「けものフレンズ(TVアニメ動画)」

総合得点
82.5
感想・評価
1169
棚に入れた
4537
ランキング
327
★★★★☆ 3.7 (1169)
物語
3.8
作画
3.3
声優
3.6
音楽
3.9
キャラ
3.9

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

けものフレンズの感想・評価はどうでしたか?

さんだーばーど さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

大人向けハートフル冒険譚…と思いきや!?

放送当時リアタイで視聴してました。
舞台は廃墟と化した広大サファリパーク(?)と思われるジャパリパーク。

心温まる話、時折見える不穏な人間文明の跡、謎の生命体であるセルリアンとのバトル、感動。ストーリーのバランスが良く、リアタイで観ていて続きが気になる!とめっちゃワクワクしてました。動物の解説やリアルなモーションの追求など、「けもの」へのリスペクトと愛の詰まった作品だと思います。

CGはお世辞にも出来が良いとは言えませんが、前向きで明るいサーバルちゃんと記憶と自信を徐々に取り戻していくかばんちゃんのコンビが大好きです!!

たつき監督さん、続編待ってます。何年、何十年先でも構いません。貴方の作るけものフレンズが観たいんです!!!!!!!!

投稿 : 2022/05/17
閲覧 : 68
サンキュー:

3

ハル さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.7
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 3.5 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

3話でギブアップ

内容・・・幼児向け? 子供達に見せても無反応・・・幼児向けではない?!

ケモナーですが、絵も好きになれず・・・ギブアップですorz

投稿 : 2022/04/08
閲覧 : 68
サンキュー:

1

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

趣味の自主制作12.1話「ばすてき」の感想も。。ただのへたっぴなCG萌えアニメじゃないから1~2話でやめちゃうのもったいないみたい☆

公式のINTRODUCTION
{netabare}
TVアニメ「けものフレンズ」は
この世界のどこかにつくられた
超巨大総合動物園「ジャパリパーク」。
そこでは神秘の物質「サンドスター」の力で、
動物たちが次々とヒトの姿をした
「アニマルガール」へと変身――!
訪れた人々と賑やかに楽しむようになりました。

しかし、時は流れ……。

ある日、パークに困った様子の迷子の姿が。
帰路を目指すための旅路が始まるかと思いきや、
アニマルガールたちも加わって、
大冒険になっちゃった!?
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:けものフレンズプロジェクト
コンセプトデザイン:吉崎観音(「ケロロ軍曹」他)
監督:たつき(「てさぐれ!部活もの」)
シリーズ構成/脚本: 田辺茂範(「団地ともお」他)
音響監督:阿部信行
作画監督:伊佐佳久
美術監督:白水優子
アニメーション制作:ヤオヨロズ(「てさぐれ!部活もの」他)
{/netabare}
キャスト{netabare}
サーバル:尾崎由香
フェネック:本宮佳奈
アライグマ:小野早稀

かばん:内田彩

PPP
ロイヤルペンギン:佐々木未来
コウテイペンギン:根本流風
ジェンツーペンギン:田村響華
イワトビペンギン:相羽あいな
フンボルトペンギン:築田行子

コツメカワウソ:近藤玲奈
ジャガー:津田美波
アルパカ・スリ:藤井ゆきよ
アメリカビーバー:下地紫野
オグロプレーリードッグ:大空直美
ライオン:本多真梨子
ヘラジカ:國府田マリ子
アフリカオオコノハズク:三上枝織
ギンギツネ:相坂優歌
タイリクオオカミ:伊藤かな恵
アミメキリン:野中藍
ヒグマ:松井恵理子
リカオン:立花理香
キンシコウ:和多田美咲
ワシミミズク:上原あかり
フォッサ:七海映子
インドゾウ:幸野ゆりあ
アクシスジカ:早乃香織
キタキツネ:三森すずこ
スナネコ:みゆはん
マーゲイ:山下まみ
カバ:照井春佳
トキ:金田朋子
ツチノコ:小林ゆう
(発表順)
{/netabare}


第1話「さばんなちほー」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ジャパリパークで元気に暮らすサーバルは、ある日、名無しの迷子と遭遇。「かばん」と名付けられた迷子の“正体”を突き止めるため、張り切って図書館を目指すことに…!
{/netabare}
感想
{netabare}

何にもおぼえてなくって自分が人間だってゆうことも分からない「かばん」が
自分の正体を調べるために
ケモ耳少女のサーバルに案内されて図書館まで行こうってするおはなし

けものフレンズたちはいい子みたいだけど
ときどき出てくるセルリアンってゆう青いお化けみたいのは危ないんだって。。

ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ

とちゅうで動物の説明があったりするNHKの子ども番組にありそうなアニメで
今日はいいカバさんに会って助けてもらったりしたけど
ふつうはサーバルとかばんだけみたい

キャラはみんなかわいい少女で
かばんと「けもフレ」たちははCGでちょっとカクカクしてたみたい

おはなしはほとんどなくって
ガケをおりたり水辺に来たり木に登ったりってただ旅をするだけだから
サーベル役の新人声優さんがほとんど1人でおしゃべりしてるだけで
ちょっとかわいそうだった。。


子ども用のおはなしかほのぼのけも耳少女たちの日常みたい

ほのぼのでかわいいのはいいんだけど
おはなしがほとんどないから24分は長いみたい。。
{/netabare}
{/netabare}
第2話 じゃんぐるちほー
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
広大なパークを移動するのに便利な“バス”があることを知ったサーバル一行は、ジャガーの助けも借りてバスゲットに向かう。それらしきものを発見するのだが、運転席がない?
{/netabare}
感想
{netabare}

1話目はフレンズがあんまり出てこなかったけど今回は次つぎ出てた^^

おはなしはだんだんジャパリパークが廃墟になってるって分かってきて
ボスが「新世界より」のミノシロモドキとか
「planetarian」のゆめみみたいで
自分のいた世界が変わっちゃってるのに気がついてなくってかわいそう。。


バスの運転席を運ぶとき橋みたいの作るところはいい案だなって思ったけど
サーバルが背負ってジャンプしたりしてビックリ!!

言葉もしゃべるしもしかしてフレンズってサイボーグ動物とかかも?


これってかばんが図書館に着いて
自分が人間で人類はほろんじゃったとかだったら悲しいおはなしになりそう。。


2話目はいろんなフレンズと謎が出てきておもしろかった☆
{/netabare}
{/netabare}
第3話 こうざん
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
高山にあるカフェでバスの充電をしたい一行、ところがロープウェイに乗る事ができず立ち往生。そこにトキが現れ運んでくれる事に、所がこのトキとっても歌が・・・
{/netabare}
感想
{netabare}

今日はかばんがオンチのトキさんの声をよくするおはなしと
高山のてっぺんにあるアルパカさんのカフェの宣伝を考えてあげるおはなし

かばんがヘタな歌を聞いてもなんとも思わないところがすごいなぁ^^

山のてっぺんまで送ってもらうとちゅう
ボス(ラッキー)がトキさんの声を悪くゆう説明があって
かばんが一生けんめいフォローしてあげてるのに
ボスが空気読まないでディスってくところがおかしかったw

でも、トキさんの力がぬけて落ちちゃったらどうなるの?って
心配だったけど助かったみたい^^


あと、この世界のことが少し分かったみたい

トキさんが「この羽は動物だったころより便利に飛べるの。。」って言ってて
フレンズって動物じゃなくって「元動物だった女の子」みたい

サンドスターってゆうのが近くの火山から出てて
気候を変えたり動物をフレンズにしたりしてるみたいだけど
ボスもよく分かってないみたい^^

かばんもそこから生まれてきたのかも?


