2008年冬(1月~3月)に放送されたアニメ映画一覧 19

あにこれの全ユーザーが2008年冬(1月~3月)に放送されたアニメ映画を評価したーデータを元にランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2022年10月07日の時点で一番の2008年冬(1月~3月)に放送されたアニメ映画は何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

×

絞り込み

年代別アニメ一覧

74.8 1 2008年冬(1月~3月)アニメランキング1位
空の境界 第三章 痛覚残留[ツウカクザンリュウ](アニメ映画)

2008年2月9日
★★★★★ 4.1 (722)
4213人が棚に入れました
1998年7月、複数の捻じ切られたような変死体が見つかるという、人間の仕業とは思えない猟奇殺人事件が発生する。そんな中、“伽藍の堂”の所長である蒼崎橙子に一件の依頼が飛び込んできた。依頼内容は事件の犯人の保護、あるいは殺害。犯人の名前は浅上藤乃。殺された被害者たちに陵辱されていた少女だった。式は藤乃の暴走を止めるために行動を始める。

声優・キャラクター
坂本真綾、鈴村健一、本田貴子、藤村歩、能登麻美子
ネタバレ

入杵(イリキ) さんの感想・評価

★★★★★ 4.7

自身と似て非なる能力者に式は何を思うのか

「空の境界」は奈須きのこによる、同人誌に掲載された長編伝奇小説である。全7章で構成され、本作は第三章「痛覚残留」が映像化された。「そらのきょうかい」でも「くうのきょうかい」でもなく、「からのきょうかい」なのでお間違えの無い様に。
略称は「らっきょ」。

「空の境界」は奈須きのこの小説だが、奈須きのこと武内崇の所属する同人サークル(現在は有限会社Noteのブランド)「TYPE MOON」の作品に「月姫」、「Fateシリーズ」などがあり、「空の境界」と世界観を共有している。奈須氏によると「微妙にズレた平行世界」とのこと。


劇場版「空の境界」は圧倒的な映像美、迫力満点の戦闘シーンと、難解且つ素晴らしい世界観を、原作小説を忠実に再現し映像化したufotableの力作である。
本作のメインテーマは「境界」である。相反する二つのものに関するメッセージが緻密に組み込まれている。
その各々に対する矛盾もまたテーマの一つだ。
奈須氏の命の重さ、禁忌を主題とした本作の完成度には脱帽するばかりである。
「生」と「死」、「殺人」と「殺戮」などについて考察するわけだが、テーマがこれであるから必然的にグロテスクな描写がある(しかも美しかったり)。
また、難解な言葉(辞書的意味では用いない)や、時系列のシャッフルにより、物語の理解はやや困難である。
しかし、この時系列シャッフルこそが「ミステリ」における叙述トッリクとして作用しているのである。
決して時系列の通りに見てはいけない(2度目からはご自由に)他にも、原作にはなかった「色分け」が行われている点も魅力的だ。式の服の色や、月の色なども見てみると楽しい。
全7章に渡って展開される両義式と黒桐幹也の関係も素晴らしい。
設定はここで説明するとつまらないので、作品を視聴することをお勧めしたい(丸投げであるが(笑))
副題のThe Garden of sinnersは直訳すると「罪人の庭」と言う意味。sinには(宗教・道徳上の)罪という意味があり、guiltの(法律上の)罪とは区別される。
Theの次のGardenが大文字であることから、これはギリシアの人生の目的を心の平静(アタラクシア)に見出した精神快楽主義のエピクロス学派を意味する。よってThe Garden of sinnersは快楽主義に溺れた道徳的罪人という意訳が適切ではないか。



第三章の本作は「空の境界」の時系列で、全7章のうち3番目にあたる作品だ。本作の視聴で第一章での伏線を回収し、第二章のその後を展開する。本章に登場する浅上藤乃は、巫条霧絵や両儀式と同じ能力者であり、彼女も悩みを抱えて生きてきた。彼女の思いや、彼女と両儀式の接触により生じる式の心情の変化、式の信条について知ることが出来る。
第一章俯瞰風景の直前の話であるので、式と幹也の関係を一章と比較してみるのも良い。
本章は一章・二章と比較して話が理解し易く、初めての視聴でも面白く感じられると思う。
本章のメインは浅上藤乃である。彼女の変化に細心の注意を払って観て欲しい。
副題の ever cry never life は直訳すると「いつも叫ぶ、決して命でない」となるが、この場合、「いつも叫んでいる、一度も生きたことは無い」といった訳だろうか。

考察←観る前に見ない様に。
{netabare}

時系列:3/8
1998年7月
両儀式:18歳 職業:高校生(サボりがち)
黒桐幹也:18歳 職業:大学中退 伽藍の堂に勤務

原作との相違:小
原作との尺の比 155P:57min=1:0.53(1分当たり2.72P)
(一番原作との尺の長さの比が合致していると判断される2章の比を基準:1とする)
(原作の頁数は講談社文庫を用いる)


・「無痛症」について
「無痛症」という病気は実際は無く、「先天的無汗症」という病気が之に該当する。
痛み・熱さ・冷たさなどを始めとした触覚全般に関する感覚が存在せず、体温調節が非常に困難である。
「痛覚」の定義として皮膚・粘膜・骨膜・内臓などに生じる感覚とあり、痛覚が無いということは五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)の内、触覚が無いに等しい。
般若心経に「無眼耳鼻舌身意、無色声香味触法」という文言がある。即ち「目・耳・鼻・舌・体・心といった感覚器官は無く、其々の器官に対応する対象[色(=物体)・音・香り・味・触覚・観念]も無い」という意味で、般若心経中では、龍樹(ナーガールジュナ)により完成させられた「空」の思想の説明に用いられている。(般若経自体は龍樹以前から存在する)
注目したいのは、「体が無ければ触覚も無い」という表現である。之即ち「触覚が無ければ体を感じることが出来ない」ということである。
浅上藤乃の場合はデビック症という延髄炎の一種で、感覚の麻痺を起こす病気で、失明の虞さえある。
藤乃は加えて鎮痛剤の一種「インドメタシン」の大量投与により、痛覚を人工的に失った。
彼女は常に自身の体を感じることが出来ず、虚ろな日々を過ごしていた。これは痛覚が「生の実感」を得るのに必要不可欠な要素であり、五感中で最高に重要な感覚であることを証明している。彼女は国語の読解力に欠け、他人の気持ちを「理解」することは出来ても、「実感」することが出来なかった。これも痛覚が無い為である。


・「殺人」と「殺戮」について
「殺人」とは、相手に抱く感情が、自己の容量を超えてしまったとき、それが極端になるとき人を殺してしまうこと。人が互いの尊厳と過去を秤にかけて、どちらかを消去した場合のみ、それは殺人となる。人を殺したという意味も罪も背負う。そして、人を殺すということは自分自身も殺すということである。
また、殺人は殺す側が「人」として相手を殺すことが必要で、死体が肉塊であったり、消し去られてしまったりする場合は、人としての尊厳が無く、「殺人」とは呼べない。
「殺戮」とは、殺された側は人だが、殺した方は人としての尊厳も意味もない。後の意味も罪も無い。自然災害に例えられる。殺戮は殺す相手を特定せず、殺される意味を持たない。
すなわち大義名分の無い殺人と言える。式は彼女の置かれた境遇から人一倍「殺人」に対する意識が強く、殺戮を酷く嫌う。藤乃の五人目以降の殺人は「殺戮」と定義されている。


・「浅上藤乃」について
{netabare}浅上藤乃の起源は「虚無」。荒耶宗蓮は両儀式と相反する能力者をつくる為、彼女の痛覚を復活させ、「死に接触して快楽する存在不適合者」にさせたのだ。
浅神家は混血の大敵である四家系「浅神」「巫浄」「両儀」「七夜」の一つであり、
浅上藤乃は浅神家の没落から母と共に浅上家に引き取られた。
彼女は、両儀式、巫条霧絵と同様に起源に「虚無」を持ち、特別な家系故に、特別な力を発現した。視界内の任意の場所に螺旋を作り、対象の強度に関係なく曲げる(捻る)能力、その名も「歪曲」(要するにサイコキネシス)。
浅神家は両儀家と異なり能力者の発現を忌み嫌う。浅上藤乃は幼少期に能力を発現し、能力の元である「歪曲の魔眼」を封じる為、父親によって強制的に感覚を奪われ、人為的に感覚を喪失してしまう(人工的無痛症)。
彼女は幼い頃「痛覚」を持っており、薬物の過剰投与によって「無痛症」になってしまった。
『第二章殺人考察(前)の考察「式と織」について』で述べた見解として、式は「抑圧」の感情を、織は「解放」の感情を受け持つと記述したが、浅上藤乃の場合は、
「抑圧」の感情により傷を耐え忍び、「解放」することを恐れた。
中学時代に幹也に「傷は耐えるものじゃない。痛みは訴えるものなんだよ」と言われていたが、これを実行出来ていたら、彼女はここまで苦しまずに済んだだろう。能力を取り戻した彼女は「痛み」(ストレス)の「解放」の手段として能力を発動し、他人の痛みを自身の痛みの代償とした。
腹部の虫垂炎が原因で「痛み」が止まず、痛みの発散の為に殺人を繰り替えす。
後に他人を殺すことに快楽を覚え、必要以上の能力の発動を行い、殺戮を始める。精神的苦痛から自身を陵辱した不良に対する復讐を行っていたが、いつの間にか無関係な他人を殺害するようになった。式は彼女が無関係な殺害を始めた時点で、彼女の殺害を決意した。
式に「おまえは血の味を知ったケダモノだ。人殺しを愉しんでいる」と指摘され、
「それは貴女でしょう。わたしは、愉しんでなんか、いない」という言葉は、痛みで思考が麻痺しながらも「まとも」でない自分を認めたくないという心情の表れである。

「太極図」で式が一つの肉体に二つの人格を持つ二重存在者なのに対し、彼女は万物の移り変わりを現す螺旋の方向性を視認出来る存在不適合者である。
荒耶宗蓮による恢復によって、バットで殴られた際の脊髄の炎症は治療され、不定期に痛覚が復活するようになった。
幼少期に封印されていた能力が復活したことに依り、その能力の威力は凄まじく、式を凌駕するものだった。更に後には透視能力(千里眼)をも発動出来るようになった。
彼女も巫条霧絵と同様に荒耶宗蓮の「根源の渦」、『 』への到達という最終目標の為に両儀式と接触する駒となった。
一章では述べなかったが、この似て非なる式・霧絵・藤乃の三者の共通点として、
「虚無」を起源とし、「根源の渦」、『 』への到達の鍵であること。三者とも「生」の実感が得られず、「今」を生きることに全力を注ぎ、快楽への傾倒が何時起きても可笑しくない不安定な存在であること。黒桐幹也という存在に、三者とも一種の憧れを抱いており、自分を受け入れてくれる唯一無二の存在として、彼を欲していることなどが挙げられる。この点に関しては五章矛盾螺旋や終章空の境界で改めて記述する。{/netabare}


