1942年夏(7月~9月)に放送されたおすすめアニメ一覧 4

あにこれの全ユーザーが1942年夏(7月~9月)に放送されたおすすめアニメを評価したーデータを元にランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年11月15日の時点で一番の1942年夏(7月~9月)に放送されたおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

×

絞り込み

年代別アニメ一覧

計測不能 1 1942年夏(7月~9月)アニメランキング1位
スパイ撃滅(アニメ映画)

1942年7月16日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
1人が棚に入れました
太平洋戦争中に制作された国策アニメ映画の一本で、国内のスパイ活動の防止を訴求した作品。 ここはアメリカとイギリスの洋上会議の場。時の元首ルーズベルトとチャーチルの間では、何か密談が交わされていた。やがてアメリカ本土の飛行場から、ひそかに日本に飛行機が飛来。落下傘で降下したのは、日本人にまぎれる男女3人のスパイだった。彼らの行動に不審を抱いた平凡な日本人・大和一家の面々は、飼っているニワトリや犬までも協力して、敵のスパイ活動を妨害しようとするが……。 防諜協会の指導のもと制作された作品で、劇中に登場する3人のスパイは当時の国策スローガン「鬼畜米英」のとおりに、角が生えている。作画、撮影、演出を担当したのは、戦後の東映動画(東映アニメーション)作品などでも活躍の山本早苗(善次郎)。

計測不能 1 1942年夏(7月~9月)アニメランキング1位
マー坊の南海奮戦記(アニメ映画)

1942年8月11日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
アニメ制作スタジオ佐藤線映画制作所のてがけたアニメ映画「マー坊」シリーズの1本で、実制作はたのシリーズ同様、佐藤吟次郎(監督・作画)と千葉洋路(監督・演出)コンビの手になる。南洋の島々を訪れた快活な少年・マー坊が、島の原住民たちと共に活躍をする物語。上映時間は約12分。戦時中に、日本の少年たちの愛国心を鼓舞するために制作された作品であり、当時の大東亜共栄圏の思想が強く盛り込まれている。制作にあたっては、海軍省の後援を受けている。

計測不能 1 1942年夏(7月~9月)アニメランキング1位
お山の総動員(アニメ映画)

1942年9月3日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
詳細不明

計測不能 1 1942年夏(7月~9月)アニメランキング1位
西遊記(アニメ映画)

1942年9月10日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
オリジナルは、中国初の(同時にアジア初の)長編アニメーション映画『鉄扇公主』。内容は、中国の古典『西遊記』をベースに、牛魔王の妻・羅刹女(鉄扇公主)と孫悟空との戦いが中心となっている。中国の国威発揚のため、高品質のアニメ映画を作ることを目的に制作された映画であり、35万元の制作費とのべ237名の作画スタッフにより3年間の制作期間を経て完成した。制作を指揮したのは、中国の双子のアニメ作家・万兄弟(万籟鳴と万古蟾)。中国では1941年1月1日に初公開され、その後1942年に日本でも公開されている。戦後に手塚治虫が発表したマンガ作品『ぼくのそんごくう』は、本作に大きく影響を受けているとされる。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