トキさんって仲間をさがしてるって歌で言ってたけど
ショウジョウトキって仲間じゃないのかな?


バスにひかれたサーバルはちょっと引いた。。

山に登ってるときも落っこちたって言ってたけど
フレンズって死なないのかな???
{/netabare}
{/netabare}
第4話 さばくちほー
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
砂漠エリアに入った一行。そこでは砂嵐が!…砂漠の住人スナネコらの助けを借りて、何とか洞窟エリアに到達。そこでツチノコに出会い…
{/netabare}
感想
{netabare}

何だかよく分からないけどおもしろいな^^


キャラがかわいいからってゆうのもあるけど
だんだんジャパリパークのことが分かってきて
かばんたちといっしょにほんとに冒険してるみたい☆


ジャパリパークって動物がいるテーマパークだったのかな?
今日は未確認動物のツチノコが出てたけどいろんなこと知ってるみたい

ジャパリコインとかでモノが買えるってゆうことも知ってたみたいだし
人間は絶滅したって思ってたのかな?

ボスが見せてくれた「地下迷宮」の案内ビデオで
「動物やフレンズといっしょに迷路であそべる」って言ってたけど
今は動物っていないみたいだし人間もいないみたい

フレンズって火山の爆発で生まれたとかって前に言ってたみたいだったけど
このパークができた時にはいたんだったら
人間が動物を元にして作ったサイボーグとかなのかな?

それである日火山が爆発して生き物はみんな死んじゃって
スーパーパワーを持ったフレンズだけが生きのこった。。とかなのかな?

そうゆうことだんだん分かってくるのがおもしろいみたい☆


さいごは図書館でぜんぶのことが分かるのかも?
{/netabare}
{/netabare}
第5話 こはん
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
快調にバスで進む一行。しかし調子に乗ってビーバーの家に激突!!…責任を感じたサーバルらは、再建の手伝いをする事に。そこにオグロプレーリードッグも現れて…
{/netabare}
感想
{netabare}

はじめは別々に家を作ってたビーバーとプレーリードッグだったけど
うまくいかなくってかばんに言われて2人でいっしょにやってみたら
うまくいってってゆうおはなし

とちゅうちょっと長く感じたけどみんなでワイワイ何か作ってるのって
文化祭とか思い出しちゃった^^


ビーバーとプレーリードッグはいいコンビになったけど
かばんとサーバルもいいコンビだよね☆

でも、あんまり仲よくなっちゃうと
お別れするときが来たら悲しくなっちゃいそう


さいごはまた新キャラ。。
バスを止められちゃったけどどうなるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第6話 へいげん
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
武器のようなモノを手にしたフレンズたちに遭遇した一行。なぜかボスであるライオンの下へ連行されることに。どうやらヘラジカ軍団との縄張り争いに巻き込まれちゃったらしく…!
{/netabare}
感想
{netabare}

今週はバトル!?

でも、風船を頭につけて紙の棒で割るだけw
それでも最後の方はサムライバトルみたくなってた^^

やっぱりほのぼののほうがいいみたい^^

さいごにハシビロコウがかばんのこと「人?」って
もう6話目だしそろそろいろんなヒミツが分かってくるのかな?


それからいつもさいごに出てくる
かばんたちのこと追いかけてるフレンズって
どうして追いかけてるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第7話 じゃぱりとしょかん
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
やっとこさ図書館へ到着。そこでフクロウ科のコノハ博士とミミちゃん助手に出会い「かばんのルーツを知りたいなら何か美味しいもの食べさせろ!」と突然の料理バトルに?
{/netabare}
感想
{netabare}

とうとうかばんが人だって分かったけど
絶滅。。ってさらっと言われちゃった!?

でも、ジャパリパークにいなくなっちゃっただけで
ジャパリパークの外にはいるのかも?


ジャパリパークに外の世界があるって思ったら
どうしてフレンズって外に出ないんだろう?って思った。。

セルリアンが人間のそばにいたってフクロウさんたちが言ってたけど
もしかしたらフレンズがパークから逃げ出さないようにとか
まちがって人をおそったりしないようにって
人間が見張り用に作ったりしたのかも?

それが何かが原因でこわれちゃって人間も入れないようにしちゃった
とかなのかな?

それともジャパリパークがもうからなくなったから閉めちゃって
フレンズが逃げ出さないようにってセルリアンを見張りにおいてったのかも?


それからEDのあとで
ボスが「大事なものが埋まってることが分かった。。」とか言ってたって
アライさんたちが言ってたけど
「その場所は。。」で終わっちゃった。。気になるよね^^


あと、かばんがカレーを作ってたみたいだけど
油とかカレー粉とかもジャパリまんを作るのに使ってるのかな
{/netabare}
{/netabare}
第8話 ぺぱぷらいぶ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ペンギンアイドルユニット「PPP(ぺパプ)」のライブチケットを手に入れたサーバルたち。ライブの記者会見中にアイドルオタクのマーゲイと出会ってしまったPPPの身に…え!?
{/netabare}
感想
{netabare}

今日はアイドルアニメみたいだった^^

でも、初代のぺパプが4人で2代目が3人で今は5人とかって
どうゆうグループなんだろう?
1人ずつかわってるんじゃないのかな?


おはなしは
前にいなかったプリンセスが今回は増えてて
みんながそのことに気がついたからプリンセスがいづらくなっちゃったの

アイドルおたくのマーゲイが声のモノマネうまくって
プリンセスのこと出やすくしてあげてよかった☆

さいごはぺパプのみんなからマネージャーになれって言われて
マーゲイがマーネイジャーにw


あんまりサーバルとかばんは出なかったけど
さいごにジャパリパークが海にかこまれてるってわかって
さいごの人間は港にいたってゆうおはなしが聞けて
だんだん分かってきたみたい

ジャパリパークってどっかの島に作られてて
閉園したから人間は入ってこないようになったんじゃないのかな?


Cパートでかばんは帽子どろぼうにされてたけど
かばんってほんとにどこから来たんだろう?
{/netabare}
{/netabare}
第9話 ゆきやまちほー
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
とある種のルーツを探すため雪山を進む一行。途中で温泉管理人のギンギツネとキタキツネに出会い彼女らの手伝いをする事になったが、ナント大量のセルリアンが攻めてきて―
{/netabare}
感想
{netabare}

今日は雪山で温泉回

アバンで遭難しちゃったみたいだったけど
「けもフレ」だからやっぱりギャグだったねw


もう9話目だからかな?
いろいろ大事なおはなしが出てきたみたい

アライさんたちが図書館に来てフクロウさんたちと話してたけど
「もしかしてシシンの位置が分かるのでは?」
「このまま追わせた方がよさそうですね」
シシンって何だろう?

あとキツネさんたちが話してた
「湯の花が多い時ってセルリアンも多いよね」ってゆうのも
なにか関係あるのかな?


そのあとボスがいろいろ。。

「セルリアンはサンドスターを奪っている。。というか食べているのでは。。」
「フレンズさんが食べられた場合、サンドスター由来の技や個性が消滅、元動物に戻る、消滅してしまう。。などありえるのではと」

それから「みらいさん、見てみて!これって海じゃないの!?」
「それは海じゃないですよ!」のところで
「みらいさん!」って声かけたのはみらいさんが
「こんなかわいいフレンズ」って言ってたからフレンズなのかな?

そのあとにサーバルが
「あぁっ。。今の声。。」って言ってたけどもしかして知ってるフレンズ?
EDのキャスト見ても???って書いてあるし
わざとかくそうってしてるみたい。。

きっとそれが分かったら「けもフレ」の秘密とかも分かるのかも?


