1950年春(4月~6月)に放送されたおすすめアニメ一覧 1

あにこれの全ユーザーが1950年春(4月~6月)に放送されたおすすめアニメを評価したーデータを元にランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2021年12月08日の時点で一番の1950年春(4月~6月)に放送されたおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

×

絞り込み

年代別アニメ一覧

70.0 1 1950年春(4月~6月)アニメランキング1位
トムとジェリー(TVアニメ動画)

1950年春アニメ
★★★★☆ 3.8 (100)
540人が棚に入れました
誰もが知っている人気コンビ「トムとジェリー」。宿敵の2匹は体力と知力の続く限りバトルを繰り広げていきます。勝敗はというと…。いつでもマヌケな"トム"とクールな"ジェリー"ではいまさら言うまでもないのでしょう。いつもいつもケンカばかりしていても実はとっても仲がいい彼ら2匹。
ネタバレ

ぶらっくもあ(^^U さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

改め観れば辿れば実は驚作?

時代超えて世代超えて国超えて、愛され続ける猫さんとネズミさん。
同時によくよく観るととんでもないな~コレはみたいな、、

初見1964年、既に半世紀前だけど、、
これは日本初放映時で実際作られたのは更に過去らしい、
MGMハンナバーベラ第一期とされる作品群が1940~1958年、、って、
大東亜戦争中からなのね(汗)
後に何度もリメイクされ其々の世代の方のトム&ジェリーあるでしょうけど、
私にとってはトム&ジェリーと言えば第一期物になるみたい、
蟻さん軍隊やら金魚さんやら赤ちゃんやらカニさんも、、、
色んなエピソードあってね、
全部無茶楽しいギャグなんだけど初期のものほどヌルヌル動く、

このヌルヌル動くという表現は、
俗に謂われるフルアニメーション指す場合多く、
これに追するリミテットアニメーションもあり、
これはどちらが良い悪いではなく、
どちらもアニメ表現方という事からすれば欠かせないもの、
ムービーフィルムは一秒24コマ、
この24コマ毎に24の変化を割り当て、
動画表現しているカット(場面)部分がフルアニメーション、

といっても猫だろうが鼠だろうが何だろうが、
動作的に静止する場面あるわけで、
其処は止め画でもよかったりといった、
表現上の理由でコマ割り当ておとしたリミテッド技法もあるだろうし、
当然ながら人件費或いは制作時間といった物理的理由もあるだろう、

ただフルアニメーションで表現されたカットが多いほど、
ヌルヌル感は増すわけで、
今では考えられない程の手間人材かかってたんだろうね、

トム&ジェリー毎週観てた、或いは毎日、、
それは出来上がったものの輸入だったり再放送だったりの理由だし、
ハンナバーベラ第一期各作品実際の制作年月等観ると、
一話につき2~3か月或いはそれ以上かかってる作品もあるようで、
一話初期の作品で6分30秒くらいだから、
正味6分に数か月かけてたと、、
リテイク計算繰り返し物理法則逆手に、
観様によってはコンマ数秒間にかける執念すら感じる、

BGMってこの場面ではこの曲流そうっていう感覚なんだろうけど、
トム&ジェリーのBGMってのがまた凄い、
スクリーンに試写みたいなの放映しつつ、
フルオーケストラがキャラ動きや場面に併せ演奏してんのかな?
くらいとにかくキャラのまばたき一つ取っても合ってる、、、
音楽や作画項目満点なのはそんな理由、

まあ観る方は只々単に面白い、笑える、懐い、
それで正解なんだけどね、

という事でトムとジェリーの私的楽しみ方等少々、
{netabare}
wikiでトムとジェリーの短編作品一覧というのがあります、其処にハンナバーベラ第一期1940~1958時系列で117作品あって其々ごく簡単な作品紹介(蟻初登場とかオットセイ唯一登場回とか)書いてある、これ参照しつつkiss○nime等(こちらでも利用者多いんじゃないかなUSAアニメ紹介サイト)のCartoon list内の(Tom and jerry Classic Collection)というのが上記一覧と概ね一致、閲覧タグページにも画面上部に各話エピソード検索付いててすぐに飛べて便利です、当然和訳や吹き替え無しですがトム&ジェリーに関してはさほど問題無し、{/netabare}脳みそ疲れたとき等これでけっこう癒されてます。

