「クズの本懐(TVアニメ動画)」

総合得点
79.6
感想・評価
915
棚に入れた
4587
ランキング
363
★★★★☆ 3.6 (915)
物語
3.5
作画
3.7
声優
3.6
音楽
3.6
キャラ
3.5
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

クズの本懐の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

たかひろ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

伊藤誠のカベは超えられなかった

原作未読

登場人物の殆どがサルだから観る事が苦痛になり一度途中で断念した。しかし、ある時自分の中にある本能が再びこの作品を掘り起こしてくれて再度試聴した。

視聴後の感想は、正直に面白かった。結末は〇〇エンドだけど、序盤から中盤に掛けてのクセの強さが最終話でサッパリしていて納得の結末だった。

個人的にこの物語の悪の根源であるキャラがいましたが、終盤に伊藤誠を超えるのかと少々期待はしていましたが、クズにクズを重ねた結果今までに感じた事の無い感情が芽生えてしまって愛しく思えてきました。

投稿 : 2020/09/01
閲覧 : 60
サンキュー:

2

ネタバレ

きゅう さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

私たちは まっすぐに、歪んでいく。

【観了】

2017冬1月~

【歌】

​OP
嘘の火花:96猫
ED
平行線:さユり

【メモ】

1/12(木曜深夜)@0:55-1:25
1/11,0:00-Amazon先行配信

キャスト
{netabare}
安楽岡 花火:安済知佳
粟屋 麦:島﨑信長
鐘井 鳴海:野島健児
皆川 茜:豊崎愛生
絵鳩 早苗:戸松遥
鴎端 のり子:井澤詩織
{/netabare}

原作読中、メンゴ先生すき…!
アニメ化&実写ドラマ化おめでとうございます、
という気持ち!!(実写残念観あるけど)


{netabare}
みはじめて、どんな感じか分かって
あ~~~~~クズだな~~~って安心した。
共感はできないけどね(笑)
麦よいな~~信長くんに決定したときは
びっくりしたけど(役的に萌えるので)
麦っぽさわかる!!!!でした。
あ~~~~~えっちゃん~~~~
えっちゃん~~~んんん~~~
(戸松遥すき)
全員片想いで全員関係を持ってしまう
っていう普通じゃない感じ、すき
(やっぱり共感はできないけど)
たまに百合すきだわ~ってなるわたしは
えっちゃん×花火が1番かもしれないな
この先の展開がわかってたからだろうけど。
最後までえっちゃんだいすきマンだった、
髪切ったのもかわいかった、ごちそうさまでした!
実写ドラマもそのうちみよう~~
(キャストはずれ多すぎ問題)
{/netabare}

投稿 : 2020/08/27
閲覧 : 218
サンキュー:

6

ネタバレ

ato00 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ディープなクズのストーリー

「クズ」という衝撃的なフレーズ。
それと、ヒロインの憂いを含んだ可愛い表情にそそられ視聴しました。

この物語、想い人に想いが届かない高校生が仮の恋人関係を持つことで始まります。
その過程で、悩み苦しみ、他人を傷つけ、自己を嫌悪する。
激しく静かに息苦しい、そんな感覚の作品です。

一言で言うと、シリアスラブストーリー。
いや、そんな言葉で表せないようなズブズブの人間関係です。
とくに、登場人物の内の声が怖い。
心の奥底の闇が如実に表現されます。
それを聞いていると、結構精神がやられます。
だから、中盤くらいに視聴が嫌になりした。
{netabare}それでも我慢強く観ていくと・・・{/netabare}

腐った人間のことを、クズといいます。
でも、誰しも多かれ少なかれクズの部分は持っているものです。
自己保身や承認欲求、はたまた簡単に説明できない欲情まで。
そんな本能的なものを経験により組み伏せ、人は成長するんでしょう。

なにげに感じたのは、男女の性差。
男の方が概して単純で可愛い。
一方、女の方は繊細で複雑で純粋。
まあ、そういう風に出来ているとしか言いようがありませんが。

本編とエンディング曲「平行線」のつなぎにセンスがあります。
余韻がジワっと体の奥を満たしていくような感じです。
平行線、男女の関係として言い得て妙。
そして、惹かれ合う力によって結局は交わっていくものなんでしょう。

投稿 : 2020/08/16
閲覧 : 84
サンキュー:

13

ネタバレ

もんちろー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

こじらせてる、全員。

付き合っている高校生男女。
だけど、お互いが先生を好きで、報われない恋を補うために付き合っている。

ヒロインは幼馴染の男の先生(お兄ちゃん)が好きで、ヒロインの仮の彼氏は昔家庭教師だった女の先生が好きで、ヒロインの女友達はヒロインが好きで、仮の彼氏の幼馴染は仮の彼氏が好きで、男の先生と女の先生(女がいる男を取るのが好きなやつ)はお互い惹かれあっているという複雑な関係。

タイトル通りクズばっか。
みんなこじらせてる。
性的描写も多いけど、考えさせられるアニメだった。

投稿 : 2020/06/25
閲覧 : 122
サンキュー:

1

ネタバレ

Takaさん さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

どの辺がクズなのかな?

主人公が、ビッチー先生だったら、分からないでもない終わり方だったと思う。
浄化エンドって意味で。

投稿 : 2020/06/14
閲覧 : 146
サンキュー:

1

ローズ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

おもいオモイ重い思い想い

幼い頃に鐘井鳴海を兄と慕っていた安楽岡花火。
昔、家庭教師をしてもらった皆川茜の事が好きな粟屋麦。
花火と麦は条件付きで恋人となった。

友達以上恋人未満。
都合のいい関係です。
恋に憧れる思春期。
叶わない初恋だったら尚更です。
花火は鳴海に、麦は茜に恋をしていまいた。
好きになる事に対して理由はいらない。
つまり、感情なんて自分自身でコントロールできるものではありません。

作中では男女の肉体関係が表現されていました。
相手を欲する寂しさ、自分の価値を高めたいなどなど……
理由は、いくつもあります。
一番単純なのは、性的欲求を解消するため。
まだまだ経験値の少ない若者達。
愛って難しいです。

結局は幸せになれるかどうか。
これは相手を見極める必要があります。
結婚は一種の契約です。
離婚という手段もありますが、それは最終兵器。
簡単に使えるものではありません。
・相手と添い遂げられるかどうか。
・一緒にいて楽しいかどうか。
・自分は幸せになれるかどうか、などなど……
色々な事を考え抜いた結果です。
一生、艱難辛苦を乗り越える心構えがないと無理でしょう。

個人的には生徒と先生の関係は無しかなぁ。
まだまだ半人前の学生たち。
若さはありますが、煩悩の塊。
恋愛対象になりません。
年上の異性に憧れる事は理解できます。
お金がある、落ち着く、頼りがいがある、などなど……
背伸びをして大人になりたい学生時分。
交際する相手が大人だったら、多少のワガママを聞いてもらえますから。

花火と麦は契約をしました。
その約束を守る事ができたのか。
ED曲『平行線』
永遠に交わらないです。
平行線以外(直線)の2線だったら、一度、交わりますが、その後は遠ざかります。
花火と麦の関係。
かなりリアルに感じます。

本作品は誰に感情移入するかで評価は変わるでしょう。
男性だったら麦や鳴海、女性だったら花火や茜かなぁ……
エロエロ……ではなく、色々と人物の感情の揺れを楽しみましょう。
心情の揺れ。
大きな出来事がなければ、心は揺れません。
作中人物に感情移入して、心の揺れを疑似体験。
中々、得難い経験です。
きっと、大切な人を想いやる、貴重な経験が得られますよ。

投稿 : 2020/05/29
閲覧 : 148
サンキュー:

18

akasa79 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

百合+ショートカットはいいな

稀に見る良作。そこそこ有名なだけある。ただ男いなかったらもっと良かった。

投稿 : 2020/05/24
閲覧 : 99
サンキュー:

