1955年度に放送されたおすすめアニメ一覧 5

あにこれの全ユーザーが1955年度に放送されたおすすめアニメを評価したーデータを元にランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年11月28日の時点で一番の1955年度に放送されたおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

×

絞り込み

年代別アニメ一覧

70.4 1 1955年度アニメランキング1位
ファンタジア(アニメ映画)

1955年9月23日
★★★★☆ 3.9 (16)
95人が棚に入れました
8つの異なる時代を8つの古典音楽にのせて描く、ファンタスティックなアニメーションによるバレエ劇。ミッキー・マウスが指揮者兼時の魔術師として登場。当時としては斬新な立体音響を採用した。収録曲はバッハの『トッカータとフーガ』、チャイコフスキーの『くるみ割り人形』、デュカスの『魔法使いの弟子』、ストラビンスキーの『春の祭典』、ベートーベンの『交響曲/田園』、ポンキエルリの『時の踊り』、ムソルグスキーの『はげ山の一夜』、シューベルトの『アベ・マリア』。

イブわんわん さんの感想・評価

★★★★★ 4.6

初めて見たとき、カルチャーショックを受けたアニメ(400見終わった記念)

とは言え、タイトルが判らずまだ棚に移動していないアニメも多くあるが、区切りとしてこのアニメを選びました。

ご存知の方も多いと思うが、ディズニーではトップクラス(個人的)で、公開が70年以上前の芸術アニメ作品。

で、何にカルチャーショックを受けたかと言うと、音楽と映像との関係です。

それまでは、効果音的な立場のクラシック音楽(BGM)がメインになっており、映像と音楽が見事なまでに相乗効果をかもし出しております。

音楽のイメージをビジュアル化したこの作品を見たとき、とても感動した記憶があります。

また、「展覧会の絵」はこれとは逆に絵から受けたイメージを音で表現しています。
(ムソルグスキー作曲、後にラベルがオーケストレイションし有名になる)

特に「魔法使いの弟子」は今見てもその芸術性、エンターテイメント性には脱帽です。

ミッキーマウスの魔法使いの衣装はあまりにも有名ですよね♪(とんがり帽子に赤いマント)

最近では「かみひこうき」という台詞が全く無いモノクロの短編アニメを見たが、現在においては日本のアニメ文化の方ががかなり進んでいると思いました。

投稿 : 2020/11/28
♥ : 7
ネタバレ

前田定満 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

クラシック音楽を聴くきっかけに!

□「ファンタジア」とは
 ディズニー長編アニメ3作目の作品です。このアニメは一般的なアニメではありません。普通のアニメと違う所はセリフが無く、「音楽(サントラ)が主役」な点です。普通のアニメでは、アニメーションとその内容を盛り上げるために音楽(サントラ)を付けます。しかし「ファンタジア」はそれが逆で、元からあるクラシック音楽にアニメーションを付けています。


制作スタッフ
{netabare} 製作:ウォルト・ディズニー
 総監督:ベン・シャープスティン
 全体構成
  ジョー・グラント、ディック・ヒューマー
 実写撮影:ジェームズ・ウォン・ハウ
 音楽:レオポルド・ストコフスキー(編曲)
 制作会社:ウォルト・ディズニー・プロダクション
キャスト
 オーケストラ指揮:レオポルド・ストコフスキー
 オーケストラ:フィラデルフィア管弦楽団
 ミッキーマウス:ウォルト・ディズニー
 ナレーター:デームズ・テイラー
公開日:1940年11月13日(USA)、1955年9月23日(日本)
上映時間:115分{/netabare}



□各作品内容
{netabare} 「ファンタジア」というタイトルの中で8つの作品に分かれており、作品と作品の間には説明のナレーションが入ります。大きく分けると第一部に4作品と第二部に4作品となります。一部と二部の間には休憩として、楽器の紹介とちょっとしたコーナーが設けられております。


~第1作:「トッカータとフーガ ニ短調」~
{netabare}制作スタッフ
 音楽
  ヨハン・セバスティアン・バッハ(オルガン曲)
  「トッカータとフーガ ニ短調」
 オーケストレーション:レオポルド・ストコフスキー
 監督:サムエル・アームストロング
 脚本
  リー・ブレア、エルマー・プラマー、
  フィル・ダイク
 場面設定:オスカー・フィシンガー
 作画
  サイ・ヤング、アート・パーマー、
  ダニエル・マクマナス、ジョージ・ローリー、
  エドウィン・アーダル、
  ジョシュア・メアドール、
  コーネット・ウッド
 美術監督:ロバート・コーマック