さいごに着いた温泉で「港に、さっきのソリの大きいやつがあるらしい。。
海の上を移動できるんだって」って言ってたけど
さいごはかばんが舟に乗って人のいるところに行くのかな?


Cパートでもペンギンたちが気になること言ってたよね

「サンドスターが動物に当たるとフレンズになるんだ」
「あるいは動物だったもの、とかね」
それから
「かばんさんも今年生まれなんでしたっけ?」って

そういえばかばんって今年生まれたんだっけ。。
それって今年、フレンズになったってゆうこと?
それだったら寒い雪の山でも半そででいられたの分かるかも^^


今まであんまり考えなかったけど
人だって動物だからフレンズになれるよね?
じゃあ誰がかばんになったのかなって考えたらみらいさんがあやしいかも?

だって今まで人がいなかったパークでとつぜん人が生まれるって変だし
みらいさんだったらセルリアンの調査に来てたみたいだし
サーバルがみらいさんかいっしょにいたフレンズの声聞いたことあるんだったら
最近のことだよね?

調査に来たみらいさんにサンドスターが当たって
フレンズになっちゃったのがかばんなのかも?
じゃなかったらみらいさんの髪の毛とかツメとかでもいいのかも?


いろいろ考えてたらみらいさんが
「セルリアンに食べられたフレンズは元にもどるかも?」
みたいなこと言ってたよね☆

もしかしてさいごはかばんがセルリアンに食べられて
みらいさんにもどって人の世界に帰るってゆうオチだったりして???
{/netabare}
{/netabare}
第10話「ろっじ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
今夜は珍しく宿泊施設でお泊まり。ところが、そのロッジに居たタイリクオオカミとアミメキリンが、幽霊を見たという。正体を突き止めようと探偵ごっこを始めるのだが…?
{/netabare}
感想
{netabare}

今回はボスが録画してたみらいさんたちの画像をうつそうってして
それが幽霊にまちがわれたってゆうおはなしだったけど
みらいさんのことだんだん分かってきたみたい。。


☆みらいさんはパーク再開のために調査に来てたみたい。。
☆ボスはこわれてる。。
☆サンドスターが無機物と反応するとセルリアンになる。。
☆サンドスターは1種類じゃないみたい。。
☆宇宙人が飛んでくる?
☆かばんが「自分がセルリアンだったら。。か?」って言ってたけど。。
☆みらいさんは自己修復セルリアンと戦ってて勝てなかったらパークから。。?
☆たぶん勝てなくってミライさんは帰ることになったみたい?
☆ミライさんといっしょにいたのはサーバルの仲間?サーバルは知らないって。。
☆その子のこと見たあとサーバルが泣いてた。。
☆サーバルとかばんは船のところまできて
☆かばんは海の外に人をさがしに行ってみたいって
☆大きな音がしたけど噴火?
☆さいごはアライさんが噴火におどろいてガケから落ちたとき
黒い影が帽子を持ち去った。。って
誰かがそれってそのとき生まれたフレンズなんじゃ?って言ってた


もしかして帽子のそばにいて生まれたばかりのフレンズってかばん?
だったらそのときパークにいた人間がサンドスターで変わったとして
いた人間ってみらいさんくらいじゃない?

でも、そしたらいっしょにいたサーバルはどうなったのかな?
みらいさんといっしょにいたサーバルがサンドストーンで
今のサーバルに変わったんだったら分かるんだけど。。

動物だったものにサンドスターが当たるとフレンズになるって言ってたし
サーバルも動物だったものだから
サンドスターが当たるとまたフレンズになるんじゃない?

今のサーバルは前のサーバルのこと知らないみたいだけど
9話のとき「あぁっ。。今の声。。」って言ってたよね

それって
前のサーバルが帰るミライさんと別れたくなくって悲しい思いしてたけど
今のサーバルになったとき忘れちゃって
でも何となくそのときのこと覚えてて今のサーバルも泣いちゃった。。とか

それだと2人は生まれ変わってまた会った☆彡みたいな!?


どうなってるか答えが楽しみ☆彡(あれば)
{/netabare}
{/netabare}
第11話「せるりあん」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
海にたどりついたサーバルたちの前に大セルリアンが現れた!セルリアンハンターのヒグマらと協力しながら立ち向かうが、そんななかラッキービーストが…
{/netabare}
感想
{netabare}

かばんたちは黒くておっきいセルリアンにおそわれて
ハンターの3人に助けてもらったけど
ほかのフレンズたちを守るためにかばんが作戦を立てたの

明るいものに向かってくセルリアンをバスの明かりとタイマツでおびきよせて
海まで連れてって船に乗せるところまで行ったら船を動かして落とすってゆう

でも、とちゅうでバスがやられてサーバルが食べられちゃった。。
かばんはサーバルを助け出したんだけど
こんどは自分が身代わりになって食べられちゃった!?

ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ


ハンターのキンシコウが言ってたけど
セルリアンに食べられたフレンズは死なないけど
「お話できなくなるし。。忘れちゃう」って
それってやっぱり元のただの動物にもどるってゆうことだよね!?



今回はバトルとかアクションもあって
ほかのアニメとかとくらべたらそんなでもなかったけど
ふつうこんなことってないからドキドキしちゃった。。


それからみんなで協力してセルリアンを海に落とす作戦がはじまったけど
ちょっと感動^^


サーバルが食べられちゃったときヒグマを先に行かせて
かばんがロープを木に巻きつけて木のぼり。。
サーバルが教えてくれたからさいごは「みゃみゃみゃみゃー。。」って
2人の思い出だよね^^


かばんがロープを体につけてセルリアンの中に飛び込んだのって
落ちないようにするためじゃなくってセルリアンが進んでるから
ロープで引っぱられて体から抜け出すためだったんだね。。すごーい!!


助け出したあとこわがりだったかばんが
自分がおとりになって食べられちゃうところでとうとう泣いちゃった。。

いつもはゆるーいおはなしだったのに
今日はアツくって感動でさいごは泣かないで見れないくらいだった。。
感想書きながら思い出すとまたなみだが出てきちゃう。。。。


・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡

セルリアンがフレンズおそうのって
フレンズのサンドスターを食べるためみたいだし
食べたあとはフレンズがふつうの動物にもどる。。
だったらかばんも元のすがた(たぶんミライさん)にもどるのかな?

サーバルももしかして1回食べられて元にもどって記憶をなくしてから
またサンドスターに当たって今のサーバルになったのかも?


そうだったらEDの「ぼくのフレンド」の歌詞

「青い春いつか幕を閉じ 桜と共に舞い散っても
 必ず僕らまたどこかで 出会いを果たすだろう」

って前に別れたかばんとサーバルが
生まれ変わってまた会うってゆう歌だったのかも?


EDを聞いてたらなみだが止まらなくなっちゃった。。

ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ۩۞۩ஜ

来週は最終回かな?


かばんがセルリアンにサンドスターを食べられてミライさんにもどって

サーバルはもしかして前のサーバルにサンドスターがまた当たって生まれ変わった
元フレンズのフレンズだったら
ちょっとだけセルリアンにサンドスター食べられてから元のサーバルにもどるとか

それで、2人はまた会って。。
こんどはほんとのお別れ。。ってゆうおはなしになるのかな?


それで、かばんたちは山にのぼってサンドスターのフィルターを起動させて
大きいセルリアンがそれ以上大きくならないようにしたけど
そのときに五合目って書いてある石のうしろに
こわれた飛行機みたいのがあったよね?

前にフレンズの誰かが宇宙人の話ししてたっけ。。
空を飛んでくる。。とかって

これってみらいさんがフィルターをかけるために乗ってきたのかな?
その前にセルリアンにおそわれて起動できなかった。。とか?

だったらさいごは元にもどったみらいさんがいろいろ思い出して
このおはなしのヒミツが分かったりするのかも?

