1990年秋(10月~12月)に放送されたおすすめアニメ一覧 42

あにこれの全ユーザーが1990年秋(10月~12月)に放送されたおすすめアニメを評価したーデータを元にランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年11月23日の時点で一番の1990年秋(10月~12月)に放送されたおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

×

絞り込み

年代別アニメ一覧

72.2 1 1990年秋(10月~12月)アニメランキング1位
機動警察パトレイバー 後期(OVA)

1990年11月22日
★★★★☆ 3.9 (86)
576人が棚に入れました
『機動警察パトレイバー』(きどうけいさつパトレイバー、Mobile Police PATLABOR)は、1988年を基点とした10年後からの数年間の近未来の東京を中心とした地域を舞台とした漫画およびアニメ作品である。本作は、設定・時間軸共にTVシリーズの延長にある作品。

ひげ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

後期と区別されてますが、要はTV版の続き,

現在のDVDではOVAとは書いてあってもパッケージはまとめられています。レンタルなんかでも必ず連続でおいてあります。紛らわしいですからね。
TVシリーズが打ち切りというか枠あけてもらえませんか?っていわれて、はいりきらなかった分をあとで出しました。あくまでこの作品はTV版です。

VHSのときは新作1話、おまけで放送済みのTVシリーズ各3話という不思議な構成。
グリフォン戦の製作を待ちながら発刊されてまして、いまとは順番がまったくちがいました。グリフォン→別の話→グリフォンみたいな。
全話終了後のLDからその痕跡はなくなってしまいました。

当時はもう楽しみで楽しみで・・レンタル解禁日は親の会員カード片手にダッシュで奪取してました・・。
大友との戦争ですよマジで。ミスったときは本人にいつ返す?とか店員に返ってきたら取っといてとか聞いてたな。だいたい昔は新作って当日返却っすからねw
いまだとちびっ子は親いないとレンタルしてくれないよね・。

火の七日間、ふたりの軽井沢、ほかバカバカしいパトレイバー節全開の作品おおし。最終回前にこれはないだろ?っていうポカン計画もやらかしてます。
特車二課が生まれる未来はこれから来んだからさみしくないぞ!みたいなアニメ誌のあおりがなんとも印象的。
いつの間にかとっくにすぎちゃったよw

投稿 : 2019/11/16
♥ : 7

シェリングフォード さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

パトレイバー好きなら死ぬほど楽しめる。だから死なない程度に楽しんで。

TV版パトレイバーの続きの話です。
“グリフォン”との再戦が一番の目玉となっています。1話から4話までのこの話はやはり面白い。目が離せません。
しかし、その後の5話から16話までの話は一味違います。このNEW OVA版でも「パトレイバー」は完結はせず、
グリフォン戦の後からは、パトレイバーメンバーを、レイバーの関係ないところで遊ばせます。サイドストーリー的な。
やれ、歯が痛いだの、わきの下にほくろのある犯人を捜せだの、子猫を拾ったり、くだらないことをやります。
まあそれが面白くて、好きで観ているんですけどね。実際ほんとにくだらないものも少なくないんだけど。
脚本には映画を監督された押井守さんも何話か担当していて、観ているとなんとなく「あ、これは押井さんだな」と、分かるのが面白いです。
そうやって観るのもひとつの楽しみ方かもしれません。脚本の違いね。

個人的にこれは面白いと思うのは、第8話「火の7日間」、第9話「V.S(バーサス)」、第12話「二人の軽井沢」、
第14話「雪のロンド」、そして最終話である第16話「第二小隊異常なし」です。この5話は文句なしに面白いです。
せっかくなんでこれらについて少し内容に触れておきたいと思います。
というかまあ、すごくお勧めしたいので、頑張って好奇心をつついてみる。紳士にエロく。まあ冗談ですけど。

■「火の7日間」は整備員たちの風俗の乱れに榊班長が怒り、規則を厳しくしたことに始まる。繁さんはなんとか榊さんを説得しようとするが、逆に言い包められ整備員たちをナチ並に弾圧し取り締まる。が、しかし整備員たちも黙ってはおられず派閥を作り、反旗を翻していくというなんともオモシロおかしな話。篠原のナレショーンで進んで行くのだが、鬼気迫るような語りが逆に笑える。一番笑ったのは繁さんが榊さんに寝返ったこのことを、「上海亭の裏切り」と呼んだこと。もうこれには腹を抱えて笑いました。
■「V.S」は、第二小隊初の慰安旅行で、香貫花も参加するんだけど熊耳さんと火花を散らす展開になってしまう。なだめようとしても結局言い合いになってしまうし、後藤隊長は逃げるしで、もう大変。皆それぞれの個性が良く出ていて面白いし、笑える。僕は香貫花派です、はい。
■「二人の軽井沢」南雲さんと後藤さんが出張先から急いで(半分意地で)帰ろうとするけど、台風でどこの道路も封鎖されてしまっていた。そのまま戻って恥をかくのは嫌なので、仕方なく近くのホテルで一泊することに。一晩寝るだけならどこでもいいじゃないかと、後藤さんはラブホテルに入ろうとする。戸惑う南雲さんがとても可愛くて、何か起きてしまうんじゃないかとそわそわする1話。僕はこのお2人が好きだから、この話も好き。顔が赤くなる南雲さんはけっこうレアですよ。
■「雪のロンド」は不思議な話。それは夢だったのか。篠原は同窓会に出向き、昔好きだった女の子に会う。それからも何度か会うのだけれど、少し目を離すと、彼女はふっと消えてしまっている(村上春樹の小説みたいだ)。彼女が好きだった写真には、雪が街路樹を真っ白に染める。木に挟まれた道路をじっと見ていると、白い闇に吸い込まれそうになる。どこに繋がっているのかも、それが繋がっているのかさえわからない。ただ赤い風船だけが、しるべとなる。何もかもがはっきりとしない中、篠原はその娘を追い求める。
■「第二小隊異常なし」最終話となるこの話は、どちらかというと切ない話になる。日常の1ページに過ぎないのだが、失われたもの、またはすでに過ぎ去ったものと向き合うことになる。今のこうした時間がどのくらい価値のあるものなのか。それをなんだかわからないけれど、じんわりと感じる。最後を飾るにふさわしい1話です。

と、まあこんな感じで、パトレイバー好きにはたまらないこのNEW OVA版です。いつの間にか僕もパトレイバー好きになってしまっていた。
『パトレイバー』のことを一切知らない人は、TVアニメ版かOVAか映画第一弾から入るといいと思います。その後にこれを。
上の5つの話はほんとに面白いのでぜひ。
あでゅー。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 8

Zel さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

第二小隊異常なし!

