「妹さえいればいい。(TVアニメ動画)」

総合得点
76.2
感想・評価
612
棚に入れた
2642
ランキング
454
★★★★☆ 3.6 (612)
物語
3.5
作画
3.6
声優
3.7
音楽
3.6
キャラ
3.7
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

taijyu

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

酒飲んでゲームで遊んでいるだけ何ですが…でもそこが良い。

1話感想:
作中作のキャラがキモくて引きましたが、まあ内容自体はそれなりに面白いのでは。
しかし結局妹は居ないんですかね。
絵は何か微妙…と思いましたが、見ている内に可愛く思えてくるタイプかもしれません。

全話感想:
とても楽しく良いアニメでした。1話では評価は低めだったのですけどね。気づけば大好きになっていました。
キャラがそれぞれ非常に魅力的で、内容も実に面白かったです。
キャラの心情に共感できますね。

まあ、なんか酒飲んでゲームやって遊んでいるだけでしたが…でもそこが良い。
色々なゲームがあって面白かったです。こういうのも良いですね。

俺妹やはがないでヒットを飛ばした作者の次回作が、ラノベ作家が主人公、と共通しているのがちょっと面白いですね。
思わぬ成功になんか思うところがあったのでしょうか。

投稿 : 2019/06/09
閲覧 : 30
サンキュー:

1

ラウラ

★★★☆☆ 2.6
物語 : 1.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

どこか既視感がある

1話2話あたりはどこか憂いを帯びたような独特の雰囲気がうまく出せておりその点は良かったのですが、後半にかけてとにかくストーリーが盛り上がりません。設定もどこかで見たようなものが多く、新鮮さを感じることができませんでした。

投稿 : 2019/05/08
閲覧 : 41
サンキュー:

1

ストックトン

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

ラノベ作家を題材にしたアニメだったけど、
自分よりも才能に溢れてる女の子に対して
好きと嫉妬が錯綜しているような感情の
揺れ動きを描写していて面白かった。
物語中にしばしば連発される下ネタが
結構どぎつかった。
この後千尋どうなっていくのか気になって
しかたない。

投稿 : 2019/04/21
閲覧 : 54
サンキュー:

2

ootaki

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:途中で断念した

悪くないと思います

普通に可もなく不可もなくといいますか、悪くないと思います。ただ、個人的に新しめの要素がなかったのと、見ているうちに切っていいかなと思ったので、半クールで切らせてもらいました。

投稿 : 2019/02/11
閲覧 : 72
サンキュー:

2

pop22

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

作家もの

バクマンの萌えラノベ版のイメージ。
そこそこ面白いが妹ものを見たかった人にはタイトル詐欺。

本編は開始数分。

投稿 : 2019/01/13
閲覧 : 89
サンキュー:

2

shitasama

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

OP EDが良かった

なんか作画が〜ってのが多いような気がする昨今
最初から最後まで安定していた様な気がする、1話で
あ〜あとなったが見続けると中々見応えがありました、所々?のエロネタもツボにはまって良かった。

投稿 : 2019/01/06
閲覧 : 65
サンキュー:

2

タマランチ会長

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ボードゲームアニメ

 今巷ではマルチボードゲームがブームらしい。大学時代、シミュレーションゲーム同好会に属していた自分としては、お馴染みの世界ではあるが、そんなマルチボードゲームがアニメになる時代が来るとは。この作品に触発されて、ワンスアポンナタイムというカードゲームを買ったものの、相手がいなかったことに気づき、いまだにプレイはできていません。(涙)
 アニメの内容はともかく、そういうアニメが成立してしまうってことがうれしくって、レビューを書きました。

投稿 : 2019/01/02
閲覧 : 74
サンキュー:

3

ネタバレ

タパス

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

妹×ラノベ作家

まず、1話切りしないでくれ!って叫びたい。1話のAパートは我慢してそこからじっくり見てほしいです。

原作は『僕は友達が少ない』の平坂読先生。THEラブコメラノベという感じの日常パートが繰り広げられて非常に良かったです。苦手な人はキツイかもしれないです。

この作品で特に良かったのは「可児那由多」というキャラクターでした。彼女は俗に言う「主人公大好き公言型ヒロイン」です。国民的アニメで言うと酢乙女あい、ミカサ・アッカーマン、レム等ですね。

那由多は主人公の羽島伊月のことが大好きで恥じらいなく愛を告白しまくります。その純粋さも良いですし僕らキモオタにとって無条件に愛してくれるヒロインは夢のような存在です。

那由多の魅力的に圧倒された作品だと言っても過言じゃないですね。

正直、伊月と千尋の関係が進展せずに1期は終了したので2期が非常に待ち遠しいです。

全体的に日常パートも良くてOPのChouChoも最高だったのでもっと評価されても良い作品かなと思います。

投稿 : 2018/12/13
閲覧 : 93
サンキュー:

2

バッチ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

好きなほうのアニメだった

開始すぐので切りそうになったのであれは注意が必要

日常アニメとしてはいいと思う。

投稿 : 2018/11/24
閲覧 : 73
サンキュー:

3

ネタバレ

ヘラチオ

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

カントクのキャラクター原案好き

端的に言うと、男女でわいわいゲームしたり、出かけたりするリア充青春アニメ。色んな豆知識を挟んでくる。見た目は美少女だがドSな大野アシュリー好きだな。

{netabare}全裸にならないと小説を書けない可児那由多に求婚されるも断る伊月。僕はふざけんなと思ってたが、彼には売れてからじゃないと結婚したいが、できないというプライドが。可児那由多はもう救われているというのに。パンツを被って作画する三国山蚕のキャラも負けてない。{/netabare}

OPでChouCho、EDで結城アイラがいい味出してる。

「妹さえいれば人生は常に最高なのに、なぜ俺には妹がいないのか……」 妹モノの作品ばかりを書き続けている妹バカの小説家・羽島伊月の周囲には、天才作家にして変態の可児那由多、女子大生の白川京、イラストレーターのぷりけつ、鬼畜税理士の大野アシュリーなど、個性豊かな人物たちが集まっている。 それぞれ悩みを抱えながらも、小説を書いたりゲームをやったりお酒を飲んだり確定申告をしたりといった、賑やかな日常を送る伊月たち。 そんな彼らを温かく見守る伊月の義理の弟・千尋には、ある大きな秘密があって--。 楽しくも心に刺さる、天才や凡人や変人たちが繰り広げる青春ラブコメ群像劇、スタート!というのが公式のあらすじ。

投稿 : 2018/11/19
閲覧 : 62
サンキュー:

5

退会済のユーザー

★★★☆☆ 2.5
物語 : 1.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

うーん

面白いと思えませんでした。設定もありふれています。1話の時点では悪くなかったと思いますが、そこから物語に大きな変化が見られないのが残念です。

投稿 : 2018/11/13
閲覧 : 69

ちあき

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

冒頭、ドン引きした。が、全体的には決して悪くはありませんでした。

なんだか開き直っている感じで下ネタ満載でめちゃくちゃなのですが、なんとなく面白みも感じられる作品でした。

ある程度の許容範囲が無いと無理です。特に下ネタ耐性がない人にはおすすめしません。

投稿 : 2018/11/03
閲覧 : 75
サンキュー:

6

haiga

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

妹法学園(まほがく)が読みたくなるアニメ

今見終わりました。面白かった。原作はがないのひとなんですね。アニメ製作者がとってもこの作品を理解して作ってるなって感じました。

簡単に説明。妹好きすぎるラノベ小説家達とそれをとりまく変態達の日常です。あとボードゲームばっかやってますw以上

基本全裸デフォの変態だらけですが、小説家ゆえの悩みだったり、文才ありまくりだから主要キャラの日常での万能感半端ない。しれっとみんなかっこいいんですよね。全員売れっ子だからお金ももってるし(^-^;

ブレイクタイムのお酒の紹介とかボードゲーム紹介とかとてもセンスがよく、変態妹萌えアニメですけど大人のアニメって絶妙のバランスがすごいです。
製作者さんのセンスに脱帽。よい仕事です。

