知らないと損するアイドルアニメランキング

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

おすすめアイドルアニメランキング

検索結果:174件
アニメを並び替え:
総合得点 65.9 感想・評価 464 棚に入れた人 1857
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.3  作画 : 3.8  声優 : 3.5  音楽 : 3.8  キャラ : 3.7

「学校」で「アイドル」!!!
輝きを目指して立ち上がる9人の少女たちの青春学園ドラマ、スタート!

私たち、輝きたい!

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

前世代にあたるμ’sのラブライブ!は
僕はアニメの1期が終わって少しした頃から見始めたので
キャストの皆さんの事を知るまで時間がかかりました。

ですが今回は、プロジェクト発足時から追いかけているので
Aqoursへの愛はもしかしたらμ’s以上に大きい、
{netabare}かけてるお金はさすがにまだμ’sの方が多いけど{/netabare}
それでも愛はお金に負けない!って感じで、、(何言ってるかわからない…すみません_(._.)_ w)

とりあえず自分の中で大きい存在です。

レビュータイトルにもある通り
「一番声優陣を見てる作品」
だと思います。

ニコ生、ラジオ、twitter、雑誌等で
アニメのキャラよりキャストさんを眺めている時間が長くて
そりゃ推しも中々決まらないわけです(^_^;
でもこれから長い付き合いになりそうなので
僕にとってはこれ以上の喜びはありません笑


アニメの話をしますね。

静岡にある小さな私立高校浦の星女学院に通う高海千歌は
学校の廃校の噂を知り、自分が密かに憧れていたμ’sへの思いから
友人の渡辺曜とスクールアイドルを始めることを決意する。
最初は反対されつつも、徐々にメンバーを増やしていく千歌たち。
そしてスクールアイドルを拒否し続けていた生徒会も
3年生で理事長でもある小原鞠莉の影響によって
少しずつ変化を始めるのであった。

と、ざっとこんな感じになっております。

μ’sのストーリーと大筋は変わりませんが
キャラの個性や関係性が違うので
そこは大丈夫、楽しく視聴できると思います。

μ’sの存在があちこちで出てくるので(そりゃμ’sオタクが何人かいるのでw)
多分ファンの間でμ’sの株が上がりまくってる気がします。

絡め方が自然なのでいいですね。

なので一層期待を持ってしまうのが
ゲスト出演なんですが……
12話まで見た所、声の出演はないので
あの声をまた聞くことはできないのですかね。。

{netabare}神田明神、音ノ木坂まで行ってサイン貰えなかったダイヤさんの気持ちよくわかる笑{/netabare}

{netabare}神田明神での、のんたん出演は無かった…{/netabare}


本当に、キャラによって個性が大きいので
ニコ生でも、アニメでも、飽きないですね。

始まる前は
{netabare}「名前が可笑しいから無いわ~」とか
「ずら♪、って何だよw」とか
「何か絵柄μ’sと似てない?髪色で誰が元かわかる…」とか
数々の暴言を吐いてしまい
土下座しても謝りきれない限りです。
もう本当にすみませんでした_(._.)_ {/netabare}

アニメ前から声優の皆さんがよく盛り上げてくれたので
それで救われました。

まだ、ラブライブ!サンシャイン!!はスタートを切ったばかりなので
視聴されてない方も全然間に合います!
μ’sの方がまだでしたらまずはそちらを見ていただいて
ぜひ一緒に語り合いませんか笑



↓以下キャストの皆さんについて自分なりの紹介コメント。
よろしければぜひ読んでみて下さい。
2016年/9月に書きました。

~2年生~

・高海千歌役「伊波杏樹さん」
{netabare}愛称は杏ちゃん。ピチピチの二十歳、おっちょこちょいな所も、
ニコ生企画の台詞を恥ずかしがる所も可愛いAqoursのまとめ役兼リーダー。
空手をやっていた。
曜とルビィちゃんと一緒にシャロンというユニットでも活動します。
番組の進行が上手。{/netabare}

・桜内梨子役「逢田梨香子さん」
{netabare}愛称はりきゃこ。画伯とキャストの間でも一目置かれている存在。
基本は落ち着いているが料理のことに触れると騒ぎ出すことも。
僕的には探偵ナイトスクープの秘書の人に似てるな~と思って
見ているのですが、うんやっぱり、髪型を伸ばしている時は本当に
似ているな~と思う。
善子ちゃんと鞠莉と一緒にギルティキスというユニットの一員。{/netabare}

・渡辺曜役「斉藤朱夏さん」
{netabare}愛称はしゅかしゅー。
元気と笑顔が似合いすぎる方です。ヨーソロー!
ニコ生でルビィちゃん役の降幡さんをちょくちょくディスるのと
モノマネが上手な事が発覚。
好きな食べ物はチーズインハンバーグ。
2ndシングルセンターを勝ち取りました。
twitterで斉藤朱夏取扱説明書というのをやっているので
気になることがあったら質問するといいかも{/netabare}

~1年生~

・黒澤ルビィ役「降幡愛さん」
{netabare}愛称はあいあい。頑張るびぃの生みの親。
twitterではよくオフの写真をアップしてくれる。
結構しゃべる人だなっていう印象。
番組内では小宮有紗さんの事を役柄からお姉ちゃんと呼ぶ。
いつもフリップに書く絵が本当に上手い。{/netabare}

・国木田花丸役「高槻かなこさん」
{netabare}愛称はキング。Aqours声優陣の中で一番高身長。
ゲームが好きで、よくその系統の番組に出ている。
ラブライブサンシャインコラボのっぽパンを紹介するニコ生で
事件が発生した。
ずら、がやっぱり可愛い。
ダイヤと果南と一緒にアゼリアとしても活動している。{/netabare}

・津島善子役「小林愛香さん」
{netabare}愛称はあいきゃん。
善子って皆から言われたらアニメでもニコ生でも「ヨハネよッ!」って反応しなければならない使命を持っている。
ヨハネチョキ(っていうのがアニメであるんですがそれが)上手。
ゲーマーズ投票で選ばれた。{/netabare}

~3年生~

・松浦果南役「諏訪ななかさん」
{netabare}愛称はすわわ。癒し系ポジション。
9人でやるニコ生では静かにしている印象が強いけど
3人の時とか、ハンディで台詞を言い合う時とかは
ファン、キャストをも萌死させる可愛さをほこる。
スクフェスを結構やっていて自分が演じる果南イベでは
3枚取りを早くも達成していた。
席が隣だからか、しゅかしゅーとよく絡むことが多い。
「~はいかがかなん?」や「ハグしよ♪」が有名。{/netabare}

・黒澤ダイヤ役「小宮有紗さん」
{netabare}愛称はありしゃ。
女優としても活動されていて、その抜群なプロポーションは
沼津夏祭りの浴衣姿を見て頂ければ分かると思います。
顔でいつも視聴者を笑わせてくれる。
ニコ生ではいつもにこにこしていて髪型もダイヤと同じにしている。
降幡さんを妹と呼び、その声真似が上手い。
控え室でルビィちゃん(降幡さん)の声真似の確認をしている。
本人曰く「これやるにはあらかじめチューニングいるから」とのこと。
ダイヤがポンコツだとバレてラジオでそのことについて
話していた。
頭いい。{/netabare}

・小原鞠莉役「鈴木愛奈さん」
{netabare}愛称はあいにゃ。
アニソングランプリに出ていたこともあり歌唱力抜群。
民謡をやっていたので、その上手さがCDシングルカップリング曲の「サンシャインぴっかぴか音頭」に出ている。
ニコ生で自己紹介と素の笑い方が面白い。
「~かわいいかよ」(特にダイヤが多い)をよく言う。
高い声から低い声までいろんな声を出せるので面白い。
↑ジャンケンに負けた時の「オエェェ」って声が笑ったw{/netabare}

 
 こんな感じで声優さんが本当に印象強いです笑

総合得点 64.0 感想・評価 450 棚に入れた人 2091
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.3  作画 : 3.6  声優 : 3.6  音楽 : 3.9  キャラ : 3.5

西暦2067年、人間が我を失い凶暴化する奇病「ヴァールシンドローム」が猛威をふるう銀牙辺境の地。
対抗手段として結成された戦術音楽ユニット「ワルキューレ」は、「ヴァールシンドローム」の症状を歌で鎮めるため、星星を駆けめぐり、ライブ活動を展開していた。
一方、時を同じくして「空中騎士団」と呼ばれる「風の王国」バルキリー部隊がうごきはじめ…。
プロトカルチャーの遺産の謎が絡み合い、星系を超える熱きチームワークと恋の物語が幕をあげる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

『マクロスF』(2008年TV版制作・放送)以来、8年ぶりとなるマクロスシリーズの4本目のTV作品で、2016年春期アニメでは『Re:ゼロから始める異世界生活』と並ぶ人気作、ということなので多少の期待をもって視聴してみました。

◆総評

ロボットと戦闘機の両形態に機体がスイッチする「ヴァルキリー Valkyrie」と呼ばれる可変戦闘機と、同様の機能を持つ敵戦闘機とのバトルシーンは流石の大迫力で、とくにミサイルが一直線ではなくランダムな軌道を描きながら一斉に飛び出していくシーンなどは思わず見蕩れてしまうような格好良さでした。

また、本作の二人の歌姫(美雲&フレイア)も、前作『マクロスF』の二枚看板(シェリル&ランカ・リー)に勝るとも劣らぬ格好良さ&可愛さ!に加えて、全体的に作画技術がパワーアップしていることもあり、ヒロインの相手を務める男性キャラや脇役の歌い手たちもそれぞれ前作よりも数段格好良く&可愛く描き出されていることも好印象でした。

・・・が、しかし。

マクロスシリーズって、何でこんなに全体シナリオが適当なのでしょうか?