0

ネタバレ

tomledoru さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

内心の葛藤がよく描かれています

エロスと言う点では何でもありという設定で刺激が強いのですが、主人公の女子生徒の心情の変化や内心の葛藤や寂しさがよく表れていて大変にそういう点では共感できる点も多かった作品です。

私はこういう刺激には割と耐性があるので平気ですが、生理的に受け付けない人もいるのかもしれません。

最後のうやむやがどうも気になって終わり方はあんまり好きではありませんが、人生は悩みが続くものだと思わされました。

投稿 : 2020/05/08
閲覧 : 132
サンキュー:

7

よし さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

なるほどなるほど。

一応全部見たが、個人的には好かなかった。
これは好き嫌い分かれる作品だと思う。

投稿 : 2020/04/28
閲覧 : 221
サンキュー:

1

さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

先入観

クズの本懐をエロアニメとして捉えていて毛嫌いしている人は私の周りにも少なくない。一度そういった先入観をすててこのアニメを見て欲しいと思う。まず登場人物の心理描写は細かく見ていくにつれ物語に惹かれていった。人によってはどこか共感する部分もあるだろう。見終わった後に感じた「鬱」とは違うなにかが込み上げてきた。この物語を通して自分を見つめ直すきっかけをつくりたい人に強く勧めたい。

投稿 : 2020/04/28
閲覧 : 127
サンキュー:

1

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

片思い同士でつき合っちゃえば。。ってそんなにかんたんじゃないよね。。

公式のINTRODUCTION
{netabare}
報われない恋 切ない恋 片想い それってそんなに美しい物ですか 高校二年生の安楽岡花火は、叶わぬ恋に身を焦がしていた。大事な人を傷つけ、傷つけられながらも求めてしまう人のぬくもり。これは、あまりにも純粋で歪んだ恋愛ストーリー。

月刊「ビッグガンガン」で、好評連載中の横槍メンゴ原作。
「最弱無敗の神装機竜」「がっこうぐらし!」を手掛けた、気鋭のアニメーション監督安藤正臣と、
「アルスラーン戦記」「暗殺教室」の脚本家、上江洲 誠が、タッグを組んで送る渾身の一作。
{/netabare}

スタッフ {netabare}
原作:横槍メンゴ(掲載月刊「ビッグガンガン」スクウェア・エニックス刊)
監督:安藤正臣
シリーズ構成・脚本:上江洲 誠
キャラクターデザイン・総作画監督:黒澤桂子
キーアニメーター:渡辺真由美
デザインワークス:白石慶子
プロップデザイン:吉田みずき
美術監督:鈴木友成
色彩設計:柳澤久美子
撮影監督:國井智行
編集:及川雪江
音響監督:明田川 仁
音楽:横山 克
アニメーションプロデューサー:比嘉勇二
アニメーション制作:Lerche
制作:「クズの本懐」製作委員会

オープニング・テーマ:「嘘の火花」歌:96猫
エンディング・テーマ:「平行線」歌:さユり
{/netabare}
キャスト{netabare}
安楽岡花火:安済知佳(響け!ユーフォニアムの麗奈、棺姫のチャイカのチャイカ)
粟屋 麦:島﨑信長(はんだくんの半田清、Free!の七瀬遙)
絵鳩早苗:戸松 遥(ReLIFEの狩生玲奈)
鴎端のり子(最可):井澤詩織(学戦都市アスタリスクの沙々宮紗夜)
鐘井鳴海:野島健児(干物妹!うまるちゃんのタイヘイ)
皆川 茜:豊崎愛生(シドニアの騎士のイザナ、けいおん!の平沢唯)
{/netabare}

第1話「望み叶え給え」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
高校二年生の安楽岡花火は、成績優秀、品行方正な優等生。そんな彼女は、同級生の粟屋麦と、ある「秘密」を共有していた。
恋ってそんなに美しいものですか?
これは、誰よりも純粋で誰よりも歪んだ純愛ストーリー。
{/netabare}
感想
{netabare}

背景がとってもきれい
キャラデザもいいしりんかく線が細くってふつうのアニメとちょっと違う


高2の花火はお母さんと2人暮らし。。
家の事情も似ててやさしい近所の鐘井のお兄ちゃんが大好きだったんだけど
自分のクラスの担任の先生になってよろこんでたの
でも、お兄ちゃんは音楽の皆川茜先生が好きなんだ。。

その茜先生のこと好きな違うクラスの男子の麦クンと知り合って
いっしょに遊んだりしてるうちに2人は仲良くなってつき合いはじめたの

それも好きな相手はあなたじゃないってはっきり言い合って。。
それでもおたがいに必要だから。。


ってゆうおはなしで
もうちょっとのところでHまではしなかったけどキスとかすごくって
あらすじ知らないで見たからびっくり!

ノイタミナって大人向けのおはなし多いけど
今回は大人向けの恋愛ってゆう感じかな?高2だけど。。


クズってゆうからかくれてイジワルしたりとかするのかなって思ってたら
おたがいに好きな人がいるのに別の人とつき合ってるだけで
これってクズなの?

Hは1番大事な人のためにとっておきたいけどそれはしないみたいだし
大好きな人のかわりに
ぬいぐるみ抱いて寝たりするのとあんまり変わらないみたい。。

でも、おたがいに好きにならない。。って約束したし
好みのタイプじゃないって分かるけど
つき合ってたら好きになっちゃうんじゃないのかな?って思った。。
そうなったらそれでもいいんじゃないかな?って


これからどんなラブストーリーになってくのかな?
おたがいに相手が好きになっちゃったら1番傷つきそう


あと、花火の声が花澤さんかな?って思ったけどもっといろんな声が出せて
ちょっと違うなって思って調べたら「響けユーフォ」の麗奈の人だった。。
チャイカみたいな声から花澤さんみたいな声まで出せるってすごい!

でも、大人の人に片思いする役が合ってるのかも。。
{/netabare}
{/netabare}
第2話「そのぬくもりに用がある」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
花火と麦が偽りの交際を続ける中、二人を鋭い眼差しで見つめる少女がいた。
名前は鴎端のり子。幼い頃から麦を「王子様」と思い慕う彼女は、恋人同士だと語る二人を頑なに信じようとしない。
一方その頃、花火の親友・絵鳩早苗もまた、二人の関係を訝しく思っていたー。
{/netabare}
感想
{netabare}

いろんな恋のカタチのおはなし?

2人の幼なじみののり子(モカ)は麦のこと好きで2人の仲に割り込んでくる。。
花火の友だちの早苗(エッチャン)は花火のことが好き
ほかにも恋愛相談で2またかけてる子がいたりして
2人のお付き合いがクズじゃないって分かってきたみたい。。



1番好きな相手は死んじゃった
1番好きな相手は家族
1番好きな相手は結婚してる
1番好きな人にストーカーでうったえられた。。

とか、いろんな事情で
2番目に好きな人とつき合ってる人なんかいっぱいいると思う。。


花火と麦だって1番目に好きな人はいるけどその人とはむずかしそうだから
2番目に好きなおたがいとつき合ってる。。
ホントにきらってる人だったらゼッタイつき合ったりなんかできないから
それってやっぱり好きだから付き合ってるんだって思う。。


2またかけてる子はクズ。。
好きな人にカレシがいること知っててキスしたりする子はクズ。。
(ユリだからじゃないよ)
人のカレシを横取りしようってする子もクズ

でも、花火と麦が2番目に好きな人とつき合ってるのって
いっしょにいていやされるからだし
相手のこともいやしてあげたいって思ってるからで

おたがいに1番目の人との恋がうまく行ったら
付き合いやめる約束してるから2またにもならないし
これってどこがクズなのかな?


