1943年秋(10月~12月)に放送されたアニメ一覧 2

あにこれの全ユーザーが1943年秋(10月~12月)に放送されたアニメを評価したーデータを元にランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年09月15日の時点で一番の1943年秋(10月~12月)に放送されたアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

×

絞り込み

年代別アニメ一覧

計測不能 1 マレー沖海戦(アニメ映画)

1943年11月26日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
1人が棚に入れました
太平洋戦争の初期、日本海軍航空隊がイギリス海軍のプリンス・オブ・ウェールズとレパルスを撃沈したことで有名な「マレー沖海戦」を元にした26分の長編アニメ映画。戦意高揚を目論む海軍省が、『桃太郎の海鷲』と同時期に企画。実制作はアート志向のアニメ作家の草分け大藤信郎が担当した。海軍の爆撃機隊が英国の戦艦を爆撃していく姿が、大藤が得意としていた影絵とセロファン切り絵によって、実写さながらの迫力で描かれている。完成度は高かったものの、当時の大衆人気は『桃太郎の海鷲』の後塵を拝した。

計測不能 1 お猿三吉 奮戦記(アニメ映画)

1943年11月11日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
瀬尾光世が設立したアニメ制作スタジオ、日本マンガフィルム研究所が制作したアニメ映画。上映時間は約9分。同社の人気シリーズ「お猿三吉」シリーズの1本であり、現在確認されている日本マンガフィルム研究所の最後の作品でもある。監督と作画を担当したのは、マンガ家兼、アニメーターであった片岡芳太郎。片岡は、本作ほかの「お猿三吉」シリーズ4作品の監督・作画を1人で担当している。なお片岡は、同社の解散後は、カラーアニメの制作に関わりつつ、貸本マンガ家としても活動したとされる。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