じゃなかったらほんとに宇宙人が乗った飛行機がここに墜落して
そのときに何かあってサンドスターが生まれたとかなのかも?


どんなエンドになるかまだ分からないけどハッピーエンドだったらいいな☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第12話「ゆうえんち」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
サンドスターが再び噴火!その影響で新しい仲間のフレンズが生まれ、巨大セルリアン討伐も兼ねてパークはお祝いムードに♪そんな折、フレンズからかばんへのプレゼントが…。
{/netabare}
感想
{netabare}

かばんを助けに今まで出たみんなが助けに来てくれたところで泣きそうだった。。

かばんはサーバルから習った木登りでサーバルを助けて
サーバルはかばんから習った

あと、ボスもかっこよかった☆
人がアブナイときにしかフレンズと話しちゃいけないルールがあったんだね^^


さいごはいろんな謎が分かって悲しいお別れになるのかな?って思ったら
分かったのはかばんの正体くらいで悲しいおはなしにならなくってよかった

パークの職員がこの島を出てくことになって
さいごにミライさんが観覧車にのとき
風で飛ばされた帽子についてた毛がフレンズになったのがかばんだった
みらいさんの死体とかじゃなくってよかったw

それから古い観覧車。。
大丈夫って思わせておいて前の箱が落ちたところ「えーっ!?」ってw


さいごかばんがフレンズたちがあげたバスの船に乗ってはなれてくとき
あんまり感動する終わりじゃないなぁって思ってたら
やっぱりサーバルはついていく気まんまんw
1期で出会ったときのこと思い出しちゃったw

。。ってこんどはサーバルだけじゃなくってみんなも!?
ジャパリパークのみんなって別にすることないからヒマしてるのかもw

それで「おわり」って出たあとサーバルたちの船が止まって
新しいフレンズと話して画面が暗くなるちょっと前
右下に「つづく」って出かかってたけどまだつづくのかも?☆彡

「けもフレ」って伏線とかもそうだけど
EDの画面の中にすきとおったフレンズのかげみたいの入れたりって
じっと見てるといろんな発見があって面白いよね♪


前のサーバルのこととか山のとちゅうに落ちてた飛行機とか
いろいろナゾが残ったままだけど
ぜんぶ謎がとけちゃったらホントに終わっちゃうしかないから
この終わりでよかったなぁって☆
{/netabare}
{/netabare}

見おわって


はじめは子ども向けみたいなおはなしがはじまったなって思ってたけど
2話くらいからチラチラ不思議なものが映ったりして
ナゾがふえておもしろくなったみたい。。

でも、ほんとのおはなしはちょっとおばかくらいのノリで
のんびり進んでてほのぼのしてて
そっちはそっちでとってもやさしい気もちになれるおはなしで
2つがうまく合ってて「けもフレ」がどんどん人気出てきたみたい☆

今までにも、キャラがかわいくってたのしーおばかアニメとか
SFっぽい謎があるおはなしってあったけど
両方ともうまく合ってるおはなしってにゃんは見たことなかったから
物語の☆は4.5


CGとかはあんまりうまくなかったけどおはなしには合ってたみたい
キャラのデザインとか
EDの写真にキャラをうまくかくしたりしたところがよかったから☆は多め

はじめは声優さんが棒読みみたいでちょっと。。って思ったけど
そうゆうのもゆるーいおはなしと合っててよかったみたい☆

OPは「うえをかん、よーこそジャーパリパーw」って
つい歌いたくなるたのしー曲♪
EDははやいテンポだけどちょっと切ない感じの曲
どっちもよく合ってた

おもしろかったし感動したし
今までなかったアニメでいいおはなしだった☆


--------------------キリトリ線--------------------


趣味の自主制作12.1話「ばすてき」

新作映像とはべつにタツキ監督が趣味で作った2分45秒のおはなし
ようつべで見れるよ
https://www.youtube.com/watch?v=lh_GcdBamD4

あらすじ
{netabare}
博士たちがかばんのためのバスの船を作るのに
タイヤをさがしてきてほしいってアライさんたちにたのむんだけど
歩きすぎたって文句ゆう2人にバス的なものを貸してあげるの
{/netabare}
感想
{netabare}
3分くらいのおはなしだけどフレンズたち見てるだけでいやされるよね^^


おはなしは2人に貸したのは車みたいな形の2人でこぐ自転車で
歩くのとあんまり変わらないってゆうオチまでついてよかった☆


謎みたいなのはなかった。。のかな?

フェネックがアライさんに
「ここんとこ歩きすぎたよ。。サンドスターがもう。。」って言ってたけど
歩きすぎとサンドスターって関係あるのかな?
ちょっと気になっちゃった^^
{/netabare}

投稿 : 2022/03/20
閲覧 : 959
サンキュー:

119

ASKA さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ジャパリパークの謎を解いていく冒険ファンタジー

舞台はどこかの動物園?ジャパリパークでサンドスターが動物にあたってフレンズ化している世界。

主人公のかばんが記憶をなくしていて最初は自分が何者であるか?を解明するためにたまたま出会ったサーバルとジャパリパークの謎を解いていく冒険ものです。

投稿 : 2022/02/17
閲覧 : 644
サンキュー:

47

セシウス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 4.0 作画 : 2.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

またダークなものを視てしまった

 動物たちを可愛い女の子に擬人化したキャラたちによるほのぼの旅行記です。…と見せかけて

 キャラたちはどこへ行ってもいつも仲良く楽しそうに暮らしています。しかし、時折なんかダークな感じのする面をチラッチラッと見せてくるので非常に気になります。
 ・基本的に人間はいない(主人公以外)
 ・動物もいない
 ・人間の作った街や機械は廃墟となっている
 ・同じキャラのはずなのにその記憶をもっていない
 ・キャラたちは極端に知識・経験が少ない。着ている服が脱げることすら知らない
 ・キャラを吸収し記憶をリセットする無機的生物が存在する
 ・キャラたちは女子ばかりで子供も老人もいない
 ・食事は人工飼料が自動供給されるので、争いや弱肉強食はない

 この世界はいったいどうしてしまったんだ?という感じです。謎はほぼ最後まで明かされません。ほんわかしたストーリーと裏側から感じる異臭がとても印象的でした。

 キャラは主人公と相方の2人が互いを尊重しあっていてとても良い関係になっています。その他のキャラは登場シーンに比べて数が多すぎて印象的なキャラは少ないです。声優はヘタクソな人が多かったですが、耐えられないほどではありませんでした。

 作画はCGで目が疲れます。苦手な人は多いと思います。BGMはOP・EDとも印象的で良い出来だったと思います。

 子供にとっては平凡な作品ですが、大人が見るとその異質さを強く感じる作品だと思います。続きが気になりますが続編は全く違うテイストになってしまっているようで残念です。

投稿 : 2021/11/30
閲覧 : 226
サンキュー:

5

takato さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ノムリッシュ

ノムリッシュけものフレンズは最高!