投稿 : 2021/12/04
♥ : 25

arias さんの感想・評価

★★★★★ 4.7

自分用メモです

ネコとネズミの追いかけっこ/ギャグ/パイ投げ/アカデミー賞作品等/著作権切れ作品あり

トムとジェリー一作目は1940年『Puss Gets the Boot』。それから制作陣は変わっているもののなんと2013年現在も作り続けられている息の長い作品
とはいえ1986年にワーナー系列に制作陣が移籍してからは芸風も変わり似つつもまったく別の作品になった。これ以降の作品はそれほど見てもないし好きでもない。感想は86年以前のもので。

家に住み着く狡賢いネズミを意地悪な飼いネコが追いかけるというのが基本スタンス。家の中にあるパイやトンカチなどのギミックを使って面白おかしく繰り広げられる。回によっては池や船、コンサートホールだったりするけどいろいろなギミックを置きやすい家の中を描いた作品が多い。なおネズミが勝つのがお決まりである
動作の画が美しくとても滑らか。もちろんこの時代なので手書き。戦前のクオリティとは思えない
この動作の画に加わるのがクラシックを中心とした多彩な音楽。画が出来上がってから音楽をつけているようでとても場面場面にマッチしている
大抵の作品にセリフはない。効果音のみ



1940年2月10日の『Puss Gets the Boot』から1953年11月21日の『Life with Tom』まで79作品は著作権が切れている。作品名を検索すれば動画サイトで視聴できる


以下特に好きな作品。著作権切れてる中でオススメの作品

『Puss Gets the Boot』
シリーズ第一作。この作品のみトムはジャスパー、ジェリーはジンクスという名前になっている

『The Yankee Doodle Mouse』
アカデミー賞作品。風刺、政治色が強い作品。ダイナマイトを渡しあう有名なシーンがある

『The Night Before Christmas』
トムの本当の性格がわかる作品。クリスマスが関係してるってところがアメリカらしいなぁ、と

『Professor Tom』は子猫、
『Little Quacker』はアヒルの子が出てくる話

『The Cat Concert』
アカデミー賞作品。超おすすめ。著作権切れてるからネットに転がってるし暇なら絶対に見て欲しいくらい。画と音楽がとても融合している。ちなみに曲目はハンガリー狂詩曲第2番のアレンジ
ギャグの表現上仕方ないんだろうけどハンマーが弦の上についてしまっている。これじゃ鍵盤から手を離した時にしか音が出ない

『The Two Mousekeeters』
アカデミー賞作品。ニブルス登場作品。最後のシーン、ギロチンにかけられてるけどトムはダイナマイトで吹き飛ばされても生きてるので……

『The Missing Mouse』
ホンモノの白ネズミを見つけた後ヨボヨボになるトムがかわいい。ポリゴンショック並の激しい点滅シーンがあるので注意

投稿 : 2021/12/04
♥ : 3

イムラ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6

金字塔

<2018/1/6初投稿>
子供の頃観てました。
夕方に毎日延々と再放送が流れ延々と観ていた記憶があります。

内容は
主人公の猫トムとネズミのジェリーの追っかけっこ。
1話10分くらいのショートアニメです。
基本パターンは
ジェリーがトムにいたずら
→怒ったトムがジェリーを追いかけ回す
→捕まえたジェリーをトムがいじめる
→ジェリーが非人道的な仕返し
→トムがジェリーを追いかけ回す
の繰り返し。
基本、台詞はなし。

テンポが抜群で強烈なジェリーの仕返しが楽しく何回見ても飽きませんでした。

アニメの動きがとてつもなくなめらか。
私が見ていた頃でも時代により3、4種類の絵柄が混在してましたが一番古い絵柄の時が一番なめらかでしたね。
トムがクラシックコンサートの指揮をする回などでは音楽とキャラの動きが完璧に合ってました。
当時としては凄いことなんじゃないでしょうか。
異常なまでのハイクォリティです。

当時と言いましたが、子供の頃、同級生のお母さんが「私も子供の頃に観てたよー」とか言ってたの思い出しました。
いつからやってたんだよ、と調べたら初回は第二次大戦中に製作。
恐ろしいΣ(゚д゚lll)
このクォリティで。
私は勝手に「アニメの歴史の中での金字塔」と思ってます。

ちなみに、最近までトムとジェリー製作されてたらしいんですが、最近のはどうやらいじめにつながる、ということでただの仲良しな猫とネズミのお話になってます。
トムはジェリーを虐めたりしないし、ジェリーもトムを非人道的に追い詰めたりしません。
CSでやってるのちらっと見ましたが気持ち悪い。

観るなら昔のをお勧めします。

投稿 : 2021/12/04
♥ : 38
ページの先頭へ