・ほんの少し――ほんの少しだけ、おまえよりの殺人衝動――」について
{netabare}第六章「黒桐幹也」についてで述べるが、彼は「どこまでも普通で、誰よりも人を傷つけない」という起源を持っている。中立かつ博愛である彼は誰かを特別視することが出来ない。自分の親類と赤の他人とを同等に扱わなければならない。式が幹也に人殺しについての一般論を期待した(というか幹也には一般論しか言えないのを分かっていた為、自分を否定して欲しかったのである。)のは、この起源に起因する彼の性格によるものである。
社会的に罪を背負うことがなくとも、自責の念だけは残り、それは償うことの出来ない罪の意識として、当人を苦しめることになる。式が罪の意識は常識によるものだから、常識のない自分を野放しにしてよいのかと幹也に問うたとき、彼は「式の罪は、僕が代わりに背負ってやるよ」と回答した。
式の「かわりに一つだけ分かった。自分の生き方、自分が欲しいものが。とてもあやふやで危なっかしい物だけど、今はそれにすがっていくしかない。そのすがっていくものが、自分が思っているほど酷いものじゃなかったんだ。それが少しだけ嬉しい」という台詞は、式が生の実感を得る上で必要不可欠な殺人衝動が、浅上藤乃との戦闘で式の殺人衝動が思ったほど酷くなく、浅上藤乃を許せるものであったことから、一般論を期待していたけれど、人間味のあることを言ってくれた幹也に向けて、幹也の期待に応えられる殺人衝動という意味で言ったものである。式は織の消滅によって空いた伽藍洞の心を幹也で埋めることを決意し、織の幹也と幸せに生きるという夢を叶えるため、幹也と共に生きることを決意し、自分の生の実感を得る手段としての殺人衝動を幹也に認めてもらえるようなものにすることを決意した。因みにこの会話は第三章の最重要場面である。ここでの約束が七章で果たされることになる。
{/netabare}
・「傷跡」について
浅上藤乃をイメージして奈須きのこ監修の下、梶浦由記によって作詞・作曲された。中学時代に浅上藤乃は黒桐幹也と出会い、今回再び助けられた。
「ねえ、生きていると分かるほど抱きしめて」という歌詞や他の歌詞から、彼女の「生の実感」への渇望と、憧れの混じった恋について上手く纏められている。



・「痛覚残留」という作品について
幼い頃に「歪曲」という能力を発現し、封印されてしまった浅上藤乃。彼女は能力の封印の代償として「痛覚」を失ってしまう。痛覚を失うことで外部からの刺激・自らの身体の感覚を失い、「生の実感」をも失ってしまう。彼女は痛みを知らず、感情の抑揚も乏しく、鮮花に「誰にも憎まれない娘」と評されるほど温和で穏やかな性格となった。
無痛症の為、自身の身体の異常が検地出来ず、外出に厳しい礼園女学院生ながら、主治医に定期的に診て貰う為に外出をしていたところを不良に絡まれ、半年間に亙って性的暴行を受けたが、感覚が無く、感情に乏しい為ほとんど抵抗はしなかった。
しかし、金属バットで背中を強打されたことで脊髄に損傷を受け、不定期に感覚を取り戻すようになる。ある日感覚を取り戻している時間に不良のリーダーに腹部を刺され、自己を防衛する為に「歪曲」により湊啓太以外の4名を殺害してしまう。
実際には腹部を刺されるよりも能力の発動の方が早く、彼女は刺されていなかった。
彼女は腹部に虫垂炎(後に腹膜炎)を患い、その痛みは腹部の傷として彼女に認識される。
彼女は陵辱されたという精神的苦痛から、不良への復讐を行い、湊啓太を捜索する。他人の痛む様子を見ることで「生の実感」を得ることを覚え、他人の痛みで自身の痛みを補完しようとした。しかし、手段と目的が入れ替わり、殺人に快楽を覚えるようになり、殺すことで「生の実感」を得る為、殺戮を始めた。痛むが為に人を傷つけるのではなく、人を傷つける為に痛む傷。傷は人を殺す理由の為に永遠に消えない。
式は能力を発現している時の彼女を酷く嫌い、之を殺すことで排除しようとした。藤乃の能力「歪曲」により左腕を失うが、「直死の魔眼」の力により、「歪曲」の描く螺旋を殺すことに成功し、藤乃に勝った。
しかし、彼女が無痛症に戻ってしまったので式は殺害を止め、彼女に巣食う盲腸を殺すことで幕を閉じた。


・名言(原作より抜粋)

藤乃「――はい。とても・・・・・・とても痛いです。わたし、泣いてしまいそうで――泣いて、いいですか」

藤乃(お腹が痛い。見えない手に、私の中身が鷲摑みにされる不快感が。吐き気がする――いつもはそんなものはしない。めまいがする。――いつもは唐突に意識が落ちる。腕がしびれる。――いつもは目で見て確認する。 とても、痛い。――ああ、生きている。)

藤乃「・・・凶れ」

橙子「黒桐は間に合わなかったか。さて。嵐が来るのが先か、嵐が起こるのが先か。式ひとりでは返り討ちにあうかもしれないぞ。両儀」

幹也「馬鹿だな、君は。いいかい、傷は耐えるものじゃない。痛みは訴えるものなんだよ、藤乃ちゃん」

式「万物には全て綻びがある。人間は言うにおよばず、大気にも意志にも、時間にだってだ。始まりがあるのなら終わりがあるもの当然。オレの目はね、モノの死が視えるんだ。おまえと同じ特別製でさ。だから――生きているのなら、神様だって殺してみせる」

藤乃(やっと手に入れた痛覚なのに、今はこんなにも憎い。でも――ほんとうだ。痛いから――とても痛いから、死にたくないと渇望する。このまま消えるのはイヤ。もっと、生きて何かをしなくちゃいけないんだ。)

藤乃(もっと生きて、いたい。もっと話して、いたい。もっと思って、いたい。 もっと ここに いたい。)

式「痛かったら、痛いっていえばよかったんだ、おまえは」

幹也「・・・罰っていうのは、その人が勝手に背負うものなんだと思うんだ。その人が犯した罪に応じて、その人の価値観が自らに負わせる重荷。それが罰だ。
良識があればあるほど自身にかける罰は重くなる。常識の中に生きれば生きるほど、その罰は重くなる。浅上藤乃の罰はね、彼女が幸福に生きれば生きるほど重くて辛いものになる」

幹也「そっか。じゃあ仕方ない。式の罰は、僕が代わりに背負ってやるよ」

式「もうひとつ白状するとさ。・・・・・・オレも、今回ので罪を背負ったと思う。けど、かわりに一つだけ分かった。自分の生き方、自分が欲しいものが。とてもあやふやで危なっかしい物だけど、今はそれにすがっていくしかない。そのすがっていくものが、自分が思っているほど酷いものじゃなかったんだ。それが少しだけ嬉しい。ほんの少し――ほんの少しだけ、おまえよりの殺人衝動――」
{/netabare}

感想

本作は一章,二章と比較して分かり易い作品で、世界観がだんだんと理解出来てきた中で、式と似た境遇の人間・浅上藤乃と式を絡ませ、両者の違いや、式の信条などを視聴者に刻銘に印象付けさせ、五章矛盾螺旋への繋ぎとしての役割が十分に果たせている。
一章に比肩する式の戦闘シーンや空の境界随一のグロテスクな描写の多さが特徴的だった。
本章は幹也から式への想いの表現が多かったが、式から幹也への想いの表現が少なく、式が何を想っているのか想像することが出来た。もしかしたら藤乃の幹也への想いに嫉妬していたのかもしれない。
「努力してみる」などツンデレ気味の発言も含まれている。
ほんの少し――ほんの少しだけ、おまえよりの殺人衝動――」と言った式の覚醒後初めての笑顔は大変可愛い。
{netabare}
「凶れ(まがれ)」という言葉が式に向けて何度も発せられたが、あれは殺戮が彼女に「生の実感」を与える唯一の痛みへと変貌してしまったことを示しているのと同時に、自分の存在を否定するものの排除という「殺人考察(前)」における式に似た心情であると考える。
藤乃は可哀想な人生を歩んできたが、その中での幹也への恋と、「普通でありたい」と思う心が彼女の心の糧となったと思う。最期に式によって殺されなかったことは、彼女にとっても、式にとっても良いことだった。無痛症は治らないだろうが、盲腸が治って良かった。
最初と最後に出てきた「とても・・・とても痛いです。わたし泣いてしまいそうで――泣いて、いいですか」という言葉が藤乃の本音だろう。
最後に痛覚がある状態で盲腸の痛みを実感し、「痛い」から「死にたくない」と「渇望」する。という強い思いが湧き出てきた。
もっと生きて、いたい。
もっと話して、いたい。
もっと思って、いたい。
もっと ここに いたい。
という「痛い」=「居たい」という強い意志が「痛覚」があることで具現した。
同時に自分が愉しんでいたモノの正体に対する痛み、自分が犯した罪、自分が流した血の意味を「実感」した。
藤乃「痛みは耐えるものじゃなくて。誰かに愛してと訴えるものなんだって、あのひとは教えてくれたんだ」
とあり、「痛み」の正体を知るに至った。
式が言った「痛かったら、痛いっていえばよかったんだ、おまえは」という言葉のとおり、もっとはやく「痛い」と言えていればと思う。
{/netabare}

この三章は、一章,二章を視聴した上で「両儀式」という人物について考えさせる作品だった。
浅上藤乃という式に似た殺人鬼の登場。彼女も特別な家系の生まれで、それ故に不幸な人生を歩んでしまう。本章は藤乃への同情を誘うとともに、式の心の揺らぎが見られる。
一章と二章を繋ぐ三章。そして二章と三章を繋ぐ四章へと話は進んでゆく。

本作は考察のし甲斐があり、非常に面白い。また現代人への処方箋のような役割を果たし、私達にカタルシスを与える。

私は全章視聴後原作を購読したが、読み応えがあって大変面白い。アニメを観た人は補足の為にも、お勧めしたい。
未視聴の方は、是非挑戦していただきたい作品である。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 48
ネタバレ

てけ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6

強制された抑圧と、境界を越えた解放

原作未読。
全8章からなる物語の3章目。約60分。

「空の境界」全章に共通する項目は、第1章のレビューをご覧ください。
→ http://www.anikore.jp/review/450724/

1章より前、2章より後の話。
ストーリーは比較的独立しており、この話だけ観てもわかりやすい構成になっています。

この回では少し笑いの要素が入ってきます。
また、黒桐幹也の妹、黒桐鮮花の出番があります。
彼女は清涼剤みたいな存在で、話に柔らかみをもたせてくれています。

ただし、残虐性にも拍車がかかっています。
人間の負の面を強く表現している印象です。
残酷な話と軽いテンポの会話、その組み合わせで、他の章との重みのバランスを取っているのでしょう。

