価 4 棚に入れた人 25
★★☆☆☆ 2.9   物語 : 2.8  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

 東京に正体不明の怪獣が20体突如現れた。
 シュールな世界観の中で、”怖(こわ)カワイイ”愛玩怪獣たちが次々と登場し、縦横無尽に暴れまわる。玩具のような外見の彼らは、見た目も行動もそのすべてが人間の想定外。人類に未来はあるのか、ないのか?

総合得点 計測不能 感想・評価 6 棚に入れた人 24
★★★☆☆ 3.0   物語 : 2.9  作画 : 2.8  声優 : 3.0  音楽 : 3.1  キャラ : 3.0

 「恐竜」シリーズ第一弾。地殻変動によって地下に生き長らえていた恐竜たちが地上に出現した。国際自然保護連盟はボーンフリー隊を組織、環境の変化や金儲けを企む悪人たちから恐竜を守ろうとする。人物シーンのみアニメーションで製作、実写と合成した意欲作で、本作や『プロレスの星 アステカイザー』など、「ウルトラ」シリーズからの脱却を図り新しい物を作ろうとした円谷プロの姿勢は評価できる。

総合得点 計測不能 感想・評価 8 棚に入れた人 20
★★★☆☆ 3.3   物語 : 3.1  作画 : 4.1  声優 : 3.1  音楽 : 3.2  キャラ : 3.1

実写映像を一切使用せず、すべてをCGだけでつくり上げた異色の怪獣特撮映画。若手映像クリエイターの粟津順監督が、音楽と声優以外のすべてを一人で手掛けた渾身作。昭和百年(西暦2025年)、火星から帰還してきた宇宙貨物船が日本に墜落、積載されていた怪獣ネガドンが目を覚ましてしまう。人類の危機を前に、ロボット工学の権威・楢崎龍一が、亡き娘との約束を果たすため立ち上がる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

あっれ~おかしいなこれ特撮なのになんであにこれにあるんだろう・・・
って思ってたらCGアニメなんですね!!!

いや本当にこれ前見たときは特撮だと信じ切ってました。
人物とかすごくリアルなので、ちょっと特殊な撮影手法なのかな程度にしか思ってなかったんですけど・・・人間もCG。怖い。
... ▼もっと読む

総合得点 計測不能 感想・評価 8 棚に入れた人 19
★★★☆☆ 3.2   物語 : 2.9  作画 : 3.3  声優 : 3.4  音楽 : 3.3  キャラ : 3.3

永井豪原作のヒーローが競演するマジンガーシリーズ劇場オリジナル作品第3弾。東京上空におびただしい流星雨が降った夜、それに紛れて謎の円盤が現れた。円盤は鉄を食べて成長する宇宙怪獣ギルギルガンを放って、地球制覇の足がかりにしようとしていたのだ。円盤の怪電波をキャッチした早乙女研究所はゲッターチームを、科学要塞研究所はグレートマジンガーを出撃させるが、両者が互いに競争しあい、バラバラに攻撃したため、任務は失敗に終わってしまう。はたして強敵ギルギルガンを倒せるのか!?

総合得点 計測不能 感想・評価 4 棚に入れた人 19
★★★☆☆ 3.2   物語 : 2.8  作画 : 2.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.8  キャラ : 3.3

絶大な力を持つと言われるアンターレス大魔玉をめぐり、ゴローたちがサゾリオン帝国と戦う。前企画「ブロッカー軍団IVマシーンブラスター」と同じく、日本アニメーションの「預かり」という立場で葦プロダクションが実制作を受け持った。奇抜な合体をするギンガイザーや、これが初主演となる井上和彦の若々しい演技などが印象に残る。第1話の主人公の初登場シーンでの特徴的な演出や26話でのいささか中途半端とも思えるファイアークラッシャーの演出は視聴者に強い印象を残し、山本弘はこの第1話と26話について後年、雑誌誌上で紹介している。最終回では、ギンガイザーの新必殺技を目の当たりにしたカインダークたちが彼らの実力を認め地球から去っていった。

総合得点 計測不能 感想・評価 4 棚に入れた人 18
★★★☆☆ 3.4   物語 : 3.1  作画 : 3.4  声優 : 3.6  音楽 : 3.5  キャラ : 3.3

1971~73年に「週刊少年チャンピオン」に連載、73年と2001年にTVアニメ化された横山光輝原作によるサイキック・ストーリーのOVAシリーズ全4話。原作の第2部までの流れをアニメ化している。主人公の高校生・浩一を草尾 毅、ヒロインのジュジュを三石琴乃が好演。宿敵ヨミは73年放送のTVシリーズと同じ大塚周夫が演じる。 毎夜不思議な夢にうなされる浩一。それは何者かが“バビル2世"として悪と闘うよう呼びかけるものだった。数日後、謎の少女ジュジュに導かれ奇妙な施設にやってきた浩一は、サイキストとしての能力に目覚めて建物を次々と爆破。さらにその身に危険が迫った時、黒豹・ロデム、巨鳥・ロプロス、巨大ロボ・ポセイドンが姿を現した!