 1作目「トッカータとフーガ」はファンタジアの他の曲とは違い、ストーリー性がなく情景を表さない「絶対音楽」という音楽です。なので画も音をアニメーションに表したような抽象的なものです。
 実写のオーケストラの映像から始まり、途中からヴァイオリンの弦が動くアニメーションになり、徐々にアニメーションが増えて、最終的に壮大なアニメーションになっていきます。アニメーションと実写の融合作品。まさに芸術作品という感じです。{/netabare}


~第2作:「くるみ割り人形」~
{netabare}制作スタッフ
 音楽
  ピョートル・チャイコフスキー
  「くるみ割り人形(バレエ組曲)」
 監督:サムエル・アームストロング
 脚本
  シルビア・モバリーホランド、
  ノーマン・ライト、アルバート・ヒース、
  ビアンカ・マジョリー、グラハム・ハイド
 キャラクターデザイン
  ジョン・ウォルブリッジ、
  エルマー・プラマー、エセル・クルサー
 振付:ジュールス・エンゲル
 作画
  アート・バビット、レス・クラーク、
  ドン・ラスク、サイ・ヤング、
  ロバート・ストークス
 美術監督
  ロバート・コーマック、アル・ジネン、
  カーティス・D・パーキンス、
  アーサー・バイラム、
  ブルース・ブッシュマン

 第2作以降は「絶対音楽」とは真逆のストーリー性や情景を表す「標題音楽」になります。2作目の曲はバレエ組曲です。原曲との大きな違いは曲順です。
・原曲曲順
「第1曲:序曲」、「第2曲:行進曲」
「第3曲:金平糖の踊り」、「第4曲:ロシアの踊り」
「第5曲:アラビアの踊り」、「第6曲:中国の踊り」
「第7曲:葦笛の踊り」、「第8曲:花のワルツ」
・ファンタジア曲順
「第1曲:金平糖の踊り」、「第2曲:中国の踊り」
「第3曲:葦笛の踊り」、「第4曲:アラビアの踊り」
「第5曲:ロシアの踊り」、「第6曲:花のワルツ」
 ※ファンタジアでは「序曲」と「行進曲」はありません。

 この作品にはくるみ割り人形は登場しません。ファンタジアでは妖精や花やキノコや金魚が踊りを披露します。特に「アラビアの踊り」の金魚は色っぽいです。「花のワルツ」のストコフスキーの曲の締め方に注目です。{/netabare}


~第3作:「魔法使いの弟子」~
{netabare}制作スタッフ
 音楽(原作)
  ポール・デュカス
  「魔法使いの弟子(交響詩)」
 編曲:レオポルド・ストコフスキー
 監督:ジェームス・アルガー
 脚本
  パース・ピアス
  カール・フォールバーグ
 作画監督
  フレッド・ムーア、ウラジミール・ティトラ
 美術監督
  トム・コドリック、チャールズ・フィリピ、
  ザック・シュワルツ

 これはファンタジアの看板作品です。魔法を覚えたばかりの弟子が解き方も知らずに魔法を使い、最終的に魔法が暴走してしまうという物語です。ファンタジアの作品の中で
はこの作品が実際の音楽のストーリーに最も忠実です。弟子役はミッキーが勤めます。魔法をかけうかれた弟子がうたた寝して夢を見るシーンは有名なシーンです。{/netabare}


~第4作:「春の祭典」~
{netabare}制作スタッフ
 音楽
  イーゴリ・ストラヴィンスキー
  「春の祭典(バレエ音楽)」
 監督
  ビル・ロバーツ、ポール・サターフィールド
 リサーチ.脚本
  ウィリアム・マーティン、レオ・ティーレ、
  ロバート・スターナー、
  ジョン・フレイザー・マクリーシュ
 作画監督
  ヴォルフガング・ラーターマン、
  ジョシュア・ミードール
 美術監督
  マック・ラーレン・スチュワート、
  ディック・ケルシー、ジョン・ハブリー
 特殊撮影効果
  ゲイル・パピノー、レナード・ピックリー