1990年発売のOVAシリーズ

オリジナルストーリーを絡ませた全16話
本編であるグリフォン篇完結編は作画も綺麗で手に汗握る迫力だ
しかし個人的にこのOVAシリーズの焦点はオリジナルストーリー部分にあると思う
慰安温泉旅行編やら二人の軽井沢編やら面白ろすぎる
各キャラクターの個性を如何無く発揮していて爆笑できる
これぞパトレイバーという仕上がりです

香貫花・クランシー巡査部長を演じる(故)井上瑤さん
機動戦士ガンダムのセイラさんとハロも演じられてました
セイラさんとハロ、同じ声優さんだったのですね

投稿 : 2019/11/16
♥ : 13

67.0 2 1990年秋(10月~12月)アニメランキング2位
ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦~フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父~(TVアニメ動画)

1990年秋アニメ
★★★★☆ 3.6 (110)
643人が棚に入れました
全宇宙一の戦闘民族サイヤ人の住む惑星ベジータで一人の男の子が産声をあげた。その名は「カカロット」、後に孫悟空となる男の子である。同じその頃、サイヤ人戦士「バーダック」の一味はカナッサ星を攻めていた。彼、バーダックこそがカカロットの父である。大猿と化したバーダックたち5人のサイヤ人によって、カナッサ星は一夜にして陥落した。翌日、仲間から「息子の誕生祝い」などとからかわれながら休憩を取っていたバーダックに、カナッサ星人最後の生き残りであるトオロが襲い掛かる。トオロはバーダックに不意打ちを浴びせ、バーダックの仲間たちの攻撃を食らいながらも「お前に未来を予知できる幻の拳を放った。未来を見てせいぜい苦しむがいい」と嘲笑いながら絶命。その直後にバーダックは意識を失ってしまう。カナッサ星の制圧の報は、それをサイヤ人に命じたフリーザの元へと入る。しかし、名もない下級戦士たちが予定より1ヶ月も早く惑星の制圧を完遂したことで、フリーザの側近ザーボンは、個人では大した強さを持たないが、徒党を組むことでとてつもない力を発揮するサイヤ人たちに対して危機感を抱き始め、フリーザとドドリアの前でそのことを吐露した。数日後、バーダックの傷はほとんど完治していたが、脳波に異常があると診断された。次の命令は惑星ミートの制圧に決まったが、トーマたちはバーダックの容態を気遣い、彼を残して出発する。フリーザによってサイヤ人が滅ぼされるという夢を見た後意識を取り戻したバーダックは、仲間に置いていかれたことを知って自分も惑星ミートに向かおうとするが、その途中で自分の息子、すなわちカカロットとの初めての対面を果たす。

声優・キャラクター
野沢雅子、曽我部和恭、三田ゆう子

じぇりー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

うろ覚えだけどレビュー書いちゃう★

★評価は内容うろ覚えなので、触らないことにします。。。

ドラゴンボール本編の主人公・孫悟空の父、バーダックの物語。
印象に残っている点:

・バーダックの仲間たちの名前の安直さ。
 →サイヤ→さいや→やさい→野菜 で、やはり野菜シリーズの名前。

・でも紅一点のセリパはカッコよくてお気に入り。サイヤ人に女戦士いたんだね!声も三田ゆう子さんということもあり、ほぼ同時期に放送されていた「ドラゴンクエスト 勇者アベル伝説」のディジィそのもの。ディジィいいよね!

・子供時代のベジータが登場して、うまい棒みたいなものを食べながらしゃべっていたシーンが未だに鮮明に頭に残っている。子供なのに、声が堀川さんのままだったことにかなりの違和感があったことも起因していると思われる。

・ストーリーは副題でほぼ内容が想像できてしまう。

ドラゴンボールは、原作もTVアニメもこの頃くらいまで(フリーザ倒すまで)でよかったと個人的には思っているので、このスピンオフはいいタイミングで出た作品だったと思う。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 2
ネタバレ

血風連あにこれ支部 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

DBにはアニオリキャラなのに異様な存在感を持つ男が二人いる

一人はブロリー。
そして、もう一人は…。
そう、この男。悟空の父であるバーダック。

アニオリなのに鳥山先生が気に入っちゃって原作漫画に逆輸入しちゃったんですよね~。
更に人気があったからか、エピソードオブバーダックなんて後付け話まで作られたり、ゲームでは仮面のサイヤ人として謎の存在感を誇っていたり。
とにかくアニオリスペシャルに出ただけのゲストキャラなのに至れり尽くせりの持ち上げられっぷりである。
まあ格好良いからしょーがない。格好良さは正義。

この話はフリーザ戦の結構前、ギニュー特選隊と戦ってる時あたりに放送されたんですよね。
このエピソード一つだけでも、フリーザという「悪」の存在を際立たせる効果が凄くあったと思います。
劇中歌のソリッドステートスカウターも凄く良くて、DBのオリアニスペシャルとしてはまさに珠玉の出来だったと思います。

ちょっと話はそれますが、今うしおととらを見てて。
{netabare}うしとらは強大な悪に徒党で立ち向かったルートだとすれば、この作品は単騎で絶望に抗いつつカカロットという希望に後を託した話かと思うと妙に感慨深く思えてきます。
この二つの作品、世界観は結構違いますが……。
強大な悪に立ち向かうという路線ってのは、少年誌的には王道ど真ん中でいいものだなと思います。{/netabare}

投稿 : 2019/11/16
♥ : 7
ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

後付けでも熱いドラゴンボール0

『ドラゴンボール』は元々、{netabare} ピッコロ大魔王戦{/netabare}で完結する構想。
その後、『Z』の原作部分は言わば果てのない延長戦。

ジャンプの苛烈な引き延ばし要求で破綻し力尽きた漫画も多い中……。
サイヤ人だの、フリーザだの、ギニュー特戦隊だの、
後付けで次々と設定を貼り付け、
物語壊滅の劇薬である能力のハイパーインフレや集英社と
折り合いを付けていく……。

この辺りが漫画家・鳥山明氏の卓越したサバイバル能力。
ですが、フリーザ編は作画にも延長戦の疲労の色が滲み出ていた苦しい時期。

超(スーパー)サイヤ人は怒り。
その感情に説得力を持たせ、さらなる能力インフレを読者に是認してもらうため、
原作ではフリーザの凶度を後世まで語り草になるくらい最大化したが、それだけじゃまだ弱い。