映像面の見所は、嵐の中での戦い。
水を切るように動く表現は、実にスタイリッシュです。

EDテーマは「傷跡」。


【3章「痛覚残留」の考察】
{netabare}
過去に、黒桐幹也と浅神藤乃は出会っています。

幹也「いいかい?傷は耐えるものじゃない。痛みは訴えるものなんだよ」

これは、私たちの日常生活にも繋がってくる発言です。
「抑圧」=「傷を耐える」という行為は、周りに危害を加えないと同時に、自分の中にストレスどんどんため込んでしまいます。
そして、たまりにたまったストレスは、ふとしたきっかけで爆発してしまう。
それを防ぐためには、ストレスを定期的に「解放」=「痛みを訴えることを」してやらなければならない。

浅神藤乃は、精神的にはごく普通の人間です。
しかし、痛みを訴える方法が「能力の発動」という特殊なケースだったため、「人工的に感覚を抑える」という方法で、強制的に抑圧され続けてきたわけです。


そして、金属バット殴られた衝撃で、一時的に復活した痛み。
むりやりイスに縛り付けられ、勉強させられ続けてきた人のロープが、ふいにほどけたと考えると分かりやすいと思います。

自分のやりたいようにできない、つまり「生」を実感できない「空っぽの」状態から解放される。
やっとストレスの発散が可能になりました。
ただし藤乃は、痛みを感じている間はストレスの解放が終わっていない、つまり、痛みを訴え続けなければならないと解釈しています。
だから、殺しに対して「私は楽しんでなんかいません!」と藤乃は言ったんでしょう。

しかし、抑圧が解放されることに、徐々に喜びを覚え始めた藤乃。
必要最小限の解放ではなく、必要以上の解放へと、その「境界」をまたいでしまった。
それが、「殺人」という行為を超え、無関係な人々を巻き込む「殺戮」へと移行し、式の怒りを買ってしまうことになったわけですね。

しかも、実際はナイフで刺された痛みではなく、もともと持っていた病気による痛みだった。
そのため、永遠にストレスの発散が終わることがないわけです。

さんざんたまっていた「ストレス」が一気に解放されたわけですから、藤乃はあれだけの力を発揮しました。
そして同時に、余命いくばくもない藤乃。

この状況を打開する方法が、式にしかできない「病気を殺す」という行為だったのでしょう。

この浅神藤乃が、2章のラストで語られた「死に接触して快楽する存在不適合者」に相当します。


【全て見終わった人へ】
{netabare}
4章で分かりますが、痛覚が戻ったのは、バットで殴られたのがきっかけではないんですね。
荒耶宗蓮の仕業だった。


7章でも触れられていますが、

殺人=相手に抱く感情が、自己の容量を超えてしまったとき、それが極端になるとき人を殺す。人が互いの尊厳と過去を秤にかけて、どちらかを消去した場合のみ、それは殺人となる。人を殺したという意味も罪も背負う。そして、人を殺すということは自分自身も殺すということ。
殺戮=殺された側は人だが、殺した方は人としての尊厳も意味もない。自然災害に例えられる。

と区別されています。
この違いを強調しているため、藤乃に危害を及ぼした人以外への殺害行為を「殺戮」と呼んで、式は嫌っていたわけですね。


なお、劇中で橙子が式に渡したカードキーの名義は「荒耶宗蓮」となっています。
橙子「名義は古い知人のものを拝借したがね」
ここで、初めて名前が出てきています。

また、カードキーの色は、蒼、橙、ピンクの3色。
「式、織、両儀式」の着ている3種類の着物の色と被ります。
また、
橙子「式一人では返り討ちに遭うかもしれんぞ、両儀」
すでに橙子は、式の2種類の人格に加え、3つ目の人格に気付いていたんですね。

{/netabare}

{/netabare}

投稿 : 2022/10/01
♥ : 33
ネタバレ

シェリー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

おススメできないです。

第三章です。

今回は一章と同じく不可思議な事件を解きます。

痛みを知らない少女、浅上藤乃のお話。

演出や音楽は相変わらずに良かったですのが
とってもとっても嫌な気分になる映画でした。
浅上藤乃は痛みを知らない少女。
また性格も流れに身を任せるような女の子でして
そんな彼女を面白がってひどいことをする不良達がいるわけです。
まあいわば凌辱ですよ。
そのひどい描写があってのストーリー構成なのでしょうが
あれはもう最悪です。本当に観てて嫌だった。
だから二度と観たくないです。
一章から順に二章、さあこれから三章だという人で
こういう描写が苦手なら控えた方がいいかもしれません。
別にこの回を観なくても話は十分に理解できるので大丈夫です。

まあそんなとこかな。



{netabare}

浅上藤乃が意志とは無関係であっても殺戮を好んでしまい
父親から勘当され、1人孤独に痛み苦しむ。
そして、逃れようのなく、無意味な戦いを式と交える。

こうみるととても面白かったように思えます。
戦いが決まって橋で相まみえるまですごくドキドキしました。

式は浅上を生かしましたね。
僕は殺すものだと思っていました。
もう手遅れなはずなのに。
確かに死んでしまってはあまりに救いがないですね。
あのあと浅上はどうなるんだろう。気になります。








以下は非常に個人的なお話です。



けれどあのかわいそうな描写は本当に嫌でした。
弱いものへの暴力は最低です。
一般的にみても、特に男性から女性への力の行使は
どういう場面であれいいものとしては映りませんね。
でも僕はこれに対し賛成の立場でありながら
この先僕は女性に対し絶対に暴力を振るわないと
果たして言い切れるのかということを随分前から自問自答しています。
というよりもし自分が怒りと憎しみから
「ああ、僕はこいつを殴らなければならない」
と向かいあう相手に思わなければならなくなることが怖いです。
きっかけは村上春樹さんがネットで募集した質問に対して
答えるというものでその中に
「彼氏から暴力を振るわれて大変。
 けどもうしないって約束してくれました。信用できますか?」
みたいななんとも欠陥の多い質問だったのですが
それに対し村上さんは
「男性が女性に対して暴力を振るうことは決していけない。
 けれど次振るわれたときには別れなさいと。
 もう彼は今後約束守ることはないでしょう。」
みたいなことを答えていました。
その時に僕もうんうんと思ったのですが
それについて真剣に考えてみると、
もし自分の許容を超えた裏切りやなにかをされたときに、
男としてまた1人の人間として本当に踏みとどまることができるだろうかと。
極端な例ですが朝起きたときに
「あら、おはよう。今日はいい天気よ。
 そうそう、あなたが寝ている間にあなたの右目と左腕売ってしまったの。
 大丈夫、心配しないで。
 あなたはいままで通りに目が見えて、耳が聞こえて、
 その他の五感も正常よ。
 言葉も話せるし、抽象的な思考もできる。
 物も五本の指で掴めるし、足は二本とも残しておいたから
 直立二足歩行の動物としてとても健全だわ。」
なんてことになったら(笑)
でもなんにしても男性が女性に対して
むきになってる姿ほど醜いものはありませんよね。
これは本当にそう思います。


僕は浅上藤乃への暴力的な描写には断固反対です。
これを流してはいけないよ。



{/netabare}

投稿 : 2022/10/01
♥ : 9

72.1 2 2008年冬(1月~3月)アニメランキング2位
空の境界 第二章 殺人考察(前)(アニメ映画)

2007年12月29日
★★★★☆ 4.0 (711)
4071人が棚に入れました
1995年3月、黒桐幹也は街で一人の少女と出会った。透徹した、不思議な眼差しを持った少女に幹也は一目で心を奪われてしまう。その年の4月、観上高等学園の入学式で幹也はその少女と再会する。少女は両儀式と名乗り、人を寄せ付けない性格であったが、幹也には少しずつ心を開いて行く。ある日、幹也は式のもう一つの人格である「織」と面識を持つ事になる。自分は殺人者だと言う「織」に戸惑う幹也。そんな中、観布子市内では連続猟奇殺人事件が発生し、街は重苦しい雰囲気に包まれていた。

声優・キャラクター
坂本真綾、鈴村健一、中田譲治
ネタバレ

入杵(イリキ) さんの感想・評価

★★★★★ 4.7

両儀式の心を乱す幹也。彼らの物語は此処から始まった。

「空の境界」は奈須きのこによる、同人誌に掲載された長編伝奇小説である。全7章で構成され、本作は第二章「殺人考察(前)」が映像化された。「そらのきょうかい」でも「くうのきょうかい」でもなく、「からのきょうかい」なのでお間違えの無い様に。略称は「らっきょ」。


「空の境界」は奈須きのこの小説だが、奈須きのこと武内崇の所属する同人サークル(現在は有限会社Noteのブランド)「TYPE MOON」の作品に「月姫」、「Fateシリーズ」などがあり、「空の境界」と世界観を共有している。奈須氏によると「微妙にズレた平行世界」とのこと。


劇場版「空の境界」は圧倒的な映像美、迫力満点の戦闘シーンと、難解且つ素晴らしい世界観を、原作小説を忠実に再現し映像化したufotableの力作である。
本作のメインテーマは「境界」である。相反する二つのものに関するメッセージが緻密に組み込まれている。
その各々に対する矛盾もまたテーマの一つだ。
奈須氏の命の重さ、禁忌を主題とした本作の完成度には脱帽するばかりである。
「生」と「死」、「殺人」と「殺戮」などについて考察するわけだが、テーマがこれであるから必然的にグロテスクな描写がある(しかも美しかったり)。
また、難解な言葉(辞書的意味では用いない)や、時系列のシャッフルにより、物語の理解はやや困難である。
しかし、この時系列シャッフルこそが「ミステリ」における叙述トッリクとして作用しているのである。
決して時系列の通りに見てはいけない(2度目からはご自由に)他にも、原作にはなかった「色分け」が行われている点も魅力的だ。式の服の色や、月の色なども見てみると楽しい。
全7章に渡って展開される両義式と黒桐幹也の関係も素晴らしい。
設定はここで説明するとつまらないので、作品を視聴することをお勧めしたい(丸投げであるが(笑))
副題のThe Garden of sinnersは直訳すると「罪人の庭」と言う意味。sinには(宗教・道徳上の)罪という意味があり、guiltの(法律上の)罪とは区別される。
Theの次のGardenが大文字であることから、これはギリシアの人生の目的を心の平静(アタラクシア)に見出した精神快楽主義のエピクロス学派を意味する。よってThe Garden of sinnersは快楽主義に溺れた道徳的罪人という意訳が適切ではないか。



第二章の本作は「空の境界」の時系列で、全7章のうち1番目にあたる作品だ。本作の視聴で第一章では分からなかった「あの夜」までの展開が繰り広げられる。黒桐幹也と両儀式という二人の人物の過去とその関係を知ることが出来る。注目して欲しいのは「両儀式」の心理描写である。黒桐幹也が彼女に与える影響や、それによって変わる二人の仲をしっかり押さえておきたい。第一章「俯瞰風景」での伏線も回収している。前作に比べて穏やかなストーリーの運びだが、彼女の心の激しい流動には細心の注意を払って観て欲しい。
副題の and nothing heartは「そして空虚な心」といった訳だろうか。
考察←観る前に見ない様に。
{netabare}

