2019年秋(10月~12月)に放送されたアニメ映画一覧 16

あにこれの全ユーザーが2019年秋(10月~12月)に放送されたアニメ映画を評価したーデータを元にランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年10月17日の時点で一番の2019年秋(10月~12月)に放送されたアニメ映画は何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

×

絞り込み

年代別アニメ一覧

74.2 2 2019年秋(10月~12月)アニメランキング2位
HELLO WORLD(アニメ映画)

2019年9月20日
★★★★☆ 3.9 (48)
203人が棚に入れました
京都に暮らす内気な男子高校生・直実(北村匠海)の前に、10年後の未来から来た自分を名乗る青年・ナオミ(松坂桃李)が突然現れる。
ナオミによれば、同級生の瑠璃(浜辺美波)は直実と結ばれるが、その後事故によって命を落としてしまうと言う。
「頼む、力を貸してくれ。」彼女を救う為、大人になった自分自身を「先生」と呼ぶ、奇妙なバディが誕生する。
しかしその中で直実は、瑠璃に迫る運命、ナオミの真の目的、そしてこの現実世界に隠された大いなる秘密を知ることになる。

声優・キャラクター
北村匠海、松坂桃李、浜辺美波、福原遥、寿美菜子、釘宮理恵、子安武人

kakelu

★★★★★ 4.7

文句なしで面白い!!想像を遙かに超えた、まさにダークホース!!

まず、始めに謝罪させてください。
大したことないんだろうな~と決めつけてしまってすいませんでしたっ!!
めちゃくちゃ面白かったです1!!

今期は注目の映画が多い中、CG映画ということも合ってあまり期待していなかったんだが、裏切られた!

CGなので多少の違和感はあったが、2Dよりだったため殆ど気にならなかった。
むしろ、CGであることの強みを存分に発揮していて、この良さはCGにしか出せないなと感じた。
CG映画も捨てたもんじゃ無いな!

物語もSFらしく話が二転三転していて、観てて飽きない。
恋愛×アクション×SFが見事に調和していた。
舞台が京都ということで馴染みのある場所が出てくるのも個人的にはよかった。

そして、音楽はOKAMOTO'Sを中心に結成されたグループだったんだが……
これまたいいことよ!!
髭男の曲が流れたときに鳥肌がたった。
「君の名は」や「キミスイ」のようにアーティストさんを固定させてるのではなく、グループとして楽曲提供していたのでいろいろな曲調があってこれまたよかった!!

■総論
正直、いいところしか見つからないレベルでよかった!!
声優は俳優さんがしていたけど、それを感じさせない演技だったと思う。
あまり言いたくないが「ニノ国」と比べると差が圧倒的だったと思う。

今作はアニメ映画に一石を投じるものとなっていたと思う。
本当に周りに埋もれてしまうのが惜しい…
暇なら是非、見に行って欲しい!!

投稿 : 2019/10/12
♥ : 10
ネタバレ

四文字屋

★★★★☆ 3.3

厨ニ中庸⇔

堅書直美と、未来から来た「カタガキナオミ(自分)」の、
近い将来彼女になる「瑠璃」を救おうとする冒険譚。
まあここまではPVとかでも公式でも明らかになってるので、問題は公式で言っている「ラスト1秒、世界がひっくり返る」というのを見届けてやろうというスケベ心で劇場に足を運んだわけなのだが・・・

結論から言ってしまうと、このラスト1秒は{netabare}正直言って肩透かしではあったな。
いやまあ、バカと鋏と夢落ちは使い様とも言うし、いけない訳じゃないのではあるが、
あまりに素直などんでん返しで、もうちょっとヒネッてくれてないと、
ヒネクレまくったおぢさんは満足できないんですよ本当に。{/netabare}