単純に妹萌えギャグと観ても面白いですし、カニちゃんの一途な恋とか春斗の凡人ゆえの葛藤とかもとても描けてて面白いですよ。あと無駄にオープニングがかっこいいんですよね(失礼)。オススメです♪

投稿 : 2018/10/30
閲覧 : 112
サンキュー:

7

a-1

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

これを見ないのは損

はがないの作者、平坂読の作品。
作画はカントク。女の子がとにかく可愛い
低評価が目立つので思わずコメントしました。

「はがない」はラノベも全て読み、アニメも二期まで見ました。しかしどうにも釈然とせず平坂読さんの作品はもう見ることないだろうなと思っていました。

今回の作品は「はがない」と別物です。
本作「妹さえ」は一概にラブコメと断定できるような作品ではない。

ジャンルを一言でいえば群像劇だがコメディをベースに仕事や人間関係の中でトラブルや目標との対峙を描くストーリーになっている。

エロやパロディ、ギャグも多く、合わない人にはとことん合わないかもしれません。
しかし、作中で描かれる仕事の苦悩や喜び、人間関係の微妙な距離感はとてもリアル。自分のモチベーションの高めかた、仕事に対する意識、目標、そういったものと葛藤しながら前進していく主人公の姿が作品の日常内に散りばめられています。
作者のやりたい事、言いたいことが伝わってくる良作だと感じます。
二期に続いて欲しい作品です。

投稿 : 2018/10/16
閲覧 : 80
サンキュー:

5

ネタバレ

K.S

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

とても面白かったです。

1話視聴

 はがないの原作者の作品ということで視聴
 {netabare}これ出だしからダメでしょ。どう考えても。
 14歳?全裸?これ円盤では規制外れるの?
 ミルク?たまご?パンツ食う?イヤイヤイヤ・・・
 キチ○イレベルの変態さんじゃないですか・・・
 とりあえず主人公はラノベ作家設定。理解出来た。

 兄さん?妹いるのか?可愛いな。ん?妹がいれば?どゆこと?
 弟さん・・・でもこういう男ってありえないだろ・・・
 こんなユニセックスというか中性的というか・・・
 うわ!この買い物袋を持つ姿が可愛い!

 おぉ!正真正銘の女子出現!可愛い!
 えっ!結婚しないの?なんか難儀な子なの?
 ビッチ原稿?あぁ・・・あのトンデモ小説ね・・・
 この子はなゆたさんでいいの?はがないの理科みたいなポジション?
 で・・・もう一人の子は?

 しかし、この主人公は妹ならなんでもいいの?
 しかしこのヤリ○ンさん?何を破ったの?処○○の話?
 どう考えてもゲスだな・・・
 でもこの言葉のゲームおもしろいな。ド変態主人公やるな!

 アニメ化作家・・・すごいな・・・
 これは作家さんの集いなんだな。

 この主人公に負けず劣らず、なゆたさんもやばすぎる。
 で・・・初対面でリバース?で・・・告られて・・・
 その子の作品を読み・・・泣く?なるほど・・・{/netabare}

2話視聴

 {netabare}キッモ!キッモ!ド変態共!
 アバンからなんちゅうもん見せやがる・・・

 そしてなゆたさん・・・男のケツを見てニターって・・・
 ふむふむ・・・主人公はそんな感じの大学生だったのね・・・
 女性をビッチ呼ばわりして、罵詈雑言の嵐・・・最低だぞ・・・
 とりあえず土下座しなさい!
 大学を辞めた理由はそうなのね・・・確かにする事があるなら無駄だわな。
 変態妹バカさんをあなたも好きなのでは?そんな感じがするのは僕だけ?

 しかし裸が多いな・・・これ円盤の時どうなんだ?
 でも裸は気持ちいいけど仕事が出来ないほどではないな。
 で、これはなゆたさんがいじめられてた?って事でいいのかな?

 このピー音というかポン音はなんだ?
 {netabare}「ゲイ?」「ホモ?」{/netabare}そうは思わないだろ・・・

 で・・・おっぱい揉む?いいのか?君いいのか?でもこのシーンいる?
 男にとっておっぱいには夢と希望がつまっている素晴らしいものだが、
 このシーンいる?

 あっ・・・このリアル妹さん・・・可愛い・・・
 多分、妹さんはなんだかんだでお兄ちゃんが好きなんかな?
{/netabare}

3話視聴

 {netabare}都会は石油ファンヒーターって使わないでエアコンなの?
 エアコンって乾燥するからイヤなんだよね・・・ってどうでもいいか。

 地ビールか・・・あたりハズレが大きいんだよな。
 1:9で9まずい・・・
 「え?なんだって?」って・・・で即○○OKの○○ってなんだ?
 こういうのは円盤ではちゃんと外れるのか?外れてましたね・・・
 放送出来んわ!

 沖縄か・・・行ってみたいな・・・
 この女性の長い髪が水面に広がるのは美しいな・・・
 で、ダブル全裸・・・これ盗撮されまくりだろ・・・絶対ネットに晒される・・・
 コラコラ!太陽の光さん・・・見えねーだろ!

 おっ、新キャラだ。女性・・・?男性・・・?名前は刹那さん。どっち?
 イクラを食べに北海道・・・タレントさんみたいだ。
 で、ラーメン?気持ちは分かるけど・・・
 この贅沢物が!海鮮丼にの後ジンギスカンだと・・・ふざけんなよ。
 僕にも食わせろ!

 うーん・・・他の方のレビューも拝見したが・・・
 心躍らないな・・・つまらないとはいわないが・・・
 エロに頼りすぎてないか?{/netabare}

4話視聴

 {netabare}酒好きだな・・・黒ビールはうまいわな・・・
 地ビールで飲んだことあるけど、うまかったな・・・
 ってルートビアって何?・・・まずそうだな。
 チョコをアテにビール?って突然ビーフシチュー?
 ここでチョコで繋がるんだ。
 こういう商売の締め切りってぶっちぎれるの?
 僕も納期商売なんでなんとも言えないけど・・・
 あんまりちぎらないな・・・

 編集者さんよ・・・いいのか?ビールなんぞ飲んでて・・・
 税理士?確定申告?やっぱ凄いな・・・
 なんで変態妹キ○○イなのに、美女ばっか貴様の廻りに!
 メインヒロインが小鳩ちゃん?マリア?小町?
 ・・・このキ○○イが!本当に何考えてんだ!貴様は!
 ほらまたピー音・・・これ円盤で消せよ!なんとなく想像出来るけど・・・
 妹妻?そんなん存在するのか?
 そして原作者よ・・・やっぱりロ○○ンなのか?
 貴様、妹もののAVまでか・・・もはや脳の違和感のレベルを超えてるな・・・

 こいつ!エロ○-までやってんのか・・・
 メイドか・・・どんな性癖だよ・・・そして凄まじい羞恥プレイ・・・
 どっちも変態だ・・・
 税理士さん、エッロ!エッロ!エッロ!実在したら犯罪レベルだな。
 またズキューン!円盤では絶対はずせよ!気になるじゃないか!
 でも仕事は出来るんだな。
 更には合法ロリか・・・
 EDの第六感のミストレスは素晴らしいですな・・・{/netabare}

5話視聴

 {netabare}締め切りってそうなんだ・・・
 カラオケで仕事か・・・漫喫ではあるけど、そんなもんなんだ・・・
 締め切り間近で逃走したくなる気持ちは分かる。
 かく言う僕も、家でもするけどさ・・・

 そして遁走・・・バックレ・・・刹那さんって男なの?
 女だと思ってた・・・アレ・・・君16歳じゃなかったっけ?
 刹那さん、めっちゃいい体じゃん!そして混浴へ・・・

 作画が漫画太郎?まぁ当たり前だわな・・・
 30年前でもお姉さんと言えるか?
 地獄絵図だ・・・熟女好きな僕でも地獄絵図だ・・・
 なゆちゃんのお風呂で癒されてっと・・・

 編集さんって凄いな・・・本当にありえそうだな・・・
 殺す!コレもありえそうだな・・・
 実際の作家さんと編集さんってこういう関係なのか?
 これは面白いは・・・

 実際、気分がMAXで一日缶詰の場合、どのくらい書けるものなんだ?
 原稿用紙何枚分?
 風呂にも入れないんだ?歯も磨けない?
 こういう作家さんには労働基準法以前に人権はないの?