時系列:1/8
1995年9月~2月
両儀式:16歳 職業:高校生
黒桐幹也:16歳 職業:高校生

原作との相違:小
原作との尺の比 87P:60min=1:1(1分当たり1.45P)
(一番原作との尺の長さの比が合致していると判断される2章の比を基準:1とする)
(原作の頁数は講談社文庫を用いる)


・「両儀式」について
両儀家は人為的に二重人格者を生み出す家系であり、持って生まれた多人格を認められ、多人格を持たなかった兄を差し置いて両儀家の跡取りとなった。
生まれたときから、自らのなかに他人を抱えて生きてきた式は、自分以外の人間の感情を知って育ってきて、自然と人間嫌いになってしまった。
式のときは女性口調で、織のときは男性口調。
そんな式に「普通に生きる」という幻想を持たせてしまう少年が現れた。
異常者であると言う自分を、異常者だと認識させてしまう、少年、黒桐幹也。
式は生まれてはじめて、織以外の他人として「幹也」を強く意識し、心のどこかで人並みの幸福を夢見ていた。

幹也の「いつから僕らは正体不明の存在が、ただの見知らぬ他人なのだと知ってしまったのだろうか。」という思索は、「式の人間嫌い」について考えたものだ。
子供の頃は疑うことを知らず、無条件で周りを好いて、周りからも当然好かれていると"思い込んで"いたが、それは単なる無知故の幻想であるということに、何時気がついたのだろう、という意味だ。式の場合は織がいた為に、幼少期にその事実を直視してしまった。


・「黒桐幹也」について
「普通」「一般」を形にしたような人で、温和で面倒見がよく、大抵の人に好かれる好人物。一方恋愛に関してはかなりの鈍感で、式が好きであるため周りが見えないという点もあるが、当の式からの好意も感じ取れていなかったりする。また、馬鹿正直で「常識」という範疇から外れたことも冷静に処理することが出来る。
式に「両手両足だけ?それだけで人間は死ぬの?」という問いに、
「そりゃあ血がなくなれば酸素欠乏で生命活動が停止するでしょう。でもこの場合はショック死のほうが先だったろうね」と答えている。
基本的に、式からは「黒桐くん」、織からは「コクトー」と呼ばれている。


・「孤独と孤立」について
誰もいない街を歩くのは、自分が一人になりたいからだと思う。それとも逆に一人なのだと思いたいからだろうか。

両儀式は二つの人格「式」と「織」を持ち、集団から孤立することはあっても、人格として孤独を感じることはなかった。式の隣には必ず織が居た。式は織を外に出そうとするものを殺す、つまり彼を殺し続けた。


・「天候と服装の変化」について
初めて会った時の天候は「雪」(この時幹也が会ったのは『両儀式』)で、そこから式が初めて「黒桐幹也」を認識した雨宿りの天候、「雨」へと変化。
そこで再び式は拒絶の意志を示す為、織に幹也との面会を許可する。この辺りから両儀式の服装が「黄色」(警告色)に。式がその後話しかけてきた幹也に「なぜ話しかけてきたの?」と訊いていることと、「このままだと、きっと私はあなたを殺すわ」という台詞から、なんとか幹也に引いて欲しかったのだろう。
殺人現場に居合わせた織を目撃しながらも、沈黙を守り「自分自身に自信が持てるようになったら、式の話を聞けるようになると思う」と答える幹也に、式は彼を完全に無視することにした。幹也はその後も張り込みを続ける。この辺りで天候に「雪」の日が一日ある。
放課後の教室で、式の「おまえは私の何を信じられるんだ」という質問に対する、「根拠はないんだ。けど、僕は式を信じ続けるんじゃないかな。・・・うん、君が好きだから、信じ続けていたいんだ」という答えに、式は彼に叶わない夢を見せ付けられ、絶望的な願いは彼への憎悪を呼んだ。その夜の天候は「雨」。式は「赤」(危険色)の着物で登場し、張り込み中の幹也を襲う。
そして彼女の「愛情」の代わりに持つ感情「殺人」により、幹也への想いをぶつけることになる。
作中を通して「雪」(緊張)から「雨」(緊張緩和)へと傾倒する雪解けの変化、これは式の幹也への心情の変化を表すのではないか。


服装の変化に関して、式の服の色が青→黄→赤と変化していることについて、普通であれば先述の危険色と判断出来るが、五行思想の「相剋」の観点から、木(青)→土(黄)と相克している、そして次が火(赤)であるので、水(黒)が入れば、完全な相克関係 木→土→水→火が完成するのだ。この黒はやはり「黒」が名字に入り、尚且つ全身黒ずくめの黒桐幹也を入れるのが適当だろう。
普段の式(青)→織(黄)→毎晩両儀家前で張り込んだ幹也(黒)→幹也を襲った両儀式(赤)
という完全な相克が完成するのだ!
(因みに相克とは五行思想において相手を打ち滅ぼして行く、陰の関係)


・「式と織」について
式は「肯定的な肯定」であろうと「否定的な肯定」であろうと、「抑圧」の感情を示す。女性人格で両儀式の肉体の主導権を持つ。
革ジャンの着こなしについて、一章「俯瞰風景」ではファスナーを開けているが、二章では閉じられている。これは二章の式が心を閉ざしていることを暗示している。
織は「肯定的な否定」であろうと「否定的な否定」であろうと衝動と逃避からの「解放」の感情を示す。男性人格で彼の生きる実感は殺人である。親父との稽古は織の担当の様で、男性口調だった。(真剣で勝負とは、二人ともよほど上手いのだろう)。夜に散歩をしていたのは織である。
最後の式の台詞が「オレは犯(ころ)したい」ではなく、「私は犯したい」であるのは、式が衝動を解放したことを示す。
(これはアニメでは分からない違いであるが(笑)。)

式と織の関係を例えるなら、『両儀式』という乗用車(肉体)に両儀式と両儀織という二人の人間(人格)が乗っているようなものである。
お互いに相手を認知しており、普段は式が運転席に、織が助手席に座っていて、交代することもある。乗用車(肉体)の所有者は式である・・・といった具合である。

式と織については第四章伽藍の洞と終章空の境界でも考察する。


・「――黒桐くん!」という式の叫びについて
幹也が秋隆の迎えを待つ式に傘を差出、唐突に鼻歌でsinging in the rainを歌った場面で、式が放った一言であるが、これは式がこのままでは織が出てくると直感で感じ、黒桐幹也という人間を周囲の自分を構う有象無象と一線を画す人物として初めて認識したことを表している。彼は式の異常性を露程も意識していないかのように彼女に感じさせ、自分の言動が無視されることよりも、それを式の思惑により曲解されることに怒った。式は幹也の人の好さに対して反感を覚えずにいられなくなるが、発端はこの時点からである。


・「連続通り魔殺人」について←七章を観てからどうぞ
{netabare}
この連続殺人の犯人は白純里緒であり、事件現場に必ず式が登場することと、彼が彼女に会ったときの「四回はやり過ぎだろう」(←実は殺人自慢)という台詞から、ミスリードを誘った。彼はこの時、荒谷宗蓮により「食べる」という起源を覚醒させられていて(だから喰い残しと呼ばれていた)、式を自分と同じ殺人鬼にすることを望んでいた。そこで、式の嫌う殺戮を繰り返し、彼女を誘い出そうとした。四人目の死体に陰陽太極図(両儀)が刻まれていたのも、彼女へのメッセージだろう。
本章は連続通り魔殺人の犯人を式であるかのようなミスリードをしつつ、殺人の描写は描かず、ただ現場に居た描写だけで、あたかも式が殺人を犯したかのように印象付けてしまう。
前述した幹也への質問から殺人の経験が無いことを示唆しているし、式が「残念ね。私人殺しよ」と言った理由も、今までずっと織を殺してきたという事であり、白純里緒を殺すまで、式は人間に対する殺人はしていない。(巫条ビルの幽霊や、生きた死体、荒谷宗蓮は殺したが、あれらは人間ではない。浅上藤乃のことは殺そうとしたが、結局殺さずに彼女に巣食う病気だけ殺した)
{/netabare}


・最後の幹也の逃走場面について
赤い着物で雨の中佇む式に対し、幹也は駆け寄って彼女に腕を差し出した。それと同時に式は彼の腕を切る。逃げる幹也を追いかけナイフの切っ先を彼の喉元に向ける。
「コクトー、何か言ってよ」と式は言う。
「僕は・・・・・・死に・・・・・たく、ない――」と幹也は襲いかかる死に対し言った。
「私は、おまえを犯(ころ)したい」と式は言った。

この一連の動作について
両儀式は式と織と言う二つの人格で事足りていて、他者の醜さを知っていたが故に、世界を拒絶することで、自己の平安を保っていた。
式は外界を拒絶するが故に外界からも拒絶されていたが、初めて彼女を受け入れてくれる人物、黒桐幹也と出会う。
彼は異常である彼女に「普通に生きる」という叶えられぬ夢を見せ付け、彼女の保っていた世界は外の世界を望むが故に壊れ始めた。式は望んだ夢の「遠さ」、自身の「異常」を強く自覚してしまい、黒桐幹也を求める心と壊してしまいたいと思う心(ambivalent)に苛まれ、その衝動は彼女を「殺人」という手段を行使することへ向かわせてしまう。
壊すことが目的なので「殺」でなく「犯」である訳である。
織の夢は、幸せに生きることであり、幹也はその象徴であり、織が幹也を殺すことはない。夜中に徘徊をしていたのは織であり、式は連続殺人の犯人が織か、第三者かは知らない。式はこれ以上、自分が壊れることを恐れ、織の殺人衝動の発現を防ぐために幹也を殺そうとする。本来なら否定は織の役目であるが、幹也への感情が許容量を超えたため、式が直接、幹也に向かった。この章ではこの事件の末路は描かれていないが、一章で式、幹也が生きていることや、式が常に男性口調であること、直死の魔眼についてなどの伏線と繋がっていく。この事件の後日談は第四章伽藍の洞で分かる。


・「君が光に変えて行く」について
両儀式が黒桐幹也により変化していく様子イメージして奈須きのこ監修の下、梶浦由記によって作詞・作曲された。
本作は第七章「殺人考察(後)」に次いで式と幹也のラヴストーリー色の強い作品で、「こんなに哀しい景色を 君が光に変えて行く」という歌詞からも式が幹也に影響されていく様が見受けられる。この曲の歌詞を理解して初めて本作を理解したと言えるだろう。