 直美と瑠璃のお付き合いのプロセスとかは、割と見ものだったし、
これから起きるはずの事故にどう対処するのかといったところを待つのは楽しめた。

{netabare}その事件のあたりから、世界観が揺らいで行って、
これは実世界ではなくて、データ化された過去なのか?と眩暈のような感覚に襲われるあたりはなかなか素敵な作りになっている。
だがそれ故に、
すご~くパプリカ的だな!と気づいたときにラストのどんでんまでアタマが描けてしまうのが、まあ弱点ではあるし、多分に今敏的展開なのは、誰もが感じるところなので、ここは工夫が必要だったかもとは思う。
というか、元ネタに確実にハードボイルドワンダーランドがありきだと思いついた段階で、オチが見えるのは演出の力不足。
{/netabare}
 
CVの力量とキャラの魅力の剥離は、鑑賞者にもよるのだろうが、
すごく気になった。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 12

褐色の猪

★★★★☆ 4.0

なかなか優れたSFアニメ映画

物語的には秀作「電脳コイル」を彷彿、またウォルト・ディズニーの硬派SF「トロン」のエッセンスも、そこはかとなく香る気がした。

構成は序盤から綺麗な軌道を描きながらもやや早足、一息付いた中盤、からの怒涛の終盤!終幕!と回転スパイラルジェットコースター!

作画的には「ブブキ・ブランキ」風味、最初少し違和感じたがすぐ慣れた、輝く動態、背景美術も悪くはない。

声優は俳優さんを使うことに私的には問題なし、逆にくぎゅが浮いてた感じ。
あと京都が舞台だったのに誰も訛ってない、
未来は方言無くなるとか(私が見落としただけで)何か設定があったのだろうか。

音楽は良かった。

総評、
尺がちょっと短いかなー、
中盤の学園&ラブロマンス要素をちょっと端折り気味、なので大幹となる主役達の想いの深さなど説明不足の感有り、また可愛い可愛いかでのんが只の端役とか可哀想過ぎだろw

投稿 : 2019/10/12
♥ : 11

計測不能 3 2019年秋(10月~12月)アニメランキング3位
冴えない彼女の育てかた Fine(アニメ映画)

2019年10月26日
★★★☆☆ 3.0 (1)
201人が棚に入れました
ある春の日、安芸倫也は桜舞う坂道で運命的に出会った少女・加藤恵をメインヒロインにした同人ゲームを制作することを思いつく。美術部に所属していながら、同人イラストレーターとして活動する澤村・スペンサー・英梨々と、学年一位の優等生でありながら、ライトノベル作家として活躍している霞ヶ丘詩羽を誘い、blessing software を結成。やっとのことで一作目を発表した――。英梨々と詩羽は大作ゲーム『フィールズ・クロニクル』を開発するために、人気クリエイターの紅坂朱音のもとへ。blessing software 代表の倫也はサークル活動を継続し、副代表の恵とともに新作の開発を開始した。イラストレーターに後輩・波島出海を起用、プロデューサーを出海の兄・伊織へ依頼し、氷堂美智留と彼女のバンド icy tail とともに新作の開発を進めるが……。英梨々と詩羽の大作はどうなるのか? 倫也と恵の関係に異変が? はたして blessing software の新作の行方は?

声優・キャラクター
松岡禎丞、安野希世乃、大西沙織、茅野愛衣、矢作紗友里、赤﨑千夏、柿原徹也

計測不能 3 2019年秋(10月~12月)アニメランキング3位
BLACKFOX(アニメ映画)

2019年10月5日
★★★★☆ 3.9 (7)
26人が棚に入れました
公式HP"http://project-blackfox.jp/sp/"
ネタバレ

101匹足利尊氏

★★★★☆ 3.7

「古き良き“マンガ映画”を――――」

レビュータイトルは「月刊ニュータイプ」2019年10月号の
野村和也総監督のインタビュー記事より拝借。

所信表明通りの「忍者少女が駆け巡る痛快娯楽活劇」として、
決戦中にヒロインとボスキャラが交互に能力インフレする強硬策も含めて、
懐かしさも感じながらSF科学忍者ヒロインのバトルを楽しませて頂きました♪