 元々はロシアのバレエ団のために作曲されたバレエの曲です。しかしながらファンタジアでは別の解釈をして「地球の歴史」をテーマに描かれています。

[一部]
 地球誕生からマグマオーシャンを経て地球に海が現れるまでを描いています。時代でいうと先カンブリア時代の冥王代の約46億年前から始生代の始め約40億年前までが描かれています。溶岩が流れる画や海底火山の画は素晴らしく、約80年前の作品とは思えない素晴らしい技術です。
[二部]
 生命誕生から恐竜絶滅までを描いています。時代でいうと先カンブリアの真ん中の約35億年前から始生代、原生代、古生代と来て、やっと中生代の恐竜時代です。
 恐竜時代の見所はT-REXがステゴサウルスを狩るシーン。恐竜の他にも海の最強爬虫類モササウルスも登場します。しかしその後恐竜は「干ばつ」により絶滅します。現在は「隕石の衝突」とそれによる「環境の変化」が絶滅の要因とされていますが、上映された1940年のあたりでは「干ばつ」が絶滅の要因と考えられていました。恐竜が絶滅したあと再び時代が変わり海が帰ってくるところでお話は終わります。{/netabare}


~幕間~
制作スタッフ
 監督
  ベン・シャープスティン、
  デイヴィット・ハンド
キャスト
 ナレーター:デームズ・テイラー

 ここで少々休憩タイムです。この休憩タイムでは楽器紹介を兼ねた、ちょっとしたアニメーションがあります。笑える演出も用意されています。


~第5作:「田園交響曲」~
{netabare}制作スタッフ
 音楽(原案)
  ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
  「交響曲第6番:田園交響曲」
 監督:ハミルトン・ラスク、ジム・ハンドリー
 脚本
  オットー・イングランダー、ウェッブ・スミス、
  アードマン・ペナー、ジョセフ・サボ、
  ビル・ピート、ジョージ・ストールズ
 キャラクターデザイン
  ジェームズ・ボドレーロ、
  ジョン・P.ミラー・ローナ・S.ソダーストロム
 作画監督
  フレッド・ムーア、ウォード・キンボール、
  エリック・ラーソン、アート・バビット、
  オリバー・M.ジョンストン.Jr、
  ドン・トウズリー
 美術監督
  ヒュー・ヘネシー、ケネス・アンダーソン、
  J・.ゴードン・レッグ、ハーバート・ライマン、
  イエール・グレイシー、ランス・ノーリー

 ファンタジアの曲の中で最も好きな曲が、この「田園交響曲」です。タイトル通り田舎の風景を描いた曲です。

・各楽章タイトル
「1楽章:田舎に着いたときの愉快な感情のめざめ」
「2楽章:小川のほとりの光景」
「3楽章:田舎の人々の楽しいつどい」
「4楽章:雷雨、嵐」
「5楽章:牧人の歌 嵐の後の喜びと感謝の感情」

 映画のストーリーは曲のストーリーに近いですが、ファンタジアではこれにギリシャ神話を加えています。なのでキャラクターもペガサス、ケンタウルス、ユニコーン、ゼウスなどが登場します。{/netabare}


~第6作:「時の踊り」~
{netabare}制作スタッフ
 音楽
  アミルカレ・ポンキエッリ
  「ラ・ジョコンダ第3幕:時の踊り(歌劇)」
 監督:T・ヒー、ノルム・ファーガソン
 キャラクターデザイン
  マーティン・プロヴァンセン、
  ジェームズ・ボドレーロ、
  デューク・ラッセル、アール・ハード
 作画監督:ノルム・ファーガソン
 美術監督
  ケンドール・オコナー、ハロルド・ダウティ、
  アーネスト・ノルドリ

 大変楽しい曲です。特に終盤付近から始まるメロディーはノリが良いです。ここではいろいろな動物が登場してバレエを披露します。ダチョウ、カバ、ゾウ。しかしみんな女役。この3種類が可愛く色っぽく見えるのは不思議です。これぞディズニーマジック!中盤以降から男役のワニを交えて盛大に踊りは終わります。{/netabare}


~第7作:「禿山の一夜」~
~第8作:「アヴェ・マリア」~
※第7作と第8作は繋がっています。
{netabare}制作スタッフ
 音楽(第7作)
  モデスト・ムソルグスキー
  「禿山の一夜(交響詩)」
 音楽(第8作)
  フランツ・シューベルト(作曲)
  ウェルター・スコット(作詞)
  「エレンの歌 第3番:アヴェ・マリア(歌曲独唱)」
 オーケストレーション(第8作)
  レオポルド・ストコフスキー
 監督:ウィルフレッド・ジャクソン
 脚本
  キャンベル・グラント、
  アーサー・ハイネマン、フィル・ダイク
 作画監督:ウラジミール・ティトラ
 美術監督
  ケイ・ニールセン、テレル・スタップ
  チャールズ・ペイザント、トール・パトナム
 特殊アニメーション効果
  ジョシュア・ミードール、マイルス・E.パイク、
  ジョン・F.リード、ダニエル・マクマナス
 特殊撮影効果
  ゲイル・パピノー、レナード・ピックリー
 合唱監督:チャールズ・ヘンダーソン
 ソプラノソロ:ジュリエッタ・ノービス
 