硬派なロボットもののイメージが強く、最終決戦に至るまでにそれなりのシナリオの整合性が求められる「ガンダムシリーズ」に比べると、とにかく{netabare}歌姫を最前線に押し出し絶唱させて敵の攻撃力・防御力を萎縮させた中でのバリキリー隊の一斉突入・敵戦力の一挙殲滅{/netabare}がシリーズ最大の(もしかして唯一の?)売りになっている軟派な?「マクロスシリーズ」の固定ファンは、そんな細かいシナリオの整合性なんか気にしてないんだよ!という制作側の影の声が聞こえてくるような、こないような笑。

そういえば、同じサテライト制作で歌姫とバトルが結合した『神姫絶唱シンフォギア』も、私個人の感想ではシナリオが適当過ぎてイマイチ評価が低くなってしまっているのですが、世間一般には『シンフォギアG』『シンフォギアGX』と続編が作られる人気ぶりでしたね。

最早この辺は、制作会社サテライトさんが、作品をヒットさせる確実性の高いメソッドとして確立済みであり、分かっていてわざとこのようなシナリオにしているのかも知れませんね。

・・・以上から、私の個人的評価としては、「物語」としては相変わらず低目の評価でしたが、作画美麗かつキャラ好印象だったので、総合して ★ 4.0 と、前作『マクロスF』(個人評価 ☆ 3.6)や『神姫絶唱シンフォギア』(個人評価 ☆ 3.5)よりもずっと高い評価となりました。


◆各話タイトル&評価

★が多いほど個人的に高評価した回(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた回
×は脚本に余り納得できなかった疑問回


=================== マクロスΔ (2016年4-9月) ===================

{netabare} - - - - - OP「一度だけの恋なら」、ED「ルンがピカッと光ったら」 - - - - -

Mission 01 戦場のプロローグ ★ フレイアとハヤテの出遭い
Mission 02 覚悟のオーディション ★ フレイア「ワルキューレ」採用
Mission 03 旋風 ドッグファイト ★ ハヤテ「Δ小隊」採用
Mission 04 衝撃 デビューステージ ★ フレイア初ライブ、空中騎士団襲来、ウィンダミア王国の宣戦布告
Mission 05 月光 ダンシング ☆ プロトカルチャー説明回
Mission 06 決断 オーバーロード ☆ 「裏切り者」、戦士の責任、ワルキューレの責任
Mission 07 潜入 エネミーライン ★ 惑星ヴォルドール潜入、ウィンダミアの毒林檎
Mission 08 脱出 レゾナンス ★★ 「風の歌」の歌い手、フレイアとハヤテの共鳴、メッセー中尉発症
Mission 09 限界 アンコントロール ☆ カナメの歌  
Mission 10 閃光のAXIA ★ 惑星アル・シャハル、メッサー中尉戦死 ※感動が1話限りのインスタントっぽいのが気になる(Key作品風)
Mission 11 追憶 ジェリーフィッシュ ☆ ウィンダミアの真の狙い(球状星団の解放)、メッサー中尉の遺したもの
Mission 12 キング・オブ・ウィンド ☆ アル・シャハル陥落、マクロスエリシオン発進
Mission 13 激情 ダイビング ★ 惑星ラグナ洋上の戦い、国王戦死? ※バトル回として◎
Mission 14 漂流 エンブレイシング ☆ 球状星団連合壊滅 ※ED「破滅の純情」

 - - - - - - OP「絶対零度θノヴァティック」、ED「破滅の純情」 - - - - - -

Mission 15 決別 レゾリューション ☆ ※マクロスシリーズはシナリオ大味?
Mission 16 ためらい バースデイ ★★ 日常回、ここから三角関係に ※ED「God Bless You」
Mission 17 拡散 オンステージ ★ ワルキューレ反撃、7年前のウインダミア次元兵器爆発の使用者
Mission 18 感覚 エマージェンス ★★ 惑星ヴォルドール再潜入、フレイア&ハヤテ再共鳴 ※ED「LOVE! THUNDER GROW」
Mission 19 Eternal Songs ★ マクロス過去作~ワルキューレ説明回、歌は兵器? ※ED「風は予告なく吹く」
Mission 20 衝動 エクスペリメント ★ 美雲救出作戦  
Mission 21 切望 シークレット ★ カナメ・レイナ・マキナの過去回(ワルキューレ発足からの歩み)、美雲の秘密
Mission 22 極限 ブレイブ ★★ ウインダミア潜行、カシム死亡 ※ED「風は予告なく吹く」 
Mission 23 残痕 レクイエム ★ 続き
Mission 24 絶命 ジャッジメント ★ 続き
Mission 25 星の歌い手 ★ ラグナの戦い ※ED「愛・おぼえていますか〜ORCH2067〜」
Mission 26 永遠のワルキューレ × 続き ※ED「絶対零度θノヴァティック」{/netabare}
--------------------------------------------------------------
★★★(神回)0、★★(優秀回)4、★(良回)14、☆(並回)7、×(疑問回)1 ※個人評価 ★ 4.0

総合得点 51.4 感想・評価 51 棚に入れた人 308
★★☆☆☆ 2.9   物語 : 2.7  作画 : 2.9  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 2.9

MAGES.原作の二次元アイドルプロジェクト。アイドル議員たちが、みんなを笑顔にするため、歌とダンスでニッポンを変えていく物語。各県代表の個性的なアイドル議員が登場!

舞台は現代の日本によく似た、パラレルワールド的な[ニッポン]。一世を風靡したアイドル議員旋風から十数年、新潟出身の元気っ子・星菜夏月がヒロイン党から新人アイドル議員としてデビュー!

環境汚染、ごみ問題、待機児童、汚職事件…山積みの問題に取り組む夏月たちアイドル議員の前に、政権与党・楼凱党が立ちはだかる。楼凱党からの度重なる妨害工作にもめげずに、活動を続けるアイドル議員たちが、やがてこの国に奇跡を起こす――。

総合得点 79.0 感想・評価 2554 棚に入れた人 10650
★★★☆☆ 3.9   物語 : 3.7  作画 : 4.0  声優 : 3.7  音楽 : 4.2  キャラ : 4.1

進化し続ける最新カルチャーの街・秋葉原と、歴史と伝統の街・神田、そして静かな大人の本の街・神保町のあいだに、まるでエアポケットのようにポカリと空いた、人影もまばらなその街の中心に、古くからある伝統校「音ノ木坂学院(おとのきざかがくいん)」。
しかし、さしたる特色もなく、ただのんきな平凡さを謳歌していた都心の地元校は、少子化とドーナツ化の波に押され、近年、生徒数が激減。3年後の統廃合計画をメドに、都心には珍しい緑豊かな穏やかな空気をたたえた学校の灯は消えかけようとしていた。
「でも! 私達の学校がなくなっちゃうなんて、そんなの絶対やだよ!」
この学校の危機に9人の少女達が立ち上がる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

再放送も視聴完了し
「観終った」へと観賞状況を戻しました
2期を見た後で見るとあれ?って思うところが何カ所かありました

{netabare}アライズを低レベルだと言うかしこいえりち
アライズとの対バン(?)時のえりちと比較すると・・・

ラブライブのトーナメント表は明らかに勝ち抜き方式の形状
2期の本選は一発勝負だし全然違う
{/netabare}

☆☆☆古いの☆☆☆

観賞状況を「観終った」から「今観てる」に変更
こんなことするのは初めてですw
つまりは再放送視聴中ってことです

今日は3話ファーストライブ
ラブライブにはまるきっかけになった回
何度見てもいいものはいいですね・・・
来週のまきりんぱなも楽しみです

ちなみに5thは初日こそ200レベルですが
二日目をアリーナB13列引き当てました!
5thライブまであと2週間今から楽しみです

☆☆☆4thライブのレビュー☆☆☆
{netabare}SSAの4thライブ二日間行ってまいりました

初日は200レベルのまえから2列目
中央ステージの真横のあたりでした
アリーナレベルの後ろの方よりよっぽど良席だったかも
夢夢夢のえみつん自転車や
ラストの退場時のゴンドラが目と鼻の先を通りました
二日目は400レベル後方の奥
LVのほうがマシなんじゃ?って言われたら否定できない席
でもまぁLvの中継映像はあとでBDで見れますし
会場の空気みたいなものまでは
やっぱり生でないと味わえないものがありますよね

しかし、初日と二日目が逆じゃなくてラッキーでした
初日に中央ステージで歌われたキャラソン
とくに「なわとび」をあんな近くで聴けたのはうれしかったなぁ
BD特典のキャラソンは生で聴ける機会がそもそもほとんどないですし
もしかしたらもう生では二度と聴けないかもしれない
実際二日目には歌われなかったわけですしね
二日目はキャラソン部分がユニット曲に変更でした
ほかもいくつか初日とは曲が変更されていたり
初日には観れなかった衣装が見れたりしました
この辺はまぁ予想通りですね

「うちにはμ’sの未来が見えるんや!」
なんてのんたんの振りがあったにもかかわらず
初日にNextProjectとして映されたのは
元々決定していたアニメ2期情報
そこからさらに画面が変わって別の情報が出てくるのかと思いきや
もう一回アニメ2期情報というあまりにも不自然なガッカリ演出・・・

この時点で二日目にはなにか新ネタを出してくるなと予想していました
3rdライブのときにはアニメ2期と4thの発表が目玉だったので
こんどは5th情報が来るんじゃないかな?
アニメが4月に始まってBD一巻に先行申し込み券つけると仮定
先行予約に一般申込みにと逆算していって
ズバリ9~10月に5thライブに違いない!
というところまで初日のライブ後に考えを巡らせていたのですが・・・
案の定二日目に5th情報をだしてはきました
しかし2015年の1/31・2/1とほぼ一年後!
私の脳内では5thライブ情報が出てくるところまでは
もう織り込み済みだったので
好材料が発表されてもそれが予想を下回っていると
逆に株価が下落することがあるように
うれしい情報のはずが妙ながっかり感を伴っていました
アニメ関連の新曲に関する情報とかもなかったですしね

