最新おすすめツンデレアニメランキング

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

おすすめツンデレアニメランキング

検索結果:313件
アニメを並び替え:
総合得点 92.7 感想・評価 13891 棚に入れた人 41699
★★★★☆ 4.4   物語 : 4.6  作画 : 4.2  声優 : 4.3  音楽 : 4.2  キャラ : 4.4

舞台は「ニュージェネレーションの狂気」による渋谷崩壊から1年後の秋葉原。秋葉原を拠点とする総勢3人の小さな発明サークル「未来ガジェット研究所」のリーダーで、厨二病から抜け出せない大学生の岡部倫太郎はサークル仲間と日々ヘンテコな発明を繰り返していた。2010年7月28日、岡部は単位取得のため同期にして友人の橋田至と共に向かった講義会場で、弱冠18歳でアメリカの科学誌に学術論文が掲載された天才少女、牧瀬紅莉栖と出会う。しかし、彼はその数時間前にラジオ会館の8階奥で大量の血溜まりの中に倒れる彼女を見ていた。そしてそれを橋田へ報告した携帯メールは、何故かその1週間前の日付で受信されていた。その直後、ラジオ会館ビル屋上に人工衛星らしきものが墜落しており周辺が警察によって封鎖されていたことに気付く。検証の結果、発明品の一つである電話レンジ(仮)が偶然にも携帯メールを過去へと送るタイムマシンとしての機能を備えていたことが判明する。そしてその偶然が全世界の未来を左右する出来事になると、世紀の大発明に浮かれていた「この時の」岡部自身は知る由もなかった……。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

「ああ、俺だ。ついにSteins;Gateの最終回がきてしまったよ。なに!?劇場版だと?フッ・・・いいだろう。それがシュタインズゲートの選択だというのならばな。エル・プサイ・コングルゥ。」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さあ、ついに来ました最終回!

最高の盛り上がりからの最終回!

感想とかもういわずもがな良かったよ。よく30分でまとめられたねw詰め込んで詰め込んで・・・な感じで少々急ぎ気味だったけど良くまとめられたと思うよ。

EDも原作の曲使ってて個人的にめっちゃ嬉しかったしwあの曲大好きなんだよねw

なんかまたゲームやりたくなってきたなあ・・・。時間できたらもう一周しようっと。

そしてまさかの劇場版!これはもう見るっきゃない!それがシュタインズゲートの選択だ!

それではシュタゲレビューはこれにて終了!
劇場版のレビューを書ける日が来るのを心から楽しみにしています。
それではみなさん、最後に例の合言葉で!


『エル・プサイ・コングルゥ』

総合得点 59.2 感想・評価 116 棚に入れた人 1568
★★★☆☆ 3.3   物語 : 3.3  作画 : 3.4  声優 : 3.4  音楽 : 3.2  キャラ : 3.3

美少女・安達垣愛姫(あだがき あき)にこっぴどくフラれたデブで冴えなかった少年・真壁政宗(まかべ まさむね)が、激ヤセして名字を変えイケメンに変身。残虐姫の異名を持つドSな愛姫を惚れさせ、最高の形で振るために復讐を果たそうと奮闘するリベンジラブコメディ。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

子供時代、恋焦がれた女の子に思いを伝えたものの、豚足という悪口同然のあだ名を頂戴しつつ見事に玉砕した政宗君。失恋の悲しみを力に変え、過酷なトレーニングを経て、誰もが羨むイケメン男子へと華麗なる※変態を遂げます。

豚足に別れを告げ高校デビューを果たした、見た目爽やか人当たり良しの政宗君が抱いていたのはどす黒い野望。なんと彼は、自分を容赦なく切り捨てたかつての憧れの人、安達垣 愛姫(あだがき あき)への復讐の計画を日々着々と練っていたのでした(汗)

1話 豚足と呼ばれた男
{netabare}
彼女はそこにいた。残虐姫としてッ!

冒頭から全力全開の残虐姫、イケメンナルシストの先輩からの告白を彼の恥部(スパイ済み)を公衆に晒すという残忍極まりない方法で一蹴。山田茂雄、"し毛ぼ~ん"なるダサいあだ名で止めを刺されあえなくリタイヤ(笑)

次、「体育の時の凛々しい姿に惚れました‥」との理由で残虐姫に愛を告げんとしたタナベアキオ、それに対して残虐姫、スパッツ姿の自分の足に欲情してラブレターを書いたと推定し、ムッチンプリンスというありがたくな~いあだ名を進呈しつつ躊躇なくバッサリ。

今の所、愛姫さんに振られたシーンが描かれたのは上の3人(政宗君を含む)だけですが、ヒロインの愛姫さんの印象を悪くし過ぎるとよろしく無いので、適当なところで抑えたのでしょう。さすがに身辺調査はやり過ぎでした(汗)

愛姫さんみたいな人、リアルには先ずいないと思いますけど、こんなはっきりとした物言いをする女子がいたとしたら、私ならきっと尊敬しちゃいます。きっぱりと交際を断るさまは残酷な様でいて勇気と誠実さが感じられるので‥。

後半、愛姫さんにラブレターを出して拒絶された腹いせに暴力を振るおうとするタナベの姿が描かれましたが、ギャグ多めの作風からするとかなり意外なシーンでした。

拒絶されたから怒る、傷付けられたから傷つけるというのは不毛ですね。本気で相手の事が好きだったら相手の事を思いやり、害する気持ちなど生まれないはずですので。人を物の様に愛している人がこういう事をやるのだと思います。

それとこのシーン、普通に考えて傷害事件だと思うんですけど、政宗君が許してそれで終わってしまって良かったのか疑問。タナベは依然として学校にいるし、愛姫さんみたいに剛毅な人でなかったら学校に行くのが怖くなってしまうんじゃないかと思います。ラブコメなのに犯罪者が出るとか、お話が暗くなっちゃうので端折ったのかも知れませんが‥。

最後、政宗君のお話。学校生活が始まって間も無くして、ここであったが百年目(笑)とばかりに、にっくき敵、愛姫さんを補足した政宗君、復讐の機会を得て邪悪な笑みを浮かべつつ目論む計画とは‥‥「デッド・オア・ラブ作戦」。愛姫さんを自分に惚れさせた上で最高の形で捨てる事が目的らしい。なんか陰険‥。

復讐をする者の常套句として「思い知れ」という言葉がありますが、そういう事なんでしょう(汗)それにしても政宗君、8年間も子供時代の愛姫さんの印象を強く引き摺り続けているという点がかなり異常‥。政宗君のやろうとしている事って、実は目の前にいる残虐姫に対する復讐ではなくって、コドモ姫に対する復讐なんですよね‥。作風がギャグっぽいから笑って見ていられるんですけど、リアルに考えると怖い様な。割とサイコな話だったりして‥。
{/netabare}
2話 シンデレラは笑わない
{netabare}
1話からですが、メイドキャラの吉乃さんに対する愛姫さんの態度がかなり酷い。今回も罵詈雑言吐きまくり、ワガママ言いたい放題でした。この吉乃さん、一見小動物系の虐げられるシンデレラのイメージなんですが、実は‥!なキャラなのです。まるで別人みたいでした(汗)

後半の愛姫さんの政宗君をおちょくった様な行動について、単に政宗君が一杯食わされた感じの様にも見えますが、嫌いな男に対しては絶対に出来ない行動だろうなぁと思います。「お断りよ」の後、ニコッとしてましたし‥。愛姫さんは1話でも山田先輩の身辺調査していましたが、政宗君の正体をとっくに分かっていて、もしかしたら豚足時代から好きだったのかも知れませんね。
{/netabare}
3話 吉乃のマジックショー
{netabare}
見た目はおっとり中身は腹黒な吉乃さんの助けを借りて、辛くも愛姫さんとの試験対決に勝利した政宗くん、罰ゲームとして自分とのデートを愛姫さんに課します。

計画に一歩近付いたとしたり顔でしたが、デートを経てかなり心が揺らいだ模様。子供時代の愛姫さんの優しげな印象を思い出し始めた様です。自分に惚れさせる為に仕組んだ作戦だったのに、逆に惚れ直しちゃいそうになったのは政宗くんの方でした(笑)

吉乃さんの行動もちょっと面白い。前回から政宗くんと協力関係を結び、建前上の目的は、愛姫さんの傲慢さにお灸をすえてやろうというものなのですが、なんだか他にも思惑がある様な‥。意外と政宗君の事が好きだったりして‥。豚足と書いた紙を下駄箱に入れたのも、子供時代の政宗くんに窓越しから豚足って言ってたのも多分この人だし‥。
{/netabare}
4話 今そこにある危機
{netabare}
デレた愛姫さんがかわい過ぎる(笑)

というのは置いといて、政宗君と愛姫さんのお話も然り、今回登場の新キャラも然り、ラブコメでは"昔から好きだった"みたいな台詞がお約束になっていますが、8歳~16歳って男女ともに膨大な量の知識を吸収して心身ともに成長するので、それでもなお、ただ一人への想いが揺らがないという設定には強い作為性が感じられます。私が薄情なだけなのかも知れませんが、この時期に長く同じ人を好きだった記憶がありません(汗)人に妄想を抱き期待し、幻滅し失望するの繰り返しだった気がします。こういうのは独りぼっちの人のそうであって欲しいという願望の表れだったりするので、決して手に入る事の無い理想を見せつける残酷なファンタジーの様にも見えます。

前提として、基本的にアニメは理想を見せるものですが、"人"を誠実に描く義務を怠ると、不自然さが自ずと露呈してきて、はっきりとは意識に上がらない段階からでも何となく作り物っぽくて見えてきて、つまらなく感じてしまうものです。

今回で早くも愛姫さんがデレてしまいましたが(笑)早い段階で恋が成就してしまう展開を見ると、何となく似た感じの流れだったネトゲ嫁と比較してしまいます。あちらの様に他の要素で楽しませてくれるアニメならまだしも、殆どラブコメ一色の本作で今後どの様な展開が描かれるのか、期待したい気持ち半分、不安な気持ち半分というところ。

吉及さんも新キャラの人も"実は政宗君が好きでした"となって(後者の人は既にそんな感じだったけど)安直なハーレム展開にならなければいいですね。
{/netabare}
5話 ミステリアス・キャット
{netabare}
プール掃除のシーン、政宗くんの「君が好きだからとか言ってもどうせ信じやしないんだろ!」という台詞、復讐とか抜きにして本心が出てしまってましたね。

1話の感想のところで「思い知れ」を復讐の常套句と私は言いましたが、政宗くんの場合、自分の苦しみを相手に伝える事が目的では無い様で(今の所自覚薄そうですが)、どれだけ自分が愛姫さんの事を好きだったかという事を"思い知って"欲しいという意図が込められていると感じました。

一方愛姫さんが政宗くんの言葉をまともに受け入れられないのは、政宗くんのウソっぽい所に直感的に気付いているというのもあると思いますが、最大の理由は愛姫さん自身が自分の事を好きでは無いからで、それは前回のお話の「本当にあいつはこんな私の事が好きなのだろうか?」という自問からもはっきりしています。自分を好きでなかったり、過小評価したりする人って他者の好意を素直に受け入れられないものですよね‥。

自分自身の表も裏も知ってる自分が、自分の事を嫌いなんだから、他の人に好かれる資格は無いという愛姫さんの気持ちは痛いほど分かります。中高生時代の自分を思い返すと色々と思い当たる節が出てきました。(今でもそう変わりませんけど‥汗)

大した根拠も無しに俺カッコイイとか私カワイイとか、自分を偽る様に言い聞かせる人たちよりも、自分の価値を定められず、人の言う事を鵜呑みにせず、あれこれと迷い悩む人達の方が私は愛おしいと思います。

ただ前回から登場の寧子さんが、思った通りの物語をかき回す役割のキャラで、取って付けた様な形で物語に係わっていく様は強引に感じられました。たくさんの嘘を抱えているキャラみたいなので、それが彼女の胡散臭さを増している原因なのかも知れません。

