1954年夏(7月~9月)に放送されたおすすめアニメ一覧 2

あにこれの全ユーザーが1954年夏(7月~9月)に放送されたおすすめアニメを評価したーデータを元にランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年11月14日の時点で一番の1954年夏(7月~9月)に放送されたおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

×

絞り込み

年代別アニメ一覧

計測不能 1 1954年夏(7月~9月)アニメランキング1位
子ぐま物語(アニメ映画)

1954年8月6日
☆☆☆☆☆ 0.0 (1)
10人が棚に入れました
シンクレア・ルイスの書き下ろし童話『ボンゴ(がんばれバンゴ)』と、ミッキー、ドナルド、グーフィーの3人が登場する『ミッキーの豆の木(巨人征服)』の短編アニメ2本立てを劇中劇で送るディズニー・アニメ。「ボンゴ」の方はアメリカン・ポップス・ミュージックの第一人者、ダイナ・シュアが歌とナレーションを務めるアニメで、子ぐまのボンゴが大活躍する愛と勇気の物語。「ミッキーの豆の木」は童話『ジャックと豆の木』の脚色版で、どちらもいつものディズニーアニメのように高水準の出来。しかし何と言ってもこの作品の目玉は語り手として登場する腹話術師エドガー・バーゲン(キャンディス・バーゲンのお父さん)で、作品の途中に織り混ぜられる二体の人形とのやりとりは大笑い! 意外なラストや「ピノキオ」のこおろぎ、ジムニー・クリケットも登場する出血大サービス映画の1本。

計測不能 1 1954年夏(7月~9月)アニメランキング1位
ファン・アンド・ファンシーフリー(OVA)

1954年8月9日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
ディズニーの長編アニメ9作目。

戦時中スタジオを移している時、製作されたオムニバス・シリーズ6作のうち第4作に当たる。
ボンゴ(ナレーション:ダイナ・ショア)
ミッキーと豆の木(ビデオ版=ミッキーのジャックと豆の木)
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