投稿 : 2021/11/17
閲覧 : 275
サンキュー:

10

砂粒と嵐 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

敢えて言えばハーレム感は否めない

設定のユニークさ、着眼点、世界観の設定、メッセージ性、倫理観、キャラデザ、全体の構成など、今更言うまでもないが良作だと思う。

人間を優位にせず、他のどうぶつたちとは個性がそれぞれ違うというだけの対等な存在として描いている、という点がよく褒められているけれど、実際序盤の流れは様々な地方にいるどうぶつたちの困りごとを毎度かばんちゃんの発想で解決し、感謝される、という構図になっているのでグロさはあり、人間中心主義でないギリギリのラインではあると思う。
エンタメ作品なわけだから、最もギリギリのところを攻めるのが最適解であるのは言わずもがな、だけど。

何かハーレムアニメっぽいっていうか。かばんちゃんが男性主人公でほかのフレンズは選り取り見取りのヒロインたち、ぐらいのご都合っぷりと上下関係はあってしまう気がした。

サーバルちゃんの癖の強い喋り方がものすごく絶妙にゆるくて可愛くて、それがとにかく最高だった。
オープニングとエンディングもどっちもめちゃくちゃ優れている部類だと思う。

投稿 : 2021/10/28
閲覧 : 110
サンキュー:

4

ネタバレ

shino73 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

すてきな旅立ち

低年齢向けのアニメかと、
敬遠していたのですが、
話題になっているので視聴してみる。
これは無垢でとても癒される作品ですね。

自分が何の動物でどこから来たのか、
仲間はどこに生息してるのかを探す旅路。
{netabare}6話まではほのぼの冒険譚でしたが、
7話の博士登場から面白さが加速しました。{/netabare}
シンプルな物語に奥行きが加わる。

コミュニケーション能力が高く、
学習能力があり、文字が読める。
多様性がありとても変わった動物で、
道具を作りそれを使うことが出来る。
{netabare}それが「ヒト」、ホモサピエンス。{/netabare}
主人公かばんは、ここで「種」と向き合う。

デザインのお気に入りは、
アフリカオオコノハズク(博士)、
タイリクオオカミ(作家)、
ジェンツーペンギン(アイドル)握手会だと!?
カバ(おっとり巨乳)です。
画像検索してみると、こんなにもいるのか。
メデューサみたいな子が気になる。

大きな謎は次に持ち越しでしょうか。
それでも大団円、涼やかなラストです。

みんな自由に生きている、
未知なる島へ素敵な旅立ちでしょう。

投稿 : 2021/10/26
閲覧 : 710
サンキュー:

80

ネタバレ

ひろたん さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

自分探しをやめたとき、探していた自分が見つかる

人化した動物たちが暮らすパークに迷い込んだ子供が自分の正体を探す物語です。
その子供は、記憶が曖昧で自分の名前が分かりません。
そこで、背負っていた鞄にちなんで、「かばんちゃん」と呼ばれました。

この世界では、みんな自分たちが何者かも分からず、元気にはしゃいでいます。
この時点でダークな匂いがプンプンします。自分の好きなやつです。
話しが進むにつれて謎が小出しにされていきます。とても良い展開です。
そして、4話でやはりそう言うことかと分かります。
とてもオーソドックスな展開ですが、そこが良いのです。


この作品は、いろいろな解釈ができるのだろうと思います。
自分は、「自分探し症候群」への処方箋のようにも思えました。

自分探しをすること自体は、悪いことではありません。
しかし、ずっと見つからない出口を探し彷徨い続ける状態は良くないです。
そもそも自分探しって言ったって、遠い先ばかりを見ていても見つかりません。
なぜなら、自分は今ここにいるのですから、他を探したっていないのは当然です。
{netabare}
この話では、かばんちゃんは、実は、ヒトではなく、ヒトのフレンズでした。
結構、これ、ダークな設定ですよね?
つまり、ヒトではないのですから、いくら自分を探したって見つかりません。
{/netabare}
自分探しを続けても答えが見つからない人は、たぶん遠くばかり見ています。
自分探しの答えは、どこかで見つけるものではありません。
自分がどうありたいかを考えて、それに近づいて行った結果が自分だと思います。
そのためには、どこかを探すよりも、まずは自分自身を見つめることが大切です。

それには、他者の中における自分の立ち位置を確認し、確立することです。
ヒトは集団の生き物なので、自分一人だけでは、自分は成り立たないからです。
自分は、みんなと何が同じで何が違うのか。
自分は、みんなからどう思われたいのか。
自分は、みんなのためにどんな役に立てるのか。
それらをひっくるめて、自分なのです。

かばんちゃんは、「考えること」でみんなに貢献できることに気づき始めました。
そして、11話で、自分探しよりも優先すべきことが分かったのです。
それは、みんなのためにできることをしたいと言うことだったのです。
かばんちゃんが自分探しをやめて、なりたい自分を見つけた瞬間でした。
自分がどうなりたいかと言うことの方が大切だと気づいたのです。
それが自分探しの答えでした。
その後、自分探しに必要な船を、仲間を守るために捨てたことが象徴的でした。



この物語は、結構シリアスな設定なのに、とても明るく元気が出ます。
でも、ただそれだけではなく、影の部分もちゃんとあるから良いのです。
テンポも良く、分かりやすく、適度に謎と闇への好奇心を刺激してくれるのです。
あっと言う間に観終わってしまうぐらい面白い作品でした。

しかし、この作品は、まだまだ好奇心をくすぐる謎を残してくれています。
続きがすごく観たい作品です。
そして、2期もあるのかと喜んだのも束の間、なんだかきな臭い匂いが。
案の定、2期は、1期をファンもろとも薙ぎ払ってしまった作品だそうで・・・。
とても残念ですが、たぶん、2期は観ないかなぁ・・・。
この作品は、かばんちゃんの成長物語として1期で完結したと思うことにしました。

投稿 : 2021/10/25
閲覧 : 146
サンキュー:

27

ちあき さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

動物を擬人化した子供向け作品? いやいや萌え擬人化でした。良作

動物が擬人化されたアニメ。
一瞬、子供向けアニメかと思いましたが、よく観たら全員擬人化といっても女の子ばっかり。調べてみると放送枠も深夜枠、そして動物を"萌え"擬人化しているとのことでした。

でも動きが教育番組のアニメみたいだし、なにより動物の特徴を捉えていて妙にリアル(いや、見た目は萌え化してるので全然リアルではないのですが、とにかく妙にリアルなんです)
そしてそれがおもしろい。
子供と観ても良いのではないかなぁと思います。

ストーリーも淡々とネタだけで終わらず、しっかりと物語全体に動きがあります。うまく区切りもついているので良い作品だと思います。

投稿 : 2021/10/25
閲覧 : 251
サンキュー:

8

ネタバレ

やん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.5 作画 : 1.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ケモノも除け者もいましたね

今思い返してみて本編の面白さは結局なんだったんだろうと考えたとき、私もやはり奇跡のバランスだったという結論になりました。 世の中がギスギスしていた時代に、たつき監督とオーイシの才能はもちろんありますが、作画の関係上動きが少なくおかしなテンポがやさしい世界観をつくり、予算の関係上新人声優を起用したことで程よい棒読みがフレンズ感を演出したのかなと思います。

これ儲かるコンテンツになるのでは?となってからの魑魅魍魎共の泥仕合は本編世界観と完全に正反対で、そういう世界を毎日見ているコアなおじさんファン達は完全に離れていきました。クリエイターには人間生活があまり得意ではない人がいるので、彼らを守り自由にいいものを作ってもらえるようなしくみを作れないものかと思います。

投稿 : 2021/10/14
閲覧 : 145
サンキュー:

5

ネタバレ

ゅず さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

トリのこされた世界はとても平和だったが謎ばかり。

このアニメの原作アプリが放送前に稼動停止している。→けものフレンズは閉館されている。
そこにトリのこされたカバンちゃん。
私達アプリをやっている現代の日本人だと感じる。
依存しすぎて世界に入りきってる人
ジャパリパークはアプリの世界、平和な世界。

でもそこで他者からの評価は貰えず
寂しくなってないかな?