そこで {netabare}アニメ版のフリーザ戦を前に、
悟空の父の代とフリーザとの間に並々ならぬ因縁を追加しよう……。

そんな構想で悟空生誕時の歴史にねじ込んだのが、このTVスペシャルアニメ。{/netabare}

アメコミ映画なんかでも、エピソード0はスタート地点というゴールが見えており、
道筋が脱線しづらい分、良作が多いのですが、
それはジャパニメーションの本作でも同様。

未来予知の呪い設定を上手く絡めて、
既に視聴者が見えている悲劇のカタルシスを最大化。
そこに{netabare} 特攻していく悟空の父・バーダックの
悲壮なキャラの魅力を存分に引き出すことに成功しています。{/netabare}

フリーザ様の悪名もアニメオリジナルストーリーでがっちり補強w
個人的にフリーザ様が{netabare}グズグズしていた部下もろとも、惑星ベジータを爆散させて、
花火大会に興じる、そのゲスな高笑いw
本作はフリーザ様のベストオブ暴虐非道だと思っていますw {/netabare}


一昔前まで、再視聴には結構難儀するTVスペシャル番組でしたが、
最近は動画配信で気軽に見直すことができるようになりました。
良い時代になったものです。


サイヤ人の誇りだけでなく、
フリーザ様の暴挙を堪能したい方にもオススメなスペシャルアニメです♪

投稿 : 2019/11/16
♥ : 19

65.1 3 1990年秋(10月~12月)アニメランキング3位
THE 八犬伝(OVA)

1990年10月25日
★★★★☆ 3.7 (18)
77人が棚に入れました
 滝沢馬琴(曲亭馬琴)の読本「南総里見八犬伝」をベースにした伝記ロマン。8人の若武者たちの活躍を、よりアクション色の強い描写でアニメ化した全6話のOVAシリーズだ。監督は「魔法のスターマジカルエミ」などで知られる安濃高志、脚本はアニメのみならず『轟轟戦隊ボウケンジャー』などの戦隊シリーズでも活躍する會川昇が担当。キャストには関俊彦、伊藤美紀、日高のり子、玄田哲章、山口勝平ほか豪華な声優陣が揃っている。 安房の大名・里見義実の娘・伏姫と、その愛犬・八房は、不思議な婚姻関係によって結ばれ、やがて彼女は8個の珠を生んだ。「仁、義、礼、智、忠、信、孝、悌」の不思議な運命を背負った兄弟たちは、やがて共に戦うようになる。

●オパマ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

途中までは神アニメ。

未見の方へ。
「途中、映像がかなり乱れます。覚悟して御覧ください。」

●良い点
20年以上前の作品と思えないほど色褪せない。
物語の導入から前半の盛り上がりまで、最高のアニメ。
時代を感じさせない時代劇。
(言葉が変か?)
日本製のアニメはこうでなくちゃいけないと思えるほど美しい作画。
中世日本の文化、自然、水と空気、それらの深淵な演出。
音楽も作品にマッチしており、時代物でも違和感がない。
声優も実力派揃い。
もの凄く大好きな作品の一つ。

●不満点
エピソードによって作画がコロコロと不安定に成る。
中にはとても観れたもんじゃない回もある。
作画監督が代り過ぎじゃないのか!?
グイグイと話に惹き込まれた前半と、グチャグチャに作画が乱れた中盤との落差に絶望さえ感じた。
後半はなんとか持ち直したが・・・。

それでも一定の人気は有ったらしく、後々続編(完結編)が出たようだが、期待が持てなかったため未視聴。

大好きだった分、がっかりさせられた。
なんとも複雑な心境に成る作品。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 3

chance さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

【時代劇】【作画不安定】ワビサビ効いた人間ドラマ

日本SFの里見八犬伝と魔界転生で妖怪チャンバラの虜だった私を、更に日本妖モノ作品好きに加速していったいぶし銀作。
ちなみにトドメは獣兵衛忍風帖、追加コンボで化物語といった所でしょうか。

刀身から水滴が滴り落ちる村雨丸と、刀身だけ宙を舞うチャンバラ描画、そしてTHE TOPSの「雨が3日続くと」「FRIENDS」のインパクトが忘れられません。

めっちゃ盛り上がった所で声優さんが途中で残念な事になったとかで、長らくお預けだったのが痛かったです。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 5

momomax さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

八犬伝大好き!!☆ヾ(>▽<)ゞ♪

1990年の作品ですが
個性的なスタッフが終結したというだけあり
物凄い良作でした!!
八犬伝ものは大好きです!☆ヾ(>▽<)ゞ♪

各話の作画にばらつきが激しく、統一感がないのが微妙ですが、それぞれに技術が盛り沢山で
アニメーションとして素晴らしいです!
そういった意味でもワクワクしました。

OPの音楽と映像がとても素敵です!
それに比べEDの歌は余韻を台無し…好みの問題ですかね?

第一話の導入の幻想的な感じにすぐハマりました。
THE八犬伝 (全6話)は前半くらいのお話。
八犬士が揃うのはまだまだ先。

THE 八犬伝 ~新章~(全7話)に続きます。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 8

64.9 4 1990年秋(10月~12月)アニメランキング4位
ちびまる子ちゃん(アニメ映画)

1990年12月15日
★★★★☆ 3.5 (12)
43人が棚に入れました
どこにでもいる小学生・まる子の、何気ない、でもちょっと笑える日常生活を描いた、さくらももこ原作の同名漫画をアニメ化。脚本もさくらももこが執筆した。監督は芝山努と須田裕美子。TVシリーズでも使われていた、B・B・クィーンズが歌う主題歌「踊るポンポコリン」は記録的な大ヒットとなった。まる子のクラスで席替えが行われ、まる子は大野と杉山のふたりと同じ班になってしまう。大野と杉山は何事にも積極的に参加し、てきぱきと仕事を片付けるので頼りにされている反面、少し荒っぽいところがあってまる子は少し苦手だった。やがて学校は運動会の準備期間になり、大野と杉山は絶妙のコンビネーションで仕事を片付けていく。ふたりの友情は、まる子とたまちゃんの友情と同じくらい固く、揺るぎないものに思えた。が、なんとそのふたりが運動会でケンカをしてしまう。その後、ふたりはまったく口をきくことなく、長い期間が過ぎる。さらに、大野くんに転校の話が持ち上がり…!?