元々は全世界配信も目指して制作されていた作品と言うことで、
舞台はアメリカっぽい近未来都市に何故か代々続く、忍者屋敷がある、
アメコミ映画も意識した不思議な世界観。
SNSもスタッフクレジットもオールイングリッシュ。
確かにこれに英語字幕を足せば即世界に流せそうではありました。

そこに忍者少女×復讐劇のストーリーが展開されるわけですが、
子供でも楽しめる間口の広いアニメを……と言う制作方針に基づいて、
序盤こそ出血多量の惨殺シーンはあるものの、
ヒロインが早々に不殺の誓いを立てるため、あらすじの印象よりはグロ度は低め。

キャラデザからは萌えや百合の成分も感知しますが、
作中では、それほど露骨な事案は発生せず。
こうしたサービスシーン控え目のヒロインアクションと言う点にも、
懐かしさを覚えた鑑賞でした。

但し、本コンテンツには、アニメ映画版の“ご先祖様”が、活躍する、
『BLACKFOX AGE OF THE NINJA』と言う日本が舞台の特撮時代劇があり、
アニメ同様の物語が展開し、過去の世界でも、
律花とミア(宮)は巡り会っているんですよね。
(因みに出会いのキッカケはアニメではチェスですが、
特撮時代劇では将棋となっています)

本作の欧米風の近未来都市で時空を越えて再会した二人!
といった感じで百合の妄想は何処までも膨らみますw


事前に、アクション重視の企画だと分っていたので、
私はアニメも特撮時代劇も物語二の次でからくり&ガジェット忍者を堪能しましたが、
結局、私たちの戦いはこれからだ!EDを迎えた物語には、やや窮屈さも感じました。

先があるかどうか分らない、ミニシアター興業中心の作品で、
劇場三部作またはTVアニメ2クール相当のシナリオ構想と言う
大風呂敷を広げるのはどうなのでしょう。

一応、三部作として妄想すると……
{netabare}一部の本作でヒロインの進むべき道とヒロインズ三人トリオが完成し、
二部でアンドロイド?(={netabare}メリッサ?{/netabare})の物語を展開し、
三部でラスボス(=ブラッド?)討伐で復讐劇完結{/netabare}
といった所でしょうか?

帰路で思わず、俺たちの戦いはこれからだ!と決意表明したきり、
行方不明になったハリウッド映画のタイトルやらを数えてしまいましたよw
こうした壮大な構想は、出来れば、
鳴くまいが、飛ぶまいが完結する企画でやって欲しいと願います。

但し、奇跡的に続きがあるなら拙者も勿論、喜び勇んで、推して参る所存であります。


さらに、本作は特撮時代劇と共通する復讐の意義を問うシナリオ&テーマに、
ドローンに宿る生命と如何に付き合うべきか。
ネットのアバター同様に、ドローンをアニマルに似せて作る奇特な趣味はあり得るか。
といったSFとしてのテーマも押し込まれ、ますますギュウギュウ詰めに。

但し、提示されたSFテーマ自体は有意義な問いだったとは思います。
ヒロインと、時に彼女をたしなめる三体のアニマルドローンたちとの関係性は、
90年代の勇者シリーズにおける
少年主人公と巨大ロボットAIたちとの関係等も想起させる温かい物で、
私はそこにも懐かしさを感じました。


企画&宣伝力が弱いのか、
最新作なのに“画像なす……。”で登録されてしまった、あにこれだけでなく、
各種映画レビューサイトや日本語版wikiの掲載等も遅れている、
隠遁の術が過ぎる本作ですが、
懐古な趣味のアクション映画ファンなどには楽しめる作品だと思うので、
是非、発見してあげて欲しいと願います。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 13

計測不能 3 2019年秋(10月~12月)アニメランキング3位
銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章(アニメ映画)