自分達が動物園に足を運んで、本当に興味深々だったんだあの頃
きっと、「すごーい」「かっこーいい」 「〇〇みたいになりたい」「〇〇出来るんだね」と私達は動物達に話しかけたりしただろう。
人間同士はなぜこんな単純な褒め言葉を
忘れてしまっているのか

そんなこと考えさせられ
このアニメはすごいなと感心させられる部分があるので
私はかなり応援してます

‪ 考察{netabare}
‪アプリ版が停止=閉園→テレビ版けものフレンズは閉館してるっぽい=カバンちゃんは現状のアプリ版でとりのこされた人類。‬

‪けものフレンズからはカバンちゃんがなにのフレンズかわからない=アプリ版からは相手のこと見えないのでどんな動物がやっているかわからない‬

つちのこだけカバンちゃんがなにのフレンズか
わかる風な言い方をしている→つちのこは日本に伝わる伝承のような動物=人に造られし生物(フレンズ)=人間に作られたから人間のことがそれなりにわかる
{/netabare}


絶滅危惧種の動物は目にハイライトが入っていない。
カバさん髪の毛と体型でカバの体系のフォルムから
ちゃんとキャラメイキングしてる

サーバルジャンプやプレーリーの手の感じとか
ちゃんと動物を観察して、入れ込んでる

何気なく見てても気になる部分や、ストーリーが
あってちゃんとしてる

むしろ、わざわざ動物園に足を運んで
インタビューもしてるのを流すところは
真面目さを感じる

アプリも本もやっていたのに停止してて
宣伝するものが少ない
再開は未定らしい


けもフレEDじーっと見てるとフレンズの透明な影が各シーンに数人ずついるんだけど、最終回これ色ついてくれるかなぁ。。。

10話の気になる点
{netabare}
日本狼の一言 『私は嘘はついたことない』
冗談だった話もあることかもしれない

サーバルちゃんの涙
私は噴火の衝撃でサーバルちゃんが記憶喪失になってる
と感じる。
噴火とはフレンズが生まれることもあるが
ミライさんとミライさんと一緒にいた
サーバルちゃんはなにか大変なことになる前の
前兆に聞こえたし

最後爆発音で終わったのが引っかかる
{/netabare}


最終話に向けて

私はこの作品が
ハッピーエンドでも
バッドエンドでも

受け止められる。

だってフレンズと過ごした日々は
暖かくて、優しくて
楽しいことばかり。
終わっても
ちゃんと心の中に思い出として
生きてる


きっと、閉園した遊園地も
誰かの心の中で生き続けてる

だから私もこの作品を
いつまでも心の中で生き続けてる
存在にしていきたいな。

投稿 : 2021/07/23
閲覧 : 315
サンキュー:

35

ネタバレ

nyaro さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

奇跡のバランスが生み出した「やさしい世界」

ジャパリパークという空間、フレンズとは何か。セルリアンとは?

ジャパリパークでは、自分たちの役割をそれぞれが自覚して演じている。
基本的に役割は重複しない。(ペンギンは一応種類が違う)
他人に対して、悪意がない。傷つけない。
サーバルちゃんが「すごーい」と言ってくれる。
フレンズ=仲間しかいない空間である。親もいないし、階級も上下もありません。
ここ(会社・学校・家庭・世間)ではないどこか、である。ただし、日本の可能性はある。つまり、海外ではない、日本にあるどこかの場所。
「セルリアン」は明確な姿でなく、漠然とした不安や悪意である。
訳の分からない悪意「セルリアン」はあるけど、それを協力して排除するという強い意思あるいはルールが「フレンズ」で共有されている。

 ライオンとか若干争いがあったりするが、それは、決められた役割を果たすロールプレイングで、結局は勝負をつけようとしない。

 つまり、例えば学校、会社、グループ、家族の中で、何か自分というものを見失っている、誰かからの悪意に対してストレスを感じている人たち、学生から中年までさまざまな「疲れている人」が、「やさしい世界」をこのアニメで経験していたのだと思います。

 冒頭の子供番組的なOPが我々を現実世界から切り離し、この世界に毎週連れて行ってくれてたのでしょう。

 作画があの安っぽいCGだったのも良かったかもしれません。美醜の問題が相対化されています。

 そういった我々が切望する「やさしさ」が、奇跡のようなバランスで偶然生み出されたアニメだったのだろうと思います。
 だけど、結局それはユートピアであって現実ではありません。結末は寂しかったですが、我々の夢を覚ますには必要な最後だったのでしょう。
{netabare} かばんちゃんは自分が人であることを知り、手が黒くなっていました。人間であるかばんちゃんが人間であること=社会に暮らさないといけないことを自覚し、手が黒くなる=悪意に染まってしまったら、フレンズの世界にはいられません。{/netabare}

 このアニメのもう1つの楽しみ方として、ディストピア的な考察も面白いですが、それはこの不思議なアニメを深掘りしようとしたときに入り込む、考察のワナみたいなものだと思います。

 このアニメの2期はいろいろ大人の事情があったようですが、私は、結局、この「奇跡のバランス」を再現できる人はおらず、誰がやっても失敗したと思います。

投稿 : 2021/05/16
閲覧 : 151
サンキュー:

6

たくすけ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:----

面白いかというとそうでもないしつまらないわけでもない

1話見終わったときはクソアニメだなぁと思ってた(笑)
それでハードルが下がったのか1話で10点だったのが最後は50点になった感じ。
所詮は50点なのでそれほど面白くはないけど+40点なので思ってた以上には良かったといったところ。

何とも言えない独特な雰囲気がある。
考察とか色々盛り上がっていたけどそこまでするほど惹かれなかった。
でも設定はしっかりあったと思うしちゃんと出来てたなと思う。
OPが耳に残るのは良い。

何が面白いのかはよくわからないし何で世間の評価高いのかもわからないけど、ブームになったのは本当に凄いなと思う。
何がトレンドになるかわからないものだ。

良さはわからないがありきたりなアニメじゃなかったし、たつき監督ら製作側の攻めの姿勢は評価したい。

なお2期は…

投稿 : 2021/01/23
閲覧 : 253
サンキュー:

1

にゃんちゅ(・ω・` さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 2.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

とりあえず、みんなフレンズなんでしょ?

これジャンルなに?

すべて視聴し、感想から述べます。

主題歌「ようこそジャパリパークへ」は文句なしでありますが、

声優さんの一部が大根っぽかったのが気になりました。

色々なフレンズに合うけど
それぞれが個性をしっかり発揮していて、

実在する動物園からアニマルの説明が入るのは面白かったです。


沢山のフレンズに出会い、交流を深め、

セルリアンを倒し主人公:カバンがなんの動物かわかりました

「人でした」←知ってました

そしてまた旅をする。

「動物が人の特性を得たのがフレンズ。」


正直、個人的な全体評価は悪くない。

平和的アニメであり、動物の擬人化アニメでも、大きな争いもない。
皆が言葉通りのフレンズ♪


ただ、不思議なのは「なぜそんなに受けたのか」ということ。

世間からのウケがあまりにも良すぎない?

思い返すと、ここがとても良かった!ってストーリーでもなかった気がするし、

むしろ対象年齢8歳って聞いて納得レベル。

アニメ放送前にアプリゲーム配信停止
放送中なのに連載マンガの終了
本編円盤があまり売れていない

上記の3つで、なぜ放送するたびツイッターでも大騒ぎされ
YahooのTOPニュースにもなっていたのか理解できない。

悪くはなかったんだよ?
ただ、そんなに騒ぐほどの名作かな?ってだけ。

私がズレているだけかな???