offingbook さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

大野君と杉山君の夢

1990年12月に公開された『ちびまる子ちゃん』の映画第1作目。
サブタイトルは『大野君と杉山君』漫画原作者さくらももこ書き下ろし。約1時間半。

主人公・まる子のクラスメイト、大野君と杉山君。2人の男の子の友情の物語。

ちなみに大野君と杉山君が初登場したお話でもあり、
後に原作漫画やTVアニメにも登場するようになりました。

そもそもちびまる子ちゃんが昔、映画化されたことなんて
もう知らない人も多いかもしれませんが、今作と合わせて計2作、映画があります。

どちらも名作です。何気なく見えて、奥深い。
子供たちの世界や現実や成長、すべてに胸打たれる大好きな映画です。

原作者・さくらももこ先生が「大野君と杉山君は男の子の真剣さやひたむきさ、
切なさを全部まとめたような子達」と仰る通り、この映画はまさにそういったものが、
ぎゅっとこめられた“男の子”の映画です。

2人のまっすぐな友情、まぶしい夢、純粋な思い、だからこそのぶつかり合い…
描かれるすべてに感情を揺り動かされ、いつも泣かされてしまいます。

久しぶりに観ましたが、やっぱり泣きました。(笑)

背景音楽や演出も良いです。
普通の子どもたちの、普通の日常に、どうしてここまで心惹かれるのでしょうね。

さりげない場面にもうるっときちゃいますし、感動だけではなく、ちびまる子ちゃんらしく、
最後にコミカルなオチを持ってくるところも僕好みです。

今観ても時代に合わない作品なのかもしれませんが、
埋もれてほしくない、忘れ去られてほしくないと思える名作の一つです。

自分はコメディも恋愛も萌えもエロも、アニメのジャンルとしては好きなんですが(笑)
アニメで泣いたな~って作品はこのちびまる子ちゃん映画やドラえもん映画など、
昔観た子供向けのアニメばかり。

芝山努作品に弱いのか…または精神年齢が子供の頃から変わっていないのか…。(笑)

ちなみに物語のラスト、大野君が歌う歌はさくら先生の小学校時代からの友人が
小学六年生の時、学級歌として作詞した曲だそうです。

これがまた良い曲で…この場面で僕の涙腺は完全に崩壊。(笑)
山口勝平さん、歌、上手いねぇ。

そして最後にどうでもいいお話。

今作では『大きな古時計』という有名な曲が大事な役割を果たしているのですが、
この曲をカバーした平井堅がミュージックステーションに出演した際、一緒に出演した
サザンオールスターズの桑田佳祐さんが『大きな古時計』について、
このちびまる子ちゃんの映画に触れたことが強く印象に残っています。

「お~桑田さんもこの映画観たことあるんだぁ~。すげぇ~」と、
よくわからないところで感心したという、変な思い出。(笑)

投稿 : 2019/11/16
♥ : 31
ネタバレ

四畳半愛好家 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

映画第一作「大野君と杉山君」のレビューです!大人になってこそ観るべき映画!

 「ちびまる子ちゃん」劇場版三作が一挙放送してたので観ましたが…原作ファンとして、展開を知っていながらも泣いてしまいました…。大野君格好いいんだよなぁ…。

 なんていうか懐かしいんですよね。世代的には私よりだいぶ上の世代の話なんですけど、小学生の頃経験した多くのことが詰まっているような映画です。作中の子供たちは一風変わったキャラが多いですけど、考えかた自体は本当に子供っぽくて、「ああ、こういう奴いたなぁ」なんて思っちゃいます。
 大人になって改めて観てみると、懐かしさでも涙が出ちゃいそうな作品です。
 本当にお勧めしたい心が温まる友情の映画です。

 以下ネタバレ付き原作ファンの感想{netabare}

物語:原作でも大好きなこの話ですが、映像化するとより一層泣けます。
 個人的には合唱コンクールで杉山君が代わりに歌うシーン、杉山君が転校を知らされたときに起こったすれ違いのシーン、お別れ会で皆で航海してるように感じるシーン(ここでの花輪君の咄嗟のサポートも格好いいと思います)、大野君が最後に歌うシーンが好きです。(ほとんど全部やないか!)
 基本的にはシリアス気味な映画ですが、ちゃんと笑える個所も多くて、最後にはしっかりオチを持ってくる…うまくできた映画だと思います!

声優:今回初めて気づいたんですが、大野君の声がなんと…山口勝平さんでした!本当に格好いい声で、歌のシーンもよかった。
 他、古い映画であるので、今の声優と違うキャラも多いですが、総じて演技はいい感じです。まる子役のTARAKOさんの演技なんかも可愛いくて巧くて、最高でした。相変わらずキートン山田(ナレーター)もいい味出してます。

キャラ:声も性格も格好いい大野君は、当時の小学生女子たちをときめかせたんだろうなぁ…。
 そして花輪君…。自慢をしまくる彼ですけど、彼のスペックは自慢できるレベルで高いですし、普通に格好いいと思うんですよね。変わり者ですが、大好きなキャラの一人です。
 そして主人公のまる子。大人になって改めて観ると、本当にかわいかったです。「まる子ってこんなに可愛かったっけ?」って思っちゃうぐらい可愛いです。
 その他、名前を挙げたらキリがないぐらい魅力的なキャラが溢れています。丸尾君なんかは主人公レベルで目立ってました。

作画:古い映画ですが、作画が本当に丁寧です。

音楽:「おどるポンポコリン」と「ゆめいっぱい」の定番2曲。いいですよね!
{/netabare}

 誰にでも一度は経験したことがあるような要素が詰まっている懐かしい映画ですが、今の小学生にも共感できるものなのかは謎です。
 こういう小学生時代を現代の小学生も過ごせてたらいいなぁ…なんて思います。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 5

60.0 5 1990年秋(10月~12月)アニメランキング5位
三つ目がとおる(TVアニメ動画)

1990年秋アニメ
★★★★☆ 3.2 (20)
187人が棚に入れました
「週刊少年マガジン」に連載された手塚治虫の伝奇SFコミックが原作。アニメ化にあたっては学園中心のエピソードを多くするなど、対象年齢はいくぶん低めに設定された。いつも学校のみんなからいじめられている少年・写楽保介、実はその正体こそ超能力を持った三つ目一族の末裔だった。そうと知らない級友の美少女・和登千代子は写楽を連れて博物館へ赴いたのを機に、写楽は額のばんそうこうに隠された三つ目を解き、古代の超パワーを発揮させる。