見てたらほかのアニメとかで
「あんたのことなんか好きじゃないんだからね!」って言いながら
自分でも気がついてないけどホントは大好きだったりする
ツンデレとあんまり変わらないみたい。。

だっておたがいに
「あんたのことなんかホントは好きじゃないんだからね!」って言いながら
ホントに好きだって思ってる人にコクったりもしてないんだから

コクってつき合ったらイヤなところとか見えてきて
2番目だって思ってた人がホントは好きだったんだ!って
気がつくかも知れないし。。

それまでは2番だって3番だって
好きな人と1対1でつき合ってたらクズなんて言えないと思うけど。。


えっちゃんはクズかもしれないけど
BLとかユリの人はかわいそうだなぁって思う

相手が同性でもいいって思ってる人って少なそうだから。。
{/netabare}
{/netabare}
第3話「Show Me Love (Not A Dream)」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
花火の家にお泊まり会に出かけた早苗は、花火に訝しく思っていた麦との関係をついに問い詰めてしまう。
思い余って花火をベッドに押し倒し、麦との「本当の関係」を聞きだした早苗は、彼女の唇を奪って・・・
{/netabare}
感想
{netabare}

すごい恋愛アニメ

エロアニメとかって書いてる人多いけど
見てるとそんなことよりホントに好きって何だろう?って考えちゃう


今日のおはなし見てて
早苗が花火のこと好きになった気持ちが分かった。。

もともとあんまり男子に関心なくってあんなことあったら
男の人がこわいとか気もち悪いって思ってもフシギじゃないし
花火が好きになったのだってつり橋効果とかなのかも?

でも、どんなことがあって好きになったとかはどうでもよくって
今、好きってゆう気もちはほんとだと思う。。


麦の中学の時、先輩とつき合ってたのだって
先輩はセフレのつもりでも麦は好きだったんじゃないのかな?
お別れのとき涙流してたし。。もしかして初恋?


茜先生は遊んでるっぽいけど
もしかして麦のこともさそったことがあるのかな?

でも、麦って自分の頭の中にいる先生のことが好きで
麦の頭の中の先生ってきっとゼッタイそんなことしなくって
ファミレスで男子とじゃれてるの見てても
先生がそんな人だって気がつけなくなっちゃってる?

花火だってはじめのうち
その男子のこと弟だって思いこもうってしてたくらいだから
麦が分からなくってもフシギじゃないかも


それで麦と花火ってどうなのかな?

「麦のこと好きになりたい」ってないてたけど
それってもう好きになってるんじゃないのかな?

好きだけどホントの麦が分かってるから
頭の中にいる「おにいちゃん」とくらべたら恋愛はできないのかも?

でも、どうなんだろう?
もし麦が茜先生に失恋したら2人はつき合えるのかな?

もしかしてそのときおたがいに1番好きな人になっちゃったら
逆に好きって言えなくなっちゃったりするのかなぁ?


さいごは花火が茜先生に嫌悪。。

でも、やってることって中学のときの麦の先輩もおんなじ?

それに花火だってあんまり変わりないのかも?
はじめのころ麦にじゃれてたとき麦がその気になってたら。。
{/netabare}
{/netabare}
第4話「Bad Apple!!」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}

周囲から清楚なイメージを持たれている音楽教師・皆川茜だが、
実際はそのイメージからかけ離れた一面をもつ人物だった。
そんな茜の行動に振り回され、誰にも頼れずにいる花火の前に現れた早苗は...
{/netabare}
感想
{netabare}

茜先生の正体は自分のことだけが好きで
ほかの人が好きな人をとって優越感を感じるのが好き。。
ってゆうホントのクズ

おにいちゃん(鐘井先生)と仲良くしてるのは花火が好きなの知ってるから。。


今回のおはなしでおにいちゃんが茜先生にコクった。。


花火はそれを見てた。。でも泣けなかった
だって花火はなんにも(告白)しなかったから。。

それでなぐさめてほしくって麦の家に行ったけど
麦のこと傷つけたくなくってやめちゃった。。


帰るとちゅう自分のことつけてた親友の早苗があらわれて
彼女の気もちが分かってるのになぐさめてほしくって早苗の愛を利用しちゃった。。

~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~
今週もHいところ多かったけどそんなこと忘れちゃうくらい考えちゃった。。


花火が「えっちゃんがさわると気持ちいい」って言って
早苗が「それは私が花火のこと好きだから。。だよ」って
「好きな人にふれてるからそれが伝わるの。。だから気もちいいの」って
好きってそうゆうものなんだ。。って

にゃんは今までそんなこと考えたことなかったから
「そうなんだ!?」って思った。。
だから思ったけどそれってクズなのかな?


茜先生って人のものとるのが好きなだけで人を愛してるわけじゃない。。
それと相手が自分のこと好きだからそれが伝わって気もちいい。。のかな?

でも、あの男子とベッドでいっしょだったとき
あんまり気もちよさそうじゃなかった。。
相手もあんまり茜先生のこと好きそうじゃなかった。。

茜先生って自分で気がついてないだけで
本当に自分を好きになってくれる人さがしてるだけなのかも?


花火って自分のことクズだって思ってるけど
麦のこと傷つけたくないから行かなかったし
早苗が花火のこと好きになったのだって花火が助けてあげたからだし
花火の思いと茜先生の思いって似てるけどぜんぜんちがうみたい。。


茜先生はほしいほしいって泣いてる赤ちゃんみたいだけど
花火はほしいだけじゃなくってあげたいって思ってる
それってふつうの人の恋愛じゃないのかな?

前に「ユーリ!!! on ICE」でアガペーとエロスの愛って調べたら
アガペーはただあげたいって思う愛でエロスは恋人とかの性愛ってあって
アガペーってなんとなく分かったけど
エロスってゆうのよく分からなかったけどこのおはなし見てて何となくそうかな?って

調べたら愛にはいろんなのがあって
にゃんっておばかだから哲学とか言ってることゼンゼン分からなかったけど

ただあげたいってゆうアガペーと
あげたいしもらいたいってゆうエロスと
あと、ほしいほしいって泣く赤ちゃんの愛(?)みたいのがあるのかも?って

だったら花火のはエロスで茜先生は赤ちゃんで
エロスの愛ってふつうにふつうの愛だから
花火ってふつうの人なんだってにゃんは思う

それなのに花火が自分のことクズだって思ってるのって
ホントはアガペーの愛が1番だって知ってるのに
(それってきっとお兄ちゃんがくれた愛だから)
エロスでいいってながされちゃってる自分が許せないからかも?


だからさいご、茜先生に会ったとき
花火は自分のことクズだって思ってるのに
茜先生のほうがもっとクズだってゼッタイ思ってたよね?

それってきっと
茜先生が大人なのに赤ちゃんのままなの許せないからじゃないのかな?


茜先生は花火に勝ってるみたいに見えるけど
花火がおにいちゃんからもらってたアガペーの愛みたいな愛って
今までもらったことないんじゃないのかな?


花火が茜先生のイジワルで闇落ちしないといいけど☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第5話「DESTRUCTION BABY」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
鳴海が茜に告白した瞬間を目の当たりにした花火は、
何もできなかった自分を責め、喪失感と劣等感に苛まれる。

一方、茜は告白から進展を見せない鳴海にいらだつが、
不意に鳴海が言った言葉を聞き...
{/netabare}
感想
{netabare}

今日はHシーンが多かった。。

茜先生は「お兄ちゃん」のことどっちかってゆうとキライな方かも?
でも、花火が大好きな人だからからかって遊んでる。。
今日はとうとうHしちゃったみたい。。


今日のビックリは麦が茜先生の正体を知ってたこと
でも、そこがかわいい?
何だ。。ホントは花火のことも好きなんじゃない?


花火はさびしくってそばにいてくれるなら誰でもいいみたい?
今日は「最後までして」って麦に言ったけど
約束違反じゃね?とか言われてちょっと引いちゃったみたい?


茜先生とかお兄ちゃんとか言ってるけど
ホントは花火と麦ってお似合いなんだよね。。

ツンデレみたいにスナオになれないけど
おたがい大事に思ってることはたしかじゃないのかな?