腹黒吉及さんが好きなのは実は愛姫さん?とか思ったり、政宗くんの復讐の真意は何?とか思ったり、あれこれと見所のある第5話でした。
{/netabare}
6話 今そこにある危機
{netabare}
今回は政宗君がごくごく普通の(おばかな)男子高校生的な女子への接し方をして失敗をやらかすというお話。"キスしたら信じる"って言われてドキッてなる気持ちは分かりますが、ほんとにキスしようとする政宗君、ちょっとすごい。いきなり唇ってないですよね‥(汗)

動きの無い回とは言え若干ながら伏せられていた情報の開示は有り、政宗君のお母さんが寧子さんの事(多分子供時代)を知っていたという事が明かされました。何かと隠し事の多い寧子さんですが、政宗君に恩を感じているという所は真実なのでしょう。そこら辺はOPの彼女の表情からも何とな~く分かります。

また終幕前のシーン、寧子さんが豚足時代の政宗君の写っている写真を見てに呟いた「そっくり。確かにその通りかも‥」と言うのは、自分も政宗君同様のふとっちょだったか、サプリメントを食卓に並べていたり、良く日傘を差してたりする所を見ると、余程過保護に育てられたか、虚弱体質だった事を示唆している様でした。政宗君が寧子さんの事を覚えていない事を踏まえると、寧子さんの子供時代の外見は今とは著しく異なっていたという事なのでしょうね。こちらも割とありがちな設定(汗)

本格的なダイエットをやった事が無いので良く分かりませんが、私の場合、体重とかは気にしないで、朝昼晩とか食べたくなかったら食べず、少し痩せたいと思ったら節食、絶食して適当にバランスを取ってます。極端に痩せていたり太っていたりは避けたい事ですが、服のサイズを変えなきゃいけないほど体型が変わるんじゃなければ別に良いと思うんですけどね(汗)

そんななので、私には夕食のエビフライの衣取り除いて食べようとする政宗君の感性をちょっと病的に感じました。生物として間違ってるっ‥というかもったいないじゃないか! ちなみに政宗君の妹の千夏ちゃんと吉及さんは気にせずもくもく食べてました。こういうのが自然だと思います(笑)

今回のお話に限らず、このアニメではスタイルが良いとか悪いとかという言葉が台詞の端々にも見え隠れしてますが、そういうのは時代とともに(今はテレビとかネットの宣伝の影響で)移り変わっていくものですので、あんまり気にしちゃいけないんじゃないかなって思ってます。遺伝的特質とかもありますし‥。

こういうのは男女間の意識差の激しい問題なので、何が理想なのかあれこれ言えませんが、そんな所もこのアニメの大きなテーマの一つになっているのではないでしょうか?

コミカルでファンタジーだけど、どことなくリアルなところもある面白いアニメだと思います。

次回も楽しみです。
{/netabare}
萌えあり笑いあり、男女とも楽しめそうな内容なのに、毎回の様に無意味にそつなく(笑)パンチラ描写が入っているので、これで切っちゃう人がいたら勿体無い気はしました。大した事は無いから大体の人は大丈夫だと思うけれど‥?

1、2話と見て、政宗君の卑屈さにちょっと引き気味だったんですが、3話まで見て正解。思い込みと現実のギャップを少しずつ埋めつつ、過去のしがらみを乗り越え、本物のイケメンに成長していく政宗くんの今後に期待したいと思います。

わたしが1話で切ってしまったクズの本懐でも一部重なるテーマを扱っている様ですが、暗いのより明るいお話の方が好きなのでわたしはこっちを選びました。


※:芋虫がさなぎになって蝶に変わるイメージでお読み下され。断じてHENTAIではないッ(笑)

総合得点 90.9 感想・評価 16433 棚に入れた人 46384
★★★★☆ 4.2   物語 : 4.4  作画 : 4.1  声優 : 4.3  音楽 : 4.0  キャラ : 4.3

その目つきの鋭さ故、不良に見られてしまうことを気にしている高須竜児は高校2年に進級し、以前から好意を寄せていた櫛枝実乃梨と同じクラスになることができた。一方で、新しいクラスメイトの間にはびこる「高須は不良」と言う誤解をまた最初から解かなくてはならなくなるのかと憂鬱であったが、「手乗りタイガー」こと逢坂大河との邂逅により意外に早くその誤解は解かれることとなる。
ある放課後、大河は想い人の北村祐作にラブレターを出そうとするがそれを間違って竜児のカバンにいれてしまう。ラブレターを送ったことを知られたと思った大河は、竜児に闇討ちを決行する。その夜のやりとりがきっかけで一人暮らしである大河の家事の面倒も見るようになって大河は竜児の家に入り浸るようになり、お互いがお互いの親友との恋を応援する共同戦線を張るようになる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

 思春期ならではの青臭さはあるけど、展開の盛り上がり方が自然で、こんな青春を送ってみたかったという気持ちが素直に出てきたた。きっと当時は安心して観られたのだと思う……ちょっと前の作品なので自信がないが。


当時の総括
{netabare}さて、総括なんですけど……原作既読者からすれば、描写の足りないところも多々あったのだろうけど、少なくとも主要人物学生五人に限って言えば、そこまで不足ということはなかったかなと。亜美と実乃梨に関してはもう少し欲しいところだったけど、あくまで竜児と大河を描く上ではこれくらいが想像/考察し甲斐があって良いのかも?え?お前考察なんかしてたっけですって?スミマセンスミマセン。怒られる前に謝っておくのが俺のジャスティス。

 そういえば……竜児の目つきが悪くて恐れられてる設定ってどうでも良いのかな?ただ単に刺身のツマなのか?これでスピンオフとかでちょこっと竜児が恐れられてたりしたら楽しい。
 スピンオフといえば、阿澄さん声の子が出てたけど、この子がスピンオフの主人公クラスなんだろうかね。名前まで付いてたから多分そうなんだろう。スピンオフの方も作る気満々なんだろうか。

 まあ……とにかく楽しませてもらいました。最後まで興味を失わずに感想を挙げたのもこの作品くらいだしなぁ。とにかく、ラブコメ作品のアニメ化としては相当なもんじゃないかと思う。

 個人的にさらなる満足を生んだのは……
 ラストシーンの大河がセーラー服ニーソだったことかな。だからどんだけニーソ好きなんだ俺は(ボーダー柄除く)。 


 追記:それにしても良いキスシーンだったなぁ。何よりも爽やかだったし、そして何故だかエロかったし(えー)!……で、その後はどうしたんだろう、まさか最後まで……どうでもいいか。
 とりあえず、こういう物を観ると、俺の惨めな高校時代を呪ってみたくなるから勘弁してくれ。{/netabare}

総合得点 71.6 感想・評価 1491 棚に入れた人 6776
★★★☆☆ 3.9   物語 : 3.8  作画 : 3.9  声優 : 3.8  音楽 : 3.8  キャラ : 3.9

人間とほぼ見た目の変わらない人型アンドロイドが世界中に普及した、ちょっぴり未来の世界。アンドロイド製造メーカーSAI社が開発した「ギフティア」は、とても感情豊かで、今までにない人間らしさを持ったアンドロイド。でも技術的な問題で耐用時間があり、それを経過すると、ちょっと……いや、かなりまずいことになる。そのため、SAI社は耐用限界時間を過ぎたギフティアを安全に回収するためにターミナルサービスを設立。そんなターミナルサービスに配属された新入社員の“水柿ツカサ”は、そこでポンコツギフティアの“アイラ”とコンビを組んで、回収業務を行うこととなるのだが――

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

1話。
今期のオリジナルでは一番の期待作。
寿命の短いレプリカント(アンドロイド)を回収、と言えば映画「ブレードランナー」だけど、こっちはブレランみたいに破壊するんじゃなくギフティア(アンドロイド)を使っている所有者と合意の上に持ち帰る。
回収時にゴネる所有者との諍いの解決がストーリーの軸になるらしい。(追記:1話を見てそう思ったが全然違った、ただのラブコメ)
漫画「イキガミ」にも似ていると思った。
{netabare}1話は回収を嫌がる頑固なおばあちゃんを説得する話だったが、前半の導入で時間がなかったせいで駆け足気味に感じた。泣き顔の作画に注力してたね。
でもこれ見て泣く人はあまりいないんじゃないかなぁ。二話から期待。

アイラちゃんはクールな子かと思ったらまさかのドジっ子とは…。
水瀬いのりが合うようなヒロインだけど、雨宮天でもけっこういけるね。{/netabare}
泣きアニメだけどギャグを入れるタイミングはえ?ここで?と感じた。
それと絵は綺麗だけどアイラちゃんの髪をもっとサラサラさせて欲しかったかな。動画工房頑張れ!

2話。
{netabare}つなぎ回かな。また回収あったけど、さすがに連続で泣かせにはこなかったが…ミチルとフラグ立ったような。
アイラの寿命は残り二千時間、83日くらい。
予想通り話が進むのか、ひと波乱あるのかどうか。{/netabare}

3話。
{netabare}アイラとのデート回。前半はギャグ一色でラブコメしている。
ちょっと綾波レイのパロディっぽかったね。
アイラは老眼ということでもう相当衰えているのだろう。{/netabare}
それにしても…1話があれだけ凄かったのに、ただのアイラ萌えアニメだったとは。
これじゃ夜ノヤッターマンと同じような評価で終わってしまうだろうな。
今期は放課後のプレアデスだけに期待することにしよう…。
あーあ。

志倉千代丸がTwitterで「シュタゲの原作は俺のPCにあるシュタゲフォルダだけだ」と豪語していたが、それは正しかったのだろう。
シュタゲの出来はこの脚本家の功績では、なかった。

4話
{netabare}アンドロイドチルドレン、ワンダラー、闇回収屋と新しい言葉が出てきたけど…最後の闇回収屋のおっさんのせいで起こるトラブルが次回の話なんだろうが…別にワクワクしないなあ。
それよりギフティアが親という新しい関係で泣かせに行ったほうが良かったんじゃない?ぶっちゃけ、あにこれの上位にあるアニメを見てもわかるように、泣かせまくったほうが人気は出るわけだし…このままだと視聴継続する人は減る一方じゃないだろうか。なので!

あと、アイラ何もして無い…
これって最後にアイラとの別れで泣かせるつもりなんだろうけど、アイラが頑張っている姿をたくさん書かないと泣けないじゃん。
{/netabare}
現状、天体のメソッドや夜ノヤッターマンに匹敵する意味不明脚本だな…
オリジナルアニメがこんなのばっかだとアニメがますますダメになるでしょ。なので!

