1935年夏(7月~9月)に放送されたアニメ一覧 3

あにこれの全ユーザーが1935年夏(7月~9月)に放送されたアニメを評価したーデータを元にランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年09月15日の時点で一番の1935年夏(7月~9月)に放送されたアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

×

絞り込み

年代別アニメ一覧

計測不能 1 海の水はなぜからい(アニメ映画)

1935年9月12日
★★★☆☆ 3.0 (1)
3人が棚に入れました
お正月の支度もできないほど貧乏な弟が、お金持ちの兄のもとを訪れ、正月に飾る鏡餅を借りようとお願いします。
無下に断られてしまった弟は、不思議な老人と出会う。
製作:横浜シネマ商会、作画:村田安司、脚色・青地忠三

計測不能 1 ビール万才(アニメ映画)

1935年6月20日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
詳細不明

計測不能 1 蟻と蛙(アニメ映画)

1935年9月16日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
戦前・戦中のアニメ作家の中でも重要な1人である大石郁雄が制作を担当したアニメーション映画。上映時間は9分。元々、1930年頃に創設された大石光彩映画社という独立スタジオでアニメ制作を担当していた大石だが、同スタジオは1933年にPCL映画制作所の傘下に入っている。本作はPCL時代の大石が『狐狸の達引』『ポン助の春』『カチカチ山』に続いて制作を担当した作品にあたる。キャラクターのデフォルメや動きなどに非凡な才能を持っていた大石だが、この後は子供向け映画を離れ、軍の教育映画の制作を担当することとなる。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