麦はHしたがってるしホントだったら花火がイヤがっても
男なんだからムリヤリでもできちゃうのに
そんなことしたくない。。そんな気もちが伝わってきたみたい。。


今日の花火は自己中だったって思う。。

茜先生にからかわれて
自分がさびしいってゆうことしか考えられなくなってるみたい。。

闇落ちして茜先生みたくならないで☆彡


あと、麦とHしてるとき先輩泣いてたけど
きっと本気で好きな人ができたんだよね?

だからホントはレイプされるくらいイヤだったけど
今まで自分が呼び出してきたってゆう
後ろめたい思いがあったから悲しかったけど来ちゃったんだって思う

「だからこれでチャラね」って言ってすぐ帰ったのは
「だからこれで終わりね」ってゆうイミだったんじゃないかな?
{/netabare}
{/netabare}
第6話「X次元へようこそ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「昨日、鐘井先生と...しちゃった♡」茜の発言に打ちのめされた花火は
自分の気持ちとは裏腹に、茜への反抗心から歪んだ思考に冒されていく。
一方で、早苗とは元の友達関係に戻ろうとするが...
{/netabare}
感想
{netabare}

「X次元へようこそ」って「スペース☆ダンディ」のEDになってたよね^^
それで気がついたけど各話タイトルが歌になってたんだね^^

1話目「ノゾミカナエタマエ(筋肉少女帯・大槻ケンヂ)」
2話目「そのぬくもりに用がある(サンボマスター)」
3話目「Show Me Love (Not A Dream)(宇多田ヒカル)」
4話目「bad apple!!(東方)」
5話目「DESTRUCTION BABY(ナンバーガール)」


今日ははじまる前から胸がちょっとキリキリ。。ってしてたけど
とつぜんHからはじまってビックリしちゃった。。
HからはじまってX次元まで行っちゃうおはなしだったみたい^^


茜先生に大事なお兄ちゃんをとられて
こんどは自分が茜先生を好きな人をとろうってする
花火が闇落ちしてく回だったみたい。。

「人の気持ちをもてあそぶ。。それはとても気持ちのいいものだったりするのかな?」
。。って悪魔のささやき。。
それを小さいころの自分が止めようってするんだけど
「勝ちたいのあいつに!」「うるさいだまってよ!」って
自分がミジメだって知ってるのに。。

それで麦に
「わたしたちつき合おうよ。。きっと麦も私のこと好きになるよ」って。。
麦はだまってキスしてきたけど
麦はまだ、どうだっていいってゆう感じなんだろうなぁ。。


だんだん「クズの本懐」ってゆうタイトル通りのおはなしになってきて
「School Days」みたくなるのかな?って思ったけど
花火はまだ早苗には良心がのこってるみたい。。
だけど、早苗はそんな花火でも受け入れるって放してくれない。。

今の花火の気もちって先週の先輩の気もちとちょっと似てるかも?
新しい次元に行きたいのに
自分がやっちゃったまちがいが足を引っぱってくる。。とか


でも、そんな花火の気もちを知ってて許してくれない早苗もクズだし
クズ女が大好きで、クズになってく花火に萌える麦もクズだよね
どんどんまわりがクズになってくみたい。。


とくに麦は
自分のこと好きだってせまってくるのり子とデートの約束しちゃった。。
麦もどんどんクズになってくのかな?


このまま行ったらさいご
「School Days」みたく「ナイスボート」になっちゃうんじゃない?
大丈夫なのかなぁ?これ。。
{/netabare}
{/netabare}
第7話「愛はたくさん(LOTS OF LOVE)」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
麦の気持ちは本気ではないと分かっていながらも、初めてデートをすることになった最可。
長い間夢にまで見ていた2人きりのデート。最高に幸せな1日だったと自分に言い聞かせ、
最可は最後まで明るく努めようとするが...
{/netabare}
感想
{netabare}

最可は麦が好きって言ってるけど
目の前にいる麦のこと好きなんじゃなくって
自分の頭の中にいる王子様が好きなだけみたい。。

ホントに麦のこと好きだったら
ベルサイユじゃなくって麦が好きな姫路城を好きになるって思うし
木でも好きだって思う☆彡

麦がつき合ってほしいって言ったらきっとすごいうれしいって思うけど
すぐに麦が自分の思ってる麦と違うことに気がついて
麦が夢をこわすパパみたく思えてきちゃって
もっとこうして!ああなって!とかモンク言いそう。。


麦はやさしい。。ってゆうか人を傷つけたりするのこわいのかも?
「確認しないと進めない」ってひきょうなのかな?

先輩とはHできてクズ女の先生が好きって
何考えてるか分からないかわいい女子じゃなくって
確認しなくってもいい相手。。
自分のことぜーんぶ受け入れてくれる大人の人が好きなのかも


花火はクズ女になろうってしてみたけどやっぱりムリって気がついたみたい

誰かに必要って思われたいけどあのチャラ男クンじゃダメ
ホントに花火のことだけ好きって思ってくれる誰かじゃないと。。って


今日のおはなしは3人とも自分がクズだって気がついて
好きな相手に告白してまっすぐにならなくっちゃって思うおはなしで
来週はいよいよ告白回になるのかな?

花火はお兄ちゃんからフラれそうだけど
茜先生だったら平気で麦とつき合っちゃいそう。。

どうなるのかな?


「愛はたくさん(LOTS OF LOVE)」は矢野顕子さんの歌
{/netabare}
{/netabare}
第8話「Sweet Refrain」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夏休みに入り、花火と麦は宿題が終わったら
それぞれ好きな人に告白しようと決心する。
互いを好きな人の「代わり」にできないことを自覚し始めた頃、ついに告白の日がやってくる。
{/netabare}
感想
{netabare}

うわぁ。。今日のおはなし見おわったら
すっごいおなかがキリキリしてきちゃった。。


花火と麦がそれぞれ先生にコクるんだけど
花火はフラれて麦はOKされちゃう。。


でも、おたがいフラれるって思ってたから
花火の気もちはもうほとんど麦のほう向いてて
お兄ちゃんにフラれても生きてけそうだったけど
えー!?どうするの?麦は茜先生とつき合うことになっちゃったんだよ!

花火はお兄ちゃんにフラれても
「1人じゃないから」って安心してたけど
1人だから!


こうなるってたぶん
このおはなし見てる人ほとんど分かってたんじゃないかな?

でも、こんなに花火が麦のほう見てたって気がつかなかった。。


今週は新キャラの篤也ってゆう早苗のこと好きないとこが早苗にコクったけど
早苗は好きな女の子がいるからってことわった。。
でも、篤也はあきらめないみたい。。


お兄ちゃんにも麦にもフラれちゃったら
花火って早苗のところに行くしかないんじゃないかな?
このおはなしってどこに行っちゃうんだろう?


「Sweet Refrain」はPerfumeの歌
{/netabare}
{/netabare}
第9話「butterfly swimmer」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
互いの初恋に決着をつけた後、再び会う約束をしていた花火と麦。
しかし約束の場所に麦が現れることはなかった。
そんな折、花火は早苗から軽井沢旅行への誘いを受ける。
{/netabare}
感想
{netabare}

花火って失恋旅行で早苗になぐさめてもらいたかったのかな?
でも、それって自分はいいけど早苗のこと期待させちゃうよね。。

「2人分」って言ったあと
かた方はまだはじまってもいなかったって言い直してたけど
自分の気もちの中では麦ともうつき合ってたんじゃないかな?