 第7作はホラー作品です。悪霊たちの夜の祭りを描いています。お墓などから出てきた悪霊達が夜の世界で踊り狂います。
 しかし悪霊たちの楽しい祭りも終わりを迎えます。朝を迎えるのです。教会の音と共にラストの8作目に続きます。

 第8作は第7作で踊り狂った悪霊たちの魂を巡礼者達がロウソクの光でしずめていくという演出です。小さいときに観たときはつまらなかったですが、大人になってみると非常に美しいなと思います。そして太陽の光と共に全ての作品が終了します。{/netabare}


 全曲について、映像と合わせるために編曲されているので、まんまではありません。カットされている部分があったりなど。
 またこの映画の見方として、全作品を通して観ようとするのはやめた方がいいです。作品ごとに分けて観ることをオススメします。{/netabare}



□こんな人にオススメ!
{netabare} まずこの映画の魅力として、芸術性が非常に高いということです。「アニメーションの質の高さ」。まず一つ目の魅力です。アニメーションを楽しみたい方にまずオススメです。約80年前も昔の作品とは思わない映像技術、作画技術をぜひ一度はご覧になるべきだと思います。
 クラシック音楽が好きな方にはもちろんですが、クラシック音楽を聴いたことがない人にオススメです。ファンタジアは音楽をアニメーションによって面白くした映画なので、観たあとに「この曲印象に残ったな」と思ったら、ぜひ原曲を聴いてみていただくといいと思います。{/netabare}



□音楽の解釈
{netabare} 私は音楽を専門にやっているわけではありませんが、(聴き手側として)一つ思うことがあります。聴き手側として大切なことは「聴いてどう感じたか」ということだと思います。「悲しい曲だなあ」とか「楽しい曲だなあ」とか「聴いてて、こんな情景が浮かんだ」などなど。思い描く風景、抱く感情は人それぞれだと思うわけです。もちろんプロの演奏家が意識してるのは「作曲家の心境」を考えて演奏するわけですが。
 この映画を観る前にファンタジアの音楽を聴いた人にとって、自分の思ってた風景と違うと思う方がいるかもしれません。「春の祭典」は違いすぎますが…。あるいは専門家からみたら実際の作曲家のイメージじゃないと思われるかもしれません。(特に第4作は…)。それにより不快感を持つ方もいらっしゃると思います。(ストラヴィンスキーは怒ったようです…)。それでも是非、広い心で「こんな解釈もあるのか!」と観ていただければと思います。事実、映画の冒頭でナレーターがこの映画について「専門家の解釈ではないところが良い。」と言っています。
 私はファンタジアに倣ってクラシックのコンサートに行くと、帰り道によくその曲から感じる風景をスケッチブックに描いて楽しんでいます。もちろん風景を想像しやすいようにある程度予習しますが。{/netabare}

投稿 : 2020/11/28
♥ : 8

褐色の猪 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

一勝二敗

初めて観たのはアニ同(東京アニメーション同好会)の上映会

寝ました、グッスリ寝ました。

後日再観、グッスリ寝ました。。。

数ヵ月後、三回目でやっと全編完観

映像と音響の遭競演は流石です。


これ途中で寝ちゃう人多いと思う。
寝てしまうのは飽きちゃったとかじゃなく所謂陶酔に近いかな。
特にアニメーションファンやクラシック音楽ファンなら猶更
(と自己弁護もしておきます^^;)

何となくシーンやパートが気に入ったなら後はTVでもやってた「シリーシンフォニーシリーズ」等ちょっと漁ると結構堪能できます^^

投稿 : 2020/11/28
♥ : 5

69.4 2 1955年度アニメランキング2位
ピーター・パン(アニメ映画)

1955年3月9日
★★★★☆ 3.9 (18)
187人が棚に入れました
ロンドン郊外に住む少女ウェンディの元に、ある夜、おとぎ話のピーター・パンが妖精ティンカー・ベルと共に現れた。ウェンディ、弟マイケルとジョンは、空を飛べる魔法の粉を振りかけられて、いつまでも子供のままでいられる“ネバーランド"へと旅立つ。ディズニー・アニメの中でも人気の高い作品で、その美しい色彩と浮遊感覚いっぱいの動画が素敵だ。ピーターはじめ、フック船長やウェンディなど、愛すべきキャラクターは多いが、中でもやはり、物言わぬティンカー・ベルの存在が光り輝く。

シェリングフォード さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

You can fly!!