 凄いスピードで書いてるな・・・で・・・ここでOP?
 おぉ!終わった・・・で・・・このデータはUSBかなんかで渡すの?

 発売日か・・・やっぱ嬉しいんだろうな・・・
 最高傑作だからって売れるものでもないわな・・・
 でもこういうのって口コミで広がるわな。

 コミカライズ?凄いな!おめでとう!
 しかし、今回はエロ要素がほぼ無し。
 でも今回がこの作品の今までの最高回だったわ・・・
 アニメにエロは求めないって!{/netabare}

6話視聴

 {netabare}か、蚕さん?親御さん恨まない?なしてこんな名前?
 でも可愛いな・・・
 しかし、こんな妹バカ(まぁ作品だけじゃ分からんかもだけど)
 どこがええんじゃ!と・・・いいたいが・・・この蚕さんもそっちの人?
 可愛いのに・・・可愛いのに・・・

 あ・・・この集い、いいですね・・・
 お!なゆちゃんがヤキモチ?
 しかしここまで言われて落ちない羽島君もちょっとどころか
 相当どうかと思うけどね・・・

 編集さんって悲惨なんだな・・・休みが反故になるのは
 僕らの業界もザラだけど、ここまでは酷くはないな。

 弟さん・・・男に見えねーよ!どう考えても可愛い女子だろ!
 僕と同姓とは思えん!
 そして男のお前がどうしてこんなパンツを履いてる?
 で・・・酒のCM?なんじゃこれ?

 この妹さん、めっちゃ可愛いじゃん!ただのツンデレじゃん!
 いいな・・・こんな妹さん・・・
 でも羽島君の弟が男の娘になったら・・・もしくは性転換したら・・・
 やっぱそっちがいいな・・・

 で・・・ゲームか・・・
 そして最低の学生生活・・・灰色以下じゃん・・・真っ黒だ・・・
 八幡も真っ青だ・・・

 で・・・裸のアレはともかく、次ぎはうっかりお母さん?
 ギャグにもならんギャグ?
 寝癖は解決だけど・・・キ○○イさんがお通り!になっちゃいますよ。

 な、なゆたさん?暴走にもほどがありますわよ!
 そんなにトラウマが?
 
 アニメ化作家の1話目!でもSHIROBAKOがオンエアの前日?
 そんなものなの?あ・・・そういう事・・・
 悲しいな・・・自身の作品は自身そのものだろうに・・・
 アニメはアレだったんだね・・・本当に悲しいね・・・

 京ちゃんの気持ち分かるわ・・・実は僕もウルウルきてた・・・
 自身の作品がこういう形でド酷評されるのは心外というか・・・
 結果が全てだと思うけど・・・気持ちはよく分かるわ・・・
{/netabare}

7話視聴

 {netabare}ってまた来てるのかい!そしてTRPGってなに?
 お・・・京ちゃんにちょっと惚れた?いや、気持ちは分かるよ。
 
 テーブルトークRPGの略なのね。
 そして京ちゃんが姉ちゃんで全員妹!

 で・・・名前と能力発表・・・って!
 レールガンと・・・上条君と・・・後はなんだ?
 なゆちゃんは論外だけど・・・そしてアニメで放送していいの?

 いきなり宿でチョメチョメ?
 で・・・あやしい男の4人組・・・戦う!まぁ強いわな・・・
 ここまではよい!おいおい展開が怪しいぞ!
 ほらほら違うでしょ!どうしてこうなる?
 公然猥褻?そりゃそうでしょ!

 ようやくマトモなRPGらしくなってきた・・・
 ゴブリンか・・・なんかFFやりたくなってきた。
 水浴び?また始まったか?
 で・・・この放送禁止?自粛?になっているのは円盤で外れるのか?
 で・・・このガガギアってなんなの?

 また触手?このド変態が・・・
 でも内容は最低だけど、面白そうだな・・・
 EDのキャスト一面「日野聡」さんって初めて見たよ・・・{/netabare}

8話視聴

 {netabare}羽島君・・・この聞き方は大誤解を招くよ・・・
 しかし、このOP今更ながら好きだな・・・

 ポジティブシンキングは好きだけど・・・
 今が底辺って・・・下り坂かもしれないだろ・・・
 中々それが難しいよね。で・・・ウ○コはいいのか?カレー食いながら?
 とりあえず最低だ・・・

 いいな・・・この誕生日会?って思しき集いは・・・
 凄いな・・・作家さんが自分の為だけに書いてくれた小説って!

 しかし、この京ちゃんはいい子だな・・・
 ていうかみんな凄くいいヤツなんだよな!性癖はともかく・・・
 みゃーさん物語・・・そしてユニバース!
 でも京ちゃんって・・・今後の展開が楽しみだ・・・

 遊園地か・・・絶叫マシン?絶対断る!
 で・・・はまったの?いつき君!
 そして京ちゃんの気持ちか・・・やっぱつらいよね・・・
 この「気持ち」って部分だけは・・・どうにもならんからな・・・
 割り切るって難しいよな・・・確かに残酷だけど・・・
 誰も悪くないから尚の事切ないわな・・・
 一時はどうなるかと思ったが、次だ楽しみだわ・・・{/netabare}

9話視聴
{netabare}
 いきなり・・・蚕さんのコミックのダメだしっすか・・・
 あげくに全裸?下着?あの・・・良く分からないんですが・・・
 どちらでもよくはないのでしょうか?
 ダメなんですね・・・しかしどっちも引かねーし・・・

 っとプリけつ先生ではないですか・・・
 で・・・更にパンツ?全裸?ブラジャー?パンティ?
 ・・・これ声優さん気の毒に・・・エロマンガ先生の時も思ったけどね。
 そんでもって対決か・・・
 蚕先生!ハイクラスの変態ではないですか!
 パンツ?パンティ?こだわりがあるんですね・・・蚕さん・・・
 コミックと単発のイラストでは・・・ってやっぱりか・・・
 こんな可愛い娘が・・・まぁアニメだしね・・・

 なゆちゃんか・・・全裸大好きっ娘だもんね・・・
 で・・・妻?、京ちゃんナイスです。
 しかし・・・全裸は邪教なのか?
 京さんはそこを言っている訳では・・・

 で・・・結婚は既定路線なのね・・・
 そして家では全裸なのね・・・
 更にはなゆちゃんの全裸攻撃?これ原作者先生の願望的なものが
 相当にありませんか?

 で・・・コミックでは全裸もあるんですね・・・{/netabare}

10話視聴
{netabare}
 千尋くん・・・何考えてんの?アシュリーさんは変態だよ・・・
 合法ロリだし・・・千尋くんはGが恐くないの?
 で・・・Gって洗剤に弱いの?
 あ・・・やっぱ・・・そうだったのね・・・
 こんな可愛い男は存在しないわな・・・

 そして異次元クリーチャー?
 妹?遺伝学的にはどうなの?って喰われた・・・
 愛せません・・・伊月くんはギリいいの?って本当に?

 動物園か・・・10年くらい前に行ったのが最後だな・・・
 ちんちんおっぴろげ?公然猥褻?
 そういえば犬のアナルが見えて放送自粛なんて話も聞いた事があったな。
 動物は理性<本能なんだから別にいいだろ?と思うのは僕だけ?
 ってなゆちゃんは本当の変態だ・・・股間ばっかじゃねーか!
 それで伊月くんは何を書きたいの?