話したいことはたくさんありますが
どんどんアニメと関係なくなっていく気がするので
レビューに書くのはこの辺にしておきます
アニメ2期に関しては2期のページがもうできているようなので
今度そっちのほうに視聴前レビューをのせておこうかな
{/netabare}
☆☆☆以下3rdライブ翌日に書いたレビュー☆☆☆

昨夜のライブイベントの際に
2014春よりアニメ2期の放送が発表されました!
まだまだ先ですが待ち遠しいですね

アニメ化前にもともと持っていたラブライブの印象は平たく言うとアイマスのパチモン
3年前に電撃の企画に鳴り物入りで登場した時の読者の微妙な反応を
ワンクッションおいてネット上で共有した程度だったので
本当に極々初期の時点でちょっと興味を持ってすぐ興味を失った感じでした

そんな状態だったのでアニメへの期待なんてものは0
時間に余裕のある時期のアニメだったので
まぁネタアニメとしてちょっと覗いてみて飽きたら切るか
というくらいの気持ちで見始めたわけです
そんなわけで最初は純粋に作品を楽しむというよりは
突っ込みどころを探して楽しんでいました

人気低迷で廃校の危機にある国立音ノ木坂学院を救うべく・・・
っていやいやちょっと待ってよ
都心のど真ん中にある国立の学校が不人気で廃校になるって
もうそれ少子化とかいうレベル超えてほとんどの高校潰れてます
そもそも国立の学校の統廃合ってそんな簡単に覆るもんじゃないです
どこぞの文部大臣が新設校の認可取り消そうとした騒動を思い出せば
ことりママにできることなんてたかが知れているとすぐわかるはずです
それとも実は国立(こくりつ)じゃなくて国立(くにたち)なんでしょうか?
国立音大(くにたちおんだい・私立大)が国立市(くにたちし)から移転して
名前だけ変わらずにわけわからんことになってるのと一緒みたいな?

もうひとつ気になったのは一部声優の棒演技
ちょっとこれは壊滅的にひどいです
その声を聴くだけで気になってストーリーが頭に入らないレベル
まぁでもある程度仕方ない側面もあるんです
そもそもメンバーが決定したのは3年前で
アニメ化なんて夢のまた夢の状態
今でこそ人気声優・歌手になっているメンバーも
当時はど新人だったりちっとも売れてなかったりでした
そんな状態で集められた今よりずっと小規模な企画のメンバーですし
当初の仕事のメインは演技力よりも歌唱力を要求されるものが中心だったので
本業歌手の某氏が演技力に難があるのはまぁ仕方ないんじゃないでしょうか
実際歌唱力はメンバートップクラスですしね
そしてもうひとりの棒演技はラブライブが無ければ
おそらくもうこの業界にいなかったであろう職業:ラブライブの方
こっちはちょっと擁護しきれない部分もありますが
「普通の現場はヘタクソな新人だけがリテイクで残されても
他の声優さんは帰ってしまうことが多いですが
このアニメではスタッフさんの意向で
μ’sメンバー全員の収録が終わらないと他のメンバーも帰れず
自分一人のせいで12時を回ることもあっていっぱい迷惑をかけた」
と昨夜のライブで涙ながらに語る彼女を見ていたら
もうどんな棒演技でも許してあげたくなりました(つдT)

そんなこんなでそろそろお腹いっぱいかな?
なんて思いつつ差し掛かった第3話
衝撃の展開。そしてそこからのライブシーン
キャラがかわいく映っていれば元からのファンは満足で
それ以外の層は端から相手にしていないような
そういった類のよくあるゆるい版権アニメだと
正直舐めてかかっていたところはありました
どん底の逆境に追い込まれた3人の境遇と決意
それをそのまま歌にしたような
まさにあのシーンのためにあるような楽曲
完全に不意打ちでした
魂をわしづかみにされるような衝撃
もうあれで一発KO
新たならブライバー誕生の瞬間でした
3rdライブでもあの時の衣装に身を包んだ3人が
開幕前の会話シーンを再現してから歌ってくれてまさに感無量

ほんとこの回のライブシーンは何回観たかわかりませんが
このアニメではこの回以外でも2Dと3Dを混ぜたライブ映像が多用されています
精緻な書き込みが容易な2Dアニメーションと
ダイナミックな動きが魅力の3Dアニメーションの見事な融和
アニメ版キングダムのCGスタッフに本作品スタッフの爪の垢を煎じて飲ませたい
しかしそれでも人によっては気持ち悪いという印象を受けている様子
人間に近い人間でないものに対する生理的な嫌悪感
いわゆる不気味の谷現象というやつでしょうかね
クオリティを上げれば解決するというような問題ではないので
今後のCGアニメーションの課題の一つになりそうです

また楽曲の方に関しては3話挿入歌以外も
OPEDなども含め方向性が統一されている感じ
それはアニメそのもののストーリーに準拠していて
これはアイドルを題材にしたアニメではなく
アイドルを目指す少女たちの青春スポ根グラフィティなんですね
そのためアニメ化前の旧楽曲に多く見られるラブソングは
アニメでは一切聞けない徹底ぶり
舞台は女子高で男は一切出てこない
弟がいる設定だったはずのエリーチカも妹に変更
親世代まで母親はだしても父親は出さない徹底ぶり
最近のトレンドでもある男の影を徹底排除した造りのアニメなので
アニメラブライブにはラブソングを入れられなかったんでしょうね
μ’s楽曲全体としては一般的なアイドル同様ラブソングが多いので
この辺りを2期ではどうするのか気になるところです
このまま回避し続けるわけにも・・・ねぇ

まぁでもアイドルを題材にして
そこに変に恋愛要素持ち込むと大変なことになりかねないから
そういう意味では今回のやり方は正解だったかな
いやほらどこかの木星とかさ・・・

アイドルと恋愛といえば
恋愛沙汰がばれたアイドルが左遷されたり坊主にされたり
元人気アイドルが不倫騒動で大変なことになったり
アイドルがらみの醜聞が絶えませんよね
そもそもアイドルとはなんぞや?みたいな話は以前
http://www.anikore.jp/review/190151/
でやったのでそっちを読んでもらうとして
ヴァーチャルなアイドルにまで
そういうアイドルの負の部分を持ち込むのはやめてほしいかななんて

しかしヴァーチャルアイドルっていうのもまた不思議な言葉ですね
Virtualって言葉は「仮想の」なんて訳されることが最近は多いけれど
そもそも「仮想の」って言葉自体がなじみの深い日本語ではないですよね
Virtualの元の意味は「事実上の」とか「実質的な」ってところ
つまり「本物扱いして差し支えないような偽物」というような意味
SFアニメやなんかによく出てくる仮想世界であれば
「本物さながらの(つまりは偽物の)世界」という様な意味合いになります
これの後ろにアイドル=虚構・偽物という単語をおいてあるのだから
ヴァーチャルアイドル=「本物のような偽物の偽物」???
はい、わけがわかりませんね
いえ、いいんですそれで
だってヴァーチャルアイドルって和製英語だし
真面目に意味を考えるだけ無駄なんですね
しかしこの意味不明な和製英語にもはっきりと意図があるんです

最近の生身のアイドルはアイドル=虚構という部分を粉飾して見えづらくし
いかにもそれが本物であるかのように誤認させることに心血を注いでいます
握手会なんてそのいい例で複数の五感を同時に強く刺激することで
各人の中で作り上げられたイメージの中のアイドルと
目の前に実在するアイドル役の人物が同一であると錯覚させるわけです
そうやって乖離した虚構と現実のひずみが
ある日スキャンダルとして露出してしまうのですね

それに対してヴァーチャルアイドルは
本来の意味を忘れられつつあるアイドルという言葉に
ヴァーチャルという形容詞をつけることによって
虚構が虚構であることをむしろ強調しているわけです

ですから3次元のアイドルにはまって
虚構と現実の区別がつかなくなるより
虚構であるとはっきり認識したうえで
ヴァーチャルアイドルに入れ込む方がよっぽど健全じゃないかしら?

・・・なんて事を考えつつ
ヴァーチャルアイドルの中の人(つまりは生身のアイドル)イベントを見ていたら
もう何だかよくわからなくなってきました(錯乱

総合得点 73.8 感想・評価 1592 棚に入れた人 7454
★★★★☆ 4.0   物語 : 3.7  作画 : 4.0  声優 : 3.8  音楽 : 4.2  キャラ : 4.2

廃校を免れた音ノ木坂学院で、相変わらずの日々を過ごすμ’sのメンバー。
そんな彼女たちのもとに、「ラブライブ!」が再び開催されるというニュースが
舞い込む。今回は地区予選を勝ち進んだチームが本選に進めるシステムだ。
強豪チーム「A-RISE」と地区予選でぶつかることに弱音を吐くも、
諦めるのはまだ早いと意気込むメンバーたち。
そんな中、穂乃果が「出場しなくてもいいと思う」と言い出して――!?

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

「だって可能性感じたんだ。そうだススメ。後悔したくない。目の前に僕らの道がある。Let's go!」(第1話冒頭シーン)

◆内容

{netabare}神田明神の巫女さんのタロット占いどおりにやってみたら「みんなで叶えた物語」になりました!!神様ありがとう!!{/netabare}
(←要約するとこんな感じ?でいいのかな?)


