1954年度に放送されたおすすめアニメ一覧 4

あにこれの全ユーザーが1954年度に放送されたおすすめアニメを評価したーデータを元にランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年11月12日の時点で一番の1954年度に放送されたおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

×

絞り込み

年代別アニメ一覧

64.8 1 1954年度アニメランキング1位
ダンボ(アニメ映画)

1954年3月12日
★★★★☆ 3.5 (16)
117人が棚に入れました
スピルバーグが「1941」で、ロバート・スタック扮する厳格な大佐が本作を観て涙ぐむシーンを設け、オマージュを捧げている。完成度はともかく、最もシンプルにディズニーらしさを堪能できる漫画映画だ。陽気な“Casey Jr."を初めとする音楽もゴキゲン。ダンボが酒に酔ってサイケデリック・トリップをする、有名な“ピンクの象の夢"のシーンなど、表現にも先鋭的な部分がある。が、何より、サーカス団のオミソであるダンボが母親ゾウと引き離される場面は、先述の大佐のごとく涙してしまう。ネズミのティモシー(いい奴なんだ、これが)の助言で、大耳を使った素晴らしい才能を開花させる情景は、泣けない方がおかしい。YOU CAN FLY……宮崎駿ならずとも、漫画映画は飛ばずばなるまい。

emuuwaii

★★★★☆ 3.9

久しぶりに

久しぶりに。
動物たちの可愛らしさ。
ダンボへの意地悪。
そして、お酒を飲んでからのダンス。
レトロな雰囲気を、楽しく鑑賞しました。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 3

ootaki

★★★☆☆ 2.2

トラウマ作品

ガキの頃見ていましたが、どちらかというと見させられたので、内容は面白いとは思わなかったですし、トラウマになるような演出がありましたので、こうゆう評価にしました。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 1

saiha

★★★★☆ 3.2

ピンクの象の悪夢

ダンボなんて絵本で何回も読んだし・・・と思いながらも視聴。
さすがにいろいろと古臭い感じは否めなかったのですが、まぁディズニーなので普通に良い話です。
問題のシーン以外は。

問題のシーンは「ピンクの象のパレード」というらしいです。
子供向けの映画になぜこんな映像を入れたのかと首を捻りたくなります。
すごいインパクトを残したのでこれだけでも見た価値はあったかと。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 1

計測不能 2 1954年度アニメランキング2位
子ぐま物語(アニメ映画)

1954年8月6日
☆☆☆☆☆ 0.0 (1)
10人が棚に入れました
シンクレア・ルイスの書き下ろし童話『ボンゴ(がんばれバンゴ)』と、ミッキー、ドナルド、グーフィーの3人が登場する『ミッキーの豆の木(巨人征服)』の短編アニメ2本立てを劇中劇で送るディズニー・アニメ。「ボンゴ」の方はアメリカン・ポップス・ミュージックの第一人者、ダイナ・シュアが歌とナレーションを務めるアニメで、子ぐまのボンゴが大活躍する愛と勇気の物語。「ミッキーの豆の木」は童話『ジャックと豆の木』の脚色版で、どちらもいつものディズニーアニメのように高水準の出来。しかし何と言ってもこの作品の目玉は語り手として登場する腹話術師エドガー・バーゲン(キャンディス・バーゲンのお父さん)で、作品の途中に織り混ぜられる二体の人形とのやりとりは大笑い! 意外なラストや「ピノキオ」のこおろぎ、ジムニー・クリケットも登場する出血大サービス映画の1本。

計測不能 2 1954年度アニメランキング2位
ファン・アンド・ファンシーフリー(OVA)

1954年8月9日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
ディズニーの長編アニメ9作目。

戦時中スタジオを移している時、製作されたオムニバス・シリーズ6作のうち第4作に当たる。
ボンゴ(ナレーション:ダイナ・ショア)
ミッキーと豆の木(ビデオ版=ミッキーのジャックと豆の木)

計測不能 2 1954年度アニメランキング2位
かっぱ川太郎(アニメ映画)

1954年4月1日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
朝日新聞社の小学生向け週刊新聞「小学生朝日」に連載された、人気漫画家・清水崑による児童コミックのアニメ化。 河童の子供・川太郎は元気な少年。今日は水中で大ウナギを捕まえかけるが、もうちょっとのところで、応援したつもりの河童の両親に邪魔されてしまった。とはいえ河童の村は祭シーズンで賑やか。だが、やがて嵐が来襲。その影響で川には食料の魚がいなくなる。弱った河童たちだが、そんな時、ガールフレンドといっしょに山に入った川太郎があるものを見つけて……! 脚本は、のちに劇作家として高名になる飯沢匡。アニメ本編の実制作は日動映画社が担当し、作画監督(作画演出)は、初期の東映動画(現・東映アニメーション)作品でも大活躍の藪下泰司が務めている。なお導入部は可愛い河童たちが遊ぶ図で始まるが、この部分は原作の清水自身が毛筆画を作画した。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