それで2人にフラれて今回は自分が早苗をフルほう。。って


しんせきの別荘について早苗が「誰もいないから2人だけ」って言ってたら
「いらっしゃい」って篤也クンが出てきてわらっちゃったw

ジャマが入って早苗がイライラ。。
空気が重い中で食事して篤也クンが「おいしいですか?」ってボソって聞いて
花火が「はいー!味はもうほんと!」って。。
味はいいけど空気が。。なんて言えないよねw


篤也クンと早苗のやりとりが「虹色デイズ」のまっつんとまりみたいだった
どっちも女の子が好きな女子とその子のこと好きな男子で似てるみたい
どっちも主役じゃないところも。。


3人とも今回の旅行で早苗と花火の関係がはっきりするって思ってたみたい

花火ってほんとは友だちに甘えたかったんだけど
いっしょにいると早苗が恋愛モードになっちゃうから
けっきょくフっちゃってまた1人になっちゃった
ただの友だちにもどれたらいいよね☆彡


フラれた早苗の気もちには篤也クンってゆう行き場があった。。
篤也クンが早苗のこころのドアを開けてあげられたらいいね☆彡


花火と最可が学校で会って

いつも誰かにそばにいてほしいって思ってた花火が
最可のフラれてすっきりした
「自力でゲットした購買のデニッシュもおいしい」で
1人で歩いてくってゆう方法もあるって気がついたみたい。。

この2人ってホンネで話しができるんだから友だちになったらいいのにね
しょっちゅうケンカするかもだけどいいお友だちになれそう☆彡
ってゆうかもうただの知り合い以上だけどね^^


さいごは茜先生と麦。。
麦って遊ばれちゃってるよね。。

そんなこと自分でもわかってるのかも?
でも、ほんとにコレじゃないって気がつくまで
きっとこのままなんだろうな?


「butterfly swimmer」は「School Food Punishment」の曲
{/netabare}
{/netabare}
第10話「カラノワレモノ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
自分の弱さから早苗を苦しめてしまった花火。
二人は、いつかまた友達に戻ることを約束し軽井沢を後にする。
新学期が始まり、麦は想いを伝えてもなお、奔放で自由なままの茜に振り回されていた。
{/netabare}
感想
{netabare}

あらすじには早苗と花火のことが書いてあるけどそれって前回のことで
今回は茜先生のおはなしだった。。


先生の初Hのこと


でも、その人が好きだったとかってひとことも言ってない
自分が愛されてないとイヤで自分のことが好きな人をフルのが好き
それしか知らないから。。

朝起きてすぐ「私ってつまんないよね。。?」って麦に聞いちゃったのは
たぶん自分で自分のことつまらないって思ってるからだよね?


麦のさそいを断って鐘井先生とデートしてる時だって
ぜんぜんつまらなそうだった。。
茜先生って人の気もちで遊ぶことしか楽しみってないのかな?


麦も思ってたけど茜先生って子どもなんだよね。。
人に何かしてほしいって思うだけ。。何かしてあげたいって思わない。。

でも、鐘井先生はその反対みたい
お父さんタイプで、だから花火も好きになったんだって思うけど
自分はもらわなくっても人にあげたい。。よろこばせてあげたいって思ってる


昔遊んだ男の人と道で会って鐘井先生に自分がビッチだってバラされちゃって
でも、ちょうどフろうって思ってたからそのままホンネをバラして
これできらわれただろうって思って
歩き出したら鐘井先生がうでをつかんできた。。

人の気もちで遊ぶことをやめられないって言った茜先生に
「やめなくていいです」って。。


クラスの女子が男はやりたいだけで。。とか言ってて
たぶん茜先生もそうゆう男の人しか知らなかったんだろうな。。
「思ったよりヤバい性癖の人なのかな?」とか思ってたけど

でも、鐘井先生って違うみたい
にゃんこを飼ってる人に似てるのかも?
にゃんこから何かもらおうとかもちろんHしたいなんて考えなくって
ただ、かわいいからときどき甘えてくれればいい。。みたいな?


そのあとはまた麦と。。

にゃんはこの時、麦がなに考えてるか分からなかったけど
麦は気がついたみたい。。人を変えたかったら自分が変わらなきゃ。。って
それでかっこつけたり大人ぶったり流されたりしないで
ホンネで茜を変えようって思ったみたい。。

さいごに麦が
「たんにこの人がめちゃくちゃ流されやすいダケって
このときはまだ。。気づかないっ!」って。。

にゃんがそんな人がいるって気がついたのは小5のときだったかな?

前に「はがない」の感想でもちょっと書いたけど
クラスでイジメられ寄りの子がよくお金せびられてた。。

せびってた男子もボッチ系で
べつに断ってもイジメられるようなことってないんだけど
お金くれって言われるとあげちゃうの。。

その子ってほかの人にもたのまれたら断れない人だった。。
にゃんも断るのむニガテな人だけどホントにダメって思ったら
目を見ないようにして「ごめんなさい」って言っちゃう。。

でも、その子はお金がないって断っても
どうしても。。って言われたら親にウソついてでも次の日持ってきちゃうの

にゃんは引っ越して中学からぜんぜん会ってないけど
あの子って断れなくって今ごろビッチとかって呼ばれてたりするのかな。。?
それとも悪い男の人につかまってお金取られたりしてるのかな。。?

流されやすいって悲しいんじゃないのかな?


今日のおはなしって茜先生だけじゃなくって
鐘井先生と麦が茜先生を愛するおはなしだったみたい。。

鐘井先生はにゃんこを放し飼いにして
時どき甘えてくれればいいってゆうタイプで
麦はワンちゃんをクサリでしばってしつけようってするタイプかも?

でも、茜先生ってきっとにゃんこタイプなんじゃないかな?
あるとき急に帰ってこなくなったりして。。


「カラノワレモノ」は「ヒトリエ」の曲
{/netabare}
{/netabare}
第11話「やさしいかみさま」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
家庭教師時代からの教え子である麦。
花火の恋心を知って興味をもった同僚の鳴海。
ふたりの"好意"を手に入れてもなお満たされない茜が気づいた
本当の自分の気持ちとは......。
{/netabare}
感想
{netabare}

おはなしの感想書く前に変なこと書いちゃうけど
今日はじめて鐘井先生がいっぱい出てきたみたい^^

それで思ったんだけど。。
鐘井先生って大人になった「弱虫ペダル」の小野田坂道クンじゃない?
{netabare}
自分が勝とうとかってぜんぜん考えてなくって
空気とかも読めなくって
何となくいつも弱気みたいなんだけど
好きな人たちのためだったらがんばれるホントは強い人。。

メガネかけてるところまでそっくりwって
{/netabare}
--------------------キリトリ線--------------------

とうとう出てきたサブタイトル。。「やさしいかみさま」


4話目の感想で「アガペーとエロスの愛」って書いたけど
アガペーの愛って神様からの愛のことで
それってきっと泣くことしかできない赤ちゃんでもすてたりしないで
かわいいって思って世話してくれるお母さんみたいな愛だと思う☆
(にゃんの家はパパの方がやさしいけど^^)

今日の鐘井先生ってそんな感じだったよね^^

鐘井先生が
「オレは好きな人にはただ。。元気で生きててほしいんです」って言ってたけど
お母さんってもしかして小さいころ死んじゃったのかな?
それで好きになったのって心の中のお母さんが茜先生に似てたからかも?

茜先生が浮気しても関係ない。。べつに好かれてなくっても。。
ただ好きだから生きててほしいって思う。。そんな気もちかな?

今日のおはなしは
そんな神様みたいな鐘井先生の愛で
茜先生の気もちが変わりそう。。ってゆうおはなしだったみたい

「変わった」って書かないのはまだ分からないから。。
流されやすい茜先生だからまた流されちゃうかも?って

でも、鐘井先生の気もちが変わらなかったら
茜先生がどんな流されても帰るところは鐘井先生のところしかないって思う☆彡


それで鐘井先生からプロポーズされて
「いいけど浮気しますよ」って言ってたけど
そのあとすぐ麦とデート^^;

それで麦はフラれちゃったけど
今までのおはなし見てて麦ってほかの男子とかよりずっとやさしいって思う^^

花火とも、最可ともHしなかったのだって
しちゃいけないって思って止めてたからだって思う。。

そんな麦だから
ホントは茜先生のこと鐘井先生みたいな愛で愛したかったのかも?