 水族館か・・・楽しいんだよね・・・僕も大好きだ・・・
 でも食材?として認識する千尋くん(もうちゃんか・・・)
 可愛いな・・・{netabare}原作だとアニメ時ではまだだったけど
 現状ではバレちゃったもんね。伊月くんに・・・
 そういえば棗さんは出てこないだっけ?
 このお父さんも常識人で・・・でもちょっと飛んでて原作では愛すべき
 人物なんだけどな・・・{/netabare}

 春斗・・・Cパートで妹さんと共に・・・
 この妹さんいい娘だ・・・{/netabare}

11話視聴
{netabare}
 原稿ってオンラインじゃないんだ・・・もしくはUSBとか・・・
 京ちゃんはいい娘すぎる・・・
 で・・・初めて出版社に入り京ちゃんは・・・
 土岐さんはケンケンだもんね・・・

 そりゃ驚くわな・・・羽島伊月の原稿を持って現れ、
 なゆちゃんの知り合い・・・
 で・・・全裸でお出迎え?ってお前も全裸かい!
 スマホで書くの?って早いよ・・・

 なゆちゃんの言ってる事もちょっとだけ分かる・・・
 シロウトが黙ってろ!という訳ではないけどね。
 トンチンカンなアドバイスは現場を混乱させるだけなんだよね・・・

 黒京ちゃんも可愛いな・・・
 しかし、これ見てるとテーブルゲームも面白いな・・・
 そして変態トーク?変態語り?
 こんなんばっかだよな・・・
 京ちゃんが放送禁止(自粛?)のコードを言うのは可愛いな・・・
 おちんちんぐらいいいだろ・・・と思うのだが・・・
 まぁこれはレンタル出来んわな・・・
 下セカも強烈だったけど・・・このアニメのちんちん度は高すぎる・・・

 春斗くんの京ちゃんへの思いは本物なんだよな・・・
 たとえちょっと姑息とも言える策を弄しても・・・
 ここで「主人公」というワードが出るんだよな。
 この伊月の思いは原作でも強く出ているのでこのシーンは好きだな。
 なゆちゃんへの思いをいちおう親友にオープンにして・・・
 ってなゆちゃん聞いてんじゃん!

 アニメ化か・・・
 原作でもここからが猛烈に面白くなるんだが・・・{/netabare}

最終話視聴
{netabare}
 伊月の回想シーン?からか・・・
 高校生のお姉さんがちょっとした好奇心で、ぼっち中学生を・・・
 これは100%惚れますね。相手の容姿にかかわらず・・・
 この場合、年上のお姉さんが物凄く素敵な女性に見えるんだよな・・・
 なんせ、オスはアホですから・・・
 この「妹さえいればいい・・・」の話を掘り下げて・・・
 というか詳細に語る事が原作ではあるんだけど、アニメで見たい!
 本当に切ないシーンなんだよな・・・

 で・・・まぁフラれるわな・・・
 そしてOPの「明日の君さえいればいい」の歌詞に繋がると。
 僕はこの歌、大好きです。Chouchoさんの声も素晴らしいですが、
 歌詞がなんとも言えず大好きです。

 で・・・アニメ化を友人達に発表か・・・
 春斗の大失敗アニメがあったのに快諾する伊月・・・
 本当に2期、熱望アニメなんだよな・・・
 ここからが非常に面白いんだけど・・・

 で・・・ここでゲーム・・・
 しかし、こんな悲惨なの・・・作家さんって・・・
 そして京ちゃんは・・・けんけんに出版業界についての相談。
 全員の回想・・・{/netabare}

全話見て

 実はこの作品大好きです。
 原作の大大ファンです。でも・・・2期は無いだろうな・・・
 レンタルもないもんね・・・
 こんな事言ったら問題かもしれないけど・・・
 原作はここからがもの凄く面白い!
 2期熱望作品です。是非お願いします。

投稿 : 2018/09/30
閲覧 : 111
サンキュー:

10

ネタバレ

Marsa

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルで損してる。妹萌えと言うより、少し大人の心情やその距離感を巧みに表現した作品かと。

原作未読。全12話。

原作者は「僕は友達が少ない」(はがない)の平坂読。
はがないも好きなアニメで、これはキャラを楽しむことに
ウエイトを置いた作品でしたが、登場人物の心理描写も
控えめながらもいい感じという印象でした。
私は「う○こ吸血鬼!」と連呼するキャラがツボでした。

この作品のタイトルから、妹萌えを楽しむもの 敬遠して
ましたが、
1周見て、あれ?なんか雰囲気いいな。
2周目見て、これすごくいいわってなって、
この作者好きになってます。
(はがないもそうですが、話は完結してないので、
上手く締めれるか、ちょっと不安ではありますが)
2017年秋で1番の私のお気に入りでした。

話は、ラノベ作家の主人公とその個性的な仲間たちの、主に5人の
日常をゆったりと描いています。
それぞれ、才能や実力など足りないものがあり、静かに
もがきながらも頑張っていて、その心理描写も上手に描かれます。
登場人物それぞれの思いが交錯する中、人物間の
なんとも言えない微妙な距離感! その表現が巧みで、心に
スッと入って、かなり好き!

曲も話とリンクできてて、特にEDの曲は大好き。いいですよー。

タイトルで誤解され、下ネタも躊躇なく出てきて、敬遠してる方も
多いのでは。
どちらかというと、萌えアニメではなく、心の動きの機微を
楽しむアニメと思いますので、そういうのが好みの方、是非!

投稿 : 2018/09/28
閲覧 : 109
サンキュー:

24

ネタバレ

iksg

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルの意味は?

題材がラノベクリエイターだが、特に職に対する拘りも感じず、ラブコメ要素も目新しいものは無い。

内輪ノリの創作レクリエーションゲームが、毎話ノルマのように行われるが、絶望的につまらない。

タイトルの適当感が気になる。
メインヒロインは妹じゃないし、主人公に妹はいるのに、弟として接してるとか、無茶苦茶で、これといってタイトルに結びつく要素が無いんだが…
ただの作者の願望なのか?
タイトルはもっとしっかり決めよう。

投稿 : 2018/09/23
閲覧 : 52
サンキュー:

1

アデュー

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

キャラ名

はがないの作者の作品。
作者が岐阜らしいので、キャラの名に岐阜県の市の名前のキャラクターが多々出てきた今作(笑)
今作もはがないと同様に楽しく視聴できた。
2期があるならまた見てみたい作品。
はがないも3期があるならみてみたい(笑)もうないか…

投稿 : 2018/08/14
閲覧 : 84
サンキュー:

2

takeboo

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

変態モノが好きな人向け

作者の変態ぶりが主人公に投影されている気がしてならない作品。1話の冒頭はアニメでやるには確かにビックリする。でも、その後も変態要素満載なのでだんだんと慣れてくる。ストーリー的には面白いし恋愛要素も散りばめられているので私的には及第点。二期があれば絶対見ると思う。
77点。

投稿 : 2018/08/04
閲覧 : 111
サンキュー:

5

猫耳サイクロップス

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

一話冒頭だけが異常だった。

総評:
「ちょっと退屈なストーリーかな」

投稿 : 2018/08/01
閲覧 : 121
サンキュー:

1

ネタバレ

sMYVP12210

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

駄作 変態アニメだがまじつまらん 1話切り!