5話
{netabare}どうせすぐに回収して記憶を消してしまうのにアーシャの破壊を嫌がる理屈がわからん…。どうせなら自分たちの手でとかって???
過程はどうあれミチルの父がワンダラーになったのは事実なのにRSを逆恨みしているのも変。そうたが来てたのも無理がありすぎ。
今回でも終わらなかったけど引っ張りすぎのような。しばらく鬱展開なのかな。{/netabare}
なんか首を傾げることが増えてきてしまったな。
つーかブレードランナーにますます似てきたぞ。

6話
{netabare}前回の騒動はさらっと流して、ギャグをちりばめながらアイラ萌え一辺倒な内容に。ツカサのアイラの寿命を知った後のセリフでめっちゃアイラ嬉しそうにしてるのはワロタ。アイラ萌えに絞る、これがこのアニメの既定路線なんだろうね。それを期待してた人はほっとしてるだろうし、一定の支持は得られるだろう。

ノエルがかわいかっただけと言われる天体のメソッドくらいの評価で終わりそうだが…。{/netabare}

7話
もう完全にラブコメに成り果てたな…アイラの黒い部屋着かわいい。
でも割り切って見るにしても、ラブコメとしても出来良くないよね…。MAGESはこれのどこに構想10年かけたんだ…。
{netabare}Cパートでアイラの充電が切れてたけど、それじゃギフティアって何のために飯食ってるんだろう…。てっきり栄養をとれるもんだと思ってた。{/netabare}

8話
OSの入れ替えにまつわる話とエルさん回。
{netabare}アンディの声優はミンゴスかなと思ったが違った。ED歌うだけなのか…それとも最終回にアイラの記憶を残す新技術を開発する牧瀬博士としてサプライズ登場とか(シュタゲとコラボするんかい!)。
そしてツカサがついに告ったが…Cパートで無理ですー!言われて笑ったwラブコメやなー。{/netabare}
前回あたりから作画がヘタって来てるのが残念。祭りのモブが動かなさすぎ…。作画がいいのがウリの作品だと思っていたが。
このアニメって映画「A.I.」にも似てるけどあれと同じオチだったらやだな。

冷静に考えてみると、これってすごいロリコンアニメだよね。(えっ!?今更それを言うかうざっしー?裏切る気か?という声が聞こえた?)
ブラック・ブレットやデモンベインみたいにキスまで行ってしまうのだろうか。
YesロリータNoタッチの精神は守られないのか。

http://www.plastic-memories.jp/special/
公式サイトにショートストーリーがあるのでvol.05まで読んでみた。
一点だけ気になったのが、{netabare}ギフティアは食べ物を食べなくてもよい、アイラは肉を食べないという箇所。髪の色と目の色があれで肉を食べないとなると、これはもう綾…まぁいいけど。
上で挙げた映画A.I.ではアンドロイドは食べ物は食べられないのだが、無理に食べて大変なことになって後で体内を掃除する話があった。ギフティアはどのように処理しているのか気になる。{/netabare}

9話。
{netabare}つなぎ回だね。ミチルが寝てしまったりアイラの寿命を知らなかったりは明らかにおかしいんだが、こういうのはこのアニメはしょっちゅうだし言うのも今更やね。
8話は良かったのでつい期待してしまったが、話は完全に予想通りの展開。
とにかくこのアニメはハードルあげちゃだめだな。終わればすぐに自分の記憶から消え去るアニメなんだという程度にとどめないと。{/netabare}
作画も8話の終わりはすごく良かったけど、今回はアイラの顔がなんか変に感じたカットもあった。

10話。
{netabare}アイラのツカサへの告白はちょっとセリフ長すぎなので絞った方がいいと思ったが…まぁ今回はベタな話だけどそれはいいと思う。
でもカズキが解消させたのになんでアイラにツカサと別れるなと説教するのかが謎。
それと最後にまたギャグで落とすんじゃねえかと思ってひやひやした。
今回は感情を表に出すアイラが多く見られたのは良かったけど。
挿入歌もよかった、雨宮天の歌は一週間フレンズでも上手かったし。
https://www.youtube.com/watch?v=weyjat-1RUA
あと3話?記憶が消えることについてどうケリつけるんだろうね。{/netabare}

11話。
{netabare}ただひたすらツカサとアイラがいちゃいちゃ生活しているだけ…。
ここまでひねりないアニメって今時珍しいのでは。
こういう回を踏まえての、これからの涙の別れってことなんだろうけども。
アイラの黒い部屋着は気に入ってるけど、パンツが簡単に見えてしまうのがけしからんすぎでしょ。スカートはけよ…まるでスト魔女みたいだw{/netabare}

12話。
{netabare}思ったより話が動かなかった…。あっさりした終わりなのかな。
終わりが近づいてきてアイラがよく笑うようになったのはせつないね。
アイラの回収同意書はツカサにサインさせるとか辛すぎるだろ…カズキや課長がすればいいのに。
アイラが囁いている言葉が大切な人とまた巡り会えますように、だったのは最後の伏線なのかな。

つーか12話ではアイラの身体を継続して使うのかどうかという判断をすべきだった。その話を最終回でやったら詰め込みすぎになるだろ。{/netabare}
作画がかなり荒れている。アイラの顔だけは死守しているようだけどそれ以外の人の顔はヤバいなと思うカットがあった。

13話。
{netabare}終活をするアイラ。遊園地デート、観覧車でキス…ここまでは予想通り。そして何のひねりもなくアイラは機能停止して終わり。
問題はCパート。
9か月の研修を終えて戻ったツカサは、OSを入れ替えたアイラ?(不明だが、ここではそう解釈する)とまた行動するようになって、おしまい。

えー…?まぁ、OS入れ替えのアイラと再スタート、というのは予想してたけど、そこをしっかり描いてほしかったんだが…そしたら泣けたと思う。{/netabare}
自分、割とアニメ見て泣く方だって最近思うようになったんだが(SHIROBAKOもCLANNAD ASも泣いた)、この終わりは涙腺ピクリともしなかったな…この方向性でも、もっと泣けるアニメにできたと思うんだが…。

総合得点 88.0 感想・評価 7520 棚に入れた人 29008
★★★★☆ 4.0   物語 : 3.9  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.8  キャラ : 4.1

波乱のない普通の人生を志向する男子高校生・高坂京介は、数年前から中学生の妹・高坂桐乃から挨拶もされずまるで汚物を見るかのように蔑んだ視線を送られるだけの冷え切った関係になっていた。京介自身もまた非凡な才能に溢れる生意気な妹を嫌っており、そんな状態がこれからもずっと続くかに思われていた。ところがある日、京介は自分の家の玄関で、高坂家では自分も含めて誰も見そうに無い魔法少女アニメ『星くず☆うぃっちメルル』のDVDケースが落ちているのを発見する。しかも、そのDVDケースには『メルル』のDVDでなくアダルトゲーム『妹と恋しよっ♪』が入っていた。京介は夕食の卓を囲みながら両親に『メルル』の話題をそれとなく振ってみるが両親、特に警察官である父親はおたくに対する偏見が非常に強く否定的な反応が返って来るのみであった。ただ一人あからさまに不審な反応を返したのは、持ち主としては最もありそうにないと思えた妹の桐乃であった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

※11話+TRUE ROUTE4話の感想です。GOOD ENDは忘却の彼方へ消し去りました(笑)。

妹に無視され、汚物(笑)のような扱いを受ける兄・京介。
それでもカワイイ妹の頼みとあらば、たとえ火の中水の中。
こわーいお父さんに、堂々と啖呵を切っちゃったり……。
エロゲ買う為に、深夜の秋葉原で行列に並んじゃったり……。
どっかの上条さんのごとく熱く説教するところなんて、ウザいったらありません(笑)。

そんな見事なまでに完璧な、シスコンお兄ちゃんとその妹の物語です。

正直、京介の妹へのおせっかい具合はあり得ないレベル。
それだけに、もう少し二人が仲良かった頃のエピソードがほしかったところです。
妹・桐乃の特殊趣味も含め、いまひとつ兄妹にたいして感情移入しにくい作品でした。

ただ、なんだかんだ嬉しそうな桐乃の笑顔を見ていたら、これはこれでアリかな?と(笑)。
最終話の展開も、原作未完ということをふまえればある程度納得。続編の製作に期待です。

オススメ回は7話と9話。
7話は桐乃に萌え。行動自体は「?」ですが、とっても女の子女の子してて可愛かったです。
9話は黒猫に萌え。ジャージ姿はポイント高し。妹たちの可愛さにも萌えの華が乱れ咲きです。

曲もよかった。OP曲『irony』は清涼感満点♪映像も毎回微妙に変わってて楽しかったです。

総合得点 89.6 感想・評価 4006 棚に入れた人 18906
★★★★☆ 4.0   物語 : 4.1  作画 : 3.9  声優 : 4.0  音楽 : 3.9  キャラ : 4.2

旅から旅へ各地を巡り、物を売り歩く行商人として生きるクラフト・ロレンス。
収穫祭に沸くパスロエの村へ行商に訪れたロレンスはその帰り、自らの荷馬車にとんでもないモノが入り込んでいたのを見つけてしまう。パスロエで仕入れた麦束に混じって眠りこけていたのは、獣の耳と尻尾をそよがせる美しい少女だった。
自らを『ヨイツの賢狼』ホロと名乗り、長いことパスロエの麦を豊作にするため手を貸していたと嘯く少女。左前脚だけとは言え狼としての姿まで見せられたロレンスは、ホロの素性を訝りながらも「遙か北の故郷に帰りたい」と願う彼女を旅の道連れとすることになる。
賢狼と行商人の軽妙洒脱な掛け合いに彩られた、彼らの行商模様と道中での様々な事件を描く、「剣も魔法もない」ファンタジー・ストーリー。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

このアニメのキャッチフレーズは「剣も魔法もないファンタジー」という事で、まるで世界名作劇場のような情緒溢れる作品でした。

◆この作品の見どころは・・・
この作品の大きな見どころは主に次の3点です。
・中世ヨーロッパのような世界感
・商人である主人公ロレンスと賢狼ホロの行商の駆け引き
・ホロの可愛らしさ

◆見どころ①中世ヨーロッパの世界感・・・
昼間は草原を荷車で移動し町につくと行商・取引をし、夜になると酒場で酒を飲む。
町の建物や酒場の雰囲気、登場する食材やちょっとした小物まで、中世ヨーロッパの雰囲気がとてもよく描かれていて見ていて冒険心がくすぐられてしまいました。
作中に登場する「林檎や桃の蜂蜜漬け」は実際に食べてみたいと思うし、「樽のようなコップ」でお酒を飲んでみたいものです。
この作品には不思議と物語の中に入って行きたくなるような感覚を覚えてしまいました。

◆見どころ②行商駆け引き・・・
このアニメ最大の面白さは、行商の駆け引きだと私は思います。
商売の取引はうまくいく時もあれば大失敗する時もあります。
少し難しい内容ではありますが、商売の厳しさが顕著に描かれていて、とても見ごたえがありました。
また主人公のロレンス役は「コードギアスのルルーシュを演じた福山潤」なので「コードギアス」を視聴済みの人にとっては駆け引きをする商人役として申し分ないキャスティングではないでしょうか。

◆見どころ③ヒロインのホロについて・・・
このキャラがとても可愛い!
賢狼という風格を備えている半面、おねだりしたりテレたりふてくされたりするしぐさがたまらない魅力。
獣耳とフサフサした尻尾があり、尻尾を振り振り動かしている時は、思わず握ってみたくなる気持ちにさせられました。
それとホロの口調も独特で、江戸時代の頃にあった遊郭の遊女の口調である「花魁言葉」なので、他のアニメのヒロインにはない独特の可愛らしさを感じました。

◆桃の蜂蜜漬け・・・
私、第8話にロレンスが説明した桃の蜂蜜漬けを実際に作ってみました!
おぉ~""ハ(^▽^*)パチパチパチパチ♪
「桃を薄く切って樽の中につめ、いちじくやアーモンドを入れ、たっぷり蜂蜜を流し込み、最後に少量生姜を入れ、二ヶ月ほど漬け込む」
これがロレンスの語るレシピですが、私は単純に甘い桃を味わいたかったので、薄くスライスした桃だけをびっしりとビンに詰め蜂蜜に漬けこみました。
このレビューを書いた2011年7月30日に漬けたので、試食予定は9月30日頃となります。
こうご期待!(☆∇☆) キラッ!!
ちなみに、動画サイトにこの桃の蜂蜜漬けをアップしている方々が結構いたのですが、中には桃缶の桃を使っている人がいて、ついつい笑ってしまいました(笑)。
もともとシロップ漬けの桃にさらに蜂蜜漬けとは・・・。
その人達はきっと時期的に桃が手に入らなかったから桃缶使ったんでしょうけどね(笑)

◆桃の蜂蜜漬け、漬けてから5日後・・・
蜂蜜を吸った桃がかなり薄くなり上部に浮かび、ビンの中では上部に桃、下部に蜂蜜とニ層に分かれてしまいました。
従って、桃をもう1個ビンの中に追加。