◆作品概要

放送期間 2013年1-3月(第1期)、2014年4-6月(第2期)
話数 全26話 (第1期:全13話、第2期:全13話) + 劇場版(2015年6月公開)
原作 サンライズ(アニメ制作会社)
原案 公野櫻子((きみのさくらこ・・・2012年~現在まで雑誌連載の同名マンガの原作者)
監督 京極尚彦
シリーズ構成 花田十輝
脚本 花田十輝 ※子安秀明(第1期)、京極尚彦(第2期)が一部サポート
登場キャラクター 高坂穂乃果(こうさかほのか)(高校2年生の16歳)が一応主人公だが、μ'sの他の8人も全員主人公と同格の存在として扱われている


◆各話タイトル&評価

★が多いほど個人的に高評価した回(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた回
×は脚本に余り納得のいかなかった疑問回

===============================================================
ラブライブ! School idol project (第1期)
===============================================================
--------- OP「僕らは今のなかで」、ED「きっと青春が聞こえる」 --------
{netabare}
#1 叶え!私たちの夢―― ☆
#2 アイドルを始めよう! ★
#3 ファーストライブ ★★
#4 まきりんぱな ☆
#5 にこ襲来 ★
#6 センターは誰だ? ☆
#7 エリーチカ ☆
#8 やりたいことは ☆
#9 ワンダーゾーン ☆
#10 先輩禁止! ☆
#11 最高のライブ ☆
#12 ともだち ☆
#13 μ's ミュージックスタート! ★
{/netabare}

===============================================================
ラブライブ! School idol project (第2期)
===============================================================
--------- OP「それは僕たちの奇跡」、ED「どんなときもずっと」 --------
{netabare}
#1 もう一度ラブライブ! ☆
#2 優勝をめざして ☆
#3 ユメノトビラ ★
#4 宇宙No.1アイドル ☆
#5 新しいわたし ★
#6 ハッピーハロウィーン ☆
#7 なんとかしなきゃ! ☆
#8 私の望み ★
#9 心のメロディ ★
#10 μ's ☆
#11 私たちが決めたこと ★
#12 ラストライブ ★★
#13 叶え!みんなの夢―― ☆
{/netabare}


◆総評

同じくTV版(全26話)+劇場版で一応完結した同じアイドルアニメのアイマスに比べて・・・・

{netabare}・作品制作側の目線の低さが目に付く(視聴者が真剣に考え込むようなストーリーが皆無)。
・神回★★★がゼロ(アイマスは第23-24話がともに神回)
・辛うじて優良回★★が2回(アイマスは第12、20回の2回)
・神田明神と巫女服(東條希)が意外と目立っていて、特に希はμ'sの名付け親で全体の母親役であり、タロット占いで要所要所でμ'sの方向付けを実はしていて、アイマスの春香的な役割を一部果たしている。
・主人公=穂乃果の魅力が、どうしても春香に劣ってみえてしまう
・アイマスで春香を両脇からサポートしていた美希・千早に相当する立場の海未・ことりもキャラが弱い。 {/netabare}

.細かい分析は後日・・・できたらいいな^^

総合得点 58.9 感想・評価 80 棚に入れた人 417
★★★☆☆ 3.4   物語 : 3.1  作画 : 3.3  声優 : 3.7  音楽 : 3.6  キャラ : 3.5

2010年6月に発売された人気ゲームソフトを原作とし、2011年7月に第1期、2013年に第2期、2015年に第3期シリーズが放送されたテレビアニメ『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE』シリーズ。登場するアイドルたちは、数多くのファンと共に愛と夢を育み、感動を共有してきました。そして2016年秋、新たなアイドルグループを迎えたうた☆プリワールドが、伝説となるべく再びステージへと戻ってきます…!

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

1期からずっと見ています。4期からHE★VENS参戦と聞いて、ST☆RISHやQUARTET★NIGHT以外いらんっ!と思っていましたが、予想以上に素晴らしいです!
今のところQUARTET★NIGHTの出番が少なくて少し寂しいですが、そのうち出てくると期待しています。
ST☆RISHとHE★VENSのデュエットソングですが、どれもクオリティが高く素晴らしい曲です!
これからもうたプリが続くことを期待しています( ^^ )

総合得点 68.8 感想・評価 778 棚に入れた人 3709
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.6  作画 : 3.8  声優 : 3.8  音楽 : 4.0  キャラ : 3.9

歴史ある芸能プロダクション「346プロダクション」には数多くのアイドルが在籍している。
そこで新たにスタートする「CINDERELLA PROJECT(シンデレラ プロジェクト)」!
普通の毎日を送っていた女の子。
アイドルの卵に選ばれた彼女達が、初めて見る世界で紡ぐシンデレラストーリー。
みんなと一緒にお城へと続く階段を登っていく事が出来るのか。

今、魔法がかかり始める――

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

※主観的なぼやきなので人の価値観に訴えてるわけではありません。

シンデレラガールズ。女の子は誰でもシンデレラになれることを魅せてくれる作品。タイトルをそのまんま、そう感じさせてくれるのは難しいことかもしれない。

少し前のアニメから薄々感じていたのですが、冴えカノで推してきた、普通の女の子が逆に新鮮に見える構図というか、萌えと、かわいいがごっちゃになっていると言うか、そんなモヤモヤしたものを抱いておりました。

いわゆる記号的という言葉は、それこそ手塚治虫の時代からあって、彼の場合は線を極力少ない描写の中で、いかにアニメを作るかなんていう、作画による記号と言っていたり、キャラクターが死ぬという描写も、「死ぬ」という記号によるキャラ装飾の表現として使っていた。私は記号的キャラやその言葉自体を否定するつもりはないですが、かなり広義的な意味に変わり、広く使われるようになった感を抱いています。

萌えにしてもツンがデレるからキュンとくるわけで、ガハラさんの蕩れなんかも、見蕩れるという言葉からだと思うので、ちょっと違うんじゃないかなwと思ったり。まぁ存知のことだと思いますが、ちょっとぼやきたくなってしまいましたw


そこで本作は1話の時点で「キャラ付けどうする?」とか、Pが採用基準は「笑顔」と皆に言っていて、総勢何人だよって位キャラクターが多い中、記号的キャラが少ないです。一人邪気眼がいますがw、それでも彼女達はそれぞれ魅力的に映るし、個性や動きセリフなんかで、記号的じゃなくても充分だなっと感じました。そこは本作の力が入っていたからなんだろうけども、どんな女の子もシンデレラになれる。そこを感じさせてもらいました。続きは7月とのことなので本領発揮はこれからですかね。

総合得点 85.2 感想・評価 2161 棚に入れた人 8827
★★★★☆ 4.1   物語 : 4.0  作画 : 4.1  声優 : 4.1  音楽 : 4.3  キャラ : 4.3

都内某所にある、芸能事務所『765プロダクション』では、
トップアイドルを目指す駆け出しアイドル12人と、新人プロデューサー1人が、
夢に向かって毎日レッスンや地道な営業活動を行っている。
そんな765プロに、密着取材のカメラが入ることになった。
カメラは、輝くアイドル達の姿を撮影する!
――はずだったが、個性豊かな彼女達の取材は一筋縄ではいかず……!?

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

 最終話まで見た全体の感想としては、
とても面白かったと思います(*´∀`*)
 9話当たりで断念しようとしてしまっていましたが、
きりの良い13話まで見ようと言うことで
見たのが大正解でした!!
「最高じゃないか(;゚Д゚)!」
心のなかでつぶやきましたね(^^ゞ
そこからが765PRO快進撃でした!!
個人的に美希が気に入ってしまって、
毎週美希の活躍を期待しながら見ていました(〃▽〃)
そして気付いたらいつの間にか、
秋アニのなかでも1位2位を争う作品に
なっていましたヽ(*´∀`)ノ
そして迎えた最終回……
最後が見たい自分と、
「終わらないで゚(゚´Д`゚)゚」
と叫んでる自分がいました!!
 
ではここで、アイマスのオススメの見方を紹介しておきます。
①好きなキャラクターを一人でもいいから見つけること!
そうすることによって見る楽しみが増えます。
②断念しそうな人は13話から見ること!(キャラクターを把握している場合)
ぶっちゃけ、前半はキャラクター紹介の様な物なのであまり必要はないかと思ういます。
③一番言いたいのがこれ!!
 見直すことが大切です!
この作品はスルメイカの様なもので、見れば見るほどはまります。
僕も最終話を見た後に1話から見直したのですが、
「あれ…。こんなに面白かったっけヽ(´Д`;)ノ」
と、ビックリ仰天でした。
何より、キャラクター1人1人が輝いて見えるヽ(*´∀`)ノ

最後に見づらくてすみませんm(_ _)m
あと、読んでくださりありがとうございましたm(_ _)m
ぜひ、アイマス見てくださいね(・∀・)
「アイマスですよ、アイマス!」
では、よいアニメライフを!!

総合得点 64.3 感想・評価 189 棚に入れた人 1190
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.4  作画 : 3.7  声優 : 3.9  音楽 : 3.9  キャラ : 3.8

2000%を超えたアイドルたちが、愛の大革命を巻き起こす!
幻の新人賞「うた☆プリアワード」を受賞したST☆RISHと新人作曲家の七海春歌は、先輩アイドル・QUARTET NIGHTと共に芸能界で活躍の場を広げていたが…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

とっても待ち遠しかったアニメ!
1話2話と連続で観たけど、もう終わりっ⁈て感じで
とても短く感じました!
久々の美形イケメン君たちに逢えてとても嬉しいです(=^ェ^=)
ストーリーを見ると今回は3期って事になるのかな?
うたプリ♪初めての方はうたプリ♪1000の一期から見るとストーリーが
分かります。
毎週楽しみ〜(*^^*)と思っていたのは3話を観るまでのことでした(T ^ T)

個人的には2期が一番面白かった様な〜。
今期の声優さん達の歌レベルが更にアップした様に思いますました!
歌は素敵でしたね(^^)

総合得点 61.1 感想・評価 66 棚に入れた人 333
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.7  作画 : 3.4  声優 : 3.7  音楽 : 3.7  キャラ : 3.7