声優・キャラクター
伊倉一恵、松井菜桜子、嶋俊介、緒方賢一、田野めぐみ、速水奨

計測不能 6 1990年秋(10月~12月)アニメランキング6位
魔物ハンター妖子(OVA)

1990年12月1日
★★★★☆ 3.4 (7)
42人が棚に入れました
古より妖魔と戦い続ける魔狩人・魔物ハンターの第108代目となってしまった女子高生、真野妖子の恋と戦いを描く物語。80年代以降の美少女作品の一ジャンルとして定着していた「剣を持って戦うヒロイン」の流れを汲みつつも、ビキニアーマーに象徴される洋風・ファンタジー路線に偏重していた既存の作品とは一線を画す、チャイナドレス姿の妖子のコスチュームデザインが注目を集めた。また変身時の前口上と、キューティーハニーを髣髴とさせる変身途中のヌードシーンがシリーズの定番となっている。

ひげ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

あのCCサクラのマッドハウスがお送りするお色気アクション

ロードス、パトあたりからはじまったとういか一般化したOVAという新たなアニメ販売戦略。
女神様やらチャイナさんシリーズなどなど、アニメ黎明期、マニア層を支えた名作の一つ。
むかしのOVAって原作がマニアックな人気作品かエロか、バイオレンスか・・って感じよね。

話はすごく単純、ただの変身ヒロイン&エロ。ガジェットや衣装とか口上がちょっとかっこいい。しかも演技うまし、戦闘時の叫びがマジで殺りにいってるのが好き。もはや怒号。

すごく面白い作品ではないが、キャラ人気があった記憶。
水の戦士で有名な久川綾さんの主役デビューだったりして個人的には思い入れがある。アニメ誌の推しや、ラジオのCMが結構流れてた記憶が・・。

実際人気もけっこうあったのか続編が5本だか。ゲームもでた。
最後の作品は新房監督のド初期作品となりました。

印象的なのが妖子さん、やたらと肉食系。16歳で処女がコンプレックスw時代なのか、「恋のクーデターゴーゴー」なんて歌う時点でネタなんだろけど、あのがっつきはちょっと引いた。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 2

うにゃ@ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

びっくする人多かったんじゃないかなぁと思う程のエロエロ展開

1話目の特にエロ展開が当時としてはOVAという事もあるが、びっくする人多かったんじゃないかなぁと思う程のエロエロ展開。
しかしエロ展開は話が進むにつれて抑えられ、普通の妖怪退治物になる。
妖子の輪っか付のツインテールが珍しく全体的に中華風味の服装であったりする。
妖子が美形に惚れやすいキャラ設定で、設定付も珍しく、それを基本としたストーリー展開で進む。

2作目は見習いのあづさが登場。

3作目は妖子の風呂でもほどけないツインテがほどける。

4作目はミュージッククリップ。アニメ・ゲーム等の挿入歌を織り込んだ作品で、クリーミーマミやミンメイ・ジリオン・クリームレモン等当時このようなOVAもたくさん出てた。

5作目はストーリーとしては4作目で妖子4となるはずが縁起を担ぎ妖子5になった作品。最強の妖魔との戦いでアニメシリーズとしてはこの作品で完結だった。

そして妖子は人気あり6作目のじじょうに続く。
ばあちゃんの姉の孫、ブラック妖子とブラックあづさが出てくる新展開で最初はお互いが戦いあうが最後は協力して妖魔を倒す。

6作品通して
100点中71点 

投稿 : 2019/11/16
♥ : 0

計測不能 6 1990年秋(10月~12月)アニメランキング6位
からくり剣豪伝ムサシロード(TVアニメ動画)

1990年秋アニメ
★★★★☆ 3.5 (2)
27人が棚に入れました
意思を持つSDの機械生命体“からくり人"たちの活躍を描く時代劇アニメ。デザインには「ガンダム」の大河原邦男やゲーム「スーパーロボット大戦」の青木健太らも参加。時は戦国乱世、からくり人と人間が共存する国ジパング。オカヤーマの田舎ミヤモト村で暮らすガキ大将のからくり人ムサシには、国一番の武芸者になる夢があった。ある日、美貌のからくり剣士コジローと出あったムサシは彼を生涯のライバルと認める。城下町へ赴いたムサシを待つものは。

声優・キャラクター
野沢雅子、伊倉一恵、松井菜桜子、水谷優子、速水奨、山口勝平、難波圭一、辻谷耕史、山口健、大塚芳忠、古田信幸

計測不能 6 1990年秋(10月~12月)アニメランキング6位
冒険!イクサー3(OVA)

1990年9月25日
★★★☆☆ 3.0 (5)
24人が棚に入れました
1985~87年に発売されたOVA『戦え!!イクサー1』の数十年後の世界を舞台にした続編。先に作られたカセット文庫版の設定やストーリーを再構築している。イクサー1と加納渚の活躍で、悪の支配者ビッグゴールドは消滅したかに見えた。しかし、ビッグゴールドが宇宙に残した端末から生まれたネオス・ゴールドが、新たな力を得て再び地球を狙っていた。イクサー1の妹イクサー3は、加納渚の孫である霞渚と協力してネオスに立ち向かう。 本作では『魔法騎士レイアース』の平野俊弘が、前作に続いて総監督・キャラクターデザインを担当。主人公イクサー3の声優に、当時人気のあった女子プロレスラーのキューティー鈴木を起用するという斬新なキャスティングが話題を呼んだ。

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

くすくす

「戦え!!イクサー1」の続編で話数は前回より長く全6話のOVA。

まず素直に良かったと思えるのが前回見るのがきついくらいだったグロ描写がほぼ排除されたことです。
(一部あるけどだいぶ柔らかい表現になってます。

そして今回は元気で明るいイクサー3や
騙されて敵になっていたアトロスなどの新キャラが登場しましたが
前作のキャラに比べると個性的でよかったです。
パートナーを友達と表現することでより絆も深いもののように感じました!