・「殺人考察(前)」という作品について
式と織という二つの人格を持つ二重存在者、自己の中に他者を持ち、他人の感情を幼い時分から知っていた両儀式は「愛情」というものを知らないで育った。自らを異常者と自覚している彼女は、自分に近づく人間を拒絶し、人間嫌いになっていた。織は式の禁忌を受け持つ人格であり、織という闇を殺し続け、自らを破壊衝動と位置付ける。式は織を目覚めさせる人間を拒絶し、織は式の拒絶する人間を殺そうとする。
黒桐幹也は「普通」を形にしたような少年だが、変わった嗜好を持っていた。徐々に式に惹かれ、彼女と親しくしていた。式はそんな自分に馴れ馴れしく接触してくる黒桐に戸惑いながらも、彼との時間に幸せを感じていた。しかし同時に、「普通に生きる」ということは自分には叶わない幻想だと、激しく認識させられ、自分が変わっていくことを恐れ、彼を拒絶することを選択した。織によるデートでの式と織という人格の説明や、放課後に人間嫌いだという説明をされても、式に近づく彼の態度に、式は苛立ちを隠せずにいた。幹也はどうしようもなく式のことが好きになっていた。
八月に連続猟奇殺人事件が発生していて、織は毎夜の散歩の中、殺人現場に足を運んでいた。二月に幹也は大輔から連続猟奇殺人事件の犯人の情報を得、式が犯人ではないかという疑問を持ち彼女の家に足を運ぶ。そして其処で血が吹き出る死体の傍らに居る式を目撃してしまった。しかし、彼は警察にそのことを伝えず、彼女の家の前で毎晩張り込みを行い、事件の犯人が式でないことを信じ続けた。式は今度こそ、事件のことを問い詰めてくるだろうと踏んだが、幹也に「信じる」と言われ織が幹也を殺そうとしたことから、未体験の苦しみを味わい、彼を無視することにした。二週間ほど経って式は幹也と放課後に話しをする。毎晩張り込みを続ける幹也に無視が出来なくなった式は、自分は人殺しだと告げるが、幹也に憮然と「君にあんな事はできない絶対だ」「根拠はないんだ。けど、僕は式を信じ続けるんじゃないかな。・・・うん、君が好きだから、信じ続けていたいんだ」と言われ、式は小さな幸福と、防ぎようのない破壊に苛まれた。その晩、式は幹也を襲い、自分に叶わぬ夢を見させつづけた彼に対する感情を殺人という手段で伝えることにした。

・名言(原作より抜粋)

式(夜が深くなれば、闇もまた濃くなっていく。誰もいない街を歩くのは、自分が一人になりたいからだと思う。それとも逆に一人なのだと思いたいからだろうか。)

里緒「そう?それは違うな、君は分かってない。だから苛立っているんだ。あんまり、そういうのを他人にぶつけちゃ駄目だよ。他人を責めるのは楽だから、クセになる。あはは、四回はやりすぎだろう」

式(たとえ織が人殺しを愉しむ殺人鬼であろうとも、私は織を消す事はできない。自らの内に"シキ"を飼う私は、やはり彼と同じシキに過ぎないのだから。)

織「じゃあな。オレはおまえの事が気に入ったから、近いうちにまた会うよ」

幹也「とっくにいかれちまってたんだ、俺」

幹也「式はただあそこにいただけだろ。少なくとも、僕はそれしか見ていないんだ。だから信じることにしたんだよ」

式(幹也といると、なんだか落ち着く。幹也といると、彼と一緒なのだと錯覚する。幹也といると、そちら側に行けるのだと幻想してしまう。)

幹也「根拠はないんだ。けど、僕は式を信じ続けるんじゃないかな。・・・うん、君が好きだから、信じ続けていたいんだ」

式「――おまえは、莫迦だ」

幹也「僕は・・・死に・・・たく、ない――」

式「私は、おまえを犯したい」
{/netabare}



この二章は、「両儀式」という人物に注目し、黒桐幹也が彼女に与える影響を「表情」、「色」、「天候」、「仕草」などを巧みに活用して、視聴者に伝えている。原作の心理描写を上手く伝えられていると思う。式と言えば青い着物に真っ赤な革ジャンがトレードマークだが、この式の革ジャンは、幹也に「冬でもその恰好なのか」と言われて購入した革製のブルゾンである。作中では、まだ冬になっていないのに真っ赤な革ジャンを纏う式が可愛くて堪らない。しかし、幹也は全く気付いておらず、1章では薔薇には棘があるから式にはバラ科のストロベリーが似合うという説明の中で、式のトレードマークである革ジャンを指しているが、それが自分の発言に起因したものであることに未だに気づいていない。式がハーゲンダッツを「食べない」と言って若干拗ねたのも棘があること言われたことに加えて、この点もあったと思う。結局、幹也を思って食べるのだが(笑)


本作は考察のし甲斐があり、非常に面白い。また現代人への処方箋のような役割を果たし、私達にカタルシスを与える。

私は全章視聴後原作を購読したが、読み応えがあって大変面白い。アニメを観た人は補足の為にも、お勧めしたい。
未視聴の方は、是非挑戦していただきたい作品である。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 47
ネタバレ

てけ さんの感想・評価

★★★★★ 4.7

すべての章に繋がる「起源」の章

原作未読。
全8章からなる物語の2章目。約60分。

「空の境界」全章に共通する項目は、第1章のレビューをご覧ください。
→ http://www.anikore.jp/review/450724/

すべての始まり。
時は第1章から過去に戻り……両儀式と黒桐幹也の出会いの話。
この章を見たからこそ他の章が引き立つ、重要な回です。
第1章よりは、わかりやすい話になっていますが……。

伏線をばらまく過程がお見事。
本当に大事なメッセージは、意外なところに隠れているものです。
「木を隠すなら森の中へ」を地でいっています。

登場人物の言葉を引用すると、
秋巳大輔「わかりやすすぎるってのも作為的なんだが」。

すべての章を見終わってからこの章を見なおすと、その伏線の配置やミスリードの仕方に、ただただ感心するばかりです。


【2章「殺人考察(前)」の考察】
{netabare}
この章だけで考察するのは難しいですね。
特に重要な情報は以下の通り。

・黒桐幹也が序盤に出会った両儀式、そして、2回目に出会ったときに言った、式の「あなた……誰?」のセリフ
・式「両手両足だけ?それだけで人間は死ぬの?」
・式が廊下で出会って「いらつくのはわかるけど、4回はやりすぎだろ」と言った男
・生徒会室で白済里緒先輩のお別れ会をやっていた。幹也「やりたいことが見つかったからって、いきなりやめちゃうんだもんなぁ」
・女性人格の式と男性人格の織
・殺人現場に校章が落ちていた。校内で校章を付けているのは?
・式は産まれたときから他人を知ってた。自分の中の他人を。
・幹也「いつから僕らは、正体不明の存在が、ただの見知らぬ他人だと知ってしまったのだろうか」という心の声。その時に幹也は何をしていたか?
・幹也「だって、僕は見ていない。式はあそこにいただけだし、僕はそれしか見てないんだ。だから、信じることにしたんだよ」
・幹也「彼女は誰も殺さない。それだけは断言できる。だって、式は殺人の痛みを知っている。被害者でもあり、加害者でもある君は、だれよりもそれが悲しいことを知っている」
・EDテーマ「君が光に変えて行く」の歌詞
・ED後のセリフ、「用意された駒は3つ。死に依存して浮遊する二重身体者。死に接触して開発する存在不適合者。死に逃避して自我する起源覚醒者。互いに絡み合いながら相克する、螺旋で待つ」


剣の稽古のシーン、そしてクライマックスで幹也を襲うシーンは迫力満点。
そこにカメラマンがいるかのようにピントがぼやけたり、水を被ったり、映像美を堪能できました。

……それにしても死体がいやらしいほどリアルですw


【全て見終わった人へ】
{netabare}
お見事でした。

明らかに式が殺人をしているように見せつけながら、ただの一度も、式が人を殺しているシーンがありません。
式は常に、死体の前にたたずんでいるだけ。
「両手両足?それだけで人間は死ぬの?」というセリフも、今までさんざん殺人を行ってきたように見せかけて、実は単に殺人経験がないことを表しています。
また、「殺人の痛みを知っている」とは、男性人格の織を殺してしまったことを表現していますが、明らかに殺人を犯してきたようにしか聞こえません。

「いらつくのはわかるけど、4回はやりすぎだろ」という言葉は、白済里緒が式の殺人行為を指して言ったのではなく、真犯人である白済里緒が、自分自信に対して言ったと……。

式と織という二つの人格、死体の前にたたずむ式、クライマックスでの織の殺人衝動のインパクト。
その中でこっそりと出てくる真犯人。

スタッフロールにはしっかり名前が書かれていたのに、完全に騙されました。


冒頭の「両儀式」との出会いのシーンは本当に綺麗でした。
雪の降るオレンジ色の空、優しそうな「両儀式」の顔。

そして、幹也と織のデートシーンを見直すと、悲しくなりますね。
あんなに楽しそうにしていたのに……。
{/netabare}

{/netabare}

投稿 : 2022/10/01
♥ : 31
ネタバレ

takumi@ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

自分の中に眠るもう1つの自分との境界線

2作目であるこの第2章は、時系列からいくと一番最初のエピソード。

主人公・両儀 式(りょうぎ しき)と黒桐 幹也(こくとう みきや)が出会い
人を寄せ付けなかった式の心を幹也がいかにしてほぐし、そして苛立たせ
式のもう1つの人格と対面することになっていくかを描いている。

まず、冒頭の雪の中でのシーンが美しい。
作画は相変わらずとても綺麗だし、音楽もいい。

やがて季節は春、高校の入学式で幹也は両儀と同じクラスであることを知る。
私服と制服が混合の学校で式は和服姿というのがもう、かなり違和感あるわけで。
しかも無口で儚げ、群れずに独りでいることが多い、となればそれだけでも、
幹也の興味を惹き寄せてしまったのかもしれない。

一方、式の方では入学以来馴れ馴れしくつきまとうようになった幹也に対し
どう向き合えば良いのか、心の奥底にあるものを抱えながら戸惑い、
不安定になっていくのが見て取れた。
しとやかに儚げに、小声で丁寧に話す式は段々と幹也に心を開くのだが
それと比例して、ある衝動を抑えきれなくなっていく。
その衝動とは、またその心の奥に眠る想いとは・・という物語。

また時を同じくしてあちこちで起きる猟奇的殺人事件も、
ダークな雰囲気と謎を残し、観ていてどんどん惹き込まれる。
{netabare}
幹也のお人良しな性格に触れ、自分が変わっていくことへの恐れと焦り、不安感。
繊細なタイプの女の子が、初めて異性からの好意を知るときも
似たような葛藤がありそうだが、式の場合はそういうことじゃなく
もっと別な事情があるわけで・・・

自分のことを「オレ」と呼ぶ男口調のもう1人の「織」(しき)という人格との
想いのズレ、殺人したいと言う気持ちの本当の意味は、
セリフとして言葉に出しているものの、
まだこの2章を初見しただけの人では、理解しにくいと思う。