投稿 : 2020/12/02
閲覧 : 281
サンキュー:

29

かんろ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ほわほわ 可愛い動物 廃墟感 4話時点で良作の予感

この世界観、
作画がチープっぽいからって、
棄てておけない。

幼稚園児向け動物紹介アニメだと思って、
ごはん食べながらナメて観てた。
可愛い動物キャラや変な未来形ロボットと
ほわほわ暖かく協力しあって、
冒険していく…。

うすうす感じる廃墟感。

ながらでいいから、
4話まで見てほしい。

4話のツチノコさんの一言に、
ジワジワ、涙が。
そんな…、やっぱり…。

良作になるか、つまらない作品になるか、
まだまだわかりません。

最近の頑張り過ぎなアニメに肩が凝ったら、
ナチュラルだけど感動作かもしれない。
そして、
リアルな未来の世界に思えてしまうのは
私だけ…?

投稿 : 2020/10/23
閲覧 : 296
サンキュー:

23

ネタバレ

ちゃっぴー0913 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.3
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

何故か1期で過大評価され2期で叩かれてた作品

一応冒険物 獣人と言うよりけものの擬人化 内容もストーリーも演出も構成もキャストの質も色々な面でバランスよく低クオリティーに纏まった癒しすらない超微妙な作品でした。謎に騒がれてた理由が未だにわかりません。

投稿 : 2020/10/17
閲覧 : 366
サンキュー:

13

ニックネーム さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 5.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

絶対に見ておくべき!と言える作品ではないけれど

結論からいえば面白かったです。

一見幼児向けアニメという感じでOPやEDはキャッチー、途中まではそれ以上の感想はありませんでした。

こんなつまらない作品がなぜウケているのか?という評価をよく見かけるように、ただ単に擬人化されたキャラが「なかよくぼうけんしてる」と上っ面だけ見ればそうとしか思えないような展開に、途中で飽きて見るのをやめる方も多いでしょう。
また、アニメはクォリティの高い画像がヌルヌルと動くのが至高で、当作品のように3Dキャラがカクカク動くような低クォリティの作品は、どう取り繕ってもクソアニメでしかないという評価も確かにうなずけます。

だけど見ているうちに何故か引き込まれていって、最後には謎の感動をしてしまうような作品もたしかに存在するようで、この作品が持て囃されていたのも見終わってから理解できました。

まあ斜に構えて視聴すればゴミ作品としか評価できないレベルであり、ちょっとでも引き込まれる要素があれば面白く視聴できる……そんな作品なのでしょうね。

投稿 : 2020/10/07
閲覧 : 161
サンキュー:

4

ネタバレ

もぐもぐ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

1期できれいに完結している

ぱっと見の印象では、すごく見やすいアニメだと思いました。キャラゲーなどで3DCGが多く使われていますが、台詞と表情や動作に感覚的なズレがあるケースがほとんどです。けものフレンズの場合、ゆったりとした自然なモーションにはリアリティを感じましたし、若干ゃ動きの硬さは声優の抜けた演技でうまくカバーされていたと思います。

個人的に最も気に入っているのは、かばんちゃんの正体がわかりかけてきて、物語も佳境に入ろうかという第7話。もう何度も見返しましたw
まず森の中でサーバル一行が目にしたのは大量の矢印が書かれたバリケード(→右向き→)、かばんちゃんは「右に何かあるのかな?」ということを咄嗟に思いつくけど、サーバルにとっては単なる障害物という認識にとどまり、記号の示す意味が理解できず。
進んだ先で掲示板の文字をかばんちゃんが読めば、「かばんちゃん、急に何言い出すの?」
この辺りの滑稽な台詞まわしが実に自然で面白い。
そして、クイズの森を抜けた先で突如登場した博士と助手がもう可愛いのなんの、単に見た目の可愛らしさだけじゃなくて小憎らしいところもあるから最強ですね。結局自分たちは料理が食べたかっただけっていう。w
それに加えて、博識な御二方の発言の随所にストーリーのヒントがいくつもあって、ここも上手いなあ〜って感心させられてしまいました。知的好奇心をくすぐる不思議な世界観と、魅力的なキャラクターに心を掴まれた瞬間でしたね。

まあ、ぶっちゃけつまらない話もあったけど、全体的にかばんちゃんとサーバルの成長を実感させるストーリー構成が実に素晴らしかったです。
ラストにも納得。たくさんの問題を解決してきたかばんちゃんだけど、その発想力の源泉はきっと好奇心だから。サーバルとかばんちゃん、互いが互いを補完し合って、面白い旅がいつまでも続いていくことを想わせる、とても気持ちのいい結びでした。

投稿 : 2020/09/01
閲覧 : 167
サンキュー:

4

ネタバレ

さとう さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 1.0 声優 : 2.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:----

キャラクターの個性は立っていた

ストーリー序盤が面白いとは言えないけど後半から友情物語らしさが出ていて良かった。
CGのお粗末さと主演の棒読みは終始気になった。

投稿 : 2020/08/12
閲覧 : 127
サンキュー:

1

Ryo さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

なぜ人気なのかは謎の作品。

2020年に遅れながら初めて、けものフレンズを視聴した。

私にはなぜこのアニメが大ヒットしたのかはいまいち分からない。
なので考察シてみることにする。


・子供向けのアニメ風オタク向けアニメ。

擬人化・萌え・アニマル、オタクが好きな要素がふんだんに詰め込まれている。
ストーリーもふわっとしていて説教臭くない、押し付けがましくないのか、気楽に見れるのではないかと考える。


・考察勢が深みにハマる設定。
当初はネット民から「すごーい!」「たのしー!」といったフレーズが大流行し、その独特のユルさから「見るとIQが溶ける」といわれ茶化されていた。

しかしフレンズの動物の設定や細かな動作が、しっかりと忠実に再現していたりと有識者の心を掴んだのだろう。

独特なディストピアな世界観設定もよくよく考えるとかなり考察のしようがある。


個人的にはこの作品が大ヒットした理由はプロデュース力と時代のニーズだったのではないか?と考える。

キャッチーなOP→アニソンとしてもヒット
フレンズの動物設定→動物園とのコラボ
ネットPR→ネット民の心を掴む
子供向け→親子でも楽しめる作品

それがたまたま2017年という時代にものすごくマッチした。
ただそれだけだと思う。「でもそれはとても、本当に凄いことだ。」

一言でまとめるなら「よく分かんねえなぁ」

投稿 : 2020/07/28
閲覧 : 257
サンキュー:

3

たかひろ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

フレンズはみんな友達

ジャパリパークは、フレンズたちの生息地でみんな仲良く暮らしているが、ある日カバンちゃんと言ったナゾの生物が出現して自分は何者かを調べるためにあっちこっち探索するといったお話。

お話自体はシンプルでわかりやすく他の作業をしていても話が分からなくなることは無いと思う。最近のアニメは、日常系以外は話が複雑だったりするからそれに関してはストレスフリーで見れる。

フレンズたちの多くは、新人の声優さんを起用されているので、不快に思ったりすることはあるとは思うが、そこは視聴者の皆さんがカバンちゃんになった気持ちで見るときっと応援したくなると思います。

投稿 : 2020/07/06
閲覧 : 133
サンキュー:

1

ネタバレ

tomledoru さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

女の子に擬人化した動物たちが可愛い

ケロロ軍曹の冬樹や夏美を思わせる吉崎観音氏の絵柄がよくマッチして
セルリアンにかばちゃんが食べられたところなど,
ちょっとだけ怖いシーンもあるけれど,ほんわかした雰囲気の
アニメになりました。

サーバルキャット…準主人公
コツメカワウソ
ジャガー
トキ
アルパカ・スリ
スナネコ
ツチノコ…いるのかな
アメリカビーバー
オグロプレーリードッグ
ライオン
ヘラジカ
ワシミミズク
アフリカオオコノハズク
コウテイペンギン
マーゲイ
キタキツネ
ギンギツネ
タイリクオオカミ
アミメキリン
ヒグマ
リカオン
キンシコウ
ヒトetc.かばんさんの成長物語ともとれるし…

それと,まあ,取材協力も相当の苦労をしたのでしょうね。
けものフレンズ効果で,3年前は動物園の入場者も増えたとか。

自分も知らない動物たちがたくさんいて勉強になりました。

けものはいるけど,のけものはいないというキャッチコピー?は
好感がもてました。

投稿 : 2020/07/05
閲覧 : 151
サンキュー:

5

ネタバレ

ちょま さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

なろう系やないかい!