イクサー3は有名な「くすくす」のセリフを代表として
棒読みが目立ちますが妙に合ってる気もするので悪くないかな。

でも話はこっちも良くも悪くもないみたいな位置かなぁー。
評価は「普通」ってとこでっ。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 1

計測不能 6 1990年秋(10月~12月)アニメランキング6位
天上編・宇宙皇子うつのみこ てんじょうへん(OVA)

1990年10月1日
★★★★☆ 3.5 (4)
24人が棚に入れました
天上から咎人として地上界へ流された魂の許婚、なよ竹のかぐや姫との邂逅も束の間、その事が原因で宇宙皇子は朝廷から流罪の刑を受けてしまう。しかし小角は宇宙皇子を朝廷に渡す事を善しとせず、建前上は金剛山からの「追放」と言う形で、宇宙皇子を天界へと送り出す。それは決して物見遊山な旅ではなく、修験者として成長せよという小角の試練であった。旅の中でかつて心を通わせた大津皇子や川島皇子、佐保媛、なよ竹や小角らと再会し、新たな出会いを得て皇子はさらに大きく飛翔する。

計測不能 6 1990年秋(10月~12月)アニメランキング6位
超音戦士ボーグマン LOVERS RAIN(アニメ映画)

1990年12月1日
★★★☆☆ 3.0 (3)
21人が棚に入れました
 菊池通隆がキャラクターデザインをつとめて人気を集めた1988年放映の同名TVシリーズの続編。1989年に公開された「ザ・ボーグマン ラストバトル」とTVシリーズとの中間に当たるエピソードで、ボーグマンチームの紅一点、ヒロインのアニス・ファームにスポットを当てる。東京湾に浮かぶメガロシティのサイソニック学園につとめる教師、アニス・ファームは妖魔と闘うサイボーグ戦士・ボーグマンの一員だ。厳しい戦いの中で、彼女は同じ学園の教師であり、ボーグマンである響リョウに惹かれていくが…。

声優・キャラクター
松本保典、井上和彦、鷹森淑乃、勝生真沙子、山寺宏一、小野健一、高宮俊介

計測不能 6 1990年秋(10月~12月)アニメランキング6位
風魔の小次郎 聖剣戦争篇(OVA)

1990年9月21日
★★★★☆ 3.2 (3)
21人が棚に入れました
1983~84年に「週刊少年ジャンプ」で連載、学園ドラマと忍者アクションを融合させた壮大なバトル・ストーリーとして絶大な支持を得た車田正美の大河ロマンをアニメ化。OVAシリーズ3部作の第2弾で、全6話で構成。これはOVA全13話の第7~12話にあたる。監督は、古くは『タイムボカン』シリーズ、近年では『真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝』なども手がけるうえだひでひと。 夜叉との戦いを終えた小次郎たちを待っていたのは、「華悪崇」と名乗る新たな敵。奴らは神が創った10本の聖剣を探しており、小次郎の持つ「風林火山」、武蔵の持つ「黄金剣」を狙っていた。小次郎と武蔵は、「華悪崇」との戦いを巡って争うが、そこへ「紅蓮剣」を持つ伊達総司が現われて2人を仲裁。集まった3本の聖剣は、3人を宇宙空間へと導く。

計測不能 6 1990年秋(10月~12月)アニメランキング6位
RPG(ロープレ)伝説ヘポイ(TVアニメ動画)

1990年秋アニメ
★★★★☆ 3.3 (4)
18人が棚に入れました
『サクラ大戦』の広井王子が原作を手がけたファンタジーアニメ。ぬいぐるみの主人公や、お城などを象った巨大ロボット“キャッスル"ほか、独創性のある設定も多い。魔法世界ファンタGランド。魔王ドラクネスが悪のキャッスル剛魔神軍を復活させ、平和な国々を襲い始めた。ドラゴニア王国のパル爺さんが作った命を持つ不思議なぬいぐるみの少年ヘポイは、ドラクネスに挑戦。各地に眠る善のキャッスル聖機神軍を蘇らせながら、ヘポイたちは旅を続ける。

声優・キャラクター
増田裕生、草尾毅、久川綾、西原久美子、滝口順平、飛田展男、吉村よう、北村弘一、友近恵子、三浦雅子、長保理保子、勝田久、飯塚昭三、塩屋浩三、森川智之、茶風林、菅原淳一、川村万梨阿、掛川裕彦、松本保典

miki0908 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

レビュー0ですって!

個人的に思い入れのある作品です。
初めてタイムスリップを実感した作品でした。

最初はお子様向けに進みますが、突如主人公が封印され
目がさめると世界は悪に支配され、
時を超えて世界を救うために戦う、という
子供の視聴者をドッキリさせる作戦の番組でした。

現在は使い古された過去改変や、のんびりと見せかけて
ハードなストーリーなど、
現在でも通用する演出法です。
妖怪ウォッチや銀魂でも同じ手法が用いられます、
テレビ東京の奥義の一つでしょうか。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 3

計測不能 6 1990年秋(10月~12月)アニメランキング6位
江戸っ子ボーイがってん太助(TVアニメ動画)

1990年秋アニメ
★★★★☆ 3.7 (2)
18人が棚に入れました
「月刊コロコロコミック」に連載された樫本学ヴの人気漫画を原作にしたTVアニメシリーズ。23世紀の大江戸シティ。そこはハイテク感と江戸情緒がいっしょになった世界だ。街の治安を守る警察官を養成する大江戸捕り物学院(ポリスアカデミー)の元気少年、ボンテン丸太助は、本職の警察官「刑事(デカ)っ引き」に憧れる10歳の正義漢。人呼んで「がってん太助」の彼は現場で功績を上げようと頑張るが、その大半は勢いあまって失敗ばかり。そんな太助だが、学院生で市長の娘おもんちゃんや、学友のシンギス・ハーン、二宮金太郎たちといっしょに今日も頑張るのだ。独特の世界観とエネルギッシュな内容で人気を呼んだぴえろ(スタジオぴえろ)の児童向けアニメ。『ヴァンドレッド』『メルティランサー』のもりたけしの初めての監督作品でもある。

ace さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

最高にバカで最高におもしろいアニメ

シームレス・バカアニメ!
よかったです!

おぼっちゃまくんや、くろべえのようなノリのアニメといえば
だいたい予想がつくかと思います
不謹慎で下品でおバカで、そしてイキな素晴らしいアニメでした

登場人物全員バカで、彼らが毎回バカなゲストキャラと一緒に
バカなことをやらかす、という内容
とはいえ、シリアスなシーンもぶっこんできて
中々にハートフルな展開もあります
今でもこういうバカアニメをたまには製作すべき!