たぶんみんな書いてるだろうが1話 冒頭!これが最高。
まさに最初からクライマックス&終了。

原作はしらないけど、漫画家さんの業界アニメかなこれ。
1話がんばってみたけど、まったく面白くない。エロというよりキャラが変態多いのでドン引きしちゃう。ラノベとかゲーム原作かねー このセリフ多さと展開悪さは。
1話で切ります。タイトルから期待してただけにすっごく残念でした

{netabare}
あと、セル版。乳首解禁されてないようですねー つるっつるでした。
放送版は結構謎の光が入っててセルに期待しちゃった人いたでしょうね。
{/netabare}

投稿 : 2018/07/29
閲覧 : 87
サンキュー:

2

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

(弟なんかいなくっても)妹さえいればいい。

公式のINTRODUCTION
{netabare}
「妹さえいれば
人生は常に最高なのに、
なぜ俺には妹がいないのか……」

妹モノの作品ばかりを書き続けている妹バカの
小説家・羽島伊月の周囲には、
天才作家にして変態の可児那由多、
女子大生の白川京、
イラストレーターのぷりけつ、
鬼畜税理士の大野アシュリーなど、
個性豊かな人物たちが集まっている。

それぞれ悩みを抱えながらも、小説を書いたり
ゲームをやったりお酒を飲んだり確定申告をしたり
といった、賑やかな日常を送る伊月たち。
そんな彼らを温かく見守る伊月の義理の弟・千尋には、
ある大きな秘密があって―。

楽しくも心に刺さる、天才や凡人や変人たちが
繰り広げる青春ラブコメ群像劇、スタート!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:平坂 読(小学館「ガガガ文庫」刊)
キャラクター原案:カントク
監督:大沼 心
シリーズ構成・脚本:平坂 読
シリーズディレクター:玉村 仁
キャラクターデザイン・総作画監督:木野下澄江
メインアニメータ―:青木慎平
プロップデザイン:泉 美紗子
撮影監督:臼田 睦
美術監督:坂上裕文
色彩設計:平井麻実
編集:REAL-T
音響監督:土屋雅紀
音楽:菊谷知樹
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:SILVER LINK.
{/netabare}
キャスト{netabare}
羽島伊月:小林裕介
可児那由多:金元寿子
羽島千尋:山本希望
白川 京:加隈亜衣
恵那刹那:代永 翼
不破春斗:日野 聡
土岐健次郎:鳥海浩輔
大野アシュリー:沼倉愛美
三国山 蚕:藤田 茜
{/netabare}


1話ずつの感想

--------------------キリトリ線--------------------

第1話「料理上手の弟と全裸の美少女と気の合う友達さえいればいい。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
羽島伊月は、売れっ子の若手小説家である。しかし、重度の「妹バカ」である彼が書く小説のヒロインは妹キャラばかりのため、売れ行きは伸び悩み気味で、新作の執筆にも苦戦している。そんな伊月の部屋に、義理の弟の千尋、作家仲間の不破春斗と可児那由多、大学生の白川京がやってくる。いつものようにアナログゲームを遊び、千尋の作った料理や美味しい酒を味わう伊月たち。その夜、那由多が伊月にグイグイ迫ってくるのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}

はじめ、妹がはだかでお兄ちゃんをおこしてディープキスしたり
お兄ちゃんが妹の入ったおふろの水で顔を洗うとかって
すっごく気もち悪くなってきたから見るのやめようかな?
って思ったら伊月が書いてる小説だった。。

そのあとはふつうの日常系っぽいおはなしになったけど
伊月クンのへやに遊びに来た那由多も
かわいいのにキツイ下ネタとかふつうに言ったりちょっと変態さんみたい?
にゃんはニガテなタイプかな。。


何となくラブコメみたいなんだけど
そんな感じで変態ネタからはじまってにゃんはすごく引いてたら
こんどはお友だちとか集まってめんどそうなパズル
(ウミガメのスープってゆう水平思考パズル)の説明とかだらだら。。って

(あんまりおもしろくなさそうだったからちょっとググったら
ほんとのウミガメのスープってゆう問題の答えのほうが
ちょっとムリヤリ理由をつけた感じだったけどおもしろそうだった。。)


それでにゃんは
「このアニメって何がしたいの?」って思っちゃった。。

だって何となく日常系ラブコメみたいなんだけど
1話目からメインのおはなしと関係ないことダラダラ説明したら
見てる人、引いちゃいそう。。

ふつうこうゆうおはなしって
何話かやってネタが切れたころにやったりするんじゃないのかな?

「てさぐれ!部活もの」だと「人狼」とか
「帰宅部活動記録」だと特別ルールのしりとりとかやって
わりともり上がってたけど^^

このおはなしだとみんなで質問してるだけで
見てる人にも考えさせたかったのかもだけど
自分で質問できないからもり上がらないし。。

それともこれってなにかの伏線だったりするのかな?
たぶんちがうって思うけど。。


あと、イントロダクションに
「義理の弟・千尋には、 ある大きな秘密があって―。」
って書いてあったけど
きっと「実は妹だった」とかなんじゃないのかな?


でも。。1話目はあんまりおもしろくなかったけど
さいごに伊月クンが那由多の小説読んで泣いてたから
これからのラブコメを楽しみにして何話か見てみよう☆彡っと
{/netabare}
{/netabare}
第2話「奇跡さえ起きればいい。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
新刊の執筆のため、伊月があられもない姿でヒロインの「妹」の気持ちになりきっていたところへ、那由多と京がやってきた! 伊月がすべての那由多と、伊月へ秘かに好意を抱いている京だが、那由多は自分のために涙を流してくれた優しい京のことを慕っていた。那由多は京を自分がカンヅメしているホテルへ招くと、さっさと全裸になる。そして京にも小説の取材のために裸になって欲しいと懇願するが……!?
{/netabare}
感想
{netabare}

今週は那由多と京がどれくらい伊月クンのこと好きか。。ってゆうおはなしと
那由多が京のこといい人だって思ってる。。ってゆうおはなしかな?

でも、それだけじゃつまらないから
那由多が京をカンヅメになってるホテルに呼んで
自分はハダカで原稿書いたり
那由多もハダカになってもらってあんなことやこんなことw


前回は何がしたいか分かりにくかったけど
今回ははっきりしたみたい
やっぱりハーレムラブコメ^^


那由多がいじめられっ子だったとか
ちょっとシリアスなおはなしが入ってたけどそうゆうのはサッと流して
男子向けシーンがちょっと多すぎかも?

あと、那由多ってゆう名まえ変わってるなって思ったらもう1人が京って
「ガーリッシュ ナンバー」とおんなじパターンで
ヒロインの名まえに数字の単位があるって気がついて
そう言えば千尋って千が入ってるからやっぱり女子なんじゃないのかな?って

さいごはおふろに入って何となくそうみたいだったよね?


おんなじようなおはなしの
「エロマンガ先生」の設定よりツッコむところは少ないけど
わらえるコメディとかわいいところも少ないみたい。。
{/netabare}
{/netabare}
第3話「取材でさえあればいい。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
真冬の寒さに耐えかねた伊月、那由多、京の3人は沖縄へひとっ飛び! 翌日、伊月の取材のために離島に足をのばした3人だったが、さっそく那由多が全裸ではしゃぐ! 幻想的な光景に見とれていた京だが、やがて自分もヤケになって全裸に! さらに2日後、イラストレーターの恵那刹那に誘われて、伊月は真冬の北海道へ! ご当地グルメを食べ倒す2人。しかし、刹那はイラストの締切を盛大に破っていたのだった……。
{/netabare}
感想
{netabare}

えーと。。
今回は沖縄旅行と北海道旅行のおはなし

沖縄では男子お待たせのヒロインたちのはだか回^^
それで北海道で食べ歩き。。

今回はロケに行ったスタッフのための回だったかもw


とにかくおいしそうなものいっぱいあった♪

さいごは千尋のおみやげの食材を使ったお料理もおいしそうだった☆

いくらとウニの海鮮丼はおいしそうだけど
ホントに食べたらこってりしすぎて気もち悪くなったりするみたい
にゃんはトロとかサーモンのおすしは好きだけど
おさしみだったらいっぱいは食べられないよね^^;


ってゆう感想なんだけど
前半で伊月クンが那由多のことどう思ってるか分かって
やっぱりラブコメなんだなぁ。。って

伊月クンは那由多の小説が好きすぎて
じぶんには合わないって思ってるってゆう感じなのかな?