2019年9月27日
★★★★★ 4.1 (5)
20人が棚に入れました
ベストセラー作家・田中芳樹による大長編SF小説で、過去にアニメ化もされた「銀河英雄伝説」を、新たにProduction I.Gの制作でアニメ化した「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」のセカンドシーズン第1章。2018年に放送されたファーストシーズン「邂逅」(第1~12話)に続くセカンドシーズン「星乱」(第13~24話)は、全12話を4話ずつ全3章にわけて劇場上映する。宇宙暦796年(帝国暦487年)、3000万人の将兵を動員した自由惑星同盟の遠征軍は、銀河帝国宇宙艦隊副司令長官となったラインハルト率いる大艦隊と交戦し、大きな被害を受けるも、残存戦力を集結させて戦闘を継続。後に「アムリッツァ星域会戦」と呼称される戦いが幕を開ける。そしてその翌年、銀河帝国皇帝フリードリヒ四世が後継者を指名しないまま急死。帝国内で門閥貴族による権力闘争が始まる。一方、自由惑星同盟内では大規模な軍事クーデターが勃発し……。

声優・キャラクター
宮野真守、鈴村健一、梅原裕一郎、梶裕貴、諏訪部順一、小野大輔、中村悠一、川島得愛、遠藤綾、三木眞一郎、鈴木達央、石川界人、下山吉光

計測不能 3 2019年秋(10月~12月)アニメランキング3位
エセルとアーネスト ふたりの物語(アニメ映画)

2019年9月28日
★★★★☆ 3.8 (1)
5人が棚に入れました
1928年、ロンドン。楽天的で陽気な牛乳配達のアーネストは、生真面目で働き者のメイドのエセルと恋に落ち、結婚。最愛の息子の誕生、第二次世界大戦の苦難、戦後の経済発展を経て、ふたりが同じ年に世を去る1971年までを描いた傑作絵本が原作です。

計測不能 3 2019年秋(10月~12月)アニメランキング3位
羅小黒戦記(アニメ映画)

2019年9月20日
★★★★★ 4.8 (2)
4人が棚に入れました
羅小黒は山林に暮らしていた可愛いネコ型妖怪である。

楽しい 日々を過ごしていたが、都市の拡張で小黒の居場所が侵略され、人類は自然の森を壊し、小黒は森を離れざるを得なくなり、 自分の居場所を探していた。

褐色の猪

★★★★★ 5.0

中国発、力量湧出冒険活劇旅紀行動画

原題:罗小黑战记/luó xiǎo hēi zhàn ji
中読:ルオシャオヘイジャンジー
邦題:羅小黒戦記
和読:ろしゃおへいせんき
英題:The Legend of Hei
年度:2019年
製作:中国
監督:MTJJ (木頭)
時間:1:41:00


追加上映が決まった際に公式より邦題の読みカナ「ロ・シャオヘイ・センキ」が発表されました。

主人公の名前が「小黒/シャオヘイ」です。

WEBアニメとして短編が数十話上がってますが粗別物、別次元の出来栄えとなってます。


「羅小黒戦記」二回目の鑑賞、

先日「白蛇:縁起」と一緒に観て衝撃を受け、短いスパンでの再鑑賞です。


物語、作画、音楽、全てにおいて緩急が素晴らしい!


物語は「平成たぬき合戦ぽんぽこ」風プロット、複雑ではないがしっかり熟考され隙無き構成と演出のロードムービー。

風背景は日本のTVアニメ名作劇場やジブリ初期の彩画を彷彿、場面構図も宮崎アニメのリスペクト鑑みました。

作画はシンプルで力強い線にベタ塗り、漫画チックですがおもいっきり動かすことで質感、体温感ずる描写に相成り、右から左から横長画面一杯を使い切って動き廻る動体に目が追い付かない程。