◆桃の蜂蜜漬け試食・・・
本日10月5日試食致しました。
桃は傷み易いので、腐敗してるかもと恐る恐る・・・^^;
見た目 : 傷んでいるような黒ずんだ状態はなし。
匂い   : 微妙に酸ずっぱいような気がします^^; 桃の香りはあまりせず、漬けこんだ時の甘い蜂蜜の香りも微妙。
味    : はっきりいっておいしくない。甘すぎます。桃の味が完全に蜂蜜に負け、ただ甘いだけ。のど元にいつまでのキツイ甘さが残るだけ。3切れ食べてもう十分。生姜を入れなかったのが良くなかったのかな?甘さを抑える為に生姜の苦みが必要だったのかも・・・。

◆それから3日後・・・
その後も2~3切れ食べて、後はほっといて3日間経過。
すると・・・Σ(゚д゚;)オオオオオッッッ!?
桃を食べた分ビンの中には空気の隙間が出きますが、その空気に触れている部分から茶色い変色が!!
匂いも強烈な匂い・・・。
捨てちゃいました(゚ー゚;Aアセアセ

総合得点 92.3 感想・評価 11866 棚に入れた人 40026
★★★★☆ 4.3   物語 : 4.3  作画 : 4.3  声優 : 4.3  音楽 : 4.3  キャラ : 4.4

高校3年生の少年 阿良々木暦は、文化祭の準備をしていた5月のある日、3年間ろくに話したことのないクラスメイト・戦場ヶ原ひたぎの秘密を知ってしまう。ひたぎは体育の時間には全く参加せず、病院通いを続けているのだが、実は彼女には体重と呼べるものが殆ど無かったのである。暦は秘密を知った日の放課後、ひたぎから秘密をばらさないようにと執拗な脅しを受けるが、それにもめげず彼女の秘密に対する協力を申し出る。彼女によると、2年前に1匹の不思議な蟹に出会い、重さをそっくり持っていかれたのだと言う。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

★化物語ってすごいですよね(*^▽^*)
私は原作の方は未読なのですが、本作品が原作読まれた方々からも評価されているのは納得出来ちゃ
いました♪
「化物語」の特徴は、その台詞の多さからも分かりますように、とても軽快かつ巧妙で淡白な言い回し
の会話劇によって作り出される独特な世界観ですよね。
これこそ原作者、西尾維新さんの真骨頂と言うべき言葉遊びなのでしょうね♪
そんな個性的な作風である原作を、壊すことなくアニメ化させた要因として「演出」と「BGM」の力が
とっても大きい存在なんじゃないかなぁーって感じました。
 
演出の奇抜さには定評があるシャフトさんですが、今回の作品で強烈なインパクトを与えていたのは
斬新かつ巧妙な「テロップワーク」ではなかったでしょうか♪
視聴者が全てを理解して、読み取れる様な物ではないのですけど、あらゆる角度から迫りくる活字の
インパクトは個性的な言い回しをより個性的な印象にしてたように思えました。
また、活字以外にもシャフト得意のカメラワークや色彩ワークは見事でしたね♪
白・黒・赤・青・黄の原色を前面に押し出した作画はかなり特徴的に感じました。
 
作中に流れる、その場面ごとの雰囲気を盛り上げてくれる「BGM」も個性的だったと思います。
シンプルな音色とリズムを反復させる手法が物語により臨場感を与えていたのでしょうね♪
アニメにおいての大きな要素である物語・演出・作画・音楽がうまくまとまっているから、魅力的な
作品として「化物語」が出来上がってるんだなって感心しちゃいました。
 
■化物語のストーリー構成と一言感想♪
各ヒロイン毎のストーリーを5つに分けて構成されているので、間延びすることなく、分かりやすい
構成になっているので、とっても好感がもてました♪
 
●「ひたぎクラブ篇」
 戦場ヶ原 ひたぎ(senjyogahara hitagi)メインのストーリー
 ひたぎ様ご降臨って感じですね♪とにかく容赦の無いひたぎ様w
 徹底したツンドラっぷりには敬服するしかないですね(>o<")
 「重み」という言葉について考えさせられちゃいました♪
 
●「まよいマイマイ篇」
 八九寺 真宵(hachikuji mayoi)メインのストーリー。
 小学生らしい愛らしさと、わんぱくっぷりが魅力でしたねw
 おぱんつ丸出しでダウンする姿も可愛かったですよ(>_<")
 ありゃりゃ木との絡みは面白かったですよ♪
 
●「するがモンキー篇」
 神原 駿河(kanbaru suruga)メインのストーリー。
 百合系腐女子とは・・・スパッツの秘密とは!?・・・
 ひたぎ様をこよなく愛する妹分って感じでしたね♪
 
●「なでこスネイク篇」
 千石 撫子(sengoku nadeko)メインのストーリー。
 花澤さんらしい可愛らしいキャラですね♪
 しかも、ブルマとか・・・旧旧スク水とか・・・萌え要素たっぷりでしたねw
 
●「つばさキャット篇」
 羽川 翼(hanekawa tsubasa)メインのストーリー
 障り猫となった翼ちゃんも魅力的でしたにゃ~(=^・ω・^)
 最後に影の位置を忠告するシーンは名場面でしたね♪
 
■総評
泣けるほどの感動はないのですが、とにかく観て楽しいし記憶に残る作品っていう印象でした♪
主人公のありゃりゃ木の性格がとっても好感がもてて、唯一嘘を付いたのもひたぎちゃんの為の嘘だ
し、裏表のない素直で真っ直ぐなところがひたぎちゃんにはお似合いだと思いました♪
どのキャラも個性的で好感が持てるのが本作品の良いところでもありますよね。
シリアスあり、感動あり、笑いもシュールで好感良し、テンポもよ~しなので、一度はご覧になって
欲しい作品のひとつですね♪
 
 
■MUSIC
OP曲『staple stable』・・・ひたぎクラブ篇
 歌:戦場ヶ原ひたぎ(斎藤千和)
 軽快でポップなサウンドとドライな口調のひたぎちゃんの心の中を見れたような歌詞なのです♪
 
OP曲『帰り道』・・・まよいマイマイ篇
 歌:八九寺真宵(加藤英美里)
 テクノポップなサウンドが八九寺ちゃんの声にピッタリな可愛いナンバーなのです♪
 
OP曲『ambivalent world』・・・するがモンキー篇
 歌:神原駿河(沢城みゆき)
 沢城みゆきさんの声にピッタリなロックナンバーなのです♪
 
OP曲『恋愛サーキュレーション』・・・なでこスネイク篇
 歌:千石撫子(花澤香菜)
 「ふわふわり~♪ ふわふわる~♪」この曲可愛すぎます! お気に入り確定♪
 花澤さんのファンの人はきっと悶え死ぬ一品ですねw
 
OP曲『sugar sweet nightmare』・・・つばさキャット篇
 歌:羽川翼(堀江由衣)
 バイオリンとギターの協奏がかっこ良いOP曲らしいナンバーです♪
 
ED曲『君の知らない物語』
 歌:ryo(supercell)
 クリエイター集団「supercell」のメジャー初シングルなのです♪
 
2011.07.13・第一の手記
2011.07.14・誤字修正
2011.10.28・第二の手記(追記:■MUSIC)

総合得点 88.7 感想・評価 4681 棚に入れた人 21518
★★★★☆ 4.0   物語 : 4.0  作画 : 3.9  声優 : 4.0  音楽 : 3.7  キャラ : 4.2

「はたらく魔王さま!」は勇者に敗れ、異世界エンテ・イスラから現代日本の東京にやっていき魔王サタンが、日本経済の荒波にもまれながらフリーターとして働く庶民派ファンタジー。
魔王を追って日本にやってきた勇者エミリアもまた、テレアポとして生計を立てている。

魔王と勇者でありながら、額に汗して働く二人が東京で再会することになり――?

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

RPGでは主人公と悪役の立場になっている勇者と魔王ですが
この2人が現代で働いていたら?っていう「もしも」を象徴としたアニメだった
それと主人公は魔王です
ヒロインが勇者です(「まおゆう」とは真逆です)

魔王が「お兄ちゃんだけど愛~」の秋人さんじゃん
アルシエルは善吉か
勇者は澪ちゃんだし 胸BSC
ちーちゃんはユーギリだし 胸EXT
マックの店長さんは「貧乏神が!」の紅葉だし(彼女はパロディ演技、上手でした)

初回 ペコポンへの初陣
{netabare}「アニメ間違えたかな?」っていう感じの戦闘でした(FF並みの、いやそれ以上かも)
そして逃げて日本へワープした件(どうにかJapaneseも習得しました)
日本では魔力出ませんから!
最初っからツッコミ満載だ
アルシエルが普通にカツ丼食ってた件wwwそして綺麗に食べろwww
発音のイントネーションもおかしいwww
アルシエルのポーズを見てると中二病患者だと思ってしまうwww
それとガスで魔力を使っちゃあいけんよ
そして、帰れるのだろうか、この面々...{/netabare}

2話 澪ちゃんはアドリブ上手 「馬鹿!やめろ!オイ!」並みかそれ以上か
{netabare}百均で買ったナイフで襲いかかった澪ちゃん
でも結局警察に世話になってしまったwww(途中で音楽止まったぞ)
テレアポのオペレーターやってんだ
そういえば豆腐屋のラッパも珍しくなったなあ...
勇者の晩飯:ご飯はチンする奴かはともかく、炭水化物多いぞwww太るぞwww
で、魔王城にやってきました
「蹴るよ!いいの!?」「例のアレ出すよ!?」等のアドリブwwwそれと後で泊まりました、財布なくしたから

本来は友と一緒に行こうとしたのだが、ゲートが閉じたため単身で赴くことになったと...そりゃあ精神にくるわな
バイトから正社員になってそこから日本を乗っ取ることは可能なのだろうか(ああ、多分無理だ、プリキュアでいうナイトメアやエターナルとは全く違うから)
「今どきの名前じゃないわね」ってそれは言っちゃアカン...
魔王の生活は一ヶ月一万円生活を思い出すな
それと戦闘と銭湯を勘違いする件
それと同時に群発地震も起こっている模様、何を隠そう雑兵達がやってきそうだ
次はユーギリとデートです、新宿で{/netabare}

3話 デートに付き物と言えば...
{netabare}テレホンセンターから勇者へ宣戦布告
どうやら魔王と勇者を倒しエンテ・イスラを乗っ取りたい輩のようだ。当たり障りのない欲望だこと
(こんな系統、ゲームにあったような
ああそうだ、デイメーンか。奴の欲望は執念が足りなかったな)
「ちょちょ、おっきいわね...」は澪ちゃんのアドリブです(前の回にもあります)
確かに胸があると戦闘の邪魔になると思うが「閃乱カグラ」だと十分に反するし、スカート穿いて戦闘すると気が削がれることってごまんとあるんだよねwwww
女同士なら大丈夫だけど...男がいるとね...お互いに精神力も鍛えないと駄目だよね
アルシエルの「ちょっと待てーーーーーーー!!」でwwwwww
デートにおいてああ、修羅が来てしまった(宿敵と後輩)
豹変したら顔が怖い...(BASARAや輪廻のラグランジェを思い出すな)

だが、それを遮るように地震が襲いかかった
そして、魔王は一時的に覚醒した(見た目がトリコでした)
よし脱出だ
澪ちゃん「何故、人を助けるの!?」
勇者は昔のゲームみたいに感情が一定だった。じゃあ感情を増やしたらどうなるのだろう。何が生まれるのだろう{/netabare}

4話 揺らぐ勇者の心
{netabare}勇者澪ちゃんの系譜はドラクエⅣと似ているのだろうか(やってないから分からん)
そして、阪神淡路大震災のオマージュも...(当時俺は物心ありませんでした)
同僚の過去で揺らぐ勇者の心...
反面、魔王側のアルシエルはダメだ...使えん
何気にデュラハン号(自転車)が直ってたwww

でも、魔王が奪ったものは変わりないんだ
親も土地も世界も...勇者は異常なまでの敵意を持っていたんだ
他のRPGの主人公もそんな心情を持ってたのだろうか...