後半、伊月クンが
自分の小説が刹那クンのイラストにかなわないからいっしょに組まない
って言ってるの聞いて
そうじゃないのかな?って思った。。


あと、那由他が玉子しゃぶるシーンがあったけど
よだれがベちょ―って。。ふつうに気もち悪いだけだって思うんだけど^^;
{/netabare}
{/netabare}
第4話「仕事さえすればいい。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
バレンタインデーに伊月の部屋に集まった那由多と京と春斗。春斗は伊月との仲良しアピールに余念がない。そこへ編集者の土岐が2人に読者からのチョコレートを持ってやってきた。チョコレートが多かったのは意外にも……!? その数日後、伊月の部屋に新たな人物がやってくる。見た目は美少女だがドSな鬼畜税理士、大野アシュリー。確定申告のため、趣味で購入したあれやこれやまで徹底的に調べられた伊月はすっかり涙目に……。
{/netabare}
感想
{netabare}

「妹さえいればいい。」ってゆうタイトルだけど
妹が好きってゆうおはなしははじめだけだったみたい
あとはふつうにラノベ作家さんの日常ってゆう感じで
そんなに悪くないみたい^^


今回は前半がバレンタインのおはなしで後半が作家さんの税金のおはなし^^

バレンタインのおはなしは
じょうだんみたいにしてるから分かりにくいけど
伊月クン大好きってゆう那由多の気もちが伝わってきてちょっとかわいそう

しめ切りの遅れてる伊月クンだったけど
編集者さんから読者の人からのチョコをもらって
自分の作品を待っててくれる人がいるって思ったら
がんばろうって思えたみたい^^


後半のおはなしは伊月クンとか春斗クンが
実はおばさんの美少女税理士の人に言葉でセクハラされちゃうおはなし^^

必要経費にするからって言って
伊月クンがやってるエロゲとかのことくわしく言わせて
あとでそのことネタにしてからかうの^^

作家の人って原価はほとんどかからないけど
いろんなものを取材経費って言って控除できるみたい^^

伊月クンがそれは趣味だからって言ってるのに
何でも節税に使おうってするアシュリーとの会話がおかしかったw
{/netabare}
{/netabare}
第5話「小説さえ書けばいい。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
原稿のデッドラインが迫り、担当編集の土岐から逃亡を計る羽島伊月だったが、あえなく捕まってしまう。しかし伊月は、見事編集部からの脱走に成功する。そこでイラストレーターのぷりけつこと恵那刹那とばったり出会った伊月は、刹那に混浴の温泉へ誘われるのだった。マンネリに悩んでいた刹那は、インスピレーションを得るため新しいケツを求めていたのだ。刹那とともに温泉旅館に出かけた伊月は、そこで恐ろしいものに遭遇する……。
{/netabare}
感想
{netabare}

今回は伊月クンがしめ切りに追われるおはなし。。

混浴温泉でおばあさんたちにかこまれて逃げたりして
ぜんぜんおもしろくなかった

もうしめ切りに間に合わないからって逃げちゃったのに
カンヅメにされて春斗クンから
あきらめて発売延期するかって聞かれたら気が変わったりして
あれって編集さんが見つけてくれなかったらどうなってたのかな?

さいごはがんばる伊月クンと書いてるラノベの主人公がかぶって
いいおはなしみたくなってたけど
こんなになるまで遊んでたのって伊月クンだから^^

たとえばラノベの勇者が最強の魔王をたおしたらかっこいいけど
その勇者がただのスライムが魔王になるのずっと見てたのに遊んでて
王様がムリヤリ勇者を魔王のダンジョンに閉じこめたら
やっと気が変わってたおしたんだったらぜんぜんかっこよくないよね。。

そんな感じ^^
{/netabare}
{/netabare}
第6話「メディア展開さえ上手くいけばいい。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
『妹法学園』シリーズのコミカライズを担当する新人漫画家・三国山蚕との顔合わせをする伊月。お嬢様にしか見えない蚕にコミカライズを任せていいのか不安になる伊月だったが、実は蚕も妹萌えであり、二人は意気投合する。伊月の小説のコミカライズと春斗の小説のアニメ放送のお祝いを兼ねたお花見では、二徹明けで酔っぱらった土岐が伊月に絡み始めるなど、相も変わらず賑やかな一同。そしていよいよアニメが始まったが……!?
{/netabare}
感想
{netabare}

前半、新キャラの蚕が出たけど
妹キャラ大好きってゆうので話しがもり上がっただけで終わり。。
この人もレギュラーになるのかな?

お花見では千尋クンがにもつを取りに行ったとき
刹那さんが知らない千尋クンのお尻を見ていきなりおそいかかった時
女子のショーツはいてたけどやっぱり女の子だよね^^

でも、これってギャグにならない。。^^;


後半はアニメ化失敗でネットでたたかれて土岐さんが落ちこんじゃってたけど
アニメ化って変にしない方がよかったりするのかな?

それにしてもネットの評判が原作はいいんだけど。。
ってゆうコメのほかはぜんぶダメダメでかわいそうだった。。

でも、ちゃんとした会社が作ってても
そうゆうアニメってあるからしょうがないよね。。
{/netabare}
{/netabare}
第7話「冒険さえあればいい。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
『絶界の聖霊騎士』のアニメの出来が酷くて落ち込んでいる春斗を元気づけるため、伊月は那由多・京・千尋と一緒にTRPGをガッツリやる会を企画する。ゲームは基本的に女キャラでプレイする派の伊月、なぜか伊月の妹という設定でキャラメイクする千尋、さらにその妹になろうとする那由多、実年齢と同様の女性で設定した京、という4姉妹は、ゲームマスターの春斗のもと、やりたい放題のプレイを開始する。
{/netabare}
感想
{netabare}

あらすじのおはなしだけで
サイコロをふって勝ち負けを決めるみたいだけど
かってなことゆう人たちに
ゲームマスターもかってなこと言ってゲームをすすめるのかな?


えーっと^^;TRPGってよく分からなかったけど
那由多が粘膜接触でパワー増幅とかってゆう設定を作ったせいで
ただの百合系エ○アニメになってたみたい^^;
あと触手プレーとか^^

おはなしはあんまりなくってそんなに面白くなかった^^
{/netabare}
{/netabare}
第8話「恋と友情さえあればいい。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
春斗に京への想いを告げられ、伊月は協力を約束する。時を同じくして、京を姉のように慕う那由多は、京の誕生日にサプライズパーティーを開きたいと伊月に持ちかける。プレゼントに悩む伊月と那由多は、出版関係者ならではのアイテムをあげようと京に“好きな作家”を訊ねたところ、伊月という答えが返ってきた。同じ小説家として、初めて伊月に嫉妬を覚えた那由多が、京へのプレゼントに選んだものとは……?
{/netabare}
感想
{netabare}

前半が誕生日のサプライズパーティーのおはなしで
伊月は協力たのまれてたのに忘れてて
その代わり4人で遊園地に行くことになったおはなしが後半

那由多が京に小説をプレゼントしたのってあらすじ読んで分かったけど
伊月にやきもち焼いたからだったんだね^^

それで読んだ京は那由多がすごい作家だって気がついた。。

伊月も那由多がすごい作家だから
あれだけアタックされててもつき合わないってゆう感じかな?

このおはなしってラブコメなんだけど
作家どうしとかでやきもち焼いたりってすることが多いみたい^^


今回のおはなしは4角ラブコメでよかった☆

那由多が伊月のこと好きだから京は伊月のこと好きだけどコクれない
春斗クンがそのことに気がついて
アニメの失敗で落ちこんでこんどは京のことでまた。。

でも、まだ伊月と京がつき合ってるわけじゃないから
チャンスはあるはずだよね☆
{/netabare}
{/netabare}
第9話「全裸と下着さえあればいい。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
土岐が『妹法学園』コミカライズの原稿を持ってくる。三国山蚕の描いたコミック版『まほがく』は伊月が期待したとおりの素晴らしいクオリティだったのだが、ただ一つだけ致命的な問題を抱えていた。それがどうしても許容できず、伊月と蚕は激しく言い争う。そこへイラストレーターの刹那もやってきて、蚕と刹那はどちらがコミカライズに相応しいか漫画対決をすることに!
{/netabare}
感想
{netabare}