ヒロインのおもんちゃん!
今の萌えアニメにも余裕で勝利するくらいかわいい!
そのかわいいおもんちゃんのパンチラサービスも頻繁にありました
サービス精神もきいているイキなアニメ!
が、後半は消失してしまいましたが・・
というかおもんちゃん自体があまり出てこなくなったので仕方がない・・・

思えばめっきりコロコロ出身のアニメがなくなってしまった
コロコロ産バカアニメの復活を希望する(泣)

・・・・ということで、
非常に良作である、という評価に落ち着きました

投稿 : 2019/11/16
♥ : 0

計測不能 6 1990年秋(10月~12月)アニメランキング6位
ピグマリオ(TVアニメ動画)

1990年秋アニメ
☆☆☆☆☆ 0.0 (1)
18人が棚に入れました
『スケバン刑事』などの和田慎二の冒険ファンタジー漫画が原作。10余年も続いた原作漫画が終了する時期のアニメ化だった。強い意志とやさしい心を持つ小国ルーンの皇子クルト。8歳の誕生日を迎えたクルトだが、精霊であった母ガラティアは悪神メデューサの呪いで石像にされてしまう。メデューサを倒して母を救うため、クルトははるか西を目指し、大海原を渡る。だがクルトとメデューサの間には意外な秘密が隠されていた…。

声優・キャラクター
折笠愛、山野さと子、島本須美、松本梨香、小杉十郎太、子安武人、松岡洋子、麦人、沢木郁也、銀河万丈、山田礼子、安西正弘、横尾まり

計測不能 6 1990年秋(10月~12月)アニメランキング6位
天上編 宇宙皇子(劇場版)(アニメ映画)

1990年9月22日
★★★☆☆ 3.0 (2)
16人が棚に入れました
伝奇大河ファンタジー『宇宙皇子』は脚本家にして小説家でもある藤川桂介の代表作。その劇場版アニメ第2弾の本作は、原作小説の「地上編」第10巻から「天上編」第5巻までの物語を中心に構成している。 平安時代の日本。宇宙皇子(うつのみこ)は頭に神の子の証たる「角」をいだき、霊力をそなえた少年だ。そんな彼は当時の朝廷の怒りに触れたため、追放という処分を受けることに。やがて皇子は天上界へと向かうが、そこには帝釈天たち三十三天の神仏が跋扈していた。この荒々しい世界で皇子たちは……。 本作は公開直後に刊行されるOVAシリーズのプレビュー的な側面もあり、内容も同OVAの第1~2話を中心に再編集したものだった。監督は『六神合体ゴッドマーズ』などで藤川とも縁の深いアニメ演出家・今沢哲男が担当。

声優・キャラクター
古谷徹、山田栄子、田中秀幸、三田ゆう子、堀川りょう、冨永みーな

計測不能 6 1990年秋(10月~12月)アニメランキング6位
バイオレンスジャック/ヘルスウインド編(OVA)

1990年11月9日
★★★☆☆ 2.9 (3)
15人が棚に入れました
1973~90年にかけて少年マガジン(週刊、月刊共)や週刊漫画ゴラクで連載された永井豪のバイオレンス・アクション『バイオレンスジャック』。大地震によって本州から分断され無法地帯となった関東を舞台に、人々を暴力で支配しようとするスラムキングと、それを阻む大男バイオレンスジャックの戦いを描くストーリーで、本作はそのOVAシリーズの第3作。血しぶきや内臓が飛び散る過激な暴力シーンが随所に登場する。 少年・天馬三郎が暮らす平和な町に、関東に君臨する凶悪な暴走族「ヘルスウインド」がやってきた。三郎は「ヘルスウインド」に恋人を殺されたジュンと出会い、共に戦うことを決意するが、奴らは暴虐の限りを尽くした挙句、三郎の担任である女教師をさらって逃走。そこへ、伝説の大男バイオレンスジャックが現われた!

たわし(ガガ) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

追悼。「石塚運昇」氏

喉頭がんでわずか67歳で亡くなられたと聞いて非常に残念で仕方ありません。名優であり、「カウボーイビバップ」のジェットブラックや「マクロスプラス」のガルドボアノーマンは今でも忘れられないし、その他の洋画でもよく耳にしました。ご冥福をお祈りいたします。


世間的にはオーキド博士やワンピースの黄猿が知れ渡っているでしょうが、個人的にはこういったマニアックなハード路線のアニメにも出ているので(しかも主役のジャック役)意外ですが、考えてみればそれこそ30年以上前からなので時代を考えるとやっててもおかしくない気がします。

しかしう~ん。。個人的にはやはりガルドやジェットのような濃いオッサン役が適任だったかと。。非常に残念です。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 5

計測不能 6 1990年秋(10月~12月)アニメランキング6位
Licca ふしぎな不思議なユーニア物語(OVA)

1990年11月23日
★★★☆☆ 3.0 (2)
13人が棚に入れました
タカラトミー(旧タカラ)のロングセラーである着せ替え人形キャラクター・リカちゃんを主人公にした、異世界冒険ファンタジーもののOVA作品。ある日、リカちゃんはパパから貰ったぬいぐるみの鳥ドードー、そして愛猫イネとともに、ピアノの中の不思議な空間に吸い込まれる。そこは不思議の国ユーニアであり、なんとドードーまでが人間の言葉を話し出した。だがイネがいなくなり、しかも元の世界に戻る道が閉じてしまう。リカちゃんたちはイネを案じながらも、出会ったユーニアの少女の言葉に従って、元の世界に戻る手段を知っているらしい、どろんこ沼の竜を探すのだが……。アニメ映像の製作は『忍たま乱太郎』『くじびきアンバランス』などの亜細亜堂が担当。同社に縁が深い演出家の望月智充が監督と絵コンテを担当し、作画監督の後藤真砂子の健闘もあってファンタジックで完成度の高い女児向けアニメとなった。なおキャラクターデザインは『機動警察パトレイバー』などの高田明美が手がける。

計測不能 6 1990年秋(10月~12月)アニメランキング6位
三丁目の夕日(TVアニメ動画)

1990年秋アニメ
★★★★☆ 3.4 (1)
13人が棚に入れました
小学館『ビッグコミックオリジナル』に1974年から連載されている西岸良平作の同名の大長寿漫画が原作。昭和30年代(1950年代後半から1960年代前半まで)の「夕日町三丁目」という町が舞台となっている。2005年には『ALWAYS 三丁目の夕日』というタイトルで実写映画化され、大ヒットを記録。国内の多くの映画賞を受賞し話題となった。主人公は鈴木オートという小さな修理工場の一人息子、一平。機械が大好きで遊びの天才の一平にかかれば帰り道も突然、未開のジャングルに変身し。ジャングルジムも宇宙ロケットになってしまう。だから、学校でも人気者で…。一平が仲間たちと織り成すほのぼのとした物語。