「魔法」というのは描かれる物語によってはぞんざいに扱われてしまいます。
しかし、本作ではその可能性と神話性を最大限まで引き出し、魅了してくれました。

「ピーターパンなんていない」「早く大人になりなさい」それが大人たちのよく言うことでした。
わたしたちのことをなにも分かってない、分かろうとしてない。
どうして?お父さんやお母さんもこどものときがあったはずよ!忘れてしまったの?
彼はきっといるわ。毎朝人魚に微笑みかけて、インディアンたちと仲良く握手をして、襲撃してくるフック船長には痛い目を見せてやるの!
こうやって、「いいか!2度とこんなことするんじゃない!次はお前の体をバラバラにしてワニのえさにしてやる」ってね!
まったくどうして大人ってこうなの。このままではわたしたちはからっぽなお人形さんになってしまうわ。
そんな痛切にも似た声に応えてくれたのはピーターパンでした。「ネバーランドへ行こうよ!」
こうして子どもたちは念願のネバーランドへ行き様々な苦難をくぐり抜けそれぞれのなにかを手に入れるのでした。
そのなにかはきっとこれからの生きていく糧になりますよ。熱源となり滋養になります。それはとっても大切なものなのです。

曲解ではありますが大体はこんな感じのお話です。
今日の漫画などでは簡単に描かれてしまう魔法でありますが、この作品ではそれがすごく魅力的に映ります。
「魔法ってすごい!」と思わせてくれます。「You Can Fly!」をバックに空を飛ぶシーンは最高です!
それと魔法とは関係ないけれど僕が個人的に好きなシーンは
ピーターパンにネバーランドへ誘われた際の長女の独り言がすごく綺麗で好きです。上で僕が書いたのはそのオマージュです。
我慢しきれないワクワク感や女の子らしさが良く表現されています。ここはぜひ耳を澄まして聞いて欲しいです。

それとは逆に暗の部分です。
びっくりしたのが子どもたちが「インディアンを捕まえに行こう!」と言うんです。
そんなん言っていいの?聞いた瞬間に血がサッと引きました。それで実際に行くんですね。これまたびっくり。
でも逆に捕まってしまうけれどピーターパンのおかげで仲直り。んー、わからん。
それと何気なくフック船長は船員の1人を殺します。銃でばーんと。
ちょこちょこそういう部分を描いていることには戸惑いを隠せませんでした。もっと綺麗な世界だとばかり思ってました。
まあディズニーらしいと言えばらしい。案外そういうことは作品の細部に反映されてます。差別的なこととか。

それでもこの作品が子どもたちに、さらには大人たちに訴えかけるものは強く、意味があります。
本作は子どもの夢を叶え、それが永遠のものであることを伝えると同時に
主人公の女の子の自立にひとつ力を貸した結果になる展開は見事としか言いようがないです。
最終的には長女は「おとな」の階段を1つ上がるのです。不思議です。でもなんとなく分かる気がします。

さあ!魔法という無限の可能性と「こども」と「おとな」の曖昧な言葉への挑戦に向けて、ネバーランドへ!

投稿 : 2020/11/28
♥ : 10

前田定満 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

フックとスミーとワニのコント!

1953年に公開された、ディズニー第1黄金期の作品の一つです。
これはすばらしい名作です。
誰もが知っているピーターパン。
お話もコメディー要素が多く、笑えるシーンが多く、
「You Can Fly!」
「Following the Leader」などの名曲も存在します。

子どもの頃はピーターパンを応援してましたが、
大人になって観るとフック船長を応援したくなります。
最近観たらピーターパンってこんなにも悪ガキだったかなと思わされました。

自分が思うこの映画の好きなキャラは以下の3人です。
フック船長のキャラ。
フックの腹心スミーのテキトーさ。
このふたりはすばらしいコンビです。
またワニのキャラもすばらしいです。
僕が最高に好きなワニのシーンは
インディアンの姫タイガー・リリーをフックとスミーがとらえ洞窟に向かうところ、
その後をワニが尾行するシーンがあります。
そこでワニが俺は尾行しているんだとカメラ目線になるシーンがあります。
一度観てみてください。感動するくらいかわいいです。