おそらくそれがハッキリ何であるかわかるのは、第4章からになるだろう。
{/netabare}

彼女は幹也という人間と出逢い、確実に変化しつつある。
でも決して順調な道のりではない。
苦しむ自分を傷つけ、微笑む彼を傷つけ、その先に求めているものは何なのか。
今にも壊れそうなほどの狂気の中、ためらいながら手を伸ばす想い。

そこで彼らは何をみつけるのだろう。
痛々しいほどのその想いは、ものすごく共感できるものがあり、せつなかった。
この物語は中二世界の異能バトルものなんかじゃない。
さまざまなものを抱え、乗り越えながら必死に向き合おうとした2人の
過去と現在を描いていく物語なのだと確信した第2章だった。

それを踏まえた上で、今後の展開への伏線もかなりなものなので
隅々まで漏れなく観て頂きたい回ではある。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 35

67.8 3 2008年冬(1月~3月)アニメランキング3位
ワンピース エピソードオブチョッパー・冬に咲く、奇跡の桜(アニメ映画)

2008年3月1日
★★★★☆ 3.8 (230)
1350人が棚に入れました
サウザンド・サニー号でグランドラインを突っ走るルフィ海賊団―――。そんな中、ナミが原因不明の高熱で倒れる…。医者を探すルフィ達が辿り着いたのは、 “ドラム王国”だった。この国では “ドクターくれは”という医者がひとりだけいると聞き、ルフィは雪山の城へと向かった!! 巨大なウサギの襲撃や、雪崩をかいくぐり、何とか山頂の城に着くのだが、そこで力尽きてしまうルフィ達。その3人を助けたのが、青っ鼻のトナカイ“チョッパー”だった。ルフィとサンジはチョッパーを仲間にしようと追い回す。そこに突然、砲弾が打ち込まれた!!国を捨てて逃亡した国王ワポルが、兄”ムッシュール”を連れ総攻撃を開始したのだ。砲弾は、城の上の“桜舞う海賊旗”に命中!! ――人の夢をあざ笑うワポルへ、ルフィの雄叫びが響く。「お前なんかが、へらへら笑ってへし折っていい旗じゃないんだぞ!!」海賊旗に込められた、一人の男の熱き想いが今、この島に奇跡を起こす―――

声優・キャラクター
田中真弓、中井和哉、岡村明美、山口勝平、平田広明、大谷育江、山口由里子、矢尾一樹、牛山茂、島田敏、野沢雅子、みのもんた

ようす さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

一人のヤブ医者と出逢ったトナカイの旅立ちの物語

2008年ワンピースの劇場版。

原作でも人気が高い「冬島編」を、
劇場版として改めて制作したものです。

私が観たのは2014年12月にテレビで放送された「2014年特別版」でしたが、
内容はほとんど変わらないと思います。


当時のテレビシリーズの時系列と合わせたためか、
原作ともテレビシリーズとも内容が少し変わっています。

冬島編ではまだ仲間になっていないロビンやフランキーがいたり、
逆に原作では登場していたビビはいなかったり。

登場する敵にもワポルの兄・ムッシュールが増えています。
…どうでもいいキャラですけど、一応今回のラスボスです(笑)

冬島編はかなり好きなストーリーで、
何回読んでも号泣してしまいます。

あらすじも結末もはっきり覚えているのに、
今回も号泣でした(笑)

これまでのワンピースのストーリーを知らなくても、
このエピソードだけを楽しむこともできると思います。


● ストーリー
サウザンド・サニー号で航海をするルフィたち。

そんな中、ナミが高熱を出して倒れてしまう。

医者を求めてルフィたちがたどり着いたのは、医療大国「ドラム王国」。

島にいる“魔女”と呼ばれる医者に会うため、
ルフィはナミを背負って雪山を登ることを決意する。


冬島編の主役はトナカイのチョッパーです。

チョッパーは“ヒトヒトの実”を食べたせいで、
トナカイなのに人の言葉を話したり、二本足で歩いたりします。

チョッパーの愛くるしい姿と、心の闇と、出会えた真の仲間たち。

冬島編は、本当に名場面が多いです。

一つのエピソードを2時間にまとめているので、
たくさん名場面が観れるところは長所ですが、

さらっと流れてしまうシーンもあるのはもったいないところ。

しかし、それでも心に残るシーンが多いのは確実。

それだけこの1つのエピソードの中に、
心に響くシーンが溢れているということですね。


● 感想
ヒルルクとの出会い、
目覚めて食べるパン、
初めてのケンカと仲直り、
ワンピース史上最も美しい出航(だと私は思っている)、
など……

挙げればキリがないほど、名場面で溢れています。

涙も止まりません。笑


バトルシーンは原作よりもかなり少なめですが、
それが正解かと。

冬島編は、ストーリーは秀逸ですが、敵キャラが微妙すぎます(笑)
オリジナルキャラも気持ち悪いです。

ノコノコの実って何よ、もうちょっとひねりなさいよ。
チョッパーへの嫌がらせなキャラ作りとしか思えない。笑


それから、作画。

まあ、普通に観る分なら耐えられなくはないのですが…。
特に途中(ルフィとサンジの合体技辺りから)の作画崩壊がひどい。

劇場の大画面でこの作画を見せられたら、
「満足な作品。」とは到底言えないです^^;


● 音楽
ワンピースのBGMは個人的に大好きなので、
そこは満足♪


【 主題歌「またね」/DREAMS COME TRUE 】

ドリカムもこの曲も好きだけど、
この作品の雰囲気に合っているかと考えると微妙ですね。

原作者がドリカム好きだから、という理由から
この主題歌チョイスになったようですが、
個人的にはそういうチョイスの仕方好きじゃない。笑

アニメや内容に合った曲を選んでほしい…。

音楽とアニメを同時に楽しめるからこそ、
アニソンは魅力的だと思っているので。


● まとめ
冬島編は、敵キャラを除けば
ストーリーもキャラも演出も最高傑作だと思います。

だからこそ、劇場版はもっと丁寧に作ってほしかったな。

好きな作品だからこその、厳しい評価となりました。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 13
ネタバレ

とろろ418 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

チョッパーの旅立ち

チョッパーは可愛いですね。
ふと思ったのですが、チョッパーって文字で書くとあんまり可愛くない!?

ワンピースの中では、代表的な感動エピソードとして挙げられるのかな?
ヒルルクが完全に過去の人物なのが残念でした。
どうしても回想入れる必要性が出てきますし、間接的な感情移入は難しいですし。
本編の流れを壊しているんですし、ヒルルク健在の時に一度ルフィ達と出逢わせておく、
とかあっても良かったと思うのですが……熱狂的なファンが許さないか。

冬の桜のアイデアは面白かったです。
{netabare}夢をぶち壊すと、ただのピンク色の雪です。現実では冬に咲く桜があります。{/netabare}

既にアニメで見てるなら、改めて見る必要もないと思います。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 3

azuki さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

予想通りの良い作品です。

ストロングワールドが思いの他面白かったため、観てみたワンピース映画の2作目。ちなみに原作の大ファンです。
やっぱり最後のシーンは泣けました。原作の出来の良いので映像化されても素晴らしかったですね。
・・・ただ、原作ではまだ仲間になっていないはずのキャラを物語に組み込んでいるため、知っている人ほど違和感は凄いですwただ、原作に忠実だとアニメをそのまま焼きなおすだけになってしまうので仕方ないんでしょうけどね。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 1

63.2 4 2008年冬(1月~3月)アニメランキング4位
劇場版 BLEACH The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸(アニメ映画)

2007年12月22日
★★★★☆ 3.7 (126)
765人が棚に入れました
尸魂界にある王族の秘宝「王印」。それを警護及び運搬していた日番谷・乱菊率いる十番隊が謎の集団に襲撃され王印が奪われてしまう。同時に、首謀者と刃を交えていた日番谷も失踪を遂げる。その後、現世の森にある気配を感じた一護は砕蜂に王印が奪われたということを聞かされる。
 そんな中一護は森の中で傷つき「クサカ」という言葉を残して倒れた日番谷を発見し保護するが、何も言わずに去ろうとする日番谷と刃を交えてしまい、加えて日番谷は突如現れ日番谷の身柄を要求してきた謎の少女「イン」と「ヤン」を追うように立ち去ってしまう。その後、一護は合流したルキアと恋次、そして織姫ら現世メンバーと共に日番谷を捜索するが、『氷輪丸』による攻撃で京楽は重傷を負い、そして同時刻に檜佐木、吉良率いる日番谷捜索部隊を日番谷が退けたことで、山本総隊長並びに尸魂界は日番谷への疑念を強め、日番谷処刑の決定を下す。

声優・キャラクター
森田成一、朴璐美、折笠富美子、伊藤健太郎、松谷彼哉、檜山修之、置鮎龍太郎、立木文彦、塚田正昭、川上とも子、久川綾、稲田徹、大塚明夫、中尾隆聖、松岡由貴、安元洋貴、杉山紀彰、三木眞一郎、石田彰、ゆかな

Rexuz[コン さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

BLEACH映画で一番好き

ブリーチ映画で一番面白かった、そして最も興行収入が良かったのがこの作品です。

感動だけでしたら、3作目の「Fade to Black 君の名を呼ぶ」の方が高評かも知れませんが、この作品は面白さと感動、両方を具えておりますので、満足度でしたらこっちの方が上かな( ̄ー ̄?)
なんと言ってもクライマックスはスリル満載ですよ☆
隊長、副隊長みんな大活躍!!
あと日番谷冬獅郎の過去も良かったです。

意見が分かれるかも知れませんが、映画としては中々の上出来だと思います。

総評★★★★☆4.5

投稿 : 2022/10/01
♥ : 1

ジェロニモ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

観てて眠くなった

日番谷冬獅郎にスポットが当たってる映画です。

冬獅郎好きじゃないと楽しめないんじゃないかな?


