1917年春(4月~6月)に放送されたアニメ一覧 3

あにこれの全ユーザーが1917年春(4月~6月)に放送されたアニメを評価したーデータを元にランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年09月18日の時点で一番の1917年春(4月~6月)に放送されたアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

×

絞り込み

年代別アニメ一覧

計測不能 1 猿と蟹(サルとカニの合戦)(アニメ映画)

1917年5月20日
★★★★☆ 3.2 (3)
12人が棚に入れました
1912年に創設された日活(当時・日本活動写真株式会社)の向島撮影所が、大正6年(1917年)に制作した本編5分の作品。本邦2作目のアニメ映画でもある。 狡猾な猿は蟹の握り飯を欲しがり、言葉巧みに自分が持っていた柿の種と取り替えさせた。だがもう捨てるばかりと思っていた柿の種は大きな木に育ち、豊かな実を宿す。猿は今度はその柿の実が欲しくなって……。 時代を超えて広く知られるおとぎ話をもとにしたアニメ映画。企画・作画・演出を手がけたのは、大正期に美術雑誌「現代の洋画」を編集発行していた洋画家・北山清太郎。日活でも活躍し、当初は映画のタイトル部を制作していた北山は、やがて同社の漫画および字幕制作部の主任に就任。1915年頃からアニメ制作の研究を始めて、翌16年には本作の撮影に入ったが、本邦最初のアニメの栄誉は天活の『芋川椋三玄関番之巻』に譲った。

イカちゃん☆休止中

★★★☆☆ 3.0

☆大正時代のアニメ

現存してるみたいです。映像的にこの作品だと思います。

北山清太郎さんという洋画家の人がアニメ作家に
なられたようです。日活らしいですけど当時は
サイレント(無声)で女優さんも男性だった時代です。


音がなく画像も粗くなんとも感想は言えません。


1917年5月20日公開

投稿 : 2019/09/14
♥ : 1

計測不能 1 茶目坊新画帳 蚤夫婦仕返しの巻(アニメ映画)

1917年4月28日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
初の国産のアニメ映画である『芋川椋三玄関番之巻』を制作したマンガ家の下川凹天によるアニメ映画。『芋川椋三玄関番之巻』、『凸凹新画帳・名案の失敗』に続く第3作目にあたり、前2作同様に浅草・キネマ倶楽部にて上映された。なお、資料、フィルム等が残っていないためストーリー等は不明。下川凹天は1916年~1917年の1年半の期間に計5本のアニメ作品を制作したが、原画をトレスするのに電球の直射光を使用したことで目を悪くし、制作会社の天然色活動写真株式会社(天活)を退職した。

計測不能 1 芋川椋三宙返りの巻(アニメ映画)

1917年5月1日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
初の国産のアニメ映画である『芋川椋三玄関番之巻』を制作したマンガ家の下川凹天によるアニメ映画第4作。浅草・キネマ倶楽部にて上映された。資料、フィルムが現存していないため、ストーリー等の詳細は不明だが、タイトルからするに、『芋川椋三玄関番之巻』と同じく、「芋川椋三」なるキャラクターが登場するものと思われる。この当時は、国内にアニメーション制作に関するノウハウはなきに等しく、下川や同時期のアニメ作家・北山清太郎らは、外国産のアニメ映画を見つつ、手探りで撮影方法を模索していったという。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