小説『少年ハリウッド』の15年後の世界を舞台としている。

原宿にある劇場・ハリウッド東京で活動するアイドルユニット・少年ハリウッドの夢と成長を描くオリジナルストーリーの第2シーズン。

ライブ三昧の日々を送っていた少年ハリウッド。しかし、初代の頃のような大繁盛というわけではなかった。そんな中、控え室のメンバーはマイペースだった…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

ezo

2014年夏に放送された「少年ハリウッド」の第2期。

1期では人気アイドルになるまでの成長物語を描いておりその過程の見せ方が丁寧かつ挑戦的で面白い作品だったのですが、2期でも相変わらず、むしろ2期の方がストーリーや演出に磨きがかかっていて面白かったです。

カケルのポエムが個人的にハマったのも大きかったと思います。

好き嫌いは当然あると思いますが、個人的にはアイドルアニメの中でトップクラスに面白い作品だと思っています。


今まで書いた感想

14話目感想
{netabare}
相変わらずキャラ同士のやり取りが面白い作品です。

1期の頃と比べると大分2代目少年ハリウッドにもファンが付いてきた感じですね。

ただ、この作品は人気アイドルになるまでの過程の描き方が面白い作品だったので、このまま普通のアイドルものになってしまうと少し微妙になってきてしまうかも・・・。

2クール目最初としての印象は悪くなかったのですがやはり今後次第といった感じです。{/netabare}

15話目感想
{netabare}
まさかのキャット(ミミズク)視点の話。

初代ハリウッドメンバーの解散やマッキー達がスカウトされた経緯などをキャット視点で振り返る特殊な回。

EDもキャット仕様だったりと斬新な作りで面白かったです。

一風変わった見せ方をしてくるのがこのアニメの面白いところですね。

次回にも期待。
{/netabare}

16話目感想
{netabare}
本物の握手とは何なのか。

アイドルとファンの距離感はどういったものであるべきなのか、握手を通してそのことについて考えさせられる良回でした。

ファンの子が言った、「握手できないくらいになってください、そしたら今日のこの握手がもっともっと宝物になるから」このセリフがとても印象に残りました。

カケルを含めた少ハリは大きな存在へと成長することが出来るのか今後の展開が楽しみです!{/netabare}

17話~25話感想
{netabare}
21話~25話の間は今まで以上に良い話が続き面白かったです。

その中でも個人的には21話のカケル回と23話の少ハリの今後について考える回がとても印象に残りました。{/netabare}

26話(最終話)感想
{netabare}
クリスマスライブ本番。

最終回だけあって今まで以上にダンスシーンの作画が素晴らしかったです。

終盤でのサプライズシーンも今までの少ハリを思い出される良い演出でした。

続編はあるのか分かりませんが余韻の残る良い最終回だったのでこれで完結でも良いかもしれませんね。

隠れた名作としてそっと評価されてほしい作品です。
{/netabare}

総合得点 計測不能 感想・評価 2 棚に入れた人 31
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

詳細不明。

総合得点 74.3 感想・評価 1020 棚に入れた人 4720
★★★☆☆ 3.9   物語 : 3.5  作画 : 3.8  声優 : 4.2  音楽 : 4.2  キャラ : 4.0

作曲家志望の主人公・七海春歌は、アーティストを育成する芸能専門学校「早乙女学園」に競争率200倍の超難関を突破して入学した。学園の慣習に従い、アイドル志望の男子1人とパートナーを組んだ主人公は、卒業式に行われる「シャイニング事務所新人発掘オーディション」合格に向けて、パートナーに優勝の栄誉を齎す楽曲を作るべく、1年間の学園生活を送ることになった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

逆ハー(ギャグ入り)好きな人におすすめ。
暗い描写なんてほとんどありません(笑)
腐向けなんかじゃありませんよ。
もともとは乙女ゲーっていうジャンルの物ですから。
腐向けアニメっていうのは世界一初恋とかを言うんですよ。
乙女ゲーは男性と男性の恋愛じゃあ、ないです。
あくまで女性と男性の恋愛です。
ただ主人公がモテモテなだけです。
そのモテ方が異常すぎてギャグでしかないというか…なんというか無駄にキラキラしててギャグ前回で観てるのもアホらしくなるような作品です。
ハイテンションじゃなきゃ観られない!
でも結構面白いですよ…アホらしくて。
2期3期と続くにつれて、話がわけわからなくなっていますが、1期が一番面白いと思います。

総合得点 70.3 感想・評価 894 棚に入れた人 4478
★★★☆☆ 3.9   物語 : 4.0  作画 : 3.7  声優 : 3.8  音楽 : 4.1  キャラ : 3.9

学園祭まであと一月と迫った秋の日の夕暮れ。

崩壊した軽音楽同好会の最後の一人、北原春希は、
放課後の窓際で学園祭のステージを目指してギターを弾いていた。

それは、二年半ずっと真面目に過ごしてきた優等生が、
卒業までの半年間に成し遂げようとした、ささやかな冒険。

けれど、その拙いギターの音色に、
流れるようなピアノの旋律と、鈴が鳴るような歌声が重なったとき……

一人からふたりへ、ふたりから三人へと重なっていった新生軽音楽同好会の、
夢のような、夢であって欲しかった半年間が始まった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

まだ始まってもないのに評価、感想などしようもありません。
当然ながら評価点はただの期待値です。

ただ、この作品は原作だけなら満点をつけます。
無印からファンだった作品の続編を
丸戸史明氏は素晴らしいものに仕上げたと思います。
(もちろん前作「WHITE ALBUM」を知らなくてもまったく問題なく楽しめます。前作との関係はほとんどありません。)

ジャンルを問わずこれまで数々のラブストーリーを見てきましたが、
これ以上のものを探すとなると指を3本折るのは難しいです。

現在人気のドラマ「半沢直樹」がうけているのは恋愛要素を
排除したからだなどと言われてますが、
ラブストーリーは今やもうオワコンなのでしょうか?
僕はそうは思いません。

ストーリー、脚本、演出(等)がしっかりしているものは
恋愛要素云々関係なしにおもしろいんです。

原作がどれだけ素晴らしくても
アニメ化すると・・・なんて例は星の数程ありますが、
丸戸氏が担当するならば☆4つくらいは期待したいです。

エロゲ原作なのがもったいないと心底思います。
そうでなく、この質を保ったままドラマ化していたら
社会現象になっていたでしょうと思いたいくらい
素晴らしい物語でした。

有名どころで言えば「とらドラ!」や「true tears」なんかが
好きな人にはお勧めできると思います。


「視聴後の追記(直接的なネタバレなし)」

{netabare}原作プレイ済の方からすれば描写が不足しているだなんだと色々不満はあるかもしれませんが、
そんな減点法でアニメを観てもおもしろくもなんともないので僕は素直に楽しみました。
そして概ね予想通りの出来でした。

さて、視聴前の上記のレビューでは
「指を3本折るのは難しい」とか「社会現象になっていたでしょう」とか
散々大きなことを言っていますが、
アニメから入った方からすれば、
「別につまらないとは言わないけどただのありきたりな恋愛アニメじゃねーか!」
というお叱りを受けるかもしれません。
それはその通りなのかもしれませんし、僕も強くは否定できないです。
ただしこの時点の話だけで言えばですけどね。
(でもこの時点でも十分いい恋愛アニメだとは思いますよ)

今回の高校生編の話は原作では「introductory chapter」と言われるパートです。
つまりはまだ序章、本当の物語はまだ始まってすらいません。
進捗状況について詳しく語るのはここでは控えますが、
多分「え、まだそれしか進んでないの!?どんだけ長い話なんだよ!」という反応が返ってくると思います。
ドラクエで例えれば鋼の剣を装備するなんてまだ先の話っていうくらいしか進んでいません。
(まぁアニメだとかなり短縮するでしょうけど)
果てしなく長く壮絶なストーリーはまさにここからが本番なのです。
もっともアニメの続編があるかどうかは分かりませんけどねw
もし続編があれば、その時には濃い心情考察レビューを書きたいと思っています。

最後になぜ雪菜がこんなに人気があるのか分からないという方もいると思います。
ただのあざとくてうざい女という印象を持った方もいるのではないでしょうか。
「introductory chapter」では原作組もそういう反応をされてた方が多かったと記憶しています。
(ただ、原作よりはアニメの方が雪菜に同情できるような作りになっていると思います)
雪菜の魅力はこの後のパートで開花します。いや、魅力というよりももはや魔性と言った方がいいでしょう。
でも僕はかずさ派です♪(ぉぃ){/netabare}

総合得点 69.7 感想・評価 578 棚に入れた人 3041
★★★☆☆ 3.9   物語 : 3.6  作画 : 3.8  声優 : 4.1  音楽 : 4.1  キャラ : 3.9

衝撃のアイドルデビューを飾ったST☆RISHの6人と、作曲家としての道を歩み始めた七海春歌。
彼らはシャイニング事務所のマスターコースに所属し、一流のアイドルや作曲家を目指して
本格的なレッスンを続ける傍ら、芸能活動を始めることになった

しかしその前には、ひと癖もふた癖もある異国のアイドル候補生や、教育係の先輩アイドルが登場し、
果ては「幻の新人賞レース」にも巻き込まれてゆくことに…。
ST☆RISHは、そして春歌は、この芸能界で夢を叶えることができるのか?!
一億のキスよりもかがやく歌が奏でる、全力全開2000%ラブ☆コメディ♪

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

うた☆プリ2
ちょっと観るのにスローダウン。
ですが3話くらになったころにはほぼノンストップで消化しちゃいました。
どうやら、私、この作品は一気に観ないと進まないタイプの様です。

しかし!
2期もすごく楽しめました。
キャラ1人1人が成長する姿を観れました。
終盤のうたプリアワードでのHE★VENSとのステージはキラキラしてて
すごく観てて楽しかったですヽ(*´∪`*)ノ"

ST☆RISHで私特定の好きなキャラがやはりできませんでした・・。
強いて言うなら、ないかなって思ってたセシルと真斗が意外とw

まぁとりあえず思ったのは・・
ST☆RISH     来栖翔
QUARTET NIGHT 美風藍(今作で1番好き)
HE★VENS  帝ナギ 
この子達3人をぜひとも弟にしたいキャラですヾ(●´□`●)ノっw