っていいシーンなのにユーギリが...で逃げたwww
大家さんがいろいろと知ってる!?まかさ...
そしてゲートから勇者の友達が来ました(もう少しかかりそう)
同時に悪魔大元帥ルシフェル(明久君)も圧参した
さあ、暴れるぜ!{/netabare}

5話 first party これは映画でなく現実です
{netabare}勇者の仲間だったオルバもルシフェルについていたとはな...ha!笑わせてくれる
最初らへんは本気(血ブシャーは無かったけど)
戦闘の合間合間にギャグを挟むのも楽しいねえ!
空中機動はやっぱ楽しすぎる(オラオラオラの部分もあったし)
そうか、人の絶望(欲望を出さなくする)があれば魔王は元に戻るのだな(故にエネルギーの一つとしても言い切れる、別世界のバッドエナジーだろう)
澪ちゃんは覚醒で髪変わってたし
中二病の変身台詞をCM前とCM明けで2回、お疲れですwww善吉はマントを取りに帰ってたしwww
凄まじい刹那で0距離からのトドメはスターライトブレイカー(鉄拳制裁)でしたwww
戦闘後、皆来ました(ユーギリにも正体を明かしました)
でも、魔王は帰らねえ、そんだけです{/netabare}

6話 魔力回収の旅
{netabare}最初っから焼肉って贅沢な...
困ったときは勇者澪ちゃんに電話ってwwwwwww
そうかあのハゲは捕まったのかwww
で、大家さんからの水着写真...「止めろ!サーティーン、それはあまりにも危険すぎる!!」
ちーちゃんのダチ=かなりの妄想癖、故に腐ってます
ちーちゃんの高校の旧校舎へやってきた御一行(剣出して人体模型を斬るな澪ちゃん...「よし!」じゃねーよ!!)
開かずの間でルシフェル(神にーさま)からの電話
「そこにPSP落ちてたろ?持って帰ってきて~」
よし、帰って殴ろうか(斬ろうか)www
最後に早苗も来ました(ゲートから){/netabare}

7話 鈴乃の推参
{netabare}いきなり鈴乃(エルシィ)が来ました
ホーリビタンβ=リポビタンDじゃんw
アルシエルは夏バテの模様
勇者澪ちゃん、貴女は完全にストーカーですwwwww
魔王はマックの店長代理になりました888
でも澪ちゃん、階段でまーた転んでるし(罠?を学習していない素人ゲーマーじゃあるまいしwww)

手作り弁当
上:おせち 下:♥を模った飯
アッーーーーーーーーーーーーーー!!

勇者サイド
コンビニ強盗なのに魔法使ってきやがった。オマケに魔力封印付きかよ!?
アニキ!次、深夜恒例の「アレ」ですぜ!!
ならぬ!ゴールデンで「アレ」はなりませぬぞ!!
そうです、修羅が訪れます{/netabare}

8話 帰ってきた...
{netabare}ユーギリの顔芸から、ああ修羅は始まるんだ...
早苗ぇ...料理ではできるな...
饂飩の段ボールで寝ていたのか、神にーさま...
秋人「なら、うちの店に来れば」⇒カッ!×4(修羅だ...)
駄目だ...こっちの秋人さんも恋に無頓着すぎる...
すぐに告白したユーギリはえらい子です!
反面勇者はやっと早苗がエンテイスラから来たことを理解
そして言い争いに...またか...
でも言い争いはなく、新宿へ。そこでお願いが
エルシィ「私と協力して魔王を倒してほしい」
澪ちゃん「断る」
でいいのか?
向かいにできたケンタッキーの店長が宣戦布告
調査のためにアルシエルを使うのかwww
負けたらグリーンランド行きってwww
次も修羅は続きます{/netabare}

9話 ライバル会社の調査
{netabare}同僚も関わってきやがった
ケンタッキーに対抗するためにアルシエルは調査(現金を犠牲は当たり前)
そうかルシフェルはパンチンググローブ替わりかwww
七夕ということで笹を飾ったら客が来たぞ!?
(「まーた魔力使ったんでしょ」な2人w)
ボランティアをする魔王か...威厳が無くなったな...{/netabare}

10話 戦闘以外の神回 胸EXTは罪か?
{netabare}ふしまえん...?ああ、としまえんか
富士急ハイランドか芝政ワールドの方を思い出したな
アルシエルは下痢で欠席w

別支店の店長さんがお市さんだと!?
ああ、ちーちゃん...貴女の胸はどこまでEXT過ぎるんだ
バイーンバイーンだし...何だこの悪意ある編集wwwwwwwグレモリーさんにしか見えねえwwwww
beatmaniaやGITADORAだったら人間が対応できる域を超える...
反面勇者澪ちゃんは...ああ、BSC過ぎる...両備の変身前と一致...目を死なせるな(bad end空間に入ってらあwww)
バーガーで分かりやすくしやがってwwwww

「クッソォ...」も澪ちゃんのアドリブですwww
これが深夜で俗にいう「胸囲の格差社会」です
おい早苗!!それは海女さんじゃねーか!!「さー仕事仕事」wwww
じぇじぇじぇ!?とツッコもうwwwww
駄目だあ魔王さん、秋人さんと同じく鈍感すぎるwww
何で「似合ってるよ」って言わないんだ?
ちーちゃん、貴女も目ぇ死なせないで...(結局bad end空間入りじゃんwww)

お化け屋敷+日笠さん=澪ちゃんだったらまた白化する...富士急のお化け屋敷を思い出したな、あのホテルは母がかつて泊まっていました
蜥蜴のスケールが全然ちげーよ!(庶民と勇者で)
そしてフラグの建設ラッシュラッシュ
でも魔王が鰐に魔力を使ってしまってまーた振り出しに
最後、ケンタッキーの店長...アンタまかさ...もう一回暴れないとな!{/netabare}

11話 パーリィ前夜 ちーちゃんの怒りと涙
{netabare}アルシエルは腹痛で病院送り(あのハゲもいたぞ)
ルシフェルの扱いひでえ...(明久君も同じだったからお相子で)
別れたら記憶と痕跡を抹消するということはちーちゃんの記憶も...
でもそうさせたくはないのは同じ気持ちだ
鈴乃は魔王を殺せるか?エンテイスラでは悪行をやってたあの魔王は地球に来ていい人になってしまった
何かしらの策を持っているかもしれないかも分からない相手を殺せるか?
話が終わった後、襲いかかったのはケンタッキーの店長!
奴は天使だった
ちーちゃんはまた眠らされた(前と同じ)
さあ、最後のパーリィを都庁でやろうぜ!!{/netabare}

12話 final Party
Are you ready? Here we go!!
魔王、魔王はなあ!ここに健在なのだあ!!
{netabare}サリエルを異常なまでに変態扱いしちゃあキレるわ!例え天使でもwww
だってゲス以上に、痴漢、変質者、根性曲がり、覗きクソ野郎、下着ドロボーとか言うんだもんwwwwwww

真の変態はSAOの...(奴の欲望は殺意以上の何かが湧いてくる、もう見る価値無い。『満たされた欲望』って存在するのか?)

奴は澪ちゃんから聖剣を取り戻し、エンテイスラに持ち帰りたかった。同時にちーちゃんも研究したかっただけだ
奴はやはりEXT好みでしたwww
オマケに武器はサーシャと同じじゃん
助けるのは当たり前だがあくまでちーちゃんはヒロイン扱いではなく、部下としてだ!⇒デスヨネーwww
どうしてヒロイン扱いじゃないんだろう...泣

オルバがサリエルの力を増強していたが、同時に人間から欲望が無くなったことで無事に魔王は変身完了!
ハゲはニート(SNEP)が昇竜拳で片付けました(例え働かなくても輝けるんです)
ちょ...ちーちゃんが殴ったあ!?(それは質量がある幻影だ)
っつーかパンツ一丁で戦う魔王ってwwwwwww
じゃあな...デッキブラシ(聖剣)からの雷刃封殺爆滅剣ーー!!
はー終わった終わった。じゃあ街直して帰ろうか!
そしてアルシエルは援護射撃遅せえ...ファンネルの代わりにもならねえ...だからマントいらないから!!{/netabare}

13話 2人は当たり障りのない日常を過ごす
{netabare}いきなりちーちゃんの夢落ち...でも別れるのかな...
勇者澪ちゃんも別の夢を見ました(魔王が笹塚乗っ取って次にグリーンランドを乗っ取ろうとする夢www)
変態天使はエンテイスラに返した模様
と思いきや冷凍庫から帰ってきやがった...オマケに両奈みたいなマゾになりやがった...つまり無力化だwww
あれ?ハーレムっちゅう地獄が構築されてらあ
魔王城に大量の荷物が、あれなんだ?
どうやら発信機の代金を払うために工事現場のバイトをしてた魔王
詐欺に引っかかったニート...ああ、また出費か...
直談判に行った矢先にアルシエル!?なんでここに?
アンタ元々悪魔大元帥だろ?どうして騙されるんだ!?
契約した人が未成年、よしクーリングオフ使え!
魔王「俺の勝ちだ!」
最後はカツドゥーンで締めでしたwww
じゃなくて最初の傘のやり取りでした。これで借りができてしまったな...{/netabare}

これ2期確定っしょ!!無かったらおかしいし
巨人もいいけどこっちの方が本気で楽しかったわwww
今は漫画版のアラス・ラムス編を見ています

総合得点 85.2 感想・評価 2924 棚に入れた人 15509
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.8  作画 : 3.6  声優 : 4.0  音楽 : 3.6  キャラ : 3.9

平凡な高校生・平賀才人はある日突然、異世界ハルケギニアに召喚されてしまう。彼をこの世界に召喚したのは、トリステイン魔法学院の生徒でありながら魔法の才能がまるで無い「ゼロのルイズ」こと、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールだった。失敗とはいえ、召喚の儀式によって呼び出された才人は、「使い魔」としてルイズと契約のキスを交わす。すると、才人の左手には使い魔の証である契約のルーンが浮かび上がった。こうして、ルイズと「犬」扱いされる才人との奇妙な同居生活と冒険が始まった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

バトルあり、笑いあり、感動あり、至れり尽くせり!
【物語】
現実世界から主人公サイトがゼロの使い魔として召喚され、
そこから物語は展開していきます。
世界観などがちゃんと構築されており、
かつ政治など変なところが難しくなく、
見ていて考えなくても理解することが出来ます。
呪文などちょっと痛いところはあるんですが、
そこは気にしない気にしない
【声優】
完璧ですね。
釘宮はもちろんのこと、サイトの声も良い!
他のキャラもその声優しかありえない!というくらいマッチング、
ゼロの使い魔見るまでは釘宮病じゃなかったんですが、
今回めでたく患いましtくぎゅううううううう
【キャラ】
うざいキャラがいないのが素晴らしい
途中うざいなと思っても絶対スッキリする展開になるんです。
視聴者の気持ちをわかってくれているというか、
見ていてこんなにストレスにならないアニメはこれぐらいかと(笑)
【作画】
1期~3期までは大体同じ感じですね。
良くも悪くも泣く普通の作画でしょうか、
最後のFになった途端作画がいきなり向上します。
まぁ年が結構経ってるので当たり前ですが、
キャラ崩壊とかまったくしてなくて違和感なく、
より美しいゼロの使い魔を見ることが出来ました。
ぜひFにまで見てほしいものです。
【音楽】
OP素晴らしいですね。
1期からFまですべて神曲だと思いましたよ。
EDですが、F見終わるまでなんじゃこりゃって感じだったんですが、
釘宮病を患ってからだと神曲に感じます。(歌が釘宮さん)
【総評】
ん~とにかく悪いところがない、
ただのハーレムアニメではないですね。
ストーリーがちゃんとしているので、
見ていて飽きることがないですし、
普通のアニメでは「いけ!いけ!」ってところで止められるんですが、
ゼロの使い魔ではそこでいっちゃうんですよ。
{netabare}例えばキスシーンとか、普通のアニメならくっつく手前辺りで邪魔が入るんですが、ルイズとサイトの場合しちゃうんですよ。そこら辺がにやにy(ry そこら辺が魅力ですかね。{/netabare}
とにかくこれを見たのなら見るべし!
あなたも皆既日食が待ち遠しくなるかも?