計測不能 6 1990年秋(10月~12月)アニメランキング6位
PEACH COMMAND 新桃太郎伝説(TVアニメ動画)

1990年秋アニメ
★★★★☆ 3.5 (1)
12人が棚に入れました
「桃伝」という略称でも広く認知されている。ゲーム『桃太郎伝説』を基にしたアニメ。桃太郎を初めとして、昔話の主人公達が多く活躍する。カグヤ・タケトリ姫が治めていた月に突如鬼幕府軍が現れ、太陽系はその支配下に落ちてしまった。だが、その事を知らない田舎者な桃太郎が月の都にやってきたその日は、偶然にも鬼がカグヤ姫を連れて民衆の目の前を凱旋する日だった。カグヤ姫から鬼幕府軍を倒すため、三種の神器を探すよう頼まれ、鬼から救出したばかりのティンクルと共に旅に出る。今作では宇宙(太陽系)を舞台にしており、前作『桃太郎伝説 PEACHBOY LEGEND』との直接の関係は無いが、前作の登場人物がエキストラとして度々登場する。本作品には夜叉姫という鬼族が登場するが、ゲームに登場する夜叉姫とは別人である。原作ゲームとの直接の関係は薄く、アニメオリジナルの要素やキャラクターも多い。

計測不能 6 1990年秋(10月~12月)アニメランキング6位
のたり松太郎(OVA)

1990年11月22日
★★★★☆ 3.8 (1)
12人が棚に入れました
漫画界の巨匠・ちばてつや原作のオリジナルビデオアニメ。主人公の傍若無人の若者・松太郎は、巨体と豪腕を買われて角界入りしたものの、粗暴な性格を抑えることができず、規律の厳しい相撲部屋でやりたい放題を尽くす。しかし松太郎の強さは本物で、白星を重ねてどんどん番付を上げていく。そして、「荒駒」の四股名を頂き、関取として確かな地位を築くことになる。本作は、松太郎の幕下時代の雷神部屋から伊勢駒部屋に移籍するまでのエピソードを描いている。 監督に『美味しんぼ』『劇場版・ジャングル大帝』の竹内啓雄、企画・制作を虫プロダクションが担当している。

計測不能 6 1990年秋(10月~12月)アニメランキング6位
魔獣戦線(OVA)

1990年10月1日
☆☆☆☆☆ 0.0 (1)
11人が棚に入れました
『ゲッターロボ』(永井豪と共作)の石川賢が、1975~76年に「少年アクション」で連載していたSFバイオレンス・コミックが原作。ビデオコミックとして全3巻、90年には3巻がセットになったLDがリリース。神と悪魔の対立、獣性、進化といった神話的なテーマに基づく濃密なストーリーでカルト的な人気を誇った。 主人公の来留間慎一は、父親の来留間源三博士ら13人の科学者によって“新人間(ニューマン)"を生み出す研究の実験台にされる。その結果、慎一は鷹・ライオン・熊を体内にもつ新人間=魔獣に変身。怒りに燃える慎一は父への復讐を胸に、次々と襲い来る魔獣と死闘を繰り広げる。

計測不能 6 1990年秋(10月~12月)アニメランキング6位
八百八町表裏 化粧師(けわいし)(TVアニメ動画)

1990年秋アニメ
★★★★☆ 3.1 (1)
10人が棚に入れました
『仮面ライダー』や『キューティーハニー』等で有名な石ノ森章太郎原作の同名漫画が原作。江戸時代の売薬店、式亭正舗の若旦那、式亭小三馬は化粧品の調合などをし、化粧師(けわいし)を生業としていた。「江戸一の美人になれる」と評判で常に引っ張りだこの彼は、人は美しく装うことで内面も美しくなれるという信念を抱いている。彼は、化粧で人を美しく、ひいては江戸を美しくしようとする。2001年には椎名桔平主演で『化粧師-KEWAISHI-』が映画化され、話題となった。

計測不能 6 1990年秋(10月~12月)アニメランキング6位
ふくやま劇場(OVA)

1990年9月27日
★★★★☆ 3.5 (2)
8人が棚に入れました
人気漫画家ふくやまけいこの短編をオムニバス形式で映像化したOVA作品。時は石器時代。若手の壁画画家へのへのは、自宅に画廊を開いて修業中。可愛いガールフレンドのピンクやリボンをつけた恐竜シロに応援されながら仕事に励むが、なかなか壁画は売れなかった。そんな中、先輩画家もへじの人気ぶりに刺激されたへのへのは、木の板に粘土を乗せて作ったキャンバスを創案。屋内の壁画以外にも自由に絵を描きまくるアイデアに目覚めたが……(「へのへの」)。なかなか眠らない子ネズミのためお母さんねずが読んであげる絵本の中の挿話という形式で11本のエピソードが登場(当初は8本の予定が増加)。ほのぼの編あり、ファンタジーあり、ブラックジョークあり、昔話風のものあり、とバラエティに富んだ内容になっている。

計測不能 6 1990年秋(10月~12月)アニメランキング6位
亜人戦士(アニメ映画)

1990年11月17日
★★★☆☆ 3.0 (2)
8人が棚に入れました
星雲賞や日本SF大賞を受賞し、架空戦記ほか幅広い主題の物語を綴るSF作家・川又千秋。その川又が1980年代初頭から執筆した長編SF連作『亜人戦士』のアニメ化。 西暦2200年。銀河文明と交わった地球人は多様な宇宙人との間に「亜人(サブ・ヒューマン)」と呼ばれるハーフを芽生えさせていた。そんな中、銀河系で唯一の機械文明を有すると判明した地球人は自分のみが文明人と奢(おご)り、他の宇宙人や亜人を蛮族として蔑視していた。だが地球人に蔑まれる亜人の青年ゼロは、実は古代銀河を支配していた魔神の末裔だった。己の素性を知ったゼロは宇宙の支配者という宿命を自覚。強大な銀河帝国マンジタラとの戦いの道を歩むのだった。 100分のOVAを先行して劇場公開したアニメ映画。原作の壮大な物語世界を映像化すべく、当初はアニメ版も連作として制作される予定だった(初期には『亜人戦士1』の題名で雑誌などに紹介された)が、単発に終わった。
<< 前へ 1 2
ページの先頭へ