2020年秋(10月~12月)に放送されたアニメOVA一覧 2

あにこれの全ユーザーが2020年秋(10月~12月)に放送されたアニメOVAを評価したーデータを元にランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年10月22日の時点で一番の2020年秋(10月~12月)に放送されたアニメOVAは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

×

絞り込み

年代別アニメ一覧

59.7 1 2020年秋(10月~12月)アニメランキング1位
神達に拾われた男(未定)

★★★☆☆ 2.9 (31)
179人が棚に入れました
ブラック企業にシステムエンジニアとして勤めている39歳の独身サラリーマン竹林竜馬はひとりアパートであっけない最後を遂げる。天界に召された竜馬だったが、創造神、愛の女神、生命の神に協力を求められ、子どもの姿で異世界へ転生!?深い森で一人、のんびり暮らし始めた8歳のリョウマは、魔法でテイムしたスライムたちの研究にのめり込みながら新しい人生を謳歌する。やさしい人たちに囲まれて毎日が楽しい、まったり異世界スローライフファンタジー!

声優・キャラクター
田所あずさ、桑原由気、小野大輔、高野麻里佳、清川元夢、井上喜久子、小市眞琴、安元洋貴、古川慎
ネタバレ

pister さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

今観てる

1話感想{netabare}
原作未読。
OPでHJノベルズって見えた時点でイヤな予感がしたけど…シリ構・脚本ふでやす?ふでやすナンデ!?
そして制作がMAHO FILMで監督は柳瀬雄之。
うわぁ…イセスマ(“異世界はスマートフォンとともに”)がナツコからふでやすに変わって帰ってきた?
けどこれ、擁護する気は無いけど「わかっててやってる」、イセスマの時は分かってなのかどうか不明でアレだったけどこっちはもう確実に意図的にやってる。
“MUSASHI-GUN道-”の後の“RGBアドベンチャー”みたいなモン。
じゃあどこまで開き直れるかが見モノで、ふでやすは今期“魔女の旅々”もやってて(仕事着手したのが同じ時期かは不明だが)こっちではっちゃける可能性は…期待できないかな?
祐弘の“セーラームーン”の裏の“あげだま”みたいに…いやあれは辻初樹のお陰?
まぁはっちゃけたところで井上の“GA”に一歩届かなかった“ミルキィホームズ”止まりだろうし、悪ノリの過ぎたラード神の前科があるので怖いっちゃあ怖いんだけどね。
逆に、掛け持ちが多いので手を抜いて原作通りにする可能性も…もしコケでも「ま、ふでやすだし」で許されるのはデカいとはいえ。
ってかはっちゃけてくれないと監督が可哀想、クソアニメ請負人みたいになってるじゃないか。
ま、まさかここに来てふでやすに期待する日が来ようとは…。

ということで本編1話感想。
まぁ、うん、ハイ。
「お前ら分かってるよね?」という、イセスマや八男を乗り越えた人向けと言わんばかりの展開。
ラインハルトとかエリーゼとかキャラの名前からしてやる気が無い、むしろジン・モリやユ・ミラとかより全然覚えやすいと思ってしまった自分も大概毒されてる模様。
いっそ転生設定要らなくね?と思うのだが、LGBTや中国共産党よりもっと強い闇の勢力に強制されてるので仕方ないと思うことにしよう。
神様とのやりとりなんてイセスマで味を占めたとさえ感じる。
それと犯罪者かどうか量れるオーブってどうなんだ?これは正体を探ろうとしたカミルが一芝居打ったってこと?そうでないならふでやすも鼻で笑いながら書いてそう。
なんせブラクロの方で罪人扱いの主人公が容疑を晴らすって話をやってる最中だもの、天秤野郎もビックリだw

それにしても…1話ではOPと最後の一瞬しか出てないけど、ヒロインと思われるラティナの作画だけはエラい頑張ってた気がする。
え、ラティナじゃない?ラティナでいいよそっちのが覚えやすい。
前世パートや神様パートがヘボかったので余計に目立つ、お陰で「これだけは手を抜けない」という強い意志を感じる。
最終回までラティナ崩れなかったら褒めていいのかも知れない。

…ってあれ?スタッフに西田美弥子の名前見当たらないんだけど?
そのうち担当回あるのかな?{/netabare}

投稿 : 2020/10/17
♥ : 3
ネタバレ

snow さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

ドヤらないチート主人公<57>

1話視聴。
承認を与えられず自己評価も低いまま死亡した主人公という転移前の人生がキャラ造形にきちんと影響してるやーつー。
チートな能力は与えられて評価されて持ち上げられても、常に腰が低く遠慮がち。
{netabare}
なんせ、公爵家に招かれた後にチート能力使ってする仕事が公衆衛生、わかりやすく書くとウンコ処理ですもの。
{/netabare}
いわばチート能力でドヤリの逆を行く作品。
その先は知らんけど、意識的なキャラ造形だとすると自己承認・自己肯定を獲得する話になるのでしょう。

投稿 : 2020/10/17
♥ : 1

アスファルト さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

ストーリーを楽しんでいきたい

【1話まで視聴】
まず全編を通して作画のチープ感が否めない感じがした(なんというかキャラと背景があってない?)。まあそれは置いておいてストーリーは異世界転生系、なおかつ流行り?のスライム万能系かな...。今のところ何かしら重い内容があるわけではなく、転生前は虐げられていた主人公が転生後の世界で人の優しさに触れるストーリー。ほのぼの系として見ていくつもり。

【2話まで視聴】
相変わらず作画のチープ感、背景とキャラの絵の不相応感、それに加えCGの浮いてる感じが否めませんがストーリーは良い感じ。主人公すごい系の気があるけどほっこりとした世界観を楽しみたい人にはおススメできそう?