フック、スミー、ワニ!
この3体か同時に登場するシーンは本当に面白いです。
腹が痛くなります。

投稿 : 2020/11/28
♥ : 4

スカルダ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

ディズニーランドが2倍楽しくなるネタ満載

ディズニー映画の中では、コメディー要素の強い作品。
知ってると思ったら意外と知らないことが多かった。
原作は小学生の時に童話集で読んだ気もする。
本日2本目のディズニー映画w

本作ディズニーランド&シーが2倍楽しくなりそうなネタ満載。
マニアにはヨダレものです。
自分が見付けたものだと、

・スカル・ロック(トムソーヤ島)
・インディアンズ・キャンプ(トムソーヤ島)
・マーメイド・ラグーン(シー ってマジかよ〜)
・ピクシー・ダスト(知ってる人は知ってる秘密のカード)
・もちろんランドにはピーターパンのアトラクション
・ついでにランドのショーには必ず登場

その他にも見付けられていないネタが沢山ある気がする。

キャラクター的には、子供っぽいピーターパンと、おませウエンディよりも、
嫉妬に狂うティンカーベルが好み。ピーターパンを想う気持ちが可愛すぎる。
ランプの中に捕らえられたティンクがもうたまりませんw
アメリカ人にティンカーベル好きが多い理由がわかりました。

ディズニーランドが暗くなってきたらピーターパンのアトラクションの前に行きましょう。
きっとステキな魔法にかかりますよ。

You Can Fly!

投稿 : 2020/11/28
♥ : 3

計測不能 3 1955年度アニメランキング3位
やぶにらみの暴君(アニメ映画)

1955年3月19日
★★★★★ 4.2 (6)
17人が棚に入れました
タキカルディ王国のシャルル16世は“やぶにらみの暴君"と呼ばれ人々から畏れられていたが、実は孤独な人物だった。城の最上階に掛けた肖像画の中では、羊飼いの娘と煙突掃除の少年が駆け落ちし、絵の中の暴君は二人を追って現実世界へ飛び出してくる。そして、本物の暴君になりかわり、娘と少年を捕らえるべく追っ手を放った……。フランス製の長編アニメーションとしては元祖とでも呼ぶべき作品(日本初のカラー長編アニメが58年の「白蛇伝」である事を考えれば頷けるだろう)で、砂糖菓子のようなディズニー路線とは全く異なる方向性がユニーク。いびつにも思えるデザインと毒気のあるキャラクターが横溢し、独特のムードを造り出すが、暴君によって出動した巨大なロボットが暴れ回るクライマックスの迫力は圧倒的だ。資金難による苦しい状況下で制作されており、こんなにも面白く仕上がっているにも関わらず、監督P・グリモオは本作を気に入っておらず、80年に「王様と幸運の鳥」としてリメイクした。お城、暴君、少女、そしてパワフルな追っかけシーンという要因を見るまでもなく、我が宮崎駿の名作「ルパン三世/カリオストロの城」(「長靴をはいた猫」というそのまた先駆けもあるのだが)にもその影響は窺える。

計測不能 3 1955年度アニメランキング3位
前世紀探険(アニメ映画)

1955年8月23日
★★★★☆ 4.0 (2)
17人が棚に入れました
人形や切り絵、実写との合成など様々なアニメ制作の技法に挑戦してきた伝説的なチェコの作家カレル・ゼマンの作品。その作風は手塚治虫や宮崎駿ら日本の著名アニメ作家にも多大な影響を与えている。時間の川をさかのぼり、古代を探険することとなった4人の少年たち。その世界の空には始祖鳥や翼竜がはばたき、さらに4人の眼前では恐竜同士の激しくも過酷なバトルが繰り広げられる。古代世界を舞台に彼らのサバイバルが始まった。

計測不能 3 1955年度アニメランキング3位
マイティマウス (Mighty Mouse)(TVアニメ動画)

1955年冬アニメ
★★★★☆ 3.9 (3)
13人が棚に入れました
勇猛果敢、力持ち。体は小さくても、そのパワーは爆発的な強さ。でも、女の子には弱く照れ屋さん。典型的なアメリカン・ヒーローの勧善懲悪ストーリーに、単純明瞭なギャグ・コメディーをプラスしたストーリー。ガールフレンドのパールが助けを呼ぶと、マイティマウスが空を飛んできて、悪役ハリーと手下のスウィフティーをやっつけます。猫とネズミというわかりやすい設定と、軽妙な台詞回しで人気を集めました。ナレーターは関敬六さん。
ページの先頭へ