画面の真ん中だけ見てればキャラが勝手に寄って来て台詞でも説明してくれる日本のアニメとは一線を画すと今更乍ら認識。

モブがレゴブロックやドットゲームみたいだったのは愛嬌w


声優は皆気負わず抜けた感じがキャラ像にマッチ、小黒は可愛いく、無限カッコ良く、脇キャラもしっかり立ってます。

音楽は、喜怒哀楽軽重と入時機まで感情の起伏に的確成り。


全ての要素が高次元、シンプルなストーリーにライトでスピード感ある2DCG作画は日本のアニメファンにも充分受け入れられるでしょう。

粗となるなら「白蛇:縁起」同様に字幕がグーグル先生並みの面白翻訳だった位(結構気に入ってたりしますがw)



私的に、短いスパンで劇場に再度足を運んだ作品は平成以後では「幸福路上(幸福路のチー)」とこの「羅小黒戦記」のみ、
 

明るく、楽しく、熱く、泣けて、笑える、
素晴らしいアニメーション作品です。


-------------------

池袋では追加上映含め全席満席早めの完売御礼となった様でしたが、この度関西・京都出町座での上映が決まったそう(字幕も修正される様子)、他地域での上映も期待したいですね。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 6

計測不能 3 2019年秋(10月~12月)アニメランキング3位
白蛇:縁起(アニメ映画)

2019年9月24日
★★★★★ 4.5 (1)
1人が棚に入れました
唐の時代、国師は民に蛇狩りを強要し、それに対し蛇の妖怪「白」は国師を刺殺しようとしたが失敗。白は逃亡のすえ記憶をなくし、蛇狩りの少年「許宣」に救われた。大きな試練が与えられた二人の未来は一体…

褐色の猪

★★★★★ 4.5

欧米作品をも凌駕す亜州3DCG

英題:White Snake
年度:2019年
製作:中国
監督:Ji Zhao / Amp Wong
時間:99:00

物語は鉄板、

作画はピクサー3DCGにパペットの表現力を加味したかの様、
際立つ質感、

情景美術はフルカラーなのに淡い水墨画の如き、

美しく妖艶なキャラ、
甘く淫靡な百合模様に胸熱く成り、

音楽も素晴らしい、

いやはやここまでとは、
参った凄すぎ、
悪い所が見当たらない、、

粗を探すなら字幕がグーグル翻訳並みのちょっと面白翻訳だった位w

素晴らしいアニメーション作品です。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 9

計測不能 3 2019年秋(10月~12月)アニメランキング3位
Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆(アニメ映画)

2019年11月8日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
雪と氷に覆われたエリオール大森林に、たった一人で暮らすエミリアは、
嫉妬の魔女に瓜二つという理由から、魔女と恐れられていた。
誤解され、傷つき、それでも小さな希望を持って、孤独を生きていた
エミリアの前に現れたのは、小さな猫の姿をした精霊だった。

計測不能 3 2019年秋(10月~12月)アニメランキング3位
サンタ・カンパニー 〜クリスマスの秘密〜(アニメ映画)

2019年11月29日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
ノエルはクリスマスが大嫌い。
両親は離婚し、一緒に住む父親も仕事に大忙し友達も遊んでくれず、今年もひとりぼっちかと憂鬱な気持ちで横浜の自宅に帰ると、なぜかそこには「サンタ・カンパニー」という会社が広がっていました。
なんとサンタクロースは会社組織に属していたのです。
驚くノエルの目の前を飛んでいく大勢のサンタクロースたち。
そしてクリスマスにおける様々なカラクリを知るノエル。
サンタ・カンパニーへの入社試験、プレゼントを届ける冒険、迫りくる恐ろしいムックとの戦い、様々な困難の中でノエルが導き出す働く意味とは……!
これはクリスマスにまつわる、ちょっと不思議で、それでいてとっても、とっても輝ける、秘密の物語。

計測不能 3 2019年秋(10月~12月)アニメランキング3位
コルボッコロ(アニメ映画)

2019年11月29日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
世界の様々な文化や宗教の起源となった街で、巫女の家系に生まれた14歳の少女「鈴」。
ある日、街の遥か上空に存在する禁断の「開かずの間」に足を踏み入れる。
そこで不思議な種を拾ったことがきっかけで、街の隠された秘密を知ってしまい、自分の進むべき道を模索していく。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