総合得点 計測不能 感想・評価 3 棚に入れた人 15
★★★☆☆ 3.2   物語 : 3.7  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.3

藤子・F・不二雄の名作(すこしふしぎ)短編シアターを出崎哲監督が映像化したオリジナルアニメーション。沖縄に向けて旅行中だったミドリが乗った飛行機が墜落した。墜落したところは一面の植物に覆われた密林の中。奇跡的に助かったミドリは一緒に助かった坂口とともに助けを求めて森をさまよう。ところがどこまで行っても森は続き、たまに見つけた集落でも、いっさい人の影はなく動物さえも見当たらない。不審に思った坂口は街を捜し歩き、人類が絶滅した事実を発見した。人類が滅亡した世界にたった二人残された彼らの運命は……。

総合得点 計測不能 感想・評価 2 棚に入れた人 13
★★★★☆ 4.0   物語 : 4.0  作画 : 3.8  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

それまで日陰の存在だったモンスターたちが突如地球に襲来したエイリアン相手に大活躍する痛快SFアドベンチャー・アニメ。ごく普通の女性がひょんなかことから巨大化してしまったばかりに奇妙な生き物たちと一緒にモンスター扱いされ、果てはエイリアンと戦わされるハメになるさまを、SF映画はじめ過去の名作へのオマージュをふんだんにコミカルに描き出す。声の出演にオスカー女優リース・ウィザースプーン、「24」のキーファー・サザーランド。監督は「シャーク・テイル」のロブ・レターマンと「シュレック2」のコンラッド・ヴァーノン。 今まさに幸せの絶頂にいたスーザン。恋人とついに念願の結婚式を迎えようとしていたのだ。ところが、式の直前しばしテラスでひとり佇んでいたところ、突然落下してきた謎の隕石の直撃を受けてしまう。そして、何が起きたのか分からないまま式に臨んだスーザンの身体はおよそ15mにまで巨大化し、周囲のみならず自らもパニックに陥るスーザン。すると、そこへ軍隊が駆けつけ、彼女を捕獲して連れ去ってしまうのだった。やがて、冷たく固い建物の中で目覚めたスーザンの前には、奇妙奇天烈な生物たちが。彼らはみなモンスターとしてこの施設に監禁されていた。スーザンもまた、事情を説明するモンガー将軍から“ジャイノミカ"と名付けられ彼らの仲間入りとなる。一方その頃、米政府は地球侵略を目論むギャラクサーが放ったエイリアン・ロボットへの応戦に苦しんでいた。窮地に立たされた人類は、ついにモンスター軍団の出動を決断、スーザンも当然のようにエイリアンとの戦いに駆り出されてしまうのだが…。

総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 12
★★★☆☆ 3.2   物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.0  キャラ : 2.5

第49回日本推理作家協会賞を受賞した、梅原克文原作のSF小説をアニメ化。 沖縄の近海にある巨大海洋都市・オーシャンテクノポリスは、謎の異変に見舞われて水没してしまった。現場近くの海底油田採掘基地で責任者として働いていた倉瀬厚志と、たまたま基地を訪れていた娘の美鈴は、それに巻き込まれてしまう。2人の運命は? そしてこの惨劇の原因は?

総合得点 計測不能 感想・評価 4 棚に入れた人 11
★★★☆☆ 3.3   物語 : 2.5  作画 : 3.5  声優 : 3.3  音楽 : 3.8  キャラ : 3.2

ファンの多い東宝特撮映画『海底軍艦』をイメージソースにしたOVAで、同じく東宝より2巻まで発売された。 南極に出現した巨大な円柱型メカ。それの調査に向かった青年・有坂剛は突如その物体から攻撃を受けてしまう。現行兵器をまったく受け付けないその敵を前に為す術がない人類だが、太平洋戦争の終盤に日本海軍が製造したという海底軍艦「ラ號」が現れ敢然と戦いを挑む。オーバーテクノロジーで武装したそれを操っているのは、なんと失踪したはずの剛の父であった? キャラクターデザインに安彦良和、メカデザインには小林誠という豪華な布陣で制作された本作だったが、残念ながら未完で終わっている。

総合得点 計測不能 感想・評価 2 棚に入れた人 11
★★★☆☆ 3.0   物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