今週は全裸派VS下着派のシュールな下ネタでくだらないけどおかしかったw


はじめの戦いは蚕対刹那クンで

下着派の蚕がつけてるリボンがパ○ティだった。。
ってゆうところで笑っちゃったw

アイキャッチに書いてあったからためしに作ってみたけど
はじっこがうまく広がらなくってあんまりリボンに見えなかったw

そこまではまだ分かったけどかぶって仕事ってw
息ぐるしそうw
これはちょっと試してみたくなかったw


さいごは蚕と刹那クンにマンガを描いてもらって食戟じゃなくって描戟
伊月クンと編集さんたちは下着派になっちゃったw

蚕のマンガってみんなの意見を変えちゃうくらいうまいんだね^^


後半はお仕事も全裸でする全裸派の那由多が京といっしょに蚕を呼び出して
全裸派に洗脳しちゃおうってするおはなしw

絵ではゼンゼンかなわないからって
蚕を裸にしてあんなことやこんなことw
蚕も逆襲で那由多にあんなことやこんなことw

「おくさまが生徒会長!」とか「僧侶と。。」みたくなってたw
男の人にはわるいけど後半って「自主規制」がなかったら18禁だったよねw

えっ!?「円盤が楽しみ♪」なの?
ただの作画の節約だと思ってたw

京までぬがしちゃうところはたぶんそうなるだろうって思ってた^^
でも、逃げないんだからほんとは京も全裸派だったりしてw


あと、にゃんも下着でいいんじゃないかな?って思ってたけど
おふろに入るときも。。ってw

EDにスタッフの人がどっちが好きかって
ぜんぶの人の分書いてあるところもすごい^^

けど、中にはテキトーに書いてあった人もいたりしてw

いろいろツッコミどころが多くっておもしろかったw
{/netabare}
{/netabare}
第10話「悩みさえなければいい。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
千尋が税理士、大野アシュリーの事務所でバイトをすることになった。散らかったアシュリーの部屋を隅々まで掃除した千尋はお風呂を使わせてもらうのだが、そこでアシュリーに「秘密」がバレてしまう。一方、伊月は小説の参考にするために那由多と一緒に動物園に行き、全裸の動物たちを満喫する。さらには千尋と一緒に水族館にも行くことになり、帰りにタクシーで千尋を家まで送っていくのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}

アシュリーさんのお部屋。。すごい汚かった^^;

でもあのくらいだったらゴミ袋すてるだけでもけっこうきれいになりそう^^
にゃんママのへやもすごいけど
片づけようってするとどこに何があるか分からなくなるからって
さわらせてくれないのw

秘密は伊月クンにバレてないってゆうのがすごいよね^^
学校にはふつうに女子の制服で行ってるってゆうのに
前いっしょに暮してて気がつかなかったのかな?


後半は那由多と動物園に行くおはなしで
どうでもいいんだけど那由多がどんな動物見ても下ネタにしちゃうw

女子どうしだったらそうゆうのもアリかもだけど
好きな男の子にもそうゆうこと平気で言えちゃうってすごいなぁ。。
でも、だからボッチだったのかもだけど。。


そのあとは千尋を連れて水族館。。

千尋は下ネタは言わないけどどんなお魚見ても食材にしちゃうw
水族館だったらいいけど動物園には連れて行かない方がいいかもw


はじめに伊月は
お母さんが死んでから3年目に再婚したお父さんを許せないって言ってたけど
分かってるんだよね。。

あとは千尋が女の子だってバラせば
妹のたのみだったら伊月も聞かないわけにいかないんじゃないのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第11話「主人公にさえなればいい。」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
伊月に頼まれて著者校を出版社に届けに行った京は、那由多の原稿を待ち続けている編集者・山県と出会う。自ら提案して那由多のもとへ出かけて原稿を書かせることに成功した京は、山県から大いに感謝される。京は編集者という職業への興味をますます募らせていくのだった。新刊が無事発売されたのを祝う会で、伊月たちは『ワンス・アポン・ア・タイム』という物語を作るゲームを始めるのだが、非常にカオスな展開が待っていた……。
{/netabare}
感想
{netabare}

前半は那由多に原稿書かせるためにへやに行った京が
那由多と2人でハダカになってあんなことやこんなこと。。
ってゆうおはなしw

あらすじには
「京は編集者という職業への。。」って書いてあるけど
ふつうに男子向けのサービス回だって思ったw


後半はいつものようにみんなで伊月クンのへやに集まってゲーム
持ってるカードに書かれたキーワードでおはなしを作ってくんだけど
とちゅうでほかの人がおはなしを横取りしたりできるの。。

それでいつものように那由多がおはなしに下ネタを入れてって
兄妹がはだかで旅をするおはなしになるんだけど
お兄さんは魔女の呪いで大きくなったオチ○○○(ムシャじゃないよw)
を使って敵をたおして。。ってまたハダカ^^

このおはなしってハダカを出さないとダメってゆう決まりでもあるのかも?w


それから春斗クンが伊月クンと那由多をくっつけようってするんだけど
これって早く京に伊月クンのこと忘れさせたいからだよね^^

それで伊月クンが那由多とつき合わないワケを話したんだけど
那由多が有名すぎて今の自分じゃただの人になっちゃうから。。
ってゆうんだけど自分の作品がアニメ化されたらいいんだ?

自分の書いたおはなしがアニメになるって
作家さんにしたらそんなすごいことなのかな?
おもしろくなかったら春斗クンみたく
ぎゃくにおちこんじゃったりするんじゃないのかな?


それでCパートでとうとう伊月クンの小説がアニメになるって決まった。。
んだけど「妹さえいればいい」ってゆうんじゃなかったの?w
{/netabare}
{/netabare}
第12話「妹さえいればいい?」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
コタツで眠ってしまった伊月は昔の夢を見ていた。母が亡くなり、暗い中学時代を過ごしていた伊月は、ある少女と出逢い、彼女に恋心を抱くのだが……。その日、伊月の『妹法学園』のアニメ化決定を祝い、飲み会が開かれる。そこで一同は春斗が買ってきた「ラノベ作家の人生」というボードゲームをプレイすることに。ゲームの人生も現実の作家の人生も同じく波乱万丈。はたしてどのような結末が待っているのか……?
{/netabare}
感想
{netabare}

終わっちゃった。。


前半が伊月クンが中学のとき
お姉さんみたいな少女に恋をしてフラれて
妹好きのラノベを書こうって思うおはなし。。

伊月クンは自分が主人公になりたかったみたい
もしかしてこの作者の人もそうだったのかな?

2人以上の女の子から好かれる。。ってゆうw


そう言えば作者の人がシリーズ構成と脚本書いてるんだから
ほとんど自分の思い通りのアニメになったんじゃないのかな?


後半は
「ラノベ作家の人生」ってゆうボードゲームのおはなしだったけど
こうゆうゲームがホントにあるのかな?って思ってググってたら
今、作ってるみたいでほんとにはなかった。。

ゲームはいくつかのコースがあって
お金だけじゃなく人気と幸福ポイントがあって
30ラウンドやって幸福ポイントが1番多い人が勝ち。。ってゆう^^
ラノベ作家になりたい人はおもしろいかも?

この作者の人ってよくゲームを考えるよね^^


さいごまでぜんぜんもり上がってなかったけど最終回だったんだw

こうゆうタイトルなのに
伊月クンが妹大好きってゆうおはなしは
ほとんど出てこなくってフシギだったけど
ほんとは友だちみたいなお姉さんキャラが好きだったみたいw
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。

アニメって学園モノとか多いけど
これってお仕事アニメ?

下ネタいっぱいのラノベ作家の日常のおはなしで
いちおラブコメになるのかな?


はじめは下ネタ、きついかな?って思ったけど
マジメなラブコメも入ってきて
だんだん面白くなってきたみたいでよかった☆

投稿 : 2018/07/13
閲覧 : 463
サンキュー:

61

くろる

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

原作の方が面白いかも?

