1930年春(4月~6月)に放送されたおすすめアニメ一覧 3

あにこれの全ユーザーが1930年春(4月~6月)に放送されたおすすめアニメを評価したーデータを元にランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年11月15日の時点で一番の1930年春(4月~6月)に放送されたおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

×

絞り込み

年代別アニメ一覧

計測不能 1 1930年春(4月~6月)アニメランキング1位
煙突屋ペロー(アニメ映画)

1930年4月13日
★★★★☆ 3.2 (3)
11人が棚に入れました
1930年に、京都のアマチュア映画グループ・童映社が制作した全23分の影絵アニメーション。 トム・タム国に住む、煙突掃除人のペロー少年。彼は鷲から鳩を救い、その鳩からお礼に「兵隊の出る卵」を貰う。だがペローは帰国した王子の汽車を弾みで壊し、死刑を宣告された。そのとき、戦争が勃発。ペローは「兵隊の出る卵」を使って殊勲を挙げ、罪を許されて英雄になった。しかし釈放されて故郷に帰る途上で彼が見たもの、それは戦禍に荒廃した町の姿だった……。 当時の日本の主戦論拡大を背景に、反戦メッセージを込めて作られた作品で、童映社の影絵アニメとしては3作目にあたる。本作は1986年にそれまで行方不明だったフィルムが発見されるものの、当時の内務省の検閲によるものか後半4分の1が喪失。その喪失部分をシネマ・ワークとグループ・タックが復元して、さらに全編をトーキー作品へと作り直したものが現在のバージョンである。

イカちゃん☆休止中

★★★★☆ 3.4

☆幻の影絵アニメ

なかなか深い内容です。

無声音作品に「まんが日本昔ばなし」の
常田富士夫さんがナレーションを担当
しました。

1930年童映社

投稿 : 2019/11/09
♥ : 2

計測不能 1 1930年春(4月~6月)アニメランキング1位
猿正宗(アニメ映画)

1930年6月1日
★★★★☆ 3.1 (1)
3人が棚に入れました
1930年に横浜シネマ商会が制作した作品で、「阿州奇事雑話」に載っている昔話を題材にした8分のサイレントアニメ。
製作した村田安司は「のらくろ伍長」「動物オリンピック大会」など、切り絵アニメによる子供向け教育漫画映画の先駆者であった。
なお、この作品はサイレントだが、後にトーキー化されている。

計測不能 1 1930年春(4月~6月)アニメランキング1位
お関所(アニメ映画)

1930年6月5日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
箱根の山の関所にやってきた旅芸人の一座の物語です。
通行手形を持っていなかったが、芸をすれば通してやると言われ、猿回し、支那手品と賑やかに楽隊まで繰り出し関所を通ります。
オリジナルはイーストフォンのレコード式トーキーで、全2巻463m18分だが、現存版は後半のみで音声が欠落している。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