でも、鐘井先生とは違くって
やっぱり「自分のものにしたい」とかって思ってたから
フラれちゃったのかな?って。。


リアルの世界にも「やさしいかみさまが」いっぱいいるといいのにな☆彡



。。「やさしいかみさま」ってゆう曲ググっても見つからなかった。。
「DAOKO」の曲で「さみしいかみさま」ってゆうのがあったけど
さみしいをやさしいに変えたのかな?

でも、今まで字が変わってたことあったけど
言葉が変わってたことってなかったから
きっと作者か誰かが「やさしいかみさま」いてほしいって思ったのかも?
{/netabare}
{/netabare}
第12話「2人のストーリー」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
花火、麦、早苗、最可、鳴海、茜。絡まりあった赤い糸は、
切れて解けて結ばれて、それぞれに新たな糸を紡ぎだす。
不器用すぎた彼らが、歪な恋の先に見つけた「本懐」とは――
{/netabare}
感想
{netabare}

☆もう11月で文化祭。。
みんなのその後のおはなし


鐘井先生と茜先生は結婚することになってうれしそう♪
花火も式によばれてる。。


花火は文化祭1人で回ることに。。


モカはクラスの出し物でファッションショー。。
手作りのウェディングドレスで天使みたいに光ってきれいだった☆

のり子って呼ばれて「モカ」って言いなおすところがおかしかったw2回もw


文化祭の仕事に疲れてかげで休んでたらいつの間にかうとうとして
気がついたら麦もうしろのほうで寝ちゃってたみたいw


☆こんどは3月。。クラスで先生の結婚式の前祝い。。

新しくおんなじクラスになった男子からコクられてちょっとこまってたら
早苗が来て助けてくれた。。早苗もふっ切れたみたい^^

その男子にはちゃんと「ごめんなさい。。でも、ありがとうございます」って
花火も変わったよね☆

茜先生のブーケトスおかしかったw
いやがらせかと思ったら心配してくれてたみたい
茜先生も変わったみたい☆


早苗は文化祭のとき麦と話ししてふられちゃってたみたい。。


さいご2人が心の中で

このまま。。はなれたくない。。
いつまでも。はなさないでほしい、ずっと。。
ひきとめたい。。おわりたくない。。
でも。。さよなら。。

はなれたくないんだったらいっしょにいたらいいのにって思うけど
ふられた同士でつき合っちゃえば。。ってそんなにかんたんじゃないよね。。


2人とも本物をさがしていっぱいまちがえていっぱい傷ついて
そのうち気がつくのかも。。
青い鳥はすぐそばにいたって☆彡



ちょっと気になった文化祭でジェットコースターってこんな感じみたい↓
https://www.youtube.com/watch?v=ixCn9v-hNIk
男子っておばかw


「2人のストーリー」は「YUKI」 の曲
{/netabare}
{/netabare}

見おわって

ドロドロのラブストーリーでHなシーンも多かったけど
気もちとか思いが伝わってくるおはなしだった

Hなところしか見えなかった人って
本当の愛とかって考えたことないリア充な人かも?

本物の愛ってどんなの?とか
いろいろ考えちゃういいおはなしだったって思う☆


声優、キャラ、作画、音楽もよかった☆

投稿 : 2020/03/17
閲覧 : 960
サンキュー:

120

ネタバレ

タピオカパン さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ラスト2話がおもろい

全体を通してどのキャラもいい方向にに成長したアニメだと思った。 最後二人がくっ付くという安直なラストでもなかったのが良かったかな

投稿 : 2020/02/05
閲覧 : 172
サンキュー:

1

ぴざ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

なんだかんだ言って楽しめた

Twitterで回ってきた性行為の動画の影響で見始めたのですが、哲学的な内容も含まれている作品でした
ストーリーは、茜の本性がわかるシーンは完全に予想外でしたし、ラストもそう終わるのかと驚かされましたが、それ以外のシーンは冗長でぶっちゃけ中盤は飽きてました
基本的にキャラクターの心理は回想で殆ど言ってくれるので、映像から読み取らなくて言い分楽でしたが、見てて綺麗だなぁで終わってしまうのが残念です
まぁ絵が綺麗なのは良い点ですけどね
回想についてですが、これは本当に良かった
必要な情報が過不足なく詰め込まれており、かつ視聴者に考察させる隙まで与えるいい作りでした
で本命の卑猥なシーンですがここで詳細に書くのもあれなので、かなり直接的に描かれてて良かったですねとだけ

投稿 : 2020/01/06
閲覧 : 113
サンキュー:

1

DB さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

焦点が定まらない感じで物語が進んだのでなんとなく消化不良を起こしました。思春期の病気をこじらせたみたいな感じが楽しめるならこれはこれでありかと。ただラストまで見てちょっとタイトル負けした作品だったかな・・・

投稿 : 2020/01/02
閲覧 : 151
サンキュー:

1

素振りをする素振り さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

思春期向けアニメかな?

いやいや、やっと最後まで視聴ました。結構大儀な話です(笑)

ストーリーは大体こんな感じ↓
同じ高校に通うメインヒロイン安楽岡花火と主人公粟屋麦は傍目から見るとビジュアル的にも理想的恋人同士に見えるが、実は当人2人だけが知っている共通の秘めたるものを持っていることで成立した関係であったのだ。
それは互いに本命の片思い相手が居て、その寂しさや欲望を満たす為、精神的にも肉体的にも互いの傷を舐めあう関係であったのだ。(なんてまぁいやらしいませ餓鬼達だことw)

ヒロインの片思い相手は真面目な幼馴染のお兄ちゃんでヒロインが通う高校の教師の鐘井鳴海であり、主人公の片思い相手は中学生時代の家庭教師でもあり、主人公が通う高校の音楽教師でもある皆川茜である。

この主人公の片思い相手皆川茜は、一見清楚に見えるが、実はとんでもない性癖の持ち主なのだ。(あえてこう書きますw)それは、本当の恋愛を知らないくせに、他の女性が好きな男性を寝取ったり、自分に好意を持っている男性に対してあえて分かるように他の男性との関係を匂わせたりすることで背徳感に陶酔するというどうしよもない性癖の持ち主なのであるが、主人公はそれも含めて彼女に恋焦がれるのであった。

あとは細かい登場人物は面倒なので省略しますが、最終的には幼馴染のお兄ちゃんの純粋さに惹かれたとんだ性癖の持ち主の皆川茜が純愛に目覚め結婚する。
そしてヒロイン花火と主人公麦は互いに本物の恋愛を求めそれぞれの道に進むのであった(完)・・・みたいな感じですw

個人的意見としましては、主人公の片思い相手はハッピーエンドでもいいのだけれど、一度這い上がれないほどのどん底まで落ちて欲しかったですね(笑)

ヒロインと主人公の傷を舐めあうっていうのは理解できますけど、この年頃だとませてるな~とは思いましたね。

書く言う我が身を振り返って考えてみると、この年頃って前頭葉未発達ですからちょっとしたきっかけがあれば、どの向きにも容易に靡いてしまっていたんじゃないかなと思いました。性的な欲求は確かに、接吻や互いの陰部を触りあったり等は色んな女の先輩とかとしていたような気がしますが、本命には中々行動出来なかった気がしますね、、、本命と言いつつその本命のどこが好きかも具体的によく分かってもいないのに(笑)

ただ、こんな生々しい描写は映像にする必要はあったのかな?とは思いました。

現実なんて恋人との肉体関係なんてものがいいと思うのは最初だけじゃないですか。トイレに入ろうとしたときに、「ちょっとまだ入らないで!あんたってデリカシーとかないの!?」「は?俺今風呂入ってたし、そんなの知らねーよ!」的な会話があるうちまではまだ恥じらいが残っているので楽しいんですよわかります?(笑)
いつでもできるような関係になっちゃったらほんっとつまんないのに、なんであれこれくっだらないことに時間を費やしちゃうんでしょうねこの年頃って。
だからまぁ青春なんだろうけど。