ありえない!謎!ヒロインモテすぎ!才能すごっw!社長早乙女の謎!などなど・・
本当に突っ込みどころがある作品でしたねっw

最終回はST☆RISHとQUARTET NIGHTがヒロインへプレゼント・・♡
和みました〜♪
うたプリ♪今回も笑顔になれました!
やっぱりアイドルもののステージシーンは女の子でも男の子のステージでも
テンション上がります*^^*

そしてST☆RISHメンバーと春歌。春歌があんなに大切にされ、
素敵な仲間だな〜って思いました。
うたプリ3期楽しみですが・・一気に観ないと断念しちゃいそう・・。

ともあれやっと好きなキャラができました!
QUARTET NIGHTの美風藍くん♡

女の子向けな作品だけど男の子でもそれなりに楽しめたらいいな。
読んでくださりありがとうございました(●・д・ノ)ノ☆

ーーーー3期溜めて一気に観る予定♪

総合得点 70.7 感想・評価 421 棚に入れた人 2482
★★★★☆ 4.1   物語 : 3.9  作画 : 4.2  声優 : 4.1  音楽 : 4.3  キャラ : 4.2

芸能事務所765プロに所属する13人の少女たちが、アリーナライブに向け切磋琢磨する様子を描く。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

この作品の魅力を、ひとことで語るのは結構難しいです。
ただ、一点だけ指摘しておきたいのは、鑑賞した回数によって、この作品の見え方が微妙に変わってくるのではないか、ということです。

まず1回目は、誰だってこの作品のストーリーを追いかけます。
鑑賞し終えての感想は、大方は「幾らか波乱はあったけれども、最後は予定調和的に綺麗にまとまって良かった」でしょう。
2時間ちょっとという尺では、やはり少し物足りなく感じる方が多いのではないでしょうか。

※以下は2回目の鑑賞時の感想です。
ストーリーは既に頭の中に入っているので、今度は作品のテーマを読み取ろう、という鑑賞姿勢になっています
→後から読み直すと、強引で一面的な見方をしていて結構恥ずかしい内容ですが当時の率直な感想として。
--------------------------------------
{netabare}
この作品のテーマを一言でいうと、社会人教育の定番中の定番

△ディール・カーネギー『人を動かす』
△スティーヴン・コヴィー『7つの習慣』

の説く「動機づけ型リーダーシップ」の哲学をまんまアニメ化した作品!!!!
に私には見えた!
まず間違いないだろう。バンダイナムコ狙ってたな。

つまり、少しだけ解説すると、リーダーシップというものには実は、

①自分がグイグイ引っ張るタイプのリーダーシップと、
②周囲の人の想いを掬いあげ、メンバーの各々の力を引き出していく動機づけ型リーダーシップ

の2種類があって、普通の人は、①だけがリーダーシップだと思いがちなんだけど、本当に凄いリーダーってのは②ができる人のことなのです(とカーネギーとかコヴィーは言っている)。

で、プロデューサーがなぜ春香をリーダーに任命したのかというと、それは春香が自分では気づいていなくても、②が出来るタイプの人だったから、というのが、このアニメのミソです。(※追記あり)

可奈ちゃんを切り捨てていたら、一時的にはライブは上手くいったかも知れないけれども、それはそれだけの話。
結局は、彼女らは大切な仲間を一人永久に失うはめになってしまいます。

あそこで可奈ちゃんの心を拾うために最大限の努力をしたからこそ、765プロは仲間を誰も失わずに、前よりも高いステージに進むことが出来た(できる)はずで、ビジネスの言葉でいうと、貴重な人材を失うことなく全体の戦力を高められた、ということになるのでしょう。

※追記
一番のビッグ・アイドルの美希が「本当は春香が羨ましい」「春香はプロデューサーが選んだリーダーだから」「美希は自分の出来ることを頑張るの」といって、春香をそれとなく勇気づけるこのアニメのキーシーンがあります。

春香とは対照的な性格の美希は、典型的な①タイプで、その持前のグイグイ引っ張るリーダーシップで、竜宮小町が台風でライブに遅れて765プロが困っているときに、人一倍頑張ってステージを支えて、竜宮小町以外のメンバーも注目を浴びるきっかけを作った功労者(第13話)なのですが、TV版の最後のほうでも、この映画でも、春香の自分とは違った良さをちゃんと認めて、彼女を支える発言をしており、美希もまた春香とは別の個性が光っていてやはり好感度が高いです。
{/netabare}
(終わり)
--------------------------------------

このようにストーリーを把握し、かつ、妥当か否かはともかく作品のテーマを自分なりに推測したあとの3回目から4回目にかけての鑑賞時は、
主人公である春香および本作のキーキャラである可奈の感情推移をじっくり追いかけて推測していくことになります。

さらに、5回目以降の鑑賞になると、春香や可奈に加えて、千早・美希・伊織さらには他のメンバーたちの一瞬毎の行動や発言に対しても、その意図や想いについて推測する余裕が出てきます。

そこまでくると、この作品が、どこまで細やかに一人ひとりのキャラの想いを描き込んでいるのか、ということに気づいて改めて感嘆の気持ちを強く抱くことになると思います。

私はこの作品を劇場で10回近く鑑賞しましたが、それでも飽きない感動がありました。
10月8日のBD/DVDリリースが待ち遠しいです。

総合得点 70.4 感想・評価 271 棚に入れた人 1336
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.9  作画 : 3.3  声優 : 3.6  音楽 : 4.0  キャラ : 3.8

西暦1999年、突如宇宙より飛来し太平洋上の南アタリア島に墜落した巨大物体は、全長1,200m超もの宇宙戦艦だった。これにより異星人の実在と彼らの間の戦争の存在を知った人類社会は、宇宙からの脅威に対処すべく地球統合政府を樹立。世界規模の紛争(統合戦争)を経て、墜落艦を改修し「マクロス」と命名する。2009年のマクロス進宙式当日、地球付近に異星人の一方の陣営ゼントラーディ軍の艦隊が出現する。その存在を感知したマクロスの主砲システムが勝手に動作し、戦艦群を撃破してしまう。マクロスの正体はゼントラーディと敵対する陣営、監察軍が仕掛けたブービートラップであり、人類は否応なく宇宙戦争(第一次星間大戦)に巻き込まれることとなった。ゼントラーディ軍の包囲網から逃れるため、マクロスはフォールド航行により月の裏側への待避を図る。しかし制御に失敗し南アタリア島一帯を巻き込み、冥王星軌道付近に到着する。さらにフォールドシステム自体も消失し、通常のロケット推進のみでの地球への長い帰還の旅を強いられる事になる。その途上、南アタリア島住民5万8千人はマクロス艦内に街を再建し、戦争の傍らで普段の生活を営んでいた。アクロバットパイロットの一条輝は戦火の中で出会った少女リン・ミンメイを守るため軍に入隊し、可変戦闘機バルキリーのパイロットとなる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

それまでのロボットアニメ(ガンダムは別ですが)をいい意味で変えたアニメですね。

私はアニメの歌が好きで、リンミンメイの歌う曲はどれもよかったです。(特に「やさしささよなら」いいですね)

EDのアルバムめくりもいいですね。

話数によって作画のクオリティが違うのも昔らしいですね。

ただ、27話以降はダラダラした感があり、好きになれません。

最終話は27話で良かったと思いますね^^

総合得点 57.8 感想・評価 162 棚に入れた人 767
★★★☆☆ 3.3   物語 : 3.3  作画 : 3.2  声優 : 3.3  音楽 : 3.4  キャラ : 3.3

かつてアイドルになることを夢見ていた32歳の桜木広司は、ある日アイドルグループ「少年ハリウッド」の新メンバーにスカウトされる。広司は柊剛人(ひいらぎ つよと)と名を変え、年齢を17歳と偽ってアイドルになることを決意する。原宿にある架空の劇場「ハリウッド東京」を舞台に、「少年ハリウッド」の少年たちの夢と成長を描く。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

 絵が独特で非常に人を選ぶと俺は思いました。1話のOP後に始まってすぐに初代少年ハリウッドのダンスを見て、もう心を奪われてしまいました。
 シャチョウによって選ばれた、運命に導かれたような5人が本当のアイドルになるまでの道のりを描いています。
 今は情報が伏せられていますが、原作者は元アイドルです。作者のアイドルへの考え、思い、アイドル哲学ともいえるようなものを主人公やシャチョウの言葉を通して私たちに届けてくれます。
 全ての作詞を原作者『橋口いくよ』が担当しているためシナリオやキャラクターの思い、そして作者のアイドルの考えを楽曲にて伝えてくれています。
 内容は別に女性向けアニメじゃない、私自身男性ですが面白いと思いますし楽曲の中に『奇跡を忘れた 水色の背中』とあるようにブルーカラーの人へのメッセージも込められています。この作品がもっと多くの人に見ていただけたらとてもうれしいです。2期についてもまた書きたいと思います。

総合得点 83.1 感想・評価 2137 棚に入れた人 11804
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.9  作画 : 3.6  声優 : 3.8  音楽 : 3.6  キャラ : 4.1

ごく平凡な中学生、満潮永澄の平穏な毎日は、とある夏の出来事を境に、音を立てて崩れ去っていった。帰省していた瀬戸内のビーチで溺れてしまった永澄を助けたのは、なんと人魚の女の子、瀬戸燦!しかも、人魚の世界は、「渡世の仁義」を重んじる仁侠の世界だった上、人間に姿を見られれば、その人間か自分のどちらかが死ななければならないという掟が存在した。最後に残された回避手段は、「人魚の正体を知った人間が人魚の身内となる」という方法のみ!
「どちらかが死ぬか、人魚の身内となるか」そんな究極の選択を迫られた永澄が出した結論は燦との結婚だった!永澄と燦の2人を中心に、人間、人魚さまざまなキャラクターたちが騒動を巻き起こすドタバタギャグ&ラブコメディ。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

現代版うる星やつら。色々な面で。
でも、ギャグテイストなラブコメでは自分の中で最高傑作。
センスさえ合えば声を出して笑ってしまう。
最初見た時は絵が好みではなく1話で断念したが、改めて見ると
全く気にならなくなるほど楽しめた。2話を乗り越えれば大丈夫だと思います。

映画や他アニメのネタが随所に見られ、それらを知っていると思わず吹いてしまう。
とりあえず作者は北斗の拳が大好きなのがすごい伝わった。訴えられてもいいくらいのレベル。
まさかラストでも北斗ネタとは恐れ入った。あれもこれもそれも燦ちゃんの分ッッッ!