なろう系作品の主流の一つに「こことは違う異世界に飛ばされる」「そこで冒険する」「自分の知識が異世界では無い知識のため無双できる・自分の力が異世界ではチートレベルだったため無双できる」「みんなに褒められる」という【報われるかもわからない努力は嫌。楽してマウント取らせて】系があるわけだけど、けもフレもほぼそういう作りだったのは正直「社会現象になったくらいのアニメだからどんなものなんだろ」というワクワクを裏切られた気分でがっかり。
何やっても「スゴーイ!」って…確か当時からこのタイプのなろう系が流行りだしていて、そういう意味ではなおさらヒットは必然だったのかも。日本人、疲れてるんだなぁ…

と思う一方で「上手くまとめたなぁ」と感心。

登場キャラは動物の擬人化のため習性は動物そのもの。だから主人公カバンちゃんの人間の思考に驚かされそれを褒めまくるわけだけど、これがただのなろう系であれば主役を立てるために周りのIQを低くしてるのが気持ち悪く感じるだけ。けもフレは動物:人間という種族からの違いをもたせるからこそ成り立つ妙。
主人公も素直に周りに感心し、鋭い爪も空を飛ぶ翼もないけれど、だからこそ自分にできることで冒険に貢献していくので嫌味がない。
怯えてばかりだった主人公が成長していくのは王道で外れなし。
いやほんとなろう系でもうまく作ればこうなるんだなぁ。

物語も「自分の記憶探しの道中で様々なフレンズと出会いトラブルを解決していく」という単純明快で構えずゆったり見れる安心感。多分設定とか色々あると思うけどキャラの関係性と成長に焦点を当ててるあたり取捨選択もすごいと思った。小さい子供でも楽しめるくらい分かりやすく道徳的なお話でありながら、なろう系に近い要素もあり、考察の余地を残した世界観、キャラの可愛さにも惹かれ癒やされるというあらゆる層に対応したスキのないアニメだった。

…と、アニメの作り自体には感心したけどそれでもやっぱり自分は「カバンちゃん無双」感をちょっと感じてしまい肌には合わなかったかなぁ。ま、若年層向けならアニメ漫画なんて主人公万歳してなんぼだけど

投稿 : 2020/05/17
閲覧 : 251
サンキュー:

2

ネタバレ

涼宮ハルカスキー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ホンワカした絵柄からは想像もできない設定です

2017年03月08日 第09話追記
--------------------------------------------------------
第8話まで視聴した感想です。

未視聴時はキービジュアルから、動物と友達(=フレンズ)になる話なのかと思いました{netabare}が、実は全然違ってました。{/netabare}

作中に登場する「遺跡」そして「実写によるED」で描かれる世界観に驚いています。{netabare}これは「がっこうぐらし」を思い出させる衝撃ですね。
ディストピアなのですよね?{/netabare}

正直言って本作品については、作画とか中の人の演技とかは、評価対象にはなっていません。このような世界が出来た理由を1話毎解き明かしていくのがポイントになります。

最終話はどうなるのだろうか?
全ての謎がクリアになるのだろうか?
キービジュアルのようにホンワカした終わり方になるのか?

う~む、今更で申し訳ないが目が離せない作品ですね。

第09話「ゆきやまちほー」
本作品を観た後で「ちほー」と読むと、まるで痴呆症になったかのように思うのは俺だけか?
{netabare}まさかの温泉回! わーい!

フレンズ達の毛皮っぽいのは服なのか?皮膚なのか?これはたーのしみー!

そして「もしかしてかばんちゃんは男かもしれない」という疑問が解決するかもー

ところで、フレンズ達って排泄する時、どうするんだろうね?
もしかして、じゃぱりまんって100%消化して何も出ないとか?
{/netabare}

投稿 : 2020/04/30
閲覧 : 317
サンキュー:

13

はく さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

伝説を作ったアニメ

もう来ないであろう全盛期を観れて本当に良かった。
色々とあった作品だが、このけものフレンズは本当に良い作品でした。
いつか続きが観たい・・・

投稿 : 2020/04/11
閲覧 : 215
サンキュー:

4

さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

動物

出てくる動物がマイナーなものもあって、もっとメジャーな動物だけにしてくれたらわかりやすかった。

投稿 : 2020/04/07
閲覧 : 145
サンキュー:

2

ぺぺぺ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

擬人化された動物の世界

動物アニメ(と言うか擬人化アニメ)の中ではパーフェクトな作品。素晴らしい限り。
たつき監督のキャラクターに対するこだわりに深さが目に見える。動物のちょっとした仕草、背景から読み取れるストーリー、そして出てくるキャラクター全てに意味がある。
たつき監督作品は全般的に、あまりCGの質は良くないです(個人的に)そして物語もスロースタート。それでも愛されているのは他が素晴らしいから。世界観、仕草、ストーリーにおいて。
個人的には序盤は見てたら寝そう…と思いましたが、終盤はとても素晴らしかった。
子供でも大人でも楽しめる作品だと思います。(実際朝にも放送しましたし)

投稿 : 2020/02/26
閲覧 : 142
サンキュー:

5

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 5.0 作画 : 1.5 声優 : 2.0 音楽 : 2.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

面白かったけど

久々に見たけど面白かった!
ただ映像のクオリティーと声優の演技が今一つだったなぁ…
ストーリーは良いのにもったいない…

投稿 : 2020/02/10
閲覧 : 148

DB さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

なんか分からないけど楽しめたのでアリですw
そもそもの擬人化もキャラの動きもストーリーも全てが変なのになかなか途中でやめられない面白さがあったと思います。
あと、OPEDもよかった。

投稿 : 2020/01/02
閲覧 : 116
サンキュー:

2

次の30件を表示

けものフレンズのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
けものフレンズのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

けものフレンズのストーリー・あらすじ

この世界のどこかにつくられた超巨大総合動物園「ジャパリパーク」。
そこでは神秘の物質「サンドスター」の力で「アニマルガール」へと変身した動物と、訪れた人間たちが賑やかに楽しんでいました。
しかし、時の流れは残酷なもの。数年前の事件をきっかけに 、今では訪れる人もいなくなってしまいました・・・。
そんなパークに、ひょんなことから迷い込んだ主人公“かばん”。
帰路を目指すための旅路が、アニマルガール達も関わって、大冒険になっちゃった!?(TVアニメ動画『けものフレンズ』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2017年冬アニメ
制作会社
ヤオヨロズ
主題歌
≪OP≫どうぶつビスケッツ×PPP『ようこそジャパリパーク へ』≪ED≫みゆはん『ぼくのフレンド』

声優・キャラクター

尾崎由香、本宮佳奈、小野早稀、内田彩、佐々木未来、根本流風、田村響華、相羽あいな、築田行子、近藤玲奈、津田美波、藤井ゆきよ

スタッフ

原作:けものフレンズプロジェクト、コンセプトデザイン:吉崎観音、 監督:たつき、シリーズ構成・脚本:田辺茂範、音響監督:阿部信行、作画監督:伊佐佳久、美術監督:白水優子

このアニメの類似作品

この頃(2017年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