といいますか、純文学的だというコメント見かけましたが純文学なんですかこれ?私はちょっと違うのではと思いましたが。

最終的な感想ですが、やはり私は恋愛ものは暇で時間があるときじゃないと観るのは大儀だと思いました、、、作文。。。(笑)

投稿 : 2019/12/31
閲覧 : 119
サンキュー:

2

ネタバレ

cbKzK15714 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

途中から飽きた…

最初は面白いと思って見てたけど見てる内に段々飽きました…

絵は綺麗です

投稿 : 2019/12/17
閲覧 : 82
サンキュー:

1

ネタバレ

ツークツワンク さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 1.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

予定調和のオチ

お互いの好きな相手が付き合っているので代用として彼氏彼女の関係になるという分かるような分からないような純文学系の物語

クズの本懐というタイトルだけど別にクズばかりが出てくるような物語でもなく、強いて言えばクズは女先生くらいなもので、女同士の足の引っ張り合いをするようなドロドロもあまりない

序盤の濡れ場で視聴者を釣ったものの出落ち気味で後半になるにつれて尻下がりに面白さが全く無くなった
セックスと心情描写が殆どで特にキャラがアクションを起こすわけでもないので中盤~後半にかけてのストーリーが冗長
純文学を12話のアニメに落とし込むのはダレるので、劇場版とかの尺でやってくれた方が良かったのではないだろうか

盛り上がる場面としては女先生が実はビッチだったというところなんだろうけど、ビッチであることをもう少し引っ張っても良かった
ビッチ先生の心情場面は割と好きなんだけど中盤に全ての心情をネタバレするせいか後半は特に心情描写について感じることがない
安易に心情描写しないで最後の最後まで何考えてるのか分からない部分を引っ張って絶望に落とすくらいの方が盛り上がったんじゃないかな

W主人公的な感じで花火と麦の話が展開されるんだけど、花火が早苗を利用して罪悪感に目覚めるのと、麦がモカを振って罪悪感に目覚めるって話の骨格がだいたい同じなのでここら辺も冗長だったりする
同じような話を2回されても疲れるだけ

登場人物の関係図も花火と早苗&従妹、麦とモカで完結しておりキャラ同士の交わりによる化学変化がないのでキャラに魅力を感じる場面が無い

ビッチが清らかな心に触れて改心しましたって何の捻りも無いオチには絶句
落としどころはそうだろうとは思ってたけど視聴するだけの時間を無駄にしてしまった

投稿 : 2019/12/05
閲覧 : 142
サンキュー:

1

ネタバレ

henryleo さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

おもしろい!

スクールデーズのファンから推薦されて、これも衝撃的なエンドになるのかなーって思ったんだけど、意外と普通だった。それに結果的にクズは誰1人いなかった。
たぶんスクールデーズを観てからにはどんなアニメも普通に見えるだろうなww

投稿 : 2019/11/26
閲覧 : 147
サンキュー:

1

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

行動自体は褒められたものではないが。。。

 原作は未読。
 登場キャラに関してだが、恋愛とセックスのことばかり考えているような(笑)。
 そのため描写も結構きわどいものが多く、規制のない地上波ではギリギリを行っているような
気が。

 タイトル通りにキャラの行動だけを取り上げると確かに皆、ろくなものじゃないが、その
行動原理の源である心情も描写されてしまうと、単にクズと切り捨てられない感じ。
 そんな中ではダントツのクズっぷりを見せてくれた皆川 茜だが、終盤にあっさり落ち着いて
しまったのはいささか拍子抜け。それまで根っからのクズ振りを見せてくれたわけだから、
鐘井 鳴海にペース乱されたぐらいで変わるとは思わなかったし、個人的にはクズ道?を貫いて
ほしかった。
 もっとも「本当の自分を判ってくれる人を見つけた」的ないい話風になっているが、他人からの
評価あっての自分という部分は相変わらずといった感じで、変化はしても成長はしていないキャラと
いった感じ。

 一方、主役格である安楽岡 花火と粟屋 麦が復縁?することとなく終わったのは、意外で
ありつつ、個人的には好感が持てた結末。
 この二人、これまで他者に依存することでやってきた感が強く、ここで一人立ちするのはいいこと
じゃないかと。

 それにしてもつくづく恋愛は相手あってのものだなという当たり前のことを改めて痛感して
しまった。
 相手に対して思いが深かろうが適当だろうが、それが成就するか否かは相手次第なわけで、自分の
思いの強さに見合った結果が得られるわけではないのがなんとも辛いところ。

2019/08/12

投稿 : 2019/08/12
閲覧 : 264
サンキュー:

8

ネタバレ

HANIHO さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

タイトルなし

おもしろい!

投稿 : 2019/07/28
閲覧 : 84
サンキュー:

0

ネタバレ

latte さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

不安定だけど全力

絶対に敵わない。でも、絶対に叶えたい恋をしている2人の物語。

まっすぐな恋のアニメが多い中で、歪んでいて、歪んでいるからこそ、その恋がどれだけの重さを持っているのかっていうのが伝わってくる感じが好きです。

花火の気持ちも、綺麗な恋をしたいと奮闘するもかの気持ちも、承認欲求を満たそうとする茜さんの気持ちも、すごく共感できました。
唯一、共感しづらかったのはお兄ちゃんですね。やっぱり彼女に浮気されたら嫌じゃないですか⁇それでもいいよ、とは思えないです。

原作が大好きでアニメに入りましたが、原作そのままで嬉しかったです。時々ある、花火の儚げなイラストが綺麗すぎて好きでした。

好き嫌いが分かれる作品だとは思いますが、恋愛ものが好きだけど、出だしからハッピーエンドになるなって予想できる作品に飽きた方にはオススメしたいです。

投稿 : 2019/06/28
閲覧 : 139
サンキュー:

3

rie-ru.2 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

本懐への道標

クズというのは自嘲の言葉。
探し求め、変化を願い、想いを得るために彷徨うひとたちの影。



それにしても、なんて真正面から青春を扱った作品なんだろう。
そこには否応なく性が、自意識が付きまとう。
優位と劣位が、好意と欲が、恋と親しみが分かちがたく入り混じっている。

この作品は当事者のいない恋愛を、本物になれなかった恋愛をこそ描いている。
だから当たり前に弱く醜く、けれど深々と響く。
それしかない恋愛、自分が依存するための恋愛、そんな空虚を経てそれら自身を乗り越えるべきものとしているのだ。

それゆえ、外見に反して本作の核心はとてもピュア。
堕ちて終わるということがない。
堕ちてしまっても、あるいは堕ちかけてしまっても、そこで幕は閉じ夢は醒める。
そして本懐に気づき、あるいは本懐を見つけるのだ。たとえ叶わぬものだったとしても。

最後、二人すれ違うシーンがとても清々しいのは、互いに空虚の殻を破ることが出来たから。
一話で男子生徒に告白された時、「興味のない人に好かれても嫌でしょ」と冷たく言いのけた花火が、
最終話で「ありがとう」と微笑んだのは、きっとその変化を表しているのだろう。



彼ら彼女らがいつか本懐を遂げられるのか、それはわからないけれど。
そこへ真摯に向き合おうとする限り、決してクズなんかじゃない。
そう私は思う。

投稿 : 2019/05/11
閲覧 : 194
サンキュー:

11

taijyu さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

素晴らしく雰囲気ある作品。モヤモヤするけど

1話感想:
これは高品質。
絵が素晴らしいし、内容も非常に良いですね。音楽、雰囲気すべて素晴らしい。ゾクゾクします。
エロくて可愛くて実に良いですね。
いや確かにクズですけどね。でもなんか分かる。