第一印象をキレイにひっくり返されたアニメ。騙されたと思ってみて欲しいです。

総合得点 72.4 感想・評価 651 棚に入れた人 3801
★★★★☆ 4.1   物語 : 3.8  作画 : 4.2  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

西暦2059年、パイロットを目指す少年、早乙女アルトが、新天地に向かって進む銀河移民船団のマクロス・フロンティアにいた。ある日、銀河頂点の歌姫、シェリル・ノームのコンサートツアーが船団へやって来ることになり、アルトは彼女にあこがれるランカ・リーとともに会場に行くが、突如、重機甲生命体バジュラの奇襲を受ける。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

2008年アニメで一斉を風靡したマクロスシリーズのマクロスフロンティアの劇場版版第1部

新たに再構築した新作で約120分の内容です。

ストーリーはほぼアニメverと同様。
ですが細かく見ているとテレビverと違うシーンが結構あります。
シェリルノームの作中での設定が少し変わっていたり作中の人物が少し大人びて?いたり、


新規作画7割、再撮影9割になっており見た感じでは
「ストーリー(流れ)はよく似ているけど何か違う」
という感じを受けると思います^^;


あと新規作画の件で1言付け加えると
ライブのシーンがかなりリアルさを増したものになっていると思います。
ライブ参加者が持つあの光る棒(名前出てこなくて……)が1本1本細かく描かれていたり、歓声、スタジアム雰囲気、演出etc..
どれもかれこも素晴らしくまるで実際にライブに来たかのような錯覚を受ける。
シェリルの舞台は独特でまるで未来のライブって感じを受けましたが良かったと思います♪

テレビverでお馴染みの
What`bout my star
Welcome To My Fan Club`sに加え
新曲Pink monsoonでしたかね(ライブ)


それと
この映画verではテレビverでは無かったランカちゃんのCMソングがたくさん流れます^^
テレビ版でもあったあのコンビニのシーンももちろんありますが今回はそれに加え
新しく何種類かのCMソングが流れてます
これに関しては特にいうことはないですね。


話は変わり
今回作画の方は7割新規ということで
特に日常シーンに新しい描写がたくさん入っていました。
夜のシーンが増えた印象ですね。
シリアスシーンとか静かなシーンが少し増えていたかなと、、

醍醐味の歌ではシェリルがランカより1歩抜きん出ていた印象です♪
最後の戦闘歌シーンはほぼ半分以上シェリルのステージです
第2部ではランカが輝き出すのでしょうね、、多分

あと戦闘シーンでは相変わらずカッコ良い機体と歌とのマッチには
さすがマクロス!!
となりとても満足でした☆

敵の攻撃から逃げるアルトのシーン(道路を滑る感じで逃げるあのシーン)が特に圧巻でしたね
こんなに進化するんだ~と思いました

このレビューを見てから見る方はぜひそこに注目していただきたいです(^_^;


こんな感じで今回は結構シーン説明をまじえてこの映画を紹介しましたが
この作品はテレビverマクロスFを未視聴の人でも十分楽しめる内容になっていると思います。
テレビverを見ているとなお楽しめますね

そんな1作でした(o^^o)

その他新曲↓
妖精(シェリル)
オベリスク(シェリル)
ユニバーサル・バニー(シェリル)

オベリスクは良かった曲だと思います
でもやっぱり1番好きなのは「ライオン」ですね~

ライオン~ランカver~とか最高でした☆☆



次の第2部サヨナラノツバサでは

娘々Final Attack フロンティアグレイテスト☆ヒッツ
が聴けるんですね~♪
楽しみにしてます♪


一作目イツワリノウタヒメ キャッチコピー
「歌で銀河が救えるわけないでしょ!」

総合得点 68.1 感想・評価 634 棚に入れた人 2903
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.7  作画 : 3.7  声優 : 3.7  音楽 : 3.8  キャラ : 3.9

地方の小都市・流川市に住む女子高生・宇佐美奈々子は市役所に勤務する叔父に懇願され、町おこしを目的とした動物園でのステージショーに出ることとなった。そこで出会ったのは高校の先輩で、やはりステージに出演するという小日向縁。彼女のアドバイスもあって奈々子は無事にステージをやり遂げた。これをきっかけに奈々子と縁は流川市をPRするローカルアイドル(ロコドル)「流川ガールズ」としてイベントやケーブルテレビへの出演などの活動をこなし、市民の血税から生まれた報酬(時給1000円程度)を得るようになる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

7話まで視聴。今期はもうこれしか観てませんが、そこそこ楽しめてます。

ろこどる=ローカルアイドルの話なんですが、作風は日常系寄り。
「アイマス」「ラブライブ」のような華やかさは全くなく
「きんモザ」「ごちうさ」のように媚びまくってるわけでもない。
これといったインパクトがないので話題にならないのは分かりますw

好きなんですけどねー。なにゃこカワイイし。ゆるキャラ「魚心くん」も愛嬌たっぷりだし。
魚心くんソングも秀逸な出来栄えでしょう。うおうお うおうお うおごこ~ろ~~ くん♪

いかにも低予算で作られた安っぽいアニメなんだけど
地方TV局の番組のような素朴さをリアルに再現しているとも言える。
ただ、もう少しテンポよく話を展開できると思うし
(5話の橋のとこでの会話シーンがグダグダ過ぎて一瞬切ろうかと思った)
演出面での工夫もないので(構図やカット割が単調)観ていてしんどいところはある。

百合要素もあるけど、この作品に関しては蛇足だと思う。
この作品の飾り気のない感じが気に入ってるので、中途半端に媚びて欲しくないというか。
そう、この「飾り気のない」という部分が重要で
決して狙ってるわけではない、キャラクターから滲み出る健全なエロスがある意味一番の見所。
素人女子高生がこなれていって、
水着姿を衆目に晒すことに抵抗感がなくなっていく感じが妄想を刺激しry
・・・おっと、自分の中の下心くんが暴走して出来心くんになってしまいそうなのでこの辺で。


【総評】

原作連載中の作品にも関わらず、これほど綺麗な締め方はそうそうないんじゃないかと。
ライブシーンも、新曲を3週も引っ張ってハードル上がりまくっている状況でしたが
それを軽々と飛び越えてくるとは!期待以上の出来栄えでしたね。
ここぞというところで作画リソースを全力で注ぎ込むスタッフの好判断。
CG全盛の時代で手描きオンリーというのも作風を考慮してのことか、こだわりを感じます。

全体を通して、派手さはないけど地域性を全面に押し出した作風で、
ろこどると流川市民を結ぶ絆や温かみが伝わってくるし、終始観ていて安心感がありました。
{netabare}最後も華やかな舞台であるロコドルフェスタではなく
地元のイベント「あぁ流川」で締めるんだよな・・・{/netabare}
この作品は地元市民との結びつきや、地域の活性化を第一に考えてるんですよね。
OP冒頭でモブの流川市民が風船を飛ばす映像を見てるだけでこみ上げてくるものがあります。

また、百合要素は蛇足と上記しましたが、
”なにゃこのノンケ攻め×ゆかりのガチ受け”は至高だと言わざるをえない!
というか、ゆかりの過去エピソードが描かれる9話でななこに入れ込む理由が明かされ
1話から観直すと単純に百合入れて媚びてるわけではないことが分かる。
なのであざとさをあまり感じないし、2周目からは違った視点で楽しめるのも強みです。

この手のアニメは大人が都合よく排除されたりもしますが
西深井マネージャー・ななこの叔父など、責任を取るべき大人の視点を設けていることも好印象。

結果的に、既存の日常系やアイドル系作品との差別化ができており、
なおかつ中途半端にならずに、地域に根差したアイドル=ろこどるの描写にも一貫性を感じられ
他作品にない本作ならではの魅力を生み出すことに成功している。
いかにも「ろこどる」らしい劇中歌も印象的だし、シナリオ全体の構成もよく練られている。
低予算を逆手に取った、非常に完成度の高い作品だと思います。

総合得点 70.4 感想・評価 461 棚に入れた人 2379
★★★★☆ 4.1   物語 : 3.8  作画 : 4.2  声優 : 4.1  音楽 : 4.4  キャラ : 4.2

スクールアイドルたちがパフォーマンスを競う大会「ラブライブ!」。
前回優勝者のμ'sは、3年生の卒業をもって活動をおしまいにすると決めていたが、
卒業式の直後、μ'sのもとに飛び込んで来たひとつの知らせを受けて、新たなライブをすることに!
見たことのない世界とふれあい、また少しずつまた成長していく9人。
スクールアイドルとして、最後に何ができるのか——。
限られた時間のなかで、μ'sが見つけた最高に楽しいライブとは——!?