総合得点 80.4 感想・評価 2332 棚に入れた人 13471
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.7  作画 : 3.8  声優 : 3.8  音楽 : 3.7  キャラ : 4.0

原作:三雲岳斗(電撃文庫/アスキー・メティアワークス刊)、原作イラスト:マニャ子 監督:山本秀世 チーフディレクター:佐野隆雄、シリーズ構成:吉野弘幸、キャラクターデザイン:佐野恵一、美術監督:渡辺三千恵、背景スタジオ:GREEN、色彩設計:伹野ゆきこ、3DCGIスタジオ:IKIF+、撮影監督:廣岡岳、撮影スタジオ:アステリズム、編集:坪根健太郎、編集スタジオ:REAL-T、音響監督:明田川仁、音響制作:マジックカプセル

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

原作:ラノベ 未読

全24話

ジャンル:学園恋愛ハーレムバトルファンタジー


感想

最初の印象は、「カンピオーネ!」に似てるな~でした。
ハーレムだし
ラッキースケベあるし
キスして強くなる こっちは血を吸う
召喚する

ただ、自分的にはこちの方が好み

話がちょっと難しいけど、しっかりしてて面白い
キャラデザが綺麗で可愛い

ただ、主人公の暁 古城が、なんでああも好かれるのか?その描写が薄くて残念。
メインヒロイン姫柊雪菜が、とても中3には見えない。(しっかりしてるしスタイルいいし)

それでも、そんな些細な事はどうでもいいと感じさせる魅力があるよね

出てくるヒロイン、みんな美人でハイスペック!
主に古城に気がある雪菜、藍羽浅葱、煌坂紗矢華の3人は、皆ツンデレというw ^^
ツンデレ好きには堪らないんじゃないかな?

特に、雪菜はしょっちゅう古城にヤキモチを焼くんだけど、その姿はホント可愛いよね


原作がまだ続いていいるので、話途中で終わっているんだけど、なかなか綺麗に切のいい所で終わっています。

自分的には、その後が気になるので2期を希望したいですね!


OP:「ストライク・ザ・ブラッド」歌 - 岸田教団&THE明星ロケッツ
OP:「Fight 4 Real」歌 - ALTIMA

ED:「Strike my soul」歌 - 井口裕香
ED:「signal」歌 - 分島花音

4曲ともレンタルして聴いてます^^
特にEDの「signal」はお気に入りw

総合得点 89.1 感想・評価 6812 棚に入れた人 27618
★★★★☆ 4.1   物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.1  音楽 : 4.0  キャラ : 4.2

「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」入学式後の自己紹介で、このぶっ飛んだ発言をした県立北高校の1年生「涼宮ハルヒ」。成績も運動神経も容姿も優れているのに、傲岸不遜な態度と中学以来の奇人ぶりから、クラスで浮きまくる。その上、普通のクラスメイトをつまらないと拒絶し、ますます孤立していた。そこで、ハルヒの前の席に座るクラスメートの「キョン」が話しかけたことをきっかけに、SOS団(世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団)に加入させられてしまうのだった…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

一大旋風を巻き起こした話題作ではありますが、
個人的にはシナリオは可もなく不可もなくと言ったところ。
内容だけを考えれば、ごく普通のアニメだと思います。

ただ、声優陣は超豪華!
アニメーションも綺麗だし、作中のバンドのシーンではハルヒの歌う表情など、まさに神!!!
シナリオを除いた部分においては、この上ない完成度であると思います!

そのため、【ハルヒ】が凄いと言うよりも【京アニ】の凄さが目立った作品と言えるのではないでしょうか?
もっとも、全てを統合してアニメの良し悪しは決まりますので、京アニと出会えたハルヒは良作と言える作品なのでしょう☆★

総合得点 90.4 感想・評価 9402 棚に入れた人 35280
★★★★☆ 4.2   物語 : 4.1  作画 : 4.2  声優 : 4.1  音楽 : 4.2  キャラ : 4.3

総人口230万人、東京都西部のほとんどを占める巨大都市。その人口の約八割が学生ということから、「学園都市」と呼ばれるその都市では超能力の開発が行われているんですの。学生たちが能力の強さに応じてレベル0~レベル5にランク付けされるこの都市で、7人しかいないレベル5の第3位に位置する能力者、御坂美琴お姉さまが本作の主人公となる。この物語は、彼女が通うお嬢様学校、常盤台中学校とそれを取り巻く仲間たちの平和で平凡でちょっと変わった能力者の日常を描く物語ですの。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

『とある魔術の禁書目録』のスピンオフ作品。

2クールやるには原作ストックが足りない点を心配していましたが、いい方に裏切られました。
中盤以降のオリジナルストーリーによる多少の中弛みこそあったものの、
バトルもドラマ部分も萌えもコメディも全てがバランスよく構成されていて、
全体的に「観やすく分かりやすいアニメ」に仕上がっていると感じました。

そしてこの作品が成功した一番の要因は、話数に余裕があった分、
メインキャラ4人の心情をより細かく描くことができたことにあると思います。
監督がキャラの心理描写の表現に定評のある長井さんだったところも大きかったですね。

ちなみに主人公の美琴は中学二年生。
他の3人にいたってはまだ中学一年生だったりします。
まだまだ精神的に不安定で弱い彼女達が助け合い、
お互いの足りないところを埋め合いながら成長していく・・・。
そういった部分が最終話に向けてテンポよく展開されていきます。
その結果、ラストはスカッと爽やかな気持ちになれる終わり方でした。

そしてもう一つの成功の秘訣は音楽でしょう。
全ての楽曲が高クオリティですが、個人的には「Dear My Friend -まだ見ぬ未来へ-」が一番好きです。
この作品のテーマをそのまま表現したような歌詞が特徴的な、とっても素敵なED曲です。

総合得点 85.0 感想・評価 3184 棚に入れた人 15109
★★★★☆ 4.0   物語 : 3.6  作画 : 4.0  声優 : 4.1  音楽 : 3.9  キャラ : 4.1

「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」
入学式後の自己紹介で、このぶっ飛んだ発言をした県立北高校の1年生「涼宮ハルヒ」。成績も運動神経も容姿も優れているのに、傲岸不遜な態度と中学以来の奇人ぶりから、クラスで浮きまくる。その上、普通のクラスメイトをつまらないと拒絶し、ますます孤立していた。
そこで、ハルヒの前の席に座るクラスメートの「キョン」が話しかけたことをきっかけに、SOS団(世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団)に加入させられてしまうのだった…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

2期といえばまず忘れられないのがエンドレスエイトですねw
私はリアルタイムで見てましたから本当に辛かったです。

ここからは自分の1~8話目までの感想を書いてみたいと思います♪

ーエンドレスエイトー(原作はこの頃はまだ見ていない)
1話目
普通に終わった。まぁ、普通の話だわなぁ。


2話目
あれ?また同じの? (・_・)...ン?
いや違う終わり方が違った。
なんだあの中途半端な終わり方は? 来週もやるのかな?


3話目
なんか皆の服や描写、キョンの台詞が若干変わっているだけ。 
終わり方が前回と一緒ww なんなんだこれは??


4話目
おいおい、また同じのかよぉー。(`ε´)
なんなんだよエンドレスエイトって?
待てよ、もしやエイトってことは8回同じ事繰り返す気か!??(ここで漸く気が付きました。遅いですねww)

見るの止めようかなー。


5話目
見る前:一応見てみよう。なんか変わっているかもしれないしなぁ。

見た後:結局前回と同じ!?? 描写も全然変わってない(T△T)

とりあえず、8回やることは決定事項だな。
ということで、8話目だけ見ればいいか♪
見るだけで疲労が溜まってくるし・・・。(;-_-) =3 フゥ


6話目
結局、何も変わらず、進展なし。
なんで見ているんだろ俺・・・。
4話目で止めようかな?とか言ってた気がするのに・・・。

キョン「そう、それでハルヒはこんな事を言い出すんだ。『この二人があたしの団員よ。何でも言うこと聞くから、何でも言っちゃいなさい!』 んまぁ、よくあることさデジャブなんて。」
っていうキョンの台詞の方をこっちは覚えた。
デジャブはこっちのセリフどぁー!!!!
(`Д´)/ アァァァァーーー!!!!


んでもって、はい7話目♪
うだうだ言っておいて、結局ここまで見てしまった・・・。
俺ってアホなのかなぁ?

もう、自分でアフレコできる気がするヨ。
それだけ台詞をかなり覚えたw

ここまできたのに、なんかもうこれ見るの疲れてきた。
まぁ、次で最後だから是が非でも見るけど・・・。

そして、エイト超えたらどうしようと思う自分www


そして8話目
見る前:これで最後のはずだよな。
まさかのエイト越えだったら、きっと発狂するだろうなぁww

見た後:終わったぁぁ~!!! ヽ(▽ ̄ )ノ/(_△_)ヽ(  ̄▽)ノ♪
なんかものすごい達成感! とてもとてもほっとした♪
8週分もこれやられてかなり鬱になったけどねw

とりあえず早く別の話が見たい。


以上です。

ちなみに、ハルヒ2期が無事全部終わったあと、しばらくアニメを見なくなりましたww


エンドレスエイトはある意味伝説になりましたね・・・。
いやいや、本当に・・・。
これを全部見た限り、エンドレスエイトは、Ⅰ(12話)とⅦ(18話)そしてⅧ(19話)の3つを見れば十分!!
まぁ、好きな人は全部見てもいいけど。

これはやっぱり、消失の映画製作のためだったのだろうか?


愚痴ばっか言ったけど、エンドレスエイト(ⅠとⅧを除く)以外は面白かったです。特に、笹の葉ラプソディは良く出来てたと思います。

〈最後に〉
2期は問題点がいくつかあったので、もし3期があるなら挽回してほしいです。

総合得点 85.3 感想・評価 2736 棚に入れた人 14735
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.8  作画 : 3.7  声優 : 4.0  音楽 : 3.8  キャラ : 3.9

御崎(みさき)市で平凡な日常を過ごしていた高校生・坂井悠二は、とある一人の少女の出現と共に非日常の世界に巻き込まれた。
その少女、名もなき『炎髪灼眼の討ち手』は、人知れず人を喰らう異世界人『紅世の徒(ぐぜのともがら)』を探し討滅するフレイムへイズの一人。そして、その少女は、悠二にこう告げた。
「おまえはもう【存在】していないのよ」と…。
彼女は、悠二が自覚のないまま死んでいることを告げ、訳あって『紅世の徒』から狙われるようになった悠二を護る事になる。そんな彼女に悠二は、彼女の刀「贄殿遮那(にえとののしゃな)」から「シャナ」という名前をつける。
2人は反発しながらも、少しずつ惹かれ合っていく…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

バトル&ラブコメ要素がバランスよく配合された王道ファンタジー。
出てくる用語・名称といったものが原作未読の方には若干難解に感じるかもしれませんが、
ストーリーや世界観などは比較的単純でわかりやすい内容になっていると思います。

そこに『トーチ』や『ミステス』といった独特な設定による味付けを加えることにより、
この作品を、ただの王道物ではない『灼眼のシャナ』という特別な作品へと昇華させています。

そう、この物語のポイントは主人公である坂井悠二が1話でいきなり死んでしまうということ。
そして、その彼がある偶然により”ミステス”を宿した”トーチ”として存在し続けることにあります。
そのことが悠二にこの世への未練を持たせることとなり、それは彼自身の覚悟の無さへと繋がっていきます。
一方でヒロインであるシャナは、悠二と出会うことにより今までに無い”感情”を抱くようになります。
しかし、彼女はまだその感情の表現方法や伝え方を知りません。
そして時にその感情の出どころに戸惑う彼女の心は、度々悠二の心とすれ違うことになります。

このあたりのお互いの心の揺れ具合の描写が絶妙。
ここにもう一人のヒロインである吉田一美が加わることにより、物語はさらに厚みを増していきます。
バトルに関してはやや不満が残りますが、わたしとしてはこの作品の肝はそういったキャラの
心理的なところにあると思っているので、全体的に十分満足できる出来だと評価しています。

しかし思ったより「うるさいっ!×③」言ってなかった印象です。(2度目の視聴後の感想として)
もう少し頻繁に言ってた気がするんですが・・・。
おそらく『灼眼のシャナたん』の印象が強かったんでしょうね(笑)。
もし時間に余裕のある方は、作中何回このセリフが登場するのか、一度数えてみてください♪

総合得点 83.9 感想・評価 2824 棚に入れた人 13842
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.5  作画 : 3.7  声優 : 3.7  音楽 : 3.6  キャラ : 3.9

なぜかゾンビとなってしまった主人公・相川歩のもとにはアホ毛がトレードマークの元気な《魔装少女》ハルナ、常にプレートアーマーとガントレットを身に着けている銀髪の無口少女《ネクロマンサー》ユー、ナイスバディのポニーテール少女《吸血忍者》セラといった、個性派美少女たちが集まってくる。そして、次々と襲い来る謎のモンスター《メガロ》。そして、歩が追う謎の連続殺人犯とは?

