1967年秋(10月~12月)に放送されたおすすめアニメ一覧 4

あにこれの全ユーザーが1967年秋(10月~12月)に放送されたおすすめアニメを評価したーデータを元にランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年11月15日の時点で一番の1967年秋(10月~12月)に放送されたおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

×

絞り込み

年代別アニメ一覧

計測不能 1 1967年秋(10月~12月)アニメランキング1位
おらあグズラだど(TVアニメ動画)

1967年秋アニメ
★★★☆☆ 2.8 (4)
29人が棚に入れました
時流の怪獣ブームの中、『マッハGOGOGO』などのリアル路線を展開してきたタツノコプロが新境地を開拓。怪獣をおもしろおかしく描くという、同社初のギャグアニメとして誕生した。本作の総監督を務めたのはタツノコプロに在籍していた笹川ひろしで、笹川自身が本作の開始およそ1年前に週刊少年サンデーで発表していた『オンボロ怪獣クズラ』を原作としている。ビックラ山の噴火から現われたタマゴ。そこから孵化した怪獣グズラは鉄でも食べてしまう大食いだった。人間社会にやってきたグズラはヌケ田家の兄妹・凡太とスズに拾われ、同家のやっかいになる。はたしてグズラが巻き起こす珍騒動の行方は? 本作の主題歌は青島幸男や谷啓が担当。なお1980年代後半にはリメイク版も製作されている。

計測不能 1 1967年秋(10月~12月)アニメランキング1位
スカイヤーズ5(TVアニメ動画)

1967年秋アニメ
★★★☆☆ 2.8 (5)
17人が棚に入れました
『巨人の星』『いなかっぺ大将』で有名な川崎のぼるの漫画が原作のスパイアクションアニメ。平凡な青年・隼太郎は、機密マイクロフィルムを狙う死の商人ゴーストの暗躍に巻き込まれ、母と妹を失う。彼は世界の悪と戦う日本国際秘密警察スカイヤーズに参加を志願し、S5号のコードネームでゴースト打倒を誓う。S1号ことキャプテンやS3号ユリなど4人の仲間そして愛犬ピーターと共に科学装備で悪に挑むS5。彼の戦いの行方は?

声優・キャラクター
中村秀生、真木恭介、和久井節緒、栗葉子、神山卓三、高塔正康

k-papa

★★★★☆ 3.2

007とサンダーバードを足して2で割った感じ

OPが結構覚えていて、なんか子供心に格好良いとの印象があります。
EDも車で走るシーンでこれもスマートでイカした出来で。

出撃シーンがサンダーバードぽいという記憶がありますわ。

007もそうですが、スパイ大作戦とかも真似した内容だった
覚えがあります。

また見たいかというと・・・結構です。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 3

計測不能 1 1967年秋(10月~12月)アニメランキング1位
ちびっこ怪獣ヤダモン(TVアニメ動画)

1967年秋アニメ
★★★☆☆ 3.0 (1)
13人が棚に入れました
ピープロダクションが製作した怪獣コメディアニメ。同社が手がけた最後のTVアニメシリーズだが、主人公のちびっ子怪獣ヤダモンはピープロのマスコットキャラとして1980年代などにも使われている。大矢田家にいる居候のヤダモン、それは何とちびっ子の怪獣だった。まだ身長80cmのヤダモンは、怪獣というにはとても幼く、しょっちゅう駄々をこねている。これには大矢田家の兄妹・太郎とチョメ子も大弱り。だけどヤダモンはいつもあまえているばかりでなく、町内のわんぱくグループにだって負けはしない。ピープロの実験的精神が発揮された作品でもあり、中にはアニメと実写を合成させたエピソードも登場。この話に出てくる実写の巨大怪獣ゼロンは、後の同社特撮番組『宇宙猿人ゴリ』のゼノンとして再活用された。

計測不能 1 1967年秋(10月~12月)アニメランキング1位
風雅の技法(その他)

1967年11月7日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
山田学 月尾嘉男 が制作した、日本初のCGアニメーション
1967年11月に第1回草月実験映画祭において発表
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