投稿 : 2020/10/17
♥ : 1

58.1 2 2020年秋(10月~12月)アニメランキング2位
ドラゴンズドグマ アニメ(Webアニメ)

2020年10月1日
★★★☆☆ 3.0 (12)
42人が棚に入れました
妊娠中の妻とまだ見ぬ我が子をドラゴンに惨殺され、あだ討ちに燃える男。だが、七つの大罪を体現する悪魔たちと戦ううちに、彼もまた人間らしさを失っていく…。

コンソメポテト さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

話のスケールが・・・

カプコンのゲームドラゴンズドグマを原作とした3Dアニメ作品です。
全7話です。

主人公は突如現れたドラゴンに故郷の村を襲われ
身籠っていた妻を失いドラゴンに心臓を奪われ覚者として目ざめたイーサン
突然現れたポーン(従者)の女性ハンナと共にドラゴン討伐をするという
簡単なお話ですね

全7話で各話でイーサンがドラゴンを追跡する旅の道中で7つの大罪にちなんだ話が展開します。ネタバレになるので詳細は話しませんが
7つの大罪にちなむように事件が起きるにしても
かなり偶然性が高いし もしこれをドラゴンが仕掛けていたのならば
ドラゴンがこんなきめ細かい対応したたの?ってなるし
そのような運命になるよう操作できるのだとしてもなにかスケールが小さい
映画のセブンを観た事がある人ならば 
話の展開や主人公がどうなっていくかある程度想像できてしまうと思います でもあれは人間の犯人が7つの大罪にちなんで犯行するから丁度いいのにね

アニメの動きなんですが アクションしてる時はあまり気にならないのですが普通の動きがぎこちないかな?って気がします。
特別何か新しい表現がある訳ではありませんね 

モロに見せてる訳ではありませんがセックスシーンなどもあるので
年齢制限はありますよ

全7話という短いお話なのでゲームの世界観を掘り下げるというよりは
ゲームの世界観の紹介って感じの話ですね 
アニメを見てからゲームをプレイするとより深くゲームを楽しますよって
感じなのかな? 

2時間ちょっとで観られるので時間があればどうぞ

投稿 : 2020/10/17
♥ : 1

AN さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

原作再現度が最高峰

モーション、風景、戦い方や展開、全てに原作へのリスペクトと愛を感じます。
これを低評価とする人は、ゲーム未プレイ、あるいは大してやり込んでいません。
ゲーム未プレイの方は、恐らく1割すらこのアニメの良さを感じ取れなかっただろうと思います。

ドラゴンズドグマは、そもそも主人公が冒険に出た瞬間に悲劇が始まる物語なので、「主人公の闇落ち」とレビューしている人はドラゴンズドグマをご存知なくて勿体ないですね。

総評としては、とにかくゲームの再現が凄かった。ストーリーはオリジナルですが、まごうことなきドラゴンズドグマでした。

建物内の薄暗い光の表現。
鹿の呆気なく小さな断末魔。
敵を引きつける時の盾弾きの動き。
崖上から見下ろすサイクロプスの圧倒感。
ポーンから覚者へのエンチャント。
グリフィンとゴブリンが同時に襲ってくる夜営の恐ろしさ。
洞窟から見える出口の仄かな灯り。
スケルトンの数に圧倒される地下の戦い。
人間味を帯びていくポーンと、ドラゴンと同化していく覚者の対比。
領主への裏切りによるキャラクターの決闘。
栄えた街の建物と複雑な地形。
ドラゴンとの決戦の建物と門の大きさ。
晴れた天気と砂埃。
炎から逃げる時の瓦礫。
空の闘い。
心臓への攻撃。
ドラゴンの誕生。
ポーンの旅の始まり。

ここに書ききれないほど、原作を踏襲した作品でした。自分がゲームをプレイしている錯覚に陥る程のレベルです。
アクションゲームをアニメーションでここまで再現したのは本当に素晴らしい。

そして、原作ではプレイヤーには任されていた覚者のバックボーンやオリジナルキャラクターを乗せたことで連続アニメとして成立させた物語。
オリジナルの覚者、イーサンを与えられたことで、初めて覚者のそれまでの人生を踏まえた冒険なのだと気付かせてもくれました。
オリヴィアが美しく、ルイは愛らしく。ハンナへ感じる愛おしさも、ゲームでのポーンへの信頼と同じように感じました。

原作ファンとして、よくぞこの熱量で描き上げてくれたなという思いです。観て良かったです。
ドラゴンズドグマのファンの方は、楽しめる作品だと思います。

投稿 : 2020/10/17
♥ : 0
ページの先頭へ