全話感想:
途中までは本当に面白く心臓を鷲掴みにされるような強烈さがありました。特に皆川先生が素晴らしい。
しかしラストは何か中途半端というか、ちょっとモヤモヤするものの、なんというか。
まあ原作が完結していないから仕方ないのかな。

とはいえ途中までの展開は非常に素晴らしく胸に来るものがありました。

投稿 : 2019/04/30
閲覧 : 155
サンキュー:

4

ネタバレ

はる さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

観る人を選ぶ。

過去に人を好きになって苦しんだ人、片想いを経験したことがある人、恋愛の綺麗な部分だけじゃなく、醜く汚い部分も知っている人なら共感できる作品なんじゃないかなと思う。今の自分が観れてよかった作品だと思った。人を好きになるのに特別な理由なんてなくたっていいんだなって実感できた。本物にいつか出会えたらいいな。

投稿 : 2019/04/29
閲覧 : 144
サンキュー:

5

ネロラッシュ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

エロアニメと思いきや

エロアニメと思いきや、こういう男子や女子はリアルにあるあるでしょう!!
さぶいぼっすよ。
School Daysの時といい、この手のドロドロを書かせたら上江洲誠氏は上手いよなぁ!!
満足!

投稿 : 2019/04/21
閲覧 : 270
サンキュー:

5

ネタバレ

ともえもん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

良かった!

恋愛ものは苦手やから、ずっと見るのためらってたけど、すごいアニメやった(笑)
誰にも感情移入できひんから、楽に見れた!
ストーリーは楽に見るような感じじゃないけどね!!!笑
終盤はもう皆川先生が主役やし、皆川先生最強やないか。勝ち組すぎ(笑)
皆川先生は愛すべきクソ女やわ。結婚申し込まれて、いいけど、めっちゃ浮気する発言がもう最高すぎやし、本当にめっちゃ浮気しそう(笑)
もう大好き!!!笑

投稿 : 2019/03/31
閲覧 : 167
サンキュー:

2

モトピロ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

妙なリアリティに心えぐられる

まず、プライムで一気見したけど、あらすじに不快に思う過激な描写が含まれてます。と言うのが書いて合ったので、ある程度覚悟してみたけど、本当にその一言に助けられた。

こんなアニメ、なんの気なしでみたらすぐ嫌悪感しか抱かない衝撃的なアニメだった。
自分のトラウマに触れられた。だからすごく印象に残った。衝撃的だからこそ、次の展開が気になって一気に見ることが出来た。
でも2週目見るにはあまりに辛いなと思った。


タイトルの通り、アニメだけど人間の本能である狡猾な部分、汚い部分を見事リアリティのある感じで見せつけられた。

でも、同時に純粋な部分、愛おしい部分も見せてくれた。
応援したくなる所もあったし、思い入れもした。
そう思わせてくれたのも、声優さんの演技、アニメの演出がとても素晴らしかった。

ストーリーはとても引き込まれるものがあり、結末は賛否両論かも知れない。
でも自分はこの結果でよかったと思われる。

過去に人を好きになったことがある人、そしてそのせいで苦しんだ人ならなら必ず引き込まれると思う。

自分はこの人物達のように何も踏み出せる人じゃなかったからそこは凄いな、と思った。

だけど、自分はやっぱり人と深く関わるのは怖いと改めて思わされてしまったな…。

誰かを自分のものにするなんて、生物なら当たり前なことなのに人間はなんでこんな当たり前なことに四の五の考えてしまう脳を持ってるんだろう。

改めてそんなことを思わされた作品。

投稿 : 2019/03/24
閲覧 : 202
サンキュー:

4

ネタバレ

ちあき さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ほんとクズだな

まず観てすぐ感じたのは嫌悪感。普通、その作品に嫌悪感を抱いたらすぐプチッと消す思いますが、不思議と断念せず最後まで観れました。

「はぁ、なんでそうなんだよ」「最低やな」「だから苦しいんだよ」「え……、頑張る方向が違わないか」「ほんとクズだな」などと、正直、心の内にどす黒くドロドロした不快な感情が漂っていました。全く共感できないし、観ていても気分が悪い。

それでも最後まで観れたのは、おそらく、苦しんで苦しんで、それでも自分なりには頑張っていることが何となく伝わってきたからだと思います。逃げちゃいけない所で逃げて、逃げなきゃいけない時に逃げなくて、誰にでもやってしまいそうな失敗をして、そして、誰にでもある感情が渦巻いていて……。

きっと、ボタンかけ間違い程度のちょっとした違いで、生き方って全然変わってくるんじゃないかなぁと思いながら観ていました。

また、上記のような嫌悪感を抱くような生き方に偏りすぎもそうですが、それとは正反対のお人好しすぎるというか、綺麗すぎるというか、そっちの方に偏るのもまた、危うく感じました。

そしてその正反対同士って全く真逆なんですが、結構似た者同士で、ガチっとはまりやすくて、まぁいい時はいんでしょうが、悪い時はすごく悪くなりそうな気がします。だから凄く不安……。

この作品の中で唯一の救いはラスト、{netabare} 主人公の男女がお互いのぬくもりに逃げなかったことじゃないでしょうか……。 {/netabare}

正直全く共感できない作品でしたが、色々と考えさせられる作品でした。

投稿 : 2019/02/24
閲覧 : 237
サンキュー:

7

KINAKO音大生 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.5
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

クズの本懐

多分、少女漫画から、ちょい大人女子向け漫画や大人女子漫画を読んできたら…別にさほどクズではないし、なんやあのオチは…ってなって終了。
別に誰もクズでもなんでもない…良くいるよこういう女…。って女やってたらその手の女には気づくから女にはあんまり衝撃的でもない作品やね…。残念。

投稿 : 2019/01/09
閲覧 : 335
サンキュー:

1

ウール さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

過小評価すぎる

エロシーン多くあるので1話切りや毛嫌いしてしまう人がいるとは思いますが、物語はとても深くて面白い話です。本気で恋をしたことがある人や自分に対して「性格悪いな」と感じたことがある人は少なからずキャラに共感できる部分があると思います。そしてそのクズのキャラ達がそれぞれ1つの結論を出していく姿には本当に感動します!!
結末には賛否両論があると思いますが個人的にはとても納得できる結末!この結末だからこそ感動できたし、この作品はこの結末であるからこそ良いのだと思います!!ぜひキャラに感情移入して作品を楽しんで下さい!あとopとedが両方良いです!

投稿 : 2018/12/14
閲覧 : 307
サンキュー:

3

次の30件を表示

クズの本懐のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
クズの本懐のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

クズの本懐のストーリー・あらすじ

報われない恋 切ない恋 片想い それってそんなに美しい物ですか 高校二年生の安楽岡花火は、叶わぬ恋に身を焦がしていた。大事な人を傷つけ、傷つけられながらも求めてしまう人のぬくもり。これは、あまりにも純粋で歪んだ恋愛ストーリー。(TVアニメ動画『クズの本懐』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2017年冬アニメ
制作会社
ラルケ
主題歌
≪OP≫96猫『嘘の火花』≪ED≫さユり『平行線』

声優・キャラクター

安済知佳、島﨑信長、戸松遥、井澤詩織、野島健児、豊崎愛生

スタッフ

原作:横槍メンゴ(掲載 月刊『ビッグガンガン』スクウェア・エニックス刊)、 監督:安藤正臣、シリーズ構成・脚本:上江洲誠、キャラクターデザイン・総作画監督:黒澤桂子、キーアニメーター:渡辺真由美、デザインワークス:白石慶子、プロップデザイン:吉田みずき、美術監督:鈴木友成、色彩設計:柳澤久美子、撮影監督:國井智行、編集:及川雪江、音響監督:明田川仁、音楽:横山克、アニメーションプロデューサー:比嘉勇二

このアニメの類似作品

この頃(2017年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