タツノコプロが制作した大人気のSFTVアニメ、その劇場版の第一弾。超科学兵団ギャラクターが世界征服を目論む。これに挑むのは、国際科学技術庁直下の秘密平和守備機関「科学忍者隊」。「ガッチャマン」こと大鷲のケンをリーダーとする彼らは、わずか5人の若者だった。ギャラクターのメカ鉄獣(巨大戦闘ロボ)・キングドラゴンが出現。その恐怖の火炎攻撃は、科学忍者隊の愛機である大型戦闘機ゴッドフェニックスを高熱化させての特攻戦法「科学忍法・火の鳥」さえ上回るものだった! 敗北を喫した健たちは愛機を強制冷却させる科学システムを搭載し、再びキングドラゴンに挑むが。TVシリーズ第22話「火の鳥対火喰い龍」のブローアップ版。東宝の児童向けプログラム「夏休み 東宝チャンピオンまつり」内で特撮怪獣映画『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』のリバイバル上映などと同時に公開された。

総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 11
★★★☆☆ 3.0   物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

アメリカの老舗アニメ会社ハンナ・バーベラが円谷プロと共同制作した、海外市場向けのアニメ版「ウルトラマン」。映像実制作の主体は国内の葦プロダクションが担当。アメリカではテレフィーチャーとして初公開された。変幻自在で、分身も生み出す宇宙怪物ソーキンモンスターの一群が地球に迫る。防衛組織ウルトラフォースに参集したスコットたち男女3人の戦士の肉体に、ウルトラの星の戦士のパワーが憑依。ウルトラマンが地球を守る。

総合得点 計測不能 感想・評価 2 棚に入れた人 7
★★★☆☆ 3.0   物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

タツノコプロ制作の大人気SFTVアニメの劇場版・第二弾。世界征服を企む超科学兵団ギャラクター。これに挑むのは、国際科学技術庁直下の秘密平和守護機関でわずか5人の若者から構成される「科学忍者隊」だった。ある日、ギャラクターに長年の研究成果を狙われた科学者・三輪博士は、研究データを愛犬タローに託して脱出させる。三輪博士の研究は、不凍の地に恩恵をもたらす太陽エネルギーの開発。ギャラクターはその超技術を軍事計画に利用しようとしていた。タローに導かれた科学忍者隊は、博士の救出に向かうが……。東宝の児童向けプログラム「冬休み 東宝チャンピオンまつり」の中で特撮怪獣映画『キングコングの逆襲』のリバイバル上映などと同時に公開。

総合得点 計測不能 感想・評価 2 棚に入れた人 6
★★★☆☆ 3.6   物語 : 4.3  作画 : 3.5  声優 : 3.0  音楽 : 3.3  キャラ : 4.3

「トイ・ストーリー」の前身として制作された短編アニメーション。
短編アニメ部門で1988年にアカデミー賞を受賞した。
床の上に置かれたブリキ人形に、人間の赤ちゃんが迫りくる。
可愛らしい赤ちゃんの姿を見て嬉しそうな人形だったが、
他のおもちゃたちが乱雑に扱われるのを知り、逃げ出そうとする。
ところが、動くたびに楽しげな音を出す人形に興味を示した
赤ちゃんが追いかけてきて…。
アカデミー短編アニメーション賞を受賞。
(アニメ映画『ティン・トイ』のwikipedia・公式サイト等参照)



総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 1
★★★☆☆ 3.5   物語 : 4.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 4.5

大富豪の古屋敷の調査依頼がFBIから防衛局に舞い込んだ。その屋敷には幽霊が出るという。ヘルボーイはリズ、エイブ、そしてブルーム教授らとともに現場に向かった。ブルーム教授は若い頃その屋敷に住む女吸血鬼を退治したことがあった。日没後、ヘルボーイたちは屋敷の明かりを消して待機していると、大量の幽霊が怯えながら姿を現した。幽霊たちが向かった先はなんと・・・!ヘルボーイは仲間たちとともに吸血鬼、狼男、そして女神と激しい戦いを繰り広げる!

総合得点 57.8 感想・評価 24 棚に入れた人 56
★★★☆☆ 3.4   物語 : 3.2  作画 : 3.7  声優 : 3.1  音楽 : 3.6  キャラ : 3.4

ドワンゴとカラーの短編映像シリーズ企画「日本アニメ(ーター)見本市」の第9話。

監督:雨宮 哲 キャラクターデザイン:芳垣 祐介 制作:TRIGGER


22年前…

コンピューターワールドの魔王と手を組み、世界を征服しようとした少年、藤堂武史。
かつての闘いで改心した彼は、あのハイパーエージェントの力を必要としていた。
今再び、現実世界に魔王が現れようとしている。

迫る、実体化怪獣!
戦闘コードを入力せよ!
アクセスコードは…“GRIDMAN”

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

今年の1月に見たのをすっかり忘れていた、というかこういうWebアニメをこのサイトが取り扱ってないだろうと思い、棚に入れるのをスルーしていた訳で。
あにこれすげぇな、おい。

まず、特撮の原作の方はすでに数話視聴済みで、かなり気に入ってる作品なのであるが、登場するメカデザインが、スポンサー... ▼もっと読む

<< 前へ 次へ >>
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。