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

SKY

基本的にコメディーです。ストーリーの主旨が前半が戦闘、中盤ラブコメ、後半がシリアスと、ころころ変わって、何がメインなのかよく分からなくなりました。ストーリーの設定もめちゃくちゃです。でも、キャラの個性も強いし、コメディー要素が強いので、普通に楽しめました。特に、12話の最終回はカオスですw


13話(テレビ未放送話)が配信されたので更新


相変わらずバカバカしくて面白かったですw

今回はいくつかの短編で構成されてました。テレビ放送ではないということで変態シーンが増えたとおもいます(決してエロとは言えない)w

タイトルでは最終回と言ってますが、相変わらずキリの悪い終わり方でした。まぁ、これゾンだから仕方ないかと変に納得してしまいましたがw

総合得点 78.4 感想・評価 1972 棚に入れた人 10984
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.4  作画 : 3.7  声優 : 3.7  音楽 : 3.4  キャラ : 3.8

『オオカミさんシリーズ』は、沖田雅による一連のライトノベル作品。アスキー・メディアワークスの電撃文庫より、刊行。2010年にTVアニメ化。相談を解決する代わりに、情報や将来の協力を依頼する「貸し」を作る御伽学園学生相互扶助協会。通称、御伽銀行。ボクシングを学ぶ攻撃タイプの大神涼子と情報タイプの赤井林檎は、御伽銀行に所属する1年生。猟師だった祖父の影響で気配を消すことに慣れすぎて視線恐怖症の森野亮士は涼子にほれていて、ふとしたきっかけで御伽銀行に所属することになる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

基本、ほのぼのとしたアニメ。
見所は、おおかみさんがツンツンであったのが徐々にデレデレデレになっていく過程ですw

最初の方はホントにデレの欠片も無いようなおおかみさん。
それが亮士くんにあってから少しづつツンデレに変わっていきます。
デレになったおおかみさんは実に可愛いです。
しかし、あんな主人公によってあそこまでおおかみさんの性格が変わっていくかは甚だしく疑問ww

あと、おおかみさんと大河(トラどら)が非常によく似てると思うのは私だけですかね~?


おおかみさんといつも一緒にいるりんごさん。
百合でしかもダークサイド(ドS)の持ち主です。
この2人が亮士くんを高頻度でイジリ倒していくため、SMアニメでもありますねww


このアニメの中核となるテーマは、亮士くんのヘタレを改善していくサクセスストーリー&おおかみさんを素直な性格に戻していく(ツンデレからデレデレにしていくww)こと。
1クールしかなかったので、2人の変わり具合は中途半端ですけど、それでも亮士くんは結構男前になり、おおかみさんはツンデレになりましたw
もうちょっと、おおかみさんがデレになるところを見たかったですけど、まぁ第7話でかなり満足できたので・・・。


May'nさんが歌うOPはリズミカルで私は好きです~♪

総合得点 70.1 感想・評価 949 棚に入れた人 5172
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.8  作画 : 3.7  声優 : 3.7  音楽 : 3.9  キャラ : 3.8

雨を降らせる能力を持つ「雨の公国」の第四公女・ニケ・ルメルシエ(ニケ)。彼女は嫌々ながらも国のため、「晴れの大国」の太陽王・リヴィウス一世(リビ)に嫁ぐことに。しかも、即位して3年で世界を征服したと聞いたが、会った相手は、なんとまだ子供であった。さらに、くだらない理由で、雨を降らせろと要求され、反発するニケ。しかし、共に危機を乗り越え信頼を深め、ニケは、自らの意志でリビのそばに残ることを決意する。互いに愛し合い、支え合いながら、共に歩むニケとリビ。やがて、2人は正式な婚約者となり、運命の輪が回り始めるのだった。感動×愛×ファンタジー。太陽と雨が一つに合わさる、光と雨のディスティニーロマンス。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

中世っぽい世界観がいいですね^^
太陽王のもとに嫁ぐことになったニケはこれからどうなるのでしょうか。

いきなりの食い倒れキャラっぷりだったけど大丈夫?(笑)^^

■第2話
{netabare}
2話目からいきなりいい話。
なんかもう最終回みたい(笑)^^
反乱分子どうなったんだろ。
{/netabare}

■第3話
{netabare}
これはホの字になりますわ^^
{/netabare}

■第4話
{netabare}
今週もニケちゃん天使でした^^
次週予告からすでに涙腺が。。。
{/netabare}

■第5話~第12話
{netabare}
ばば様暴走したけど、最後まで良いお話でした^^
前半がものすごく盛り上がってましたね♪
{/netabare}

総合得点 64.1 感想・評価 867 棚に入れた人 4472
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.2  作画 : 4.0  声優 : 3.6  音楽 : 3.5  キャラ : 3.6

人間の脳機能に変異が生じた近未来。

人は幽霊や妖怪の類を認識できるようになり、それらを「ファントム」と呼ぶようになった―――。

ホセア学院の高校1年生、一条晴彦はファントムに対抗しうる特殊能力をもち「五行の氣」で戦う先輩の川神舞、『ファントム・イーター』と呼ばれる能力をもつ和泉玲奈、ファントムと孤独に戦う水無瀬小糸と共に苦しくも楽しい〈煩悩溢れる〉学園生活を送っていた。

そしてある事件をきっかけに彼らはこの世界の真実を知ってしまう―――

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

1話を見て
{netabare}
ウイルスによって人々の脳が変化して、リアルと現実の境が曖昧になって人々が不思議なもの=ファントムとして知覚するようになったという設定のようです。

でもまだ世界観がわかりませんね、、
主人公が起きたとき、なんで世界がデジタルっぽかったんだろう?とか、、
脳が覚醒していないからそう見えたっていうことでしょうか??

1話通して観て、とにかくヒロインのおっぱいを推してくるな〜というのが1番の感想。
そういう系が嫌いな身としては、もう見たくないレベルです、、
多少のエロならいいですけど、今回のはもはや下品じゃないでしょうか(´・_・`)

{/netabare}

3話まで観て
{netabare}
1話感想はつい叩きすぎちゃいました(^_^;)
胸が揺れるのももうそういうものだと割り切って観ることにしましたo(`ω´ )o
それに1話よりちょっと控えめになった気が(*^^*)

OP結構好きです!耳に残りますね(*^_^*)

今のところコメディ路線をいってますね〜
ちょいちょい主人公が雑学入れてくる感じかな?
それ以外は特に感想なしです←

最後までこんな感じで1話完結なのでしょうか?
筋があるならそろそろ本題に入って欲しいです♪
(飽きちゃいそうで←)

{/netabare}


7話まで見て

{netabare}
完全に1話完結型のお話のようですね…
メインヒロインが増えてく等の変化はありますが(*^_^*)

この作品がどういう方に進んでるのかいまいちわからないなあ…
なんだかストーリーの構成が稚拙…?
7話のネコ回はもうすぐ2/22のネコの日だからでしょうか?(笑)

{/netabare}

最後まで見て

最後までまとまりがなく終わってしまいました…
あんまりお勧めしないです。

京アニときいて期待してただけにちょっとがっかりしました。。

総合得点 70.2 感想・評価 886 棚に入れた人 4419
★★★☆☆ 3.9   物語 : 4.0  作画 : 3.7  声優 : 3.8  音楽 : 4.1  キャラ : 3.9

学園祭まであと一月と迫った秋の日の夕暮れ。

崩壊した軽音楽同好会の最後の一人、北原春希は、
放課後の窓際で学園祭のステージを目指してギターを弾いていた。

それは、二年半ずっと真面目に過ごしてきた優等生が、
卒業までの半年間に成し遂げようとした、ささやかな冒険。

けれど、その拙いギターの音色に、
流れるようなピアノの旋律と、鈴が鳴るような歌声が重なったとき……

一人からふたりへ、ふたりから三人へと重なっていった新生軽音楽同好会の、
夢のような、夢であって欲しかった半年間が始まった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

まだ始まってもないのに評価、感想などしようもありません。
当然ながら評価点はただの期待値です。

ただ、この作品は原作だけなら満点をつけます。
無印からファンだった作品の続編を
丸戸史明氏は素晴らしいものに仕上げたと思います。
(もちろん前作「WHITE ALBUM」を知らなくてもまったく問題なく楽しめます。前作との関係はほとんどありません。)

ジャンルを問わずこれまで数々のラブストーリーを見てきましたが、
これ以上のものを探すとなると指を3本折るのは難しいです。

現在人気のドラマ「半沢直樹」がうけているのは恋愛要素を
排除したからだなどと言われてますが、
ラブストーリーは今やもうオワコンなのでしょうか?
僕はそうは思いません。

ストーリー、脚本、演出(等)がしっかりしているものは
恋愛要素云々関係なしにおもしろいんです。

原作がどれだけ素晴らしくても
アニメ化すると・・・なんて例は星の数程ありますが、
丸戸氏が担当するならば☆4つくらいは期待したいです。

エロゲ原作なのがもったいないと心底思います。
そうでなく、この質を保ったままドラマ化していたら
社会現象になっていたでしょうと思いたいくらい
素晴らしい物語でした。

有名どころで言えば「とらドラ!」や「true tears」なんかが
好きな人にはお勧めできると思います。


「視聴後の追記(直接的なネタバレなし)」

{netabare}原作プレイ済の方からすれば描写が不足しているだなんだと色々不満はあるかもしれませんが、
そんな減点法でアニメを観てもおもしろくもなんともないので僕は素直に楽しみました。
そして概ね予想通りの出来でした。

さて、視聴前の上記のレビューでは
「指を3本折るのは難しい」とか「社会現象になっていたでしょう」とか
散々大きなことを言っていますが、
アニメから入った方からすれば、
「別につまらないとは言わないけどただのありきたりな恋愛アニメじゃねーか!」
というお叱りを受けるかもしれません。
それはその通りなのかもしれませんし、僕も強くは否定できないです。
ただしこの時点の話だけで言えばですけどね。
(でもこの時点でも十分いい恋愛アニメだとは思いますよ)

今回の高校生編の話は原作では「introductory chapter」と言われるパートです。
つまりはまだ序章、本当の物語はまだ始まってすらいません。
進捗状況について詳しく語るのはここでは控えますが、
多分「え、まだそれしか進んでないの!?どんだけ長い話なんだよ!」という反応が返ってくると思います。
ドラクエで例えれば鋼の剣を装備するなんてまだ先の話っていうくらいしか進んでいません。
(まぁアニメだとかなり短縮するでしょうけど)
果てしなく長く壮絶なストーリーはまさにここからが本番なのです。
もっともアニメの続編があるかどうかは分かりませんけどねw
もし続編があれば、その時には濃い心情考察レビューを書きたいと思っています。