思ったことは劇場版なのに物語に起伏があまりなく、話が淡々と進んでいくため盛り上がりどころが少なかったということです。

観ている最中は頭に内容があまり入ってこなかったので、当然記憶にもあまり残っていません。

映画でやらずに、TV版BLEACHで原作に追いついてストックが無くなったときに変わりにやればよかったかなという印象です。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 4

虚言癖 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

人気のキャラクターにスポットを当て……

ブリーチの人気のキャラクターにスポットを当ている作品。

ブリーチのファンサービス的な作品に出来上がってはいる。
ファンならば十分に楽しめる作品でしょう。

しかし、肝心の物語は、過去の回想が多い上に、
キャラクターの過去ゆえになぜ?と思う部分が多々あった。

キャラクターに魅力のある作品ですが、
それ故にキャラクターが好きでないと十分に楽しめるか?
といった作品です。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 0

60.7 5 2008年冬(1月~3月)アニメランキング5位
超劇場版ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ天空大決戦であります!(アニメ映画)

2008年3月1日
★★★★☆ 3.6 (25)
232人が棚に入れました
吉崎観音原作の大ヒットTVアニメの劇場版第3弾。地球(ペコポン)侵略のためにやって来たはずが、目的を果たせぬまま日向家に居付いてしまったケロロ軍曹の前に最強の敵が現われる。ゲスト声優にはルー大柴と福田沙紀。同時上映は短編「武者ケロ お披露目!戦国ラン星(スター)大バトル!!」。 インカ帝国の遺跡マチュピチュを訪れた冬樹とケロロ小隊。オカルト好きの冬樹は大喜び。さっそく迷路のような遺跡を発見した一行だったが、トラップに引っかかり命からがら脱出するハメに。その際、冬樹は迷路の中で不思議な少女を見かける。少女のことを気に掛けながら東京へと戻ってきた冬樹とケロロたちの前に、ケロロそっくりの“ダークケロロ”が現われる。しかしケロロとは対照的に、ダークケロロは優秀な部下たちと共に、迅速かつ冷徹に地球(ペコポン)侵略を開始するのだった。

tinzei さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9

他の劇場版も見習ってほしい

ケロロの劇場版だとこれが一番面白かった。


偽ケロロの部下の内二人に本職じゃない人を起用してるけど、ドルルの方はルー大柴なのに単語(しかも日本語)しか喋らないから違和感ないし、ミルルもセリフが少ない人間体の時だけ福田沙紀で、セリフが多いケロン人は堀江由衣だったから、こういう違和感を極力減らす工夫は他の劇場版も見習ってほしい。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 0

59.3 6 2008年冬(1月~3月)アニメランキング6位
ドラえもん のび太と緑の巨人伝(アニメ映画)

2008年3月1日
★★★★☆ 3.5 (50)
285人が棚に入れました
「僕らの希望が 未来を動かす。」 「映画ドラえもん」新シリーズ第3弾は、完全オリジナルストーリー!!「木から生まれたやんちゃな友だち。その名はキー坊!」映画ドラえもん新シリーズ第3弾は、完全オリジナルストーリー。「さらばキー坊」をベースに、地球の緑の素晴らしさ、仲間たちとの友情など、親子が一緒に楽しめるエンタテインメント作品。

声優・キャラクター
水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、三石琴乃、松本保典、千秋、萩野志保子、堀北真希

とまときんぎょ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

ジブリっぽさあり

新しいドラえもんのシリーズの、第一弾劇場版。
現在のTV版ドラえもんののび太より頭身が高く、年相応な体型な印象。

背景の描き込みが細かく、色味も現実的。
のび太の部屋の中にもたくさんの本や日用品(日光土産のちょうちんがあったり、虫かごがぶら下がってたり)が散らばっていて生活感があり。


緑の星では、ナウシカ風な姫様(中身はモンスリーやクシャナみたい)がメーヴェ風の乗り物に乗って谷を駆けてました。

「私の国」と言い切る姫様を知らずに、みんなの森として穏やかに共生している民も、深い森の奥にはいる。
彼らとのび太たちが助けあう姿を見るうち、水一杯分け与えることも考えなかった姫の心に変化が…

しかし緑の星の緑の民を統べる王族は、植物を虐げる動物のいる地球から植物たちを引き上げさせ、動物たち(とくに人間)に目にもの見せる強硬手段に出ようというのだが…

丸みのある太いラインで動くキャラクターの表情がチャーミングでした。
緑の国の会議や闘争など渋い展開もあり。後半はそのへんのゴタゴタが難しかったです。

ジブリっぽさは自然を題材にしてるからオマージュかな?とも思えますが、当時のファンの感想サイトを読むと「ドラえもんを観たくて劇場へ行ってるのに、なんでジブリごっこを見せられにゃならんのだ」というような反発が見受けられますね。
そうねぇ…

オープニング、粘土のアニメーションで動かしているのが新鮮でした。新シリーズになった意気込みは感じられます。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 18
ネタバレ

τ α さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

ドラえもん のび太と緑の巨人伝 を見て

ふと、見たくなったので、視聴ついでに感想を書きます。

物語は、主人公ののび太が裏山で見つけた小さな苗木を
育てようと持ち帰るが、ママに植えてはいけないと反対され、
ドラえもんに、植えなくてもいいように動けるようにしてもらい、
キー坊と名付け、育てる話。

2006年の映画からは水田わさびドラえもんによる第二期シリーズで、
第二期シリーズ初の映画ドラえもんのリメイクではないオリジナルストーリーでした。

この映画では、序盤にゴミの不法投棄や森林伐採などの環境問題が描かれ、
{netabare} ラストは、楽しい時を過ごした仲間が敵になり、
{/netabare}ドラえもんの中では、考えさせられた深い内容でした。
{netabare}
キセキで、タンマウオッチが発動したり、
絆を信じて暴走するキー坊を助けたりと、無理なところもあったと思います。
そう言えばのび太は、恐竜や台風など、凄いペットを育てて、
その経験も少しあるかもしれませんね。 {/netabare}

投稿 : 2022/10/01
♥ : 4

57.8 7 2008年冬(1月~3月)アニメランキング7位
ピューと吹く!ジャガー いま、吹きにゆきます(アニメ映画)

2008年1月12日
★★★★☆ 3.3 (10)
67人が棚に入れました
「ピヨ彦」こと酒留清彦は、就職も大学も蹴りギタリストを志望して、さまざまな芸能養成学校やプロダクションのオーディションを受けるものの、ひょんな事から謎の笛吹き男・ジャガージュン市に出会ってしまい、その先々でことごとく無理やりなシチュエーションで笛を吹かせようとするジャガーに妨害され、オーディションを落ちる日々が続いた。

最終的にピヨ彦はスター養成校・ガリクソンプロダクション(通称ガリプロ)にガリプロのノルマ達成のため、半ば無理やり入校することになったが、それとまったく同時にジャガーはガリプロのふえ科講師に就任することとなった。ギターによる音楽活動を夢見ていたピヨ彦であったが、何故かふえ科に入ることになってしまう。

計測不能 8 2008年冬(1月~3月)アニメランキング8位
ルイスと未来泥棒(アニメ映画)

2007年12月22日
★★★★☆ 3.3 (3)
25人が棚に入れました
ディズニーが贈るハートフルSFファンタジー・アニメーション。孤児院に暮らす孤独な天才発明少年ルイスが、未来の世界と自分の家族の運命を巡って悪者と対決する。 発明家を夢見るひとりぼっちの少年ルイスは、幼い頃に母と別れ、家族の記憶を持たずに生きてきた。彼は母親を探し出すため、忘れてしまった記憶を取り戻す画期的な装置“メモリー・スキャナー"を発明する。しかし、その発明品を山高帽の男に奪われてしまう。そんな時、ルイスは未来からやって来た少年ウィルバーと出会い、彼と一緒に未来の世界へと旅立つ。彼はそこで、ウィルバーの楽しい大家族と幸せなひとときを過ごす。しかし、その理想の未来世界が、あの山高帽の男によって変えられようとしていた。そして、それを阻止する鍵は、ルイスの過去に隠されていたのだった…。

声優・キャラクター
ダニエル・ハンセン、アンジェラ・バセット、トム・セレック、ウェズリー・シンガーマン

計測不能 8 2008年冬(1月~3月)アニメランキング8位
ペルセポリス(アニメ映画)

2007年12月22日
★★★★☆ 3.8 (5)
22人が棚に入れました
イラン出身でパリ在住のマルジャン・サトラピの半自伝的グラフィック・ノベルを、マルジャン・サトラピ自ら監督・脚本で映画化した長編アニメ。イラン革命に始まるイランの激動の現代史を、一人の少女の成長物語に重ね、生活者の目線から皮肉とユーモアを織り交ぜヴィヴィッドに描き出す。共同監督にはヴァンサン・パロノー。ヒロイン、マルジとその母タージの声を担当したのは、実生活でも母娘のキアラ・マストロヤンニとカトリーヌ・ドヌーヴ。 1978年のイラン。9歳の少女マルジはブルース・リーが大好きな元気な女の子。パパとママとおばあちゃんに囲まれ、何不自由ない生活を送っていた。しかし、革命が起きてイスラム政権が誕生すると生活は一変、反政府主義者として投獄されていたアヌーシュおじさんが戻ってくる一方、風紀は厳しく取り締まられ、さらには、イラン・イラク戦争も勃発してしまう。それでもマルジはパンクを愛し自由な心を失わない。しかし、そんなマルジの反抗心旺盛な言動は、自由主義の母をも不安にさせる。そして両親はついに、マルジを混乱のイランから遠ざけるためウィーンへと留学させることを決意する。

ワドルディ隊員 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

公明正大

このアニメは、1979年に起きたイスラム革命を題材とした
白黒のフランス映画である。原作である漫画名は
同名の「ペルセポリス」。
ちなみに、漫画のペルセポリスはベストセラーになる程、世界では
注目されている作品でもある。

内容を一行で言い表すと、マルジャン・サトラピ監督の体験談である。
いわば、伝記物だ。冒頭で、イラン革命に関する説明はされる
ものの事前に知識を入れておくと、理解がスムーズに進むの
ではないかと思われる。

見終わった感想だが、多少コミカルになっているものの
少女マルジが懸命に生きる姿をきちんと描いた作品だった。
監督自身の体験談ということもあり、非常に濃厚な作りに仕上がっている。

社会風刺がかなり強いのも大きな特徴。
印象に残っているのは、ゴジラを風刺として登場させたシーンだ。
余りにもストレートすぎて流石に笑ってしまった。まさか、
こういった形でゴジラを見れるとは思っていなかったからだ。
だが、当時のマルジたちの心境を表している大事な場面なので必要だと
いうのはよく分かる。やはり、ゴジラは比喩表現としても非常に
使いやすいということだろうか。ゴジラが世界でも愛される
理由の一つなのかもしれない。

ユーモアセンスあふれる点も忘れてはならない。
留学先で恋人ができたのだが、長続きはしなかったらしく、
本人はそのことを後悔していた。当初は、恋人が王子様に
見えていたのに、冷めたころには一転して
ダサいオトコに様変わりする場面は特に印象的だ。余りの落差に
腹を痛めそうになった程。

これは私だけかもしれないが、マルジが成長期を迎えたシーンは
特に印象に残っている。ぶっちゃけ、やりすぎである。
顎の肥大化、手や目の巨大化に留まらず、胸が大きくなった
反動を、尻が大きくなった反動で打ち消すなどセンスが
ずば抜けているのだ。どうすればそのような
発想を思いつけるのだろうか。
ここまでネタにできるのは、彼女自身の伝記物だからなのかと
自らレビューを書いていて改めて納得した。

そして、マルジを心から愛するお婆ちゃんの存在。
マルジと接する際、彼女が主人公に常々言い続けている
言葉「公明正大」。この作品を象徴しているといっても過言ではない。
お婆ちゃんの愛が骨の髄まで伝わってくる。

マルジャン・サトラピがどういった人生を歩んでいたのかに興味がある方
イランに興味がある方、強い女性を描いた作品を見たい方なら
一度視聴してみてはどうだろうか。
個人的には間違いなく良作だと思う。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 7