最近流行りのラノベ作家によるラノベ作家のラノベの一つである本作品ですが、取り敢えず面白いことは間違いないです。見て損はしないと思います。
軽い感じの物語かと思えばしっかりとシリアスなシーンが設けられていて、そしてそのシーンはおざなりに作られておらず、しっかりとした葛藤、人間関係が描かれており泣いちゃうシーンもありました。
私は原作も読みましたが、原作の方が面白く感じました。それでも、アニメから入って原作の方へ進んでいただければと思います。

投稿 : 2018/07/04
閲覧 : 63
サンキュー:

3

ポテ☆とと

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

見終えればゆる~い日常系アニメ(笑)

1話で、これは小説家と編集者のドタバタアニメかなと予想したが、見ていけば見ていくほど、ゆる~い小説家の日常アニメだった(笑)でも、面白い!!

投稿 : 2018/06/19
閲覧 : 102
サンキュー:

2

退会済のユーザー

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最初の1分さえ耐えれば

1番言いたいことは、アニメ名でシスコンアニメと思わないでください。ちゃんとしたラブコメです。この作品を見て最初の1分間は自分もひきましたが、その1分さえ乗り越えれば下ネタは多少多めですが、ギャグも豊富で面白いし、キャラの個性が強いので飽きずに楽しめます。また、声優もメジャーですし、キャラも可愛いので十分に楽しめると思います。原作を買うことを推奨します。

投稿 : 2018/06/16
閲覧 : 74
ネタバレ

01oinaris

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

シス/ブラコン兄妹のイチャラブだと思ったのに〜 このタイトル詐欺!

タイトルとアイキャッチ画像から、シスコン兄&ブラコン妹のイチャラブコメディーだと思って、(自称リアルシスコンの)私はウキウキしながら視聴開始…
…あれ?なんか違う…

これは妹に妄想(幻想)を抱く、妹好きラノベ作家のリアルな日常ストーリー。
ラノベ作家という職業の実態と、その友人たちとの日常がうまく表現できていて、ほっこりと癒されるアニメでした。
気の合う男女仲間で集まって、飲み交わしたり、ちょっとしたゲームで遊んだり、ラノベの取材と称して遊びに出かけたり、ちょっとした恋愛もあったり…
作家ではなかったにせよ、自分が学生だった頃に、こんなふうに日々を過ごしていたなぁ…と懐かしさを覚えながらの視聴でした。
毎回、実在の地酒やテーブルゲームなどのプチ紹介もあり、登場人物たちが楽しそうに酒を酌み交わしながら遊んでいるのを見ると、つい欲しくなったり。
見ていて心が穏やかになる、癒し系の日常アニメというべきでしょう。
これを見て、ラノベ作家に憧れる人が居るかどうかは…微妙なところですが。

{netabare}
ただ、事件や急展開が起こりそうで起こらない、期待させておいて結局なにもない。
色々と事件を予感させる伏線を出しておきながら、回収せずに余韻と含みを残して終わっている。
それを第二期への伏線と期待するか、本作の期待外れな点と断じるか、そこが本作の評価の分かれ目でしょうね。
{/netabare}

個人的には、裸族カニ公のど変態妹っぷりと金元寿子ボイスに萌え死。我が家に一人欲しい。
本作はこいつの存在が肝ですね。カニ公が居なければ本当にただの日常アニメにしかならない。
そういう日常破壊系キャラが、本作にはカニ公一人しかいない。そこが全体的にまったりしすぎている原因かな。
せっかく他にも優秀など変態キャラいるんだから、もう少し日常をかき回しても良かったかも。
{netabare}
パンツリボン漫画家とか…仕事時に変態仮面モードになるとかキャラ設定最高でしょ!もっと登場させないともったいないですよ…
カニ公との絡みシーンと、それを目を覆いながらガン見している京ちゃんの流れは爆笑でしたね。
{/netabare}

ま、総じて第二期があるなら期待したいですね。

投稿 : 2018/06/12
閲覧 : 80
サンキュー:

9

木村天祐

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

普通です

タイトルの割に、普通のアニメでしたよ。
妹好き(現実に妹はいない)なラノベ作家主人公が仲間内で普通にまあまあ楽しく生活しているアニメです。

特筆すべき事はないです。

見ても損はないので時間のある人は見てもいいし、見なくてもいいんじゃないでしょうか?
これで文句言うような人は心や時間に余裕がないか、トラウマでも刺激された人だと思います。

投稿 : 2018/05/16
閲覧 : 71
サンキュー:

1

ネタバレ

サクマ式ドロップス

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

なんだただの俺か

投稿 : 2018/05/10
閲覧 : 53
サンキュー:

0

ガムンダ

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

馬鹿ハーレムだが独特のしっとり感がある

冒頭のきったねー画とその展開にドン引きしますが、3分ほど無の境地でやり過ごして下さい。

「はがない」的なエロ馬鹿ハーレムですが、主人公とその仲間達が若手ラノベ作家や漫画家、イラストレーター、その編集者などで、微妙に社会人アニメ的な要素も入っていたりします。
ノリがお馬鹿なんですが何とも言えない脱力感があって良いです。
でも静かなヤル気や青春の苦味もある感じで何とも言えない複雑な味が出ています。
こういう透明感のあるBGM好きです。

ギャグは時々笑えます。
メインじゃないキャラ、漫画家のパンツの子とか、イラストレーターの後輩君キャラとか、税理士さんとか、勢いだけで笑かそうとする馬鹿キャラの回が面白かったです。



ただ女子が観たらやっぱりドン引き級の有り得ないエロ展開かもですね。
声優さんも仕事とはいえ良くやるわ。

続きがありそうな感じにスッと終わりました。

投稿 : 2018/05/10
閲覧 : 97
サンキュー:

5

徳寿丸

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

開き直ってるな

原作未読。
危なー。1話冒頭で切ろうかと・・・(笑)。
無理に独自性を出そうとせず同系人気ラノベ作品のいいとこどりを臆面もなく堂々としている分潔ささえ感じる作品。だからといって話が薄っぺらいわけではなく小説家という特殊な仕事(業界)のリアルな苦悩の部分も描いておりいいバランスに仕上がっていると思う。タイトルこそゲテモノっぽいがストーリーとしてはそれぞれの成長や家族の絆的なものも真面目に扱っている為やや下ネタが過ぎる部分もあるが不愉快になる事はないと思う。


私のツボ:「お酒は夫婦になってから」的な酒紹介はなんなの?

投稿 : 2018/05/06
閲覧 : 71
サンキュー:

4

次の30件を表示

妹さえいればいい。のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
妹さえいればいい。のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

妹さえいればいい。のストーリー・あらすじ

「妹さえいれば人生は常に最高なのに、 なぜ俺には妹がいないのか……」

妹モノの作品ばかりを書き続けている妹バカの小説家・羽島伊月の周囲には、 天才作家にして変態の可児那由多、 女子大生の白川京、 イラストレーターのぷりけつ、 鬼畜税理士の大野アシュリーなど、 個性豊かな人物たちが集まっている。

それぞれ悩みを抱えながらも、小説を書いたりゲームをやったりお酒を飲んだり確定申告をしたりといった、賑やかな日常を送る伊月たち。
そんな彼らを温かく見守る伊月の義理の弟・千尋には、ある大きな秘密があって―。

楽しくも心に刺さる、天才や凡人や変人たちが繰り広げる青春ラブコメ群像劇、スタート!(TVアニメ動画『妹さえいればいい。』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2017年秋アニメ
制作会社
SILVER LINK.
主題歌
≪OP≫ChouCho『明日の君さえいればいい。』≪ED≫結城アイラ『どんな星空よりも、どんな思い出よりも』

声優・キャラクター

小林裕介、山本希望、金元寿子、加隈亜衣、日野聡、鳥海浩輔、代永翼、沼倉愛美、藤田茜

スタッフ

原作:平坂読(小学館『ガガガ文庫』刊)/キャラクター原案:カントク、 監督:大沼心、シリーズディレクター:玉村仁、シリーズ構成・脚本:平坂読、キャラクターデザイン・総作画監督:木野下澄江、メインアニメータ―:青木慎平、プロップデザイン:泉美紗子、美術監督:坂上裕文、色彩設計:平井麻実、撮影監督:臼田睦、編集:REAL-T、音響監督:土屋雅紀、音楽:菊谷知樹、音楽制作:ランティス

このアニメの類似作品

この頃(2017年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