最後になぜ雪菜がこんなに人気があるのか分からないという方もいると思います。
ただのあざとくてうざい女という印象を持った方もいるのではないでしょうか。
「introductory chapter」では原作組もそういう反応をされてた方が多かったと記憶しています。
(ただ、原作よりはアニメの方が雪菜に同情できるような作りになっていると思います)
雪菜の魅力はこの後のパートで開花します。いや、魅力というよりももはや魔性と言った方がいいでしょう。
でも僕はかずさ派です♪(ぉぃ){/netabare}

総合得点 67.1 感想・評価 788 棚に入れた人 4021
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.8  作画 : 3.8  声優 : 3.9  音楽 : 3.7  キャラ : 3.8

生まれつき赤い林檎のような美しい髪をもつ少女白雪は、生まれ育った国タンバルンの王子ラジにその珍しい髪の色を気に入られ、愛妾の座を用意される。拒否する形で髪を切り国を出た白雪は、辿り着いた隣国クラリネス王国の森でゼンと名乗る少年と出会う。追ってきたラジ王子から彼女を助けてくれたゼンの正体はクラリネス王国の第二王子だった。その後白雪は、クラリネスに居を移し宮廷薬剤師として働きながら、ゼンの味方になるための道を進んでいく。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

見ているこっちが恥ずかしく、そして懐かしくなるような「王子様降臨ものラブストーリー」。だからすごくベタなんだけど…だからなのか、だけどなのか分からないけどすごく安心して見られる一作。

「王子様降臨」というテーマを歴史ものファンタジーの文脈に流し込み、すごく丁寧に作りあげている印象。展開次第では楽しめる作品になるかも?

-----
という期待感通りのラストを迎えた感のあるラストだった。
ある意味、すごく欲張りでストイックなヒロインなんだけど…それを丁寧な設定で受け止めてお話に仕上げた、という印象。
ラスト2話の「ベッタベタなラブラブシーン」は見るこっちが赤面しそうな内容ではあったけど…伏線は張られまくってたし、仕方ないね(苦笑)

総合得点 84.8 感想・評価 6205 棚に入れた人 25524
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.4  作画 : 3.9  声優 : 3.9  音楽 : 3.6  キャラ : 4.0

女性にしか反応しない兵器「インフィニット・ストラトス」(IS)の操縦者を育成するための学校・IS学園。そこでは世界各国から集められた少女たちが候補生としての勉強に日々励んでいる―はずなのだが、男なのになぜかISを起動させることができた織斑一夏は、この学校に強制入学させられてしまう。当然、彼の周囲には女の子ばかり。「世界で唯一ISを使える男」である一夏に、彼女たちは興味津々。幼なじみの篠ノ之箒をはじめとしたクラスメイト(少女限定)に囲まれた、一夏の波瀾万丈のスクールライフが始まる!?

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

初回は、作画良し、アクション良し、声優良しと期待して見ていたのですが。。

あまりにも、内容がうすっぺら過ぎる。
この程度の内容なら、ロボットアニメにする必要すら感じませんでした。

キャラに関しても、それぞれ中途半端な印象で終わりました。
1クールでこんな多人数はやっぱり厳しいでしょう。

ハーレム加減を出したいが為に、登場させたのか、
それとも数打ちゃどれか当たる、みたいな感覚なのでしょうか。この高評価が不思議です。

悪い意味で期待を裏切られました。
ラブコメと割り切って見るべきです!

総合得点 88.1 感想・評価 2533 棚に入れた人 13017
★★★★☆ 4.0   物語 : 4.1  作画 : 4.0  声優 : 4.1  音楽 : 3.8  キャラ : 4.2

旧作からキャラクターデザイン担当と制作会社を変更しつつ、続編として制作された電撃文庫の人気ライトノベル原作アニメ第二弾。ホロの故郷を探すロレンスとの旅は、いつ果てるともなく続く。そんな彼らは道中で若き商人アマーティと出会うが、彼は清楚な修道女の振りをしているホロに一目惚れしてしまい、ロレンスを相手に彼女を身請けするよう持ちかけてきた。そんな折、些細なことで仲違いしてしまったホロとロレンス。あろうことか、ホロはアマーティに知恵を貸しているらしい。楽しかった二人の旅もこの地が終着点になってしまうのか? 原作の長編2作を映像化。アニメシリーズの前作は活劇要素も多彩だったが、今回はより会話劇と商取引の駆け引きに特化した内容となっている。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

前作同様、イチャイチャぶりを見て悶えるアニメです。


エピソードの本筋は商売の話が中心ですが、2エピソードしかなく、ちょっと説明不足というか急ぎ足すぎて頭脳戦の醍醐味が薄かった感じです。
ラストももう少し盛り上がりが欲しかった。
まぁ商売の話もラブラブのための肴なんですが。


それよりも、何よりも、やっぱり特筆すべきはホロの可愛さです。
動きがすっごく可愛い。
耳や尻尾での感情表現がとても丁寧に描かれていて、ちょっとウィットな会話中にも「あ、喜んでる」みたいなのが判ったりして魅力を引き立ててます。

総合得点 85.2 感想・評価 2443 棚に入れた人 12105
★★★☆☆ 3.9   物語 : 3.9  作画 : 3.9  声優 : 3.8  音楽 : 3.8  キャラ : 4.0

聖マルグリット学園の図書館塔の上の上、緑に覆われたその部屋で、妖精のような少女―ヴィクトリカは待っている。自らの退屈を満たしてくれるような、世界の混沌を―。その少女は語るのだ。パイプをくゆらせながら。「混沌の欠片を再構成しよう」そして、たちどころにそのどんな謎をも暴く…いや、〈言語化〉してしまうのだ…という。西欧の小国・ソヴュールに留学した少年・久城一弥。彼はふとしたことから知り合った少女・ヴィクトリカとともに、郊外に住む占い師殺人の謎に挑む。しかし、それはある大きな謎の欠片でしかなかった。囚われの姫と、彼女を護る死に神が、幽霊の現われる呪われた船の謎に挑む。白と黒の物語の幕が今、開きます。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

正直最初はあまり期待していなかったのだがこれがなかなか面白いですね。
音楽面の評価はOPとEDによるところが大きい。特にED。

推理パートが弱いといわれているが、見易さ重視のストーリーであると捉えているので自分はそこまで気にならない。
ただ、「推理ものアニメ」と決め付けて視ている方には少々合わないところがあるのも事実なのかも知れない。

確かにヴィクトリカの可愛らしさが反則なのは認めますが
今のところヴィクトリカ1人だけが目立ちすぎて他のキャラがあまり立ってないところがあるのでキャラクター評価が若干低めになってます。

この作品でヴィクトリカ役の悠木碧さんに対する評価がかなり変わりました。ここでの声優評価に大きく貢献していることを付け加えておきます。

2クールものということでこれからどういう展開や見せ方をしていくのか非常に楽しみな作品です。

総合得点 81.2 感想・評価 2290 棚に入れた人 11853
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.6  作画 : 3.8  声優 : 3.7  音楽 : 3.7  キャラ : 3.8

「ただの探偵じゃない。ニート探偵だ。世界を検索し死者の言葉を見つけ出す」路地裏に吹き溜まるニートたちを統べる“ニート探偵”アリスはそう言った。高校一年の冬に僕と同級生の彩夏を巻き込んだ怪事件、都市を蝕む凶悪ドラッグ“エンジェル・フィックス”―すべての謎は、部屋にひきこもる少女探偵アリスの手によって解体されていく。 「真実はきみの平穏を破壊する可能性がある。それでも知りたいかい?」 僕の答えに、普段は不真面目なニートたちが事件解決へと動き出す! 情けなくておかしくて、ほんの少し切ない青春を描くニートティーン・ストーリー。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

原作既読。ニート探偵団たちがいろいろな事件を解決していくストーリーです。


1話はアニメオリジナルと聞いていたのでいろいろと不安でしたが予想以上に出来が良かったので嬉しかったです。原作読んでない方にはちょっと説明不足かもしれませんが。



ちなみに原作のアリスいわくニートの定義によると労働していても雇用されていなければニートになるので自分んで探偵をしているアリスはニートということになります。



ニートとはいっていますがそれがメインではないのでそこらへんの設定はあんまり気にしなくてもいいかなと思います。



話は結構シリアスです。あと萌えアニメだと思われがちですが男キャラがメインで活躍するので女の人でも楽しめると思います。ほかの方もおっしゃってますがデュラララと少し雰囲気が似てますね~


放送終了したらまた評価し直します。

総合得点 84.5 感想・評価 2279 棚に入れた人 11161
★★★☆☆ 3.9   物語 : 3.9  作画 : 3.8  声優 : 3.9  音楽 : 3.6  キャラ : 4.1

元男子校だった星華高校は未だに男子の数が多く、女子は肩身の狭い思いをしていた。そんな中、初の女性生徒会長になった鮎沢美咲は男子の横暴から女子を守るため日夜戦っていた。男勝りな美咲は男子を圧倒するが、実は彼女には秘密があった。苦しい家計を助けるため、メイド喫茶でアルバイトをしていたのだ。しかしある日、その秘密を学校一のモテ男にして変人・碓氷拓海に知られてしまい…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

■「会長はメイド様!」ってどんなアニメなの?(*'ω'*)
月刊「LaLa」で連載していた少女漫画が原作なんですね♪
共学校になったばかりの星華高校の生徒会長で本作品の主人公の「鮎沢 美咲」ちゃんは、とっても男嫌いな女の子なんですよ♪
さ・ら・に・・・!?
(;`O´)oコラー!.....∑ヾ(;゚□゚)ノギャアアーー!!って風紀を乱す男の子には恐怖の大魔王に大変身なのですw
そんな美咲ちゃんにも、皆にいえない秘密があっのですね!
放課後は『メイド・ラテ』っていうメイド喫茶のメイドさんに大変身しちゃうんですよ♪
 
ある日、秘密のバイトを知られてしまったのですけど、よりによって学校での天敵にして超美男子の変態ストーカー!?「碓氷 拓海」くんだったのですw
そんな2人に降りかかる数々のトラブルやイベントをコメディータッチで描いたラブストーリーなんです!
 
 
■総評
改めて見直したところ、こんなに面白かったっけって思っちゃいました∑('◇'*)エェッ!?
物語の結末を知っているだけに、ジックリと面白さを堪能できた感じですね♪
「会長はメイド様!」の良いところは、シリアスパートとギャグパートでは時間の使い方が明らかに違っていて、とってもメリハリがある分ギャグパートがとっても軽快でテンポの良い笑いに飽きを感じないのです!
しかも、可愛いいデフォルメされたキャラの使い方が絶妙で、思わずニヤニヤさせられちゃいますよ♪
特にデフォルメキャラの中でも大人気だったのが3バカトリオ(A君・B君・C君)だったのです(゚ロ゚;)エェッ!?
漫画6巻までは名前が無くって読者からの多くの要望から名前がついたようですね♪
そんな名無しだった元不良キャラの「白やん」「イッくん」「クロタツ」の3人はσ(^_^)アタシのお気に入りの癒し系キャラになってましたw
 
キャラ設定については、各々ちょっとしたギャップを持たせているのでそんな点からもキャラに深みを与えていたように感じました♪
とにかく個性的なキャラの特性を存分に生かした掛け合いが本作品の最大の魅力だったのではないかなって思っています♪
 
また忘れた頃に見直してみようかなって思わせてくれる魅力をもった作品なのでした(*^o^*)
 
 
2011.04.27・第一の手記
2011.10.25・第二の手記(再視聴により、2行レビューの書き直し)

<< 前へ 123456789
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。