計測不能 8 2008年冬(1月~3月)アニメランキング8位
ひつじのショーン(アニメ映画)

2007年12月22日
★★★★★ 5.0 (1)
19人が棚に入れました
好奇心旺盛な羊のシェーンとその仲間たちが巻き起こす大騒動を描いた劇場用のクレイアニメ作品。物語は、3匹のいたずらブタ、赤ちゃんひつじのティミー、食いしん坊羊シャーリーといった、楽しい仲間たちと主人公のシェーンが大騒ぎを繰り返す一方で、牧羊犬ビッツァーがその後始末に追われるというドタバタ劇が展開される。なお羊のシェーンは、アカデミー賞短編アニメーション部門を受賞したクレイアニメ『ウォレスとグルミット、危機一髪』に登場し人気を集めたキャラクターで、今作でついに主人公の座を射止めたのだった。

計測不能 8 2008年冬(1月~3月)アニメランキング8位
シナモン the Movie / ねずみの物語(アニメ映画)

2007年12月22日
★★★★☆ 3.2 (4)
16人が棚に入れました
シナモンとそのかわいい友達たちが大活躍!
シナモンが暮らすカフェ・シナモンの女の子・アンナ役には石原さとみ、一般公募の中から名付けられたいたずらっ子の魔法使いチャウダー役は陣内智則が担当!さらに主題歌は韓国の大人気男性5人組グループ・東方神起が歌うことも話題! (ストーリー) ある晴れた日、もこもこ雲からいっぴきの子犬が産まれました。お空を散歩していると、どこからか、とってもあま~い、いいにおいがしてきます。子犬はそのにおいにつられ、雲からおっこちてしまいました。落ちた先は、アンナさんの自転車のカゴの中。子犬は「シナモン」と名づけられ、たくさんのおともだちができました。でも、魔法使い・チャウダーのいたずらでアンナさんは魔法の世界につれていかれてしまいます。「みんなでアンナさんを助けなきゃ!」シナモン、フレンズそしてチャウダーは魔法の世界へ、アンナさんを救う旅に出ます。

黒羽翼 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

シナモンのかわいさは異常v

ちょー子供向けだけど、
シナモンファンにはじゅうぶんの内容です!

まさか石原さとみが出てくるとは思わなかったけど、
それもまたかわいかったです♪

内容的には、同時上映のねずみ物語のほうが深かったかな。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 0

計測不能 8 2008年冬(1月~3月)アニメランキング8位
菅井君と家族石 THE MOVIE(アニメ映画)

2008年2月16日
★★★★★ 4.4 (4)
15人が棚に入れました
「秘密結社 鷹の爪」や「蛙男劇場」のFROGMANが2004年に初めて手掛けWEB上で公開されたFLASHアニメの劇場版。島根県在住のソウル・ファミリー“菅井家"のナンセンスな日常を独特のチープなタッチでキッチュに描く。

入入 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

ソウルフル

菅井&ザファミリーストーン一家の雑談がメイン。業界の "主流" をディスるタイプのパロディを扱ったフラッシュアニメ作品。印象としてはヒハン系サブカル作品みたいな感じ(テキトー)。貧乏人、黒人、パン寺、共産主義、ブス、大衆向け娯楽映画の内容とその制作者など、いろんなカテゴリを遠回しにディスる。罵詈雑言を並べてターゲットを貶すんではなくて、ディスる対象となるカテゴリの価値を貶めるような演出を用いてディスる。要は風刺。「一部でモテハヤされてるもんなんて見方変えればこんなもんでしょ」みたいな視点が充実。「世間でイイっていわれてるようなモンをコケにしてみたんで笑って下さい」、「あくまで冗談だからマジで受け取らないで下さい」ってところか。とはいえ、本作も見方次第ではルサンチマン解消行為に過ぎず、所詮は主流に飯喰わしてもらってるハイエナ・コンテンツ、と扱うのが妥当な気もしてくる。いやーなるほど、モノってのは見方次第でずいぶんと評価が変わっちまうもんなんだなぁ〜、とか思いながらそのディスりのスキルを堪能してたんだが、飽きたんで途中で観るのやめたw

投稿 : 2022/10/01
♥ : 0

Prism_Ace さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

島根の黒人家族のクレイジーな日常

鷹の爪劇場版と比べると本編シリーズの数珠つなぎ感がありますがそれなりに見応えはあります。
本編ではマスコット扱いだった宇宙人のキャラ掘り下げがあったりじいちゃんとばあちゃんの若い頃の回想シーンがあったり登場人物たちの本編では描ききれなかったところが補完が(申し訳程度に)されているのも見どころ。
おしゃれジャズ演奏シーンはFROGMANのFlashの本気が見られます。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 0

計測不能 8 2008年冬(1月~3月)アニメランキング8位
ビー・ムービー(アニメ映画)

2008年1月26日
★★★★★ 4.1 (4)
14人が棚に入れました
「シュレック」シリーズのドリームワークスが贈るCGアニメーション。新米の働きバチがハチミツの搾取を食い止めるべく人間界へ飛び出し、大冒険を繰り広げるアドベンチャー・コメディ。大ヒット・シットコム「となりのサインフェルド」の人気コメディアン、ジェリー・サインフェルドが主人公の声のほか制作と脚本も担当。共演に「シカゴ」のレネー・ゼルウィガー。 バリーは新米の働きバチ。毎日ハチミツを作り続ける仕事にウンザリした彼は、巣の外へ冒険に出ることに。そして、初めての人間世界を彷徨ったバリーは、心優しい花屋の女性ヴァネッサに救われる。これを機に彼女と意気投合するバリー。そんな彼はある時、スーパーで大量のハチミツを発見。やがて、自分たちがあくせく働いて作ったハチミツが人間に横取りされていると知ったバリーは、人間を相手に裁判を起こすのだった。すると結果は見事ミツバチ側の勝訴、バリーたちはハチミツを取り返す。しかし、巣にハチミツが溢れたことでミツバチが花の受粉を手伝わなくなったため、世界中の花が枯れるという事態を招いてしまう…。

三毛猫メリー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

ハチミツは誰のもの?

2021.1.28 吹き替え視聴完了。

《あらすじ》
大学卒業後バリーはハチミツ工場で
何の仕事につくか悩んでいた。
一生その仕事をやり続けることになるからだ。
みんなの憧れの的である花粉レンジャーは
生まれで決まり庶民にはなることができない。
そんなレンジャーと一緒にバリーは外に出かける。
バリーは人間と交流し、ハチミツが人間に
奪われていることを知り・・・


けっこういい話でした。
荒唐無稽な部分も多いのですが
そんな所を受け入れて見るといいと思います。
所々に笑えるシーンも入っており
飽きずに見終えました。

投稿 : 2022/10/01
♥ : 4

計測不能 8 2008年冬(1月~3月)アニメランキング8位
武者ケロ お披露目!戦国ラン星(スター)大バトル!!(アニメ映画)

2008年3月1日
★★★★☆ 4.0 (2)
13人が棚に入れました
『天空大決戦であります!』の同時上映作品となるショートアニメ作品。ケロン星本部はケロロ小隊に対し、地球侵略報告書の提出を怠った罰として特殊訓練プログラムを施すことに決めたという。それは、戦国ラン星に跋扈する武者ヴァイパーを退治せよとのことらしい。それが果たせなければ地球への帰還はない。鎧兜に身を包んだ彼等は果たして試練を突破できるだろうか。プラモデル化も果たしたお遊び企画“武者ケロ"がついに銀幕デビュー。これを皮切りにして、後にテレビシリーズにも派生していくことになる。

計測不能 8 2008年冬(1月~3月)アニメランキング8位
The World of GOLDEN EGGS THE BEST SELECTION & LIVE FILM with Turkey Paradise Orchestra(アニメ映画)

2008年3月8日
★★★★★ 5.0 (1)
11人が棚に入れました
アメリカの地方都市に似た雰囲気を持つ街、ターキーズ・ヒルに住むミュージシャン志望の“金の卵"たちの日常を描いたPLUS heads inc.制作のCGアニメ、『The World of GOLDEN EGGS』。ここで紹介するのは、2008年3月に、新宿高島屋テアトルタイムズスクエアにて行われたイベントにて上映されたもの。『The World of GOLDEN EGGS』全26話からより抜かれたベストエピソードと、2007年9月に新木場NES!PARTYで行われたターキーパラダイスオーケストラ デビューライブの模様が上映された。

計測不能 8 2008年冬(1月~3月)アニメランキング8位
ねずみ物語〜ジョージとジェラルドの冒険〜(アニメ映画)

2007年12月22日
★★★★★ 4.5 (3)
10人が棚に入れました
月の谷に住んでいるという光の竜をつかまえる旅に出た2匹のねずみが、過酷な冒険を通して友情を深めてゆく姿を描くアニメ。「シナモン the movie」と同時上映。

計測不能 8 2008年冬(1月~3月)アニメランキング8位
星空楽団(アニメ映画)

2008年1月19日
★★★★★ 5.0 (1)
9人が棚に入れました
絵本作家の三田圭介がアルバイト中に動画原稿用紙へと描いた画をきっかけにして完成したというアーティスティックな絵物語。屋根から屋根へと飛び歩く“星空楽団"に向けてひとりの男の子が、来るべき誕生日にギターを教えてほしいと手紙を書いた。しかし、その日はあいにくの雨。そんな中、一人の女の子が手いっぱいの何かを握りしめ星空楽団に近づいて来た……。下北沢にある短編映画館トリウッドにて上映された作品で、100点に及ぶ原画を凝ったカメラワークを駆使して紙芝居風に表現している。

計測不能 8 2008年冬(1月~3月)アニメランキング8位
タクザンドリア(アニメ映画)

2008年1月26日
★★★★★ 5.0 (1)
8人が棚に入れました
詳細不明

計測不能 8 2008年冬(1月~3月)アニメランキング8位
3匹のぶた&オオカミベビー(アニメ映画)

2008年3月1日
★★★★★ 5.0 (1)
3人が棚に入れました
平和なある街に、それぞれ家を持ったぶたの三兄弟が暮らしていた。満月の夜、悪いオオカミが彼らを襲って来た。オオカミに息を吹きつけられ、家を壊されて逃げ惑うサンディとリチャード。間一髪で近所のレンガ造りのメイソンの家に逃げ込む。悪いオオカミは何度も何度も息を吹きつけ、レンガの家を吹き飛ばそうとするがビクともしない。三兄弟は力を合わせ、なんとかオオカミを撃退した。すると次の日、メイソンの家の前にかわいい赤ちゃんが置き去りにされていた。三兄弟は赤ちゃんをラッキーと名付け、初めての子育てに奮闘する。愛情たっぷりに育てられたラッキーだったが、成長するにつれぶたとは違う自分の容姿に疑問を持つようになる。実はラッキーは、オオカミたちのある極秘作戦のためにスパイとして送り込まれたオオカミの赤ちゃんだったのだ。
ページの先頭へ