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

さっそく行って参りました。館内はほとんど男性。
叛逆もそうだったが封切りしたばかりの時期は男ばっかって感じなのかも。

結論から言うと、素晴らしい出来だった。
二期の終わりからまだ1年弱でよくこれだけの作品を作ったと思う。
99分で内容は密度があってボリューム感は十分だった。
2期の11話みたいな無理に泣かせようというシーンが無いのもむしろ良かった。
{netabare}構成は二部に分かれていて、前半がニューヨーク遠征、後半がμ'sをやっぱり続けようか?というお話(二期の蒸し返しになるけど)。
全体的に海未がギャグのネタ要員になっていて、館内でもかなりウケてた。卒業するにこはネタ要員にしづらかったのかな。にっこにっこにーも軽くやってたけど劇場版新バージョンとかは無かった。
かよちんの米ネタはちょっとクドかったのか、館内でも微妙な空気だったような。ことりのチーズケーキネタまでやったけどあれはスクフェスやってないとわからんな。あとのんたんに英語ペラペラ設定が追加されたね。
ニューヨークの話は意外と早く切り上げて、後半は人気が出すぎてしまったμ'sをどうしよう、って話になる。
ここの話は内向きにせず、外に向けたのは良かったと思う。A-RISEがこんなに多く出てくるとは思わなかった。そしてμ'sメンバーの戦友としてよい役割を演じていた。真姫×ツバサに嫉妬するにことか新鮮だったw

でもやっぱり穂乃果を導く大人の存在も必要だったようで、「女性シンガー(CV高山みなみ)」(エンドロールのまま)が重要なキーウーマンになっている。
彼女の正体は、穂乃果の同じマイクを持っているというセリフから未来の穂乃果の幻影だろうか?それにしては容姿と声が変わりすぎだと思うが。今回はちょっとファンタジー要素を入れてきた感じやね。

圧巻だったのは大勢のスクールアイドルを集めてのアキバ路上ライブ。大量の女の子が一斉に動き、ようやくCGを使う意味が出たかと感無量になった。まぁCG自体のクオリティは高いとは言えないけど。エンドロールにソフマップ協力があって、看板に実店舗名使ってたね。

最後、雪穂と亜里沙がアイドル研究部の中心になっているシーンがあったけど、あれは二人が3年になった時なのだろうか。
6人になっても花陽部長でスクールアイドル自体はやるはずだったのだが、その辺のシーンもちょっと見たかったけど。

にこ好きとしては、映画は1期終盤みたいな活躍はなかったものの、要所要所でシメていて良かったと思う。一度決めた通りにμ'sを解散させて欲しいというにこの言葉は他の子より重みがあるように描かれていて、そこは満足。

あとTV版でも見られたミュージカルテイストは今回さらに強化され、1年組・2年組・3年組とバランスよくいきなり踊り出すシーンが入っていたのは良かったと思う。
エンドロールはさすがに力尽きたのか衣装の止め絵だけだったが、まぁ本編に力入れすぎたししょうがないね。ロールを流す速度が早すぎた気もするけど、99分に収める事情があったのかな。{/netabare}
残念なのは新曲がどれもあまり耳に残らなかったことかな…畑先生もいい加減ネタ切れなのかも。
追記
…と思ったけど、最後の曲「僕たちはひとつの光」は {netabare}μ's9人の名前が入った感動できる曲だったようだ。
最後のライブは時期や場所ばかり気になって歌詞が頭に入らなかったのが残念。この辺上手く演出すれば号泣できる映画になったんじゃないかな。
次見る機会があれば音楽の点数アップするだろう。{/netabare}

総合得点 61.3 感想・評価 446 棚に入れた人 2186
★★★☆☆ 3.4   物語 : 3.1  作画 : 3.5  声優 : 3.4  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

大学の講義が終わり、アルバイト先へと向かったすーぱーそに子の本日のお仕事は雑誌グラビア撮影。
水着姿でがんばってポーズを取る彼女に対して、もう少しアピールが欲しいという雑誌担当者から予備の衣装が入った袋を渡される。
期待に胸を膨らませながら袋を開けたそに子が見たものは…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

1話完結の日常もの。
全体的な出来はとても良かったと思います。
特に劇的でもない事柄を淡々と描いていく回が多く、観る人によっては退屈と感じるかもしれませんが、個人的には非常に心地良かったです。ドタバタ系の回よりも、先輩とギターの話、地域誌の取材の話、新潟旅行の話、猫の話、サンタクロースの話など、ちょっと良い話系の回が印象に残っています。最終回の演出もとても良かったです。
基本的に主人公の周囲には良い人ばかりの優しい世界なので、観終わったあとの後味の良い作品です。
主人公が常にヘッドフォンをしているので最初は違和感があると思いますが、そこが気にならなければ癒し系を好きな方にはお勧めできる作品だと思います。

総合得点 64.6 感想・評価 320 棚に入れた人 1890
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.5  作画 : 3.6  声優 : 3.9  音楽 : 3.9  キャラ : 3.6

平凡な大学生・藤井冬弥はアイドル・タレントとして活躍する森川由綺と交際していた。仕事や学業の合間を縫ってお互いの愛を確かめ合っていたふたりだったが、由綺の人気が高まり、仕事が増えるとともに徐々にすれ違っていくようになる……。浮気をテーマにした、切ない系の青春ラブストーリー。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

この作品を一言で言うなれば【昼メロ】がもっとも相応しい


既に現役アイドルの彼女がいる『リア充主人公』が、次から次へと現れる美少女達の誘惑に敗北しガンガン浮気に走っていくという・・・オイラが言うのもなんですが本当に酷い内容(笑)
かつてFLASH時代にネットでは散々ネタにされてきましたがwその辺や原作は無視してお楽しみください
純愛、ラブコメ、エロスが目的の人は残念な気持ちになること間違いなしですので回れ右!です


物語の舞台は1986年
ケータイの無い時代が故に若者達はほんの些細なことですれ違って出会えなかったり、、、シリーズ前半ではそんなセンチメンタルな展開を存分に楽しませてくれます


後半ではエロゲにありがちなハーレムシチュエーションやブッキングが、この作品においてはスリリングな修羅場の連続にすり替わる
ただし重要なのは登場人物たちの心情が煮えくり返ったりすることがなく、【ドロドロ愛憎劇とは違う】というポイントでしょう
ヒロインたちは淡々と主人公を見つめ続けていて、一番ドキドキしているのは実は視聴者だけ、ってのがスゴイところ
(もちろん主人公はめっちゃ困惑しているのだけどw)


物語を彩るのは実力派声優によるアツい演技と天才アニメーター『吉成鋼』による神作画


お話のペースはかなり早く、単に尺不足な巷に氾濫している雑多な恋愛モノアニメとは一線を画していて、本当に濃密な内容
だから1話見逃しただけでも置いてきぼりを食らうので注意が必要


「学園モノとかティーン向けな作品には飽きた!シリアスでアダルティーな恋愛ドラマが見たい!」
という方には是非オススメしたいです


【後半】のレビューにはネタバレを含めてオイラ的に激アツだった内容について触れていきます

総合得点 76.6 感想・評価 351 棚に入れた人 1534
★★★★☆ 4.0   物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 3.7  音楽 : 4.3  キャラ : 3.8

50万周期にわたり大宇宙で抗争を続ける巨人族の二大勢力、男のゼントラーディ軍と女のメルトランディ軍。西暦2009年、その戦火は地球にも及び、ゼントラーディ軍の奇襲をうけた地球統合軍の巨大宇宙戦艦SDF-1マクロスは、脱出時の動力不調から太陽系外周部へ飛び出すこととなる。追撃をうけながら地球への自力帰還をめざす航海の5か月目、土星の衛星タイタン宙域から物語は始まる。地球を離れる際避難した5万8千人の民間人は、広大な艦内に市街地を建設し生活を営んでいた。バルキリー隊パイロット一条輝はアイドル歌手リン・ミンメイや、上官早瀬未沙と近しい関係になっていく。そんなありふれた日常風景が、接触した巨人族たちの規律に思わぬ混乱を招くことになる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

ロボットもののメインストリームの一つであるマクロスシリーズだが、TVシリーズのマクロスを今さら見るのはツライところがある。長いし作画も今から見るとそれなりであるし脚本も粗が目立つ。

そこでこの劇場版をおすすめする。
設定などはTVシリーズと異なり、エッセンスは同じでも全く別物で凝縮昇華した傑作に生まれ変わっている。

アクションシーンなどは現在のアニメレベルでも遜色ないだろう。現在のCG全盛のアニメでもだ。

アイドル・ロボットというオタの大好物がてんこ盛りの記念碑的作品はレンタルでも良いから一見の価値あり。
しかし、ラブコメとロボット物を合体させるってアイデアはホントに基地外じみている。今じゃ当然なんだが。

個人的に見所としては、
柿崎の最後、酎ハイミサイル、ケントギルバート、デカルチャー、羽田健太郎の音楽

総合得点 65.1 感想・評価 253 棚に入れた人 1492
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.7  作画 : 3.7  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.7

時は1986年――“バブル”前夜。来るべき狂乱とその崩壊を、巷は未だ知らない。
電車内でイヤホンをしているのは競馬か野球か英会話を聴くオジサン達だけだった時代。アスファルトには、引き剥がされたプルトップが散らばっていた時代。携帯電話は勿論、自動車電話も珍しかった。駅前の電話ボックスには、テレカを手にしたサラリーマンが列を成していた…そんな時代。
若き恋人は、誰もが腕時計を嵌め、握り締めた受話器から聞こえる呼び出し音に胸を高鳴らせながら、悩み、泣き、誤解し合い、すれ違っていた――。
冬空の下、移ろいゆく彼女との関係……悲しくも、とても優しい物語。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

物語の後半にかけての畳み掛けるような事件の連続。ぎりぎり回収できていた感じがします。ただ、必要のない説明不足のキャラがいたような気がします。とりあえずもう少し背景と心情の描写が欲しかったです。舞台が冬の設定ということもあり、どこか暗い印象を受けました。といいますか、雪が降り過ぎです。しかし、音楽はBGMも含めて非常に力が入っている気がしました。子供から大人に変化する年齢の心情がとても上手に演出されていました。個人的にあまり見ないタイプのアニメなのですが、楽しめました。

<< 前へ 1234567
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。